急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



頂門の一針4254号  2017・1・25(水)

発行日:1/25

5
 □■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」4254号
□■■□━━━───────────────────────□■■□


        2017 (平成29)年1月25日 (水)



      英独首相と安倍は軌を一にしている:杉浦正章

      織田信長・豊臣秀吉による天下統一:伊勢雅臣

    在米華人グループの多くがトランプ支持:宮崎正弘

            ビタミンB1を思う:渡部亮次郎   
                           
                                         話 の 福 袋
                     読 者 の 声
                     身 辺 雑 記



□■■□──────────────────────────□■■□
第4254号


                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━━
英独首相と安倍は軌を一にしている
━━━━━━━━━━━━━━━━


           杉浦 正章

日欧協調の対米同盟確認で突破口を開け

本会議前に「首相は外交安保を得意分野だと思っている。そこからほころ びが生ずる」と漏らして民進党幹事長・野田佳彦が本会議の代表質問に臨 んだ。たしかに切り口は鋭かったが、ほころびを見出すまでには至らな かった。

なぜほころばないかと言えば、野田発言はことを政争の具にしたいという 下心があり、トランプ問題を長期的世界観から俯瞰すべき時という決定的 要素に欠けているからだ。

英独など主要国首脳が、首相・安倍晋三と同様に安全保障重視の姿勢から トランプを説得にかかろうとしている。この流れは自由主義諸国にとって 不可欠なものだ。日本は日米安保条約重視、欧州は北大西洋条約機構 (NATO)重視でロシア、中国の野望を食い止める必要があるのだ。

この線でトランプを説得し同盟を再確認する。まずこの突破口ができれ ば、自由貿易も経済問題もそれほど難しいものではない。

野田質問の鋭い部分を挙げれば「TPPでトランプ氏を説得出来るという なら説得出来るという根拠を示せ」「トランプを信頼すべき指導者と述べ たが変わっていないか」の部分であろう。

安倍の答弁はTPPについて「戦略的、経済的意義について腰を据えて理 解を求める」と長期戦で取り組む構えを打ち出した。TPPは今後米国の 変化を待つか米国抜きで推進するかの選択を迫られる。

オーストラリア首相のターンブルは23日、安倍に電話して米国抜きでの TPP発効について打診しており、いずれにしても野田の「もう無理」と の考えは時期尚早だ。

「信頼すべき指導者」発言への野田の疑問提示について、安倍は「信頼で きる指導者であると確信が持てる会談であり、この考えは現在も変わって いない」と突っぱねた。

これは政治感覚の問題であり、野田がさらに予算委などで追及するに値す る問題だ。ただし米国民の過半数は安倍と逆の感情を抱いており、一国の リーダーとして今後トランプにサービスしすぎると、将来にわたって禍根 を残すだけでなく、世界的に「ごますり首相」とされかねないから注意が 必要だろう。トランプにそれほどの義理はない。

焦点の安保問題について、安倍は「日米は自由、民主主義、人権、法の支 配といった普遍的価値の絆で固く結ばれた揺るぎない同盟国だ。できるだ け早期に会談し、信頼関係のもとに揺るぎない日米同盟の絆をさらに強化 していきたい」と言明したが、この発言は物事を長期的なスパンでとらえ ている。

1951年に締結された日米同盟の絆は、無知蒙昧大統領が出現しようがしま いが変化するものではなく、変化させてはならないものの中核である。な ぜなら南シナ海や台湾を「核心的利益」と位置づけ、東シナ海でも臆面も なく膨張政策を維持する中国と、大ロシア主義で領土を拡張し続けるロシ アの存在は地球規模で見ても、看過できないものである。

両国との対峙が極東と欧州でぐらつけば、喜ぶのは習近平とプーチンだけ であろう。

この点でトランプに「NATOは古い」と批判された欧州諸国の首脳の発 言を分析すれば、英国首相メイは「イギリスとアメリカが築いてきた特別 な関係は、自由や民主主義、利益といった価値観に基づくものだ。

我々は現在も、そしてこれからも貿易や安全保障の分野で強力なパート ナーであり続けるだろう」と発言している。移民政策をトランプに批判さ れたドイツ首相メルケルも「ドイツとアメリカを結びつけているのは、民 主主義、自由、そして法律と人の尊厳を大事にする価値観だ。

次期アメリカ大統領とは、このような価値観に基づいて緊密に連携した い」と発言している。両者の発言は安倍の発言と軌を一にしており、日米 独のこの姿勢は5月のシチリアサミットに向けて、トランプの説得材料に なる。

もっともメイはトランプの下品な女性蔑視発言について「女性に関するト ランプ氏の発言には受け入れられないものがある。今後そうした発言があ れば、ためらわずトランプ氏に指摘する」と強調しており、是々非々の姿 勢ではある。

欧州では仏大統領オランドが「トランプ氏の行動には吐き気がする」と 言っていたが、当選すると「アメリカ国民は、ドナルド・トランプ氏を選 んだ。トランプ氏を祝福する」と変化した。

筋が通っているのはメキシコの大統領ニエトの発言だ。ニエトは「壁に対 する費用は払うつもりはないと」反発しただけではなく、「ムッソリーニ やヒトラーはトランプ氏のような手法で台頭し、人間社会が経済危機後に 経験していた状況や問題につけこんだ」と発言、警鐘を鳴らした。

大国に対しても自国のために言うべきは言うという姿勢は、好感が持て る。31日にもトランプと会談する方向で調整中だ。

こうした情勢の下で、日本がどう動くべきかだが、安倍・トランプ会談は 早いにこしたことはない。しかし、安倍が「様々なレベルで議論してゆき たい」と答弁しているとおり、外交は首脳外交ばかりではない。国務長官 ティラーソンや国防長官マティスらは、議会での証言を見ても常識的な閣 僚であろう。閣僚や自民党幹部が首脳会談に先行して訪米するのもいいだ ろう。政権移行チームへの事務当局同士の接触も頻繁に行うべきだ。こう した総合的な外交を通じて、安倍のいう「主張すべきは主張する」姿勢を 貫けばよい。多国間で巻き狩りのように連携を取りトランプを翻意させる のだ。


          
━━━━━━━━━━━━━━━━
織田信長・豊臣秀吉による天下統一
━━━━━━━━━━━━━━━━


           伊勢 雅臣
 
歴史教科書読み比べ(30) 織田信長・豊臣秀吉による天下統一

天下統一には、武力による全国制覇だけではなく、「安定した近世社会の しくみ」作りが必要だった。


■1.「信長は、朝廷に働きかけて義昭を第15代将軍に」

東京書籍(東書)版中学歴史教科書では、織田信長を次のように記述して いる。

尾張(愛知県)の小さな戦国大名だった織田信長は、駿河(静岡県)の大 名今川義元を桶狭間の戦い(愛知県)で破って、勢力を広げ、足利義昭を 援助して京都に上りました。信長は、朝廷に働きかけて義昭を第15代将 軍にすることで実権を握りました。しかし、1573年には、敵対するように なった義昭を京都から追放しました。(室町幕府の滅亡)[1, p106]

この部分を、育鵬社版では次のように描写している。

各地で争いをくり広げる戦国大名の中でも、特に大きな動きを示したのは 尾張(愛知県)の織田信長でした。信長は駿河(静岡県)の有力大名今川義元 を桶狭間の戦い(愛知県)で打ち破ると、京都に上り、足利義昭を将軍に立 てて全国統一をめざしました。しかし、義昭と敵対するようになると、信 長は義昭を京都から追放し、室町幕府は滅亡しました(1573年)。[2, p108]

ほぼ同様の内容だが、一点大きく違うのは、東書版が「信長は、朝廷に働 きかけて義昭を第15代将軍にすることで」としているのに対し、育鵬社 版は「京都に上り、足利義昭を将軍に立てて」と、さも自らが将軍を任命 したような記述になっている点である。

将軍とは天皇に任命される征夷大将軍の事であるから、東書版の記述の方 が正確である。史実の正確な記述に心掛けている育鵬社版にしては、珍し い記述不十分である。将軍は天皇に任命される、という事を知らない中学 生の中には、信長が「京都に上り」と言われても、なぜ京都なのか、分か らない生徒もいるだろう。


■2.信長の皇室尊崇

信長の面白いところは、楽市楽座で従来の商工業者の特権を取り払った り、平安時代以来の霊場・比叡山延暦寺を焼き討ちにしたり、と伝統に まったく囚われない革命児であったにも関わらず、こと皇室に関しては尊 崇の念が揺るがなかった点である。

もともと織田氏は、越前国丹生(にゅう)郡の神官・斎部(いわべ)氏か ら出た。信長の父・信秀は天文10(1541)年に伊勢神宮へ造営費用を献じ、 12年には朝廷に皇居の修理費4千貫文を献上している。その尊皇精神を 受け継ぎ、信長も上洛した永禄12(1569)年に正親町天皇に皇居を造進 している。歴史学者・村尾次郎博士は言う。

疎開して安全を保つことのできた人々はよいが、皇室には疎開の自由はな く、荒廃に帰した京都御所に不自由な生活を続けられた。その経済難は言 語に絶するありさまで、即位の大礼をはじめ、重要な儀式はほとんど定め の時に行うことはできなかった。

皇居は荒れはて、宮垣の築地は崩れ落ちて、紫宸殿の上では子どもが土を こねて遊び、その前庭では町人が茶店を出していたという。後奈良天皇 は、こうした中でひっそりと「般若心経」を写し、天文9年に後醍寺三宝 院に贈り、疫病の苦難が除かれることを祈られたのであった。

朝廷をおろそかにしてはならないという考えは、戦国末期にいたってよう やく現れはじめる。[3, p287]

「朝廷をおろそかにしてはならない」という考えを実践したのが、信長で ある。皇室を中心軸としながら、それ以外はすべて変革の対象にしたのは 明治維新と同じである。それがわが国の変革の原理であることは拙著『世 界が称賛する 国際派日本人』[a, p252]で述べた。

皇室を中心として日本国を統合する、という信長のビジョンから見れば、 将軍は天皇から任じられた一官位に過ぎない。義昭を一度は将軍に推戴し ながらも、ひとたび敵対したら、惜しげもなく追放したのも、この本質を 理解していたからだろう。


