政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針3168号  2013・12・27(金)

2013/12/27

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」3168号
□■■□──────────────────────────□■■□


        2013(平成25)年12月27日(金)



                          「政治家・安倍晋三」の信念:阿比留瑠比

                            馬英九、習近平と会談を希望:宮崎正弘

                      第三次世界大戦:見えない戦争お:MoMotarou

                      参拝で日本外交「靖国孤立」の危機:杉浦正章

                             岩波書店社員の回顧録(8):平井修一

                                                  話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第3168号
 
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━
「政治家・安倍晋三」の信念 
━━━━━━━━━━━━━


       阿比留 瑠比

「国の指導者が参拝し、英霊に尊崇の念を表するのは当然だ。(以前の)
首相在任中に参拝できなかったのは痛恨の極みだ。今言ったことから考え
てほしい」

安倍晋三首相は就任前の昨年9月の自民党総裁選共同記者会見で、首相に
就いた場合に靖国神社に参拝するかどうかを問われ、事実上、参拝する考
えを明らかにしていた。

それに先立つ平成23年11月の産経新聞のインタビューでも、「それ(自身
の不参拝)以来、首相の靖国参拝が途絶えたことでは禍根を残したと思っ
ている」と述べるなど、参拝に強い意欲を示していた。

首相は小泉政権時代の小泉純一郎首相の靖国参拝を一貫して支持、支援し
てきており、靖国参拝は「政治家、安倍晋三」としての強い信念に基づい
ている。

にもかかわらず、首相は第1次政権では病に倒れて参拝する機会を逸し
た。再登板後も春の例大祭、8月15日の終戦の日、秋の例大祭…と参拝を
見送ってきたのは、「英霊の慰霊を政治・外交問題化したくない」という
思いからだった。

今回、26日というタイミングを選んだ背景には、靖国参拝に反発する中
国、韓国との関係は「現在がボトム(底)で、これ以上悪くなる心配がな
い」(政府関係者)ことが一つある。

また、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に進展があり、
「日米の安全保障関係が底割れする懸念がなくなった」(外務省幹部)こ
とも大きい。

いずれにしても中韓や野党などの反発は避けられないが、首相は「日本を
取り戻す」ためにも、靖国参拝を断行すべきだと決断したのだろう。

産経ニュース2013.12.26
中国、対抗措置を示唆=靖国参拝に「強烈な抗議」−毛沢東生誕日と重なる


【北京時事】中国外務省の秦剛報道局長は26日、安倍晋三首相の靖国神
社参拝を受け談話を発表し、「強烈な抗議と厳しい非難」を表明した。談
話は「両国関係の改善発展に新たな重大な政治的障害をもたらし、日本側
は引き起こされる結果を引き受けなければならない」と警告、対抗措置を
示唆した。中国外務省は、駐日大使を通じ日本側に抗議した。

中国政府は、参拝後、即座に反応することで、強い反発の意思を表した。
沖縄県・尖閣諸島をめぐり対立する日中の緊張がさらに高まるのは必至だ。

報道局長の談話は「安倍首相は中国の断固たる反対を顧みずにA級戦犯の
祭られた靖国神社参拝を強行した」と批判。中国政府として「中国を含め
たアジアの戦争被害国の国民感情を踏みにじり、歴史の正義と人類の良識
に公然と挑戦する行為に強烈な憤慨を表す」とも強い不快感を示した。

外務省の中国版ツイッター「微博」によると、羅照輝アジア局長も「中国
人は絶対に受け入れられない」とした上で、「日本は地域最大のトラブル
メーカーだ。領土主権と歴史問題で強硬姿勢を示している」と述べた。

26日夕には、中国訪問中の小渕優子元少子化担当相ら超党派の国会議員10
人が北京・中南海で劉延東副首相と会談する予定。中国政府は、首相の靖
国参拝を受けて予定通りに会談するかどうかなどを検討しているとみられる。

一方、中国では26日は毛沢東主席生誕120周年の記念日。新華社電による
と、習近平国家主席ら最高指導部・政治局常務委員7人は、北京・天安門
広場にある毛主席記念堂を訪れ、毛沢東の偉大な功績をたたえた。

習主席は同日、生誕記念の座談会で演説する予定。共産党にとって「特別
な日」の参拝に、指導部は強い不満を抱いている可能性が高い。 
(2013/12/26-13:43)


安倍首相の靖国参拝に「失望している」、米大使館が声明

【AFP=時事】安倍晋三(Shinzo Abe)首相が26日午前に靖国神社
(Yasukuni Shrine)に参拝したことについて、在日米国大使館は同日午
後、「米国は失望している」とする声明を発表した。

安倍首相の参拝から数時間後に発表された声明文には、「日本は大切な同
盟国であり友人だ。それでも米国は日本の指導者が日本の近隣諸国との緊
張を悪化させる行動を取ったことに失望している」と書かれている。

また声明文は、「米国は、日本とその近隣諸国が、関係を改善し、地域の
平和と安定というわれわれの間で共有されている目標に向けた協力を促進
するため、過去からのセンシティブな諸問題を処理する建設的な方法を見
いだすことを希望する」「われわれは、安倍首相が過去への反省を表明
し、日本が平和に関与していくと再確認したことに注目する」としてい
る。AFP=時事 12月26日(木)16時10分配信


           
━━━━━━━━━━━━━
中国、地方債務の爆発が近い
━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成25(2013)年12月27日(金曜日) 
       通巻第4100号  <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 地方債務の爆発が近い、ニューヨーク・タイムズも警告
  社会科学院自らが債務残高326兆円(2012年末)と公表した
*********************************

ニューヨーク・タイムズ(2013年12月24日)は中国に辛辣なクリスマス・
プレゼントを贈った。

曰く「中国の地方政府の債務は3・3兆ドル(邦貨換算326兆円。ただし
これは2012年末現在の数字)、2010年との比較で2倍」。

筆者の憶測だが、13年末は、おそらくシャドーバンキングなどをくわえて
潜在的不良債権は500兆円に近いのではないか。

「2014年のGDP成長を7%とする中国だが、すこしでも減速あるいは停
滞に陥ると、インフラの基層を襲うだろう。」(香港のシティ・グルーバ
ル・マーケット)。

肝腎の生産拠点はどうか? 

