政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針(ど号  2013・11・16(土)

2013/11/16

□■■□──────────────────────────□■■□ 
   わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 3129号
□■■□━━━───────────────────────□■■□

       
        2013(平成25)年11月16日(土)



               「中国の夢」と「冬季五輪招致」:山本秀也

             慰安婦問題、日本人弁護士の画策:阿比留瑠比

              「勝ち負けのない妥協案は何か」:古澤 襄

                    比を救う日米安保協力体制:宮崎正弘

                 「大村益次郎」暗殺の件(6):平井修一

                    話 の 福 袋     
                                反     響
                    身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第3129号
                             発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             

 
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━
「中国の夢」と「冬季五輪招致」
━━━━━━━━━━━━━━━


         山本 秀也

 中国の習近平体制が初めて本格的な路線討議に臨んだ共産党中央委員会
(第18期3中総会、11月9〜12日開催)では、政権のお題目とも言うべき
民族復興(すなわち「中国の夢」)を念頭に、経済改革と党の権力強化に
議論が集中した。固い分析は別の記事に譲ることにして、ここでは3中総
会の直前に公表された2022年冬季五輪大会の北京招致を考えてみたい。

簡単に触れておくと、22年の冬季五輪は15年7月にマレーシアのクアラル
ンプールで開かれる国際オリンピック委員会(IOC)総会で決まる。今
月14日の立候補期限を前に、カザフスタンのアルマトイ、ノルウェーのオ
スロ、ポーランドのクラクフなどが立候補。北京は約200キロ離れた張家
口との2都市共催という構想だ。

中国といえば、08年夏の北京五輪がまだ記憶に新しい。続いて22年の冬季
大会も北京となれば、中国初の冬季大会となるのはむろん、同一都市での
夏冬両大会開催という「五輪史上初」の快挙である。中国が狙っているの
はまさにこの大金星だが、ことはそう簡単ではない。

スポーツ関係者がそろって指摘するのが、直前の18年冬季五輪が韓国の平
昌で開催される点だ。地域バランスの観点から「アジアで2大会連続は困
難」というのが普通の見方だ。

将来の北京招致に向けて、22年は「手を挙げておくだけ」というクールな
声も。微小粒子状物質PM2・5をはじめとする北京周辺の環境問題とな
ると、中国紙「環球時報」の世論調査ですら、過半数の回答(54・7%)
が招致実現の足を引っ張ると指摘している。

実際、過去の五輪招致でも、中国が頭を悩ませたのがこの大気汚染であ
る。シドニーに敗れた2000年五輪の北京招致活動では、IOC評価委員の
視察中、汚染源となる工場操業のほか、石炭を使う暖房用の熱供給も止め
て青空を呼び戻した。

ところが、中国は至って強気だ。国際バレーボール連盟の魏紀中・前会長
は、北京放送へのコメントで、五輪開催を支え得る発展こそが招致の鍵だ
として、「中国の招致申請は、中国の経済がよい方向に発展するという
メッセージを世界に発信したのだ」と豪語した。

大会関連施設を含むインフラ整備による内需拡大や、招致に向けた環境対
策そのものを否定する気はない。ただ、官製メディアを挙げての招致宣伝
には、経済効果や国民向けのイベント効果を通り越し、「政治」の影が
くっきりと浮かぶ。

すなわち、12年11月に発足した習近平政権が、2期10年を務め上げた最終
年を飾る大舞台として、冬季北京五輪の招致は中国が本気になれる目標な
のだ。

22年冬季大会は、習政権の「中国の夢」を象徴する大会として喧伝される
だろう。よって筆者はスポーツ関係者の懐疑論にはくみさない。中国は本
気で22年の誘致活動を進めるはずだ。(産経新聞中国総局長)産経ニュー
ス 2013.11.15




━━━━━━━━━━━━━━━
慰安婦問題、日本人弁護士の画策
━━━━━━━━━━━━━━━


                 阿比留 瑠比

慰安婦問題を考えるときに、いつも思い出すのが平成8年10月、取材に訪
れたインドネシア・ジャカルタ郊外で見た異様な光景だ。当時、日本政府
への賠償要求のために元慰安婦の登録事業を進めていた民間団体の事務所
に、日本人支援者らによるこんな寄せ書きが飾られていたのである。

 「反天皇制」「国連平和維持活動 ノー」

民間団体は日本軍政時代に軍の雑用係を務めた「兵補」の組織で「元兵補
中央協議会」といい、慰安婦問題とは直接関係ない。インドネシア人がこ
の問題に取り組むのはまだ理解できるとしても、なぜこんなスローガンが
出てくるのか−。

疑問は、タスリップ・ラハルジョ会長の話を聞くうちに氷解し、背景が理
解できた気がした。彼が、こんな内情を明かしたからだ。

 「東京の高木健一弁護士の指示を受けて始めた。『早く進めろ』との催
促も受けた」

ラハルジョ氏は、高木氏自筆の手紙も示した。高木氏といえば、社民党
の福島瑞穂前党首らとともに韓国で賠償訴訟の原告となる元慰安婦を募集
し、弁護人を務めた人物である。

11年8月には、今度はロシアで高木氏の名前を耳にした。戦後も現地に
留め置かれた残留韓国人の帰還事業に関する対日要求について、サハリン
高麗人協会のパク・ケーレン会長に話を聞いたところ、こんな言葉が飛び
出したのだった。

「東京で大きな弁護士事務所を開いている高木弁護士が、『もっと日本
から賠償を取れるから要求しなさい』と教えてくれた」

そして、かつて福島氏と同じ弁護士事務所に先輩弁護士として勤務し、
高木氏とは大学時代から続く「友人」であるのが民主党の仙谷由人元官房
長官だ。

仙谷氏は菅内閣の官房長官に就いて間もない22年7月、突如として日 韓
両国間の個人補償請求問題を「完全かつ最終的に」解決した日韓基本条
約(昭和40年)とそれに伴う諸協定についてこう異を唱えだした。

「法律的に正当性があると言って、それだけでいいのか」

さらに、日韓併合100年に当たっての菅直人首相(当時)による屋上 屋を
架す「謝罪談話」や、必要性のない古文書「朝鮮王朝儀軌」引き渡し な
どを主導した。これらは結果的に、韓国側の無理筋の対日謝罪・賠償要
求や文化財返還要求の正当化に利用された。

一方、慰安婦募集の強制性を認めた5年8月の河野談話の根拠となった、
日本政府による韓国での元慰安婦16人の聞き取り調査に、福島氏がオブ
ザーバー参加していたことは10月24日付当欄でも指摘した通りであ
る。慰安婦訴訟の当事者であるにもかかわらず、何食わぬ顔をしてだ。

河野談話作成にかかわった石原信雄元官房副長官は17年の産経新聞の イ
ンタビューに、こう憤っていた。

「弁護士らが韓国で火をつけて歩いた。どうしてそういうことをやるの
か。腹が立って仕方がない」

高木、福島、仙谷各氏は「人権派弁護士」として名を売ってきた。人権
派と聞くと、とりあえず眉につばを塗りたくなるゆえんである。(政治部
編集委員)

産経【阿比留瑠比の極言御免】2013.11.15



━━━━━━━━━━━━━━━
「勝ち負けのない妥協案は何か」
━━━━━━━━━━━━━━━
   

          古澤 襄

北方領土問題について森元首相は札幌で「いつまでも金科玉条のように4
島全島返還から一歩も下がるなと言っていると、政府が動きにくい」と踏
み込んだ発言をした。ロシアのプーチン大統領と親交がある森氏だが、安
倍首相の時代に解決して日露平和条約を締結しようという意欲の顕れとい
える。

