政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針3120号  2013・11・7(木)

2013/11/07

□■■□──────────────────────────□■■□ 
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 3120号
□■■□━━━───────────────────────□■■□

       
        2013(平成25)年11月7日(木)



           3中総会直前 習近平政権メンツ失う:矢板明夫

               テロ続発が習近平体制を揺さぶる:杉浦正章

                  標的が共産党太源委員会ビル:宮崎正弘

                      「経営者の劣化」だけか:前田正晶

                       「満洲国」建国譚(8):平井修一

                    話 の 福 袋     
                                反     響
                    身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第3120号
                             発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             

 
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/


━━━━━━━━━━━━━━━━━
3中総会直前 習近平政権メンツ失う
━━━━━━━━━━━━━━━━━


           矢板 明夫

【北京=矢板明夫】9日から開かれる中国共産党の重要会議、第18期中
央委員会第3回総会(3中総会)の直前に、山西省党委庁舎前で起きた連
続爆発事件は、今後の政局に影響を与える可能性をはらんでいる。北京の
天安門前で車両突入事件が起きたのはわずか9日前。

各地で警戒態勢を強化している最中に、党施設のすぐ前で爆発が起きると
いう前代未聞の事件が発生、習近平政権はメンツを失う結果となった。

習政権の政策路線を本格的に決める3中総会に向けて、党内人事や、政策
の主導権をめぐる争いが激しさを増す中、事件の責任を問う動きが出てき
そうだ。

現在、山西省のトップを務める袁純清・党委書記は、胡錦濤前国家主席が
かつて率いた党の下部組織、共産主義青年団出身者で、李克強首相の大学
時代からの友人でもある。一方、同省ナンバー2(党委副書記)の李小鵬
省長は李鵬元首相を父親に持ち、習近平国家主席と同じく太子党グループ
に属している。

袁純清、李小鵬両氏の関係の難しさは共産党関係者の間でよく知られてお
り、今後、責任の押し付け合いが激化し、余波が政権に波及する可能性も
ある。

石炭の産地である山西省は貧富の格差が最も大きい地域の一つとして知ら
れる。炭鉱掘削をめぐる土地収用や環境汚染をめぐり、地方政府と住民の
トラブルも多い。発破用の火薬などが比較的容易に入手できるとも指摘さ
れている。

山西省政府はちょうど5日に常務会議を開催し、経済問題などについて検
討したばかりだった。また、先月下旬から、党中央規律検査委員会の調査
チームが同省を視察しており、今回の事件はこうした機会を狙って計画的
に仕組まれた可能性もある。
産経ニュース2013.11.7 00:49



━━━━━━━━━━━━━━━
テロ続発が習近平体制を揺さぶる
━━━━━━━━━━━━━━━


         杉浦 正章

「経済限界」背景に9日から正念場の3中総会

10.28天安門テロに次ぐ山西省の共産党ビル前の爆破テロが意味するもの
は何か。首謀者が意図するかしないかは別として、紛れもなく9日からの
中国共産党中央委員会第3回総会(3中総会)に向けて、同党1党独裁体制の
脇腹にドスを突きつけたものとなった。

中国の高度成長路線維持の限界が民衆の不満暴発制御への限界をもたら
し、今月15日には総書記就任1年となる習近平体制を揺るがしかねない 構
図を露呈しているのだ。

トウ小平以来の改革路線が「危険な領域に到達した」と習自らが認めるよ
うに、3中総会は社会不安の原因である政治・経済の歪み是正に展望を開
けるかどうかの正念場となる。

共産党の苦情受け付け窓口である「信訪局」の前で発生したテロ事件は、
皮肉にもおりから汚職摘発で共産党規律検査委員会が山西省入りしている
最中のことであった。石炭の産地である山西省の経済は、大きな壁に突き
当たった高度成長経済路線をそのまま象徴している。

中国では石炭資源は国家の財産であり、開発は民間業者に委ねる。そこに
賄賂の構図が成り立つ。日本でも高度成長期の初期は1948年の炭鉱国管疑
獄などエネルギー源の石炭をめぐる汚職事件が絶えなかったが、山西省も
酷似している。汚職で採掘権を確保するしか手段がないのだ。

しかし高度成長経済は12年にGDP8%を割り込み、危険水域の7%で推移
し始めた。石炭は余り、閉山が相次ぎ失業者は街にあふれた。不満の目は
共産党政権に向けられるようになった。そしてテロとなって暴発したのだ。

