急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



頂門の一針4253号  2017・1・24(火)

発行日:1/24

5
 □■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」4253号
□■■□━━━───────────────────────□■■□


        2017 (平成29)年1月24日 (火)


      米中の闘い、中国は死に物狂いだ:櫻井よしこ

            公正証書遺言のススメ:川原俊明

        子供の落書きでシリア内戦!?:平井修一

            ビタミンB1を思う:渡部亮次郎
                           
                                         話 の 福 袋
                     読 者 の 声
                     身 辺 雑 記



□■■□──────────────────────────□■■□
第4253号


                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━
米中の闘い、中国は死に物狂いだ
━━━━━━━━━━━━━━━


          櫻井よしこ

アメリカのオバマ大統領が3月10日、ホワイトハウスのローズガーデンで の会見で語った。候補者指名争いで彼らが互いを非難し合う様は「不快 (nasty)」で「私はそうしたこととは無関係」だ、と。
 
すると16日の「ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)」紙に、大 統領は自身の責任に口を拭っているとの批判が掲載された。
 
民主党のバーニー・サンダース、共和党のテッド・クルーズ、ドナルド・ トランプ3氏を含めて、候補者らの汚い罵り合いはオバマ政治への失望と 憤りの反映であることに、当の本人が知らぬ顔をしているというのだ。
 
右のコメントを読みながら、私はあることを思い出した。オバマ大統領は 自身が打ち立てた戦略の意味を理解しているのかと思わず疑ったケースで ある。
 
話は少し遡る。昨年10月、オーストラリア北部準州の州都、ダーウィンの 港一帯を、中国企業のランドブリッジ社が99年間のリース契約で手に入れ た。価格は430億円余り、他の入札者よりかなり高額での落札だった。驚 いたのは米豪両国の軍関係者である。

なぜならここは、東南アジア諸国の島々や海を奪い続ける中国を牽制する ため、南シナ海を窺う拠点として2011年11月、オバマ政権が米海兵隊の駐 留拠点に選んだ戦略的要衝だったからだ。
 
当時、オバマ大統領はオーストラリアを訪れ、豪州議会で演説し、世に言 われるアジアピボット(アジアに重点を置く外交)政策を高らかに謳い上 げた。

主要ポイントは3点だった。アメリカは中東のアフガニスタン及びイラク から撤兵してアジア太平洋地域を最優先する、アメリカは太平洋国家であ る、アメリカ外交は「核心的原則」に基づく、である。
 
核心的原則とは、国際法や国際規約を尊重すること、航行の自由を守り通 すこと、問題発生時には武力に訴えず平和的解決に徹することで、全て中 国への牽制球である。

当事者意識の欠落
 
中国牽制を行動においても示すために、オバマ大統領はダーウィンを選ん だ。南シナ海を侵略する中国を監視し、抑止し、有事の際には直ちに駆け つけられる格好の位置にダーウィンはあるからだ。その戦略拠点に、選り に選って中国企業が手を出してきたのだった。
 
この企業のホームページには「強い企業は祖国への恩返しを忘れず、利潤 豊かな企業は祖国防衛を忘れない」と明記されている。つまり、同社は中 国共産党とほぼ一体の存在であると見てよいだろう。
 
99年というリース期間の長さも、あまり開発されていない港地域を高値で 入手した経緯も、リース契約が商業目的より、(中国の)国家戦略上の思 惑からなされたことを示唆している。
 
アジア回帰を成し遂げ、中国抑止の目的で、ダーウィンを海兵隊の拠点に 選んだオバマ大統領は、本来ならこの取引に疑問を抱き、反対してもおか しくないのだが、取引から約ひと月後、マニラでターンブル豪首相と首脳 会談を行った際、次のように述べたそうだ。

「次回は、前もって知らせてほしい」

「次回」はいつ来るのだろうか。それにしても、と私は思う。アジアピ ボット政策は、アジア諸国の信頼を細らせているアメリカを、それでも信 頼していこうと思わせる強力な政策である。

それを謳い上げたのはオバマ大統領自身である。その政策の意義を忘れた かのような、無関心に近い「次回は……」という反応は、ほぼ1世紀にも
わたって港をリースするという中国の戦略の深刻さを見抜けないためであ ろうか。
 
オバマ大統領の危機意識の薄さ、或いは当事者意識の欠落とでも言えば良 いのか、虚しさがどこかに残る。中国がアメリカに挑戦状をつきつけてい ること、習近平主席らは死に物狂いだということをもっと厳しく認識すべ きであろう。
 
ダーウィンの一件から約ひと月後の11月下旬、今度はアフリカ東部のジブ チで、民間企業ではなく中国外務省が前面に出る形でアメリカに挑戦状が つきつけら れた。

彼らはジブチに燃料補給施設を建設すべくジブチ政府と協議中だと発表し たの である。
 
ジブチはソマリア半島の付け根に位置し、紅海からアデン湾に出る要衝で ある。アメリカはこれまで同地を中東、北アフリカにまたがるアラブ諸国 の情報収集 センターとして、また原油など重要物資の積み出し港がある アデン湾や紅海を睨む拠 点として重視してきた。そのアメリカの鼻先に 「国際社会及び地域の平和と安定のた めに中国軍が果たす役割をさらに 広げる」として、中国が拠点を築くのだ。

実効支配の確立
 
ソマリア沖では多くの国の海軍が海賊退治で力を合わせている。それは国 際協力の範囲内だが、一方で国際協力は常に協力と競合、情報収集と相手 方の分析な ど、決して油断できないオペレーションの連続でもある。

紅海、アデン湾、ホルムズ 海峡といずれも戦略的重要性の高い海域を見 晴らすアメリカ軍の拠点近くに、中国も 自らの拠点を築くのだ。アメリ カに対する大胆な挑戦であろう。米中の戦いは熾烈な 形で進行中だ。

「偉大なる中華民族の復興」という「夢」を掲げる中国は、南シナ海支配 を強化するため、現在も埋め立てを続けているパラセル諸島の中で最大の ウッディー 島に、HQ−9地対空ミサイルを配備した。

スプラトリー諸島にも早い段階で同様の 配備をするだろう。その場合、 中国はとり立てて防空識別圏など宣言しなくても、事 実上防空識
別圏を設けたことになるのだ。中国はこのような実効支配の確立を得意と してきた。
 
対してアメリカ側は最強のステルス爆撃機B−2を3機配備した。相手に行 動を慎ませるには具体的にどのような軍事行動と配備が必要なのか。米中 も ASEAN諸国もこの眼前の問いに日々向き合い、厳しい判断を重ね ている。

国際政治の厳し さについて、どの国の政府も国民も、考えなければなら ない状況が生まれているの である。日本も例外ではあり得ない。日本に は憲法の制約があるが、それでも考えな くてはならない局面である。
 
