政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針3139号  2013・11・27(水)

2013/11/27

□■■□──────────────────────────□■■□ 
   わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 3139号
□■■□━━━───────────────────────□■■□

       
        2013(平成25)年11月27日(水)



                スパイ天国返上の流れが出来た:杉浦正章

             日本人死刑囚111人を救った歌手:渡部亮次郎

          指名手配者を追い返すとはこれ如何に:宮崎正弘

                        エネルギー政策の未来:佐藤鴻全

                     日本非難の本ばかり(4):平井修一

                    話 の 福 袋     
                                反     響
                    身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第31389号
                             発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             

 
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




━━━━━━━━━━━━━━
スパイ天国返上の流れが出来た
━━━━━━━━━━━━━━


        杉浦 正章

秘密保護法の今国会成立で普通の国へ

戦後まれに見る対決法案成立のめどがついた。特定秘密保護法案は与野党
の圧倒的多数で衆院を通過した。これだけの大法案で自民党の造反者がわ
ずか1人であったことがすべてを物語っている。

もう日本は激変する極東情勢の中で、その国家としての存立を左右する情
報確保において「ダダ漏れスパイ天国」の汚名を返上できる流れとなった。

半世紀前の日米安保条約反対論者が誤判断を恥じてか、今その口をつぐん
でいるように、法案の衆院通過は将来の国の行く末を見据えた決断であ
り、その必要性は歴史が証明してゆくだろう。米、英、仏、独などが厳し
い秘密保護で国益を守っているように、我が国もようやく普通の国として
の体制を整える流れとなった。

秘密保護法案が成立への流れを確保した背景を太筆で書けば、一にかかっ
て極東情勢の激変がある。中国や北朝鮮の軍事的どう喝に重大な懸念を抱
いた国民は国政選挙における選択で、革新勢力を激減させ、与党に大きな
力を与えた。これがまさにサイレントマジョリティとして存在しており、
すべての原動力である。

国際環境の変化に思いが届かない野党や朝日新聞を中心とする一部マスコ
ミは、安保改定時と同様の手段で、国民の反対運動を煽ったが、その時代
錯誤性を今さらながらに思い知ったに違いない。

サイレントマジョリティは動かず、デモを見ればひまそうな年寄りばかり
で、若者はいない。安保反対が学生運動を中心に盛りあがったような雰囲
気は全く見られないのだ。したがって一部マスコミのねつ造と虚報による
大衆扇動は完敗したのだ。

朝日は27日付社説で「民意おそれぬ力の採決」と見出しに取ったが、朝日
がいう民意とは何か。議会を通じて,間接的に国民の意思を国家意思の決
定と執行に反映させる代議制を取る以上、多数を確保した与党が民意その
ものではなかったのか。

それとも中国のように共産党1党独裁が民主主義にふさわしいとでも言う
のか。スパイ天国を放置して、国家の命運を左右する情報を奪われ、中国
に蹂躙(じゅうりん)され、やがては属国になればどうなるか。言論の自
由や表現の自由どころではない。それを未然に防げというのが真の民意で
はないのか。

激変する国際情勢に辛うじて対応しようとする安倍政権がまともな、ごく
普通の政権なのであり、民意を恐れぬのは朝日の方ではないか。同社説は
「まずは国家ありき」と批判するが、中国の防空識別圏設定などで国家存
立の危機にさらされているのは日本にほかならない。

情報を守ることは国家として最小限の責務であり、常識なのだ。

偏向報道は朝日ばかりではない。国民から視聴料を取る公共放送であるは
ずのNHKの26日7時のニュースはあまりにもひどすぎた。

国民の反響は反対論しか報道しないのだ。これで不偏不党を標榜できるの
だろうか。NHKの左傾化は、原発報道の偏向とも相まって抜きがたいと
ころにまで到達した。少なくとも240の過半数を大幅に超えて340前後の支
持による衆院通過を、どこかの民放の如く一方的に報道するとは何事か。
国会で徹底的に究明する必要がある。

野党とりわけ維新と民主両党は醜態をさらした。まず維新は政党としての
体をなしていない。なぜなら修正で合意しておきながら、委員会も本会議
も欠席して、投票権の行使を放棄した。幹事長・松野頼久は「28日採決
だったら賛成した」というが、全く理屈が通らない。

参院回付を遅らせて廃案にしようという魂胆が見え見えである。党内賛否
が伯仲して、やむにやまれず欠席作戦を取らざるを得なかったのであり、
維新共同代表の橋下徹も石原慎太郎も超重要法案での統率力の無さを露呈
させた。

一方民主党も代表・海江田万里の対応能力が問われる結果となった。その
基本姿勢はマスコミにこびを売るという、古き悪き野党の特性をむき出し
にしたものであった。もともと秘密保護法は民主党政権時代に作ろうとし
たものであり、本来なら修正に応ずるべきものであろう。

それを「対案」なるものを提出して、修正の余地を狭め、最初から継続審
議か廃案を狙った。この政党も議論を深めれば賛否両論で収拾がつかなく
なり、分裂傾向を強めることを恐れた結果の対応であった。野党第1党と
しての主導権発揮とはほど遠いものがあった。

政府・与党は、底が見えた“革新”の対応に臆する必要は無い。きょう(27
日)にも成立するNSC法案との連動が不可避な秘密保護法案である。何
としてでも会期内成立を図り、これを基盤に集団的自衛権の憲法解釈を実
現して、国防の基本を築き上げるべきだ。

最後に、この程度の法案で国が全体主義化することはありえないし、首
相・安倍晋三にはそのような思惑はないことを断言しておく。

     (政治評論家)<2013年11月27日> 



━━━━━━━━━━━━━━━
日本人死刑囚111人を救った歌手
━━━━━━━━━━━━━━━


        渡部 亮次郎

「あゝモンテンルパの夜は更けて」は、渡辺はま子、宇都美清が歌って
ヒットした流行歌で、1952(昭和27)年9月、ビクターレコードから発売
された。

作詞:代田銀太郎、作曲:伊藤正康、歌唱:渡辺はま子、宇都美清。

実は、この唄が第2次大戦で戦争犯罪人としてフィリピンに身柄を拘束さ
れていた日本人死刑囚111人を救出するきっかけになった。あまり古い話
な ので知る人はすくない。私も26日の散歩中偶然に聴いたMDの歌で思い
出し たのである。60年前の話だ。

