政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4238号  2017・1・9’月)成人の日「

2017/01/09

池尻様




 □■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」4238号
□■■□━━━───────────────────────□■■□

 
        2017(平成29)年1月9日 (月)成人の日



             「ネット検索」遊びと効用:馬場伯明

          どちらを優先して防御するのか?:宮崎正弘

          「希望の同盟」対「憎悪の同盟」:伊勢雅臣

           世界最古の政治小説「源氏物語」毛馬一三
          
                       話 の 福 袋
                       読 者 の 声
                       身 辺 雑 記



□■■□──────────────────────────□■■□
第4238号


                            発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryo



          
━━━━━━━━━━━━
「ネット検索」遊びと効用
━━━━━━━━━━━━
 
                                 
       馬場 伯明

室佳之さんが、ご自分やご尊祖父さまの名前をネット(インターネット)
で検索してみたことを本誌(4235号2017/1/6)にお書きになっていた。幼
いころへの懐かしさとあたたかい心がにじみ出ていた。私も同じように
ネット検索をすることがある。

自分、父母、姉妹弟、友人たちなどがその対象である。ここでやってみる
と、父93、母6、姉1,860、上の妹82、下の妹4、弟276件である(約○件の
「約」は略)。姉と同姓同名の若い女優がおり検索Key語に姉の職業を追
加したら119件になった。私は516件。このように、一般人であっても、今
やネットの世界から完全に逃れることはできない。

そこで、本誌に掲載されたこの1週間の執筆者や関係者を(同じく代表的
な検索エンジンである同上の)Googleで検索してみた(2017/1/7 
14:30〜15:30)。氏名を“○○”と特定し検索する。(失礼ながら敬称は省略
しました。同姓同名のチェックはしていません)。

2017/1/6:渡部亮次郎(主宰者)10,400、宮崎正弘(「宮崎正弘の国際
ニュース・早読み」)233,000、室佳之215(門頼雄71)、石岡荘十
1,870。1/5:大江洋三172、石田岳彦(弁護士)29,000。1/4:川原俊明
(弁護士)5,080件。

1/3:渡邊好造1,320、斎藤吉久(「誤解だらけの天皇・皇室」)8,660。1
/2:毛馬一三2,020、北村維康216。1/1:Andy Chang132,000、眞鍋峰松
1,250。なお、櫻井よしこ「週刊ダイヤモンド」)533,000件。

加えたい特別の方がおられる。唸声(「話の福袋」新聞記事)20,800、前
田正晶(「読者の声」欄)1,750、坂元誠(「収録情報」ご提供)2,740、
杉浦正章(政治評論)13,400、平井修一(「私の『身辺雑記』」)6,390件。

本誌「頂門の一針」一つだけで主宰者の10,400件はすごい。立派である。
弁護士の両先生もネットを活用する現代の仕事の反映であろう。でも、や
はり、プロフェッショナルの宮崎正弘233,000、櫻井よしこ533,000 、そ
れにAndy Chang132,000件は別格である。その他の方も一般人とは一味ち
がい存在感がある。

平井修一(「私の『身辺雑記』」)さんは6,390件だ。ところが、ユニー
クで過激で面白い平井さんの投稿は2016/10/29以降ない。Googleで検索し
たら(=ググったら)ブログ「普通の国にしたいだけなのだ」があるが、
2016/10/28で更新は終了している。(本誌最後の転載は2016/10/29)

じつは、本誌10/29の「私の『身辺雑記』」が気になる。《夕べ、6時ごろ
にトイレに出た時に気絶した。ああ、気絶するなあ、こう して倒れるの
だなあ、と1秒間、思って崩れたが、気絶は1971年9月16日に 機動隊員と
一緒にクレーン車から落下して以来だから45年ぶりか》。

《・・・夕べ、気絶してからの記憶はないが・・・》、《・・カミサンは大
いにはしゃいでいる。「ポテトサラダをつくって?!」だと。しょうがな
い、女は可愛がるしかない。男は辛いよ》と《辛い》ながらも、いつもの軽
妙・洒脱な書きっぷりではあるが・・・。

平井修一さんの検索結果の6,390件(多い!)は伊達や酔狂ではこうはな
らない。コツコツと毎日書き積み上げた《outcome:成果》である。平井さ
んは体調(?)が相当すぐれないのであろうか。復帰してほしい。

私:馬場伯明は516件。投稿は本名を旨としておりWebサイトへ書くのはほ
ぼ本誌だけである。田舎(長崎県)の関東の会や同窓会等の記事がある
が、検索件数は多くはない。しかも、最近、仕事と雑事の多忙にかこつけ
て本誌への投稿をサボっている(主宰者へ申し訳なく・・・)。

ここで、ついでに、明治6年生まれの祖父(尋常小学校・校長等)を検索
したら45件。だが、内容を見たら京都に同姓同名の人がおり、じつは1件
だった。それも、祖父のことを書いた私の雑文が出所であった(笑)。

かつて、月に数回投稿し、また、本誌が自動的にブログ版へ転送掲載され
ていた頃、ふと“馬場伯明”で検索したら著名ブログ等へ転送されていたら
しく30,000件を超える件数となっていた。これには参った。「世間に身が
さらされた。これじゃあ悪いことはできないなあ」と正直に思ったもの
だ。(今ブログ版はなくなり件数も落ちついた)。

Googleでは検索末尾に《最も的確な検索結果を表示するために、上の
( ) 件と似たページは除外されています。検索結果をすべて表示する
にはここから再検索してください》とある。再検索すればぞろぞろ出てくる。

また、“馬場伯明”で「画像」を検索すれば写真等が出てくる。249件も!
私の場合はHPがある田舎の同窓会などの写真がほとんどである。本誌(メ
ルマガ)では画像(写真等)は公開されていない。

(大)企業に勤務していた頃、初対面者と名刺交換をしたら帝国データバ
ンク(TDB)のPC簡易版(1〜2頁・安価)ですぐ検索しチェックしてい
た。その企業概要や大まかな業績の把握に役立った。

ときは過ぎあるとき、急成長した大企業(売上8兆円2015)の社長の身内
の人と出会い、ググったら「詐欺犯罪履歴」のようなものが出た。失礼と
は思ったが「すぐ削除措置をなさってください!」とメールしたが「虚偽
なのですが消せない」との返事があった。困ったものである。

Web上での発信者が「匿名か実名か」については長い論争がある。しか
し、その是非を性急に求めれば深い樹海の暗闇で迷子になり出口がわから
なくなる。私は「モノを言うなら実名で」に連なる「素朴派」である。

10年くらい前の話だが、古森義久さんと「眠れぬシーサー」という匿名者
との「書きあい・言いあい・論争(?)」が懐かしくもある。古森さんが
相手を無視せず応じたため論争は延々と続いていった。

ネットの匿名者による発信はFacebook、ブログ、Lineなどで拡散された。
「Lineやってたら孫の最新写真がいつでも見れるのに」と娘から言われる
が、何か、嫌で、面倒で、逡巡している。

私はネット上に今の勤務先の開示はしない。これはご法度だ。たとえば、
超大企業(売上2.8兆円超2015)の子会社(社員1,000人)の社長である友
人K君をググったら、Facebookをやっているが179件。業務外の余計なこと
は発信していない。社内規則を守り自主規制しているらしい。

ネットで「ググる」ことは休日の暇つぶしにいい。まず、無料である。
ギャンブルのように損することがない、相手とケンカや厳しい議論をする
わけでもない。知識も増える。

自分の件数が多いと不思議なことに何か自分が偉くなったような気がす
る。これは錯覚に過ぎないのだけれど・・・。

ブログの欄外に「ポチッと応援して!」などとマークがある。自分のブロ
グへのアクセス順位を上げ存在感を示したいらしい。私はどうでもいいけ
れど、せっかく開いたのだから、(野次馬的な)1票を投じている。

