政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針3144号  2013・12・2(月)

2013/12/02

■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」3144号
□■■□──────────────────────────□■■□


        2013(平成25)年12月2日(月)



                    安倍・バイデンで“尖閣連携”確認へ:杉浦正章

               『3病人せとぎわ問答』/7−−「東京だョ」:岩見隆夫

                              「独占禁止法」違反を乱発:宮崎正弘

                        「反日」で漢字まで追放した韓国:伊勢雅臣

                           ロシア帝国を潰した日本(2):平井修一

                         話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第3144号
 
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━━━
安倍・バイデンで“尖閣連携”確認へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━


           杉浦 正章

政府は民間飛行計画での違いにこだわるな

軍部というものはどうも形勢不利になると「大本営発表」をしたくなるも
のらしい。それがまかり通るから軍部に操られる中国国民は不幸だ。

29日午前“中国大本営発表”によると「中国空軍機は緊急発進し、自衛隊機
10機と米国偵察機2機を確認した」のだそうだ。政府筋は「馬鹿馬鹿しく
てコメントできない」と言う。自衛隊機が10機編成で尖閣諸島周辺を飛ぶ
などということは金輪際あり得ないからだ。

発表が「確認した」であり、防空識別圏設定以来中国が言い募ってきた
「防衛的措置を講ずる」ことがなかったことは、そこまでうそをつくとば
れるからだ。紳士的な防衛相・小野寺五典は「とくに中国機が近接してき
たとか特異な行動を取ったとかは聞いていない」と述べたが、これは平た
く言うと「うそつくな」である。

しかしこの大本営発表が中国国内で通用するということは、日本の大本営
発表がかつて「進め1億火の玉だ」に直結したように、いつでも「進め13
億火の玉だ」を作り得ることであろう。反日教育の“財産”をもつ中国は、
床に油をまいてあり、火をつければ暴発する仕掛けになっているのである。

自衛隊機に中国機が撃墜されれば、反日暴動の火の手が全国で舞い上がる
ように仕組まれているのだ。したがってよほどのことがない限り、自衛隊
は手を出せない。よほどのこととは83年の大韓航空機撃墜事件の二の舞
のような事態である。

日航機が中国空軍によって撃墜されそうな事態となれば、躊躇せずに正当
防衛で銃火を交えなければなるまい。見殺しにすれば、その時点で安倍政
権はサドンデスになり得る。また米軍機が撃墜したのならまず反日暴動に
は発展しまい。

一触即発の状況下で、政治の神経戦・心理戦が今後長期にわたって展開さ
れてゆくことになると政府も国民も覚悟した方がよい。中国では「世界の
敵になってしまった」といったツイッターが目立っているというが、ここ
は本当に「世界の敵」の「孤立化」を遠慮なく進めるべきだ。
 
中国の狙いは防空識別圏の設定により、日本の尖閣国有化を断念させ、
「棚上げ」に持ち込むところにあり、これはまさに小野寺が言う「一方的
独善的対応」そのものである。日本が受け入れることは到底あり得ない。

まず日本が行うべきことは、盛りあがった中国批判の国際世論を外交的な
アドバンテージ確保に結びつけることだ。かねてから述べているように国
連での非難決議でもよい、提出して中国に拒否権を使わせてその異常性を
際立たせるのだ。事故が発生した後の決議では遅い。

加えて日米の絆を一層強化させなければならない。ここに来て一部外交軍
事評論家の間で米国が民間機のフライトプラン提出を容認したことに関し
て、「すわ日米に亀裂」とばかりに大騒ぎしている向きが多い。

これは木を見て森を見ない浅見だ。岡本行夫に至ってはNHKで「ケネ
ディ大使を通じていかに日本が重大に受け止めているかをオバマ大統領に
伝えよ」と息巻いている。

しかし、米国の航空会社の飛行計画提出は一種の内政問題であり、それほ
ど目くじらを立てるものでもあるまい。米国各社が提出した既成事実があ
るのに、首相・安倍晋三も小野寺も「米政府が民間会社に要請したことは
ないと外交ルートで確認している」と繰り返すが、これも言い訳じみて見
苦しい。国務省は容認を確認しているではないか。

しかし日米で温度差があっても問題はない。見るべき重要ポイントは、米
政府が軍事・民間分離方式を選択したことなのである。外交・安保的には
日本より素早く国務・国防両長官が異例にも一致して対中非難の声明を出
したことで十分である。

とりわけ国防長官・ヘーゲルは米国の日本防衛義務を定めた日米安全保障
条約第5条が尖閣に適用されるとの認識を明言しており、これ以上の強い
対中けん制はない。さらに加えて、米軍は冷戦時を彷彿とさせる行動に出
たではないか。B52爆撃機の二機編隊による示威行為に中国はなすすべ
を知らなかった。

日本は領土問題に直結しているが、米国は少なくとも領土問題ではない。
その差が出ただけであり、大局を見れば日米同盟は現在最高潮で有効に作
動している。

したがって安倍は3日の副大統領・バイデンとの会談では、小異にこだわ
らず、尖閣での日米連携を前面に押し出して、これを確認すべきである。
バイデンは上院議員を7期も勤めた民主党の“重鎮”であり、飲み込みが早
く有能と言われている。

偶然にも防空識別圏問題に合わせるような日、中、韓3国訪問となった。
バイデンは米政府のレクを十分に受けての来日であろうが、日本の生の声
をしっかりと聞かせて、習近平との会談に臨んでもらったらいい。少しで
も民間機問題などで日米に意見のそごがあるような気配を見せれば、中国
の思うつぼとなる。

中国は日米関係にくさびを打ちたくて仕方がないのだ。むしろ米国の民間
機別扱いは、対中懐柔に役立つくらいの度量の大きさが大切だ。

     (政治評論家)<2013年12月02日>




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『3病人せとぎわ問答』/7−−「東京だョ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


             岩見 隆夫

 A・78歳・政治ジャーナリスト・肝臓がん▽B・75歳・元会社社長・肺
がん▽C・71歳・元大学教授・心臓病。3人に共通しているのは、人生の
残り時間にさほどの未練はなく、達観しているらしいこと? そんなわけ
で、ここはひとつ相寄り、「3病人本音トーク」といこうかと。

           ◇   ◇   ◇

 A「島倉千代子が亡くなった。悲しいというより、なにかこう、日本と
いう舞台が急旋回を始めたような、そんな気分なんだよなあ。越路吹雪も
死んで、二人とも〈日本の歌姫〉に違いないんだが、シャンソンと演歌と
いうだけでなく、大衆との密着度というか、違うんだよ。おれはね、やっ
ぱり島倉の〈東京だョおっ母さん〉のあの俗っぽいメロディーと歌詞が耳
に焼きついて離れない。

1957年の発表というから、半世紀以上も前だよな。作詞・野村俊夫、作
曲・船村徹。おれの息子(54歳)に聞くと『そんな歌聞いたことない』そ
うだ。無理もない。まだ生まれていないんだもんな。しかし、田舎の母親
に復興著しい東京を案内する娘(島倉)の姿をセリフまじりで切々と歌
い、レコード150万枚を売り上げた(宣伝文句)。すごい、と素直に思い
ますよ。

