政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針3059号  2012・9・6(金)

2013/09/06

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 3059号
□■■□━━━───────────────────────□■■□



           2013(平成25)年9月6日(金)



           オバマに大きな“貸し”を作った日本:杉浦正章

                     なますを吹くのか公明党:阿比留瑠比

               韓国 現職議員を内乱陰謀で逮捕:古澤 襄

                  梁山泊の名所も水没する懼れ:宮崎正弘

                       私の「身辺雑記」(29):平井修一

                                      話 の 福 袋      
                                反     響
                    身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第3059号
                             発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             

 
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━━━
オバマに大きな“貸し”を作った日本
━━━━━━━━━━━━━━━━━


                      杉浦 正章

安倍は事実上のシリア攻撃支持

日本は言うことは何でも聞くと高を括っていた大統領・オバマに、3日の
電話会談で首相・安倍晋三が「安保理決議を得る努力をして欲しい」と実
現不可能な難題を持ちかけたのが図に当たった。

シリア攻撃を決断したものの、孤立感を深めていたオバマは5日、サンク
トペテルブルクで手のひらを返したように、安倍と会談、シリア攻撃への
賛同を求めた。

安倍は「支持という言葉を使わない支持」を表明した。オバマには大きな
“貸し”を作り、攻撃反対の習近平は対米関係においてかすんだ。日本は中
国と北朝鮮に強いけん制球を投げることにも成功したのだ。

オバマは半年前の首脳会談の時が象徴したように、安倍つまり日本を一段
と軽く見る感じが濃厚だった。国際会議の度に日米首脳会談を求めた安倍
につれない態度で応じて、電話会談でお茶を濁してきた。今回もその手を
使ってG20での日米首脳会談を避けようとしたが、甘かった。

安倍が電話会談でも孤立化したオバマに救いの手をさしのべると読み間
違ったのだ。安倍が求めた安保理決議は、シリア攻撃に猛反対のロシアと
中国が拒否権を使って成立しない事が確実であり、英国は参戦しない。こ
れに日本までが加わったらまさに完全孤立だ。

普通ならせいぜい30分の首脳会談に、オバマは1時間をさき、シリアは言
うに及ばず、北朝鮮、日中関係、TPP、集団的自衛権など幅広く話し
合ったのだ。それも各国首脳との会談に先駆けて会談するという厚遇ぶりだ。

オバマとしては日本の支持を得て厳しいG20での「瀬戸際の根回し工
作」の“突破口”としたかったに違いない。日本外交はオバマに対する処し
方を学んだことになる。けん制しないと分からない男なのだ。

会談では安倍がぎりぎりの表現でオバマのシリア攻撃を“支持”した。アサ
ドに「責任がある」として、オバマの攻撃決断に「理解している」と述
べ、「非人道的行為を食い止める米国の強い責任感に敬意を表する」と述
べれば、誰がどう見ても事実上の支持表明だ。

会談後大統領副補佐官のベン・ローズが記者団への説明で、「化学兵器に
関する国際的な規範を守らせるために我々がやろうとしていることについ
て、安倍首相から広い意味での支持の表明があったと考えている」と述べ
たのが、その証拠だ。

親中派のバリバリのケリーを国務長官に据えるなどとかく日本を“袖”にし
がちのオバマはいま、「困ったときの友こそ真の友」ということわざをか
み締めているに違いない。

しかし日本にとってもここでオバマに“貸し”を作ることは決して悪いこと
ではない。まず第一に公船を繰り出して尖閣諸島を隙あらば掠め取ろうと
狙っている中国への強いけん制になる。中国はロシアと並んでシリアへの
攻撃反対であり、オバマには日本の存在感を改めて感じさせるものとなる。

さらに重要なのが新「悪の枢軸」対策である。悪の枢軸とはG・W・ブッ
シュが、2002年の一般教書演説で、北朝鮮、イラン、イラクを指して使っ
た言葉だが、イラクは牙を抜かれたからこれにシリアが入っている形だ。

北とシリアの結びつきは極めて大きい。シリアにガスマスクを売ろうとし
た北朝鮮の船が4月にトルコに摘発された事が物語るように、北の化学兵
器がシリアのアサド政権に渡っていることは周知の事実である。また北の
ミサイル技術やミサイルそのものも渡っていることは明白だ。

NHKは8月29日、シリアが射程100キロ余りの短距離ミサイルおよそ
40基を北朝鮮から購入したと報じている。北は化学兵器の開発が一番進
んでいる国の一つとされており、これがミサイルに搭載されて日本を狙え
ば、核兵器に勝るとも劣らない破壊力を発揮する。

要するに他人事ではないのだ。オバマがシリアの化学兵器使用を黙認すれ
ばイランや北朝鮮の大量兵器使用に道を開くことになることに懸念を表明
しているとおりなのだ。

こうした国際情勢をみれば日本にとってもアサド政権の化学兵器使用は無
視できないことなのである。テレビのコメンテータレベルでは、10年前
に米国がイラクの大量兵器の存在を間違って認識したから今回もあり得る
という議論が幅を利かせているが、アメリカの情報機関がそうたびたび間
違えるわけがない。

政府筋も「今度ばかりは本筋情報に基づいている」と漏らしており、安倍
も根拠があっての“支持”なのだろう。

米議会は上院外交委員会が10対7の賛成でオバマに対シリア軍事行動を認
める決議案を承認した。上院本会議の採決は来週末頃になる見込みである
が、下院の動向はまだ定かではない。オバマは上院の賛同を得られれば、
下院を無視して攻撃に出る可能性も排除できない。

攻撃にともないシリアが破れかぶれのイスラエル攻撃に踏み切ったり、戦
火が拡大する可能性も否定出来ない。また石油、天然ガスの輸入に支障が
生ずる可能性もある。ここ1,2週間は固唾をのんで情勢の推移を見守る
必要がある。

     (政治評論家)<2013年09月06日>



━━━━━━━━━━━
なますを吹くのか公明党
━━━━━━━━━━━


     阿比留 瑠比

公明党が、再び「羮(あつもの)に懲りてなますを吹く」愚行を繰り返
し、無意味に安倍政権の足を引っ張りはしないかと心配でならない。文部
科学省が来年の通常国会に提出を検討している、教員の違法な政治活動に
罰則規定を設ける教育公務員特例法改正案についてである。

