政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針3165号  2013・12・24(火)

2013/12/24

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」3165号
□■■□──────────────────────────□■■□


        2013(平成25)年12月24日(火)



                                  特定秘密保護法の対象:大野敏明

                               JOG Tweet 〜 天皇と国民:伊勢雅臣

                              「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」

                『三病人せとぎわ問答』/10−−「イノセ」:岩見隆夫

                             岩波書店社員の回顧録(7):平井修一

                                                  話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第3165号
 
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




━━━━━━━━━━
特定秘密保護法の対象
━━━━━━━━━━


     大野 敏明

多くの批判を浴びながら、特定秘密保護法が成立した。

日本にはこれまで、安全保障関係の秘密を保護するための法律もスパイ防 止法もなかった。それ自体が異常なことで、現在のような、近接する国々 があからさまな敵対行為を平然と行い、わが国の平和と安全を脅かしてい るとき、こうした法律が存在しないことははなはだ不都合である。

とくに日本は、核兵器はもちろんのこと、戦略爆撃機、攻撃型ミサイル、 航空母艦などを所持しておらず、相手国が何らかの形で、武力攻撃をしか けてきても、それに十分に対処することができない。対処できないという ことは、それだけで、攻撃される危険性を増幅しているわけで、その分、 国家の平和と国民の安全を脅かしていることになる。

このため、米国と安全保障条約を結び、欠陥を埋めることによって、抑止 力を維持しようとしているわけだが、そのためには、情報をふくめ米国と 緊密な連携を保たなくてはならない。これは米国が善か悪かとか、好きか 嫌いかといった問題ではない。策源地(敵の攻撃基地)すら攻撃する能力 を持っていない国の宿命である。

しかし、特定秘密保護法のような法律がなかったために、米国は日本に十 分な情報を開示してこなかった。軍事上の機密を日本に伝達しても、それ が漏れる可能性が大きかったからである。

米国政府が安倍晋三政権になってから、同法の成立をせかしてきた理由、 そして安倍政権が同法の成立を急いだ理由はまさにそこにある。危機をあ おる中国や北朝鮮を目の前にして、同法の成立は不可欠であっただろう。

しかし、今回成立した内容は、本来の意図とは少しずれている。それは、 同法の対象のことである。

同法の主たる対象は公務員となっているが、本来は国会議員だったのであ る。日本は世界でも珍しく、近代民主主義国家でありながら、立法府であ る国会議員から、行政府の長である首相と過半数の国務大臣を選任するこ とが憲法で規定されている。つまり、三権分立になっていないのである。

公務員として知り得た秘密を漏洩(ろうえい)すれば、公務員法違反で処 分される。最悪の場合は解雇される。解雇されれば路頭に迷う。したがっ て、公務員は秘密の扱いに慎重になる。

しかし、大臣、副大臣、政務官などとして行政府に入っている国会議員 は、漏洩しても行政職を罷免されるだけで、国会議員たる資格を失わな い。行政府の職を失っても立法府の職は安泰なのである。

しかも、悪いことに、国会議員は、自分が国家の枢機に参画し、国家の秘 密を知りうる重要な地位にいることを選挙民などに喧伝(けんでん)する ため、深い考えもなく、秘密を暴露する傾向がある。

防衛省、検察庁、警察庁、海上保安庁などの責任者は、行政職に就いた国 会議員から秘密が漏れることを警戒して、どこまで真実を伝えることが妥 当か、常に気を砕いているともいう。民主党政権時代、多くの機密情報が 政権に伝わらなかったことをみてもそれは分かる。昨日まで安保反対、自 衛隊違憲を唱えていた人々に安全保障上の機密を話せるはずがない。

大もめにもめて特定秘密保護法は成立したが、自衛官をはじめとする国家 機密を扱う現場の責任ある国家公務員たちの多くは、国会議員の安全保障 意識の低さを恐れていることを、議員諸兄は肝に銘じていただきたい。 (おおの としあき・編集委員)産経ニュース【視線】 2013.12.23


 
         
━━━━━━━━━━━━
JOG Tweet 〜 天皇と国民
━━━━━━━━━━━━


              伊勢 雅臣

(平成25年9月〜12月発信)

telitbe@tazack4
・これが真実!【拡散】⇒@ マスコミは報道しないが、これが「本当の沖 縄県民の姿、天皇陛下が沖縄訪問した際の沖縄県民。7千名もの人が日の 丸を掲げ提灯パレード。陛下が泊まっていらっしゃるホテルに向かって君 が代斉唱。これが沖縄の声!https://pic.twitter.com/Mok5qhpGmD

文化の日、天皇陛下から文化勲章を受け取った高倉健さん「ほとんどは前 科者をやりました。そういう役が多かったのに、こんな勲章をいただい て、一生懸命やっていると、ちゃんと見ててもらえるんだなと素直に思い ました」http://on-msn.com/IMJrD7>国民の努力を見守る皇室

早見雄二郎(株式評論家)@hayamiy
天皇陛下が大震災以降どれほど被災地、福島の方々に思いを寄せて御心を 配り行動されて来られたか、山本太郎はおそらく何も知らないのだろう。 知っていたらこのような行為がいかに思い上がっているか分るはずだ。陛 下は山本太郎よりはるかに被災地、福島のことをよくご存知のはずだ。

沖縄県の初代知事屋良町苗氏の日記に、昭和天皇が昭和50年の御訪米前 に「私はどうするのだ。アメリカに行く前に(沖縄に)行けないか」と発 言された事を宮内庁長官から聞かれ「陛下の御気持ちもうかがって胸がい たむ」との記事。そのお気持ちが今上陛下に継承された。祖国と青年 H25.4樺島有三

昭和天皇御製 昭和49(1974)年 御年74歳
那須の町営牧場
あまたの牛のびのびと遊ぶ牧原にはたらく人のいたつき思ふ
 >のんびりした牛を見ても、その世話をする人々の苦労を思いやられる 大御心

昭和天皇御製 昭和43(1968)年 
宮殿の竣工(註・11月14日、新宮殿竣工)
新しく官居なりたり人々のよろこぶ馨のとよもしきこゆ
皇室の慶事を喜ぶ国民、それをまた喜ばれる昭和天皇

昭和天皇御製 昭和37(1962)年 御年62歳 
福井縣の復興 
地震(なゐ)にゆられ火に焼かれても越の民よく堪へてここにたちなはり たり 

昭和天皇御製 昭和48(1973)年 御年73歳 
子ども 氷る廣場すべる子どもらのとばしたる風船はゆくそらのはるかに 
真珠湾攻撃と原爆投下は等価ではない。原爆は無防備の都市を襲い、無辜 の市民21万人が死んでいる。真珠湾攻撃を聞いた昭和天皇は何度も念を押 した。「病院や学校には爆弾を落とさなかっただろうね。本当に大丈夫だ ろうね」Will13.11堤堯

昭和天皇陛下台湾へ行幸にの写真がよく保存されていることを発見した 時、気持ちは感銘した。特に高雄市立歴史博物館は日本の方のため、日本 語ホームページも作っておいた。歴史博物館も日治の建物。台湾の一人と して、台湾は歴史の尊重に、誇りになった。http://bit.ly/16fyNQo

明治天皇が台湾の新高山を詠まれた「新高の山のふもとの民草も茂りまさ ると聞くぞうれしき」という御製に台湾人は感激し、明治神宮造営の際に 大鳥居用の用材としてベニヒバの大木を伐りだし奉納している。明日への 選択H24.7p21

新保祐司 -明治天皇の「六大巡幸」実施には参議西郷隆盛の強い影響が あった。この壮大な事業の発案は、さすが西郷南洲といわざるをえない。 http://on-msn.com/HCc6Ki 西郷は明治天皇を近代国家の君主にお育てし たhttp://bit.ly/150cKHD

山本議員が犯した二重の「過ち」大原康男 -歴代の天皇が積極的に臣下の 直言を求めてこられた長い伝統。孝徳天皇、淳仁天皇、後嵯峨天皇、明治 天皇には「直言を求むるの詔」昭和天皇「日日のこのわがゆく道を正さむ とかくれたる人の声をもとむる」http://on-msn.com/17KsYWo