「中国国土資源部が2011年に行った調査では、政府の認可を受けた341の
工業団地の約4割で稼働率が50%を下回っていた。アナリストは、同様の
支援が得られていない他の何千という工業団地では、稼働率はさらに低い
可能性もあると指摘した」(ウォールストリートジャーナル、12月20日)。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ ERADERS‘ OPINIONS 読
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌4099号投書欄「日露戦争では米国は講和を仲介したが
それはロシアの満洲全土占領を防ぐためと満州進出のためであった。だか
ら日本が南満州鉄道買収を拒否すると米国の対日政策は一転反日に変わっ
た」に関してです。

ハーバード出のポーツマス条約全権・小村壽太郎は当時の状況が分かって
いただろうに・・・どうして満州の米国と共同統治を拒否したのか。

ユダヤのハリマンの怒りをかい、日系移民は(シナ棄民と同等に扱われ)
徹底的に差別され土地所有さえも出来ず、後には太平洋戦争で多くの犠牲
者・・・日比谷焼き討ちなど国民の反発は強かったのだろうが・・・歴史
に「若し」はありませんが、ここが大きな歴史の分岐点だったと思います。

当時、米国への日系移民は大西洋からのイタリア移民とほぼ同数でした。
(R生、ハノイ)
      

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
 宮崎正弘の最新刊 大好況発売!
 
  △
 宮崎正弘 & 石平 『2014年の中国を予測する』(ワック)
        <中国大陸から次々と逃げ出すヒトとカネ>
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

激辛対談シリーズも第五弾! 絶好調です!
すでにばらばらな中国社会、共産党は指導部が分裂しており、軍人論客は
自由化を急げと主張し、高官の海外逃亡によってGDPの10%の外貨が持
ち出された。

驚き桃の木、山椒の木! 驚愕の中国の実態を徹底的に暴露する最新情報
満載!
   998円(アマゾン 在庫払底、しばらくお待ち下さい↓)
http://www.amazon.co.jp/dp/4898316891/



━━━━━━━━━━━━━━
第三次世界大戦:見えない戦争
━━━━━━━━━━━━━━


         MoMotarou

秩序と秩序の戦いー総力戦の哲学「世界的立場と日本(昭和18年刊)」よ
り GHQ焚書図書開封51回 西尾幹二
       http://youtu.be/7BhNPT6oR6E?t=13s

               ★

物騒な話ですが、何時の間にか始まっていた。第一次・第二次世界大戦と
違うのは戦車も飛行機も大砲も出てこない事ー取り敢えず。中心はシステ
ムと構造改革という思想のもので、相手国の構造を、脅したり、籠絡・謀
略で“運用”を自国有利にすることであります。これに対するにはしっかり
とした「国家観」を持っていないとやられます。数値に幻惑された、プロ
パガンダに踊らされたりします。

■戦争を知らず

我国は戦後はGHQの占領政策で、独立後は残置工作機関「日教組」によっ
て、新しい日本と旧い日本とに分けられました。この二つの謀略機関に共
通するのは「共産主義」であります。

米国は"マッカーシー旋風"で犠牲を出しながらも掃除をしました。しか
し、我国には温存されていました。それら残存勢力が反日国家群と呼応し
て樹立したのが先の民主党政権であります。

■国家中枢に到達した反日反国家勢力

次第に明らかになってきておりますが、あの3年間で行政機関にも浸透し
ました。例えば、公安情報が民主党政権下で約30、000件の公安情報が破
棄されておりました。

>>産経新聞より

小野寺五典防衛相は20日の参院国家安全保障特別委員会で、
防衛秘密に指定された文書が5年間で約3万4000件廃棄されていた問題に
関し、このうち約3万件が民主党政権時代に廃棄されていたことを明らか
にした。

小野寺氏は「私が防衛相になってからは通達で廃棄を止めている」と述べ
た。(民主党の福山哲郎氏への答弁)>>

これを破棄する基準を誰が示したか。国会議員だけではないでしょう。北
朝鮮の工作員などのプロが、行政組織に侵入した証拠であります。これが
安倍政権が秘密保護法を急いだ理由でもあります。

■反日反国家勢力の一斉蜂起

それ故、サヨクなどが市民を装って組織的反対運動を起こしました。マス
コミなども労組の圧力を受け反対運動を「奨励」ました。菅直人元総理大
臣を象徴とする勢力のアガキであります。

これからは、行政組織・立法組織に反日反国家勢力が浸透しているとの前
提で国家運営を行わざる負えないでしょう。

■日本を取り戻す力

さてそれに対するワクチンはあるか。短期対処的には特定秘密保護法、長
期では教育でありましょう。まともな目覚めた両親や先生が必要です。世
論形成のためにはNHKを日本に取り戻す事も必要です。来年もすることが
沢山ありますね。



━━━━━━━━━━━━━━━━
参拝で日本外交「靖国孤立」の危機
━━━━━━━━━━━━━━━━


          杉浦 正章

安倍の「独走」を止める側近がいない
 
まさに「戦後レジームからの脱却」を行動によって現す結果となった。首
相・安倍晋三の靖国参拝は中国と韓国を激怒させ、ガラス細工のような極
東の平和と安定を何とか維持しようとする米国の意図をも粉砕した。安倍
は一体何を考えているのだろうか。

