政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

3146号  2013・12・4(水)

2013/12/04

■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」3146号
□■■□──────────────────────────□■■□


        2013(平成25)年12月4日(水)



                              中国の「日米分断」に冷水:杉浦正章
                            このロシアの仕打ちに中国は:宮崎正弘
           米副大統領が防空識別圏に強い懸念:古澤 襄
             やっぱり変だよ岩波書店(下):平井修一
                 福岡市博物館に戻った「国宝金印」:毛馬一三
                         話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第3146号
 
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━
中国の「日米分断」に冷水
━━━━━━━━━━━━


      杉浦 正章

安倍・バイデンで同盟は一層強まった

首相・安倍晋三と米副大統領・バイデンとの会談で中国の防空識別圏設定
を黙認せず、連携して対抗することで一致したことは、日米分断を狙う中
国の意図に冷水を浴びせる結果となった。

日米同盟は第1列島線以北に中国を封じ込める長期戦略の下で一層強まる
潮流となった。その象徴としての尖閣問題は、今後日米対中国の軍事的対
峙の構図で長期化することは間違いない。

バイデンは「現状を一方的に変えようとする試みに対し、アメリカは深く
懸念している。この行動が地域の緊張を高め、事故や誤算の危険を高めて
いる」と中国批判を繰り返した。さらに「同盟関係から出てくる義務につ
いて揺るぎない立場で対処する」とも述べ、既に安保条約5条に基づく行
動を表明した国防相ヘーゲルと全く同一の歩調を示した。

ここまでは予想通りの展開になったが、最重要の着目点はバイデンが「父
が言っていた言葉だが、意図する衝突よりひどいのは意図しない衝突だ」
と述べた点であろう。

これは米国がいったん衝突が発生すれば日本側に立った軍事行動も辞さな
いが、その事態は極東情勢の安定のため何が何でも防がなければならない
という、二律背反の姿勢にあることを物語っている。そこから浮かび上が
るバイデンの姿勢は「仲介者」としての立場でもある。

これまで日米当局は安倍・バイデン会談を控えて合意内容の調整を行って
きたが、政府筋によると米側が最後まで応じなかったのは「防空識別圏の
撤回」であったという。

米紙ワシントンポストも、ニューヨークタイムズもこの点に着目してい
る。WTポストは「一部で中国に安倍とバイデンが防空識別圏撤回を求め
るとの報道があったが、バイデンはそのような合意は考慮しなかったと述
べた」と伝え、またNYタイムズも「バイデンは日本の中国への撤回要求
には応じなかった」と報じた。

これに先立って米国は民間航空会社による中国当局へのフライトプランの
提出を容認している。こうした日本の立場とは「ひと味違った対応」を米
国が取る背景には、当面の米国の本音が、日中両国による偶発的軍事衝突
回避にあることであろう。

中国の防空識別圏設定で日米両国が取り得る軍事行動は、先に指摘したよ
うにソ連による大韓航空機撃墜事件と同様の事態が中国空軍によって引き
起こされそうになった場合である。

安倍は「民間人の安全確保を脅かす行動は一切許容しないことでも一致し
た」と述べたが、これは民間航空機に対する軍事行動は、共同して対処す
るという強いメッセージを中国側に送ったことになる。日本は航空会社に
フライトプランを提出させない以上、政府の責任上も警告を発しておく必
要があるのだ。

バイデンは「日本と中国との間の危機管理メカニズムやコミュニケーショ
ンのための効果的なチャンネルが必要だ。中国の指導者と会談する際に、
具体的に提起したい」とも述べた。

これは「意図しない衝突」を避けたい意志の具体的な現れであろう。安倍
との会談でも提起し、中国側にも提起するという流れで“調整”を進めるの
であろう。

こうした素人が見ると一見食い違いとみられる会談内容に、中国が好機到
来とばかりに日米分断の動きに出ることは火を見るより明らかだ。

既に中国国防省報道官の耿雁生は3日「中国が特別なやり方をしているわ
けではなく、ほかの多くの国も防空識別圏を通過する航空機の飛行計画の
事前通報を求めている」と強調、「ごく一部の国の政府は民間の航空会社
に圧力をかけ、通報させない立場を取り続けているのは無益で無責任だ」
と、日本だけが非常識な対応を取っているとして強く非難した。

明らかに民間航空機への対応で日米政府に差があることを突いてきている
のである。さらに安倍・バイデンで「撤回」要求に至らなかったことも、
分断のチャンスとばかりに喜んでいるに違いない。

しかし、中国は安倍・バイデンが発したメッセージを誤解してはならな
い。両者が「中国の力による一方的な現状変更の試みを黙認しない」こと
を確認したことが会談の本質なのである。米国は尖閣への軍事行動は安保
条約にのっとって対応するのであり、大局において足並みの乱れはない。

米国の長期戦略は冒頭述べたように中国の海洋進出を尖閣諸島を含めた第
1列島線で封じ込めるところにある。これにはいささかの変化もない。中
国国家主席・習近平との会談でバイデンは、日米同盟に揺るぎがないこと
を強調して、誤った行動を取る事へクギを刺すであろうことは目に見えて
いる。

防空識別圏撤回に応じなかったのも、民間機のフライトプランの問題も小
異であって言挙げするほどのものではないのだ。逆にバイデンは中国が防
空識別圏を南シナ海でも設定しようとしていることも警告するだろう。

日本はこの日米同盟の再確認と国際世論を背景に、中国のさらなる孤立化
と譲歩に向けて具体的行動を取ってゆけばよい。

     (政治評論家) <2013年12月04日> 



━━━━━━━━━━━━━
このロシアの仕打ちに中国は
━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成25(2013)年12月4日(水曜日)貳
      通巻第4083号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 このロシアの仕打ちを中国はいかに受け止めたか
  モスクワの不法屋台を一斉に手入れした、その夜には?
*********************************

まさに中国ロシア友好イベントの日である。王洋副首相がモスクワ入り
し、歓迎行事をこなした。11月19日である。王洋は「中国ツアー年」と銘
打った展示会の最終日に式典に臨んだ。

習近平夫人の膨麗媛(陸軍少将、歌手)は、註モスクワ中国大使館主催の
歓迎宴で華々しいステージに演技をこめた。オペラ座にも出席した。

ロシアは中国との友誼を発展させようと、歓迎イベントを多数用意してい
たのである。

その日、モスクワ市警は関連部門を多数動員し、モスクワ市内の不法屋
台、バザールなどの抜き打ち検査を行い、捜査対象は20ヶ所。ニセモノ、
海賊版、靴、皮革製品、時計などを売るバザール商人多数を検挙した。
600人が検査された。

押収された金額は25万ドルに及び、しかも殆どが中国人だった。

モスクワ市警は「通常の捜査活動であり、たまたま歓迎式典の日と重なっ
ただけ」と説明したが、在ロシア華人らの怒りは収まらないそうな。
      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◆書評 ◇しょひょう ▼ブックレビュー ■ BOOKREVIEW
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 人民解放軍とは見せかけだけの張り子の虎にすぎない
  度肝を抜かれる軍の腐敗、真実は伏せられ国家機密扱いである

   ♪
陳破空『赤い中国消滅 ―張子の虎の内幕』(扶桑社新書)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 中国の内側で実際に起きている腐敗、行政の機能不全ぶりの醜態。動か
ない、というより動けない人民解放軍。汚職の巣となってしまった中国の
すべてのシステムがいずれ大音たてて崩壊するだろう。四川省地震のように。
しかし、そのあとを襲うのは民主化ではなく、軍のクーデターの可能性だ
ろうと著者は示唆する。