教特法は、政治的に中立であるべき教員の政治活動を制限している。と
ころが、日教組などの反対運動を受けた議員修正で刑事罰の適用が除外さ
れたため「ザル法」なのが実態だ。

その結果、教員の政治活動や選挙運動は事実上、野放しとなり、日教組
に動員される教員をはじめ教育界を疲弊させてきた。

「改正案に賛成する日教組の組合員もいる。改正によって、選挙運動を
指示された教員は『法律違反だ』と堂々と言える。現場はみんな辟易(へ
きえき)している」

教育現場に詳しい義家弘介文科政務官はそう語る。特定政党・候補のポ
スター貼り、電話作戦、後援会カード集めに戸別訪問、選挙資金カンパ…
と、やりたくもない政治活動を組合から強いられてきた教員らにとって、
教特法改正はむしろ救いだというのである。

そもそも、刑事罰を受けたくなければ違法な政治活動をしなければいい
だけだ。日教組の支援を受ける政党以外が反対する方が不思議だが、公明
党はかつてこの改正案を潰している。

小泉政権時代の平成17年春のことだ。カラ残業、特殊勤務手当など大 阪
市の職員厚遇問題と山梨県教組による違法な政治活動問題が国会で取り
上げられ、地方公務員法と教特法の改正の必要性が指摘された。

自民、公明両党の幹事長は両法で適用除外とされている罰則規定を盛り込
むことでいったん合意した。ところが、公明党が突如として態度を変えた
のである。

「公明党の支持母体である創価学会員には、地方自治体の現業職に就い
ている人が多い。そうした人たちから党本部に、『俺たちに選挙運動させ
ない気か』とじゃんじゃん電話がかかってきた」(公明党関係者)

党利党略以外の何物でもないが、「羹に懲りた」公明党は以後、地公
法・教特法の改正にアレルギー反応を示すようになる。自民党側は「教特
法だけでも切り離して何とか改正したい」と何度も申し入れたが、耳は貸
さなかったという。

筆者も当時、公明党幹部に「日教組の横暴を許さないためにも教特法は
改正すべきではないか」と問いかけたが、返事はこんなけんもほろろなも
のだった。

「罰則を設けることには憲法上、疑義がある」

だが、これは後付けの理由だろう。憲法上の理由だというならば、最初
から自公幹事長会談で改正の合意などしていないはずだ。

自民党は野党時代の22年3月にも、北海道教組の違法献金問題を受け て
教特法改正案をみんなの党と共同提出したが、このときも公明党は加わ
らなかった。

下村博文文科相は「来年の通常国会は教育再生国会にする」と意気込
む。明日を担う子供たちと教員双方のため、公明党は「なますを吹く」癖
を改めた方がいい。(政治部編集委員)

産経ニュース【阿比留瑠比の極言御免】2013.9.5



━━━━━━━━━━━━━━━
韓国 現職議員を内乱陰謀で逮捕
━━━━━━━━━━━━━━━


          古澤 襄

いまの韓国の政情をみると、北朝鮮に忠誠を誓い内乱を画策する少数者が
出ても不思議ではない。言葉を変えれば、北主導による南北統一論者であ
る。普通ならこのようなクーデター論者は、密かに画策するものだが、い
まの韓国では現職の国会議員がおおぴらに「戦争の準備をしよう」と呼び
かけているところに、韓国の特異さがある。

さすがに韓国国会は体制転覆を謀議したとして、内乱陰謀容疑でこの議員
を逮捕する同意案を賛成多数で可決した。しかし内乱の画策は、むしろ地
下組織として温存されるだろう。北朝鮮の地下工作員も浸透することが予
想される。

<【ソウル時事】韓国国会は4日、北朝鮮の思想を信奉する秘密組織をつ
くり、体制転覆を謀議したとして、内乱陰謀容疑で当局の捜査を受けた韓
国少数野党・統合進歩党の李石基議員(51)の逮捕同意案を賛成多数で可
決した。李議員は同日連行され、近く逮捕の見通し。内乱陰謀罪は、かつ
て軍事独裁政権が民主化運動を弾圧する際に多用され、適用は1980年以来。

 法務省や報道などによると、2003年に地下革命組織を設立した李氏は今
年5月、同党関係者ら約130人が集まった会合で講演。2〜4月に北朝鮮
が休戦協定白紙化を宣言するなど極度に緊張を高めたことを受け「戦争の
準備をしよう」と訴えた。

 会合で、有事の際の鉄道、通信、石油関連施設などの破壊、武器の準備
などを主張した参加者3人が内乱陰謀容疑で既に逮捕された。(時事)>

 <<内乱陰謀事件>国家情報院、李石基議員を“速戦即決”強制拘引=韓
国>>

内乱陰謀容疑を受けている統合進歩党の李石基議員が4日午後8時26分、
国家情報院の職員に強制拘引され、水原地裁に移送されている。この日、
国家情報院の職員約30人は午後7時20分ごろ、国会議員会館の議員室に到
着したが、統合進歩党の関係者に阻まれ、拘引令状執行に支障が生じた。
双方のもみ合いは50分間ほど続いた。

4日午後7時20分ごろ、国会議員会館520号、統合進歩党・李石基(イ・
ソッキ)議員室の前に、黒のスーツを着た国家情報院の職員約30人が現れ
た。李議員に対する拘引令状を持っていた。国会本会議で李議員に対する
逮捕同意案が通過してから3時間後の奇襲的な措置だった。

午後4時25分に可決した李議員に対する逮捕同意書は、法務部−最高検察
庁−水原地検を経て午後5時50分ごろ水原地裁に届いた。裁判所は午後6
時30分、拘引令状を発行した。

拘引令状は容疑者や証人が正当な理由なく召喚や同行命令に応じない場
合、裁判所が事件関係者を一定の場所に連れて行き、尋問するために発行
する。拘引状が発付されると、すぐに国家情報院は李議員室に職員を派遣
した。国家情報院側は「李議員の逃走の恐れがあり、直ちに拘引に動い
た」と説明した。

当時、李議員は議員会館の事務室で金先東(キム・ソンドン)議員、李相
奎(イ・サンギュ)議員、金在ヨン(キム・ジェヨン)議員ら党関係者約
20人と今後の対策を協議していた。国家情報院の職員は拘引令状を見せな
がら同行を求めた。

しかしこれほど早く国家情報院が強制拘引に出てくると思っていなかった
李議員側は「令状実質審査に堂々と行くというのになぜ拘引するのか。弁
護人が来るまでは拘引に応じられない」とし、激しく反発した。