マスコミや学者の分析は群盲象を撫でるが如き見方しか出ていないが、安
倍のその発言から見えてくるものは、冷徹な政治家としての姿勢でなく、
個人的な信条を優先させる「靖国教徒」としての姿でしかない。

まさか首相たるものが「ネット右翼」だけを喜ばそうとしているとは思い
たくないが、そう思えてくるような振る舞いだ。一番の危機は首相官邸に
この安倍の「独走」を止める力量のある側近がいないことであろう。

安倍の行動は確信犯的であった。周辺によると既に10月の段階で秋季例大
祭に参拝しようとしていたが、伊豆大島の台風災害で断念している。

その辺の事情を説明して首相側近の自民党総裁特別補佐官・萩生田光一は
10月20日の民放番組で「今のまま中国や韓国と会談すると『参拝しない』
との前提を付けられた会談になる。それを首相は考えていない」と指摘。
「就任1年の中でその姿勢を示されると思う」と、1周年を機会に参拝す
る決意を固めていることを明らかにしている。

つまり安倍は靖国を参拝しないことを中韓との首脳会談の前提条件にされ
ることを回避するためにも参拝する必要があると考えていたことになる。

しかし、この判断は大局を見失っている。なぜなら中国と韓国に絶好の対
日批判の材料を与えてしまったからだ。その批判の激しさは小泉純一郎の
参拝の時とは比べものにならない。今回はそれだけではない。小泉の時は
日本の内政問題としてきた米国までが「日本の指導者が近隣諸国との緊張
を悪化させるような行動を取ったことに、米国政府は失望している」とこ
れまでにない深い憂慮の声明を発する結果を招いた。

日本の最重要の同盟国までが異例の批判をしたのである。まさに極東にお
ける日本の「靖国孤立」を招いてしまったのだ。

米国は安部が就任して以来、その「戦後レジュームからの脱却」発言とこ
れに連動した安倍の靖国参拝実行が持つ危険性を懸念材料としてきた。そ
の理由は、安倍の姿勢がサンフランシスコ講和条約体制に対する挑戦にな
り得るからである。

つまり米国にしてみればA級戦犯を処刑した東京裁判を受諾した1952年の
講和条約でスタートさせた「戦後レジューム」から日本だけが“脱却”し
て、歴史の修正という独自の右傾化路線を進まれては極東の平和と安定に
とって支障となるという判断なのである。

この危険を察知した米国はあの手この手で安倍の靖国参拝をけん制してき
た。一番の象徴が10月の国務長官・ケリーと国防相・ヘーゲルによる異例
の千鳥ヶ淵戦没者墓園の参拝である。明らかに米国の立場を行動を持って
示したのだ。

それにもかかわらず「靖国教徒」のごとき安倍の行動となった。米国の
「失望」はまさに本物と言える。中国がこのチャンスを見逃すわけがない。

中国は米中二大国による太平洋支配を唱えており、その根源は第2次大戦
戦勝国による対日押さえ込みにある。防空識別圏の設定で米国を怒らせた
が、安倍の靖国参拝を今後“活用”して、日米分断のとっかかりにするだろう。

同様に大喜びしているのが韓国大統領・朴槿恵だ。韓国では低迷する経済
に打つ手を知らない朴の支持率が低下。朴にとって残されたのは「反日
カード」しかない状況となっていた。安倍の靖国参拝は願ってもない好機
の到来であろう。

こうした事態を安倍は予知していたのだろうか。安倍は明らかにこの外交
的大損失には考えが及ばなかったのであろう。安倍は靖国を参拝した歴代
首相の名前を弁明のように列挙したが、極東情勢の危機的状況は当時の比
ではない。

昔田中角栄が「首相の座は1年たつと、キツネが憑(つ)いて自分が逆さ
まに座っていても気付かない」と述べていたが、その“キツネ憑き”の気配
が安倍の靖国参拝から感じられる。首相動静を見れば分かるが日本の首相
ほどの激務はないといってもよい。

とくに田中や安倍のように職務に専念しすぎると、一時的に思考力が混迷
して判断力が落ち、とんでもない決断をしてしまう危険を帯びるのだ。

1年が経過して暫くすると落ち着くというのだが、まさに一年目の危機
に、あらぬ方向への「独走」となって現れた。

特定秘密法の成立という大事業を成し遂げた安倍は、今後は経済に専念す
る方針を表明していたが、その政治手法はどうも順調なるアベノミクスを
土台にして、ドラスティックな「信条」を優先処理させる傾向が出てきて
いる。

衆参選挙で圧勝して、経済で順調な安倍を降ろそうとするような空気は、
民主党の政調会長・桜井充が「一日も早く安倍政権を打倒しなければなら
ない」と語っているだけだ。これは冬の蚊が飛んでいるようなもので勢い
など全くない。

しかし、高転びに転ぶ危険性は常に存在することが靖国参拝で分かった。
大きなリスクを伴う行動を独断でしてしまうのだ。問題は冒頭述べたよう
に官邸に安倍にストップをかける者がいないことだ。

官房長官・菅義偉が思いとどまるように説得したと言うが、こういう時は
両手を広げていさめなければ止まるものではない。安倍の人事の傾向をみ
ると「殿ご乱心」に直言するような人材は回りに置かない。

自民党幹事長・石破茂にしても、安倍から参拝を事前に聞いて、その危険
性はすぐに気付いたはずだが、これを止めなかった。安倍が弱れば次は
チャンスと考えれば直言などしない。こうして安倍は裸の王様となりつつ
ある。 

  (政治評論家)<2013・12・27>




━━━━━━━━━━━━
岩波書店社員の回顧録(8)
━━━━━━━━━━━━


      平井 修一

(承前:長島陽子著「中国に夢を紡いだ日々――さらば『日中友好』」から)