「『ネット検索』遊びと効用」についての(とりあえずの)結論を記す。

室佳之さんは「祖父の論文を見つけられたことが、心底嬉しい」と書いて
おられる。ネット検索で懐かしいご尊祖父さまとネット対面ができとても
よかったと思う。一族としてのアイデンティティ(Identity・自己同一
性)の確認というか、自己の確立の過程を実感されたのではないか。

ネットでの個人名の検索は一種の余暇の利用としては格好のものである。
うまく利・活用すれば個人の調査から記事・論争・論文・他の話題などへ
広く、深く、そして高く、どんどん発展してくことができる。脳の活性化
と機能の維持・向上に効果があるという知見もあるらしい。

室さんの文章の最後にあるように「不思議な発見があるかも知れない」。
いや、予想を越えた知識が得られ、新しい人たちとの出会いにつながるか
もしれない。(2017/1/7千葉市在住)



         
━━━━━━━━━━━━━━━
どちらを優先して防御するのか?
━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)1月8日(日曜日)
      通算第5156号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 どちらを優先して防御するのか? 「それが問題だ」
  外貨準備3兆ドル割れ目前。人民元1ドル=7元割れか?
*********************************

 中国人民銀行(中央銀行)が発表した12月速報で、中国の外貨準備は3
兆0110億ドルとなった。3兆ドルの大台割れは時間の問題である。

昨年11月に外貨準備は690億ドル減った。

同12月速報で、410億ドル減った。

他方で人民元下落を防止するために為替市場に介入し、ドルを売って元を
買っている。

残る手だては1兆ドル余の米国債権を市中で売却することしかない。

人民元の為替レートは1ドル=6・95.大規模に介入があった日、1%前
後、人民元が高くなったが、効き目は1日でおわった。外貨交換は強く規
制されており、銀行へいっても外貨交換が出来ない。銀聯カードは事実上
停止されている。

庶民は外貨預金とビットコイン購入に狂奔した。ビットコインは90%を
中国人が買い、価格は10%上がった。

ところが人民銀行は、ここにも介入し、ビットコインを扱う大手3社
(BTCC,Huobi,OKコイン)幹部を呼び、警告を発した。

なんらかの制限をくわえる予兆とみたビットコイン市場も下落気配、春節
をまえに、外貨市場が大混乱となっている。

北京の空が汚染で視界ゼロ。航空機の離発着が止まった。

まさに視界ゼロが中国経済の明日に横たわる。

外貨準備3兆ドル台を死守するのか、人民元下落を防御するのか。まさに
「それが問題だ」。
    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
 (読者の声1) 31日は午後9ごろ緊急地震速報であわてて、1日午前4時
に三回も川崎市から土砂災害情報・・避難準備情報 緊急避難? 入院患
者は大パニックでナースコールの嵐・・病院が倒壊したら生きていけませ
んよと患者さんをなだめる。NHKでも報道されていませんでした。川崎
市危機管理課やってくれましたね。

登録している個人携帯に一斉mailがながれました。ところで・・以前
新型インフルエンザ対策講習会で、ワクチン大使館に備蓄してあると親方
の発言で、駐日大使館にワクチンを置いてあるとその日のうちにネットで
情報が中国で蔓延しました。

日本大使館襲おう・・・上海には5万人以上在留邦人が生活しています。
親方は自衛隊で救出するといわれていましたが・・上海事変また繰り返す
のですね。

どうやって5万人も救助するのでしょうか。

暴動が起きればどうなるか赤十字は世界中で丸腰で活動してます。上海で
も北朝鮮でもどこでも伺います。

助けたいひとがそこにいるから。本年もよろしくお願申し上げます。
                      (つけめんだいおう)



  ♪
(読者の声2)ペマ・ギャルポ先生の番組を紹介します。「アジアから世
界へ」第1回放送です。
https://www.youtube.com/watch?v=W1Kn0rRBtbs
 【アジアから世界へ#1】モンゴル国−ソドブジャムツ・フレルバータル
駐日大使に聞く[桜H29/1/6]
www.youtube.com

「アジアから世界へ」は、日本で活躍するアジア各国の人々の声を伝え、
世界の出来事をできるだけアジアの視点から考えると共に、日本のアジア
に対する貢献度等も紹介するアジア専門番組です。
 From Asia to The World " is a program to introduce World Affairs
wi...(三浦生)



   ♪
(読者の声3)黄國昌・時代力量党首を招き在日台湾同郷会などが講演会
のお知らせ

台湾ヒマワリ学生運動のヒーロー 黄國昌・立法委員来たる! 講演会
「台湾新世代の国家アイデンティティ」

2年前のヒマワリ(太陽花)学生運動は台湾政権交代の契機ともなった一
種の社会革命でしたが、当時この運動の旗手として活躍したのが黄國昌氏
です。今日では第三勢力の政党「時代力量」党首、立法委員(国会議員)
も務められるなど、台湾の新時代のリーダーとして将来を嘱望されていま
すが、このほど、その黄氏をお招きして都内で講演会を開催することにな
りました。

あの運動の数々のヒーロー達はいま何処に? 彼らが当時熱く語っていた
台湾再生の夢と理想は実現されつつあるのか? 黄氏自身は立法院の現実
とどう向き合っているか?

また、イギリスはEU離脱を決め、アメリカではトランプ氏が大統領選で
勝利するなど、世界で保護主義が広がり、不透明な情勢が見られつつある
中、台湾は何処へ向かうべきなのか?

当日はこうした問題をも含め、さまざまなお話を伺いたく存じますので、
万障お繰り合わせの上、ご参加賜りますようお願い申し上げます。

                記

日 時:2017年1月22日(日)16:00(開場15:30)
会 場:京王プラザホテル 42階 高尾の間
       http://www.keioplaza.co.jp/access/
第1部:講演会(日本語通訳付き)16:00〜
講 師:黄國昌氏 台湾新世代の国家アイデンティティ(台湾新世代的国
家認同)
    
第2部:懇親会 18:30〜20:30
     会 場 京王プラザホテル 42階 富士の間
参加費:講演会のみ:¥1,000 /講演会&懇親会:¥12,000
主 催:在日台湾同郷会 在日台湾婦女会 日本台湾医師連合
共 催:台湾独立建国聯盟日本本部 日本李登輝友の会 日本台医人協会
 台湾研究フォーラム、台湾の声 日本台湾語言文化協会 怡友会
 日本基督教団東京台湾教会 日本文化チャンネル桜
・申込み:TEL:0424-22-4604(張信恵) E-mail:tehaino@nifty.com
     FAX:03-5974-1795(黄麗郷) FAX:03-3530-0383(杉山文代)
・締 切:1月17日までにお願い申し上げます。



   ♪
(読者の声4)藤井厳喜氏を招き「トランプ新政権と日台関係」をテーマ
に台湾セミナー
アメリカの大統領選挙の結果について、日米メディアのほとんどが「ト
ランプの大逆転勝利」と報じた。だが、予備選挙の段階から一貫してドナ
ルド・トランプの当選を予測していたのが国際政治学者の藤井厳喜氏だ。
 アメリカウォッチャー歴40年という藤井氏にして、このような大統領選
挙を初めて目撃したと言い、ヒラリー・クリントン候補が当選していた
ら、米国の法治主義が崩壊するばかりか国家の安全そのものが危機に陥っ
ていたと指摘、

トランプがアメリカの悲劇を防いだとも述べる。今後はレーガン革命以上
の「トランプ革命」という保守革命が始まるという。

この「トランプ革命」とは一体どのようなものなのか、日米同盟で結び
つく日本にどういう変化をもたらすのか。

中国をはじめ大きな衝撃を世界に与えた蔡英文総統との電話会談は
どのような意味を持つのか。日台関係にも造詣が深い藤井氏に、トランプ
新政権と日米台の関係をテーマにたっぷりお話しいただきます。

セミナー終了後は、藤井氏を囲んで新年会を兼ねた懇親会を開きます。
ご参加の方は、メール、FAXにてお申し込み下さい。
*藤井氏の新著『トランプ革命で復活するアメリカ』を会場で販売します。
*藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』お申し込み
 https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