 <「読売ビジネス・フォーラム2013」の第4回講演会は13日、札
幌市のホテルで開かれ、森元首相が約230人を前に講演した。

森氏は北方領土問題について「いつまでも金科玉条のように4島全島返
還から一歩も下がるなと言っていると、政府が動きにくい」と述べた。

森氏は首相時代の2001年にロシアのプーチン大統領と会談し、歯舞 群島
と色丹島の返還と、国後、択捉両島の帰属の確認を分離して協議する
「並行協議」を提案した。講演ではこの点にも改めて触れた。

両国の経済協力については、「ロシア側が求めていることを日本が行え
ば、日本にとって国益となる」と、協力の重要性を指摘した。(読売)>

森氏は首相時代の2001年にシベリアのイルクーツクでプーチン大統 領と
会談し両首脳による「イルクーツク声明」をまとめた。日ロ双方が、 こ
の問題で一番近づいた共同宣言といわれた。

それを、もう一度ふりかえってみる。

ロシア側は北方四島については1956年の「日ソ共同宣言」で明らかに さ
れたハボマイ、シコタン両島の返還から一歩も出ない。日本側は「四島
一括返還」を唱えて、57年間も交渉は暗唱に乗り上げたままである。

イルクーツク会談で両首脳は1956年の「日ソ共同宣言」を再確認し
て、双方が妥協できる解決策を模索した。森氏はハボマイ、シコタンの二
島返還を先行させ、クナシリ、エトロフは継続交渉とする腹だったが、
プーチンはハボマイ、シコタンの二島返還で北方領土返還交渉を終結させ
たいとしていた。

しかし話し合いの過程で両首脳の間で妥協の動きがあったのは確かで、内
容は明らかにされなかったが、「イルクーツク声明」は微妙な言い回しに
なっている。

その後、小泉首相になったが日本国内にある四島一括返還論を意識してか
日ロ交渉は停滞している。さらに民主党政権になってから、火中の栗は拾
わない姿勢に後退し、一方、ロシア側もメドベージェフ大統領が北方四島
のロシア化・軍事力強化に態度を硬化している。

 動きが出たのは、メドベージェフ大統領から再度、プーチン大統領に
なってからである。プーチン大統領は「両国の間に平和条約がないのは異
常だ」と述べ、て日本語の「引き分け」という表現を使って「日ロが勝ち
負けのない解決」を示唆した。

 森氏も「もし四島一括返還が文字どおり実現したら、日本の勝ち、ロシ
アの負け。逆に、現状維持が決定したら、ロシアの勝ち、日本の負けにな
る。どちらも恨みが残り、平和的な解決にならない」とモスクワ大学の講
演で述べた。

 「勝ち負けのない妥協案は何か」ということになるが、これは安倍首相
とプーチン大統領のトップ・レベルで、国内の反対論を抑え込み解決する
しかない。背景には日ロ双方とも経済協力が迫られているからである。

ロシア側は戦略的には投資誘致や天然資源の輸出先として日本市場を重視
している事情がある。日本側も尖閣問題でささくれだった日中関係がある
からロシア・カードを使う意識が芽生えている。
2013.11.15 Friday name : kajikablog
 

 
━━━━━━━━━━━━
比を救う日米安保協力体制
━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成25(2013)年11月16日(土曜日)
      通巻第4066号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 米空母派遣につづき、日本は護衛艦、輸送艦などで1180名の自衛隊が
  フィリピンを救う日米安保協力体制が「奇貨を活かせ」と。
*********************************

18日、小野寺防衛大臣は自衛隊1180名もの「海外派遣」を正式に発令する。

防衛省はすでに護衛艦、輸送艦など3隻が出航にむけて最終準備に入っ
た。米空母はフィリピン沖に早々と到着し、救援活動を展開しはじめた。
自衛隊先遣隊は現場で医療活動を開始し、陸続と応援部隊が到着している。

フィリピンの台風被害を奇貨として、日米の防衛協力が災害救助作戦を名
目に緊密化する。中国との領土係争で中国の軍事力と対峙するフィリピン
を孤立化させてはいけないからだ。

これを軍事的脅威ととらえる中国は「フィリピン救援に反対」が世論の8
割をしめたというが、政府の代弁メディアである『環球時報』は、「中国
も軍艦を派遣するか、それが刺激的なら病院船を出すべきではないか」と
社説に掲げた。孤立を深めているのが中国自身であることに気がついたの
かも知れない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 993】      
「・・・うっかりものもいえんなあ、と誰かが笑った」(火野の23)
「赤い国の旅人」(火野葦平 『世界紀行文学全集』修道社 昭和46年)
 

 ▽
火野が「運命的な日華事変がこの地点から勃発したのであった」と記して
いる盧溝橋である。一行の全員が窓から覗いていた。「人それぞれの感慨
があるのであろうが、知る由もない」。あの常久にも「感慨」があったは
ずだ。

ところで一行が乗った列車の食堂車だが、一行のために特に広東で仕立て
られ北京までやってきたという。当時の中国は物資が豊富というわけでは
ない。いや火野の綴った沿線の風景からも貧しい様子が伺える。

敗戦から10年しか経っていない時点である。「仁丹」「老篤眼薬」の広告
も街の壁に残っている。戦争の記憶は、一行の脳裏にも旧戦場のそこここ
にも、いまだ生々しく刻まれている。

にもかかわらず、“超”の字を付けざるをえないほどの破格の大歓待だ。一
行が大感激しない訳がないだろう。まさに招待者側から言うなら、一行は
飛んで火に入る夏の虫。いや鴨ネギか。

おそらく帰国後は日本全国各地で巡回帰国報告会を開き、“旧悪”を徹底し
て懺悔し「日中友好万々歳」を訴えること、ほぼ間違いなし。中国側は対
日工作を仕掛け、一行の側は招待旅行を満喫し時に感傷に耽るのみ。勝負
は最初からついていたわけだ。

盧溝橋を前に、火野は火野なりの「感慨」を吐露する。

「昭和12年7月7日、この地点で大戦の火蓋を切ったのは、牟田口将軍の
部隊であった。その後、戦火はとどまるところを知らぬ勢いでひろがり、
昭和16年、太平洋戦争へと発展」したのだが、「19年の夏」というから、
ちょうど雲南省西部辺境の龍陵、拉孟、騰越などの各地で、米軍供与の圧
倒的な火力で装備を固めた蒋介石隷下の雲南遠征軍(当時、日本軍は「米
式重慶軍」と呼んだ)を前に、日本軍兵士が絶望的な戦闘を強いられてい
た頃である。火野は「最後の決戦といわれたインパール作戦に従軍して」
いた。

「インパール作戦の惨憺たる敗北は強引をきわめた牟田口中将の無謀戦略
によるものだが」、戦場である「チン丘陵のジャングル内で会ったと
き」、「将軍は昂然として、しかし悲痛な面持ちで」、「自分は盧溝橋か
らこの戦争をまきおこした責任がある。

したがって、この戦争に結末をつける責任もある。インパールを攻略して
その責任をはたすのだ」と、火野に向かって「言明した」という。続けて
火野は、「この将軍の責任がなにを解決したのであろうか。

久しぶりで私は窓外に盧溝橋を見たが、瞬間に頭に浮かんだのは牟田口将
軍の青ざめた顔であった。無論、彼一人が戦争の責任者であるわけではな
い。真の責任者は別にある」と綴る。ならば、火野が考える「真の責任
者」は誰だ。火野は口を閉ざす。

