政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針3138号  2013・11・26(火)

2013/11/26

□■■□──────────────────────────□■■□
   わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 3138号
□■■□━━━───────────────────────□■■□

       
        2013(平成25)年11月26日(火)



                  日本への戦争準備完了宣言か:宮崎正弘

          防空識別圏は空域の盧溝橋対峙の様相:杉浦正章

                      きょうタイ大荒れの予想:宮崎正弘

                     日本非難の本ばかり(3):平井修一

                      スーパースパイの末路:渡部亮次郎

                    話 の 福 袋     
                                反     響
                    身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第3138号
                             発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             

 
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




━━━━━━━━━━━━━
日本への戦争準備完了宣言か
━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成25(2013)年11月25日(月曜日)
      通巻第4071号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国の一方的な「防空識別圏」の設定は日本への戦争準備完了宣言か
  危機を高め、緊張を煽る中国軍ははたして何処まで本気なのだろう?
*********************************

2013年11月23日、中国政府は突如、東シナ海上空に戦闘機による緊急発進
(スクランブル)をするかどうかの基準=「防空識別圏」の一方的な設定
を発表した。

しかも同日午前10時(日本時間同11時)から施行した。

この恣意的で身勝手な「防空識別圏」には尖閣諸島(沖縄県石垣市)上空
周辺が含まれ、日本が既に設けている防空識別圏と重なり合う。即ち戦争
の一歩手前の状態を宣言することに等しく、一触即発の緊張を伴うのが
「防空識別圏」であり、軍事的な脅威のレベルが高まる。

嘗て台湾が「防空識別圏」を設定したとき、たとえば香港行きのJALは
フィリピン上空を迂回する羽目に陥った。このため飛行時間が1時間てい
ど遅れた。JALは、後日「日本アジア航空」を設定した。
 
中国が主張する「防空識別圏」は朝鮮半島の南側から台湾の北側まで、日
本の南西諸島に沿うように設定されており、この防空識別圏を飛ぶ航空機
は飛行計画を中国外務省または航空当局に提出する義務を負うとされている。

日本政府はただちに反駁し、強く抗議した。
 
米政府もすぐに反応した。外交と軍事双方のルートを通じて「強い懸念」
を中国政府に伝えたが、これは米政府の抗議である。

ケリー国務長官とヘーゲル国防長官、ならびに国家安全保障会議
(NSC)は一斉に声明を発表した。

産経新聞に従うと、「ヘーゲル長官は、防空識別圏の設定を「地域の現状
を変更し、不安定化させる試みだ。一方的な行動は誤解と誤算(による不
測の事態)の危険性を増大させる」と非難し、「日本を含む同盟・友好国
と緊密に協議する」と強調した。

さらに、尖閣諸島が日米安全保障条約第5条の適用対象であることを「米
国は再確認する」と中国にくぎを刺し、防空識別圏の設定でも「この地域
における米軍の軍事作戦の遂行に、一切変更はない」と警告した。

米政府は「尖閣諸島は日米安保条約の適用対象」と繰り返し表明してお
り、その外交的経緯をまったく無視した中国の防空識別圏設定は「米国と
日米同盟へのあからさまな挑戦」(米国ペンタゴン筋)である。つまり米
国は、自分の国が馬鹿にされたと怒っているのである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◆書評 ◇しょひょう ▼ブックレビュー ■ BOOKREVIEW
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  ♪
石平『なぜ中国から離れると日本はうまく行くのか』(PHP新書)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

まさに結論は題名通り、これほどわかりやすい話はない。平安時代の繁栄
と安定は菅原道真が進言し遣隋使・遣唐使を止めたからである。江戸時代
の未曾有の繁栄と平和は、徳川家康が「鎖国」という名の貿易を制限し文
化的孤立を決断したからである。

平安時代にはカタカナひらがなが発明され、独自の仏教文化が花開いた。
世界に冠たる『源氏物語』も世界で一番か二番目に早い憲法も、制定された。

江戸時代には朱子学が御用学問だったが、民間では国学が栄え、いにしえ
に復帰し、日本の伝統が確立し、芸術のレベルはおそらく世界一だった。
戦後の日本の経済成長も中国と関わらなかった時代が高度成長を成し遂げ
られた。

かくて本書の石平歴史観は過去2千年の日中関係史をひもとくという展望
のなか、そこに驚愕の法則があることを説明しつつ題名の通りの結論になる。

日本人が書いても、こうした歴史法則はあまり評判にならないけれども、
帰化した石さんが再発見のように綴られると、大いに納得できる。
   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫の
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 997】    
「・・・うっかりものもいえんなあ、と誰かが笑った」(火野の27)
「赤い国の旅人」(火野葦平 『世界紀行文学全集』修道社 昭和46年)

  
「強い風が吹いて来て砂塵をまきあげる」暗く寂しい夜の北京を戦場での
体験を引きずりながら、火野は翫右衛門の案内でホテルへの道を引き返す。

同じ頃、火野らが歩く少し先に位置する中南海の豪邸で最高度に厳重な警
護に守られながら、毛沢東は主治医の李志綏をして「思わず目をおおいた
くなるほど露骨な」時を過ごしていたのかもしれない。

火野にとっては「恐ろしい北京」を、権力の絶頂を極めた毛沢東は自らの
意のままに弄ぶことのできる“愉悦の街”に仕立て上げようとしていた。ス
ターリンのモスクワ、毛沢東の北京、金一家の平壌・・・恐らく革命と
は、そういうことなのだろう。

「もういいというのについて来てくれた」翫右衛門は、歌舞伎界の因習に
反発し左傾化し前進座を結成。戦後は座員と共に日本共産党に入党。昭和
27(1952)年、公演先の北海道赤平で小学校職員と揉めた事件(一般に
「赤平事件」)で傷害・器物派損容疑で逮捕状がでたことを機に中国に亡
命した。

「日本を脱出してから2年半、自分の抱く思想の母国に来て、気楽そうに
生活しているものの、やはり翫右衛門さんはさびしいのであろう。よろこ
んで私たちを迎えてくれる翫右衛門の態度のなかにもどことなくそのさび
しさがにじみでているように思われた」。翫右衛門もまた、一時の政治的
熱狂のままに行動し、時代と革命とに翻弄された1人ではなかったか。翫
右衛の立ち居振る舞いに寂寥感が漂う。

明けて4月29日、平和委員会事務局の唐明処がやってきて「ニコニコ顔で
挨拶した」。「どうぞ自分の家にいるようなつもりで、なんでも自由に申
し出て下さい。

できるだけ、許される範囲の御希望に添い、お世話申しあげたいと存じま
す。見物したいところ、話を聞きたいこと、調べたいこと、会いたい人、
なんでも遠慮なく」と、例によって例のごとく甘言を弄する。

だが、だからといって最初から招待者側から「許される範囲」は限定され
ているのだから、「なんでも自由に申し出」たところで無意味であること
に違いはないが、招待された日本人は招待者側の“寛大な対応”に感激して
しまう。

そこで頃合を見計らって招待者側は猫なで声で、「そして意見を聞かせて
ください。われわれの新中国はまだ発足したばかり、欠点がたくさんあり
ます。美点を誉めていただくのも結構ですが、欠点を指摘していただくこ
とをいっそう歓迎いたします。そして、折角おいで下さったのですから、
ゆっくりと新中国を見て行って下さることを希望します」と。

だが、相手のいうことを真に受けて、「毛沢東の個人崇拝は最悪だ」「広
州で多くの淫売婦を見かけましたが・・・」などと真っ正直に口を開こう
ものなら、“反中策動者”“敵のスパイ”といった烙印を押され、即刻国外退
去処分となっただろう。

