政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針3142号  2013・11・30(土)

2013/11/30

□■■□──────────────────────────□■■□  
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 3142号
□■■□━━━───────────────────────□■■□

       
        2013(平成25)年11月30日(土)



                   レッドラインを厳守せよ:Andy Chang

                一斉批判にややたじろいだか?:宮崎正弘

                          日本嫌いの朝日新聞:古森義久

                 ロシア帝国を潰した日本(1):平井修一

               散文詩「にれの町」を探す(1):馬場伯明

                    話 の 福 袋     
                                反     響
                    身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第31342号
                             発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             

 
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




━━━━━━━━━━━━
 レッドラインを厳守せよ
━━━━━━━━━━━━


     Andy Chang

今月23日、中国が尖閣諸島の上空に防空識別権を設定したことで日
本政府は直ちに強烈な抗議を行い、米国もケリー国務長官、ヘーゲ
ル国防長官が中国の覇権行為を譴責し、続けて米空軍のB52機が尖
閣空域を飛行した。中国側の反応はなかった。

日本政府は日本航空と全日空に対し、中国に飛行計画を通知する必
要はないと通達した。しかし台湾の中華民国政府は中国側に旅客機
の飛行計画を通報した。これは降参だけでなくシナの領土主張を認
めた重大な過ちである。

中国航空識別権設定は明らかな挑発行為であり、覇権拡張を続け、
緊張が高まっている。中国の挑発を懸念の表明だけで済ませるわけ
には行かない。シナのレッドラインを越える挑発は断固として退け
るべき、ラインを厳守しなければ更なる挑発が起きる。

米国がB52を飛ばし、日本の航空会社が旅客機の飛行計画を通報し
なかったが中国の反応がなかったからといって安心してはならない。
レッドラインは一戦をも辞さない覚悟であり、繰り返し相手に通達
すべきである。

●中国の航空識別権は絶対に認めるな

これまでオバマ政権は中国に対し「抑制と協調」を主張していたが、
明らかに抑制は効果がないことがわかった。次は抑制が効かなけれ
ば米国がどのような処置を取るかである。この度、米国の反応は速
やかで断固たる反応であり、続いてバイデン副大統領が中国に対し
挑発行為を止めるよう伝達すると言われている。

日本政府も同じ態度を表明すべきである。「尖閣諸島は日本の領土で
ある。協議の必要はない」、「日本領土の上空に侵入すれば侵略行為
であり、日本は断じて侵略を許さない、自衛隊は国土防衛のために
いかなる挑発行為も許さない」と発表すべきである。

挑発とはイジメと同じく、相手がどこで引き下がるか、レッドライ
ンを試す行為である。日本政府がレッドラインを決めてこれ以上の
挑発は許さないと発表すれば、シナは日本がレッドラインを守るこ
とが出来るか試しにくるだろう。その最初とは無人飛行機であり、
無人飛行機を撃墜すれば戦争になると警告しながら挑発するだろう。
自衛隊が何もしなければ次に有人飛行機、その次に測量艦、軍艦を
派遣するだろう。挑発を止めるなら政府がレッドラインを守る決心
を相手にわからせるべきである。だから最初の無人飛行機が飛来す
れば電波で誘導して進路を混乱させるべきである。

●中華民国政権は大きな間違いを犯した

台湾の中華民国政府は中国の防空識別権の設定に抗議しながら、旅
客機の飛行計画を中国に通報した。日本も韓国も通報しないと決め
たのに台湾だけが降参したのである。

政府は台湾に飛来する旅客機の安全を守るためと言うが実は中華民
国の親中路線のためである。

だがこの決定はシナの侵略行為を認め、中国の尖閣諸島に対する主
張を認めるといった徹底的な間違いを犯したのである。

仮に馬英九政権が中国側の主張を認めず、旅客機の飛行計画を通達
しなかったら中国は旅客機を撃墜するだろうか?答えはノーである。
旅客機を撃墜すれば国際問題になり戦争になる。中国は覇権挑発が
何処まで効くか試すのであって、戦争を望んでいるのではない。

中国は尖閣諸島が中国の領土であるから防空識別権の範囲を拡張し
た。これを認めれば尖閣諸島は中国の領土と認めることになる。

だが次の問題は台湾の領有権である。中国は一貫して台湾を中国の
領土と主張している。尖閣諸島を認めれば続けて航空識別圏を台湾
全土に拡大して台湾上空を占領し、台湾を空爆できるようになる。
そのときになってから抗議しても遅い。馬英九政権は大変な過ちを
犯したのである。今でも遅くない。中国の防空識別権を認めないと
発表すべきだ。

●経済協調の懸念は愚論である。

シナが覇権侵略を繰り返して居るのに一部のメディアは経済関係が
悪化することを懸念し、相手を刺激するなと警告している。これは
まったくの愚論である。

中国は世界最大の製造工場であり、中国と関係が悪化すれば経済に
影響するに違いない。しかし中国は敵対行為で日本を敵と発表した
のである。敵に譲歩すれば挑発は更にエスカレートする。経済悪化
を懸念するなら中国投資をベトナムやタイ国に移転すべきである。

中日の経済合作はもう終わった。合作とは相互の発展と継続だが敵
対すれば我が方の利益になる事はしない。これまでの中国投資は中
国側に有利だったから中国が歓迎したのである。中国が経済的に巨
大になったから本性を現して日本に牙を剥いたのだ。

中国が敵対行動を取れば日本政府は各企業に対し中国撤退を勧告す
べきである。中国に進出した企業は5万軒を下らないだろう。しか
し尖閣諸島で侵略行為があるとすぐに日本人社長や社員を人質に取
る中国に企業がいつまで残れるのか。

●今後の発展

いったん防空識別圏を発表したからには、いくら米国や日本が反対
しても中国が撤回することはない。これは宣戦布告と同じく戦争の
始まりなのだ。撤回しない、返事をしないなどは予期できる。

国際司法裁判に持ち込んでもよいが、国際司法裁判所の判決があっ
ても中国は無視するだろう。中国は3兆ドルも米国国債を買ってい
るので米国が中国に対し経済封鎖することはありえない。世界各国
も中国の製造工場に依頼しているので経済封鎖には反対する。日本
だけが中国の侵略を受ける国だから、長期計画で中国から撤退する
のが最良である。

中国がB52の通過に反応しない、日本のF2スクランブルを黙許して
も撤回ではない。中国政府が明確に撤回しなければいつでも問題が
再燃する。日本は明確にレッドラインを堅持すべきである。それは
アジアの緊張を招く事になるが日本が引っ込んではならない。

戦力の比較とか、戦争になればどちらが勝つかなどの世論はムダで
ある。日本側、中国側、両方で戦争になればどうなると専門家でも
ないのに勝手なおべんちゃらは空論であり挑発行為である。

この度の中国の敵対行為は日本に有利である。日本が領土防衛権を
強化し、憲法改正をするチャンスである。首相も黙っている時では
ない。世界が中国を譴責しているチャンスを無駄にしてはならない。

企業は中国の戦争行為を認識しながら投資を続けるような愚行を犯
してはならない。いまこそ撤退のチャンスである。中国撤退は難し
いかもしれないが、長期計画で中国から東南アジアに転出すべきで
ある。日本の撤退は中国にとって最悪の結果となるだろう。武力戦
争だろうと、経済戦争だろうと戦争を始めた責任は中国にあるのだ。




━━━━━━━━━━━━━━
一斉批判にややたじろいだか?
━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成25(2013)年11月29日(金曜日)貳
      通巻第4078号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国、欧米日韓の一斉批判にややたじろいだか?
  中国軍は「偵察飛行を今後恒常化させる」と対応
*********************************

韓国と日本が中国政府に事前の飛行計画を通告せずに、中国が一方的に宣
言したADIZ(防空識別圏)に軍用機を飛ばした。韓国は中国に防空識
別圏の境界を変更するよう要求したが、中国側が拒否。日本政府は早くか
ら撤回を求めている。

日本の空自も当該領空をジェット機が飛行した。先んじて米国がB52爆撃
機2機を進入させたが、なんら妨害はなかった。

中国外務省はこれらの飛行を認識していると記者会見した。

日本の海上自衛隊は美海軍と11月28日、沖縄近くの西太平洋で共同軍事演
習を展開したが、この演習はまさに東シナ海で跳梁する中国軍を念頭にし
た実戦訓練だった。

海上自衛隊は大型護衛艦「ひゅうが」など護衛艦約15隻と航空機約50機が
演習に参加し、米海軍からは、台風被害の救援でフィリピンに派遣されて
いた原子力空母「ジョージ・ワシントン」も参加した。

