政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針3157号  2013・12・16(月)

2013/12/16

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」3157号
□■■□──────────────────────────□■■□


        2013(平成25)年12月16日(月)



                          冷静で前向きな韓国の人の声:櫻井よしこ

                                零戦ブーム“長期飛行”:本間英士

                           趙明禄亡き後の軍実力者は誰か:古澤 襄

                              岩波書店社員の回顧録(2):平井修一

                                 きれいな野菊(のぎく):渡部亮次郎

                                                  話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第3157号
 
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━
冷静で前向きな韓国の人の声
━━━━━━━━━━━━━

  
        櫻井よしこ

韓国で最も影響力があるといわれる言論人、趙甲済氏が11月27日夜、「中
国に対する韓米日共助」が出来たと、ブログで発信した。

中国が一方的に宣言した防空識別圏に、韓国の離於(イオ)島が含まれた
が、韓国軍はこれを無視して中国側に事前通知せず哨戒飛行を続けたこ
と、韓国政府は11月25日、中国側の防空識別圏を認めないと公式に通報し
たことを指摘した上で、氏は米国がB-52戦略爆撃機2機を中国に通報せず
出撃させたこと、日本政府が民間航空会社に同空域の飛行で中国に事前通
告をしないように指導したことを取り上げ、「久しぶりに」「中国に対す
る韓米日共助」が出来た、と評価したのだ。

行間に、朴槿恵大統領の非理性的な日本批判への批判、韓国国内の反日感
情と日本での反韓感情の高まりを何とか鎮めたいとの思いを読み取るの
は、私だけではないだろう。

「ニューズウィーク日本版」は12月3日号の表紙に「アメリカも困惑する
韓国の世界観」と大書し、朴大統領の反日をたしなめた。

米国政府は韓国が日本の「軍国主義化」だと強く非難した集団的自衛権の
行使を高く評価した。10月3日の日米外相防衛相四閣僚による「2プラス
2」では、日本により積極的な軍事的役割を奨励し、日本の集団的自衛権
にも米国の積極的支持を打ち出した。

こうしたことについて「朝鮮日報」の論説室長、楊相勲氏による以下のよ
うな論陣に注目したい。

「韓国人にとって、日本の集団的自衛権行使容認は戦犯国家による再武装
の企てだ。その戦犯国家と実際に戦争した米、英、豪が日本の集団的自衛
権行使を歓迎した。

各国が日本の対中牽制能力の向上を望んでいるにしても、日本が『信頼出
来る国』『合理的な国』としての評価を得ていなければ、このような国際
世論はあり得なかっただろう」

氏は対日請求権問題についても、韓国と同様の内容で日本と請求権協定を
結んだアジア4カ国と韓国を比べながら、条約を覆しているのは韓国だけ
だと、冷静に指摘している。

 楊氏の主張は、日本との問題を根本的に解決するには韓国が「もっと合
理的で信頼出来る国」になるしかないという点に尽きるだろう。

いま最悪の日韓関係の中で、韓国で発せられるこの種の冷静かつ前向きな
声を大事にしたい。韓国の対日観が、不条理の極致にまで、ねじれにねじ
れている理由を理解するには趙氏の次の指摘が役立つだろう。

国会議員300人中、「前科者が61人」もいる、韓国の国会は異常なのだと
いう指摘である。

「国会には強盗傷害事件の加担者、催涙弾を本会議場に投げた者、火炎瓶
で警察官7人を殺した学生たちを民主化活動家として持ち上げる者、北朝
鮮式社会主義を信奉し対南赤化戦略に追従する者たちがいる」というのだ。

「前科者」61人中、27人が反共法や国家保安法の違反者、つまり反国家犯
罪の犯人たちだと趙氏は断じた。そのような人々が構成する韓国国会は朴
大統領の命が狙われる危険な場所でもあると、氏は警告している。

 韓国政治が混乱の極みにあり、北朝鮮勢力が中枢部にまで浸透している
ことが激しい反日の原因でもあろう。

「統一日報」顧問の洪熒(ホン・ヒョン)氏は、日韓関係は「心理的断交
状態」に陥っているが、韓国人の対日感情は実際には「そう悪くない」と
強調する。歴史を知らない若い世代はさておき、韓国の大人たちの多数は
偏狭な左翼民族主義の日本非難には同調しないと繰り返すのだ。

いま、反韓反日を言い立てるのは容易である。だが、こんな険悪な状況だ
からこそ、物の道理がわかっている韓国の人々の声に耳を傾け、彼らをこ
そ支援するのがよいと思う。(週刊ダイヤモンド)
2013.12.14 Saturday name : kajikablog




