政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針3061号  2013・9・8(日)

2013/09/08

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 3061号
□■■□━━━───────────────────────□■■□

           2013(平成25)年9月8日(日)



                    度が過ぎる韓国の反日姿勢:前田正晶

                   ベレンコ中尉の9月:山堂コラム 486

              国際競争力ランキング 日本9位:古澤 襄

                      私の「身辺雑記」(30):平井修一

         『人生がときめく片付けの魔法』に学ぶ:伊勢雅臣

                                      話 の 福 袋      
                                反     響
                    身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第3061号
                             発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             

 
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━
度が過ぎる韓国の反日姿勢
━━━━━━━━━━━━


       前田 正晶

安倍総理も出席した総会で東京招致に成功したのは誠に結構だったと思
う。心から「お目出とう御座いました」とお祝い申し上げたい。

実は、7日はブエノスアイレスでの福島の汚染水問題への質問の多さを報
道し続けるマスコミの心なき姿勢と、韓国の謂われなき我が国に対する誹
謗中傷に大いに腹が立って、下記のようなことをメモしていた。

しかし、幸いにもこれは今や悲観論者の杞憂に終わって「目出度し、目出
度し」となった。

韓国の反日姿勢は度が過ぎる:

最早各方面で論じられていることだが、韓国の我が国の水産物禁輸令は極
めて露骨な「2020オリンピック招致」への妨害工作以外の何ものでもない
だろうと思っている。これまでのXX婦像設置運動といい、これといい、最
早末期的かとしか思えない韓国の対日外交政策と姿勢である。

IOCでの最終決定が目前に迫った日本時間9月7日の14:40の時点で、この
韓国の不当な姿勢を敢えて採り上げ批判して置きたい。それ以外にも汚染
水問題での安倍内閣の予備費を活用する対応を海外に懸命に報じようとし
ているとは思えないマスコミにも、例によって不信感が募る。

招致が成功するかどうかばかりを特集する暇があれば、安倍内閣の姿勢を
海外に広く強調するのが彼らの務めではないのか。バックアップするべき
ではないかと感じている。

私はこの時点で大いに不安感を覚えているので、採り上げた次第だ。IOC
委員が逆宣伝に乗せられないことを祈って終わる。



━━━━━━━━━
ベレンコ中尉の9月
━━━━━━━━━

 
  山堂コラム 486

ソ連空軍のヴィクトル・べレンコ中尉。ミグ25戦闘機で函館に突然飛来。
亡命を求めて着陸したのは昭和51(1976)年9月6日である。

オラは外務省・霞クラブ詰めだった。その年の国連総会に出席する小坂外
務大臣同行取材の準備中。ソ連戦闘機の突然飛来という藪から棒、青天の
霹靂――それが数年前まで勤務していた函館。ばんだい号墜落やYS11 暴走
事故の取材で走り回った勝手知ったる空港で勃発。

べレンコのミグは我が国の防空網に一度も引っ掛かることなく侵入飛来。
海面スレスレに飛んだのでレーダーが捕捉できず米軍や自衛隊のインター
セプトを一度も受けなかった。

それが結果オーライだったワケだが、しかし我が国の防空・空の守りは一
体どうなっとるんじゃ。そういう素朴な疑問。当然ぶち当ててはみたもの
の防衛庁の答えはしどろもどろ。今の東電の汚染水問題といっしょ。そ
りゃそうだ、情報は米軍が全部押さえていて六本木は何も知っちゃいない
のだ。

べレンコ中尉は操縦席から降りてくると空に向けて拳銃をババーン。2発
発射したとか何とか。そんな話はすぐ入ってきた。が、ミグが着陸したあ
と空港を警官隊が包囲して自衛隊を中に入れなかった――そうした事実はだ
いぶ時間が経って分かった。

何処の誰がそういう指示を下したのか訝しく思ったものだが勿論米軍(外
務省)に決まっている。米軍が到着してミグ25の機体を接収するまで日本
側に指一本触れさせなかったことでも明らか。こういう修羅場になると、
日本国内であっても自衛隊は結局米軍の指図に従うだけ。

あの事件から40年近くが経った。しかし日米安保条約下での日本の防衛、
その運用面など、実態は当時とそう変わってはいない。中共もロシアも朝
鮮も、理屈はどうであれ日本は米国の属国。その程度にしか考えていな
い。だからこそチャンも尖閣に容易に手は出さないと言える。

憲法9条を変えて自前の軍隊で自国を守る?・・・アベ・自民党の公約は
たしかに頼もしく美しい。だがよ晋ちゃん、そんなこと現実には出来っこ
ないのだ。

1000兆円の借金抱える日本国が独立独歩でその防衛を自前で担うだけの装
備を揃えることができるか?出来るワケねえ。第一この少子化では兵隊に
なる奴がいない。日本国防軍は商売将校・志願下士官ばかりで兵隊なし。
「歩」のない将棋の負(ま)け将棋よ。

永田町ではその戦争のことなど何も知らない戦後生まれのアンちゃんらが
集団的自衛権を合憲化しようとはっちゃき。法制局長官の首すげ替えてま
でやろうとの熱心さだが、米国がくれた平和憲法――専守防衛に徹せられる
というに。

わざわざ集団的自衛権行使の道を開こうのアサハカさ。実現すれば自衛隊
はすぐシリア戦争へ向けての米軍突兵。ベトナム戦争の韓国軍になる。

もともと専守防衛の「丸腰し」ほど強い武器はないのだ。純ちゃんがブッ
シュに騙されてイラク戦争に派遣した自衛隊もせめてもの「丸腰し」だっ
た。だから一人も犠牲者を出さなかった。

永田町の世襲3代目らが画策しているやらずもがなの愚行は戦後60年
余、ご先祖さまが築いてきた我が国の平和立国・全方位外交の努力を水泡
に帰す浅知恵にしか見えんがの如何!

さて小坂外務大臣は国連演説を終えると「日ソ外相協議」のためNY・ソ
連代表部に出向いた。戻って来た小坂大臣は汗びっしょり。例の八光(は
ちひかり)の禿げ頭から湯気が立っていた。「ソ連側の応対?グロムイコ
はふんぞり返って水一杯も出さなかった。あっちが勝手に土足で飛び込ん
で来たのに(小坂談)」

べレンコのミグがレーダーに引っ掛かって自衛隊機が撃墜していたらどう
なっていたか。水の一杯云々では済まなかっただろう。そのソ連、ロシア
になっても何も変わっちゃいねえでふんぞり返っている。今やG−20の
主催国だと。ああ、恐れ入谷のイワンのバカ。(了)




━━━━━━━━━━━━━━━
国際競争力ランキング 日本9位
━━━━━━━━━━━━━━━


          古澤 襄

スイスの経済研究機関が2013年版の国際競争力ランキングを発表した。日
本は9位、中国は29位。韓国は順位を6つ下げて25位、日本の足を引っ張
ることに汲々としていれば、こういうことになる。自業自得ということか!

