政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針3052号  2013・8・30(金)

2013/08/30

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 3052号
□■■□━━━───────────────────────□■■□



           2013(平成25)年8月30日(金)




           軽減税率は「新聞」を外し食品限定で:杉浦正章

         中国が異様な関心を注ぐ「北極圏航路」:宮崎正弘

                      シリア 市民に緊張高まる:古澤 襄

                       私の「身辺雑記」(27):平井修一

                     「鮮人に砂糖食わすな」:渡部亮次郎

                                      話 の 福 袋
                                反     響
                    身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第3052号
                             発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             

 
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━━━
軽減税率は「新聞」を外し食品限定で
━━━━━━━━━━━━━━━━━


                      杉浦 正章

マスコミの甘えを認めるべきでない

読売新聞の消費税に関する社説のトーンが変わったからどうもおかしいと
思っていたら、会長の渡辺恒雄が来年4月の引き上げに反対なのだそう
だ。読売と言えば昨年8月の3党合意による消費税法成立に向けて旗振り
役の先頭を切っていたのだが、なぜだろうか。

その理由は来年4月の8%への引き上げに際して、新聞への軽減税率が適
用されないからだという。永田町には大手新聞が消費税推進で“団結”した
背景には財務省との間で、米、味噌、しょうゆの3品目と並んで新聞も軽
減税率の対象にするという“密約”があったからだといううわさが流れ始め
ている。

大震災の被災地ですら「反対できない」と悲壮な覚悟を固めている消費増
税だ。マスコミは本来なら率先して協力すべきところではないのか。

新聞の消費増税への態度は「賛成だが自らへの課税に反対」というまさに
唯我独尊的態度である。今回の消費増税に関しては、朝日の会長・秋山耿
太郎が社長時代の2012年6月に「新聞購読料に対する消費税率をこれ
以上引き上げるのは、民主社会の健全な発展を損なう懸念がある。

国民の活字離れが一段と進むような方向での知識課税は望ましくない」と
軽減税率の適用をあからさまに求めて、ひんしゅくをかったのが始まり
だ。最近に至っては読売新聞グループ本社社長・白石興二郎(新聞協会会
長)が「欧米先進国は新聞や出版物に軽減税率を導入して、容易に廉価に
情報が国民の手に行き渡る制度を担保している。

軽減税率は国民の文化的知的水準を維持向上させるために必要だ」と、軽
減税率を新聞に導入して、消費税を現行5%にとどめるよう主張してい
る。朝日と読売は連携して、新聞協会を軸に軽減税率導入へとリードして
いる形だ。

これに対し政界の反応は、新聞首脳の要望にはすぐに胡麻を擦る如く反応
する公明党が前向き対応をし始めているが、自民党はさすがに毅然(きぜ
ん)としている。

税調会長・野田毅は来年8%段階での導入には応じない方針であり、
10%段階での導入についても「やるとは言っていない。目指して勉強す
るだけだ」としている。それはそうだろう。政府の消費税点検会合では被
災地である福島県相馬市市長の立谷秀清ですら「被災地といえども、反対
できない」と述べているのだ。

新聞がかつてこぞって主張したように将来世代にツケを回さないためにも
今増税するしかないというのが良識ある国民の判断なのだ。これをおろそ
かにしては遠山の金四郎ではないが御政道が成り立たない。

ところが読売の紙面作りがここに来て急旋回の様相である。去る13日付
社説では「2.6%成長 消費増税に耐えられる体力か」と銘打って、「消
費増税によって景気が腰折れし、デフレ脱却のチャンスを逃しては元も子
もない。日本経済が消費増税に耐えられる体力を回復しているかどうか、
難しい見極めが求められよう」と、4月増税には反対ともとれる意志表示だ。

これまでと180度トーンが変わった。政界からこぞって批判されている 内
閣官房参与・浜田宏一による点検会合での「先送り論」についても、2
面3段で「浜田氏『消費税先送りを』」と仰々しく報じた。他紙はほとん
ど無視している。

傑作なのは新潟粟島浦村議会による新聞の軽減税率を求める請願書や意見
書採択まで報じていることだ。何でこんなものが決まったのか背景は知る
よしもないが、たかが「村議会」の話を全国紙が報ずることか。

こうした読売の姿勢は、ナベツネ御大の意向が反映されているのだ。昔の
記者仲間である読売の幹部筋からちゃんと耳に入ってくる。「うちのボス
は軽減税率が4月に実現しない限り反対だと言っている」というのだ。老
いたりとはいえ、まだまだ読売グループでは泣く子も黙る存在であること
を物語っているわけだ。


社長・白石は30日の点検会議に新聞協会長として出席して見解を述べる
が、恐らくナベツネの意向を忖度(そんたく)した発言となるに違いない。

どうも首相・安倍晋三ですらナベツネの意向に左右されているフシが見ら
れる。首相たるものマスコミと時には対峙しなければならない。国民大多
数の利益を最優先すべきであるからだ。 

そもそもマスコミは何様だと思っているのだろうか。中小企業やサラリー
マンや年金受給者が泣く泣く支払う消費税を、「知識課税は望ましくな
い」などという屁理屈をこねて、自分だけ免れようとして恥ずかしくない
のか。