葦津渦彦:天皇は食事の際には必ずその食膳の品々を自ら頒(わか)っ て、他の御皿に盛られる。それは食事に苦しむ民のあることに思ひを及ぼ されるためであらう。千年の永きに亘って毎日三度三度の御食事に際し て、常に食に苦しむ人民の上に深い憂念を注がれてきた。祖国と青年H25.4p73



━━━━━━━━━━━━━━━━━
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
━━━━━━━━━━━━━━━━━
○奉祝 天皇誕生日
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成25(2013)年12月23日(月曜日) 
      通巻第4096号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(書評特集)
福島香織『中国 複合汚染の正体』(扶桑社)
近藤大介『日中「再」逆転』(講談社)
浅野和生・編著『台湾民主化のかたち』(展転社)
********************************
         △ ☆☆◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◆書評 ◇しょひょう ▼ブックレビュー ◎BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国が進める「社会主義」と「市場経済」は水と油の関係、両立しない
  もはや矛盾を抑え込めず、国民の不満のマグマは大噴火寸前となった
 
 ♪
近藤大介『日中「再」逆転』(講談社)
@@@@@@@@@@@@@@@@

大連の『ダボス会議』は火が消えたようになって、中国への期待は劇的に 縮小していた。会議に参加した全世界の実業家、政治家らの中国への関心 が突然消え去って、むしろ日本への期待が急激に膨らんでいる。

安倍首相の唱える「アベノミクス」の評判は究めて良好、それが大連のダ ボス会議に7回連続で出席し取材した著者の最初の言葉である。ちなみに 安倍首相はスイスの本場で開催されるダボス会議(2014年1月)には出席 の意向だ。

いつもながら近藤さんの現場報告はいきいきと躍動感に満ちていて、一気 に読ませる筆力と、その筆運びの巧みさは臨場感をいやがうえにも盛り上 げる。

いまの中国は習近平という極左アナクロと李克強という極右改革派の激突 が繰り返されており、収拾がつかない状態である、と北京の激烈な雰囲気 を伝える描写にも迫力がある。

習近平の綱紀粛正は北京を混乱に陥れて、レストラン、ホテルなどの倒産 も相次ぎ、サービス業から怨嗟の声が谺しているという。

「リコノミスク」(李克強首相の経済政策)への期待も殆ど聞かれない。

それにしても現状維持が目的といわれた習近平は恩人である筈の江沢民一 派に挑戦し、権力固めのために石油派をコーナーに追い込んでいるが、江 沢民派からの反撃があまり見られなくなった。

いま、習近平が弱体政権ゆえに、中国は大混乱に陥っているという。
 「中南海の激烈な権力闘争と超・軽量級政権、人件費高騰などで苦況に 陥った製造業、深刻な人手不足、5000万人のフリーター、脆弱な民営企 業、全国民に蔓延する腐敗、毒食品にニセ商品、大気汚染、水不足と水質 汚濁、多発する天変地異、20兆元に上る地方債、株価低迷、エネルギー 難、少子高齢化、続発する暴動。。。。すでに『ひび割れた巨竜』は満身 創痍と言っても過言ではない」

つまり、この状態を産んだのは「『社会主義市場経済』というシステム疲 労」にあると近藤さんは分析している。

しかも「2013年3月以降の中国社会は、言ってみれば一本の太い綱を、 『本物の皇帝』(習近平主席)が左に引っ張り、『皇帝気取り』(李克強 首相)が右に引っ張っている。そして13憶の中国人は、その張り詰めた網 の上に乗っかって大揺れなのだ。何と緊張感にあふれ、かつ不安定な社会 だろうか」という。

習近平を「超軽量級」というのも、わかりやすい比喩であろう。

さるにても習近平は父親を地獄においやった仇敵が毛沢東である。にもか かわらず習近平が尊敬し「娘には毛沢東から一字もらって習姪沢と名付け たし、国家主席となって現在でも、その演説に必ずといってよいほど、 『毛沢東語録』を挟み込む」のはいったい何故か?

近藤氏はこういう。

「習近平は青春時代の最も多感な時期に『毛沢東思想』で徹底的に洗脳さ れたことで、その洗脳状態がいまも続いているのではなかろうか」

だが、国民は毛沢東なんぞ「糞食らえ!」である。だから市場は敏感に反 応し、習が主席就任以来、『中国の夢』などと発言するたびに株価は暴落 を繰り返した。じつに上海株式指数は5回も暴落している。

結論的な予測は「2014年に中国のバブルは完全に崩壊する」という。
    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◆書評 ◇しょひょう ▼ブックレビュー ◎BOOKREVIEW◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

大気汚染ばかりではない、国中がひどく汚染され水も飲めず空気も吸えず
こんなひどい複合汚染が嘗ての世界の歴史に存在しただろうか? 

 ♪
福島香織『中国 複合汚染の正体』(扶桑社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

ともかく壮絶にして凄絶なのである。北京のPM2・5など、裏側の真実 を知れば被害は軽いほうである。

汚染、大気汚染、水質汚染、奇病、ガン村、エイズ村、鳥インフルエン ザ。果てしなき汚職と小役人どもの保身と出世願望により、実態は巧妙に 伏せられる。取材は徹底して妨害される。男性記者なら殴られたりする。 カメラは壊される。

取材に協力した村人は拷問されるとか、村から追放される。ひどい話であ る。これがGDP世界第2位とかの大法螺を獅子吼する大国の実態、報じ られることが滅多にない中国の暗黒の部分である。

それにしても女性一人、福島さんは今日も突撃取材のため中国の辺境、奥 地、貧困な村々の現場に飛ぶ。こんな勇敢な記者は日本人女性では希有の 存在であろう。

これを支えるのは記者魂だが、体力と信念の強さである。
 
ここでちょっと脱線。評者(宮崎)はついに2013年は中国へ行かなかっ た。疲れたから? 違います。中国はもう終わりなのです。エキサイティ ングなことは急減し、何処へ行ってもそこそこ面白いけど、もはや取材対 象としての中国への関心は薄らぎ、もっとエキサイティングなことが起き ているのはアセアン、南アジア、そして中東産油国でしょう。

というわけで中国の奥地の出来事のレポートは福島さんと河添惠子さんに 任せて、評者はアジアばかりをまわりました。書評と関係ないことをもう すこし続けますと、安倍首相のアセアン10ケ国歴訪に先んじて、老生は フィリピン、インドネシア、マレーシア、タイ、ラオス、カンボジア、ベ トナム、ブルネイ、シンガポール、ミャンマーを七回に分けて廻り、さら にネパールとスリランカを取材し、師走にはドバイとアブダビ、年が明け て一月には六回目のインド取材、そのあとモンゴルと豪州を予定しており ます。閑話休題。

福島香織さんの凄いところは、まったく物怖じをしないで突っ込み取材を 重ねることだ。

それも日本のメディアが殆ど伝えない河川汚染地域に点在するガン村、奇 病の蔓延する地方について、中国のネットで告発がでたりした情報から地 名を覚え、また過去の友人関係や噂から仕入れた地名へ飛んでいく。

デビュー作『中国の女』も冒頭は河南省エイズ村への進入突撃取材だった。

北京の特派員生活8年の福島さんでも北京の大気汚染では気管支炎にか かった由。また汚染現場への取材では日本からタミフルを持参したほど覚 悟を決めての中国行きだった。そうそう、タミフルは評者(宮崎)の友人 が手配した。

もちろん中国には福島さんに多くの取材協力者もいるが、目に見えない圧 力がかかって、協力を約束した知人でも途中で怖じ気づき、降りてしまう ことも屡々ある。

ある時は公安の車両が空いているというので、彼らのアルバイト稼ぎにそ れを白タクとしてチャーターし、またある時は奥地のタクシーを乗り換え ながら、それでも尾行され、役所に連れて行かれ、フィルムを抜かれそう になったり、結局「この村には汚染はない、病人はいない、誰もガンには かかっていない」等と嘘ばかりを役人に言われ、夕食を誘われるが、それ は嘘を吐いて断り、こんどは尾行をまいて、違うルートから汚染の現場へ 近づく。