━━━━━━━━━━━
零戦ブーム“長期飛行” 
━━━━━━━━━━━


      本間 英士

■書籍やプラモ続々/実機展示で見学1・5倍

先の戦争で活躍した零(ゼロ)戦(零式艦上戦闘機)のブームが続いてい
る。零戦の設計者、堀越二郎氏を主人公にしたアニメ映画「風立ちぬ」
(宮崎駿監督)に続いて、21日には零戦がテーマの映画「永遠の0(ゼ
ロ)」が公開。関連本やプラモデルの人気が再燃するなど、ブームは“長
期飛行”の様相となっている。
                  
                 ◇

「永遠の0」は、百田尚樹さんの小説の映画化で、特攻で戦死した零戦パ
イロットの祖父の足跡を孫がたどるという筋書きだ。平成21年に刊行され
た原作の文庫は増刷を重ね、今年のオリコン年間ランキング(文庫部門)
で1位に。7月公開の「風立ちぬ」も、宮崎監督の最後の長編作品となっ
たこともあって現在も公開が続き、興行収入は今月5日に119億円を突破
した。

「零戦への関心は高まっている。『風立ちぬ』の公開以降、若い人やカッ
プルの来館者が増えている」。所沢航空発祥記念館(埼玉県所沢市)の学
芸員、近藤亮さんはこう語る。

同館では昨年12月から今年8月まで、エンジンが動く本物の零戦を展示。
期間中、来館者は通常の1・5倍に増えた。堀越氏の遺品や零戦の未公開
資料などを展示した企画展「堀越二郎の生涯」は、9月で終了する予定が
全国から延長の要望が相次いだため来年4月まで会期が延長された。

書籍も好調だ。ジュンク堂書店池袋本店(東京都豊島区)によると、今年
に入って初心者向けのムックなど多数の零戦関連本が出版され、売り上げ
も例年より3割程度増えているという。

大手プラモメーカー「タミヤ」(静岡市)によると、零戦モデルの売り上
げも「映画などの影響で露出が増え、昨年より伸びている」(広報担当の
山本暁さん)。先月には、限定モデルとして「永遠の0」の劇中で登場す
る零戦を再現した特別版プラモが発売された。

零戦を堀越氏ら技術者の視点でとらえた「零式戦闘機」を執筆した柳田邦
男さん(77)は、零戦がいまも日本人の心を引きつける理由を「非常に美
しい流線形の機体。大戦初期は空中戦の“花形”として活躍した。

今の日本は国際競争力が落ち、低迷している。多くの人に『日本も捨てた
もんじゃない』と思える何かを求める気持ちが強い」と分析し、零戦に
「日本人の『ヒーロー願望』の投影」があると指摘する。

「零戦は軽量化やスピードを追求したあまり、防御を犠牲にせざるを得
ず、パイロットの人命を軽視する設計となった。零戦を全肯定すべきでは
ない」とくぎを刺す半面、ブームについては、「若い人が過去の歴史に関
心を持つきっかけになる」と評価している。
産経ニュース2013.12.15



━━━━━━━━━━━━━━
趙明禄亡き後の軍実力者は誰か
━━━━━━━━━━━━━━


         古澤 襄

ワシントン・ポストの外交専門記者だったドン・オーバードファーが4年
間の歳月をかけた「二つのコリア」は、今日でも朝鮮半島現代史を読み解
くうえで、最高の傑作だと思っている。

この本に触発されて北朝鮮軍部の情報・資料を集めて10年以上の歳月が経
つ。情報鎖国の北朝鮮でとくに軍部の動静は外部に漏れてこない。それで
も長い歳月の間にいくつかの傍証・確証が出ている。

それを組み立てながら、時には軍内部の確執が表面化するので私なりの見
解を杜父魚文庫ブログに書いてきた。

北朝鮮情報では韓国の元KCIA情報が玉石混淆のきらいがあるものの優
れていた。KCIA情報は脱北してきた北朝鮮軍の将校から聞き出したダ
イレクト情報。ヒューマン情報の最たるものであろう。

また日本の公安情報も朝鮮総連のヒューマン情報に依拠するが重要であっ
た。金日成時代には資金面で悩む本国に送金する朝鮮総連の存在は重要で
あった。

 KCIAは改組され、また朝鮮総連もかつての様な北朝鮮本国との繋が
りが希薄となっているので情報価値が低くなったが、それでも過去の蓄積
があるので無視はできない。

 先軍政治を領導した金正日国防委員長時代のナンバー2は趙明禄第1副
委員長であるのは論を俟たない。対外的には金永南最高人民会議常任委員
会委員長がナンバー2とされてきたが、実権のない”お飾り”に過ぎない。

