政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4250号  2017・1・21(土)

2017/01/21

5
 □■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」4250号
□■■□━━━───────────────────────□■■□


        2017 (平成29)年1月21日 (土)



             気になる政治家の顔:北村維康

             敬愛! 愛犬の習性:毛馬一三

         日本を救う名医に俺は成る!:伊勢雅臣                           
                                         話 の 福 袋
                     読 者 の 声
                     身 辺 雑 記



□■■□──────────────────────────□■■□
第4250号


                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/


 

━━━━━━━━━
気になる政治家の顔
━━━━━━━━━


    北村 維康

ビル・クリントンは、二枚舌だけで世渡りをするチンピラに見えました。

 ヒラリー・クリントンは、シェークスピアの『マクベス』に出てくる、 マクベス夫人のやうに、冷酷な野心家に見えます。

 (私の知人である米国の婦人が言ひました。「ヒラリーはビルより も”more mean”なのよ」と。ミーンとは、たちが悪いといふほどの意味で せうか)

それに対して、トランプには「可愛げ」があります。国内政治、国際政治 について何の既成知識も無くても、「本当はこうやるんだよ」と親切に



教えてやれば、「あ、そうか、ウン、わかった」と素直に聴くやうな人で はないでしょうか。


安倍首相が大統領選挙に当選したてのトランプにすぐに会ひに行ったの も、時宜を得てゐました。恐らく、政治家の先輩として、「老婆心なが ら、、、」とい ろいろと教へたのではないでせうか。因みに、安倍首相 の顔も、春風駘蕩といふ感 じで、このやうな顔の人を中心者に持つ我等 日本人は、幸せです。


トランプは何のジョーカー春一番   これは一年前に、私が入ってゐる 句会の句誌に投句したものです。

トランプは遂にやったね春二番    これは本日作ったものです。

来年の今頃、トランプはどんな政治をやってゐるでせうか。期待を込めて 見守りたいと思ひます。



━━━━━━━━━
敬愛! 愛犬の習性
━━━━━━━━━


    毛馬 一三

「犬は飼い主の足音を聞き分けている」という新聞の特集記事を読んだ。

これは、京都大の比較認知科学グループが様々な種類の犬を使った実験 で、この通説を確かめたものだという。犬は飼い主の微妙な癖を覚え、聞 き分けているのではないかというのだ。

<京大では、チワワやポメラニアン、ミックス(雑種)など様々な犬種の 計21頭を、ドアや窓を閉め切ったマンションの一室に犬だけを入れて実 験をした。

知らない人に部屋の外を2往復してもらい足音を聞かせた後、(1)その 人が入ってくる(2)飼い主が入ってくる、逆に飼い主の足音を聞かせ、 (3)飼い主が入ってくる(4)知らない人が入ってくる―の4パターン の実験。

入ってきた人を犬が見つめる時間を比較した結果、知らない人の足音を聞 かせた後、飼い主が入ってきた時(2)は、知らない人が入ってきた時 (1)より見つめる時間が平均で約2割長かった。

犬は期待と反する現象が起きると、驚いてその対象を見つめる。(2)で は足音を聞き分け「飼い主ではない」と思ったのに、現れたのは飼い主 だったので驚いたとみられる。

京大比較認知科学グループによると、「飼い犬は、飼い主の歩き方のリズ ムや左右のちょっとしたアンバランスなどの癖を知っているのではない か」とみている>という。

実際この実験結果には、愛犬飼い主としておおいに納得できる内容だ。

我が家の愛犬は、11歳のテリア系の小型犬ノーフォークテリア。私や家内 が外出先から帰ってくると、足音や歩き方のリズムなどで聞き分け、ドア を開けると「帰宅歓迎」の声を上げながら飛びついてくる。マンションの 外側から僅か3段の階段を上がっただけの「足音」で、わたし達の帰宅を 識別するのだろう。

ところが、セールスなどの外来訪者の足音だけが近づくと、むっくり起き 上がって「警戒心と怒り」を剥き出しに大声を張り上げ、玄関に向かって 走っていく。犬が、未知の外来訪者の足音に異常なほど敏感に反応する習 性があるのは、飼い主ならどなたもご存知の筈だ。

この習性が、マンションでの空き巣等の犯罪防止に大きな効果をあげてい ると、団地内管理をしている大手ビル管理会社の役員から聞かされ、愛犬 の習性を熟知して「家内安泰」に理解していることに感謝した。

ところがその「足音識別の習性」より、まだ優れた修正に驚かされること がある。

というのは、我が家の愛犬ノーフォークテリアは、私たちがさりげなく交 わす「電話の会話中に、これからここにお出でなさい」というやり取りを すると、それをしっかり感知する習性があることだ。そうすると、すぐさ ま玄関ドアの前にじっと座り込んで、親近者が来るまで、じっと「待機」 している。

単に「いらっしゃい」とか「お帰りになりますか」程度の短いフレーズの 会話をなんと正確に聞き分けているのだ。しかもその親近者を、熟知して いる、親しい知人だと判断する能力があるのだろうか。その「聞き分け名 人芸」には舌を巻かざるを得ない。