1952年6月、当時鎌倉にあった渡辺はま子の自宅に一通の封書が届いた。
中に、楽譜と短い手紙が入っており、その楽譜の題名には「モンテンルパ
の歌」作詞代田銀太郎、作曲伊藤正康と書いてあった。

二人はフィリピンのマニラ郊外のモンテンルパの丘にあったニュービリ
ビット刑務所で戦犯として死刑判決を受けていた。作詞の代田銀太郎は元
フィリピン憲兵隊少尉。作曲の伊藤正康は元陸軍将校。「モンテンルパの
歌」は、刑務所で収容されている日本人111名の望郷の念を込めた曲で
あった。

封書を受け取った渡辺は、早速歌をビクターレコードに持ち込み、ほとん
ど修正無しで吹き込んだ。題名には色を付けられ『ああモンテンルパの夜
は更けて』と名付けられた。

『ああモンテンルパの夜は更けて』が大ヒットしていた1952年12月25日、
渡辺がニュービリビット刑務所を訪れた。吹き込み以来刑務所慰問の決意
を固めていた渡辺が、国交の無いフィリピン政府に対し、戦犯慰問の渡航
を嘆願し続けて半年後の事だった。

渡辺来訪時、作詞の代田銀太郎と作曲の伊藤正康は開演前に対面し、歌を
作ってもらった事に対し礼を述べた。

慰問のステージでは、ドレス姿の渡辺が「蘇州夜曲」などの往年のヒット
曲を歌い、ステージ終盤に『ああモンテンルパの夜は更けて』を披露した。

曲を聞いた100人近くの収容者は、死刑が執行された戦犯たちの事を想
い、またある者は望郷の想いを胸に、皆感極まって涙し、最後には全員で
大合唱となった。作詞者の代田も、作曲者の伊東も涙を流していた。

その後、この歌のヒットや渡辺はま子をはじめ関係者の努力が、当時の
フィリピン当局を動かし、1953年(昭和28年)エルピディオ・キリノ大統
領の特赦によって戦犯全員の帰国が叶った。(ウイキペディア)

渡辺 はま子(わたなべ はまこ、1910年(明治43年)10月27日 - 1999年
(平成11年)12月31日)は戦前から戦後にかけて活躍した日本の流行歌
手。神奈川県横浜市出身。本名 加藤 浜子。生涯横浜で過ごした。愛称は
「おはまさん」。

 
       
━━━━━━━━━━━━━━━━━
指名手配者を追い返すとはこれ如何に
━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成25(2013)年11月27日(水曜日)
      通巻第4074号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 指名手配者を追い返すとはこれ如何に?「政府転覆陰謀」「反革命暴
乱」の「容疑」は?
   中国、ウアルカイシ(吾爾開希)を強制退去。香港で
*********************************

天安門事件の学生指導者で、1989年に海外へ脱出し、当局から指名手配さ
れてきたウィグル人のウアルカイシ(当時、北京大学学生、現在台湾在住)
は中国本土に住む両親と面会する目的で香港入りし、当局に出頭した。

ところがウアルカイシは香港の入管当局より、空港内の部屋へ連行された
末に国外退去を命じられた。まるで病原菌を追い払うような扱いである。

しかし中国政府はウアルカイシを「政府転覆陰謀」「反革命暴乱」容疑で
世界に指名手配していたのではなかったのか?

本来なら「手配」されている人物だから中国は受け入れすぐさま逮捕拘束
する筈だろう。ところが、面倒なことは嫌だとばかり、同氏の引き渡しに
応ぜず、結果的にウアルカイシは台湾へ強制的に戻された。

もし出頭を認めれば、中国の庶民が忘れかけた天安門事件が再び、注目さ
れることを回避したうえ、もし拘束すれば、国際世論の批判に曝されるこ
とも懸念したのだろう。

もっともウアルカイシの「出頭癖」も常習とかしており、09年にはマカオ
から入国を試みたが、入境管理当局によって強制退去させられた。

2012年5月に米首都ワシントン、10年6月は東京の中国大使館を訪れて出
頭を試みている。 
       
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ Readers! Opinions 読
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪
(読者の声1)中国が防空識別圏を設定したと俄に発表しました。これは論
外の暴挙ですが、我国にとっては一気に問題解決に向かうチャンスでもあ
ります。

まずは我国に対する領空侵略として、その撤回を強く要求すべきでしょ
う。それに応じず、中国の設定が国際法に則ったことを強調するのであれ
ば、国際司法の場で決着を付けることを提案し、訴え出たらよいと思います。

中国からの領土の主張では、中国との間で領土問題はないとしている我国
から国際司法裁判所に訴えることは、領土問題の存在を認めることになる
為行うことは出来ませんでしたが、領空侵略となれば話は別です。国際法
で二国の間で重なる防空識別圏を設定することが認められるはずはありま
せんから、どちらの言い分が正しいか明らかになります。
(宮崎太郎)



  ♪
(読者の声2)中国の尖閣上空での防空識別圏設定のニュース、最近の中国
国内の共産党に対する事件の多発を見ても国内の矛盾を反日で逸そうとし
ているようにも見えます。

中国・韓国関連で「余命3年時事日記」というブログがあります。本人・
父親は中国生れ、母親は朝鮮生れ、自衛隊関係者のようですが中国に友人
も多いという。今年3月の記事ですが、
http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/2013-03-01

中国虎の子の空母「遼寧」について、『前時代的蒸気タービンエンジン4
基。現在の蒸気タービンエンジンの倍の重量があるという代物だ。軍用で
は通常、能力の高いガスタービンエンジンを使う。だが中国にはそのター
ビンをつくる能力がないのだ。

このエンジンで最高20ノット。空母は単独行動は潜水艦や航空機の即、餌
食となるから、艦隊を組む。当然、護衛艦隊は空母の能力に合わせなけれ
ばならないから?艦隊の能力が30ノットでも全体は最高20ノットでしか動
けない。

通常、行動能力1週間、つまり直線3日間の外洋にでればそこで戻らなけ
ればならない。現在、中国海軍に燃料補給能力はない。途中戦闘の可能性
を考慮すれば、燃料切れ回避には少なくとも黄海あたりで遊んでいるしか
ない。艦載機についてもそうだ。