本書の著者、陳破空氏は、元民主活動家、広州で胡耀邦の改革に共鳴し、
民主、自由、人権、法治の旗を振った。

1989年の天安門事件直後に逮捕・拘束され、獄中でつらい思いをした。や
がて米国へ亡命し、辛酸をなめながら自活して、それでも中国の腐敗の告
発を続ける。

つい先頃まで「中国は尖閣諸島は日本領であるとハッキリ認めていた。だ
が、いまになって尖閣諸島は中国のものだと主張し、軍艦と戦闘機を尖閣
諸島周辺海域に繰り返し進入させ、日本を挑発している。

中国の野心の大きさ、強硬な態度は世界を驚かせている。『日本の経済支
援なくして中国の現代化はあり得なかった』ことは、かつて中国共産党の
指導者自身も認めていた事実である。それがいま、中国共産党は日本を敵
となし、恩を仇で返している」

と正論を主張するのである。

本書の特色は軍の腐敗に焦点を当てていることで、息子や娘を軍に就職さ
せるために親が軍幹部に於ける賄賂の相場は2万元から5万元に跳ね上が
り、軍は売春宿、武器密輸、武器転売などのサイドビジネスが盛ん。

あげくに海軍の軍艦が密輸をやっていると凄まじい実態を具体的に報告し
ている。驚くばかり。この軍隊が戦争をやって、どうなるか。火を見るよ
りも明らかだろう。

習近平は「いつでも戦争できる準備をせよ」と呼号し、宴会と贅沢の禁止
を命じた。

楽しみを奪われた軍はそっぽを向いて「いつでも逃げ出す準備ができた」
と嘯くのではないのか。
      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム 
@@@@@@@@

【知道中国 1001回】    
―「賢すぎる支配者」による愚かな国家・経済運営の末路
『中国自壊 賢すぎる支配者の悲劇』(増田悦佐 東洋経済新報社 2013年)


  △
中国の現在を「史上最大・最強のケインズ主義国家」と捉える著者は、歴
史的にも現在も中国は「賢すぎる支配者」によって統治されてきた。そこ
に中国が抱えた最大の問題が隠されていると主張し、歴代の「賢すぎる支
配者」は自らの地位を守るために巧妙極まりない社会的構造を築いてきた
と指摘する。

そこで、著者がGDP至上主義の虜となっていると熱っぽく説く現在の中国
経済の構造を、著者の分析に従って解き明かしてみると――

現在の共産党指導部は、人民の生活水準をほとんど上げずにGDPを拡大さ
せる装置として国有企業を位置づける。たとえば経済の合理性では説明が
つかないほどの粗鋼生産量を達成しているが、それはGDP拡大のためには
「投資のための投資」という“愚行“を繰り返さねばならないからだ。

そこで共産党最上層を形成する「賢すぎる支配者」は、「国有企業の株は
絶対に無価値にならないような市場」の形成に腐心し、かくて「既得権を
もった連中が貧しい大衆からカネを巻き上げるシステム」が生まれてし
まった。

やがて「大きな国有企業で、上場後もしっかり国が経営権を握りつづける
ような仮面株式会社がどんどん上場を果たす環境」が醸成され、あっけな
いほど簡単に大富豪がつくり上げられてきた。

「上場直前に、資金は全額貸し付けで、割安で株を買わせてやる。上場後
のしかるべき株価がついたところで、貸しつけておいたカネを返済するに
必要な分だけ、株を売却させて残った株はそのまま時価評価で貸してやっ
た人間のところに残させる」。

こうして温家宝前首相に典型的に指摘されているように、天文学的な数字
の並んだ資産が「賢すぎる支配者」の懐に転がり込むというシステムである。

「株式市場が、権力者とその取巻き連にとって、自分たちの社会的な権威
や影響力をカネに換えるシステムになってから、もう一世代に相当する歳
月が過ぎている」。

これが中国経済の現状であり、しかも現在の「賢すぎる支配者」である共
産党指導者は、封建王朝時代の「賢すぎる支配者」が極めて限られた郷紳
と呼ばれる地主階層を基盤とし、科挙試験によって権力の階段を上り詰め
たと同様に、「太子党」やら「共青団」と呼ばれる極めて限られた社会階
層が基盤だ。

かくて権力と財力が一握りの権力集団に集中する権貴体制が経済活動全般
を壟断し、社会全体にとてつもなく大きな影響力を発揮し続けることになる。

――以上が、「賢すぎる支配者」が自分達のために作り出した構造であり、
それを根底から支え「身分差別」を固定化しているのが「戸口制度」と呼
ばれる人民管理制度なのだ。

では、なぜGDP至上主義経済が世界経済を牽引するのか。

「共産党独裁下の中国で初めての平和的な政権交代が、ちょうどドットコ
ムバブル崩壊直後にあたって、世界中が投資マネーの登場を心待ちにして
いた時期だった」からという辺りに、答が隠れているらしい。

「史上最大・最強のケインズ主義国家」だから、中国の「賢すぎる支配
者」は今後ともGDP至上主義経済を強引に推し進めるだろうが、いずれ自
壊する――著者の主張も一種の仮説であり、中国語でいう「信不信由?(信
じるか否かは本人次第)」ではある。

だが、「中国全土が一つの経済圏を形成しているという無邪気な思い込み
にとらわれすぎている」という指摘は、中国の社会経済の今後を考えるう
えで深く留意しておくべきだろう。《QED》
    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(読者の声1)テレビ東京の番組「未来世紀ジパング」(11月25日)で紹介
されたイラン、池上彰氏の取材によるものでしたがとても面白かった。

テヘラン市内には「打倒アメリカ」の標語があちこちに。ビルの壁面には
縦置き裏返しの星条旗、星はドクロ ストライプは爆弾です。

http://homepage2.nifty.com/hashim/iran/tehran/tehran003.html

旧アメリカ大使館は「偉大なる占拠博物館」に改装中。1979年までCIA
が運用していたとされる電話盗聴装置のある部屋では個人認証システムを
完備、体重・虹彩・個人認証番号が揃わないと入れない。電話盗聴はどこ
の国でもあたりまえでしょうが、30年以上前から虹彩による認証システム
があったとは驚きです。

部屋の中には学生占拠当時の写真、トンカツ屋さんのキャベツのように切
り刻まれた書類の山、シュレッダーにかけられた書類をさらに細片にして
いたといいますが、処理が間に合わず細切り書類から復元された本が並ぶ。

テヘラン市内の様子を見ると1990年代とは様変わり、女性の服装は派手に
なり、乗用車も国産のペイカンは2005年に生産中止、現在はプジョー、ル
ノーが多い。

どちらもイラン国内での組み立て、フランスとの結びつきは強い。イラン
の核開発疑惑では北朝鮮の関与が濃厚ですが、もしかすると裏でフランス
が絡んでいるのでは? なにしろフランスは商売のためなら台湾・中国双
方に軍艦を売るという節操のない国。

テヘラン市内のバザール、金融制裁のため VISA・MASTER CARD が使えな
い。KENWOODの掃除機、SUZUKIのティーポット、どちらも日本ブランドを
思わせますが中国製の安物。

物価高騰、2年で2倍のインフレ、牛乳 22000リアル(90円)、2011年のイ
ランラジオの記事では牛乳1リットル 850トマン(8500リアル;約60円)で
すからイランリアルでは2倍以上になります。