大事なことについて国民に知らせず、#拠#よ#らしめて従わせるのが中国 である。ただ有無を言わせぬ習政権の足下で不安定要因が高まっている。 習主席に辞 任を要求したとされる5人のジャーナリストらの失踪につい て、幅広い国民から批判 が生まれている。香港の書店関係者も、ノーベ ル平和賞受賞者の劉暁波氏も、人権 弁護士も皆、拘束され酷い扱いを受 けている。明らかに人心は離れつつある。中国 とは正反対の日本の在り 方や価値観を、いまこそ、日本の強味や武器とすべきときだ。

『週刊新潮』 2016年3月31日号  日本ルネッサンス 第698回         
                 (採録:松本市 久保田 康文)



━━━━━━━━━━
公正証書遺言のススメ
━━━━━━━━━━
 

    川原 俊明

今回は、「公正証書遺言」についてお話します。

弁護士としましては、他の形式である、自筆証書遺言や秘密証書遺言と比 べ、この形式の遺言を強くお勧めしています。

作成する費用としましては、15,000円〜と自筆証書遺言と比べれば、高価 ですが、(自筆証書遺言は費用がかかりません)

その分、紛争の未然の防止という点では、これに勝る形式の遺言はありま せん。

秘密性という点におきましては、遺言の存在、内容共に秘密にできず、証 人から内容が漏れる可能性はあります。(これはデメリットといえます。)

しかし、家庭裁判所での検認が必要なく、公証人が作成するので、無効な 遺言書となったり、変造されることが少ないという大きなメリットがあり ます。

また、仮に紛失した場合でも謄本を再発行してもらえます。

自筆証書遺言、秘密証書遺言ともに大きなデメリットは、遺言の要件を満 たしていない場合、無効となってしまうことがあることです。この点で も、公正証書遺言は、その心配が皆無です。

紛争の未然の防止という点から、少しでも紛争の火種がある状態なら、迷 わずに「公正証書遺言」を作成すべきでしょう。

私たち弁護士に依頼いただくことによって、作成する相続人の意思に沿っ た形での(法律面においても適切な)公正証書遺言が作成可能となります。

遺言作成に関しまして、少しでもお悩みの点がありましたら当事務所ま で、お気軽にお問い合わせください。
(川原総合法律事務所   06−6365−1065)(弁護士)



━━━━━━━━━━━━━━
子供の落書きでシリア内戦!?
━━━━━━━━━━━━━━


        平井 修一

シリア内戦の発端は少年たちの壁への落書きだったという…本当かよ。毎 日新聞2016年3月15日から。

<発端は少年たちの壁への落書きだったという。それが政権を批判した内 容だったので、治安部隊は少年らを捕らえて拷問した。これに抗議する市 民がデモをすると、今度は治安部隊が発砲したのである。シリア南部のダ ルアーでの出来事だった

▲2011年の3月半ばというから、日本では大震災の直後である。他のアラブ 諸国での独裁政権崩壊を背景に、反アサド政権のデモはたちまちシリア全 土に広がった。これがその後5年間に及ぶシリア内戦の始まりだった

▲死者27万、国外へ逃れた難民は400万、国内の避難民は750万人といわれ るシリア内戦である。米露主導によるアサド政権と反政府組織の停戦はほ ぼ維持されているが、再開された和平協議でもアサド大統領の処遇という 根本問題の妥協の見通しは立っていない

▲ロシアとイランがアサド政権を、米国やサウジアラビア、トルコなどが 反政府勢力をそれぞれ支援し、地域の宗派対立や覇権争いによって長期化 した内戦である。過激派組織「イスラム国」(IS)も複雑な力学を利用 し、その間隙に巣くうかたちで勢力を拡大した

▲もたらされたのは、流血と圧制、難民の大量流出という21世紀最悪の人 道危機ばかりではない。難民受け入れをめぐって欧米諸国ではあからさま な排外主義が台頭し、国際テロは強圧的な治安対策を招いた。社会的対立 と緊張という“内戦”は欧米にも持ち込まれた

▲5年間も惨状を放置してきた国際社会が自らの内に抱え込んだ対立と混沌 である。和平協議の進展なしには、国際秩序の安定を果てしなくのみ込む ブラックホールとなりかねないシリア内戦だ>(以上)

「発端は少年たちの壁への落書きだったという」、それなら証拠を示せ よ。ただの風評じゃないのか。毎日はアカだから平気で嘘をつく。とても 信用できない媒体だ。

「5年間も惨状を放置してきた国際社会が自らの内に抱え込んだ対立と混 沌」と言うが、「アサド×、反アサド○」と煽ってきたのはテメエら世界中 のアカメディアだろうが。その結果が今の大混乱だ。

国境なき医師団、国境なき記者団、こういうお邪魔虫が戦争を継続させ る。善意、正義、人道を装った最悪の干渉。

シリアの国土は完全に破壊された。停戦しても元に戻りはしない。恥を知 れ、恥を! 「恥」という字は知りません、それがアカメディアの実態で ある。購読を止めて潰すことだ。(2016/6/7)



           
━━━━━━━━━
ビタミンB1を思う
━━━━━━━━━


   渡部 亮次郎

1882(明治15)年12月、日本海軍のある軍艦は軍人397名を乗せて、東京
湾からニュージーランドに向け、272日の遠洋航海に出航した。

ところがこの航海中、誰一人として予想もしなかった大事件が降ってわい
た。なんと169名が「脚気」にかかり、うち25名が死んでしまったのだ。

この、洋上の大集団死亡という大事件は、当時の日本列島を震撼させた。
屈強な海の男達の死。なぜだ。この不慮の大事件が、ビタミンB1の欠乏に
よるものだとは、この時点ではまだ誰も気づいた人はいなかった。

ビタミンB1の存在が発見され、栄養学的、学術的な解明がなされたのは、
このあと28年間をまたなければならなかった。

しかし、かねてから軍人達の脚気の原因は、毎日食べる食事の内容にあり
とにらんでいた人に、高木兼寛という人物がいた。彼は当時、海軍にあっ
て「軍医大監」という要職にいた。

高木兼寛(たかぎ かねひろ)

宮崎県高岡町穆佐(むかさ)に生まれ、イギリスに留学し帰国後、難病と
いわれた脚気病の予防法の発見を始めとして日本の医学会に多大な貢献を
した研究の人。

慈恵会医科大学の創設、日本初の看護学校の創設、さらには宮崎神宮の大
造営などの数々の偉業を成しとげた。

<白米食から麦飯に替えて海軍の脚気を追放。1888(明治21)年、日本で
初の医学博士号を受ける。>(1849-1920)(広辞苑)

