政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針3134号  2013・11・22(金)

2013/11/22

□■■□──────────────────────────□■■□  
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 3134号
□■■□━━━───────────────────────□■■□

       
        2013(平成25)年11月22日(金)



            秘密法案修正はまるで「朝三暮四」:杉浦正章

                    日本語へのモニターも強化:宮崎正弘

                伊勢雅臣氏の「韓国論」を読む:平井修一

                    人工関節手術で歩ける喜び:小池達也

                          冬はおでん風土記:渡部亮次郎

                    話 の 福 袋     
                                反     響
                    身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第3134 号
                             発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             

 
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




━━━━━━━━━━━━━━━━
秘密法案修正はまるで「朝三暮四」
━━━━━━━━━━━━━━━━


          杉浦 正章

敗色濃い極左と朝日の反対論

「朝三暮四」という言葉が荘子にある。中国、宋の狙公(そこう)が、飼っ
ている猿にトチの実を与えるのに、「朝に三つ、暮れに四つやる」と言う
と猿が「少ない」と怒った。このため、「朝に四つ、暮れに三つやる」と
言うと、猿がたいそう喜んだという説話だ。


これとそっくりなのが特定秘密保護法案をめぐる与野党の修正協議の合意
だ。まず秘密の指定期間について維新の会は当初、「30年以上は認めら
れない」とのスタンスだったが、与党が「最長60年」案を示すと、交渉
担当の藤井孝男が「だいぶ詰まってきている」と応じた。

「朝の餌」の「30年の主張」を「60年」に引き延ばされて「詰まって き
た」は誰が見ても滑稽話の類いだ。「絶対反対」を主張し野党などをけ
しかけている朝日新聞が社説で「まるで与党側の焼け太り」とかんかんに
なって怒るのも無理はない。

もう一つある。みんなとの協議で合意した「首相=第三者機関」論だ。誰
が見ても第三者機関は民間人などで構成するものであろうが、合意では首
相が「第三者機関的観点からの客観性を担保する」のだそうだ。

これでは民主党幹部が「泥棒に札勘定させるのと同じ」と憤慨するわけ
だ。まさに維新とみんなは賛成の理由を作るための交渉を続けていたこと
になる。

滑稽話はまだ続く。維新が主張した特定秘密にかかわる省庁を限定 する
という主張に、与党側は「5年間秘密を指定しなければ省庁の指定権 限
をなくす」という修正案を提示、維新はのんだ。

しかしこれは逆効果だ。指定権限をなくされてはたまらないとほぼ確定的
に該当省庁は特定秘密を「作る」からだ。行政機関に不必要な秘密指定を
促すおそれすらある。

最大の焦点であった検証機関の設置問題では民主党など野党側は、特定秘
密の事前チェックを主張している。しかし与党側の回答は「秘密法案の付
則で、独立した公正な立場で検証、観察できる新たな機関を検討する」で
あった。付則には設置の時期やその機能についての言及はない。

政界では「前向きに検討する」は何もやらないことと等しいと言われてい
るがその「前向き」すらもないのでは、単なる努力規定に過ぎない。

こうした付則などはほとんどが野党のメンツを立てるためのもので、まず
実現はしない。検証機関という第三者機関の設置拒否は、まさに法案が換
骨奪胎されるかどうかのコアの部分である。これに応ずれば秘密が秘密で
なくなる恐れがあり、内閣の存在すら無意味になってしまう。

与党が応じないのは当然である。また秘密を漏洩した公務員への罰則を
10年にする点も譲歩していない。極左が主張する問題の核心部分は全く
変わっていないといってよい。

要するに修正協議は全く与党ペースで進んでいるのだ。朝日がみんなと維
新を批判して「補完勢力どころか翼賛野党」と決めつけているのも、自ら
の主張が敗色濃いことの裏返しであろう。

なぜこのような圧倒的な与党ペースが展開されるかと言えば、安倍政権の
志向する「積極平和主義」への支持が国民の意識の根底にあるからだ。日
米安保関係を強化し、周辺諸国の軍事攻勢をけん制するというやむにやま
れぬ事情を国民が理解し、その結果が総選挙と参院選挙の自民党圧勝と
なって現れたのだ。

自民党が公明党と共に巨大与党勢力となり、野党が「脳しんとう」を起こ
して、その後遺症が続いているからでもある。民主党は左傾化して何でも
反対党化している。

真っ向から法案に反対しているのは、共産、社民の極左2党と朝日であ
り、日本の政治はこれら左翼勢力の反対を押し切って戦後の繁栄を成し遂
げてきたのである。今回も国の繁栄の瀬戸際を決める判断が要求されてい
るのだ。

全く忘れられているのは中国が尖閣問題で領海侵犯を繰り返し、北朝鮮が
核ミサイルでどう喝し続ける極東情勢の激変なのである。特定秘密保護法
案は、中国や北朝鮮が行っている機密漏洩は即死刑という国内抑圧型の秘
密保護には到底及ばないレベルの制度を導入するだけの話である。

米欧民主主義諸国が通常のこととして行っている国家安全保障会議
(NSC)を補完する秘密の保護なのである。

冒頭からるる述べてきた中間政党の苦肉の策の修正妥協も、こうした極東
情勢を必然的に反映しているのだ。みんなも維新も政治の方向としては妥
協しかないと思っているのだが、一部世論の攻勢に言い訳を作る必要があ
るのだ。これが「朝三暮四」的な妥協を余儀なくされているのだ。

来週26日にも与党側は衆院を通過させる構えである。民主党の主張は、
根底に法案の廃案か継続審議への思惑に満ちあふれている。これにとらわ
れていたら成立が危うい事態となりかねない。参院での審議約2週間を確
保して来月6日の臨時国会閉幕に間に合わせるべきであろう。

      (政治評論家)<2013年11月22日>



━━━━━━━━━━━━
日本語へのモニターも強化
━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成25(2013)年11月22日(金曜日)
      通巻第4070号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国サイバー・スパイ当局、システムの高度化を目指して
  少数民族言語ばかりかアラビア語、日本語へのモニターも強化
*********************************

サウスチャイナ・モーニングポスト(11月21日)は、中国政府がサイ
バー・スパイを少数民族言語対策のため、更に高度化する方針と報じた。

とりわけチベット語、ウィグル語がまったく分からない漢族が新彊ウィグ
ル自治区、チベット自治区の党書記、各都市の党書記、市長などに赴任し
ているため、情報の齟齬、遅延がつねに問題とされた。

サイバー・スパイを管轄する国家公安、軍情報部などは少数民族での通
信、会話を膨張しているが、もっと即応態勢をとるために組織編成を替
え、もっと高度なシステムを構築する。

とくに治安が乱れ、暴動が頻発するウィグルとチベットの言語を音声から
でも機械が通訳するという、より高度なコンピュータ・システムの開発を
急いでおり、将来的にはアラビア語、日本語の防諜にも使用する構えだと
いう。
  
(サイト情報)下記に「米中・経済安全保障に関する年次報告書」があります。
http://www.uscc.gov/Annual_Reports/2013-annual-report-congress

 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)第3回アジアの民主化を促進する東京集会「中国の暴虐に
どう対応するか」の御案内です。

 天安門前車輌炎上、山西省共産党本部前爆発。侵略支配下に永年苦吟す
る非漢民族。空気を吸うことすら有害な状態の環境破壊。広がる格差と絶
望する貧困層。拝金主義に浸り利権をむさぼる党特権階層。

 こうした中国の共産党独裁政権は、崩壊の危機に瀕する中、民主化や民
族自決権の承認による事態の解決ではなく、残酷な強権政治、非漢民族の
弾圧、他国への覇権主義を強めることで、ますます世界にとって危険な存
在となっています。