「時間によって奇怪な変貌をとげる歴史の土地。それは人間のたわいなさ
を翻弄し嘲笑しているとしか私には思われなかった。もう一度、盧溝橋の
うえに立ってみたいというのも歪められた感傷であろうか。橋は昔のまま
らしいが、その意味は逆転しているのであった」。

「『あの橋が日本を滅ぼしたんだね。恐ろしい橋だ』と、竹下さんがいっ
た」。するとまたしても常久が横合いから口を出す。「だけど、そのため
に、新中国が生まれたんだから、めでたい橋といえるね」と。

なにが「めでたい橋」ものか。この常久という変節漢こそ、“戦後民主主
義社会”を、さも正義づらして無自覚・無節操・無自省・無反省・無責任
のままにノホホンと、しかもノー天気に泳ぎまくった人物の典型だろう。

暫くして「盧溝橋は消え去り、まもなく頂上にギザギザのあるなつかしい
北京の城壁が見えて来た。人家が次第に稠密になる」。「やがて、列車は
城壁の切れ目から城内に入った。カランカランと機関車の頭につけた鉦が
鳴りだした」。
「午後4時21分、急行列車は北京駅フォームにすべりこんだ」のである。
《QED》
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)11月14日の産経新聞に『民主政権下の修学旅行先調査 台
湾渡航「中国」に合算 文科省訂正』という記事がありました。

平成23年度に実施した高校の海外への修学旅行実態調査に関するもので、
「同省は今年4月、合算により中国への渡航者数は2万2千人に達し、米
国の2万6千人に次ぐ2位とする結果を公表。

ところが、自民党国会議員の指摘を受けて台湾を別に算出したところ、台
湾は1万2千人、中国は9千人と逆転していたことが判明した」

「平成16年度は中国が1万4千人に対し、台湾が1千人で中国が上回って
いた。

その後、中国における反日運動の高まりや、悪化する大気汚染などを背景
に、渡航先を台湾に選ぶ学校が相次いだ。20年度は中国1万1千人、台湾
8千人と差が縮まった」

高校での台湾修学旅行の日程はどんなものか検索したところ、熊本県立大
津(おおづ)高校の事例がでてきました。産経の地方版記事のようです。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/131114/kmt13111402070001-n1.htm

「(平成)22年、当時校長だった白濱裕氏は、生徒の内向き志向を懸念して
いた。若者が世界を目の当たりにする機会をつくろうと、これまでスキー
だった修学旅行先を海外に見直すことにした。ことさら“戦争犯罪”を強調
し、生徒にまで謝罪を求めるような中国、韓国よりは、友好的な台湾がふ
さわしいと考えた。

県内の公立高校では台湾だけでなく海外への修学旅行は前例がなかった。
一部の保護者から安全面などを心配する声も上がったが、白濱氏が説得を
続け、賛同の輪が広がった。

生徒も一念発起した。渡航前に中国語の特訓を受け、台湾のこと、台湾の
近代化に貢献した日本の先人について学んだ。

「初めて自分が日本人であることを自覚した」

「日本の良さを知り、日本人としての誇りを持てた」

ブログの記事ではさらに詳しい。翌24年の熊本からの中華航空チャーター
便では搭乗の際、機内では大津高校の校歌が放送され、座席の画面には歓
迎の意が表示されるという歓迎ぶり。

http://blog.taiwannews.jp/?p=8983
http://sakura1.higo.ed.jp/sh/oozuhs/other/240110-23.html
http://sakura1.higo.ed.jp/sh/oozuhs/other/240113-11.html

台北では故宮博物院、芝山巖学堂での研修(暴徒に襲われて殉職した日本
人教師のなかに熊本出身者も)、台北101の展望台、新北市の高級中学(高
校)との交流、中正紀念堂での衛兵交代式、二二八紀念館など。新幹線で
台南に移動、赤嵌楼(かんの字は甘が土)、烏山頭ダム、復元された八田技
師の旧家を訪問など三泊四日の充実した日程。高校1年という人格形成期
に日本人としての誇りを感じることのできる修学旅行を経験できた熊本大
津高校の生徒たちが羨ましくもあります。

平成23年度(2011年)の高校海外修学旅行調査のデータの行先別トップは韓
国。都道府県別に見ると秋田・静岡・愛媛・宮崎といった韓国との国際線
を持つ県の海外修学旅行実施率が高いようにも思えますがどうなのでしょ
う。もしかすると路線維持のために補助金が出ている?

東南アジアではシンガポール・マレーシアが人気なのにタイはランク外。
デモが頻発するなど政情不安が原因なのか、それともタイは秋冬はハイ
シーズンで航空運賃が高い・座席が確保できないなどの理由も考えられま
す。私立高校ではオーストラリアとシンガポールが人気。
どちらも英語が通じるのがポイントかもしれませんね。
   (PB生、千葉)



  ♪
(読者の声2)中国戦線の現場、戦跡巡りに端を発し、スティルウェルか
らウェデマイヤー に、アメリカのシナ事変から大東亜戦争時代の中国関
係の勉強をしてきました。

過日、貴誌に書評の出た渡辺望著『蒋介石の密使 辻政信』のことです
が、蒋介石と毛沢東の問題が中心になりますが 渡辺望さんの蒋介石評価
は蒋介石・悪者論です。

小生は若干認識を異にいます。

蒋介石が悪者であることは 間違いありません。しかしそれは同時に毛沢
東とどちらがより悪いか? の視点で見なければなりません。

The lesser of two evils. です。

20世紀の最大のアメリカの失敗は蒋介石を悪者とし、毛沢東/周恩来の詐
術に騙され 中国を共産化してしまったことです。1949年10月1日(共産
中国の誕生)にびっくりして「冷戦モード」に急カーブを米国がきります
が、「時すでに遅し」です。
ウェデマイヤー が「俺の言ったようにやっておけばこんなことにならな
かった・・・・」
マッカーシーが、これに便乗して「赤狩り」が始まりますが、「中国は
しょせん中国のもの。アメリカがとややかく言う話ではない」とラティモ
アを中心に大反論・・・・このドラマの話です。
毛沢東/周恩来 蒋介石 FDR、ジョージ・マーシャルだけでなくヘミン
グウエーもしゃしゃり出て、アメリカの対中政策は混乱を極め、挙句の果
てに朝鮮戦争、ベトナム戦争に引き込まれていきます。個人的には雲南、
湖南の旅行は 臨場感をもってこのストーリにかかわってきます。
渡辺さんの本で面白かったのは辻参謀の女嫌いです。
雲南に一緒に行った元日本兵の話ではラングーンにあった高級日本料亭に
将校連中が酒池肉林のどんちゃん騒ぎするのを横目に見て、元日本兵は、
そこには加わらなかったよしでした。
渡辺さんの趣旨と一致したので面しかったです。
  (TK生、世田谷)
 


  ♪
(読者の声3)「家村中佐の兵法講座 −楠流兵法と武士道精神」の御難
内です。

今から約680年前、後醍醐天皇の討幕挙兵にいちはやく出陣した大楠 公・
楠木正成は、その天才的な兵法(戦略・戦術・戦法)で鎌倉幕府を滅 亡
に追い込みました。

こうした大楠公の活躍を描いた古典『太平記』の「軍事解説書」である
『太平記秘伝理尽鈔』は、日本の兵法史上第一級の書物であり、江戸時代
の天才兵法家・山鹿素行が最も愛読し、影響を受けた名著でもあります。