(1976年10月、文革を主導した「四人組」の逮捕、77年の華国鋒の登場、
トウ小平の復活、79年の中越紛争などがあった)

私はと言えば、中共の指導する路線の激しい揺れに、もうつきあっちゃい
られないよ、と遠くから眺めていることにした。しかし、そういう政治に
翻弄されて生きている一般の中国人(老百姓)に対してまで冷たくなる理
由はなかった。

1975年に引っ越した都営アパートには、その頃帰国が増えだした中国残留
孤児やその家族が何世帯か住んでいて、つきあいが始まった。彼らはどん
どん人脈を広げていったが、共通語は中国語。始めはその半分の意味も分
からなかったが、シャワーを浴びるように聞いているうちに少しずつ理解
できるようになった。話す方もおいおい口がほどけてきた。

会社での仕事も「岩波日中辞典」に従事することができた。来日して間も
ない中国人に来てもらって「この日本語は、この中国語でいいか?」と中
国語で相談する仕事もして、月給をもらって中国語の勉強ができる毎日が
ありがたかった。

84年4月から「日本語教師養成講座」に通い1年で終了。中国からの帰国者
に日本語を教えたかったからで、幸い先生がYMCA市ヶ谷砂土原センターの
帰国者向け日本語教師に推薦してくださり、85年4月から週一度、勤めの
帰りに教壇に立つようになった。

1989年4月15日、胡耀邦前総書記が急死、それが全国に伝わるや直ちに各
地で追悼デモが始まった。追悼にことよせて不満を表明する民主化要求運
動である。知人のW君もこのとき参加したという。

天安門広場では学生たちが座り込みを始め、何度も百万人集会が開かれ
た。カリスマ的権力を持っていたトウ小平はこれらの動きを「動乱」とし
て対処することを決断した。

6月3日の深夜、W君からの電話で叩き起こされた。「大変です。軍が学生
たちに発砲した! 畜生、何が人民解放軍だ!」興奮して叫んでいた。人
民を守るべき解放軍が、あべこべに発砲して北京の街を血で染めるなん
て・・・その日は明け方まで眠れなかった。

中共は独裁体制を守るために人民「解放」軍を使って血の弾圧をした。私
はこの時点で中共の本質を、遅ればせながらハッキリと認識した。中共
と、その支配する中国政府との訣別だった。6月21日には各界421名の人々
が緊急声明を出した。私ももちろん加わった。

私が会員だった日中友好協会(正統)本部は、事件後もその機関紙「日本
と中国」で中国側の弁護に明け暮れていた。「友好」とは相手に無批判に
追随することではないだろう。そう考えた私は役員に手紙を出し、退会届
の代わりにした。

「あなたは『社会主義中国の発展』と書いておられますが、あれが社会主
義というなら、そんなものは犬に喰われればいいのです。現に東欧でも社
会主義は日に日に人民に見捨てられています。

東独から西独へ出ていった人々を反革命と言うなら、何をかいわんやで
す。腐り切った党官僚やダキすべき王震(注1)や孫平化(注2)などと握
手する友好でなく、私は真に中国の未来を切り拓く人々と友好をかさねて
ゆくつもりです」(1989年10月17日)

              ・・・

こうして著者は共産主義の洗脳から抜け出し、産経新聞の古森義久や伊藤
正などの記事や著作で除染し、再生していく。この過程で1991年に退職し
た岩波書店や「世界」の異常さも学んだ。拉致問題にも関心を寄せて「現
代コリア」の手伝いもした。以下はあとがきから(民主党政権発足の2009
年9月に書かれたもので憂国の思いがとても強い)――

「かつて社会主義中国に魅せられた日本人の多くは、新生中国のやること
に批判的ではなかった。だが今や中国は世界第二位の経済大国になり、世
界中から資源も技術も、領土さえも取り込む勢いだ。その上敵対する国家
もないのに、軍備も年々増強している。

そんな中国の実体をきちんと把握していかなければ、日本の将来への不安
は増大するばかりだ。子も孫もない私だが、わが国の前途が心配でたまら
ない。私の心配が杞憂で終わることを願っている」(おわり)(2013/12/23)
              ・・・

注1:王震は天安門事件当時の副主席で強硬論を唱えた。
注2:孫平化は天安門事件当時の中日友好協会会長。

        
━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎ブッシュの靖國参拝成らず!

2002年2月の来日前にブッシュは「靖國神社へ参拝したい」と打診してき
た。これは米国歴代大統領としては初めてのことだ。ブッシュの靖國参拝
希望は、「対等な同盟国となるべき日本の主権を尊重し、日本の英霊へ敬
意を表する」という意味合いと、「ともに中共と闘おう」という意志表示
の現れに他ならなかった。

つまり靖國参拝を中共に叩かれて苦慮している小泉首相への「援軍」でも
あったのだ。しかし残念なことに中共の顔色をうかがう外務省チャイナス
クールや親中派政治家のせいでブッシュの靖國参拝は結局見送られるに
至った。

ブッシュの参拝が実現していれば、おそらく中韓の靖國への外圧・内政干
渉は終わりを告げたことであろう。日本はまたとない好機を自ら捨ててし
まったのだ。この靖國参拝をブッシュに強く進言したのはアーミテージ国
務副長官だが、共和党政権のこの「友情」を自ら辞退した馬鹿な日本の姿
を見て中共はさぞや大喜びしたことであろう。

結局、来日したブッシュは靖國神社のその代わりに明治神宮に参拝した。
しかし小泉首相は、明治神宮においてさえ、中共への遠慮からブッシュと
肩を並べて昇殿参拝しようとはせず、烏居の外で待つていたのだ。