高木軍医大監は、この事件をつぶさに調査した結果、次の航海で軍艦乗組
員を対象に大規模な "栄養実験" を行うことによって、脚気の正体を見極
めようと決意した。

脚気による集団死亡事件から2年後の1884(明治17)年、こんどは軍艦
「筑波」を使って、事件が起こった軍艦と同一コースをたどった実験が始
まった。

高木大監自らもその軍艦に乗りこみ、兵士達と起居、食事を共にした。高
木まず、乗組員の毎日の食事に大幅な改善を加えた。これまでの艦の食事
は、どちらかというと栄養のバランスというものを考える余地がなく、た
だ食べればよいといった貧しい「和食」だった。

高木は思い切って「洋食」に近いものに切り替えた。牛乳やたんぱく質、
野菜の多いメニューだ。よい結果が明らかに出てきた。287日の航海の間
に、おそれていた脚気患者はわずか14名出たのみで、それも軽症の者ばか
り。死者は1人も出なかったのだ。

高木軍医大監は快哉を叫んだ。「オレの考えは間違っていなかった」と。
以上の実験的事実に基づいて、日本海軍は、そののち「兵食」を改革した。

内容は白い米飯を減らし、かわりにパンと牛乳を加え、たんぱく質と野菜
を必ず食事に取り入れることで、全軍の脚気患者の発生率を激減させるこ
とに成功した。

一躍、高木軍医大監の名が世間に知れ渡った。今日では、脚気という病気
はこのように、明治の中期頃までは、大きな国家的な命題でもあったわ
け。皇后陛下も脚気を患って困っておられたが、高木説に従われて快癒さ
れた。明治天皇は高木を信頼され、何度も陪食された。

この頃、陸軍軍医総監森林太郎(鴎外)はドイツのパスツール説に従い
「脚気細菌説」を唱え続けたばかりか、高木を理論不足と非難し続けた。

脚気にならないためには、たんぱく質や野菜を食事に取り入れることが有
効であることは分かったけれど、それらの食品の含有する栄養素の正体に
ついては、ほとんど解明されていなかった。これは前にも触れた通り。

栄養学の研究は、ヨーロッパでは19世紀の半ば頃から盛んに行われ、たん
ぱく質のほか、糖質、脂質、それに塩類などを加えて動物に食べさせる、
飼育試験が行われていた。

だが、完全な形で栄養を供給するには、動物であれ人間であれ、「何かが
足りない」 というところまでがようやくわかってきたにすぎなかった。
その何かとは、今日の近代栄養学ではあまりにも当たり前すぎる「ビタミ
ン」「ミネラル」のこと。当時はしかし、その存在すらつかめていなかっ
た。

日本でビタミン学者といえば、鈴木梅太郎博士。米ぬかの研究でスタート
した鈴木博士が、苦心の研究を経てビタミンB1を発見したのは1910年、明
治43年のこと。陸軍兵士が脚気で大量に死んだ日露戦争から5年が経って
いた。高木海軍軍医大監の快挙から、実に28年もかかっていた。

鈴木梅太郎博士は最初は「アベリ酸」として発表し、2年後に「オリザニ
ン」と名付けた。このネーミングは、稲の学名オリザ・サティウァからつ
けたものと伝えられている。

しかし世の中は皮肉なもので、鈴木博士の発見より1年遅い1911年、ポー
ランドのC・フンクという化学者が鈴木博士と同様の研究をしていて、米
ぬかのエキスを化学的に分析、「鳥の白米病に対する有効物質を分離し
た」と報告、これをビタミンと名付けてしまった。

ビタミンB1の発見者のさきがけとして鈴木梅太郎の名は不滅だが、発見し
た物質のネーミングは、あとからきたヨーロッパの学者に横取りされたよ
うな形になってしまった。

それにしても、言い方を換えれば、明治15年、洋上で脚気のため命を落と
した25名の兵士の死が、28年を経て、大切な微量栄養素の一つ、ビタミン
B1の発見につながったと言うべきで、その意味では彼らは尊い犠牲者とい
うべきだ。 (以上は栄養研究家 菅原明子さんのエッセーを参照)



       
━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎義偉官房長官、宮古島市長選の結果を歓迎「陸自配備、丁寧に進める」

菅義偉官房長官は23日午前の記者会見で、沖縄県宮古島市長選で、陸上自 衛隊配備容認を掲げた下地敏彦氏が当選した結果について「(南西諸島) 地域の防衛体制の充実は重要な問題だ。陸上自衛隊の受け入れを表明して いる市長が当選したので、宮古島市とも相談しながら(住民に)丁寧に説 明し、(陸自配備を)進めていきたい」と歓迎の意を示した。
【産經ニュース】  2017.1.23 12:24
----------------------------------
※  對比参考の為、地元の左翼系紙記事を以下に転載
----------------------------------
知事、宮古島市長選の結果を「残念」 オール沖縄勢力伸ばせず

宮古島市長選 オール沖縄 知事

翁長雄志知事は23日午前、県庁で記者団の質問に対し、宮古島市長選で自 身が支援した候補が落選し、現職の下地敏彦氏が当選したことで「オール 沖縄」勢力を伸ばせなかった結果について「残念だった」と述べた。
 安慶田光男副知事の教員採用試験での口利き疑惑が選挙結果に影響した かに関しては「それはなかったのでは」と否定した。
 安慶田副知事は選挙結果について「厳粛に受け止めるしかない。勝てる と思ったんですが」と話した。
【琉球新報電子版】2017年1月23日 10:28
〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎1/23の新聞記事からいくつかご紹介します。:唸声

▼唸声ネタ帳/1月23日、慰安婦の次は関東虐殺?サムスン発火の原因は バッテリー等ネタ帳は新聞などのニュースを唸声風に一言解説&コメント しています。

◇中央日報1/23:「関東虐殺ドキュメンタリー」、23日にソウル市庁で上映

1923年に発生した関東大地震の時、日本人による朝鮮人虐殺事件に光を当 てた在日同胞監督のドキュメンタリー映画が23日、ソウル市庁第2庁舎 〔西小門(ソソムン)別館〕2階大会議室で上映される。

 在日同胞の呉充功(オ・チュンゴン)監督(62)の映画で、呉監督はこ れまで「関東虐殺」をテーマにした2本のドキュメンタリーを製作してき た。1983年作『隠された爪跡〜関東大震災と朝鮮人虐殺』(以下『隠 された爪跡』)と1986年作『払い下げられた朝鮮人〜関東大震災と習志野 収容所』の2作品だ。

3作目となるドキュメンタリー『1923ジェノサイド(genocide・ 虐殺)、93年の沈黙』(原題、以下『1923ジェノサイド』)を現在製 作中で、ことし9月に公開が予定されている。


23日の上映会では、『隠された爪跡』全体と18分ほどの『1923ジェノサイ ド』の予告編が上映される。『隠された爪跡』は58分間のドキュメンタ リー映画だ。関東虐殺を告発する内容となっている。『1923ジェノサイ ド』では、関東大虐殺被害者の遺族が登場する。