私たちは、今年3回目となる「アジアの民主化を促進する東京集会」で、
中国の暴虐に抗し独裁政権の崩壊と民主化を目指して、識者及び諸民族代
表が相集い、訴えます。
              アジア民主化促進会議 代表 加瀬英明

               記

日時  12月2日(月) 午後6時30分(開場 午後6時15分)
会場  新宿区立牛込箪笥(うしごめたんす)区民ホール
     新宿区箪笥町15番地(都営大江戸線「牛込神楽坂駅」A1出
     口徒歩0分
東京メトロ東西線「神楽坂駅」2番出口徒歩10分)
http://www.shinjuku.hall-info.jp/pc/pdf/ushigometansu_map.pdf

内容  第1部「崩壊に向かう中国」
基調講演 宮崎正弘(評論家)
提言 加瀬英明(外交評論家)、黄文雄(評論家)
第2部「暴虐の中国等に抗する諸民族」
南モンゴル ウイグル ベトナム 北朝鮮 ミャンマー チベット
参加費 1,000円
事務局 03-5840-6460  Fax 03-5840-7454
  E-mail  info@asiandemocracy.jp
      どなたでもご関心おありの方は自由にご参加下さい。



  ♪
(読者の声2)『正論』12月号の貴論を興味深く拝読しました。でも、大
部分の日本国民は、能天気な平和主義者なので、日本の核武装も、ハッ
カー特殊部隊の創設拡充も、ノー天気の日本人からは支持されないように
思います。

誰がアメリカで政権を持つことになっても、日本はアメリカ依存のまま
で、お金がなくて第7艦隊が維持できないと言われれば、日本がもっと
もっと経費を負担させられるだけではないでしょうか。
 
なんだか情けない話ですが、正論の貴論を読みながら、同じ誌上で炎上し
ている「安倍首相が靖国参拝をしなかった話」なども、話題にさえならな
い、あるいは、話題にする人たちをバカにしている国民の層が、圧倒的に
大きいのではないかと、私は思いました。

日本の中に、はっきりと亀裂が走っているような気がします。

興味の違いのあまりの大きさに、宮崎さんや、その周りの人々、そして私
もが望んでいるような形での日本修復、日本回復は、ちょっと不可能かと
いうのが、私の意見。絶望的ですが・・。

いずれにしても世界がこれだけきな臭くて、これだけ不正が多いのに、一
貫して平和を唱えていられる人たちは或る意味、大したものです。

武器に対して「言葉で戦う」なんて、どうやれば成功するのか、やって見
せてほしいものです。(EM子)



  ♪
(読者の声3)貴誌前号投稿の「PB様」に賛成です。ヘーゲルは「存在す
るものには意義がある」と述べたそうですが、韓国の徹底した反日ぶりに
ようやく事態が見えてきた感じです。

朴娘大統領の乱心という見方は間違いでしょう。確信犯です。

これは日本人の思い込みが間違っているという事になります。韓国は「自
由と民主主義を共通とする友好国」ではありません。地政学の基本原則は
「隣国は敵である」と規定していますが、古来の敵対関係に戻ったのです。

元寇も兵隊の8割は朝鮮兵だったといいます。したがって日本と朝鮮の関
係が正常化したのです。

これは日本が気付かない間に韓国の変化が起きていたのです。
それは南北の接近です。北は核武装国家です。南は何をしようと軍事力で
は完全に負けます。事大主義の朝鮮人が北朝鮮になびいても不思議ではあ
りません。韓国の教育界は今や日教組以上に左翼的で北朝鮮寄りといいます。

つぎは中共です。

中共は北朝鮮の核ミサイルの危険性に気付きました。そこで北に対する圧
力を高めているので、南が中に入って中共に胡麻をすっている図のように
見えます。その忠誠ぶりの証明が排日反日なのではないでしょうか。

日本については、大陸国家群は対日工作を完了し収穫(征服)に入ろうと
しているのではないでしょうか。政界、官界、司法、文化、出版、マスコ
ミ、教育界など日本人は知りませんが親朝鮮勢力に実質支配されています。

日本政府の統治は入国管理も出来ないほど劣化しています。喩えは汚いの
ですが公衆便所同然です。

こうした状況で日米関係を切れば、日本は熟柿のように大陸国家群の手に
落ちます。ロシアも黙っておらず日本分割に参加するでしょう。空母型の
大型揚陸強襲艦を二隻も北方海域に配備し始めました。

頼みの綱の米国はアジアから撤収します。こうした状況で危機を知らされ
ていないのは日本国民だけです。

南北朝鮮を馬鹿にしたり軽視すること自体,日本人を最後まで油断させて
おくという敵の工作にはまっています。

安倍首相は国民の危機感をもっと高め,解決の方向(国防軍、徴兵制度)
を示さなければなりません。戦後はとうに終わっているのです。
   (東海子)



  ♪
(読者の声4)経団連が北京へ大挙訪問して、えらいひとは誰にも会えず、
冷たくあしらわれたと産経(電子版、21日)にでています。こうまでなめら
れるのに、なぜ経団連は北京もうでを繰り返すんでしょうね。結果的な売
国行為ではありませんか。 (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)いえ、王洋が出てきました。脈はおおいにありま
す。王洋は現在の序列は9位ですが、実質はナンバー4です。政治局常務
委員のうち習近平、李克強は不動にしても3位から7位までは形骸的な政
治家ばかり。

張徳江、愈正声、劉雲山、張高麗は上海派で、江沢民が送り込んだだけ
の、これと言ったリーダーシップを感じさせない無能にみえる政治家。辣
腕家といわれる王岐山は経済専門ですが、反腐敗キャンペーンに廻されて
おり、となると事実上のナンバー3は、政治局の序列8位の李源潮(国家副
主席)。

そしてナンバー4が王洋(副首相。序列は9位だが)となります。

また広州では胡春華が出てきました。団派、次代のホープです。5年後に
はトップテンに必ず入る男です。中国は経団連を冷遇しているのではな
く、それなりに適応していますよ。



  ♪
(読者の声5)貴書『取り戻せ!日本の正気』(並木書房)は、ともかく面白
い内容なので、一気に読みました。これだけ内容の詰まったものを、スラ
スラ読ませる文章力はすごいと感心しました。
あまりに読みやすいため、つい中身の重さに思いが至らないうらみがあり
ますね。随所に宮崎さんの三島由紀夫への思いが感じられました。多謝。
     (MN生、元香港特派員)



  ♪
(読者の声6) 12月1日にも「中国の民族問題 ―モンゴルとウイグルから
考える」があります。講師は楊海英氏です。

12月1日(日) 14時開場 TKP東京駅前会議室です。

この10月、天安門で車両が突入した事件を、中国政府はウイグル人テロ組
織によるものと充分な証拠もなく断定、ウイグル人をはじめとする各民族
への弾圧を強化する模様です。そして南モンゴル(内モンゴル自治区)
も、かって60年代に大虐殺が行われ、しかも漢族の大量移住によって完
全に侵略された悲劇の歴史をたどりました。

今回はモンゴルにおける虐殺の歴史を原資料に基づき客観的に提示した楊
海英先生をお招きし、中国現代史がいかに 民族虐殺が行われてきたか、
そして民族問題解決のためには何をなすべきかを考える講演会を開催します。
        記
とき  平成25年12月1日(日曜日)14時半開会
(14:30〜17:00)
ところ TKP東京駅前会議室東京都中央区日本橋3-5-13三義ビル2F
(東京八重洲口徒歩5分)
参加費 1000円・学生(留学生)無料
 主催  南モンゴル文化促進会 http://smcpajp.org
協賛団体:アジア自由民主連帯協議会 http://freeasia2011.org