親近来訪者が玄関に現れると、愛犬はピンピン飛び付いて喜びを思い切り 表す。私たちが「いらっしゃいませ」と発する前に、愛犬の行動を宥める のが先の段取りとなる。

この人も愛犬の歓迎におおいに喜び、来訪の雰囲気が一気に盛り上がる。 親近者を招き入れる私たちも、これに越したことはない。愛犬は、歓迎の 飛び跳ねを終えると、次は先頭にたって来訪者を居間へと案内する。

愛犬の賢さは筆舌に尽くし難いが、電話のやり取りを聴いてから次への行 動を起こすということは、人間の言葉がわかっているというだけではな く、歓迎の人間の喜びまではっきりと熟知しているということになる。

こうした賢い「習性」が日常的にいろいろな面で顕になると、家族以上の 愛情が湧いてくるものだ。またその愛情をしっかり受け止め、それを待ち 望んでいるだけに、愛犬は、実に「賢い」という言葉しか思い浮かばな い。愛犬も11才と長生きしているが、この敬愛の才能が、筆者家族と共 に長く長く続けて欲しいものだ。 (了)



━━━━━━━━━━━━━
日本を救う名医に俺は成る!
━━━━━━━━━━━━━


         伊勢 雅臣

政治の本質 No.325
    
(前号から続く)

しかし、以下の様な反論が有るかもしれません。

ソ連の通貨ルーブルは世界の金融や経済と関連性を持たなかったが
シナ共産党中央の発行する人民元はドルペッグ制で人民元自体も
今年、IMFから国際通貨としてのお墨付きになるSDR(特別引き出し権)
を得たでは、ないか?

つまり、シナ共産党中央はアメリカが発行する新たなドル紙幣分、
人民元を印刷するので軍拡競争に負けないのでは?
との主張です。
ここで、産経新聞のエースである田村秀夫記者の記事から転載します。

中国が1兆ドル分印刷すると、軍備は500億ドル増える
http://blogs.yahoo.co.jp/sktam_1124/40817051.html

前略

中国の通貨、人民元制度は実は、中央銀行制度と政府紙幣発行制度の
両側面を兼ね備えている。大国としては比類ない、いいとこどりである。

詳しく言うと、発券銀行である中国人民銀行は軍と行政府同様、党の支配 下に置かれている。人民銀行から資金供給を受ける国有商業銀行も党支配 下にある。

つまり、人民銀行を中心とする金融システム全体が党によってコントロー ルされる。通貨の発行と配分権は党指導者が保有しているのだから、人民 元はその本質において、政府紙幣である。

見かけは日米欧のような中央銀行制度をとっているのだから、人民元は
グリーンバックのように国際金融資本から憎まれることもない。

世界の大手金融機関は人民元業務を新たな収益源にしようと躍起になって いる。

中国が2008年9月のリーマン・ショックから世界で最も早く立ち直った秘 密はこの人民元制度にある。当時の胡錦濤総書記・国家主席は人民銀行に 人民元資金の国有商業銀行への大量供給を命じ、商業銀行は前年比で2・ 3倍も融資を増やさせた。

あとから見ると、乱開発、不動産バブルと代償は大きいが、ともあれ投資 ブームが起き、経済は09年に2ケタ成長に舞い戻り、10年には国内総生産 (GDP)規模で日本を抜き去った。もっと恐るべき事実がある。

人民元資金供給こそは中国の軍拡の原動力だ。グラフを見ればよい。
リーマン後、人民銀行による人民元資金供給量がドル換算で1兆ドル
増えるごとに、軍事費は約500億ドル増えている。

中国は米国の量的緩和政策に伴うドル資金増加量に見合う分、通貨を膨張 させてきた。それに合わせて軍事にカネをつぎ込んだのだ。

毛沢東は「銃口から権力が生まれる」と言ったが、カネから銃口が生まれる。

転載終了


問題は、この先も中国人民銀行が今までと同様に新規ドル発行分に相当す る人民元を発行できるのか?という点です。

再度、田村秀夫記者の別な記事から転載します。

米国第一主義、トランプ氏が「沈む中国」を踏み台に なだれこむ巨額資金
http://blogs.yahoo.co.jp/sktam_1124

前略

中国からの資金流出規模は膨らみ続け、この11月までの12カ月合計で
1兆ドルに及ぶ。

流出には、中国企業による米欧企業買収や旅行者の「爆買い」も含まれる が、米欧のアナリストの多くは、当局の取り締まりをくぐり抜けた資本逃 避が5千億ドルに上ると推計している。

資金流出は外国為替市場での元売りを伴い、元相場を暴落させかねない。 中国人民銀行は外貨準備を取り崩して元を買い支えている。

逃避資金の大半はドル資産となって香港、ケイマン諸島など租税回避地
(タックスヘイブン)に移る。最終的にはドル金融の総本山、ニューヨー ク・ウォール街を潤す。

債務国米国は、年間で約1兆ドルの外部資金流入を必要としているが、そ の多くは中国発の逃避資金で賄われる。

トランプ氏は中国の通商、通貨や南シナ海への軍事進出などについて
厳しく批判し、従来の米政権が踏襲してきた「一つの中国」容認路線に
束縛されないと強気に出る。背景には、一方的な中国からの巨額資金奔流 がある。