【大紀元日本9月7日】スイスの経済研究機関「世界経済フォーラム
(WEF)」は4日、2013年版の国際競争力ランキングを発表した。上位
10カ国はスイス、シンガポール、フィンランド、ドイツ、米国、スウェー
デン、香港、オランダ、日本、英国の順である。中国は前回と同じ29位。

 同ランキングは世界148の国と地域を対象に、経済・財政、インフラ、
教育水準、技術革新などの分野で100以上の指標の評価に基づいており、
グローバル企業にとってはビジネス環境の優劣を示したもの。

日本は前回の10位から順位を1つ上げて9位となった。順位の上昇は3年
ぶりで、分野別順位で高評価を得たのは、「ビジネスの洗練度」の1位、
「市場規模」の4位、「技術革新」の5位。

あわせて発表された報告書は、創造力と革新力及び公共機構の実力は徐々
に国の競争力発展のカギになると指摘した。中国については、幹部の汚
職、安全リスク、責任追及体制の欠陥、商業道徳基準などに問題があり、
競争力を低下させていると記した。
  
同じアジアの国では、台湾は前回より1位上昇して12位、韓国は順位を6
つ下げて25位。(大紀元)
2013.09.08 Sunday name : kajikablog




━━━━━━━━━━━
私の「身辺雑記」(30)
━━━━━━━━━━━


      平井 修一

■9月6日(金)。薄曇り。朝は27.5度、昼も28度で涼しい。散歩コースで
はツクツクホウシが一匹だけ鳴いていた。夏もようやく終わりになってき
て、犬ともども「生き延びた」とほっとしている。

涼しいのでバス通りを越えてフルコースを散歩したのだが、バスは停留所
に停まっているし、反対車線も車がないからバス通りを渡ろうとしたら、
危うく猛スピードのスポーツ自転車とぶつかりそうになった。反対車線を
見ていた2、3秒の間に自転車がバスを追い越して突っ込んできたのだ。恐
ろしいことである。

小生は動体視力が弱ってきたので1年以上、車を運転していないが、こち
らの注意不足もあるとはいえ、自転車も安全運転を心掛けてもらわないと
危ないことこの上ない。

老化とともにこうした危険は増えるし、小生も自転車で人をぶつけること
もあり得る。猛暑の夏を「生き延びた」とほっとしている場合じゃない。
油断も隙もありゃあしないという時代なのだ。

夜は肌寒く、シャツを着てタオルケットをかけて寝る。

■9月7日(土)。薄曇り。朝から26度。2か月ぶりに温かい紅茶を飲んだ。
夏明けだ。桜並木の落ち葉も増え、ヒマワリも片づけられた。

先日、カミサンは勤務後の「医療情報の交換をする定例会議」で帰宅が遅
くなった。いわゆる「カイゼン会議」で、管理職だからサービス残業だ。
今も昔も管理職は大変だが、昔は過労死していたが今は「殺されるのは
まっぴらご免だ、あの会社はブラック企業だ」と裁判沙汰になる。

ネット時代だからそういう情報は結構広まり、マスコミも「あの会社はス
ポンサーだから」と控えていたものの、遅ればせながら報道することもあ
る。マスコミが情報独占できていた時代ではなくなったということだ。
ネットではユニクロ・柳井はずいぶん叩かれていたが、求人などでは大き
なマイナスだろう。

今朝カミサンが「ソフトバンクって韓国系なの?」と聞く。

「孫正義(まさよし)は韓国系か北朝鮮系かは知らないが、日本国籍を
とっていると思うよ」
「私のケータイ、ソフトバンクから変えようかな・・・」

カミサンは韓国人の八つ当たり的、偏執狂的、逆恨み的、厚顔無恥的、無
知蒙昧的、下劣的なしつこい日本叩きに怒っているのだろう。天に唾し
て、唾は韓国の顏に落ちる。自業自得だ。

<孫正義は1990年、日本に帰化。本人によると、朝鮮民族固有の孫氏とは
異なり、約1000年前に中国南朝の宋から戦乱を避け高麗へ帰化した一族の
末裔とのことである。1947年に孫一族は朝鮮南部から船で日本へ渡り、正
義の父である三憲によって、消費者金融、密造酒、パチンコを家業として
財を築いた>(ウィキ)

<今から一世紀前。韓国・大邱で食い詰め、命からがら難破船で対馬海峡
を渡った一族は、豚の糞尿と密造酒の臭いが充満する佐賀・鳥栖駅前の朝
鮮部落に、一人の異端児を産み落とした。

“在日三世”として生をうけ、泥水をすするような「貧しさ」を体験した孫
正義氏はいかにして身を起こしたのか。そして事あるごとに民族差別を受
けてきたにも関わらず、なぜ国を愛するようになったのか。なぜ、東日本
大震災以降、「脱原発」に固執するのか――。全ての「解」が本書で明らか
になる>(佐野眞一著「あんぽん 孫正義伝」の広告より)

孫正義は在日の立志伝中の人物である。韓国が誇るべき人であり、在日あ
るいは帰化した人で日本人からも敬意を表される人は多いだろう。小生が
お世話になった旅行会社サイクル社長の宮本保雄氏も業界から尊敬されて
いた。

彼らは人一倍努力してそれぞれの地で信用を築いてきた。韓国がそんな
人々の足を引っ張るように、「嫌韓」感情を煽る愚かな日本バッシングを
続け、マスコミも遅ればせながら報道すれば、「所詮韓国が世界にアピー
ルできるのは朝鮮ピーとテロリストだけか」と日本人からバカにされるだ
けである。そろそろそれを悟った方がいい。

夜は一族そろって11人で食事。厨房担当はくたびれた。(2013/09/07)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『人生がときめく片付けの魔法』に学ぶ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━


             伊勢 雅臣
 
■1.『片付けの魔法』に見る日本古来の生命観

近藤麻理恵さんの『人生がときめく片付けの魔法』は130万部も売れて、
平成24(2012)年上期のベストセラーとなった本だが、今頃になって読んで
みた。本講座で取り上げるつもりではなく、日頃から整理が下手で、周囲
にいろいろな物が乱雑に積み上がっているので整理術の参考に、と思って
読んでみた次第。

ところが、この本は単なるノウハウ本ではない。大げさに言えば、すべて
のモノには命がある、という日本古来からの生命観に基づいて、そのモノ
のいのちとどうつきあうか、という人生観を論じている。たとえば、こん
な一節がある。


<押し入れやタンスの奥にしまわれ、その存在すらも忘れ去られてしまっ
たモノたちがはたして大切にされているといえるでしょうか。 もし、モ
ノに気持ちや感情があるとしたら、そんな状態がうれしいはずはありません。