知的課税を言うなら、いまやパソコンや携帯などの通信料金への課税の方
が問題となる状況であることを知るべきだ。我が国国民の新聞への信頼度
は極めて高いものがあるが、その新聞が自らの矜持(きょうじ)を忘れて
いるではないか。消費税は新聞料金に堂々と反映すればよい。

政府・自民党は軽減税率を新聞が勝手に作った「コメ、みそ、しょうゆ、
新聞」から「新聞」を外して、食料品に限定して実施に移すべきだ。

   (政治評論家)<2013年08月30日>



━━━━━━━━━━━━━━━━━━
中国が異様な関心を注ぐ「北極圏航路」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
 平成25(2013)年8月30日(金曜日)
       通巻第4009号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国が異様な関心を注ぐ「北極圏航路」は何のため?
  しかし同時に資源派の汚職が絡んで権力闘争の様相も
*********************************

最初に注目しておくべきは「北極海航路」のことである。

アイスランドの北極海に面した凍土を、怪しげな中国人が広大な土地を購
入し、「リゾートとして開発したい」と騒いだ。後日、この男は中国共産
党幹部であることが判明した。

氷の土地にいったい何のリゾート? 動機が極めて怪しくアイスランドは
売却に消極姿勢、この話題は世界のマスコミも報道した。

北極海には石油、ガスが大量に埋蔵されており、2011年にプーチン大統領
は極東開発の大号令に続いて、「北極海開発」を叫んだ。厳密には2012年
APEC総会をウラジオストクに誘致したためである(蛇足、その前年に
取材に行ったが、無人島をいそいで開発中だった。冬季オリンピックのソ
チも現在急遽開発中だ)。

「北極海航路」の開発が本格化した。 

夏のあいだ、氷が溶けて大型船舶、貨物船が北極(大半がロシア領海)を
通過し、ベーリング海峡からロッテルダムまでの輸送ルートが確保される
と、スエズ運河経由より時間が二週間ほど節約される。

運送費の関係からも魅力的なルートであるため、すでに2011年に34隻、12
年に46隻、13年は地球温暖化の影響もあって8月下旬現在で450隻もの輸
送船が北極圏航路を使用した(と言ってもうスエズ経由は17,000 隻で、
問題にはならない)。

この北極圏航路に大いなる感心と野心を示したのが中国である。

中国は大連からベーリング海峡を経て北極圏航路を通りぬけ、オランダの
ロッテルダムへ到る試験航海を開始した。ウクライナから砕氷船を購入
し、最初の貨物船「永盛」(19461トン)が8月8日に大連を出航し
た。9月11日にロッテルダムに入る予定が発表された。

さて北極圏をのぞむロシア。

沿海州から極東にかけて、森林伐採やインフラ投資、農務作業のため、中
国黒竜江省からやってくる季節労働者は年間6−7万人に達するといわ
れ、かれらは夏の間、ロシアで農業労働として雇われる。


 ▼ウラジオストックのチャイナタウンは寂れているが。。。

シベリア地区は、スラブ系人口の大幅な減少にともない、中国人労働者を
歓迎する風だった。北朝鮮からの労働者はウラジオストックあたりでも目
立つが、同市とナホトカのチャイナタウンは見窄らしいほどに中国人が少
ない。

風向きがかわった。

数年前、ロシアの首都モスクワのバザールから華僑、中国人移民の中の不
法滞在者を一斉に摘発し国外追放した事件があった。それば、昨今では合
法移民でもかまわず、ロシア人の間に「中国人排斥」の気運が高まってきた。

ロシア当局は「中国人は群れて特定の地区に住み、あまりに文化程度が低
く、教養がないばかりか、犬を食し、不潔である。そのうえ犯罪者集団を
形成し、インチキな保証人制度をつくり、怪しげな弁護士が活躍し、風俗
営業が拡散したうえ国際的な詐欺集団など治安も悪化している」として、
その中国人との、あまりの文化の差異にモスクワ市民が反発してきた。

メドベージェフ首相は「チャイナタウンの取り締まりを強化する」として
いるが、ロシアは石油とガスの高騰による好景気で、すでに700万人の移
民があり(多くはウクライナ、ベラルーシのほかキルギス、ウズベキスタ
ンなどの技術者がガス、石油産業のエンジニアとなっているため)、これ
までに中国人移民も大目にみてきたのだ。

ロシア人の多くは沿海州や極東シベリア開発に興味を抱かないが、モスク
ワとその周辺に於けるチャイナタウンの形成、「唐人街」「中国城」の建
設を「黄禍」としての脅威視が強まったのである。

なぜならチンギスハーンの侵略以来、ロシア人は、「タタールのくびき」
という強迫観念に取り憑かれているからだ。このロシア人の体質に深く染
みこんだチャイナ嫌いが、食文化がまったく違う中国人の大量進出を前
に、脅威を抱くのは当然であろう。
  ○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◆書評 ◇しょひょう ▼ブックレビュー ■ BOOKREVIE 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ワシントン軍縮会議の狙いは日本の海軍力を抑え込み英米の事実上の軍拡
だった
  欧米列強の卑劣な謀略と巧妙な駆け引きを正確に認識していた日本