通常カタパルトのない空母は、高速で向かい風をつくり発進させる。だ
が、たかが20ノットの速力ではそれも困難だ。曲芸飛行的な発艦ができな
いことはないだろうが、重量的に戦闘機のミサイルや?機銃弾等はすべて
搭載不可である』

『ある古参自衛隊員はいう。艦隊の能力は装備のグレードの問題だけでは
ありません。

戦闘だけでなく、維持、運用、管理すべてがうまくできなければ、その能
力を充分に発揮することはできません。特に乗組員の士気の維持は重要です。

「中国空母、遼寧の調理室は、ロシアタイプのために油をふんだんに使う
中華料理はできない」こんなことは、絶対にあってはならないことなので
す。中国はそのあたり全くわかっていないと思います。

清国の時代には眠れる獅子といわれたこともあったのですが、その軍の実
力は日本軍とは比べものになりません。兵士の基本的素養と民度そして軍
人としての国家と国民に対する義務感が全く違うのです。

人民解放軍になったから昔の軍とは(比較)できないという方がおられるか
もしれませんが、民族性というものはそう簡単に変えられるものではあり
ません。朝鮮戦争、ベトナム戦争はまさにその典型だったようです』

『父も小生も日本人だが、中国生まれだ。友人も多い。友人のほとんどは
高年齢で、孫や子が軍人というものもいる。彼らからは人民解放軍幹部が
知ったら驚愕するような話がぽんぽん出てくる。陸軍の上級将校の父。

「日本は平和憲法。本土には攻めてこないから何を言っても安心だ」 孫
が空軍パイロット。「間違っても日本戦闘機と戦うな。適当にミサイルを
発射して敵を撃墜したといって帰ってこい」 戦闘艦水兵の父。「最悪の
場合は海に飛び込め。日本軍が助けてくれる」 共通して皆いうことは
「けがをする前に、適当に捕虜になれ。日本軍は韓国軍と違って虐待はし
ない」。

南京虐殺、悪逆非道日本兵なんてどこの国の話なんでしょう。
また彼らはいう。「今、日本は軍事的に動かないし? 動けない。だから
共産党も解放軍も景気よく勝手なことをいって騒いでいるんで、日本が動
ける態勢になれば共産党も解放軍も静かになってしまうよ」。中国人はし
たたかだ』

まったく戦前と変わりませんね。

かなり前に紹介した本ですが、第2次上海事変から南京へと敗走を重ねる
中国軍を内部から描いた「敗走千里」陳登元著 にも同じような話が出て
きます。斥候を募ると参加志願者が押すな押すなの騒ぎ、もちろん略奪す
るため。あたりの村であらかた略奪し尽くすと部隊の移動を願い出る。

日本軍の攻撃が激しくなってくると今度は隊長に金を掴ませ斥候を逃れよ
うとする。武器・弾薬は豊富で10日分の弾を撃ちつくさないと後方へ下
がって休養できないからと飛行機めがけて無駄に弾を撃つ。

兵隊たちはいつでも逃亡できるよう便衣を隠し持っているのはもちろんの
こと。いざとなったら日本軍に投降すればそれほどひどい扱いもしないだ
ろうと思ったりもする。

つまり日本が本気を見せつければ中国は引き下がる。日航と全日空が航空
機の飛行計画書を中国側に提出したことをうけ、国土交通省が航空機の飛
行計画書を中国側に提出しないよう求めたことなど当然の対応でした。尖
閣を巡ってはしばらくは神経戦が続きそうです。(PB生、千葉)


  ♪
(読者の声3) 貴誌書評の荒木肇『あなたの習った日本路はもう古い!』
(並木書房)のなか、とくに「建武の中興」が「建武の新政」に置き換え
られていたのは知っていたが何時の間にか、歴史教科書では「聖徳太子」
が消えて「元寇」は「蒙古襲来」に」云々とあります。

この問題は現象的に驚くより、なぜ歴史が改編されているのか、という政
治目的に気付くことが必要と思います。革命後の政権は子供の記憶を奪い
ます。

日本は独立後も実質敵の占領工作が進められているのです。私の歴史講座
に来る青年たちは何も知らないので、といいますが、謙遜ではなく本当に
知らないのです。恐ろしいことです。

いま小名木善行氏が愛国図書の刊行を始めました。

全小学校に常備する必要があります。歴史教育は国民の自信の源です。正
しい歴史がないと国民が狂ってしまいます。

民族の誇りを持てるように急いで改める必要があります。

聖徳太子は随の煬帝におくった対等書簡を隠蔽するのが狙いです。近年大
原の聖徳太子の木造は焼き討ちされています。元寇は、モンゴル人は指揮
官だけで朝鮮兵が8割であったという事を知らせなければなりません。

ハルノートはソ連が原案を作ったとKGBの工作員パブロフが回想していま
す。米国側スパイのホワイト(財務省高官)は戦後FBIの尋問後謎の死を
遂げました。KGBの口封じとみられています。古代日本が朝鮮に植民地を
持っていたことも重要です。百済は古代の満州国でした。朝鮮南西部には
前方後円墳が多数残っています。

さてもう一つ、樋泉克夫氏の連載のなかに「「ひそかな自覚」を抱いたま
まの火野は、階下にあるホテルの売店で斎白石の画集を買っている。「白
石は気骨のある人物で、日本軍占領中、将軍や高官連が絵をかかせようと
したが、頑として応じなかった」。

そこで「解放後、貧乏している斎白石に同情して、毛沢東が、白石の絵は
なかなかいいじゃないかとかなんとか褒めたのが、白石流行の原因だと誰
かに聞いたことがある」。そんな白石の絵を火野は、「面白いけれども、
プロレタリア的よりも、ブルジョワ的であるよう」だと看做す。毛沢東の
一言で全てが決定されてしまう中国社会に対する、火野のささやかな抵抗
といってもよさそうだ」(引用止め)

感想です。斎白石は貧しい大工の息子でしたが、文人画と篆刻で有名にな
りました。画風が日本人の好みに合い日本人はよいお客さんでした。
だから作品は沢山日本にあると思います。画家ですから日本人の購入を断
るということはないでしょう。

当時、支那事変では蒋介石が重慶に逃げ込み毛沢東も兵力温存主義だった
ので、日本と汪兆銘政府が支那の沿岸部、人口2億以上、都市は重慶を除
く一千都市を統治していました。