一刻も早く、牢獄、あるいは離れ小島のような場所から救出してあげ
て、「今までありがとう」と感謝の念を抱いて、モノを気持ちよく解放し
てあげてください。
 片付けをするとスッキリするのは、人もモノもきっと同じだと、私は
思っています。>[1,p88]

「世の中のすべてのものには生命(いのち)がある」というのが、日本人
の心の奥底に眠る太古からの生命観だが、この本がベストセラーとなった
のは、それを揺り動かしたからであろう。


■2.モノにはすべて役割がある

片付けは不要なモノを捨てることから始まる。しかし、モノを捨てるこ
とに多くの日本人は「もったいない」という罪悪感を抱いてしまう。その
ためにモノがあふれて整理どころではなくなるのが、片付けが進まない大
きな理由である。

モノを捨てることを罪悪と感ずるのは、やはりモノに生命を感じて、そ
れを殺してしまうから、と考えるからである。それを「無駄なモノは捨て
るべき」という近代的合理主義では、日本人の罪悪感を拭いきれない。

この点を、近藤さんは次のように説く。


[たとえばあなたの洋服ダンスの中に、買ったけれどもほとんど着なかっ
た服があれば、その一つを思い浮かべてみます。なぜ、その服を買ったの
でしょうか。

「お店で見て、かわいいと思ったから、つい、、、」
 買った瞬間にときめいていたのなら、その服は「買う瞬間のときめき」
をあなたに与えたという役割を一つ、果たしたことになります。][1,p86]


 \とすると、その服はすでに自分の役割を果たしている。だから「買っ
た 瞬間にときめかせてくれて、ありがとう」といって、捨ててあげれば
いい のです、と近藤さんは説く。

モノとのご縁は人とのご縁と同じで、すべての人が親友になったり、恋
人になったりするわけではない。一期一会(いちごいちえ)のご縁をいた
だいた人には「ありがとう」と言って別れるのと同様に、買った時のとき
めきを貰った服にも、「ありがとう」と言って、お別れすればいい、と言
うのである。


■3.モノとのご縁

「ご縁」という言葉は、日本古来からの世界観のキーワードである。ヒト
もモノもすべてがいのちを持っており、「世の中」はいのちといのちのつ
ながり、すなわち「ご縁」でできている、と太古から日本人は考えてきた。


[あたりまえのことのようですが、モノがおうちにあることって、ものす
ごいご縁だと思いませんか。たとえば、一着のシャツ。たとえそれが工場
で大量生産されていたモノだとしても、あなたがその日にそのお店で買っ
てきたそのシャツは、世界でたった一つしか存在しません。

モノとのご縁は、人と人とのご縁と同じくらい、貴重で尊い出会いなの
です。
 だから、そのモノがあなたの部屋にやってきたのには、必ず意味がある
はずです。][1,p251]

その日そのお店で出会った服ががあなたの許にやってきたのは、その時
にあなたをときめかせてくれた、という意味があったのである。その意味
を果たしてくれたご縁に感謝して、それ以来着なくなった服は、タンスと
いう牢獄に閉じ込めるのではなく、捨てる。それがモノにとっての新たな
門出だと、近藤さんは説く。


■4.モノを捨てることはモノにとっての新たな門出

モノを捨てることが、なぜ門出なのか。捨ててゴミ処理工場で燃やされ
たら、モノのいのちはなくなってしまうのではないか。この疑問に、近藤
さんはこう答える。


[すべてのモノは、あなたの役に立ちたいと思っています。モノは、捨て
られて燃やされたとしても「あなたの役に立ちたい」というエネルギーは
残ります。

エネルギーとなって自由になったモノは「〜さんという、素敵な人がいる
よ」とまわりに知らせながら、世の中を回ります。そして、「今のあな
た」にとって、一番役に立ってくれるモノ、一番幸せにしてくれるモノと
なって、また戻ってきてくれるのです。

 それは、たとえば服なら、新しい素敵な服となって戻ってきてくれるか
もしれないし、ときには情報やご縁など形を変えて、戻ってきてくれると
きもあります。][1,p252]

合理主義的に考えれば、そんなバカなと思うかもしれない。しかし、物
理学的に考えれば、服が焼却されて発生した二酸化炭素が樹木に吸収さ
れ、その樹木から紙が作られて、本の形になってまた世間に戻ってくるか
も知れない。

世の中をそういう生命の循環と捉えるのが、日本的な世界観である。
「七生報国(七度生まれ変わって、国のために尽くそう)」とは楠木正成
の言葉であるが、今この肉体が滅びても、やがてその魂が新しい肉体に生
まれ変わって、世の中に戻ってくると考える。

[だから、モノを捨てるときは、「あーあ、全然使わなかったなあ」とか
「まったく使わなくて、ごめんなさい」というふうに思うのではなくて、
「私と出会ってくれてありがとう」「いってらっしゃい! また戻ってき
てね」と元気でおくりだしてあげるのが正解です。

 いまはもうときめかなくなったモノを捨てる。それは、モノにとっては
新たな門出ともいえる儀式なのです。ぜひその門出を祝福してあげてくだ
さい。]


■5.「心がときめくモノだけを残す」

もう一つ、片付けで難しいのは、何を捨て、何を残すかを決めることだ
ろう。服にしても本にしても、そのうち使うだろうと考えていては捨てる
という決心がつかない。その結果、モノがあふれ、整理できない状態と
なってしまう。

この点に関する近藤さんのユニークな主張は、「モノを一つひとつ手に
とり、ときめくモノは残し、ときめかないモノは捨てる」という点であ
る。「心がときめくかどうか」とは、いかにも女性らしい感性豊かな表現
だが、これを近藤さんはこう説いている。

[心がときめかない服を着て、幸せでしょうか。
 積ん読したままの、心がときめかない本に囲まれて、幸せを感じます
か。・・・

答えは「いいえ」のはずです。

こころがときめくモノだけに囲まれた生活をイメージしてください。そ
れこそ、あなたが手に入れたかった、理想の生活ではありませんか?