商店の棚には NESCAFEのロゴがびっしり。他にもフランスの BIC(ボール
ペン)のロゴ。紙幣は10万リアルが最高額(約400円)。50万リアルの小切手
が紙幣として流通するところなど、2009年に5万ウォン札が発行されるま
で1万ウォン(為替レートにより700円〜1000円前後)が最高額紙幣だった韓
国で10万ウォン小切手が流通するのと同様です。

ロウハニ政権になり反米スローガンポスターを撤去、闇ドルマーケットで
はアメリカとの関係改善を見越してドルを売ってリアルを買い戻す動き。
闇ドルといっても1990年代の新聞にはドルの公定レートと市中レート(闇
ドル)が掲載されていましたから政府公認でしょう。

革命防衛隊の行進は足をまっすぐ伸ばすプロイセン・ロシア・北朝鮮式。
宗教都市コムの霊廟ではシャンデリアが燦然と輝く。

公園で行われた日本大使館によるイベントには4000人も集まったという。
寿司や空手、剣道など披露。ややギャル風メイクの女性、髪には日本のカ
ワイイ系のリボン。イランでは日本文化が人気ですが、女性忍者クラブで
は1989年の発足以来、3500人が忍術を学んだという記事もありました。
http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2013-07/10/content_29378484.htm

とある家庭、自家製のケーキを用意しご主人は正座でスタンバイ、女性陣
はソファーで足を組んでいる。韓国LG製のテレビに映ったのは「おしん」。

「おしん」は中東の産油国ではまったく人気がなかったといいますが、経
済制裁による苦難を耐え忍ぶイランでは定期的に特別番組が放送されると
いう。

市場では漫画「はだしのゲン」まで売られており、反米感情から人気も
上々だとか。日本では「はだしのゲン」の閲覧禁止論争がありましたが、
少年ジャンプ連載の前半と共産党や日教組に後押しされた後半は別物で
す。買い出し列車で横暴な朝鮮人を描くなど反戦ではあっても反日ではな
かった。
http://blog-imgs-53-origin.fc2.com/c/a/h/cahotjapan/melto603.jpg

話が飛びました。イラン革命前、日系企業 80社以上進出、在留邦人 6千
人以上、JALも飛んでいた。現在では 31社 101人と激減。しかしドバ
イでは経済制裁解除を見込み日本企業を始めとした各国企業がヨーイド
ン!で進出できるよう準備中だという。

実際にはドバイとイランの間には密輸が頻繁に行われていますから小売レ
ベルでは闇ルートが正規ルートに置き換わるだけかもしれません。

他の番組で紹介されていたテヘラン、ある場所では夜になると女性ドライ
バーのクルマが男性との出会いを求めて通りを行ったり来たり。日本の
1980年代、北関東では女子でも高校3年の18歳で免許を取り、卒業時には
クルマを買ってもらうのがあたりまえでした。

自分のクルマですから行動範囲が広く男女交際も積極的。イランでは若い
女性から話しかけられることもしばしばでしたが、番組を見てアラブ女性
とはまったく違う活動的なイラン女性を思い出しました。

中東ではイランとトルコがますます存在感を高めています。ホルムズ海峡
ではイランの潜水艦が脅威となりつつあるという。
http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-11-15

アメリカがイラン敵視を止め地域の大国として尊重するならば、中東各国
でのテロ支援などにも歯止めがかかると思うのですが、イスラエルの同意
が得られるかどうか、なかなか難しいでしょうね。
  (PB生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)イラン各地の表情、有り難う御座います。小生が
イランを取材したのは10年ほど前ですが、懐かしいですね。ドバイとの間
に密貿易の存在は知りませんでした。そのドバイとアブダビへこれから飛
ぶところです。



   ♪
(読者の声2)アジア自由民主連帯協議会ホームページに12月1日に開催
されたモンゴル人知識人、楊海英氏の講演会の報告が掲載されています。
是非クリックしてご覧ください。
http://freeasia2011.org/japan/archives/2841
(三浦生)




━━━━━━━━━━━━━━━━
米副大統領が防空識別圏に強い懸念
━━━━━━━━━━━━━━━━


            古澤 襄

■中国指導部に問題提起へ

<[東京 3日 ロイター]アジア歴訪の一環として日本を訪れているバ
イデン米副大統領は3日、中国が防空識別圏を設定することで東シナ海の
現状を一方的に変更しようとしていることを米国は「強く懸念」している
と述べ、中国指導部にこの問題を提起する方針を示した。

また、日中両国に対し緊張緩和に向けた道を模索するよう訴えた。

バイデン副大統領は安倍晋三首相との共同記者会見で、「こうした行動に
より地域的な緊張が高まり、事故や判断ミスのリスクが増大した」と指
摘。「緊張が高まるリスクを緩和するための危機管理メカニズム、および
日中間の効果的なコミュニケーション手段の必要性を強調するものだ」と
述べた。

そのうえで、中国指導部にこの問題について直接提起する方針を示した。
また、米国のアジア同盟国である日本と韓国、およびこれらの同盟国と中
国の協調関係を強化することが重要とも指摘した。

バイデン副大統領は4日に北京入りし、その後、韓国を訪問する。

安倍首相は共同記者会見で、日本の自衛隊と米軍の運用を含む両国の政策
や措置には何ら変更はないことを確認したとし、両国は緊密に協力するこ
とで一致したと述べた。

 安倍首相はまた、日米安全保障同盟に基づき、引き続き中国の行動に対
応していく考えを示し、中国が沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)を含
む東シナ海上空に「一方的に」防空識別圏を設定したことは容認できない
との立場を示した。(ロイター)>

■首相「日米が緊密連携し対応で一致」

 安倍総理大臣は、アメリカのバイデン副大統領と総理大臣官邸で会談し
たあと、そろって記者発表を行い、中国が東シナ海に防空識別圏を設定し
たことについて、現状の一方的な変更は認められないとして、力強い日米
同盟に基づき、緊密に連携して対応していくことで一致したことを明らか
にしました。

 安倍総理大臣は、日本を訪れているアメリカのバイデン副大統領と、3
日午後5時半すぎから、およそ1時間、総理大臣官邸で会談しました。

 会談のあと安倍総理大臣とバイデン副大統領は、そろって記者発表を行
いました。

この中で安倍総理大臣は、中国が東シナ海の広い範囲に防空識別圏を設定
したことについて、「力による一方的な現状変更の試みを黙認せず、力強
い同盟に基づき緊密に連携して対応していくことを確認した。民間機の安
全を脅かすことを許容しないことで一致した」と述べました。

これに対しバイデン副大統領は「アジア太平洋が新たなときを迎えている
ときに会談した。日本とアメリカの同盟は、東アジアの安全と安定の基盤
だ。また普天間基地の移設をできるだけ早く実施していくために努力して
いく」と述べました。(NHK)>
2013.12.04 Wednesday name : kajikablog





━━━━━━━━━━━━━━
やっぱり変だよ岩波書店(下)
━━━━━━━━━━━━━━


         平井 修一

岩波書店は売上などを公表していない。「出版ニュース」の推計では2005
年200億円、2011年180億円と低迷している。雑誌「世界」はもとより岩波
文庫、岩波新書も書店から姿を消している。楽天ブックスの出版社別売上
ランキング(2012年度)で岩波は34位だった。2014年度の定期採用はな
い。落ち目である。

竹内洋著「革新幻想の戦後史」に「『世界』の時代」の章がある。それに
よると、敗戦後の日本人の感情は「戦前日本の否定派」と「戦前日本の肯
定派」(部分否定含む)に分けられる。さらに否定派は「罪悪・自虐派」
と「悔恨・革命派」に、肯定派は「無念・遺恨派」と「復興・再建派」に
分かれるのだという。以下は同章の要約。