それにつけても中国における最近の暴動、テロは異常である。目立つもの
だけを挙げても、6月には福建省で高速バスが炎上して80人が死傷。7
月には北京国際空港で手製爆弾の爆発。10月の天安門テロ。そして今回
のテロである。

全国各地のテロや暴動は、03年の6万件から11年で18万件と3倍 増。民
衆の抗議行動は一年間で9万件を超える状況が続いている。国家の 治安
維持予算は11兆2000億円で、国防費の11兆1100億円を凌駕している。要す
るに疑似内乱状態と言っても過言でない状況となってい るのだ。

これを前国家主席・胡錦濤の時代は、国民や民族の間でバランスのとれた
社会、「和諧社会」をスローガンに掲げ、国内融和政策を進めてきたが、
習近平政権が誕生すると、事態は一転した。

思想の引き締めが行われ、力による抑圧の時代に移った。外交安保では尖
閣問題に象徴される軍事攻勢、内政では抑圧政治へと移行したのだ。視点
を逆にすればそれだけ共産党政権が追い詰められてきていることを物語っ
ている。

最近習近平政権が全国に通達した禁止令は(1)共産党政権の社会的基礎
を瓦解させること(2)共産党のメディア管理体制に挑戦すること、など
露骨に共産党1党独裁への挑戦を抑圧している。加えて「西側の普遍的な
価値観を宣伝することの禁止」まで含めている。

共産党の1党支配体制に対する批判は一切許容しない姿勢である。天安門
テロでウイグル自治区への力での抑圧の動きに出ていることもその実践で
あろう。

しかし、テロの頻発はこの習近平強硬路線の限界を示すものに他ならな
い。まるで20年に渡る高度成長一点張りの不摂生がたたるかのように、
体のあちこちから病気が噴出し始めたのだ。高度成長によるテレビ、ネッ
トの普及で一般大衆は、その高度成長路線の歪みをすぐに分かるように
なった。

まず貧富の格差が目につく。中国は金持ちが日本人のようにその露出を嫌
うのでなく、まるで成金趣味の如く大衆に見せびらかす傾向がある。ます
ます一般大衆は格差を実感する。役人の腐敗は清朝末期のごとく底知れぬ
ものを見せており、これに加えて環境問題、少数民族問題など社会の矛盾
は枚挙にいとまがない。

まさに3中総会はこうした課題を習近平体制に突きつけるものとなった。
中央委員会は、党員約8500万人を代表する高級幹部ら約370人で構 成される。

トウ小平の指導下、1978年末の第11期3中総会では歴史的な改革・ 開放
政策への転換が打ち出された。それから35年、習近平は1回目と2 回目
の総会では、人事を固め体制を築いた。

今回の3回目は、中長期的な政策を示すことになり、トウ小平路線をいか
に時代にマッチした経済路線に修正、軟着陸させるかが問われる。習近平
にとってはまさに正念場の会議である。

習にとって力による封じ込めは一番安易な選択肢であるが、力で一時的に
ごまかしても結局は中国経済の限界を打破するわけには行かない。

改革案は独占業界改革、土地制度改革、行政管理制度改革、金融システム
改革など複雑多岐にわたるが、焦点は簡単だ。国民の不満をいかに吸収で
きる政策を打ち出せるかどうかにかかっているのであり、3中総会で“対
症療法”を打ち出しても、すぐに馬脚は現れる。

不満を外に向けるため尖閣などで強硬路線を選択すれば、日米中心の国際
包囲網は、強化されこそすれ弱まることはない。就任1年目の習近平は抜
き差しならぬ立場に置かれているのが実態であろう。

 (政治評論家)<2013年11月07日>



━━━━━━━━━━━━━
標的が共産党太源委員会ビル
━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成25(2013)年11月7日(木曜日)
      通巻第4058号  <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(速報)
 こんどは共産党太源委員会ビルを標的に爆弾テロ
  多数の死傷者、鋼球、鉄釘を含んだ特殊爆弾が七回連続爆発
*********************************

太源市は山西省の省都。その繁華街の迎沢大街にデンと15階建ての摩天楼
が、共産党山西省省委員会ビルである。

2013年11月6日午前7時40分、この共産党の本陣ビルの入り口付近で爆弾
が破裂し、通行中に目撃者によれば、爆発音が7回連続した。

多維新聞網(11月6日)の速報によれば、爆風は100メートル四方におよ
び、爆弾には鋼球や鉄釘が仕込まれていたため、すくなくとも1人が死
亡、1人が重症負ったほか、30人近くが軽い怪我をしているという。

