政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針3150号  2013・12・9(月)

2013/12/09

■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」3150号
□■■□──────────────────────────□■■□


        2013(平成25)年12月9日(月)



                                  レーニン像倒される:佐々木正明

                                  戦後スパイ事件全容:渡部亮次郎

                          自衛隊の使命、メディアの使命:伊勢雅臣

                             ABEとJFK:立ち向かう勇気:MoMotarou

                                 岩波書店と共産党(3):平井修一

                         話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第3150号
 
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━
レーニン像倒される
━━━━━━━━━
 

  佐々木 正明

ウクライナ・キエフの抗議集会、 デモ隊の一部が暴徒化

【キエフ=佐々木正明】ウクライナのヤヌコビッチ政権が欧州連合
(EU)との連合協定締結を見送りしたことをめぐり8日、首都キエフの
独立広場で、大規模な抗議集会が開かれた。地元警察当局によると、10万
人が集結。野党党首らが壇上にあがり、ヤヌコービッチ政権の退陣を訴え
ると、大きな歓声がわきあがった。

地元メディアによると、抗議集会の後、一部のデモ隊が暴徒化。現地時間
8日夕方、広場近くの目抜き通りにあり、共産主義時代のシンボルだった
レーニン像(高さ約4メートル)が倒された。

レーニン像は約7メートルの台の上に立ち、ソ連時代の1946年に設置。91
年にウクライナが独立を果たした際や、9年前の政変「オレンジ革命」で
も、倒されなかった。反政権勢力から、欧州統合路線を棚上げしたヤヌコ
ビッチ大統領は、親露的だとして批判が高まっていた。
産経ニュース2013.12.9 02:05

         
━━━━━━━━━
戦後スパイ事件全容
━━━━━━━━━


   渡部 亮次郎

これは女性読者が知らせて来てくださった資料である。事件の内容を説明
していると誌面をはみ出してしまうの断念したが、とにかく北朝鮮、中
国、ロシアのスパイが国土中を自由に徘徊するスパイ天国日本の実態である。

捜査当局はどんな法令を基に検束しているかは知らないが、実際は検束で
きていない事件のほうが問題であり、件数は其のほうが多いはずである。
にも拘らずマスコミと野党はスパイ防止法案を潰しにかかるのである。不
思議だ。

       戦後のスパイ事件全 容
mid.parfe.jp/kannyo/supaibousi/siryou/kakonojikenn.htm -
年     事 件 名 相手国
昭和16年 ゾルゲ事件 ロシア
昭和25〜 第1、2、3次北朝鮮スパイ事件 北朝鮮
昭和27年 三橋事件 ロシア
昭和28年 関三次郎事件 ロシア
昭和29年 ラストボロフ事件 ロシア
昭和32年 新光丸事件 北朝鮮弘昇丸事件 北朝鮮
昭和34年 第4次北朝鮮スパイ事件 北朝鮮
昭和34年 滝事件 北朝鮮
昭和35年 浜坂事件 北朝鮮
昭和37年 大寿丸事件 北朝鮮解放号事件 北朝鮮
昭和38年 酒田事件 北朝鮮第1次、2次能代事件 北朝鮮
昭和39年 寝屋川事件 北朝鮮 薫グループ事件 北朝鮮本事     
           件 北朝鮮
        三和事件 北朝鮮
        一宮事件 北朝鮮
        蒲田事件 北朝鮮
昭和40年 神田事件 北朝鮮
        江戸川事件 北朝鮮
        長田事件 北朝鮮
昭和41年 杉並事件 北朝鮮 進展実業ココム違反事件 ロ      
           シア
昭和42年 コノノフ事件 ロシア 外務省スパイ事件 北       
 朝鮮
昭和43年 東大阪事件 北朝鮮 都島事件 北朝鮮
昭和44年 岩崎・能代事件 北朝鮮 兵庫県貿易ココム違反事     
     件 中国オダンタラ事件 ロシアセドフ事 ロ       
 シア
昭和45年 八王子事件 北朝鮮
昭和46年 足立事件 北朝鮮 コノノフ事件 ロシア
        石原事件 北朝鮮
昭和48年 温海事件 北朝鮮
        水山事件 北朝鮮
昭和49年 中川事件 北朝鮮
        切浜事件 北朝鮮
        第11幸与丸事件(レポ船) ロシア
        クプリツキー事件 ロシア
        北総事件 北朝鮮
        第11幸与丸事件(レポ船) ロシア
昭和50年 鶴見・寺尾事件 北朝鮮
        濁川事件 北朝鮮
昭和51年 汪養然事件 中国
        布施事件 北朝鮮
        マチェーヒン事件 ロシア
        ドリユー・ゴツトリーブ事件  ロシア
昭和52年 豊島事件 北朝鮮
    宇出津事件 北朝鮮
昭和53年 研究文献等中国流出事件 中国
昭和55年 コズロフ事件 ロシア
        水橋事件 北朝鮮
        磯の松嶋事件 北朝鮮
        第18和晃丸事件(レポ船) ロシア
        北朝鮮
昭和56年 伏木国分事件 北朝鮮
        六郷事件 北朝鮮
        男鹿脇本事件 北朝鮮
        工作員回収事件 北朝鮮
昭和57年 レフチェンコ証言問題 ロシア
        第35功洋丸事件(レポ船) ロシア
        ビノグラードフ事件
昭和59年 第12誠良丸事件(レポ船) ロシア
昭和58年 小住・金事件 北朝鮮
昭和60年 第31幸栄丸事件 (白い高速船) 北朝鮮
        日向灘不審船事件
        第5日東丸事件(レポ船) ロシア
        ソウル・辛事件 北朝鮮
        西新井事件 北朝鮮
昭和62年 横田基地中ソスパイ事件 中国
        ポクロフスキー事件  ロシア
       ・李恩恵北朝鮮ら致容疑事案 北朝鮮
        東明貿易ココム違反事件 北朝鮮
        東明貿易ココム違反事件 中国
        東芝機械ココム違反事件 ロシア
昭和63年 横須賀事件 北朝鮮
        渋谷事件 北朝鮮
        極東商会ココム違反事件 中国
        工作員漂着事件 北朝鮮
平成1年 商工連幹部に係るココム違反事件 北朝鮮
        ダイキン工業ココム違反事件 ロシア
        プロメトロンテクニクスココム違反事件 東ドイツ
平成2年 美浜事件 北朝鮮
       シランコフ事件 ロシア
平成3年 第65秀栄丸事件(レポ船) ロシア
        イラン輸出事件に係る武器部分品不正 
平成4年 ダヴィードフ事件 ロシア
        イリーガル機関員による旅券法違反事件 ロシア
平成6年 トレーダーズココム違反事件 中国
平成8年 東亜技術工業外為法違反事件 北朝鮮
平成9年 通商代表部員に係る業務上横領事件 中国
        黒羽・ウドヴィン事件 ロシア
        チェルヌィーフ事件 ロシア
        軍人漂着事件 北朝鮮
平成10年 民族民主革命党スパイ事件 北朝鮮
平成11年 能登半島沖における不審船事案 北朝鮮
        菱光社等外為法違反 中国
        ボガチョンコフ事件 ロシア
平成12年 新宿百人町事件 北朝鮮
        サンビームに係る武器部分品不正輸出事件 イラン
平成13年 黒部事案 北朝鮮
       