  ♪ 
西尾幹二『GHQ焚書図書開封8 日米百年戦争』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

このシリーズもはや第8弾となった。

いうまでもないことだが、GHQが日本占領中に再び日本に大和魂が蘇生
しないように、一方で出鱈目な東京裁判を進行させ、他方では「太平洋戦
争史観」というでっち上げの歴史を強請し、それまでの歴史教科書を墨で
塗りつぶさせた。そして米軍の日本占領に邪魔になる書物を焚書として摘
発した。

発禁処分となった本は7700冊。その大半を収集分析し、いかなる思想的背
景があったかを探るとともに、焚書された書物こそが日本の立場と歴史を
ただしく伝える良書が多かった事実を、このシリーズは静かに着実に伝え
てくれるのである。

本来なら、こうした作業は国家がやるべきことである。

それにしても大変な労作であり、この西尾さんの大がかりな作業を裏で支
える人々、口述筆記を纏める編集陣も、資料を収集し分析する舞台裏の協
力者、そして連続講座を放映した桜チャンネルと、このシリーズの出版を
決断した徳間書店を一つのチームと喩えるなら、たとえば「菊池寛賞」を
あたえるべきではないか。

さて表題にある「百年戦争」という意味は、ペリー来航から大東亜戦争の
敗北へといたる期間。じつはこの間に日本の知性は正確に客観的に国際情
勢を把握し、米国の政治の動きを察知していた。

また、同時に米国の戦略の裏も冷静沈着に読んでいた。

本編で取り上げるのは、「大東亜戦争調査会」が編んだ五冊の秀逸なる連
結本『米国の世界侵略』『米英の東亜攪乱』『米英挑戦の真相』『大東亜
の建設』『英米の東亜制裁政策』である。これらは昭和十八、十九年に刊
行され、GHQが真っ先にやり玉に挙げて没収した書物、日本人が必読の
歴史的文献でもある。

大東亜戦争調査会に拠った錚々たる執筆陣は、天羽英二、有田八郎、石田
礼助、神川彦松、高坂正顕、徳富猪一郎、松下正寿ら、あの疾風怒濤の時
代を代表する日本の知性だった。(ちなみに天羽家は代々が外交官。有田
は戦後、都知事に担がれて敗北、三島由紀夫『宴の後』のモデル。石田は
戦後の国鉄総裁。神川彦松は政治学者で全集を残す。高坂正顕はカント哲
学者、国立教育会館理事長、その息子に高坂正堯。徳富はいうまでのなく
大ジャーナリストにして『近世日本国民史』全百巻を著した。松下正寿は
戦後、立教大学総長、都知事選にも民社党から挑んで敗北した)。

蛇足を加えると、評者(宮崎)は、神川彦松博士を何回か自宅に訪ね、学
生の勉強会の講演にもきていただいたことがある。高坂は息子のほうと親
しかったが、正顕氏本人にも一度、インタビューしたことがある。

さて書評の前置きが長くなった。

大事なことは「当時の日本人のホンネをできるだけ正確に伝える」ポイン
トにあり、理由は「戦後書かれたほとんどすべての歴史書は、党派的でな
い、どちらかと言えば良心的でバランスのよくとれた学問的客観的叙述を
目指した」ものだが、その執筆姿勢に問題があり、「半ば旧敵国の立場に
立って」いるからである。

 「アメリカ外交」とは偽善と欺瞞にみちて、矛盾だらけでいつでも可
変、修正、撤回する性癖があり、ご都合主義の便宜主義に溢れていること
である。

 そして本書における大団円は、「ワシントン軍縮会議」だが、アメリカ
は当初、日本に何を話すかを持ち出さず、しかも背後では蒋介石を道連れ
にしており、同時に英国へは日英同盟の廃棄を画策していた。

ワシントン軍縮会議とは日本に一方的に軍縮を強要しながらも英米は、建
造中の軍艦をちゃっかりと計算に入れていた上、米国はハワイを例外、英
国はシンガポールを例外に扱うという、まことに不平等な取り決めであった。

その前後の英米の裏面の動きを日本は正確に知っていたのである。だから
こそ驚きなのである。知っていながら、なぜ軍縮に応じたのか? 

当時もいまのようなハト派の論理が日本でまかり通ったのか?

つまり「国際政治の力学はすべて洞察されていた」けれども、「その認識
を日本は活かせなかった。いまも活かされていない」として、著者の西尾
幹二は現在進行中の「TPP」と背後に日本をなお痛めつける米中の黙
契、ないしは密約の存在を示唆する。

歴史の大転換はワシントン軍縮会議であり、当該書籍はこう書いていた。

「多年の日英同盟を廃棄することによって米国の圧力を緩和すると同時
に、米国と共同戦線を張って南アングロサクソンの海軍を以て、両大洋の
覇者としての世界的地位を一層強固なものにすべく黙契を結んで、昨日ま
での盟邦日本に、新しい敵手として相まみえんとした」それが英国の裏切
りだった。