          記

日 時:平成29年(2017年)1月28日(土) 午後2時〜4時30分(1時30分
開場)
会 場:文京シビックセンター 4階 大ホール
講 師:藤井厳喜氏(国際政治学者、拓殖大学客員教授)
演 題:トランプ新政権と日台関係
参加費:1,500円(会員) 2,000円(一般) 1,000円(学 日ご入会の
方は会員扱い
申込み:申込フォーム、メール、FAXにて。 *1月27日(金) 締切
申込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan
/m85qxmzjhqch
        E-mail:info@ritouki.jp
FAX:03-3868-2101

懇親会:講師を囲んで会場の近くにて[参加費=3,000円 学生:2,000円]
主 催:日本李登輝友の会



   ♪
(読者の声5)アジア自由民主連帯協議会主催講演会「韓国の現状と今後
の朝鮮半島」
講師 久保田るり子(ジャーナリスト)

韓国の朴政権がスキャンダルの中、事実上のレームダック化を迎え、さ
らに、日韓合意を無視した慰安婦像の設置という事態を迎えた韓国。

今後は親北政権の誕生も危惧される中、北朝鮮は核開発と暴発の危険性を
見せています。韓国の現状と、今後の朝鮮半島情勢について、また、拉致
問題、北朝鮮の人権問題にいかに日本は取り組むべきかについて、ジャー
ナリストの久保田るり子さんにお話を伺います。

日 時 1月21日(土)午後6時開場 6時半開会
場 所 TKPスター会議室飯田橋
    (千代田区飯田橋3−4−3 エレガンス飯田橋)
     http://www.kaigishitsu.jp/gmap/gmap-iidabashi.html
参加費 1000円(会員500円)
主 催 アジア自由民主連帯協議会
http://freeasia2011.org/japan/archives/4987
   (三浦小太郎) 



━━━━━━━━━━━━━━━
「希望の同盟」対「憎悪の同盟」
━━━━━━━━━━━━━━━


          伊勢 雅臣

 〜 安倍首相の真珠湾スピーチから

日米同盟はシナ・北朝鮮の野望から世界を救う「希望の同盟」。

■1.「1人、ひとりの兵士に、その身を案じる母がいて、父がいた」

「耳を澄ますと、寄せては返す、波の音が聞こえてきます。降り注ぐ陽
の、やわらかな光に照らされた、青い静かな入り江」

ハワイのうららかな日射しに照らされた真っ青な海が目に浮かぶようだ。
平成28年12月27日、安倍首相の真珠湾でのスピーチの出だしである。

 その真珠湾に眠る米軍兵士たちに、首相は思いを馳せる。

耳を澄まして心を研ぎ澄ますと、風と、波の音とともに、兵士たちの声が
聞こえてきます。あの日、日曜の朝の、明るく寛(くつろ)いだ、弾む会
話の声。自分の未来を、夢を語り合う、若い兵士たちの声。

最後の瞬間、愛する人の名を叫ぶ声。生まれてくる子の、幸せを祈る声。
一人ひとりの兵士に、その身を案じる母がいて、父がいた。愛する妻や、
恋人がいた。成長を楽しみにしている、子供たちがいたでしょう。

それら、全ての思いが断たれてしまった。その厳粛な事実を思うとき、か
みしめるとき、私は、言葉を失います。その御霊(みたま)よ、安らかな
れ――。思いを込め、私は日本国民を代表して、兵士たちが眠る海に、花を
投じました。[1]

慰霊とは、まさに戦いで亡くなった人々のありし日に思いを馳せ、その人
のかけがえのない未来が失われてしまった事を悼む心から始まる。


■2.「勇者は、勇者を敬う」

かつての敵どうしが、こうして互いの英霊に哀悼の誠を示すとき、和解が
訪れる。


昨日、私は、カネオヘの海兵隊基地に、一人の日本帝国海軍士官の碑(い
しぶみ)を訪れました。その人物とは、真珠湾攻撃中に被弾し、母艦に帰
るのを諦め、引き返し、戦死した、戦闘機パイロット、飯田房太中佐です。

彼の墜落地点に碑を建てたのは、日本人ではありません。攻撃を受けてい
た側にいた、米軍の人々です。死者の、勇気を称え、石碑を建ててくれ
た。碑には、祖国のため命を捧げた軍人への敬意を込め、日本帝国海軍大
尉(だいい)と、当時の階級を刻んであります。

The brave respect the brave. 勇者は、勇者を敬う。アンブローズ・ビ
アスの、詩(うた)は言います。

戦い合った敵であっても、敬意を表する。憎しみ合った敵であっても、理
解しようとする。そこにあるのは、アメリカ国民の、寛容の心です。[1]

国のために殉じた人々を互いに悼む慰霊こそ、和解への道である。


■3.「和解の力」

こうした慰霊を礎(いしずえ)として、日米は強固な同盟関係を築いてきた。

あの「パールハーバー」から75年。歴史に残る激しい戦争を戦った日本と
米国は、歴史にまれな、深く、強く結ばれた同盟国となりました。

それは、今までにもまして、世界を覆う幾多の困難に、共に立ち向かう同
盟です。明日を拓く、「希望の同盟」です。私たちを結びつけたものは、
寛容の心がもたらした、the power of reconciliation、「和解の力」です。

私が、ここパールハーバーで、オバマ大統領とともに、世界の人々に対し
て訴えたいもの。それは、この、和解の力です。戦争の惨禍は、いまだ世
界から消えない。憎悪が憎悪を招く連鎖は、なくなろうとしない。寛容の
心、和解の力を、世界は今、今こそ、必要としています。

憎悪を消し去り、共通の価値の下、友情と、信頼を育てた日米は、今、今
こそ、寛容の大切さと、和解の力を、世界に向かって訴え続けていく、任
務を帯びています。日本と米国の同盟は、だからこそ「希望の同盟」なの
です。[1]

■4.「リメンバー・パール・ハーバーの意味を反転させ上書きした」

安倍首相は真珠湾の光景に戻って、スピーチを締めくくる。

「私たちを見守ってくれている入り江は、どこまでも静かです。パール
ハーバー。真珠の輝きに満ちた、この美しい入り江こそ、寛容と、そして
和解の象徴である。

私たち日本人の子供たち、そしてオバマ大統領、皆さんアメリカ人の子供
たちが、またその子供たち、孫たちが、世界中の人々が、パール
ハーバーを和解の象徴として記憶し続けてくれることを私は願います。」[1]

「リメンバー・パール・ハーバー(真珠湾を忘れるな)」とは、日本軍の
真珠湾攻撃を「卑怯な騙し討ち」として、フランクリン・ルーズベルト大
統領が米国民の憎しみを煽った言葉だった。そのパールハーバーを、安部
首相は「和解の象徴として記憶し続けて」と訴える。

メールマガジン「政治の本質」No.326で、筆者のロベルトさんは「リメン
バー・パール・ハーバーの意味を反転させ上書きした」と評した[2]。安
部首相の崇高な願いを無視して、この言葉を復讐心を込めたまま使い続け
ることは、「寛容の心」を持たない人間の仕業となった。


■5.感謝の声と憎悪の声と

安倍首相は演説後、真珠湾攻撃を経験した元米兵3人に歩み寄り、一人ひ
とりを抱擁した。最年長のアル・ロドリゲスさん(96)は各国メディアに取
り囲まれて、「首相が来てくれて本当に感謝している。これは和解(の象
徴)だ」と話した。[3]

アメリカの代表的なニュース放送局CNNは、安部首相の真珠湾訪問を
「歴史的訪問」と報じ、75年前の真珠湾攻撃を近くで目撃していたとい
うロバート・リー氏(95)の「安倍首相の真珠湾訪問は、日米関係の
『癒しの最高潮』だ」という言葉を紹介した。[4]