だがね、われわれ60年安保世代というヤツは、やみくもにアルバイトに明
け暮れていた。復興の流れはあったに違いないが、

『おっ母さん、東京だョ』

と呼びかけるほどのものは何もない。屈折していたんだ。まあ、それはいい。

今週はひとつ、せとぎわ問答は、小休止、島倉の死を偲(しの)んで、第
二部〈東京だョおっ母さん〉の作詞といこう。作詞案は想像力豊かな社会
心理学者のC君、きみに頼みたい」

 C「大変なことになったなあ。Bさん、それでいいのか」

 B「ああ、あとは二人で添削してやるから」

【本歌】

1、台詞省略

久しぶりに 手を引いて

親子で歩ける 嬉しさに

小さい頃が 浮かんで来ますよ

おっ母さん

こゝが こゝが 二重橋

記念の写真を とりましょね

【第二部】

おっ母さん

あれから もう50年なのね

こんなにシワが増えちゃって

田舎でも苦労が多かったのかしら

こっちもね

東京オリンピックがあって

万博もあって

私たちしゃかりき走ったの

いまの名所は ここよ ここ

ノッポビルの東京スカイツリー

記念の写真を とりましょね

【本歌】

2、台詞省略

やさしかった 兄さんが

田舎の話を 聞きたいと

桜の下で さぞかし待つだろ

おっ母さん

あれが あれが 九段坂 

逢ったら泣くでしょ 兄さんも

【第二部】

兄さんは

待っててくれたでしょうね

おっ母さん

靖国も 政治の雑音が多くて

兄さん

かわいそうだったのよ

きっと きっと

今日を待ちわびている
しっかり 慰めてあげてほしいの

 ◇日本の衰退につながるオリンピック至上主義

 B「さすが。第二部第2番までは、C君、返歌として秀作といっていい。

ただ、本歌から原作者の作詞を改めて読み直してみると、宣伝文句のよう
に〈復興著しい東京〉なんて浮かれた調子じゃまったくなくて、妙に湿っ
ぽいことがわかるんだね。つまり、作詞者・野村氏も作曲者・船村氏も、
日本の行く末がそう平らかでないことを、感覚的にしっかり受け止めてい
たんだろうな」

 A「うん、おれもそう思う。あの敗戦間もない日本の荒廃を吹き飛ばし
かねないような大ヒットメロディーのウリは、おっ母さん、のたった四文
字にこめられた〈娘心〉だろ。

歌というのはつくづく面白いし、恐ろしいと思う。あの哀切きわまりない
島倉のすがりつくような歌声で、日本国中の田舎の母親を鼓舞する。情感
に弱いおれなんかもイチコロだ。この国の客観情勢はまた別。しかし、そ
の情勢も歌のパワーによって徐々に変化を遂げる可能性だってあったかも
しれない」

 B「おれはそこまで期待していない。ただ、せっかくの第二部だから、
第3番の締めくくりは思いきり渋くまとめてみたらどうかなと」

 C「そうだな」

【本歌】

3、台詞省略

さあさ着いた 着きました

達者で永生き するように

お参りしましょよ 観音様です

おっ母さん

こゝが こゝが 浅草よ

お祭りみたいに 賑かね

【第二部】

東京にはね おっ母さん

七年後に 2度目の

オリンピックが やってくる

だれでも知っているわよね

日本中が 沸き立っていると

いう人もいるの

でもね

首をかしげる人もいるらしいのよ

おっ母さん

あなたは どちらなの

大地震や 原発事故も

起きたでしょ こちらは

おっ母さん

田舎のあなたのほうが

ご存じのはずよ(了)

 B「いや、ご苦労」

 A「おれはね、オリンピック最優先主義がはびこりだしたことに、猛烈
に腹が立っているんだ。それは日本の衰退につながる。東日本の大惨事の
処理を第一に考えながら、そのなかでオリンピックに立ち向かうのは当然
すぎることで、最近の猪瀬直樹知事の顔なんかからは、そうしたマナジリ
を決した不退転の決意が薄れかけているんじゃないのか」

 B「それは感じる」

 C「日本人の悪い癖がでてきたかな」

<今週のひと言>

政治利用されるような天皇じゃない。心配いらぬ。

(いわみ・たかお=毎日新聞客員編集委員)
サンデー時評:2013年11月27日
(サンデー毎日2013年12 月8日号)


       

━━━━━━━━━━━━
「独占禁止法」違反を乱発
━━━━━━━━━━━━
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成25(2013)年12月2日(月曜日)
      通巻第4080号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 防空識別圏ばかりではない、中国の身勝手な論理
  外国企業排斥のために、こんどは「独占禁止法」違反を乱発
*********************************

米国通信ハイテク企業のクアルコムは売上げの半分を中国で稼ぎ出してきた。

11月26日、中国当局は「独占禁止法」の疑いで同社を捜査していると発表
した。なんだか胡散臭い。「独占禁止法」って?

中国の長厚重大ならびに通信などハイテク分野は国有企業。あるいは私企
業を装おった国有企業(たとえばレノボ、華為技術など)。独占禁止法を
適用するなど、ちゃんちゃらおかしいのである。
 
先般、グラクソ・スミスクラインが同容疑で当局から捜査され、さらに米
国シスコも、近く捜査されるという噂がある。

現象的にみるとHP(ヒューレット・パッカード),IBM,シスコ社な
ど錚々たる米国企業が中国市場での販売額を激減させている反面で、華為
技術などが中国メーカーの製品が市場で躍進している。IMBはじつに
22%の減収をしめした。HPも「これまでの中国での市場とまったく様変
わりだ」と直近の市場状況を語っているという。

これらの背景にあるのは華為(フアウェイ)、中国通訊(ZTE)など中
国の国内産業が技術力をつけ、販売を躍進させ、パナソニックが用済みに
なって追い出されたように、あるいはトヨタもまもなく御用済みとなって
市場から追われるだろうが、そろそろ中国にとっては、ハイテク技術をほ
ぼ盗み終え、これ以上、中国に居続けてもらっては邪魔なのである。簡単
なことだ。

コンピュータ産業ばかりではなく、フランスの飲料企業デノン、米国珈琲
チェーンのスタバも「独禁法違反」で手入れされそうと戦々恐々という。

英誌『エコノミスト』は、この背景にもうひとつスノーデン事件が絡むと
分析している(同誌、13年11月30日号)。つまり米国の機密をばらして香
港にひそかに渡り中国の庇護をうけていたスノーデンは米国企業の機密に
関しても、何かを喋ったのではないか、という疑惑である。
    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(読者の声1)士気の会の講演の御案内です。愛知大学現代中国学部教授
樋泉克夫先生をお招きして講演会があります。
演題は「中国における改革・開放の意味とは」