知人の米国人(北京駐在)によると、彼の家庭教師の老人は戦前の北京
(日本統治下の)は自由で素晴らしかったと云っていたそうです。

共産北京は共産党の偽善と恐怖で社会があまりにも腐敗堕落したからで
しょう。戦後の文革では斎白石の家も襲われました。子供時代父親の画の
題材にもなった子息(良遅氏?)によると、紅衛兵に黄金を隠しているだ
ろうと壁まで打ち壊されたと云います。

毛沢東の庇護はなかったのです。これは昔の日経文化欄の記事かと思いま
す。したがって上の気骨の話は聞いていますが反日宣伝でしょう。
手元に台湾で購入した斎白石画集があり開いてみました。 (東海子)



  ♪
(読者の声4) チャンネル桜に出演された宮崎さんも加わった討論番組を
見ました。

この討論番組での中国経済のお話は大変勉強になりました。特に、経済学
に民族性を加味しないと理解できないことがわかりました。シナ人と私た
ちは同じような顔をしていますが、考え方など全く違うのだとあらためて
感じました。

特に利権を中心に人脈・権力が形成されているとのご指摘には仰天。経済
対策にライバルなどの企業などをつぶして不況対策とするなどさらにびっ
くり。ともかく中国の混乱がシナ大陸に封じ込められるよう祈るばかりで
す。(MOMO 岡山県)



  ♪
(読者の声5 第22回東京歴史勉強塾(れきべん)「戦後史シリーズ第7
回:冷戦終結と普通の国を目指す日本」が開催されます。
要項は以下の通りです。
            記
【日時】 平成25年11月28日(木)19:00〜21:00(18:30〜受付、懇親会
あり)
【場所】 松下村塾学び館 松陰本舗
(東京都世田谷区若林4丁目27-2、東急世田谷線「松陰神社前」駅徒歩3分)
【講師】 久野 潤(大阪国際大学/皇學館大学講師)
【参加費】1500円(学生500円)懇親会別途
【お問合せ】 money_and_affection@i.softbank.jp、
070-5370-1488(南出)




━━━━━━━━━━
エネルギー政策の未来
━━━━━━━━━━


     佐藤 鴻全

小泉純一郎元首相の原発ゼロ発言が波紋を呼んでいる。
11月12日には、日本記者クラブで、即時ゼロが望ましいと安倍首相に 呼
びかけた。

◆小泉発言の理由◆

何故、小泉氏が今の時期に一連の発言をしたのかについては、概ね下記の
理由が推察される。

●汚染水漏れ等の余りのマネジメント破綻ぶりに、米国エスタブリッシュ
メントの総意として懸念が伝えられた。

●米国石油メジャー=共和党中枢筋から、シェールガス売り込みの為に働
き掛けがあった。

●小泉氏は使用済み核燃料の最終処理場問題を純粋に考えると同時に、デ
メリットが顕在化してきた郵政民営化に代わり、原発ゼロで歴史に名を残
したいと考えている。

●原発ゼロをショック療法として使い、逆に使用済み核燃料の最終処理場
決定を国民に向かって促している。

今後の展開を見なければ、断定的な事は言い難いが、恐らくこれら複数の
要素が合わさって小泉原発ゼロ発言が為されたと思われる。
凡そ人の言動の動機は、複数の要素や背景が合わさって行われ、時にはそ
れらが相矛盾している事すらある。
小泉発言に於けるそれぞれの要素の割合や関係は、現時点では明確ではない。

実は小泉発言に先だって、小泉政権で実質的に具体的な政策決定を行って
いた竹中平蔵氏は、福島第一原発事故直後から折に触れて原発ゼロ発言を
行っている。
その理由として、竹中氏は予備電源装置を機密性のない地下階に設置した
合理的思考の欠如や、原発運側と監督側が癒着した体質を挙げ、日本社会
は現時点で原発を運用する資格が無いと述べた。

なお、これはフランスの経済学者・思想家、ジャック・アタリ氏の考えと
ほぼ同様だ。
(但し、アタリ氏は、合理的対策を講じた上で日本は原発を再開すべきと
の考えだ。)

何れにせよ、政権時代の小泉氏と竹中氏の一蓮托生ぶり及び米国益実現へ
の尽力から見て、今回もマイケルグリーン氏等の米国対日工作筋を通し米
国から何らかの指令が出ている事はほぼ間違いないだろう。

◆エネルギー政策の未来◆

さて、小泉発言とその今後の広がりは兎も角、日本は原発を含めたエネル
ギー全般について今後どのような政策を採るべきなのか?

言わずもがなだが、日本に限らず全ての国家社会の存在意義は、国民に
「安全で豊かな暮らし」を提供する事に有る。
そして安全には、各分野での安全保障を含む。
日本のエネルギー及び原発政策については、下記の点が考慮されなければ
ならないだろう。

(1)原発事故の可能性と万一発生した時のリスクが、最小化されなけれ
ばならない事。

(2)石油ガスの輸入ルートが断たれないようにすると共に、万一断たれ
た場合に備えエネルギー自給率を高める事。(エネルギー安全保障)

(3)発電コストと輸入燃料代による海外への資金流出を最小化する事。

(4)核武装の潜在的可能性を持つ事により、他国による日本への核兵器
使用と核拡散を牽制する事。(軍事的安全保障)

上記(4)について述べれば、核兵器への無条件アレルギーは別として
も、米国の核の傘に入っている以上自国の核武装は不要だとの考えや、
「レンタル核」で米国から核ミサイルボタンを借りればよいとの構想や、
そもそも使用済み核燃料の捨て場に困っているのだから現存のそれを核兵
器開発に使用すればよいとの考えもある。

もしこれらが半永久的に政治的にも技術的にも成り立つのであれば、日本
の原発維持と核武装の潜在的可能性は切り離して議論が可能であるが、半
ばタブー化されて原発維持論者側からも原発廃止論者側からも殆ど具体的
な意見が出ておらず、霞が掛ったような状態であり、即ち日本では原発問
題の半分が論じられていない状況だ。

上記の各項目は、相矛盾する部分がある。

しかし、これらを踏まえて、即時原発ゼロから原発促進の中で選択しなけ
ればならない。

理想を言えば、早期に画期的な代替エネルギーが開発され、中国を含めた
国際情勢が安定し、世界が急速に核兵器廃止へ向かうならば即時原発ゼロ
もあり得るが、現実はそうなっていない。