一方、シナ外務省は、安部首相の演説について、「アジアの被害国にとっ
ては、巧妙なパフォーマンスを何度繰り返しても1度の誠実な反省に及ば
ない」と、例のごとく謝罪要求を持ち出した。韓国の聨合ニュースも「戦
争への謝罪はおろか、反省にさえ言及しなかった点で、日本の侵略を受け
たアジアの被害国の反発は少なくないと予想される」と、同工異曲の批判
を繰り返す。

「アジアの被害国」と言っても、こういう声に同調するのはシナと南北朝
鮮の特定アジア3国のみであることは、すでに明らかとなっている。しか
も、いままで何度、日本が謝罪しても、繰り返し謝罪や反省を求めるその
魂胆は、世界の人々に知れ渡っている。

首相の演説には、こうした声に対する先手が打たれていた。

戦争の惨禍は、いまだ世界から消えない。憎悪が憎悪を招く連鎖は、なく
なろうとしない。寛容の心、和解の力を、世界は今、今こそ、必要として
います。[1]


シナや韓国のあくなき謝罪要求は、「憎悪が憎悪を招く連鎖」に囚われた
声として、世界の人々から見下される事になる。


■6.ウォール・ストリート・ジャーナル紙の称賛

安倍首相のスピーチに関する新聞報道の中で、これはと思ったのがウォー
ル・ストリート・ジャーナル紙の論評である。アメリカを代表する経済紙
だが、保守派の見識を語る新聞でもある。

「安倍首相が真珠湾で示した日本の価値 安倍首相が率いる日本は米国の
安全保障上の最重要パートナー」と題した社説で、そのイントロから力が
入っている。

安倍晋三首相による27日の真珠湾訪問は和解の象徴だ。日米関係の重要性
が増している現下の情勢が、今回の訪問をとりわけ劇的にしている。真珠
湾攻撃から75年が経過し、北朝鮮の核兵器と中国の修正主義的な野望が太
平洋地域に脅威を与えるなか、日本は米国にとって安全保障上の最重要
パートナーだ。[5]

社説は、安倍政権が日本国内の抗議デモや国会での乱闘騒ぎを押しきって
安全保障関連法を成立させて、自衛隊が米軍や他の友好国を守れるように
した事、防衛費を少ないながらも着実に増加させ、インド、台湾、東南ア
ジア諸国などと関係強化を図った事を説明した後で、こう結んだ。

「昨年の米議会での演説や今回の真珠湾への訪問を持って、安倍氏はこの
事実を高らかに見せつけた。このことは称賛に値するだろう。11月のトラ
ンプ氏との会談も友好的なものに見えた。アジアの平和と発展にとって明
るい兆しだ」[5]

アメリカの保守派を代表する新聞が、安倍首相の努力をここまで高く評価
しているのである。シナの膨張主義を抑え込むべく、日米同盟と自由主義
陣営との連帯を強化するという安倍首相の「希望の同盟」は、しっかりと
受けとめられている。


■7.「憎悪の同盟」

ウォール・ストリート・ジャーナル紙の「北朝鮮の核兵器と中国の修正主
義的な野望が太平洋地域に脅威を与えるなか」とは、日米のみならず、自
由世界が抱える最大の問題を的確・簡潔に表現している。シナと北朝鮮こ
そ「憎悪が憎悪を招く連鎖」の筆頭だろう。「希望の同盟」になぞらえ
て、この2国を「憎悪の同盟」と呼ぼう。

この2カ国は共産主義の看板をいまだに下ろしていない。もともと共産主
義は、資本家階級に搾取される労働者階級という構図で、人々の憎しみを
煽り立てて、エネルギーとしてきた。この共産主義陣営という「憎悪の同
盟」の最後の生き残りがシナ、北朝鮮なのである。

さらに、現在のシナ政権も、北朝鮮の独裁者一族も、自らの正統性を「抗
日」に求めてきた。自分たちは日本を追い出した功労者だとして自らを正
当化し、日本への憎悪を煽り立てることで国民を自らの政権に従わせてき
た。この点は韓国も同類である。[a]

安倍首相の言う「世界を覆う幾多の困難」の最大のものは、この「憎悪の
同盟」が世界の平和と安定を脅かしている事である。それに立ち向かうの
が「希望の同盟」の使命である。

「希望の同盟」とはいかにも明るい語感を持つが、もし「憎悪の同盟」に
負ければ、日本も台湾も、東南アジア諸国も、チベットやウイグルのよう
に絶望的な状況に陥る。さらにはオーストラリア、ニュージーランド、イ
ンド、そしてアメリカまでもが明日への希望を脅かされる。そして、シナ
や北朝鮮の人民自身の、現政権の圧政から自由になるという希望も永久に
失われる。

そういう意味で、「希望の同盟」が一歩誤れば、世界が絶望の淵に沈むと
いう背水の陣に立たされているのである。


■8.「希望の同盟」は日米両国にとって歴史的必然

安倍首相の言うとおり、「憎悪を消し去り、共通の価値の下、友情と、信
頼を育てた日米」だが、この「共通の価値」とは、自由と民主主義のこと
である。しかし、戦後の日本がアメリカから「自由と民主主義」を学んだ
と考えるのは正確ではない。

弊誌922号「アメリカの国体、日本の国体」ではこう述べた。

「アメリカの国体が「自由を求める人びとの国」であるとすれば、日本の
国体は「一つ屋根の下の大家族」である」。[b]

わが国の国民は「一つ屋根の下の大家族」の中で、「大御宝」として大切
にされてきた。およそ、わが国ほど「人民を圧政下におく独裁者」の少な
かった国は希であろう。

その中で、拙著『世界が称賛する 日本人が知らない日本』の第三章で述
べたように、「自由」は日本の政治伝統であった[c]。その土壌があった
からこそ、戦後の自由民主主義も何の抵抗もなく短期間に根づいたのである。

アメリカは国民の自由、日本は国民の幸福と、それぞれの国体は違えど、
シナや北朝鮮のような圧政が支配する独裁政治体制は、日米共に天を抱く
べからざる敵である。ここにこそ「希望の同盟」が日米両国にとって歴史
的必然である理由がある。

 その日米が先の大戦で互いに戦うはめになったのは、それぞれの政府内
部にソ連のスパイが入り込んで、両国を誤った戦いに引きずり込んだから
だった。[d]

 現代も「憎悪の同盟」は日本国内に触手を伸ばしている。偏向マスコ
ミ、偏向教育、反基地闘争などは「憎悪の同盟」の工作である。我々は国
内外で「憎悪の同盟」と戦っていかなければならない。




     
━━━━━━━━━━━━━━━
世界最古の政治小説「源氏物語」
━━━━━━━━━━━━━━━


         毛馬 一三

世界最古の長編小説「源氏物語」が一条天皇に献上されたのは、寛弘5年
(1008年)11月17日。

紫式部が、父の赴任先の越前国で当時、何よりも貴重だった「越前和紙」
とめぐり合い、2年間にわたって思いのままに、物書きに熱中した。

ところで、この「源氏物語献上」に先立つこと3年前の寛弘2年(1005
年)12月29日に紫式部は、宮中に呼び出されている。何とこの召し上げの
仕掛け人が、藤原道長だったのだ。

どうして藤原道長が、紫式部を宮中に召しあげたのか。それは当時宮中で
繰り広げられていた壮絶な権力闘争と無関係ではない。

その権力闘争とは、道長の兄道隆盛の息子「伊周(これちか)と道長と
が、真っ向から繰り広げていた藤原同族同士の宮廷内対決だった。

内大臣伊周に対抗するには、道長はこれを超える役職への昇進しかなかっ
た。道長は画策した。一条天皇の生母で、実姉の強力な支援を懇願して、
「関白」に次ぐ地位の「内覧」職を獲得し、役職の上では、一応互角に並
んだ。