本講座では、この『太平記秘伝理尽鈔』の中から「千早城」や「湊川」
など、大楠公の智謀が遺憾なく発揮された代表的な合戦について抜粋し、
楠木正成の戦略・戦術・戦法について分かりやすく解説いたします。
今回は、淀川・渡辺橋での河川防御や、かがり火で敵を包囲した心理戦
などについて紹介します。

               記

演 題:『太平記秘伝理尽鈔』を読む(その2:天王寺の戦い)
日 時:平成25年12月14日(土)13:00開演(15:30終了 予定)
    終了後に忘年会をしたいと思います。市ヶ谷駅近くの居酒屋(会
費2500円程度)を予定しています。

場 所:靖国会館 2階 田安の間(東西線、半蔵門線、都営新宿線:九
段下駅1番出口)

講 師:家村和幸(日本兵法研究会会長・元2等陸佐)
参加費:1,000円 (会員は500円、高校生以下無料)
下記テキストを使用しますので、事前にご用意ください(必携!)
『名将に学ぶ 世界の戦術(図解雑学)』家村和幸 編著(ナツメ
社)1500円
お申込:配布資料準備のため、つとめて事前申込みをお願いします。
info@heiho-ken.sakura.ne.jp
FAX 03-3389-6278(件名「兵法講座」にて、ご連絡ください)




━━━━━━━━━━━━━
「大村益次郎」暗殺の件(6)
━━━━━━━━━━━━━


       平井 修一

大村益次郎は明治2年(1869)8月13日に京都に着き、伏見練兵場の検閲、
宇治の弾薬庫予定地検分を済ませ、20日に下阪する。大阪では大阪城内の
軍事施設視察、続いて天保山の海軍基地を検分。9月3日、京へ帰る。

翌4日夕刻、大村は京都三条木屋町上ルの旅館で、長州藩大隊指令の静間
彦太郎、大村の鳩居堂時代の教え子で伏見兵学寮教師の安達幸之助らと会
食中、元長州藩士の神代直人ら8人の刺客に襲われる。

静間と安達は死亡、大村は重傷を負った。前額、左こめかみ、腕、右指、
右ひじ、右膝関節を斬られ、右膝は動脈から骨に達するほど深手であった。

兇徒が所持していた「斬奸状」では、大村襲撃の理由が兵制を中心とした
急進的な変革に対する強い反感にあったことが示されている。

海江田信義は言う。

<夕方、急報があり、大村益次郎が木屋街の旅館において刺客に暗殺され
たという。私は直ちに大巡察を遣わし現場を検証させ、京都府一帯に非常
線を張り刺客を捕縛した。刺客は長州などの浪士だった。

その後大久保利通が東京から書(手紙)を寄せ、「大村暗殺の凶変に関し
て、海江田は表向きは厳しく兇徒を糾弾しているが、裏では欣然として喜
んでいるのではないか、凶変は海江田の教唆によるのではないかといった
噂がある」などと伝えてきた。

私はすぐに返事を書いた。「私は当日大村が来京することさえ知らなかっ
た。人をそしるのも甚だしい噂である。今は兇徒の審問中であり、数日後
になれば事実が明らかになるでしょう」と。

数日後に糾明を終えたが、国政上における大村の意向を嫌悪するあまりこ
のような暴挙に出たということに過ぎなかった>

「過ぎなかった」というのは「大したことではない」ということか。軍事
軍政のトップ、大臣の暗殺事件をずいぶん軽く見ている気がする。

京都の治安を預かる警察の長である海江田が大村の来京を知らなかったと
いうのはにわかには信じがたいが、では兇徒に大村の旅館と宿泊日時を告
げたのは誰なのだろう。海江田でなければ弾正台の彼の部下ではなかったか。

神代直人は非常線を突破して逃げ、豊後姫島(大分県)に潜伏していた
が、師である大楽源太郎が政府から嫌疑をかけられていることを知ると山
口へ戻り、凶行から2か月後の11月に捕縛された。捕吏が来る直前に腹を
切ろうとしたが死にきれなかった。

「朝廷エ御願出控」という史料は、山口藩から政府への届書・願書などを
綴ったもので、その中に神代直人の捕縛報告書と供述書がある。

まず捕縛報告書。

<神代直人
右の者は先だっての京都における暴動の所業により早々召捕るよう御布令
があり、精々探索していたところ、10月上旬、豊後国姫島に潜伏していた
ので捕縛方を派遣したところ逃亡、周防国小郡にて召捕りました。

すでに屠腹しかけて存命は覚束ないので、京都の始末を糺問して斬首しま
した。厳刑するようにとの御沙汰もあり、且つ直人は重傷なのでそう処置
しました。死体は仮埋葬しました。山口表より、この段を政府へ報告する
ようにとの申しつけにより報告します。よろしく御沙汰ください。以上 
山口藩公用人 十一月>

次に供述書。

<神代直人 口書
私は国学修行のため京都矢野玄道方に入塾し勉励していたところ、朝廷御
入用の御書物買入のため大坂へ罷下りし際、私の弟守人が死去したとの連
絡を受け、すぐに書翰を矢野方に差出し、七月上旬に大坂を出立、帰郷し
ました。

先般、王政御恢復になり、下々に到るまで恐悦しておりましたが、当今に
至り外夷(外国)への御取扱が御手厚になり、却て人民の苦しみとなり、
外夷の侮りは日々増長し、恐れながら皇威は建たずと存じ、大田瑞穂、団
伸次郎と申し合わせて尽力致すべしと決心しました。

大村兵部大輔殿着京となり、大村氏は兼てより開港の説を重張し、今日の
形勢に立至ったのも、必竟、彼のせいであり、速に殺害せずには王政御一
新の御目途がたちません。

慨歎の至と考えていましたので、金輪五郎、宮輪田進、五十嵐伊織、なら
びに京都岡崎の伊藤源助も同論にて、四条上ル町八百屋忠兵衛方その他、
諸所に潜伏し、闇殺事件を謀り、終に当九月四日夜、同志の者と染島何某
が同道し大村氏旅宿へ斬入りました。

私、五十嵐、染島三人が河原に待機していると、間もなく一人が駆出て
き、同志一同内よりそれを追ってきて、この一人を殺害しました。大村氏
に相違無いかと尋ねると、相違無いと伸次郎が答えたので、それでは梟首
しようと合意しました。旅宿で打果たした者は知りませんが、なお駆出て
きた者が一人あり、その他はまったく知りません。

その後、潜伏中に大村氏の首級(頭部)ではないと知り仰天しました。京
都を出る前日、百万遍の内に居る佐々木大和助と申す者に一宿を頼みまし
たが、江戸へ行くというので、居合わせた土屋源吉と申す者に私が帰国し
たいと言うと、同道しようとのことになりました。

もちろん闇殺の事件は話していません。同月十二日頃出発し、兵庫で乗船
し、船中にて私の潜伏所確保を源吉に頼み、姫島にいる清末忠蔵と申す者
は源吉の父の門人とのことなので、その父親から清末へ添書を差出して貰
い、十月二日、源吉と姫島へ着き、忠蔵方に行き、其の後、同所から船で
小郡檀と申す処へ帰ったところ、直に召捕られそうになり屠腹仕掛けました。

右の次第を申し出ます。以上

山口藩公用人 十二月 宍道直記>

この供述書「京都之始抹糺問」には大楽源太郎の名も海江田信義の名もな
い。海江田が事件に関与していたかどうかは分からないが、少なくとも大
楽源太郎は神代など門下生に「大村は君側の奸である、天誅を下すべし」
くらいは言っていたはずである。