■3.一向一揆は「戦国乱世に無気味にはいまわるモンスター」

信長の天下統一の過程を、育鵬社版は次のように記す。

信長は、鉄砲を有効に使い、 甲斐(山梨県)の武田勝頼を長篠の戦い(愛知 県)で破るなど、敵対する大名を次々とたおしていきました。比叡山延暦 寺を焼き討ちしたり、一向一揆をおさえ、 その中心だった石山本願寺(大 阪府)を降伏させるなど、敵対する仏教勢力にはきびしい態度でのぞみま した。

その一方で、 キリスト教に対しては寛容な態度をとり、貿易をすすめ、 新しい世界の知識や文物を取り入れました。[2, p108]

「敵対する仏教勢力」とは正確な表現である。「敵対しない仏教勢力」は 保護しているからだ。安土城下の繁栄のために浄土宗の浄厳院や西光寺を 誘致し、日蓮宗の所領を保護したりしている。

しかし、石山本願寺を頂点とする一向宗は全国に無数の門徒を持ち、富強 を誇っていた。石山本願寺の顕如(けんにょ)の時に各地で一向一揆を起 こし、加賀の国などは守護を滅ぼして、地侍と百姓が支配する国としていた。

顕如は武田信玄とは姻戚関係にあり、またその子・教如は朝倉義景の娘と 婚約していた。その関係で、一向宗徒も反信長陣営に立った。信長にとっ て厄介だったのは、一向一揆の軍勢は民衆そのもの、しかも死を極楽浄土 と考え、殉教精神に燃えた信者であったことだ。

一向宗には一神教的な面があり、一揆国となった加賀では天台・真言・ 禅・法華など他宗には本願寺教団への転向を強要し、また百余りの神社を 破壊して、神器・宝物を奪い取った。

戦国乱世に無気味にはいまわるモンスターが一向宗であり、これを克服す ることが、天下人にとっての最大の課題であった。[4, p66]

[b]で述べたように、殉教を厭わない一神教徒との平和的妥協は難しい。 ヨーロッパではこれが数百万人規模の犠牲者を生んだ宗教戦争となったの だが、その二桁ほど小さいミニ版が、信長の一向宗徒との戦いに現れたの である。

なお、信長がキリスト教に寛容だったのは初期の頃で、宣教師らの日本を 侵略しようとする意図を見抜いてからは態度を改めている。[c,d]


■4.「尊皇の姿を示すこと前例なし」

信長が明智光秀の謀反で倒れると、皇室を中心とする国家統合のビジョン は、そのまま秀吉に受け継がれた。育鵬社版は次のように記している。東 書版も概ね同様の記述である。


1583(天正ll)年、秀吉は全国統一の拠点として巨大な大阪城を築き始めま した。その後朝廷から関白に任ぜられると、朝廷の権威を後ろだてとして 全国の大名に戦いの中止を求めました。これに従わなかった九州の島津氏 などを攻めて降伏させ、1590(天正18)年には、関東の北条氏をほろぼし、 奥州(東北地方)を平定して、全国統一を果たしました。[2, p109]

「朝廷の権威を後ろだてとして全国の大名に戦いの中止を求め」たのは 「惣無事令(そうぶじれい)」と呼ばれ、秀吉が全国を平定する際の法的 な根拠になった。

薩摩の島津義久が九州北部まで攻め上がると、秀吉は停戦命令を出した が、「島津家は頼朝以来の名門である」として、秀吉のような由緒不確か な人間には従わない。そこで秀吉は後陽成天皇の勅命を受けて出兵した。 「官軍」の登場は南北朝以来の事である。

天正16(1588)年、壮麗な聚楽第が完成すると、後陽成天皇の行幸を迎え た。それも秀吉自らが御所に参内してお迎えにあがり、「尊皇の姿を示す こと前例なし」と言われた。

さらに29人の主要な大名に「子々孫々まで皇室に仕え、天皇に忠誠を誓 う」という誓書を出させている。これはとりもなおさず、関白・太政大臣 である自分に仕えよ、という事でもある。

信長・秀吉の天下統一の成功の一因は、皇室の権威のもとで国家を統合す る、という日本の伝統的な統治パターンに則っていた事であろう。同時 に、後奈良天皇が貧窮の中でも「般若心経」の写経を通じて民の安寧を祈 られていた大御心を受けて、平和な世を築こうとうとする姿勢に共感した 人々も多かったからではないか。


■5.武装農民

乱世を終わらせるための秀吉の施策が「検地と刀狩り」だが、その狙いを 理解するためには、当時の農村の実態を見ておく必要がある。

戦国時代には貴族や武士が武装農民を巻き込んで戦う私闘が絶えなかっ た。たとえば文亀元(1501)年、九条家当主の政基(まさとも)は家領だっ た日根野(ひねの)荘(大阪府泉佐野市))に乗り込こみ、年貢を私して いた守護と武士たちを排除しようとした。政基と守護の争いに、武装した 農民たちも二派に分かれて、千人以上の戦いが起きている。[5, p53]

こういう貴族や武士の勢力争い以外にも、農村どうしが土地の縄張りや水 源の取り合いで戦うこともあった。横行する盗人も、村人たちで捕まえて 処刑した。信長を苦しめた一向宗徒も武装農民が多かった。

加賀(石川県)の江沼郡は現在でも人口が7万足らずの小さな郡だが、刀 狩りをした所、1、073本の刀、1、540本の脇差、160本の槍、700本の小 刀が没収されたという。[5, p243]


■6.刀狩りと兵農分離

こういう社会での「刀狩り」、すなわち農民からの武器の取り上げには、 公権力がしっかりと盗人・野盗を取り締まり、村同士の争いなどを公正に 仲裁しうる政治が前提となる。秀吉の惣無事令は大名間の争いだけでな く、百姓にいたるまですべての階層で合戦・私闘が禁じられた。その政策 の一環としての刀狩りである。

言わば、刀狩りとは、アメリカの西部劇に出てくるような無法暴力社会か ら脱して、現代日本のような非武装の民が安心して暮らせる社会を目指し た政策だった。

この点で、東書版では「また、武力による一揆を防ぐため、刀狩を命じ て、農民や寺社から刀や弓、やり、鉄砲などの武器を取り上げました」と 書くが、これでは権力者が民衆の反抗を防ぐための施策としか読めない。 育鵬社版では、より正確に次のように記述している。


さらに秀吉は、 1588(天正16)年に刀狩令を出し、農民や寺院から鉄砲、 刀、 弓、槍などの武器を取り上げました。これは農民らが武力で争いを 解決したり、一揆をおこすことを防ぎ、農業に専念させるためでした。

こうして、武士と農民の身分は明確に区別され(兵晨分離)、人々が身分に 応じた職業により生計を立てる、安定した近世社会のしくみが整い、江戸 時代へと受けつがれていきました。[2, p110]

「身分の区別」というといかにも封建的に響くが、たとえば今日の日本で も、警官は武器を携行できるが、一般国民は武器を持てない。「身分の区 別」を「社会的な役割の区別」と考えれば、現代に通ずる面が見える。こ の結論は東書版でも同様の記述で、それにより「社会は安定しました」と 結んでいる。


■7.秀吉の偉大さを物語る「検地」

農村での争いや役人の不正を減らすためにも、土地の所有権の明確化、年 貢の適正化のための米の生産量の設定、さらにはそれを行うための度量衡 の統一が必要となる。育鵬社版は次のように説明する。

秀吉は、全国の田畑の面積をはかり、土地のよしあしや予想される生産 量、 耕作している農民の名前などを調べ、検地帳に記録させました。も のさしやます、土地面積の表し方も統一され、生産量はすべて石高(米の 体積)で表されることになりました。これら秀吉が実施した検地を太閤検 地といいます。

これにより、武士や大名は石高で知行(領地)をあたえられ、それにみあっ た軍役を果たすことが義務づけられました。また、公家や寺社などの荘園 領主や有力農民がもっていた複雑な土地の権利は否定され、実際に耕作し ている農民に田畑の所有権が認められました。[2, p110]

戦国の世を終わらせ、平和な社会を築くには、武力で天下をとるだけでは 不十分で、こうした検地や刀狩りで、争いの芽を摘んでいく施策が必要 だったのである。教科書でも、こういう意義の解説が欲しい所だ。

村尾次郎博士は、この秀吉の業績を次のように評価している。

古来、土地制度の改革や、耕作地、用益地の実態調査およびその測量・登 記などは至難のわざとされている。それは人の財産の最も基本的な部分に 政治の力を加え、それを公然化することなので、大きな抵抗を覚悟しなけ ればできないからである。その難事を断行したのは秀吉の偉大さを物語 る。[3, p297]


 戦乱の時代から「安定した近世社会」への変革は、国民統合の中心とし て皇室を戴き、民の安寧を祈る皇室の大御心を受けた信長と秀吉という二 人の天才によって実現された。それを江戸幕府が受け継ぎ、260余年も の太平の世を実現したのである。



■リンク■

a. 伊勢雅臣『世界が称賛する 国際派日本人』、育鵬社、H28
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4594075681/japanontheg01-22/

b. JOG(982) 歴史教科書読み比べ(29) ヨーロッパとの出会い
 キリスト教宣教師を尖兵として世界を植民地化しようとする西洋諸国 に、日本はいかに対峙したか。
http://blog.jog-net.jp/201612/article_3.html

c. JOG(497) 冷戦、信長 対 キリシタン(上)〜 信長の危機感
 信者を増やし、キリシタン大名を操る宣教師たちの動きに信長は危機感 を抱いた。
http://www2s.biglobe.ne.jp/nippon/jogdb_h19/jog497.html

d. JOG(498) 冷戦、信長 対 キリシタン(下)〜 信長の反撃
 信長の誇示する軍事力を見て、宣教師たちは日本の植民地化を諦めた。
http://www2s.biglobe.ne.jp/nippon/jogdb_h19/jog498.html


■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1.『新編新しい社会歴史 [平成28年度採用]』★、東京書籍、H27
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4487122325/japanontheg01-22/

2. 伊藤隆・川上和久ほか『新編 新しい日本の歴史』★★★、育鵬社、H28
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4905382475/japanontheg01-22/

3. 村尾次郎『民族の生命の流れ』★★★、日本教文社、S48

4. 井上鋭夫『日本の歴史文庫〈10〉信長と秀吉』★★、講談社、S50

5. 山田邦明『戦国の活力 (全集 日本の歴史 8)』★、小学館、H20
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4096221082/japanontheg01-22/


    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
在米華人グループの多くがトランプ支持
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)1月24日(火曜日)
       通算第5175号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


   ♪
 在米華人グループの多くがトランプ支持にまわった不思議
  元来、クーリー移民以来の華人は民主党支持だった筈なのに、異変が 起きていた
*********************************

1月20日のトランプ大統領就任式に、多くの華人グループが参加して い た。トランプ支持のプラカードを掲げて、とくにトランプが惨敗したカ リフォルニア州からやって来た。

リベラルの巣窟、アジア系移民の左傾化が顕著なカリフォルニア州から?