平成14年 元通商代表部員に係る秘密保護法違反事件 ロシア
        日本海中部海域不審船事件 北朝鮮


     


━━━━━━━━━━━━━━
自衛隊の使命、メディアの使命
━━━━━━━━━━━━━━


        伊勢 雅臣

〜 ベストセラー小説『空飛ぶ広報室』から

国民に安心安全を届けている自衛隊を、メディアはいかに伝えているのか。


■1.「だって戦闘機って人殺しのための機械でしょう?」

「何かお勧めの題材はありませんか。できれば画になるような」と帝都テ
レビのディレクター・稲葉リカが聞いた。所は東京・市ヶ谷の航空自衛隊
の広報室である。

「じゃあ、いっそのこと戦闘機パイロットはいかがですか?」と、広報室
に新人として配属された空井大祐(そらい・だいすけ)二尉が提案した。
空井は小さい頃から憧れていたアクロバット飛行チーム・ブルーインパル
スへの配属が内示された矢先に交通事故に巻き込まれて、その道を断念し
て、広報室に配属されたのだった。

稲葉リカは険しい顔つきで、「興味ありません。だって戦闘機って人殺し
のための機械でしょう? そんな願望がある人のドラマなんか、なんでわ
たしが」

途端、空井の脳細胞が沸騰した。「人を殺したい、なんて、思ったこと、
一度もありませんッ! 俺たちが人を殺したくて戦闘機に乗っているとでも」

大きな声に、先輩が飛んできて「アホッ! お客様に何て口の利き方
だ!」と、脳天にガツンとげんこつを落とされ、襟首を掴まれて、部屋か
ら引きずり出された。

後で、空井は広報室長から諭された。「自衛官やってりゃ、なんでこんな
こと言われなきゃならないんだと思うことはいくらでもある。だが、そん
なことを言われるのは広報の努力が足りてないせいだ。」

多くのマスコミが垂れ流す反自衛隊報道の偏見・偏向と戦い続けること
が、自衛隊広報マンたちの孤独な任務だった。


■2.「津波が来る前に何機かでも飛ばすことはできなかったんでしょうか」

この後、空井とリカは二人で力を合わせて、ある企画を成功させ、その過
程で二人は心を通わせ合い、リカの左巻きも徐々に治っていく、というの
が、テレビ化もされたベストセラー小説『空飛ぶ広報室』[1]の本筋なの
だが、それは本を読んでのお楽しみとして、ここでは心に残るエピローグ
のみ紹介しよう。

空井はその後、宮城県の航空自衛隊松島基地の広報担当に異動になり、そ
こで東日本大震災に出くわす。そして震災の10ヶ月後、リカが取材で松島
基地を訪れ、二人は再会する、という設定だ。

松島基地にも、人の背丈ほどの津波が押し寄せ、駐機場にあった戦闘機や
救難ジェットがぷかぷか流されて、格納庫に突っ込んでしまった。

「津波が来る前に何機かでも飛ばすことはできなかったんでしょうか」と
リカは聞いた。この質問自体がリカの変貌ぶりをよく表している。左巻き
の頃だったら、「人殺しのための機械が使えなくなったって問題ないで
しょ」などと言ったかも知れない。

この質問には、空井の上司の広報班長が答えてくれた。余震が続き、しか
もあれだけの大地震のあとは滑走路を総点検する必要があった。30分後と
予想されていた津波には到底、間に合わない。

<当時の基地司令が人命優先を即断して避難指示を出したからこそ、松島
基地は勤務中の隊員に一人の犠牲者も出さずに済んだのです。その後、無
事だった隊員を全投入して災害救助活動に乗り出しました>。

■3.「自分たちは自衛官に被災者の資格を認めていないのだ」

その説明に、ふとよぎった違和感が、そのままリカの口を衝いて出た。
「松島基地も被災しているのに、ですか」

その質問に広報班長の口元が揺るんだ。「そこに気づいてくださる方は稀
です」

リカは思った。

「松島基地の自衛官たちが被災者として扱われていた報道など今まであっ
ただろうか。少なくとも帝都テレビのニュースでは見かけたことがない。
F−2が流された、救援ジェットが流された、甚大な損害が出たとそちら
ばかりを宣伝していた。