講師略歴: 楊海英(ようかいえい)先生 プロフィール:1964年、内モ
ンゴル自治区オルドス生まれ。北京第二外国語学院大学日本語学科卒業。
1989年来日。国立民族博物館・総合研究大学院大学博士課程修了。博士
(文学)。現在静岡大学教授。

主な著作に 「モンゴル草原の文人たち』(平凡社、2005年)、『モ
ンゴルとイスラーム的中国ー民族形成をたどる歴史人類学紀行』(風響
社、2007年)、そして『墓標なき草原ー内モンゴルにおける文化大革命・
虐殺の記録』(上下、岩波書店、2009年)で14回司馬遼太郎賞を受賞。ま
た、中国のモンゴル人ジェノサイドに関連する資料集を編纂中。
お問い合わせ Email:tulga2006@hotmail.com
TEL:090-6237-2104



━━━━━━━━━━━━━━
伊勢雅臣氏の「韓国論」を読む
━━━━━━━━━━━━━━


        平井 修一

もう10年も前だがブログ「国際派日本人養成講座」の伊勢雅臣氏が「抗日
史観を国家の背骨にせざるをえない韓国の“お家の事情”」を書いている。

伊勢氏は昭和28年東京生まれで現在は60歳。理工系で東京工業大学卒、製
造業に勤務し、大学の非常勤講師、社団法人国民文化研究会(注1)
理事 も務めた。

現在の国民文化研究会の常務理事の一人に伊佐裕氏(伊佐ホームズ社長)
がおり、小生の横浜市立大学時代の友人から「伊佐君とは福岡の修猷館高
校で同期だ」と聞いていたから、もしかしたら伊勢氏は小生の友達の友達
の友達なのかもしれない。

それはさておき、表題の論文は韓国を理解する上ですこぶる参考になる。
ポイントを転載する――

1992年の中韓国交樹立時、朝鮮戦争で中国人民解放軍が朝鮮半島を蹂躙し
たことに対して、中国政府が謝罪をするという情報が韓国外務省筋から流
され、韓国マスコミが大騒ぎをした。

しかし駐韓中国大使・張庭延はテレビで「そんなことはあるはずがない
し、これからも絶対に遺憾の意を表明する必要はない」と一喝し、それ以
来、韓国マスコミは、謝罪に関して一切報道しなくなった。

朝鮮戦争は韓国軍約42万人、民間人106万余人が命を失い、1千万人の離散
家族が生じたという韓国近代の最大の悲劇である。

日本政府に対しては、韓国の政権が変わるたびに居丈高に朝鮮統治に対し
て謝罪要求をする一方、中国に対してのこの及び腰は一体なんなのだろ
う。この明白な二重基準の根底に潜むのが韓国の特異な歴史観である。

この点を知らずに「日本が心から謝らないから、いつまでも許してくれな
いのだ」などと考えているようでは、日韓のすれ違いがこれから先も続く
だけである。

韓国の特異な歴史観というのは、その建国の事情にからんでいる。韓国の
国定教科書「中学国史・下」では次のように書く。

<われわれが光復(独立)を迎えることができたのは、連合軍の勝利がも
たらしてくれた結果でもあるが、この間、わが民族が日帝に抵抗してねば
り強く展開してきた独立運動の結実でもあるということができる>

確かに大東亜戦争勃発当時に上海にあった「大韓臨時政府」は、日本に対
して宣戦布告をしたがそれきりで、内部抗争を続けるのみであった。

そのために「大韓臨時政府」はアメリカにも中国にも承認されていなかっ
た。せめてドイツ占領下のフランスでのレジスタンスのようにゲリラ戦で
も行っていれば、連合国の一員と認められる可能性はあったろうが、それ
すらもなかった。

終戦時、朝鮮独立派のリーダーの一人・金九は重慶で祖国上陸を夢見て韓
国光復軍を編成し、訓練を積んでいたが、日本降伏の報に接して、天を仰
いで長嘆息し、次のように言ったと伝えられている。

「韓国軍は日本軍を打ち破ることは一度もなかった。わたしは、日本軍を
撃滅してわが同胞を解放したかった」

それでは韓国の「光復」はいかにもたらされたのか? 昭和20年8月15日
に終戦を迎えると、朝鮮総督府の遠藤柳作・政務総監は朝鮮語新聞「中央
日報」社長・呂運享と会い、一切の統治機構を韓国人の自治組織に引き渡
すことを申し出た。

呂運享は、その日の夕方、自らを委員長とする「朝鮮建国準備委員会」を
組織して、総督府から治安維持の権限を引き取り、放送局や新聞社などの
言論機関を引き継いだ。建物という建物には、民族の旗「太極旗」が翻った。

しかし連合軍は8月16日に総督府に機密命令を発し、しばらく朝鮮統治を
続け、統治機構を保全したまま連合軍に引き渡すように命令した。18日、
総督府はやむなく行政権を取り戻した。太極旗が下ろされ、ふたたび日章
旗が掲げられた。

朝鮮側は激怒したが、なすすべはなかった。呂運享は半島全土に「朝鮮建
国準備委員会」の支部を作らせ、ソウルに1千名余りの代議員を集めて
「朝鮮人民共和国」の樹立を宣言したが、米ソ両国はこれを無視した。

9月8日、米軍が仁川に上陸すると「朝鮮人民共和国」の代表が迎えたが、
まったく相手にされず、逆に500人ほどの朝鮮人が太極旗を掲げ、花束を
もって米軍に近寄ろうとしたら、米軍が勘違いして発砲し、多数の重軽傷
者が出る有様だった。

9月9日、アメリカ側は沖縄第24軍団ホッジ中将、第57機動部隊司令長官キ
ンケード大将、日本側は朝鮮総督・阿部信行大将、朝鮮軍管区司令官・上
月良夫中将との間で、休戦協定が結ばれたが、朝鮮側はまったく蚊帳の外
に置かれていた。

なぜ米国はこれほど徹底して朝鮮独立勢力を無視したのか? 一つは韓民
族としてまとまって国家を運営していく準備があるのか、という疑問が
あった。現実に「光復」後も朝鮮独立のリーダー達は内部抗争に明け暮
れ、呂運享も、その政敵だった宋鎮禹も、そして「暗殺の神様」と言われ
た金九自身も、政争の中で暗殺されている。

もう一つは、韓民族が戦争中に見せた、日本と一体となって戦い抜く姿勢
である。その筆頭は日本の陸軍士官学校を出て、めざましい働きをした軍
人たちである。まず陸軍中将まで栄進した洪思翊。日本人部隊を率いて抜
群の勲功を立て、軍人として最高の名誉の金鵄勲章を授与された金錫源・
陸軍大佐。戦後、大統領となった朴正熙は、陸軍士官学校を出て、終戦時
は満洲国軍中尉だった。

こうした人々の活躍に刺激されて、昭和18年には6千3百人の志願兵募集に
対して、実に30万人以上の青年が応募し、倍率は48倍にも達した。血書に
よる嘆願も数百人にのぼり、希望が入れられずに自殺までした青年も現れ
て、総督府を困惑させた。大東亜戦争に軍人・軍属として出征した朝鮮青
年は合計24万人にのぼり、そのうち2万1千余人が戦死して靖国神社に祀ら
れている。

一命を捧げた人々の中には朝鮮出身者でありながら特攻戦死した金尚弼ら
14人、戦後に日本軍人らと共にインドネシア独立軍に身を投じた梁七星、
報復裁判で戦争犯罪人として処刑された軍人、軍属147名などがいる。こ
れらの人々はまさに日本の軍人と同じ悲劇を共に歩んだのである。