中共に媚びるために国家の主権を放棄する臆病な首相の姿は、ブッシュの
目にはどのように写ったのであろうか。過去においては共和党レーガン大
統領、そして民主党ではありながらも珍しく親日派であったカーター大統
領が、明治神宮に参拝している。

これはGHQの発した「神道禁止令」を明確に撤回、否定した行動である。
五十有余年の時代が過ぎて世界情勢の変化に伴い、GHQがっくった対日政
策は崩壊を起こし始めているのだ。そしてそれは、共和党がニューディー
ラーのつくった日本の「戦後体制」も含めての戦後世界秩序を一新しよう
とする大局的な動きとも連動している。

ブッシュは単に気まぐれから靖國参拝を望んだのではなく、それは世界秩
序再編の一環として、歴史カードで中共に叩かれ続ける日本の「戦後体
制」の一新をも狙った政治的行動であったのだ。

現在左翼のみならず保守陣営の一部も「一極支配」だの「イラク侵略」だ
の何だのと相変わらず反ブッシュを唱えているが、中共が「靖國へ行く
な」と「厳命」する状況下に、アメリカ歴代大統領の中で初めて日本の首
相に「一緒に靖國神社に参拝しよう」と誘ってくれた真の親日派大統領を
なぜ罵倒しようとするのか。 (情報収録:中山) 


 ◎今回の南スーダンにおける反政府活動のバックに存在する国。 
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=498777786902310
 (情報収録:中山)


 ◎<安倍首相靖国参拝>韓国、日本大使館の総括公使に抗議へ

【ソウル澤田克己】韓国政府は26日朝、安倍晋三首相が靖国神社を参拝す
るかもしれないという情報を入手し、確認を急いでいた。韓国が強く反発
するのは確実で、韓国外務省は26日午後にも在韓日本大使館の倉井高志総
括公使を呼び、強く抗議するとみられる。

韓国外務省当局者は、安倍首相と朴槿恵(パク・クネ)大統領による初の
首脳会談実現にとって「悪材料にしかならない」と、ため息をついた。

朴大統領は先月8日、外遊先のベルギーでの記者会見で、日韓関係につい
て「歴史認識を退行させる発言をする(日本の)指導者のために韓国国民
は傷つけられ続けている」と語っていた。

韓国政府当局者は、日韓首脳会談に踏み切れない理由として「首脳会談を
した後に安倍首相が靖国参拝をしたら、雰囲気はさらに悪くなってしま
う」と繰り返し述べてきた。韓国政府内では最近、対日関係の改善策を模
索する動きも出ていたが、当面は停滞を余儀なくされそうだ。
毎日新聞 12月26日(木)11時47分配信


 ◎ 台湾人(?)が慰安婦建設を進めているクパチ―ノ市情報

クパチーノは、マイク・ホンダのお膝元で、抗日連合会の本部がある市。
ついにここまで来たか、という感があります。

 (情報収録:中山)



 ◎新学期だと忙しくなる シナの小学生。子供は大人の鏡。栴檀は双葉
より芳し。

http://ameblo.jp/xiang-xia/entry-11733457934.html

(情報収録・中山)


 ◎『北京に阿る日本のマスコミ』(酒井信彦)
http://sakainobuhiko.com/2013/12/post-236.html#extended

『月刊日本』2014年1月号 羅針盤 2013年12月22日

12月6日の深夜、参議院で特定秘密保護法が可決、成立した。

この法案に対して反対の一大キャンペーンを張っていた朝日新聞には、
7日の朝刊に巨大な見出しの活字が躍っている。

朝日新聞はこの問題について、実に多数の社説を書いており、12月には
文字通り連日の状態であった。また多くの紙面を使って反対運動を展開し
た。この朝日新聞による、集中豪雨的な反対報道には、法案の中身を考え
る以前に、激しい憤りを覚える。(情報収録:中山)



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━ 


 1)杉浦正章氏より 下記の「原稿一部訂正」の連絡が来ました。

<文中の名護市長選で、自民党が一本化に成功した移設推進派の「島袋吉
和」を「末松文信」と差し替えて下さい。(杉浦正章)>



 2)EU最大の中国人街:永冶ベックマン啓子

イタリア中部にPrato/プラートと言う人口30万人程で、11世紀から繊維
業が知られた伝統産業の街が有る。1860 年から糸、染色、繊維工場が多
く作られ、イタリアのデザインに定評がある会社が集中して、全繊維製品
の80%はプラートで作られていた。

イタリア共和国の中部に位置するのがトスカーナ州で、州都はフィレンツ
エ/フローレンス人口100万人の美しい町である。

その州都郊外17kmにプラートの町がある。トスカーナ州は以前のトスカー
ナ大公国で16〜19世紀イタリアルネッサンスの中心地となった歴史を持
ち、フィレンツェを始めピサ、シエーナなど多くの古都を擁して独特の風
景も古都も大変魅力がある地域である。

7500社ほどのイタリアの繊維会社は、安値な中国繊維製品が大量にイタリ
アにも輸入されて市場競争に勝てず多くが経営困難で倒産、工場閉鎖に追
い込まれた。

空になった工場や倉庫が幾つも出てきた所に、大金を持ち訪問して買い取
り救ったのが中国人経営者で既に現在約2000社が中国人の経営、と言う驚
く現状に多くのイタリア人経営者達が困惑している。

20年ほど前から中国人がプラートに姿を現し始め、そして10年程前から街
には中国語が氾濫し、おそらく4万人以上の集団という推測でEU最大の
チャイナタウンが出来ている。