ところで当該村の書記のオフィスの隣室には、なぜかダブルベッドが置か れていたことも、鋭く観察している。

河はひどく汚染され、工場は夜中に廃液を流す。市場では畸形の魚を売っ ている。動物も畸形が多く、しかし地元の人は汚染された川の水を飲み、 畸形の動物を食べる。仰天である。

ガンが異常に発生している村々ではよそ者を監視するシステムが出来上 がっている。とくに新聞記者の出入りを厳格に見張っている。

そしてあることに気がついた。

取材した奥地では地元のタクシーの多くが、汚染を告発してくれと、取材 に協力的なことである。反面、村の書記の子分らがどこかで見張っていて 汚染工場の写真を撮影したりするとどこからともなく現れる不気味さ。

「そこで何をしている」と突然目に前に黒服サングラスの男らが現れる恐 怖。『パスポートを見せろ、取った写真を見せろ』

日本にもたしかに水俣病や川崎市や四日市の公害があった。経済成長期に かならずあり、いずれ公害対策に本気で取り組めば解決するだろうという 楽観論は、しかし中国ではまったく通用しない。

「複合汚染」の原因は公共意識、公益という概念が中国人に乏しいことが 最悪の原因であろうと福島さんは言う。

「こんな複雑怪奇な複合汚染を経験した国はほかにどこにもない。単なる 環境技術の移転や法律規範の厳格化では決して克服できないだろう。まし てや中国政府が面子のために打ち出す汚染防止行動計画で13憶人口が吐き 出す汚染などコントロール仕切れるわけがない。

汚染問題は国民一人ひとりが主体となって『社会のため』という公の意識 をもって立ち向かわなければ克服どころか緩和もできまい」。

拡がるのは絶望の近未来である。だから幹部はカネをもって海外へ逃げ出 したのだ。そのうち国庫は空っぽになるゾ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◆書評 ◇しょひょう ▼ブックレビュー ◎BOOKREVIEW◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 李登輝前総統の「余はなぜキリスト教徒となりしか」
  台湾民主化25年のプロセスを克明に追求した労作群

 ♪
浅野和生・編著『台湾民主化のかたち』(展転社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

副題が示すように「李登輝総統から馬英九総統まで」の25年の台湾民主化 プロセスを丹念に追う。台湾は民主化されたが、なお政治の歪みが随所に 存在している理由はなにか、編者の浅野教授以下6人の学者が問う。

台湾の選挙の仕組みや選挙戦の実態など克明な考察があって台湾ファンな ら是非知っておきたい事項が並んでいる。

評者(宮崎)が注目したのは、以前から知りたいと思っていたこと。すな わち李登輝総統は「いかにしてキリスト教徒となりしか」である。

なぜなら李登輝閣下が編んだ『武士道解題』は、およそ評者が理解する武 士道とは異なり世界のコモンセンスに立脚したキリスト教的解釈が演繹さ れているからだ。

下記の分析を読んで、なるほどと了解できたのである。

李登輝は「台湾大学在学中はマルクス主義に関わる学生組織の結成にまで 到った」が、結婚して米国へ留学したあたりから、マルクス主義と絶縁した。

「終戦後、台湾に戻ると、戦後の混乱と食糧難に直面し、それまでの唯心 論的な考え方から一転して唯物論にのめりこんだ。『マルクス主義に10年 ほど染まった』が、心は満たされず、『そこで初めて神を意識した』(中 略)帰国後5年間、妻とともに教会を廻り講話を聞き、神の存在を考え続 けた」(李登輝『最高指導者の条件』)。私はまさに信仰を必要としていた」

そして李登輝総統が「思想遍歴の果てに直面したニヒリズムと228事件後 の中国国民党による白色テロの時代を生き抜けたのは妻のお陰であった。 (中略)李登輝は強すぎるパッションを克服すべく自己修練や読書に取り 組んだ」。

その結果、「弁証法、全否定から全肯定への積極主義、実践躬行という思 想に辿りついた」のである。

このキリスト教への帰依が、新渡戸稲造に結びついたのだった。
      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 樋泉克夫のコラム  樋泉克夫のコラム  樋泉克夫のコラム
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1010】         
「新中国には殆ど『無駄』なるものが存在しない・・・」(宇野の1)
「忘れ難き新中国」(宇野浩二 『世界紀行文学全集』修道社 昭和46年)


  △
宇野浩二(明治24=1891年〜昭和36=1961年)といえば、大正から昭和前 期にかけての名立たる文人と交友を持ち、一時期は文壇の大御所的存在の 小説家だったかに思うが、この旅行記の冒頭の一文を読んで呆れ返ってし まった。

この程度の知識しか持ち合わせていなかったのか。正直なところを包み隠 さず言わせてもらうなら、とにもかくにも馬鹿莫迦しいにも程がある。バ カも休み休みお願いしたいもの、である。

そこで先ずは百聞は一見に如かず、である。「忘れ難き新中国」の冒頭を 見ておこう。

「昭和31年11月7日の午前8時頃、私たち(久保田万太郎、青野季吉、 私、その他)は、香港の飛行場についた。(香港の飛行場とは、香港では なく、九竜の飛行場である、といふことを、後で知ったのである。

さて)私たちは、飛行場から九竜の停車場まで行くバスの窓から町を眺め ながら、新中国の町としては妙にケバケバしいのを、不思議に思った。 (ところが、これも、ずつと後に、この町は、新中国の内にありながら、 イギリスの領分になっている事を、知つて、「なるほど、さうであった か」)と思つたのであつた」。

旧仮名遣いには好感が持てるが、ただそれだけ。なにやらカッコが多く読 みにくい文章は我慢できるとしても、その内容にブッ魂消た。バスから見 た九龍が「新中国の町としては妙にケバケバしいのを、不思議に思った」 などとトンチンカンな印象を綴る始末。ということは、宇野は香港がイギ リスの植民地であったことを知らなかったということになる。中国語で 「宇野先生、別糊塗(真顔ですか)」と、半畳を入れたくもなろうという もの。

さらに追い打ちをかけるように、「ずつと後に、この町は、新中国の内に ありながら、イギリスの領分になってゐる事を、知つて、『なるほど、さ うであったか』」と、一層の無知蒙昧ぶりを曝け出す。なにが「なるほ ど、さうであったか」である。こういうのを、開いた口が塞がらないとい うのだろう。

当時は、九龍の先端に位置する尖沙咀のさらに突先にあった九龍駅から汽 車に乗り、旺角、大囲、沙田、馬料水、大埔墟、大埔、上水の各駅を経て 羅湖に至り、ここで下車して香港と広東省の間を流れる深せん河に架かる 橋を荷物を持って渡り、中国側の厳重な入国審査を経たうえで深せん駅に て広州行きの列車に乗り込んだ。因みに九龍駅は解体され、現在は跡形も ない。駅舎の象徴だった赤レンガの時計台だけが尖沙咀のランドマークと して残り、往時を偲ばせてくれる。

そういえば70年秋から5年ほどの留学時の大部分を過ごした下宿と在籍し ていた新亜書院新亜研究所への通学は、下宿から出て線路をとぼとぼと 5,6分歩いて沙田駅へ。もちろん、改札など通るわけがない。

月台(プラットホーム)の高さは40!)ほどもなかったから、線路から、そ のまま月台へ。列車が来たら乗り込むだけ。当然ながら検札など来るわけ がない。やがて終点の九龍駅。

ここでも改札は通らない。列車の後部から線路に降り、操車場の中を歩い て構外へ。誰も咎めることもない。なにせ、こうした無賃乗車の鉄道利用 客は老若男女数多し。操車場の職員も見て見ぬ振りではなく、全く気にし ていなかった。

それでも時に、座席指定の軟車(グリーン車)に乗ることがあった。当 然、窓口で切符を買うわけだ。駅員はソロバンを脇に置き、1枚売れるた びにソロバンの珠を1つ撥ねる。定員の枚数を売り切る、つまり珠が所定 の数を記録すると、バタンと窓口が閉められ売り切れ、である。前売り制 度もコンピューター予約もない、じつに長閑な時代だった。

香港製はニセモノ、香港情報はインチキの代名詞。思い起こせば大陸では 文革が猛威を振るっていたが、香港全体は“英国植民地”という境涯にドッ プリと浸っていたような。

おっと脇道に逸れた。やはり本題に戻り、「忘れ難き新中国」を先に進も う。《QED》
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ ERADERS‘ OPINIONS 読
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)最近ネット上で度々出てくる「テキサス親父」なる言葉を お聞きになったことはないでしょうか? あるアメリカ人男性が米カリ フォルニア州グレンデール市に設置された従軍慰安婦像を撤去する運動を 開始したとのことで、これを支援すべくホワイトハウスにメールを送る運 動が国内で盛り上がっています。これが10万通に達したら、ホワイトハウ スが何らかの声明を出すことになるそうです。

この運動を展開されている方の多くは恐らく、10万通に達したら慰安婦像 が撤去されるとか、あるいはホワイトハウスがそういう指導をするのでは ないかと思ってらっしゃるのではないでしょうか?