その代わりに「国学修行のため京都矢野玄道方に入塾し」とあるが、矢野
玄道(はるみち)とは何者か。(2013/11/15)     




━━━━━━━
話 の 福 袋 
━━━━━━━


 ◎公明反発、提出見送りへ=国民投票法改正案

公明党は15日午前、国会内で憲法調査会を開き、国民投票法改正案の投票
年齢を「当面20歳以上」とした自民党案について協議した。しかし、出席
議員からは「18歳以上とすべきだ」との異論が噴出。安倍晋三首相が成立
へ意欲を示してきた同改正案は、与党内の足並みの乱れから、今国会への
提出が見送られる方向となった。

会合後、公明党憲法調査会の斉藤鉄夫会長代理は記者団に「(与党で)考
えていた内容と大きく異なったわけだから、いついつまでに成立させると
いうような状況ではない」と述べ、今国会に提出できる状況にないとの認
識を表明した。 
時事通信 11月15日(金)11時18分配信



  ◎「株価は日本経済を反映」と甘利再生相 日経平均1万5千円台回復で

甘利明経済再生担当相は15日の閣議後会見で、東京株式市場で日経平均株
価が半年ぶりに1万5千円台を回復したことについて、「株価はその国の
経済をまさに反映していく。日本の景気回復が進めば、見合った株価評価
になっていく」と話した。

そのうえで、甘利再生相は、「実体経済が世界から高い評価を受けるよう
に経済対策を進めたい」として、成長戦略を具体化する関連法案の今国会
成立を急ぐ考えを改めて強調した。
産経ニュース2013.11.15 10:11



 ◎温室ガス削減新目標「3・8%減」 鳩山氏示した「25%減」抜本見直し

政府は15日午前、地球温暖化対策推進本部(本部長・安倍晋三首相)を開
き、2020年までの温室効果ガスの排出量を05年比で3・8%削減するとの
新たな目標を了承した。現在、ポーランドで開催中の気候変動枠組み条約
第19回締約国会議(COP19)で、石原伸晃環境相が表明する。

新目標は、原発の稼働をゼロと仮定して策定した。20年の温室効果ガス排
出量は約13億トンになり、従来の基準年である90年と比べると3・1%増
になる。

安倍首相は今年1月、09年9月に民主党の鳩山由紀夫首相(当時)が示し
た「2020年までに温室効果ガスの排出量を1990年比で25%削減する」とし
た目標の抜本的見直しを指示。従来目標は、発電時に二酸化炭素
(CO2)を排出しない原発の増設が前提だった。

安倍首相は「エネルギーミックスが検討中であることから、あくまで現時
点での目標」と述べ、新目標が暫定的なものとの考えを示した。

同本部では、温室効果ガスの削減を国内外で進める「攻めの地球温暖化外
交戦略」も決定。環境関連の技術開発の推進に向け、今後5年間で官民合
わせて1100億ドル(約11兆円)の国内投資を行うことが柱で、新目標と合
わせてCOP19で表明する。

同戦略では、途上国の温暖化対策支援として、13〜15年の3年間で官民合
わせて計169億ドル(約1兆6千億円)の拠出を盛り込んだ。途上国に環
境技術を提供する見返りにCO2の排出削減分を日本側に算入する「2国
間クレジット制度」で、制度参加国を現在の8カ国から3年で倍増させる
ことも目指す。産経新聞 11月15日(金)10時21分配信



 ◎稲沢市議を中国が拘束…違法薬物3キロ所持容疑

愛知県稲沢市の桜木琢磨市議(70)が、中国広東省の空港で、覚醒剤とみ
られる違法薬物を所持していた疑いが持たれて身柄を拘束されていること
が15日、外務省などへの取材で分かった。

 同省海外邦人安全課や稲沢市によると、桜木市議は10月31日、広東省の
広州白雲国際空港で覚醒剤とみられる違法薬物約3キロを所持していたと
して、中国公安当局に身柄を拘束された。

同日、中国側から連絡を受けた現地の日本総領事館職員が広州市内の拘置
所で桜木市議と面会したところ、「何も知らなかった」と容疑を否認した
という。その後も面会を続けており、健康面は問題ないという。

稲沢市議会の野村英治議長(60)の説明では、桜木市議は自身が経営する
貿易会社「スカイウェイ産業インターナショナル」(稲沢市)の仕事で、
10月29日から31日までの予定で中国へ行っていた。

桜木市議は5期目で「行動優先夢会議」(2人)に所属し、これまでに市
議会の総務委員長などを歴任。

記者会見した野村議長は「否認しているということなので、今後、外務省
と連絡を取るなどして事実関係を早急に確認したい。もし事実なら、市民
に申し訳ない」と話した。

中国は薬物犯罪に対して厳罰姿勢で臨んでおり、刑法では覚醒剤50グラム
以上を密輸した場合、「懲役15年、無期懲役または死刑」と規定してい
る。2010年4月には、麻薬密輸罪で有罪となった日本人の男4人に死刑が
執行された。

登記簿によると、スカイウェイ社は建設機械や工作機械、家庭生活用器具
などの輸出入や販売を目的に、1981年7月設立。信用調査会社によると、
12年2月期の売上高は200万円。
読売新聞 11月15日(金)8時32分配信




 ◎<犯罪白書>65歳以上の高齢女性の万引き急増 刑務所へも

法務省は15日、「女性の犯罪・非行」を特集した2013」年版の犯罪白書を
公表した。昨年、刑法犯で検挙された65歳以上の高齢女性は全年齢層の
27%を占め、1993年の6%から20年間で大幅に増えた。特に万引きで検挙
される高齢女性が目立っている。

白書によると、昨年の女性刑法犯6万431人のうち65歳以上は1万6603人
で、万引き(窃盗罪)が82%(1万3482人)を占めた。高齢男性の刑法犯
のうち万引きは47n%で、女性の方が際だって高い割合だった。

昨年、窃盗罪で刑務所に入った高齢女性は、やはり全罪名の82%に相当す
る234人。93年の18人から13倍に増え、万引き常習者が相当の割合になる
とみられる。

万引きを含む窃盗には、薬物や性犯罪のような全刑務所共通の改善指導プ
ログラムがなく、個々の施設が独自の再犯防止指導をしている。全国の9
女子刑務所のうち、独自の指導をしているのは5施設。法務省矯正局は
「高齢女性の窃盗の背景にはさまざまな要因があり、全国一律のプログラ
ムは難しい」としている。

 太田達也・慶応大法学部教授(刑事政策)は「高齢女性の犯罪増加の背
景は経済的困窮や福祉の問題だけでなく、家族や近隣、行政から孤立し、
心理的な閉塞(へいそく)感とともに支援を受けられなくなっていること
が考えられる。万引きなど比較的軽い罪で起訴猶予となる者も、刑務所か
ら釈放される者も、社会の中で孤立しないよう見守る仕組みが必要だ」と
指摘している。毎日新聞 11月15日(金)10時30分配信


 
 ◎薬入りシュークリーム事件 なぜか女性教諭ばかり気絶…「眠り病」と
恐れる


大阪市立加美北小学校(同市平野区)の講師の女(60)が同僚の40代女性
教諭に睡眠導入剤入りのシュークリームを食べさせた事件で、他にも複数
の女性教諭が会議の途中にいきなり眠り始めるなど、突然の体調不良を経
験していたことが15日、捜査関係者らへの取材で分かった。教諭らは原因
不明の「眠り病」と呼んで恐れていたという。