また対華21箇条の要求は、シナと列強の謀略が存在しており、いたずらに
シナ人の攘夷感情を日本にだけ振り向けようとして策謀でもあった。

なお最終部分で西尾氏は三島由紀夫の最後の檄文に触れ、核拡散防止条約
はワシントン会議に匹敵する不平等を指摘している事実に対して、当時の
保守派は反応しなかったように書かれたが、これは事実関係が異なる。

昭和44年から、保守陣営でも体制御用の保守派は核拡散防止条約に賛成し
ていた(いまの御用学者がTPPに賛成するとの同じ)、だが、民族系学
生運動と愛国陣営は猛反発し、森田必勝は「日本の独自の核武装」論を
『日本学生新聞』で展開していたし、日本学生会議は外務省に乱入して
「核拡散防止条約粉砕」の垂れ幕を外務省の窓枠から垂らした。

日本学生同盟は羽田空港で批准のため訪米する三木外相に抗議行動を展開
し、直接檄文を手渡そうとして「空港侵入罪」で逮捕されるなど、騒然と
していたのである。早稲田大学などキャンパスでは「核拡散防止条約に反
対」の立て看板が立っていた。新聞がこれらを一切報じなかったが、林房
雄、石原慎太郎らも、反対を表明していた。

「調印、批准すれば日本の技術は一世紀以上後れる」として野沢豊吉博士
らが先頭に立った。村松剛、倉前義男氏らも立ち上がり、川内康範は「大
国の不条理」と断じた。

ところが体制保守の側は「対米関係が重要」として賛成に回った。ナショ
ナリスト政治家と思われた中曽根が賛成し、高坂正堯、小谷秀二郎、入江
通雅といった人々が賛同の旗を振った。まさに現在のTPP議論と同じく、
保守の分裂があったのである。

三島由紀夫はそれらの動きをみたうえで、最後の檄文に核拡散防止条約の
不平等を盛り込んだ経緯がある。
         
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(読者の声1)貴誌4008号、小生の提起した日本の朝鮮併合事情の見直しが
広く論議されることは大変ありがたいことです。ロシアが朝鮮兵を使って
日本を攻撃する恐れがあったという理解が国民に広がって欲しいと思います。
従来はロシアが朝鮮半島を支配して日本を攻撃するとしても、ロシア兵が
朝鮮経由で攻め込んでくると考えていた人が多かった。

私もそうでした。しかしそうではなく、ロシアの司令官が朝鮮軍に日本を
攻撃させるという、考えてみれば当然の発想に気づかなかった。

歴史的には元寇の事例だけでなく、戦後の朝鮮戦争でもソ連は朝鮮人にソ
連の武器を与え南朝鮮を攻撃させています。朝鮮戦争がスターリンの戦争
であったことは彼の急死で戦争が停戦になったことからも明らかです。
  (東海子)


(宮崎正弘のコメント)2回目の元寇は、華中から出講してきた南宋の残
党が主力だったようで松浦湾あたりで台風に遭遇し全滅。これで「旧敵」
(宋)の軍隊が海の藻屑と消えて、フビライはむしろ元王朝の安定に寄与
したと思ったのでは?



━━━━━━━━━━━━
シリア 市民に緊張高まる
━━━━━━━━━━━━


       古澤 襄

<内戦が続くシリアでは化学兵器が使われたとされる問題を巡って国連の
現地調査が続くなか、欧米諸国がアサド政権側に対する軍事行動の検討に
入ったことを受けて、市民の間で緊張が高まっています。

シリアでは、今月21日に首都ダマスカス近郊で、化学兵器が使われたと
される攻撃で子どもを含む数百人が死亡し、反政府勢力と政府側の双方が
相手による攻撃だと主張しています。

 国連の調査団は28日、今月26日に続く2回目の現地調査を行うた
め、滞在先のダマスカスのホテルを出発し、化学兵器が使われたとされる
現場や近くの病院などを調べているものとみられます。

この問題では、イギリスやフランスに加えてアメリカのオバマ大統領もア
サド政権が化学兵器を使ったと非難しており、欧米諸国が近く軍事行動に
踏み切るのではないかという見方が広まるなか、シリア国内では市民の間
で緊張が高まっています。

ダマスカスの反政府勢力は、NHKの取材に対し、アサド政権を支持する
市民らがダマスカスから政権側の支配が強固な周辺の都市に一斉に避難し
ているほか、市民らが食料や水などを買いだめしていることを明らかにし
ました。

■イラン最高指導者「軍事介入すれば大惨事に」

アメリカなどがシリアへの軍事行動を準備していることについて、イラン
の最高指導者ハメネイ師は28日、テヘランで演説を行い、「アメリカが
シリアに軍事介入すると、この地域は大惨事に見舞われるだろう。アメリ
カは、イラクやアフガニスタンのように多くのものを失うことになるだろう。

この地域は、火薬庫のようもので、予想不可能な事態に陥る」と述べ、ア
メリカを強くけん制しました。

また、イランのラリジャニ議長や、ロウハニ新政権の下で、新たに就任し
たザリーフ外相も、アメリカ軍がシリアへの軍事行動を準備していること
を非難するなど、イランからは、アメリカを警戒する発言が相次いでいます。