「(日帝は)戦争協力のため韓国の人的・物的資源の収奪に狂奔した」と
韓国の高校国史は書くが、目立った反乱もテロもゲリラ活動もストライキ
もなく、これだけの戦意の高揚を見せつけられれば、それをすべて日本軍
国主義の強制によるものと見なすのは事実として難しい。

アメリカから見ても、韓民族は日本と一体となって戦争に邁進していると
見えたはずである。そういう民族を分離独立させたからと言って、すぐに
連合国の都合の良いように振る舞うはずがない、と考えるのは、ごく自然
だろう。ルーズベルトが2、30年の信託統治を考えたのも十分理解できる。

1945年12月、米英ソ3国はモスクワで外相会議を開き、朝鮮の独立は当面
認めず、5年間の信託統治を行うことに決めた。当然、人民の多くはこれ
に反撥したが、北ではソ連がかつぎだした金日成ら共産主義者がソ連の思
惑に従って信託統治案に賛成した。

米ソは独立政府樹立を担うべき団体の選定で対立し、米国は1947年にこの
問題を国連に持ち込んで、国連監視下で南北同時選挙を行い、独立政府を
樹立することとした。しかし、ソ連は国連監視団の北朝鮮入りを認めず、
南朝鮮だけの選挙となって、1948年8月15日に大韓民国が設立された。こ
れに対抗して北では9月9日に「朝鮮民主主義人民共和国」が樹立された。

結局、韓国が独立できたのは、アメリカが戦争に勝って日本の統治を覆
し、3年間の軍政のあとで、ソ連に対抗して国連監視下で選挙を行わせた
という経緯による。「光復」はアメリカから与えられたものであって「わ
が民族が日帝に抵抗してねばり強く展開してきた独立運動の結実」と言う
にたる歴史事実は見あたらない。

韓国独立の経緯はインドやインドネシアとはいかにも対照的である。

インドもインドネシアも(日本の協力もありそれぞれ英、蘭という白人宗
主国から)自ら独立を勝ち取ったという厳然たる歴史事実があり、それを
そのまま歴史教育で教えれば、子供たちは祖国に誇りと愛着を抱ける。こ
とさらにかつての宗主国の悪行を針小棒大に教えたり、繰り返し謝罪を求
める必要はない。

独立国としての自覚を持つには、一種の「反抗期」が必要であり、インド
もインドネシアも十分な反抗期をもったからこそ、現在はイギリス、オラ
ンダと大人のつきあいができる。

それに対して韓国の場合には「独立はアメリカから一旦は取り上げられ、
数年後に与えられた」では国家の体面として身も蓋もない。だからこそ日
帝時代がどれほどひどかったか、それに対して韓民族がいかに英雄的に
戦ったかを強調し、そしてそれを裏付けるために事ある毎に日本政府から
の謝罪を引き出して、国民に示す必要があるのである。いわば「抗日」を
国家の「背骨」にしているのである(注2)。

韓国の対日謝罪要求と反日歴史教育は、このような「お家の事情」による
ものであり、歴史事実とは相当に距離のある政治的虚構が多分に含まれて
いる。韓国がどのような「国定史観」を持とうと勝手だが、歴史事実に基
づかない独断的な史観をわが国が受け入れなければならない理由はない。
そのような事をしたら、かえって学問の自由を否定し、正確な歴史事実に
基づくべき歴史学の健全な発展を阻害することになる、云々。

・・・
注1)現在は「公益社団法人国民文化研究会」。定款には「この法人は、
日本の長い歴史の中に蓄積された祖先の足跡を学び、国民各層への伝統文
化の普及に努めるとともに、国内外で活躍する有為な青年の健全な育成を
推進し、もって文化の振興並びに豊かな人間性の涵養に寄与することを目
的とする」とある。

伊勢氏は「戦前は東条内閣の言論・経済統制に反対し、戦後は日教組の偏
向教育に反対してきた気骨ある団体」と書いている。

注2)「抗日」を国家の「背骨」にしているのは中共も同様で、彼らが皇
軍を破ったというのは暴虐な政権に正当性を与えるためのプロパガンダ、
大嘘である。

蒋介石秘録にはこうある。

<公式に残る戦史では中国軍と日本軍の戦闘は、小戦闘3万8931、重要戦
闘1117、大会戦22の計4万7000回に及ぶが、第八路軍(共産軍)が戦闘に
参加したのは平型関(1937年9月、1個師団)と山西南部遊撃戦(1938年
春、2個師団)のたった2回にすぎない。このことは、連合軍参謀長ウェデ
マイヤーの報告によって確認されている通りである。

毛沢東の思想を吹き込まれた第八路軍が、まともに抗日戦を戦うはずがな
い。彼らは兵力の損耗をおそれて日本軍とは正面から戦わず、政府軍(国
民党軍)の力で勝ちとった戦果を横取りし、あたかも彼らが勝ったかのよ
うに宣伝することのみ力をそそいだ>(2013/11/19)



━━━━━━━━━━━━
人工関節手術で歩ける喜び
━━━━━━━━━━━━


       小池 達也

整形外科の分野ですばらしい発展を遂げていると考えられているのは、人
工関節分野です。現在では、肩・肘・股・膝・足関節に人工関節手術が施
されますし、手や足の指関節にも応用が始まっています。

特に、股関節と膝関節に関しては膨大な数の手術が毎年日本中で行われて
います。成績も安定しており、それほど高度な手術でもなくなりつつあり
ます。

しかし、本当に人工関節は進歩したのでしょうか。

1962年にチャンレイという先生が人工股関節手術を初めて実施されまし
た。 今から振り返ってみても、良く考え抜かれたデザイン・材質・手術
方法でした。やっぱりパイオニアと呼ばれる人たちには何か光るものがあ
ります。

このチャンレイ型人工股関節は長期成績も良く、スタンダードとなりまし
たが、もちろん完璧ではないので、チャンレイ自身を含め様々な改良が加
えられました。

ところが、それらの改良、良かれと思ったデザインや材質の変更は逆に長
期成績を悪化させました。

そうすると、また改良が加えられ、猫の目のようにくるくるとデザインや
果てはコンセプトまで変わっていきました。最近ようやく、コンセプトも
成熟し成績も安定してきました。しかし、改良が加えられ続けていた時代
に人工股関節手術を受けてしまった人は恩恵を受けることが出来なかった
わけです。

最先端のものが最良とは限らない好例ではないでしょうか。これは人工関
節の性格上、結果がすぐに出ないことが一番の理由です。この危険性は今
後も出てくる可能性はあります。

では、人工関節手術などすべきではないのでしょうか。

そうではありません。歩くことさえ大変な方が、人工関節手術を受けて痛
みなく歩けるようになった時の喜びは、本人でない我々でさえ感じること
の出来る大きなものです。

「人生が変わった」・「旅行に行けるようになった」・「歩くのって楽し
い」など、多くの喜びの声を聴かせていただける、医者にとっては実にや
りがいのある手術です。これを永続する喜びに変えるために、いくつかの
合併症を克服してゆくのが、我々の今後の使命でしょう。

人工関節の合併症で厄介なのは感染とゆるみです。ゆるみの方は、多くの
研究により克服されつつありますが、異物を体の中へ入れる手術であるこ
とから、感染の危険性はなかなか解決されそうにはありません。

また、スポーツも可能になるような丈夫な人工関節もまだ存在しません。
真の人工関節出現はもう少し先になりそうです。
 
ところで、最近ではナビゲーションといって、コンピュータが人工関節を
入れる方向を指示するシステムやロボットが人工関節を入れる方法も実用
化されています。

あなたは、ロボットと人とどちらに手術して欲しいですか?