目立ったのはアナハイムからの集団で、ヒラリー圧勝におわったカリ フォルニア州だったが、共和党の選挙運動を展開した華人が多かった事実 は在米中国語メディアを読んでいるとわかる。

じつは昨年11月6日、投票日直前のミネアポリス空港で、緊急のトラ ン プ支援集会が開催されたが、組織動員された団体のなかで、華人グルー プの代表がトランプ支持の発言をしている。

これがネットで、フェイスブックで、ツィッターで拡がり、ひろく在米華 人有権者にトランプへの投票が呼びかけられた。

不法移民をのぞいて、在米華人はじつに450万人、このうち220万 人が有 権者である。

この数字には中国人留学生も不法移民も旅行で長期滞在の中国人も入ら ない。まさしく18世紀から行われたクーリー貿易で米国へ渡り、主とし て西海岸に住み着いた華人の家系が多く、しかも1852年にはアメリカ で 最初の中国移民の暴動が起きている。
 
彼らが不満をぶち挙げた理由は、正統な移民であるにも拘わらず、ア メ リカ人がいまも「チンク」と侮蔑語で中国人を差別していること。メキ シコからの不法移民の急増で、かれら正統派移民が就労の機会を失ってい ること。

華人だからと言って不法移民と一緒にして欲しくない、という訳である。

にもかかわらずオバマ政権の8年間で、不法移民への優遇政策が実行さ れたことへの不満が爆発した。

シリアからの難民を受け入れるとオバマ前大統領が発表したときは、在 米華人の56%が反対に回り、カリフォルニア州のリベラル社会の多数意 見に明確に反対していた。


 ▼不法移民に我慢がならない

むろんトランプ支持の華人らは、近年夥しくやってくる新移民、投資移 民の華人とは絶縁状態であり、コミュニテイィを異にしている。
 
2世、3世となると日系アメリカ人同様に母国語を喋ることが出来な い。だから「不法移民に対して取り締まりの強化」を要求しているのだ。

華人グループのプラカードには「H-1B」というスローガンが並んでい た。このプラカードが象徴するのは、就労ヴィザの問題である。

正式な労働移民に与えられるヴィザの特権を遵守して欲しいと訴えている。

H−1Bヴィザは専門技術者として米国で一時的に就労する外国人を対 象とした就労査証で、建築、エンジニアリング、会計、財務関連の就労。 米国の学士またはそれと同等の経歴を持っていることが条件の一つだ。

新華人の多くは、このヴィザで米国に移住し、永住権を取得するケース が多い。

またEB―5ヴィザというのは移民プログラムのひとつで、移民法によ り 定められた政府公認の永住権を取得する投資永住権。 米国に50万ドル以 上の投資と十名以上の雇用を条件として永住権を取得できる。

 上記二つが近年の中国人移民の特徴で、それ以外の不法移民就労は、か れらから見れば不服、だから不法移民排斥を唱えたトランプを熱狂的に支 援したわけで、外交的軍事的な中国と米国の対立に関しては、意見を控え ている。 

    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)米国のメディアを翻訳しているに過ぎない日本のメディア によれば、全米各地、そして世界中で反トランプ集会が開催されている由 ですね。マドンナが出席してアジ演説をした女たちの集会も大きく扱って います。

でもおかしいです。ロシアではトランプ歓迎集会です。
https://themoscowtimes.com/articles/watching-the-inauguration-56890

このメディアの情報操作、いつまで続くのでしょうか?(JJセブン)



  ♪
(読者の声2)珍しい写真展の案内です。

日露戦争後、日本はロシアが満州に建設した鉄道(旅順−長春)を引き 継いだことで満州へ進出する機会を得ました。

そして、日本が韓国を併合した翌年(1911年)に、朝鮮半島と満州が鉄道 で結ばれました。それは日本初の国際鉄道となりました。

満洲国が消滅する1945年までに、朝鮮半島と満州を隔てる1,300キロ に及 ぶ流域に 7本もの鉄道橋が日本によって建設されました。

満州国を建国した経緯を鑑みれば満州と朝鮮半島は不可分の領土であり、 国境を跨ぐ鉄道は日満の紐帯であったのです。鉄道史上、7本もの鉄道で 結ばれた国境はほかに存在しないところです。

終戦間際のソ連軍の満州侵攻によって、ソ連・朝鮮の国境に近い満鉄 線 およそ1,500キロ区間がソ連軍によって解体されました。

その後の国共内戦時にも各地で鉄路が破壊されました。新中国が 建国さ れてまもなく朝鮮戦争が勃発すると朝鮮国境への鉄路は修復され、 兵站 鉄道として活用されました。

終戦から70年が経過した現在、日本が架けた7本の鉄道橋の3本は現在 も 中国と北朝鮮の鉄道を結んでいます。

他の4本の鉄道橋は廃棄され、朽ちたまま国境の大河のほとりにいまも静 かに佇み、分断の歴史を物語ります。
 出展作品数:カラー 約40点
============================
・小竹直人写真展
 『国境鉄路〜日本が中朝国境に遺した7本の鉄道橋』
・日時/場所 ?2017年1月30日(月)〜2月8日(水)
        オリンパスギャラリー東京
   https://fotopus.com/olympusplaza/showroomgallery/access_map /map_tokyo.html

       ?2017年2月17日(金)〜2月23日(木)
        オリンパスギャラリー大阪
 https://fotopus.com/event_campaign/showroomgallery/detail/c/363
・入場無料です。
   (TH生、埼玉)


(宮崎正弘のコメント)懐かしき満鉄ですね。小生も大連から瀋陽、長 春、ハルビンまでの特急と、ハルピンからチチハル、大慶、海拉爾、満州 里へ。くわえてハルビンから北へは北安、孫呉、黒河へ。東へは途中の支 線があったスイフェンガまで乗りました。

昔の満鉄で、それぞれ大きな役にはヤマトホテルが建てられました。い ま、大連からハルピンまでは新幹線(高速鉄道)が繋がりました。
 当該写真展、是非見に行きたいものです。



  ♪
(読者の声3)『中華帝国と旭日帝国:日中関係―過去と現在』(ジュー ン・トーフル・ドレイヤー著)
 『Middle Kingdom & Empire of Rising Sun: Sino-Japanese Relations, Past and Present 』
という本があります。2016年に Oxford University Press より出版 され ました。日本語訳版はまだ出ていません。
https://www.amazon.co.jp/Middle-Kingdom-Empire-Rising-Sino-Japanese/dp/0195375661

マイアミ大学政治学教授ジューン・ドレイヤー女史の新著は、現在の 日 中関係の歴史的基盤を論ずるに当たって、極めて信頼に値します。何よ りも、一面的に「善玉悪玉」を仕分けする手法を用いていないからです。

「中国人の世界観は、中国は常に自国を『中心的国家(中華』と看做し、 かつ、『外部の領域』は文明化されない野蛮人が住み着いているとみてい す。」「実際、儒教的社会には中国文明という概念を持ちませんでした。 存在するのは『文明』と『野蛮』だけです。」とドレイヤーは説明しま す。中国は自国を宇宙の中心に位置すると考え、正統な天に任命された君 主によって統治されていると信じていました。

それに対して、日本は、神秘的な用語を使って自国を定義しました。

最古の文献は、日本の天皇は、天に選ばれた人間ではなく、日本国を創造 した「神々の直接の子孫」としています。したがって、朝鮮のように冊封 されることに甘んじませんでした。

現在、中国がいわゆる歴史認識問題で日本を非難する思考法は、まさし く文明が野蛮に対して正義を主張して説教を垂れるパターンとなっていま す。事実にはお構いなしに一方的につくられた歴史が押しつけます。奇妙 なことに欧米諸国がこの一方的な中国の主張に異議をとなえないことです。

韓国に至っては今や冊封国そのままのように、中国型の日本批判を行うよ うになっています。

非常に興味ある見解で、是非日本語訳が出てほしいものです。

本書評は、Ardric Hama 氏による英文の書評(The Journal of Social, Political and Economic Studies, Volume 41, Number 4, Winter 2016 に掲載) を日本語訳としてご紹介するものです。ぜひご覧ください。
  日本語翻訳書評:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Middle.pdf
  英語原文書評:HTML: http://www.sdh-fact.com/review-article/895/
               PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/hama-essay-JSPES.pdf
    (「史実を世界に発信する会」茂木弘道)



━━━━━━━━━
ビタミンB1を思う
━━━━━━━━━

           
    渡部 亮次郎

1882(明治15)年12月、日本海軍のある軍艦は軍人397名を乗せて、東京 湾からニュージーランドに向け、272日の遠洋航海に出航した。

ところがこの航海中、誰一人として予想もしなかった大事件が降ってわい た。なんと169名が「脚気」にかかり、うち25名が死んでしまったのだ。

この、洋上の大集団死亡という大事件は、当時の日本列島を震撼させた。 屈強な海の男達の死。なぜだ。この不慮の大事件が、ビタミンB1の欠乏に よるものだとは、この時点ではまだ誰も気づいた人はいなかった。

ビタミンB1の存在が発見され、栄養学的、学術的な解明がなされたのは、 このあと28年間をまたなければならなかった。

しかし、かねてから軍人達の脚気の原因は、毎日食べる食事の内容にあり とにらんでいた人に、高木兼寛という人物がいた。彼は当時、海軍にあっ て「軍医大監」という要職にいた。