2009年の政権発足当初、米国債購入を北京に頼み込んで以来、北京に軟弱 姿勢で一貫してきたオバマ政権とはわけが違う。

後略

次に評論家の宮崎正弘氏のメルマガから転載します。

「上に政策あれば、下に対策あり」の特性が顕著にでた中国人

 外貨預金、住宅ローン、ビッドコイン、そしてシャドーバンキング復活
https://melma.com/backnumber_45206_6463327/

異常というより不気味である。

過剰流動性のカネが、異様な方向へ膨らんでいる。中国人民銀行が頭を抱 えている。

第1に外貨持ち出し制限が強化されて以来、中国国内で出来る

「外貨預金」へ、預金が殺到している。11月だけで204億ドルも増えて合 計すると中国の「外貨預金」の総額は7026億ドルに達した。

このカネはすでに流出した外貨とは別枠である。いずれ帳尻を合わせる
ために中央銀行は理論上、ドルを予約しなければならない。

第2に住宅ローンの貸しだしが驚くほど急増し、1174億ドル
(人民元で7946億元)に達している。

新規借り入れが71・6%増加していると、中央銀行報告書がいう。

この2つだけでもバランスを破壊していることは明白で、人民元売り
ドル買いの為替介入による人民元レートの死守は困難を極めてきた。

中略

かくして10月にSDR入りした筈の人民元に対して中国人の反応は
逆であり、誰も人民元預金を信じないで、外貨交換のためには外貨預金、
ビッドコイン。また将来の元暴落を見越して、住宅ローンで借金をつく り、或いはシャドーバンキング復活となった。

どう考えても、人民元暴落に庶民がいまのうちに交換できる通貨、不動 産、そしていま人民元で借金しておけば有利とばかり、当局の裏を
かいていることになる。

まさに「上に政策あれば、下に対策あり」という中国人の特顕著に現れて きた。人民元暴落は秒読みである。

転載終了

要するに、バブル崩壊でシナ国内で通常の買いから入り値上げで儲かる相 場でなく人民元の下落を見込んで人民元の売りから入るポジションを多数 の市場参加者が取っているので外貨預金への預金が殺到しているのです。

この為に、中国人民銀行は、いずれドル予約をしなければならないのです が果たして出来るのでしょうか?

ドルは勿論、中国人民銀行が発行できないので大量のドルを予約する際に 担保が要求されたら、どうするのでしょうか?

外貨準備高が十分にあってドルを持っていれば良いのですが、田村秀夫記 者の記事にもある様に、年間1兆ドルもシナから流出しているのです。

シナ当局が公表している様に3兆ドルも本当に所有しているのでしょうか?
若し、外貨準備高が底をついていてトランプ次期大統領が軍拡を本当に
シナ共産党中央政府に仕掛けたとしたら・・・


汝の日は数えられたり!


トランプ次期大統領はシナ帝国を滅亡させた大統領として歴史の教科書
に記述されるでしょう。


     
━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎/20の新聞記事からいくつかご紹介します。:唸声

▼唸声ネタ帳/1月20日、駐韓大使帰任もう無理か?中国のGDP、歩く姿の 明治天皇等ネタ帳は新聞などのニュースを唸声風に一言解説&コメントし ています。

◇日経1/20:駐韓大使帰任 当面見送り 少女像、韓国側の対応見極め

日本政府は韓国・釜山に慰安婦問題を象徴する少女像が設置された対抗措 置として一時帰国させている駐韓大使の帰任を当面見送る方針だ。韓国政 府は2015年末の日韓合意で問題解決への努力を約束した。日本政府は誠意 ある対応を求めており、韓国政府が合意に立ち戻るかを見極める。韓国政 府は強硬な対日世論と現政権の機能不全で身動きがとれない状況が続いて おり、一時帰国が長期化する懸念がある。日経

韓国では慰安婦像への募金も初めており、撤去は政府が強行しない限りで きない状況です。ただ、政府もあるのかどうか分からない状態で、次期政 権でも撤去はありそうもなく、長期化どころかもう帰れません。韓国がデ フォルト状態にでもならない限り、韓国国民は目を覚まさないでしょう。

日本人を非難し続けることが最上との選択をした国家ですから、早いとこ 崩壊しないと次のステージに進めません。これが韓国人の選択、我が国が 手を貸しても、それにもケチをつけますから、韓国を助けることもできま せん。もう、なるようにしかなりませんね。ちなみに李大統領が竹島に上 陸した時には12日後には帰任をしています。


◇NHK1/20:中国 去年のGDP伸び率6.7% 26年ぶりの低水準

中国の去年のGDP=国内総生産の伸び率は、前の年に比べて6.7%の プラスと、おととしから0.2ポイント下がって、26年ぶりの低い水準と なり、相次ぐ景気下支え策で政府の成長目標は達成したものの、中国経済 の減速が一段と鮮明になりました。