 今回の上映会は「歴史正しく見る市民会」とメディアセリムが企画し た。メディアセリムは全国巡回上映会を開催する予定だという。

関東虐殺は、1923年9月1日に東京・横浜地域を大地震が襲った時、日本 人の不満が爆発することを恐れた日本政府が「朝鮮人が放火して井戸に毒 を入れた」という内容のデマを流して責任を転嫁する中で起きた。当時、 日本国内の朝鮮人に対して集団虐殺が発生し、その犠牲者はおよそ6000人 になると言われている。中央日報

韓国の反日ターゲットは慰安婦の次は関東大震災と決めたようです。反日 メディアの一つであるNHKが反日民族と呼応を合わせたかのように平成28 年9月3日午後11時NHKは『関東大震災と朝鮮人 悲劇はなぜ起きたの か』という番組を放送しています。

実に偏向した内容であり、検証など一切されず、仕掛け人と呼応した番組 制作をしています。関東大震災時に殺された朝鮮人が6000余名という説 は、一切根拠がありません。

慰安婦同様に今まで何もしていなかったソウルで去年初めて関東大震災で 亡くなった朝鮮人の慰霊祭が行われました。

これは慰安婦情報戦の次に仕掛けられた関東虐殺情報戦に他なりません。 日本政府は今のうちに火を消さないとNHKをはじめ、反日メディアが一斉 に火を噴くことでしょう。

どうしても、韓国人に日本を近づけたくない勢力があるのです。韓国人は 感情のみで動き、自分の頭が考えませんが、どう考えても根拠に薄いもし くは根拠のないものでもすぐに飛びつきます。その習性を一番よく知って いる同じ民族が仕掛けているのです。彼らはウソを悪いものなんて感覚は 一切ありません。ウソでヒトが動くなら安いものだとしか考えていません。


◇産経1/23:サムスンのスマホ発火、バッテリーが主要原因 「ギャラク シーノート7」
写真↓発火によって損壊したサムスン電子の「ギャラクシーノート 7」=2016年10月9日(AP)
http://www.sankei.com/world/photos/170123/wor1701230013-p1.html
 
ソウル=桜井紀雄】韓国のサムスン電子は23日、発火トラブルが相次い だスマートフォン「ギャラクシーノート7」の発火原因について、バッテ リーに主な原因があるとする検証結果を発表した。
 
昨年8月に発売されたノート7は発火のトラブルが相次ぎ、サムスンはリ コール(無料の回収・修理)を発表。交換後の代替品でも発煙事故が報告 され、最終的に生産、販売を停止した。日本では販売されていない。産経

何とか日本の原因になるように重箱の隅をつついて探したのでしょうが、 やっぱりバッテリーとなりました。サムスンSDIと中国ATL製のバッ テリーです。日本製のパーツに問題があれば、ここぞとばかり大騒ぎした のでしょうが、残念でしたね。高負荷をバッテリーにかけ、バッテリーが その負荷に耐えられなかったことが問題です。本体やソフトには問題がな いと・・・。


◇日経1/22:国内ATMの半分、海外カード使用可能に 18年に、訪日客使 いやすく
 
海外で発行したキャッシュカードやクレジットカードで現金をおろせる国 内のATMが、2018年に全体の半数にあたる9万台に達する見込みだ。大 手行が整備を急ぐほか、コンビニATMの運営会社も設置を進める。20年 の東京五輪に向けて訪日外国人が現金をおろしやすくなるが、ほとんどの ATMで海外カードが使える欧米と比べれば大きく出遅れている。日経

セブン・イレブンのATMは海外カードも使用できるために昨年14億円の不 正引き出し詐欺事件が起きました。磁気ストライプの読込部分を追加する だけの対応でしょうか?すると、また同様の詐欺事件が我が国で起きる可 能性も拡大します。14億円の不正引き出しはセブン銀行の損失とはならな いものの、詐欺を助長するケース事例となりました。

南アフリカのスタンダード銀行の損失ですが、日本の信用問題にはならな いのでしょうか?便利さを追求するあまり信用を失ってはそれこそ、元も 子もありませんよ。


◇日経1/23:「米通商政策に注文を」民進幹事長が要求へ 衆院代表質問

国会は23日午後の衆院本会議で、安倍晋三首相の施政方針演説など政府4 演説への各党代表質問に入った。民進党の野田佳彦幹事長が質問に立ち、 トランプ米大統領が就任前にツイッターでトヨタ自動車のメキシコ工場新 設を批判したことを「乱暴」と指摘。日本を貿易赤字の対象国と名指しす るトランプ氏の通商政策に対し「物申すべきではないか」と求める。日経

民進党に要求されるまでもなく、安倍首相はTPP含めて粘り強く説得する でしょう。


◇毎日1/23:化粧品会社 元ブラック企業部長が実現した残業ゼロ施策
 午後5時にほぼ全社員が退社しながら、設立から10年連続増収を達成し ている化粧品販売・開発会社のランクアップ(東京都中央区)の「攻めの 残業ゼロ施策」の経営から探ってみた。中略

「突然『定時に帰りましょう』といっても、業務量が多ければ定時には帰 れないから」と岩崎社長。理由もなく続けていた仕事や、自社でやらなく てもいいような仕事を徹底的に見直した。「システム化」「外部委託」 「他の社員にお願いする」「やめる」などに振り分けていった。

同時に委託先と会社の理念や方向性を共有し、トラブルを少なくすること で製品開発や広告宣伝など、自社の専門分野に集中できる環境を整えた。 さらに社内の無駄と思う慣例を徹底的にやめた。(1)社内資料は作りこ まない(2)会議は30分(3)社内メールで「お疲れ様です」は使わな い(4)社内のスケジュールは勝手に入れる(5)担当部署が明確でない 仕事は少数精鋭のプロジェクト化で効率化(6)企画段階のヒアリングを 徹底することで致命的な問題の事前把握−−の六つのルールを徹底した。 全文↓毎日
http://mainichi.jp/articles/20170121/k00/00m/020/020000c?fm=mnm

会議は30分以内がいいですね。これが長い会社は生産効率も悪いに決まっ ています。やらなくてもいい仕事?そんな仕事があるのかよく分かりませ んが、ムダは徹底排除!定時内に終えるにはどうすべきか考えていない会 社には長時間残業が待っています。


◇産経1/23:動物プロダクションでライオンが男女噛み重傷か 千葉県成田市

23日午前11時ごろ、千葉県成田市の動物プロダクション「湘南動物プロ ダクション」から「ライオンに人が噛まれた」と119番通報があった。千 葉県警によると、飼育員の男女2人がライオンに全身を噛まれ病院に運ば れた。2人とも重傷だが意識はあるという。