 心がときめくモノだけを残す。あとは全部、思いきって捨ててみる。
 すると、その瞬間から、これまでの人生がリセットされ、新たな人生が
スタートするのです。][1,p64]


■6.モノに「お疲れさま」「今日もいい仕事をしたね」

「こころがときめくモノだけに囲まれた生活」とはどんなものか、近藤さ
んは自分の生活をこう記している。[1,p172]


[仕事を終えて帰宅してからの私の日課は次のような感じです。

カギを開けてドアを開くなり、まずはおうちに向かって「ただいま!」
と声をかけます。玄関の三和土(たたき)にある昨日履いて一日置いた靴
に「昨日はお疲れさま」と話しかけながら、靴箱に戻し、靴を脱いでそろ
えたら、キッチンでやかんに火をかけ、寝室へ。

バッグをふわふわムートンのラグの上にそっと置いて、まずは部屋着に着
替えます。着ていたジャケットとワンピースをハンガーにかけつつ、「今
日もいい仕事したね」とねぎらい、・・・引き出しから部屋着を気分に合
わせて選んで着替えたら、窓際にある腰くらいの高さの観葉植物にも「た
だいま!」と葉っぱをなでなで。]



 こうして大切にされるモノは光っている、と近藤さんは言う。


[愛する人ができた女性は、彼から受ける愛情そのものはもちろん、自分
が愛されているという自信や、彼のためにもっときれいになろうと努力す
る気持ちがエネルギーとなり、肌はつやめいて瞳はキラキラと輝きを増
し、どんどんきれいになっていきます。

モノも同じように、持ち主の愛情ある眼差しを受けてていねいに扱われる
ことで、「この人のために、自分の役割をもっと頑張って果たそう」とエ
ネルギーにあふれ、いきいきと輝きを増していくのです。][1,p262]

■7.モノと心の通う幸福な生活

モノに「お疲れさま」「今日もいい仕事をしたね」と声をかけるのは、
我々の生活をモノが一生懸命支えてくれているからである。

[一流のスポーツ選手が道具を神聖なモノとして扱い、ていねいに手入れ
をし、大事にするというのはよく聞く話です。きっと彼らは自然に、そう
したモノの力というものを感じているのだと思います。

だとしたら、特別な仕事道具じゃなくたって、服もバッグもペンもパソコ
ンも、ふだん使っている一つひとつのモノ全部を大切に扱えば、あたりま
えの毎日に心強い助っ人が一気にできるようなもの。・・・

 私達が意識していなくても、モノは本当に毎日、持ち主を支えるために
それぞれの役割を全うしています。一生懸命私たちのために働いてくれて
いるのです。][1,p224]

「片付け」とは、すでに役目を終わったモノには新たな門出をして貰い、
残された「心ときめくモノ」との心の通う生活を実現することなのである。


■8.忘れていたモノの命との付き合い方

法隆寺は1300年以上も前に建立された現存する世界最古の木造建築であ
る。その法隆寺に代々仕えてきた宮大工・西岡常一棟梁によれば、木には
二つの命がある。[a]

自然の中で生育している間の樹齢と、用材として生かされている間の耐
用年数と。そして自然の木のいのちをいただいて、新しい用材としてのい
のちを与えるのが、大工の役目だという。

そして宮大工は建物を建てる時に祝詞(のりと)をあげる。


[わたしたちはお堂やお宮を建てるとき、「祝詞(のりと)」  を天地の
神々に申上げます。その中で、「土に生え育った樹々のいのちをいただい
て、ここに運んでまいりました。これからは、この樹々たちの新しいいの
ちが、この建物に芽生え育って、これまで以上に生き続けることを祈りあ
げます」という意味のことを、神々に申し上げるのが、わたしたちのなら
わしです。]  [3,p53]


木々にお宮という新しいいのちを与えることを誓う西岡棟梁の心持ち
は、おうちに向かって「ただいま」と挨拶する近藤さんの心根に通じてる。

モノが溢れる中で、我々は先祖から伝えられた一つひとつのモノのいの
ちとの付き合い方を忘れてしまっていた。しかし、忘れた事は思い出せ
る。近藤さんの本が130万部ものベストセラーになったのは、日本人の
心の底で眠っていた生命観を揺り動かしたからであろう。

そしてその「モノのいのち」という生命観を思い出せば、「物質文明か
精神文明か」という二分法は単純すぎることに気がつく。モノのいのちを
大切にし、モノとの付き合いが心の豊かさを生む文明を我が先人たちは育
んできたのでである。


■リンク■

a. JOG(041)  地球を救う自然観
 日本古来からの自然観をベースとし、自然との共生を実現する新しい科
学技術を世界に積極的に提案し、提供していくことが、日本のこれからの
世界史的使命であるかもしれない。

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 近藤麻理恵『人生がときめく片付けの魔法』★★★、サンマーク出版、H22
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4763131206/japanontheg01-22/

2. 西岡常一『木のいのち木のこころ(天)』★★★、草思社、H5
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4794205325/japanontheg01-22/

3. 西岡 常一、 小原 二郎『法隆寺を支えた木』★★★、NHKブックス、S53
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4140013184/japanontheg01-22/



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎ローフス・ミシュ氏が死去、ヒトラーの元護衛 96歳

【AFP=時事】ナチス・ドイツ(Nazi)の総統アドルフ・ヒトラー(Adolf
Hitler)の元護衛で、第2次世界大戦末期のヒトラー最後の日々を目撃し
た最後の生存者、ローフス・ミシュ(Rochus Misch)氏が5日、ベルリン
で心臓発作のため死亡した。96歳だった。ミシュ氏が書いた本の著作権代
理人ミヒャエル・シュティーレ(Michael Stehle)氏が6日明らかにした。

ヒトラーの元護衛、「今後も秘密は明かさない」(2007年7月30日)

 ヤエル・カッツ・ベン・シャローム(Yael Katz Ben Shalom)監督のド
キュメンタリー映画『The Last Witness』(2005)の中でヒトラーについ
て「いいボスだった」と語ったミシュ氏は、ドイツ降伏の数日前に自殺し
たヒトラーと地下壕で行動を共にした1人。

2005年にAFPが行ったインタビューでミシュ氏は、ヒトラーと、自殺直前
に結婚した妻のエバ・ブラウン(Eva Braun)の死について、「ヒトラー
はテーブルに座ってうつ伏せに倒れ、エバは彼の隣に横たわっていた。私
はそれをこの目で見た」と証言している。「彼は廊下でさようならと言っ
て、部屋に入って行った。邪魔をしないでほしい、と言ったのを覚えてい
る」

■ソ連軍の捕虜になり抑留

ヒトラーは死ぬ覚悟のエバ・ブラウンを毒殺し、自分は頭を撃った。歴史
家は、遺体は燃料をかけられて焼かれた、と信じている。 それは驚きで
はなかった、とミシュ氏は付け加えた。「司令官たちは全員がヒトラーを
避難させたいと願ったが、彼はだめだ、ベルリン(Berlin)に残ると言っ
た」

その2日後、ソ連軍がベルリンの総統官邸を襲った1945年5月2日、当時27
歳だったミシュ氏は電話交換手として働いていた地下壕から最後に逃れた
人たちの1人だった。ミシュ氏はソ連軍の捕虜となり、カザフスタンとシ
ベリア(Siberia)で1953年まで抑留された。

現在のポーランドのシュレジエン(Silesia)地方に生まれたミシュ氏は
ペンキ職人になり、その後ナチス親衛隊(SS)に加わって1940年からヒト
ラーの護衛をした。