基地が完全に水没するような被害を受けてさえ、自分たちは自衛官である
彼らに被災者の資格を認めていないのだ」。

「でも、、、隊員にもこちらに家族のある方がいるでしょう。心配じゃな
いんですか」

「もちろん心配です」と頷く広報班長に、リカは愚問だったと頬が火照
(ほて)る。


「ですが、自衛官はみんな妻や子に言い聞かせていると思いますよ。もし
何かあっても俺は家にいないから何とかやってくれ、とね。それが自衛官
と所帯を持つということです。

だから、災害が起きたら真っ先に家族に連絡をとります。お互い無事だと
分かったら憂いなく出動できますから」。

「もし、、、ご家族が無事じゃなかったら」

「死亡や危篤なら隊の配慮があるでしょう。しかし、家族の死に目に立ち
会えないことも、家族に看取ってもらえないことも誰もが覚悟はしていま
す。そうでなければ、海外派遣などに志願することはできません」。

税金で訓練するのだから当然だ、と言う者もいるだろう。しかし、いくら
給料をもらっているとは言え、そこまで見知らぬ他人に尽くせるものだろ
うか。


■4.瓦礫の撤去や泥掻きが、なぜ「思いきった活動」なのか

広報班長は、隊員の救助活動の写真を数枚、見せてくれた。市街地や田畑
での瓦礫の撤去や泥掻きの様子が映っている。「これもかなり思いきった
活動の一つで、、、」

瓦礫の撤去や泥掻きが、なぜ「思いきった活動」なのか、リカには理解
できなかった。

「よく見て下さい。隊員が民家の敷地内に立ち入っているでしょう。田ん
ぼや畑にも。自衛官は救助活動以外で私有地に立ち入ることを許可されて
いないんです」。

「そんな、、、じゃあどうやって街の復興を」

起死回生の策を打ったのは、当時の基地司令だった。「基地から危険物
や機密保持に関わる物品が近隣に流れ出している恐れがある」という名目
で、私有地に入り込んでの救援活動を命じた。基地司令は、それが問題に
なっても自分一人で責任をとればいい、と決断したのだろう。

「そんな無理矢理な理屈付けをしないと田畑の泥掻きもできないなんて」
と、リカは目眩(めまい)のような絶望を覚えた。

報道関係者には、「報道の仕方で問題になったら、この活動は打ち切ら
ざるを得ない」と説明した。その結果、マスコミ各社のほとんどが「流出
物の捜索」という名目を添えた報道をしてくれたので、問題にはならな
かった。リカは、ほっと胸をなで下ろした。報道の良心が少しでも信じら
れる結果であってくれたことに感謝した。

「隊員たちはよく頑張ってくれたと思います。辛い光景もたくさん見たと
思います。だけどあいつら、基地に戻って休んでも、すぐにまた出て行こ
うとするんですよ」。

広報班長が俯(うつむ)いて、目頭を抑えた。「空井、後を頼む」と、
ようやくそれだけ言って、部屋を出て行った。


■5.「あなたたちって人は」

「女性隊員にも会ってみますか?」との空井の言葉に、「ぜひ」とリカは
答えた。

空井の職場に居合わせたのは、リカと同年代の女性だった。「当日はど
のような状態でしたか」と尋ねたリカに「揺れが収まってから真っ先に保
育所に連絡を入れました」
「お子さんがいらっしゃるんですか。ご心配だったでしょうね。」

「幸いすぐに連絡が取れましたから。おかげさまで怪我一つなく、、、そ
の日は保育所で預かってくれることになったので、子供を引き取りに行っ
たのは翌日です」

保育所から引き取った後は、近所の実家に子供を預け、そのまま隊務に
復帰したという。「何かあったとき、家にいないのが自衛官だ」という広
報班長の言葉をリカは思い出した。それは子供を持つ女性自衛官にとって
も例外ではないのだ。

「何か特に困ったことは」とのリカの質問に、「おむつが心配だった」と
言う。「支援物資にはおむつは入ってなかったんですか?」と聞くと、

「支援物資は被災者に届けるものですから。基本的に自衛官は受け取らな
いようにしてました。おむつは分けてもらわなきゃいけなくなるかもと
思ったけど、差し入れが間に合ったし」。

「あなたたちだって被災者なのに」との言葉が喉までこみ上げたが、自衛
隊員を被災者扱いしてこなかったマスコミの人間が言えるセリフではな
かった。

「差し入れ」とは、全国の基地で隊員が自発的にカンパ物資を提供したも
のだった。自衛官が支援物資を受け取らないと分かっているからこそ、自
然発生的にカンパが始まったのだろう。

ただ、そのカンパ物資に中のお菓子は、地元の小学校を慰問してプレゼ
ントしたという。

「あなたたちって人は」と言いかけたリカは、涙がこみ上げて慌ててそっ
ぽを向いた。胸にこみ上げる思いが波打つ。

あなたたちは一体、どこまで私たちに差し出したら気が済むんだろう、、、


■6.「自衛官をヒーローにしてほしくないな、と思います」

夕方まで取材を続け、駅までは空井が車で送ってくれた。車の中で、リ
カは聞いた。「わたしがどんな特集を作ったら嬉しいですか?」

「そうですね、、、」 空井はしばらく考え込んでから言った。「自衛官
をヒーローにしてほしくないな、と思います」

「ときどき、自衛官は被災地でとても苦労してますって伝え方をされちゃ
うことがあるんです。家にもろくに帰れず、冷たい缶メシをかじりながら
被災者のために頑張っています、って」。

「それ、何か問題があるんでしょうか?」 自衛官の献身を知らずに無責
任に批判する声の多さを思えば、多少は自衛官びいきの報道をしたほうが
バランスが取れるくらいだ。