樋泉 克夫(ひいずみ かつお)先生は愛知大学現代中国学部教授(1947年、
山梨県櫛形町(現 南アルプス市)生まれ。香港中文大学新亜研究所、中央
大学大学院博士課程を経て、1983年より外務省専門調査員として在タイ日
本国大使館勤務。国際関係研究所、財団法人・国際開発センターを経て、
1997年より愛知県立大学。2011年より愛知大学現代中国学部教授、愛知県
立大学名誉教授。著書は『「死体」が語る中国文化』『京劇と中国人』
『華僑烈々』『華僑コネクション』(以上、新潮社)等 約10冊。趣味 :
京劇と相声(おわらい)
              記
とき   12月07日(土) 14時〜16時30分(開場:13時
40分)
ところ   文京シビック5F 5階会議室A+B(文京シビックセンター内)
東京都文京区春日1-16-21 03-3812-7111
交通:東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」直結or都営三田線・大江
戸線「春日駅」徒歩1分
参加費   事前申込:1500円、当日申込:2000円(事前申込学
生1000円)
高校生以下無料
懇親会   17時〜19時頃 参加費:事前申込3500円 (事前申込の学生
3000円)
当日申込4000円 (当日申込の学生3500円)
申込先   12月06日23時迄にメール又はFAXにて(当日受付も可。懇
親会は12月05日 23時迄)
当日は混雑が予想される為 事前申込の無い方の入場は講演10分前とさせ
て頂きます
主 催    士気の集い・青年部 千田宛
http://blog.goo.ne.jp/morale_meeting
FAX 03-5682-0018 E-mail:morale_meeting@yahoo.co.jp



  ♪
(読者の声2)貴誌4074号、読者の声「PB生、千葉」様の紹介されたブログ
http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/2013-03-01
に関連する動画を見つけました。
www.youtube.com/watch?v=rkdzOJDz7R8

「中国の庶民と南シナ海」というタイトルです。2012年6月頃の公開
で、シナとフィリピン・ベトナムが南シナ海で対峙していた頃のシナの
「愛国的若者」の話題です。 やや長いですが後半を見れば十分です。
シナとフィリピンと対峙しているので、シナの若者が「人民開放軍に入隊
して戦う。」と云うのです。

しかし、その動機が、「フィリピンと戦えばアメリカが出てくるので、ア
メリカの捕虜となって、ゆくゆくはグリーンカードを取得してアメリカに
移住したい。」というのです。周りはもちろん大賛成。

「ベトナムと戦う場合は、アメリカは出てこないよ。」という質問に対し
ては、同じく「捕虜になってベトナムに入り、ベトナム戦争当時の行方不
明米軍人の未発見の遺骨(約1000体)を掘りあてて、その報奨金(数万ド
ル/体)をもらうのだ。」とその計画を披露します。周りも賛成します。

いやはや、我国と入隊の動機が全く違いますね。唖然とします。

しかし先のブログの記載にあるごとく、人民解放軍兵士の「戦争になった
ら怪我をしないうちに見切りをつけて捕虜になる。日本軍は朝鮮人と違っ
て虐待はしないだろうから」というのと共通しますね。

ま、共産党幹部は特権を利用して蓄財・蓄妾し、おまけにそれらを海外に
移転させて身の安全を図ることができるけれども、庶民は蛇頭に大金を積
むか、戦争捕虜になるしか人外魔境のシナを脱出する方法が無いというの
も近隣諸国には迷惑な話です。

ところで、このメルマガの読者諸氏は既に先のブログのほとんどを読まれ
たことと思いますが、まだ全部を読まれてない方にはぜひとも読まれてそ
の保存とその拡散をお願いします。尖閣において戦争が勃発したら、自衛
隊は嬉し涙を流すであろうこと、日本国民はネット配信などでそのリアル
戦争絵巻を見られるかもしれないこと、国内での大掃除が期待できること
など、いやはやオリンピック前に壮大なドラマが期待できそうです。
        (GV2) 



  ♪
(読者の声3)中国の防空識別圏設定以来、事態はどんどん中国不利に
なっているようです。米軍機と自衛隊機に対し中国が9回もスクランブル
発進させた、との発表は日本政府によりただちに否定。ネットでは中国の
スクランブルはエア・スクランブル(実在しないギターを弾く演技がエ
ア・ギター)と嘲笑もの。

大言壮語・虚言癖の朝鮮の親玉として「メガ朝鮮」と呼ばれていたのに、
あまりに子どもじみた振る舞いに「西朝鮮」とまでいわれる始末。

中国での記者会見で北京政府は「張子の虎」ではないか、との質問があ
ったようですが、中国語だと「紙老虎」(paper tiger)だという。
http://www.epochtimes.jp/jp/2013/11/html/d64651.html

そんな中国の挑発に対し航空自衛隊は空中給油機 KC767による F15戦闘
機への空中給油を報道陣に公開しました。
http://www.youtube.com/watch?v=T3IYFDqApXk

KC767 は旅客機ベースで航続距離7000キロ以上、兵員輸送にも役立ちま
す。動画を見ると座席は民間機とほぼ同等、200席以上あるといいますか
ら、海外での緊急時の邦人保護を考慮しているのかもしれません。
写真では中国網に高解像度のもの(産経からの転載)が17枚あります。

http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2013-12/01/content_30760155_17.htm

航空自衛隊の活動については今年春のTBS系テレビドラマ「空飛ぶ広報
室」が面白かった。TV局の美人ディレクターとF15の元パイロットだった
広報官を主人公にしたドラマでしたが、第一話では「自衛隊なんかより民
間のエアラインにでも勤めたほうが・・」「戦闘機って人殺しのための機
械ですよね」といった刺激的な言葉が出てきて世間一般の自衛隊に対する
無理解ぶりを表していました。

航空学生になるには倍率40倍、さらにF15のパイロットになれるのはその
中の2割、各操縦課程の段階試験のすべてで失敗は一度しか許されない。
番組では百里基地、入間基地、松島基地など実際にF15が飛行する様子か
らブルーインパルスの曲技飛行、さらに百里基地の航空救難団の訓練や活
動まで、反日的な報道の多いTBSがよくぞこんなドラマをつくったものだ
と感心したほど。

11月3日の入間基地航空祭では過去最高の32万人の人出を記録、昨年より
10万人も多かったといいますからドラマの影響も大きいのでしょう。

1985年のイラン・イラク戦争では日本航空は組合の反対でイランへの救援
機派遣を拒否、トルコ航空機により救出されました。

今年1月に発生したアルジェリアガス田人質テロ事件では邦人救出に政府
専用機を派遣しましたが官邸の強い意向があってのこと。政府専用機の派
遣には事前に航空路や現地空港のチェックが必要で官僚は前例がないと反
対だったとか、緊急時には役立たずの悪しき前例主義ですが、有事法制の
必要性が叫ばれながら何十年も法整備がされてこなかった弊害ですね。
特定秘密保護法案につづいて有事法制もしっかり整えてもらいたいもので
す。(PB生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)新幹線事故で事故車両を隠したように。動物園で
パンダが犬だったように。「紙老虎」の典型が空母「遼寧」でしょう。宇
宙有人飛行を「中華ナショナリズム高揚」に盛んに政治宣伝した中国は、
あのロケットがロシア製である事実には一言も触れませんでした。

     


━━━━━━━━━━━━━━━
「反日」で漢字まで追放した韓国
━━━━━━━━━━━━━━━


              伊勢 雅臣

漢字・ハングル混じり文は「日本帝国主義の残滓」として、漢字まで追放
してしまう激情ぶり。

■1.ハングル表示で待たされる

先日、関西空港からパリへ飛び立とうとした処、手荷物検査場の入り口
に、各便の出発ゲート番号を示す電光掲示板があったので、自分のフライ
トを再確認しようとした。

ところが、その表示がハングルで、なかなか日本語に切り替わらない。
「なんでハングルまで表示する必要があるんだ」と不愉快な思いをしなが
ら待たされている時間は実に長く感じた。