抑留から帰国した後は画家として働いた。2008年に出版した著作「Der
Letzte Zeuge(最後の目撃者)」がベストセラーになり注目を集めた。
シュティーレ氏によるとこの本の英訳が来月出版予定だという。【翻訳編
集】 AFPBB News
AFP=時事 9月7日(土)10時31分配信


 ◎米の月探査機打ち上げ NASA、10月に到着

米航空宇宙局(NASA)は6日、月の非常に薄い大気に含まれるちりを
軌道上から観測する無人探査機「LADEE」を、米バージニア州のワ
ロップス飛行施設から打ち上げた。しばらく地球の周囲を回った後で月に
向かう軌道に乗り、10月初めに月に到着する予定だ。

探査機は高さ約2・4メートル、直径1・9メートル、重さ約380キロ。
大型の小惑星や太陽系の他の惑星を回る衛星には、月と似た薄い大気を持
つものがあると考えられており、ちりの性質を調べて将来の探査に向けた
手掛かりを得る狙い。

打ち上げには米軍の余った弾道ミサイルを改造したミノタウロス5ロケッ
トを使用。探査機は月の上空20〜60キロを回り、約100日間の観測を行う
計画。(共同)/【産経ニュース】 2013.9.7

〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎“幻のヘビ”見つける・酒田 日本固有種「シロマダラ」

酒田市草津の山間で、環境省猛禽(もうきん)類保護センター自然保護専
門員の長船裕紀さん(28)が、報告例が少なく一部地域で“幻のヘビ”と呼
ばれる「シロマダラ」を発見した。県のレッドデータブックでは
「DD(情報不足)」に指定されている。

発見されたシロマダラは体長51センチほど。4日午後8時50分ごろ、同セン
ター近くを車で走行中、路上にいるのを見つけたという。長船さんは「道
にヘビがいるのは珍しくないので一度通り過ぎたが、気になって引き返し
たら『当たり』だった」と話す。

シロマダラは日本固有種で、灰褐色に黒い横じま模様が入る。毒はない。
国内に広く生息するとされるが、夜行性で人目に触れにくい。長船さんは
「希少かもしれないし、見る機会が少ないだけかもしれない。この発見で
報告例が増えるなら、それもうれしい」と話していた。
山形新聞 9月7日(土)13時5分配信



 ◎お茶の水女子大、来年度から4学期制…留学促進

お茶の水女子大(東京都文京区)が学生の海外留学促進のため2014年度か
ら、4学期制を全学部・大学院で導入することがわかった。

文部科学省によると、大学院大学を除き、国立大で全学実施は初となる。
東京大が15年度末までの4学期制への全面移行を決めたほか、検討する
他大学も増えており、4学期制移行の流れが加速しそうだ。

お茶の水女子大は現行の前期・後期をそれぞれ二つに分割し、各学期を約
2か月間とする。6、7月の第2学期に必修科目をなるべく開講せず、
8、9月の夏休みと合わせて長期の休みを学生が取得できるようにして、
海外大学のサマープログラムに参加しやすくする。教員養成課程など通年
での履修が必要な科目もあり、可能な科目から順次実施していく。


  ◎●●◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇写真情報網◆◇◆●●
*******週刊AWACS 2013 年9月8日********

マドリードが優勢なんてことが言われていましたが、1回目の投票で東京
が42票で1位、イスタンブールとマドリードが2位同数になり、2都市
だけで再投票、結果はマドリード45票、イスタンブール49票でマドリー
ドが初めに落選しました。決選投票では東京60票、イスタンブール36票
で東京に決定!

なんとなくアベノミクスから、本格的アベノミクスへと歩き始めました。
日本再生が本物にならんとしています。大変に喜ばしいことです。と言う
ことで今日もまた、自宅で祝杯です!万歳!

2020東京オリンピック競技大会開催概要
?正式名称:第32回オリンピック競技大会
?開催期間:2020年7月24日(金)〜8月9日(日)
?競技数 :28競技
2020東京パラリンピック競技大会開催概要
?正式名称:第16回パラリンピック競技大会
?開催期間:2020年8月25日(火)〜9月6日(日)
?競技数 :22競技

では、今週号をお楽しみください。
http://datefile.iza.ne.jp/blog/entry/3179325/

2013/9/8  唸声 


 ◎2020年夏季五輪は東京開催が決定、56年ぶり
2013年 09月 8日 07:09 JST

1 of 1[Full Size]トップニュース
米大統領がシリア軍事行動に向けた姿勢崩さず、G20内の溝浮き彫り
G20首脳会議が閉幕、世界経済の危機脱却宣言「時期尚早」
米株は横ばい、雇用統計でFRBの量的緩和縮小見通し変わらず
情報BOX:G20各国首脳の発言[ブエノスアイレス 7日 ロイ
ター] - 国際オリンピック委員会(IOC)総会は7日、2020年夏 季五
輪の開催都市を東京に決定した。東京での開催は1964年以来56年ぶり。

東京は第一回投票を1位で通過。ともに決選投票に進んだイスタンブール
(トルコ)を60対36で制し、念願の五輪開催をつかんだ。

安倍晋三首相も現地入りし、最終プレゼンテーションの場で東京電力福島
第1原発の汚染水漏れ問題に対する懸念払しょくに懸命に努めていた。

安倍首相はロイターに対し、招致に携わったすべての関係者にお礼を述べ
たいとした上で、素晴らしい五輪開催を実現すると喜びを語った。

東京招致委員会の竹田恒和理事長は、東京が選ばれて光栄とし、帰国した
らまず日本の国民全員にお礼を言いたいと述べた。

次期IOC会長候補のトーマス・バッハIOC副会長は、東京の五輪開催
決定について「伝統的な候補者と新生との戦いだった」とし、「今回は伝
統的な候補者(である東京が)が勝利した」と指摘した。

東京、イスタンブールのほか開催候補地に名乗りを上げていたマドリード
(スペイン)は、第一回投票でイスタンブールと2位で並んだが、その後
の投票で落選。イスタンブールが決選投票に進んでいた。


〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎高岡氏より
【国際情勢分析 岩田智雄の目】
メータ氏のコンサートを批判する分離・独立派 過激派の脅迫も
2013/09/07 14:06更新

世界文化賞受賞者でもあるズービン・メータ氏のコンサート会場の設営作
業に追われるインド人労働者たち。イスラム教徒の強硬派は、コンサート
開催に反発している=3日、インド北部ジャム・カシミール州スリナガル
(AP)