それが判っているから、誰もが中国旅行中はもちろんのこと帰国後も中国
にとって不都合は口にしないばかりか、毛沢東を礼賛し、新中国を誉めて
讃えた。かくて日本人全般は中国を知らないままに過ぎ、その先に屈辱的
な「子々孫々までの日中友好」の大合唱が待ち構えていたことになる。

「ゆっくりと新中国を見て行って下さることを希望します」と“熱烈歓迎”
ぶりをみせるだけあって、「先方では、5月10日まで北京、11日から、重
工業地帯である東北地方(昔の満州)、天津、南京、上海を視察、5月末
か6月はじめ帰国というプランが」、既に用意されていた。

案の定だ。そこで一行の中の「政治家連中は、早速、毛沢東主席、周恩来
首相、劉少奇、朱徳、などの名を書きこんでいる」。火野は火野で「私
は、ちょっと考えた後」、「思想や政治をはなれた文学者としての共感に
立つ或るなつかしさと、中国の古典や伝説がどういう形で解放後の文学の
なかでとりあつかわれているか、うけつがれているかを直接作家たちの口
から聞いてみたいと思」い、3人の文学者の名前を挙げてみた。
《QED》
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ Readers! Opinions 読
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪
(読者の声1)宮崎先生の『黒田官兵衛の情報学』(晋遊舎)を遅まきなが
ら読みました。その中に、黒田家の始祖は「近江の木之本である。」
その後「福岡千軒」で「目薬の製造販売を始めた」等あります(P24等)。

実は、木之本の木之本地蔵はそのHPにもありますように、延命息災ととも
に「目」の地蔵様でもあります。 
 
木之本、長浜の湖北一帯は、今は積雪量が減っていますが、昔からの豪雪
地帯。一方で近江米の産地、更には古くからの交通の要衝、必然的に戦国
武将の合戦場でもあります。過酷な環境下、稲の穂先や、竈の火や煙で目
を痛めて視力の低下や失明に至ると即、死に至ります。

そのような中で、住民の木之本地蔵に託した眼病平癒への願いは、現代人
の「目の輝きを!」のそれとは比較にならぬほどの切なるものだったと推
測できます。おそらく、黒田家の始祖はこのような住民の切なる願いを何
とかしようと試行錯誤をしたものと思います。

幸い、近くの伊吹山山麓は薬草の宝庫でもあり、何らかの知見を得、長船
福岡でも更なる試行錯誤の後、膏薬のパッケージに最適な貝殻(今も昔も
産業廃棄物?)との組み合わせで評判を得たのでしょう。

「かって繁栄した長船福岡」(P30)とあります。

近くの刀剣博物館にはご多忙の先生は行くことが出来なかったそうです
が、刀剣に興味がある小生は訪れたことがあります。福岡一文字の有名刀
匠の太刀・刀に混じって、いかにも切味凄そうな無名の脇差し・短刀が数
振り展示されていました。近寄ってその出来の素晴らしさにびっくりした
のですが、その説明文にも又びっくりです。

なんと「鎌倉時代末期や南北朝の騒乱の時代、刀剣の需要増大に刀匠の手
が足りないので、農閑期の百姓も動員して作刀したもの。」とありました。

今で言えば、パートタイマー刀匠、派遣刀匠とでも言うのでしょうか。そ
の出来の素晴らしさに、当時のものづくりの裾野の広さ厚さに驚愕したも
のです。

「かつて殷賑を極めた商業地が400年後にこれほど寂れているとは!」
(P31)との思いは小生も同感です。さすがに刀匠さんたちも危機感をつの
らせ、いろんな働きかけをしているようです。

そんな中、刀匠とアニメのコラボの「ヱヴァンゲリヲンとロンギヌスの
槍」展が上野の森美術館で開催され、意外と好評とのことです(興味のあ
る方はぜひ足をお運びください)。

来年には、欧州での展示会が決まったそうです。

「正気」が凝って為った「百錬鐵」がこのような形で若者や欧州にまで展
示されるのは、日本の正気を取り戻す一形態かも知れません。

「こうして、北近江も夫々の住民が入り組んだ感情を今も抱いてい
て・・」とあります(P47)。その通りです(読者に湖北の方がおられたら
ご容赦願います。)

小生も、会社員時代、「酒を飲んでも、なかなか本音を言ってくれない」
事がよくありました^^。しかし戦国時代には入れ替わり立ち代わり天下
を狙う各大名がこの地にやってきて、「物言えば、唇寒し」どころか、ク
ビが飛ぶ時代が長かったのですから、なかなか本音は言ってくれません^^。
歴史に由来する掟(?)もあるらしく、平成の時代になってからも
「(関ヶ原で敗れ、伊吹山麓に隠れていた)石田三成を密告した何某の在
所の誰某とは口をきかん。」との会話を、直に聞いた時には正直唖然とし
ました。

ま、「先の戦争」を応仁の乱という京都人や、井伊直弼にまつわる彦根と
会津との確執に通じるものがあるのかもしれません。
   (GV2)



━━━━━━━━━━━━━━━━━
防空識別圏は空域の盧溝橋対峙の様相
━━━━━━━━━━━━━━━━━


            杉浦 正章

米中も一触即発の様相に至った
 
このケースは直ちに国家安全保障会議(NSC)を開催して対策を打ち出すべ
き場面だ。NSC設置法案は成立するものの、その要の秘密保護法案はピン
トの狂った反対論で難航している。

その平和ぼけした日本の姿をあざ笑うかのように中国による防空識別圏の
設定である。まさにやくざが他人の庭に線引きして地上げをしている姿だ。

日本政府はこれに対して当初はなんと外務省アジア大洋州局長レベルの電
話による抗議であったが、米国の反応は素早いうえに問題の認識が深かっ
た。国務・国防両長官が声明を発して中国に警告したのだ。まさに盧溝橋
事件前夜に匹敵する一触即発の事態である。

しかしこの危機はチャンスに変え得る。政府は国連安保理で国際社会に訴
え、中国の理不尽な姿を浮き彫りにしてその孤立化を図るべきである。

中国の防空識別圏の設定は極東における安全保障の構図を根底から覆すも
のと言ってよい。日中一触即発から米中一触即発へと事態は変質したとも
言える。

そもそも日本の防空識別圏は1945年に連合軍総司令部(GHQ)が制定した
空域をほぼそのまま使用しており、尖閣諸島の久場島は米軍の射爆場に
なっているし、空域は米軍機が日常的に訓練に使っている。それを知って
か知らずか中国の線引きであり、米国にしてみればまさに“縄張り侵入”な
のである。

国務長官・ケリーが強く反発したのは当然として、国防長官ヘーゲルの反
応が極めて厳しいものがある。ヘーゲルはまず歴代長官で初めて「米国の
対日防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条が尖閣諸島に適用されると
いう米国の長年の政策を再確認する」と公式に明言した。

これは中国の尖閣諸島領域における軍事行動には、米軍が軍事力で対処す
るという意味を持つ。さらに注意すべきは「中国の今回の発表によって、
米国の地域での軍事作戦のあり方が変わることは全くない」と、中国にく
ぎを刺した点である。

要するに軍事訓練も演習も中国の指定した識別圏で行う。やるならやるぞ
という姿勢である。これ以上の対中けん制を米国が行ったことは過去にな
く、一部評論家の間で今流行の「米国は尖閣で日本を助けない」などとい
う議論を根底から覆すものである。

これは、日本が躊躇している間に頭越しの米中正面衝突が発生する可能性
すら出てきたということだ。

中国側も軍主導の様相が色濃い。習近平は先の共産党3中全会以降、対日
政経分離の動きを強めていたが、軍部の反発が極めて強く、抑えきれない
状況となったとされている。この結果軍をなだめ、国民の不満を外に向け
るための対日“禁じ手”の一つを打ち出したのだ。