一方、前述の無責任体制の中での福島第一原発事故や、事故後に仮設冷却
電源の配電盤がネズミに齧られた件、度々起こる高濃度汚染水漏れ、高速
増殖炉もんじゅから国の「緊急時対策支援システム」へのデータ送信停止
等々を見ると、原発の安全性が合理的に確保されているとは言い難い。

トルコ等による日本の原発導入選択も、福島第一原発事故から教訓を学び
対策を講じて日本の原発は安全性が高まっているとの期待が作用している
が、現状を見る限り美しき誤解と言わざるを得ない。

しかしながら、そこを乗り越えて何としても合理的安全確保を果たした上
での当面の原発再稼働と、代替エネルギー開発・火力発電の高効率化を図
り原発依存度を下げて行くのが日本のエネルギー政策の現実的な選択肢だ
と言うのが、月並みながら各点をトータルで考慮した上での筆者の結論で
ある。

なおそのためには、福島第一原発事故の官民の責任者処罰が不可欠だろう。

人間の知恵には限界があるが、過去の失敗について虚心坦懐に反省し、そ
れに対し最大限合理的な対策を講じた上で、種種の選択をして行かなけれ
ばならない。

人類の未来はそこにある。



━━━━━━━━━━━
日本非難の本ばかり(4)
━━━━━━━━━━━


    平井 修一

何事も表裏がある。歴史は正史と裏面史がある。個人でも公にしていいこ
とと、あまり触れたくないことがある。「歴史家の義務は第一に一切の事
実を描き出す努力を続けることだ」と哲学者の適菜収は言い、こう続ける。

<歴史は現在の目を通して過去を見ることで、“歴史的事実”は歴史家の評
価によって決まる。その歴史家も社会状況や時代に縛り付けられている。
歴史家自体が中立ではあり得ないのだ。

だから第二に大事なことは、歴史家自体を研究することである。歴史家の
判断を生み出した社会的、時代的背景を明らかにすることだ>

日本人が子孫に伝えていく正史として「日本人の物語」を書く際には、先
祖が体験、見聞した事柄や、歴史家が収集した事柄をできるだけ多く集め
て比較検証し、同時にその歴史家の素性を検証することが必要になるとい
うことだ。

小生の場合は、その歴史家が何によってメシを食っているかということを
まず考える。下部構造(経済)が上部構造(オツム)を規定するとマルク
スも言っている。だから誰が彼のスポンサーなのかと詮索するのだ。彼の
タニマチは岩波書店か、朝日新聞か、大月書店か、青木書店か、共産党
か、民主党か、社民党か、連合か・・・

共産主義者から金をもらって書いているのであれば、「こいつは怪しい、
書いていることをチェックしないとダメだ、鵜呑みにはできないぞ」と思
うのである。そういう判断力がないとコロリと洗脳されてしまう。

総じて日本人は人が良過ぎる、甘過ぎる、疑うことを知らな過ぎる、無防
備過ぎる、インテリに弱すぎる。眉に唾して聞くべきなのに、すぐに信じ
て騙される。オレオレ詐欺なんて日本特有のものではないか。

「大東亜戦争の総括」には佐藤和男・青山学院大法学部教授の講演も掲載
されている。こう語っている――

<私は今四つの大学で国際法を講義しておりますが、総じて学生たちがあ
まりにも近代史、現代史の認識に乏しく、しかも乏しい日本近現代史に関
する知識の内容がきわめて歪曲されていることを慨嘆せざるを得ないよう
な状況でございます。

私は40年近く大学で教えておりますが、一体どうしてこういう風に歪曲さ
れた歴史観がますます横行してきたのかと不信に思わざるを得ません。ア
メリカの学者やヨーロッパの学者などと話しても、とても納得できないと
彼らさえも言うような、非常に歪んだ自虐的な歴史観を現代の日本人、特
に若い世代は教えられて、洗脳されて持ち続けているのです。

私はこのような事態の出現には3つの大きな原因があったと思います。

簡単に申しますと、第一は、我が国は国際法上「有条件終戦」をしたにも
かかわらず、国家ないし政府が無条件降伏したというふうにマッカーサー
によってすっかり誤魔化されてしまったことです。

二番目は、戦闘状態が終わりまして7年間に及ぶ連合軍の軍事占領が続き
ましたが、この期間に、占領軍の検閲制度を通じて日本国民の表現活動に
抑圧が加えられて、言論の自由が完全に奪われたことであります。

三番目には、そういう言論の自由のないところで、特に「東京裁判」の批
判は絶対に許さないという厳しい検閲がおこなわれた体制のもとで、(国
際法上非常に疑問が多い)「東京裁判」が昭和21年から23年にかけて行わ
れまして、最終的にその判決の中で東條英機元首相以下7名の方に絞首刑
を宣告し、かつその判決の主文の前の理由の部分で、いわゆる“東京裁判
史観”といいまして、日本が昭和3年以来、国家的に侵攻意思をもって、い
ろいろと共同謀議をたくましくしてきて、そしてアジア各地に侵攻戦争の
惨禍をもたらした、日本は犯罪国であると独善的に断定したことであります。

このような無条件降伏説の強弁と、検閲による言論の自由の弾圧と、さら
には「東京裁判」を通ずるいわゆる“東京裁判史観”による日本国民の洗
脳、これらが、非常に歪められた歴史の見方を、特に今の若い世代が持つ
にいたった原因であろうと思っております・・・

東京大学法学部に戦時中、二人の国際法学者がいらっしゃった。横田喜三
郎先生、それから安井郁先生。お二人とも戦時中、命を賭してまでとは申
しませんが、少なくとも職を賭してまで大東亜戦争の遂行に反対されたと
は聞いておりません。公務員という立場でお二人とも戦争遂行に協力した
と見られても当然であります。

それがどうでしょう。日本が負けると、横田博士は「東京裁判」の翻訳係
になられたと聞いております。安井教授はマルクス主義者に転向して、現
在都内の某私立大学に弟子の某教授がいますが、(某教授は)「愚直な弟
子からすると、どうして敗戦の途端に恩師がマルクス主義に転向しなけれ
ばならない必然性があったのか皆目わからなかった、ついていけなかっ
た」と述懐しております。