停車中の車の窓ガラスも破損した。

 現場写真は下記に ↓
http://china.dwnews.com/news/2013-11-05/59344136.html
      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌前号のタイについて、です。タイの失業率は1%以下
でほぼ完全雇用状態ですが、インフレは統計数値よりもかなり高進してい
ると実感します(私は以前タイ在住7年、今も年に数回はタイへ旅行。次
回は今月中旬からロイクラトン祭りのチェンマイ、バンコク、パタヤへ行
きます)。

タイの建設現場作業員や小さな漁船で働いているのはほとんどがミャン
マー人です。

仮に労災にあっても補償金は出ません。ゴム園のような厳しい労働環境で
はタイ人の働き手は雇えません。先日、ラヨーンのゴム園に30頭の像の群
れが乱入して1人死亡しましたが、やはりミャンマー人でした。

タニヤで乞食をしているのはカンボジア人です。

階級社会のタイでは、ワーカーとなるはずの階層のタイ人は手許にお金が
できるとサバーイ(楽で気持ちいい状態)でいたいため働きません。

江戸っこ気質で宵ごしのオカネはもたないそうです。元々が米さえあれば
おかずは昆虫・セミ・ゲンゴロウ・タガメ・幼虫・蛙・蛇・なまずなど野
原の何処にでも食べ物はあるという伝統の国だったからでしょうか(先
日、ベトナムで生まれて初めて蛙を食いましたが、5本指の足さえみなけ
ればいけます。ベトナムの上流若い女性は平気で食べているし、犬も食べ
ると言っていました。汗汗)。

タイ人気質には暑い中、働くのは苦痛という観念が染みこんでいます。大
都市部(または地方中心都市)中〜上層タイ人の希望就職先はホワイトカ
ラーの仕事(一番良いのは公務員。次いで銀行など)です。

それが無理ならば「ニート」で自分探しをします。

蟻族やモグラ族のシナとはかなり様相が異なりますね。気候の差でしょう
か。同じ1人当たり国民所得が1000ドル以下や最貧国でも服要らないミャ
ンマーと冬着のいる北朝鮮ではかなり生活が違います。

熱帯は寒いところよりもずっと住みやすいと思います。統計だけではわか
りません。

インラック(タクシン妹)政権はシナがタイ産コメを購入することを条件
に、高速鉄道輸出を受け入れる方針のようです。

労働者は間違いなく「シナ人」となるでしょうね。インラック政権は景気
対策のため大型公共投資の方針ですが、インフレはますます高まるし、外
国人労働者はどんどん流入するのは目に見えています。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131105/chn13110508240000-n1.htm

日本がダウェイ(ミャンマー)開発をタイと共同でやるのを渋っているの
は、ティラワがあるからですが、ビーチで人口希薄地帯のダウェイに工業
団地をつくってもすぐとなりのバンコクへミャンマー人労働者が逃げてし
まうのが目にみえているからです。一方、タイにとってはインド洋への出
口を獲得する絶好のチャンスなんですが。

高速鉄道、特に、バンコクとノンカイ(タイ側国境)・ビエンチャン間の
高速鉄道は、シナの雲南からの南下政策の舞台(南北回廊/雲南・ビエン
チャン・バンコク、但し、現在はラオス国内の舗装はかなり悪い)です。
満洲鉄道のようなものかも。

日本人は国際価格の7-8倍のコメを食べていますが、安倍政権は輸入米の
関税を500%位までさげるとか・・・。

タイ米は沖縄の泡盛に使用されますし、香米に限らず、上質なタイ米はと
ても美味しいですよ。

タイ米の特徴は、タイの階級社会と同じく、品質差が激しいことです。ベ
トナムでは「タイ米は高級米」と認識されています。わたしも食べていま
すが、繰り返しますが、タイの高級米は美味しいです。

日本では90年代前半の外務省主導のタイ米輸入でタイ米への悪いイメージ
が刷り込まれてしまったのはとても残念です。

インラック政権にとっては、コメ担保政策で在庫だらけのコメをシナに販
売できればねがったりかなったりというところでしょう。

週末シーロム通りで1万人(?)集まったという恩赦法反対のアンチタク
シン派デモに対して、インラック政権は恩赦法が上院で否決されたら取り
下げるとしました。それに伴ってSET指数は乱高下しています。