これらの動きをふまえて英紙「フィナンシャルタイムズ」は29日付けに
「日米韓、中国を「愚弄」(flout)した」と書いた。前々日も同紙
は日系航空が「事前通告をしないのは、中国に肘鉄(ひじてつ)」と比喩
した。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  訃報  ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
  堤清二(辻井喬)氏
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
 
奇しくも憂国忌の朝、堤清二(辻井喬)氏が世を去っていた(11月25
日)。三島由紀夫との交遊深く、楯の会の制服を提供、追悼会行事に積極
理解を示した人だった。

詩人、作家としての辻井喬は、著名な文学賞を総なめにした、文字表現の
才人だった。しかし実業家としての堤清二は、妾腹の子という精神的トロ
ウマがたたって義兄との対抗心を燃やして無謀な経営を率先し、つぎつぎ
と失敗を重ねた。つまり実業家としては失敗だった。

堤清二氏にはもう一つの顔があった。

大学時代に共産党入党と、除名という人生航路の蹉跌が長く尾を引き、共
産党で活躍した当時は「横瀬郁夫」という筆名で知られた。つまり、堤さ
んは3つ目の顔を持っていた。この路線の延長上に左翼がつどう「九条の
会」への関与や日本文化や伝統を否定しかねない『古寺巡礼』などのつま
らない作品にも繋がる。

同じ人生行路を歩んだ水野成夫、浅野晃を主人公とした『風の生涯』は日
本経済新聞に連載されたが、この小説を読むと意外にも日本浪漫派の風貌
を持つことが分かる。これで4つの貌をもつ。

4つの目の貌の延長線にあるのが、堤清二氏の三島由紀夫への敬意と理解
であった。なによりも積極的に交遊をひろげ、三島さんが主宰した楯の会
には制服を提供して話題となった。

三島事件直後の追悼会にはポケットマネーから資金の一部を提供したほ
か、三島映画上映企画などでも損得を度外視して会場を提供したり、その
三島由紀夫追悼行事への貢献ぶりは特筆しておきたい。

氏の逝去は三島由紀夫の命日、すなわち43年目の憂国忌の朝だった。
   合掌。
    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ Readers‘ Opinions 読
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪
(読者の声1) この期に及んでもマスコミ他は「秘密保護法案」反対なん
ですね。それにしても、反対しているのは、民主党、社会党、共産党、そ
してマスコミです。

分かり易いですが、これらの方々は、中国のあんな暴挙を見ても、コメン
トすら出しません。「同じ穴のむじな」とは、言い得て妙ですね。
                          (NS生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)マスゴミと狢ですか。それじゃ悪質に決まってます。



  ♪
(読者の声2) 貴メルマガを引退生活の清涼剤代わりに感謝しながら拝
読しています。民主党政権時代の無能の代名詞のような3人の総理のため
に、日本は転落寸前のがけっぷちに立たされていた。

民主党の政権バブルが崩壊し、漸く堅実な政権が誕生して、胸突き八丁の
峠は一先ず超えることが出来て一安心だが、イタリアでは、ベルルスコー
ニー元首相が議員資格を剥奪され、引退を余儀なくされたとのニュースに
イタリア議会の賢明さを感じる。どこかの国の無能政党とは違うなと感じ
ます。

民主党政権を3代で崩壊させた元凶の3+1は、未だに反省の色もないま
まに、のうのうと息をしている。民主党政権の第一走者であった文京区の
鳩は、イタリアの元首相には遠く及ばないものの、金持ちであることには
かわりはなく、金の使い方を知らない人間ほど、扱いにくいものはない。

石原元都知事時代にオリンピックの開催資格が獲得できなかったのは、神
の摂理であったと言える。3年後の開催であったなら日本と雖も間に合わ
なかったかも知れない。

それにしても、2020年の開催に向けて重要課題が山積する時に、頭が良い
のか悪いのかまるで判らぬ猪瀬都知事の金銭感覚の無さは、驚き桃の木で
ある。鳩と同じレベルと謂わざるを得ない。都知事の重職を辞すべきでは
ないか。

借りた金を貸金庫に保管したままにする者はいない。即ち、返す必要のな
い金であったと看做すべきである。社会常識に照らし、金を借りた者が借
用書を所持する商慣習はない。

常識的にも、借用書の書き方も知らぬ者は、都知事の資格なしと言うべ
し。潔く、都知事の重職を辞すべきであろう。
                         (一読者)
 

(宮崎正弘のコメント)やっぱり全共闘世代ですね。出処進退、つまり身
の処し方を知らないのですから。
        
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◆書評 ◇しょひょう ▼ブックレビュー ■ BOOKREVIE 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 なぜ憂国の女子会が次々と誕生してきたか
靖国で、教科書問題でも先頭で日の丸を振る愛国少女、淑女たちの実像

   ♪
佐波優子『女子と愛国』(祥伝社)
***************
                       評  多田彰矢

これまで戦後問題ジャーナリストや日本文化チャンネル桜のニュースキャ
スターとして、また遺骨収集活動や陸自予備自衛官として幅広く活躍して
きている佐波優子さんのデビュー作である。書名もずばり『女子と愛国』
とは如何にも彼女らしい題名である。

著者は自分が如何に愛国活動に関心を持っていったのかを振り返るととも
に、現在多くの愛国運動で見られる若い女性たちが、なぜどのようにして
愛国活動に参加するようになったのか、彼女たちの生の声を拾い集めるこ
とによって、現代に生きる愛国女子たちの姿を描きだすことに努めたのが
本書である。

ここでいう愛国活動とはいわゆる従来の保守派や右翼運動とは一線を画
し、一般市民の中から湧き上がってきている草の根の愛国運動である。政
治運動とはかつては左派も右派もビラまき、集会、デモ、オルグなどと一
定のスタイルがあったものだが、近年はとくにインターネットの普及によ
り全くの様変わりを迎えている。

では本書で描かれた女性たちは一体どのようにして「愛国女子」になって
いったのだろうか。

まず著者自身が子供時代から大人になってゆく過程で如何に愛国に目覚め
ていったかを振り返る。著者はまた多くの女性たちを取材して、ブログを
通じた嫌韓流の拡散、学校の偏向した歴史授業への疑問など様々なケース
を取り上げている。

彼女たちの原点は何故日本がいわれなく貶められなければならないのか、
どうして学校で日本の歴史、国防や拉致の問題が正しく教えられないの
か、といった素朴な疑問と教育やマスコミに跋扈する反日的空気に対する
憤りである。

世間はそういう疑問を抱く人間を一方的に「右翼」や「変人」扱いするの
であるが、彼女たち「愛国女子」は世の偏見にも負けずに愛国活動に進ん
でゆく。

著者はこれまでいまだ大東亜の各地に眠っている戦没者の遺骨収集活動に
従事し、また自ら陸自の予備自衛官に志願する極めて能動的、活動的な女
性である。もちろん社会人の場合にはこうした活動をすることは男女にか
かわりなく様々な困難がある。だから著者は愛国活動は出来る範囲でやる
ことを強調する。また愛国活動には色々な落とし穴もあることも正直に指
摘する。

しかし、著者の姿勢はぶれない。いやまっすぐに前を見つめる。女性予備
自衛官である彼女は、自ら他国を攻める「矛」ではなく日本を守る「楯」
になりたいと願う。

この国は母親が「日本精神」を子供に教えられる国にしたいという。まこ
とに至当かつうれしい決意の言葉である。

本書の最後を著者は「こうして日本は女性の力で導かれてゆく。愛すべき
日本の将来は女性の手にかかっているのだ。」と結んでいる。まことに
我々を鼓舞叱咤する言葉ではないか。

これまで女性の政治家や評論家による愛国論には多く接してきたが、実際
の女性活動者による愛国論はこの本が初めてではないだろうか。まさに画
期的な本である。著者は「憂国忌」の司会をつとめ、また三島由紀夫研究
会でも講演を行うなど我々の親しい仲間でもあるが、これからも一層の力
強い活躍を期待したい。

(著者プロフィール)昭和54年生まれ。埼玉県出身。戦後問題ジャーナリ
スト、フリーアナウンサー、日本文化チャンネル桜キャスター。陸上自衛
隊予備自衛官(予備陸士長)。遺骨収集活動に従事する。第3回「真の近
現代史観」懸賞論文において最優秀賞を受賞。