一人はアメリカに、一人はソ連に顔を向けてしまった。横田先生は読売新
聞に「昭和天皇(当時の今上天皇)は退位なさるべきだ。軍国主義の責任
を取れ」とまでお書きになりました(昭和23年8月26日)。

しかし、その時に日本の国際法学者はこういう人ばかりではありませんで
した。たとえば京都大学の田岡良一博士、早稲田大学の一又正雄教授、一
橋大学の大平善教授、こういう先生方が厳しく「東京裁判」の国際法上の
不当性を批判して「一体国際法上の根拠のない裁判をどうしてやるのだ」
と私ども若い学徒に示してくださいました。

ところがこういう先生方の批判的論考は、学術誌といえども載せられない
のです。占領軍の検閲制度のゆえでした>

勝ち負けは兵家の常だから戦争に負けることはある、占領されるのも仕方
がない、勝者に都合のいい歴史を押し付けられたのもやむを得ない。しか
し、1952年に占領解除、主権回復して60年たってもインチキ「東京裁判」
史観に騙され続けているのは「思考停止」の愚の骨頂としか言いようがない。

蟷螂の斧ではあるけれど命ある限り「目覚めよ、日本人!」と言い続ける
しかない。(おわり)(2013/11/21)

           

       
━━━━━━━
話 の 福 袋 
━━━━━━━


 ◎<新国立競技場>「床面積25%削減 建設費1785 億円」

2020年東京五輪のメイン会場となる新国立競技場(東京都新宿区)の建て
替え問題で、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)は26日、新
競技場の基本設計の条件案を公表した。建物の床面積を当初計画から25
%削減し、約22万平方メートルとした。商業施設など付随施設の面積を縮
小することで 「周辺景観を損ね、建設費を肥大化させている」と批判を
浴びていた床面 積を削り込んだ。同日、JSCが都内で開いた有識者会
議で示した。

新たに公表された条件案は建設費について本体工事費で1413億円、周辺整
備費372 億円と見積もった。JSCの当初の試算では最大で3000億円に膨
らんだが、1785億円に落ちついた。床面積の25 %削減の内訳は▽スポーツ
博物館、レストランなどの商業施設、VIP席やボックスシートなどの関
連施設の縮小▽900 台収容だった駐車場を約660台に減らす−−などとした。

一方、当初の要件だった8万人収容の観客席や、陸上の国際大会などに対
応できる9レーンのトラックは維持。建設・維持費の高さが指摘された開
閉式屋根は検討課題としたが、会議の委員からは「スポーツ以外の利用も
見込むべきだ」と異論が相次いだ。

また規模の縮小に伴い、昨年の国際コンクールで選ばれた英国の建築事務
所のデザインも見直し、競技場を取り巻くように配置した立体通路を縮小
するなどコンパクト化を図った。
毎日新聞 11月26日(火)11時16分配信



 ◎「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成25(2013)年11月27日(水曜日)貳
      通巻第4075号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(速報)
 米軍長距離爆撃機B52,中国の「防空識別圏」に進入
  中国海軍は空母を当該海域に派遣、欧米各紙は一面トップ
*********************************

グアムを飛び立ったB52長距離爆撃機2機が26日、中国が一方的に宣伝し
た「防空識別圏」に進入し、尖閣諸島上空の飛行を続けて、グアムへ帰還
したと米軍が発表した。

欧米各紙はトップ扱いで伝えた。

中国は空母「遼寧」を東シナ海へ派遣したが、米軍の行動がこのタイミン
グを狙ったかどうかは不明。

また日本の航空各社は中国の要求した「飛行計画」をいったんは「安全飛
行を担保するため」中国当局に提出したが、国土交通省の猛烈な「行政指
導」をうけて提出しないことを決めた。



 ◎<HIV感染輸血>検査目的で献血、絶対やめて

日本赤十字社はHIV感染者の献血が輸血されることを防ぐため、安全検
査の精度向上と、感染リスクの高い行動をとっていないかを調べる献血前
の問診に力を注ぐ。だが、感染直後でウイルスや抗体が微量だったとみら
れる今回のすり抜け事例では、NATによる再調査を1人分だけで3回実
施したが、陽性反応が出たのは1回分だけだった。日赤幹部は「安全検査
には限界がある」と漏らす。

日赤は献血でHIV感染が判明しても献血者に告知していない。だが、年
間延べ約530万人の献血者のうち2011年で89人、12年は68人のHIV感染
が確認された。国内のHIV感染率に比べ約2倍の感染率。勘違いして検
査目的で献血している可能性が高く、日赤幹部は「絶対やめてほしい」と
訴える。

日赤によると、豪州では問診で虚偽申告してHIV感染者が献血すると、
刑事罰も科せられる。一方、日本では「献血は善意で成り立つ」との考え
から傷害容疑などで告発した例はない。厚労省の担当者は「一般の診療所
でもHIV検査を受けやすくするなど態勢作りが先決」と話す。
毎日新聞 11月26日(火)20時31分配信



 ◎<赤福前社長>「おかげ横丁に外人は来てほしくない」

20年に1度の式年遷宮でにぎわう三重県伊勢市の伊勢神宮内宮(ないく
う)門前にある商店街「おかげ横丁」について、地元の老舗和菓子製造販
売「赤福」の前社長、浜田益嗣(ますたね)氏(76)が26日、津市であっ
たフォーラムの対談で「おかげ横丁には外人は来てほしくない」などと発
言した。伊勢市は今年の神宮参拝者を1300万人と予測し、外国人誘客にも
取り組んでいる。

フォーラムは同県などが主催。地域活性化をテーマに、経営者ら約350人
が集まった。この中の対談で、おかげ横丁建設の経緯などについて聞かれ
た浜田氏は「外人は来てほしくない。いたらおかしいでしょ。来ないでく
れとは言えないが、英語の表記をするような気遣いはしない」と話した。

内宮、外宮(げくう)では今年10月、式年遷宮のクライマックス「遷御
(せんぎょ)の儀」が行われ、参拝者が過去最高の1000万人を突破してい
る。市は外国人観光客をもてなすため、飲食店や土産物店の経営者向けに
英会話の研修会を開くなどしている。

浜田氏は毎日新聞の取材に、社長を務める関連会社を通じて「伊勢は日本
人の心のふるさとで、日本の方々に喜んでもらう街をつくりたいという意
味の発言だった。外国人への偏見ではない」とコメントした。