ライオンは飼育舎の中におり、逃亡などはしていない。2人は飼育舎の中 で、撮影のためライオンを洗っている途中だったという。噛まれた飼育員 は50代の女性と20代の男性の2人で、女性は顔面などを、男性は首などを 噛まれたという。

同プロダクションは昭和47年に設立され、テレビ番組や映画、雑誌などに 出演する動物タレントを飼育している。産経

湘南動物プロダクションのサイトのタレントリストは動物です。2013/7に 7頭のライオンが生まれています。きっと、生まれてからずっと育ててい た飼育員なのでしょうが・・・。現在サイトが閉鎖されていますので、過 去のタレントリストは以下にて、ソフトバンクのあの犬も同社のタレント です。ライオンを洗う?犬じゃないんだから、洗っても怒らないのかな?
http://web.archive.org/web/20160419195743/http://www.shonan-animal.jp/talent_list.htm<http://web.archive.org/web/20160419195743/http:/www.shonan-animal.jp/talent_list.htm>
行ったつもりのストリートビュー/湘南動物プロダクション、千葉県成田 市吉岡1218-1
https://goo.gl/maps/MtLJbE3Nko72


◇産経1/23:地酒や地ビールに続き、伸びるか「地ジン」! 酒造り応用 し、香りに工夫
 
各地の酒造会社が日本酒や焼酎のノウハウを応用し、蒸留酒ジンの製造に 取り組んでいる。地元の食材を使って香り付けを工夫したのが特徴で、人 気が出始めている。輸出も見据えており、地酒や地ビールに続き、「地ジ ン」が市場に定着するかが注目される。

京都市南部に位置する「京都蒸溜所」。町工場ほどの敷地に蒸留で使う ポットやタンクがところ狭しと並ぶ。ここでつくられた「季の美」(700 ミリリットル入り5400円)は昨年10月に発売してから品薄が続き、蒸留所 はフル稼働だ。続き↓産経
http://www.sankei.com/west/news/170123/wst1701230052-n1.html

ジュニパーベリー↓がジンの香りの基本となっています。この「季の美」 にも当然ながら使われています。それ以外に柚子、山椒、緑茶(玉露)、 檜なども加えています。
http://urbol.com/wp-content/uploads/2015/08/2689331872_d19b797d48_b.jpg
「季の美」のサイト↓ちょっとお高いようですな!唸声の好きなボンベ イ・サファイア・ジン(750ml)でも1600円くらいですから・・・。
https://kyotodistillery.jp/startingoperation/


◇毎日1/23:インド 列車脱線39死亡、50人以上が負傷 南部

【ニューデリー金子淳】インド南部アンドラプラデシュ州で21日夜、寝台 急行列車(22両編成)が脱線し、地元メディアによると、少なくとも39人 が死亡、50人以上が負傷した。重傷者も多いとみられ、犠牲者はさらに増 える可能性がある。

報道によると、車両9両が脱線し、一部が横倒しになるなどして、多数の 乗客が閉じ込められた。脱線原因は不明だが、現場付近は反政府武装闘争 を続けるインド共産党毛沢東主義派の活動が活発な地域とされ、当局は破 壊工作を含めたあらゆる可能性を捜査するとしている。

インドでは長距離列車の脱線が多発しており、昨年11月には北部カンプ ルー近郊で約150人が死亡している。毎日

映像は一部切られているレール/YouTubeより、これはカンプルーの脱線で これはISI=パキスタン軍統合情報部による工作だと言われています。
https://youtu.be/QS9AAvEFzgY
以下は今回の事故映像、テロによるもの?老朽化や保守点検をしていない ことが原因ではないのかな?
https://youtu.be/wLsskabyNYU


唸声の気になるニュース↓映像や写真などは以下にてお楽しみください。
http://ameblo.jp/unarigoe/



 ◎焦点:トランプ大統領就任で米国の「分断」加速
 
[ワシントン 22日 ロイター] - 米ワシントンで22日、トランプ新 大統領に抗議する女性らのデモが行われた。終了後、ホワイトハウスを取 り巻く数ブロックには「愛は憎しみに勝つ」や「壁ではなく橋を築こう」 と書かれたプラカードが散乱していた。

その前日にも行われた大規模デモに参加したメアリー・フォスターさん は、トランプ支持者と反対派について「私たちの溝は一層深まっているよ うな気がする」と指摘。ニューヨーク州から来たというフォスターさん は、皆が一致する物事がかつては多くあったが、今は中立という立場がな くなり、溝が広がっているように感じるという。

これは米国人に広く共有されている考えだ。ピュー・リサーチ・センター が19日公表した調査によると、米国人の86%が昔より米国の政治的な 分裂が広がっていると回答。オバマ前大統領の就任を控えた8年前の 46%から急増した。

多くの人は、こうした分裂がトランプ氏によってさらに悪化すると予想す る。トランプ氏は22日、自身に対するデモについて「昨日の抗議活動を 見たが、投票直後のような印象を感じた。この人たちはどうして投票しな かったんだ」と皮肉を込めてツイート。また、「いつも同意するわけでは ないが、自分の考えを表現する権利は認める」と投稿した。

ロイターが取材したデモ参加者のほとんどが、大統領選でクリントン元国 務長官に投票。大規模デモはクリントン氏が勝利したカリフォルニア、 ニューヨーク、イリノイ、マサチューセッツの各州とワシントンDCで行 われた。

トランプ氏は20日の就任演説で国民結束にはほとんど触れず、さびれた 工場が立ち並び、犯罪にあえぐ国を「アメリカの殺りく」だと表現し、自 身の支持者らに訴えた。

<議会が状況を悪化>

大統領と連邦議会を共和党が占めたことから、政党間の溝は次回の議会選 が行われる2年先まで深まるとみられている。

ブラウン大学で政治学を教えるウェンディ・シラー教授は「安全保障から 人権、気候変動まで、重要問題を巡り米国に既にあった分断をトランプ氏 が悪化させてきたのは間違いない」とし、「国を分断させることは選挙に 勝つ手段だったが、政府を成功させる手段ではない」と語った。

上下両院を支配する共和党にとっては、党派を超えて意見をまとめる必要 はなくなる。民主党もまた、中間選挙に向けて妥協を図るより共和党の提 案に激しく反対することを選ぶ可能性が高いと、政治評論家はみる。

タフツ大学のジェフリー・ベリー教授は、民主党議員のイデオロギーは左 寄りになり、一方の共和党議員は右寄りに移るとの見方を示し、「議会が 状況を悪化させる。抑制力にはならない」と述べた。(Scott Malone記者  翻訳:橋本俊樹 編集:吉瀬邦彦)
【ロイター】 | 2017年 01月 23日 13:22 JST 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎トランプ大統領、真の「敵」中国攻撃指令 IS殲滅を宣言「テロを 地球上から根絶させる」