11月中旬にはカンボジアとの国境争い(プレアビヒア)のハーグ裁定がで
ます。

もしタイに不利な裁定ならば再度の反政府デモになるかもしれません。タ
クシン元首相はカンボジア・フンセン首相と盟友関係にあります。
(R生、ハノイ)


(宮崎正弘のコメント)まずティラワ工業団地ですが、Rさんも視察に行
かれたように、小生も先週ミャンマーへ行った折、まっさきにチャーター
した車で見学してきました。

あたり一面、ペンペン草に湿地帯。まだ工事もはじまっておらず、そもそ
もミャンマー政府は立ち退き農民への補償問題をすませていない! おそ
らく2015年の完成は無理と踏みましたね。また合弁比率が日本側 49%
というのは将来に禍根をのこします。

ミッチーナへの旅行は現地旅行業者が露骨にアレンジをいやがりまし
た。つまりゲリラ戦争はまだ終結していないのが現実です。

ミャンマーからタイへの出稼ぎは想像以上の人数が行っているようです。
ミャンマーの豪華ホテル、とくにマンダレーで昼間から酒を飲んでいるの
は皆、中国人でした。

 タイは、これだけ人件費があがると、日本企業はすくなくとも生産基地
を移転せざるを得ないとおもわれますね。カンボジア? それよりラオス
は穴場でしょう?

 ベトナムは一党独裁、官僚主義の弊害があって、日本企業の進出ブーム
はほどなく終わるように思いますが、ハノイにおられて如何?



  ♪
(読者の声2)貴著『出身地を知らないと、中国人は分からない』(ワッ
ク)、ようやく読了しました。小生も中国には何回も行き、全33省をま
わっておりますので、ひとつひとつが大変興味深く、各地の情景を思い出
しました。これは労作、元がとれるのか、どうか心配でもありますが。
(YM生、池袋)
          


━━━━━━━━━━━
「経営者の劣化」だけか
━━━━━━━━━━━


      前田 正晶

何時始まったかも記憶がないが、今やテレビでニュースを見れば陳腐な表
現で恐縮だが、まるで鬼の首でも取ったかのように「偽装」だか「錯覚」
だが、「虚偽」か知らぬが、各社の偽装に内容を事細かに報じては批判ま
た批判と非難である。些かウンザリだ。

高島屋の常務の記者会見を再三聞かされて、何とも情けなく且つ悲しい思
いをさせられた。それは、ある大手製造会社の同世代の社長だった方が何
年前だったかに、現在の不況の一因として「経営者の劣化だ」と指摘され
たのを想起させられたからである。あの記者からの突っ込み的な質問に対
して、あれほど支離滅裂な論旨が一貫していないことしか言えない人が常
務取締役であるとは、当に劣化だと思わせられた。

この常務だけではなく、ほとんどの偽装をしたと指摘された会社の社長を
含めた役員の説明というか弁解というか、釈明というか、あるいは嘘の答
弁というのか区別できないが、如何にして追求から逃れ責任を回避しよう
との魂胆が丸見えで、その次元の低さに呆れているだけだった。

もしかして、彼らはあの答えが通用するとは思っていないのかも知れない
が、彼らが守ろうとしたものが何かが見えてこないのだ。しかし、これま
でに発覚した2社で社長が辞任の意向を表明している。

次に私が不思議に思っていることは、メニュー等に表示したものよりも低
価格の食材を使っていたと認めた上で、返金に応じるとまでは阪急阪神ホ
テルでは言った。だが、安い材料を使っている以上「差額相当分を値下げ
します」という報道がない点だ。

当方は「デフレのせいなのかな」と痛感させら一面があると思うが、具体
的な対応策を表明したとの細かい報道もなく、唯々批判めいた報道をする
暇があれば、例えば「安いエビを使っているのだったならば、何パーセン
ト価格を下げる用意があるか」くらいは突っ込んでも良くはないのかと思う。

最後に、私はこの種の虚偽表示は未だ未だ出てくるだろうと思っている
し、今回の一連の偽装が如何なる取材で判明したのか知らぬが、決して驚
くような種類のことではないと認識している。

それは、マスコミは既に回転寿司等では魚の偽装が頻繁に行われていたと
報じていたし、上述のように決してデフレから解放された訳ではない我が
国景気の状態では、値下げ競争(price warとでも言うか)の如きことは
起こっていたし、これから先も続く危険性が高いと認識している。