「悔恨・革命派」は、東京裁判を受け入れて二度と過ちを犯さない(とい
う自虐史観)、反戦・平和、革新・革命に動き、その代表格は共産主義に
影響された共産党、社会党などである。「復興・再建派」は経済復興、貧
困克服、さらには皇国再建に動き、実務家や保守政治家に見られる姿勢だ。

この「悔恨・革命派」と「復興・再建派」が戦後の二大潮流と言っていい
だろう。そして「悔恨・革命派」の雑誌になったのが岩波「世界」だった。

創業者の岩波茂雄は「世界」創刊5か月後の1946年4月に亡くなる。編集長
の吉野源三郎は「平和問題懇話会」を組織し、清水幾太郎や丸山真男らの
論客を育てていった。

1946年の日本出版協会の調査によると「世界」は、読んでいる雑誌、読み
たい雑誌、読ませたい雑誌のいずれでも1位だった。1946年の創刊号(1月
号、8万部)の発売された日には氷雨のなか、岩波書店小売部には長い行
列ができ、完売したという。インテリ左翼や“進歩的文化人”に受けたので
ある。

ところが1949年頃から「世界」は勢いを失い「中央公論」に抜かれて3万
部にまで落ち込んでいた。小生の生まれた年の1951年10月号の「講和問題
特集号」は15万部も出たが、これは例外的だった。

ちなみに大江健三郎もその号を読んでいたようで、こう書いている。

<僕が初めて意識的に「世界」を手にとったのは1951年の夏休みあけのこ
とであった。僕は16歳の高校生で地方に住んでいた。朝鮮戦争が、僕に、
日本および日本人の被占領ということについて新しい眼をひらいていた>
(「持続する志」)

吉野は執筆陣から岩波茂雄が評価していたオールドリベラリストを徐々に
排除し、吉野カラーの「平和的・進歩的文化人の牙城」として政治的な雑
誌(小生から見れば容共左派的反日雑誌)にこれまた徐々に変えていくの
だが、前述したように部数は低迷してしまった。従来からの「アカデミッ
クな岩波文化」を評価する読者が政治臭を嫌って離れたのだ。

一方で共産党は党員数も急増し1949年の総選挙では得票率10%で大躍進し
た。共産党やシンパから見ると「世界」は保守党左派であり、保守派から
はソ連のための平和運動と見なされ、「学者先生の平和談義」と侮られる
始末だった。

岩波は日教組への食い込みを図ったが当初は相手にもされずに失敗し、そ
の代わりに社会党左派が「世界」を米ソのいずれからも中立だとして評
価、そのうちに「平和教育」「平和運動」など平和を唱えることが時流に
なり、日教組も「世界」を評価するようになってきた。

反対に共産党は、朝鮮戦争で日本が米軍の兵站基地になることを妨害する
ためにソ連が武装革命を指示し、この路線に走って自滅した。「恐ろしい
党」というイメージが蔓延し、読売新聞の共産党支持率調査では1950年
2.0%、1952年0.2%である。

一方で社会党は共産党支持者だった人の票をそっくりもらって1952年の得
票率は前回の13%から22%に急増した。

こうした社会党躍進の動きから「世界」は復活し、1953年には1年間で読
者が倍増した。その年の日本読書新聞の「10月に読んだ雑誌」調査(東
大、早大、日女大の学生対象)では、「世界」は東大で1位、早大で3位、
日女大で8位である。

「世界」掲載論文は朝日新聞が論壇時評で盛んに取り上げて「お墨付き」
を与えたこともあって(今もそう)、東大を頂点とした有名国立大学の学
生を中心に愛読されるようになった。

1950年代後半はスターリン批判、日共神話の崩壊などによって共産主義信
仰は揺らぎだしたが、それに代わって1960年頃から「市民」という言葉が
盛んに登場してくる。「世界」は共産党路線と距離をとっていたがゆえ
に、市民派サヨクの居場所となり経典になった。「世界」の時代になって
きたのである。

1963年の京都大学新聞の読書調査によると月刊誌では1位「世界」50人、2
位「文芸春秋」28人、3位「中央公論」15人、4位「前衛」(共産党機関
紙)8人だった。「世界」族とか岩波文化人という言葉も生まれたが、共
産党支持者には、このゆるい「市民派サヨク」の跋扈を苦々しく思う人も
いた。

京都大学の姫岡勤教授は竹内洋ら「世界」族的な学生を前にこう語った。
○○とあるのは当時の「世界」族に人気のあった非共産党系知識人である。

「君たちは私のことを物わかりの悪い教授と思っているかもしれないが、
私は選挙のときは共産党にしか投票したことがない。○○のようなのは滅茶
苦茶ですよ、遊泳術だ。マルクス主義は強力な理論的武器だが、かかわる
なら徹底しなきゃ。河上肇(注)先生は偉い」

大学という安全地帯で良心的なポーズだけはとりたいという、「世界」族
を代表する市民派サヨクのゆるい立ち位置への批判だろう。

60年安保で反日共系の新左翼が登場し、また池田内閣による「所得倍増政
策」を追い風とした消費社会の始まりもあって、「世界」に陰りが見え始
めてくる。60年代半ばには3万部ほどになっており、吉野は1965年には編
集長を辞めた。

1976年の「世界」30周年記念号には、1967、8年の頃、岩波文化人である
歴史学者からこう言われたとの編集委員の述懐がある。

<1970年までで「世界」は廃刊にしたらどうか。そうすれば戦後の一定の
役割を果たして幕を下ろすことになるのではないか>

小生が思うに「世界」の時代はとっくに終わっているのだ。(おわり)
(2013/12/3)

          ・・・

注)河上肇(かわかみはじめ、1879年10月20日 - 1946年1月30日)は、日
本の経済学者。京都帝国大学でマルクス経済学の研究を行っていたが、教
授の職を辞し、共産主義の実践活動に入る。日本共産党の党員となったた
め検挙(1933年)され、獄中生活を送る(1937年出獄)。カール・マルク
ス『資本論』の翻訳(第一巻の一部のみ翻訳)やコミンテルン三十二年
テーゼの翻訳のほか、ベストセラー『貧乏物語』で知られる。(ウィキ)



━━━━━━━━━━━━━━━━
福岡市博物館に戻った「国宝金印」
━━━━━━━━━━━━━━━━


          毛馬 一三

国宝の金印「漢委奴国王印(かんのわのなのこくおういん)」は、元々福
岡市博物館に在ったが、平成23年12月から同館改修工事のため、福岡市美
術館に一旦“移転”していた。その2年間の同館改修工事が終了し、「国宝
の金印」は、先月11月3日福岡市博物館に戻り、「常設博物室」で展示さ
れ出した。

どうして「倭の国の印」が、筑前国那珂郡志賀島村(現福岡市東区志賀
島)南端・叶ノ浜の「叶崎」で出土したのか。福岡生まれの私自身子供の
ころから、不思議で堪らなかった。

「国宝金印」の出土からの経緯を記すと、下記のようだ。

<天明4年2月23日(1784年4月12日)、筑前国那珂郡志賀島村(現福岡市
東区志賀島)南端・叶ノ浜の「叶崎」で出土。発見したのは甚兵衛という
地元の百姓である。ところが近年の研究では発見者は秀治・喜平という百
姓で、甚兵衛はそれを那珂郡奉行に提出した人物だとうという説が有力。