だが、道長にとっては、まだ後塵を拝する処があった。伊周は、妹の定子
を一条天皇の中宮に送り込み、堅牢な地位を確保していたからだ。

道長にしては、この一角を何としてでも切り崩す必要があった。このため
陰謀を試みたのが、それは一条天皇のもう一人の中宮に娘の彰子を送り込
んだのである。

こののち中宮彰子は、1008年9月11日、「敦成(あつひら)親王」(後一
条天皇)を出産。道長は、これによって、遂に権力の頂点を立ったのである。

しかしそれに至る以前に、政治家道長がなぜ紫式部の召し上げにまで手を
打った老獪な魂胆とは一体何だったのか。

恐らく文学好きといわれた一条天皇の気を惹くため、紫式部の「源氏物
語」の献上を早々と仕組んでいたと思われる。言い換えれば、天皇の歓心
を買うための一種の「政争の具」として周到に紫式部の召し上げを準備し
ていたのだろう。

紫式部は、中宮彰子の教育係として勤める傍ら、3年近く宮中の様々の人
間模様、権力構造、熾烈な利害闘争などをつぶさに見ながら、冷静な考察
と巧みな筋立てを描きながら、得意満面に「源氏物語」を書き綴っていっ
たとみられる。

色とりどりの54帖の冊子、400字詰原稿用紙にすれば、2300枚ともなると
てつもない長編小説。

越前和紙と墨を使ったきらびやかな「源氏物語」の献上が、一条天皇の心
を捉えて仕舞ったことは、想像に難くない。

次々と広がる物語の中で、天皇自身が、思い当たる舞台での隠れた暗闘と
情念の世界の展開や登場人物への特定がすべて思い当たり共鳴感動したと
したら、天皇にとりこれに勝る興味を満たす悦楽は、他には無かったので
はないか。

そう見ていくと、源氏物語は、「悲恋」、「純愛」、「禁断の恋」の物語
ではない。むしろ宮中文化の中で、現場で目撃し鋭敏に感じ取った「政治
暗闘の記録文学」だったのだ。

世界で最古の「政治小説」と言ってもいいかもしれない。「政治小説の源
氏物語」となれば、また。評価も見方も読者層も、大きく変わっていくの
ではないだろうか。(了) 
 

     
━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎外資の土地買収規制 防衛施設周辺、調査可能に 通常国会で自民が法案提出へ

 自民党は今月20日召集の通常国会で、自衛隊など防衛施設周辺の安全保障上重要な土地の外国人や外国資本による買収の規制に向け、政府が土地取得や利用の実態調査を可能にする法案を提出する方針を固めた。規制以前の問題として調査さえ十分に行えない現状を打開する狙いがある。公明党や日本維新の会に賛同を呼びかけ、早期成立を目指したい考えだ。

 法案は安倍晋三首相(党総裁)の意向を受け、自民党の安全保障と土地法制に関する特命委員会(委員長・佐藤正久参院議員)がまとめた骨子をたたき台に作業を進めている。

 防衛相が、自治体などの意見を参考に自衛隊施設の周辺に一定の調査対象区域を指定し、所有者らに必要な報告と資料提供を求めることや、立ち入り調査も可能にする内容。規制は、その後の課題とする「二段階」の手続きを想定している。

 外資による安保上重要な不動産の取得をめぐっては、韓国資本による長崎県・対馬の海上自衛隊基地周辺の土地取得や、中国人が北海道などの自衛隊施設周辺の不動産を取得したことが明らかになっている。

 しかし、政府による調査は実態を反映しているとは言い難い。昨年2月の衆院予算委員会で当時の中谷元(げん)防衛相は、平成25年以降、陸海空の自衛隊施設や米軍基地の隣接地の現況を確認した結果として、「住所が外国に所在し、氏名等から外国の方と類推される方が2筆確認された以外は、確認されていない」と述べた。

 日本各地にある防衛施設の隣接地の調査には、膨大な人員と時間がかかり、そもそも防衛省には強制的に調査を行う権限がない。

 公明党は基本的に歩調を合わせるとみられるが、「自由な経済活動を阻害する恐れがある」との異論もあり、調整が難航する可能性もある。

 こうした中、自民党が連携を模索しているのが維新だ。維新は、昨年の臨時国会で土地取引の制限も行う独自法案を提出している。維新幹部は「現実的には、自民党案に乗ることになるだろう。できれば修正を勝ち取りたい」と語っている。
【産經ニュース】 1/8(日) 7:55配信
----------------------------------
參議院議員佐藤正久氏の呟き − 
『佐藤正久 ?@SatoMasahisa  3時間前
【外資の土地買収規制 防衛施設周辺、調査可能に 通常国会で自民が法案提出へ-産経新聞】
佐藤が委員長を務めている安全保障土地法制特命委員会で、法案を検討しているのは事実』
Twitter 1/8(日) 18:20 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎トランプ氏 国家情報長官にコーツ前上院議員を起用

アメリカのトランプ次期大統領は情報機関を統括する国家情報長官に、議
会上院で情報委員会や軍事委員会に所属していた共和党のダン・コーツ前
上院議員を起用すると発表しました。

アメリカのトランプ次期大統領は7日、情報機関を統括する国家情報長官
に共和党のダン・コーツ前上院議員を起用すると発表しました。

コーツ氏は下院議員を8年と上院議員を通算16年務めて今月3日に引退し
たばかりで、議会上院では情報委員会や軍事委員会に所属していました。
コーツ氏の起用について、トランプ氏は声明で「情報機関を率いるために
必要な正しい判断力があり、揺るぎない統率力を発揮するだろう」と述
べ、情報機関の長にふさわしいと強調しました。

国家情報長官は2001年の同時多発テロ事件の教訓から、CIA=中央情報
局やNSA=国家安全保障局など現在16ある情報機関の機密情報の共有
を図るために設けられ、今回の大統領選挙を巡ってはロシア政府による干
渉があったとする分析の取りまとめで主導的な役割を果たしました。

これまでトランプ氏はロシアの関与に繰り返し疑問を呈してきたため、情
報機関の判断を軽視しているという批判も出ていましたが、コーツ氏の起
用にあたって情報機関の重要性も強調し、こうした批判をかわそうとする
姿勢も見せました。

動畫 −
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170108/k10010832361000.html?utm_int=news_contents_news-main_002
【NHK News Web】 1月8日 8時48分 〔情報収録 − 坂元 誠


 ◎予算成立まで解散考えず=慰安婦問題「韓国は誠意を」―安倍首相

 安倍晋三首相は8日放送のNHKの番組で、衆院解散・総選挙について
「(2017年度)予算の早期成立に全力を尽くす。われわれはその間、解散
の『か』の字も頭に浮かばないだろう」と述べた。

 また、「今の仕事に全力を尽くすことに頭は全て占められている。それ
はしばらく続く」とも強調した。首相の発言は6日に収録された。

 首相は韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦を象徴する少女像が新たに
設置されたことに関し、「(15年末の日韓合意に基づいて)日本は10億円
の拠出を既に行った。次は韓国がしっかり誠意を示していただかなければ
ならない」と述べ、合意の着実な履行を求めた。韓国で年内に政権交代が
予想されることも踏まえ、「政権が代わろうとも実行することが国の信用
の問題だ」と強調した。

 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣した陸上自衛隊部隊につい
ては、「PKO(参加)5原則が守られている状況でも、安全を確保して活動
を満足に果たせる状況でなくなれば、ちゅうちょなく撤収したい」と述べた。

 民進党の蓮舫代表は同じ番組で、衆院解散・総選挙に関し「いつあって
も戦える態勢を整えている。解散がなければ私たちの仲間も増えない」と
強調。野党共闘については「前に進めるべきときに来ている」との認識を
示した。時事通信 1/8(日) 9:31配信 



 ◎安倍首相、少女像の撤去要求

安倍晋三首相は8日放送のNHK番組で、韓国・釜山の日本総領事館前の
慰安婦少女像設置に関し「韓国側にしっかりと誠意を示してもらわないと
いけない」と述べ、撤去を求める意向を表明した。慰安婦問題を巡る日韓
合意について「(朴槿恵大統領の)政権が代わろうとも実行するのが、国
の信用の問題だ」と履行を迫った。