それが利益を挙げるための正当な経済活動なのか、愚かな行為なのか、経
営者のみの劣化のためなのか、あるいは安値を追いたがる消費者は免責な
のかは、議論は分かれるのではないか。




━━━━━━━━━━
「満洲国」建国譚(8)
━━━━━━━━━━


     平井 修一

「清朝最後の皇帝、ラストエンペラー」と呼ばれる宣統帝・溥儀(ふぎ、
1906−1967)は2歳10か月で第13代皇帝に即位した(父・醇親王が摂政)。

1912年1月に中華民国政府が樹立されると2月に宣統帝は退位したが、その
際に退位後も「大清皇帝」の尊号を保持し、引き続き紫禁城(皇宮)で生
活すること、中華民国政府が清朝皇室に対して毎年400万両を支払うこと
などの「清帝退位優待条件」を取り決めた。

退位と中華民国の樹立は溥儀自らの詔勅によっており、この取り決めは無
血で政権を移譲した代償である(400万両支払いは1年で反故にされた)。

ところが1924年10月、軍閥・馮(ひょう)玉祥のクーデターにより「清帝
退位優待条件」を一方的に破棄され、溥儀は紫禁城から強制的に退去させ
られる。溥儀を保護したのは日本だけで、以来、天津市の日本租界の張園
に移って暮らしていた。

満洲事変が始まって間もない1931年10月末、関東軍特務機関長の土肥原賢
二が25歳の溥儀を訪ねた。退位したとはいえ溥儀は祖国満洲の満人から支
持されており、彼自身も復辟(ふくへき、復位)を望み、満洲事変は満洲
皇帝になるチャンスだった。溥儀は南次郎陸相にも接触していた。

土肥原「関東軍の行動は張学良個人に対するもので、張が満洲人民を塗炭
の苦しみに落とし、日本人の権益や生命、財産を保護しないで、やむを得
ず出兵を行ったのです。

日本政府は、満洲に対しては決して領土的野心はなく、誠心誠意、満洲人
民が自己の新国家を建設するのを援助する方針であり、皇上(陛下)がこ
の機会に初代太祖ヌルハチ皇帝発祥の地に帰り、親しく新国家の指導にあ
たっていただきたいと願っています」

溥儀「どのような国家になるのですか」

土肥原「独立自主の国で、宣統帝がすべてを決定する国家です」

溥儀「いや、私が知りたいのは、その国家が共和制か、帝政かということ
です。復位なら奉天へ行きますが、そうでないなら行きません」

土肥原「皇上、もちろん帝国です。それは問題ありません」

溥儀「帝国ならば行きましょう」(溥儀の自伝「我が半生」)

溥儀は「玉」だった。溥儀にとっては待ちに待った朗報だったが、玉を奪
われてなるものかと蒋介石の南京国民政府から暗殺団が送られていた。

<溥儀を天津から連れ出すのは難しい状態であった。昭和6年(1931)11
月8日夜、天津日本租界のはずれから中国街一体にかけて暴徒が襲来し
た。1000人の中国人が日本側に雇われてやった行動である。

(どさくさに紛れて)彼は私邸から洗濯物の籠の中に入って運び出され、
一旦、日本料亭の奥に入り、日本陸軍将校の少佐の肩章がついた軍服を着
せられた。土肥原大佐と並んで乗用車に乗り、フルスピードで市街を通り
抜け、白河に用意した陸軍の小艇に乗り込む。

防弾用の鉄板と畳にかこまれた船室に入ると、艇は河口の溏沽(とうこ)
へ向け急ぎ出航した。待機していた汽船に乗船し、渤海湾を渡って遼寧省
営口に着いたのは12日午前9時のことである。

宣統帝は初めて祖宗発祥の地、満洲の大地を踏んだ。従者は後に満洲帝国
総理となる鄭孝胥ら4名である。営口の桟橋には甘粕正彦が人夫の小頭と
いったようなボロ外套と巻き脚絆姿で出迎えていた。

溥儀は満洲に入っても不安だったが、湯岡子温泉に到着した時、初めて日
満の歓迎の人波に迎えられた。満族の人が進み出て「陛下、この日を200
年間お待ちしていました」と述べた時、溥儀も満族の人々も感極まって涙
を流して泣いたという>(古野直也「張家三代の興亡」)