ズービン・メータ氏

インドとパキスタンが領有権を争うカシミール地方のインド支配地域で行
われるコンサートにイスラム教徒の分離・独立派組織などが反発し、論議
を呼んでいる。指揮をするのは、インド出身の世界的指揮者で高松宮殿下
記念世界文化賞受賞者のズービン・メータ氏(77)。ヒンズー教徒とイ
スラム教徒住民による衝突や印パの交戦が続くこの地域に「平和の時間を
届けたい」との思いで初めてカシミールの指揮台に立つが、コンサートは
過激派の襲撃予告にも脅かされている。

 ■「平和を届けたい」

コンサートは7日、インド北部ジャム・カシミール州の州都スリナガルで
行われる。メータ氏はドイツのバイエルン国立管弦楽団を指揮し、ベー
トーベン、ハイドン、チャイコフスキーの曲を演奏する。在印ドイツ大使
館が主催し、約1500人が招待された。ミハエル・スタイナー大使
(63)は声明で「音楽は万人に共通の言語だ。その不思議な力で地理
的、政治的、文化的境界を越えてカシミールの人々の心に希望と励みを届
けたい」と述べた。

コンサートの模様は、インドと欧州のテレビでもライブ放送される。メー
タ氏は1998年から2006年までバイエルン国立管弦楽団の音楽監督を務め
た。昨年7月、ドイツ政府の勲章をスタイナー大使から授けられた際、カ
シミール地方でコンサートをしたいと表明し、ドイツ政府が協力すること
になったという。

メータ氏はインド誌アウトルックの取材に「ヒンズー教徒とイスラム教徒
がたとえ象徴的であったとしても1時間半、一緒になって音楽を聴けば、
コンサートは平和をもたらすことができるのではないか。物理的に変えら
れるものはわからないが、精神的には人々に平和を届けることができるだ
ろう」と述べた。

 ■ストを呼びかける分離派

一方で、ジャム・カシミール州では、さまざまなイスラム教分離・独立派
組織が活動している。このうち、州のパキスタンへの統合を訴える強硬派
のサイード・アリ・ギラニ氏(83)率いる「自由協議会」は声明で「カシ
ミールの人々は、痛みや苦しみを理解し和らげようとする真剣な努力がな
されていないことに心から不満を持っている」と計画の再考を迫り、「カ
シミール地方は領土紛争地であり、いかなる政治的、外交的、文化的活動
も情勢に影響を与える」としている。

インド政府により、自宅軟禁下に置かれているギラニ氏は2日、コンサー
ト前日の6日にイスラム教の礼拝後の抗議デモを行い、7日にストライキ
に参加するよう市民に呼びかけた。

ギラニ氏はまた、コンサートを「イスラエルの主張を宣伝するものだ」と
述べている。別の強硬派女性組織も「イスラエル、インド、アメリカの悪
の枢軸によるものだ」と非難する。米国の永住市民権を持つメータ氏は、
イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団を長年指揮して終身音楽監督に就
任しており、分離・独立派はメータ氏を敵視しているとみられる。

 ■国民は圧倒的に支持

こうした中、カシミール地方でインド軍に殺害されたり、暴力を受けた市
民を擁護する人権団体「ジャム・カシミール市民会議連合」は、メータ氏
のコンサートに対抗して同じ日に別のコンサートを行うことを計画した。

代表のクラム・パラバイズ氏は「メータ氏を個人攻撃しているわけではな
いが、ドイツ政府はインド軍と協力してコンサートをしようとしており、
コンサートはインドによるカシミール地方の支配を正当化することにな
る」とし、「多くのメディアが取材に来る機会をとらえ、自分たちでコン
サートを開き、カシミールの現状を訴えたい」と話した。

ただしインドでは、東日本大震災直後の日本でも被災者を勇気づけるコン
サートを行ったメータ氏を支持する意見が圧倒的だ。

2日付のヒンドゥスタン・タイムズ紙は社説で、「分離・独立派は支持を
得るための大義が尽きてしまったか、懸命に正統性を維持しようとしてい
るかのどちらかだ」と批判した。無名のイスラム過激派がコンサートの妨
害を予告しており、社説は、州政府にコンサートを無事行えるよう対応を
求めた。

カシミール地方のライジング・カシミール紙も「コンサートはジャム・カ
シミール州の観光を再生させることができる」と訴えている。

(いわた・ともお ニューデリー支局)(情報収録・中山)


 
━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)私は神奈川県の西端、箱根外輪山のふもとの町昭和38年(1963)に
横浜から転居したとき、夜は蚊帳をつり、蚊が多く、セミは我が家の木に
抜け殻をくっつけていた。

昆虫が多いゆえに蛙がいて、ゆえに蛇がいた。夜はフクロウの鳴き声が聞
こえた。

今は盛夏でもセミの声なく、トンボなく蛙なく、ゆえに蛇がいなくなり
サイレントスプリングならぬサイレントサマーになった。秋口で稲穂は
実っているが。

あに東京のみならんや。やけに増えたのが自動車。こんな田舎で交通渋滞
がある。(松宮 昇)


 2)毛馬一三氏はご存知でしょうが、伊丹市にある柿衞文庫に蕪村コー
ナーがあります。「柿衞文庫」。(まこと)
http://www.kakimori.jp/


 3)ドイツ在住のべックマンさんが ドイツでの慰安婦捏造話について

あちらで抗議してくださっていること、たいへん有り難いことです。

アメリカでのコリアン団体やシナ人団体の暗躍はよく伝わってきますが
欧州では一体どんな活動をしているのか 日本では報道されていません。

日本政府、アメリカに脅されてか、シナとコリアと事なかれ主義でうまく
いくと読み違えていたのか、今まで何も反論せず(認めたこと)、ただ
「謝罪し た」(認めたこと)に終始してきました。

その地で活躍なさっている同胞、しかも女性が、しっかりと証拠をそろえ
て反論してくださる

草の根外交に、感謝申し上げるとともに今後ともますますよろしくお願い
します。また、アメリカのように彼の地で同胞の ネットワークをつくり
日本のなでしこアクションと連絡しながらドイツの人々に事実(真実)を
伝えてくださったら素晴らしいと存じます。   中山拝 




━━━━━━━
身 辺 雑 記 
━━━━━━━


東京へのオリンピック招致を徹頭徹尾、邪魔した某国、国営通信で誤報し
てしまった国。いずれも 天下に恥をさらした。尤も両国とも亡国がまっ
ているから、われわれは黙っていれば良い。

それにしても安倍首相はついている。これでアベノミックスの大成功は間
違いない。デフレ脱却も正夢となった。

親父(晋太郎)外務大臣秘書官になったころの晋三はまるで使い物にならな
かったが人間とは実に成長するものだ。前任者として敬意を表する。


読者:5255人。


ご投稿、ご感想をお待ちしております。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
-- 
渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/09/08

    承認ゾンビ、とは。



     承認欲求(人に好かれたい、褒められたい、とにかく認められたい)を



     ひたすら追い求め彷徨い続ける姿が

     まるでゾンビのようになってしまっている人のこと。



    ダメ男に尽くす、一人でも多くの人に好かれたい、

    とにかく自分を認めて欲しい、褒められたい、etc



    で、これは素晴らしいことです。





    なぜ?