水田の耕作中に偶然発見したとされる。一巨石の下に三石周囲して匣(は
こ)の形をした中に、存したという。那珂郡奉行から福岡藩へと渡り、儒
学者亀井南冥によって「後漢書」に記された「金印」であるとされた。

その後、この「金印」の「委」は「倭」の省略形で、中国史書「後漢書」
(東夷伝の倭伝)に「後漢の光武帝が建武中元2年(57年)に朝貢した倭
奴国に印綬を下賜した」と記されており、「漢委奴国王」と印綬された
「印」であることが確定した。

出土した後は、福岡藩主黒田家に伝えられ、明治維新後に黒田家が東京へ
移った後は、東京国立博物館に寄託され、その後は福岡市美術館の開設に
伴い1978年(昭和53年)に福岡市に寄贈された。

最初は、1979年(昭和54年)から福岡市美術館で展示されたが、1990年
(平成2年)から、福岡市博物館で保管・展示されてきた>。参考ウィキ
ペディア

さてここからが本題。

「金印」出土した場所は「志賀島」の南端・叶ノ浜の「叶崎」。そこは、
福岡市内の辺鄙な処にある。JR香椎線(地方交通線)の西戸崎前から
「海の中道」を経由して志賀島へ渡り、島の南側を行くと「金印公園」に
至る。

私は小学生の頃、父に連れられて博多築港から遊覧船で志賀島に渡った。
「金印」の出土現物付近の見学旅行だった。その時初めて「金印」の出土
現場の叶ノ浜の「叶崎」を目撃することが出来、感動した。

ところが、暫くして後漢の光武帝が下賜したという「金印」が、またどう
して、このような辺鄙な「離れ島」で出土したのか。これからまさに
「謎」となり頭を悩ませた。「何故、志賀島から出土?」なのか。

確かに金印が志賀島に埋められていた理由については、学説にも諸説がある。

A、遺棄説 2世紀に、倭国が大乱となったため棄てられた。
B、隠匿説 同じく倭国大乱で奴国が没落したため、人里離れた所に隠した。
C、墳墓説 奴国王の墓に副葬された。
D、王宮説 奴国王の宮殿が近くにあった。
E、祭祀遺構説 航海安全祈願の施設があったから、等々である。
        出典:<「一大率・難升米の読み方と白日別の意味の一部>。

どれも該当する可能性はあるが、未だにはっきりしない。私の自身、何と
か調べる方法はないのかと探しているが、老いて今になっても「謎」のま
まだ。

国宝の金印を所蔵する福岡市博物館のホームページにも、この「謎」に関
して、『なぜ金印が志賀島に埋められていたのか。これまで「墳墓説」
「隠匿説」が唱えられ論争となった時期もあつたが、全く不可解』と記し
ている。博物館でも、突き止めていない。結局「謎」のままだ。

そこで、重複するが敢えて記して置く。

<志賀島から出た金印は、「蛇の紐通し(蛇の形の紐とおし)」が付いて
いる。「蛇紐の金印」はそれまで中国本土はもとより、世界のどこからも
発見されたことがなかった。だから偽物ではないかという風説が流れた時
期もあった。
  
ところが、1956年に中国雲南省で前漢代の「てん(さんずいに眞)王之
印」が発見され、これが「蛇紐」であったために、「偽物説」は一蹴された。
  
漢代の印綬制度では、漢王朝に仕える諸侯(内臣)は、黄金印に亀の紐。
異民族の国家で漢に臣従したもの(外臣)は、北方民族には駱駝や羊の
紐、そして東夷南蛮の王には「蛇紐の金印」が下賜されたていたことが明
らかになった。

また福岡の太宰府天満宮に伝わる唐時代の辞書「翰苑」の巻三〇蛮夷の部
の中の倭国の記事に「中元之際紫授之栄」とあり、紫綬の金印が光武帝よ
り授けられたことが記されている。

これによって志賀島の「金印」は、前述のように後漢の光武帝から下賜さ
れたことがしっかりと証明されたことになる>。参考:ウィキペディア

つまり光武帝からの下賜であることははっきりしたものの、その「金印」
がどうして「志賀島から出土したか」は、これからも「謎」のままなのだ
ろうか。

序でながら、考古学者から聴いた「謎」に絡む話を記述しておきたい。

それよると、<「委奴国の部族神・綿津見神の本貫地と、卑弥呼の本貫
地」が、同じ志賀島であるという説があるという。つまり両者は、同じ綿
津見神を奉戴する同じ氏族集団発祥の地の部族の同じ出身であり、卑弥呼
は委奴国の王族であるという説だ。

となると、光武帝からの下賜された「金印」の所有者の部族神は綿津見神
であり、そのために「金印埋納場所」の場所が、部族の聖地であった志賀
島に選ばれたのではないかということだ。

これが、志賀島で「金印」が出土した「謎解きの新説」になるかも知れな
いと、その考古学専門家は言っていた>。

ご承知のように、2世紀後半に卑弥呼が委国の乱を収めて初代王になった
ことははっきりしているが、邪馬台国の場所は、九州説と近畿説に分かれ
ている。

だが、「志賀島が卑弥呼の本貫地」だという話を聴かされ、心が躍った。

志賀島での「金印の出土謎」は、まだ続くだろう。

不覚にも、「国宝金印」を、私は未だ見ていない。早い内に福岡市博物館
を訪ね、展示されている「一辺2.3?の四角形、台部分の厚さ約9?、総高
約22?、重さ108.7gの純金製(22金)」にお目にかかりたい。(了)



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎韓国人デザイナーが安倍首相の登場するデザインを

http://www.hoshusokuhou.com/archives/34601048.html

 (情報収録:中山)



 ◎【日米会談】
首相の疑心ぬぐえず バイデン氏、中国での発言注目
産経ニュース 2013.12.4 00:23
<http://sankei.jp.msn.com/politics/photos/131204/plc13120400240000-p1.htm>

安倍晋三首相は3日のバイデン米副大統領との会談で、中国が尖閣諸島
(沖縄県石垣市)を含む東シナ海上空に防空識別圏を設定したことに対
し、強い反対姿勢で日米の足並みの一致を示すことができた。ただ、安倍
政権とオバマ政権の「温度差」は、防空識別圏をめぐる対応でも表れた。
官邸側がオバマ政権への疑心を完全に払拭するにはまだ時間を要しそうだ。

安倍首相「日米の同盟関係は順調に発展してきている」

バイデン氏「首相は短期間ですでに日米同盟の強化で実績を挙げている」

アジア歴訪で最初の訪問国に日本を選んだバイデン氏は、オバマ大統領の
メッセージを代読しながら良好な関係をアピールした。

官邸側は「バイデン氏を日米関係強化のパイプにしたい」(外交筋)と考
えてきた。今回はバイデン氏と2人だけの会談時間を約20分確保し、日米
同盟の強化を訴えた。

オバマ氏がデフォルト(債務不履行)や医療保険制度改革(オバマケア)
など内政問題に追われる中、日米間には中国の海空における挑発的な進出
や米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設などの課題が横たわる。

官邸側は、11月のケネディ駐日大使の着任を機に、オバマ氏直属の「バイ
デン−ケネディ」ラインで外交ルートの構築を目指すが、中国の防空識別
圏問題でも日米間にズレが出た。

2日は「一切の措置の撤回を求める」と強気だった首相も、会談では「撤
回」に言及しなかっ日本政府は、中国が要求する民間航空会社の飛行計画
書提出を拒否する姿勢を示した。一方の米政府は軍事と民間は別として事
実上容認。対中けん制で足並みを揃えられなかったことは想定外だった。