まるで映画のハイライトを見るようだ。手に汗握る名場面である。

古野は言う、「分かりやすく言えば、満洲の所有者である清国皇帝だった
宣統帝が君臨したのだ。列国も文句のつけようがなかった」。

翌1932年3月1日、「満洲国」の建国を宣言、溥儀を執政(1934年に皇帝)
とし、3月9日、首都新京(長春)で盛大な建国式を行った。建国の理念は
「五族協和、王道楽土」で、五族は日本人、漢人、朝鮮人、満洲人、蒙古
人を指す。

半年後の9月15日、日本政府は満洲国を承認し、これに続いて正式承認し
たのは中華民国南京国民政府、ドイツ、イタリア、スペイン、ヴァチカ
ン、ポーランド、クロアチア、ハンガリー、スロバキア、ルーマニア、ブ
ルガリア、フィンランド、デンマーク、エルサルバドル、準承認(国書交
換)がエストニア、リトアニア、ドミニカ、大東亜戦争中に承認したのが
タイ、ビルマ、フィリピン、蒙古自治邦(内モンゴル)、自由インド仮政
府だった。

国際連盟加盟国が50か国ほどだった時代に、世界23か国が満州国を承認し
たのである。(2013/11/5)


━━━━━━━
話 の 福 袋 
━━━━━━━


 ◎疑惑だらけの「ミス・コリア」 真・善・美、金で買える?

美女コンテスト「ミス・コリア」の出場者の母親が主催の新聞社幹部か
ら審査員の買収を持ちかけられ、お金を納めたのに最終選考にも残れな
かったと暴露して話題になっている。韓国メディアによると買収金額は4
千万ウォン(約370万円)。落選後に返金を求めたが無視されたという。

落選に腹を据えかねた母親は証拠として送金記録を公表、新聞社幹部は
不正を隠すために偽装工作までしていたという。

タレントの登竜門でもあるミス・コリアはもともと、「疑惑の百貨店」
との批判が絶えず廃止も議論されているほか、2002年からは地上波放 送
もなくなるなど権威の失墜が著しい。今春も「出場者が全員同じ顔」と
米英メディアに揶揄(やゆ)された。

おもしろいのは、買収疑惑を突きつけられた新聞社側の対応だ。「一部
の審査員を買収したにもかかわらず、女性が脱落した事実は審査が公正に
行われた証拠だ」と、買収そのものは否定せず逆に公正性の証しだと主張
しているのだ。その上、なぜか疑惑の渦中にあった幹部には懲戒処分を下
している。

ミス・コリアの賞は1位から順に別名「真」「善」「美」。「わが国で
は真も善も美もカネで買うと思われてしまう」と、韓国でも冷めた見方が
出ている。(加藤達也)産経新聞 11月6日(水)12時0分配信



 ◎菅長官、「メールで在留邦人に注意喚起」 山西省爆発事件

菅義偉官房長官は7日午前の記者会見で、中国・山西省の中国共産党委員
会庁舎前で起きた連続爆発事件を受け、在留邦人へ注意喚起を行っている
ことを明らかにした。

菅氏は「山西省当局に情報提供を求めているが、現時点で日本人が巻き込
まれたという情報はない」とした上で、「北京の日本大使館から在留邦人
に対し注意喚起のメールを送信している」と述べた。
産経新聞 11月7日(木)12時49分配信



 ◎<逗子ストーカー>事件前日、女性の納税記録を職員が照会

神奈川県逗子市の小田鈴子副市長は7日、記者会見を開き、ストーカー殺
人事件の前日に、納税課の職員が被害女性の納税記録を閲覧した記録が
残っていたことを明らかにした。閲覧した職員を特定できておらず、外部
への情報流出があったかは確認できていないという。

納税記録が閲覧されたのは12年11月5日午前11時から約3分間。記
録には氏名、住所のほか税額や滞納額などが示されている。被害女性の情
報閲覧に使われたパソコンの担当職員は市の調査に「当時のことは記憶に
ない」と答えているという。

納税課には当時、9人の職員が在籍。うち正規職員8人はパソコンとパス
ワードを持ち、ログインするが、作業の迅速化のため、別の職員がそのパ
ソコンを使うこともあるという。

納税記録の開示は、原則として本人が来庁しなければできないが、本人確
認などができれば、必要に応じて電話でも可能という。

 小田副市長は「個人情報の適切な管理を改めて徹底したい。捜査には最
大限協力する」と話した。毎日新聞 11月7日(木)12時19分配信



 ◎楽天セールで割引率を過大演出か 景品表示法違反の恐れ

プロ野球・楽天の日本一を受けてインターネットショッピングモールの
「楽天市場」で開催された「日本一大セール」で、割引率を過大に見せる
例があったことが7日、わかった。シュークリーム1個当たりの通常価格
を「1200円」とし、これを260円で売ることで、「77%割引」を演出し
ていた可能性がある。