       (大阪市立大学大学院医学研究科リウマチ外科学)




━━━━━━━━
冬はおでん風土記
━━━━━━━━


    
  渡部 亮次郎

大人になって上京して初めて食べたものは数々ある。おでんもその1つ。
吉祥寺北口駅前の具が爾来、好きになって、今の下町のには馴染めない。
時々は1時間もかけて吉祥寺へ行く。

それにしても東京でおでんを肴にして呑んだのは専ら日本酒だったせいい
か、焼酎党の今でも、おでんの時は日本酒が欲しくなる。郷里秋田の冬は
鍋の町だからおでんは無かった。今はどうだろう。

おでんは元来は日本でだけ食べられていたが、併合時代に台湾や朝鮮半島
などにも広まり、現地では今でも日本語の「おでん」の名称で親しまれて
いるそうだ。

台湾語では「?輪」と書いて「オレン」と発音する(台湾語には濁音のダ
がなく、ラと訛った)。なお、現在の台湾のコンビニエンスストアや屋台
などでは、大阪風の「關東煮」という表記で広く売られている(台湾のセ
ブンイレブンでは「関東煮」と日本の新字で表記)。

韓国では練り物そのものを一般にオデンといい、醤油ベースの出汁で煮込
んだり(日本のように他の具が入ることはまずない)、辛子味噌で炒めた
りする。

上海の日系コンビニエンスストアなどでもおでんが売られているが、日本
のコンビニおでんと異なり、串に刺し、使い捨てのコップに入れて売ると
いう違いがある。

上海では「熬点」と書いて発音するが、語源は日本語の「おでん」で、煮
込んだスナックというような字義をかけてある。

タイの日系コンビニエンスストアでもおでんが人気となっており、ほぼ日
本と変わらないスタイルで供され、好評を博している。

おでんは室町時代(1392-1573年)に出現した味噌田楽、田楽と言われる食
物が原型である。

古く田楽と呼ばれた料理には、具を串刺しにして焼いた「焼き田楽」のほ
か、具を茹でた煮込み田楽があった。

のち、煮込み田楽が女房言葉で田楽の「でん」に接頭語「お」を付けた
「おでん」と呼ばれるようになり、単に田楽といえば焼き田楽を指すよう
になった。

その後、江戸時代に濃口醤油が発明され、江戸では醤油味の濃い出汁で煮
た「おでん」が作られるようになり、それが関西に伝わり「関東炊き」、
「関東煮(「かんとだき」と発音される)」と呼ばれるようになった。

関西では昆布や鯨、牛すじなどで出汁をとったり、薄口醤油を用いたりと
独自に工夫され変化していった。NHK大阪放送局の食堂にはおでんが年が
ら年中置いてあったが、白っぽいのが気持悪かった。

おでんは明治時代、関東では廃れていくが、関東大震災(1923年)の時、
関西から救援に来た人たちの炊き出しで「関東煮」が振る舞われたことか
ら東京でもおでんが復活することになる。

しかし本来の江戸の味は既に失われていたために、味付けは関西風のもの
が主流となった。現在東京で老舗とされる店の多くが薄味であるのはこの
ような理由によるものである。地震の被害の最も大きかった下町が関西風
なのはこのためだろう。

もともとの「関東炊き」(濃い醤油味)は、老舗の味として関西で残って
いることもあるし、東京でも一度は消えたが江戸の味はこうだったらし
い、ということで作っている店はある。


日本では麺類のつゆに代表されるように、一般的に関東では濃い味付け、
関西では薄い味付けが好まれるとされているが、おでんに関しては別で、
上記のような複雑な発展の経緯があったために関東では薄味、関西では濃
い味が伝統的とされる。

ただし、現在の東京やその近郊のおでん屋の味は、関東人好みの濃い味の
ほうが優勢のようである。

また関西では、濃い味のものを関東煮、薄味のものをおでんと呼び分ける
傾向もある。

薬味は全国的に練り辛子が主流だが、味噌だれやネギだれなどを用いる地
域もある。名古屋を中心とする中部地方でも関東風のおでんが一般的では
あるが、こんにゃくや豆腐などに八丁味噌をベースにしたたれを付けて焼
いたり、それらを湯掻いて味噌だれをつけて食べる田楽(味噌田楽)も健
在である。



━━━━━━━
話 の 福 袋 
━━━━━━━


 ◎6割の夫婦が「2人目ほしい」 一人っ子政策緩和で北京市が調査

中国共産党が人口抑制のための「一人っ子政策」の緩和を決めたことを受
け、北京市政府は20日、政策緩和の対象となる北京市戸籍の夫婦のうち、
6〜7割が第2子の出産を望んでいるとの調査結果を発表した。21日付
の中国紙、新京報が伝えた。

中国の人口問題専門家によると、北京で女性1人が生涯に産む子どもの推
定人数を示す合計特殊出生率は0・8〜0・9前後。東京09(2012
年)を下回り、中国でも上海に並んで最も低い水準だという。

北京市政府は、政策緩和によって北京の出生率が1・3前後まで上昇する
との見通しを示した。

党は12日に閉幕した第18期中央委員会第3回総会で、夫婦のどちらか一方
が一人っ子であれば第2子の出産を認めることを決定した。
産経ニュース2013.11.21 14:23



 ◎大賛成。当然である。世界中でなされるべきである。日本の人権団
体、国連の人権委員会はいったい何をしてきた???

シナの指導者層は人権弾圧虐殺犯罪でのしあがってきたサイコパスの
面々。だからシナ人は国外逃亡したがる。

ダライラマのフランス語通訳をしているフランス人高僧によれば、今まで
欧米はシナが怖くて黙っていたそうだ。

スペインは昔、南米の原住民を虐殺したことで悪名高いが、今では津波の
ときの日本・自衛隊を顕彰したりして人類として勇気ある、まっとうな行
為を行っているとおもう。

世界中の、心ある指導者のいる国は、これに従うべし。

スペイン裁判所、江沢民元国家主席らに逮捕状 中国激しく反発
産経 2013.11.20 13:41

【ベルリン=宮下日出男、北京=川越一】スペインの全国管区裁判所は
19日、中国でのチベット族虐殺に関与した容疑で、江沢民元国家主席
(87)、李鵬元首相(85)ら5人の逮捕状を出した。チベット族を支
援するスペインの人権団体の告発を受けた措置。

  これに対し、中国外務省の洪磊報道官は20日の記者会見で、「強烈な
不満と断固たる反対を表明する」と非難し、両国関係に悪影響を及ぼす可
能性があると警告した。

スペインからの報道によると、人権団体は2006年、スペイン国籍を持つ亡
命チベット人とともに刑事告発していた。告発では1980〜90年代にチベッ
ト族に対して「ジェノサイド(大虐殺)や拷問などが行われた」と主張し
ている。

他に逮捕状が出たのは、当時の国家治安当局やチベットを担当する中国共
産党の幹部ら3人。裁判所は5人が当時担っていた「政治的、軍事的な責
任」を考慮した上、虐殺に関与した疑いがあると指摘した。

これに対し、洪報道官は「国外のチベット独立勢力は何度もデマを飛ばし
て中国政府を侮辱、攻撃し、中国と関係国家の関係を破壊しようと企てて
きた」と主張。スペイン側に「誤った決定」を変え、「中国との関係を損
ねるようなこと」をしないよう要求した。

スペインでは人道に対する罪に関しては、国外の事件であっても同国の裁
判所に管轄権がある。98年にはチリ軍政時代のピノチェト元大統領がスペ
インの要請を受け英国で逮捕された。ただ、英国は当時、元大統領の健康
を理由に身柄を渡さず帰国させた。

江元主席らは中国国内にいる限り、実際に逮捕されることはない。しかし
告発した人権団体は今回の裁判所の判断について「大きな一歩だ」と評価
している。(情報収録:中山)



 ◎アントニオ猪木氏を登院停止30日=参院懲罰委

参院懲罰委員会は21日、参院の渡航不許可の決定に従わず北朝鮮を訪問し
たアントニオ猪木議員(日本維新の会)の処分を、登院停止30日とするこ
とを決めた。22日の参院本会議で議決後、山崎正昭議長が議場で宣告す
る。参院での懲罰は1950年以来63年ぶり。

処分の内容は懲罰委に先立つ理事会で合意。懲罰委では、北沢俊美委員長
(民主)が「猪木氏の海外渡航は議院運営委員会の手続き(不許可決定)
に明らかに反する上、議院の秩序を乱し、参院の権威を踏みにじるもの
だ」として登院停止30日を発議し、全会一致で可決した。猪木氏には弁明
の機会が与えられていたが、出席しなかった。 
時事通信 11月21日(木)15時16分配信




 ◎気狂いに刃物どころか ミサイル!!