住人の8人に1人が中国人、あるいは繊維会社で働いているのは、3人に
1人が中国人と言われていた。一方秘密の中国街とも呼ばれていた。

中国人は自国から安い布や原料を持ち込み、イタリアのプラートで中国工
場で製造し、その製品のラベルにはmade in China ではなくmade in
Italyと書かれ、製品の70%はEU諸国に安く輸出して税金を逃れることが
出来ている。

毎日億単位のお金を本国中国に送金し、これは年間にすれば膨大な送金額
になる。

イタリアのイタリア人経営者の会社の横で、中国人経営の会社がダンピン
グプライスで仕事をしている。当然イタリア経済の悪化の原因の1つは、
中国製品の席券だと多くのイタリア人経営者達は嘆き怒っている。

その工場街で先月火災が起き、窓には鉄の格子が入っていたので、逃げ遅
れた7人の中国人が焼死体で発見され写真も公開された。

(バングラディッシュの繊維工場では、昨年も本年も大規模の火災が起
き、奴隷的な収入で労働をしていた数百人の女性達が窓の鉄格子と避難路
が無かった為焼死した悲惨な大事故が起きている。フランスやドイツなど
EU諸国の大きな会社が顧客となっている。)

今回始めてEU社会はイタリアのど真ん中で奴隷工場内部事情を知る事に
なった。狭く仕切られた箱のようなベットのみの驚く劣悪な住環境、25人
にお風呂は1つ、お台所は無くミシンの隣で料理をして、装備に問題の多
い工場の上で住み、24時間体制で働き、時間給は1ユーロ約145円でこ
れはほぼバングラディッシュと同じになる。長時間労働で健康保険などな
い正に奴隷的なヤミ仕事がEU内で行われていた。

外には殆ど出る事も無く、万一外出中にイタリアの警察官に身分証明書の
提示を求められ滞在許可や労働許可書が無い場合は、調査を受け5日間以
内に国外退去、本国強制送還となる。偽の証明書も見付かっている。

工場や機械にも安全面での問題が多く、イタリア当局から実に多くの注意
や警告を受けていた。農作業やレストランの裏仕事にも多くの中国人がヤ
ミ就労をしている。

35,000人以上の中国人が、この過酷な条件で働いていて、警察の工場内コ
ントロール時には隠れて姿を見せなかった。更なるスキャンダルはイタリ
ア担当当局は違法な就業を認識していたが、収入がある為黙認していたと
言う事。20年前から遅かれ早かれ全て明るみに出るはずと、警告を出して
いた人々はいたようだ。

15,000人の中国人は正規に登録していたが、実際には6万人以上の中国人
が住み働いていると推定されると市長が話している。
今回火災を出した49歳の工場の社長は26ヶ月、社員の自由剥奪と身体危害
を与えた理由で刑務所行きとなったが、初めての判例となった。

ドイツの新聞でも半ページを使い報道され、テレビでもかなり詳しく報道
されている。州知事も法的に取り締まるべきだと発言を始めている。既に
数百人の偽の証明書を持参していた中国人達は急いで帰国した。

4人の中国人と4人のイタリア人組織が、800〜1500ユーロで証明書を偽造
していた事が摘発され全員逮捕された。

市の警察も法的に厳しく対処していこうとする姿勢が今回は要約見られ始
めた。

こういう出来事は、ドイツでは起き得ないと思われるが、不法滞在や労働
者が数万人居るとすれば、今後の仕事は山積みなのが想像できる。

最近中国人と仕事をしているドイツ人が話していました。

「中国人は態度や発言が横柄で周りに配慮することなく大声で話し、契約
しても守らなく、屁理屈をつけて必ず値切ってくる。つばを吐いて汚い。」

こういう中国人達をみると、中国という国はその通りの姿だと思います
よ。もう中国人とは仕事はしたくないですね。」
(ミュンヘン在住 23、12,2013)



 3)キリスト教徒ではない者の一日:前田 正晶

当方はクリスマスなど祝わないが、結構多忙な一日だった。先ずは昨日購
入した不足分の年賀葉書10枚から3枚を印刷しようとして、またもやうっ
かり手順を誤って2枚の損失を出してしまった。それからブログのエント
リを終えて外出。本来の目的は11:30に新大久保駅前で専門出版社の編集
長と落ち合って懇談のためだ。彼とは1990年以来23年のお付き合いであ
る。彼はKoreatownの視察のためもあって、此処まで来てくれるのだ。

だが、私はその前に郵便局に立ち寄って不足してしまった分の年賀葉書を
補充し、更に通販で購入した北海道の馬油の代金を郵便為替で支払う。方
法は余り好みではないATMだ。そこで時計を見れば10:50だったので、20
分かけて駅まで歩けば良いかと、雲一つない空を眺めてお散歩気分を味
わった。

新大久保駅の改札口の前は春頃の混雑が嘘のように空いていて改札口に接
近できて、出てくる人を見定められるようになっていた。編集長は20分過
ぎに到着したので、先ずは腹ごしらえと懇談のために韓国料理屋を避けて
ファミレスに。未だに韓国系に押されているのか店内は閑散としていた。

1990年から懇談の目的は23年続いてきた同社への寄稿を、8月の二度目に
心筋梗塞で穴を空けたことと、当方も考えていた年齢制限と併せて、ここ
で終了することで目出度く円満に合意した。全く物書きの素養も何もな
かった当方を育てて頂き、23年も使って頂いたことに感謝した次第だ。自
分でも驚いているが、最初の10年間は月2回発刊の専門誌の毎号に寄稿し
ていたのだった。

勿論、ここで辞めるのには一抹の寂しさは残るが、24日の定期検診で主治
医の循環器内科の医長先生に「もう、根を詰めるようなストレスを感じる
仕事はしないように」と言われたばかりであったので、納得なのである。