━━━━━━━━━
日本嫌いの朝日新聞
━━━━━━━━━


   古森 義久

朝日新聞の特定秘密保護法案への反対の大キャンペーンをみると、この新
聞は本当に日本を嫌い、日本に不信を抱き、日本を弱くすることに熱意を
注いでいるのだ、と痛感させられます。

この秘密保護法案は基本は日本の外敵に対する安全を守るために必要な秘
密は守ろう、という趣旨です。外部からの脅威に対する国家の安全、国民
全体の保護が必要という大前提を認めれば、そのための手段について、こ
こだけは公開しないほうがよいという情報の非公開の必要性が必ず出てき
ます。

 法案ですから、枝葉に欠陥はあることでしょう。改善すべき点も多々あ
るでしょう。

しかしその主眼は「日本のため」だといえます。よりよき日本、より安全
な日本、だとも評せましょう。ここでの日本とは日本国、日本国民という
ことです。

 外国のスパイ活動を違法だとする法律自体は日本にはありません。全世
界の諸国のなかでも異端です。日本では自衛隊員や国家公務員の側の規定
だけで、なんとか外国のスパイ活動を取り締まり、規制しようというのが
現状です。安全保障上の守るべき秘密という概念も決められていません。
世界でも稀な弱体の国家安全保障なのです。

 要するにいま参議院で審議されるこの法案は外部から日本に脅威を与
え、侵略や侵食を図る勢力に対して、日本側の安全保障関連の情報の一部
を内緒にしておこうということが最大の主眼です。安全や防衛のこちら側
の手の内はすべて明かさないほうが効率がよいことは自明でしょう。

ところが朝日新聞の反対キャンペーンはその「外からの脅威」という法案
の最大論拠にはまったく触れません。日本の内部だけで、政府が国民を弾
圧するために、この法案を成立させようとしているという虚像を必死で描
くのです。すぐに「戦前の弾圧」を持ち出し、いまそんな状態がすぐにで
も起きそうな虚偽を提示します。

そもそもいまの日本の政府は国民多数の意思で選び出した国民の代表機関
です。その政府を「国民を弾圧する権力機構」として描くのが朝日新聞で
す。だからこの新聞は日本の民主主義否定、日本不信、日本嫌いといわざ
るを得ません。

 朝日新聞はその一方、中国や北朝鮮という外部の脅威勢力が日本の安全
保障を弱めようとする基本構図には触れません。11月27日の朝刊をみ
て、なるほどと思いました。この日の朝日紙面は一面から三面まですべて
秘密保護法案が衆議院を通過したことを敵視し、反対する記述で埋まって
います。「民意軽視」「増す疑念」「監視なき権力は危うい」などなど、
日本の政府や与党を朝日新聞は日本国民の敵のように位置づけるのです。
日本国民の多数派が選んだのがいまの政府や与党であるという基本の現実
はそこには反映されません。

そして朝日新聞のこの日の一面から三面までの紙面では他の各紙がこの朝
にみな大きく報じている中国の防空識別圏の一方的な宣言による日本への
危機をまったく伝えていないのです。そもそもこの特定秘密保護という概
念の必要性を迫る外部からの脅威は無視なのです。

こんな朝日新聞の基本スタンスからは、日本の政府を敵視し、不信をぶつ
け、中国や北朝鮮の日本への脅威は無視する、という構図がいやでも浮か
びます。そしてわが日本が朝日新聞の主張のとおりに動けば、国家として
まちがいなく弱さや欠陥だらけのままとなることを示しています。日本の
弱体、安全保障の骨抜き、という結果になってしまうでしょう。そんな結
果を招くことを連日、煽っている「ニュースメディア」が存在すること、
よく考えたいと思います。
2013.11.29 Friday name : kajikablog



━━━━━━━━━━━━━
ロシア帝国を潰した日本(1)
━━━━━━━━━━━━━

  
       平井 修一

20世紀の世界的大事件はいっぱいあるが、有色人種が白人帝国主義に初め
て勝った日露戦争(1904〜5)、帝政ロシアを覆して初めて共産主義国家
を立てたロシア革命(1905、17)、有色人種が欧米列強を世界中の植民地
から追放した大東亜戦争(1941〜45、注)はベスト10に入るだろう。

ロシア革命についてあちこちの資料を漁っていたら、アレクサンドル・パ
ルヴスが日露戦争勃発直後の1904年2月頃に書いた「戦争と革命」という
論文があった。これがすこぶる示唆に富んでおり、「日露戦争が帝政ロシ
アに大打撃を与える」というのだ。

日露戦争は1904年2月8日、旅順港のロシア艦隊に対する日本海軍駆逐艦の
奇襲攻撃(旅順口攻撃)で始まった。同日、日本陸軍先遣部隊の第12師団
が朝鮮の仁川に上陸している。

この時点で早くも彼は「戦争は始まった。その結末がどうであろうと、
ツァーリ(皇帝)専制君主の玉座は崩れるだろう」と見事に予言したの
だ。以下、抄録する――
・・・

現在の戦争の部分的終局は考えられない。ツァーリ政府は満洲を譲歩する
ことはできない。政府はこの地を奸策と背信により占領したが、今譲歩す
れば武力でしか取り戻せなくなるからだ。しかもその戦争は、無防備の支
那に対してではなく、堡塁、兵力についてまったく不安のない日本に対し
て行わなければならない(から難しい)。

日本は東アジアでの主導権を獲得するだろう。ここに日本の侵略政策の目
的と意義がある。日本は自分の政治的・経済的発展全体を賭ける戦争を決
心したのだ。日本の目算が正しいかは、あらゆる報道が支那での日本のプ
レゼンスが非常に強くなっていると報じていることから明らかである。こ
れと並んでモンゴル人の(独立への)民族感情が高揚している。

満洲、朝鮮、支那で日本が実施している第一の改革は、軍隊のヨーロッパ
式再編成、戦略的で商業的な鉄道建設などに現れている。日本のこの政策
は、単なる政治判断ではなく、歴史的発展の結果なのだ。

日本だけが東アジアにおけるヨーロッパ流資本主義の歴史的完成者であ
り、日本に資本主義国家をつくり出したように支那の全沿岸地帯に商工業
都市をつくり、川を上って奥地に忍び込み、中華帝国の経済、政治を蚕食
し、支那に資本主義のための準備教育を施したのだ。

ツァーリ政府が満洲を失うということは、新しい港を失い、航行に適した
緯度での太平洋への出口は閉ざされてしまい、極東政策の完全な失敗にな
る。日本の軍事的威力をなくすとツァーリが決定した所以である。

ロシアが満洲で日本に勝てば、北京の前で止まることなく、さらに南下す
るだろう。しかし、競合する列強が支那の分配で武力衝突なしに妥協する
ことは疑わしい。イギリスなどとの世界戦争に生き残るに十分な力を
ツァーリ政府はもっていない。

現実には、日本に対する速やかな勝利はあり得ず、ツァーリ政府は力をす
り減らすだろう。

ヨーロッパのすべての軍事評論家は、日本が旅順口攻撃でロシア海軍に与
えた打撃により海軍は麻痺したと言っている。ロシア・トルコ戦争
(1877〜78)の時は、戦場はヨーロッパだったからツァーリ政府と戦場の
連絡は密接であり、食糧も不足しなかった。今はアジアの片隅で、極度に
困難な諸条件のもとで戦争を行わなければならない。

ペテルブルク(首都)から戦場までの距離は8000キロで、ニューヨークの
方が近いほどだ。確かにロシアは支那と国境を接してはいるが、人口希薄
なシベリアの広大な地域によって本国から分離されている。

運輸の点でも、軍隊の派遣はシベリア鉄道によるしかないが、鉄道の満洲
支線をうまく防衛できるのか。住民からなる大軍が、小部隊で全線に配置
されており、明らかに日本人の指揮下に作戦行動をとっている。

いろいろな地点で鉄道の数キロを破壊すれば、ロシア軍は満洲を徒歩で動
かなければならなくなる。(つづく)

・・・
注)中共御用作家のアグネス・スメドレーはこう書いている。

<数世代にわたってアジアの民族を支配してきた西欧列強は、太平洋戦争
の最初の2年間というもの、西欧帝国主義排除という日本の強力な宣伝を
信じた南太平洋の諸民族が、日本軍を解放者として歓迎していたときは、
にが虫をかみつぶした思いだった。

イギリスが118年も抑えていたシンガポールは、真珠湾(1941)の2か月後
に陥落した。(1942年)3月にはインドネシアのオランダ勢力が壊滅し
た。1942年初夏にはビルマの連合国軍(英と支那)は、ビルマ人にまわり
の森を焼き立てられながら、さんざんな状態で退却した。