中国の国家統計局が20日発表した去年10月から12月までの第4四半期の GDPの伸び率は前の年の同じ時期に比べて6.8%のプラスとなり、前 の四半期より0.1ポイント上昇しました。続き↓NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170120/k10010846171000.html

未だに中共の作り出した数字を信用している人はいるのでしょうか?メ ディアでもそうは思っていてもそんなことを書いたら根拠もないデマとMX テレビのように吊るし上げに遭いますからね。しかしながら、数値に根拠 はあるのでしょうか?そこで唸声の一句
<その数字国民の総意となりにけり>


◇毎日写真1/20:明治天皇 歩く姿撮影の写真 44歳、隠し撮りの可能性も

写真↓明治天皇(中央)が水戸徳川邸を訪れた際に撮影された写真(宮内 庁宮内公文書館所蔵)=共同
http://mainichi.jp/articles/20170120/k00/00e/040/146000c?fm=mnm

1896(明治29)年に明治天皇が、現在の東京都墨田区にあった水戸徳川邸 を訪れた際に、邸内を歩いている姿を撮影した写真が宮内庁宮内公文書館 に保管されていることが20日、分かった。明治天皇は撮影を好まなかった とされ、隠し撮りの可能性もあるという。

当時天皇は44歳。調査した宮内庁書陵部編修課の内藤一成主任研究官によ ると、明治天皇の写真は、小さく写るものも含めてごくわずかしか確認さ れていないといい、「明治20〜30年ごろの写真は知られておらず、歩いて いる自然な姿が写るのも珍しく大変貴重だ」としている。

当時の水戸徳川家の当主・篤敬は写真好きで、この写真を撮った同家の職 員も相当な技術を持っていた…毎日

行ったつもりのストリートビュー/隅田公園内、墨田区向島1丁目
https://goo.gl/maps/JQBUCSbuDwQ2


◇日経1/20:テスラ「自動運転」事故、リコール求めず 米運輸省

【ニューヨーク=中西豊紀】「自動運転」モードの車が死亡事故を起こし たとしてテスラモーターズを調査していた米運輸省高速道路交通安全局 (NHTSA)は19日、「欠陥は見つからなかった」とする報告書をまと めた。調査は終了しリコール(回収・無償修理)も求めない。

調査はテスラ車が昨年5月に起こしたトラックとの衝突事故が発端。 「オートパイロット」と称した機能を持つテスラ車は、高速道路での車線 変更や追随走行が自動でできる。また衝突の危険があれば自動でブレーキ が利くようになっている。NHTSAはこうした技術に瑕疵(かし)が無 いか分析を進めていた。

「シロ」が明確になったことで、テスラのイーロン・マスク最高経営責任 者(CEO)は「非常に前向きな内容だ」と自身のツイッターに投稿し た。報告書には「オートパイロット機能が入っていることで、非搭載車と 比べ衝突事故が起きる割合が約40%減る」とのデータが記載されている が、マスク氏はこれもツイッター上で紹介した。

米国ではテスラの事故以降、自動運転車の安全を巡る議論が高まった。 NHTSAが昨年9月に安全指針をまとめるなど、規制当局の動きを早め るきっかけにもなった。NHTSAはこの日、調査の範囲においてテスラ 車には問題が無かったとしながらも「衝突回避機能には限界もある」とし て、運転手の自動化への過度な依存に警鐘を鳴らしている。日経

テスラは米国ですので、リコールとならなかったのかもしれません。これ がトヨタであれば、確実にリコールとバッシングが起こりそうです。特に トランプ政権になれば、自国車と外国車は極めて明確に区別されるでしょ う。それにしても自動運転は急速に進みましたね。運転手と言う仕事はい ずれ自動運転のAIにとって代わられることになります。あと何年でしょうか?


◇日経1/20:セブンイレブン コーヒーマシン刷新 国内全店でホットラテ 提供 年10億杯狙う

セブン―イレブン・ジャパンはいれたてコーヒーのマシンを刷新する。 ホットカフェラテを提供できる新型マシンを開発、12月末までに国内のコ ンビニエンスストア「セブンイレブン」の全1万9千店超に設置する。メ ニュー追加で、2017年2月期に年9億杯と見込むいれたてコーヒーの販売 数量を18年2月期は10億杯に伸ばす。コーヒーを巡って競争が一段と激し くなりそうだ。日経

新型マシンは従来のホットコーヒーとアイスコーヒーに加え、ホットカ フェラテ(レギュラーで150円)も購入できるそうです。また、自販機タ イプの自分でコインを入れるマシンも登場予定です。

このセブンカフェのコーヒーマシンを作っているのが「富士電機(6504)」 で1/20朝から株価が上がっています。セブンカフェのコーヒーの評判は 上々ですね。私もよく飲みます。これが100円ですからね。近頃ではこの 所為でしょうか、缶コーヒーも美味しいものが増えてきました。いいもの が出てくるのはいいことです。