これが何を意味するかといえば中国空軍の「関東軍化」である。トップの
意向を無視しての独走が可能になったことを意味する。

というのもスクランブルの判断は自動的に空軍が行い、発表にあるように
「防衛的な緊急措置」と称して軍事的な行動による進入阻止に出ることが
可能となるからだ。だから自衛隊は抑制気味に動いても米軍は逆の行動に
出る可能性を否定出来ない。

既に米中間には2001年に米中空軍機接触の海南島事件が発生している。空
軍機が空中衝突した事件だ。中国側の戦闘機は墜落しパイロットが行方不
明になり、アメリカ側の電子偵察機も損傷し海南島に不時着したものの中
国側に身柄を拘束された。尖閣諸島をめぐってもこのような状況が発生し
得る事態となったのだ。

海上での進入に対しては、とりあえず海保が対応しているからいわば間接
的な対峙だ。だが、空での進入は空軍対空軍の直接対峙であり、常に墜落
の危険性を伴う。したがってひとたび衝突すれば事態はさらに深刻な段階
へと移行する。

1937年一触即発の状況で対峙していた日本軍と中国国民革命軍が7月7日
に接触して日中戦争のきっかけを作ったようなケースが、いつ発生するか
は知れないのだ。まさに空における盧溝橋対峙の構図が現出したのだ。

日本政府がなすべき事は、この常識外れの中国の軍事圧力を正面から見据
え、妥協はしないことだ。中国は日本国内の愚かにも平和ぼけして、NSC
に不可分の特定秘密法案に反対している一部メディアや有識者と称する
ノーテンキ集団を“教育”する材料を幸いにも提供してくれているのだ。

反対論者は国の存否がかかわる事態に直面しても反対するのかということ
だ。もう逡巡する必要などはますます無くなった。民主党や極左政党が国
家の存亡の危機であるという認識などないことは分かりきっている。ちゅ
うちょなく秘密保護法を成立させて、早期にNSCの第一回会議を開催して
対応を練るべきであろう。

また国際的に中国の孤立化を図ることが重要ポイントだ。誰が見てもこの
防空識別圏の設定は一方的な現状変更であり、あきれるほどの国際常識の
無さを露呈している。

日本にとって絶好のチャンスである。米欧主要国はもちろん、安倍と良好
な関係のあるプーチンも日本側につく。日本は安保理での中国非難決議に
持ち込むべきであろう。戦争の事態を未然に防ぐことは国連安保理の主た
る役目であり、尖閣防空識別圏設定問題はまさに重要テーマとなり得る。

高い分担金を長期にわたって払ってきた日本も、その平和志向が各国に理
解されている。このチャンスを逃してはならない。

      (政治評論家)<2013年11月26日> 


       
━━━━━━━━━━━
きょうタイ大荒れの予想
━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成25(2013)年11月26日(火曜日)貳
      通巻第4073号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 バンコック、三年ぶりに政治混乱の季節。きょうタイ大荒れの予想
  反タクシン派が財務、外務省ビルなど占拠、インラック首相の辞任を要求
*********************************

混乱の季節がまたやってきた。バンコクは流血をともなく暴力騒乱の巷に
なる気配濃厚である。

恩赦法を完全に葬り去ろうとして、勢いを得た反タクシン派は、前日の10
人集会につづき、11月25日、バンコクの財務省ビルなどを占拠し、机を壊
すなどの狼藉を繰り返した。

治安維持法と議会解散を武器に対応するインラック政権だが、反対派は首
相の辞任を求める抗議行動を過激化させ、本日を「決戦」と呼んでいるそ
うな。

「インラック首相はあやつり人形に過ぎない。海外のタクシンに操られて
いるだけ」「無能政治家は去れ」などと叫んで首都機能が麻痺する危険性
がでている。

3年前、赤シャツ隊と黄シャツ隊が衝突を繰り返し、一部銃撃戦も展開さ
れて犠牲者がでたが、ときにあのほほえみのタイが、暴力の風貌を覗かせ
る。赤シャツのタクシン支持派はこれまで少数民族と地方の貧困層が中心
とされてきたが、昨今の反タクシンデモ隊に多くの少数民族が混入している。

日本企業は一昨年にはアユタヤの洪水被害により生産停止、工場移転に追
い込まれて、ようやく回復軌道に乗ってきたばかり。

また政治混乱が起これば、本格的にミャンマー、カンボジア移転を考慮す
る段にきているとも言える。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ Readers! Opinions 読
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪
(読者の声1)貴誌4071号の「読者の声」欄の「黒田官兵衛の情報学」
の感想ですが、最後の行「井伊直弼をめぐる彦根と会津の確執」とあるの
は「井伊直弼をめぐる彦根と水戸の確執」の間違いでした。お詫びして訂
正致します。
         (GV2)
 


  ♪
(読者の声2)士気の集い118回講演会は産経新聞ワシントン駐在客員特派
員、古森義久先生独演会「米国での反日活動」になります。

              記
とき     11月30日(土) 18時20分〜20時30分(開場:18時05分)
ところ    文京シビック4階 シルバーセンター4階ホール(文京シ 
       ビックセンター内)
       東京都文京春日1-16-21  03-5803-1113
(交通:東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」直結or都営三田線・大
江戸線「春日駅」徒歩1分)

参加費   事前申込:1500円、当日申込:2000円
      事前申込の学生:1000円、高校生以下無料
懇親会   21時〜23時頃 参加費:事前申込3500円 
      (事前申込の学生3000円)
       当日申込4000円 (当日申込の学生3500円)
【申込先】 11月29日23時迄にメール又はFAXにて(当日受付も可)
(懇親会は11月28日 23時迄)当日は混雑が予想される為 事前申込の無い
方の入場は講演5分前とさせて頂きます
主催    士気の集い・青年部 千田宛て http://blog.goo.ne.jp
/morale_meeting
     FAX 03-5682-0018 E-mail:morale_meeting@yahoo.co.jp



  ♪
(読者の声3)我が故郷、滋賀湖北の話題が出たので諸先輩方に交じって一
言述べさせて頂きます。

京都に近く街道も充実している大津・草津辺りの湖南、近江商人を多く輩
出している湖東に比べると、冬は雪に閉ざされ北国街道・北国脇往還のみ
が主要交通路となった湖北では全く住人の気質が違います。

長浜から北に向かうと、旧湖北町と高月町の境目辺りから先は琵琶湖への
アクセスは山に隔てられ、内陸の集落の方が保守的な傾向があります。ま
た同じ湖北弁でも木之本以北でしか通じない単語が存在したりします。

数年前に自治体合併で近隣町村が長浜市に合併されましたが(まず東浅井
郡内の2町が長浜市と先行合併、その後残る東浅井郡2町と伊香郡4町が合
流。当初は一度にやるはずでした)、そこに至るまでの紆余曲折も、小さ
な地域ながらそれぞれのエゴが重なり合った結果となっています。

当方は小谷城跡の残る旧湖北町出身ですが、浅井氏を滅ぼし湖北の中心を
長浜に移した豊臣秀吉にはどこか抵抗感があり、故郷が長浜市となったこ
とを良しとしておりません。

最近は京阪神及び中京へのアクセスが格段に向上したおかげか、旧長浜市
は急速にベッドタウン化が進行しました。

近く黒田官兵衛博覧会が開催されます。
http://kitabiwako.jp/kanbee/
(SY)