それから約1時間をかけて大久保通りを案内してから職安通りを結ぶ、最
も韓国の化粧品と食品を売る小店が数多く軒を並べている路地を通って、
職安通りに向かった。編集長は店舗の数の多さもさることながら、どう見
ても過当競争を演じているとしか見えない個別の店で採算が取れているか
否かは疑問だとの感想を洩らした。

話は別だが、当方がこの辺りに増えてきたと思われる新規出店は「送
金」="remittance"の看板を掲げたところである。職安通りには以前から
韓国外換銀行の営業所があったが、最近のものは看板にも"remit"等と
あって文法的にもおかしく、何となく怪しげである。看板にハングルがな
いのは韓国人以外が顧客という意味かも。

編集長は元々必要意外なとは言わない方なので、職安取りの百貨店を標榜
している韓国製品のみならず国産の野菜まで売っている大型店舗内を視察
してから、別な取材に向かって行った。

当方はここで一旦帰宅してから14:45からの歯科医の予約で、この棟の地
下に向かった。そこでは結局先生と相談の上で、ここ数ヶ月悩まされてい
た奥歯の根が露出して神経も出てしまっていた痛さを解決する神経を抜く
処置を受けた。結構きつかったが、9月に受けたMRIの断層写真撮影の辛
かった90分間と比べれば楽勝だった。帰宅して水を飲んでも痛くも何とも
ないのに感動した。

この処置が睡眠不足とこれとどう関係するかも知らないが、今夜はよく眠
れるかと密かに期待した。しかしながら、眠気を催すだろうと期待して
11:30まで粘ってテレビを見た後に就寝したがサッパリで、ウツラウツラ
しながら何時眠れたか解らないうちに04:30と朝を迎えて大いに失望。そ
の後05:30まで二度寝を期待してみたが効果がなく、諦めて起きてしまっ
た。ではあっても、起き抜けの水一杯が歯にしみることなかったのは快感。


━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


何年も前、誕生日の前日に肝臓がんで死亡した義兄が23日未明、夢枕に
たった。7年9ヶ月間、外遊していた、帰ってきたら配偶者が元気だったの
で嬉しい、と日焼けしながら艶々した顔で話していた。変な夢をみるもんだ。



ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。。

ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
--------------------- Original Message Ends --------------------






-- 
渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/12/28

    その韓国民に日本人並の権利を与えているのが在日特権。

  • 名無しさん2013/12/28

    在日は韓国民だから韓国民の権利を持っている。当然、韓国に帰国してそこで生活する権利を持っている。

    その韓国民に日本人並の権利を与えていのが在日特権。

    韓国民の権利と日本国民の権利の二重取りが在日特権。

  • 名無しさん2013/12/28

    憲法こそが、平和を守る。九条を死守せよ。ところが、憲法九条があるにも拘わらず、中国は、尖閣諸島の領有を目的に、日本国に対して武力行使も辞さないと明言。憲法第九条には、戦争を抑止する効果がなかった。

    ★靖国神社には、戦争を抑止する効果があるかもね。









      

    以前、『首相が靖国参拝したらどうなる?』と、駐日中国大使館の元書記官に聞いたことがある。彼は『まあ、朝日新聞が騒ぐから、一緒になって批判しますが、それで終わりですよ』と話していた。安倍首相にとって本当の敵は、国内メディアと、中国の脅しに弱い日本企業。









       

    自由貿易で繁栄を享受しながら反米ごっこって。 「胴元に場代をはらわないとゲームはできない」んだよ。 そのことがわからないのが日本政府・日本企業なので、結局、「アメリカ一人もうけ」、みたいな極端なシステムが台頭。 で、「アメリカがー」を始めるのが民族派という無限ループ(笑)





  • 名無しさん2013/12/28



    大東亜戦争の総括というのは、結局のところ、「近代化信仰」から抜け出さない限り不可能。 「正しそうに見える新しい理論」「新しいだけの技術」などを盲信することは、結局自らの身を亡ぼす。 古来の道を悟り、世は変われども道理は変わらないという境地にならない限り、我が国の迷走は終わらない。









       

    アメリカやヨーロッパが靖国参拝に難色を示すのは、「植民地解放戦争である大東亜戦争は正しかった」と言われたくないため。 彼らは植民地喪失で富を失った。 例えばオランダは丸裸に、フランスは息も絶え絶え。 しかし、その彼らが近代・世界貿易を作り、それで今の我が国の繁栄があるのも事実。





  • 名無しさん2013/12/27

    在日特権は他の外国人に比べて不公平だし、彼らの一部の人達の言動は自分勝手で許せない。



    まずは、公務員・軍事関連企業・マスコミにおいて、採用時に身辺調査する権利を認め、両親が純粋な日本国籍であるかを確認した上で採用するように義務づけること。もちろん、議員もこれにクリアした人間しか立候補できないことにする。

    これで、工作員を排除。



     次に、在日韓国人、朝鮮人の税優遇を禁止し、他の外国人と同等に扱うこと。

    また、通名の使用を禁止し、全てアルファベットで外国人登録をさせること。



     更に、特別永住権は親子二代までとすること。



     最後に、永住者であっても、外国人に対する生活保護は無くし、一度でも何らかの犯罪を犯した場合は国外追放とすること。



    これらを全て遡って適用。



  • 名無しさん2013/12/27

    在日は外国人→日本人ではない。

  • 名無しさん2013/12/27

    在日は韓国民→日本国民ではない。



    在日は韓国籍→日本国籍ではない。



    在日はコリアン→日本民族ではない。

  • 名無しさん2013/12/27

    国会議員は三代の出自を公開せよ http://ameblo.jp/kororin5556/entry-10512541522.html

  • 名無しさん2013/12/27

    日本国内の、今年の出来事。



     



    個人的な独断と偏見で選んでみたけどね。



     



    では、まず第10位



     