ようやく日本語に表示が変わって、手荷物検査と出国処理を終えて、ゲー
トまで往復するシャトル便に乗ろうとすると、そこにもゲート番号を表示
する電光掲示板があった。一人の男性白人客がそれを眺めながら、じっと
待っている。その時の表示は中国語だった。

英語表示を見るには、最悪、日−韓−中と3倍もの時間、待たされること
になる。急いでいる客だったら、いらいらして「こんな空港、二度と使っ
てやるものか」と思うだろう。

外国人用の案内は英語だけで良い、というのが国際常識である。中国語、
韓国語を入れて「おもてなし」をしているつもりだろうが、他の国々の
人々にはかえって迷惑をかけている、という事に気がつくべきだ。近隣諸
国を大切にというなら、台湾の正漢字、フィリピンのタガログ語、ベトナ
ム語、タイ語、マレー語、インドネシア語などの表示はなぜ、しないのか。

世界には無数の言語があるから、各国民を平等に扱おうとすれば、結局、
実質的な国際コミュニケーション言語である英語で表記するしかない、と
いうのが国際社会の智恵なのである。


■2.日本語そのままの用語

ハングルで書かれると日本人にはチンプンカンプンなのだが、もともと朝
鮮半島は漢字圏だったので、漢字で書いてくれれば、理解できる用語は多い。

窓口(チャング)、改札口(ケーチョング)、入口(イブク)、出口
(チュルグ)、乗換(ノリカエ)、踏切(フミキリ)、横断歩道(ヒンタ
ンポド)、手荷物(ソハムル)、大型(テーヒョン)、小型(ソヒョ
ン)、受取(スチュイ)、取扱(チュイグプ)、取消(チュイソ)、割引
(ハルイン)、行方不明(ヘンバンプルミヨン)、弁当(ベントー)

何の事はない。漢字で書いてくれれば、旅行者も大抵の用は済みそうだ。
しかし、なぜ、こんなに日本語と似た単語が使われているのか。豊田有恒
氏は著書『韓国が漢字を復活できない理由』で、こう述べている。


<韓国の漢字熟語は、中国起源でなく、日本統治時代に日本語からもたら
されたものである。明治以来、欧米の文物の摂取に熱心に取り組んだ日本
は、論理、科学、新聞など多くの訳語を案出した、これらの訳語が、韓国
ばかりでなく、漢字の本家の中国でも採用されていることは、よく知られ
ている>。[1,p17,a]


たとえば鉄道関連用語は、日本人が欧米の鉄道を導入する際に案出し、日
本統治時代に朝鮮において鉄道が敷かれるのと同時に移入された。だか
ら、同じ用語が使われるのは、当然なのである。

多くの用語は、日本語から漢字のまま移入され、韓国語の漢字の読み方で
読まれた。だから、日本語の音読みに近い。窓口(チャング)は日本語の
音読みなら「ソウコウ」、受取(スチュイ)は「ジュシュ」、行方不明
(ヘンバルプルミヨン)は「コウホウフメイ」と、似通っている。ただ乗
換(ノリカエ)、踏切(フミキリ)などは、どういうわけか、日本語の訓
読みがそのまま残っている。


■3.韓国で使われている漢字語の8割以上が日本製

豊田氏は、現在、韓国で使われている漢字語の8割以上が日本製だと指摘
している。特に、日本統治時代に政治、科学技術、企業経営、スポーツな
どの近代化が進んだので、それらの分野の専門用語はほとんどが日本語起
源である。

たとえば、科学、数学の分野では:

 科学(カハク)、化学(ファハク)、物理(ムルリ)、引力(イルリョ
ク)、重力(チュンニヨク)、密度(ミルド)、組成(チョソン)、体積
(チェジヨク)、加速度(カソクト)、電位(チョスイ)、電動(チョン
ドウ)、元素(ウォンソ)、原子(ウォンジャ)、分子(プンジャ)、塩
酸(ヨムサン)、算数(サンスウ)、代数(チースウ)、幾何(キハ)、
微分(ミブン)、積分(チョクブン)、函数(ハムスウ)、、、

経営関係では:

社長(サジャン)、取締役(チュィチェヤク)、専務(チョンム)、常務
(サンム)、部長(ブジャン)、課長(カジャン)、係長(ケジャン)、
打合(ターハブ)、手続(テージョル)、組合(チョハブ)、株式(チョ
シク)、売上(メーサン)、支払(チブル)、赤字(チョクチャ)

韓国は、これらのすべての用語を日本語から借用し、それで近代科学技術
を学び、近代的な企業経営を始めたのである。


■4.漢字廃止で同音異義語のオンパレード

科学技術から企業経営、交通や法律・政治まで、近代的用語がほとんど和
製漢字語で取り入れられているのに、漢字を廃止して、ハングル表記する
とどうなるか。

日本語以上に韓国語は複数の漢字が同じ読みを持つから、同音異義語のオ
ンパレードとなってしまう。

たとえば、長、葬、場はすべて「ジャング」なので、会長、会葬、会場は
すべて「フェジャング」と同じ発音になる。「会長が会葬に会場に来た」
は、「ヘジャングがフェジャングにヘジャングにきた」となってしまっ
て、これでは文脈から判断するのも難しい。話し言葉ならまだしも、書き
言葉でこれでは、物事を正確に伝えるには大きな障害となる。

神社も紳士も「シンサ」なので、「ヤスクニ・シンサ(靖国神社)聞いた
ことある?」と聞かれた若い女性が「偉人かな」と答えたそうな。「ヤス
クニ紳士」と間違えたのだ。確かに日本人にとっての偉人を祀った神社で
はあるのだが。


■5.ひらがなだけの文章の読みにくさ

したがって、書き言葉から漢字を追放したら、日本語をひらがなだけで書
くような事態になる。たとえば、こんな具合である。


<おそんふぁさんによると、かんこくじんはせかいいち、どくしょりょう
のすくないこくみんで、かんこくとうけいちょうのちょうさではへいきん
どくしょりょうは5.3さつ/ねん。どくしょばなれがしてきされるにほ
んじんでもねんかんやく19さつ。かんじはいしがしゅよういんで、はん
ぐるだけでは、ひらがなだけのほんをよむようなもの>。

こんな文章は、よほど忍耐強い人でなければ読み通せないだろう。しかも
読むスピードは何分の一かになってしまう。

漢字交じりで書けば、上記の文章は:

<呉善花さんによると、韓国人は世界一読書量の少ない国民で、韓国統計
庁の調査では平均読書量は5.3冊/年。読書離れが指摘される日本人で
も年間約19冊。漢字廃止が主要因。ハングルだけでは平仮名だけの本を読
むようなもの>。

重要な言葉は漢字になっているので、漢字だけ追えば、だいたいの意味は
とれる。ここが日本語の仮名漢字まじりの優れた処で、逆に中国語のよう
に全部漢字だったら、こうはいかない。

それにしても、こんな平仮名だけの本を年5.3冊も読むのは日本人には
到底できない事で、逆に韓国人の個人的能力、意思力はすごいのではない
か、と考えてしまう。


■5.漢字は「日帝の残滓」

それにしても、なぜ韓国はこんな便利な漢字利用をやめてしまったのか。

漢字使用を制限したのは、戦後すぐの1948年、李承晩大統領による「ハン
グル専用法」である。米軍占領下で日本が抵抗できないのを見透かして、
勝手に李承晩ラインを引いて竹島を奪った大統領である。徹底的な反日教
育を実施して、、「電信柱が高いのも、ポストが赤いのも、みんな日本が
悪いとされる」と揶揄されるほどであった。