米共和党のドナルド・トランプ氏(70)が20日(日本時間21日未明)、 首都ワシントンの連邦議会議事堂で宣誓し、第45代大統領に就任した。各 地で激しい反トランプデモが起こる異例な状況で誕生した新大統領は、就 任演説で「アメリカ・ファースト(米国第一主義)」をぶち上げ、「イス ラム国(IS)」などイスラム過激派の殲滅を明言した。真の「敵」とし て中国に標的を定めており、日本への要求が強まるのは不可避だ。就任 早々に環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)からの離脱を表明するな ど、世界の秩序を揺さぶる混沌の4年間がスタートした。

何から何まで異例ずくめだ。実業家出身で、公職経験や軍歴のない初めて の大統領で、1期目としては最高齢となった。

トランプ氏は演説で、雇用創出や国境管理強化などを通じて「米国を再び 誇り高く、安全で偉大な国にする」「権力をワシントンからあなたたちに 移行する」と強調した。

 国内の融和を訴える一方で、対外的な敵として、イスラム過激派に言及 した。

「イスラム過激派によるテロを地球上から根絶させる」と明言。ホワイト ハウスのホームページで発表した主要政策でも、外交に関する項目でIS やイスラム過激派を打ち負かすことが最優先課題だとした。

一方、名指しこそしないものの、中国の存在を強く意識している様子が浮 かぶ。

前出の主要政策では、サイバー戦争への備えを強調したトランプ氏だが、 就任前に、サイバー攻撃の「犯人」として中国を名指しし、「十分な対策 が講じられていないために、2200万ものアカウントが中国によってハッキ ングされた」と述べているのだ。

中国に対するトランプ氏の「口撃」は経済面にも及んでいた。「中国との 貿易では、年に何千億ドル規模で損失をこうむっている」。人事面では、 商務長官にウィルバー・ロス氏を指名し、新設される「国家通商会議」の 委員長にピーター・ナバロ氏を充てることを発表している。いずれも対中 強硬派として知られている人物だ。

1979年の米中国交正常化以来、歴代米政権が堅持してきた「一つの中国」 原則についても、トランプ氏は縛られない立場を打ち出している。

中国がトランプ氏の最大の敵の一つとみる福井県立大の島田洋一教授は 「大統領をはじめ国務長官、国防長官予定者のいずれも一致して批判して いるのが中国だ」として、中国に対する行動としてこう予想する。

「トランプ氏が一番言い続けているのは、米政府だけでなく米企業に対す る中国のサイバー攻撃だ。具体的には米からもサイバーの反撃をするとい うことを言っている。台湾問題すらカードに使うという姿勢で、中国に対 して『トランプ氏がどこまでやるか分からない』と恐怖心を与えている」

中国と並び、トランプ氏の敵となりそうなのがイランだ。2015年10月に発 効したイランとの核合意について、トランプ氏は破棄を大統領選の公約と して訴え、親イスラエル団体の集会で「核合意をつぶすことが私の最大の 課題だ」と発言したこともあった。

さらにトランプ氏は親イスラエルの立場を取っている。長女、イバンカさ んの夫で実業家のジャレッド・クシュナー氏を大統領上級顧問に起用する と発表したが、クシュナー氏はユダヤ系で、イバンカさんもユダヤ教に改 宗している。

島田氏は「イランが開発中の核ミサイルの最大のターゲットはイスラエル で、イスラエルにとって最大の敵はイランだ。トランプ氏はイスラエルと の密接な同盟関係を再構築するということを主張している。イスラエルの 敵であるイランに対しては、オバマ政権が緩めた経済制裁を、米単独でで きる範囲で強化していくのではないか」と述べ、日本にも協力を求めてく る可能性もあると指摘する。

IS、中国、イランはトランプ氏の攻勢におびえることになりそうだ。
【ZakZak】 2017.01.23 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎トランプ大統領、真の「敵」中国攻撃指令 IS殲滅を宣言「テロを 地球上から根絶させる」

米共和党のドナルド・トランプ氏(70)が20日(日本時間21日未明)、首 都ワシントンの連邦議会議事堂で宣誓し、第45代大統領に就任した。各地 で激しい反トランプデモが起こる異例な状況で誕生した新大統領は、就任 演説で「アメリカ・ファースト(米国第一主義)」をぶち上げ、「イスラ ム国(IS)」などイスラム過激派の殲滅を明言した。

真の「敵」として中国に標的を定めており、日本への要求が強まるのは不 可避だ。就任早々に環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)からの離脱を 表明するなど、世界の秩序を揺さぶる混沌の4年間がスタートした。

何から何まで異例ずくめだ。実業家出身で、公職経験や軍歴のない初めて の大統領で、1期目としては最高齢となった。

トランプ氏は演説で、雇用創出や国境管理強化などを通じて「米国を再び 誇り高く、安全で偉大な国にする」「権力をワシントンからあなたたちに 移行する」と強調した。

国内の融和を訴える一方で、対外的な敵として、イスラム過激派に言及した。

「イスラム過激派によるテロを地球上から根絶させる」と明言。ホワイト ハウスのホームページで発表した主要政策でも、外交に関する項目でIS やイスラム過激派を打ち負かすことが最優先課題だとした。

一方、名指しこそしないものの、中国の存在を強く意識している様子が浮 かぶ。

前出の主要政策では、サイバー戦争への備えを強調したトランプ氏だが、 就任前に、サイバー攻撃の「犯人」として中国を名指しし、「十分な対策 が講じられていないために、2200万ものアカウントが中国によってハッキ ングされた」と述べているのだ。

中国に対するトランプ氏の「口撃」は経済面にも及んでいた。「中国との 貿易では、年に何千億ドル規模で損失をこうむっている」。人事面では、 商務長官にウィルバー・ロス氏を指名し、新設される「国家通商会議」の 委員長にピーター・ナバロ氏を充てることを発表している。いずれも対中 強硬派として知られている人物だ。

1979年の米中国交正常化以来、歴代米政権が堅持してきた「一つの中国」 原則についても、トランプ氏は縛られない立場を打ち出している。

中国がトランプ氏の最大の敵の一つとみる福井県立大の島田洋一教授は 「大統領をはじめ国務長官、国防長官予定者のいずれも一致して批判して いるのが中国だ」として、中国に対する行動としてこう予想する。

「トランプ氏が一番言い続けているのは、米政府だけでなく米企業に対す る中国のサイバー攻撃だ。具体的には米からもサイバーの反撃をするとい うことを言っている。台湾問題すらカードに使うという姿勢で、中国に対 して『トランプ氏がどこまでやるか分からない』と恐怖心を与えている」

中国と並び、トランプ氏の敵となりそうなのがイランだ。2015年10月に発 効したイランとの核合意について、トランプ氏は破棄を大統領選の公約と して訴え、親イスラエル団体の集会で「核合意をつぶすことが私の最大の 課題だ」と発言したこともあった。