インドでは、反抗する数千人の愛国者で監獄がいっぱいになり、チャンド
ラ・ボースの指揮する強力なる親日運動が広まっていた>(「偉大なる
道」)(2013/11/27)

    

━━━━━━━━━━━━━━
散文詩「にれの町」を探す(1)
━━━━━━━━━━━━━━


        馬場 伯明

東京都北区にある東京書籍(株)附設の教科書の図書館「東書文庫」を訪
ね、散文詩「にれの町(百田宗治)」が掲載された小中学校の教科書を閲
覧させていただいた。「にれ」とは樹木の「楡」のことである。

「にれの町」が掲載された教科書は、昭和24年から昭和49年にかけ、東京
書籍(6冊)、学校図書(5冊)、大修館書店(3冊)、開隆堂出版(2
冊)、日本書籍(1冊)の5社で17冊出版されている。

学年別では、小学校5年生用が7冊、6年生用が4冊、中学1年生用が6冊(内
2冊は昭和24・25年発行、劣化しており閲覧禁止)である。

百田宗治の詩の原文は当然1つであるが、教科書掲載では教育の目的や水
準に適うように原文が変更されることがある(作者の了解も得る)。

たとえば、漢字・仮名の表記の選択、句読点、分かち書き、原文と異なる
改行、さらに(大胆に)字句の書き替えや文章の数行の削除など。だか
ら、細かく言えば17種類の異なる「にれの町」が存在することになる。

私が履修したのは、長崎県南高来郡南串山村(現在、雲仙市南串山町)南
串第一小学校6年生のとき。その教科書は「新編新しい国語6年1」であ
り、昭和31(1956)年・東京書籍発行、監修者・著作者は柳田国男。編集
者は岩淵悦太郎他6人。1冊60円。(以下「東書31小6」とする)。

ブログなどに「にれの町」が散見される。ただ、曖昧な記憶のまま書かれ
たものも多い。自分が履修していない教科書のものや、または百田宗治の
原文転載などを探し当て、(無造作に)引用している人もいる。

このような事情があるので、私は、自分が実際に学んだ教科書「東書31小
6」に掲載された「にれの町」の全文を、以下に、紹介する。ただ、小学
生向けの教科書なので編集者が原文の詩から多少変更している。また、挿
絵に沿った頻繁な改行もあり、一部変更した。《紹介開始》

「にれの町」  百田宗治 《ルビは(  )とした》

見わたす限りのささ原や、沼(ぬま)や、湿地(しっち)や、林の中に、
高いにれの木が一本あった。春になると、芽をふいた。
それから、小さい、きらきら光る青葉がいっぱい出た。
葉が重なり合うと、ささ原の上に美しいかげができた。

夏の暑い日ざかりに、うさぎの親子がその下に来て休んだ。
えだからえだへとわたり歩いて、その上で、しまりすの子供たちが追っか
けっこをして遊んだ。山ばとが鳴いた。ふくろうが歌った。

秋、それから冬。一面の銀世界。ふってもふっても、雪の下から頭をもち
あげるささ。しかが群れを作って、その葉を食べに来たかも知れない。
(そのころにはまだ北海道にもしかがたくさんいた。)

広い原っぱの西の方には、まるい山や三角形の山がいくつも重なり、その
向こうから、原っぱのまんなかをつっきって、川が一すじ東北の方角へ流
れていた。

夜になると、きつねが鳴いた。山のかげが黒々とせまった。
寒い、お月様もこおりそうな冬の晩(ばん)に、その山の上でおおかみも
ほえたかも知れぬ。そんなけしきをのせたままで、地球はあきないで、何
度、太陽のぐるりを回ったことであろう。

にれの木は何もかも知っていた。
あいかわらず、うさぎや、りすを遊ばせていた。
たいくつすると、大きいあくびをして、同じなかまの木や、かしや、なら
や、いちょうなどと話をした。空を行く雲にものを言いかけたり、いつま
でも、ひとりごとをならべていたりした。

―――そして、ある冬の寒い日、にれの木は初めて自分の方に近づいて来る
見なれぬ人間たちのすがたを見た。
一面の根雪の上に、また白い粉雪がふり積っていた。人々は大きい絵図面
をひろげたり、見なれぬ測量機械を運びこんで来たりした。

それからおおぜいの人がはいりこんで来た。
あちこちに小さい小屋のようなものが作られた。
木を切ったり、土地をほり返したりする仕事が始まった。

しかはあわてて山のおくにげこんで行ったし、ささ原のなかのうさぎは、
追われてぴょんぴょんとはね回った。
りすだけがまだ木の枝に残って、人間たちのすることをふしぎそうになが
めていた。
―――しかし、きつねの声だけはまだ聞こえた。

やがて、広い大きな道路ができた。それから方々に家が建った。学校も
建った。工場のえんとつからけむりが上がり出した。
まもなく、停車場ができて、鐘(かね)をカンカンたたき鳴らしながら、
ふしぎな外国製の機関車が通った。

にれの木は何もかも知っていた。
にれの木は何もかも見ていた。

―――しかし、気のついた時、うさぎやりすは、もう自分のそばにいなかっ
た。きつねの鳴き声も聞こえなくなった。にれの木は自分だけを道ばたに
残して、りっぱなコンクリートの道路がまっすぐに走っているのを見た。
赤れんがのがっちりした建物が自分をとりまいているのを見た。

おおぜいの学生が、自分の下をにぎやかに話し合いながら通って行くのを
見た。時計台から、時こくを告げる鐘の音が大きくひびいてきた。

にれの木ははっきりと目をさました。
そして、青い葉でいっぱいのからだをゆすり上げながら、久しぶりで高い
空をあおいだ。晴れわたった空には、むかしと同じように白い雲が流れ、
この町をとりまく山々が、声をそろえてかれにあいさつをした。
「変わりないのは、君とぼくたちだけだなあ。」というふうに。

北海道の札幌(さっぽろ)の町がこうしてできた。 
(百田宗治 作) 《紹介終了》

2013年11月現在、原作者・百田宗治の死から58年、この教科書の発行から
57年。著作権(50年)は切れている。そこで、図書「東書31小6」の出所
を明示し、その全文を紹介したのである。

なお、「東書文庫」は東京都北区、JR京浜東北線王子駅から徒歩3分の閑
静な一角にあり、鉄筋コンクリートの落ち着いた伝統的な建物である。

「にれの町」が掲載されている他の教科書の閲覧や、編集で原文の変更が
あることなど、館員の方に丁寧なご指導をいただきお世話になったことを
付記する。(2013/11/27千葉市在住)
《別稿「『にれの町』を探す(2)」に続く》



━━━━━━━
話 の 福 袋 
━━━━━━━


 ◎<首相秘書官>初の女性起用 経産省審議官の山田真貴子氏

安倍晋三首相は29日、首相秘書官に経済産業省審議官(IT戦略担当)の
山田真貴子氏(53)を充てる人事を決め、辞令を交付した。首相秘書官に
女性を起用するのは、歴代内閣を通じて初めて。安倍政権は女性の社会進
出を掲げており、女性登用に積極的な姿勢をアピールする狙いがある。

【政権再交代:省庁の思惑は】歓迎の経産省、政務秘書官に幹部 複雑な
財務省

山田氏は女性政策や広報などを担当し、首相秘書官は計7人となる。菅義
偉官房長官は29日午前の記者会見で「女性の活躍を推進することは、成長
戦略の大きな柱だ。内閣全体で女性の登用に取り組んでいく」と語った。

山田氏は1984年に旧郵政省に入省。総務省で情報通信国際戦略局参事官な
どを務めたほか、東京都世田谷区の助役などを歴任し、今年6月に経産省
に出向していた。東京都出身。
毎日新聞 11月29日(金)10時53分配信




 ◎<猪瀬知事>「深くおわび」都議会で謝罪 5000万円借用

東京都議会の定例会が29日開会し、猪瀬直樹知事は本会議の所信表明
で、知事選前の昨年11月に徳洲会グループから資金提供を受けた
5000万円について「個人的な借用」と改めて説明したうえで「無利
子・無担保での借り入れなど、批判をいただき反省している。痛恨の極み
で、深くおわび申し上げる。誠に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

【徳洲会事件・まとめページ】

 猪瀬知事は伊豆大島の土砂災害被災者らへのお見舞いなどを述べた後、
資金提供問題に言及。「先の生活への不安があり、個人として借り入れ
た。手を付けずに全額返却した」と説明した。