「ハングル専用法」は、「大韓民国の公文書はハングルで書くものとす
る。ただし、当分のあいだ必要な時には漢字を使用することができる」と
した。政府の公文書のみを対象にしたものであったが、それでも、「当分
のあいだ必要な時には」という留保をつけているのは、漢字抜きは無理が
あると分かっていたからだろう。

日本統治時代は漢字・ハングル混じり文が推奨されていた。したがって漢
字は「日本帝国主義」の残滓のように誤解され、排斥の対象となった。逆
に、ハングルは民族のシンボルとして祭り上げられたのである。

実際に歴史を良く調べれば、それまで教養のない女子供の使う「牝文字」
「わらべ文字」などと軽蔑されていたハングルを普及させたのは日本統治
時代の教育だったのだから、ついでにハングルも「日帝の残滓」として追
放すべきだった。そうなると韓民族は文字を持たない民族になってしまう
のだが。


■6.朴正煕大統領の反日ポーズとしての漢字追放

漢字排斥をさらに推し進めたのが、韓国中興の祖とされる朴正煕大統領
だった。朴大統領は国民の大反対を押し切って、日韓基本条約を締結した
が、日本寄りと見られることを避けるために、反日姿勢として、1970年前
後に教育カリキュラムから漢字を追放した。

しかし、これは朴大統領の反日ポーズだったようで、片腕だった総参謀長
の李在田が会長となって、「韓国漢字教育推進総連合」が作られ、まずお
膝元の軍隊で漢字教育を復活させた。また、学界、言論界からの訴えを入
れるという形で、中等教育で漢字教育を復活させた。

しかし、その後、ハングル派の巻き返しもあって、漢字教育をやったり、
やらなかったり、と朝令暮改が続き、漢字教育を受けた世代と受けていな
い世代が斑(まだら)のようになっている。

いずれにせよ、漢字・ハングル交じり文は「日帝の残滓」という反日イデ
オロギーだけで、漢字追放までしてしまうのだから、その激情ぶりは凄ま
じい。


■7.日本語追放による「純化」

「反日」政策としての漢字追放は、さらに日本語起源の漢字語追放にまで
進む。韓国の「国語審議会」の「国語純化文化委員会」が「日本語風生活
用語純化集」を作って、700語ほどの「日本語っぽい」単語を韓国語風
に「純化」しようとした。日本語は「不純」だというわけである。

たとえば「売切(メージョル)」は、「みな売れること(ターバルリ
ム)」、「改札口(ケーチャルグ」は「票を見せるところ(ピョ・ポイヌ
ン・ゴッ)」、「踏切(フミキリ)」は「越えるあたり(コンノルモ
ク)」という具合だ。日本語で言えば、漢語を大和言葉で置き換えよう、
という事である。

したがって、「改札口を通って踏切を渡った」を「純化」すると、「票を
見せるところを通って、越えるあたりを渡った」となる。

いくら「反日」を信条とする愛国的韓国人でも、毎日、こんなまだるっこ
しい会話はしていられないだろう。折りに触れて、こういう「純化」が試
みられているが、不毛の努力に終わっているようである。


■8.「漢字・仮名交じり文が、日本人の教養と民度を高めた」

韓国での「反日」を動機とした漢字廃止、和製漢語廃止を見ていると、
「漢字・仮名交じり文が、日本人の教養と民度を高めた」という豊田氏の
主張もよく理解できる。

たとえば、英語で"Cetorogy"という単語があるが、その専門の学者でもな
ければ、アメリカやイギリスの一般人は知らない単語である。しかし、こ
れを日本語で「鯨類学」というと、中高生以上なら、「鯨に関する学問」
だろう、と想像がつく。”Apiculture”も同様だ。普通の米英人にはチンプ
ンカンプンの単語だが、日本語で「養蜂業」と言えば「蜂を飼う仕事」だ
と推測できる。

このように、漢字の造語能力をフルに活用して、一般大衆にも近づきやす
い形で、近代的な学問、政治、科学技術の体系を構築してきたのが、幕末
以降の我が先人たちの努力であった。

中国や朝鮮は、その日本語を通じて、近代的な学問を学んだ。たとえば、
「中華人民共和国憲法」の中で、中国語のオリジナルな単語は「中華」し
かない。それ以外の「人民」「共和国」「憲法」は、みな日本語からの借
用である。どうりで人民主権も、共和政治も、立憲政治も、いまだに身に
ついていないはずだ。

朝鮮では、日本統治時代に漢字・ハングル交じり文が普及して、せっかく
近代化のステップを踏み出したのに、「日帝の残滓」というイデオロギー
的激情で、それを自ら拒否してしまった。

その千鳥足ぶりと比較すると、我が先人たちの偉大な見識と努力が、改め
て見えてくるのである。それを知らずに、電光掲示板でハングルや中国語
で表示することが国際化だ、などという浅慮では、ご先祖様が草葉の陰で
泣いていよう。

日本語で正確かつ論理的に、そして礼儀正しく丁寧な読み書きができない
日本人がいくら外国語を流暢に話しても、国際社会に通ずる人間にはなれ
ないのである。




■リンク■

a. JOG(221) 漢字と格闘した古代日本人
 外来語を自在に取り込める開かれた国際派言語・日本語は漢字との国際
的格闘を通じて作られた。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h13/jog221.html

b. JOG(320) 子どもを伸ばす漢字教育
  幼稚園児たちは喜んで漢字を覚え、知能指数も高まり、情操も豊かに
なっていった。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h15/jog320.html

c. JOG(425) 白川静 〜 世界をリードする漢字研究者
 白川静のような碩学を持つ日本こそが、東洋文化の最終リレー走者とし
ての使命を持つ。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h17/jog425.html

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 豊田有恒『韓国が漢字を復活できない理由』★★★、祥伝社新書、H24
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4396112823/japanontheg01-22/




━━━━━━━━━━━━━
ロシア帝国を潰した日本(2)
━━━━━━━━━━━━━


       平井 修一

(承前。パルヴスの「戦争と革命」から)

戦争は国家のすべての力、すなわち軍事的、行政的、財政的諸力の極度の
緊張を要求するだろう。

ロシアには平時で100万の軍隊がある。この数は巨大だが、ロシアはおそ
ろしく大きく、国境線は7万キロにもなり、そのすべてで摩擦が起きてい
る。全軍の3分の2が西部国境の防衛に必要とされ、残りが首都と中央アジ
アに配備され、これで全軍だ。

戦時になれば西部国境で軍隊を著しく増大しなければならない。長引けば
なおさらである。

ロシア軍は予備役などを含めると300万人というが、現役を含めて質が劣
る。現代の戦術の要求に応じていない。指揮官の声が聞こえなくなれば途
方に暮れてしまい、まるで奴隷兵だ。

大きな思考力と意志力が必要とされる将校も、他の仕事ではほとんど役立
たないような半可通ばかりである。共通しているのは大酒飲みだというこ
とで、知的関心による結びつきもない。また彼らと兵士との間に階級的な
反目、身分的な反目もある。

この質の悪さは、旅順港での衝突でも真価を発揮した。日本艦隊の所在が
まったく分からなかったのだ。すぐ近くにいたのに!