国家情報院側が強制拘引に乗り出すと、統合進歩党の関係者は暴言を繰り
返した。統合進歩党の女性党役員は今回も「私の体に手を触れるな」と
言って抵抗した。

 国家情報院の職員は記者に向かって「これが民主主義といえますか」
「これを撮影してください。正当な公務執行を妨害しています」と叫んだ。

部屋にいた統合進歩党の金先東議員が廊下で出て「ここで統制に従わなけ
ればスパイです。静かにしてください」として雰囲気を落ち着かせようと
したが、状況は変わらなかった。国家情報院は警察に協力を要請し、議員
会館の出入り口を閉鎖した。

騒ぎを議員室で見ていた李議員は結局、拘引に応じる意思を明らかにし
た。午後8時12分ごろ、弁護人とともに議員室の外に歩き出した。強制拘
引を初めてから約50分後だった。

李議員は記者に対し「真実は必ず勝つ」と短く述べた後、国家情報院が待
機させていた車に乗った。統合進歩党の党員約100人は李議員が乗った車
を囲みながら「国家情報院解体」などと叫んだ。このため30分間ほど護送
が遅れたりもした。

これに先立ち国会は、5月に「RO(Revolution 
Organization)」組織員約130人と開いた秘密会合で通信・
石油類関連施設など国家基幹施設破壊を謀議した容疑(内乱陰謀)を受け
ている李議員の逮捕同意案を表決に付し、出席議員289人のうち賛成258
票、反対14票、棄権11票、無効6票で可決させた。

表決前にセヌリ党・民主党・正義党がともに賛成の立場を整理したにもか
かわらず、離脱票が一部出てきた。現役議員に対する逮捕同意案が国会で
可決されたのは過去12回目となる。

セヌリ党の柳一鎬(ユ・イルホ)報道官は「今回の逮捕同意案を与野党が
合意して通過させたという意味が大きい」と論評し、民主党の朴用鎮(パ
ク・ヨンジン)報道官は「民主党は自由民主的な基本秩序を脅かすいかな
る勢力も容認しないことを改めて確認する」と明らかにした。

強制拘引された李議員は水原南部警察署留置場で夜を過ごした。李議員に
対する拘束令状実質審査は5日午前10時30分、水原地裁令状尋問室でオ・
サンヨン令状担当部長判事の審理で行われる。(中央日報)>
2013.09.05 Thursday name : kajikablog



━━━━━━━━━━━━━
梁山泊の名所も水没する懼れ
━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
 平成25(2013)年9月6日(金曜日)
      通巻第4015号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 孔子、孟子の故郷、梁山泊の名所も水没する懼れ
  山東省済寧市は八大炭坑の町、地面の陥没が続いている
*********************************

 山東省の西南部に済寧(さいねい)市は位置する。
この市政府は孔子の故郷である曲阜、孟子の故郷である郷城、そして梁山
泊の梁山県を包摂し、「大山鳴動してネズミ一匹」の泰山をいただく泰安
は隣町。

済寧は中国の八大炭坑の一つ(トップは遼寧省撫順)。石炭を取りすぎた
結果、過去十年に、毎年2000万平方メートルの地面が陥没し、殆どが
水没してしまった。このため十万人が移住した。

 CNN(9月1日)によれば、「2090年までに市の三分の一が陥没
し、およそ500万人が移住せざるを得なくなるだろう」と当局が予測し
ているという。
 となると孔子の故郷も孟子の故郷もいずれ水没する危険性がある。
梁山泊は小説『水滸伝』によって日本ではまったく異なったイメージが出
来ているが、同志の巣窟をいう意味は架空の物語の世界。現実に現場に立
つと黄河の氾濫による内陸低地、沼ばかりの一帯である。

 ともかく石炭による火力発電が中国の全発電の67−72%を占めてお
り、とりわけ遼寧省、山西省、山東省の炭坑はエネルギー需要の爆発に
よって経済的には潤ってきたが、住民の居住空間が逆に狭隘化してきた。
山西省の炭坑は無許可、マフィアによる闇経営が見られ、なかには拉致誘
拐してきた少年たちを強制的に働かせてきた。
 山西省大同は石炭成金の町として有名を馳せた。

 地盤沈下は炭坑ばかりではなく、地下鉄工事、ダム工事などで手抜き工
事のために地盤落下、崩壊事故が何百件と報告されている。
      ▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◆書評 ◇しょひょう ▼ブックレビュー ■ BOOKREVIEW
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 欲しいと思ったら他人の財産でも領土でも暴力で盗む体質
  中国人は「無文明」、カネの亡者に成り下がってしまった

  ♪
黄文雄『日本人よ、「強欲国家」中国の野望を砕け』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

習近平はラストエンペラーになる可能性がある。身勝手な中国は国民を
「洗脳」し、歴史的事実をまったく無視して、「台湾は中国の不可分の領
土」であり、沖縄は中国に返還されるべきであり、でなければ奪還すると
公言し、核兵器の先制使用もありうると朱成虎将軍が咆え、アメリカさえ
も脅した。

フィリピン領海スカボロー礁には、軍艦を派遣して勝手にコンクリート塊
を埋めて、ここは昔から中国領だ、文句あるか、と言い、国際法廷に持ち
込んだフィリピンに「大統領はこなくてよい」とアセアン会議の出席をド
タキャンするように仕向けた。やることなすことすべてかくの如く出鱈
目。横暴。いや暴力団風だ。

黄文雄歴史学は、これぞ「無文明のくにゆえに可能」であるとし、中国語
の「文明」という語彙には「エチケット」、「行儀」、「品格」の意味し
かないというポイントを突く。

そうだ。中国各地にみる「文明模範店」とある看板は「行儀がよい店員が
います」という意味である。ガソリンスタンド、コンビニ、土産屋の多く
に、この看板をみたひとは多いだろう。日本語の語感にある「文明」とは
ほど遠い実態!

