政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針3058号  2013・9・5(木)

2013/09/05

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 3058号
□■■□━━━───────────────────────□■■□



           2013(平成25)年9月5日(木)



               海江田「6人組」取り込みに失敗:杉浦正章

             中国の核戦力がアメリカを弱くする:古森義久

               金融システムに破綻がみえてきた:宮崎正弘

                         日本仏教の摩訶不思議:平井修一

          80年人生で2度目の心筋梗塞:前田正晶
 
                                      話 の 福 袋      
                                反     響
                    身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第3058号
                             発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             

 
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━
海江田「6人組」取り込みに失敗
━━━━━━━━━━━━━━━


                   杉浦 正章
 
野田の動きが再編の焦点となろう 

蟹は甲羅に合わせて穴を掘ると言うが、民主党代表・海江田万里は4日、
能力以上の大穴を掘ろうとして前首相・野田佳彦ら「6人衆」の取り込み
に失敗した。根底には参院選大敗にもかかわらず代表を辞任しない海江田
への不信がいかに根強いかを物語っている。

怨念の戦いと言うより、それ以前の「海江田蔑視」が存在して、物事が動
かないのだ。野田は「役職よりもプロレス」と決め込んで、4日「週刊プ
ロレス」の表紙に登場した。野田独特の表現方法で「どっこい生きてい
る」と“やる気”を示したのだ。

とにかく海江田のやることなすこと筋が一本かけている。幹事長に労組出
身の大畠章宏を据えて、党内左派に「支えられる」態勢を作ったまではよ
かったが、右派の筆頭野田をはじめ、岡田克也、前原誠司、玄葉光一郎、
枝野幸男、安住淳ら「6人衆」の存在が気がかりでたまらない。何とか取
り込めないかと考えた。

それには役職で取り込むしかないと党の最高機関として「総合政策調査
会」なるものを作って、6人を起用しようとした。政策ごとにトップを決
めようという構想だが、淺知恵もいいところであった。そもそも海江田の
指図など受けたくもない6人衆が、「役職」だからといって蔑視の対象に
している海江田の下に嬉々として参集するわけがないのだ。

案の定野田は「税制」のトップになることを固辞し、海江田構想はガラガ
ラと崩れた。このため名称を「総合調査会」と“格下げ”して、前原らに頼
み込んで「枝野憲法」「前原行政改革」「玄葉経済・農業」などの役員人
事にこぎ着けた。

しかし前原らも渋々引きうけたと見えて、人事発表の両院議員総会にも欠
席。だいたい前原を安全保障、玄葉を外交に持ってくるならそれなりの対
外的な意味を持つところだが、この人事では本人たちもやる気を起こすわ
けがない。最初から全く機能しない感じの党機関も珍しい。それを分かっ
ていないのが今度の失策だ。

そこで今後の焦点になるのは「6人衆」の動向であり、野田と前原がどう
動くかだ。とりわけ野田は謹慎期間が過ぎたと判断したのか沈黙を破り始
めている。

「週刊プロレス」のインタビューでは昨年11月の党首討論に関して「議
員バッジを外すつもりだったから負ける気はしなかった」と述懐してい
る。あの「定数是正やりましょうよ。そうすれば16日に解散します」発
言で、安倍を圧倒した討論だ。その時点で議員辞職まで考えていたとは驚
きの発言である。

自身のホームページでも「党より天下国家だ」と消費増税に突っ走った経
緯について「他に選択肢はありませんでした。“ネクスト・エレクション”
(次の選挙)よりも“ネクスト・ジェネレーション”(次の世代)を重んじ
た選択に悔いはありません」と述べた。

小沢らの離党もやむを得ないという論調だ。また野田は安倍が消費税実施
になかなか踏ん切りを付けないことについても、珍しく舌鋒鋭く批判して
いる。安倍について「社会保障と税の一体改革の議論については、ずっと
蚊帳(かや)の外にいました。だから、常に他人事のようでパッション
(情熱)を全く感じません」と批判。

さらに「69人もの有識者のヒアリングを行い、そもそも論を聴取してい
ること自体、奇異に映ります。要は、総理の肚一つです」と「安倍官邸」
によるヒヤリングの愚を戒めている。まさに正論であり、野田にしてみれ
ば命がけで成立させた消費増税法を、安倍が軽々しく扱うことに我慢でき
ないところなのであろう。

警護に迷惑をかけると控えていた船橋駅前の辻立ちもちょくちょく始め
た。8月1日夜開かれた野田グループの会合での野田の発言が永田町に波
紋を呼んでいる。「最後の1人になっても党に残り、立て直していくつも
りでいたが、このままでいいのだろうか、と思わざるを得なくなった」と
述べたのだ。

「つもりでいた」とは確かに意味深長な表現である。そこには海江田への
求心力はなく、遠心力が強く感じられる。一方で前原も政界再編志向が強
い。維新の会の共同代表・橋下徹とは肝胆相照らす関係になってきてお
り、定期的に会合を開いている。8月には大阪で秘密裏に橋下と会談し政
界再編に向けて連携を保つ事で一致している。
 
こうした中で安倍は民主党に対して際どいボールを投げようとしている。
改憲と集団的自衛権の行使、そしてTPP(環太平洋経済連携協定)だ。
とりわけ集団的自衛権の問題が厳しい。通常国会には関連法案も提出され
る方向だからだ。

そうなれば民主党は是認論の野田、前原らと左派との間に決定的な溝がで
きる。民主党の保守からリベラルまで抱える党の体質は何も変わっていな
い。国の安全保障政策への態度を明確にせざるを得ない状況が生まれるの
は確実だ。

海江田が「6人衆」の掌握に失敗して、今後はさらなる遠心力が働く流れ
となっていくだろう。2009年の政権交代時には400人を超えた民主 党議員
は、現在は約3割の116人(衆院57人、参院59人)となった が、さらなる
分裂再編もありうる状況である。

  (政治評論家)<2013年09月05日>



━━━━━━━━━━━━━━━━
中国の核戦力がアメリカを弱くする
━━━━━━━━━━━━━━━━


           古森 義久

中国が新鋭原潜を実戦配備するそうです。その結果、米中関係は? 日米
同盟は?

 <<米国の36カ所を核弾頭が狙い撃ち? 実戦配備の日が近い中国の原
子力潜水艦>>

■東シナ海、南シナ海から米国本土への核攻撃が可能

中国のこの新たな原子力潜水艦の配備は、米国の安全保障や日本の領土
防衛に具体的にどんな影響を与えるのだろうか。

米国中央情報局(CIA)の元専門官たちが組織した国際安全保障の調査 研
究機関「リグネット」がその点についての分析をしていた。この8月中 旬
に公表された分析である。

その内容の骨子は以下のようなものだった。

 ・中国の核ミサイル装備の潜水艦は、これまで米国本土に攻撃をかけよ
う とする場合、太平洋を長く航行して、米国にかなり近い水域まで接近
せね ばならず、その接近を米海軍の攻撃型潜水艦に発見される確率が高
かっ た。しかし晋級潜水艦は、東シナ海、南シナ海からでも米国本土に
核ミサ イルを撃ちこめる能力を有することになり、米中間での最悪の衝
突が起き た場合の中国軍の核戦力が大幅に威力を増す。

 ・これまで米国との最終対決への準備としての中国の核戦力は、陸上の
固 定サイロに配備された少数の大陸間弾道ミサイル(ICBM)だけだっ
た。米 国本土に確実に届く核ミサイルはこのICBMだけで、しかもそれら
のミサイ ルはミサイル防衛網で守られておらず、早期警戒のレーダーも
ない状態 だった。

その状態では米国の先制核攻撃で中国の核戦力はほぼ全滅させら れる公
算が大きく、米国への核抑止の効力はほとんどなかった。だが晋級 潜水
艦の配備により、万が一、中国が米国から本土に核攻撃を受けても、 潜
水艦のミサイルで核報復ができる能力をなお保つことになる。この結
果、中国の対米核抑止力が大幅に強くなる。

・これまで中国側の一部軍人が、台湾有事に米軍が介入した場合には米国
本土への核攻撃を示唆して脅すというケースがあった。米国側は、中国軍
に実際にはその能力がなく、またたとえあっても、米軍が先制で中国の核
攻撃能力を破壊することに自信を持っていた。

だが晋級潜水艦の実戦配備 により、中国側のそうした攻撃能力が強ま
り、米国の台湾や日本、韓国な ど同盟国への防衛誓約が侵食される恐れ
も生じてきた。

 ・中国の海洋での最終目標は、南シナ海、東シナ海などの近海から西太
平 洋の多くの部分に覇権を確立することだ。その一端として中国は沿岸
から 200海里の排他的経済水域の内部では外国の軍事活動を沿岸国として
の自 国の許可なしに認めないという国際的にも異端な政策を打ち出して
いる。 晋級潜水艦の第一 線への配備はこうした政策の推進にも資するこ
とになる。

■米国の核兵器使用が封じ込められる?