しかしホワイトハウスにはグレンデール市に像の撤去を求める権限はあり ません。さらにホワイトハウスが従軍慰安婦問題で何らかの言及をする場 合、現状では日本政府に対し、厳しい言い方になることは間違いなく、少 なくとも像を撤去せよなどということに言及する可能性はまずありえません。

仮令短い声明といえど、米政府の公式声明で従軍慰安婦問題に言及すれ ば、それが独り歩きし、悪用されないとも限りません。

いわば「第2の河野談話」となる恐れがあります。

この運動をなさっている方の大部分は善意の方とは思いますが、そのよう な危険性もあることを十分承知の上、行動していただければ幸いです。 
   (KK生、千代田区)



  ♪
(読者の声2)ご著書「中国共産党3年以内に崩壊する?」(海竜社)を 拝読しました。

プロローグにあるように中国が崩壊したとき、「日本はその時どうするの だろうか」と深刻に考えさせられました。

「独自の政策が望めない習近平「次期」政権は反日路線を継続せざるを得 ない」とありますが、となれば、中国では今後も反日政策は続く、いやむ しろ亢進する。

となれば日本はそれに備えるしかありませんが、貴論では「核装備、ハッ カー部隊創設、米軍第7艦隊買い取り」など斬新な提言をされています。
ともかく日本人は目を覚ましてしっかりせねば、と思ったことです。

それにしても宮崎さんのご健筆はとどまるところを知らずですが、お身体 は大丈夫でしょうか。(AO生、静岡)


(宮崎正弘のコメント)酒量も減ったため、到って健康ですが、最近は二 次会へ行く元気がなくなりました。それにしても師走は忘年会続きでし た。いや、まだあと三、四回あります。



  ♪
(読者の声3)貴誌前号の投書に「宮崎先生はアブダビ、ドバイを取材さ れたご様子ですが、あのアラブ世界の民族衣装は、ほとんどが日本製だそ うです。しかもニセモノの韓国製がでまわっているが、アラブの金持ちは 相手にしないとか」云々とあります。

まずトリビアですが、中東だと圧倒的にセイコー5がシェアを握っている とききます。セイコー5は盾のマークの昔の時計です。現在6000円程度 (発売当時は1.5万円位)で、ROLEXの100分の1の価格です。時計の調整 が趣味の人によれば、セイコー5のムーブメント7S(機械式)で、ROLEX やセイコーの旗艦時計グランド・セイコー(機械式、ハイブリッドのスプ リングドライブには適いません)の精度(日差15-25秒程度)をだせるら しいです(但し、部品一つ一つの作りはROLEXとは雲泥ですが全体として は同等なのがすごい)。

今は、日本はシナ製造のセイコー5を逆輸入しています。70年代までのセ イコー5の多くは日本製でした。シナ製偽モノ多いです。ASEIKON5とか。

また、ベトナムではバイクの別名がホンダだというのは、有名だと思いま す。現在も日本製バイクがほとんどです。シナ製バイクは細かい部品にせ こい安物を使っていてそこでだめになって、バイク修理屋(たくさんある が良いエンジニアは少ない)へ何度も行くはめになります。

日本は春夏秋冬の変化、特に夏の酷暑と湿度がすごいのを前提に機械を 作っていますので品質が良いのでしょう。

但し、問題はデザインで、セイコーのHPには「売る気あるのか!」という 時計写真がアップされています。どうしてカメラマンを使わない? ス ペックだけで勝負して時計のファッション性を無視しているのは明らかです。

またマーケティング能力が無いのが透けて見えます。不動産に入れ込みす ぎた時代の残滓ということなのか、それともそういう気質なのか。

一方、電気製品も日本製は高くてデザインが「年寄り臭い」というのが” アジア各国”での評価です。中東の服の生地輸出に関しては、デザインが 必要ないというのは日本製品には有利なのでしょうという感想を持ちまし た。(R生、ハノイ)


(宮崎正弘のコメント)ドバイ最大のショッピング街は「ドバイモール」 ですが、世界最先端の高級品がズラーっと、およそ1200店舗。壮観でした ね。でも精度とかサービスとかに関しては横浜みなとみらいのほうが洗練 されているという印象です。

ともかくドバイで、小生としては何も買うものがなく、噴水近くの喫茶店 で珈琲を飲んだくらいでしたが。ちなみに珈琲代も東京並みか、ちょっと 高かった。



   ♪
(読者の声4)或る高名な評論家と討論になりました。「軍事力を高めな ければいけないのは喫緊の課題ですが、官房機密費がたったの20億円で安 倍首相はもう6億数千万使ったなどと新聞が報じていますが官房機密費の 余りの少なさにびっくりしました」と話すと、「官房機密費が多ければ国 は守れるのかね、軍事力だろう。機密費が多ければロクでもない使い方を する者のが必ず現れる」、とおっしゃる。

「それは組織管理の別問題だと想います。どんなに優れた武器を持ってい ても、武器だけでは国は守れないと想います。必要な情報収集も諜報活動 も銃火器同様に必要な武器だと想います。国家として其れなりの金は必要 だと想います。金を出し惜しみしていては明石元二郎大将のような優れた インテリゼンスや小村寿太郎氏のようなネゴシエ−タ−は生まれ出ないと 想います。

優秀なインテリゼンスも育てられないような政府では国家は守れないと想 いますと応え、ヘイトスピ−チの件はどう想われますか?」と尋ねると、 「品が無い」と返答されました。

更に「どちらがですか」と尋ねると、「どちらも」、とはき捨てるように 返答されました。

「私もそう想います。でも事の発端は在日たちの未だに残るヘイト・クラ イムが起因したのではないのでしょうか。「在特会」が騒いでくれなかっ たら在日たちによる人権増悪犯罪が未だに残っていたとは知る由もありま せんでした。ですから「在特会」を品が無いなどと詰るよりも、人権増悪 犯罪を未だに残している政府の怠慢を責めるべきではないでしょうか」と 返答し、

次に「はだしのゲン」の件はどう想われますかと尋ねると、「単なるロ− カルの問題」とこれまた吐き捨てるように返答されました。

「そんなに簡単な問題でしょうか。通州で支那人が冒した残虐行為に匹敵 する蛮行を、恰も日本軍が行ったような捏造の描写や、昭和天皇を卑下す るような文言は、日本国民として実に耐えられないものがあります。

「はだしのゲン」を擁護するような野口建氏の弁も、麻生副総理の弁も実 に頓珍漢で聞くに堪えません。世が世なら原作者の中沢啓治は不敬罪とし て処刑されて然るべき人物ではないでしょうか。

その後、多くの保守の論客が「Will」や「正論」に批判記事を寄稿さ れたため閉架批判の記事は治まりましたが、このような国威に係わる重大 な問題を、単なるロ−カルとして取り扱うところに国民の箍が締まらない 大きな原因があるのではないでしょうか。保守政治家たちはあまりにも怠 慢すぎます」と返答したところ、「ポピュリズムの政治家が多すぎる」と はき捨てられました。(北九州素浪人)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『三病人せとぎわ問答』/10−−「イノセ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