しかし中国を「無文明」と定義する黄史観は凄い。
さて毛沢東を誉めあげたジャーナリストのエドガー・スノーは、北京大学
の池のそばにお墓がある。だれも訪れないほど寂れているが、かの『中国
の赤い星』は、1937年にロンドンで英語の初版が出た。翌年、ニューヨー
クで出版され、後日中国でも『西行漫記』として上海光華書店から上梓さ
れた。

しかも英訳版初版の88頁と中国語版の82pには、「朝鮮人と台湾人の独立
闘争を支援する」と断言した毛沢東談話がでていた。

この箇所が、1979年から台湾の部分に関する毛沢東談話は「中国が東北と
台湾を回収し、朝鮮の独立をたすける」と改竄されていたのだ。

文明史家でもある黄さんは、ハンチントンの『文明の衝突』を「あまりに
も中国を知らない」とし、「宗教心の薄さ」をあげて、ハンチントンのい
う「儒教 + イスラム文明」の連携が考えにくいことをそれとなく批判
している。

むしろトインビーが「文明のコアは宗教」とした文明観が適切であり、だ
からこそ中国人は「鬼神を信じない、おそれもしない民族だから『我』
『我執』しかない『無文明』に近い。目的のためには何でもやれる人種だ
から、世界は中国を中心に、無宗教、無文明 vs 諸文明の衝突はすで
に始まっている」とする。

世界中が中国を嫌っているのに、中華思想の固まりは、それに気がつかな
いのである。
       

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(読者の声1)前号の読者の声で、「金の相場が数年前からかなり高くな
り、これからも上がるか、落ち着くか、暴落するか議論がなされていま
す」云々とあります。

銀の情報は10年以上前からでています。バフェット等々の投資家連中が安
いときに大量に買っています、参考までに引用します。
http://money.yahoo.co.jp/column/company/ead/celebrated/person4/061108_person4.html

(1)銀は消費される貴金属だ。貯蔵される金とは違い、銀は工業用とし
て消費される。デジタル写真が登場する前は、銀は長年カメラや映画の
フィルムに使用されていた。今日も銀は電子工学の分野で広く用いられて
いる。

(2)銀は貴金属である。何世紀にもわたって銀は実質貨幣として使用さ
れてきた。人類は太古の昔から、金と同様、銀に魅了されてきた。私は何
年も前から世界中の金や銀の採掘現場を訪ねているが、中国、南米、メキ
シコ、アフリカ、カナダなど、どこの現場を見ても、そのたびに驚き、感
心する。

(3)私が不動産、石油、金、銀に投資している最大の理由は、米ドルが
世界中でペソのような存在になってしまったことだ。アメリカが世界最大
の債務国になったせいで、米ドルの価値はどんどん下がっている。

(4)普通株(株式)と商品(金、銅、石油、銀)は、景気循環対策の投
資だ。平均すると、20年かけて株価は上昇し、商品価格は下降する。その
後、どちらも折り返して反対方向へ進む。歴史を振り返って見ると、普通
株(株式)は1980年に値上がりを始め、2000年に崩壊した。同じ2000年
に、商品が上昇を始め、普通株が下降に転じた。つまり、2016年〜2020年
くらいから株式市場に戻り、商品市場から撤退すればいいわけだ。

(5)価格連動型投資信託(SLV)が4月28日に発売された。これからは銀
という商品を紙の資産として売買できるということだ。これで、一般の人
でも簡単に銀を買えるようになった。金属を物理的にやりとりする必要が
なくなったからだ。何百万という年金基金が、紙の資産として銀を持つこ
とができる。

その際には投資信託が実際に銀を買い、それを投資家に代わって保管する
ことになる。これによって銀という金属の希少性が高まり、供給が減って
価格が上昇するはずだ。え、私?私は実は銅が好きなんです。家電や自動
車、携帯端末すべて銅を使いますからね。もう銅はなくなります。でも流
動性が無いんですよ。だから金なのです。
    (R生、ハノイ)



━━━━━━━━━━━
私の「身辺雑記」(29)
━━━━━━━━━━━


            平井 修一

■9月4日(水)。深夜から早朝まで降雨。今朝は29度でまあ涼しい。日射
しはきつく、やがて蒸し暑くなってきたが、震度3の地震の後、10時から
30分ほど降雨があって、また涼しくなった。午後6時には31度だが、涼風
でしのぎやすく、やはり秋がやってくるのだなあと実感する。

午前中は屋上排水口の掃除、3Fの旧子供部屋の押し入れ片付けなど。
DVDゲーム機とソフトを撤去した。まあ、暮らしの快適度を高めるため
だが、カミサンへの「俺は終日遊んでいるわけではないよ」というデモン
ストレーション、メッセージでもある。

カミサンは老眼のせいかもしれないが、近眼の小生とは逆に、近くのもの
は見づらい一方で、床のホコリなどはやたらと見えるのだろう、放ってお
けば連日でも掃除機をかける。

清潔好きなのは結構だが、カミサンは「片づけ」が苦手である。片づけの
最終的な極意は「捨てる」で、小生は「3年使わないものは涙をのんで捨
てる」ようにしているから、彼女が不得手な片づけをし、ごみを積んでお
くと結構喜ぶのである。まあ小生の心の中には、片づけは「暇つぶし兼運
動かつ気分転換」という面も大きいのだが・・・

ところでカミサンには「リタイア後に備えて趣味を準備しておいた方がい
いよ」と言っているのだが、彼女の昔からの希望は第一位が「ちんどん
屋」、第二位は「舞台役者」。まじめ人間だから、化粧と衣装で別人間に
なり、思いっきり自分を「恥の観念」「真面目な良き市民」的な枠から解
放したいという欲求があるのだろう。

ただ、これはなかなか難しいことで、ちんどん屋はほとんど消えたし、舞
台役者の志願者はゴマンといて、「新人の老人」の出番はどうもありそう
もない。カミサンはこれらは半分あきらめたのかもしれず、最近はスイミ
ングスクールのカタログを取り寄せた。

運動すれば「やせるし暇つぶしになる」からだろうが、韓流ドラマ以外に
なにか体や脳みそにいい趣味、生き甲斐を持ってもらわないと、小生の縄
張りであるキッチンまで押し寄せそうだから、これは小生としてもカミサ
ンの第二の人生を必死で応援しないと大変まずいことになる。女性には何
がいいのだろう。

小生のお世話になった先輩の中田昭人さんは東急観光を退職後は大学の市
民講座に通っていた。学問に目覚めたのかどうかは分からないが、「平井
さんねえ、もうピチピチのギャルばっかり!いやーっ、大学っていいもん
だよ」と大感激していたから、大いに刺激を受けて色気に再度目覚めたこ
とは確かだ。