トランプ次期米大統領との会談が実現した場合に沖縄の米軍基地負担軽減
を求める考えを示した。「負担軽減を進めることが日米の信頼関係を厚く
し、同盟を確かなものとすると話したい」と述べた。

番組は6日に収録された。【共同通信】
【ロイター】 2017年 01月 8日 10:33 JST 〔情報収録 − 坂元 誠〕


  ◎◆◇◆◇写真映像情報網◇◆週刊AWACS 2017年8日◇◆◇◆◇
▼唸声一言/鹿島神宮のクレジットカードはお守りにもなるか?
[cid:8de09939-731e-4eac-9839-e08e1de1654d]
写真↓鹿島神宮のゴールドカード、年会費は1万円、発行前にはお祓いも
http://www.sankei.com/premium/photos/160107/prm1601070008-p4.html

学校との提携カードはたくさんあるけど、神社カードはおそらく初めてで
あろう。カードを使う方の年会費やポイントが鹿島神宮に寄付される。鹿
島神宮からの返礼品など特典もあるが、神様の宿ったありがたいカードだ
と思えば、お守り代わりになるかもしれない。靖国神社のカードなら是非
入りたいものだが・・・。

◇産経1/7:【鹿島神宮】御利益あるか!? 神社で初のクレジットカード
発行 年会費とポイント、御船祭などに充当
http://www.sankei.com/premium/news/160107/prm1601070008-n1.html

では、今週号をお楽しみください。
・今週のニュース、ネタ帳など
http://ameblo.jp/unarigoe/entry-12236039147.html
・誕生日の音楽映像(ハンス・フォン・ビューロー、指揮者、ピアニスト)
http://ameblo.jp/unarigoe/entry-12236020590.html
2017/1/8唸声



━━━━━━━
読 者 の 声
━━━━━━━


 1)遂に7日目に入ったインフルエンザ:前田正晶

ここまで来て思い出したことがあった。それはこの一向に治ろうとしない
嫌らしい風邪と同じように苦しめられた経験があったと8日の朝に思い出
したのだった。

8日朝も目覚めた瞬間は2枚組のテイシュペーパーの1枚を剥がした程度の
復調感があったが、朝食を終える頃にはタオルを持ってこなければならな
いほどの相変わらずの発汗があった。集中力も未だ不十分である。鼻水も
一向に止まってはくれないのだ。これでは新たにクリネックスを買いに行
かねばならないかと危惧する。

その経験とは、40年ほど前だっただろうが、家内の祖母のお葬式がある日
に時間的に余裕があるからと、藤沢四十雀のサッカーに湘南高校のグラウ
ンドに出かけた。当時は未だ藤沢に住んでいた、念のため。そして帰宅後
に、何と言わば武士の魂にも喩えられそうなサッカーの靴を何処かに置き
忘れたことに気が付いたのだった。慌てて学校に連絡すると、OB会の幹事
さんが預かってくれている由だった。

後日、幹事さんに連絡して恥を忍んで頂きに出かけた。その日は生憎と天
候が不順で現地に到着する前に雨が降り始め、雨具を用意していなかった
当方は何となく嫌な感じがする濡れ方をしたのだった。その結果か間もな
く風邪を引き、その嫌らしさが現在悩まされているインフルエンザの状態
に酷似していると気が付いたのだった。そして、この何とも嫌らしい風邪
には一ヶ月近くも苛まれたのだった。

インフルエンザと普通の風邪(common coldと言うが)と同じかどうかは
知る由もないが、あの時の名状しがたい辛さを、7日ふと思い出したの
だった。そして7日の午前中に急遽とった行動は「安全な状態にあること
を再確認しよう」とばかりに、1988年からの掛かりつけである高田馬場の
Sクリニックに向かうことだったのだ。

S医師には「貴君は(精神的に?)脆いところがあるから」と笑いながら
言われたものの「大丈夫だ」と診断され、予定通りに安心して帰宅した次
第。但し、昨年末に受けた新宿区の高齢者の健康診断には循環器系以外で
多少問題があるところがあり、別途国際医療研究センター病院への紹介状
をあらためて頂いた。

そこで考えたことは「当方より2日前に同じA型を発症していた家内の方が
遙かに順調に回復しているにも拘わらず、私のこの何とも言いようがない
すっきりしない状態には今更思い悩まずに、インフルエンザとはこういう
ものだと諦めて、長いつき合いをする気で行けば良いじゃないか」なので
ある。

実際には熱もなく咳も出ず、昨日などは好天にも助けられSクリニックま
での片道10分弱を、久し振りの外の空気を楽しみながら快調に歩いていた
ものだった。どうやら「病は気から」でしかないようだ。

午後からは高校サッカーの準決勝戦などは音声を聞くだけにしたし、ラグ
ビーの決勝戦はキックオフ直後から東福岡が押しまくったのを見て東海大
仰星の勝ちはないと見切って、ご贔屓の沢口靖子のドラマの再放送を見る
方を優先してしまった。

夜もさして見たい番組もなくBSを各局で見ていれば、何と昔懐かしき和田
弘とマヒナスターズが出ており、昭和30年代だったかの大名曲「好きだっ
た」を松平(だったか?)が歌うのを聴くことが出来た。

度々公言か広言してきたように流行歌は好みではないが、流石にあの頃の
流行歌(はやりうた)を聞かされ、あの連中の顔を見れば、その懐かしさ
には言うなれば涙流るる思いだった。

マヒナスターズはハワイアンとして一流だったはずだが、あの分野の歌に
出ていって大成功したし、メンバーの中には確か当時の湘南電車で通学と
通勤していた者もいたので、その意味でも懐かしさが一入だったのだ。俺
も歳をとったものだと実感させられた一時だった。


 2)「買わない日本が悪い」と:前田正晶

これまで1994年7月にNHKホールで開催されたパネル・デイスカションでの
同大使の発言を紹介してきた。大使はアメリカの対日輸出が何故伸びない
かの原因の根本的な点を躊躇なく認める発言をされた。長年対日輸出を担
当してきた者の1人としては「善くぞ言ったものだ」と寧ろ感心していた
くらいだった。だが、大使は「それでも、買わない日本が悪い」と締めく
くられたのだった。

それは、原因がアメリカの製品の品質が、飽くまでも一般論としてだがこ
の点は重要だ、劣っている為に伸びないのだと認めたのだから重要なの
だ。その劣っていることの原因が労働力の質にあると認識していると認め
る発言なのだから、アメリカの労働市場の実態をご存じでない向きには、
何のことか解らなかっただろうと、その場で聴いていた私には閃いたの
だった。

ここまで言っても未だ何のことかがお解りにならない方はおられるのでは
ないかと危惧する。即ち、アメリカの国内市場で受け入れられている品質
では(お断りしておくが紙パ案業界のことを云々しているのではない)世
界の市場就中我が国では通用しないという、悲しくも冷厳な事実なのであ
る。しかし世界最大の経済大国と自他共に許したアメリカでは、メーカー
も最終需要者も「我が国の製品こそ世界最高である」と過信している言う
なれば井の中の蛙の集団なのである。

世間では古くから「セラーズ・マーケット」と「バイヤーズ・マーケッ
ト」という言い方がある。だが、アメリカでは「セラー」はおらず「プロ
デユーサー」がいるだけなのだ。その連中は自分たちの生産効率を最大限
に発揮することが可能なスペック(specification)を設定し、ひたすら
大量生産に励むのだった。そのスペックには市場と最終消費者が求める要
素は最小限度にしか考慮されていないと思っていて誤りではないのだ、生
産効率を追求する以上は。その辺りを英語では”product out”などと表現
されている。