捜査関係者によると、女が同小に着任した数年前から、数人の女性教諭が
学年の会議や入学・卒業式の途中で突然体調を崩したり、気を失ったりし
て病院に搬送されていた。

講師の女は昨年6月1日、職員室での会議中に持参したシュークリームを
配り、そのうち1個に睡眠導入剤「ブロチゾラム」を混入し、教諭に食べ
させた容疑で大阪府警平野署が書類送検した。導入剤は家族に処方された
錠剤だった。

またこの教諭の靴や教科書に「ヤメロ」「バカ」と落書きした器物損壊容
疑でも書類送検されている。

同校は産経新聞の取材に対し「会議中や式の途中に女性教諭ばかりが異様
な症状で搬送されたという認識はない。個人の体調不良と考えていた」と
説明している。産経新聞 11月15日(金)12時17分配信




 ◎李登輝元総統に無罪判決 台湾の機密費裁判
共同通信 2013.11.15 19:06

台湾の李登輝元総統(90)が在任中に情報機関である国家安全局の機密費
を流用したとして反汚職条例違反(公金横領)などの罪に問われた事件の
判決公判が15日、台北地方法院(地裁)で開かれ、李氏に無罪が言い渡
された。李氏は「事実無根」として無罪を主張、15日の記者会見でも「最
初から無罪と確信していた」と述べた。

中央通信社によると、李氏とともに起訴された金庫番の被告には懲役2年
8月が言い渡された。

起訴した際の発表によると、李氏は1994年、ある国との外交関係維持のた
め、1050万ドルの献金を決め、外交部(外務省)に指示、国家安全局
が機密費で立て替えた。

台湾メディアによると、この国は南アフリカ。外交部は同局に返済した
が、一部を同局会計担当者が李氏の金庫番が院長を務めるシンクタンクの
事務所購入に流用したとして起訴された。会計担当者はその後、無罪が確
定。検察側は会計担当者が機密費の運用を記したメモなどが見つかり捜査
を再開、李氏らの起訴に至ったとしている。  (情報収録:中山)



 ◎共産党はソ連や中共から資金をもらっていたとおもうが・・・。今は
どこの外国から資金提供されているのだろうか?

◆共産市議が離党届「毎月の上納金で生活に支障」
 (読売 2013 /11 /14 ) …抜粋

 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20131114-OYT1T00334.htm?from=main8

日本共産党相模原市議団(4人)の大田浩氏(37)が、党への多額の寄付
やカンパを事実上強制され、生活に支障をきたしているとして、離党、離
団届を出したことが13日、分かった。

取材に対し大田氏は「年間約300 万円も上納させられ、公認時にそんな話
は聞いていない」と主張。党神奈川北部地区委員会は「詳細を説明している。

党公認で当選した以上、役目を果たすべきだ」としている。

大田氏は2011年4月の市議選で初当選。8日に離団届を提出し、10日
に離党届を党に郵送した。離団届は現在、市議団長預かりになっている。

大田氏によると、納付金は、月約48 万円(税引き後)の市議報酬のう
ち、党費と党への寄付金として毎月約16万円。8月と12 月には「夏季・
冬季カンパ」として各約17 万円、年2回の期末手当(ボーナス)時にも
各約40 万円を納めており、年間総額は約306 万円に上る。

市議会局によると、議長、副議長を除く相模原市議の年間報酬は約1090
万円(税引き前)。

大田氏は、国政選挙などの際にも臨時のカンパを求められるとし、これら
の納付が「事実上の強制」と訴えている。

共産党規約は、「党費は実収入の1%とする」と定めている。


■■■日本共産党地方議員数 総計2701 名

   http://www.jcp.or.jp/web_jcp/html/giin.html

    300 万円×2701人=81億300
万円

(情報収録:中山)


 
 ◎「父の残した使命取り組む」ケネディ米新大使着任
産経 2013.11.16

 米国のキャロライン・ケネディ新駐日大使(55)が15日、成田空港に到
着し、記者団を前に「日本を称賛するオバマ大統領の代理として、駐日米
国大使を務められることを光栄に思う」と述べた。女性の駐日米大使は初
めて。19日には天皇陛下に信任状を提出し、大使としての公務を本格的に
始動させる。

ケネディ氏は声明を読み上げ、50年前の11月に暗殺された父親のジョン・
F・ケネディ元大統領が生前、米大統領として初めて来日することを望ん
でいたと述べ、「父の残した公務に尽くすという使命を推し進め、日米両
国の緊密な関係の強化に取り組めることは特に名誉なことだ」と胸を張った。

また、日米が自由、民主主義、法の支配の価値観を共有していることを強
調した上で「日米同盟は平和で繁栄する世界にとって非常に重要だ」と
誇った。

大統領との太いパイプ 政府期待

「大物来日」−。日本政府関係者は、15日に来日した新駐日米国大使の
キャロライン・ケネディ氏に期待を込める。オバマ米大統領との太いパイ
プを生かし、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の情勢や、中国
による尖閣諸島(同県石垣市)での領海侵犯の実態など、正確な情報がホ
ワイトハウスに伝わるよう、ケネディ氏との関係構築に努める考えだ。

「彼女がこんな小さな頃からよく知っているよ」

ケリー米国務長官は10月3日、都内で開かれた日米外務・防衛担当閣僚に
よる安全保障協議委員会(2プラス2)後の夕食会で、ケネディ氏との関係
をジェスチャーを交えながら説明した。

同席した外務省幹部は「米政権との意思疎通がスムーズになりそうだ」と
安堵したという。

故ケネディ大統領の長女という知名度から、米政界に幅広い人脈を持つケ
ネディ氏。オバマ大統領とは家族ぐるみの交流もあるだけに、日本政府関
係者は「(前任の)ルース駐日大使よりホワイトハウスに近く影響力が強
い」と歓迎ムードだ。

岸田文雄外相は15日の記者会見で「(着任が)大きな注目を集めており、
日米関係を強化、緊密化するうえで活躍を期待したい」と強調した。

日米関係にとって、当面の大きな懸案は普天間の移設問題だ。日本政府と
しては、ケネディ氏に沖縄の動きを把握してもらい、在日米軍再編計画の
着実な実施による基地負担の軽減につなげたい考えだ。

また中国による領海侵犯や無人飛行機の航行など、緊迫化する尖閣周辺の
情勢にも理解を深めてもらい、日米同盟を強化することも重要な課題とな
る。(情報収録:中山)




━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)商社マンと懇談した:前田 正晶

先日話を聞いた専門商社の輸出入担当者と同じで、この毎度お馴染み?の
商社マンの市場の見方は、本15日の天気のように暗く且つ悲観的だった。
実際の市場とは離れて久しいものがある当方の感じと同じだったのは、誠
に悲しいことである。

即ち、アベノミクスの紙市場への効果というか波及は未だしということ。
特に、本日のように99円台から100円に振れた為替では、中国方面の対日
輸出に注力しているメーカーは筋では少なからず慌てていたとか。これ
は、同時にアジアでは未だに我が国は活気がある市場と見なされているこ
とでもあるようだ!?