 以上の分析では中国は米国本土に核ミサイルを撃ちこむ能力を本気で強
め始めたということになる。(つづく)
2013.09.05 Thursday name : kajikablog



━━━━━━━━━━━━━━━
金融システムに破綻がみえてきた
━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
 平成25(2013)年9月5日(木曜日)貳
      通巻第4014号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 まだ中国経済が成長し続けるという妄説
  事実上、金融システムに破綻がみえてきた
********************************

中国の国有銀行はまもなく不良債権処理という別の大波に襲われるだろ
う、と英誌エコノミストが書いている(同誌、2013年8月31日号)。

四大銀行(中国工商銀行、建設銀行、農業銀行、中国銀行)が空前の利
益を上げているという報告は「誰も信じていない」。そもそも「中国の銀
行は厳密には銀行ではない」(CLSAのアンドリュー・ロスマン)

「勝手な法律によって国有銀行は保護されており、自由な競争のない世
界。幹部は党から派遣され、銀行総裁かとおもいきや次は銀行監視委員会
の責任者になったりする。しかし特権にあぐらをかいてきた四大銀行も、
国有企業への貸し出しが思ううように出来なくなった」(同エコノミスト
誌)。

中国工商銀行は世界一の時価発行を誇るが、昨年の利益が500億ド ルと報
告された。資本金が1610億ドルで、500億ドル??

中国工商銀行と中国農業銀行はそれぞれが40万人の行員を抱えてい る。
中国建設銀行は中国全土に14,000店舗が展開している。従業員 40万人と
いえば、ドイツのフォルクスワーゲンと同規模になる。

四大銀行に「交通銀行」をくわえて五大銀行と総括しても良いが、いず
れも上海、香港に上場しながらも大半の株式は国家が保有している。

jpモルガン銀行は「中国銀行の不良債権率は10%前後あり、貸し出 し
の17%が製造業に向けられているが、不況に陥った現在、回収が難し
くなっている」とする報告をだしている。

1990年代に中国がしたように、不良債権の爆発が起きれば、資産回収 機
構の帳簿に移し替えて、またまた身軽になることが出来る。国有銀行が
おこなえる手品である。

「しかも企業向け貸しだしの市場が縮んで、個人向けローンなどにビジ
ネス傾向がかわっており、銀行預金金利も勝手に決めるという競争なき状
態がいつまでつづくとは考えにくい」と業界の観測が強くあがっている。

格付け機関は一斉に中国企業の社債レートを格下げしたが、銀行に関し
てはまだ発表がない。もし財務内容を西側の基準に合わせて評価すれば
AAどころかCCCあたりが適当であり、「次の貳年間に中国の銀行界全
体は500億ドルから1000億ドルの資金手当が必要である。5年以内 に3000
億ドルが必要となるだろう」(同英誌エコノミスト)。

つまり札びらを刷って、銀行を「増資」させるという手品をまたもや行
使するだろう。だから人民元は暴落の可能性が強くなるのだ。

「中国経済はまだまだ成長し続ける」という妄説は金融システムに破綻
という現実を前にして、理論的にも成り立たなくなった。
      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆書評 ◇しょひょう ▼ブックレビュー ■ BOOKREVIEW
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 尖閣諸島奪取と台湾攻撃はセット。日台は中国脅威論を共有
  日本にとって台湾ほど大切な国があろうか、諄々とユーモラスに説諭

  ♪
加瀬英明『日本と台湾――なぜ、両国は運命共同体なのか』(祥伝社新書)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

台湾が中国の一部でないことは火を見るよりも明らかである。事実上、
台湾は一個の独立国家である。しかし世界的に孤立し、国際社会ではあた
かも存在しないように扱われている。中国の政治謀略が成功した例である。

日本のとった台湾への仕打ちは忘恩的で冷酷だった。

田中角栄外交の大失敗は日本の外交史に汚点を残した。米国はニクソン訪
中後もすぐに北京とは国交を回復してはおらず、ようやくカーター政権に
なって、「台湾関係法」を制定したうえで、北京と結んだ。

このため台湾は中国の魔手に直接脅かされることになる。

著者の加瀬英明氏は台湾へ渡航すること50回、大の台湾贔屓だが、観 察
は冷静かつ客観的である。そのうえ外交論文でも、ユーモラスな文章を
駆使されるので、深刻な事案もときに滑稽に、あるいはなぁんだ、そんな
ことか、と思うほどに輻輳した事情が簡潔に解きほぐされる。

日本と台湾が『運命共同体』というのが本書の肯綮だが、理由を次のよ
うに列挙している。

第一に尖閣を中国に軍事的に脅かされる日本と、軍事的に飲み込まれよ
うとしている台湾の安全保障上の危機が連動していること。

第二にお互いが『占領憲法』をいただきながら国内の売国奴らによって
妨害され自主憲法の制定がすすまない境遇も似ている。日本の占領憲法は
GHQがおしつけたが、台湾の現行憲法は外来政権がもたらし、ともに国
家の前途を暗くしている。

第三は軍隊の存在がアメリカの補完部隊という位置づけが共通している。
 しかし台湾のほうに日本精神が高く残っており、独立精神は旺盛であ
る。日本はまだ去勢された中性男子のように、日本は中国の属国に甘んじ
たほうが幸せというアホがなんと駐北京大使となる体たらくだった。

しかし庶民は異なる反応を示し、民間交流は盛んである。姉妹都市も増
え、台湾からの旅行者は中国より多い(人口13億と2300万の国で、 台湾
からの観光客のほうが多いということは、ひとりあたりに直すと数百 倍
の親日度になるだろう)。

個人的なことを付け加えると評者(宮崎)と著者は四十数年の交友関
係、加瀬さんは兄貴分である。最初にふたりで台湾へ取材に行ったのは
1973年、雑誌『浪曼』で、「日華断交一年の悔恨」という特集号のた め
だった。以後、台北のホテルで、居酒屋でばったりという体験が2回ほ
どある。

ともにお世話になった『美しい日本語を台湾に残す運動』の友愛グルー
プも、最初の訪問時、藤島泰輔氏から紹介を受けた陳燦暉氏との出会いか
らで、そのことも本書では語られている。

台湾独立運動のカリスマ膨明敏の台湾脱出については、台湾で当時かか
わったアメリカ人の回想がでたので、加瀬氏は、それに準拠されている
が、パスポート写真の張り替えのため台湾へ潜り込んだ日本人を「K」と
されている。

おそらく、アメリカ人の原書がまだ匿名だからであろう。し かし日本で
はとうに宗像隆幸氏らの著作で本名がでており、しかも数年前 に、その
すりかえの役を果たした日本人が訪台して当該膨明敏とにっこり 会見、
その模様も実名入りで大きな写真とともに自由時報が報道した。

あまりにも身近で郷愁の強い台湾を独特のタッチで描いた本ゆえに精神
的安堵を覚える箇所も多く、すらすらと読めた。台湾が大好きな人、李登
輝総統ファン、必読である。
      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(読者の声1)金の相場が数年前からかなり高くなり、これからも上がる
か、落ち着くか、暴落するか議論がなされています。私は相場師ではな
く、相場で儲けようという気もありません。

しかし、5年程度の期間を考えて言うなら、金よりはるかに儲かる貴金属
投資があります。

それは、銀です。

最近数十年間、標準的な金価格の銀価格に対する比は、通常約16倍でした。

現在ではそれが約50倍です。最近数か月銀価格が暴騰してやっとそれく
らいで落ち着きました。金と異なり、銀には高級食器の材料、低抵抗の電
線等の装飾以外の分野での実需があります。

もっとも金と銀がどちらも値上がりする可能性も、両方ともに下がる可能
性もあります。もっとも安全なのは、金の売りと銀の買いの組み合わせです。

しかし今後5年間では、金と銀の価格の比の正常化が起きることでしょう
が、何年後かわかりません。

先物相場は通常6か月が期限なので、その間に一時的に逆方向に価格比が
行く可能性はあります。要するに確実に儲けるには、額に汗して稼ぐにし
くはなく、それこそ大和魂の発露でしょう。
 (ST生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)銀相場が荒れていますか。あれは1980年代初
頭、ハント兄弟が銀投機をやらかして、信じられない高値圏に突入し、最
後に失敗。

ハント兄弟は破産したことを思い出しました。79年にソ連が アフガニス
タンへ侵攻し、ゴールドが上昇し続けた。一オンス800ドル 台(いまは
1,400ドル台ですが)、この隙をねらって銀に狙いを定めた までは良かっ
た。現在、銀相場が高騰しているとすれば、あの事件の類似 性を推測し
てしまいました。
      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(お詫びと訂正)前号の日付を間違えました。本号が9月5日付けです。