利用者などから指摘を受け、運営する楽天が調査を始めたが、景品表示法
に違反する恐れがある。

セールは3日夜から7日午前2時まで。楽天によると、星野仙一監督の背
番号にちなんだ「77%割引」が目玉商品だった。

ところが、一部の店は、「シュークリーム10個で通常1万2千円の商品
を、77%割引の2600円で販売」とうたっていた。楽天はこの店を一時的に
閉店させて調査中で、「事実なら契約を解除して出店をやめさせる」(広
報)としている。他の通販サイトで10枚9800円で売られていたするめいか
を、楽天市場で1万7310円と表示していた例も確認したという。朝日新聞
デジタル 11月7日(木)10時23分配信




 ◎ノミ行為の店経営者ら逮捕=1億円売り上げ―警視庁

競馬などの「ノミ行為」をしたとして、警視庁生活安全特別捜査隊などは
7日までに、競馬法違反容疑などで、東京都新宿区歌舞伎町、「サテライ
トWin」経営、甲原里史容疑者(34)=同町=ら2人と、客8人を逮捕し
た。同隊によると、いずれも容疑を認めている。

逮捕容疑は4日、新宿区の同店で、石川県などで行われた競馬など計38
レースを1口100円で予想させるなどした疑い。

店では全国各地の競馬、競艇、競輪などを対象にノミ行為をしていた。看
板などは出さず、入り口に監視カメラを設置し、常連客だけに入店を許可
していたという。年中無休で、4月の営業開始からこれまで約1億500万円
を売り上げていたとみられる。
 
時事通信 11月7日(木)12時38分配信



 ◎初の船長、若田さん宇宙へ=4度目の飛行、半年滞在―ソユーズ打ち上
げ・カザフ

【バイコヌール(カザフスタン)時事】国際宇宙ステーション(ISS)で
日本人初の船長に就任する若田光一さん(50)ら3人が乗るロシアのソ
ユーズ宇宙船が7日午前10時14分(日本時間午後1時14分)、カザフスタ
ン・バイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。

約9分後に高度約200キロの地球周回軌道に入り、打ち上げは成功した。約
6時間後の同日午後4時半ごろ(同7時半ごろ)ISSにドッキング、半年間の
長期滞在を始める。

若田さんの飛行は1996年の米スペースシャトル搭乗から数えて4回目。ISS
長期滞在も2009年以来2回目で、いずれも日本人最多。来年3月から帰還ま
での2カ月間は、日本人初のISS船長を務める。 
時事通信 11月7日(木)13時18分配信



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)船場の吉兆のウソ(産地偽装、期限切れ再提供、食べ残し再提供)
が発覚して騒ぎになったのが2007年である。その時は該店だけの問題で収
まったが、今回の食材のウソ表示の騒ぎは、名だたる調理チェーンが方々
で犯していたことが続々判明して騒ぎが拡大している。

早く嘘つきを始めた処は吉兆事件と時期が重なるのでないか。船場の吉兆
は、結局2008年に閉店に陥った。

昨今の「名前とみてくれ本位」での「儲け優先」の風潮の調理界版であ
る。「羊頭狗肉」(出典は中国宋代の禅書「無関門」)の言葉が成語にな
るくらいだから、人類社会での食材の嘘つきは伝統的なものであろうが、
あそこもここもという様は嘆かわしい。

幸いに後期高齢者の老爺は懐具合から問題の格好がよい店に立ち入らない
から、騙された悔しさを感じないで済んでいる。

なんでもウソつきの店では返金するらしいから、今度は返金で本当の食材
表示の料理を食べて己の舌加減をリセットするがよいだろう。

話は変るが、某参院議員の園遊会での不躾なハプニングがあったが、選挙
で投票した66万余の人たちは、彼の「名前と見てくれ」で中味の非常識感
覚を読み違ったので、こちらは票を返せとは言えない。むしろ皇居に向
かって彼に代わって非礼者を選らんだことを詫びなければならない。

ところが66万余のひとたちの大部分は生理屈だけが多い市民派と推定され
る。この理(コトワリ)がどこまで判るか疑問である。

食べたエビの種類が約束と違うのよりが選んだ公職議員がお粗末であった
方が国家社会にとってより深刻である。だがメディアの関心は食材のウソ
の方である。物事の軽重が判っているのかと言いたい。