  ♪
(読者の声4)何たる暴挙! 今頃、尖閣に防空識別圏と云うは、尖閣の領
有権が日本にあると云う事を支那自ら全世界に宣伝してくれたものと考え
られます。

支那がいよいよ牙を剥いて来ました。支那経済が破滅の危機に瀕している
のでしょう。国民の不満の目を外に逸らす為の全体主義社会の常套手段の
発動の一と考えます。

新疆ウイグル自治区、チベットの悲劇を、我が国は座して甘受する訳には
いきません。この素晴らしき祖国を先達から受け継いだ我々は繁栄と尊厳
を兼ね備えた独立を子孫に伝承する責務があります。
戦前の朝日新聞の様に好戦的にアジるのでは無く足を地に置いて大人の対
応をすべき秋と存じます。

その為には、安倍総理提唱の
一、自衛隊を国軍へ
二、集団的自衛権の発動を認める
三、国防力の増強
四、憲法改正などが必要です。

これから支那と厳しく、長い神経消耗戦が展開されると考えます。我々国
民は、支那から仕掛けられる神経戦、世論戦に惑わされること無く安倍総
理、国軍を信じ、しっかりと銃後の護りに徹しましょう。

12月23日には長崎県護国神社境内に自衛隊、海上保安庁、警察、消防の四
機関へ感謝の誠を捧げる顕彰碑が落成します。どうぞお参り頂き、祖国の
安寧を祈って頂けましたら幸いです。

丹羽春樹大阪学院大学名誉教授殿ご提唱の「政府貨幣発行特権の発動」
が、いよいよ求められる秋となりました。これは劇薬ですが、これにより
潤沢な原資を得るとこが出来ます。是で、米国から米海軍空母打撃群を
2,3セット購入し不足する兵員は米海軍から傭兵する事で当座の危機を
乗り越える事が可能となります。

是はまた財政の崖に直面しているオバマ政権への援護射撃に繋がります。
今こそ、蛮勇を振るう秋です。(T生、長崎)




━━━━━━━━━━━
日本非難の本ばかり(3)
━━━━━━━━━━━


      平井 修一

「大東亜戦争の総括」に収録されている奥野誠亮(歴史・検討委員会顧
問)と講師として招かれた安村廉(きよし、産経新聞論説委員)のやり取
りのつづき。

■安村 いま奥野先生のおっしゃったことでは、私自身も常に悩んでいる
ことでして、大江健三郎さんのノーベル賞受賞記念講演を見ても分かる通
り、やはり戦後民主主義はこういう歴史観を育ててしまったなということ
が第一ですね。

私が不思議に思いますのは、この戦後50年間に(支那事変の発端となっ
た)盧溝橋事件の一発の真相や、日米開戦などについての実証的な研究成
果があるわけです。それを一切受け付けずに、たちまち1945年に時計の針
を戻して、東京裁判史観からあの戦争を振り返るというのが一つのパター
ンですね。

ふたつ目は、はっきり言いまして、先の戦争についての基礎的な理解とい
うものが、今の現場の新聞記者のみならず、内部でデスクワークをやって
いる中堅にまったくないわけです。

基本的な知識が欠落していて、まったくぽっかり空虚なところに、散々こ
れまでの教育を通じて受けた自虐史観に影響されている。それを社会党、
文化人勢力があおり立てている。それを覚醒させる手立てというのは非常
に難しいですね。

■奥野 私は(議員勤続)25年の表彰を受けた時、「戦後7年間、軍事占領
されておった期間のことを日本人の手でもう一遍見直す、それがなければ
日本の将来は明るく開かれない」と官報に書いておいたんですけれど、今
でもそう思っているんだな。

あの戦争直後に歴史の授業を停止させられて、アメリカが太平洋戦史とい
うものを自分で作って、その歴史を各新聞に載っけさせ、学校でも使わせ
た。そんなこと今の人たちは知りませんよ、また、その本もありませんよ。

そんな状態だから、あの洗脳が未だに効いているんだな。日本は満洲事変
以来、侵略戦争をずーっと続けてきたんだということをアメリカ人が書い
ているんですからね。まあ、ひん曲がった日本になっちまって、われわれ
は政治家として責任を感じているんだけれども、どうこれを解決したらい
いかね。

教育もこれから日教組の組織が変わっていくんだろうと思うんですけれど
も・・・変わってもらわなきゃいかんだろうと思うんだけれど、ま、余計
なことを申し上げました。

(ある委員:新聞社各社で同志のようなつながりはないんですか。もとも
とそういう社へ入ると、ああいう風に変になるのですか)

■安村 (つながりは)ないですね。私は一種の変人、あるいはキチガ○扱
いされていますよ(笑)。

まあ、今の若い人たちを見ていますと、日本は悪いことをしたんだという
風に信じきっている。そこで書くことと言えば、残らず暗い部分、影の部
分になるのです。

われわれが取材活動をやりますときは、一つの事実を報道する場合は、モ
ラルとしてただお一方のみの意見ではなく、反対の立場からの人にも聞
き、それで総合判断して客観的な記事を書きます。新聞記者のABCでしょう。

ところが今の日本のマスコミでは例外が一つあるわけです。それはつま
り、あの大戦中に日本が犯した残虐行為ということに限っては、ちょっと
でもその話が出たら、具体的に検証することなしに、ストレートに書いて
いいんだと。

(ある委員:社会党の思想についての質問)

■安村 15年ぐらい前までは社会党というとマルクス・レーニン主義集団
であり、向坂逸郎の社会主義協会というのが牛耳っていたわけです。とこ
ろが江田(三郎)さんの離党前後の協会・反協会闘争をきっかけに協会勢
力は組織的にはちょっと引いているんですよね。だからよくなるかと思っ
たら、もっとまずいことが起きているわけです。

つまり、協会派が引いた後の穴を反基地とか反原発とか戦後補償とか慰安
婦問題とか、いろんな市民運動グループが埋めています。彼らは一点突破
主義ですから、それだけやっていればいいわけです。要するに反国家的情
念と怨念に取りつかれている勢力なんですが、護憲とか戦争責任とかにな
るとわっと一つの動きになるわけです。

社会党の議員は選挙区へ帰りまして、組織選挙を戦うわけでしょう。そう
なると、昔動いてくれた協会の活動家はまだ残っていますけれど、その主
力部隊は少し引っ込んだ。その穴埋めをしているのが市民運動なんですね。

そういう市民運動の言うことを全部聞かなきゃなりませんから、反基地、
反原発、慰安婦全部しょって国会へ出てくるわけです。だから社会党の基
本的な体質はまったく変わりようがない、云々。
・・・

この質疑応答から18年たった今でも、社会党は凋落したもののマスコミと
教育界の状況はさして変わってはいない。「反国家的情念と怨念に取りつ
かれている」オオエ真理教や共産党などの容共左派的反日屋は駆除してい
かなければならない。(2013/11/23)




━━━━━━━━━━
スーパースパイの末路
━━━━━━━━━━

           
    渡部 亮次郎

1985(昭和60)年、中国国家安全部対米国情報工作の当時の総責任者、北米
情報司の司長、外事局の主任だった兪強生は、米国に政治亡命した。兪強
生が政治亡命した動機は不明だが、両親が受けた迫害と関連していると見
られる。

兪強生の父親は、中国共産党の最高指導部のメンバーで、共産党の政権確
立後、天津市の初代市長を務めた黄敬(本名、兪啓威)。その母親範瑾も、
北京市副市長や共産党機関紙「北京日報」の社長などを務めていた。

ところが1960年代に始まった「文化大革命」で、両親がともに「粛清」の
対象となり、迫害を受け、父親が死亡、母親も危うく命を落とすところ
だった。

この中共の北米情報司司長が米国政府に亡命した際、金無怠という「1981
年に定年退職するまでに、CIAの「頼れる」中国通として、米国東アジア
政策研究室の主任などを歴任、米国政府の対中国政策の制定に研究報告を
提供していた人物」。その金無怠が実は対米スパイだという証拠を兪強生
は手土産として米当局に提供した。