「もちろん、そのお気持ちはありがたいんです。でも、それは報道の皆さ
んが分かってくれてたら十分なんです。分かってくれてたら自然と報道が
公正になるでしょう?」

■7.自衛官の使命、ジャーナリストの使命
「もう少し望んでもいいんじゃないですか」と聞くリカに、

「もちろん望みはあります。僕たちに肩入れしれくれる代わりに、僕たち
の活動が国民の安心になるように伝えてほしいんです」。

自衛官の冷たい缶メシを強調されて、国民は安心できますか? 被災者
のごはんも同じように冷たいのかって心配しちゃうでしょう?自衛官の缶
メシが冷たいのは、被災者の食事を温めるために燃料を節約しているから
です。

僕等が冷たい缶メシを食べていることをクローズアップするんじゃなく
て、自衛隊がいたら被災者は暖かいごはんが食べられるということをク
ローズアップしてほしいんです。自衛隊は被災地に温かい食事を届ける能
力があるって伝えてほしいんです。それはマスコミの皆さんにしかできな
いことです」。

ヒーロー扱いされることは、自衛官たちの自尊心を満たすだろう。しか
し、それは自己満足でしかない。

自衛官の任務は、国民に安心安全を届けることだという、自らの自尊心
までも捨て去った、無私の使命感がそこにあった。

そして、それをマスコミにも手助けして欲しいという。気がつくと、リ
カの頬に涙が伝わっていた。

「ああ、ごめんなさい。責めているわけじゃないんです」と、慌てる空井
に、「責められたなんて思っていません。ただ、、、」

この言葉があれば、きっと一生大丈夫だ。ジャーナリストとして、迷っ
ても、悩んでも、この言葉に立ち戻れば、正しい道が見える。

「ありがとうございます。一生の指針をいただきました。」


■リンク■

a. JOG(739) 気は優しくて力持ち 〜 自衛隊の人づくり
 自衛隊員たちは、被災地の過酷な環境の中で、なぜこんなに優しくでき
るのか。
http://blog.jog-net.jp/201203/article_2.html

b. JOG(699) 国柄は非常の時に現れる(上)〜 それぞれの「奉公」 自
衛隊員、消防隊員は言うに及ばず、スーパーのおばさんから宅配便のおに
いさんまで、それぞれの場で立派な「奉公」をしている。
http://blog.jog-net.jp/201105/article_4.html


■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 有川浩『空飛ぶ広報室』★★★、幻冬舎、H24
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4344022173/japanontheg01-22/



━━━━━━━━━━━━
ABEとJFK:立ち向かう勇気
━━━━━━━━━━━━


            MoMotarou

1962(昭和36)年10月14日、テレビニュースから伝えられる映像の意味が
わからなかった。一体何が地球の裏側で起っているのだろうか。ケネディ
大統領ノ率いる米国海軍が、ミサイルを積んでキューバに向かうソ連船を
阻止すべく海上封鎖にむかったのでありました。


■時代の節目
       
それは第2次世界大戦が終わって17年、朝鮮戦争休戦(まだ戦争は終わっ
ていないのだ!)から9年後のことでした。世界は、日本に投下された原
子爆弾が本格的に使われる第3次世界大戦勃発の危機に直面しました。

そしてその2年後ケネディ大統領は暗殺され、衛星中継が可能になり、東
京オリンピックが開催されたのがでした。今年はその暗殺から50年という
事になります。

■キューバ危機とは比べ物にならないが。。。

さて中国が突然「防空識別圏」を設定して世界を脅かせました。インター
ネットは普及し、2回目の東京オリンピック開催決定するなど、あのころ
とよく似ていると気が付きました。違っているのは、相手が無類の「お金
好き」という事であります。「主義」ではないので解決は簡単です。

■大化(おおばけ)けする豹変するABEに期待

とは言え、「面子」という主義がありますから練達した外交が望まれま
す。今の外務省官吏では無理でしょう。当に本来の「腹の座った熟練した
政治家;大人(たいじん)」が必要でしょう。

安倍首相は有能ですが、シナ特有の人物鑑定法によれば大人と看做されな
い所があります。現代では関係ないようですが、中国は相変わらず"シナ"
であります。相手の民族性を考慮した対応が必要となります。

■民族性と国民の覚悟の戦い

終戦の詔勅「万世の為に太平を開かんと欲す」の一言は、昭和天皇最大の
対シナ・ブラフ(bluff;威嚇・脅し・ハッタリ)でした。これでコロッ
と"参った"のであります。アメリカも。

天皇陛下はインドへ親善の為に行れました。どの航空路を取られたか不明
ですが、微動だにしない堂々とした飛行でした。シナの負け!がんばりま
しょう!蘇る。



━━━━━━━━━━
岩波書店と共産党(3)
━━━━━━━━━━


     平井 修一

伊藤律から松本慎一の紹介状をもらった塙作楽は翌日、岩波書店に吉野源
三郎を訪ねる。

<松本慎一という人は吉野さんとは高校時代からの親しい付き合いだとの
ことでしたが、私は名前を聞いたことすらなく全然知らなかったのが気が
かりでした。吉野さんはいろいろ話しかけてきましたが、松本さんを知ら
ない私にはろくな対応はできませんでした。

それでも「明日からでも勤務してください」と言われました。実際には三
井精機へ辞表を出してからでしたので(1945年)10月に入っていました>

当時の岩波書店は、敗戦2か月前の6月に出版活動が休止され、解散に近い
人員整理が行われたため閉店状態だった。塙が出社し始めたころの社員
(店員と言っていた)は10人ちょっとだが、仕事はほとんどなかった。1
階は空っぽ、社員は2階にいて、岩波茂雄社長(店主、注1)の部屋は奥に
あり、見事な書体で「五箇条の御誓文」(注2)が掲げられていた。