◇朝日1/20:サンパウロで日本人男性撃たれ殺害 路上強盗、犯人逃走

ブラジルのサンパウロで16日、日本人男性が強盗に銃で撃たれて殺害され る事件があった。地元警察によると、殺害されたのはホンマ・ユタカさん (42)。愛知県豊川市の総合工具メーカー「オーエスジー」によると、 同社社員で、昨年3月からブラジルの子会社に出向中の本間裕さんとみら れる。犯人は逃走したが、警察はすでに容疑者を特定したとしており、拘 束に向けた捜査を急いでいる。

警察などの情報によると、事件があったのは16日午後2時ごろ。サンパウ ロ南部の道路で本間さんが運転していた車が停車した際、オートバイに 乗った2人組の男が横づけし、窓を開けるよう本間さんを銃で脅迫。本間 さんが拒んだところ、撃たれたという。本間さんは両替をした直後だった といい、搬送先の病院で死亡した。

本間さんの同僚が警察に説明した内容によると、本間さんの家族は日本に 住んでおり、ブラジルに身寄りはないという。オーエスジーによると、日 本に住む両親が19日、現地に向けて出発した。同社の西郷章裕・人事課長 は「特別に危険な場所だったとは聞いていなかった」と話している。

サンパウロでは、日本人が両替をした直後に、銃を使った強盗被害に遭う 事件が相次いでおり、在サンパウロ日本総領事館が注意を呼びかけてい る。(田村剛)朝日

ブラジルでは躊躇なく銃を撃ちますので、銃を持っていたら、先に銃を撃 つのがこの国の流儀、しかし、日本人が銃を携帯したり、撃つのは簡単で はありません。まことにお気の毒です。

本間さんはブラジルの前はメキシコに駐在していました。それなりに慣れ てはいたのでしょうが、ブラジルの治安は益々悪化しています。一番下の 各国別危険指数では危険第9位とTop10に入っています。
写真↓本間裕さん、上段のメガネをかけた半そで姿の男性
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%9C%AC%E9%96%93%E8%A3%95+OSG&biw=844&bih=637&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiH47eYl9DRAhXGvbwKHeSuAs8Q_AUIBygC


◇日経Gooday1/18:タバコを吸わない人の肺がんが増加、その理由とは?
タバコの影響をあまり受けない「腺がん」が増えている

肺がんについては、どのようにしてがん細胞が生まれるのか、喫煙以外の 原因は何か、受動喫煙の影響はあるのか、女性ホルモンが関与しているの かなど、さまざまな研究があります。現状では確固たるエビデンスがな く、多くの原因が複雑に関連していると考えられています。

1つ言えるのは、喫煙率の低下に伴い、喫煙者に多い扁平上皮がんが大幅 に減少しているということです。数十年前、男性に最も多いのは扁平上皮 がんでしたが、現在は男女問わず腺がんが最多です。腺がんが増えたとい うより、扁平上皮がんと小細胞がんが減ったために相対的に腺がんの比率 が増えていると解釈した方がよいでしょう。

もう1つの理由は、健康診断の充実です。人間ドックのオプションに胸部 CT検査が加わり、昔と比べて自覚症状のない腺がんが見つかりやすくなり ました。このことも、腺がんの増加に影響しています。腺がんそのものが 増えたというより、以前よりも発見される数が増えているのです。全文↓日経
http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/091100023/122200030/?ST=medical&P=2

要するに原因は不明、扁平上皮がんと小細胞がんが減り、腺がんが目立っ た、また、検査が多くなり発見が増えたと言うことです。つまり、ほとん ど知りたいことの回答にはなっていません。おわり。


◇NHK1/19:刑法犯罪 14年連続で減少 初めて100万件を割る

去年、全国で起きた刑法犯罪は99万6000件余りと、戦後初めて100万件を 割りました。また、警察庁が防犯カメラなどの画像が容疑者の検挙につな がったケースについて初めて分析したところ、検挙した件数の5.9%に 上ったことがわかりました。

警察庁によりますと、去年1年間に全国で起きた刑法犯罪は99万6204件 で、昭和21年に統計を取り始めて以降、戦後初めて100万件を割り、これ
までで最も少なくなりました。

刑法犯罪は、平成14年のおよそ285万件をピークに14年連続で減少を続け ていて、去年は、殺人や強盗などの凶悪犯罪が5131件、空き巣や車上ねら いといった窃盗犯罪が72万3189件と、いずれも過去最少を記録しました。
 一方、「振り込め詐欺」などの知能犯罪は、おととしよりも5%増えて 4万5788件でした。続き↓NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170119/k10010844971000.html

以下は2017年版の各国の犯罪指数です。

https://www.numbeo.com/crime/rankings_by_country.jsp

危険Top10はベネズエラ/パプアニューギニア/ホンジュラス/南スーダン /南アフリカ/アフガニスタン/エルサルバドル/ナイジェリア/ブラジル/ト リニダードドバコ

安全Top10はカタール/シンガポール/台湾/オーストリア/UAE/香港/ジョー ジア/日本/デンマーク/ベラルーシ、日本は安全8位、気になる韓国は17 位、中国34位、インド60位、ロシア67位、米国73位、タイ79位、韓国も無 政府状態ですのでもっと悪化するかもしれません。安全な旅行ならシンガ ポールや台湾・香港と言ったところでしょうか!