 5000万円の提供は22日に発覚し、猪瀬知事はこれまでに2回の記
者会見などで経緯を説明してきた。26日には借りた当日に作成したとす
る「借用証」を公開したが、提供の趣旨や金額が決まる経緯、徳洲会側に
強制捜査が入った後の今年9月まで返却されなかった理由などには、不自
然であいまいな点もある。所信表明でも、これまでより踏み込んだ説明は
なかった。

 本会議場の傍聴席には開会前から都民ら約80人が集まった。台東区の
野末政男さん(70)は「5000万円を現金でやりとりしたというのは
納得いかない」。都議会棟周辺では右翼団体の街宣車が知事辞任を訴え
た。毎日新聞 11月29日(金)13時38分配信



 ◎日本人書記官が放火 在コンゴ大使館火災 監視映像を確認 警視庁断定

アフリカ中部のコンゴ民主共和国で6月、日本大使館が半焼した火災で、
警視庁捜査1課が当時、経理担当の3等書記官として現地に赴任していた
20代の外務省職員の男による放火と断定したことが28日、捜査関係者への
取材で分かった。

捜査1課は8月に続き、今月11日にも捜査員らを現地に派遣し、大使館が
入るビル周辺の防犯カメラの画像データから男が出火直前、大使館に入る
様子などを確認。既に放火容疑で男を逮捕する方針を固めており、詰めの
捜査を進めている。

捜査関係者によると、大使館は首都キンシャサの4階建てオフィスビルの
3、4階に入居。火災は6月20日夜(日本時間21日未明)に発生し、3階
の一部と4階の全室が燃えた。

大使や参事官の公室がある4階が火元とみられ、当時は無人でけが人はい
なかった。

外務省は、大使館内への出入りが制限されていることなどから、内部犯行
の可能性が高いと判断。ウィーン条約の外交特権で在外公館には現地当局
の管轄権が及ばないため、外務省から相談を受けた警視庁は8月、捜査員
らを現地に派遣し、実況見分や関係者への事情聴取を行っていた。

その結果、ビル1階の共通エントランス付近の防犯カメラに出火直前、男
が灯油缶のようなものを運び込む姿が写っていたことが判明した。

現場にはガソリンがまかれた跡があったほか、マッチのようなものも散乱
していたという。

今月11〜25日の派遣では、防犯カメラ画像や火災現場で見つかった資料な
どの確認が行われたとみられる。男は借金を抱えていたという情報もあ
り、捜査1課が関連を調べている。

産経新聞 11月29日(金)7時55分配信



 ◎歴史捏造の本家、シナが 鳩山に続きソン・テチャク氏を利用  栗
原重男

「新華経済」と言うシナのメディアが ≪ 日本の歴史教科書政策を批判、
「池田大作氏の名言を忘れるべきでない」 ≫
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/economic_exchange/366818/
と述べています。

その池田大作氏は、日本人の名誉を著しく傷付ける碑文を刻んだ石碑を
1995年、創価学会福岡研修道場に建てたそうです。

朝鮮と言えば、日本が数多の文化を伝えた歴史があり、朝鮮にとっては日
本は師恩の国。碑文は歴史認識が逆になっている。日本統治前の朝鮮; 
http://www.geocities.jp/hiromiyuki1002/cyousenrekishi.html

シナ人や朝鮮人が「アジアの国々」とか「世界」と言うのはシナと朝鮮の事。

第2次大戦後、シナ、朝鮮は第2次大戦の歴史捏造で結託するユダヤとつ
るんで日本、ドイツ叩きを続けてきた。

そして、ドイツは謝罪したが、日本は謝罪しないと日独分断を画策してき
ました。

韓国人はそうやってドイツを讃えている事でドイツから好感を持たれてい
ると錯覚していたようです。

つい最近まで、中国・韓国は経済が未発達で世界における存在感が乏し
かったため、世界は彼らの嘘に気付かず彼らの訴えを信用してきました。

ところが近年、日本からカネと技術を援助してもらったり、盗み取ったり
して経済を成長させ、世界で存在感が高まってきて一般の日本人にも彼ら
の声が大きく届くようになり、彼らの言動が目立つことによって却って、
嘘がばれてきた感があります。

ユダヤ、シナ、朝鮮が世界に拡散し続けてきた捏造歴史に日本人が気付
き、日本の歴史教科書を問題視し始めて来たので彼らは慌て始めたようです。

そういった理由で、コリアンジャパニーズと思われる池田大作氏を「新華
経済」が持ちあげたのでしょう。

しかし池田氏は朝鮮に大変思い入れの強い方。日韓友好の碑文を読めば彼
がコリアンジャパニーズであることは自明の事と思われます。  つま
り、「新華経済」の主張には説得力がないのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
http://japan0609.blog.fc2.com/blog-entry-231.html
『 碑 文 』

 安らけき朝の光に 貴国を想う
 古の書に「東表日出之国」と謳われ
 山高く 水麗しき 風雅の国
 東海の小嶋へ 重畳の波浪越え
 あまたの文化 文物もたらし
 尊き仏法を伝え来りし 師恩の国
 隣邦を略奪せず 故郷の天地 守り抜く
 誉れの獅子の勇だきる 不橈(ふとう)の国

然れども 世紀の災禍いくたびか
小国の倨傲(きょごう) 大恩人の貴国を荒らし
大国の横暴 平和の山河 蹂躙す
アボジ(父)、オモニ(母)の叫喚は
我が魂に響き その痛み須臾(しゅゆ)も消えず
不思議なるかな今 悲劇の祖国に
巍巍堂堂(ぎぎどうどう)たる地涌(じゆ)の同胞 湧き出で
韓日新時代へ 敢闘の前進開始せり

 敬愛する貴国の友人いわく
 「心をとざして相対すれば戦いとなり
 開襟(かいきん)を開き相語れば平和となる」と
 過去を忘却せず 現当へ誠信尽くし
 人道と正義の 大いなる旭日昇る
 韓日友好の「新しき千年」築かん
 無窮花(ムクゲ、朝鮮語;ムグンファ)の如き 馥郁(ふくいく)たる
幸と平和の楽園

アジアと世界へ永遠に拓かん と誓いつつ

1999年5月3日 池田大作
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 若き日の池田大作氏:http://www.google.co.jp/imgres?imgurl=http:
//img.news-us.jp/1102182601.jpg&imgrefurl=http://www.news-us.jp/article/366119814.html&h=556&w=696&sz=82&tbnid=3eFWRd4nfo8qDM:&tbnh=90&tbnw=113&zoom=1&usg=__b0Ng6CJyESTSM1bbHqTeQgEZtCQ=&docid=IkNJtAj2GlZ4VM&sa=X&ei=_v6WUryjEY3TkgXWnoG4Dg&ved=0CDgQ9QEwAg

 

----------------------------------------------------------------
【 新華経済 】
  日本の歴史教科書政策を批判、「池田大作氏の名言を忘れるべきでな
い」―中国メディア
    2013年11月25日
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/economic_exchange/366818/
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/economic_exchange/366818/2/

日本の文部科学省が今月、小中高校の教科書検定基準と教科書無償措置法
を見直し、「愛国心を育む」などとした教育基本法(教基法)の趣旨を徹
底するための「教科書改革実行プラン」を発表した。

これをめぐり、中国・人民日報は25日、「歴史観が日本の生き方を決め
る」として、日本の歴史教科書政策を批判する内容の評論記事を掲載した。

同記事は、「国際社会が日本の歴史観に関する最新の動向に注目してお
り、日本の有識者や一部メディアも懸念を示している」と指摘。朝日新聞
が「執筆者と教科書会社を萎縮させる『改革』はやめるべきだ」として、
教科書検定の基準改定を批判する内容の社説を掲載したことを紹介した。

人民日報はさらに、「愛国心」を持ち出すことに日本の右傾化した思想が
現れていると指摘。「歴史の事実を正確に記述することは、愛国心と矛盾
するのか?」との疑問を示した。
  その上で、

「ある国の教科書の内容は、その国の国民の歴史認識を反映する。日本の
歴史教科書が若い世代の歴史認識を混乱させれば、教育目標とされる『愛
国心』は戦後国際秩序への挑戦に負のパワーを与え、日本に国際社会と調
和する未来をもたらすことが難しくなる」と指摘。

「歴史はわれわれに生き方を教えてくれる」とする日本の思想家、池田大
作氏の名言を忘れるべきではないと釘を刺した。

(編集翻訳 恩田有紀) (情報収録:中山)



 ◎シナの国家総動員法発動か?