 【ことば】おかげ横丁

浜田益嗣氏が発案、赤福が140億円を投じて1993年7月にオープンさせた
伊勢神宮内宮前にある商店街。約1万3000平方メートルの敷地に、飲食店
や土産物店など50店以上が並び、江戸末期から明治初期の門前街の風情を
再現している。運営は赤福の子会社。

三重県によると、昨年は452万人が訪れた。浜田氏は元伊勢商工会議所会頭。
毎日新聞 11月27日(水)8時30分配信


 
 
━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)私はアメリカのパンは美味くないだけではなく、胸焼けするので
参っていました。ですから、朝食の際にはほとんど食べていませんでし
た。コーンフレークやオートミールなら胸焼けしませんし、ミルクをかけ
ます。

アメリカのパンが不味いことの証明は「日本に来たアメリカ人のほとんど
全てが“日本のパンは美味い”と賞賛すること」にあります。特に我が国の
菓子パンというかデーニッシュペーストリー風のパン類は絶賛します。

私は渡米中はマクドナルド等のファストフードは余程困った時か、近場に
これというレストランがない時には止むなく入りました。仰せの通り、こ
れらの所謂「ジャンク・フード」には手を出さない方が無難だと信じてお
ります。

余談ですが、マクドナルドの利用法を。2010年にSM氏にLAからオークラン
ドに連れて行って貰った際に、時分時でもないのに突如フリーウエイを降
りてマクドナルドに入ったのです。理由はトイレ借用でした。これはほぼ
常識であり、店側からは苦情は出ないのだそうで。(前田 正晶)





 2)猪瀬都知事は借用証を公開:前田 正晶

猪瀬都知事は記者会見を開いて「借用証」を見せて、個人的借金であるこ
とを示したと報道されていた。こういうことには明るくない私でも「借用
証」ではなく「借用証書」ではないのかと先ず疑わせた。疑問はこれだけ
ではない。公職にあること久しいと知事は作家でもあるし、このような場
合に必要な公式的な手続きをご存じでないとは考えにくいのだ。

私はこれまでの人生で個人からお金を借りたことは一度しかない。その際
に貸して下さった方に「金銭消費貸借契約書」を作れと要求された。40年
以上も前のことだった。そして、そこには借りる理由、条件、返済日、利
息等々を詳細に明記するものだと教えて頂いた。結構複雑な作業で苦心し
た記憶がある。

猪瀬都知事の「借用証」には一切細かいことの記入がなく、貸借が発生し
た年月日、金額と都知事の住所姓名だけだ。「ナルホド、貸借の理由が記
載されていなければ、後から借用の目的は何とでも説明できる巧妙な仕掛
けか」と、妙に納得させられた。

こういう問題に関する知識をこれだけしか持ち合わせていない当方が言え
るのはここまでである。これから先はご専門の方々のご意見にお任せする
しかないだろう。私は何も猪瀬都知事を真っ向から批判しようとまでは
思っていない。だが、あのような随分と杜撰な証書で貸借が成り立ったと
いうことは、当事者間の信頼が厚かったとしか考えられないのだ。

猪瀬都知事はここから先をどのようにして対応される計画なのだろうか。
そこが知りたいし、あれで全て切り抜けたとお考えなのだろうかと考えて
いる。



 3)日本の航空会社は一体どうなっているんでしょうか?

http://www.asahi.com/articles/TKY201311260143.html
======
航空各社、中国への飛行計画提出を継続 「安全が第一」
2013年11月26日20時24分

中国が尖閣諸島(沖縄県)上空を含む空域に防空識別圏を設定した問題
で、この空域を通る日本航空と全日空、ピーチ・アビエーションは「国か
ら明確な指示がなく、乗客の安全が第一だ」として、中国当局の航空情報
に従って26日も飛行計画を提出した。

菅義偉官房長官は26日午後の会見で「中国側の措置は我が国に何ら効力は
ない。不当な義務を課す今回の措置は受けられない」として、各社に飛行
計画を出さないよう国交省が行政指導したと明らかにした。

国内航空各社でつくる業界団体「定期航空協会」によると、国交省から同
日、中国に飛行計画を出さないよう文書で依頼があり、日航や全日空など
会員各社で協議を始めた。日航は「業界としての対応が決まるまでは、中
国の航空情報に従わざるを得ない」としている。
=======

中東有事の際、日本航空が邦人人輸送を拒絶し、トルコが飛行機を飛ばし
たエピソードがありましたが、日航だけに限らず、一体どうなってるので
しょうか?

迂闊に指導に従うと責任の所在も曖昧なまま大変なことになりかねない程
に所轄の役所が出鱈目なのか、あるいは航空会社側の組合のみにとどまら
ず、経営幹部までおかしくなっているのか。理解不能です。(匿名希望)



 4)中国防空識別圏設定の傲慢さがひどい、中国包囲網に反発したもの
なのか、ケネディー駐日大使就任に刺激されたのか、との話もある。

米国も日本も、強い警戒感と、警告を発している、最近波長があっている
のか、自国の利益のためか、集団自衛権の問題も、後押ししているし特定
秘密保護法も、異論無し(もちろんだが)まともになった。

ただこれも、TPPの年内妥結が関係しているのかと、邪推したくなる。
国是完全に変わってしまう重大な多国間貿易協定で、その規定は国内法の
上に置かれる、超重要商業協定なのに、その交渉内容は非公開だと、政
治、外交条約であるまいに、また、日本を悪くすることしか考えていな
い、官僚と、国家など眼中にない、国際資本家 たちの貿易協定の内容
を、なぜ隠す。   

詳しくは、三橋貴明氏が、チャンネル桜、やYOUTUBEで、詳しく解
説しているの で、ぜひ検索されるといい。

安倍総理は、12月までに、交渉妥結を目指しているようだ、日本の将来が
めちゃくちゃ になるのに、何をとちくるったのか。

ただ、国会が合意しなければ、成立しない、三橋氏は毎日のように、若手
議員を中心に、 TPPの危険度をレクチャーしているようだが、彼によ
ると、米国議会も、まだ、合意に は達していないようだ、どうなるか。