シリアのアサド政権と同盟関係にあるイランは、今月発足したロウハニ新
政権もアサド大統領を支える姿勢を崩していません。

しかし、ロウハニ大統領は、核開発問題などを巡って対立が深まった欧米
諸国と対話路線を目指しており、同盟関係にあるシリアの問題が、今後の
欧米諸国との関係にどう影響するか、注視しているものとみられます。
(NHK)>2013.08.29 Thursday name : kajikablog




━━━━━━━━━━━
私の「身辺雑記」(27)
━━━━━━━━━━━


     平井 修一

■8月28日(水)。快晴、室温27.5度。

軽井沢のことを考えていたら正夫叔父さんのことを思いだした。叔父さん
は東京・青山で八百屋をしていたが、「ビルがどんどん増えて住宅街がな
くなっちゃったのだから商売になりゃしない」とわが家の隣町に引っ越し
てきた。叔父さんの店の跡には青山ツインタワーが建っているからかなり
の大金が入ったのだろう、隣町で最初のスーパーを開業した。

叔父さんは熱心な創価学会員で、当時は池田大作が300万世帯の信徒獲得
を号令して、叔父さんも折伏鬼となってわが家を襲撃したのだが、それは
さておき、叔父さんは事業で儲けた金をばんばん喜捨したから家族は大変
だったようだ。それでも隣町にダイエーができる前だから金はあって、女
遊びに飽きたころ八ヶ岳の高原に別荘を建てた。

ところが60歳を過ぎたころには呼吸が苦しい病気になり、別荘は空気が薄
いために症状が悪化して保養どころではなくなり、まったく行かなくなっ
た。晩年には池田大作学会が日蓮正宗から破門されたために総本山大石寺
にお参りもできなくなり、気の毒なくらいにがっくりしていた。池田の罪
障は深い。

午前中は図書館で過ごす。遊園地だな、ここは。

■8月29日(木)。快晴、室温27度、午後32度。

2、3日前から夏休みを終えて幼稚園と小学校が再開した。散歩では幼稚園
の前を通るので、毎朝、校門で園児を迎える女性の園長先生とは馴染だ
が、久しぶりに言葉を交わした。

「お久しぶりです、ワンちゃんは大丈夫でした?」
「いやー、2回も熱中症になり、大変でしたよ」
「そうですかー、今年の夏は本当に暑かったですものね」

園長先生は60歳ほどか。異様なくらいに真っ白な顔をしていたから夏休み
中、クーラーをかけて家にずっと閉じこもっていたのかもしれない。歳を
とれば暑さ寒さに弱くなる。

曽野綾子は9月で82歳になるが、ここ数週間、産経に寄稿している彼女の
文を読んだところ、どうも切れ味が悪くなっている。乱麻を断つ勢いがな
い。わが町の名士であった89歳翁の合同葬が先月あったが、ずっと現役で
はあったものの80歳を過ぎてからはトンチンカンなことを言うようになっ
ていたそうである。

体力が衰えるように、頭脳だっていつまでも明晰というわけにはいかない
だろう。引き際は大事だが、多分本人は分からないだろうし、周囲が勧め
るわけにもいかないだろうから、なかなか難しい。

夕方に子・孫軍団来襲。鶏手羽元煮などでもてなす。久しぶりの7人の夕
食で、片づけ終わったのは8時だった。あまりにもの賑やかさに犬も体調
が悪くなったのだろう、脱衣所のマットの上にゲボをし、元気がない。

マットを含めて膨大な洗濯物が出た。カミサンは車でみんなを送っていっ
たが、子・孫を歓迎できるのもヂヂババが元気なうちで、これができなく
なれば小生の引き際というわけだ。いつまでもつか・・・(2013/08/29)



━━━━━━━━━━━
「鮮人に砂糖食わすな」
━━━━━━━━━━━


     渡部 亮次郎

小便が甘くなる糖尿病だが、砂糖を食いすぎたからなる病気ではない。口
から入れた栄養素を血肉に変化させるためのホルモン「インスリン」が膵
臓の「ランゲルハンス島」から十分に出なくなる病気である。

インスリンに見向きされなかった栄養(ブドウ糖)が小便に混じって廃棄さ
れるから糖尿病と名づけられた。

往々にして糖尿病は甘い物の摂り過ぎと誤解している人がいる。だがその
ために糖尿病になる人は稀だ。私は少年の頃、砂糖を食べすぎたら脚気に
なった。ビタミンB1欠乏症である。日露戦争当時何万の将兵がこれで死んだ。

つまり砂糖や糖分を消化するにはビタミンB1が不可欠。砂糖を食ってビタ
ミンB1を補充しないと脚気になる理屈である。脚気は昔の病気だろ、この
世から消えたと思っている向きに警告。清涼飲料水は砂糖過剰。それで最
近、脚気になっている人(若者)が多いそうです。

先にどこかに書いたが、併合時代、統治する日本人は朝鮮人に砂糖を全く
与えなかった。高価だったからである。砂糖醤油にまぶした牛肉(やまと
焼き)をどれほど食べたかったことか。1973年に訪韓した際、朴正権の閣
僚が述懐していた。