高木兼寛(たかぎ かねひろ)

宮崎県高岡町穆佐(むかさ)に生まれ、イギリスに留学し帰国後、難病と いわれた脚気病の予防法の発見を始めとして日本の医学会に多大な貢献を した研究の人。

慈恵会医科大学の創設、日本初の看護学校の創設、さらには宮崎神宮の大 造営などの数々の偉業を成しとげた。

<白米食から麦飯に替えて海軍の脚気を追放。1888(明治21)年、日本で 初の医学博士号を受ける。>(1849-1920)(広辞苑)

高木軍医大監は、この事件をつぶさに調査した結果、次の航海で軍艦乗組 員を対象に大規模な "栄養実験" を行うことによって、脚気の正体を見極 めようと決意した。

脚気による集団死亡事件から2年後の1884(明治17)年、こんどは軍艦 「筑波」を使って、事件が起こった軍艦と同一コースをたどった実験が始 まった。

高木大監自らもその軍艦に乗りこみ、兵士達と起居、食事を共にした。高 木まず、乗組員の毎日の食事に大幅な改善を加えた。これまでの艦の食事 は、どちらかというと栄養のバランスというものを考える余地がなく、た だ食べればよいといった貧しい「和食」だった。

高木は思い切って「洋食」に近いものに切り替えた。牛乳やたんぱく質、 野菜の多いメニューだ。よい結果が明らかに出てきた。287日の航海の間 に、おそれていた脚気患者はわずか14名出たのみで、それも軽症の者ばか り。死者は1人も出なかったのだ。

高木軍医大監は快哉を叫んだ。「オレの考えは間違っていなかった」と。 以上の実験的事実に基づいて、日本海軍は、そののち「兵食」を改革した。

内容は白い米飯を減らし、かわりにパンと牛乳を加え、たんぱく質と野菜 を必ず食事に取り入れることで、全軍の脚気患者の発生率を激減させるこ とに成功した。

一躍、高木軍医大監の名が世間に知れ渡った。今日では、脚気という病気 はこのように、明治の中期頃までは、大きな国家的な命題でもあったわ け。皇后陛下も脚気を患って困っておられたが、高木説に従われて快癒さ れた。明治天皇は高木を信頼され、何度も陪食された。

この頃、陸軍軍医総監森林太郎(鴎外)はドイツのパスツール説に従い 「脚気細菌説」を唱え続けたばかりか、高木を理論不足と非難し続けた。

脚気にならないためには、たんぱく質や野菜を食事に取り入れることが有 効であることはわかったけれど、それらの食品の含有する栄養素の正体に ついては、ほとんど解明されていなかった。これは前にも触れた通り。

栄養学の研究は、ヨーロッパでは19世紀の半ば頃から盛んに行われ、たん ぱく質のほか、糖質、脂質、それに塩類などを加えて動物に食べさせる、 飼育試験が行われていた。

だが、完全な形で栄養を供給するには、動物であれ人間であれ、「何かが 足りない」 というところまでがようやくわかってきたにすぎなかった。 その何かとは、今日の近代栄養学ではあまりにも当たり前すぎる「ビタミ ン」「ミネラル」のこと。当時はしかし、その存在すらつかめていなかっ た。

日本でビタミン学者といえば、鈴木梅太郎博士。米ぬかの研究でスタート した鈴木博士が、苦心の研究を経てビタミンB1を発見したのは1910年、明 治43年のこと。陸軍兵士が脚気で大量に死んだ日露戦争から5年が経って いた。高木海軍軍医大監の快挙から、実に28年もかかっていた。

鈴木梅太郎博士は最初は「アベリ酸」として発表し、2年後に「オリザニ ン」と名付けた。このネーミングは、稲の学名オリザ・サティウァからつ けたものと伝えられている。

しかし世の中は皮肉なもので、鈴木博士の発見より1年遅い1911年、ポー ランドのC・フンクという化学者が鈴木博士と同様の研究をしていて、米 ぬかのエキスを化学的に分析、「鳥の白米病に対する有効物質を分離し た」と報告、これをビタミンと名付けてしまった。

ビタミンB1の発見者のさきがけとして鈴木梅太郎の名は不滅だが、発見し た物質のネーミングは、あとからきたヨーロッパの学者に横取りされたよ うな形になってしまった。

それにしても、言い方を換えれば、明治15年、洋上で脚気のため命を落と した25名の兵士の死が、28年を経て、大切な微量栄養素の一つ、ビタミン B1の発見につながったと言うべきで、その意味では彼らは尊い犠牲者とい うべきだ。 (以上は栄養研究家 菅原明子さんのエッセーを参照)

私が思うには、日本人が宗教上などの理由から、4つ足動物を食べる習慣 の無かったことも原因にある。特に豚肉はビタミンB1が豊富だが、日本 人は明治天皇が牛肉を食べて見せるまでは絶対に4つ足を食さなかった

2002年3月、2Ch上で、脚気をめぐって、時ならぬ森鴎外論争がおこっ たことがある。

<日露戦争は1905年。 ビタミンBが初めて発見されたのは1910年。欧米の 学会で細菌説が否定されたのはもっと後。 高木兼寛が、日露戦争以前に 玄米を食することにより脚気が防げると 発見したのはすばらしいことで あるが、具体的理論に乏しかったのである。>

<でも、明治前期から「具体的事例」は山ほど出てたよ。 明治天皇も玄 米の効用には気付いていた。「別に毒でもないんだし、効用があるなら食 べさせておこうか。 理由は後で追及しよう」という姿勢をとらずプライ ドのために自分達の頭の中での学説を優先させたし高木らを誹謗した。森 一派は有罪。>

<海軍がらみの病気と言えば、ビタミンC欠乏で起こる壊血病が有名です が、ビタミン Cの発見はビタ ミンB1より後です。 これは、原因は不明な がらも、野菜や果実ないしこれらの絞り汁で予防・治療が可能だとわかっ て いたのと、壊血病を起こす動物が限られている事などの理由で、実験 ができなかったことが影響しているそうです。(治療法が確立していたた め、「学術的興味」のための人体実験などはできなかった。)

「具体的理論」などにこだわって治療法の確立を遅らせるのは、本末転倒 でしょう。 海軍の軍医として、食餌の不良が壊血病のように致命的な疾 病の原因になりうるという認識を持って いた高木氏が、「栄養上の問 題」という仮説を立てたのは、ごく自然な事に思えます。

このときに「不足している」と仮定したもの(タンパク質だったか?)
は、結果的には誤りだった訳 ですが、何の仮説もなく闇雲に行動してい た訳ではない。

そもそも「細菌説否定」もなにも、細菌が原因であるという事自体が、確 たる根拠を持たない一仮説 に過ぎないわけです。 当時、日本人医師達と の対談で、コッホが「細菌が原因かどうかという検討の前に、診断法を確 立し て、『どういう状態なら脚気なのか』を確定するのが先ではない か」というようなアドバイスをした と聞きます。

これも、確たる根拠のないまま、「とにかく細菌が原因」という思込
みで突っ走るの を危惧したためでしょう。>

渡部註:日本でしか罹患しない脚気だったが、江戸時代から「江戸わずら い」と言われたように、脚気は東京の風土病と疑われた時期もあった。

<脚気に麦飯や玄米が有効だという知見そのものは、高木氏の 独創では ないです。 高木氏の功績は、多数の患者を出した航海の記録などから、 「栄養不良ではないか」という仮説を立てるとともに、具体的な給食改革 案を提示し実証したところだと思います。

それはともかく、森林太郎という人が非難されているのは、彼が自力で脚 気の 治療法を確立できなかったからではない。>

<日露戦争時といえば、海軍から脚気が消えてから久しくたっており、陸 軍でも 地方では独自に麦飯給食などをしていたそうです。

経験的にとはいえ予防法が一応認められていた時期に、敢えてそれを否定 する がごとき方針を押し通し、多数の病者を出したというのは、とても 「ミス」な どというレベルではない、「未必の故意」による犯罪行為で しょう。 >

<1905年当時は、ビタミンのような希少栄養素という概念が無かった。近 代的な医学というのは、まだ始まったばっかりで コッホとパスツール が、細菌の発見→純粋培養による特定という 手法を編み出し、初めて病気 に対して、近代的なアプローチが、とられるようになったばかりだ。

だから、当時の医学では病気というのは病原菌が元で発生するもの以外に 対する ものに対しては全く無力。 当時は、癌でさえ、寄生虫か病原菌で 発生するものだとまじめに考えられていた時代であった。

いまでも、何の根拠も無い民間療法で完治してしまう人がいるように 統 計的に明らかな改善があったからといって そのやり方が正しいとは一概 に言えないのが医学。

統計結果を基に効果を推測するには、プラシーボ効果をかんがみた上で その影響を除去して考えなければならない。 然るにプラシーボ効果に対 する実証的な研究がなされたのは1954年以降のこと。 それまで、医学で は統計的なアプローチというのはあまり当てにならないものとされてい た。>2006.05.07

  
━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎1/24の新聞記事からいくつかご紹介します。:唸声

▼唸声ネタ帳/1月24日、韓国のトランプは日本を敵性国家と、TPP粘り強 く、米新政権中国の南シナ海阻止等ネタ帳は新聞などのニュースを唸声風 に一言解説&コメントしています。

◇産経1/24:「韓国のトランプ」李在明・城南市長が次期大統領選出馬へ
日本については「重要な隣国ではあるが、敵性国家」
写真↓李在明城南市長
http://www.sankei.com/world/news/170124/wor1701240005-n1.html
 
【ソウル=名村隆寛】韓国の次期大統領選に意欲を示していた李在明 (イ・ジェミョン)城南市長が23日、出馬を正式に宣言した。国会第1党 で最大野党の「共に民主党」に所属。トランプ米大統領のようにツイッ ターを多用し、直接的な物言いをすることから「韓国のトランプ」とも呼 ばれてきた。

慰安婦問題をめぐる日韓合意の無効化や、日本との軍事情報包括保護協定 (GSOMIA)の撤回を主張した。また、日本についてはこれまでに、 「重要な隣国ではあるが、敵性国家と思う」との考えを公式の場で明らか にしている。米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル (THAAD)」の韓国配備でも撤回を主張している。続き↑産経