その直後に、FBI(米国連邦調査局)が金無怠を逮捕、中国当局のスパイ
として起訴した。

金無怠は1922(大正11)年北京生まれで、燕京大学新聞学部を卒業、
1938(昭和13)年に駐上海米国領事館の通訳となったが、一方で1944(昭和
19)年に当時の周恩来首相に認められ、中共のスパイとなった。もちろん
米国側には極秘である。

1949(昭和24)年、駐香港の米国総領事館に転勤、1952(昭和27)年に米国中
央情報局(CIA)に配属され沖縄でCIAの対外国ラジオ情報機構に在籍していた。

このころ、金無怠は当時の台湾の人気アナウンサー周謹予と結婚し、
1965(昭和40)年に米国国籍を取得した。1981(昭和56)年に定年退職するま
でに、金無怠はCIAの「頼れる」中国通として、米国東アジア政策研究室
の主任などを歴任、米国政府の対中国政策の制定に研究報告を提供していた。

退職後に、在職中の「功績」が評価され、CIAの表彰までに受けた、1985
年にスパイの身分が割れるまでCIAの顧問を務め続けた。

兪強生が米国に提供した証拠には、金無怠が中国国家安全局での略称や通
信証拠などが含まれている。これらの証拠を前に、金無怠は中共のスパイ
だったことを認め、一部の情報提供を自供せざるを得なかった。

金無怠が非常に優れたスパイ素質の持ち主で、逮捕されるまでに、数十年
間生活を共にしてきた台湾人妻は、夫は中国当局のスパイであることに
まったく気づかなかったという。

また、「中国当局側でも、このスーパースパイが提供した米国情報に触れ
られる幹部はわずか数十人しかいない上、金無怠の本当の姿を知る人はさ
らに限られていた。

兪強生のような中共の情報局の高官から本件が明かされなければ、恐らく
真相は永遠に闇に包まれたであろう。

当時、中国当局の最高指導部の高官・兪強生が米国に亡命したことより
も、米国CIAのエリート幹部が中国当局のスパイであることが、世界に強
い衝撃を与えた。

中共のスパイと認めた後、1986年2月、米国裁判所は金無怠に対し17の罪
が成立すると判定した。一方、金無怠本人は中国当局に対し、旧ソ連が米
国と情報部員の人質交換をしたように助けを求めた。

その間、中国語新聞の取材を受けた際に、彼は、中国当局に監禁されてい
る民主活動家・魏京生氏との身柄交換を望んでいると明らかにした。(魏
京生氏は依然、滞米中であり、2007年6月に日本に立ち寄りを拒否されて話
題になった)。

しかし、最後の助け舟を求めている金無怠に対し、中国外交部の当時の報
道官・李肇星氏は記者会見で、冷酷に切り捨てた。

「金無怠事件は、米国の反中国勢力が捏造した寸劇。中国政府は従来から
平和を愛するため、米国に一切スパイを派遣していない。中国政府はこの
事件を絶対に認めない。この自称中国スパイである金無怠という人物を
まったく知らない」と完全否定し、突き放したのだ。

米国裁判所の最終判決が下される直前の1986(昭和61)年2月21日、金無怠
は完全に絶望し、米国バージニア州の刑務所で、ビニール袋を頭から被
り、靴紐で首を絞め、自殺した。63歳だった。中国当局のスーパースパイ
は、このよう形で人生の幕を閉じた。日本では中曽根内閣の頃。新聞には
報じられなかった。

当時の米国陪審団が、金無怠のスパイ活動の内容は主に以下であると結論
付けた。

?朝鮮戦争中に、国連通訳の身分を利用して、中国当局に捕虜の収監場所
を知らせ、米国の作戦計画を遅らせることに成功。

?1960年代、中国当局に米国の対中国政策の情報を提供し、米中両国の外
交交渉において、中国に優位な立場に立たせた。

特に、米中が外交関係を回復する過程で、金無怠は当時のニクソン米国大
統領が中国との国交回復を望んでいるとの情報を掴み、中国当局に流し
た。結果、米国が中国当局との関連交渉中に、多くの重大な譲歩が引き出
せた。

この時期はソビエトからの離脱を決断した毛沢東が「敵の敵は味方」との
見地から、以後はアメリカや日本との接近の画策し始めた時期であり、特
に大国アメリカの対中方針が明かされた事は大成果だったはずだ。

同様、国交回復前の日本の実情と政府の真意を中共に密かに通報していた
大和人金無怠は居なかったのだろうか。

?ベトナム戦争期間中に、中国とベトナム両国に米国政府の対べトナム政
策などを知らせた。戦争の発動や、戦争の終結などの情報も含まれている。

金無怠スパイ事件を通して、米国CIAは、国家安全上、中国の直接かつ現
実的な脅威を認識した。金無怠は事件発覚後、CIAの安全管理が非常に緩
んでおり、機密情報を得るのにそれほど難しくないと語ったという。

また、金無怠が取調べで一貫としてスパイ活動の詳細な内容を自供しな
かったため、本件による被害規模や中国当局のスパイ手段は依然外部に知
られていない。

一部では、金無怠スパイ事件が米国にもたらした損失は計り知れず、その
影響はそれまでに判明したスパイ案件の総計を超えているとの認識もある。

2005年、中国駐シドニー領事館の政治参事・陳用林氏が豪州政府に政治亡
命した。陳氏が提供した資料や証言によると、中国当局は豪州を含め、世
界各国に厖大なスパイ・ネットワークを構築している。

豪州だけでも、1,000人以上の工作員がいるという。同年、豪州で庇護申
請をした天津国家安全局(中国当局の情報機構)の元幹部、●鳳軍(ハオ・
フォンジュン)氏も、公に同様なことを証言した。(●…赤+おおざと)

金無怠スパイ事件は、当事者となる国々やスパイ本人に、中国のために長
年身を捧げた者をあっさりと切り捨てる中国共産党の本質を認識させる1
つの典型的な事例であると言える。



        
━━━━━━━
話 の 福 袋 
━━━━━━━


 ◎【福島首長選】復興の遅れで落選ドミノ

震災と原発事故後の県内市長選で、現職首長の落選が止まらない。二本松
市では新人の元市議が、3選を目指した現職を破り、今年の市長選は郡
山、いわき、福島に続き現職4連敗。ほかにも、双葉町で現職が辞職に追
い込まれ、小野町、富岡町で現職が新人に敗れ、さらに広野町も今回、現
職が敗退した。

 
二本松市長選では、争点は震災後の復興施策に加え、今後の地域振興の在
り方などが争点となり、郡山、いわき、福島ほど復興施策はクローズアッ
プされなかった。それでも新人は市政刷新を訴え、市民は新たな風を取り
入れる方向を選んだ。市民の閉塞感、行政への不満が見て取れる。

現職が敗れた首長選はいずれも震災、原発事故後の対応、除染や復興の遅
れが現職への強い不満となって票が新人に流れた点で共通する。

県内では12月、現職と新人が争う相馬市長選が予定され、来年は1月に南
相馬市、伊達市、喜多方市で市長選を予定、秋には知事選を控える。現職
に厳しい風が吹く中、行政や政党の市民の声を聞く姿勢が問われている。
福島民友新聞 11月25日(月)11時55分配信



 ◎中国大使館が在日中国人に対して緊急連絡先の登録を呼びかける す
わ開戦か!?