仮令そうであっても、そのスペックの下に製造する現場の労働力の質が望
ましくなければ、イヤ世界の平均的水準以上でなければ、世界市場での競
走能力は低下するのだ。世界の諸国の技術水準と生活水準がアメリカ以下
だった頃には、アメリカは世界に冠たる技術王国であり、その高水準にあ
る研究開発(R&D)能力とその資本力によって世界を圧倒してきたのだっ
た。しかしながら、アメリカが同じ水準に止まっている間に、世界の諸国
は多くの面でアメリカを抜き去っていたのだった。

その辺りと言うか、アメリカがR&Dの能力の凄さは何もW社に転進する前か
ら十分に認識させられてはいた。だが、紙パルプ・林産物業界の世界的大
手である自社の巨大なテクノロジー・センターを現実に見て、そこに投入
されている豊富な人材と資金には圧倒されたのだった。同時に一般論とし
て「アメリカのR&Dの能力が世界最高であることは認めるにしても、そこ
で産み出された革新的な技術やアイデイアを商業生産に移行した場面での
労働力の質が伴わず、競合国や後発の諸国に追い抜かれてしまう結果に
なってしまうのが、悲しくも冷厳な事実なのである。

私は日本市場という世界でも最も品質に対する要求が細か過ぎるし且つ厳
格な国を相手にして、全く予期せざる苦労を強いられたのだった。簡単に
言えば、アメリカでは我が国で当たり前のように達成されてきたごく当た
り前のことである受け入れ基準を満たすことが出来ていない紙が市場では
大手を振って通用しているという、何とも言いようがない現実があった。
それにも拘わらず、クリントン政権は「原料だけ買うな。世界最高の紙で
ある。サー買え。買わないとスーパー301条を発動するぞ」と脅しにか
かったのだから救いようがなかった。ヒルズ大使は一般論としてその誤認
識をご存じだったと理解して聴いていた。

それでも、当時「猛女」などと酷評したメデイアもあったほどで、大使は
自分の職務に忠実に我が国に向かって「もっと輸入せよ、世界最高のアメ
リカ製品を買え」と迫っておられただけだと理解していた。私はトヨタを
始めとする自動車メーカーがメキシコに生産拠点を設けようとする根拠が
果たして労務費だけの問題なのか否かなどを知る由もないが、トランプ次
期大統領はこれからカーラ・ヒルズ元大使にでもブリーフィングして貰っ
てアメリカの労働力の問題をおさらいする必要があるのではないかと危惧
するのだ。

もしも、何らの予備知識もなくあの種のと言うか所謂暴言・失言の範疇に
入る発言をしておられたのであれば、アメリカの何処かの層の国民はオバ
マ大統領に続いて、大変な人物を選んでしまった結果になるのではないか
と密かに恐れているのだが。尤も、百もご承知であったのならば、少しは
気が休まると思うが、これから先に新大統領が如何なることを言い出して
くるかを思う時に、正直にな所恐ろしさを禁じ得ない。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

快晴の続いた東京湾岸も、8日午後には遂に雨になった。サクラなど木々
が芽吹くのに必要不可欠な湿りだ。

隣の中学校。日曜日とあって近隣の大人たちが、午前中、多分、学校に無
許可で校庭を占拠し、野球をやっていた。

プールは消防署の要請だそうで、冬も流さずに水をためたままだ。このと
ころ毎朝、氷が張ってる。その水がこ いる。のところの冷え込みで毎
朝、こおって





渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

-

-- 
渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/01/10

    酉年にサンズイ付けて酒年→酒井の年

    http://blog.livedoor.jp/mayunarakimi/archives/10272317.html

  • 名無しさん2017/01/09

    病気になれば市販薬を求め、それでも治らない場合には病院に行き薬をもらう。今の日本でそれはごく普通のことだ。ところがこの図式が何者かに仕組まれたものだとしたらどうであろうか。本当は薬など服用せず自然治癒力で病気は治るものであったとしたら。それ以前に、病気にはなる原因があり、その原因は様々あるものの、特に重要なのは普段の食生活にあるとしたら。私たちが口にするものには農薬、食品添加物、遺伝子組換などに汚染されたものや加工された食品が多い。肉や牛乳を多く摂る人は病気になる確率が高い。水道水でさえそのまま飲むことは危険だ。人にはそれぞれ体質があり個人差があるので、一概にこの食べ物が体にいい、悪いと言われてもそれが全ての人に当てはまるとは限らない。しかし毒物は出来るだけ体内に入れないに越したことはない。便利な電子レンジは食品の成分を大きく変質させるため危険である。私たちが口にする食べ物には実に危険なものが多い。人体は実によく出来ていて、こうした天然食品以外の異物が体内に入ってきても丁寧に処理してくれるがそれにも限界がある。食べ物で体調を崩せば薬の出番となる。薬の大半は石油から出来ている。さらには農薬や食品添加物もほぼ石油から出来ている。これ以外にも石油製品はあらゆる分野に浸透し支配している。このように医療利権と石油利権は密接な関係にあり、実は同じ者たちが支配している。ところが、支配している者たちは自然なものしか口にしないのだ。自然な野菜と果物、水しか口にしない。そのため、かれらは皆若々しく、長寿である。



    食生活を変えたところ、長年患っていた慢性疾患が完治した。食生活の変化は自ずと適正体重をもたらし、風邪ひとつ引かない体質に変えてくれた。病院には何年も行っていない。薬も一切口にせずに済んでいる。



  • 名無しさん2017/01/09

    蓮舫「二重国籍」のデタラメ 

    http://blog.livedoor.jp/utsunomiya_takanori/archives/68113057.html



    古森義久氏「慰安婦像を少女像と呼ぶことは韓国の無法への屈服、愚の骨頂」

    http://erakokyu.blog.jp/archives/ianfu-1701082.html



    高須克弥氏

    http://snjpn.net/archives/14382



    あまちゃん この世界の片隅に

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%82%E3%81%BE%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93+%E3%81%93%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E7%89%87%E9%9A%85%E3%81%AB&biw=902&bih=359&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjFq_DVgLTRAhVBsJQKHQMqBksQ_AUICCgD



    慰安婦合意破棄の署名集めで支那朝鮮人は歓喜! 利敵行為だっぺ

    http://bouzup.blog.jp/archives/1063627801.html



    韓国「日本が望むなら協議を再開することができる」・麻生が日韓通貨スワップめぐり韓国を痛烈批判

    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6519.html



    慰安婦像だけが頼りの韓国

     日本叩きに利用する為に各地で建立 

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53216239.html



    外国籍同胞の国内居所申告の指紋及び顔登録

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/01/09/1459-%e5%a4%96%e5%9b%bd%e7%b1%8d%e5%90%8c%e8%83%9e%e3%81%ae%e5%9b%bd%e5%86%85%e5%b1%85%e6%89%80%e7%94%b3%e5%91%8a%e3%81%ae%e6%8c%87%e7%b4%8b%e5%8f%8a%e3%81%b3%e9%a1%94%e7%99%bb%e9%8c%b2/



    宮家の数に関する定量的考察 一夫一婦でも概ね17宮家で皇統は安泰 

    http://blogs.yahoo.co.jp/umayado17/62443320.html



    ヘイトスピーチの起源は韓国だ 

    https://sites.google.com/site/aikokusaha/home/heitosupichiha-han-guono-zi-ye-zi-de



    【朝鮮進駐軍】「在日一世」による朝鮮人犯罪及びテロ行為について 

    http://hosyusokuhou.jp/archives/37657849.html



    放射能汚染だまされてはいけない!? 

    http://earthkeepe.exblog.jp/17932883/



    ワクチンを受けない方が健康的 衝撃的な研究結果 

    http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11834538611.html



    ◆ 今時のNHK集金の手法/対応 

    http://ameblo.jp/emkanayoshi/entry-12231332528.html



    イルミナティの奴隷が手紙で驚きの内容を伝えています!

    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51904464.html



    【韓国発狂】韓国軍の虐殺を扱ったベトナムのテレビ番組、放送大賞受賞キタ━━━━━(°∀°)━━━━━!!! 