岩波茂雄の信念は「御誓文は明治維新の指針たるにとどまらず、天地の公
道に基づく大精神は永久に我が国の指標たるべき理念である」というもの
だった。これは「世界」創刊号に掲載された言葉である。

岩波茂雄は1945年9月の初めに長野県で脳出血で倒れ療養中で、翌年4月に
亡くなった。支配人の小林勇(注3)は45年5月に治安維持法違反の嫌疑で
逮捕、拷問を受ける(横浜事件)。8月29日には釈放されたが、塙が吉野
の紹介で小林に会ったのは入社してから数日後だった。

日を追うごとに店員数は増え続けたが、みな軍隊や徴用などから帰還した
出戻りばかりで、新入り店員は塙が第一号だった。

岩波が出版社として本格的な活動を始めたのは1945年末から翌年にかけて
のころで、店員は50人ほどになっていた。

「世界」の創刊号、1946年1月号が発行されたのは45年12月だった。

<編集にあたったのは中川規矩丸(注4)、岡山泰四(注5)と私の3人
で、吉野さんの命令で執筆者を訪問し原稿を集めました。もっとも当初の
編集長は岩波茂雄の高校時代からの友人であった安倍能成(注6)で、安
倍の所属する「同心会」メンバーとその同調者がいく人も登場したのが創
刊号です。安倍はやがて文部大臣に就任したので吉野さんが編集長にな
り、編集方針も徐々に変わっていきました>

塙は志賀直哉も担当していたが、初めて志賀邸を訪ねたときに、「なんで
帝大を出てるのに本屋の丁稚なんかになったんです? しかも三井と言え
ば三菱と並び称される日本の一流企業なのに」と言われたという。

同じことを安倍能成に言われたが、塙は「吉野さんや粟田(賢三、注7)
さんも私と同じ高等学校の出身で大先輩です。大学も同じです」と答えた
ら、安倍曰く「うーん、彼らは札付きのアカだったから、他に行くところ
がなかったんじゃないかな。二人とも好人物だけどな」。

同心会というのは岩波茂雄の関係を中心に、安倍能成、志賀直哉、武者小
路実篤、山本有三などを擁するいわゆる「オールド・リベラリスト」集団
である。彼らの多くは戦後復活した文化人であり、「文化国家論」の担い
手でもあったが、塙にとっては「戦争への無条件協力をした人たちではな
いが、そのような(反共的、保守的な)人たちの集まりなんだと痛感し
た」と書いている。(つづく)
   
                     ・・・・・

注1)岩波茂雄(1881年8月 - 1946年4月)は岩波書店創業者。貴族院多額
納税者議員。

東京帝国大学哲学科卒後に神田高等女学校に奉職するも教師としての自信
を喪失し退職。1913年(大正2)、神田区南神保町に古本業岩波書店を開
く。夏目漱石の知遇を得て1914年には「こゝろ」を出版。これは自費出版
であったが、岩波書店の処女出版となった。

次男の岩波雄二郎は岩波書店・二代目社長。孫の岩波律子は岩波ホール支
配人。次女小百合は岩波書店会長の小林勇の妻。

注2)「五箇条の御誓文」
一.広ク会議ヲ興シ万機公論ニ決スベシ。
(広く会議を開いて、すべて政治は人々の意見によって行われるべきである)

一.上下心ヲ一ニシテ盛ニ経綸ヲ行フベシ。
(上の者も下の者も心を合わせて国を治め人々の生活を安定させる政策を
行うべきである)

一.官武一途庶民ニ至ル迄各其志ヲ遂ゲ人心ヲシテ倦マザラシメンコトヲ
要ス。
(公家も武家も庶民にいたるまで、それぞれの意志がとげられるように
し、人々が失望したりやる気を失うようなことがないようにすべきである)

一.旧来ノ陋習ヲ破リ天地ノ公道ニ基クベシ。
(今までの悪い習慣(攘夷のこと)をやめ、国際法に基づいて行動してい
くべきである)

一.智識ヲ世界ニ求メ大ニ皇基ヲ振起スベシ。
(知識を世界に求め、天皇による統治の基礎を奮い起こすべきである)

我国未曽有ノ変革ヲ為サントシ、朕躬ヲ以テ衆ニ先ンジ、天地神明ニ誓
ヒ、大ニ斯国是ヲ定メ万民保全ノ道ヲ立ントス。衆亦此旨趣ニ基キ協力努
力セヨ。
(これより我が国はいまだかつてない大変革を行おうとするにあたり、私
は自ら天地の神々や祖先に近い、重大な決意のもとに国政に関するこの基
本方針を定め、国民の生活を安定させる大道を確立しようとしている。皆
もこの趣旨に基づいて心を合わせて努力せよ)

注3)小林勇(1903年3月 - 1981年11月)は編集者、随筆家、画家。岩波
書店の創業者の女婿であり、同社会長を務めた。

注4)中川規矩丸は明治38(1905)年生まれ。昭和期の「日本赤色救援
会」中央書記・組織部長・財政事務部長を務めた。同会は1928年4月に解
放運動犠牲者救援会として設立され、その後1930年の大会で、コミンテル
ンの指導の下に設立された国際赤色救援会(モップル)に加盟し日本支部
となり、「日本赤色救援会」に改称した。当時非合法だった日本共産党と
ともに壊滅させられた。

注5)岡山泰四は1908年生まれ。思想的背景はないようだ。

注6)安倍能成(よししげ)は1883(明治16)‐1966(昭和41)。哲学者、教
育者。松山市に生まれ、一高を経て1909年東大哲学科を卒業。在学中から
漱石門に出入りし文芸批評も書くが、カントを専攻し「カントの実践哲
学」(1924)などを著し、岩波版「哲学叢書」の編集に当たる。京城帝国大
学などを経て40年一高校長に就任、敗戦をむかえた。