 中国大使館から在日中国人へのお知らせ

http://ameblo.jp/japangard/entry-11714406271.html

                 (情報収録:中山)



 ◎「沖縄県史」朝鮮人慰安婦虐殺」の真相を追う

【大高未貴】第二の「吉田清治」だったのか?
 「みやこ九条の会」 仲宗根將二 代表世話人
http://www.youtube.com/watch?v=8M7Z2oXRvmI

宮古島慰安婦記念碑に抗議の視察
 https://www.facebook.com/masato.suzuki.564?hc_location=timeline
                   (情報収録:中山)



 ◎韓国、世界最大級のフランス・アニメフェスティバルで「慰安婦アニ
メ」上映予定

あれやこれやで嘘を世界に広めるコリアン。来年1月はじめだから まだ
間に合う。日本外務省、阻止するべし! 

しないのなら仕事を放棄したとみなす。

http://alfalfalfa.com/archives/6961991.html?__from=mixi

 (情報収録:中山)


 ◎死後の世界は存在するのか?量子力学的にはありえる(米科学者)

ほとんどの科学者は、死後の概念などナンセンスなもので、どうあっても
立証できないと言うかもしれない。しかし、米ノースカロライナ州ウェイ
ク・フォレスト医科大の量子物理学者ロバート・ランザ教授は、量子物理
学の世界では理論的には死の世界が存在するという。

ランザ教授は、墓を超えて物質をあの世に運ぶ方法を量子物理学的に説明
できるというのだ。

 生命中心主義(意識中心主義)の観点からは、私たちが死だと思ってい
るものは、人間の意識が作り出した幻影だ。私たちの意識が宇宙を作って
いるが、空間と時間は私たちが考えるようなひとつの連続した状態では存
在していない。そうだとすると、死は現実的な感覚では存在しえない。

生命とは炭素や分子の混合物の活動で、死んだら腐って土に返る。人間と
しての私たちが死を信じているのは、人間は死ぬものだと教えられている
し、もっと厳密に言えば、私たちの意識が生命ある体と結びついていて、
その体が死ぬことがわかっているのだ。

死は私たちが考えているような終着点ではないのかもしれない。生命中心
主義というものは、生命がすべての中心で、生命が宇宙を作ったのだとい
う考え方だ。人間のこうした意識がこの世界のものの形やサイズを決めて
いる。私たちがまわりの世界を知覚する方法を例にとると、人が青い空を
見て、見ているものの色は青だと言われるから、空の色は青だと認識する。

しかし、単に意識の問題なら、それがグリーンや赤である可能性もあるわ
けだ。私たちの意識が世界をつくり、意識が変われば解釈が変わってしま
う可能性もある。意識がなければ、それは存在しえないのだ。

ロバート・ランザ教授

生命中心主義の観点から宇宙を見ると、空間と時間は人間の意識がおしえ
てくれるものとは違う。つまり今、私たちが認識している空間と時間は、
単なる心の手段なのだ。空間と時間が精神構造物であることが受け入れら
れれば、死や不死の考え方は空間や線上などの境界なく無限に存在するこ
とになる。

二重スリット実験

ランザ教授は有名な二重スリット実験を行って、自説を解説した。弾丸の
ように発射した電子を衝立のふたつのスリットの間を通してみる。電子自
体は人間の目には見えないが、波のような動きをしていて、両方のスリッ
トを同時に電子が通過している。つまり、物質とエネルギーが波と電子両
方の特徴を示し、そのような動きをする電子は人間の知覚や意識によって
変わることを示している。

生命は私たちが考えるような一列に並んだ存在ではなく、それを超越した
もので、私たちは死んだとき、ビリヤードのボールの動きのようなランダ
ムなマトリックスではなく、避けることのできない生命マトリックスの中
に放り込まれるのだとランザは言う。via:dailymail・原文翻訳:konohazuku

【Livedoor】/ カラパイア http://gunosy.com/g/Rt9f8

〔情報収録 − 坂元 誠〕


 
━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)新潟県の知人がこんなことを知らせてきました。

豪州の男子高校では、予備役さながらの野営キャンプをする学校もありま
す。そういう学校の教師もまた、予備役が多かったことを思い出します。
                           (小林)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー、
自衛隊高田駐屯地は、阪神淡路の震災、中越地震、東日本大震災の救助・
復旧活動をしてきました。

地震や津波の被災地に駆けつけ、救援活動をする自衛隊にあこがれ「体験
入隊してみたい」と思う純真な気持。

徴兵しているわけでもないのに、なぜジュネーブ条約を持ちだしてくるの
か。労組、社民党、新社会党ーー日の丸に反対の腐っている反日勢力です。

地元の新聞に載ったニュース
以下引用http://www.joetsutj.com/archives/52060442.html

>> 新潟県上越市にある県立直江津中等教育学校の生徒が陸上自衛隊高田
駐屯地で職場体験学習を行ったことについて2013年11月26日、社民党や労
組などが同校を訪れ、武藤正美校長に抗議文を手渡し、来年度以降の中止
を求めた。 

同校では今年11月6〜8日に3年生10人が同駐屯地で職場体験学習を行っ
た。同校では生徒から体験したい職種と職場をきいた上で体験先を決めて
おり、自衛隊には17人の生徒が希望したが受け入れ側の高田駐屯地の都合
で10人になった。 

生徒たちは迷彩服を着用して行進などの基本動作やロープの結び方などを
学んだという。

この職場体験学習に抗議したのは上越地区平和環境労組会議(牧田正樹議
長)と社民党上越協議会(本城文夫代表)、新社会党上越支部(小山一郎
支部長)の3団体。

その3団体の5人が同校を訪れ、「日本も批准しているジュネーブ条約では
15歳未満の徴兵は禁じられている。体験学習とはいえ児童が自衛隊で職場
体験することは条約の理念を踏みにじるものだ」などと抗議した。


      
 2)高齢者の医療費負担を増やそうとするのか:前田 正晶

今朝もシルバーパスを利用してバスに乗った。停まる度に乗ってくるのは
同じような高齢者ばかりで、皆シルバーパス組、顔見知りだ。後ろに座っ
た2人組の男性はの1人は「耳鼻科の予約があって、同じ団地の老人クラ
ブの2泊3日の旅行会を見送った」と残念がっていた。

当方も06年1月の心筋梗塞発症以降、定期検診と種々の検査、07年1月の右
目の下の皮膚ガン切除手術、大腸ガンの疑いによる内視鏡検査、CT、PET
検査、白内障の手術等々と数え切れないほどの病と疑いがあって、05年以
前とは打って変わった病院通いの生活となった。また、大病院であろうと
開業の医師の医院であろうと、何処に行っても老人ばかりだ。

また、94年2月のリタイヤー後に熱心に?通っているスポーツジムにして
も、午前中は老人の社交クラブであるかのような感が深い。だが、ここは
病院よりは遙かに健康的だと言えるだろう。

しかし、自分の経験からしても高齢者の医療費が嵩むのは当然というか、
阻止しきれるものではないと痛感する。05年の10月までは病気と縁が無
く、高校時代の仲間とフットサルを楽しむに十分な体力が残っていた当方
も、06年2月以降は顔付きだけが健全である病弱な老人と化した。これで
は財務省か厚労省か知らぬが、高齢者の医療費負担を増やそうなどと言い
出す訳だと思っている。

だが、私はそれは不当であると秘かに思っている。旧制中学以来の高校の
クラス会では幹事が「病気と孫の話は禁じる」と開会宣言したように、皆
が何らかの病気を抱えているか経験している。

これは避けられない実態であると言いたい。だからと言って、高齢者は蓄
えがあるからと言って、そこから取ろうという発想は一見尤ものようだ
が、安易で不当だと思う。

彼等官僚や政治家の今日あるは、我々世代が努力して築き上げた嘗ての世
界第二の経済大国という基盤があったからであると言いたい。その基盤を
何とか言う脆弱な世代が維持できなかったせいではないのかと言いたくなる。

また、近代医学発展・発達したお陰もあり長生きする人が増えて、その人
たちが皆将来というか一層の老後に時代に備えて蓄えた資金から取ろうと
いう魂胆は間違っていると言いたいのだ。

今時、2〜3年でも生き延びれば消費税その他の増税、後期高齢者医療費負
担、介護保険料に加えて安倍政権がインフレを目指せば、一寸した蓄えで
は賄いきれないだろうし、同じ団地の老人クラブの2泊3日の旅行だって行
ける余裕がなくなりはしないか。多少僻みっぽいが、こうも言いたくなっ
てしまう。