だから1945年8月15日、日本から解放されるや、韓国の国民1人当りの砂糖
消費量は一時的に世界一になったそうだ。「焼肉」は日本人が韓国で始め
たものなのだ。

ところで砂糖 さとう Sugarは蔗糖を主成分とする代表的な甘味料。原
料は蔗糖を含む植物で、砂糖黍(さとうきび)からは甘蔗糖、テンサイ
(砂糖大根)からは甜菜(てんさい)糖またはビート糖が造られる。

また、砂糖楓サトウカエデ(楓)からはカエデ糖(メープルシロップ)、サト
ウヤシ(椰子)からはヤシ糖、サトウモロコシからはソルガムシュガー(バ
イオマス)がつくられている。

紀元前327年アレクサンドロス大王の西インド遠征の折、すでにインドで
はサトウキビの茎から蜜を造っていた。サトウキビは、原産地と考えられ
るニューギニアから7世紀ごろ地中海東部に伝わったが、砂糖は薬として
扱われ珍重されていた。

16世紀になって新大陸での植民地開発に伴い生産が急増、ヨーロッパ人の
食生活に大きな影響をあたえるようになる。17世紀以降、紅茶とともに一
般に普及していった。

日本には754年唐僧の鑑真(がんじん)によって伝えられたとされる。室
町時代に中国との貿易が盛んとなり、砂糖の輸入量も増え
たが、江戸時代に砂糖が国内生産されるまでは貴重品であった。

毒物と称して主人が壺に秘蔵していた〈黒うどんみりとして,うまさうな
もの〉を砂糖だと知って,太郎冠者と次郎冠者が食べてしまう狂言《附子
(ぶす)》の滑稽には,当時(鎌倉時代)の日本人と砂糖との関係が見事に描
き出されている。

少なくとも農村でも砂糖を舐めていたのは極一部の地主だけだった。砂糖
を知らない農村の次男、三男がたちが、食べた事もない白米をたらふく食
べた事によって脚気に悩みながらロシアに勝ったのが日露戦争だった。

こうして、砂糖に慣れ親しんだ日本人も大東亜戦争中は主産地台湾との往
来もまま成らなかったため、戦後を含む数年間は砂糖とは無縁の生活を余
儀なくされた。

この数年間はあらゆる店先から菓子らしい物は一切姿を消した。戦後、2-3
年して、農家にコメを供出させるエサとして白砂糖が配られて、再び砂糖
にありついたのだった。

余談だが、戦時中に姿を消した物に鮭の缶詰がある。戦争が始まる前は樺
太方面にサケ漁の出稼ぎが盛んだったから鮭缶は溢れていたのに、対米戦
争開始と同時に姿を消し、戦後も暫くしなければお目にかかれなかった。

    


━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎ 夕刊フジ 【新・悪韓論】

反日・潘事務総長の品格なき履歴書 
韓国社会の灰汁にドップリ漬かった両班 2013.08.29

韓国の官僚から処世術とロビー活動でのしあがった国連の潘基文事務総長
(ロイター)

呆れた「イエスマン忠勤」
職員怒鳴り散らし、縁故人事
労組が批判採択する事態も

国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長が、国連憲章違反ともいえる一方
的な日本批判をしたことが、国際問題に発展しつつある。菅義偉官房長官
は27日、「非常に疑問を感じている」と強い不快感を示し、米ニュー
ヨークの国連代表部などを通じ、発言の真意を確認する方針だ。そもそ
も、潘氏はこれまでも出身国・韓国に偏った言動や縁故人事などで問題視
されてきた。ジャーナリストの室谷克実氏が、潘氏のあきれた実像に迫っ
た。 

「日本の政治指導者は極めて深く自らを省みて…」と、上から目線で内政
干渉した国連の潘事務総長。高度な中立性を守るべき立場ながら、母国・
韓国で常識外れの日本批判を展開した「国連憲章違反」の疑いが取り沙汰
されている。

 この潘氏こそ、韓国社会の灰汁(あく)にドップリと漬かり切ったま
ま、韓国の国技であるロビー戦術に乗ってポストを手にした「今日の両班
(ヤンバン=貴族)」だ。

 朝鮮李王朝600年の間、世襲の支配層として君臨した両班。彼らには
朱子学の知識習得が必須だった。朱子学の知識を問う科挙に合格すること
が、官職を得るための第一歩だったからだ。

 めでたく官職を得ても、礼学論争がある。朱子学の解釈に名を借りた2
大派閥の権力闘争だ。負けた派閥の幹部は死罪か流刑になる。そんな中
で、どちらにも属さず、あるいはどちらにも属し、最後に勝ちそうな派閥
に乗る蝙蝠(コウモリ)のような両班が少なくなかった。

彼らは官職に就くや、それに付随する権力を行使して、不正蓄財に励み、
血縁者を登用させようと画策した。

 今日の韓国の上層社会(高級公務員や大手財閥の経営陣)で展開されて
いる日常は、李王朝600年の両班の権力闘争と本質的に変わらない。

上司に対しては「イエスマン」であり、時にライバルの悪口を吹き込みつ
つ、利権をあさる。

そして、中下層に属する人々に対しては、どこまでも横柄だ。

米国留学は李王朝時代に例えれば、科挙合格だ。留学組の潘氏は「親米
派」とみられていたが、盧武鉉「反米左翼」政権が誕生するや「反米派」
になる。潘外相の下、外務省スポークスマンは「わが省に親米派は1人と
していない」との声明を述べたのだ(2005年4月)。