支持率第3位の李在明市長ですが、潘基文氏の実弟逮捕で第二位に浮上す る可能性が高いですね。日本を敵性国家と平気で言うのも頭がおかしい し、自国を守るTHAAD配備を撤回するのも気が狂っています。北朝鮮のお 仲間なのでしょうね。「韓国のトランプ」なんて呼ばれているそうです が、「北朝鮮の切り札」かもしれません。まぁ、他の人もどこを切っても 北朝鮮の金太郎飴かもしれませんが・・・。


◇日経1/24:世耕経産相ら「TPPの意義、粘り強く訴える」 米に翻意促す

トランプ米大統領が環太平洋経済連携協定(TPP)離脱の大統領令に署 名したことを受け、関係閣僚は24日の閣議後の記者会見で、改めて米国の 参加が必要との認識を示した。米国を除く11カ国での協定では効果が薄い とし、米国側に翻意を促す構えだ。

世耕弘成経済産業相は「トランプ政権側にTPPの戦略的、経済的な意義 を粘り強く訴える」と述べた。石原伸晃経済財政・再生相も「腰を据えて 理解を求めていく」とし、「自由貿易体制が世界経済の成長の源泉である という考えに変わりはない」とした。

麻生太郎財務相は日本経済に即座に影響は出ないとしたうえで、「米国と 日本双方にメリットがあるなら続けていこうとなる」と指摘。山本有二農 林水産相は「トランプ政権は始まったばかり。TPPへの考え方もおのず から変わっていくのではないかとの期待感を持っている」と述べた。

萩生田光一官房副長官は米国抜きの協定発効について「米国抜きでは意味 がない。11カ国を前提として考えていない」と強調した。政府は24日付 で、TPPの対外交渉を統括する政府代表を務める大江博首席交渉官が交 代し、外務省に出向する人事を決めた。後任は改めて発表する。日経

TPPに関しては随分と楽観的な発言が多いですね。トランプ大統領の一番 初めの仕事がTPP離脱の大統領令に署名することですから、これを覆すの は超難関、ただ、大統領令の権限は無制限ではなく、連邦最高裁判所が違 憲判断を出したり、連邦議会が反対する法律を作ったりすることによっ て、それに対抗することができますが・・・。

トランプ大統領は自動車の日本市場を開放しろと要求していますが、1978 年から我が国の輸入自動車の関税はゼロです。逆に米国は2.5%の関税をか けています。EUは10%、韓国は8%の関税をかけています。不公平ですね。 いいものは売れ、悪いものは売れないだけなんですがね。いくらトランプ 風吹かせても・・・


◇ロイター1/24:米新政権、中国の南シナ海人工島領有は「阻止する」= 報道官

[ワシントン 23日 ロイター] - 米ホワイトハウスのスパイサー報道 官は23日、中国による南シナ海での人工島建設について、トランプ新政権 は国際水域を自国の領土とする行為は阻止する考えだと表明した。

トランプ大統領が国務長官に指名したレックス・ティラーソン前エクソン モービル会長は今月11日の指名承認公聴会で、中国に対して南シナ海の 人工島へのアクセスを認めないとする姿勢を明確にすべきだと述べていた。

トランプ氏がティラーソン氏と同様の立場か聞かれ、スパイサー報道官は 「米国は(南シナ海での)自国の国益を確実に守る」と言明。
 
「これらの人工島が実際に、中国の領海ではなく国際水域にあるかどうか が問題で、もしそうならば一国が国際水域を奪取する行為を阻止する」と 述べた。

スパイサー氏は阻止に向けた具体的な措置には言及を避け、「今後より多 くの情報が手に入るだろう」と述べるにとどめた。
 
ワシントンの中国大使館はスパイサー報道官の発言について、コメントの 要請に現時点で応じていない。ロイター

南シナ海に関しては安倍首相からも話があったと思われます。米国の国益 にも関わることですから、オバマ大統領のように南シナ海の放置は国益の 毀損に他なりません。そんな中国がこんなことを言ってますよ。『米国が 引っ込むなら、中国が世界のリーダーになる?』


◇ロイター1/23:必要なら、中国は世界のリーダーシップ取る=外務省国 際経済局長

[北京 23日 ロイター] - 中国外務省国際経済局の張軍局長は23 日、同国としては世界のリーダーとなることを望んでいないが、他国がそ の地位から退く場合は引き受けざるを得ないこともあるとの見解を示した。

張局長は「中国が世界のリーダーシップを取っていると言う人がいるな ら、中国が前面に出ようとしているのではなく、前面に出ていた国々が後 退して中国に立場を明け渡しているからだと言いたい」と言明。「リー ダーシップを取ることが求められるのなら、中国はその責任を引き受ける だろう」と述べた。

さらに局長は、中国は世界第2位の経済大国であり、他国は経済成長を中 国に依存していると主張。「われわれは、米国や他の西側諸国が世界経済 の回復に対する寄与を引き続き増やすことができるよう願っている。トラ ンプ新大統領は、米国が4%の経済成長を達成できると宣言したそうだ が、われわれは非常に満足している」と語った。

他方で、トランプ大統領が貿易戦争を闘おうとするなら、成長目標は達成 できないだろうとも指摘。「貿易戦争や外為戦争は、どの国にも利益をも たらさない」と述べた。ロイター

中国が言う台詞?我が国に「経済規模では世界2位だが、世界最大の発展 途上国」として、特恵関税を求める国の言う台詞ではないと言うことで す。自国の利益しか考えていない中国は米国以上にチャイナ・ファース ト、いや、コミュニスト・チャイナ・ファースト!自国での責任も果たせ ないのによく言うなぁ!「壊れかけのRadio」ならぬ「弾けかけのBable」 やないの・・・。


◇毎日1/24:徳島県警 スマホ写真、被害者の瞳に容疑者の顔 解析成功
写真↓徳島県警鑑識課の浪花孝一写真係長=徳島市万代町2の県警本部で 松山文音撮影
http://mainichi.jp/articles/20170124/k00/00e/040/207000c?fm=mnm

容疑者から押収したスマートフォンに保存されていた被害者の写真を徳島 県警鑑識課が解析した結果、写真を撮影した容疑者の姿が被害者の瞳に 映っていることが判明し、重要な証拠となった事件が昨年あった。同課に よると、瞳に映った姿が証拠になるケースは大変珍しいという。

「目に人の影のようなものがある。調べてほしい」。現場の捜査員から、 鑑識課の浪花孝一写真係長(43)に依頼があった。渡されたデータを表 示すると、容疑者が撮影した被害者の顔が映っていた。鏡に映ったものを 解析した経験はあったが、瞳に映った姿の解析なんて聞いたこともなく、 「こんな瞳から見えるんかな」と半信半疑だった。続き↑毎日

どんな事件だったのでしょうか?リベンジポルノ?虐待?壁に耳あり、障 子に目あり!君の瞳は大切な証拠品、角膜に焼付いた最後の残像 は・・・。SF映画みたいになってきました。


◇ロイター1/23:NYの金1.8億円相当入り容器盗難事件、容疑者を南米で 逮捕=警察

[20日 ロイター] - 昨年9月に米ニューヨークで160万ドル(約1億 8100万円)相当の金片が盗まれた事件で、容疑者の男(53)が南米エクア ドル西部で逮捕された。警察が明らかにした。
 
男は昨年9月29日、ニューヨークのマンハッタン中心部で、警備員が注意 をそらした隙に駐車中の現金輸送車の荷台から金片が詰まった容器を盗ん だ疑い。金片の重さは計約39キロだった。

エクアドル内務省は声明で、男が18日に拘束されたと発表した。ロイター

写真↓エクアドルで逮捕されたJulio Nivelo(53)、窃盗時はニュージャー ジーに住んでいました。エクアドルはNiveloの故郷でNivelo逮捕時にはエ クアドルでは金のことは分からないと答えています。既に米国で換金した のでしょうね。この金片は加工され、既に善意の第三者に流れているで しょう。果ては金歯か耳飾り・・・。Niveloは米国で7回逮捕され、4回国 外退去となっています。トランプ大統領の大嫌いな不法移民犯罪者の代表 のような男です。
http://assets.nydailynews.com/polopoly_fs/1.2918025.1482297590!/img/httpImage/image.jpg_gen/derivatives/article_750/gold21n-3-web.jpg

◇米国写真:またアクビのバロン君
写真はトランプ大統領の息子/文学城より
http://www.wenxuecity.com/news/2017/01/23/5952041.html

大統領の息子はお疲れですねぇ・・・。出るのは吐息か大アクビ?人が集 まらないって?どうでもいいじゃんと考えているのでしょうね。


◇動画ニュース「フィールドキャスター」1/23:ミス日本グランプリの将 来の夢は局アナではなくジャーナリスト!第49回ミス日本コンテスト2017
http://fieldcaster.net/archives/4653

2017年1月23日 東京・新宿区 第49回ミス日本コンテスト2017が開催され ました。今回の大会テーマは「輝く行動美人」。将来、日本のリーダーと なりえる若く美しい女性を選び育て輩出する目的で行われています。着物 審査、ドレス審査の後の水着審査では、それぞれが自らの得意分野を生か して個性様々なアピールを披露しています。

今回のコンテストでは応募総数2156人の中から選ばれた13人が登場しました。

今回、2017ミス日本「グランプリ」に見事輝いたのは高田紫帆さん(20)。 続き↑フィールドキャスター

10秒後をご覧ください。これが日本のリーダーとなりえる方々だと思うと 嘆かわしくなります。ミス日本コンテストがミス韓国コンステトになって います。いやだいやだ!