この趙明禄は金日成の抗日パルチザン部隊に少年兵として参加した革命第
一世代で、金正日の生母である金正淑に近かったので金日成の後継者とし
て金正日を強く推し、金正日の後見人として発言力を増した。

 2009年の杜父魚文庫ブログで最高権力機関の国防委員会のトップは金正
日委員長、ナンバー2は趙明禄、その下に金永春、李勇武、呉克烈の3人
の副委員長をあげた。

しかし趙明禄は2010年11月6日に心臓病で死去、国葬で葬儀委員長に金正
日自ら就任し、葬儀委員が100名を越える異例の扱いを受けている。

北朝鮮軍を束ねていた趙明禄の死去によって2つの流れが表面化した。こ
の傾向は趙明禄が病床の頃から顕在化している。

ひとつは軍内部の冒険主義的な強硬派の台頭。金格植総参謀長は2009年2
月に西海(黄海)北方限界線(NLL)を管轄する第4軍団の司令官に降格さ
れるたが、11月に大青海戦、2010年3月に哨戒艦「天安」爆沈事件、11月
に延坪島砲撃事件を起こした。

延坪島砲撃の後、金格植は総政治局の指導検閲で「南朝鮮(韓国)の反撃
にきちんと対応できなかった」と批判され、辺仁善上将(大将の下の階
級)と交代している。

もうひとつは改革・開放政策を掲げた張成沢の台頭である。

この張成沢台頭をめぐって、張成沢と呉克烈国防委員会副委員長の間で外
資の誘致をめぐり深刻な葛藤が生じていたことを指摘したい。

張成沢VS呉克烈の構図は次の様なものである。軍部を基盤に外資誘致をし
てきた呉克烈に一歩遅れて張成沢と金養建党統一戦線部長が主導権争い演
じている。

呉克烈は外資誘致専門機構として朝鮮国際商会(総裁・高貴子)を設立、
張成沢側は朝鮮大豊(デプン)グループを設立、金養建を理事長に、中国
朝鮮族出身の朴哲洙を総裁に任命した。

呉克烈は張成沢を憎悪し、大豊グループ・朴哲洙総裁の背後には中国国家
安全省があり、中国が朴総裁と朝鮮大豊グループを通して大規模資本を投
入し、北朝鮮経済の掌握を狙っていると非難した。

呉克烈の系列に属する金永春らが張成沢追い落としに一役買った可能性が
捨て切れない。世上、金正恩第1書記に次ぐ軍の実力者となったのは崔竜
海軍総政治局長といわれるが、崔竜海はもともと張成沢系列である。

それだけに張成沢の権力システムを熟知しているから、張成沢にしてみれ
ば「飼い犬に手を噛まれた」思いがあったろう。

さて表面に出てこない呉克烈、金永春ら長老組の役割と今後はどうなの
か。呉克烈には外資誘致を巡る噂があるから、第二の粛正劇が待ち受けて
いるのかもしれない。

しかし呉克烈は旧ソ連の空軍大学を首席で卒業、朝鮮人民軍の航空司令官
や総参謀長を務めた、典型的な現場型の軍人だ。

 呉克烈をよく知る人民軍出身の脱北者は「呉氏は非常に頭が良く、実行
力もあるため、野戦部隊の軍人たちから尊敬されている人物だ」と言う。
あえて金正恩が呉克烈まで斬るにはかなりのリスクが伴う。

いずれにしても趙明禄亡き後の軍を束ねる実力者の顔がまだ見えない。
2013.12.15 Sunday name : kajikablog


   
━━━━━━━━━━━━━
岩波書店社員の回顧録(2)
━━━━━━━━━━━━━


       平井 修一

(承前:長島陽子著「中国に夢を紡いだ日々――さらば『日中友好』」から)

中華人民共和国成立の翌年(1950年)6月には朝鮮戦争が勃発したこと
で、当時、日本を占領していたGHQの方針が一変した。放送、官公庁、企
業から、共産党員とその同調者(シンパ)が追放されたのである。

女子大同級生の父上もNHKからパージされた。私と同じ職場にいた大先輩
のA氏は戦前からの党員だったらしく、毎日仕事が手につかず、すっかり
落ち込んでおられた。しかしパージの嵐は、なぜか私のいた会社を避けて
通っていった。

もう何の心配もなく組合活動をしていればよかった。活動、闘争の目標は
賃上げの他に何があったのだろう。今ふりかえれば、自己満足のために
やっていたようなものだ。

そんな「活動家」の私が、当時国交のなかった中国へ、組合の婦人部代表
として行くことになった。1958年に入ってからのことだったと思う。ソ連
にしろ中国にしろ、社会主義の国を一度はこの目で見てみたかったので、
大喜びでお引き受けした。