紙の需要の辛い点は「3.11で東北地方の大型の工場が数軒停止した際に、
顕著な紙不足を来さなかったにも拘わらず、現在ではそれらの工場のほと
んど全部が再稼働している辺り」にある。それでもアジアの新興勢力から
は現在の為替レートでも、我が国は世界のどの市場よりも魅力的に見える
のは、世界的に紙需要というか、印刷媒体の不調が慢性化したということ
だろう。

他に、彼ともある程度意見が一致したことは、未だ街を歩けば大小を問わ
ず「安売り」を標榜している小売店が多く、レストランや雑貨等の小売店
が消えていたり、他の業種の店に変わっている例が多い点だった。彼は最
近マンションの売れ行きが好調だという裏には、消費税率の引き上げ前の
需要も兎も角、実際にそこに居住する人がいるのではなく投機的な買いが
入っていると見立てていた。

また、香港辺りの紙の相場を見れば、印刷用紙類は我が国の低価格とそれ
ほど変わらず、アジアでも景気回復は未だしだという事実を実証している
のだった。「この不調から脱出する方法が何処にあるのか、いや解らな
い」を結論として懇談を終わった。再三述べてきたが、紙市場は自力では
立ち直れないという宿命がある。



 2)脱走したドイツ人への親切さに思う:前田 正晶

ドイツ人(マスコミ報道には自称とあるが)は昨15日に交番に出頭して、
一件落着のようだった。これについては昨日海外経験豊富な商社マンとの
歓談の話題でもあった。マスコミ報道の一部には「外国人に親切な我が国
の人の好意を逆手に取った」とあったが、「それを言い過ぎで彼がそこま
で付け入ったのではないだろうと思う」と語り合った。

我が国ほど治安が良く、性善説が遍く行き渡っているところは世界に例が
ないだろう。そして、異国の人にあれほど(今回の例には顕著だったと言
えるかも知れない)親切にしてくれる国もまた少ないだろう。脱走の
ニュースがあの地域にどれほど広まっていたかは知る由もないが、寒空に
震えていたかも知れない外国人(しかも白人)に無償で衣服を与え、ス
リッパを提供する優しさと親切さは、我が国ならではであろうと語り合った。

しかし、彼とは「我が国には依然として言うなれば『外国人、特に欧米人
を敬う気風』が残っているようなことがありはしないか」とも論じ合っ
た。他国の人を尊敬するのは決して悪いことではなく、我が国の美風であ
り、否定するものではない。だが、性善説信奉の我が国ではテレビの
ニュースに出たような風体の外国人の犯罪性を疑わないのは、"naive"の
本来の意味ではないと言うか、カタカナ語の「ナイーブ」である点に、多
少の危険性を見出すとも語り合った。

しかし、我が国が性善説の国とまで承知してくる欧米人は少ないと思うの
だが、ここ大久保・百人町界隈に多く住まう外国人たちには付け込まれて
いるのではないかと疑ってしまうのだが、どうだろう。



 3)解ってくれていると思っていた:前田 正晶

これは松原事務局長とやらが言ったことで「アメリカのMLB側はこちらで
決着が長引いている理由を承知してくれていると思っていたのに」と、嘆
いて見せたことを採り上げたもの。私には今ここで「彼がものを知らない
こと」であるとか、「文化の違いを弁えていないこと」を非難も批判をも
しない。むしろ、そこを承知して交渉できていたのだったら拍手喝采であ
るとすら考えている。

何度も言ってきたことだが、アメリカ人との交渉事で「言わなくても解っ
てくれているだろう」とか「我々の気持ちを察してくれているのだろう」
は絶対にと言って良いほど、あり得ないのだ。

私は彼が「我が国ではマスコミが結論を出すのに手間取っているとうるさ
いほど報じているので、MLB側はその情報を見ていて解っているだろう」
くらいに考えていたとしても驚かない。20数年間に何度も経験してきた
「文化と思考体系の違い」のほんの一例であるから。

解説は、先ず、自分の事業部内のことから始めよう。私が本部に合意して
貰った原則は「相互に引き合いと問い合わせに対する返信に対して“原則
は即日回答”で、出来ない場合は“出来る日時を指定し、出来ない理由を説
明する”こと」だった。

また、「即日返信を要求しない場合には回答期限を予め通告する」事とし
てあった。車内でさえこういう取り決めが必要なのだ。実は、この原則を
他社に対して適用しても、別段非礼でも何でもない。ただ単に普通に「ビ
ジネスライク」であるだけ。

因みに、ジーニアスには"businesslike"は”「てきぱきとした」であり、
日本語のビジネスライクと違って「冷たい」という含みはない”とある。
ここには、問い合わせの文書の(emailにか)文末に!"Looking forward
to hearing from you."だとか"We will wait to hear a good news from
you."と書いて「一向に返事が来ない」と嘆くのと同じ勘違いがあるのだ。

先ずは「回答期限は何日の何時までに願う」と言わねば、反応しないのが
彼らの文化である。NPBは「何時まで待って」とだけ言っておけば良かっ
ただけではなかった。

MLB 側も「NPBからの回答が遅れたから」を再度変更の理由に挙げてい
た。だが、もしも文化の違いをある程度心得ていれば「何時になれば答え
る気か」くらいは照会しただろうと思う。

私はこの一件は「両方に意図的ではない反則行為があったので、反則無し
としてゲーム続行」が妥当だと思う。だが、日本側はここで反論しないと
「自ら反則があったと認めたのと同じ」になってしまうのが、彼らの思考
体系であり、ビジネスの進め方なのだ。




━━━━━━━
身 辺 雑 記 
━━━━━━━

誠に恐縮ですが、主宰者の都合により17日は休刊します。


読者:5279人。

ご投稿、ご感想をお待ちしております。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
-- 
渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/11/17

    アメリカの韓国人のルーツをたどると、米兵の妻としてアメリカに移住した女性にたどりつくケースが多い。しかも、その多くは米軍の元慰安婦であり、彼女たちが足場となって韓国から次々と親戚を呼び寄せて築いたのが、現在の韓国系アメリカ人社会だと言われている」 ★あちらでも同じことを(笑)

  • 名無しさん2013/11/17

    新大久保に訪れる日本人が減って来年は閉店が相次ぐという噂…韓流が続くと信じて過剰投資した韓国人が泣きべそ  http://www.wara2ch.com/archives/7412906.html

  • 名無しさん2013/11/17

    2013/11/17

    【オススメ講演会】古森義久先生独演会「米国での反日活動」 http://archive.mag2.com/0000049253/index.html

  • 名無しさん2013/11/17

    この10年くらいで、いくつかの変化が一気に起きた。

    ・ネットがすっかり普及したことで、今までマスコミが隠していた韓国や在日韓国籍コリアンの悪行が一般人の知るところとなった。

    ・韓国に、日本人として育った世代がすっかり現役から消え、今まではまだ節度があった反日が無制限になった。

    ・冷戦が終わり中国が発展して侵略の野望をむき出しにして、その中国に擦り寄る韓国の存在意義が消滅した。

    ・アメリカで第二次大戦を実経験した世代がほぼいなくなり、アメリカでも韓国を守る意識が消滅した。

    ま、こんないろいろな要因によって、韓国は日米から完全に切り捨てられつつあるわけだ。

  • 名無しさん2013/11/17

    韓国嫌い「東南アジアで深刻」考 

    http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-2355.html

  • 名無しさん2013/11/17



    「在日特権はない」って? 「特別永住制度」という明白な特権があるでしょ。 何を寝ぼけたことを言ってるのか?