     必死で本気だから。



     仮にいつかステキな女性と恋愛したい男性が二人いて



    「モデルみたいな女と付き合ってみたいな」



    が同じだとしても1人は



     マジでそうなれたら良いな、でもまぁ

    今そんなに焦ってないし、いつか本気出せばなんとなかるし

    俺そんなにモテないわけじゃねーし、マジ余裕だし





     という人ともう1人は



     マジで恋愛したい、モテるようになりたい!

     今本気で寂しい、マジなんとかしてーよ



     では結果が異なる。



     本気の人は変われる。



    それはビジネスでも歌でも同じ。



     本気でそれを求めよ。

     心の師ナポレオン・ヒル博士は言う。



      多くの人が豊かになれないのはそれを本気で求めないからだ。

      あなたがもし自分の求める成功を心の底から願望として願えば

     その思考が現実となる、と。





    だから

    人に好かれたい、認められたい、褒められたい!

    これをどうしても満たしたくて本気で追い求める事が出来る人は



    「まぁ出来るならそうなりたいけど、今本気出さなくても

     いつかなんとななるしー」



    などという人より圧倒的に成功する確率が高い。



    ----------------------------------



     良い所見せたい、それは良い事。

    それを本気で追い求める事は良い事。



     逆に本気で求めてないなら無理。



    なぜなら



    良い所見せようとして成功する



     これは簡単ではないから。

    どうしたって乗り越えなければならない壁もある、その時



     本気じゃない人は簡単に言い訳する。

    そして甘えて逃げる。



     「マジでそうなれたら良いな、でもまぁ

    今そんなに焦ってないし、いつか本気出せばなんとなかるし

    俺そんなに困ってねーし、マジ余裕だし」



    そうして



    「次があるから今度で良いや」

     「あとにしよう」

     「チャンスはこれしかない訳じゃない」

     「またいつかそのうち、きっとなんとかなる」





     人はなかなか本気になれないし、なっても行動しないし

     しても続かない。



    だけれどももし

    承認欲求(人に好かれたい、褒められたい、とにかく認められたい)を



     ひたすら追い求め彷徨い続ける姿が

     まるでゾンビのようになってしまっている人は



     その願望に対して本気である証拠。

    なんと言っても、自分に嘘がない。





    あきらめきれない、あきらめるなどできない、なんとしてでも

     その願望を満たしたい、と彷徨う、それは



     みっともないことではなく、かっこ悪くもなく



     むしろ、すっごい才能だと言えるのではないだろうか。



    むしろすかして言い訳して、挑戦もしなければ

    現実から逃げ、そのくせ



    今そこまで困ってねーし、と誤摩化す事の方が

     よほど卑怯で愚かでみっともない。



    なにかを達成したいなら必ず幾度かの壁が来る。

    それを乗り越えようとせず言い訳する人より



     まわりから「キモい」「ばかじゃねーの?」と言われようとも



    自分の追い求める達成を、のたうち回ってでもあきらめない

     そういう人の方が結局



     成功する確率が高いのはある意味、当然、ではないでしょうか。





  • 名無しさん2013/09/08

    慢性疲労症候群なる病名が知られるようになる前のことでした。そして、この体験をする以前にも、原因不明の疲労感が何回か体験していました。だいたい最初はカゼのような症状で始まるのですが、これがなかなか治らないのです。しかも異常な疲労感があり、どうもカゼとは違うのではないかという感じでした。病院に行っても最初はカゼと診断されるのですが、その後はどうも変なのでいろいろな検査をするのですが、どこにも異常がありません。たとえば、肝臓が悪いのではないかとか、重症筋無力症ではないかとか、エイズではないかとか、考えられるようないろいろな病気を疑ってみても、どこにも異常が見つからないのです。医者としても他の原因が見つからない以上は、首をかしげながらも、風邪が長引いているのだろうとしか言いようがありませんでした。医者によっては脚気ではないかということで、ビタミン剤を処方してくれた人もいました。そんなわけでカゼ薬などを飲み続けたりするのですが、だいたい1ヵ月から3ヵ月くらいするといつの間にか症状が軽くなっていって、疲労感などが気にならなくなっていました。

     こういうことが何回かあったので、そのうちにこれは精神的なことが原因ではないかと思うようになりました。このような不可解な症状は他にもあったのです。たとえば朝から頭痛がひどくて、薬を飲んでも全然治らないので、病院に行こうと思い、起き上がって着がえをした途端に、嘘みたいに頭痛が消えてしまい、いったいこれは何なんだ、というようなこともありました。あるいは、歩くと乗り物酔いになるというような、わけの分からないような症状が出たこともありました。このようなことから、私の心にはさまざまな葛藤がありますので、そういった心の問題が身体の症状となって現われているんじゃないかと、なんとなく理解していたのです。



     その時も、軽い風邪のような症状から始まって、異常な疲労感が続いていましたが、どうせ精神的なことが原因なのだろうからと思い、病院には行きませんでした。しかし、精神的なことが原因なんだとは言っても、具体的にはどんな問題が原因なのかということまでは分からなかったのです。その瞬間が来るまでは。



     まあそういう状態だったので、特に治そうともせずに、症状が出ても症状のままにまかせていました。おそらくこれが神経症の人ですと、何とか克服しなければということで必死になってしまい、ますます泥沼にはまっていくのでしょうが、私は過去に一通りの検査は受けていましたので、あとは心の問題が解決するまでは、なるようにしかならないのだという、あきらめのようなものが出来ていました。



     そんなわけで日がたつにつれて症状がひどくなっていったのですが、「まあこんなもんだろう」と開き直っていました。症状の方は、疲労感が段々とひどくなっていって、日常的な動作さえもが辛くなり、布団の上で横になっていることが多くなりました。しかし、一人暮らしですので、冷蔵庫の中が空になると買い出しに出掛けなければなりません。そこで、五百メートルくらい先にあるコンビニまで歩いて行くのですが、これも段々と重労働になっていきました。そのうちに、コンビニに向かって歩いている途中で、あまりの疲労感から歩けなくなってしまい、歩道の脇にしゃがみ込むようになりました。本当に身体が鉛のように重くなり、足も疲れ果てて動かなくなってしまうのです。しかし、五分か十分くらいの間、ガードレールにつかまりながらしゃがみ込んでいますと、疲労感が少し和らいできますので、ふたたび立ち上がって歩き始めます。そんなわけで、コンビニにたどり着くまでには、一回から二回くらいはしゃがみ込んでいました。たまに人が通ると変な目で見ていきますが、自分でも情けないような気持ちでした。