ところで2016年で100万を割ったものは99万の犯罪以外には新生児98万、 それから、唸声のへそくりかなぁ?


唸声の気になるニュース↓映像や写真などは以下にてお楽しみください。
http://ameblo.jp/unarigoe/


 ◎一般社団法人新しい歴史教科書をつくる会(会長 高池勝彦、副会長 石原隆夫、岡野俊昭、皿木喜久、藤岡信勝  顧問 加瀬英明、田久保忠衛 ほか - 敬称略)は、1月19日、中国外務省が日本のアパホテルが客室に 置いた書籍を非難した件について、下記のとおり抗議声明を発表しました。

    一般社団法人 新しい歴史教科書をつくる会

          つくる会FAX通信
            第401号 平成29年(2017年)1月19日(木)

TEL 03-6912-0047 FAX 03-6912-0048
http://www.tsukurukai.com

民間言論への介入に抗議する!

中国政府への緊急抗議声明を発表

 新しい歴史教科書をつくる会は、1月19日、中国外務省が日本のアパホ テルが客室に置いた書籍を非難した件について、下記のとおり抗議声明を 発表しました。

                              * * * * * *

「南京事件」の民間言論に介入した中国政府への緊急抗議声明

平成29年1月19日 新しい歴史教科書をつくる会

中国外務省報道官は1月17日、日本のアパホテルが、いわゆる「南京大虐 殺」を否定する書籍を客室に備え付けていたことについて、「日本国内の 一部勢力は歴史を正視しようとしない」と批判し、「正しい歴史観を国民 に教育し、実際の行動でアジアの隣国の信頼を得るよう促す」とのべた。

これは、日本の一民間企業の思想信条や言論について、他国の政府がそれ に口を出し命令口調で批判するという、あってはならない異常事態を意味 するものである。「言論の自由」「思想信条の自由」が全く保障されない 共産党一党独裁国家中国の未熟な社会規範を日本に押しつけようとするも のでもある。我々はこうした介入を行った中国政府の暴挙に厳重に抗議する。

事の発端は、中国人男性とアメリカ人女性が当ホテルを使用した際、部屋 にあった件の書籍をインターネットで批判的に取り上げたことだった。こ れが中国のネットに火を点け、中国人投稿者が「アパグループボイコット 運動」を開始。投稿は2日間で7700万件にのぼったといわれている。中国 共産党の大会を前に、愛国運動で国民を統一させるための材料に、この件 が使われたとする観方もある。

今回のアパホテルの件は、いかなる法にも抵触するものではない。そんな ことを言えば、長年にわたって特定の宗教に特権的な便宜を与えてきた日 本のホテル業界の慣行も非難しなければならなくなるが、かつてそのよう なことを言い出した者はなく、今後も問題にすべきではない。それと同じ 事である。客が気にするなら他のホテルを選べばよいだけの話である。

当のホテル側は、国内外の批判に対し、「本を撤去しない」としたが、当 然であろう。中国からの「言いがかり」にすぎないものを真に受けて引き 下がれば、後々の悪しき前例になりかねない。このような筋の通らない要 求はつっぱねてしまうこと、これが結果として一番効果的な対応である。

そもそも、問題となった「南京事件」は、多くの学者などによる研究で完 全な捏造であったことは今や明らかだ。平成20年5月5日には「南京事件 の真実を検証する会」が、中国・胡錦濤国家主席(当時)に 対し、南京 事件に関する5項目の「公開質問状」を発している。しかし、それについ て未だに中国からの返答がない。今回の件で中国外務省が批判コメントを 出しているが、そんなことより、8年間以上も放置し続けている「公開質 問状」への返答をするよう、この際改めて要求する。(以上)



 ◎インド首相が中国批判 習氏主導の「一帯一路」構想に反発

【ニューデリー=岩田智雄】インド政府共催の国際問題を議論する「ライ シナ会議」が17日、ニューデリーで開幕し、モディ首相は演説で、「地域 の連結性は、他国の主権を無視したり、傷つけたりするものであってはな らない」と述べた。

スイスで同じ日に始まった世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボ ス会議)で基調講演を行った中国の習近平国家主席が主導する「一帯一 路」構想を名指しを避けながら批判した形だ。

中国は、現代版シルクロード経済圏を構築するこの構想でインド洋周辺国 などで陸路や港湾の整備を支援し、中国の影響力拡大を嫌うインドを刺激 している。特にインドとパキスタンが領有権を争うカシミール地方のパキ スタン支配地域とパキスタン南西部グワダル港を結ぶ地域を中パ両国が一 帯一路の「合流点」と位置づけ、「中パ経済回廊」として整備しているこ とにインドは反発してきた。

これに対抗し、インドは、グワダル港に近いイラン南東部のチャバハル港 整備に協力し、インドからイランを経由し、アフガニスタンなど中央アジ ア方面に向かう「南北交通回廊」構想を進めている。

モディ氏は演説で、この構想を「平和と進歩と繁栄のため」と強調する一 方で、「関係国の主権を尊重することによってのみ、地域の連結回廊はそ の約束を果たし、不和と紛争を回避できる」と強調した。