日本政府が期待を寄せるバイデン氏だが、会談後の共同記者発表で「誤算
や過ちの可能性は高すぎる」と語り、「日中間の危機管理メカニズム」の
構築と対話を促した。「米国は仲裁役」との立場で中国への気遣いもにじ
ませた。
た。

加藤勝信官房副長官は会談後、記者団に「首相は会談で『黙認しない』と
言った。政府の姿勢はこれまでとまったく同じだ」と強調。首相もまた本
音を「封印」した格好となった。

米政府は中国側に対し防空識別圏をめぐる運用手続きの「撤回」を求める
としているが、官邸側はバイデン氏が習近平国家主席にどこまで言及する
か注視している。(坂本一之)



 ◎既成事実を積み重ねて世界に自国領だと認識させる作戦。

米国民主党はやはりシナ寄りであるとおもう。オバマ大統領には親族に2
人シナ人がいるのだ。

この状態は開戦前夜。 シナの情報戦争や謀略に、戦前のように負けるこ
とはできない。

空の安全協議呼び掛け 中国、既成化狙う


【中国防空識別圏】
「民間機の飛行は安全」 解放軍、提出義務は維持
共同通信 2013.12.3 23:44

中国人民解放軍のシンクタンク、軍事科学院副院長の任海泉中将は3日
夜、北京で講演し、中国が設定した防空識別圏内を飛ぶ外国の民間航空機
について「これからも安全だ」と述べ、民間機の飛行に影響はないとの認
識を示した。

ただ飛行計画の事前提出が必要だとの認識をあらためて表明。その上で
「そうすれば飛行の安全をさらに確実にできる」と述べた。航空会社に飛
行計画の提出を行わないよう指示している韓国の有識者の質問に答えた。
(共同)

空の安全協議呼び掛け 中国、既成化狙う
 2013.12.3 22:54

沖縄県・尖閣諸島。手前から南小島、北小島、魚釣島=2012年9月

中国の劉振民外務次官は3日、北京市内で講演し、中国が設定した防空識
別圏に関し「中国と日本は対話を増やして空の安全を確保し、事故を避け
るべきだ」と述べ、日中両国が軍用機同士の不測の事態を回避するために
協議を進めるべきだとの考えを示した。

軍事衝突回避を誘い水に、日本を協議に引き込むことで、尖閣諸島(沖縄
県石垣市)上空を含めた防空識別圏を既成事実にしようとする狙いがあ
る。中国外務省の洪磊報道官も同日の記者会見で、空の危機管理について
「共に地域の安定維持に努めるよう日本側に求める」と呼び掛けた。

洪氏は、防空識別圏設定以降、13カ国・地域の30余りの航空会社が中国
当局に対して対象空域を通過する便の飛行計画を提出したと発表。その上
で「こうした建設的態度や中国に対する理解、協力を称賛する」と述べ
た。(共同) (情報収録:中山)



 ◎ 小笠原“新島”出現と太陽活動の意外な関係
  (週刊プレイボーイ 2013/12/3) …抜粋
  http://wpb.shueisha.co.jp/2013/12/03/23506/

 地球の気候に大きな影響を及ぼす太陽活動。その黒点の数が多いほど活
発で、少ないほど不活発。黒点数は通常、定期的に極大期(数百個)と極
小期(0個に近い)を繰り返している。

ところがここ最近、この黒点数に明らかな異常が観測されている。地球惑
星科学の権威である東京工業大学・地球生命研究所の丸山茂徳教授はこう
説明する。

 「太陽の黒点数は極大期から次の極大期まで、従来はほぼ11年周期と
されてきましたが、前回の2001年から12年が経過した今になっても、ピー
クにはまったく達していない。黒点の数が少ないということは、太陽から
来るエネルギーが減っているということです。地球は温暖化が進んでいる
と一般的にいわれますが、実際にはむしろ寒冷化に向かっていると思われ
ます」

その結果、今年は欧州で低温が続き、日本では寒暖の差がはっきり出て、
夏はより暑いものの冬はより寒くなり、降雪も多くなる傾向が見られると
いう。

科学評論家の大宮信光氏もこう指摘する。

「太陽観測衛星『ひので』の調査結果により、太陽活動が停滞期に入ろう
としている可能性が指摘されています。1645年から1710年までの間、太
陽活動が極端に不活発になり、黒点の数が少ない状態が続いた『マウン
ダー極小期』と呼ばれる時期があったのですが、それが再来しつつあるの
ではないかという学説を唱える人が増えています」

マウンダー極小期には、江戸時代前期の日本も繰り返し寒波に襲われ、農
作物が不作続きに。何度も飢饉(ききん)が発生し、多くの人が犠牲に
なった。

さらに、太陽活動の低下は地球表面の気候のみならず、内部の地殻活動や
火山活動にまで影響を及ぼすのだという。前出の丸山教授はこう説明する。

「太陽活動が低下すると、通常時は地球を適度に覆(おお)っている太陽
風のシールドがなくなり、銀河系宇宙からやって来る『宇宙線』をはね返
せなくなる。

宇宙線は強力な放射線で、例えばコーラに照射すると液体中の炭酸が気
化して発泡します。これと同様に、地下の活断層の間にある水分や、火山
のマグマの成分が宇宙線にさらされることで気化し、膨張することで、地
震や噴火が発生しやすくなることは十分に考えられます」
                       (情報収録:中山) 



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━ 


 1)右翼団体の街宣活動に対する、警視庁のスタンスと、国会議事堂前
の『一般市民のデモ』に対する、それの違いに、大きな違和感を覚えます。

彼らに対する、甘さは、何らかの、政治的配慮なのでしょうか?
ただの、ダブル・スタンダードにしか、思えません。単純に言えば、右翼
は、ダメで、左翼は良し?戦後言論界の、軽薄さ、そのものですね。

国会周辺を、警備してる、警視庁機動隊は、何をしてるのでしょうか?
厳正なる、法の執行を、躊躇する愚かさを、知るべきです。

どこから見ても、『一般市民・善良な市民』を、装っている、『プロ市
民』としか、見えません。

大音量で、自分達に反対する立場を、抹殺しようとする、『暴力』は、
石破氏の言う通り、正しく、根底は、テロリズムです。(森田光幸)



 2)奇跡の退院後3ヶ月が過ぎた:前田 正晶

国立国際医療研究センター(NCGM)の主治医にも、長い間お世話になって
きた開業の先生方にも、「8月29日に人生で2度目の心筋梗塞から立ち
直って退院後の循環器系(身体?)の具合には問題がない」と聞かされて
いる。

当人も自覚しているが、9月から10月にかけて苦しんだのは「再発するの
ではないか」と「室内外の温度差で風邪でも引けば生命の危機
が・・・・」といったような精神的な恐怖だった。

それ以外に意外に悩まされたのは、食欲の有無よりも何を何処で食べても
「味が薄い」と言うか「味を感じない」ので美味くないことだった。自然
に食べる量も減って食事制限などする必要もなかった。

体重は8月14日のカテーテルの処置でstentを留置して救命された後でICU
のベッドで自動測定された際には、60.3 kgもあったと聞かされた。重す
ぎだ。8月13日には59.35 kgで「少し多いな」との自覚はあったが、60 kg
突破は意外だった。

退院後の9月2日には57.55 kgにまで減少していて、じっとしていたことと
病院食の効果かと思っていた。または「入院中には比較的回復が早かった
ようで、半ばを過ぎた辺りからは院内を何処でも自由に歩き回って良いと
の許可を得ていたので、足が衰えないように方々を歩き回って運動するよ
うにしていた」成果かも知れない。