それより前のことだが、盧大統領が、外務省を全く無視して「対日外交戦
争を辞さず」(05年3月)との対日ドクトリンを発表すると、外務省内は
放心状態になった。骨のある外相なら、大統領に辞表をたたきつけるとこ
ろだが、潘氏は恥じらいもなく「大統領発言の事後バックアップ」に奔走
した。

こんな「イエスマン忠勤」により、国連事務総長選に出馬することが了承
されたのだ。

そして、国際社会での官職に就くや潘氏は、人事で韓国人を重用した。娘
婿(インド国籍)を、イラク支援ミッションの官房長に抜擢した人事に
は、国連職員労組が事務総長批判を採択する事態になった。

潘氏が、中下層の国連職員を怒鳴り散らすのは有名だ。アフリカの国々の
人権問題には厳しく口をはさむが、中国に対しては何も言わない。

まさに朝鮮伝統の「事大主義の両班」そのものだ。

文弱の両班は危険な所には近づかず、戦火を見るや真っ先に逃げる存在
だった。シリア情勢が深刻化する中、のんきに韓国に里帰りするとは、ま
さに両班。

事務総長に就く前の潘氏を「人格者」と褒めちぎった日本の外務省幹部
は、今どこで何をしているのだろうか。   (室谷克実)      
(情報収録:中山)



 ◎シャープ、サムスンとの提携交渉を打ち切り 日本の技術“コピー”に
待った!

経営再建中のシャープが資本・業務提携した韓国サムスン電子と、複写機
事業に提携を拡大する交渉を打ち切った。重要な特許を保有するキヤノン
など国内大手メーカーがサムスンへの技術流出に強い懸念を抱き、シャー
プに見直しを迫った。日本の先端技術と市場シェアを韓国に奪われる最悪
の事態を食い止めた。

スマートフォンに続く成長事業が定まっていないサムスンは、日本勢が圧
倒的なシェアを握る複写機事業に目を付け、経営不振のシャープに手を差
し伸べた。複写機事業の買収を拒否されたため、複写機の販売を担う共同
出資会社の設立を検討、交渉していた。

これに「サムスンに付け入る隙を与えるのはもっての外だ」(業界関係
者)と国内大手メーカーが待ったをかけた。主力のA3サイズのデジタル
複写機でリコー、キヤノン、米ゼロックス(富士ゼロックスを含む)が3
強。コニカミノルタとシャープを含む5社で約80%のシェアを握る。

大手3社は現時点ではサムスンを歯牙にも掛けていないが、シェア10
・6%を持つ5位のシャープと組めば様相は変わる。先端技術に加え、保
守や消耗品などのアフターサービスのノウハウまで、サムスンに丸ごと
“コピー”されてしまう恐れがあるためだ。「業界を代表しキヤノンの御手
洗冨士夫会長兼社長最高経営責任者(CEO)が水面下で動いた」(別の
業界関係者)という。

複写機は、各メーカーが保有する特許を相互に使用し、センサーなどの先
端技術を結集して生産する。そこで、大手3社はシャープに対し、サムス
ンと提携した場合、特許の使用許諾関係を見直すと通告した。

特許保有で優位にある大手3社が厳しく査定すれば、後発のシャープは
100億円単位の追加支払いが必要になる恐れがあり、利益が吹き飛びか
ねない。追い詰められたシャープ首脳は8月下旬に交渉をいったん打ち
切った。

半導体や液晶でも日本は韓国との提携を機に技術流出した。今回はひとま
ず失敗を繰り返さずに済んだようだ。
夕刊フジ 2013.08.29



 ◎日本の新聞に出ていたかどうか不明だが英字新聞では、80年代に多発
した(世界で一番)韓国航空機の事故の原因は、パイロット同士のコミュ
ニケーションの悪いことであると調査機関が発表していたそうだ。 年上
や目上には絶対に逆らってはいけないという文化から、だそうだ。

また英語レベルが十分でないパイロットにも水増しして合格点を与えてい
たから管制塔とうまくコミュニケーションがとれなかったという問題も
あった。

ネットの日経では、韓国の危機対応が見事だという賞賛記事が掲載されて
いたように記憶するが。

大韓航空やアシアナ航空のパイロットは殆んど、韓国空軍パイロットの割
愛組なので・・・・。

民間航空のパイロットになるために、韓国空軍パイロットを志願してくる
らしい。

そのため、韓国空軍の第一線のパイロットが不足しているようだ。(高岡氏)
---------------------------------------------------
夕刊フジ
ブレーキが一時ゼロに 大韓機の新潟空港オーバーランで運輸安全委調査
2013.08.29

新潟空港で大韓航空機が着陸時に滑走路をオーバーランしたトラブルで、
運輸安全委員会は28日、接地後にブレーキがほぼゼロの状態で一時走行
していたとする調査経過を公表した。一方、滑走路の先端近くで急激な手
動ブレーキもかかっていた。安全委は「ブレーキを含め機体に不具合は見
つかっておらず、操縦ミスがなかったか調査を進める」としている。