小生も図書館で「素敵な出会い」を少しばかりは期待している。知的な40
前後がいいが、出会いはこんな具合か。

「あら、いつもビーグルと散歩していらっしゃいますよね」
「ああ、あなたは黒い大きな犬と一緒の・・・なんという犬種なんですか」
「フラットコーテッド・レトリーバーというそうです」
「ほう、鶏レバー・・・旨そうですね。大きいからウンチの量もすごいで
しょうね、オシッコも並じゃないでしょ」
「・・・」

かくして恋の夢は恋する前に破れた。ま、こんなものか。

■9月5日(木)。夕べからの雨は朝も雷雨となって午前8時は土砂降り。室
温29.5度。9時半ころには上がり、まあ涼しい。

午後は図書館へ。夏休み中は100人ほどだったのが40人ほどで、7割は男性
老人。「老いた親父の捨て所」で、「素敵な出会い」はやはり無理のよう
だ。(2013/09/05)



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎高岡氏より: 産経新聞

沖縄返還前の「尖閣観測所」計画、米圧力で中止に 中台反発を懸念
2013.9.5 14:23 [日米関係]

沖縄返還前年の1971(昭和46年)、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の施政権も
日本に戻ってくることを見越し、尖閣に気象観測所を建設しようとした日
本政府に対し、米政府が計画中止を求め日本側が応じていたことが5日、
機密指定を解除された米公文書で分かった。尖閣の領有権を主張していた
中国や台湾が実効支配の確立を急ぐ日本の動きに反発、地域の不安定化を
招くことを懸念した。

米国は72年(昭和47年)、沖縄の一部として尖閣の施政権を日本に返還し
たが、主権判断は棚上げに。文書は日中台の対立に巻き込まれるのを防ご
うと腐心した経緯を明らかにしており、尖閣の主権問題をめぐる米国の原
点を示すものといえそうだ。

1971年1月11日付の在日米大使館公電などによると、日本政府は翌年の施
政権返還をにらみ気象観測所を尖閣に建設することを計画、政府の財源で
着工すると米政府に伝達。将来、周辺の石油探査拠点としても使用すると
説明した。

当時のロジャース米国務長官は「台湾、中国との対立のリスクを高める」
として、日本の観測所建設に反対するよう在日米大使館に指示。マイヤー
駐日大使も「米国の支援を得て日本が領有権の主張を強めようとする試
み」と受け取られるとの懸念を示した。

米側は1月下旬、外務省の吉野文六アメリカ局長に対し、建設を中止する
よう要請。吉野氏は沖縄返還協定の中で、返還対象として「尖闇が言及さ
れるなら、観測所建設は棚上げしやすい」と回答した。

国務省は観測所建設を阻止するため、協定本文ではなく、付属文書の合意
議事録で日本側の要求を満たすよう3月末に大使館に指示。

日米は返還区域を経緯度で議事録に記し、尖闇が含まれることを間接的に
示す方式で合意した。

これに伴い、日本側は観測所建設計画を事実上撤回。返還協定は6月に調
印された。(情報収録・中山) 

    

 ◎世界のメディア続々「マドリード優位」竜巻被害も報道

20年夏季五輪の開催都市はマドリードになるという情報が流れ始めた。

88年ソウル五輪のボート競技(エイト)で金メダルを獲得しているドイ
ツ・ハンブルク大のW・メーニッヒ教授(スポーツ経済)がインターネッ
ト・メディア「ハフィントン・ポスト」に語ったもので、現地入りしてい
る同教授は「マドリードになりそうだ」と発言。IOC関係者が「加速度
的に票を伸ばしている」とマドリードの優位を明かしたことを、その根拠
にしている。

またスペインのエルムンド紙は「40票は堅く1回目で過半数もある」と
マドリードの勝利を予想。スペインのテレビニュースでは日本は汚染水問
題に加えて、竜巻の被害が起きたことも伝えている。
スポニチアネックス 9月6日(金)7時0分配信


 
━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)ベルリンの工業大学で、韓国女性 Lee ok-Seon 86歳が14歳の時に
誘拐されて慰安婦にさせられ、いかに日本兵に残酷な仕打ちを受けたか
を演技たっぷりで、講演して日本政府は補償金を請求しても支払われなく
どうか助けてくださいと、直訴した。

この女性はソウルで毎月曜日に日本大使館にデモしているそうです。11歳
から15歳までの韓国少女約20万人が、日本上等兵が性病を防ぐために集
められたと話しています。

人間堵殺館と慰安所を表現し、妊娠した女性のおなかを裂き、子供を
取り出して殺し埋葬したとか、殴る蹴るの暴力を受けて身も心も傷つき、
韓国にお金もなく逃げ出したと目を閉じて昔を思い出して語った、という。

急に目を開けて、足をてーブルの上に出し、傷跡をみせながら日本人に
殺されそうになり、逃げ出したと笑ってはなしたようです。こういうとき
に笑えるのかと、記者は書いても居ます。

ダルムシュタッと、ハンブルグ、でも韓国の組織が講演を計画したが
ベルリンの講演では特に 静まりかえったと、左よりの南ドイツ新聞ベル
リンの記者ミュールフェンツエルの記事がでました。

ベルリンやハンブルグの日本人、大使館や領事館、大学関係の日本人は
抗議したのでしょうか?

私はこの記者宛で、新聞社に抗議のメールを出しました。奴隷制度と民族
虐殺の歴史を持つヨーロッパ人は、日本人も同じ事をしたのだろうと、情
報も何の抗議も無ければ皆信じてしまうでしょう。

(永冶ベックマン啓子 ミュンヘン在住)



    
━━━━━━━
身 辺 雑 記 
━━━━━━━

6日の都立猿江恩賜公園(江東区毛利2)で蝉が全く鳴かない。蝉の夏が
6日で終わったのだろうか。


読者:5247人。


ご投稿、ご感想をお待ちしております。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
-- 
渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/09/07

    東京深川・森下町の「田河水泡・のらくろ館」(清澄白河駅下車)で「「漫画少年」とトキワ荘の時代」と云う特別展が行われています。



     パネルや陳列台の展示品を見ますと、ほのぼのとした話、楽しい話、一寸(ちょっと)滑稽な話が多く、漫画雑誌と云っても、近年の劇画雑誌とは相当異なるようなのです(私は漫画と云うものを少ししか知らないのですが)。新聞の四コマ漫画を拡大したようなものでもあるように思えます。ユーモアが感じられるとも言えましょう。子供向けであっても、大人が見ても、幼児性をそれ程感じさせないとも言えます。(このことは、この漫画雑誌は別としても、例えば赤胴鈴之助や鞍馬天狗等、この頃の子供向けの話に関して当てはまる場合がよくあるのではないかと思います。この頃は、子供も浪曲や講談に馴染んでいたと云うこともあります。)