米国の多国籍企業、もう中国から、絞れるものがなくなったのか?
米国債は目一杯持たせたし、中国国内は不良債権の山のようだし、空気
も、水も、土壌も 人心も修復不可能なほど、汚染されているし、戦争状
態になれば、敵国に渡した、国債の支払い は、停止するとかいう条件が
米国債に記載されているという話も聞こえるし、中国高官の稼いだ金は、
すべて、NY.や ロンドンなど、西側に出ていて、凍結もでき るだろ
うし、彼らの家族は、愛人も含め、米国、カナダ、オーストラリア、英国
などに、滞在している し、いつでも人質にとれるのか一回中国をガラガ
ラポンするつもりなのか

そうなると、次に狙われるのは、日本の市場、潤沢な資金だろうな法律を
きちんと守る国だから、条約を結んでしまえば、合法的に取り放題技術
も、資金も、勤勉な国民がまだまだ生み出す、将来の富も、未来永劫、取
り続けるのか。

最近の経済ニュースを見ていると、日本の将来、大丈夫かと心配になる
米国のような、また欧州のような、ひどい格差社会になるなこの一年の日
本のニュースを見ていて、そう感じる間違いであればいいが。(グリーン
マイル 英国在住)


 5)猪瀬直樹都知事が26日午前の緊急記者会見で5000万円の借用書を振
りかざした。

普段の記者会見で強気発言が目立つ猪瀬都知事であったが、徳州会からの
金子用立てが表沙汰になってからの記者会見ではしどろもどろで見苦し
かった。だが、これで一応踏みとどまった。

しかしこれで天下晴れて・・にはならない。

仲介者がいる借用とは言え、初対面の間で無利子、無担保で大金が動くの
は異例・異常である。これをどう弁明するかだ。29日からの都議会定例会
での対処があり、9月の返済の時点から検察当局は徳田陣営の選挙違反事
件の家宅捜査ですでに視野に入れているという。

攻めに強い人間は守りに弱い、とよく言われる。5000万円は猪瀬氏個人に
とっても大金であろう。初めてで不慣れな選挙出馬の挨拶廻りでの仲介者
の差し金によるものと思われるが、カネのケジメに甘さがあった。利子代
わりに油汗を流さなければならない。そして油汗だけで済むかどうかはま
だ判らない。(品川 阿生居士)



 6)私のアメリカでの朝食:前田正晶

主宰者はアメリカのファスト・フードは肥るから食べないと言っておられ
た。私は美味い不味いは別として、胸焼けするので極力避けていた。勿
論、我が国のパンと比較すれば美味くないのは確かだ。来日した多くのア
メリカ人が「日本のパンは美味い」と絶賛することからしても美味いのは
間違いないところ。

しかし、「アメリカ人というか欧米人の胃酸のPh(ペーハーとカタカナ表
記されている)が違うので、胸が焼けたからと言って迂闊にアメリカで市
販されている胃散を飲むと胃に穴があく危険性あり」と警告されていたせ
いもあって、常に国産の胃酸を持参していた。

それでは私がホテルで朝食に何を食べていたかということだが、その辺り
を振り返ってみよう。

通常は注文する前にコーヒーを注ぎに来るから飲む。勿論お替わりあり
で、英語の講釈をすれば「お替わり」は"refill"で良いだろう。ボールポ
イントペンの替え芯もこれで良いのが面白い。

注文するものは「アメリカで数少ない美味いもの」と揶揄していた生のオ
レンジジュース(本物と信じていた)、コーンフレークにスライスしたバ
ナナにミルクをかけたもの、または熱いミルクをかけたオートミールにブ
ラウン・シュガー。白砂糖よりもこれを注文するのが通だと聞かされてい
た。所謂サイド・オーダーのハムかベーコンあるいはハッシュド・ポテト
は取らない。

卵類はコレステロール対策で偶にしか食べなかったが、食べようと思った
時にはスクランブルド・エッグかオムレツにしていた。家にいても先ず食
べていなかったのだから当然かも知れない。だが、多くのアメリカ人は
「卵抜きの朝食などあり得ない」と言うが。

朝は7時ないしは半からのブレックファスト・ミーティング兼用であった
事が多く、余り味わって食べていなかったと思う。これは当日の作戦会議
のためで、昼か夜はお客様との会食か同僚との食事が多く、ここでは食べ
過ぎになってしまわないように注意してはいた。だが、アメリカの食べ物
は極めて量が多く、結局は動脈硬化の一因となってしまったようだったの
は残念だった。



━━━━━━━
身 辺 雑 記 
━━━━━━━


アメリカ旅行ではできるだけフランス料理か日本食を食べていた。食パン
をかったら穴があいていて不味かったので2度と買わなかった。

26日夜、ご馳走になった神田の中華料理はとても美味しかった。焼酎1本
2人でたちまち空けた。あとはグラスで追加。

ご投稿、ご感想をお待ちしております。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
-- 
渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/11/27

    縁結びなら「7月10日の浅草寺」がベスト http://joshi-spa.jp/19200

  • 名無しさん2013/11/27

    在日コリアンの比率が3人に1人の毎日新聞、2.8人に1人の朝日新聞など。日本国籍を有さない、つまり外国籍者の比率が高いメディアが「国民の知る権利」を盾に、国の安全と平和にかかわる「国家機密」を教えろ、報道する義務が有ると主張すれば何を意味するか。どうなってしまうのか。 



    南北朝鮮に筒抜けの賊らを多数含む組織に、「国家機密」を渡すに等しいのではないか。 

    http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-2382.html

  • 名無しさん2013/11/27

    「医学部女子大生」実は55歳無職女、600万円詐取容疑で再逮捕



    2013.11.27 12:09 [詐欺・出資法違反] 





     宮崎北署は27日までに、出会い系サイトで知り合った男性に、女子大生を装って結婚をほのめかし現金約600万円をだまし取ったとして詐欺などの疑いで、宮崎市下原町、無職、山元照子容疑者(55)=別の詐欺罪で公判中=を再逮捕した。



      逮捕容疑は、平成22年1月〜ことし9月、出会い系サイトで知り合った兵庫県の20代男性に対し、九州の国立大医学部の女子学生になりすまし、「結婚まで考えています」などとメールで連絡を取り合い、約150回にわたり現金計約600万円を銀行口座に振り込ませた疑い。



      宮崎北署によると、山元容疑者は娘の名前を使い、メールには若い女性の写真を添付し、「母親に(男性との)交際を反対され、仕送りを止められた」などと現金を要求。母親のふりをして「交際を認めない」と電話をかける工作もしていたという。