唸声の気になるニュース↓映像や写真などは以下にてお楽しみください。
http://ameblo.jp/unarigoe/


 ◎トランプ政権が韓国軽視 訪米の副総理“無視”、駐韓大使指名先送り…  メディア懸念「中国と日本に比べ関心小さい事を示す事例」

ドナルド・トランプ米政権は、韓国を軽視しているのか。朴槿恵(パク・ クネ)大統領が職務停止中のため、経済副総理が新政権発足直前にニュー ヨークを訪ねたが、トランプ氏の経済チームは面会せず、新しい駐韓米国 大使の指名も先送りしているのだ。「同盟国の価値」を冷徹に推し量るト ランプ政権の厳しい目にさらされ、韓国が自由主義陣営から脱落する事態 が訪れるかもしれない。

朴大統領の職務を代行する黄教安(ファン・ギョアン)首相は20日、ト ランプ氏の大統領就任を祝う書簡を送り、米韓関係を一層深化、発展させ ていくことへの期待を表明した。韓国の与野党4党も「堅固な韓米同盟」 を強調したが、それだけ米韓関係の未来に不安・懸念があるようだ。

柳一鎬(ユ・イルホ)経済副総理が先々週、トランプ次期政権(当時)と 接触するためニューヨークを訪れたが、トランプ氏側は上院などの聴聞会 を理由に、面会を断ったという。

中央日報は19日(日本語版)で、「世界10位経済大国、同盟国の副首相 がこういう『無接待』を受けても『自分で罰を受ける』式に尻尾を丸めて 帰ってこなくてはならなかったのか、残念さが残る」「どうせなら最初か ら行くべきではなかった」と酷評した。

これだけではない。「親北派」の暴漢に襲撃され、顔に約80針も縫う大 けがを負いながらも、親韓派で通したマーク・リッパート前駐韓米国大使 の後任が決まっていないという。
【ZakZak】 2017.01.24 〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎【日本の国境を直視せよ!】北方領土問題解決のラストチャンス 日 露トップ長期政権の意味が“密約”に?

★(1)

停滞していた北方領土返還の兆しが、ようやく見え始めた。といっても、 これまでの「オール・オア・ナッシング」という“空想的返還交渉”から “現実的交渉”への動きが始まったばかりだ。プーチン大統領率いるロシア はしたたかだ。四島すべての返還となるか、歯舞・色丹群島に限られるの か、その帰趨(きすう)は不透明だ。

安倍晋三首相のおひざ元、山口県長門市の温泉旅館「大谷山荘」で昨年12 月に行われた日露両首脳会談について、新聞各紙は「領土帰属の具体的な 進展はなかった」と報じた。果たして、そうだったのか。

キーワードは、2人だけで95分間、ひざ詰めで話した非公式会談での 「密約」である。安倍首相は会談後、深夜にもかかわらず、バーに岸田文 雄外相や補佐官などを呼び出した。翌日午前1時半ごろまで飲み、終始上 ご機嫌だったという。

「密約」の中身は漏れてこないが、何らかの「合意」があったのではない か。その答えは、すぐには出てこない。両首脳が長期政権を狙う意味がこ こにある。来年3月のロシア大統領選挙と、同年9月の自民党総裁選挙後 に、「密約」の成否が公にされるだろう。

近年、北方四島が位置するオホーツク海や択捉海峡海域の、経済的かつ軍 事的重要性が飛躍的に高まっている。

択捉島では5000トン級の艦船が接岸できる埠頭(ふとう)が完成した。島 の中心地・紗那(しゃな=ロシア名・クリリスク)からほど近い別飛 (べっとび=同・レイドヴォ)には2300メートルの滑走路を持つイトロッ プ新空港も完成した。ボーイング737などの大型機が、ロシア各地と直結 するハブ空港としての役割を持つ。

択捉、国後両島には、最新の軍事基地としての施設が建設されている。そ の数はショイグ・ロシア国防相の公式発言によると、対空・対潜ミサイル 基地や弾薬庫、練兵場など392にも及ぶ。

択捉島とウルップの海峡は水深1500〜2300メートルと深く、ロシア太平洋 艦隊の弾道ミサイル搭載原子力潜水艦(SSBN)「デルタIV」などの 絶好の隠れ場である。この海域は、米国とロシア、中国の安全保障上のせ めぎ合いが熾烈な最前線なのだ。

 北方領土は現在、劇的な変化を遂げている。

巨額を投じたクリル発展計画が進むにつれ、多くの外国人労働者も入境し ている。土地の個人所有も自由になった。一種のバブル状態ともいえよ う。その裏で殺人や強盗、横領、密漁、麻薬、武器の密売などの犯罪も増 加している。

ともあれ、北方領土返還交渉の道程は、多くの問題を抱えている。平和条 約締結、領土の帰属に至る共同経済活動の推進など、安倍首相とプーチン 氏が強力なパワーを発揮しなければ解決に至る道は険しい。その意味で は、両首脳が健在な今こそがラストチャンスだ。

まさに安倍首相にとって正念場だろう。

 ■山本皓一(やまもと・こういち) 1943年、香川県生まれ。日大芸術 学部を卒業後、渡米。出版社を経て、フリーランスのフォト・ジャーナリ ストに。世界各国のルポルタージュや、湾岸戦争、ソ連崩壊、北朝鮮など をカバー。近年は尖閣諸島や北方領土、竹島など、日本の国境の島々を取 材する。著書に『日本人が行けない「日本領土」』(小学館)、『日本の 国境を直視する1、2』(ベストセラーズ)、『日本人がもっと好きにな る尖閣諸島10の物語』(宝島社)など。
【ZakZak】 2017.01.24 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎安倍首相、「反日」行動に狂奔の韓国に最後通告 大使帰任を見送 り、施政方針で“教育的指導”

安倍晋三首相が、慰安婦問題で「反日」行動に狂奔する韓国に“教育的指 導”を行った。20日の施政方針演説で「未来志向」の関係を求めながら、 「基本的な価値を共有する国」という表現を除外したのだ。国際社会から 孤立しかねない隣国への説諭に近く、一時帰国させた駐韓大使らの帰任も 見送った。こうしたなか、韓国ではついに国会に慰安婦像を建てる計画ま で浮上した。「日韓合意」の完全破棄を証明するような蛮行というしかな い。かの国は理性を失ったのか。

「韓国は、戦略的利益を共有する最も重要な隣国です。これまでの両国間 の国際約束、相互の信頼の積み重ねの上に、未来志向で、新しい時代の協 力関係を深化させてまいります」

通常国会は20日召集された。安倍首相は同日午後の施政方針演説で、韓国 についてこう語った。

「国際約束」「相互の信頼」「未来志向」という言葉は、慰安婦問題を 「最終的かつ不可逆的に解決」とした一昨年12月の日韓合意の順守を求め るものだ。そして、3年連続で「基本的な価値を共有する国」という表現 を除外することで、法治国家、自由主義陣営から逸脱しつつある隣国に強 い警告を発する。

当然の対応だ。釜山の日本総領事館前の慰安婦像設置は、日韓合意や、外 国公館の安寧と尊厳を守るウィーン条約に反する暴挙であり、世界各国は 「韓国はその程度の国だ」と見放しつつある。

安倍首相は19日、岸田文雄外相と対韓外交について官邸で協議した。「官 邸内の多くは韓国側の対応に激怒している」(官邸周辺)とされ、対抗措 置として一時帰国させた長嶺安政駐韓大使らは、韓国政府の動きがなけれ ば帰任させない方針を確認した。

朴槿恵(パク・クネ)大統領が職務停止中で迅速な対応が取れないなか、 駐韓大使の帰任は大幅に遅れるとみられる。

ところが、韓国ではさらに「国会への慰安婦像設置」という、尋常ならざ る計画が浮上している。

複数の韓国メディアによると、設置を主張したのは、第3野党の「正義 党」という。どこが正義なのか理解困難だが、18日に国会内で集会を開 き、慰安婦像の建設を要求した。

同党は左派系で、昨年8月には、日韓合意に基づいて日本政府が韓国の財 団に拠出した10億円の受け取りを拒否し、ソウルの日本大使館前の慰安 婦像を撤去しないように、韓国政府に求める決議案を国会に提出している。

筋金入りの「反日」政党といえる。前述の集会では、さらに聞き捨てなら ない発言が飛び出した。日本政府が釜山の慰安婦像設置をウィーン条約違 反と批判したことを受けて、国会への慰安婦像設置は「無関係だ」と強弁 したのだ。「条約に違反していないのだから、いいだろう」と言わんばか りではないか。

国民の代表で、立法権を持つ国会に、「反日」を象徴する慰安婦像を建て ることの重大性、深刻性を理解していない。日韓合意に明確に反してお り、日本にケンカを売っているのに等しい。

正義党だけではない。最近、韓国国会議員の「反日発言」ぶりは度を超し ている。その中には国会議長も含まれているのだから、あきれるしかない。

聯合ニュースによると、丁世均(チョン・セギュン)国会議長は16日、 フィジーで中曽根弘文参院議員らと会談した。

ここで、丁氏は「多くの韓国人は、安倍首相の慰安婦関連の発言や立場に ついて、大変残念に思っているのが事実」「それが恐らく状況を悪化させ ている要因ではないか」と、完全に責任転嫁したのだ。

言うまでもないが、日韓関係を一気に悪化させたのは、韓国側が昨年12 月、釜山の日本総領事館前への慰安婦像新設を強行したことが、最大の原 因だ。日本政府の抗議にかかわらず、今月に入ると地方議員が、韓国が不 法占拠している島根県・竹島(韓国名・独島)に慰安婦像を建てる計画ま で発表した。

岸田外相は「竹島はそもそも国際法上も歴史的にもわが国固有の領土だ。 この立場に照らしても(慰安婦像設置は)受け入れられない」と批判した。

すると、韓国与党・セヌリ党の非主流派による新党「正しい政党」が、岸 田氏を「歴史の勉強からやり直せ!」と下劣な言葉で非難したのだ(中央 日報日本語版、19日)。隣国には国会議員の品位や、外交的マナーは存 在しないのか。日韓通貨スワップの再開など、とてもあり得ない。

いい加減、あの国との“縁切り”を考えた方がいい時期かもしれない。
【ZakZak】 2017.01.22 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎就任直後の支持率45%=歴代米大統領で最低―トランプ氏

 ワシントン時事】米調査会社ギャラップは23日、世論調査に基づくトラ ンプ大統領の最初の支持率が45%だったと発表した。

大統領選で選ばれた大統領の就任直後の支持率としては、比較できるデー タが残る1953年以降で最低。不支持率は過去最高の45%だった。

歴代大統領で最初の支持率が最も高かったのはケネディ氏の72%。2番目 はアイゼンハワー氏とオバマ氏の68%で、これまで最も低かったのはレー ガン氏とブッシュ氏(父)の51%だった。 
時事通信 1/24(火) 11:03配信


 ◎【日本の国境を直視せよ!】北方領土問題解決のラストチャンス 日 露トップ長期政権の意味が“密約”に?