2013.11.25 08:45 記者 : ガジェ通ウェブライター カテゴリー : 政治・
経済・社会 タグ : ろくす ウェブライター


東京の中国大使館が在日中国人に対し、緊急時の連絡先を登録するよう求
めた通達を出したことが、中国のネット上で関心を集めている。

通達は11月8日に中国大使館のホームページに掲出されたもので、突発的
な緊急事態が発生した際、大使館員が「ただちに連絡して同胞の安全と利
益を保護する」ため、自主的に連絡先を登録するよう求めている。

これについて中国版Twitter『微博』では、「何かの暗号かな」「戦争で
も始めるの?」「僑胞を撤退させる準備なのか?」と不穏な空気を感じて
いる人が多いようだ。

「深読みしすぎ。中日は一衣帯水の関係なんだから」と日中友好を持ちか
ける際の常套句を言い出す人もいたりして胡散臭いトピックなのだが、そ
の中で注目したいのは「心理戦を仕掛けているんだろう」という冷静な分
析だ。昨年、中国メディアが「フィリピン在住の中国人が続々と出国して
いる」というニュースを伝えたことがあり、南シナ海の領有権を巡って争
うフィリピンに対して揺さぶりをかけるための情報戦の一環ではないかと
指摘されていた。この通達も、尖閣諸島問題で争う日本に対して圧力をか
けるための心理戦ではないか、との読みはなかなか鋭いように思う。

中国政府の真意はともかく、中国人たちは「大使館が緊急時に国民の安否
を考えてくれるとは思えない」と冷ややかで、呼びかけに応じる人は少な
そうである。

画像:中国大使館ホームページより引用
http://www.china-embassy.or.jp/chn/lsfws/LSB/t1097657.htm[リンク]

http://getnews.jp/archives/462256

【ガジェット通信】2013.11.25 08:45

----------------------------------

◆石平氏のtweet◆

  1.. 石平太郎 ?@liyonyon7時間フォロワーの皆様にお願いします。中
国大使館が在日中国人たち全員に登録を求めた一件、場合によって日本の
国防上に重大な意味を持つ動きであるかもしれませんが、マスメデイアは
いっさい報じていません。是非皆様のお力でこの情報の拡散をお願いします。

    a..    b..  c..  d..  その他開く2.. 石平太郎 ?@liyonyon8時間
@onoderamasaru 小野寺先生、ご質問の件、おらそく関係があるだろうと
思います。ご存知のように、国防動員法では、中国が外国と有事となった
場合海外にいる中国人も動員される対象となっていますから、今回の登録
もまさに「動員」のための準備である可能性があります。

    a..  b..  会話を表示3.. 石平太郎 ?@liyonyon8時間中国大使館が
在日中国人に個人情報の登録を求めた件、私のツイートーのフォロワーの
方から「それは中国の国防動員法と関係あるか」との質問を受けたが、お
そらく関係あると思う。国防動員法では、中国が外国と有事となった場合
海外にいる中国人も動員される対象となっているからだ。登録はその準備か。

〔情報収録 − 坂元 誠〕
 

 ◎中国政府が防空識別圏設定を新たに設定したことは、準宣戦布告では
ないかとも
言われています。

大人数の訪中を済ませたばかりの経団連会長の発言記事を読んで、以前言
われていた「日本はカルタゴか?」という問いかけを改めて噛み締めるこ
とになりま した。
イオンは本社の半数の社員を「外国人」にすると発表していましたが、
あれはその後どうなっているのでしょうか?

「経団連会長が中国の防空識別圏設定を憂慮 『理解に苦しむ』」
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/131125/biz13112518000009-n1.htm
「トヨタ:中国2社とHV共同開発 15年販売目指す」
http://mainichi.jp/select/news/20131122k0000m020086000c.html

このような人達が、この極東情勢の緊張下、日本を中国にもアメリカにも
売り飛ばしてしまうのではないかと深い懸念を覚えます。

軍の一部の暴走かという推測もあるようですが、下の記事を見ても、
政府として準備を整えた上での行動としか思えません。

「『「日本に手を出すのか』『開戦か』書き込み相次ぐ 在日中国人に登
録呼びかけ
防空識別圏設定と関連か」
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131125/chn13112517330005-n1.htm

敗戦以降、平和主義というワケのわからない呪文のもと、有事を想定する
ことが
永らくタブーになっていたせいなのか、あまりにもお粗末な民間の対応だ
と思います。

下の記事など、氷山の一角なのではないでしょうか?「脅せばなびく」と
向こうは
知っているようです。経団連会長よ、向こうで何を話して来たのか?

「中国当局に飛行計画提出=台湾線など−全日空・日航」
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201311/2013112500801&g=eco

「民間機に影響なし=防空識別圏で中国」
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013112500815&j4

秘密保護法ごときでゴタゴタしていますが、事態はもっと先に進んでいま
すよね。(匿名希望)



 ◎財布届けたホームレス男性、ホテルが感謝のもてなし 米

アトランタ(CNN) 米アトランタでホームレスの男性がごみの中から
財布を見つけ、持ち主の宿泊先を探し出して届ける出来事があった。ホテ
ル側もこの善意に応え、本名を告げずに立ち去った男性を探し当てて豪華
客室でもてなした。

この男性、ジョエル・ハートマンさん(36)は、食べ物を探してごみ容
器をあさっている時に、旅行者の身分証明書とクレジットカードが入った
財布を見つけた。

過去に飲酒や薬物使用などで問題を起こしてきたというハートマンさん。
今度は正しいことをしようと決め、アトランタ市内のホテルを尋ね回って
財布の持ち主が宿泊していたホテルを突き止め、警備員に財布を渡した。

自分の名を告げる必要はないと思い、偽名を使ったという。

財布の持ち主は、会議に出席するためにフランスから訪れていた女性だっ
た。11月7日に財布を盗まれ、アトランタの警察に届け出ていた。

同ホテルのスコット・スタッキー支配人は、「ごみ箱から食べ物を探して
回る生活は本当につらかったに違いない。それなのに他人の財布を見つけ
て正しいことをしてくれた人は、ふさわしい行為で報いたいと思った」と
話す。

そこでこの男性を見つけようと、ホテルの従業員と共に町でホームレスの
人たちに尋ねて回ったという。1週間後、このうわさを聞きつけて、本人
がホテルに名乗り出た。

ホテル側はハートマンさんに大きなサプライズを用意していた。感謝祭の
連休中、豪華客室に宿泊してもらい、ルームサービスに加えて現金500
ドル(約5万円)を贈呈。ハートマンさんはこのもてなしに言葉もなく、
ただ支配人を抱きしめて感謝の言葉を伝えた。

ハーツマンさんは長年交際していた女性が亡くなって3月からホームレス
になった。注意欠陥・多動性障害(ADHD)のために安定した仕事に就
くのが難しく、最近はアトランタ郊外の森で寝泊まりしていたという。ホ
テルを出た後は列車でアラスカに向かうつもりだと話している。
CNN.co.jp 11月25日(月)15時47分配信

 
 
━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)矢張り自分の国の食べ物が良い:前田 正晶

当方は在職中に数え切れないほどのアメリカ人その他の外国人を、我が国
で案内したものだった。同様にあの広いアメリカでも、多くの同胞を今日
は南明日は東と、ご案内していた。

その際に遠来のお客様が最も気にされる最大の問題点が食事だったので、
この点には数々の思い出がある。「異国でその国の最高の部類に入る独特
の食事を続けていても、最後にはファストフードだろうと何だろうと、矢
張り自国の料理に優るものはない」となるのだ。

1988年に他の事業部だったが、副社長兼事業部長率いる販売担当副社長以
下管理職の約30人の団体の一員として、「日本全国の最も管理能力に優れ
た工場を見学して日本に学ぶ」というツアーに参加したことがあった。