会議には、日米を含む65カ国の指導者、当局者など250人余りが招待された。
【ZakZak】 2017.01.20 〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎東芝、半導体以外も売却…3千億円規模確保へ

 東芝の米原子力事業を巡る損失額が、最大7000億円規模になる可能性が あることがわかった。

負債が資産を上回る「債務超過」を避けるため、半導体事業の分社化で数 千億円を調達するほかに、他の事業を売却するなどして別途、3000億円規 模を確保する。巨額損失は、東芝の解体的出直しを招きかねない事態に発 展した。

 巨額損失が生じるのは、東芝の米原子力発電子会社「ウェスチングハウ ス」が2015年12月に買収した原発建設会社の価値が、当初の見積もりより も大幅に低くなったためだ。

東芝は工期の遅れに伴う原発の建設コストの増加など、様々な要因を基に 損失額を計算中で、関係先には4000億円から7000億円と幅広い可能性を示 しているという。実際に計上する損失額は、監査法人などと詰めの調整を している。

読売新聞 1/20(金) 6:26配信



━━━━━━━
読 者 の 声
━━━━━━━


 1)矢張り“unpredictable”か:前田正晶

私はトランプ次期大統領について、嘗ての同僚の一人のL氏とずっと意見 交換を続けてきた。彼が「トランプが共和党の候補に正式に指名されたら “disaster”だ」と指摘したとは既に述べた。また古森義久氏が“ unpredictable”と形容したことも知らせた。お断りするまでもないが、W 社は明らかに共和党寄りの企業だったし、L氏もトランプ氏の支持層では ないアメリカの層に属するごく普通の穏健なインテリの一人だ。

私は私のトランプ論は「彼はこれまでにアメリカと世界で政治・経済・軍 事・外交・安全保障等が如何なる形で進行中か、これまでに何が起きてい たかをほとんど認識していないかまたは知らないのか、または何もかも承 知の上で色々と物議を醸したような放言か暴言を吐いてきたのかの何れか に見える。だが、遺憾ながら実態は限りなく後者に近いように思えてなら ない」との点を中心にした。

更に、雇用の増加を強調されているが、その雇用の場であるアメリカの労 働力の質と、労務費が強力な労組の前に屈服して高騰した為に、空洞化が 発生したことをご承知だったのかとの問題点を、1994年7月のUSTR代表 だったカーラ・ヒルズ大使の発言も引用して、疑問を呈してあった。ま た、オバマ政権はこの空洞化に危機感を抱き外国に流れた製造業にアメリ カ回帰を促したが不発に終わった実態も書き添えた。

因みに、L氏はW社の技術陣にあって労働力の質の改善・向上に懸命に努力 した主要メンバーだったし、製品の質を如何に世界一厳しい基準が設定さ れている我が国の市場の要求(受け入れ基準)を満たすべく奔走した技術 サービスマネージャーだった人物。恐らく在職中に100回以上は来日して 日本全国を走り回っていた(トランプ問題とは直接の関係はないことかも 知れないが)極めて日本市場の実態に精通した現実的な日本通である。

その彼のドナルド・トランプ論の要旨をその“inauguration”(就任式)の 日に合わせて紹介してみよう。言うまでもないことで、L氏がアメリカ市 民を代表している訳でもなく薬やサプリメント類の広告にあるように、そ の意見はアメリカの一市民の感想でしかない。だが、ある程度以上にある 一定以上の層にあるアメリカ人の思いを伝えたいると考えて採り上げた次 第だ。

彼は先ず「君の見方には遺憾ながら賛成せざるを得ないし、ドナルド(と ファーストネームで呼んでいる)は国際政治・経済等々の分野の入り組ん だ複雑さを理解し認識しているとは見えないかの如きである。また、彼が アメリカの労働市場に内在している教育の程度の問題を何処まで認識出来 ているかも疑問だ。我が国企業が求めているのは最早博士でも経営学修士 でもなく、不足している訓練と教育が行き届いたブルーカラーである」と 私の見方に同調した。彼はこの点を私の在職中から「問題点」として指摘 していた。

次に指摘したことは「トランプ政権が現在のオバマ大統領が率いる民主党 政権以上に優れた政策を打ち出して、本当に“Make America great again” を達成するか否かにも疑問があるが、このような悲観的な観測が誤りで あって欲しいと真剣に願っている。私の周囲にはトランプ政権が如何なる 成果を上げる得るのかと危惧する者が多い」だった。

彼は言葉を継いで「ドナルドは自己陶酔型で常に自分を中心に物事が回っ ていると考えており、自分ほど賢明な者はないと自負していると見ている ようだと思う。この性格では就任後も目に見えるような変化を遂げないだ ろうし、他者からの進言を簡単には聞き入れないのでは」と悲観的だった。

更に彼はささやかな抵抗として「これまではそれほど支持しなかった者が 大統領に選ばれてもその就任式のテレビ中継は必ず見守ったが、今回は見 ない」とも言っていた。だが、「自分はそういう行動を採るのは決して楽 しいことではないし、全米にこうした抵抗を示す人たちの比率がどれほど 高まるかの予測は不可能だが」とも述べていた。