━━━━━━━━━━
日本仏教の摩訶不思議
━━━━━━━━━━


        平井 修一

革マル派教祖の黒田寛一はマルクス主義関係の本を80冊も書いたが、彼の
信者以外は誰も評価しなかった。というよりも彼は完全に無視された。黒
田はドイツ語が全く分からなかったから翻訳書を頼りにした。マルクスや
ヘーゲルのドイツ語の原典を読めない哲学者とか学者は似非、偽物とハナ
から相手にされなかったのである。

今ではいろいろな学問において英語に通じていることは最低限必要で、主
要な論文のオリジナルは様々な言語で書かれたとしても、大体英語に翻訳
されるから、世界の最新情報に触れたければ英語理解が不可欠だ。

また国際社会で認められるためには論文も最低限は英語で書く必要があ
る。英語は現代の共通語であり、日本人でも英語でしか論文を書かない学
者がいるから、そういう学者は世界中でどんどん増えているだろう。

日本に仏教が伝来した1500年前(西暦538年説が有力)、支那、台湾、韓
国、日本などの文字の共通語は漢字だった。ブッダ(釈迦)はインドの人
で、弟子たちがまとめた仏典(仏教の経典)はサンスクリット語(梵字)
で書かれた。これが原典である。

ブッダが説法していた頃は紀元前500年、今から2500年前あたりだから、
聴衆はほとんどが文盲である。庶民が分かりやす言葉でブッダは説いてい
たはずだ。

どんな風だったのかを知るためには、当時のニュアンスをそこそこ残して
いるだろう原典に当たるしかないので、サンスクリット語の法華経の現代
語訳(坂本幸男・岩本裕訳注)を読んでみたが、難しいことなどほとんど
書かれていなかった。

法華経原典の出だし部分の現代語訳を今改めて最新の植木雅俊著「梵漢和
対照・現代語訳法華経」(2008年)で読むと、こうある。

<このように私は聞いた。あるとき世尊は、すべてが阿羅漢で、汚れ
(漏、ろ)がなく、煩悩を断ち、自由自在で、心がよく解脱し、すっかり
解脱した智慧をもっており、高貴な生まれであり、大いなる象であり、義
務を果たし、なすべき仕事をなし遂げ、心労(重荷)を除き去り、自己の
目的に到達し、生存との結びつきを滅ぼしつくし、正しい智慧によってよ
く解脱した心をもち、すべての心の自在という最高の完成に達しており、
神通で著名な偉大な声聞たちである1200人の男性出家者の大集団(比丘僧
枷、びくそうぎゃ)とともに、ラージャグリハ(王舎城、おうしゃじょ
う)のグリドラクータ山(霊鷲山、りょうじゅせん)で過ごされていた>

阿羅漢(梵語アラハト)とは修行が進み、仏陀とほとんど変らない人の
意。分からないところもあるが、まあ、何を言わんとしているかは伝わ
る。ところが朝鮮半島経由で大陸から日本に渡来した仏典はすべてサンス
クリット語からの漢訳である。上記部分の漢訳はこうだ。

<如是我聞 一時仏住 王舎城 耆闍崛山中 与大比丘衆 万二千人倶 
皆是阿羅漢 諸漏已尽 無復煩悩 逮得己利 尽諸有結 心得自在>

小生にはほとんど分からない。この訓読よみは――

<かくのごときを我聞く。一時、仏、王舎城・耆闍崛山(ぎじゃくっせ
ん)の中に住したまい、大比丘衆万二千人とともなりき。みなこれ阿羅漢
なり。諸漏すでに尽くしてまた煩悩なく、己利を逮得し、もろもろの有結
を尽くして、心自在を得たり>

「己利を逮得し、もろもろの有結を尽くし」なんてまったく分からない。
上記の現代語訳――

<私はこのようにお釈迦さまから聞きました。 ある時、お釈迦さまは王
舎城の耆闍崛山という山中に多くの出家僧とともに暮らしていました。こ
の出家僧らは阿羅漢で、色々な迷いを引き起こす煩悩を断ち切り、真実の
自己の心を知り、何物にも囚われず、あるがままの心を得た人達でありま
した>

これなら「なるほど」と分かるが、サンスクリット語原典の現代語訳と比
べるとかなりの省略がある。漢訳は原典を意訳し、固有名詞には適当な漢
字をあてたものなのだ。

次は仏僧や信者が読む法華経。

<にょーぜーがーもん いちじーぶつじゅう おうしゃーじょう ぎー
しゃーくーせんちゅう よーだいびーくーしゅー まんにーせんにんくー
 かいぜーあーらーかん・・・>

チンプンカンプンで、もはや呪文である。キリスト教界は聖書の日本語訳
をできるだけ分かりやすくしようと努力しているが、日本の仏教界は1500
年間、サンスクリット語原典の現代語訳にまったく興味を示さなかったば
かりか、「にょーぜーがーもん」で老若男女を煙に巻き、仏典の内容を伝
える努力をほとんどしてこなかった。

素人の小生から見ても日本仏教は摩訶不思議、異常な世界と映る。原典を
訳した植木雅俊はもともとは物理学者で、事物を観察し、冷静に真理を探
究するという理系の冷徹な目で見るとなおさらのこと、日本仏教はずいぶ
んおかしなものに見えたろう。著書「仏教、本当の教え」(20011年)に
こう書いている。

<日本にもサンスクリット語の仏典はもたらされていた。法隆寺に伝えら
れるサンスクリット語の「般若心経」は現存する世界最古の梵文テキスト
だと言われている。なかには天才的な人がいて、独学で研究することは
あったようだが、それはごく一部のことであった。

サンスクリット写本は大事に保管されてはきたが、むしろ漢訳されたもの
を通して仏教が受容された。漢文が読める、漢文の素養があるという人は
一部の特権的知識階級に限られるから、その経典に書かれている意味は、
ほとんどの日本人に理解されなかったと言ってもいい。今日もその状況は
ほとんど変わっていないだろう>

高僧でさえ“黒田寛一”同様の「原典知らず」なのだ。

日本仏教の不作為というか知的堕落はなぜ始まったのか。利にさとい者が
「これはカネになる、一生食える」と思ったのだろう。人々の不安を煽っ
て「信心すれば救われる、おまじない(加持祈祷)をすれば願いも叶う」
と寄付金を集めて寺を造り、衣食住を確保していった。「由(よ)らしむべ
し、知らしむべからず」(論語)で、「民はお経を有難がって寺や僧侶に
すがりカネを出せばいい」のであり、「お経の内容を分からせる必要はな
い、むしろ分からないほうが有難味が増す」ということとしか考えられない。

植木雅俊が師事した中村元(はじめ)はインド哲学者、仏教学者で、サン
スクリット語に精通し、仏典などの解説や翻訳など多数の著作を遺した
が、中村は「日本の仏教はシャーマニズムの域をほとんど出ていない」と
書いている。

未だ呪術レベルであり、たとえば池田教では「熱祷」(ねっとう)が今で
も信じられているだろう。「熱祷とは、題目一遍ごとに全魂をこめて唱え
ることで、これを百遍もやると全身汗みどろになるが、千遍もやるとどん
な病気にも即効があるとされている」(志茂田景樹「折伏鬼」)。

仏教がきれいごとだけではないのは他の宗教と同じだろうが、「通夜と葬
儀で数百万円もお布施を請求された」とか、「寺の境内にある墓所は1平
米で永代供養料100万円」いった話を聞くにつれ、日本仏教は「カネ信
仰」が強すぎると思わざるを得ない。関係者はこう語っている。

<年間数十万人程度の参拝者数では、宗派または本山寺院の経営基盤とす
るには足りない。宗派もしくは本山は、末寺からの上納金が収入の相当部
分を占める。何をしてでも門徒から耳を揃えて取り立てて来いというのが
本山で、本山にとっては末寺の住職は上納金の取り立て屋でしかない。取
り立ての上手な住職が良い住職で、金集めの下手な住職は無能な落ちこぼ
れでしかない>

今や日本仏教は7万5000寺院、名の知れた所だけでも「十三宗五十六派」
という。寺と僧侶が栄えたところでブッダの「本当の教え」は少しも広
まってはいないのである。(2013/09/04)



━━━━━━━━━━━━━
80年人生で2度目の心筋梗塞
━━━━━━━━━━━━━


         前田 正晶

何となく、そういうこともあるらしいと聞いた気がする2度目の心筋梗塞
が8月14日に発症。入院し救命され、29日に戻れました。だが、06年1月の
最初の心筋梗塞の時よりも退院後の心理的回復に手間取って、やや苦戦し
ております。それは、感覚的には予測もしなかった2度目の発症の精神的
なダメージがあるようで、悩んでいることです。目下はそれへの対応に懸
命になっています。