いや、判っているが万事にウルサイのが多い66万余を非難するのがただ煩
わしいので得策でないと思ったのでないか。いやいや、反原発の大義のた
めに黙っているのでないか。

もうひとつ、食材のウソつき会社は、例によって社長以下の面々が雁首を
揃えて頭を下げている。

だが、それを反対側で取材している新聞社やテレビ局が不祥事を起こした
ときには、こんな風景を見たことがない。該社の広報が一片の紙切れを
配って終りである。これってメディア同士の自己体面ゴマカシの結託でな
いのか。同じ不祥事にこの違いはなんなのか。公器の特権か。なかには謝
らない処もある。(品川 阿生居士)



 2)脱サラし6畳一間から事業を興した大平社長。同社を大きくした
リーダーシップがかえって足を引っ張り、自らの辞任を招いた。だがワン
マン経営が続いていた同社には「新しい社長候補がなかなか見あたらな
い」(同社幹部)のが現状。不祥事への処分を行い、どう新たな出直しを
図るのか。組織としての底力が問われるのはこれからだ。(11月7日日経
新聞)

会社を公開したから辞任に至ったと言う観点がない記事だ、子供の書いた
文章なのだろう。株主は会社の持ち主、創業社長が株主なのは分かるが、
その株主群に創業も出来なかった者や、上場株の短期売買によって大もう
けを企む者だって株主に入ってくる。 

もちろん会社を大きくしたい者も居れば、たった一日の売買差益を狙う人
だっていると言うことだ。 長期保有で安定配当を狙うのならう、基幹産
業株や公社債投信のはずだから、ゆきぐにまいたけの株主には、その種の
者はいないと見ていいのだろう。

創業社長の心意気はどうであろうとも、株主群には、そのたった1人を除
いて、そういう者達の集団なのだと理解できていない人が多い。 会社の
上場と言うことに、あまりにも期待を大きくしてしまって、あたかも野放
し経営はしていないとか、損失を先送りしていないとか、ブラック企業で
はないんだとか、思い込みが甚だしい。そろそろ気持ちは、お入れ替えた
方がいい。

言いたいことは、公開していない企業と上場済み企業との間に、それほど
の差異はないと言うことだし、免許制の業種であれば、無免許企業よりも
品質が高いと言うことでもないと言うことだ。 

したがって、公開企業であれば人的保証不要、そうでなければ保証人を付
けろ、という銀行の理屈も通らないはず。

今、人材派遣業社の淘汰をしようと、全ての派遣業者を免許制にしようと
しているが、心ある企業を潰して、たんにルールさえ守っていればという
企業が跋扈するのだろう。

ルールという文書の読み込みには長けていても、心の伴わない業種が、ま
たひとつ増えることになるのだろう。 銀行もそうだった、電力会社もそ
うだった。

各種免許発行よりも、適切運営をしているかのどうか、もっと注目した発
想の方が大切だ。事前規制よりも、事後検証の方が大切なのだ、なんでも
やらせていい、やった後で検証をして厳罰も辞さずという仕組みの方がい
いのだ。

TPPとかいろいろ言われているが、要は、我が国は、今の事前規制体質
を、事後規制&厳罰体質に組み替えることこそ大切だし、そのためには、
公務員の配置替えだって必要だ、霞ヶ関人口を1割りまで引き下げ9割り
は地方で検証に当たらせる、そんなことが、まだまだ分かっていない。
                         (酒井 富雄)  

━━━━━━━
身 辺 雑 記 
━━━━━━━

配信が遅れご迷惑をお掛けしました。内科の定期健診などを受けましたと
ころ、想像以上の混雑で帰宅がよそうより遅れてしまいました。

読者:5272人。

ご投稿、ご感想をお待ちしております。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
-- 
渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/11/07

    北千住の「キッチンフライパン」は東京の洋食の隠れた名店なんだが、今週の週刊「アサヒ芸能」に紹介されていた。すごい情報力だ。

  • 名無しさん2013/11/07

    もういい。日本人は限界まで我慢して相手に合わせるけど、限度を超えたと思った瞬間引いていく民族。

     ★ここなんだよ。 戦前イギリスはこれを見誤って、日本を鬼畜米英に追い込んだ。 今度は、このままじゃ、鬼畜中韓だね。

  • 名無しさん2013/11/07

    文春「山本太郎事件・禁断の全真相」  

    http://torakagenotes.blog91.fc2.com/