★(1)

停滞していた北方領土返還の兆しが、ようやく見え始めた。といっても、 これまでの「オール・オア・ナッシング」という“空想的返還交渉”から “現実的交渉”への動きが始まったばかりだ。プーチン大統領率いるロシア はしたたかだ。四島すべての返還となるか、歯舞・色丹群島に限られるの か、その帰趨(きすう)は不透明だ。

安倍晋三首相のおひざ元、山口県長門市の温泉旅館「大谷山荘」で昨年 12月に行われた日露両首脳会談について、新聞各紙は「領土帰属の具体 的な進展はなかった」と報じた。果たして、そうだったのか。

キーワードは、2人だけで95分間、ひざ詰めで話した非公式会談での 「密約」である。安倍首相は会談後、深夜にもかかわらず、バーに岸田文 雄外相や補佐官などを呼び出した。翌日午前1時半ごろまで飲み、終始上 ご機嫌だったという。

「密約」の中身は漏れてこないが、何らかの「合意」があったのではない か。その答えは、すぐには出てこない。両首脳が長期政権を狙う意味がこ こにある。来年3月のロシア大統領選挙と、同年9月の自民党総裁選挙後 に、「密約」の成否が公にされるだろう。

近年、北方四島が位置するオホーツク海や択捉海峡海域の、経済的かつ軍 事的重要性が飛躍的に高まっている。

択捉島では5000トン級の艦船が接岸できる埠頭(ふとう)が完成した。島 の中心地・紗那(しゃな=ロシア名・クリリスク)からほど近い別飛 (べっとび=同・レイドヴォ)には2300メートルの滑走路を持つイトロッ プ新空港も完成した。ボーイング737などの大型機が、ロシア各地と直結 するハブ空港としての役割を持つ。

択捉、国後両島には、最新の軍事基地としての施設が建設されている。そ の数はショイグ・ロシア国防相の公式発言によると、対空・対潜ミサイル 基地や弾薬庫、練兵場など392にも及ぶ。

択捉島とウルップの海峡は水深1500〜2300メートルと深く、ロシア太平洋 艦隊の弾道ミサイル搭載原子力潜水艦(SSBN)「デルタIV」などの 絶好の隠れ場である。この海域は、米国とロシア、中国の安全保障上のせ めぎ合いが熾烈な最前線なのだ。

北方領土は現在、劇的な変化を遂げている。

巨額を投じたクリル発展計画が進むにつれ、多くの外国人労働者も入境し ている。土地の個人所有も自由になった。一種のバブル状態ともいえよ う。その裏で殺人や強盗、横領、密漁、麻薬、武器の密売などの犯罪も増 加している。

ともあれ、北方領土返還交渉の道程は、多くの問題を抱えている。平和条 約締結、領土の帰属に至る共同経済活動の推進など、安倍首相とプーチン 氏が強力なパワーを発揮しなければ解決に至る道は険しい。その意味で は、両首脳が健在な今こそがラストチャンスだ。

 まさに安倍首相にとって正念場だろう。

 ■山本皓一(やまもと・こういち) 1943年、香川県生まれ。日大芸術 学部を卒業後、渡米。出版社を経て、フリーランスのフォト・ジャーナリ ストに。世界各国のルポルタージュや、湾岸戦争、ソ連崩壊、北朝鮮など をカバー。近年は尖閣諸島や北方領土、竹島など、日本の国境の島々を取 材する。著書に『日本人が行けない「日本領土」』(小学館)、『日本の 国境を直視する1、2』(ベストセラーズ)、『日本人がもっと好きにな る尖閣諸島10の物語』(宝島社)など。
【ZakZak】 2017.01.24 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎菅義偉官房長官、宮古島市長選の結果を歓迎「陸自配備、丁寧に進める」

菅義偉官房長官は23日午前の記者会見で、沖縄県宮古島市長選で、陸上自 衛隊配備容認を掲げた下地敏彦氏が当選した結果について「(南西諸島) 地域の防衛体制の充実は重要な問題だ。陸上自衛隊の受け入れを表明して いる市長が当選したので、宮古島市とも相談しながら(住民に)丁寧に説 明し、(陸自配備を)進めていきたい」と歓迎の意を示した。
【産經ニュース】  2017.1.23 12:24
----------------------------------
※  對比参考の為、地元の左翼系紙記事を以下に転載
----------------------------------
知事、宮古島市長選の結果を「残念」 オール沖縄勢力伸ばせず

宮古島市長選 オール沖縄 知事

翁長雄志知事は23日午前、県庁で記者団の質問に対し、宮古島市長選で自 身が支援した候補が落選し、現職の下地敏彦氏が当選したことで「オール 沖縄」勢力を伸ばせなかった結果について「残念だった」と述べた。

安慶田光男副知事の教員採用試験での口利き疑惑が選挙結果に影響したか に関しては「それはなかったのでは」と否定した。

安慶田副知事は選挙結果について「厳粛に受け止めるしかない。勝てると 思ったんですが」と話した。
【琉球新報電子版】2017年1月23日 10:28
〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎日本市場に貿易障壁=自動車販売で名指し批判―トランプ大統領

【ワシントン時事】トランプ米大統領は23日、「米国(の自動車メー カー)は日本国内で販売が増えていないのに、日本は米国に何十万台も輸 出している」と主張、対日貿易で障壁があると日本を名指しで批判した。

ホワイトハウスでの経済界首脳との会合で述べた。

トランプ大統領は「この問題は協議しなければならない」と強調。日本に 対し、「公正」な貿易を求める考えを明らかにした。中国市場についても 「米国製品を売ることがほとんど不可能だ。自由貿易とはいえない」と非 難した。

また、法人税率を現行の35%から「15〜20%程度に引き下げる」と表明。 オバマ前政権下の過剰な規制が企業活動を阻害しているとして「米国内規 制の75%以上を撤廃する」と強調した。

時事通信 1/24(火) 1:03配信




━━━━━━━
読 者 の 声
━━━━━━━


 1)アメリカファーストの旗印の下に既存の制度破壊と新規構築を恣意 的に:前田正晶

正直なところ、流石の私もトランプ大統領を論じるのには些か草臥れき た。言うなれば「もう好い加減にしようか」なのだ。だが、そうも言って いられない状況が続くので敢えて最新版を手短に。

疑問に感じる国際的感覚:

新大統領が国際政治や経済の過去・現在に精通しておられないだろうと推 測してきたし、キャンペーン中と指先で主張されてきた事柄はどちらかと 言えば古き良き「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と持ち上げられていた 頃のアメリカの弱点を補うどころか、逆転せて“Make America Great Again”を目指しておられるようにしか見えないのだ。現に「日本が見たこ ともないような大きな船で自動車を輸出してくる」などと曰うに至って は、その現場をご覧になったのかと、側近は何をしているのかなと疑いた くなってしまう。

1972年8月にアメリカの会社に転進して以来、1994年1月末で引退するまで 紙パルプ産業界の(遺憾ながら嘗てのと言わざるを得ないのだ)大手2社 で対日輸出を担当することになった。そこでは我が国における貿易担当業 務というか、海外の市場を相手にする場合の心がけ乃至は常識がアメリカ とは非常に異なっていたのには寧ろ驚かされたのだった。

即ち、(紙パルプ産業界以外でも同様だと信じていたことで)海外と取引 する場合には先ず英語がある程度以上解っていることが最低の条件であ り、それを基にして「インコタームズ」(=International Rules for the Interpretation of the Trade Terms)、即ち「貿易取引条件に関す る国際規則」等々の知識を学んでおかねばならず、言うなれば国内取引と は違う一種の特殊技能的な仕事の理解を求められているのだった。故に、 海外部であるとか貿易部は国内営業担当とは別個の組織であるのが一般的 だった。

ところがである。アメリカの会社に入ってみれば、その認識というか考え 方は「営業は飽くまでも営業であって国の内外に分けての担当者がいる訳 ではなく、営業担当のマネージャーはごく当たり前のように輸出入の業務 を手がけているのだった。そこには確かに英語の専門語の特殊な知識など 必要はなく、例えば「船荷証券」(=Bill of lading)はB/L以外の何物 でもなく、そのまま解るのだから、特殊でも何でもないのだった。

その感覚で、国内での取引を推し進める感覚で、海外の市場や取引先や見 込み客と接していくのだった。そこには私が後年散々悩まされた「他国と の文化の違いがもたらす行き違いや、意思の疎通の難しさ」などには余り 深い注意を払っていないかのようだった。勿論、営業担当のマネージャー 全員がそのような感覚の持ち主だというのではなく、中には貿易慣行の違 いを熟知して、海外の得意先を説得する技術を持っている場合もあった。 だが、一般論では「余り気にしていない」と言って誤りではなかっただろう。

この度のトランプ大統領はNAFTAの再交渉を明言した。これはWTOの規定の 存在があろうとなかろうと、メキシコとカナダとと域内の関税撤廃を買え ていこうとの明確な意思表示であり、両国からの輸入品に高率の”border tax”を掛けて国内の産業を保護し、job(雇用と訳すのは不適切である) を守ろうという既存の制度の破壊に明らかに指向している。古き良き強い アメリカの世界に対する認識と、誇り高き優越感が通用した時代の頃を想 起させられた。

このような政策を打ち出す背景には「貿易の実態と実務を知らずに言うの か、あるいは百も承知で大統領ともなればNAFTAだろうとWTOなどでも改編 してみせる」という自負があって言われたのかは不明だしその意図は誠に 壮大だが、極めて危険である気がしてならない。私はトランプ大統領はビ ジネスマンとしては不動産業しか営んで来た経験がいかなくて、その経験 を基にして「国内も国外も同じ商売だ。力があれば押し切れる」とでもお 考えなのかなと疑いたくなる。