9月20日にNCGMの指示で飯田橋の特殊MRI専門のクリニックで検査を受けた
際には、診断を担当の医師から「循環器系統は安全圏内にあるので最早食
事制限の必要ない」と診断を頂いた。だが、肝腎の食欲というか「何でも
食べてやろう」と言う意欲がわき起こってこない期間が11月前半まで続い
た。事実、11月15日にジムで真っ裸で計量した時には55.15 kgまで下がっ
ていた。

この頃までは美、味くなかろうと何だろうと最低必要量だと思っただけは
何とか食べていたし、商社との昼食会を兼ねた懇談会も復活していた。食
べる際の意識には嘗て私を拾い上げて下さった編集長の至言「海外をパッ
ク旅行する際に出てくる食事は生き抜くための餌だと思えば食べられるで
しょう」があったほどだった。

しかし、先月下旬に入ってから徐々に3食の間に「特に空腹というわけで
もないが何か食べたいな」という気分が出てきて、静岡から贈って頂いた
柿であるとか、アイスクリームなどに手が出てくるようになって来た。商
社との昼食会でもデザートを注文しようという気になってきた。その結果
かどうか、今月に入って一度56 kg台を記録した日もあった。

私の感覚では「間食をしようという意欲は危険信号では?」と捉えてい
る。退院後の食欲不振は「循環器の検査結果は安定していても、まだ身体
に栄養分を吸収するだけの力が戻ってきておらず、『大量摂取の体制は
整っていない』との信号を送っていたのだ」と解釈してきた。それが、
3ヶ月を経て外出等の活動をするには、3食以外のエネルギー源が必要だと
知らせているのだとも考えている。

だが、8月14日前の59 kg台の体重は明らかに過剰で、食べ過ぎの結果が裏
側の冠動脈のstentのところでの梗塞の遠因(原因の一つ?)になったの
ではないのかと自戒している。要するに、今では古くから言われている
「間食は控え目にすべきだ」という健康法が当てはまるのではないか考え
ている。現実には間食もさることながら、何を食べても「これはこういう
味だったのだ」との感覚が漸く入院前の状態に戻ってきている。

だが、胃そのものが収縮した感があって、何を見ても出されても「よし、
沢山食べてやろう」という戦闘?意欲は湧き上がってこない。だが、これ
は病後のためと言うよりも単に老化しただけかとも素直に捉えているし、
その方が自然だと思うのだ。

念のため付記しておくと、当方はアルコール類は一切嗜まず自宅には何も
ないし、20年ほど前につきあいでビールをコップ2杯を飲みきる前に急性
アルコール中毒で失神した苦い思い出がある。煙草は未だ嘗て手を出した
こともない。


 3)国民総背番号制が動き出しそうだ。:酒井 富雄

原則として日本国内に住むすべての人に固有の番号を割りあてて政府や地
方自治体が社会保障、税務、災害対策の手続きをするときに個々人を確認
する手段とする制度。(あるブログから)

経済再生担当相は11日の閣議後の記者会見で、国民一人一人に番号を割り
振り、年金や納税の情報を一元的に管理するマイナンバー制度の番号の桁
数を、個人は12、法人は13とすると発表した。政府はこれまで12桁程度に
なるとの見通しを示していた。  (6月11日47news)

12桁にする必要があるのだろうか? 12桁など覚えていられる人など居る
のだろうか? 12桁にすると、どういうことが起こるとかということを明
らかにしてみたい。

12桁番号では、既存の、ありとあらゆる番号は、流用できない短所。 既
存の番号が内包しているバグ発見と駆除・修正のメーカー責任は、その時
点で解除される。

もちろん、検収受け入れ側の公務員の責任追及も、ここでストップとなる
短所。省庁の合併や呼称変更で過去のキズに触れらなくてすむように、そ
して、そのドサクサで、完璧な引継ぎが出来なかったという言い訳を許し
てしまう短所も生まれてくる。

消費税が5から8に、8から10%にアップする、前代未聞・空前絶後の好
景気がソフト業界に向かっている上、さらに、追い打ちをかけるように、
過去の責任からも解放されるというおまけまでくっついた。 今、買うべ
きは、ソフト関連株だということかもしれない。

2の10乗で1,024、つまり1024桁の数字の入る空白桁を各人別に作ってや
る。そこに、既存の番号、例えば年金番号、戸籍番号、住民番号、国保番
号、などなど、あらゆる番号を、放り込む。もちろん、何桁目から入れろ
というルール付けだけは必要だが、それ以外は、既存の番号を流用し尽く
して、入らない桁にはゼロを入れるという仕掛けだ。

そのようにしてつくられた1,024桁が、国民各位の個人番号となる。

この利点は、前述のおかしな部分をおかしいままに温存できるし、責任追
及も可能とさせている。なによりいいのは、新たな番号を作らずとも、自
ずと、1024桁の番号が、各人にユニークに配布されていくという利点だ。
既存番号を流用して、単純に並べるだけだから、カネも掛かららず、増税
も不要というおまけまでついている。

昔は土建業界に、今はソフト業界にむしり取られて、しかも、検収検査も
出来ないものを納品されしまっている愚を一掃できる長所がある。どうし
て、直そうとしないのか? どうして1024桁やもっと大きな桁の番号を用
いようとしないのか? 不思議だ。
 


 4)おもてなし:前田正晶

本当は5文字のひらがなの間に4個の「・」が入るらしい。私は滝川クリス
テルさんのプリゼンテーションを全部聞かせて貰う機会もなく、この大賞
受賞となった言葉の前後の文脈(脈絡?)がサッパリ解らないのだ。

唯々テレビで繰り返してあの手真似のところを見させられただけである。
簡単に言えば「多くの人が真似る機会が多かったので大賞となったので、
あの動きが何かを意味するものではないらしい?」という疑問である。

残念ながら、後期高齢者に分類されて久しいものがある当方にとっては、
あのような複数の言葉を真似るほどの軽佻浮薄さは最早残っていないの
だ。もしかして、「東京でオリンピックが開催されると我が国では観戦な
いしは観光に訪れて下さる外国の方を懸命にお持てなしいたします」と彼
女が言ったのかなと考えてみた。

それならば、余りにも当たり前のことであるから、矢張りテレビが手真似
というかジェスチャーの部分を何度も流したので「流行になった」という
ことで、大騒ぎしただけの「テレビ造語大賞」か「手真似大賞」が相応し
いのかなと、意味のないことを考えている。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

PCを打っている左側から太陽が照り付けて来て暑いぐらいだ。電気ストー
ブは再びしまいこんだ。

予めお断りとお詫びをあいておきますが6日付けは休刊します。昼間に限
定して築地で酒を飲む会が予定されているからです。御寛恕をおねがいし
ます。

読者:5276人

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。。

ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
--------------------- Original Message Ends --------------------



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/12/05

    うだうだやってると、「決められない政治がーーー」。 とっとときめると、「独裁がーー、横暴がーー」。 どうしろっちゅうねん(笑) ようするに、「特定機密保護法は、サヨクに都合が悪い」ってだけだろ? そう素直に言えよ。 

  • 名無しさん2013/12/05

    2013/12/05

    動き始めた「タダ乗り」との戦い

     

    ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□





        『三橋貴明の「新」日本経済新聞』



        http://archive.mag2.com/0001007984/index.html

  • 名無しさん2013/12/05

    ユネスコがキムチのことで怒ってる

    嘘ばかりつく韓国にお怒りです



     

     ( - ゛-) がぉ〜



     

     キムチの無形文化財登録はない

    商品宣伝への利用をやめろとお怒り

    韓国政府に注意を与えたようです



     

     「わはははは・・」



     

     韓国はキムジャンでの申請らしい

    キムチでの申請もないそうだ

    申請しても却下です



     

     「ポイ」



     

     韓国政府あげて嘘をついてた

    キムチの売込みをしようと利用した

    ユネスコまで利用した詐欺である



     

     悪い奴らである



     

     嘘ついても知ら〜んプリ

    ユネスコまで騙す韓国の商法

    韓国人が嫌われるわけだ



     

     日本ではキムチ嫌いが増殖中です

    輸入量も昨年より20%ダウン

    食べる人が減少中です



     

     スーパーで買う人を最近はミナイ

    多くがそのままゴミ箱行きかな?