              岩見 隆夫

 A・78歳・政治ジャーナリスト・肝臓がん▽B・75歳・元会社社長・肺 がん▽C・71歳・元大学教授・心臓病。三人に共通しているのは、人生の 残り時間にさほどの未練はなく、達観しているらしいこと? そんなわけ で、ここはひとつ相寄り、「三病人本音トーク」といこうかと。

          ◇   ◇   ◇

 A「今年も残り少ないですなあ。聞けば聞くほどとらえどころのない 『猪瀬問題』など、放っときましょ、と言いたいところだが、そうもいか ないのが、この浮世ということだろうか。みんながカリカリしている。お れもそう。年内に首を取れ、とか。

さてご両兄、話が軽すぎるから三人問答から外しますかな。一発ガツンと いきますかな」

 C「ぼくは東京都民だが、彼の凡庸な風貌を見ただけでは何の興味も湧 かなかった。だから都知事選挙で四百何十万票も取ったときも、へえー、 この大東京にもっと見栄えのする男、女でもいいけど、いないのか、と情 けなかったね。だから、事件の方も見栄え程度に間が抜けていて、ガツン なんて、力入らんよ」

 B「おれはそうはいかんぞ。ガツンもいいとこだ。隠していることがま だ山ほどあるはずだから、身ぐるみはがしてやりたい衝動に駆られる」

 A「うーん、2対1でガツン派の勝ちということか。おまえ、どこが一 番気にくわんのだ」

 B「とにかくだよ、『これは間違いなく原本……』と言いながら、最近 作った疑いの濃厚な借用証を記者会見(11月26日)の席で高く掲げて見せ るハレンチさは、おれの神経には到底耐えられない。自分の顔より大きい 用紙に、ただ5000万円……裏金稼いだ時代みたいに。金借りたら借用証書く のが常識でしょうが、一般社会では。公開すべきものじゃない。いちいち おかしいんだよ、あの人は」

 C「犯罪のことはわからんけど、まずカネのルートを追え、というよ な。ぼくはほとんど興味ないけど、今度の場合、右翼の大物の仲介で、い かがわしい政治家から無利子・無担保・無期限の大金を受け取る。そのま ま貸金庫に預け、10カ月ばかりそのまま寝かせて返済した、というんだろ う。まあ、直感的にはウソだね。だから、ルートを徹底的に追跡すればい い。うへっ、ということになるよ」

 B「不思議なのは、なぜ徳田なんていう疑惑の男にカネをせびりに行っ たのか。弱みでも握っていたのか。カネが出やすいと見当をつけたのか。 もっと我々の知らない魂胆があったのか。猪瀬は『軽率さについて批判を いただくのは当然です』と言うが、軽率だけでは説明にならないでしょう が。どこがどう軽率だったのか」

C「相当お怒りだね。やっぱり進退問題か。しぶとく穴に潜りそうな気配 もある」

 A「本人はそのつもりじゃないか。疑惑の渦中で政治資金パーティーを 開いて、500人から一千万円。昼弁当付きで会費一人2万円だそうだが、 この記事読んだときは、おれ、正直ぶったまげた。われわれと違うエリー ト世界に住んでる奇妙なヤツ……」

 ◇何を言ってもウソっぽい 虚飾の塔は確実に崩壊

 C「とにかく、『猪瀬』という漢字名にも、繰り返しの空疎な口舌に も、みんながうんざりしているときだから、きょうは『イノセ』というカ タカナ・テーマでどうだろう」

 A「それでいい。実はおれは最初から変だな、と思っていたことが一つ だけある。それは5000万円借りたのは、選挙応援をしてもらうためだった と言ってみたり、そうではないと否定してみたり、二転三転したこともあ るが、そういうことではない。

イノセの逃げ口が用意された巧妙な手口だったと、いまにして思う。彼は ね、最初の緊急記者会見(11月26日)でこう言ったんですよ。

『(借金の)名目は特段ない、ただ僕から〈今後の生活に不安がある〉と いう話をした記憶ははっきりしている。いまとなっては考えが浅かったか もしれないが、選挙に使わないという気持ちが強かった』

 いいですか。〈生活の不安〉だよ、借金の目的が。さらにその3日後の 29日、都議会定例会の所信表明(これが公式には最も重要だが)でも、

『この借入金は当時、自分の先の生活に対する不安があり……』と再び生活 不安だ。さて、生活とは何か。幸か不幸か、マスコミは追及することなく パスしてしまった。イノセの思うツボだ」

 C「だから、高給取りの副知事が、借金してまで備えなければならない 生活不安とは何だね、いったい」

 A「そんなこと、他人にわかるはずがない。ただ、聞かれれば答えは用 意していたはずだ。イノセはどこにでも逃げ込める。だれも反論できな い。イノセらしい頭脳犯だと、おれはつくづく恐ろしくなったね」

 B「生活不安という名のセーフティー・ボックスか」

 C「これさえぶらさげておれば、こわいものはない、ということか」

 A「ところが、その後『サンデー毎日』編集部の指摘によって〈生活の 不安〉について補足的に少しずつしゃべっていることがわかった。たとえ ば都議会の委員会(12月9日)の一問一答で、イノセは、

『副知事になって収入が激減したのが実態だ。副知事も辞めたら、しばら く事務所をどう回すかという不安があった』

 などなど。それはそうかもしれない」

 B「しかし、この男、ワキが甘いような辛いような、よくわからんな あ。セーフティー・ボックスのはずの使い方だよ」

C「私のプライバシーの箱として最後まで大事に抱えておけばいいもの を、適当に使い始めた。辻褄(つじつま)合わないボロが出てくるよ、こ のあたりから……」

 A「つまり『事実』とは何か、ということなんだな。仮に本当のことを 言ってもうさん臭く、ウソっぽく聞こえ始めたら、イノセ・タワーは確実 に崩落する」

 C「まあ、そうカリカリしても仕方ない。最後にイノセ・ミステリーを 抱えて、今年も暮れることになりそうだ」

 A「この三人問答も、十回をひと区切りということにしましょう。ご両 氏、再見」

<今週のひと言>

2013年政治空模様 曇り・一時晴れ・豪雨・雨
(いわみ・たかお=毎日新聞客員編集委員)
サンデー時評:2013年12月18日
(サンデー毎日2013年12月29日号)


      
━━━━━━━━━━━━
岩波書店社員の回顧録(7)
━━━━━━━━━━━━


       平井 修一

(承前:長島陽子著「中国に夢を紡いだ日々――さらば『日中友好』」から)

いま手に入る資料をもとに文革の経緯をふりかえってみると、1972年の訪 中で見たり感じたりしたこととのあまりの違いに、我ながら信じられない ほどだ。偽装の得意な中国側に終始だまされて、疲弊し切っていたはずの 中国の真相が見抜けなかったのだとすると、あまりにも不甲斐ないことだ。

当時、造反派の人々はそれなりに懸命に闘っていて、その姿に感動した、 ということは言えると思う。だが私個人に限って言えば、物ごとを複眼で 見る訓練ができていなかった。しかも日本のメディアは真実に迫る報道を せず、中国御用達のような研究者以外は受け入れてもらえなかったので、 その影響を受けて中国を相対的に見られないという困った病にかかってい たのは、明らかな事実だ。

中国寄りの研究者の代表格の安藤彦太郎氏(元日中学院院長)は「中国通 信」などで文化大革命を天まで持ち上げ、中国では友好人士として有名だ が、今日に至るまで一言の自己批判もしていないようだ。一度ゆっくり先 生の言い分を聞いてみたいものだ。

しかし、他人のことを批判する資格が私にあるだろうか。文革初期には支 持して日共から「中国盲従派」とされた私たちは日中友好協会(正統)本 部に加入した。(ところが)大衆団体であるはずなのに事務局の人は、私 のことを非会員の人に「あの人は私たちと意見が違います」と非難がまし く言ったそうだ。

日中友好協会(正統)本部は文革を支持して、その時の中国指導部とつき あうかどうかで日共と袂を分かっただけで、その党派的体質は日共と依然 瓜二つではないか。私はこの組織にも深く絶望した。