(1959年4月6日、香港着、翌日列車で広州へ)

日本青年婦人訪中団の構成は、国鉄、全逓、自治労、全日農、全印総連・
出版労協などの代表からなる15人だった。団長は総評青年対策部長だった。

招待してくれたのは中華全国青年連合会で、この組織の核は中国共産主義
青年団だ。共青団はエリート幹部の組織で、歴代の第一書記には、ずっと
後の話だが胡耀邦、胡錦濤がいたと聞くだけで、その存在感が分かるだろう。

(熱烈な歓迎や、いきいきとした労働者、農民を見て大いに感動する)

5月4日にはわれわれ代表団と青年連合会とが共同声明を発表した。

「日本青年婦人訪中代表団は、岸内閣の、日本に軍国主義を復活させ、日
米安全保障条約を改定し、アジアならびに世界の平和を脅かそうとする政
策が、日本の広汎な人民の強い反対にあい、青年、婦人はその先頭にたっ
ていることを述べた。中華全国青年連合会は、日本青年、婦人が展開して
いる日米安全保障条約改定を阻止し、廃棄するための正義の戦いを、心か
ら支持することを表明した」

当時の私たちは日米安全保障条約改定こそ、アジアの平和を脅かすものと
信じていた。だから翌年の60年安保闘争にも積極的に参加したのだ。

それにしても私たちは何に感動し、中国大好き人間になってしまったのだ
ろう。熱烈な歓迎ぶり、工作員(随行員)の心のこもった接待ぶり。「竹
のカーテン」とは、当時日本で中国を指して言った言葉だが、その向こう
側にはこんな魅力的な人々が生きていたのだ!と正直私は引きつけられた。

37日間を共に過ごした工作員とは、兄弟姉妹のような間柄になった、と少
なくとも私たちは思い込んだ。今にして思えば、中国伝統の接客術は芸術
の域に達していたのかもしれない。

(1959年5月13日帰国)

ずっと後になって考えてみると、私たちの37日間の旅行に、中国側は一体
いくら使ったのだろうか。かなりのものだったろう。往復の飛行機代、広
い大陸をあちこち移動するための飛行機代・汽車代、一流ホテル代、おこ
づかい(当時で2、3000円)。

この頃中国側の台所事情はかなり大変だったのに、なんでこんなに私たち
にお金をかけてくれたのだろうか。やはり、中国に好意をもつ日中友好
派、日中国交回復のために働き、安保闘争をたたかう人をつくるために、
招請したのだろうか。彼らはモトがとれたのだろうか、ということを考え
てみざるを得ない。

その後40年間、私はずいぶん中国のためにいろいろ尽くしたと思う。途中
から中国共産党や政府に対して批判的になったけれど、草の根の日中友好
という意味では、中国の人々に誠心誠意尽くしたつもりである。

しかし中国側は、いついかなる状況にあろうと、つねに中国の肩をもって
日本が悪いという「日中友好派」を望んでいたのであろう。そういう点で
は、私は失望を与えただけだったろうし、モトはとれなかったと思う。
(つづく)(2013/12/14)



━━━━━━━━━━
きれいな野菊(のぎく)
━━━━━━━━━━


    渡部 亮次郎

老いた脳に突然、小学校3年時に習った「唱歌」が出てきて消えなくなっ
た。

小学校3年といえば僅か9歳。当時は小学校といわず「国民学校」とい
い、昭和19年、対米戦争に負ける1年前、戦局は愈々緊迫、こんなの
んびりした唄を唄っていたのか、自ら疑問だが、唱歌を自習するわけがな
いから確かに習ったのだ。

 それにしても何十年も唄わなかった唄が、老いた脳にとつぜんでてくる
というもはなんということだろうか。脳は不思議というしかない。

「野菊」

石森延男作詞・下総皖一作曲

遠い山から吹いて来る
こ寒い風にゆれながら
けだかく きよくにほふ花
きれいな野菊(のぎく) うすむらさきよ

秋の日ざしをあびてとぶ
とんぼをかろく 休ませて
しずかに咲いた野べの花
やさしい野菊 うすむらさきよ

しもがおりても まけないで
野原や山にむれて咲き
秋のなごりを おしむ花
あかるい野菊 うすむらさきよ




━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎【特選Tweets/Facebook投稿】 2013-12-15