それも兎も角、前回は発症した瞬間に失神したほどの胸部の激痛でした
が、今回は普通の方でしたら恐らく無視された程度の胸というか背中の痛
み。この辺りに心筋梗塞の恐ろしさがあると思うのです。

今回、何よりもショック(カタカナ語排斥論者としては自己矛盾な言葉遣
いですが)だったのは、発症前日の13日の国立国際医療研究センター
(NCGM)での定期検診では「心電図、胸部のX線撮影、血圧等に何の異常
もなく、良好」と診断された翌日の出来事だったこと。

9月3日の時点でも未だに暑さが去るのを待っているような状態というか、
避暑生活のようだった病院内の気象条件(?)と比較すれば、些か激烈過
ぎるこの暑さへの対応に苦しんでいます。

また心理的な問題としては、正直なところ「2度あることは3度ある」の
俗説に従えば、もう一度襲われる危険があると言えます。換言すれば「そ
の機会が何処で襲ってくるか」という恐怖感があります。これまでは幸運
にも2度とも自宅で起こり、それも家内の目の前でしたから救われたと
思っております。

今回も自覚症状は愚か前駆症状すら感じておりませんでした。1週間ほど
前からやや気力が低下して「酷暑のせいかな」と思った程度。発症がまた
も自宅で家人目の前であったのが幸運でした。

一寸背中の真ん中が痛くなって血圧を測れば160/80ほど。それがどうし
たと思う程度かも知れませんが、平常は120/60前後に落ち着いていまし
た。そこで、PCをいじって冷や汗が出たので、「これは危ないな」と経験
上も判断出来ました。

直ちにNCGMの主治医に電話で相談したところ、兎に角救急に来れば当直医
が対応すると言われて、救急車を呼んだ次第です。「結果的に来たのが良
かった」と言われました。

救急隊員は心電図計測の機器を持って上がってきて即刻心筋梗塞と診断し
たようでした。その波形は私が見ても乱れが解る程度でした。あのまま放
置して自宅に止まれば致死だったと、病棟での主治医は言っていました。

未経験者ならば(ここまでの経験者は少ないでしょうが?)「これは一過
性であり、何でもない」と思いたいだろうという程度の痛みでした。

申し上げておかねばならないことは「我が国の救急隊員は素晴らしい」と
いう事実です。実に素早い対応と処置、親切で丁寧であり、走行中も「苦
しくありませんか」、「もう直ぐですよ」、「もう近くまで来ました
よ」、「着きましたよ」等々と絶えず声をかけ続けてくれました。

1985年10月にワシントン州シアトルの郊外で経験したアメリカの
Ambulanceとは大違いです。ご存じの方もあるかと思いますが、アメリカ
の救急車は有料です。

症状は左回旋肢(こんな字で良かったかな?)の06年に入れたstent周辺
に梗塞があって、そこに再度stentを入れて治療されたのでした。前回同
様、ここまでで帰して貰いたい気分になってしまうのでした。

救命措置直後に入ったICUでも一般病棟でも、多くの看護師さんに「二度
心筋梗塞を起こした患者さんを見たことがない」と言われました。そんな
ことらしいのですが、私はその2度目の危険性があると何かで読んだ記憶
があります。

結果としては原因も結果も何故か克明には説明されませんでした。そこで
何となく思い出した説がありました。それは「近代医学は生活習慣病の結
果として出た症状に対応できるが、往々にして原因を完全には解明できな
いことがある」なのです。

実質14日の入院期間中には心臓のリハビリテーションの運動等を含め、ほ
ぼあらゆるITを駆使した機械的検査が続きましたが、全て結果は「心臓も
何処も問題なし」で、「退院後の食事も仕事も日常生活も従来通りで良
い」との診断です。

8月30日には14日の入院以来手が出せる状況ではなかったので伸ばし放題
だったみっともないひげを剃って貰いに、10年以上指名してきた理容師
(孫もいる高齢の女性です、念のため)の所に朝の9時半に行きますと、

「8月6日に来た時よりも遙かに顔色が良く、赤みまでさしているが、どう
したの」と問われました。理容師は顔色の変化を見て取っていたのでし
た。事実、ひげを剃り落とした後の表情は平常時のものでした。理容師は
「あの顔色を心筋梗塞の前兆と見ることはあり得ないのでは」と一言。

新宿の住友ビル内の理容室ですが、安全を採って往復タクシーを利用しま
した。だが、この暑さの中を空調のあるところとないところを何度も出入
りすれば、現在の私の体調では対応しきれないかと感じました。

ここまで何と手を動かしましたが、現状では無理せず、ブログの毎日更新
にも拘泥せずに適当にその日の気分で適当にやっていきながら休養してお
きます。9月17日に外来に来るよう指示されておりますので、それまでは
精神修養に励みたいと思っております。

こういう経験は、もしかすると広い範囲の方々に知っておいて頂くと良い
かも知れません。よくある「虚血性心不全」という死因は「何だ、これく
らい」と無視する間に脳に血が回らず痛覚を失って「何でもなくなる」こ
となのが実態です。

そして心臓が壊死すると聞きました。実際に、06年に救急車で運ばれてい
る間は、苦しくも何ともなく「こんなことで救急車を呼んだとは怪しから
ん」と苦情を言われるのではないかと思ったものでした。(090313)



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎婚外子相続格差は違憲=民法規定めぐり初判断―最高裁大法廷

結婚していない男女の間に生まれた子(婚外子)の遺産相続分を結婚して
いる夫婦の子(嫡出子)の半分とした民法の規定が、法の下の平等を定め
た憲法に違反するかが争われた家事審判の特別抗告審の決定で、最高裁大
法廷(裁判長・竹崎博允長官)は4日、規定を違憲とする初判断を示した。

相続規定は明治時代から引き継がれてきたが、「婚外子への差別だ」とす
る国内外からの批判が高まっている。最高裁が違憲と判断したことで、国
会は法改正を迫られる。 
時事通信 9月4日(水)15時7分配信



 ◎稲田行革相VS自公 内閣人事局構想めぐりバトル表面化

政府が国家公務員制度改革の柱と位置づけ来年春の発足を目指す「内閣人
事局」構想をめぐり、同局が一元管理する幹部公務員の対象を約600人に
したい稲田朋美行政改革担当相と、削減を目指す自民、公明両党との間で
のバトルが表面化。それぞれが安倍晋三首相に正当性を直訴する事態に発
展した。

稲田氏は、2日に官邸を訪ね、首相に面会した。3日の記者会見では、10
月召集予定の臨時国会に内閣人事局設置のための関連法案を提出すること
について首相の「お墨付き」を得たと明かし、平成20年に成立した国家公
務員制度改革基本法に対象が「部長級以上」とあることなどを根拠に
「600人ということに変更はない」と言い切った。

その直後に、自民党の望月義夫行政改革推進本部長が官邸を訪ね、首相に
面会した。その後記者団には「首相との打ち合わせというか、党と内閣と
の打ち合わせをした」と強調。対象の数については「具体的には決まって
いない。自民党内の手続きもあるし、公明党と話をしなくてはならない」
と述べ、稲田氏の発言の打ち消しに懸命だった。

稲田氏の構想については、公明党を中心に、労働基本権を公務員に付与し
ないままでは内閣人事局が強大化するとして対象人数の削減が必要だとの
意見が出ている。首相は望月氏に対し、公務員制度改革について「後退す
ることのないように」と注文を付けたという。
2013.9.4 16:00 産経ニュース



 ◎佐賀県、洋式トイレ設置に5億円補助

佐賀県は3日、県内の飲食店や宿泊施設、社会福祉施設など不特定多数の
人が利用する民間施設を対象に、洋式トイレの整備費を補助すると発表し
た。2015年度までの3年間で2千〜2500台を整備する方針で、関連経費5億8
千万円を盛り込んだ予算案を定例県議会に提案する。

障害の有無や年齢などにかかわらず、誰もが利用しやすい「ユニバーサル
デザイン」を普及するのが目的。県によると、公共施設では洋式トイレの
整備が進んでいるものの、民間は和式だけの施設も多い。障害者などから
「外出先で利用できるトイレが少ない」との声があるという。市町の公共
施設も含め、1施設当たり2台で最大120万円を補助し、洋式化を後押しす
ることにした。

県地域福祉課は「高齢化が進むことも見据え、各施設内の最低一つは洋式
トイレにするよう取り組む」としている。
qBiz 西日本新聞経済電子版 9月4日(水)10時59分配信


 
 ◎朝鮮産・洋公主のヤミ歴史…朴正煕が設計した国家売春

在米朝鮮人も熟知する「洋公主」とは何か…それは南鮮に溢れた米
兵向け売春婦だった。捏造慰安婦の謎を解くキーワードの急浮上。しかも
パク・クネの実父が制度設計に深く関わっていた。