文革を初期から批判していた日共に、私は「詫び」を入れなければならな かったのだろうか。だが、二度とあの党に戻ろうとは思わない。私を党細 胞が除名したときも、挙手をさせて決めたそうだ。無記名投票なら白紙を 入れたのに、と言いたそうな表情で、元「同志」の女性は私に話した。

北朝鮮労働党の選挙は、投票用紙を、賛成なら箱に、反対なら決められた コーナーへ行って書かせるのだという。共産党はどこの国でも体質はまっ たく同じなのだろう。

ただ、党外の人には「お騒がせしました」と詫びるべきだったかも知れな い。あのとき岩波の無党派の人々は、忠実な党員と思っていた私の造反に ただただ驚くとともに、よくやった!と快哉を叫んだ人もかなりいたのは 事実らしい。「機関誌に」とひそかにカンパを届けてくれる人も結構いた。

党の権威で労働組合を牛耳り、その役員をして経営者のお目にとまり重役 に昇りつめた人も少なくない。労務担当として君臨するヤカラまで出て、 人々の間には不満がマグマのように溜まっていたのだ、とつくづく思わさ れた。

党員同士で社内結婚するカップルが多く、ふところも豊かで別荘を持つ 人々もいたので、口の悪い人は「共に産をなすから共産党だ」などと冗談 を言っていた。

彼ら党員はあくまで岩波という「進歩的企業」でしか通用しない企業内左 翼なのだ。事実、退職したあと地域などで地道に活動している人になど、 お目にかかったことはない。

私はこの本を岩波の無党派の人に差し上げて「あのときはお騒がせしまし たが、これが40年たった私の今の気持ちです」と言って読んでもらいたい と思っている。(つづく)(2013/12/21)


  
━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎韓国に銃弾提供=南スーダン、PKOで初―政府

政府は23日、首相公邸で緊急の国家安全保障会議(日本版NSC)4大臣会合 を開き、国連南スーダン派遣団(UNMISS)に参加している韓国軍の要請を 受け、陸上自衛隊の銃弾を国連平和維持活動(PKO)協力法に基づき国連 を通じて提供する方針を決めた。PKO協力法に基づき国連に武器が提供さ れるのは初めて。 
時事通信 12月23日(月)12時46分配信



  ◎駐車直後、走り去る車両 防犯カメラに光 王将社長射殺

前社長の車と容疑者?の車両の動き

「餃子(ギョーザ)の王将」を展開する王将フードサービス(京都市山科 区)の大東(おおひがし)隆行前社長(72」)が19日早朝、本社前の駐車 場で射殺された事件で、発生時刻ごろ、現場近くの防犯カメラに西から東 へ低速度で走り去る車両のライトが映っていたことが捜査関係者への取材 でわかった。大東前社長の到着直後に確認できるのはこの1台のみで、府 警は逃走車両の可能性があるとみて重視している。

捜査関係者によると、防犯カメラは現場南側の倉庫にあり、現場前の道路 を行き交う車両のライトをとらえていた。動きを分析したところ、19日午 前5時46分ごろ、まず大東前社長の車が駐車場に到着したことが確認され た。普段通りに大きく時計回りに旋回し、駐車したとみられる。さらに直 後、1台が西から駐車場に近付きゆっくりと走り去った。東に進むと高速 の入り口や国道に通じる市道に行き当たる。

この時間帯、通過車両は数台あったが大東前社長の到着直後は1台のみ だった。車かバイクかは特定できていないが、発生時刻に最も近いことか ら、府警は、実行犯を拾って逃走を手助けした人物が乗っていた▽実行犯 が車両で接近し、大東前社長を銃撃した――などを想定し、調べを進めている。

また同時刻ごろ、駐車場から約60メートル北西に住む男性が自宅で「パー ン」という音を3、4回聞いたと証言。銃声の可能性もあり、府警は関連 を調べる。
朝日新聞デジタル 12月23日(月)7時39分配信





 ◎<安倍首相>橋下共同代表と会談
 
安倍晋三首相は23日、日本維新の会の橋下徹共同代表と東京都内のホテルで食事を交えて会談した。橋下氏は同日あった維新の執行役員会のため上京していた。

会談には、菅義偉官房長官、自民党の石破茂幹事長、維新の松井一郎幹事長、松野頼久・国会議員団幹事長も同席した。

維新の執行役員会では野党再編に向けた政策協議を各党と進める方針を決めたばかり。橋下氏との会談に、首相、官房長官、幹事長という政府・自民党の幹部が顔をそろえる異例の対応をとったことは、改憲などで距離が近い橋下氏ら維新への対応を政権がなお重視していることの表れとみられる。

特定秘密保護法での対応で安倍政権への接近を明確にしたみんなの党に続き、維新側も取り込んで野党再編の動きを分断しようとの思惑もあるとみられ、臆測も呼びそうだ。

安倍首相は会談後、記者団に「今年1年を振り返った」とだけ語った。
毎日新聞 12月23日(月)21時21分配信


 ◎<無理心中か>灯油かぶった男死亡 次男は重体

23日午前10時半ごろ、東京都文京区千駄木2の区立汐見小学校に男(49)が侵入、校舎脇の通路で同小に通う次男(9)に灯油のような液体を掛け、自らもかぶって火を付けた。2人は全身にやけどを負い、男は死亡、次男は意識不明の重体。警視庁駒込署によると、男は妻、次男らと別居中で、無理心中を図ったとみて調べている。

駒込署や文京区などによると、当時校庭では少年野球チームの親子親善試合が行われ、次男を含む児童や保護者ら約35人が参加。男は次男の手を引いて校庭から現場へ連れ出した。着火後、炎を見つけた野球チームの関係者が学校の消火器を使って消火。現場からは灯油の携行缶とライターが見つかった。男は会社員で、以前野球チームの監督をしていたことがあるという。

警視庁上野署によると、昨年5月24日、管内に住む男の妻から「別居中の夫が実家に来て次男の手を引っ張り、止めようとしたら蹴られた」「これ以上、子供たちに嫌な思いをさせたくない。どうすればいいか」などと相談があった。

これを受けて同署は通学時間帯のパトロールを強化し、月に1回妻と連絡を取っていた。しかし、その後トラブルはなく、昨年12月に妻と親族の了解を得て警戒態勢を解いた。

夫婦は2010年9月から別居。離婚調停を進めており、家族間の面会にも制限があった。関係者によると、次男は母親の実家がある東京都台東区内で祖父母、母、中学生の兄と5人暮らし。祖父母は近所の住民に「娘の夫が離婚したがらない」と漏らしていたという。

現場は東京メトロ千代田線千駄木駅の南西約200メートルの住宅街。

毎日新聞 12月23日(月)21時39分配信 



 ◎<沖縄知事>辺野古申請の審査協議 県幹部と都内病院で

沖縄県の仲井真弘多知事は23日、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設先とされる名護市辺野古沖の埋め立て申請の審査について、入院先の東京都内の病院に又吉進知事公室長ら県幹部を集め、約2時間協議した。審査は年内に終わる見通しで、仲井真氏の判断の行方が注目される。

又吉氏は協議後に記者団に対し、仲井真氏が政府に要請した「普天間の5年以内の運用停止」など4項目について「首相レベルで言明してもらうのは意味がある」と述べ、仲井真氏の判断を左右するとの認識を示した。又吉氏はまた、仲井真氏の最終判断は退院後、沖縄に戻って以降になるとの見通しを示した。

毎日新聞 12月23日(月)20時38分配信 



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━ 


 1)O-Tannenbaum / 樅の木の歌はクリスマスキャロルの一曲として知 られていますが、ドイツでは本物の樅が家庭でも町でも使われ濃い緑色と フィトンチッドを含む良い香りが魅力です。

ドイツの農家や苗木農園がクリスマスツリー専用に育て産業にもな
っています。12月23日か24日午前中に高さ1〜3mの樅の木を大
抵は男性が購入して運び飾りつけ、女性はアヒルやガチョウなどの
料理に専念します。

この種を採取する高さ60mほどの樅の木が、グルジアでは「死の木」
と呼ばれています。種は木の一番上の細い枝に沢山つき、松かさの
ようには落下しなく、上で10〜15cmの球果を手で落として下で拾い
集めます。週末は子共達も手伝うそうです。