(1)  ASEAN首脳会議での出来事に、日本の閣僚も立ち上がって欲しい!
   インドネシア代表に感謝です。

【インドネシア代表の言葉】ASEANの会議に、韓国がオブザーバーで出席
していたとき突然韓国代表が立ち上がって、 議題とは何の関係もない日
本批判を始めた。

ASEAN各国の代表はまたかと思い渋い顔をして聞いていたがいつまで立っ
ても、終わる気配がなかった為ついにインドネシア代表が、韓国代表の話
を遮りこう言った。

「韓国人はどうやらASEAN諸国を見下しているようだ。我々は確かになか
なか発展できないでいる。しかしもし、日本がそばにあったら、現在のよ
うなASEANではなかったはずだ 日本が隣にあれば、どんな国家でも韓国程
度の発展はできる韓国の成功は、100%日本のおかげであって、別に韓国が
誇れるようなものではない。

 韓国人が、恩を受けた日本人に感謝ひとつできない人達であることが
我々には全く理解できない 我々は戦前に日本から受けた恩に今でも感謝
している。 永遠に忘れることができないものだ。その結果できたのが、
今ここで開催しているASEAN首脳会議である」
http://www.news-us.jp/article/382722775.html
−Haruyuki Suzuki, 12/15

(2)  ◆北朝鮮◆ Save Our Nation! @gutmak 4分
もし金正男氏だったら… ◆黒田勝弘氏曰く、『もう手遅れだが、金正恩で
はなく「金正男+張成沢」でやらせたかったとの思いがひとしおだ』
http://blog.kajika.net/?eid=1005886  #JpnSO
もし金正男氏だったら… 黒田勝弘 | 杜父魚文庫ブログ
18 hours ago ?Kenichi Yagasaki, Kome Sawa, Satoshi Numata and 8
others like this.
----------------------------------
Naohiko Inomata 全く同意です。金正男氏や張成沢氏にははっきりとした
「世界を見る目(世界観)」と「自分自身でモノを考える」能力を持ってい
ましたから、少なくとも今よりははるかに所謂「常識的な国家」の構築が
可能だったと思います。
2 minutes ago ? Like

(3) 沖縄の反日2紙

出自によって言われなき差別をすることは忌むべき行為だが、人にせよ企
業にせよ出自とここの歴史を無視して生きていけるものではないと思いま
した。
- Shigeharu Tanaka
----------------------------------
沖縄「閣文社」発行、季刊「沖縄世論」冬号「これでいいか沖縄の新聞」
に小論を掲載しました。
主な内容 ?「琉球新報」は実は戦後、米軍によって設立された「うるま
新報」が起源、サンフランシスコ講和条約調印に祝意を表して自ら勝手に
戦前の「琉球新報」に改称しております(社歴120年はまっかな嘘)。  

?「沖縄タイムズ」昭和25年5月6日の書面トップ、同紙Z専務理事は上
京しマッカーサー元帥に面会した感激を、「慈父のごとし、思いっきり甘
えたみたかった」とベタ褒め。

この後、「沖縄戦における住民自決は日本陸軍による軍命による」と帝国
陸軍を貶めた本「鉄の暴風」を出版しました。  極めつけは、「琉球新
報」が平成8年9月、沖縄の米軍基地反対運動に苦悩した日本政府が掴み
金として沖縄県にしゃぶらせた「特別調整費50億円」のうち厚生労働省持
分11億円全額を無利子、無担保で長期借り入れしたことです。  

これを種銭にして社屋を新設。印刷機もバージョンアップして国家へのユ
スリ・タカリにブースとをかけているのです。猪瀬東京都知事の5000
万円問題には全メディアがフォーカスしていますが、沖縄問題はすべて問
題外、これこそ差別ではないでしょうか?
- Ryunosuke Megumi

(4)  バイデン氏、朴氏に“お説教” 「対日批判」強く自制求める -
ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131214/frn1312141449007-n1.htm
… @zakdesk #JpnSO Save Our Nation! ?@gutmak 4分

(5)【特定秘密保護法】に係る石破発言
中山なりあき ?@nakayamanariaki 2時間
石破幹事長が特定秘密を報道すれば処罰の対象になり得ると発言。後訂正
したが、国の安全に大きな影響があると分かっていて報道して大勢の人が
死んだとなればどうだろう、と付け加えたのは余計なこと。それは報道の
責任だ。よく理解してなかった?反対派は勢いづき、官邸の渋い顔が目に
見えるようだ。

(6)   【メディア批判】
12月6日に放送された討論会の配信を配信が始まっています。 NHKの
犯罪にメスが入った画期的な逆転勝訴を受けて その2
【緊急討論】反日メディアNHKを暴く![桜H25/12/6]/西村幸祐放送局
http://broadcast.kohyu.jpn.com/2013/12/23nhkh25126.html …
西村幸祐 ?@kohyu1952 12月12日
----------------------------------
NHKが朝から「ASEANが日中の関係悪化を懸念」と喧嘩両成敗的な両論併記
してました。これじゃ、誰が空の秩序を乱し、力による現状の変更を試み
てるのか分からんね。国民の知る権利大丈夫か? #nhk
上念 司 ?@smith796000 4時間 12/15 12:05