だが、少し時代の変化を考えてみれば、その変化をもたらしたのは現代人
だ。その実績は評価するが、アナログ時代を過ごした高齢者には全く暮ら
しにくい時代となった。

我がアパートでも新築後25年も経てば台所の設備も老朽化して入れ替えれ
ば、IHヒーターで高額であるばかりでなく、文明の利器への対応に戸惑
う。我が家では昨年から種々の設備の更新が続き、その負担は少額では無
い。それでも高齢者の老後の備えから取ろうというのは不当だと思う。

官僚でも政治家でも遠からぬ将来に高齢化して、我が世代と同じ目に遭う
はずであると思うのだが、彼等はそこを考慮していないのかと疑ってしま
う。私は同じことが形を変えて循環しているだけだと考えている。だが、
そういうものを思わない政治家を選んだのも我々だと思えば、諦めなけれ
ばならないのかと、ふと考えてしまう今日この頃だ。



 3)2013年11月16〜18日広島・宮島を旅行しました。その途中で、かつ
て、メルマガ「縄文塾」の主宰者であり、本誌にも投稿されていた広島市
の中村忠之さん(今年3月ご逝去)の仏前にお参りしました。

本誌主宰者からもご冥福をお祈りしますとのことでしたと奥様に報告しま
した。奥様は一人でお住まいでしたが、私の訪問をとても喜んでください
ました。(馬場伯明)


 4)ライトアップされた城には、小椋佳の「古城の月」(作詞:阿久
悠、作曲:小椋佳)が似合うと思います。(まこと)



 5)中国が東シナ海に防空識別圏を設定は、次に引用のように「米への
挑戦」だけではなく、自由民主主義体制への挑戦と捉えて対応したい。
 
ソ連の1979年のアフガニスタン侵攻は、自由民主主義諸国が結束して対応
した結果「ソ連崩壊」の引き金となった。

国際法を無視した今回の中国の防空識別圏設定に、諸国が同様に結束して
対応し、その民主化を促進する契機としてほしい。 (2013年11月30日 
 宝珠山  昇)
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
中国防空圏は「米への挑戦」…元NSC上級部長 (2013年11月30日07時
51分  読売新聞) : 【ワシントン=今井隆】米知日派でブッシュ前政
権の国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長を務めたマイケル・グ
リーン米戦略国際問題研究所(CSIS)上級副所長は読売新聞の取材
に、中国が東シナ海に防空識別圏を設定したことについて「日本に対する
威圧であり、段階的な米国への挑戦だ」と批判した。

グリーン氏は日米両国が中国に対する「抑止力」を高めることが不可欠と
し、「集団的自衛権の行使を容認し、日米防衛協力の指針(ガイドライ
ン)の見直しを成功させることが必要だ。

中国の挑戦を見ると、安倍政権は集団的自衛権の行使容認の決定を先延ば
しせず、作業を加速しなければならない」と強調した。

中国の防空識別圏が韓国のものと重なったことを踏まえ、「今こそ日韓関
係を立て直す時だ。困難なことかもしれないが、韓国に働きかけ、アジア
の民主主義国同士が手を取り合うことが、中国に対する最大の抑止力とな
る」とも指摘した。



━━━━━━━
身 辺 雑 記 
━━━━━━━

30日の東京湾岸は「寒い」。初めて「冬」を感じる。月日の経つのの早さ
を痛感する。明日から12月。其の先には78が待っている。同期生たちは早
生まれでないから「卒寿」だと騒いでいる。


ご投稿、ご感想をお待ちしております。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
-- 
渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/12/01

    姜尚中 http://www.tamanegiya.com/sansannjyu18.5.530.html

  • 名無しさん2013/12/01

    NHK敗訴「台湾統治の特集番組で差別表現」 http://www.m9l-o-l.com/archives/34467062.html

  • 名無しさん2013/12/01

    在日韓国籍コリアンのように、我が国において二世どころか三世、四世になっても、我が国に尽くそうとせず、我が国の為に働こうともせず、我が国の為に殉ずる事もなく、己らの権利だけを主張しているような輩は我が国国民から軽蔑される事はあっても、未来永劫、絶対に尊敬される事はない。

  • 名無しさん2013/12/01

    続編、「魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語」を見てきましたので、その感想です。



      この物語が面白くて面白くて、今上映している、[新編]叛逆の物語をすぐに見に行きました。

      今回は、暁美ほむらが悪魔になることで、自ら犠牲にして世の理を変えた鹿目まどかを救う、という内容でした。



      率直な感想は

    「え!うそ!この終わり方はやばい」という感じでした。



      文章校正でいう起承転結でいうと、今回の内容は「転」の部分かと思われました。



      次回の放映は1年後でしょうか?ちょっと待てないです。それぐらいの終わり方でした。



      次回は必ず見ます。

      その前に、最初深夜にやっていたというDVDアニメを借りて見ようと思います。

  • 名無しさん2013/12/01

    特定秘密保護法案の意味も知らん奴ら

    治安維持法だとか言うアホである

    笑ってしまうよね

    http://hitorigoto-kokoro.blogspot.jp/2013/12/blog-post.html

  • 名無しさん2013/11/30



     日韓議員連盟は韓国の為でしかない、日本は敢えて集られる場を作る必要は無い。私の母でさえ韓国の真実を知ったら韓流ファンを止めました。 





     東海大の金慶珠、大阪市大の朴一、この方達が訳の分からない言い分を言って日本の大学生を洗脳教育しているんです。日本の公職に在日帰化人コリアンも在日韓国籍・北朝鮮籍コリアンも採用は控えるべき。 



  • 名無しさん2013/11/30

    NHK「差別表現」認定 台湾統治の特集番組

    http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013112801001632.html



    経営委員も変わることだし、そろそろNHK改革をやるべき。

    支持率の高い今しかできない、安倍さんしかできません。 





     働く女性の3人に1人が貧困なのに政治は農家や医者には金を配り続けている。貧困の人達は何も貰ってないのだから老後は生活保護貰っていいのでは? 





    ・生活保護が昭和27年頃に多く、今、再び多くなっている。

     一番少なかったのは平成7年あたりとのことですが、長妻さんは景気が悪くなってから生活保護は遅れて発生すると主張。平成7=1995年

    80年代好景気で90年代から不景気という認識が稚拙なマスコミの主張と同じ。



    ・国民年金納付率が減っているとの話も、払った以上に貰えないとか破綻するから払うと損と無責任な煽りを行ってきたマスコミや評論家の罪です。



    ・大阪で母子が餓死との話は、詳細不明ですが、のちに司法解剖で胃に食物が残っていたことが確認されました。

    ということは少なくとも餓死ではありません。



  • 名無しさん2013/11/30

    中国人留学生が突然大使館から出頭命令がきたので行ったら、

     大使館内で拳銃とライフルの射撃練習させられたそうです。



     確実なソースがないので事実かどうかはわかりませんが不安です。

     大丈夫でしょうか。

  • 名無しさん2013/11/30

    韓国と縁切りたい(笑)!!

    百害あって一利なし(笑)!!

    韓流も人気無くなったし近所の韓流関係の店も軒並み潰れてます…(-_-;)!!

    あの化粧のケバい韓流おばさん(笑)は韓国擁護に必死だな人の意見聞かないし(笑)…東海大学大丈夫!?(笑)

    パクチョンヒ大統領って日本名を高木正雄さんと言うんですね!!

    韓流や反日コリアンなどそこまで日本が嫌いなのに稼ぎにくる神経がわからない(笑)!!

    私も日教組に教わった時期は日本は悪い国と思っていたが今は『嘘を言ってまで日本から金が欲しいのか(怒)』『嫌なら帰れ』と思います…在日韓国籍コリアン特権返上してから日本の悪口を言って下さい(怒)!!