ニューヨーク市にほど近い米ニュージャージー州北部で9月2日、
言語道断の暗黒マラソン大会が催された。その日は、対日戦勝利の記念
日、VJデー。在米の不逞鮮人による反日イベントだった。

題して「Comfort Women Memorial Peace Marathon」。慰安婦を記
念する大会だという。嫌なマラソンだ。南鮮で大きく報道された割に規模
は小さく参加ランナーは約150人しかいない…
      ▼反日イベントの不逞鮮人9月2日(NJ紙)

一部にフィリピン系住民らも居たようだが、殆どは南鮮系だ。コー
スは8キロと短いが、そこに仕掛けがあった。スタート地は同州バーゲン
郡ハッケンサックで、ゴールはパリセイズパーク市だった。

 これまでに誕生した2つの腐れビッチ碑をつなぐ外道マラソン。旭
日旗を毀損するゼッケンを装着するなど、端からスポーツとは無縁の政治
的なデモンストレーションである。
      ▼配布された反日Tシャツ9月2日(NEWSis)

 在米鮮人による断続的な慰安婦策動には充分な警戒が必要だが、実
際は大手南鮮紙もスルーする小規模イベントだった。しかし、それをキッ
カケに南鮮が忌み嫌う禁断のキーワードが浮上した。

      「大部分の米国人は従軍慰安婦が洋公主だということを知らない。
洋公主は朝鮮戦争の時期に連合軍のために用意された売春婦だ」
      ▼パリセイズパークのビッチ碑



 鮮人イベントを報じた地元紙に日本人有志が、そうコメントを添えた。
洋公主=ヤンゴンジュとは聞き慣れない言葉だ。ところが、この意見にイ
ベント主催団体の代表が敏感に反応したという。

「慰安婦と洋公主と一緒に論じてはならない」

聞き慣れない言葉を軸に議論が交わされている…南鮮人が「洋公主」を普
通に知っているような口ぶりだ。急浮上した「洋公主」。それは捏造慰安
婦と密接に関係している南鮮現代史の暗部であった。


【東アジア黙示録】2013/09/05 01:10

http://dogma.at.webry.info/201309/article_1.html

【以下、転記省略】

〔情報収録 − 坂元 誠〕


 
━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)現代でもよくある誤解の例として、つぎのようなものがあります。
NPOは、非営利だから給与が低いし、むしろ手弁当が普通だという誤解。
非営利とは、無配当という意味です。つまり、我が国の9割の会社は無配
当ですから、会社がNPO化しているともいえます。

48,000法人のNPOがありますが、役員報酬は法外にとっても、法人事務所
から家賃を法外に徴収しても、配当金さえ貰わなければ無税になっていら
れるのです。そのところ、意外に、勘違いしている方が多いです。

ことほどさように、戦時中であっても賃金を支払った上での労働だっった
という基本部分を、検証もせずに、憶測だけで書く記者が、いると言うこ
とでしょうね。(酒井 富雄)



 2)100円ショップは空調していなかった:前田 正晶

4日は日が落ちた18:30から散歩をかねて新大久保駅前の文化通りにある
100円ショップにファイルを買いに出かけた。予定時間は30分だった。

気温も下がっており南にある駅からは向かい風で気持ち良く、家人ととも
にゆっくりと約10分も歩いて到着した。目的の2つ穴ファイルを無事見つ
けたのは良かったが、店内は非常に暑いのだ。

空調の真下にあるレジで当方の前に並んだ若い女性は懸命に手で風を送っ
ていたほどだった。当方も店内の体感温度は外と変わらないと見ていた。

買い物を終え汗びっしょりで外に出てみれば、外気の方が穏やかに感じら
れた。そこで気付いたのだが、石化燃料等の資源が値上がりすれば、イン
フレとは別個の原因で末端価格が上がるのだが、その際に100円ショップ
などは最も抵抗力が低いのではないかとの議論があったこと。

勝手な想像だが、この界隈最古の100円ショップは高騰した仕入れ価格へ
の対抗策として値上がりした電気料金を抑えるべく、空調を止めていたの
ではないか。

因みに、このショップは1990年代後半にいち早く撤退した静岡県を本拠と
する江崎書店の支店の後に出来た店で、当時の江崎の店長は「最早この地
では日本人相手の書店は成り立たなくなる見通しだし、書籍そのもののが
この街では売れなくなった」と撤退の弁を聞かせてくれた。もしかする
と、江崎は今日あるを予見していたのかも知れない。

それから大久保通りを北上したのだが、歩いて右折しようにも角に自転車
を止めて立ち話をする4〜5名のバングラデシュかパキスタン系の者たちが
道を塞ぎ、車も止めてしまったし、我々も身動き出来ない状態になった。

しかも、その角には朝から自転車数多く放置され、交通の妨げになってい
る。彼ら異邦人は全く意に介せず、その停まっていた車も彼らの同胞のも
ので、曲がれた後は堂々と路上駐車して彼らの店に買い物に入っていった。

何時も述べていることだが、大久保通りにはこの時刻ともなれば日本語を
話している人は明らかに少数で、もう1店買い物に入った大繁盛の業務用
スーパーなどでは、買うも売るも異邦人が圧倒的過半数を占めている。そ
の連中の言語は、最早当方の限られた判定能力では中国と韓国語以外であ
るとしか言えなくなった。私は恐ろしい現象であると認識している。

以前には「こういう現象に対応するのは出入国管理局なのか何処なのか、
いっそ石原都知事に訴えようか」と書いたことがあった。私は何時か何処
かで然るべき処置を講じない限り、この界隈は無法化すると真剣に危惧し
ている。

何時だったかは、彼らは道路の反対側のビルのテナント専用の駐車スペー
スの権利者の名前まで表示されているところに車を止めて権利者と論争
し、止めに来た警察官にも食ってかかっていた。経験上承知しているが、
彼らには英語能力はある。

消費税率引き上げもTPPも原発の汚染水対策も焦眉の急だろうが、地元の
東京の一角にはこういう危険且つ地元民に不快な現象が日常的に起きるほ
ど「異国化」が進んでいるのである。

もう私服警官の(不審者に対する)職務質問も見かけなくなった。恐ら
く、その程度では対応出来ない増加振りだと思っている。8月の新宿区の
人口統計では外国人は23人減って33,319人となっている。すると、彼らは
区外から入ってくるのか。


 3)米政府の通信傍受等は当然のことではないか : 下記の報道に見ら
れる「米政府の通信傍受」等は当然ことではないか。この裏には別の理由
があろう。これもオバマ米国の力の相対的低下を表すものではないか。
(2013年9月5日 N.H.採録)

 ブラジル大統領が米政府の通信傍受に激怒、訪米中止の可能性 : 
2013年 09月5日 11:16 JST

[サンパウロ 4日 ロイター] - ブラジル政府高官は匿名で、ルセフ
大統領は米政府が大統領の私的通信を傍受していたと報道されていること
に激怒しており、公式な謝罪がなければ10月に予定されているホワイトハ
ウス訪問を中止するとともに、米国との通商関係のレベルを引き下げる可
能性がある、と述べた。

ブラジルのテレビ、グロボは、1日のニュース番組で、米国家安全保障局
(NSA)がルセフ大統領とメキシコのペニャニエト大統領の電話や電子
メール、テキストメッセージを傍受していたと報じた。情報源は、NSA
契約局員で亡命中のエドワード・スノーデン容疑者から得たリーク情報と
いう。

匿名のブラジル政府高官は、大統領は報道に対する米国のこれまでの対応
について、大統領を「ばかにしたもの」と感じ「完全に激怒している」と
指摘。訪米中止のほか、ボーイングからのF18型戦闘機購入中止を含む制
裁措置を準備していると述べた。

同高官は「これは極めて重大な危機。公式な謝罪が必要だ。それがなけれ
ば10月の訪米は基本的に不可能」と述べた。



4)あるブログを参考に交通ルールを次ぎに上げてみますと、つまり、東
京23区部では、駐停車、とりわけ停車は、殆ど無理とみた方が良いようです。

5メートル:交差点の側端または道路のまがりかどから5メートル以内の
部分が駐停車禁止。30メートル:合図(方向指示器)の掲出は30メートル
手前から出すこと。

あらかじめ :道路上では、曲がる側に車を寄せてから曲がる、いわば2
段階方式です、その第1段階の「寄せ」は、「あらかじめ」というタイミ
ングで実施すること。

そうであるにもかかわらず、道路渋滞がありますから、停車・駐車のほか
に、滞留という概念を用いて、車の通りをよくしよう。

駅ではタクシーが、道路では宅配便トラックが、そして都心とりわけ霞ヶ
関、永田町界隈は黒塗り車で運転手付きが道路を占拠します。

停車も駐車も同じように道路使用を拒否し自分だけが利用する仕掛けであ
るにもかかわらず、滞留車両は放置されております。理屈では、いつで
も、移動できる状態にある方というのでしょうが、このご時世、そんな要
求をしようものなら、罵倒されます。