     「漫画少年」と云う雑誌は、戦前に、数々の名作を世に送った「少年倶楽部」の編輯長であった加藤謙一氏が創刊したそうで、少年倶楽部の伝統をも何らかの形で引継いでいたのかも知れません。「のらくろ」が少年倶楽部に連載された背景として佐藤紅緑氏が加藤氏に、少年倶楽部に漫画の頁を増やしては、と提言し、加藤氏が漫画に着目したと云うことがあったそうです(「のらくろ漫画集(1)」(少年倶楽部文庫)の解説より)。「漫画少年」の源流は「のらくろ」なのでしょうか。(唯、漫画ばかりの雑誌を発刊したと云うのは行き過ぎだったのではないかと思いますが。)。

     加藤謙一氏の子息の話では、現在の漫画はルーツをたどると、この「漫画少年」に行き着くそうです。(文京ふるさと歴史館平成21年度特別展図録より。尚、我が国の絵による表現の歴史と少年倶楽部等の少年雑誌に関しての展示が行われ、人気を集めたこの特別展と、今回の特別展は、奇しくもと云うべきか、関連したものになっているのですが)

     

     最近、非実在青少年や「はだしのゲン」等、害悪の強い漫画が問題になることが多く、漫画の原点から余りにかけ離れたものが増えているのかも知れません(その一方で、健全な作家も沢山いるのでしょうが)。害悪が強いと云う程ではなくても、ハチャメチャで訳が分からないようなものもあるのではないでしょうか。田河水泡氏や加藤謙一氏、佐藤紅緑氏が考えていたものとは全く異質のものが増えているのかも知れません。

  • 名無しさん2013/09/07

    医者がすぐ辞める村





    爺ちゃんは当時すごい田舎の山村に住んでて、村にはあまり評判のよくない医者が一軒しかなかった。

    それで爺ちゃんの知り合いの年配の男性が盲腸になって、しかたなくその医者に手術してもらったんだけど、膿の処置が悪かったとかで腹膜炎を起こしてしまったんだ。

    これは市の病院に運んで腸を出して洗うしかない、ということになったが、真冬で豪雪地帯なのでバスは動かないし、鉄道は最初からない。

    けれど運のいいことに、たまたま村に陸軍の部隊が駐屯していて、事情を話したら馬そりにのせて市まで運んでもらえることになった。



    それで鎮痛剤を打って毛布でくるんでそりにのせたんだけど、ものすごい苦しみようで、のたうち回るようにして毛布をひっぺがしてしまう。

    それですごく村の医者を恨んで悪口を言い続けていたという。

    医者がちゃんと処置してればこうはならなかったのにっていう、逆恨みに近いものだったらしい。

    あまり暴れるんで道中、看護兵が一人その人について様子を見てくれてたんだけど、とうとう行軍中の夕方に亡くなってしまった。

    これはその看護兵がきちんと死を確認して間違いはなかったらしい。



    それでもう病院に運ぶ必要もないからということで、途中の民家に遺体を置かせてもらい、村から人を出してその人の家に戻すことになった。

    そこで民家の人に事情を話して、毛布にくるんだまま戸板にのせて馬小屋に寝かせて置いた。



    そして朝になって、その家の人がお線香をあげようとしたら、毛布ばかりで遺体がなくなってた。

    どこで見つかったかというと、村の手術した医者の家の前。

    カチカチに凍りついた状態で両目を見開いたまま、医者の玄関前の雪の中につっ立った状態で死んでた。

    戸を開けてすぐにそれを見てしまった医者は、仰天して腰をぬかしたらしい。

    それが元になったのかはわからないけど、その医者も一年たたないうちに心臓病で亡くなった。



    上に書いたように看護兵がその人の死を確認しているし、そもそも豪雪の中を夜から朝にかけて歩いてもとうていたどりつける距離ではなかったって、爺ちゃんは強調してた。

    それから後日談と言えるかわからないけど、その村はずっと無医村の状態が続いていて、村の診療所にいくら新しい医者を迎えても、みな一年くらいでやめてしまうんだそうだ。

  • 名無しさん2013/09/07

    韓国の人糞まみれの海産物を米国は輸入禁止にいたしましたが何故か日本の厚労省はスルー状態で検査もせずに輸入は野放し状態。 

    日本向けの食品生産工程ではかの国の従業員は唾を吐いている様子も写真に取られているのに日本の省庁は何故野放しなのか。? 

    日本の新聞、テレビは皆さんご承知のように在日や左翼がはびこり信用できるような物ではなくなっている。 

    韓国側が根拠を示す事無く主張を喚いて国際社会上において日本たたきを行っている事も今回の輸入中止の件と同じ事。 



    私達日本国民はこのような国を「助けない、教えない、信用しない、関わらない」を草の根から実行し国政においても日本の国益を毀損し日本国民の安全保障を台無しにする政治家を政治に携われないようにしなくてはなりません。 

    国際条約締結により全て解決済みの諸問題を無視しさらなる賠償と謝罪を求めるような国とは国交断絶を行っても日本国民は何も困らない。かの国やそれに媚びる日本の政治家に日本国民の断固たる意思を示さなくてはなりません。

  • 名無しさん2013/09/06



    韓国人は世界一の嘘つき民族だ



    WiLLプレミアム 9月6日(金)15時57分配信 (有料記事) 







    さらなる見え透いた嘘の説明



    韓国人を端的に示す四字熟語

     《外華内貧》とは、朝鮮半島で創作された数少ない四字熟語の一つだ。意味は漢字を見れば、一目瞭然だろう。

     「ボロは着てても心の錦、どんな花よりきれいだぜ」──水前寺清子が歌っていた「いっぽんどっこの唄」の心とは全くの逆。つまり、中身はボロでも構わないから、外側だけはピカピカに飾り立てたいというマインドだ。

      私は、この四字熟語ほど韓国人とは何たる者かを端的に示す言葉はないと考えている。

     「韓国人は息を吐くように嘘を吐く」と言われる。私は、一九八〇年から五年間のソウル特派員としての取材活動、さらにその後の韓国人との付き合いを通じて、彼らは本当によく嘘を吐くと思っている。