     しかし、ついにその瞬間がやって来たのです。その時は、いつものように布団の上で横になって、いろいろなことを考えていました。親に対する憎しみに関することがほとんどだったのですが、さまざまな思いが浮かんでは消えてゆく中で、ふと弟のことが心に引っかかったのです。弟は、私のような落ちこぼれとは正反対のエリートです。子どものころからずっとそうでした。弟はなにかにつけて正統派であるのに対し、私はいつも反逆者であり、敗北者でもありました。私は弟に対する強い精神的なコンプレックスを持っていたのです。そして、そんなことは自分でも十分にわかっているはずだったのです、この瞬間までは。しかし、この時初めて弟に対する生々しい感情が心を覆いました。激しい嫉妬、羨望、さまざまな卑劣な感情、そして、その醜悪な感情の果てにある、弟への殺意というものを、この時になって初めて理解することが出来たのです。そして、自分の心に眠っていた、このような醜悪な感情に気付いたとき、一気に自己嫌悪の世界に落ち込んでしまいました。自分がいかに卑怯な人間であるかということ、自分の意地汚さ、暗い陰険な願望、そういう見たくもない自分の醜悪な姿を、いきなり鏡を突き付けられて見せつけられたような思いでした。そして、自己嫌悪という、口の中に砂を詰め込まれたような、実に嫌な感情に打ちのめされたのです。そして、そういう見たくもない卑しい陰険な自分というものを、その時になって初めて受け入れざるを得ないということに気付いたのです。自分というもののセルフイメージを完全に裏切ってしまうような、陰険で卑劣な自分を、これも自分なんだと認めるのは実に嫌なものですが、認めざるを得ないことを理解したのです。



     このような、一気に襲ってきた激しい自己嫌悪の苦痛が、やがて時間とともに和らいでいったとき、ふと気がつくと、なんとなく身体が軽くなっているのです。「あれ?」と思って布団の上で立ち上がってみますと、今まで私を苦しめていた鉛のような疲労感が嘘のように消えているではありませんか。まるで狐につままれたような感じでした。試しにその場で飛び上がってみますと、本当に体が軽くなっていて、まるで宙に舞い上がりそうでした。そこで嬉しくなって、ぴょんぴょんと何回も飛び跳ねてみたり、部屋の中をあちこち歩き回ってみました。何の問題もなく歩けるのです。たったさっきまであった、あの鉛のような疲労感はいったい何だったのだろうかと、不思議な思いがしました。しかし、まだ半信半疑だったので、試しに、今まで行くのが大変だったコンビニまで歩いてみようと思い、さっそく着替えて外に出ました。



     外に出ると、周りのものが今までとは違って見えるような、新鮮な違和感を感じました。ああ、あの時と同じだなと思いました。劇的な体験の時と同じように、急に視界が開けたような感じで、今までとは違ったように見えてくるのです。しかし、今回は発狂しそうになることもありませんでしたし、不安感が数日間も尾を引くようなこともありませんでした。比較的短時間の自己嫌悪の苦痛だけでした。そして、そのあと、信じられないように疲労感が消えてしまったのです。精神的にも心のこぶがひとつ取れて軽くなったようでした。牢獄に何年間も閉じ込められていた人が、突然釈放されて街に出たような、新鮮な感覚でした。古い自分が死んで新しい自分が生まれたのです。そういう新生した自分にとまどいながら、コンビニに向かって行ったのですが、今までしゃがみ込んでいた場所で立ち止まると、しゃがみこんでいたときの自分と、今その場所を見下ろしている自分の、あまりの違いの大きさに不思議な思いがします。コンビニまでたどりつくと、意味も無く店内をぐるぐると歩き待ってみました。そして、さらにもっと遠くにある公園へと向かいました。



     それまで疲労感から引きこもり状態だったのですが、その後、久しぶりに知人に会ったとき、私を一目見るなり、少し驚いたようにして「顔が変わった」と言われました。顔が明るくなったそうです。これも心のコブがひとつ取れたことによるものかなと思います。逆に言えば、私の顔がそれまでは暗かったということになります。つまり、心の中に眠っているさまざまな葛藤が、顔つきにも反映されているということではないかと思います。



     このような心の仕組みというのは、頭では分かっていても、実際に自分で体験をしてみますと、実に不思議な思いに駆られます。この時は、心と身体の関係について、身をもって思い知らされました。結果としては、弟に対する埋もれていた感情が原因だったわけですが、なぜそれが疲労感という形で表現されるのかというところまでは、いまだに分析で来ていません。しかし、自分の心の中に埋もれている感情を知るという、ただそれだけのことで、これだけの変化が起きたのです。



     弟に対する埋もれた感情と言えば、女性のケースを思い出します。彼女も弟に対する埋もれていた感情に気づいたことによって、あっと言う間に広場恐怖などの障害が治ったわけです。私とは症状の違いはありますが、弟との関係が原因しているという点で共通しています。自己分析では親との葛藤に注意が向きがちですが、きょうだい間の葛藤も意外に大きな影響力を持っています。きょうだいというのは、親の愛情を奪い合う競争相手でもあるわけですが、ここに見捨てられ不安などが関係してきますと、競争は非常に屈折したものになり、嫉妬と羨望が渦巻いたりして、お互いに足を引っ張り合ったりします。そして、見捨てられ感に打ちのめされたりしますと、きょうだいの誰かが愛情を独り占めしていて、自分だけが見捨てられているというような、卑屈な敗北感を味わったりします。皆さんも、この文章を読んだ機会に、もう一度きょうだい関係について見直してみてはいかがでしょうか。見たくもない自分、知りたくもない卑劣な感情などが埋もれたままになっているかもしれません。



     実際の分析では、このような劇的な変化はめったになくて、小さな発見が何回も、何回も、積み重ねられていって、少しずつ自分が変わってゆくのです。

  • 名無しさん2013/09/08



    韓国政府が本気で東京を危険と判断するなら、東京五輪に参加しなければよいだけのこと。  

     



    それにしても、韓国は何て哀れな国なんだろう。一部とはいえ、日本から禁輸措置をとったら、魚介類の価格が上がって、国内の飲食店は大変なことになる。反日のためなら、どんな代償も払うという魂胆か。いっそのこと、輸出全面禁止にしたらどうだろうか。





  • 名無しさん2013/09/08





    親父(晋太郎)外務大臣秘書官になったころの晋三はまるで使い物にならな

    かったが人間とは実に成長するものだ。前任者として敬意を表する。





    クソのあんたが言うこっちゃないよ。

    互いのその後を比べてみれば、方や総理であり、

    方や、その時代のことだけだけが唯一の自慢話で、何かにつけ口にする。

    ただ自分を立派に見せたいだけのカス、コリアンもどき。