大体ここまでだが、これではかなり悲観的であると思える。だが、それは 予めお断りしたように一アメリカ市民のトランプ論であり、アメリカの中 産階級の意見の一部は表していると思ったので、紹介した次第だ。しか し、ここまででもトランプ氏を支持したのが、ブルーカラーと言うべきか 何と表現すべきか知らないが、私が身を置いていたビジネスの世界の人た ちではなかったことは感じ取れると思うのだ。


 
 2)お年寄りの自動車運転の危険性みたいな事が騒がれております。地 方では商店街などが衰退して八百屋も魚屋肉屋が無くなりました。スー パーにたどり着いても店内が広すぎて大変です。ネットで注文するのもあ りますが、人と行き交う「刺戟」がないので寂しいです。

問題は老夫婦だけで生活をしていること。家族がいれば「運転」をしてく れる人もいて楽しいです。

若い人は仕事を求めて都会へ行きます。地元では仕事が無い。家の中を見 れば「メイドイン・チャイナ」ばかりです。仕事を中国に持って行かれた。

「日本」や「家族」を中心として考える発想が衰退しているようです。腹 立たしいことに近くの「ドンキホーテ」安売り屋のレジには、パスポート を見せれば消費税まで払わなくても良いとなっている。

今の日本列島は1億年の昔から、祖先が踏み固めてきた領土だと思う。今 年の正月、神武東征の時天皇が立って見渡した場所に遭遇して“何か”を感 じました。

今週号の「週刊新潮」、高山さんの「偏見自在」の最後の五行は意味深長 だと思う。 (岡山県 MOMO   宇野一)


 3)文科省の高級官僚の天下りの案件に思う:前田正晶

「天下り」となっている表現が面白いと思った。始めから官僚が上位で民 間が下位にあるという位置づけになっているところが凄いと思う。何処か のテレビ局で「優れた官僚がその能力を活かそうとしての転職を禁じるの は如何なものか」と、良いことを言っているようで寧ろ陳腐な議論を展開 していた。私は法律の規制を別にして考えれば、好きなようにさせても良 いのではと思っているが、我が国の文化がそれを急に認めるとは思えない。

少しだけ本音で言えば「何もそう厳しいことを決めないで、アメリカのよ うに労働市場に流動性を持たせて、力がある者でやる気がある者は好きな ように政界、民間の企業、教育界、スポーツ界(但し経営者か監督者とし て)芸能界でも何処でも行かせれば良いじゃないか。流動性があっても良 いのでは」と感じることがある。

自らの頭脳か才能を活かして一生懸命に勉強して一流の国立大学に入り、 難しい試験を経て高級官僚になった者がその職歴というか経歴を活かして 民間か別の世界に転じて更に高給を取ることに対して、何処かで誰かが嫉 妬を覚えて「天下りはいけない。良くない」と批判して、そうなれなかっ た者たちが同調したのかなと思う時がある。これも日本の文化であろうか。

アメリカの仕組みというか文化を礼賛する気が無くも無いが、管理職には 大学教授から転身してきた者も当たり前のようにいたが、別段天下りとは 非難されなかった。ラッケルスハウス氏のようにニクソン大統領を追い詰 めてFBIの職を追われてW社の法務担当上級副社長に転進したかと思えば、 そこから環境庁長官としてワシントンDCに復帰した例もある。W社からも リタイヤー後に大学教授に天下り?した上級副社長もいた。

現に、トランプ新大統領の新閣僚にはゴールドマンサックスや、大手石油 会社の経営者がその能力を活かすべく起用され、トランプ氏は最高のIQを 集めたと豪語していたではないか。アメリカのように政界でもビジネスの 世界でも何時何処から、上からか横からか知らないが、責任ある地位と言 うか管理職にある日突然見知らぬ者が飛び込んでくる。そして、そういう 人たちは前日までにその地位で如何に働いてみせるかの準備を整えてあっ たかのように就任の弁を語り、即刻部下を叱咤激励するのだ。下から積み 重ねた経験と知識の蓄積を誇った偉い人を見た記憶はほとんどない。

こういうアメリカ式と我が国のように出自に関係なく、努力をして勉強を して経験を積み、豊富な知識を持てば段階を経て昇進して最終的に最高の 地位で力を発揮させる仕組みの何れが優れているかなどを論じても無意味 だろう。何度も論じたが、アメリカでは良家の子弟に産まれた者が圧倒的 に有利なことは間違いないという差別が厳然としてあるのだ。その格差が ある不公平さがアメリカの文化なのだ。

要するに身を立て名を挙げられるか否かは「その文化に如何に適応してい く能力があるかないか」の問題だと思う。私は我が国の文化の方が遙かに 公平で所謂民主的な社会制度だと思っている。現に、私自身はその我が国 の優しい文化には不適応で、何とかアメリカ流の中で生き長らえただけか との思いに耽っている。




━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


21日の東京湾岸は、朝から快晴、爽快。


東京湾岸では、20日午後1時半ごろ風花のような雪が舞ったが積りはしな かった。夜には雨が改めて降ったようだ。



読者:5519人。


◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/


渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>
わたなべ りょうじろう

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。