      私の見立てが正しければ、彼らが吐く嘘の大部分は、《外華内貧》のマインドから発している。

      私が最初に「嘘吐きの民」を実感した体験を紹介しよう。

      八〇年の春のことだ。

      六十歳代前半の韓国人男性と昼食をとった。焼きソバのようなものだった。

      彼は、「私は両班(貴族)の出だ」と言った。この言葉は当時、韓国の高齢男性にとっては、初対面挨拶の定型句のようなものだった。すでに、何人もの韓国人から「私は両班の出」と聞かされていた。

     「またか」──彼は私の冷笑を見て取ったのかもしれない。

      彼は焼きソバ風の麺を盛った皿が届くや、「私は両班の出なので、どうしても豚肉を食べられない」と言い始めた。そして、口に一度含んだ豚肉を「ペッ、ペッ」と店の床に吐きだした。

      豚肉を箸で摘んで皿の横に除ければよかろうに、ガバッと張っては「ペッ、ペッ」だ。旧宗主国の食事“不”作法と全く同じだ。

      それから数カ月後、今度は夜、彼と酒を飲んだ。

      かなり酔った彼は、「どうしても一度、うちに来い」と言う。

      行ってみた。そこそこのマンションだった。再び飲み始めてからしばらくして、夫人がサムギョプサル(豚の三枚肉)の炒め物を持ってきた。

      もうヘベレケの彼は、天井を向けて開いた大口にサムギョプサルを運び、モグモグしながら「旨いよ、あんたも食いなさい」。

     「両班の出」であることが嘘なのか。それとも、「どうしても豚肉を食べられない」だけが嘘だったのか。私は早々に辞去したが、本当に呆れた。

      もしも私が、「あなたは両班の出だから、豚肉はどうしても食べられないのではなかったのか」と詰問していたら……。彼はきっと、「いや、これは済州島で育てた特殊な豚だ。この豚だけは食べられる」とでも言い、済州島産の特殊な豚の飼育方法について滔々と弁じ始めていたことだろう。決して嘘だったとは認めないのだ。

      嘘だったと認めて謝ること──それは彼らからすれば、《外華》のマジノ線である「体面」すらも失うことだ。だから、韓国人は謝らない。

      逆に他人に対しては、謝らせたくて仕方がない。そもそも嘘である「従軍慰安婦」を問題にして、日本に執拗な謝罪要求を続ける背景には、こうした体質がある。

     「アメリカは奴隷という言葉に敏感だ」と見れば、何の新証拠もないのに、平気で「従軍慰安婦とは、実は性奴隷だった」と嘘の上塗りをするのだ。

  • 名無しさん2013/09/06

    ウソを付いても、金を貰おう海外へ10万人の売春婦、GDPの5%を稼ぐ国は、他に無い、うんこ関係の食品汚染を輸出しないでください、米国では輸入禁止、小沢、カンガンス、規制を甘くした責任を取れ。 黒ラブ

  • 名無しさん2013/09/06

    強姦件数は日本の9倍!欧米も注意喚起する“韓国の性犯罪”

    web女性自身 - 2013年09月05日 07:01



    「人面獣心」。去年判決の出たレイプ事件を韓国メディアはこう報じた。17歳の女子高生が交通事故に遭った。運転していた男たちが、事故で怪我を負った女子高生を車に乗せ、人気のないところで強姦した非道な事件である。 

       

    ‘06年には、伝説的な3連続強姦事件も起きた。強姦の被害に遭った16歳の女子高生が、被害を相談した別の男にもレイプされ、警察に届け出るために乗ったタクシーの運転手にまで強姦された。女子高生は警察の事情聴取に、「すべての男たちがケダモノのようで、外に出るのが恐ろしい」と語った。 

       

    “性犯罪大国”韓国は統計上も明らかだ。国連麻薬犯罪事務所(UNODC)が’10年に発表した資料によると、韓国の10万人あたりの強姦件数13.3件は、日本の1.5件の8.9倍にも達する。 

       

    「最近目立つのは、性犯罪の被害者が高年齢と低年齢層にも広がっていることです。上は80代から、下は10代どころか、ひと桁の年齢にまで被害が広がっています。また、知的障害者や身体障害者など社会的弱者が被害に遭うケースも増えています」(元時事通信ソウル特派員・室谷克実氏) 

       

    今年2月には、31歳の男が80代女性を強姦しようとして殺害する事件が発生。また、加害者も低年齢化しており、今年3月には、小学生男児3人が20代の知的障害女性を性的に暴行していた事件が発覚した。男児らはじゃんけんで、暴行する順番を決めていたという。 

       

    性犯罪の被害者は外国人にもおよんでいる。韓国警察庁によれば、今年1〜6月に韓国国内で起きた外国人に対する性暴力事件は前年から66.3%増の271件に達した。欧米諸国では韓国への渡航者向けにこんな注意を呼びかけている。 

       

    「ソウルの人気のナイトライフ地区や住宅地で、レイプ事件が報告されている。夜に外出するときは注意し、タクシーや公共交通機関を使用しましょう」(イギリス外務省) 

       

    「暗くなってからの一人での外出は避けてください。外国人に対する性的暴行が発生しています」(カナダ外務省) 

       

    韓国は売春大国でもある。’04年に売春は禁止されたが、その後も、あらゆる売春施設がアングラ営業をしている。そしていま問題になっているのが、“売春婦の輸出”だ。経済評論家の三橋貴明氏によれば、世界中に約10万人の韓国人売春婦が出稼ぎに出ている。 

       

    「アメリカの売春婦の4人に1人が韓国人売春婦といわれています。韓国人売春婦は日本にも5万人いるといわれていますが、背景には韓国経済の低迷があります。借金を返せなくなって売春婦としてやってくるケースが多い。かつての慰安婦と同じ構図ですよ。慰安婦も売春婦も“強制連行”なんかじゃありませんから」(三橋氏) 

       

       

    (週刊FLASH 9月17日号) 



  • 名無しさん2013/09/06

    今までよりも異常気象だなとビックリしました。



     竜巻が立て続けに起こったり、名古屋などが冠水しましたものね。

     激しい雷雨が集中しているのですね。



     名古屋周辺や中部地方、関東地方にも友人知人たちや親戚が住んでいるので、ニュースで驚いて、連絡しました。



     皆さん、ご無事でよかったです。



    でも、被害に遭われた方々、お大事になさってくださいませ。



     阪神大震災を体験しているので、災害被害のお気持ちがよく分かります。



     中には、



     「家族で身を守る方法と備えを話し合ってます。」



    というお返事もありました。



    まだ豪雨だけの被害の場所の方でも、今回の別の場所での竜巻や冠水をきっかけに、いざ自分達の地域にこのような大災害があったらどうするか、家族で話し合うきっかけになったそうです。