中国がSLBM年内に配備可能か、尖閣対立先鋭化を警戒 米議会機関報
告   共同通信  2013.11.21 00:05

米議会の超党派諮問機関「米中経済安保見直し委員会」は20日、中国が年
内に潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の「初期的な運用能力」を持つ
とみられるとする年次報告書を発表した。

  尖閣諸島(沖縄県石垣市)のある東シナ海や南シナ海の領有権をめぐ
り、中国が「交渉や国際法に沿って解決する意思がなく、力で自国の主張
を通そうとしていることが一段と鮮明になっている」と対立先鋭化の恐れ
も警告した。

報告書によると、ミサイルは射程約7400キロに達し、中国海軍が初めて米
本土に対する「海上ベースの核抑止力」を持つことになると指摘した。

中国は核ミサイルを搭載できる「晋」級の原子力潜水艦を既に3隻配備し
ているが、「恐らく2020年までにさらに2隻」を追加配備するとも予
測した。(共同)


米国本土を攻撃可能な中国のSLBM、年内に実戦運用
朝鮮日報 2013/11/13 09:14

米国の「ディフェンスニュース」は11日、中国が年末までに、米国本土へ
の攻撃が実際に可能な潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を保有する見込み
だと報じた。

米国連邦議会傘下の米中経済・安全保障検討委員会が作った報告書(草
案)によると、中国はこれまで、排水量8000トンクラスの「晋」級戦略ミ
サイル原子力潜水艦(094型)に搭載できるSLBM「巨浪2(JL2)」の開発
を進めてきた。

このミサイルは射程が8000キロあり、太平洋から発射すると米国本土全域
の攻撃が可能だ。

ディフェンスニュースは「中国は今年中に、このミサイルを実戦で効果的
に使用し得る能力を備えるだろう」という見込みを伝えた。

大陸間弾道ミサイル(ICBM)は地上から発射されるため、事前に相手から
攻撃を受ける可能性がある。

しかしSLBMは潜水艦に搭載され、海から発射されるため、隠密裏に作戦を
遂行できるのが特徴だ。

中国は現在、094型戦略ミサイル原潜3隻を実戦配備しており、2020年まで
にさらに2隻を配備する計画だ。

同報告書は 「これにより、中国は海上で核抑止力を保有する」との見通
しを示した。

核抑止力とは、相手が核攻撃できないようにする力、という意味だ。

中国は、米国の一部地域を攻撃できるICBM「東風31(DF31)」を06年に実
戦配備し、07年には、米国全域を攻撃できる「東風31A(DF31A)」を配備
したものと推定されている。

さらに同報告書は、中国が巡航ミサイルを搭載した原潜(095型)や、094
型原潜より作戦範囲・機動性・ステルス性・攻撃力が向上した戦略ミサイ
ル原潜(096型)も開発していると伝えた。
 (情報収録:中山)
 


 ◎これは前々から指摘していたが安倍政権の失政である。拙速であっ
た。台湾は沖縄と同じく、裏でシナと手を組む輩の多いところ。

暴力的でもあるのでは? 強欲でもある。 「昔、南京街は危ないから絶
対ひとりでは行かないように、と言われていた」、とは今84歳の老婦人。

日本漁民を守るため、日本の領海権を守るため、早急対処するべきである。

日本、台湾漁船に打つ手なし 漁業協定で合意急いだツケ
朝日新聞 2013年11月20日11時29分

【台北=冨名腰隆】5月の日台漁業委員会で、日本側が、双方の操業を認
める一方で日本による取り締まり権限を放棄していない「特別協力水域」
で、具体的なルールがないままに操業する台湾漁船の拿捕(だほ)などを
明言していた。協定締結後、台湾漁船が自由に操業する状態が続いてお
り、日本が有効な対抗策を打てない現実が改めて浮き彫りになった。

日本政府は、中国と対立する尖閣諸島問題で優位に立つため、同諸島の領
有権を主張する台湾に接近、大幅譲歩する形で漁業協定を結んだ。首相官
邸主導で合意を急いだことが、現場の混乱を招いた。沖縄県の漁業関係者
は反発している。

同委は4月の日台漁業協定で、具体的な操業ルールの設定を目指して設置
された。5月7日、台北市内で開かれた初の会合で、水産庁の須藤徳之資
源管理部長(当時)が特別協力水域について「具体的な事が決まるまで、
(台湾漁船は)操業できない。拿捕は排除しない」と強調。海上保安庁の
宮本伸二違法操業対策官も「政府全体として、取り締まりをやっていかざ
るを得ない」と発言した。

しかし、台湾宜蘭県・蘇澳区漁協の林月英総幹事は10月、「そこには、
何度も漁船が入った。何も問題ない」と語った。

水産庁の宮原正典次長は「発言は、一つの考え方を述べたもの」と釈明。
「法執行できる水域でも、ルールがなければ取り締まりようがない」と述
べた。(情報収録:中山)



 ◎円相場、4カ月ぶり101円台=東京外国為替市場

 22日午前の東京外国為替市場の円相場は、約4カ月ぶりに1ドル=101円
台に下落した。米国の量的金融緩和早期縮小の思惑から円売り・ドル買い
が進んだ前日の海外市場の流れを引き継いだ。 
時事通信 11月22日(金)9時4分配信



 ◎前回のスパイ防止法も、マスコミと野党の反対で潰れた。外国なら死
刑でも 日本はたったの10年という軽い刑なのに反対するマスコミや野党
はよほど後ろぐらいことをしているにちがいない。

「日本にはスパイ防止法がないんだよ」と外人に言うと、ジョークだとお
もって笑いだすか、「信じられない!」と 呆れるか、どちらかだ。

すぎやまこういち氏が、日本の現状を 「日本軍と反日軍との内戦」と表
現されたがまさにそのとおりだとおもう。

一般市民、秘密知ることはありえない〜首相
   共同 2013/11/22

 http://www.news24.jp/articles/2013/11/21/04240678.html

「特定秘密保護法案」をめぐり、安倍首相は20日の参院特別委員会で、
「一般国民が特定秘密を知ることはありえない」との認識を示した。

20日の参院特別委員会で共産党・仁比聡平議員は、特定秘密保護法案につ
いて「何が秘密かもわからないのに、そのまま被疑者扱いされ、最終的に
は刑事裁判で無罪とならなければ処罰の対象となるかどうかわからない。
知る権利、言論の表現、自由は萎縮させられ、取り返しのつかない傷を負
うことになるのではありませんか」とただした。

これに対し、安倍首相は「一般国民の方が特定秘密を知るということは、
まずありえない」と述べ、一般国民が特定秘密の漏えいなどで罰せられる
事態は通常、起こりえないとの認識を示した。