日本人は旅順港を含めてシベリアと満洲のロシアのすべての戦略拠点につ
いて驚くほど通暁している。日本人が支那との戦争の前に多数のスパイを
派遣していたが、満洲でも長い年月にわたって調査をした。

だが、ロシアの軍当局は日本軍について平凡な情報も知らないようだ。敵
軍の力への馬鹿げた軽蔑から、2、30万の軍隊で十分だろうと予想してい
たのだ。

官僚は戦争が国の統治全体に対して引き起こす問題を処理することはでき
ないだろう。一連の敗北はツァーリ政府の行政機構を滅茶苦茶にするに違
いない。

ロシアはトルコとの戦争で10億7500万ルーブリを費やしたが、日本との戦
争ではこれをはるかに上回るだろう。戦費の調達はできるのか。ロンドン
の取引所は1860年代から門戸を閉ざしている。1887年にはドイツもロシア
国債引き受けを拒否した。フランスもロシア工業企業の株暴落で懲りてし
まい、ましてや戦時国債のような大きな冒険的な債券購入には手をださない。

政府は戦争前に借款を取り決めようとしたが、完全な失敗に終わった。も
し戦争がロシアの勝利で始まっていたのなら戦債は可能だったかもしれな
い。しかし、まさに反対のことが起こり、これは借款を以後ずっとできな
いものにした。

日本の勝利が取引所でロシアの専制に加えた打撃は、海戦の損害よりも
もっと致命的だった。現在、取引所はツァーリに決定的な勝利を要求して
いる。勝利がなければ金を出さない。ツァーリは血の海によってのみ大量
の黄金を借りられる。だが実際には、勝利のためには何をさておいても金
が必要なのである。

戦争は商工業全体を混乱させ、軍事支出に関係なく国庫収入は減少し、予
算の作成は不可能になった。ロシアと太平洋全体との商取引は無に帰し
た。ベルリン銀行はワルシャワの工場主への融資を削減し、ヨーロッパ各
地の銀行もそれに倣うだろう。

政府は軍事支出をいくらかなりともひねり出すために鉄道建設事業を中止
したが、それにより製鉄、機械など工業経済も低迷していくだろう。

融資は得られず、貿易はすたれ、工業活動は麻痺する。そればかりか政府
は金(きん)による支払いを削減し始めて紙幣を増発したが、やがては金
本位制を放棄しなければならないだろう。これは財政破産宣告に等しい。

軍隊の混乱、行政の無秩序と無統制、金づまり、財政の破産、工業恐慌――
これらはすべてツァーリの軍隊の軍事行動に反映していく。新たな敗北
や、あるいは長期の退却だけでも国家の混乱を拡大し、士気を失わせ、社
会に恐怖を起こし、民衆を憤激させ、政治的紛糾になるだろう。

各地での戦争はロシアを政治的破綻へと追いたてている。ツァーリ政府は
ロシアを屈辱的な状態に追い込んでしまったが、そこからの脱出は専制の
撲滅しかない。革命だけがロシアの国民的勢力を高めることができる。
(つづく)(2013/11/29)

      


━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎対馬に侵攻するであろう韓国   奥中正之

日中間に軍事紛争が発生した場合、韓国は対馬に侵攻する計画を有すると
の情報がある。真偽は不明である。

一方的な武力行使で韓国は竹島を日本から奪取している。

この経験に基づけば、日本の隙を見て、武力行使をすれば、日本は力によ
る反撃は行わないと韓国側が読んでいる可能性は否定できない。

韓国が対馬に軍事侵攻した場合、恐らく米国は傍観するだろう。尖閣諸島
に比べて、米国の太平洋覇権維持上、重要性が劣る対馬については、火中
の栗を米国は拾うまい。

さて、尖閣諸島の空域に中国が一方的に設定した、防空識別圏であるが、
日本政府が米国の軍事パファーを巧みに活用する限りここでの日中軍事紛
争は起こるまいというのが私の予想である。

その根拠は、米国がB52戦略爆撃二機をこの空域に飛ばしたが、中国側か
らはスクランブルもなかったし、少なくとも目下のところ、中国が米国に
抗議したとのニュースはない。

中国にとっとは、面子丸つぶれの事態である。

中国は弱い者には強く出るが、強い相手には引き下がるとかねてから聞い
ている。その通りの展開とすれば、日本が虎の威を借れば、平和は維持さ
れるということだ。こんな言い方をすると、米国へのへつらい保守との
レッテルを貼られるかも知れない。

しかし、日本は憲法の縛りを受けている。国民に強い戦争忌避思考があ
る。「軍事力を排して話し合い外交の国家たれ」と主張する勢力が強い、
 などといった、日本側の事情を詳細に中国は把握している。

米国の軍事力活用を怠れば、中国は「日本弱し」と見て、対日挑戦をエス
カレートしてくる。マッカーサーが我々に押しつけた「戦後体制」から、
我々が脱却しない限り、国防の根幹は米国に依存せざるを得ない情けない
現状にあることをはっきりと認識すべきである。

この厳しい現状認識なく、米国依存脱却を叫べば、鳩ポッポの二の舞とな
るだけである。(情報収録・中山) 



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)農業と林業では45%以上が65歳以上:前田 正晶

総務省統計局が先頃複数の統計資料に基づいて、我が国の高齢者(65歳以
上をいう)の生活を分析した。そこで、我が国の今年9月15日の時点での
総人口・1億2,760万人中の3,186万人が高齢者で、その比率が25.0%だっ
たと判明した。すなわち、巷間言われているように人口構成は4人に1人が
高齢者である。

この分析によれば「高齢者は12年度の調査よりも112万人増加しており、
その背景には第一次ベビーブーム期(1947〜1949年)の所謂団塊の世代が
高齢期に達したため」とされていた。この高齢者中の男性が1,369万人で
43.0%、女性が1,818万人で57.0%だった。

一方、高齢者人口の就業率はと言えば「農業と林業が101万人で全就業者
中の構成比が45.1%と全業種中で最高の率」となっていた。以下、建設業
に47万人で9.3%、製造業に66万人で6.4%、運輸業と郵便業に25万人で
7.4%、卸売業と小売業に96万人で9.2%、宿泊業と飲食サービスに39万人
で10.4%、生活関連サービスに33万人で13.8%、医療と福祉に39万人で
5.5%、サービス業に65万人で14.1%となっていた。

この産業別の就業者数の統計が示すように、農業と林業が高齢者に依存し
ているのは明らかである。しかし、その次ぎに就業者数が96万人と多い卸
売業と小売業では、構成率が10%にも満たないのが印象的である。だが、
サービス業では65万人と第4位でありながら、高齢者の比率が14.1%と第2
位である点も注目に値するのではないか。

なお、高齢者の雇用形態では12年度の調査では「役員を除き雇用されてい
た人数は259万人だった。その中、正規の職員と従業員は81万人で、非正
規は179万人」となっていた。この辺りに高齢者の雇用と就職の難しさが
見えてくる。

参考資料: 紙業タイムス社刊 週刊誌版 “Future” 13年12月16日号




 2)日本は ハングルを奪った!ーー違う、という証拠が出てきたが。

 大連在住の日本人が送ってくれた情報です。(小林)