    小笠原に新島誕生。



     







     



    実は、2、3日前までは新島だったけど、ついに西之島とつながったそうだ。どちらにしても、たとえわずかでも領土が拡がることはいいことだよね。



    しかも太平洋だから、だれからも文句は出ないし、資源の宝庫だと言われる海域も多いしね。



    日本の国威が隆祥する象徴のような気がしたから、第10位に選んでみた。



     



     







     



     



    第9位



     



    台風26号、伊豆大島を襲う







     



    こちらは一転して悲惨な災害のニュースだ。



     



    強烈な台風26号が伊豆大島を遅い、集中豪雨によって大変な被害を出してしまった。



     



    ちなみに、ことしは台風が多くて、計31個も発生している。うち一個は、あのフィリピンのレイテ島を壊滅させた観測史上最大級の超スーパー台風だ。



     



    26号以外にも、スーパー台風が二つ同時に日本に接近したけど、これはぎりぎりで回避された。



    結局今年は、カテゴリー5のスーパー台風が4つも発生した。



    今後も巨大な台風が発生しては、日本に来ることが大いに考えられる。



    ちなみに26号は、カテゴリー4の台風だった。



     



    夏は猛暑の記録が塗り変わる暑い夏だったし、ゲリラ豪雨は珍しくなくなったし、地球温暖化による気象異変は、日本だってけっして例外ではない。



     



    第8位 



     



    辺野古埋め立て承認 







     



    これは、つい今日のニュースだけど、沖縄の仲間知事が辺野古埋め立てを承認した。



    そのまえに、政府が沖縄県の人たちの要望に対し、かなり前向きな回答を用意した。



    知事はそれを立派な内容と評価し、今回の承認につながった。



     



    沖縄基地問題は、日本とアジアの防衛の要になるだけに、高所大所からの判断が必要だが、なにしろ交渉の当事者には、政府、沖縄県、名護市市民、本土住民、そして米軍政府と、それぞれの違った思惑や感情が錯綜している。



    今後の進展も、けっして予断を許さない状況だけど、大きく動き始めたことは事実なので、第8位にした。



     



    それにしても中国の脅威が続く限り、沖縄米軍基地の県外移設は困難に思えるし、かといって、普天間基地をあのままでいいとはとても思えないから、本当に悩ましい問題だ。



     







     



     



    第7位



     



    駐日米国大使にキャロライン・ケネディ就任。







     



    これは、素晴らしい出来事だと、多くの人が思ったんじゃないかな。なにしろJ.F.ケネディの娘だし、それだけでも好感度は抜群だ。



    キャロラインさんも、「日本ほど赴任したいと言う国は思いつかない」と、言ったそうだ。



    オバマ大統領とも非常に親しい仲なので、日米間の大きな問題から、いろいろな細かな問題まで、パイプ役としてとてもふさわしい人物だと思う。なので、第7位にした。



     



    さっそく靖国参拝の件で、日米間のやりとりが大事になるだろうね。



     



    第6位



     



    参議院選挙与党過半数。



     



    正確には、自民党単独では過半数に達してない。公明党と組んで安定多数となるという微妙な案配だ。



     



    ある程度予想の範疇ではあったけど、これで、衆参のねじれが解消したことに大きな意味があると思う。



     



    ねじれのおかげで政治が停滞することだけは避けないと、結果として短期政権になりやすいし、それでは日本の政治は良くならないと思った。



    かといって今すぐに自民単独政権になっても、個人的には憲法問題など、じっくりやってもらいたいので、ちょうどいい感じの結果になったと思っている。



     



    それからネット選挙が、まだまだ試行錯誤とはいえ解禁された。こちらもいい形で、時代にあった形になっていくことだろう。



    ということで、第6位にした。



     



     



    いずれはこういう時代になるのかな〜 







     



  • 名無しさん2013/12/27

    韓国は公的に反日教育をしている。



    日本が嫌韓から反韓になっても文句言われる筋合いはない。



    韓国への反感→反韓。

  • 名無しさん2013/12/27

    国境なき世界民主主義では、中国のひとり勝ちでしょうね(笑)

    国籍による区別を無くすと、理不尽な数の暴力(民主主義)に依って、ほとんどの国家が滅ぼされてしまう。









      国境や国籍による区別は必要であり、それを無くすことこそが、人類の敵となるんですよね。









     

  • 名無しさん2013/12/27

    年の瀬に大きなニュースが飛び込んできました。



    安倍総理大臣が靖国神社を参拝し、中国、韓国のみならずアメリカからも不快感を示されるという「異常事態」。



    と思ったら、その翌日に、日米間に「喉の奥の魚の骨」のように引っかかっていた普天間基地の移転問題が解決。日米同盟の懸案がひとつ消え、中国はまた大いに脅威に思っています。



    日本、中国、韓国、アメリカの思惑がめまぐるしく行き交う今の状況を、「新・帝国主義の時代」と危惧する人もいます。激し過ぎる国際政治の荒波を、安倍政権がきちんと乗り越えられるかどうかに、私達の未来がかかります。



  • 名無しさん2013/12/27

    【速報】 韓国に日本村がまもなく完成、名称も「在日村」に決定 「在日は祖国に帰って生きていこう」

     http://kininatta2chmatome.doorblog.jp/archives/7445046.html

  • 名無しさん2013/12/27

    ようするに、「オバマ政権」というのは、「米民主党」なので、親中チキンが多数紛れ込んでいるまがい物だということなのですよ。 我が国はそのチキンしか頼りになるものがありませんので、薄氷の外交になります。 対英、対印、対ASEANとの強いきずなが必要です。





    「韓国は中韓同盟に走り、米韓同盟は消滅へ。アメリカは半島切り。」 

    アメリカも本音では、満足だろうなぁ。