■アホなNHK:秘密保護法案に反対する大集会

 www3.nhk.or.jp/news/html/20131121/t10013243171000.html

11月21日19時25分
  http://archive.is/7xx1W/image
  >参加者たちは主催者の発表でおよそ7000人に上り、

11月21日21時26分
  http://archive.is/QQZAF
  >主催者の発表でおよそ1万人が参加しました。

■特定秘密保護法案(朝日新聞)

 http://p.tl/76_o

 http://www.asahi.com/topics/word/%E7%89%B9%E5%AE%9A%E7%A7%98%E5%AF%86%E4%BF%9D%E8%AD%B7%E6%B3%95%E6%A1%88.html#about

防衛、外交、スパイ活動の防止、テロ防止の4分野で、漏れれば国の安全
保障に支障をきたすおそれがある情報を閣僚らが「特定秘密」に指定。特
定秘密を扱う公務員や警察官、民間業者などがこれを漏らせば、最長懲役
10年の罰則が科せられる。

特定秘密の指定期間は最長5年で、5年ごとに延長できる。30年を超える
場合は内閣の承認が必要となる。漏洩をそそのかした場合は最長懲役5年
となるが、知る権利を保障する観点から、出版、報道の取材行為について
は、法令違反や著しく不当な方法でない限りは正当とする。

安倍政権は、日本周辺の安全保障環境の悪化に対応するため、国家安全保
障会議(日本版NSC)の創設をめざす。そこで米国などと機密情報を交
換、共有する考えだが、そのためには法整備をして秘密保全の仕組みを整
える必要がある、としている。(情報収録:中山)



  
━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)先日NHKで「音羽ゆりかご会」の合唱「里の秋」を放送しており
ました。NHKは渡辺はま子の「シナの夜」「蘇州夜曲」などは絶対に放
送せず、
 島倉千代子の最大のヒット曲「東京だよおっ母さん」も多分靖国神社の
 関係でしょう放送しませんでしたが、里の秋は、歌詞「ああかあさんと
ただ二人」は、何故かあさんとただ二人なのか、まさか、おとうさんが大
東亜戦争のため出征して、南方の島にいるかだとは、思いもしなく放送し
ているのでしょう。

歌詞に直接的な表現はありませんが、「さよならさよなら椰子の島 お舟
にゆられて帰られる ああとうさんもご無事でと 今夜もかあさんと祈り
ます」で戦争が終わって、父親の無事帰還を祈る母子の姿の歌詞だとは分
かっていないのでしょう。(剛)



 2)キャロラインさんとは何事だ、ケネディー大使閣下であるべきで
は:前田 正晶


「キャロラインさん」とは何とも困った非常識だと私は思う。この度新駐
日アメリカ大使にキャロライン・ケネディー閣下が着任された。英語にお
ける敬称は"Excellency"であり、話しかける場合には"Your Excellency"
となる。

それにも拘わらず、マスコミというかテレビでは平気で「キャロラインさ
ん」などと呼んでいる。非礼である。我が国の大使には「閣下」と付けな
いと返事をされない方もおられたと聞いている。(この辺りは私如きが論
ずるよりも、主宰者がご専門の分野かと思いますが)

これは何度も指摘したことで、「キャロラインさん」ではファーストネー
ムであり、何者も特定しないのだ。大使の場合はケネディ−が名字であ
り、少なくとも「ケネディー大使」とすべきである。テレビのキャスター
が大使に「ファーストネームで呼びかけて良い」と許された関係でもある
のか。彼らの間ではこういう傾向がずっと続いており、「マイケルさん」
や「ポールさん」と言っている。

マイケルには確かに「マイケル・ジャクソン」もいるが、かのバスケット
ボールの大選手「マイケル・ジョーダン」もいれば、オリンピックの400
メートルで金メダルを取った「マイケル・ジョンソン」もいる。言うまで
もないが「マイケル」はファーストネームである。

我が国が何時からファーストネームで呼び合う国になったのか。以前にア
メリカに長年住んでおられるビジネスマンとこの件を語り合った時に「マ
イケルとは何だ。あれはマイクルだ」と怒っておられたことがあった。こ
れは正確にはその通りである。

こんなことをやっていて、小学校から英語の勉強でもあるまい。学校では
如何なる英語を教えているのか。先日はポール・マッカートニーが"sir"
の称号を与えられていると指摘したが、「ポール」としては誰のことか不
明だ。サッカーのディヴィッド・ベッカムも"sir"だったはずで、呼び捨
てしても良いとは思わない。奇妙な現象はベッカムの場合に「ディヴィッ
ド」と呼んだことがないことだ。彼自身は方言でDavidを「ダイヴィッ
ド」と称しているが。

事の序でにテレビのおかしなカタカナ語の例を挙げておく。目下「グラ
チャン」と言うヴァレーボールの試合が進行中だ。本当は「グランド・
チャンピオン」だそうで、縮める意義がどれほどあるのかと疑っている。
もう一つおかしな例に「フィギュア−・スケートで「グランプリ・シリー
ズ」というゲームが進行中だ。

「グランプリ」はフランス語で"Grand prix"であって、英語は"Grand
prize"である。そのフランス語の後に「シリーズ」(=series)という英
語を付けて合成してある。私は好ましいと思わないが、「勝手にすれば」
と思っている。

だが、私は「キャロラインさん」と「キャロライン氏」は止めるべきだと
主張する。親しみを表現するつもりなら大間違いだ。我が国の駐米大使に
向かって名字ではない(俗に言う下の)名前で呼びかけて良いと思うかと
いう問題である。即ち、NPBのコミッショナーだった加藤良三元アメリカ
大使をニュースで「良三さん」と呼ぶのと同じ非礼であろう。



 3)ナイジェリアで苦労している日本人知人より、こんなメールが。
(小林)

アフリカの北朝鮮と呼ばれている犯罪大国ナイジェリアは、石油をめぐっ
て宗教対立と部族対立が過激化しているため来年さらに政情不安になると
予想され、大統領は中韓に擦り寄るだけでなく、ナイジェリアの大統領と
して初めてイスラエルを訪問、支援をとりつけました。外遊好きなのに、
日本には行く気配がありません。

青島で会社経営していた方からの話では、あちらも地元政府がナイジェリ
アと似たようなことをやっているようです。

地元では政府のことを黒政府と言い、企業や外資が大きくなったら潰して
地元政府は大儲け。ただで追い出せば自慢。いかに払わないで追い出す
か、あらゆる方法を使い、黒社会の人を使って殺人に近いこと、放火など
もするとか。

“太らしてから柵をしめて殺す、外資が一番おいしい”と言われているそう
で、青島市李倉区で外資13社のうち、韓国企業は停電停水で脅され、
11社は不当な値段で追い出され、日系企業も井戸を埋められて機械が止
まり、地元政府は大儲けしたそうです。

ナイジェリアとの違いは、ナイジェリアでは政府機関がかなり大胆に窃盗
を働き、黒社会ではなく一般人を刺客に送り込んでくることでしょうか。
一般人も犯罪を平気で犯すという風潮ですね。

日本は官民あげて中国進出を煽ったように、外国の地元政府の悪行を公表
して被害者を救済することもなく、アフリカでも同じことをしようとして
いるのですね。日本人を守るという気持ちがないんだか、薄いんだか、無
能なんだか、よくわかりませんが。投資をよびかける以上は、現地の実情
を公開しリスクも説明し、何かあったら同胞の生命財産保護に積極的に動
いてくれるのが大使館の役割なのですが・・・・。



 4)待たねばならない不安と戦う日々:前田 正晶

19日(火)は8月29日の退院以後に、10週間置きだった国立国際医療研究
センター(NCGM)での定期検診が5週間毎に短縮された通院日だった。未
だ精神的な不安感を完全に一掃できていない身には、この日は何度も何度
も待たねばならないことの繰り返しだった。これは決して好ましいことで
はないが仕方がない。