リベラリスト安倍には、敗戦直後めざましい活躍の場が与えられ、46年に
は文部大臣、貴族院議員(憲法改正特別委員会委員長)、帝室(後に国立)博
物館館長、国語調査会会長、教育刷新委員会委員長の要職についた。

注7)粟田賢三は岩波の編集者で共産主義者。(2013/12/6)



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎マンデラ氏が亡くなった。欧州各国が勝手に線引きをして国をつくり
植民地にしたが独立した結果、もっと悪くなったひとつが南ア。無法状態
だという。

アフリカにシナは資源奪取のために囚人を送りこんでいるという。シナに
もアフリカ人が入り込み、先日の稲城市議が麻薬で逮捕された件は、シナ
在住のナイジェリア人が関わっている。国際社会は暗黒社会。

日本人がアフリカのナイジェリアに投資した顛末記

http://youtu.be/u6M1shNfhEM

 (情報収録:中山)



 ◎農業、自動車で激しい応酬=日米、協議継続へ―TPP交渉

【シンガポール時事】環太平洋連携協定(TPP)交渉の閣僚会合のためシ
ンガポール入りした西村康稔内閣府副大臣は8日、米通商代表部(USTR)
のフロマン代表と会談した。日本がコメなど重要5項目の関税維持を主張
する農業分野や、米国が重視する自動車分野を中心に、双方が激しく応
酬。決着は付かず、10日までの閣僚会合中に引き続き協議することになった。

会談は約1時間に及んだ。西村氏は終了後、記者団に対し「日米の懸案事
項で相当激しく主張や立場をぶつけ合った。まだ隔たりがあり、引き続き
協議していく」と語った。同氏は会談前、重要5項目の扱いについて
「(関税撤廃の例外扱いを求める)国会決議もあり、譲れないところは譲
れないことをはっきり伝えたい」と強調していた。

会談に同席した米政府高官は「良い意思疎通が図れた」と話した。別の米
高官は「協議は継続する」と述べた。

農業分野では、コメなど重要5項目の関税維持を求める日本に対し、米国
が全貿易品目の関税撤廃が原則として一層の自由化を要求。自動車分野で
も、日本からの輸入急増に歯止めをかける強力なセーフガード(緊急輸入
制限)の導入を求める米側に対し、日本側が難色を示す対立の構図が続い
ているとみられる。 
時事通信 12月8日(日)12時15分配信


    
 ◎   江田氏「国民本位の政党つくる」=9日にみんなの党を離党

みんなの党の江田憲司前幹事長は8日、東京都内で開かれた会合で講演
し、「みんなの党はもう限界だ。発展的解消もする覚悟でこれから再編し
て、一強多弱といわれる政治状況を打破して、国民本位の全うな政党をつ
くっていこう」と述べ、同党を離党し新党を結成する意向を表明した。

その後、江田氏は記者団に対し「明日離党届を出すことになると思う」と
述べ、9日に離党届を提出する方針を明らかにした。

江田氏は講演で「小さく分かれていがみあっている野党が、政治理念と基
本政策を軸に、自民党に対抗し得る政治勢力を結集しなければ、日本の民
主主義は死んでしまう」と強調。自民党による1党支配を打破するため、
野党再編に強い意欲を示した。
 
時事通信 12月8日(日)13時2分配信




 ◎元に戻らなかったら…「白斑」被害救済進まず

カネボウ化粧品の美白化粧品による白斑被害の問題を受け、東京都内の弁
護士による被害者説明会が7日開かれ、約120人が参加した。

問題の発覚から5か月が過ぎても、同社による被害救済は進まず、参加者
からは「元に戻らなかったら、どうしよう」と不安を訴える声が続出。被
害者弁護団は仙台、大阪、広島などでも結成されており、集団提訴に向け
た動きも出ている。

「カネボウは謝罪はするが、補償の話を一切しない。他の被害者と力を合
わせて闘うしかない」。説明会に出席した女性(44)は、怒った口調で話
した。同社は「治る」というが、効果的な治療法はなく、化粧品の使用を
やめてから1年がたつのに首の白斑は消えない。たまらず静岡県伊東市か
ら駆けつけたという。

説明会には、弁護団の予想を上回る約120人が詰めかけた。11月の電話相
談には、2日間で224人から問い合わせがあった。

同社は今年7月、自社製品に問題があることを認め、「完治するまで責任
を持って対応する」と明言した。だが、被害者の不満の声は絶えない。東
京弁護団事務局長の中村忠史(ただし)弁護士は、「カネボウのお粗末な対
応が、被害者の不安をあおっている」と指摘する。

弁護団によると、同社から治療費や慰謝料の支払いを受けているのは、白
斑症状が回復した人が中心。改善が見られない被害者には、なかなか補償
の具体的な金額や時期が示されないという。問題の化粧品の使用を証明す
る資料がなければ、同社から交渉を打ち切られるケースも出ているという。

説明会では、弁護士が、化粧品を購入した時のレシートの保管や、医師の
診断書の取得が大切だと指導。弁護団は今後、被害者の委任を受けて同社
と補償交渉を進めていくが、決裂すれば提訴もあり得るという。一方、同
社は取材に対し、「今後も顧客には真摯(しんし)に対応していく」として
いる。

東京弁護団では、ホームページ(http://www.kanebohakuhan-kyusai-t
okyo.net/)を開設し、活動内容を発信している。
読売新聞 12月8日(日)13時4分配信