この時は行く先々で訪問先のご配慮で最高の歓迎を受け、その地方の名物
的な極めて質の高い日本料理を連日連夜味わえる機会が与えられていた。
勿論、大企業の管理職以上であれば最大級の賛辞を述べて、馴れない日本
食を食べ続けたていた。因みに、この事業部には初来日の者が多かった

その旅の半ば頃に京都市内で一泊となった。ホテルに着く前に確か新京極
辺りで"Shakey’s"の看板が見えた。そこで、それを告げると全員の目が輝
いて「ホテルから近いのか」と叫び声が上がり、「場所を覚えておけ」と
要求された。

ホテルに着くやいなや全員はチェックインもそこそこに、着替えもせずに
「ペッパローニ、ペッパローニ」と唱えて"Shakey’sに向かって当方を先
頭にダッシュした。彼らは「これに優るものなし」と喜色満面でピザパイ
を食べ続けたものだった。

それよりも後で1990年代に入ってからだったが、我が事業部の工場の技術
者と現場の組合員からの選抜された者たちを「自分たちが製造した紙が日
本の現場でどのように印刷・加工され、小売店で販売されているか」を巡
回・視察して勉強するツアーを行ったことがあった。

この団体は上記の副社長以下の管理職ばかりの団体ほどではなかったが、
各地でご馳走にもなった。しかし、自社の経費で日本食を食べ続ける日々
が続いた。尤も、言うまでもないことだが彼らのホテルでの朝食は和食で
はない。それでも1日2食の日本料理はかなり負担だったようだ。

ある日、日程が早く終わって午後3時頃に宿泊先の帝国ホテルに戻ってき
てしまった。そのバスの中から今は無き三信ビルの向かいに"Golden
Triangle"と彼らが呼ぶ"McDonald’s"の看板が見えた。彼らはそれを見逃
さなかった。

矢張り、荷物を部屋に放り込むやいなや、全員が一目散にマックに向かっ
た。引率していた訪日経験豊富な技術サーヴィス・マネージャーは「国に
帰れば毎日でも食べられるものなのに、矢張り彼らは日本食よりもこっち
が向いているのか」と言って苦笑いだった。

しかし、このように自国の食べ物に執着するのはアメリカ人だけに限った
ことはない。やはり、米飯と味噌汁と漬け物で育ってこられた多くの同胞
は和食の提供がないアメリカのホテルでの宿泊が2日も続けば苦痛のよう
であり、アメリカ側の心尽くしの洋食の接待もただひたすら我慢されてい
るようだった。それだけに、シアトルのように比較的日本食の料理店が多
い街では生き返ったような表情で楽しまれる。

そこを承知していた我が社では、ある時に工場にご案内したアメリカの1
日目に、ケータリング・サーヴィスを呼んで野外で寿司の屋台でお楽しみ
頂く夕食会を催して大いに喜ばれたことがあった。「アメリカまで来て野
外で食べた寿司は素晴らしかった」とこの企画は大受けだった。

私は上記のシェーキーズやマクドナルドに殺到したアメリカ人の例からし
ても、「日本人は外国に行っても米食から離れられない」などと自虐的な
ことは言わない方が良いと思う。

私自身のことを申し上げれば、戦時中の何ら食べるものがない時期に育
ち、「欲しがりません勝つまでは」だったので、美味い不味いよりも何で
も食べられるのである。であるから、アメリカでも何処の国でも食べ物で
困ったことはないし、食べてはならないものは現地の駐在員ないしは同胞
の指示に従っている。

主宰者より。NYでは必ず朝食後、胸焼けしていた。あとで分かったが原因
は「卵かけご飯」だった。好きでもないのに、日本食の「北野ホテル」を
定宿にしていたのである。生卵は胸焼けの原因です。

しかし、アメリカのファースト・フォードは肥満するから絶対食べない。




 2)自衛権行使態勢の充実を急ぎたい :宝珠山  昇 
 中国は、沖縄県・尖閣諸島を含む東シナ海に防空識別圏を設定し(引用
1)、極東情勢の緊張を煽っている。
 
欧米は、イラン核縮小で合意、経済制裁を緩和する(引用2)などして、
中東情勢は緩和の方向に進んでいる。

唯一の同盟国である米国が、中東情勢の緩和により生ずるであろう余力
を、極東情勢の緩和により多く注ぐことを期待したい。

みんなの党の渡辺代表が集団的自衛権行使に関する憲法解釈見直しにも理
解を示している(引用3)。

日本版NSCの制定につづき、特定秘密保護法を成立させ、集団的自衛権
行使に関する憲法解釈見直しなどを急ぎ、国際情勢の激変などに備えた
い。(2013年11月26日)


 3)今度は防空識別圏と来た付き合いにくい隣国:前田 正晶

中国の南下作戦は止まらない。先頃は領海作戦で南沙諸島でフィリピン等
と軋轢を生じていたが、これとても南下志向の一端に過ぎないと防衛学会
の高井先生の講演で聴いていた。彼らは第二次海岸線では沖縄までも含め
る計画とも聞いた。

私は中国のやり方は何に就けても「先手必勝作戦」で「言った者勝ち」に
徹していると見ている。その行く手には国際法も何も無く、自国の利益と
いうか国益にするためには、自国にとって最も都合が良いことを先ずぶち
上げるという手法である。そして、既成事実をでっち上げる狙いだと思う。

その昔、プロ野球の二出川審判が「俺がルールブックだ」と言ったという
有名?な挿話があるが、中国は「我が国が言うことがスタンダード」と
言っている。中華思想の表れだろうか。

今回は安倍総理も国会答弁で明確に反論されたし、外務省も駐日中国大使
を呼んで抗議した。中国政府にも抗議されたようだ。しかし、私が気に入
らないことがある。それは、テレビのニュースでは中国の何とか言う報道
官が我が国を悪し様に言っている会見を中国語のままで流し、翻訳はスー
パーインポーズになっていること。

あんなものは口パクにでもして「大要このように反論していますが戯れ言
です」と説明すれば十分である。私が知りたいことは我が国の外交ルート
が中国政府にどのような表現で真っ向から「撤回せよ」と迫ったかだ。あ
れではテレビ局は中国の意を帯したお使い奴ではないか。まさか、あのよ
うな報道をしないと北京から追放されるとの条件でもあるのかと疑ってし
まう。

今回はアメリカのケリー長官も反対の意向を表明されたそうだし、韓国機
の飛行航路も入ってくるので反対するかのようだ。中国が日米韓の三国と
対立してまでも飽くまでも無法を押し通す構えかどうかなど解らない。

また、これが「中国通」と言われる方々が屡々指摘される「国内向けの強
硬姿勢」であるのだったら、内政干渉と言われようと何だろうと、彼等の
誤った姿勢を正せと迫って良いのではないかと思いたくなってしまう。即
ち、ごく普通の国民としては「何時までも彼等の先手必勝作戦に乗せられ
ない手段を講じて欲しい」と思うのだ。




━━━━━━━
身 辺 雑 記 
━━━━━━━

昨夜来の強風で猿江公園は落ち葉の山。お陰で園内の見通しが大分よく
なった。

忘年かシーズンが私にとっては今日26日,神田から始まる。


読者:5276人。

ご投稿、ご感想をお待ちしております。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
-- 
渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/11/26



    よくしゃべる人ほど

    ほんとは淋しがり屋で

    無口な人ほど話したい事があって

    大好きな人ほど困らせて

    愛しい人の前だと素直になれない。

    気持ちと反対の態度をとっちゃうのは

    素の自分を見せることに

    恥ずかしさや怖さがあるから。

    本当はありのままでいたい。

    素直になるのは難しい。



  • 名無しさん2013/11/26

    紅白歌合戦、NHKはわかってない。司会の女性アナウンサーってサラリーマンには無名なんだよな。朝の番組らしいから。

    むしろ、夜九時のニュースの女性アナウンサーのほうがサラリーマンにとってはずっと知名度があるんだよ。



  • 名無しさん2013/11/26

    1972/02/27「米中上海コミュニケ」、1972/09/29「日中共同声明」を改めて読んで観た。現中国指導部は当時の指導部のコミュニケの起草案を熟読したことがあるのだろうか。