先ずは新大久保駅前からの都バス。これは直ぐ近くの小滝橋車庫から来る
割には時刻表通りのことは少ないので、先ず待たされる。NCGMでは診察は
全て当然予約制だが、06年2月から通院が始まって以降、循環器科の外来
で定刻に呼ばれたことは数回で、最長の待ち時間は90分などということも
あった。

この待ち時間は悲観論者で神経質(と他人様は言うのだが)の私を限りな
い不安に陥れてくれる。「もしかして手違いで予約が入っていない」と
か、「呼ばれたのを聞き漏らしたか」という具合である。これでは手洗い
にも行けないのだと落ち込む。

更に会計でも混み具合によっては30〜40分も待たねばならないことがあ
る。即ち、先ずカウンターで会計票と処方箋と保険証を提出して呼ばれる
のを待つ。その次が「機械による支払いの準備が整ったから機械へ」とい
う呼び出しだ。私にとっては不安材料ばかりだ。最悪の場合には1時間も
「待ち」の不安に苛まれる。

次は調剤薬局で処方箋と「お薬手帳」を渡して呼び出しを待つのだ。これ
が現在は朝6、夜3の錠剤が分包になっている処方箋では、通常60分待ちで
ある。そうとは解っていても後から来た人たちがドンドン帰っていくのを
見ているのは、それほど気持ちが良いものではない。仕舞いには「何を
やっているのか」と苛立ってくる「待ち時間」である。

薬が出てもこれで終わりではない。次はまたバス待ちである。これには運
不運があって、あの今年の暑さの中で15分も待つことあれば、寒風吹きす
さぶ冬もあるのだから不安定な精神状態で待つのは辛いのだ。特に、
8〜10月は「この炎天下、何時まで待てば終わるのか」と、見えざる恐怖
に悩んでいた私を大いに不安にさせてくれたのだった。

実は、NCGMの他にも普通の開業医の先生にも色々と診て頂かねばならない
ことがあった。ここでは言うなれば「先入れ、先出し」(="First come,
first serve.")だから、我慢強く「自分が何時呼ばれるか」を待たねば
ならないのが、何の根拠もなく辛かった。こういう根拠に乏しい不安を
ずっと抱えていたのだった。

そこで、この状態から脱出すべく、去る17日夜から処方されている直接循
環期用ではないある薬の副作用で不安を生ずるのだろうからと、それを飲
まないとどうなるかと、一か八かの賭に出てみた。ずるとどうだろう、19
日にはかなり改善の兆しが出てきた。そこで主治医にそれを訴えると、
「患者がそう簡単に決め付けてはいけない。今後は状態を見極めて調整す
るように」と諭されてしまった。だが、気分はかなり爽快に近くなった。

その勢いをかって、20日には畏友篠宮君主催の水曜会に参加して冒頭に心
筋梗塞と気象病について簡単に語った後、ほぼ終わりまで席を立つことな
く過ごせた。要するに不安感の原因は医学的なものではなく、精神的な要
素が濃いと思っている。

しかし、石岡荘十氏が「stentを入れた付近で梗塞が起きることあり」と
言われていたのも、既に全冠動脈に合計6本のstentが入っていれば他の2
本にも梗塞が発生しないかと心中密かに怖れていたのだ。これが、これま
で誰にも言わなかった(言えなかった?)不安材料だった。だが、それが
起きるかと待っている訳ではないのは言うまでもないこと。

  


━━━━━━━
身 辺 雑 記 
━━━━━


冬に晴天とは、東京の最大の利点である。少年のころ、教科書に「初日の
出」とあり、先生が元日にでるお日様のことと、説明した。秋田で元日に
太陽が顔を出すなど間が和えられないから「先生は嘘を教えちゃいけな
い」と文句をいったら翌日、父親が呼び出された。



読者:5276人。

ご投稿、ご感想をお待ちしております。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
-- 
渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>
 ◎

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/11/25

    特定秘密保護法案についてメディアがまた、悪い面ばかり放送していますが、今、日本には沢山のスパイが潜り込んでいる状況の中(スパイ防止法案もない日本)国家としてこの法案は必要です。まして、いままで情報がもれすぎていたのではないですか。 





     小宮山議員や山井議員など医者の利益減少には半狂乱になりますが都知事までも。これじゃあ無駄な医療費削減なんてとても無理と確信しました。テレビで借金国が医療費削減しないで税金上げると必ず崩壊すると外人学者が言ってましたが日本倒産するんじゃない? 





     アメリカが、ある意味で定期的にデフォルトの危機と伝えられていますが、

     一応記事になっているだけで、実際はデフォルトなんかするわけないとの前提なので緊迫した記事にはなっていませんね。



    それで日本の場合、消費税の件ですが社会保険料と所得税を一体で徴収する歳入庁をつくり徹底することで、とりっぱくれている10兆円が取れるようになる。

    そうすれば消費税アップは不要との論があります。

    それを妨害してるのが財務省とかいわれますがw



  • 名無しさん2013/11/23

    http://archive.mag2.com/0000049253/index.html

  • 名無しさん2013/11/23

    来年の中間選挙と、その2年後の大統領選挙までに、キャロラインが上院選に出るとか、選挙なしに副大統領に指名されるという可能性もなくはない。



     現在55歳というのは遅咲きだが非常に都合がいい。国民に人気の高いヒラリー・クリントンは10歳年上なので、当選したとしても大統領就任時に69歳になるのがネックだ。

     現職オバマは当然、野党の共和党に政権を渡したくない。自分の政治を受け継いでくれる可能性の高い候補を、いまから育てようと動くのは誰にでも理解できる。



     したがって日本としては、オバマの思惑に協力しながら、それを逆手にとる形で日本の国益に協力してもらう。同盟国であっても、そういう駆け引きは外交の基本だ。



     たとえば、尖閣諸島の「領土主権」が日本にあることを認めるとか、「韓国の存在は日米同盟が支えている」と明言するとか、日本に協力して損のないことは積極的に行動するよう要請すべきだろう。

     中華思想(華夷秩序)に韓国が同調した現状を、オバマに理解させることがなにより重要だ。



     キャロラインが大使として議会で承認されたことは、ケネディ家の過去がすべて清算されたということでもある。日本がうまくケネディ家の代表をもてなし、米国に人脈の資産を築くことも必要である。

     戦後数十年の間、日本はロックフェラー家の好意に助けられたが、いまはどうだろうか。

     クルマのセレブであるフォード家は、逆に日本を敵視して、TPP(環太平洋経済連携協定)交渉でも陰で日本を叩き続けている。



     安倍総理と麻生副総理は、そろって日本の政治セレブであり、米国のカウンターパートと比べても格上の存在と言える。問題は、そういう自覚があるかどうかということであろう。



    (おおいそ・まさよし 2http://archive.mag2.com/0000049253/index.html013/11/23

  • 名無しさん2013/11/23

    パチンコの換金、法的になぜ罰せられない?

    カジノ解禁ムードで強まる合法明文化への動き | ビジネスジャーナル 



     ★ふ・ざ・け・る・な。 パチンコは日本に要らない。

  • 名無しさん2013/11/22

    在日韓国籍コリアンの男が心神喪失で刑事責任能力認められず???

  • 名無しさん2013/11/22

    自民党は反日マスゴミの「偏向報道に厳罰を与える」(放送免許取り消し)ように法改正を  

    http://ameblo.jp/kororin5556/entry-11709836403.html

  • 名無しさん2013/11/22

    在日韓国籍コリアンをこれまで特別永住者という「名誉日本国民」待遇してやってきた。 しかし、全く何のメリットもないばかりか、日本国にとって不名誉なことばかりである。 だから、「ただの外国人」に戻す決定をする。 これが「在日特権」廃止の意味。