  • 名無しさん2013/11/30

    外務省がアメリカ政府に問い合わせたところ、連邦航空局は「中国当局へのフライトプラン=飛行計画書の提出は指導していない」と回答 

    ★アメリカ国内の親中派のおびき出しですね(笑)

  • 名無しさん2013/11/30

    今月29日の朝頃までに、アイソン彗星が消滅したとのことだ。



    太陽に最接近したときに彗星の核が崩壊したらしい。



     



     



















    しかし、その後の観測では、再び彗星の尾が確認されているので、大部分は蒸発したけど、ガスやチリの集まりは残っているようだ。



    さらに今後はっきりしたことがわかるだろうけど、いずれにしても12月に、少なくとも肉眼では見ることができなくなった可能性は高いようだ。



















     









    楽しみにしていた人もいたので、かなりガッカリな出来事だった。



    ちょっとでもいいから見えないかな〜。



     



     



    ところで消滅するものもあれば、新た出現するものもある。









    今月20日ごろ、小笠原諸島の西之島近くで海底火山の噴火により、新たな島が出現したそうだ。



    大きさは、長さ約200メートル、幅約50メートル。



    噴火開始は今月20日ごろで、島からは白煙があがっているけど、火山活動が止むと、海中に没する可能性もあるらしい。



    逆に、活動が続くと、さらに大きくなることも考えられるそうだ。































    すると、領土と領海が増えることになりそうだ。



    もちろんこんなところで陸地が増えても、実質なにも変わらないだろうけど、新たな陸地が出現するというエネルギーが、来年の日本にとって良い兆しであってくれればいいと思う。



     



  • 名無しさん2013/11/30

    世界中が楽しみにしていたアイソン彗星ですが、太陽に最接近した際に溶けて消えてしまったようです・・・。







    ■アイソン彗星、消滅 「太陽最接近時に蒸発」NASA発表



    2013.11.29 10:22



    「世紀の彗星」になると注目を集めたアイソン彗星が29日未明、太陽に最接近する際に太陽の熱によってバラバラに崩壊し蒸発したとみられると米航空宇宙局(NASA)が発表した。12月上旬には長い尾が肉眼で見えると期待されたが、もはや地上から姿は見ることはできないという。



     太陽系の遠方からやってきたアイソン彗星は29日午前4時ごろ、太陽の直径より短い約110万キロまで太陽の表面に近づき、強い重力や熱にさらされながら通過するとみられ、NASAはアイソン彗星が太陽に最接近する瞬間やその前後を人工衛星で観測する計画だった。しかし、予想される軌道に姿を見せなかったため、最接近する前の段階で崩壊したと判断した。



     彗星の本体は主成分が氷で砂などが付いた「汚れた雪だるま」と言われ、太陽にあぶられ激しく噴出したガスやちりが光って尾に見える。NASAや国立天文台はガスやちりを詳細に分析、太陽系が生まれた初期状態を保っているとされる成分解明を計画していた。

  • 名無しさん2013/11/30

    密入国者の特別永住資格・帰化は取り消すことができる  http://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/68670927.html

  • 名無しさん2013/11/30

    中国の軍事的冒険主義・覇権主義の原因は誰にあるのか? アメリカか? 中共か? いいや、日本である。 田中角栄が始めた対中融和政策によって、中国の工業力・インフラが圧倒的に整備され、彼らの元々持っていた狂暴性が発揮されているだけだ。 我が国はその責をとって対抗する義務がある。

  • 名無しさん2013/11/30

    基本は自国のことは自分たちで守ることですね。金払っているのだから代わりに命かけて頂戴、はアメリカ人だろうが、どこの国だって納得するはずはない、自国に利益ありと踏んでから出てきてくれる迄です。









       

    我が国は 「これは第2の元寇だ、断固排除する」 という国家意思を示さなければならない。 さもなければ、極東のことであるから、アメリカは、北朝鮮の核問題のように、チャイナの侵略的防空識別圏を容認するだろう。

    ★「対中独立は聖徳太子以来の我が国の国是」 必ず勝つ、ビビらず進め。









        

    こういうときは、日米同盟の関係は強いですね。(今は安倍さんを避けるオバマ氏政権につき弱めですが)莫大な土地や資金提供をしてきて、良くも悪くも他国に類を見ない親米国日本ですから、じゃけんにはできませんもの。









        

    チャイナの侵略的防空識別圏に対し、アメリカの顔色をうかがっていてはいけない。 なぜなら、防空識別圏で一番困るのは我が国で、アメリカではないからだ。 我々が本気であれば同盟国は動く。 腰抜けであれば既成事実化する。 断固、東シナ海で合同軍事演習を、とオバマ政権を突き上げるべきだ。





  • 名無しさん2013/11/30

    世界中の中国人脈が反中勢力を切り崩しにかかるのは、分かっていたこと。

    局地戦ぐらいはおこると思うが、戦線拡大は中国国内が耐えきれないので、じっくりと敵のあぶりだしと隔離・監視を続けるしかない。

    巻き返しは、敵が明確化するので利点でもある。

  • ACB2013/11/30

    【併合時の日本政府から朝鮮総督府への通達】 





    一、朝鮮人は対等の関係を結ぶという概念がないので、常に我々が優越する立場であることを認識させるよう心がけること。 

    一、朝鮮人には絶対に謝罪してはいけない。勝利と誤認し居丈高になる気質があり、後日に至るまで金品を強請さるの他、惨禍を招く原因となる。 

    一、朝鮮人は恩義に感じるということがないため、恩は掛け捨てと思い情を移さぬこと。 

    一、朝鮮人は裕福温厚なる態度を示してはならない。与し易しと思い強盗詐欺を企てる習癖がある。 

    一、朝鮮人は所有の概念について著しく無知であり理解せず、金品等他者の私物を無断借用し返却せざること多し。殊に日本人を相手とせる窃盗を英雄的行為と考える向きあり、重々注意せよ。 

    一、朝鮮人は虚言を弄する習癖があるので絶対に信用せぬこと。公に証言させる場合は必ず証拠を提示させること。 

    一、朝鮮人と商取引を行う際には正当なる取引はまず成立せぬことを覚悟すべし。 

    一、朝鮮人は盗癖があるので金品貴重品は決して管理させてはいけない。 

    一、朝鮮人には日常的に叱責し決して賞賛せぬこと。 

    一、朝鮮人を叱責する際は証拠を提示し、怒声大音声をもって喝破せよ。 

    一、朝鮮人は正当なる措置であっても利害を損ねた場合、恨みに思い後日徒党を組み復讐争議する習癖があるので、最寄の官公署特に警察司法との密接なる関係を示し威嚇すること。 

    一、朝鮮人とは会見する場合相手方より大人数で臨む事。 

    一、朝鮮人との争議に際しては弁護士等権威ある称号を詐称せる者を同道せる場合がある。権威称号を称する同道者については関係各所への身元照会を徹底すべし。 

    一、朝鮮人は不当争議に屈せぬ場合、しばしば類縁にまで暴行を働くので関係する折には親類知人に至るまで注意を徹底させること。特に婦女子の身辺貞操には注意せよ。 

    一、朝鮮人の差別、歴史認識等の暴言に決して怯まぬこと。証拠を挙げ大音声で論破し、沈黙せしめよ。 

    一、朝鮮人との係争中は戸締りを厳重にすべし。仲間を語らい暴行殺害を企てている場合が大半であるので、呼出には決して応じてはならない。

  • 名無しさん2013/11/30

    整形しまくった奴の末路の画像wwwwwwww  

    http://blog.livedoor.jp/rbkyn844/archives/6961457.html

  • 名無しさん2013/11/30

    【速報】在日ウイグル人「中国は日本人の団結の中心である神社を攻撃することで、日本人を支配することができると考えている」  http://blog.livedoor.jp/muchio68/archives/35248129.html

  • 名無しさん2013/11/30



    個人でやっておきたい 「中国奇襲対策」 としては: 

    ・家庭のパソコン電源へのサージ対策 

    ・クラウドデータを個人ハードディスクへ定期バックアップ 

    ・タブレット・スマホデータを個人ハードディスクへ定期バックアップ 

    ・最重要データは紙でも出力しておく 

    ★EMP攻撃対策です









      

    「尖閣周辺で日米合同演習をやればいい。『われわれのエリアを荒らすヤツは許さない』という強い国家意志を示せばいい。中国は、近代海軍、近代空軍を誇る日米同盟には対抗できない。世界各国も『日本が怒るのは分かる』というムード。中国の良識派は『もう共産党はダメだ』と思っている」(佐藤守)









     「われわれは西側諸国と話し合いすることは何もない。武力をもって彼らを打ち破ればよいのだ。核戦争になっても構わない。世界に27億人がいる。半分が死んでも後の半分が残る。中国の人口は6億人だが、半分が消えても3億人いる」(毛沢東)









      

    「油断すべきではない。中国海軍の3艦隊について『武器や弾薬などを補充し、戦争準備を完了させた』という情報がある。習主席は軍を完全に掌握しておらず、国内ではテロ事件が続発している。国内矛盾への批判をそらして、権力を守るためにも、戦争に打って出る危険がある」(「月刊中国」鳴霞氏)