     

     キムチを食べるとお尻が臭くなる

    僕はキムチを食わんから臭わん

    お尻がさわやかな人です



     

     ミ((((( ̄○ ̄) すうぃ〜



    http://hitorigoto-kokoro.blogspot.jp/2013/12/blog-post_5.html

  • 名無しさん2013/12/05

    「原発なくせ!」デモ隊が置いていった立札を上から覗いた結果・・・「あっ...(察し)」  http://blog.esuteru.com/archives/7439984.html

  • 名無しさん2013/12/04

    【これは朝鮮式デモ?】特定秘密保護法案の反対デモがキ○ガイじみてる件 なんだこいつら・・・【画像アリ】 http://jacklog.doorblog.jp/archives/35381662.html

  • 名無しさん2013/12/04

    【緊急速報】NHKがマジでヤバすぎる!!テレビをもっていなくても全世帯から受信料徴収の義務化を要請していたことが発覚!!!!!  http://blog.livedoor.jp/muchio68/archives/35373125.html

  • 名無しさん2013/12/04

    三宅博『NHKを解体するのが日本の為だ!!』:私も大賛成だヨ!  http://quasimoto.exblog.jp/21407142/

  • 名無しさん2013/12/04

    昔のブーメラン発見!:「菅なりすまし内閣!内閣官房副長官・福山哲郎の本名は陳哲郎?」  http://quasimoto.exblog.jp/21410104/

  • 名無しさん2013/12/04

    紫禁城の黄昏  

    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-647.html

  • 名無しさん2013/12/04

    「父の子守歌」の上映を願います。



    東日本大震災を題材にした台湾映画『父の子守歌』が3月11日、第7回大阪アジアン映画祭で世界初上映

    http://www.cinematoday.jp/page/N0040362



    父の子守歌

    http://sabunori.exblog.jp/17536735/

  • 名無しさん2013/12/04

    民主党の福山哲郎氏が帰化人、というのは本当ですか?  http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1145985086

  • 名無しさん2013/12/04

    日本を創り直す

    創り直す為に必要な法

    そのひとつが特定秘密保護法である



     

     責任の自覚を法により目覚めさせる

    大切なことなのです



     

     ミ((((( ̄○ ̄) だろ?



    http://hitorigoto-kokoro.blogspot.jp/2013/12/blog-post_4.html

  • 名無しさん2013/12/04

    気まぐれな世論や社説は、必ずしも、歴史の真実(と教訓)を反映していない。   ここが、踏ん張りどころだ。   怯まず頑張れ!   安倍内閣・自民党!





    また、冷戦時のソ連(現ロシア)/東欧/バルト三国/南米/アフリカ・中共・北朝鮮等々の東側諸国の歴史が暴露された現在では、(全面講和ではなく)多数講和と日米安保条約は正しかったのは自明であろう。





    戦後、新左翼の「デモ」は、次第に過激さを増し、最後に行き着いた先は「平和」ではなく「暴力」であり、その成果は「無」であり「平和ボケ」であり、「内ゲバ」であり「テロ」であった。





     戦前、大政翼賛会を扇動したのは、極左コミュニスト近衛文麿であり、大東亜戦争を煽ったのは、ソ連のスパイであった尾崎秀実や朝日新聞、革新官僚/将校、昭和研究会など左翼・極左陣営であった。





    「公安」がマークする「反日外道」のリストが、「2000人分」集まったということ。一億日本人は、この「反日スパイ」を取り締まる「特定秘密保護法」に大賛成ですからね。





    公安の予算を5倍増、人員を3倍増くらいしても、足りないかな?

    売国奴なんと多いことか。

  • 名無しさん2013/12/04

    1911年(明治44年)の辛亥革命で清朝が倒れ、1924年(大正13年)のクーデタで溥儀が北京を脱出し、そして1932年(昭和7年)に満洲国が建国されるまで、日本がシナ本土や満洲の地を“侵略”した事実など、ひとかけらもありません。



    だから私は、『紫禁城の黄昏』を読まずして満洲を語ることなかれ、と声を大にしていいたいのです。



     『紫禁城の黄昏』が東京裁判で証拠として採用されていれば、裁判それ自体が成り立たなかったと思います。しかし実際には却下されてしまった。その理由は、この本を証拠として採択すれば東京裁判の法廷を維持できなくなるからに決まっています。



     《 岩波書店の“文化的犯罪”を糾す 》



    この「紫禁城の黄昏」はそれほど重要な史料なのです。



    ところが、現在も岩波文庫に入っている『紫禁城の黄昏』はたいへんな欠陥商品です。映画「ラストエンペラー」が評判になったとき、岩波書店が話題に便乗して訳出した文庫本ですが、私はそれを手にして驚きました。満洲国の成り立ちや当時の政治状況(いいかえれば、満洲国は断じて日本の傀儡(かいらい)国家ではない、といった事情)がいちばんよくわかる第1章から10章まで省いてあったからです。そして、満洲事変に直接かかわる第16章も省いている。満洲国の成立に関係した人の名前が出てくる箇所も、序章以下、虫食い状態で削っています。その結果、全体の約3分の1がカットされています。これはもう「欠陥商品」というより「文化的犯罪」というべきでしょう。



     岩波文庫がなぜそんなことをしたかといえば、「満洲は中国の土地ではない」とか、「辛亥革命のとき溥儀が帰っていれば正統的な満洲国ができていたであろう」といったふうに、現在の北京政府に都合の悪い記述がたくさんあるからです。中国に遠慮して削ってしまったに違いありません。



    ところが、訳者のひとりである入江曜子氏は「あとがき」で、「本訳書では主観的色彩の強い前史的部分である第1〜10章と第16章『王政復古派の希望と夢』を省き、また序章の一部を省略した」と書いています。



    こんなインチキな出版物は見たことがありません。「主観的色彩が強い」かどうかは読者が判断すべきことです。訳者が勝手に「主観的色彩が強い」からといって、その部分を削ってしまったら読者はその判断すらできません。そんな政治的編集をするくらいなら最初から訳出しなければよかったのです。そうした欠陥本が「岩波文庫」の名前で出るところに、いかに岩波書店が戦後、北京政府の手先になってきたかがうかがえます。



    そこで完訳が必要だと考えた私は、中山理さんに翻訳を依頼しました。前に触れた『在支25年〜米国人記者が見た戦前のシナと日本』も彼の訳ですが、英語が非常によくできる人ですから、とてもいい完訳本になりました。



    この完訳本は私が監修をしておりますが、これを読んでもまだ、満洲国進出は日本の一方的侵略だった、といい張る人間がいたら、もう「寝ぼけ!」というしかありません。