    日本でもぜひ報道してほしい

    http://www.news-us.jp/article/20170104-000002k.html



    日本の国籍法

    http://blog-imgs-93.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/6a7fe011-s.jpg



    大草原でプロパガンダが行われた / 異邦人に乗っ取られるテレビ局(パート2)

    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68615698.html



  • 名無しさん2017/01/09

    病気は体毒より生じる!



    (なぜ病気になり、なぜ、治るのか)



     西洋医学の答えは「それは、わからない」。つまり、現代医学は、「人間がどうして病気になるのか」の原因すらわかっていない。原因がわからないのだから、治せるはずがない。しかし、東洋医学の答えは明解である。「それは体毒より生じる」



     東洋医学は、病気の本質をはっきり見抜いていた。それは体毒が原因。

    では体毒とは何か? 

    それは体内に発生した毒素である。

    その毒はどうして生じたのか? 

    その最大の原因は過食である。身体の代謝能力以上の食べ物を食べると、それは排泄しきれずに体内に残ってしまう。身体は、それを老廃物として体内に溜めこむしかない。まずは、脂肪細胞に蓄え、さらに、全身の細胞に蓄える。老廃物とは、身体にとっては異物である。つまり、毒物である。やむをえず毒物をため込んだ細胞は汚染された細胞となる。当然、生命力が衰えて弱っていく。そこで、繁殖するのがウイルスや細菌などの微生物である。身体にとっては体内で反乱が起きたようなものである。身体は、それら暴徒を鎮圧する防衛の為の軍隊を派遣する。それが各種の白血球で構成された免疫細胞軍である。特にウイルスやバイ菌などに直接攻撃を仕掛けるのが顆粒球である。その防衛兵士たちは、活性酸素と言う火炎放射器を帯行している。その炎をウイルスや細菌に放射して焼き殺す。しかし、火炎放射は敵だけを焼き尽くすわけではない。自らの組織、器官も熱い炎に炙られる。すると、痛み、腫れ、発熱が生じる。これが「炎症」の正体である。



     「炎症」とは炎に炙られた症状である。例えば、「胃炎」「腸炎」「肝炎」「腎炎」などである。つまり、病気の正体は、体内で増殖した微生物を退治する時に顆粒球が放射した活性酸素の炎で生じた「炎症」なのである。その原因を辿れば、体毒に行き着き、さらに辿ると、過食に行き着く。



    (万病の原因は「過食」と「苦悩」)



     万病の元は過食だった。体毒の原因はもう一つある。それが苦悩や怒り、ストレスである。悩みや怒りはアドレナリンと言う神経毒を発生させる。これは毒蛇の毒の3〜4倍と言う猛毒である。それが体毒として体内を駆け巡り病気を引き起こす。「病気」を「気」が「病む」と書くのは本質を表している。



    (「症状」を「病気」と間違えた西洋医学)



     西洋医学は、病気の原因がわからない。東洋医学は、原因が体毒と突き止めた。さらに、西洋医学の致命的過ちは、「症状」を「病気」と間違えていることである。東洋医学は、「症状」と「病気」をはっきり区別している。つまり、「症状」は「病気」の治癒反応に過ぎないのである。様々な「症状」は「病気」が治ろうとしている「現れ」なのである。



     そもそも「生命」とは何か? 

    「生命」の最大の特徴は、ホメオスタシス(生命恒常性維持機能)である。これは「生命は常に正常を保とうとする働きがある」ことを示す。わかりやすく言えば体温である。人の正常体温は36・5度Cである。夏場、炎天下では汗が流れるが、それは汗の気化熱で体温を冷まそうとしている。逆に、氷点下数十度の酷寒では、身体はガタガタ震える。それは筋肉を小刻みに動かし、血行を促進して体温を上げようとしている。このように、「恒常性」を維持しようとするホメオスタシスは単細胞生物から多細胞生物にまで備わっている機能である。この機能があるから、生物は生命を維持できる。



     ホメオスタシスは、振子が引力で引かれて正常の位置に戻ろうとする働きと同じである。この時、真下に引力として働くのが自然治癒力である。「風邪」を引いたとする。「病気」が風邪なら、発熱、咳、下痢などは「症状」であり、治癒反応である。発熱は体温を上げてウイルスなどの病原体を殺すためである。さらに免疫力を上げるためである。咳、鼻水、下痢は病原体の毒素を体外に排泄するためである。これらの症状の治癒反応のおかげで病気の風邪は治っていく。ところが、西洋医学はこの「症状」を「病気」と勘違いする重大ミスを犯している。そして発熱には「解熱剤」を、咳には「鎮咳剤」、下痢には「下痢止め」の薬物を投与する。まさに対症療法の滑稽さである。「病気」が治ろうとする「命の振子」を逆向きに押し返す。だから、逆症療法とも呼ばれている。治癒反応を薬で止められた振子は傾いたまま固定される。すると「病気」も固定され、慢性化し、悪化していく。



    (薬物療法が犯してきた5つの大罪)



    !)逆症療法→「命の振子」を逆向きに押し返し、病気を慢性化させ、悪性化させている。



    !)毒反射→薬は本来毒である。薬物療法とは毒を投与して生体の毒物反射を利用するものである。Aと言う薬物を投与したら、生体全体の組織、臓器が毒物Aに反射する。これが毒反射である。循環器系が反射して、血圧が下がったとすると、それは毒物に対する生理反射に過ぎないのに、医師たちは狂喜する。「Aには血圧降下作用がある」とし、Aを医薬品「降圧剤」として認可を取り販売し利益を上げる。毒物Aが「降圧剤」と言う薬に化けた。A投与で血圧が下がるのは、あくまで生体の毒物Aへの反射である。生体に備わった自然治癒力とは根本的に違うのである。



    !)副作用→Aによる血圧低下を製薬会社は「主作用」と呼ぶ。しかし、生体の毒物Aへの反射は、全身の細胞、組織、臓器が毒物Aに反応する。消化器系なら嘔吐、腹痛、下痢など。循環器系なら発熱、動悸、不整脈、ショックなど。神経系なら、痛み、めまい、頭痛、不眠など。これらをまとめて副作用と言う。製薬会社にとっては黙殺、無視したい症状群である。実は、これら副作用群の存在こそ、医療マフィアが薬物療法を推進する裏の理由である。彼らは副作用群が患者に発症すると、それを抑えるため症状ごとに、医薬品を投与する。発熱なら、解熱剤、下痢なら下痢止め、痛みには痛みどめ。こうして投薬の種類と量は、幾何学的に増えていく。製薬会社にとっては極楽であり、患者にとっては地獄である。



    !)薬物耐性→生体は外部からの刺激に対し、何とか生命を維持しようとする。毒物を投与されると、生存のために反応する。その一つを「主作用」として製薬メーカーは、医薬品として販売する。しかし、投薬を続けるうちに身体はその毒に耐性を獲得して反応しなくなる。こうして、薬物耐性の生じた患者への投薬量は増えていく。



    !)薬物依存→投与を続けていくうちに「命の振子」は傾いたままになる。すると、生体は振子の位置を正常と錯覚して生命活動を営む。薬が切れると振子は真に正常な左の位置に戻る。しかし、生体はこれを異常と錯覚し、苦痛を感じるのである。それが禁断症状なのである。すぐに投薬すると振子は偽の正常値に戻り苦痛も去り、患者は快感を味わう。これが薬物中毒である。依存症で患者は死ぬまで薬を手放せない。製薬会社は笑いが止まらない。



  • 名無しさん2017/01/09

    平井修一さん是非是非再登場愉しみにして居ます。ご健康を願っています。

  • 名無しさん2017/01/09

    【画像】「ミス青山2016」福田成美がテレ朝『グッドモーニング』のレギュラーに決定 

    フジ『めざましテレビ』の宮司愛海アナは髪型をショートカットにイメチェン

    http://www.livenan.com/archives/10192902.html