 ◎中国への飛行計画提出検討 防空識別圏で韓国、方針転換か

韓国国防省関係者は8日、韓国の民間航空機が中国の防空識別圏を通過す
る際、中国への飛行計画提出を認めることを政府内で検討していると明ら
かにした。

韓国政府は中国が設定した防空圏を認めず、自国の航空会社に飛行計画を
提出しないよう指示していたが、米政府が自国の航空会社の飛行計画提出
を容認したことや、韓国が8日に防空圏拡大を発表したことを受け、方針
転換を検討しているもようだ。

国防省関係者は、中国の防空圏を認めない立場は変わらないとしつつ、
「基本的に航空会社は民間機の安全のため必要な措置を自ら取ることがで
きる」と述べ、各社に対応を任せる可能性を示唆した。(共同)【産経
ニュース】 2013.12.8 20:06 
〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎張成沢氏を解任、党除名=「派閥形成の動き」と発表―北朝鮮


【ソウル時事】9日の朝鮮中央通信によると、北朝鮮は8日、労働党中央委
員会政治局拡大会議を開き、張成沢国防委副委員長が「党内で派閥を形成
するために悪辣(あくらつ)に動いた」として、すべての責務を解任し、
党から除名することを決定した。北朝鮮が張氏の解任を報じたのは初めて。
 韓国の情報機関・国家情報院は今月初め、張氏の側近2人が公開処刑さ
れ、張氏が失脚したとみていることを明らかにしていた。 
時事通信 12月9日(月)6時25分配信



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━ 


 1)不運の名手・中村俊輔に同情したくなった:前田 正晶

昨7日は中村俊輔という人は「何処まで行っても、あれほど腕があって
も、運に恵まれない人だなー」と痛感させられた敗戦を見ていた。記憶に
誤りがなければマリノスがJリーグで優勝した時には中村は外国に行って
はずだし、あれだけの独特の技術があっても故障があってW杯では何の役
にも立たない選手だったのだ。

その中村が30歳(35歳だったか)を超えた今年にはあれだけの技術を見せ
てマリノスの首位確保に貢献し、一部には「日本代表に戻しても良いので
は」という意見まであった。

だが、残念ながらサッカーという球技では彼一人だけの力では何ともなら
ない面があり、肝腎の最後の最後で二連敗して優勝を逃してしまった。優
勝を意識して固くなったという擁護の仕方もあるだろうが、それ即ち力不
足の証拠である。

元々それほどJリーグのゲームを熱心にテレビ観戦する方ではないが、昨
日は読売カントリーでやっていたゴルフと半々に見ていた。何故半々かと
言えば「あのサッカーでは川崎に勝てる確率が低い」と閃いたからである。

そのように読んだ理由は「所詮は我が国のサッカーで、A代表と同様に
「キープして抜いて出てやろうではなく、後ろと横へのパスが多く守りが
堅い川崎を崩す力がない」と見たと言うこと。

それにアナウンサーが興奮したかのようで「全日本に選ばれた斉藤学」を
強調したが、彼には優勝を賭けたゲームで決定するだけの力量がなくチャ
ンスを逃すだけだった。本当にそこまでの力があれば、ザケローニ監督が
補欠扱いせずに本気で使ったのではないのか。アナウンサーは視聴者を惑
わすような無駄はことを言わないものだ。

これは後期高齢者の呟きだが、日頃批判している「我々が育った頃との基
本技の違い」を。、この試合でも「左側から来たパスは左足でシュートす
る」即ち、「右からだったら右足」が完全に過去のものと化してのミス・
キックが圧倒的に多く、依然としてトラッピングとストッピングの不正確
さが目立っていた。これが時代の変化か教え方の違い(悪さ?)かどうか
は、私には判断出来ない。しかし、川崎の決勝点となったレナトのシュー
トは左から来たパスを見事に左足で蹴っていて。

横浜には可哀想だが、あそこまでのサッカーだったということだ。しか
し、中村俊輔君には気の毒な結果で同情したくなった。同時に追い込まれ
てから二連覇を成し遂げた広島を褒めて良いと思う。



 2)

 3)


━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


読者:5278人

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。。

ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
--------------------- Original Message Ends --------------------



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/12/10

    猪瀬知事の借用書には折り目が無かったんだよ。封書なのに???

  • 名無しさん2013/12/10

    毎日新聞のコラムから

    『信頼できるジャーナリズムとは。

     国民の知る権利に応え、権力を監視する。

     同時代の記録者としての義務と責任をひるまず果たしていく』

           ↓

    毎日新聞waiwai変態事件 を起こした毎日新聞。

     毎日新聞英語版サイトで「日本人はセックス狂いの変態民族」とする記事が世界中に垂れ流されたという内容。

    さすが反日新聞。

     朝日も同じようなもんですしね。

  • 名無しさん2013/12/10

    【速報】 韓国に日本村がまもなく完成、名称も「在日村」に決定 「在日は祖国に帰って生きていこう」 http://kininatta2chmatome.doorblog.jp/archives/7445046.html

  • 名無しさん2013/12/10

    韓国起源説 (ウリジナル)を特集したTBSにネット騒然 「どうしたTBSwww」「なんでこんな放送してんだよww」 http://blog.livedoor.jp/nico3q3q/archives/68046014.html

  • 名無しさん2013/12/09

    H25/1/20 のデータより



    公務員の国籍条項が撤廃された府県 

    【岩手県・神奈川県・愛知県・滋賀県・三重県・奈良県・大阪府・鳥取県・高知県・大分県・沖縄県】



    どうなってるの???