      



    国の税収40兆、地方交付金が16兆、国が使えるのが24兆、国債の利払いが10兆で残りは14兆。社会保障費の国庫負担だけで28兆(最新のデータだと30兆を超えた。)

  • 名無しさん2013/11/16

    在日朝鮮人優遇政策「在日特権」を廃止させよう 



    http://ameblo.jp/kororin5556/entry-11614286860.html

     

  • 名無しさん2013/11/16

    特別永住資格   http://supinozaneko.web.fc2.com/3-12.html 





  • 名無しさん2013/11/16

    不法滞在外国人を見たら通報しよう。

    小遣い稼ぎになるぞ



    不法滞在外国人通報一人につき5万円以下貰えるぞ



    通報先↓

    【入国管理局ホームページ→情報受付→入力画面】



    アパートにすし詰め状態に住んでるなら高確率だぞ!よく見る場所、職場でもOK。

     間違っていてもお咎めなし。





    ちなみにパチンコ屋の周辺に路上駐車の自転車があれば、何度でも【警察に通報すればよい】のである。



     頻繁に警察が来るパチンコ屋には客も寄り付かなくなる。

  • 名無しさん2013/11/16

    人を殺しても永住「許可」が「取り消されない」 

    これは間違いなく在日韓国籍コリアン特権

  • 名無しさん2013/11/16

    在日韓国籍コリアンは朝鮮戦争時に密入国してきた最下層の韓国人40万人と、 竹島の漁師抑留解放の交換条件として釈放された朝鮮人凶悪犯の子孫です 



    犯罪行為がその存在のベースにあるため今も犯罪率が日本人の4倍と非常に高くほとんどが働かない無職で国籍別の生活保護率も圧倒的に高いのが現実です 



    精神疾患で犯罪が処罰されないなら在日韓国籍コリアンが犯罪のやり放題です 

    在日韓国籍コリアン永住許可を取り消して在日韓国籍コリアンを韓国に送還すべきです

  • 名無しさん2013/11/16

    職員にノルマを課してパーティー券を売りつけるなど、公職選挙法違反に問われている医療法人徳洲会グループ。この事件、選挙における不正な組織活動にメスを入れるチャンスともなりそうです。



      選挙における不正な組織的活動は、徳洲会グループの専売特許ではありません。否、徳洲会グループよりはるかに大掛かりな選挙不正も指摘されております。特に悪質な方法として疑われているのが、創価学会による信者の大規模な住民票の移動です。選挙のたびに、信者達が住民登録地を変えることで、公明党の得票数を増やしているそうです。創価学会員は、全人口の5%にも満たないと推定されていますので、全体に占める公明党議員の割合は、明らかに不自然です。不自然である以上、住民票移動の噂は、あながち、全否定できないのです。



      創価学会のみならず、労働組合の中にも、組合員に特定の候補者への投票を強要するなど、問題行動が見られます。疑わしき組織的な選挙活動については厳正な調査を実施し、国民の前に、ぜひとも、真偽を明らかにしていただきたいと思うのです。

    http://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/68776817.html

  • 名無しさん2013/11/16

    日本の汚名は歴史により晴らす

    これは僕たちの時代にすることである

    韓国との対立は避けられない



     

     ( - ゛-) ぱふ



     

     慰安婦の像を建て世界に嘘を撒く

    韓国は未来的という意味も知らん

    とてもお付き合いできません

    http://hitorigoto-kokoro.blogspot.jp/2013/11/blog-post_3801.html

  • 名無しさん2013/11/16

    創価「池田センセイ復活」か   

    http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-2352.html

  • 名無しさん2013/11/16

    日本(北海道)でもすっかりおなじみのタラバガニ。タラが取れる場所で取れる蟹だからこの名が付いたそうだが(違っていたらすみません)、食べやすくてとっても美味。北海道に居たときは(比較的)安価でおいしいタラバガニを食べることができたが、ドイツに来てしまうと無理と思っていたら、そうでもないらしい。



    タラバガニの本来の消息地は、カムチャッカ半島からサハリン近海にかけて。つまりロシアの領域だ。ロシアの独裁者、スターリンは北極圏に駐屯する赤軍の食料難を解決する手段として、極東で捕まえたタラバガニををムルマンスクに放した。天敵が居ないからか、それとも気候が繁殖に適していたのか、あるいはその両方か、タラバガニはバーレン海で大繁殖した。



    蟹は繁殖しつつ南に移動。ロシア国境で停まることを考えないで、ついにノルウエーに侵攻を始めた。90年代にノルウエーの漁師がタラバガニを捕獲して、あまりの巨大さに驚いた。当初は、「ロシアの核兵器の実験で遺伝子に異常をきたして、巨大化した。」というサイエンスフィクションのような話が語られて、信じられたほど。ノルウエーの自然保護団体やWWFはこの蟹を「スターリンの蟹」と呼び、この自然を破壊する蟹の絶滅を要求した。この蟹が食用であることがわかると、それも高価な値段で売れることがわかると、ノルウエーは一気にタラバガニ漁に沸いた。鮭の養殖で得た経験を元に、タラバガニの養殖まで始まるほどで、欧州のタラバガニ漁のメッカになっている。



    このタラバガニ景気は現在に至るまで続いており、最近では捕獲量は年間(なんと)20万tに制限されているが、一向に蟹は減る傾向にない。米国、アラスカでもタラバガニが捕れるが。水揚げ量4000t。比べ物にならない。ノルウエー近海で採れるタラバガニは2m近い巨大さ。一度、ドイツのテレビチームが撮影に海に潜っていたが、巨大タラバガニにカメラマンが襲われるシーンは、大いに笑えた。実際、テレビでは蟹の方がカメラマンより大きく見えた。ドイツ語ではタラバガニはKoenigskrabbenという。正に蟹の王様だ。ただしドイツ人は、「モンスター」と読んでおり、あまり食べる気がないようだ。冷凍物が70ユーロ/キロもするので、あまり広まっていないのかもしれない。「冷凍物なんて駄目!」という方はノルウエーで「タラバガニツアー」を申し込める。大人950クローナ、日本円で1万1千円程度。勿論、新鮮なタラバガニの試食費用も込みだ。



    蟹の記事を書いたので、もうひとつ蟹の話を紹介しておこう。原産は中国の河川のこの蟹が、今、ドイツの河川で大繁殖している。日本語で何というのか 不明だが、爪のところに毛が生えているのでドイツ語ではWollhandkrabbenと言う。どうも中国からのタンカーに乗っていつの間にか運ばれて来たらしい。タンカーの寄港するハンブルクあたりで、ドイツに上陸。以後、エルベ川を上流に向かって大繁殖、ドイツ 国境を越えてプラハまでこの「毛蟹」が南下している。ドイツ国内では、エルベ川は言うに及ばず、ライン川、Ems川、Wessel川でも大繁殖。



    ドイツ人は蟹を食べないので、ドイツの漁師にとってはこの蟹騒動は迷惑千万な話。夏から秋にかけて、河川はこの蟹の大移動で埋め尽くされる程で、漁師にとって魚を採ることは事実上不可能。仕方なく蟹を捕まえて、潰していた。ところが誰かがこの蟹は上海蟹と呼ばれ、中国では珍味でかなり高価な代物であることを発見した。以後、漁師はこの蟹を捕獲して中華料理レストランに仕入れているが、数が多すぎて、問題を解決するのは至っていない。商売気のある中国人が、ドイツに観光旅行に来る中国人に、「上海蟹」の食い放題とドイツの中華レストランで提供、人気を博している。最近では、中国に逆輸出しようという話までも持ち上がっているが、この蟹は冷凍すると味が落ちるらしく、中国まで生きたまま輸出する方法が試行錯誤されている。この方法が見つかれば、一攫千金間違いなし?