さらにトランプ氏は親イスラエルの立場を取っている。長女、イバンカさ んの夫で実業家のジャレッド・クシュナー氏を大統領上級顧問に起用する と発表したが、クシュナー氏はユダヤ系で、イバンカさんもユダヤ教に改 宗している。

島田氏は「イランが開発中の核ミサイルの最大のターゲットはイスラエル で、イスラエルにとって最大の敵はイランだ。トランプ氏はイスラエルと の密接な同盟関係を再構築するということを主張している。イスラエルの 敵であるイランに対しては、オバマ政権が緩めた経済制裁を、米単独でで きる範囲で強化していくのではないか」と述べ、日本にも協力を求めてく る可能性もあると指摘する。

IS、中国、イランはトランプ氏の攻勢におびえることになりそうだ。
【ZakZak】 2017.01.23 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎【TPP】 NZもTPP代替案模索 イングリッシュ首相「TPP死 んだと思っていない」

ニュージーランドのイングリッシュ首相は23日のラジオ番組で、トランプ 米政権による環太平洋連携協定(TPP)離脱表明に対し「TPPが死ん だとは思っていない」と強調した。「代替案に取り組んでいる」とも述 べ、米国抜きのTPPの可能性などについて各国と協議していく考えを示 した。

 オーストラリアのチオボー貿易・投資相も同様の考えを示している。

イングリッシュ氏は、中国を含む東アジア地域包括的経済連携 (RCEP)などを念頭に、他の通商協定がTPPに完全に取って代わる ことはできないとの認識を示唆。「日本経済の大きさ」にも言及しなが ら、部分的にでもTPPを実現させたいとの考えを示した。(共同)
【産經ニュース】 2017.1.23 09:59  〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎<豊洲市場>地下水再調査31日にも開始 採水方法も検証

 東京都の豊洲市場(江東区)の地下水から国の環境基準値の最大79倍に 当たるベンゼンなどが検出された問題で、都が31日にも再調査を開始する ことが、都関係者らへの取材で分かった。市場内の全調査地点201カ所 から約30カ所を抽出し、採取した地下水を分析。延べ9社が関わった採 水・分析方法も検証し、3月中に結果を公表する。数値が急激に上昇した 原因を解明できるかも注目される。

都などによると、調査地点は最終9回目のモニタリングで高濃度のベンゼ ンなどの有害物質が検出された場所が中心となる。201カ所を再調査する と数カ月かかるため、約30カ所に絞るという。

 外部有識者の専門家会議は、有害物質の濃度が9回目に急上昇した原因 について、地下水位と水質を一定に保つために、敷地内の3つの街区に設 置された「地下水管理システム」の稼働が影響した可能性を指摘している。

管理システムは、計58カ所の井戸からポンプで地下水をくみ上げる。青果 棟がある5街区では、基準値をわずかに上回る有害物質が初めて検出され た8回目調査の採水(昨年8月24日〜9月9日)直前の8月8日に試運転 を開始。水産仲卸売場棟がある6街区、水産卸売場棟がある7街区では、 9回目の採水(同11月21日〜12月6日)の約2カ月前の9月12日に試運転 がスタートし、10月14日から各街区で本格稼働した。

8回目の調査では5街区の3カ所、9回目は全街区の72カ所から有害物質 が検出されたが、管理システムの稼働で地下水がかくはんされた結果、底 にたまった有害物質を含む泥や砂が混ざったことも考えられるという。

ただ、今月4日に管理システムが吸い上げた水を分析したところ、基準 値を超える有害物質は検出されなかった。このため専門家会議は調査を担 当した各業者の調査方法に違いがあったとの見方も示している。

例えば、採水に使用する筒にはプラスチック製の使い捨てとガラス製の 使い回しなどがある。使い回しの筒を十分に洗浄しない場合、付着してい た有害物質が検出されてしまうことも考えられるという。

都によると、9回の調査の採水は5社が、分析は4社が担当した。環境 省のガイドラインに基づいて実施されたが、いずれの業者も取材に「契約 上の守秘義務がある」として調査方法に関する具体的な説明を拒んでい る。毎日新聞 1/23(月) 7:00配信



━━━━━━━
読 者 の 声
━━━━━━━


 1)阿生居士のへのへのもへじ(127)1月23日―乳酸菌飲料のボトルが 笛になる

乳酸菌飲料は特有の型をした8?くらいの小さいポリスチレン製のボトル に入っている。それがそっくりそのままで笛になる。ネットにはストロー の吹き口を着けたものなどがでているが、このような加工をしないでもう まく吹けばそのままでも鳴る。

これの吹き方は、下唇をボトルの口の外側に当てて、唇をすぼめてボトル の口の斜め上から空気を吹きかけると、「ポー」という柔らかい音がして 鳴る。鳴らない時は、 ボトルの口に吹きかける空気の角度をいろいろ変 えてみると、必ず鳴る角 度がある。そのときの状態を鏡に映して、鳴る 角度を覚えておけばよい。

音が出る仕組みは↓

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1266757517

「頂門の一針」のようなお堅い時事を中止にするメルマガを読んでいる大 の大人に子供みたいに笛をなんで?と思われるかもしれないが、聞きよう によっては懐かしい蒸気機関車や汽船の汽笛のように聴こえたり神秘的に 聴こえたりするから不思議である。小さい子供に教えると喜ばれるだろう。

ついでにもう一つ神秘的な音で鳴るものを紹介する。

ワイングラスの縁を指先で なでると不思議に鳴る。グラス・ハーブとい うらしい。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%97

グラス・ハーブの鳴らし方と音

https://www.youtube.com/watch?v=ZSJxvsFo3xI



 2)疑問を感じる国際的な感覚:前田正晶

1972年8月にアメリカの会社に転進して以来、1994年1月末で引退するまで 対日輸出を担当することになったのだが、そこでは我が国における貿易担 当業務というか、海外の市場を相手にする場合の心がけ乃至は常識がアメ リカとは非常に異なっていたのには寧ろ驚かされたのだった。

即ち、(紙パルプ産業界以外でも同様だと信じていたことで)海外と取引 する場合には先ず英語がある程度以上解っていることが最低の条件であ り、それを基にして「インコタームズ」(=International Rules for the Interpretation of the Trade Terms)、即ち「貿易取引条件に関す る国際規則」等々の知識を学んでおかねばならず、言うなれば国内取引と は違う一種の特殊技能的な仕事の理解を求められているのだった。故に、 海外部であるとか貿易部は国内営業担当とは別個の組織であるのが一般的 だった。

ところがである。アメリカの会社に入ってみれば、その認識というか考え 方は「営業は飽くまでも営業であって国の内外に分けての担当者がいる訳 ではなく、営業担当のマネージャーはごく当たり前のように輸出入の業務 を手がけているのだった。そこには確かに英語の専門語の特殊な知識など 必要はなく、例えば「船荷証券」(=Bill of lading)はB/L以外の何物 でもなく、そのまま解るのだから、特殊でも何でもないのだった。