      確かに中国はGDPで世界第二の経済大国になった。そして中国は米国財務省債券の外国の第一位保有国である。中国の対日姿勢が「政冷経熱」と分析されて時代もあったがもはやそれは超えた。

      中国の所作に毛沢東主席、周恩来総理の遺産は無いと断じざるを得ない。

      2013/11/23「東シナ海の防空識別圏に関するケリー米国務長官の声明」が自然と思料する。  





      中国の微笑み外交は終わったと思えばいいんじゃないですかね。中国は、領土問題を棚上げにする見返りに、日本から資金や技術をただで手に入れていたが、それらを期待できなくなったので、領土問題を全面に出してきたと受け止めたらどうですかね。



      今までが異常だったので、これから日中の本当外交が始まると思えば良いと思います。



      それにしても惨めなのは韓国ですね。中国と歴史問題で共闘を組もうとしたが、逆に中国の防空識別圏に離於島を含まれてしまって、立場ないですね。







     特定秘密保護法の罰則は軽すぎますね。

    他国なら終身刑とかが当たり前。

    日本も無期懲役くらいにすべきだ。 





     もし愛する者守りたいなら中国人を国外退去にするべき。国家騒動員法というのがあり日本にいる中国人150万人が戦時には兵士となり日本人を殺し始めるだけではなく工作員が国会議事堂、省庁、TV局占拠、日本が無傷でいるのは難しいでしょう。中国人の国外退去を命ずるべきだ。そして中国にいる企業は資本を東南アジアにかえるべき。戦時にはどうせすべて没収されるのだから。 





     いつも思うのですが、「本気で中国の台頭を危険だと思う国」が結束して「脱中国」すべきでは、と思いますね。

     難しいのでしょうが、少しずつ少しずつでしいから、中国と言う「近い将来世界を牛耳ろうとする無法者」と手を切るべきだ。



    あの国を栄えさせることは、世界に仇名す悪を育てるも同じ。

     自分達の都合でしか物を考えず、むかつく奴には核を落とせと喚く国民たち。



     今朝もテレビで、銭湯でマナー違反をした中国人に、日本人が注意をしたら、頬骨が折れるまで殴り続けられたと言う報道があった。

     国民性・民度が違いすぎる。



     中国は、自分たちが情報の統制をされ、時に武力を持って民を虐げる政府である事を知っているのにもかかわらず、中国政府が言うことを信じて「日本は悪だ」と言う。

     僕なら、自分たちを弾圧する政府の言うことなんか信じない。

     政府が都合のいい事を言うのは、裏があるからだと思うし、日本が悪だと言うなら、日本は悪くないのではないかと疑問を抱くだろう。

    まぁ、そうやって信じないと生き辛い世の中になってるから、というのもあるのだろうが。



    ちょっと注意しただけで殴られ、核を落とされてはたまった物じゃない。

     中国に進出した企業は撤退が難しいとされてるが、それでも撤退を勧告すべきではないだろうか。

    そもそも日本は特別に撤退し辛いというのだから、明らかに差別だ。

     有事の際、彼らが人質となり足かせとなるのは目に見えてるのだし、これから進出を考えてる企業に「極力しないように」とレクチャーするくらいはした方がいい。

     彼らを肥え太らせれば、それはミサイルに変換されるのだから。



     毒の食料と、粗悪な品物ばかりを作る国の物資など、頼まれてもいらない。

     国産品をもっと発達させればいい。

     日本は内需だけでも相当な力があるのは分かってるはず。

     何も中国じゃなくとも、日本に友好な外国はたくさんあるしね。









     中国は昔から、何か国内の情勢が不安定になったり、危機感を感じたり、何か隣国との解決を図ろうとするとき、あえて緊張を煽る行動を取ってきた歴史があるそうですね。



    ウイグルのラビア・カーディル総裁が「中国は国内の敵をウイグルに、国外の敵を日本に設定して緊張を煽って来るだろう」と発言していた。

    これは、中国が防空識別圏を設定する三日前の事です。

     全くその通りになった。



     共産党の統治が不安定になり、敵を他に設定しなければやっていけなくなっている。

    そんな敵国に多くの日本人が居る事が怖すぎる。

     不測の事態を考えるべきではないだろうか。



    いつまでも敵を作って治める方法など、もう通じる世の中ではない事を共産党という名の利権主義者どもは分かっていない。

    いや、分かっていてやってるのだろう。

     1円でも金を儲ける為に。

     (位の高い人の家族は国外に逃げたり、資産を海外に移したりしてますからね・・・)



    そうなると「ただの奴隷」とも言える中国国民の不満だけ反らしてやればいいわけだ。

     日本はいつまでも敵国として損な役割ばかり。



     中国の政府。

     韓国の民族。

    どちらとも付き合う事はない。



     中国韓国と付き合いを無くすのは難しいのは分かるが、1ミリずつでもいいから関係を薄くしていくべきだ。

    これらの民族と未来永劫、仲良くなれるわけがないのだから・・・

     いずれ水や土地を狙って、必ずやってくる。

     準備すべき物は準備しておかねば。









     中国は完全に敵性国家ですから、在日中国人への生活保護など不要。早々に検討を。そしてスパイ防止法も早期に成立させ、百害あって一利なしの在日韓国籍・朝鮮籍コリアンと売国左翼を国外追放して。

    日本がこんなに治安が悪くなったのは彼らのせいです。 



  • 名無しさん2013/11/26

    東京新聞】特定秘密保護法案の適正評価 「家族の国籍 なぜ調査?」と在日韓国人二世の女性  

    http://bakankokunews.blog.fc2.com/blog-entry-742.html

  • 名無しさん2013/11/26



    在日コリアンの70%がなんらの形で関わるパチンコ屋を潰す事が我が国にとって必要

    >死んだハト、血まみれのティッシュ……習志野パチンコ店建設強行問題で、反対住民に相次ぐ嫌がらせ被害



      

    なにを食わされるかわからんコリアに観光に行くヤツの気が知れん

    >「ぼったくり大国・韓国」タクシー2キロで3万円、

    「観光警察」で封じ込め図る当局…日本人去り中国人に襲いかかる「法外料金」の実態

  • 名無しさん2013/11/26

    嫌韓ムードはどこへ? なぜか減らない韓国への修学旅行  http://uyosoku.com/archives/34403911.html

  • 名無しさん2013/11/26

    DOCOMOがギャラクシーを売る場合は

    「こちらが韓国サンソン電子のギャラクシーでございます。こちらをお買い上げいただくとその利益の一部が韓国のロビー活動費と慰安婦像作製費に回ります」とちゃんと説明しなきゃいけないぞ





    韓国の浮石寺で作成されたから対馬観音寺から盗まれた仏像は韓国のものだと韓国は主張している。そのうち日本にあるギャラクシーは全て韓国のものだと主張するんだろう。



      

    台湾は、チャイナの「核心的利益」とうそぶく割りに、台湾がチャイナの防空識別圏に入っていない  

    ★これは台湾はチャイナの主権外と認めていることでは?

  • 名無しさん2013/11/26

    はっきりしていることは、中国共産党がある限り、中国の経済自由化も、基本的権利の尊重も、少数民族の自治も、何もない。 ただひたすら、中国国民は共産党に搾取され、少数民族は民族浄化されるだけ。 そういう事です。