ドイツ人やデンマーク人が種を求めて毎年9月にグルジアに買い付け
訪問するのすが、初期は命綱など安全装備もなく危険な厳しい仕事で、
バランスを崩して命を落とす人が多くいたようです。

ヤドリギを金や銀に塗り、クリスマスの装飾に用いるため、ドイツでも
木に登りヤドリギを採取する折の落下事故が時々起きています。

永冶ベックマン啓子(在ミュンヘン)



 2)YM氏と懇談した:前田 正晶

22日に彼と語り合ったが実に4ヶ月振りだった。また、12月中に帰国の予 定だったSM氏が気候温暖なカリフォルニアと違って異常とも言いたい寒波 に襲われている我が国を敬遠したのか2月に延期されたので、図らずも2M の会となってしまった。

この間に電話では話し合ってはいたが昼食会は久し振りで、積もる話題に 大方の時間を費やし、さして特記したいような経済や政治の話題にまで行 かずに終わった。

お互いに意見が一致したのは、96兆円にも達する来年度の国家予算の規模 だった。彼は消費税率の引き上げがあるからと言って税収が50兆円にも達 するというのは読みが甘くはないのかとの懸念を表明していた。即ち、現 在程度の景気回復で「消費支出が進むのか」との意味である。

彼は相変わらずアメリカの景気回復には悲観的で、未だそれほどの段階に 来ていないと見ている。だが、この件で深く立ち入った議論を展開すする までには行かなかった。

他に話題に上ったのは建設・工事現場での作業員の不足問題だった。現在 でも東北地方の復興の遅れの深刻な原因の一つがこの種の人員不足であ る。その上に未だ始まってもいないオリンピック関連の工事でも開始され れば、事態は一層深刻化するだろうと言うこと。

アメリカでは増加する一方の南米とアジアからの流入人口があって何とか 賄えているという面があるが、その流入人口は別の問題を引き起こしてい る事態は看過でいないのである。

そこにオバマケアがあり、流されたとは言え新移民法があるのだ。言うな れば「貧富の格差の拡大」とでもなるのだろうか。こういう階層が拡大・ 拡張されていった結果で何が起こっているかを知れば、安易に東南アジア 諸国からの移民を考えようと等とは言えないだろうとの点で意見が一致した。

また、ヴィザ発給の規定を緩和して我が国への観光客を増やそうという政 策にも結構な面もあるが、増加した東南アジアの某国からの訪日者が既に 千人単位で行方不明になっている事実があるとも聞いている。

ここには人口、特に若い世代が増えていない我が国では「仕方がない」で あるとか「止むを得ない」という種の議論が出てくるのも理解できないで はない。だが、我が国の「文化」即ち、言語・風俗・習慣・思考体系・価 値観等を弁えない異国の人たちが増えてくれば如何なる事態が発生するか を、アメリカはヨーロッパに学んで予め計算しておくべきであろうという ような話になった。




 3)何のための日本選手権か:前田 正晶

フィギュアスケートのオリンピック代表選出では矢張り予想した通りに高橋大輔を選んでしまった。私は我が国のこういう競技の連盟というか協会には、この種の傾向があって、アメリカ式の一発勝負で選ぶことなく、過去の実績や国際試合で強いであろうとの希望的観測が入ってくるものと見ている。この点は柔道で谷亮子を選んだ実績があったし、マラソンでも過去の栄光で選んで失敗した経験があった。

高橋は日本選手権の前に練習で負傷して、その結果でこの大切な第試合で成績不振だった。それでも彼には過去の立派な実績があったので、私は恐らく彼が選ばれるだろうとほぼ信じていた。しかし、私は彼を「そういう大事な試合を前に怪我をする程度の選手と見なして落とすのが当たり前」という見方をしている。

あれでは選手権で第3位に入った小塚の立場がないだろうし、浮かばれないではないか。小塚は「連盟が決めたことだから従う」と言っていたようだが、心中察するに余りある。お断りして置くが、私はこの選抜方式を批判していない。これが情緒溢れる我が国の文化だと思っているからだ。

しかし、あれでは高橋はオリンピックまでに完全に怪我を治して立派な成績を残さねばならないという重責を負ったことになるし、彼も大いなるプレシャーを感じざるを得ないだろう。彼がその負担に耐える力があると判断したのだろうが、彼がオリンピックでカナダのチャンを抑え羽生をも上回る力を未だ残しているのだろうか。その点を一寸懸念する。高橋は彼は選んで下さった方々にも重圧を加えるのではないか。



 4)★新しい言葉:イノセル
語意 1(地下1階地上4階の事務所ビルを持っていても落ちたときの生活資金とか、いっぱしの政治家の積りだったクセに開き直ってアマチュアだなどと)言い訳にならない言い訳をする。

2 (黒皮の手帳にいっぱい書き付けているくせに)こま切れの説明してそれが二転三転する。
    
3 (カネの過ちはカネで済むかと思って)給与1年分を返上するという。

★替え歌

ドングリころころ ドングリが  都知事の選挙に浮かんだが
やっぱり力が足りないと 嘆いて都民を こまらせた

                        (品川 阿生居士)



 5)アメリカ大統領選挙は、大統領と副大統領を一緒に選ぶ選挙です。日本の知事の選挙も、都知事選なら知事候補と第一副知事(仮称)候補を一緒に選挙で投票するようにすれば、都知事が辞任した時は第一副知事が知事に昇格するので、頻繁(ひんぱん)に選挙をする必要がなくなります。

地方自治法では、議会で議員数の3分の2以上が出席して出席議員の4分の3以上が賛成すれば首長(知事、市町村長)の不信任決議ができますが、不信任決議を受けた首長は10日以内に議会を解散できるので、議会は不信任決議を提出しにくくなっています。

首長の任期は4年なので、首長が任期2年を過ぎたら議会が議員数の3分の2以上の出席・出席議員の4分の3以上の賛成で首長を解任できるようにしてもいいと考えます。(まこと)


━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


寒い。されど快晴なり。すばらしきかな東京。

読者:5298人

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。。

ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
--------------------- Original Message Ends --------------------





規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/12/25

    /

    /

    下の空白ばかり多いコメントだが、その思惑はこうだろう。



    その下の、<「グレンデールの売春婦像を撤去しろ!ホワイトハウス署名」をおねがいします。>を読ませなくしよぅと目論む、朝鮮人の仕業と見た。



    自分は署名コメントの本人ではないが、再度コピペで署名を募りたい。



    //////////////////////////////////////////////////////////////////



    「グレンデールの売春婦像を撤去しろ!ホワイトハウス署名」をおねがいします。



    10万人の署名で売春婦像撤去させましょう。

    署名はここから ↓

    http://staff.texas-daddy.com/





  • 名無しさん2013/12/25

    下記の質問に対して、いまだ回答を返した在日韓国籍コリアンはいない。日本の左翼の強制連行デマしか自己正当化できる材料がなかったのです。 

    ==================== 

    【質問】「強制連行された」という在日韓国籍コリアンは、その証拠を提出し,かつ以下の質問に答えなさい。 

    ・ 戦後60年間、韓国から返還請求がない理由を述べなさい。 

    ・ 戦後60年間、韓国に助けを求めなかった理由を述べなさい。 

    ・ 戦後60年間、自分達で帰国事業を立ち上げなかった理由を述べなさい。 

    ・ 戦後60年間、日本人に対して返還事業を提案しなかった理由を述べなさい。 

    ・ 韓国の大統領に「棄民」と言い捨てられた理由を述べなさい。 

    ・ 在日韓国籍コリアンについて、韓国の人間が同情しない理由を述べなさい。 

    ・ 誰によってどこへ強制連行されたのか?詳細を述べなさい。 



    ※証拠の提出と質問に対する回答が無い場合、在日韓国籍コリアンは「違法入国者」の末裔,もしくは当人であるとみなします。

  • 名無しさん2013/12/25

    謝意を表明しないんだから、韓国には今後一切支援すべからず。

  • 名無しさん2013/12/25

    【小銃弾提供時、韓国隊「周りは敵だらけ」と切迫】(読売)<本当にありがとうございました(韓国隊)> と現場で述べているのに。

    韓国政府は知らんだの弾は足りていただのと本当に面倒くさい。

  • 名無しさん2013/12/25

    朝日新聞、猪瀬知事辞任を得意満面で解説。天声人語では「一つの嘘をつき通すには20の嘘が必要になる亅と偉そうに。

    では植村記者が捏造した従軍慰安婦という嘘をつき通すために行ってきた虚偽や悪意の報道の数々はどう弁明するのか?