その感覚で、国内での取引を推し進める感覚で、海外の市場や取引先や見 込み客と接していくのだった。そこには私が後年散々悩まされた「他国と の文化の違いがもたらす行き違いや、意思の疎通の難しさ」などには余り 深い注意を払っていないかのようだった。勿論、営業担当のマネージャー 全員がそのような感覚の持ち主だというのではなく、中には貿易慣行の違 いを熟知して、海外の得意先を説得する技術を持っている場合もあった。 だが、一般論では「余り気にしていない」と言って誤りではなかっただろう。

この度のトランプ大統領の選挙運動中の言いたい放題というのか暴言とい うのか知らないが、例えば(NAFTAやWTOの存在を知らないのか無視したの か)メキシコに自動車工場を作ってアメリカ向けに輸出するならば35だの 45だのという高率の”border tax”を掛けるなどと言われるのは「貿易の実 態と実務を知らずに言うのか、あるいは百も承知で大統領ともなれば NAFTAなどは改編してみせる」という自負があって言われたのかが不明で ある。だが、私には不動産業しか営んで来た経験がなくて、その経験を基 にして「国内も国外も同じ商売だ。力があれば押し切れる」とでもお考え なのかなと疑いたくなる。

即ち、「買ってやる方が強いのであり、売り込む方がアメリカの富を収奪 するのだから、それに対する相応の罰を与えても良いのだ。それこそが “アメリカファースト”であり、国益を守っているのだ」というかなり純真 且つ素朴な営業感覚のようにも見える。私はこの主張を聞いた時に真っ先 に思い浮かべた言葉があった。それは“retaliate”だった。ジーニアスに は「[人・攻撃などに/・・・で報復する、復讐する」となっている。そ れ即ち、メキシコは黙っていないだろうし、WTOに提訴されれば看過しな いだろうという危惧だった。

私には一事が万事で、トランプ大統領が貿易の実務というか細部までお解 りなのか否かなどは解る訳がない。だが、その感覚を見ている限り、国の 内外についての区別がないようで、「アメリカという『再び偉大になろ う』とする国の力があれば押さえつけられる案件だ」とでも単純化して考 えておられるのだろうとも思えるのだ。そうなってしまうか否かは現時点 では全く“unpredictable”だろうと私は思う。それは、こういう先例がな いので判断の基準がないのだからだ。




━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


東京湾岸は24日も晴天。爽快な気分で家人とともに近くの都立猿江恩賜公 園を散歩した。その足で郵便局へ行き、切手シートの当たった年賀ハガキ 1枚」を交換してもらった。当選した年賀ハガキは進藤耕一さんからのも のでした。切手は登別市の施設に入っている姉への返事に貼りました。




読者:5521 人。


◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/


渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>
わたなべ りょうじろう

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 北星学園資料
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/01/17/1486-%e5%8c%97%e6%98%9f%e5%ad%a6%e5%9c%92%e8%b3%87%e6%96%99/

    乾燥細胞培養日本脳炎ワクチンの添付文書の改訂について
    <用法及び用量に関連する接種上の注意>の改訂新旧対照表
    http://www.mhlw.go.jp/shingi/2010/06/dl/s0616-5f.pdf

    【流行語】ほこらから盗まれた地蔵が川で発見 → ほこらには「日本死ね」の落書き・・・
    http://exawarosu.net/archives/9469574.html

    フジ解説員・平井氏「歴史問題のパターンは、まずマスコミが反日報道⇒中韓が騒ぐ⇒日本政府が弱腰対応」@新報道2001
    http://www.honmotakeshi.com/archives/50498084.html

    日本弁護士連合会が在日や反日勢力の利権組織となっている
    http://qazx.blog.eonet.jp/docdoc/2017/01/post-7f5f.html

    窪塚洋介さん「みっともない日本政府は他国に何兆円とオレたちの税金をばらまき倒して、自国の弱者は無視」
    http://blog.livedoor.jp/itsoku/archives/50495309.html

    上海天長節爆弾事件
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%B5%B7%E5%A4%A9%E9%95%B7%E7%AF%80%E7%88%86%E5%BC%BE%E4%BA%8B%E4%BB%B6

    【卒業式】着物・袴姿のお嬢さん、どうしてこんな変なポーズしてるの?【バッグのコンス持ち】成人式
    http://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/1b268d580998759322b40f358d594114

    日本人の民度の高さと道徳心の高さは江戸時代には既にそうだった!
    http://japan.alowy.com/?p=186

    朝鮮日報「日本はドイツは見習え論」はおかしい ナミビアを植民地にしていたドイツは謝罪などしてこなかった〜ネットの反応「日本版だけの記事?」「そもそも謝罪する理由が無い」 
    http://anonymous-post.com/archives/69

    絶望に効くクスリ
    https://www.google.co.jp/search?q=%E7%B5%B6%E6%9C%9B%E3%81%AB%E5%8A%B9%E3%81%8F%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%AA&biw=1263&bih=503&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwip4fzUm9jRAhWMxbwKHY5MC-cQ_AUIBigB

    韓国の歴史歪曲は、なんと、自国の建国の歴史まで、捏造、変造している 
    http://quasimoto.exblog.jp/19881250/

    シナ(中国)の脅威にさらされる沖縄
    「今、米軍の後ろ盾がなくなれば、尖閣諸島が奪われる」
    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53217995.html

    アメリカの労働システム
    http://hotelista.jp/column/hotel-in-usa/1213105.html

    「在日特権」についてのまとめ
    http://ccce.web.fc2.com/imgz/z03.html

    【歴史易占】千利休は明智光秀?(3)
    http://yaplog.jp/ikeyamagou/archive/484

    中国政府を批判した本がアメリカで1位キタ━━━━━(°∀°)━━━━━!!! 中共の野蛮ぶりが世界に広まってるぞwww
    http://www.news-us.jp/article/20170121-000009c.html

    相続税制は論理破綻している!
    http://agora-web.jp/archives/2024013.html

    【国歌斉唱】上海天長節爆破事件(1932年):重光葵「爆弾が投げつけられた時逃げなかった理由・・・「国歌斉唱中だったから」と答えている 
    http://blogs.yahoo.co.jp/kuretakenoyo/38142266.html

    国士企業を応援しましょう! 
    http://ameblo.jp/sikihanana156/entry-12240690158.html

    西川京子さんが衆院予算委で「従軍慰安婦」「南京大虐殺」の虚構と自虐史観に侵された入試問題について語ってくれました(中山成彬さん質疑まとめ付き)
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1362.html


     2017/1/24

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    24275人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/05/28
    読者数:
    2870人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

過去の発行記事