■日帝時代の教科書を見てハングル指導を知った朝鮮人の反応「政府に騙
されていた! 」
http://blog.goo.ne.jp/warabidaniyuukoku/e/be46cbfb64751029d6f6a2b5308c7ec2

■大日本帝国時代の1939年の教科書を韓国人が発見! ハングル禁止だっ
たはずなのに掲載されており困惑
http://getnews.jp/archives/424002

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14114098304
こちらのベストアンサーには面白い情報も載っています。

韓国の現大統領パク・クネの父親、日本名、高木正雄の画像もあります。



 3)濵田 實です。ご参考まで

呉善花『なぜ反日韓国に未来はないのか』(小学館新書)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

         「もはや、救いはない・・・」


 反日韓国を分析する警世の書の決定版だ。

でたらめな論法、整合性のない論理、八方破れの言い分。なにがなんでも
反日路線、盲目的に突っ走る韓国には著者の呉教授が言うように「未来は
ない」。未来どころか「明日もない」ほどの混乱を極めている。

漢江の奇跡を自画自賛したあたりまで、まだ前途には多少の明るさが残っ
ていた。いまや反日大統領のあらゆる言動が、韓国を自ら窮地へ陥れてい
る。やっぱり、この国は救われない。評者にいわしめれば、米軍よりの少
壮軍人による軍事クーデタしか、残されて道はないのではないか?

日韓関係を悪くした元凶は朴権惠大統領にあるが、韓国はすべてが日本に
責任があるとアメリカでさえあきれかえる言い分を主張している。

だが、著者がもうひとつ大事なポイントを指摘している。

それは「歪んだ反日」が韓国の社会をずたずたにして、経済を駄目にして
しまったことだ。

外交軍事的には中国へ依存する決定をして、日本を相手にしないという方
針に切り換え、通貨スワップの延期を断ってきた。外貨準備の薄い韓国
で、つぎに通貨危機がおこるとすれば(間違いなくウォンの大暴落がある
だろうが)、それは韓国の責任である。

さて、このビョウキとも言える『反日主義』が、なぜ韓国の『大義名分』
となったのか、呉さんは、その淵源を戦争中に海外にあった、でっち上げ
『臨時政府』に遡って捉え直す。

「日本敗戦から韓国建国まで3年間には激しい権力闘争があったが、結果
的に強固な反日主義者が政治的な実験を掌握していく」のだ。
つまり「重慶にあった大韓民国臨時政府」なるものを現在の韓国憲法前文
で『継承する』としているからだ。

名前こそ「臨時政府だが、枢軸国側にも連合国側にも承認する国はなく、
国際社会からはどんな地位も認められていなかった」「一団体」でしかな
い。それを正統政府として認めて継承した国家がいまの韓国である」
(47p)だから反日は体内に染みこんだ病原菌である。

したがって「韓国は日本帝国主義の侵略に対して、我々は果敢に反日独立
運動をもって闘かい、独立を自らかちとった」というファンタジー歴史観
が成立したのである。

経済的に豊かになり、就学率が高くなると学校で反日教育が行われ、つま
り朴正煕政権で『反日路線』が確定した。その娘が大統領になったという
ことは、骨の髄まで反日教育につかった人物であり、世界中をまわって日
本の悪口を言い続ける愚鈍な政治家に韓国は国の運命をかけるのである。
 救いはない。



 4)「アゲて来ました」:前田 正晶

もう野球のシーズンが終わって「インコース」だの「ストレート」だの
「弾丸ライナー」等という独特のカタカナ語を聞かなくても良い頃になった。

しかし、昨12月1日のゴルフでは男女とも同胞が優勝して気分が良い日
だったにも拘わらず、これらの中継では独特の「アゲインスト」や「フォ
ロー」の風という業界の専門語を聞いていなければならぬ点がカタカナ語
排斥論者として不満だった。

この2つは当方が用いる表現の「最早戸籍を得てしまった以上は仕方がな
い。だが、これらが英語ではないことを知っていて欲しい」が当てはまる
ものだ。言うまでもないだろうが、「アゲインストの風」とは逆風で
「フォローの風」が追い風である。今更ここで"against"の意味を解説す
ることもないだろうが"to run against a wind"=「風に逆らって走る」
という使い方があるくらいだから、「逆風」を「アゲインスト」を使って
表現したい気持ちは解らないでもない。

しかし、「アゲで来ました」はいくら業界用語でも如何なものかなと思う
時もある。面白いことは「フォローって来ました」とは言わない辺りであ
る。話は違うが、私はヴァレーボールがブロックに飛んだ人数を「何
枚」、サッカーでフリーキックの前の経つ人数を「壁が何枚」とアナウン
サーが形容するのも気に入らないのだ。何故ならば、これは業界の専門語
というか俗語であって、一般人に「理解せよ」と押し付けるべきではない
と考えている。

即ち、ゴルフの中継では素直に「向かい風」と「追い風」で良いはずだ。
飛行機に乗ると「今日は"head windがきつくて飛行時間が長引く」とか
「"tail wind"のお陰で到着予定時刻が早まる見込み」という風に機長が
アナウンスする。普通の英語では「向かい風」は"head wind"であり、
「追い風」は"tail wind"である。尤も「追い風」を"a fair
(favorable) wind"とも言うようだが。

同じくゴルフの用語だ。当方は1933年から1974年まではやっていた。その
当時は「前に木が立っていて邪魔になる」を「木がスタイミーになって」
というのが普通だったという記憶がある。

だが、現在では「スタイミー」は専門語としては死語と化したようで、誰
も使わないのは不思議でならない。これは"stymie"で「妨害する」か「邪
魔になる」という意味だ。これは一寸面倒なスペルで進行形になると、
「貴方が私の通行の邪魔をしている」と言う時には"You are stymieing
(stymying) the traffic."のようになる。ゴルフ業界では何故「スタイ
ミー」を使わなくなったのだろう。

今度はラグビーだ。昨日は国立競技場に4万数千人が早明戦を見に来てい
た。「如何に国立で最後の試合にしても良くあれほど入ったものだ」と早
明戦の根強い人気に敬意を表したい思いだった。

ここで気になったのがアナウンサーも解説の大畑も"turn over"を「ター
ン・オーバー」と明確に連結音にしていないことだった。偶に「ターン
ノーバー」と言う者もいるが、私は英語教育改革の視点からしても後者の
方が望ましいのだ。

余談だが、明治のラグビーが旧態依然とした「前へ」の思想から脱し切れ
ておらず、あれほど何度も早稲田のゴールの寸前に迫りながら一度もトラ
イを取れずに終わったのは歯がゆいを通り越して無残だった。余談である
以上、これ以上あの先方の論評は避ける。


 5)首相官邸前の交差点というのは、国会記者会館があって、それを囲
むような位置で、常軌を逸している最近の各種反対デモ(再稼働NSC、
特定秘密保護法、TPP等で、ひたすら大音声でリフレインする形態の活
動)が行われています。声を出している人は10分交代で変わったりしてい
るんですが、基本的には毎回同じ人たちが担当しているように聞こえます。