  • 名無しさん2013/12/25

    天皇陛下に頭下げなかった?まさか…で、習近平には下げてましたよね"

    國賊確定! 日本の元首にお辞儀なし  礼儀知らず 公明党 国交大臣

  • 名無しさん2013/12/24

    街中、クリスマス気分の装飾でいっぱいです!















    クリスマスイブですね。



      皆様も、ステキなクリスマス・イブをお過ごしくださいませ☆☆☆ 









  • 名無しさん2013/12/24

    今日は、自分の中での今年の出来事のベストを勝手に決めてみる。



    まずは、海外編の、自然現象におけるベスト5。



     



     



    1位 ロシアに隕石落下







     



    これは、だれもが今年、強烈に印象に残った出来事だったと思う。



     



    2月15日、ロシア中部ウラル地方上空に、突如隕石が飛来、爆発して、チェリャビンスク州を中心に1200人以上が負傷したり、建物が壊れたりした。



    この隕石は直径約20メートルの小惑星で、重さ約1万3000トン、宇宙を時速6万9000キロで飛んできたそうだ。



    これだけの被害は、1908年のシベリアの森林地帯でおきた「ツングースカ大爆発」以来だそうだ。









    しかし、これほどインパクトがあったのは、車に積まれていたビデオカメラでの録画のおかげだった。その映像があまりに衝撃的だったから。









    最近は、湖の底から1メートルくらいの破片が引き上げられていた。



    こんな小さな隕石でもこれだけ衝撃があるわけで、小惑星衝突の恐さを思い知った出来事といえる。



     



     



    2位 フィリピンの台風













    これも、まさかというような出来事だった。一歩間違えば日本に来た可能性もあるわけで、フィリピンで被害に遭われた人は本当にかわいそうだった。



     



    11月8日、猛烈な台風30号がフィリピン中部を直撃、約1600万人が被災。いま現在、死者は6102人、行方不明者は1779人と、同国で過去最大級の自然災害となる。



    台風の最大瞬間風速は秒速105メートルという竜巻なみの破壊力で、高潮が襲うなど、レイテ島で壊滅的な被害が出た。









    こういうスーパー台風が、やがて日本にも来るといわれている。



    風水害は日本でも頻発するようになったけど、世界は、もっとひどい惨状があるんだなと思った。とにかく地球温暖化対策が、待ったなしだと思い知らされた出来事だった。



     



    3位 竜巻、豪雨 異常気象頻発、







     



    上と関連するけど、世界中で、特にアメリカでも異常気象が近年続いている。



    なかでも5月20日にオクラホマで発生したムーア竜巻は、24人の死者と240人の負傷者を出す大災害となった。



    最大風速94メートル、最高レベルEF5に達する、直径3キロもある史上最大クラスの信じられないような巨大な竜巻だった。









    他にも、異常気象との関連が言われているものを挙げると、今年もきりがないほどだった。







     



     



     



    4位 彗星消滅、







     



    ここまで恐い話のものが多かったけど、今度は宇宙のロマンというのか、彗星のお話。



    今年は肉眼でも見える彗星として、バンスターズ彗星、最近はラブジョイ彗星も発見されるなど、賑やかな一年だった。



    その中で、うまくいけば月のように明るく見えると期待されていたアイソン彗星が、11月末に太陽に接近したときに核が消滅してしまった。









    彗星は、時代の転換期に現れるときがあるが、今回も、何か大きな意味があったかもしれない。



    それにしても、肉眼で見れなくなったのが残念と言う人が多い。









    5位 グランドキャニオンに雲海













    グランドキャニオンが、雲海になるのも珍しいのに、さらに空が晴れるのは奇跡に近いそうだ。



    アメリカで最も有名なパワースポットのセドナに近く、もともと神秘的なところのようだ。そこでこのような珍しい現象がおきたということは、アメリカや世界になにかおきる前兆かもしれないね。









  • 名無しさん2013/12/24

    政府は日本海の上越沖でのメタンハイドレード採掘に本腰を入れるとのこと。「表層型」といい、白く凍ったメタハイが地面に露出していることが確認されており、採算の見通しも立ちやすいとのことです。



    11月に経産省等のプロジェクトが「表層型メタハイ」を確認していたそうです。



    皇室と日本国民、そして日本国の明るい来年のために、あらん限りの誠を込めて伊勢に参拝したく存じます。





    ■上越沖メタンハイドレート、表層型で初の掘削調査 来年度から経産省



    2013.12.23 10:30 



    経済産業省資源エネルギー庁が、平成26年度に日本海の新潟県上越沖で次世代エネルギー資源「メタンハイドレート」の掘削調査を計画していることが22日、分かった。日本海では比較的浅い海底下で「表層型」と呼ばれるメタンハイドレートの存在が確認されており、政府が掘削調査を行うのは初めて。



     資源の少ない日本にとって貴重な国産エネルギー資源になる可能性がある。資源エネルギー庁は今後3年をかけて日本海側における資源量の把握を集中的に進める方針だ。



     資源エネルギー庁は、25年度から日本海側でのメタンハイドレートの調査に本格着手した。これまでに上越沖と石川県能登半島西方沖で、存在が有望視される地形を225カ所発見している。掘削調査は上越沖の有望地点を中心に行う計画で、海底下数十〜百メートルをドリルで掘り、メタンハイドレートを採取する。メタンハイドレート層の厚みや質などを確認し、埋蔵量を詳細に把握する狙いだ。



     掘削調査には、石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)が保有する最新鋭の海洋資源調査船「白嶺(はくれい)」を使用する。



     経産省は、26年度予算の概算要求でメタンハイドレートの開発予算として過去最大規模の127億円を要求している。日本海側での調査には25年度の約3倍の35億円を充てる計画だ。

  • 名無しさん2013/12/24

    南スーダンのPKO部隊の弾薬が不足し、日本国政府から供与を受けた韓国軍。1万発の弾薬は然程の量ではないとはいえ、人道を根拠とした日本国からの緊急無償提供によって、韓国部隊は、一先ずは安堵しているかもしれません。しかしながら、この事件、韓国軍に対する信頼性を著しく損ねたのではないかと思うのです。



      銃弾が足りないという状況は、本来、軍隊にあっては、命とりともなります。スーダン情勢は、俄かに緊迫化したとはいえ、最悪の状態を想定して準備すれば、派遣部隊の弾薬不足という事態は防ぐことができたはずです。実際に、同様に南スーダンで活動している陸自には、韓国に1万発の銃弾を供与する余裕があったのですから、韓国軍の準備不足は否めません。これが、実際に戦争であったとしますと、武器弾薬が足りないといって他国軍隊に泣きつくことは簡単にはできませんし、できたとしても、同盟軍を危険に晒し、作戦を狂わす原因ともなります。韓国と組む国は、戦争で敗北すというジンクスがありますが、韓国軍の杜撰な計画と行動を見ておりますと、このジンクスは、あながち外れてはいないように思えるのです。



      日本国の信頼性を落とすために、あの手この手で工作を仕掛けている間に、刻一刻と、自国の信頼性が崩壊している現実にこそ、韓国は、気付くべきです。少なくとも、日本国民が、朝鮮半島有事における韓国支援のために集団的自衛権を行使することに反対するのは、韓国の日本国に対する敵意や信頼性の欠如を考えれば、当然の反応であると思うのです。

    http://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/archive/2013/12/24

  • 名無しさん2013/12/24











    「グレンデールの売春婦像を撤去しろ!ホワイトハウス署名」をおねがいします。



    10万人の署名で売春婦像撤去させましょう。

    署名はここから ↓

    http://staff.texas-daddy.com/