  • 名無しさん2013/12/09



    出入国管理及び難民認定法

     第六十二条 (通報)

     第六十六条(報償金)

     通報はあやしいと思ったらできます

    不法残留などしていなかったとしても通報者に罰則はありません

    支払いにはその通報に基いて退去強制令書が発付されたときはとあります

    自主退去してしまうひとが殆どなので大抵いただくことが出来ませんが不届きな外国籍外人を日本から追い出すきっかけになるかもしれないのでどんどん通報してください

    風俗産業での従事は殆どの外国籍外人に認められていませんのでそっちから攻めるのが良いと思います

    但し入管は常に人材不足なのでただちに調査はできません 





    YOUTUBEで「通名禁止は日本を救う」

    という動画がUpされています。

  • 名無しさん2013/12/09

    在日韓国籍コリアンが「雇い主から通名を名乗ることを強制された」と言い張って人権侵害だとかで訴訟を起こしたくらいだから、そんな連中に通名を与えるのが間違っている。 

     日本で本名を名乗れないんだったら韓国へ帰れば良い。

  • 名無しさん2013/12/09

    日本人風の通名は本名のカタカナ表記に戻させるべき。

     朴が木下とかじゃなくて、パク。金が金本や金村じゃなくて、キムにね。

     コリアン以外は、ただ単にカタカナ表記にするのに、コリアンだけ日本人風の通名をつけて日本人になりすます。帰化もアメリカのように厳しい条件に変えるべき。ハクシンクンみたいな反日を帰化させるなんておかしいだろ。それに帰化しても日本国籍コリアンとしてもらわないと。

  • 名無しさん2013/12/09

    チャイナや朝鮮半島がややこしい事を始めてしまいますと、世の中の女たちは、本能に基づいて、まわりの草食男子たちに信号を送り、「男らしくなって私たちを守ってよね」という行動に出ます。 これが今後10年間のトレンドですね。 言い換えれば、「男の時代」が始まります。 中韓に感謝(笑)









    国家として秘密保護法制が必要だって号令して検討を始めたのは誰だった? 菅直人内閣で仙谷由人官房長官が旗を振って動き出したんだろ。この一件(中国漁船の巡視船体当たり事件)を教訓に秘密保護法制が不可欠だって騒いだのは民主党自身だろ。いまさら何。

     ★いつものダブルスタンダード(笑)





  • 名無しさん2013/12/09

    特定秘密保護法反対派の言い分を聞きますと、全く人権擁護法案と瓜二つだと、随分前から思っていました。彼らはこれには一切、反対せず、むしろ推奨しましたね。蓋を開ければ、矛盾を孕む反対に対し、今でも何の説得力もないと感じております。

  • 名無しさん2013/12/09

    朝日新聞は「権力を監視する」との自負が強いようだ。何を根拠に言っているのか不明だが、「監視されない権力は必ず暴走する」と断言する記事もあった。とにかく政治は悪いことをすると決めつけている。





    人権擁護法案では、ある人が「近所の人に人権を侵害された」と訴えれば、一方的に令状なしで強制捜査される可能性があった。これこそ恐怖社会だ。外交や防衛、テロ行為やスパイの防止などに限定した特定秘密保護法より、よほど一般人が影響を受ける「恐れ」があった

     ★恥のダブルスタンダード





  • 名無しさん2013/12/09

    朝日や毎日は本当は国民の「知る権利」などどうでもよく、真の目的の日本共産化に秘密保護法が不都合だから反対しているだけ。あの戦争は誰が起こしたのか? 誰が、どの国と通牒して、亡国に追い込んだのか? 真実は「大東亜戦争賛成をあおっていた朝日新聞などコミュニストども」だ。





    中国漁船衝突事件で映像を流した元海上保安官一色正春氏について 当時の毎日新聞は「国家公務員が政権の方針と国会の判断に公然と異を唱えた『倒閣運動』」と激しく非難。 朝日新聞は「政府や国会の意思に反することであり、許されない」と。 現在の姿勢とのダブルスタンダードに唖然。



      

    マスメディアの報道が信用できないからこそ、国家・国民の安全保障のために、《特定秘密保護法》が必要だ。嘘報道で、国民を騙し、アジり、《極左一般意志》をプロパガンダしまくるマスコミに《国民の知る権利》や《表現の自由》を語る資格など一切なし!

  • 名無しさん2013/12/09

    左翼勢力は、内外を問わず、日本国の特定秘密保護法制定に強固に反対してきました。しかしながら、これらの人々は、自己矛盾に気づいているのでしょうか。



      左翼が理想郷として目指す社会・共産主義国こそ、秘密主義の権化のような国家です。共産党一党独裁国家の中国においても顕著に観察されるように、あらゆる情報は、政府によってコントロールされており、当局が発表する段階で、既に改竄が加えられている場合が少なくありません。データや統計の数字さえ操作するのですから、信頼できる情報は皆無と言っても過言ではないのです。このことは、これらの諸国では、全ての情報が、政府によって”秘密指定”されていることを意味しています。北朝鮮に至っては、公式のデータさえ公表されておらず、情報封鎖状態にあります。しかも、情報の操作と隠蔽に長けた国ほど、外国に工作員やスパイを大量に送り込み、積極的な情報収集活動を行っているのです。活発な諜報活動に晒されてきた日本国が、秘密保護法を制定して自国の情報を守ろうとすることは、当然と言えば当然のことです。



      自己矛盾しているのですから、社会・共産主義体制ににシンパシーを感じている人々が、如何に声を大きくして秘密保護法に反対しても説得力がありません。左翼の人々は、中国や北朝鮮といった秘密主義国家にこそ、情報公開と諜報活動の停止を求めるべきではないでしょうか。それができないならば、秘密主義国家からの回し者と見なされても、致し方ないと思うのです。



    http://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/68852966.html

  • 名無しさん2013/12/09

    【速報】 韓国に日本村がまもなく完成、名称も「在日村」に決定 「在日は祖国に帰って生きていこう」 http://kininatta2chmatome.doorblog.jp/archives/7445046.html