なので、国会記者会館を御利用のマスコミの方なら、これはデモとしてお
かしいんじゃないかという発想は持てると思います。もっとも、昨年こ
そ、毎週金曜日になれば、国会議事堂前駅は駅構内に警察の方がかなりい
て、乗客を誘導したりしていましたが、今は、何か関心を持った人が行く
というよりも、仲よしの人たちが集って何かやっているという状態です。

ちなみに、その上に、「分館」というのを書いたのですが、それが今私が
働いている場所で、その分館の左下にピンクで印をつけていますが、それ
が今私の席がある窓際の場所です。

窓を閉め切ってもしっかり聞こえてくる音の中で、会議録をつくる仕事の
残業をしています。去年と違って、今は議論のレベルも高いです。外から
大きな音が聞こえている中で原稿を精読するのは、かなりしんどいです。
                          (T・M)


 6)彼が持てる力を出し切ったことを讃えるが:前田 正晶

12月1日の福岡国際マラソンで埼玉県庁の川内優輝は存分に実力を発揮し
て第3位に入ったことは、彼の持つ能力からすれば絶賛に値するだろう。
「よくぞあそこまでやった」と褒めてやられる。彼が練習量を補うために
多くのレースに参加している努力も最高に評価すべきだろう。だが、遺憾
ながら私は彼にはあの辺りが限界ではないかと思っている。

マスコミが彼を「市民ランナー」として褒めるのも結構だし、彼が「プロ
のランナーに負けないようにする」と標榜するのもまた良しとする。だ
が、「日本人第1位」とするのは頂けない。

彼の前に2人のアフリカ系の走者がいたのでは、何処となく「負け惜し
み」と言うか情けなさが漂ってくる。昨日は特に情けなかったのが、私が
全く評価していないプロデあるはずの藤原新が途中棄権したことだった。

藤原は当方の持論である「箱駅伝を止めるか、何らかの形に変えない限
り、我が国の男子のマラソンは世界的には絶望である」を、情けないまで
にオリンピックで立証してくれた実績がある。今回も故障があったかどう
か知らぬが、あの体たらくである。

もしも本当に故障があったのならば出るべきではないのは言うまでもない
こと。仮令、故障がなくても当方は彼に期待していなかったが。

ここで繰り返して言う必要もないし、反論もあるだろと承知で言えば「箱
根駅伝は正月の催し物として華があって結構だし、主催するのか後援する
のか知らないが強力なマスコミがついている。東日本の諸大学はあれに出
場するために懸命になって20 kmを最高速度で走れる走者を育成している
ことに問題があると思う。

理屈は簡単で、高校までは優秀で将来有望だった長距離走者は皆箱根の栄
光を目指して関東の大学に指向しし、4年かけて20 km用の走法を身につけ
ていく。更に就職すれば、その先に実業団の駅伝が待っているという具合
で、20 km走法に磨きをかける。言うまでもないことで、マラソンはその
倍に当たる42,195 kmを走るのだ。

女子の5,000と10,000 メートルの優れた走者・福士加代子はマラソンを
走って「30 kmからは先は別世界だった」と述懐したほど失速してマラソ
ン制覇に失敗した。こういう実例がある。ここで箱根駅伝を中止せよとい
くら叫んでも、所詮はドン・キホーテにしかなれないだろうから、ここま
でにする。しかし、川内優輝君の日本人第1位の実績を賞賛することは変
わらない。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

秋が終わった。猿江公園は落ち葉だらけ。散歩路以外は足の踏み場も無
い。特にプラタナスの落ち葉は大きくて始末におえない。掃いても掃いて
も落ちてくる。掃除の方に「憂鬱な季節ですね」と声をかけた。それがほ
とんど落ちきって「秋が終わった」と実感したわけ。

読者:5277人

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。。

ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
--------------------- Original Message Ends --------------------



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/12/03

    神戸の「でっち羊羹」や南京町の「ブタマン」、伊香保温泉の「湯之華まんじゅう」や秋田の「いなにわうどん」、また、新潟の「越之寒梅」大吟醸と岩手県の「七福神」、金沢の名酒「菊姫」大吟醸や石川県の「天狗舞」、さらに、広島の幻の名酒「誠鏡」や熊本県「香露」。

  • 名無しさん2013/12/03

    ユーキャン新語・流行語大賞が発表された。



    今年は以下の50のノミネートの中から、「今でしょ!」「じぇじぇじぇ」「倍返し」「お・も・て・な・し」の4つが同時に選ばれた。



     



     



    PM2.5/NISA(ニーサ)/母さん助けて詐欺/弾丸登山/美文字/DJポリス/ななつ星/パズドラ/ビッグデータ/SNEP(スネップ)/ヘイトスピーチ/さとり世代/ダークツーリズム/ご当地電力/ご当地キャラ/こじらせ女子/富士山/日傘男子/バカッター/激おこぷんぷん丸/困り顔メイク/涙袋 メイク/倍返し/今でしょ/ダイオウイカ/じぇじぇじぇ/あまロス/ビッグダディ/ハダカの美奈子/ふなっしー/フライングゲット/マイナンバー /NSC/アベノミクス/3本の矢/集団的自衛権/特定秘密/汚染水/ブラック企業/限定正社員/追い出し部屋/ナチスの手口に学んだら/ネット選挙/アホノミクス/引いたら負け/二刀流/スポーツの底力/シライ/お・も・て・な・し/コントロールされている



     



    しかし、中にはこんな言葉が流行ってたんだな〜というのもあったりするけどね。



    自分が知らないだけなんだろうけど。



     



     



    「富士山」と「スポーツの底力」は、特に思い入れが深い。

  • 名無しさん2013/12/02



     国際条約で敷地不可侵とされる在韓日本大使館にデモ隊長が侵入!占拠!



    週刊文春の記事が優しく見えるほど、過激な行動ですよね(笑)

    トラックで突っ込んだり、糞尿投げ入れたり、慰安婦像建てたり・・・

    これほど民度の低い民族も無い。



    もう大使館閉鎖してもいいんじゃないですか?

     日本的には、韓国と繋がりが無くても困ることは殆ど無い。

     国交があってメリットがあるのは韓国の方だけだ。



    まぁアジア随一の優等生である日本が、一国を袖にするというのは、まぁあまり行儀がよくないから、無視するのが一番なのはわかりますけど・・・

     おだてておいて放置すると言う安倍手法も良いとは思いますが、そろそろアクションを見せ、吠える駄犬を大人しくさせてほしい。

    たまには強気な姿勢を見せないと、「どうせ日本は臆病風に吹かれて何もしない」と思われるのは嫌ですね。



     経済的に逼迫してきた韓国は、裏で必死に日本を頼ろうと、利用しようと必死になってきてるのは事実。

    しかしあれだけの敵対行為を見せておいて、経済と政治は別なんて言い訳も通じませんよ。

     日本国民が許さない。 







     日本の著作権、特許侵害、実用新案、商標権等の知的財産権の侵害による被害は一部に100兆円に迫るとの見方もあります。TPPによりそれらは保護されISDS条項で賠償の対象にもなります。とても中韓のTPP参加は無理と思われ、ゆるい日中韓FTAにより優先させようとしてます。相手にするな。 



  • 名無しさん2013/12/02

    日本国民の敵ー日本マスゴミは日本の解体、中国・ロシアへの植民地化を推進する亡国集団である  

    http://ameblo.jp/kororin5556/entry-11716364573.html