(7)  ◆自虐感を払拭しましょう◆

高田純 理学博士 @gatapi21 1時間
大東亜戦争は日本の無謀な戦いではなかった。アメリカの歴史研究者が太
平洋戦争の分析で示した。 
茂木弘道先生翻訳、解説あり。

高田純 理学博士 @gatapi21 1時間
@gatapi21 pic.twitter.com/vD1dAjneeC
Mak Sakamoto 18 hours ago

(8)  海老蔵主演「利休にたずねよ」が韓国美化のクソ映画だった!
  カンヌ映画祭出品で 「茶道の起源は韓国」 と世界中に拡散!
http://asianews2ch.livedoor.biz/archives/35569851.html …

韓国に茶道の歴史は有りません。
有るのは、詐道です。
http://livedoor.blogimg.jp/amaebi4912/imgs/8/1/81a420f6.jpg …
rn4189 ?@41rn 12月12日

(9)  バイデン氏、朴氏に“お説教” 「対日批判」強く自制求める -
ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131214/frn1312141449007-n1.htm
… @zakdesk #JpnSO
Save Our Nation! ?@gutmak 2時間

〔情報収録 − 坂元 誠〕


 
 ◎陸自に「総隊」新設へ…離島防衛で機動展開狙う

政府は、17日に閣議決定予定の「防衛計画の大綱(防衛大綱)」に、全国
の陸上自衛隊を一元的に指揮・命令する「陸上総隊」の新設を盛り込むこ
とを決めた。

離島への着陸や上陸などに備え、機動的に部隊を展開できるようにするの
が狙いだ。これまで機動対応を担っていた「中央即応集団」(神奈川県)
は廃止し、集団に所属していたパラシュート部隊の第1空挺空挺団とヘリ
コプター団は、陸上総隊の直属とする。

陸上総隊の創設は、北海道・本州の部隊を南西諸島に速やかに移動させる
ことなどを念頭に、陸上自衛隊の各部隊を一体的に運用しやすくするのが
目的だ。

独立した指揮権限を持っていた全国の5方面隊を陸上総隊が指揮できるよ
うにし、「離島奪還作戦」を担う水陸機動団と、危機に即応する「機動師
団・旅団」も直属部隊として新設する。【讀賣新聞】2013年12月15日10時
14分〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎損保ジャパン、英保険会社を買収へ=1000億円、海外事業強化

 NKSJホールディングス傘下の損害保険ジャパンが英国の中堅保険会社
キャノピアス(英領ガーンジー)を約1000億円で買収することが15日、分
かった。人口減少や若者の車離れで国内市場の成長余地が限られる中、海
外事業の収益拡大を目指す。 
時事通信 12月15日(日)13時0分配信



 ◎「表舞台に上げる必要ない」橋下氏を「口封じ」

今大阪市議会では、橋下氏の最大の武器でもある弁舌も影を潜めた。

各会派が市長である橋下氏の答弁をほとんど求めず、局長級以下の市幹
部ばかりを呼んで審議を進めたからだ。

就任当初の昨年2〜3月議会では、橋下氏は六つある常任委員会を「は
しご」し、1日10回以上、答弁に立つ日もあった。昨年2月には、国歌起
立条例について「改めて条例を制定する必要があるのか」と問う野党市議
に対し、「国歌を歌う時の起立に異論を唱えるのは日本だけ。まさにガラ
パゴスだ」「どういう現場でもルールは必要。(条例に反対するなら)こ
こで『立って歌わなくていい』って言い切ってくださいよ」とたたみかけた。

丁々発止のやりとりはニュースとなり、メディアが大きく報道した。

しかし、今議会では、1日1〜3回程度の答弁にとどまることがほとん
ど。呼ばれても、不祥事が相次いだ公募制度の説明などに追われた。市立
大と府立大の統合に向けた議案が常任委員会で否決された11月22日、橋下
氏は「僕自身、議論に呼ばれていない。市議会のやり方は特殊だ」と、記
者団に不満を漏らした。

「口封じ」とも言える野党側の作戦。ある自民市議は「テレビカメラの前
で話すことが、彼の政治家としての生命線。論理のすり替えで正当性を主
張するだけなのだから、わざわざ表舞台に押し上げてやる必要はない」と
話す。読売新聞 12月15日(日)11時52分配信




━━━━━━━
反     響
━━━━━━━ 


 1)感想:東海子

1.     戦後の外務省の反日宣伝への無策を非難するのは良いが戦前の
外務省を非難するのはいかがなものか。



2.     真珠湾事件の宣戦布告問題は、それ自体が反日宣伝なので巻き
込まれては
ならない。



1)スポーツと戦争の混同は止める:

戦争にはルールはない。結果だけである。それをまるでスポーツのように
ルール違反を論じるのは誤りである。

これはもともとルーズベルトが真珠湾事件で大敗したために国民を騙すた
めに使った論理である。それを被害者の日本人が使ってどうする。



2)内輪もめをしない:

占領軍の日本人誘導は内輪もめである。その手に乗ってはならない。

3)不要な宣戦布告

日本軍は南支那で米国フライングタイガー部隊による宣戦布告なき攻撃を
受けていたので、反撃であり、宣戦布告は不要だった。 以上



 2)本田圭佑がAC Milanに10番を要求したのだそうだ:前田正晶

本田が10番を要求しそれにミランが応じたことをマスコミが大きく取り上
げている。即ち「栄光の10番」だからだそうだ。私は本田は自信家である
と同時に図太い神経の持ち主だと感心している。

昭和20年(=1945年)から旧制中学に入学し蹴球部に入って正式に蹴球を
始めた私にとっては、背番号10はただ単に「5人のFWの中の左のインナー
(LI)のポジションを示すだけ」に過ぎなかった当時の感覚から抜けきれ
ていないので「それがどうしたの」とでも言いたくなってしまう。もしか
して「時代錯誤」かも。

今は昔の物語になってしまうが、当時の蹴球の番号の付け方を一応解説し
ておく。あの頃は全般的に「WMフォーメーション」であって、後陣から
ゴールキーパー(GK)は当然1人、フルバック(FB)が2人または3人、
ハーフバック(HB)が2人または3人、フォワード(FW)が5人という形
だった。即ち、FWの5人がWの形に位置に最前列つき、その後ろにHB、更に
FBがMの形になるようにするのだった。

背番号はGKの1に始まってFBが右側から2と3を付け、HBが4〜6、FWが7〜11
となっていくのだ。そして、各人はそのポジション別の番号がついたユニ
フォームを着用して出ていくのである。極論的に言えば、「ポジションを
確保出来ていない正選手(一軍選手ないしは一本目のこと)だったなら
ば、自分が何番のユニフォームを着るのか」は試合当日まで解らないし、
自分のユニフォームを持っていないこともあったのだ。

また、当時は試合中のメンバーの交代はないので、交代要員(=補欠選
手)は当日の試合に出ることはなく、ユニフォームも持っていなければ背
番号など割り当てられていることもなかった。そして、正選手の誰かが何
らかの事情で次の試合に出られない場合にのみ、その選手のユニフォーム
を着用して出場するのだ。換言すれば、背番号は11番までしかなかった。

この制度の下では10番はFWの中の左のインナー(LI)の番号であり、特に
「栄光」でも何でもなかった。しかし、我が母校が昭和23年の国体で優勝
し損なった時の10番は主将で、多くの場合に今で言う「ラストパス」を出
す名手で、後にメルボルン・オリンピックの代表に選ばれた早川さんだっ
た。我々が高校3年になった時の10番はFWで最も強力だった者がそのポジ
ションを占めて着用し、かく申す私は8番、即ち右のインナー(RI)だった。

であれば、10番が必ずしもそのティームで最強の者とは限っておらず、9
番を付けたセンターフォワード(CF)がポイント・ゲッターとしてその
ティームで最も頼りにされた最強のFWという組織になっていたティームも
沢山あったので、ティームによって異なっていた。

私は仕事の都合とアメリカン・フットボールに集中して自分自身のサッ
カーへの関心が薄れた時期があったために、サッカーで選手交代が何時か
ら認められて12番から上の背番号が付けられるようになったかすらも知ら
ない。また、10番がかくも華々しく採り上げらルようになったかの背景も
知らない。思うに、そこには往年のWMフォーメーションが古物化して、現
在の「3−4−3」等のような数字で表すように変わってきたこともあるか
と推察している。

何となく背番号についての高齢者の回顧談の如くになってしまったかと少
し反省もするが、現在のように技術が高度に進歩・発展し、我が国の優秀
な者たちが欧州に出て行く時代になってしまえば、一つのポジションに限
定するかのような背番号に時代はとっくの昔に終わっていたということか
と解釈している。そこで、ザケローニ監督の故事に倣って「本田圭佑が3
年経ってもACミランに10番のままでいられたら、初めて移籍お目出度う」
と言ってやろうかと考えている。