即ち、「買ってやる方が強いのであり、売り込む方がアメリカの富を収奪 するのだから、それに対する相応の罰を与えても良いのだ。それこそが “アメリカファースト”であり、国益を守っているのだ」という、かなり純 真且つ素朴な営業感覚のようにも見える。私はこの主張を聞いた時に真っ 先に思い浮かべた言葉があった。それは“retaliate”だった。ジーニアス には「[人・攻撃などに/・・・で報復する、復讐する」となっている。 それ即ち、メキシコは黙っていないだろうし、WTOに提訴されれば当該す る諸外国は看過しないだろうという危惧だった。

私には一事が万事で、トランプ大統領が貿易の実務というか細部までお解 りなのか否かなどは解る訳がない。だが、その感覚を見ている限り、国の 内外についての区別がないようで、「アメリカという『再び偉大になろ う』とする国の力があれば押さえつけられる案件だ」とでも単純化して考 えておられるのだろうとも思えるのだ。そうなってしまうか否かは現時点 では全く“unpredictable”だろうと私は思う。それは、こういう先例がな いので判断の基準がないのだからだ。

フジテレビがずっと使っている元はと言えばNHKの木村太郎氏は数少ない 「トランプ当選説」を唱えていたコメンテーターだった。彼は「トランプ 大統領は選挙キャンペーン中の旗印だった“アメリカファースト”をこれか ら先にあらゆる政策において実践していくだろう」と言い出している。遺 憾ながら、私は至極尤もな観測であると思って聞いた。これは換言すれば 「国益最優先」と言っているのと同じで「それを実現する為には余所の国 のことなど構っていられるか」と声高に全世界に向けて宣言したのだ。

私が既に何度も指摘してきたことに「アメリカの製造業は自国の強力な労 組の為に労務費が製品価格に転嫁不可能なほど高騰しただけではなく、国 際市場での競争力が著しく低下した為に空洞化に走ったのだった」があ る。オバマ大統領がその呼び戻しに失敗したことも述べた。その状況下に あって、トランプ大統領はその世界的に競走能力を失っていたアメリカの 労働市場に製造業を回帰させる政策に打って出たのだ。その辺りを「ご承 知でか」と私は疑問を呈した。

自動車産業だけを考えてみれば、そういう諸般の事情がデトロイトの無残 な敗北をもたらしたのだった。そこに再び「アメリカファースト」の旗印 の下に自動車生産を強化させて、品質は一時措くとしても、製造コストが 高い車を大量に生産して、アメリカの需要者が「そうですか、アメリカ ファーストですか」と言って他国のブランドの車より高価になっても国産 車を嬉々として買うのだろうか。いや、だから高率のborder taxで保護し てやると言われているのだろうか。だが、ここにはトヨタを始めとして多 くのアメリカ車以外が大量に現地生産されているとの視点が欠落している のではないのか。

多くの産業界に国内生産の回帰させた場合には一時的で済めば良いのだ が、国内の物価水準が一気に高騰する危険性がありはしないか。インフレ に向かって行く危険性はないのか。その辺りは「アメリカファースト」の 前にあっては大事の前の小事とご認識かと思ってしまう。何れにせよ、新 大統領は未だ嘗て誰も考えもしなかったような国際慣行無視で、自国の為 だけを目指した壮大な改革を開始されたと思えてならない。

それならそれで外野か外国から四の五の言うべきことではないが、トラン プ大統領はこの大改革を打ち出した以上、当たって砕けろという言わば 「玉砕戦法」ではなく、私が常に指摘してきた“Contingency plan”が十分 に練り上げられ、準備万端抜かりなく、代替の矢は2本も3本も用意されて いるものと思いたいのだが、さてどうなのだろうか。メキシコとカナダが 「とんでもない。自由貿易を死守する」と言った場合のalternative ideasはどうなっているのかな。

私は、兎に角トランプ新大統領が国際的な政治や経済の場での仕来りや仕 組みをご存じではないと決めつけるのも危険だが、精通した上で熟慮断行 されたのだったらもっと危険だと思う。参謀(何故か英語では”staff”だ が)たちが然るべくブリーフィングをしてあるので、新政策が孕む危険性 を先刻ご承知だと考えておく必要もあると考えている。だが、既に言った ように「無知は力なり」で押し通されてはとても怖い存在なのだ。






━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

25 日も東京湾岸は快晴、爽快。


24日の東京湾岸も快晴。爽快な気分で散歩出来た。


東京湾岸は23日も晴天。爽快な気分で家人とともに近くの都立猿江恩賜 公 園を散歩した。その足で郵便局へ行き、切手シートの当たった年賀ハ ガキ 1枚」を交換してもらった。当選した年賀ハガキは進藤耕一さんか らのも のでした。切手は登別市の施設に入っている姉への返事に貼りま した。




読者:5524 人。


◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/


渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>
わたなべ りょうじろう

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 朗報!オランダのルッテ首相が正論! 移民に対して「出ていけ!ここにいる必要はない!」 
    http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12241195752.html

    支那政府は支那人や韓国人を焚きつけて過激化させ、日本人に暴力的行為に及ぶよう操作しています
    http://qazx.blog.eonet.jp/docdoc/2017/01/post-246d-2.html

    がんの専門医では常識「抗がん剤治療は効かない」の真実
    http://shinhakken-blog.seesaa.net/article/419678454.html

    田園都市線をどげんかせんといかん --- 宮寺 達也
    http://agora-web.jp/archives/2024040.html

    【速報】韓国メディアがアパホテルの件で悪質なデマを流し逃亡キタ━━━━(°∀°)━━━━!!!www 
    朝日でさえやらないレベルと話題にwww 
    http://www.news-us.jp/article/20170125-000002k.html

    重岡駅
    https://www.google.co.jp/search?q=%E9%87%8D%E5%B2%A1%E9%A7%85&biw=790&bih=315&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj9zqzKkt3RAhVFu7wKHdh5DcoQ_AUIBygC

    スーパー淋病が都内で蔓延中だそうです。
    http://bouzup.blog.jp/archives/1063955210.html

    【朝鮮学校】馳前文科相も異議 神奈川県の朝鮮学校側への補助金増額「国として放置できない」 
    http://kimsoku.com/archives/9471151.html

    韓国人が認定する「良心的日本人」とはこんな人達
    http://ch.nicovideo.jp/ooguchib/blomaga/ar543046

    【拡散希望】常設型住民投票条例を阻止しよう!
    http://blogs.yahoo.co.jp/hisao3aruga/33435367.html

    『韓国とは断交するべきだ』と中国が”韓国への懲罰的措置”を強化した模様。資金を大規模に回収し始めた
    http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50493689.html

    【痛快!テキサス親父】反政府・反米デモ、慰安婦像…「韓国、ふざけるな!」とトランプ氏に言われるぜ
    http://koreannews.sblo.jp/article/178534262.html

    昨年9月から韓国大使館は【外国籍の同胞】の所在確認を行っています。
    つまり、「日本国籍を取っても追いかけますよ」ということのようです。
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/01/09/1459-%e5%a4%96%e5%9b%bd%e7%b1%8d%e5%90%8c%e8%83%9e%e3%81%ae%e5%9b%bd%e5%86%85%e5%b1%85%e6%89%80%e7%94%b3%e5%91%8a%e3%81%ae%e6%8c%87%e7%b4%8b%e5%8f%8a%e3%81%b3%e9%a1%94%e7%99%bb%e9%8c%b2/

    「たかじん委員会」慰安婦は当時必要だった?日本占領下の米軍の実態とは?韓国人教授が語った慰安婦の実態とは?
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1387.html

    トランプの宣戦布告
    http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-96d8.html

    韓国裁判所:国家による慰安所設置、性病の管理は合法
    http://blogscomau.seesaa.net/article/446229157.html

    日本の街が清潔なのは昔から!神様はどこにでもいるから常に清潔を保っていた
    http://japan.alowy.com/?p=87




     2017/1/26

  2. 陛下が居られない日本などというのは、それはもう日本ではないのである
    http://qazx.blog.eonet.jp/docdoc/2017/01/post-07a8.html

    150万円を支払わせても「いじめと認定できない」横浜市教委
    http://agora-web.jp/archives/2024012.html

    南京本も反ナマポも、国「体」の風邪と発熱です。
    http://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1235640

    日本は大国中共への「特恵関税」を早急に打ち切るべきだ!
    http://blog.goo.ne.jp/ikeiketarou/e/ee1d6baf7919047d8e5c5c33c699bc60

    中国人留学生による恩人夫婦殺傷事件
    http://occult-atoaji.sakura.ne.jp/?p=9174

    韓国が『ねぶた祭り』をパクった上に起源を主張しユネスコに申請 青森が抗議しなかったばかりに……
    http://getgold.jp/?p=8337

    韓国起源説の一覧
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E8%B5%B7%E6%BA%90%E8%AA%AC%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

    アラビア文様
    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%93%E3%82%A2%E6%96%87%E6%A7%98&biw=1053&bih=419&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwi0uv38wdrRAhWKxbwKHduVDjQQ_AUIBigB

    トランプ氏はワクチンと自閉症の関係を懸念しています。
    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52000818.html

    韓国は竹島強奪を諦めよ
    http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post4571/

    米韓FTAとその後・・・国民なき「国益」に怨嗟の声 大企業優先・農業・中小企業は犠牲
    http://www.jacom.or.jp/nousei/tokusyu/2013/08/130830-22047.php

    【文字起こし】面談ドタキャンで元慰安婦支援団体会見
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1386.html

    日本は昔から教育大国!江戸時代に科学技術大国の礎が築かれていた!
    http://japan.alowy.com/?p=94

    日本国内での中国人犯罪 
    http://blogs.yahoo.co.jp/sannsyou91/30389558.html

    NHK「組織委が書籍の撤去を要請した」 組織委「そんな要請はしていない」
    http://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/34565085.html

    「TBS在日採用枠」一考
    http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-334.html

    アメリカと日本の発達障害(ADHD)への対応の違いと学習障害
    http://ameblo.jp/xxkoco/entry-12031721956.html

    反日教育が進んだ韓国では「相手が日本ならば何をやっても許される」
    http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12240190316.html

    乳がん検診は百害あって一利なし
    http://deeksha777.blog88.fc2.com/blog-entry-368.html

     2017/1/25

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/25
    読者数:
    13241人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    17022人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    24333人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/24
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/06/25
    読者数:
    2859人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

過去の発行記事