    どこにどのように家族で避難するか、



     少し食料備蓄を足しておくか、



     防災用品を確認して補充しておくか、



    そのようなことを見直すきっかけになりますよね。





     日本の天気がくずれやすくなっているので、見直す良い機会だと思って、前向きに受け取ると良さそうですね。



    ご無事でありますように。





     全ての人間にはもともと、動物的な「直観」が備わっているものなので、直観力を研ぎ澄ませてあれば、大災害の前に感じ取って、自然に避難する方向へと動かされていくことでしょう。





     小動物を含めて動物達は、阪神大震災やスマトラ島の津波の直前には、みんなどこかへ消えていなくなっていたそうですから。





     動物達は、人間が失ってしまった直観力と本能を保っているのでしょうね。



     直観に従って行動することが大事になると思うので、自分の直観に自信が持てるように、日頃から直観を使って研ぎ澄ましておくと良いでしょう。



    そうすると、いざというとき、「あ! この感覚は、XXXの予兆だ!」とか、直観を分析して従うことができるようになります。



     直観、胸騒ぎの使い方、従い方も、経験なので、自分の直観を観察する経験を常日頃から積むと良いでしょう。



     災害に対してだけではなく、全ての波動に敏感になるので、波動が高い物や場所や人にも敏感になります。反対に、波動が低い物や場所や人にも敏感になります。

  • 名無しさん2013/09/06

    日本の外国人留学生受け入れ制度は、事実上、中国人移民受け入れ制度となっています。 

     中曽根内閣の「留学生受け入れ10万人計画」は在日中国人激増の元凶となりました。現在留学生の6〜7割は中国人で、相当な割合が、卒業後、帰国せずに日本に定住し、その中国人コミュニティーを頼って更に様々な中国人が来日・定住することで、在日中国人は増加の一途を辿り、100万人を突破する勢いです。それに伴い、窃盗、強盗、ピッキングその他の中国人犯罪に日本社会が悩まされることになりました。更に、福田内閣が「留学生30万人計画」を打ち出しましたが、中国人がその大部分を占めることになるのは確実で、就職支援の充実まで打ち出されており、朝鮮族を含む在日中国人増加の趨勢は更に強まり、いずれ深刻な政治・社会問題となるのは確実です。中曽根氏は、現在、首相の靖国参拝に反対し、「東アジア共同体」を提唱している人物であり、安倍氏は明らかに見識が低く、福田氏は自国より中国の国益を優先させた人物です。受け入れ計画を主導したこれら政治家は、安全保障の観念が欠落しているように思えます。 

     留学生の多くは人文・社会科学などいわゆる文系学生で、理系の高度人材などごく一部に過ぎず、最初から出稼ぎ、不法就労、オーバーステイを目的とした“便宜留学生” が大半を占めており、卒業後、在留資格を得る職務も、「翻訳・通訳」、「販売・営業」、「情報処理」などが多く、日本社会が彼らに頼る必要性は薄いと言えます。そして、入社後わずか数年で日本国籍を取得する実態もあります。更に問題なのは、米国などでは、中国人留学生の多くは中国政府の指令を受けて動くスパイであると警戒され始めており、スパイ工作に従事する比率は中国人留学生全体の8割に達するという恐るべき分析まであります。スパイ防止法すらない無警戒なホモジニアス社会の日本にとって、危険な事態です。30万人計画に合わせて文科省が推進する重点大学「グローバル30」では、主要30大学における留学生数を学生数全体の2割以上にする目標を掲げており、日本の 

    各界において将来、指導的地位に立つ人材の多くが、外国の謀略工作にさらされる危険性が高まります。それ以前に、「国際化」や「交流」などという曖昧な概念の下、欧米より緩い就労規制や好待遇の条件で、莫大な税金を投じ、受け入れ人数の数値目標まで設定して無理に受け入れ、日本人学生の勉学に支障が出るのなら本末転倒です。英米のような英語圏、旧植民地とつながるフランスなどと違って、日本では国益に結びつくメリットや、文化的に異質な外国人を増やすことで教育環境が活性化するような効果は期待薄ではないでしょうか。元来、日本では、自国の若者の育成を通じた国家発展を目指してきましたが、今日では、移民導入論が高まり、日本の子供には“ゆとり教育”を授け、他方では、日本人学生より優遇する形で外国の若者に頼ろうなどという、 明治の指導者たちがあの世で聞いたら嘆くような文明論的末期状態のごとき風潮となっています。 

  • 名無しさん2013/09/06

    売国新聞のせいで、日本は世界中の人々から「性奴隷の国」と見られるようになった。 

    それは恐ろしく深刻な事態である。どこの国の刑務所でも、殺人犯や窃盗犯、薬物犯、その他もろもろの受刑者の中で、レイプ犯だけが凄まじいイジメを受けることが知られている。 

    レイプ――それは、人間の悪行の中で最も嫌われる行為なのである。 

     慰安婦問題で、日本人が海外で外国人から白い眼で見られたというエピソードも多数ある。 

     【ドイツ人⇒ガス室でユダヤ人を大量虐殺】【日本人⇒慰安所で外国人女性を大量強姦】 

     今やこの構図が全世界に定着し、近年、世界各国の歴史教科書への記載も始まっている。 

    まだドイツの場合は、「ナチスという悪徳集団の独裁政権による犯行」と言い逃れが可能で、 実際、ドイツ人は被害者の立場を貫いている。しかし、従軍慰安婦ではそれは困難である。 

    これまでドイツのホロコーストに比するものとして、南京大虐殺がでっち上げられていたが、その虚構性が明らかになりつつあった頃に、それを代替するものとして従軍慰安婦が登場したのである。売国新聞の捏造・煽動報道によって。 

    われわれ日本人とその子孫が、売国奴に仕組まれた冤罪によって、これからの国際社会の中で、もはや、まともに生きて行くことができない状態にされてしまったのである。 

    この怒りは朝日新聞にぶつけるしかない。みんなで朝日新聞をボイコットするんだ!