したがって、停車も駐車も滞留も、同じく拒否する交通ルールとすべきか
と思っております。

大久保・新大久保あたりのバングラ・パキスタン対策になりますし、徹底
的な取締で、地域の安全性が増します。

ついでに、都心部の交通マナーがよくなりますし、もちろん、タクシー、
宅配便トラックも、この取締対象となります。道路は、道路として使えな
い以上、駐車料金の徴収対象とするか、徹底排除しかありませんので好都
合です。

なお、道路上での停車・駐車・停留料金は、1分まで毎に1,100円(消費
税等込み)が適当でしょうか、その徴収者は地域の老人クラブで、徴収後
の上がりの半分は、老人クラブ費として還元する仕組みだと、高齢化社会
にふさわしい良識ある仕組みになります。

既存のルール違反者は、料金支払者に変わるですから、おだやかですし、
しかも良識ある社会が生まれることでしょう。(酒井 富雄)



 5)2013年8月の新宿区の人口:前田正晶

新宿区役所の“広報新宿”9月5日は、13年8月の区の人口が32万2,902人と、
前月比で7人増となっていた。6月や7月と比べてもほとんど変化無しだ。
外国人は3万3,319人と前月から減少が続き23人減だったが、別途述べたよ
うに信じられない数字だ。これで3ヶ月合計でして386人も?減少したこと
になったのだが・・・。

7月と比較すれば、日本人は男女合計で30人の微増で、内訳は男が55人の
増加で女は25人の減少だった。外国人の男が128人増えて女が25人の減少
となっていた。

先月から引き続いて感覚的には韓国人よりも中国の何処かとイスラム教国
からの流入者が増え続けていると感じる。大久保通りに出れば韓国語か中
国語以外の言葉で語り合っているアジア系の若い男女が多いし、新大久保
駅前の文化通りのハラル・フードを売る店の前には外交官ナンバーの車も
異邦人の不法駐車が多い。パキスタン、バングラデシュ、ネパールと覚し
き服装の者たちも数多く見受けられる。

4日の日没後に22日振りに大久保通りを北の方角(Koreatownの反対方向)
に歩いてきたが、異邦人の数は増える一方だと痛感した。去る2日の昼前
にバスの中から見ただけではあるが、ここに押し寄せる女性の数は減って
いたような印象。代わりにイスラム教徒が増えてきたのが実感である。

8月の新宿区の人口中に日本人が占める率は7月が89.61%に対して89.68%
というごくわずかな増え方だった。外国人は23人の減少で全体の10.318%
で、7月の10.32%と6月の10.39%と対比すれば「変化無し」と言えるだろ
う。因みに、5月は10.43%、4月は10.13%、3月は10.17%、2月は10.23%、1
月は(33,574人で)10.45%だった。

昨夜も痛感したが、「一体何処の国の誰がこの界隈をイスラム教圏内の国
にまで『与しやすし』と教えて殺到させているのだろうか」と思う。「彼
ら異邦人はまともに消費税等を納めているのだろうか」と疑うメル友がお
られる。当方も同感である。

参考資料:“広報新宿” 13年9月5日号


     
━━━━━━━
身 辺 雑 記 
━━━━━━━

今日(5日)は内科の定期健診などで朝早くから病院にいってましたので
配信が遅くなりました。ほかに右ひじに脂肪の塊ができていたので、その
辺の診察もしてもらいました。

診察の結果、糖尿病にともなう合併症の予兆は無い。ひじのこぶは脂肪で
はなく水である、あわてて治療するひつようはない、だった。


読者:5251人。


ご投稿、ご感想をお待ちしております。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
-- 
渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/09/06

    婚外子違憲判決―立証なき司法判断 

    http://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/68547223.html





    江戸城再建は日本再生の第一歩



    再建する会・小竹直隆理事長に聞く

    http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20130904/253007/?rt=nocnt

  • 名無しさん2013/09/06

    中国、韓国による日本の土地の購入は政治的意図が感じられるため、売ることに賛成できません。

     中国の土地は日本人が購入することができないので、中国人は日本の土地を買えないようにすべきだと思います。



    ◆韓国系団体が「慰安婦マラソン米国で開催「日本が謝罪し、旭日旗が消えるまで走る」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130903-00000005-jct-soci

  • 名無しさん2013/09/06

    静岡新聞の県内の外国人犯罪報道激減の件、ここ2ヶ月あまりの間に急に報道姿勢変わりましたね。

     以前は、ほぼ毎日報道あり同じ日の朝刊夕刊に載ることもあり

    朝刊、夕刊それぞれに複数件載ることもあったくらいですから

    週に1件程しか県内の外国人犯罪載せない今の事態は異常です。



     浜松中央署に問い合わせて外国人犯罪の発生状況のことも聞きました。

     2ヶ月前から外国人犯罪激減した事実はなく、静岡新聞が意図的に

    県内の外国人犯罪載せない隠蔽体質になったことが分かりました。



     静岡新聞に警察に問い合わせて矛盾点をついても何処からも

    外国人犯罪極力載せるなと圧力はないし静岡新聞は何処からも

    圧力を受けない新聞社で、意図的に載せていないのではないともいい

     まるで話になりません、しまいには外国人に差別や偏見あるのかと

    怒ってくる始末です。痛い所突かれて逆恨みで怒るとかおかしすぎます



    9/4は朝刊夕刊合わせて県内で14件の事件・事故報道あり

     その内外国人絡みは0件です。外国人の運転マナー悪くて事故も

    起こしやすいことは周知の事実ですが、轢き逃げして国外逃亡する位ですし

    14件も報道して1件もないのは不自然です。

     外国人犯罪めったに載せなければ激減したと誤解が生じ警戒が緩み

    外国人犯罪者にとって犯行しやすい環境になります、静岡新聞社は

    自分達だけ警戒して他の静岡県民は外国人犯罪の餌食になることが

    本望なのかと言いたくなります。後々外国人犯罪の統計発表になれは静岡新聞の

    外国人犯罪隠蔽体質が明るみになるのに何故報道躊躇うのか激しく謎です

    以前の様に隠蔽せず日本国民である静岡県民目線の報道してほしいです

  • 名無しさん2013/09/06

    先日、配られた地元埼玉の広報誌に上田知事のコラムがあるのですがー



    埼玉県の予算はもう10年も約1兆7000億円前後なのに国の予算は、

    81・8兆円から92・6兆円へと増加しています。

     国の職員数は増えていないのに低層の古い庁舎がどんどん新しい高層ビルになっています。

     国の借金が増えているのに明らかな放漫財政です。

    なぜ米国のデトロイト市やギリシャから学べないのでしょうか。

    とのことですが、古いという意味が単に古いのか、耐震基準等を満たしていないなどの理由なのかで違ってくるとも思いますけれどね。



    このコラムの前半では米国の場合、今回のデトロイトだけでなく、

    1980年以降全米で破産申請は250件を超えている。

     米国はそのような自己責任だが、日本は地方交付税で弱い自治体はそれなりに守られるので夕張市は例外的といっていい。

    と書かれています。

  • 名無しさん2013/09/06

    先日アメリカのニュージャージ州で従軍慰安婦を批判するマラソン大会がありました。参加者は韓国系住民を中心にした150名とのことです。 



    そのイベントに関して、日本人が「慰安婦は洋公主だ」といった意見を言ったところ韓国系が敏感に反応し、慰安婦とから洋公主は違うと反論しているそうです。 



    韓国人は「洋公主」が何かを知っています。下記の文章はそのことを書いたブログです。「慰安婦=洋公主」が正しい歴史認識ではないでしょうか。 



    今後「従軍慰安婦」は「従軍洋公主」と表現したいと思います。ブログの中には多くの写真が掲載されていますが、貼り付けできないため)(写真挿入) としています。 









    在米朝鮮人も熟知する「洋公主」とは何か…それは南鮮に溢れた米兵向け売春婦だった。捏造慰安婦の謎を解くキーワードの急浮上。しかもパク・クネの実父が制度設計に深く関わっていた。 



    ニューヨーク市にほど近い米ニュージャージー州北部で9月2日、言語道断の暗黒マラソン大会が催された。その日は、対日戦勝利の記念日、VJデー。在米の不逞鮮人による反日イベントだった。 



    題して「Comfort Women Memorial Peace Marathon」。慰安婦を記念する大会だという。嫌なマラソンだ。南鮮で大きく報道された割に規模は小さく参加ランナーは約150人しかいない… 



    ▼反日イベントの不逞鮮人9月2日(NJ紙)(写真挿入) 