 3)甲子園ボウルは関西学院ファイターズの三連勝:前田 正晶

15日にはこれで3日連続でこのアパートの朝の室温が20度を切っていたの
で、「外はさぞかし寒いのだろう」と無理をすることなく室内に籠もっ
て、13時からの甲子園ボウルの中継を待っていた。今回は1990年までで甲
子園ボウル制覇から遠離っている日大フェニックス対二連覇中の関西学院
大学ファイターズの対戦なので、ある程度以上の期待を持って見ていた。

しかし、残念ながら1年生で身長168センチのQBを始めとして主力選手に
1〜2年生が多いフェニックスは、「来年以降に期待しよう」と無理矢理に
敗戦を合理化せねばならないような状態で、実力差が余り得点差に表れな
いような形で終わった。

当方が熱心に大学フットボールを観戦していた2,000年以前には、関東勢
の言うなれば力と身体能力任せの現在のような荒っぽさが目立たず、関学
や京大や立命館等に代表される関西勢と対等ないしはそれ以上に戦ってい
たものだった。しかし、時の流れと共に関西の緻密且つ理論的に鍛えられ
たフットボールとの間に質の差を生じてきて西高東低になって来ていたと
思って見てきた。

今年のフェニックスも評判では優秀な素材を集めて鍛え上げ良いティーム
に育ってきたと、風の便りには聞いていた。そこでそれなりの期待をして
観戦したのだ。だが、簡単に言えば来年以降は今年の主力を為していた
1〜2年生の成長に期待しようと言いたくなるような形で、関学の鍛え上げ
られ且つフェニックスを十分に研究してきた堅守の前に試合終了間際に
タッチダウンを1本記録したに止まった。

見終わって極端な表現をすれば、「日大と関学の間にこれほど歴然とした
力のさがあった試合を見たのは初めてのことだった」と嘆きたくなったほ
ど「西高東低」が歴然としていたのは、大いに残念至極だった。関西学院
は「甲子園ボウルの制覇が最終の狙いではなく、2年連続で敗れた正月の
ライスボウルの制覇を目標にしている」と鳥内監督が勝利監督インター
ビューで語っていたのが印象的だった。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


16日は早朝から大学病院行き。脳梗塞予防の定期健診。そこで予め予約配
信としました。

読者:5284人

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。。

ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
--------------------- Original Message Ends --------------------





規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/12/16

    千利休と明智光秀は同一人物だったらしいですが、本当だと思いますか?

    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1291056847

  • 名無しさん2013/12/16

    日本国による朝鮮半島の統治政策に関しては、しばしば創氏改名が取り上げられ、日本国が”アイデンティティーでもある朝鮮名”を奪ったとして批判されています。ウィキペディアの英語版でも、日本統治の悪しき面として説明されていますが、よく考えても見ますと、逆なのではないかと思うのです。



      ロシア帝国の他民族支配などを見てみますと、確かに、ロシア風の氏名を押し付けるといった強制的な同化政策を見ることができます。しかしながら、当時の日本国が行った創氏改名は、朝鮮籍の人々からの要望を受けたものであり、上からの強制同化政策とは違っています。仮に、強制同化しようとすれば、より早い段階で実施していたでしょうし(併合は1910年で創氏改名は1940年…)、朝鮮姓を残すといった方法は採らなかったことでしょう。戸籍の記載は、姓(朝鮮)+氏(日・朝選択)+名(日・朝選択)であり、朝鮮名が完全に消されたわけではないのです。もとより、朝鮮には、併合以前にあっては、姓のない国民も多く、併合後の戸籍編纂に際して新たに付けた者もおり、また、両班の家系に偽ることもあったそうです(現在では、韓国人の大半が、祖先は両班と主張…)。韓国人の姓が中国と同一であるのも、中国の属国であった時代に中国風に改姓したからです。つまり、創氏改名とは、事大主義ゆえに、氏名の”擬製”に寛容な朝鮮半島の文化に合わせた措置であり、日本の慣習の強制どころか、逆に、朝鮮側からの要望による朝鮮の慣習の尊重であったと見ることができるのです。



      一方、日本国では、古来、正々堂々と自らの名を名乗ることは、初対面の相手からの信頼を得るための礼儀の第一歩であり、名を偽ることは、相手を騙す行為とされてきました。ここは日本国なのですから、在日韓国・朝鮮の人々は、本名を名乗るという日本の慣習にこそ合わせるべきです(本名を名乗ることは、グローバル・スタンダードでもある…)。通名を廃止しない限り、在日韓国・朝鮮の人々が日本人から信頼を得ることはできないのではないでしょうか。



    http://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/68869686.html

  • 名無しさん2013/12/16

    生活保護受給者の在日韓国籍コリアンは家族ごと在日特権を取り消すべきだよ。



  • 名無しさん2013/12/16

    在日韓国籍コリアンが犯罪者になったら家族ごと在日特権を取り消すべきだよ。