    一部にフィリピン系住民らも居たようだが、殆どは南鮮系だ。コースは8キロと短いが、そこに仕掛けがあった。スタート地は同州バーゲン郡ハッケンサックで、ゴールはパリセイズパーク市だった。 



    これまでに誕生した2つの腐れビッチ碑をつなぐ外道マラソン。旭日旗を毀損するゼッケンを装着するなど、端からスポーツとは無縁の政治的なデモンストレーションである。 

    ▼配布された反日Tシャツ9月2日(NEWSis))(写真挿入) 



    在米鮮人による断続的な慰安婦策動には充分な警戒が必要だが、実際は大手南鮮紙もスルーする小規模イベントだった。しかし、それをキッカケに南鮮が忌み嫌う禁断のキーワードが浮上した。 



    「大部分の米国人は従軍慰安婦が洋公主だということを知らない。洋公主は朝鮮戦争の時期に連合軍のために用意された売春婦だ」 

    ▼パリセイズパークのビッチ碑)(写真挿入) 



    鮮人イベントを報じた地元紙に日本人有志が、そうコメントを添えた。洋公主=ヤンゴンジュとは聞き慣れない言葉だ。ところが、この意見にイベント主催団体の代表が敏感に反応したという。 



    「慰安婦と洋公主と一緒に論じてはならない」 



    聞き慣れない言葉を軸に議論が交わされている…南鮮人が「洋公主」を普通に知っているような口ぶりだ。急浮上した「洋公主」。それは捏造慰安婦と密接に関係している南鮮現代史の暗部であった。 



    【懐かしい洋公主の記憶】 



    洋公主の「洋」は、洋画・洋楽などで用いられる西洋を示す言葉だ。そして「公主」は、支那に由来するもので「天子の娘」「姫君」を表現。英語では「ヤンキー・プリンセス」と呼ばれることもある。 



    「洋公主論争」を伝えたのは、中共のタブロイド紙『環球時報』だった。なぜ米地方紙のコメ欄で起きた日鮮のやり取りをクローズアップしたのか不明だが、この支那由来の言葉に注目したのかも知れない。 

    ▼実在する洋公主と米兵(ハンギョレ新聞))(写真挿入) 



    参照:新華経済9月2日『従軍慰安婦は“洋公主”、日本のネットユーザー発言に在米韓国人が激怒―韓国メディ』 



    「洋公主=ヤンゴンジュ &#50577;&#44277;&#51452;」とは、日本人有志が指摘した通り、米兵向けの売春婦で、他に「洋セクシ &#50577;&#49353;&#49884;」「洋ガルボ &#50577;&#44040;&#48372;」とも呼ばれた。 



    これが差別的な表現と指摘される一方、昔の南鮮紙には「洋公主」の漢字が踊る。高齢の南鮮人には聞き慣れた言葉でもあったのだろう。これこそ捏造従軍慰安婦の謎を解くキーワードのひとつだ。 

    ▼南鮮紙の「洋公主」記事(年代不詳))(写真挿入) 



    大東亜戦争の終結後、米軍は南鮮を支配下に置いた。駐屯する基地は、我が軍の司令部があった龍山(ヨンサン)や、滑走路が整った平沢(ピョンテク)など日本軍から奪い取ったものだった。 



    そして、米軍が駐屯する基地周辺に出現したのが洋公主だった。ドル目当てに集まった街娼がワラワラ登場したのではなく、日本時代にあった遊郭がベースになっていた模様だ。 



    慰安婦がそのまま洋公主(ヤンゴンジュ)に変わったのである。客が入れ替わっただけとも言える。そして洋公主は、朝鮮戦争を経て60〜70年代にかけて更に数を増やしていった。 

    ▼東豆川の米兵向け歓楽街)(写真挿入) 



    ソウルの北方でDMZにも近い東豆川(トンドゥチョン)基地。最近の画像でも淫靡なネオン街が確認できるが、60年代の調査では、この東豆川周辺だけで1万人に達する洋公主が居たという。 



    研究者によると南鮮政府は当時、洋公主の総数を1万6000人と推計していたが、これは未成年の女性を含まない数で、実態を反映していない。南鮮国内では累計で30万人という見方もある。 



    年配の南鮮人なら誰でも洋公主という言葉を聞いたことがあるに違いない。そして、捏造された慰安婦と違って「洋公主の活躍」を撮影したフィルムもしっかり残っている。 



    【実録フィルムの中の洋公主】 



    北朝鮮サッカーチームの映画で金正日に気に入られた英国のダニエル・ゴードン監督が制作した北3部作の完結作品。それが本邦未公開の「クロッシング・ザ・ライン」だった。 



    ベトナム戦争中、ソ連亡命を企てて38度線を越えた米兵ジェームズ・ドレスノクの波乱人生を描いたドキュメンタリー映画だ。そこに実物の洋公主が登場していた… 

    ▼米施設ゲート前に立つ女(BBC))(写真挿入) 



    米軍施設のゲート前に立つ女性。これが歴史真実の洋公主の姿である。ゲートには不鮮明だが「レクリエーション・センター」と記されている。慰安所と変わらない米軍娯楽施設だ。 



    ゲートを潜ると、そこは怪しい店が立ち並び、米兵が正に闊歩する別世界。行き交う米兵に媚を売る洋公主たちの姿もバッチリ撮影されている。BBC所蔵のニュース映像が映画で使われたのである。 

    ▼米兵を誘う洋公主3人組(BBC) )(写真挿入) 



    戦後の我が国に開設されたRAAと似ているが、南鮮の基地周辺にあるのは、大歓楽街だ。更に、RAAが批判を受けて半年で閉鎖された経緯とは異なり、南鮮の米軍歓楽街は歴史を重ねて今に至っている。 



    南鮮の米軍慰安婦に関しては橋下騒動の最中の5月に『米韓が作った兵士慰安街』と題して触れた。NYタイムズ紙の告発報道を手掛かりにした記事だが、そこで過去を語る南鮮女こそ典型的な洋公主だった。 

    ▼洋公主時代を語る南鮮女09年1月(NYT紙))(写真挿入) 



    蔑称である「洋公主」というワードがメディアに登場するのは稀で、大方は「慰安婦」に置き替えられてた。ややこしい。ちなみに「洋公主」の朝鮮語版Wikipediaで引用される資料も表現は「慰安婦」だ。 

    ▼UN軍の慰安婦募集記事(東亜日報))(写真挿入) 



    UN軍を相手にする慰安婦の登録実施を伝える記事で、出典もハッキリ判った。1961年9月14日付の東亜日報である。訪南経験の多い加瀬英明氏によると、こうした記事や広告は珍しくないという。 



    「日韓国交樹立の前年に、韓国をジャーナリストとして訪れてから、足繁く通ったが、『東亜日報』をはじめとする韓国の主要新聞に、米軍のための「慰安婦」を募集する広告を良く目にした」 



    概ね洋公主=慰安婦なのだが、旧時代の慰安婦と南鮮の洋公主には大きな違いがあった。南鮮政府が、洋公主の管理に深く関与していたのである。 

    ▼南鮮で買春する米兵(BBC))(写真挿入) 



    しかも、米軍向け売春システムを整備した人物が朴正煕だった。 



    【朴正煕が作った赤線地帯】 



    1950年に朝鮮戦争が始まると、駐留米軍の急増にあわせて洋公主も膨れ上がった。記録によれば、激戦中の51年に釜山だけで慰安所の新設は74件にのぼっている。 



    洋公主の“活躍”は、朝鮮戦争が休戦しても終わらなかった。駐留兵士向け性産業が拡大する中、米軍は性病の蔓延に悩み始める。1957年にはOEC(米経済調整官室)も参加し、政府間協議が行なわれた。 

    ▼売春施設に群がる米兵(BBC))(写真挿入) 



    米側の申し出によって南鮮政府は、社会保健部直轄の性病診察所を基地周辺に47ヵ所設置。洋公主を一定のエリアに隔離するなど国家による統制・管理を進めた。 



    米軍基地周辺の性病診察所付き隔離エリアは「基地村」と呼ばれ、東豆川やソウルに近い議政府(ウィジョンブ)は、急速に繁栄した。議政府は2002年に米兵の装甲車ひき逃げ惨事が起きた場所だ。 



    そして1961年、軍事クーデターで李承晩を追放した朴正煕は「基地村」の本格的な整備に乗り出した。朴正煕が制定した観光事業振興法は、ドルを稼ぐ洋公主を公式に認めるものだった。 

    ▼基地村の洋公主1959年頃(ハンギョレ))(写真挿入) 



    この観光振興法は、売春を禁じた「淪落行為防止法」に抜け道をつくり、いわゆる「赤線地帯」に法的根拠を与えたのである。朴正煕は梨泰院(イテウォン)など全国36ヵ所の基地村を赤線地帯に指定した。 



    朴正煕は、セマウル(新しい村)運動の提唱で知られるが、それ以前に売春村を開発してたいたのだ。64年には米軍向け施設の売り上げは、900万ドルを超え、国家の外貨収入の10%に及んだという。 

    ▼クーデター直後の朴正煕ら)(写真挿入) 



    また70年代になると京畿地方だけで年間800万ドルの外貨が洋公主の収入になったという京畿道観光運輸課の公式調査も存在する。基地村は、南鮮経済を支える巨大売春産業であったのだ。 



    朴正煕は70年代に基地村浄化運動に取り組んだとされる。しかし、それは性病検査を徹底し、行政組織が洋公主の英会話教室を開くなど、性産業の発展に寄与するものだった。 

    ▼南鮮国家売春の父・朴正煕)(写真挿入) 



    朝鮮の伝統産業をシステム化した中興の祖が朴正煕である。この偉大な父親の“功績”を無視し、捏造慰安婦問題で我が国に因縁を付ける資格など、パククネにはないのだ。 



    【敵女性兵を生け捕りで娼婦に…】 



    吉見義明ら捏造派は、慰安婦の軍関与も、強制的な連行も立証できなかった。そこで今時は、慰安婦が「施設に監禁され、奴隷状態にあった」と非難する。すなわち、性奴隷だ。 



    それが実際どのような状態なのか…解き明かしてくれるのも洋公主だ。洋公主は、性病を発症すると「モンキーハウス」と呼ばれる窓に鉄格子が付いた監禁施設に押し込まれる。 

    ▼貴重な基地村報道77年6月(毎日経済))(写真挿入) 



    これは、NYT紙で告発した南鮮女も明かしている事実だ。そして、基地村問題の研究者によると、罹病した洋公主は抗生物質が過剰投与され、突然死するケースが多かったという。 



    一方、リクルートに関しては捏造慰安婦も裸足で逃げ出すレベルだ。初期の段階では、北朝鮮シンパと見なした女性を連行したり、北の女性ゲリラを拉致して売り飛ばすこともあったと伝えられる。 

    ▼UN軍に拘束された北看護婦(file))(写真挿入) 



    敵軍兵を捕らえて娼婦に仕立てるのだ。ジュネーブ条約を持ち出して議論している場合ではない。南鮮で流布される捏造慰安婦の“悲劇”よりも醜悪。完全にアウトだ。 

    洋公主の物語は、慰安婦捏造ストーリーの元ネタであることは確実だが、歴史の表舞台に突然登場した時期も極めて近い。80年代、南鮮で反米・反軍政ムードが高まる中、基地村の問題が浮上した。 

    ▼基地村闊歩する米兵と洋公主95年(東亜日報))(写真挿入) 



    親北左派の連中が、反米闘争の新テーマとして提起したのである。その過程で90年代初頭、挺身隊を意図的に歪曲した“従軍慰安婦”がクローズアップされる。 



    その流れか、我が国の左派系組織やフェミ系団体が基地村問題を指摘するケースも目立つ。韓国軍慰安婦の公的資料を発掘したのも、南鮮のフェミニスト女性学者だった。 



    【語り始めた基地村の洋公主】 



    「固定式慰安所-特殊慰安隊」 



    そうした記述が、1956年に韓国陸軍本部が編纂した公文書『後方戦史(人事編)』に残っていた。実績統計として、4ヵ所89人の慰安婦が1年間で20万回以上の“慰安”を行なったと記されている。 



    参照:朝日新聞アーカイブ『朝鮮戦争時の韓国軍にも慰安婦制度 韓国の研究者発表』 



    河野洋平の顔面に叩き付けたくなるような資料だが、加瀬英明氏によると約10年前、研究発表に慌てた南鮮政府は、国防部資料室の韓国軍慰安婦資料を閲覧禁止にしたという。 

    ▼置屋前に並ぶ洋公主(LIFE誌))(写真挿入) 



    確かに青瓦台にとって致命的な歴史資料。特に陸軍将校だった朴正煕の娘は言い逃れできない。しかし資料を隠蔽しても「洋公主」の存在は、NJ州のマラソン主催者が受け答えたように一般に知られている… 



    南鮮国内に米兵向け慰安婦がウヨウヨいたことを知りながら我が国を罵倒する精神構造は異常だ。日本時代の慰安婦が「20世紀最大の人権侵害」で、洋公主については「ノーコメント」など許されない。 

    ▼物色中の米兵と洋公主(LIFE誌))(写真挿入) 



    捏造慰安婦が第三国の地方都市でスパークする一方、洋公主は歴史の陰でひっそりした印象だ。実在の洋公主は、海外巡業に励むこともなく、実名で告発を始めたのも最近である。 

    ▼昨年7月邦訳版出版『基地村の女たち』)(写真挿入) 



    自称慰安婦が適当なウソを並べるのと違い、まだ証言も少なく資料は封印…学術的な研究も滞りがちだ。しかし、証拠写真どころか活動中の映像まで残っている。反日陣営を攻撃する恰好の歴史事実だ。 



    しかも洋公主の相手は朝鮮戦争・ベトナム戦争世代に遡る米兵だ。グレンデールなどでやりたい放題の在米朝鮮人に鉄槌を下し、米国務省を怯ませることも出来る。 

    ▼米兵と戯れる洋公主(BBC))(写真挿入) 



    慰安婦捏造派の妄言に反論することも重要だが、洋公主や韓国軍慰安婦をキーワードに真正面から反撃する姿勢も欠かせない。 



    知られざる洋公主の実像は、捏造慰安婦の壮大なウソを暴く可能性を秘めている。 





  • 名無しさん2013/09/05

    事件現場「四日市」と在日(朝鮮人)の性犯罪から

    『二日市保養所』を連想しました。



    ご存知のように、朝鮮半島から引き上げる婦女子はまさに命がけ



    朝鮮人やソ連軍によるレイブで妊娠した女性を、名前も聞かずに処置してくれた

    公に出来ない施設です





    朝鮮半島からの引き揚げ者のお話しを読むと、朝鮮人の本質が見えてきます

  • 名無しさん2013/09/05

    犯罪のニュースを聞きつつ 女子供を狙うのは朝鮮人。 刃物を使った強力犯はシナ人と思っていれば ほぼ間違いありません 



    そして ニュースの続報がぷっつり切れたら 確定です。 

     そう言う私を 批判していた家内も最近は「これは日本人じゃないね」というようになりました。 

     このような わかりやすい犯罪は誰でも認知できるから良いのですが 遂に最高裁判所さえも 汚鮮されてしまいました。 

    理屈もへったくれもなく結婚以外に子供が生まれることを状態的に認めることなんて おかしいと思うのが真性日本人でしょう。 

     話は全然違いますが 今の東京電力の福島事故への対応の仕方を見ていると ケンチャナヨ と言う語を思い浮かべてしまいます。 ボルトで組み立てたタンクなんて この猛暑の中においておけば 膨張伸縮を繰り返しボルトなんて直ぐ緩んで 隙間が空き水漏れするのは当たり前ですよ。 

     やっと 安倍さんが引き取ってくれましたので 何とかなるでしょう。 シナ人や朝鮮人には出来なくても 日本人には出来るでしょう。 

     いずれにしても 我々は身の回りにいる 特定外国由来の人間を見分けることが必要です。 相当深いところまで浸透していると見るべきです。 通名禁止にして貰えれば日本人の安全に一寸でも資することと思います。  



  • 名無しさん2013/09/05

    前世、前々世、前々々世で徳を積むどころか、悪徳の限りを尽くしていた人は、今世においてかなりの無形の宝を積んでも、財産や地位、名誉といった有形の宝となることはほとんどない。



     「少しずつ、最悪の状態がよくなっているなあ」



     という実感を得られるくらいだろう。なぜなら、徳というプラス劫というマイナスを相殺勘定すると、劫のマイナス面が超過剰気味であって、少々、徳のプラスを補充しても、幸福のバランスシートは黒字にならないからだ。たとえていうなら、累積赤字会社では、うれしいボーナスや楽しい株の配当をいただけないのと同じである。



     ヒイヒイいいながら、資金繰りで苦しむ毎日を過ごさねばならないだろうが、それは誰のせいでもない。自分が前世で犯した、放漫人生経営のツケが回ってきているだけなのだ。



     しかし、大丈夫。営々たる黒字徳積み化の努力をしているうちに、やがて膨大な累積赤字も解消されるのだ。どんなに苦しくても、自殺さえしなければ、人生に倒産はないのである。



     銀行だったら見離すかもしれないが、守護霊は絶対に見離さない。従業員だったら逃げ出すかもしれないが、背後霊団は最後にピンチのときを支えてくれるのだ。だから、逃げ出さないで、苦境にあえぐ「赤字自分会社」の再建に乗り出すべきなのである。