フライトレコーダー(飛行記録装置)の記録では、同機は接地の約20秒
後、逆噴射させていたエンジンの出力を弱めた。その約5秒後、揚力を抑
えるため主翼上に立ち上げていたスポイラーを収納し、車輪のブレーキも
自動解除。制動力がほぼゼロのまま時速約130キロで約5秒間走行した。

その後、パイロットがペダルを足で踏んで利かせるブレーキの力が急激に
強まり機体が停止。滑走路先端の約160メートル手前から主脚のタイヤ痕
が残り、前脚は先端から約70メートル行き過ぎていた。


【新・悪韓論】アシアナ機事故に見る韓国人の国民性 真実の究明より
“工作”とは…
2013.07.25


アシアナ航空事故の対応も韓国流が存分に発揮された(ロイター)

韓国のアシアナ航空機が米サンフランシスコ空港で着陸に失敗した事故か
ら、ほぼ3週間。韓国が見せる対応戦術は、その国民性を学ぶ上で格好の
材料だ。

韓国には「交渉学」の講座を持つ大学がある。「交渉学」とはゲームの
理論や心理学を応用して1970年代に米国で起こった学問だという。

延世大学の交渉学教授を経て、コンサルティング会社を経営する人物
が、朝鮮日報(2013年7月15日)に「NTSB(米運輸安全委員 会)の
“操縦士過失”論にやられないための5つの啓明」という文章を寄稿 して
いた。なぜか、日本語サイトにはアップされなかったが、その骨格を 紹
介しよう。

 (1)最初のイメージが大切だから、NTSBの発表に対抗して、積極
的な反論を、マスコミを通じて展開しろ。

 (2)米国民がボーイング社の欠陥機の犠牲になることもあると広報
し、米国民にボーイングを「共通の敵」と認識させろ。

 (3)友好的な機関や団体と連合戦線を形成しろ。国際民間航空操縦士
協会は大きな力になる。

 (4)政府は外交チャンネルを通じて 対米抗議のレベルを高めろ。

 (5)次期戦闘機を売り込みたいボーイング社に対しては、韓国の反米
感情を高めると損をするぞ と圧力をかけろ。

お見事、「事故原因の究明を」といった視点はどこにもない。「韓国人
パイロットの操縦ミス」という結論を阻止するため、政府とマスコミ、航
空機会社は挙げて対米世論工作を全力で推進しよう−というのだ。
実際のところ、韓国政府とマスコミ、アシアナ航空の対応は、この寄稿の
前から、おおむね寄稿文の趣旨どおりに動いてきている。

もはや「真実は何か」は、韓国人の公的関心事ではないのだ。

韓国人パイロットの操縦ミス」だったことが正しいと頭の隅で考えて い
る人も、外に向かうや「ボーイングの機体システムの欠陥や、米国人に
よる管制ミスを隠すため、韓国人パイロットが生贄(いけにえ)にされよ
うとしている」と表明する。それが韓国では「正しく愛国的な言動」なのだ。

韓国人の脳裏には、「韓国人は常に被害者」という“刷り込み”が幼稚園
時代からなされている。だから、被害者ファンタジーは自然に思い浮かぶ
のだろう。

慰安婦問題も同じ構図だ。「本当は戦時の売春婦だったのでは」という
「真実は何なのか」の議論には、お得意「妄言だ」対応のみ。その一方で
「実は性奴隷だった」「連行された20万人の6割以上は惨殺された」
と、次々にデマを拡大して世界に広めている。

まあ、そのうち「神の懲罰」が下されるだろうが…。  室谷克実(む ろ
たに・かつみ) (情報収録:中山) 


 ◎英、対シリア軍事介入断念=政府動議、議会で否決

【ロンドン時事】英下院は29日夜、対シリア軍事行動に関する政府提出の
動議への採決を行い、賛成272、反対285で否決した。キャメロン首相は採
決後、「英国民の意見を反映する議会が軍事行動を望まないことがはっき
りした。政府はそれに従って行動する」と述べ、シリアでの化学兵器使用
を受けた軍事介入を断念する意向を表明した。
 動議は、シリアのアサド政権による化学兵器使用を非難し、英軍のシリ
アに対する軍事行動の可能性を認める内容。
 英国がシリア軍事介入から手を引くことは、協調姿勢を取ってきた米国
やフランスにとっても大きな打撃となる。2015年に総選挙を控える保守党
党首のキャメロン首相にとって重大な政治的敗北であり、指導力に疑問符
が付けられるのは確実。
 BBC放送によると、ハモンド国防相も英国が軍事介入に参加しないこと
を認めたが、英国抜きでも米仏は介入を中止しないとの見方を示した。
 首相はシリアで化学兵器使用疑惑が明らかになった21日以降、「さらな
る化学兵器使用を抑止する」ことを目的とした軍事介入に向け、積極姿勢
を取ってきた。
 当初、動議は1回の採決で直ちに軍事行動に移れる内容だった。しか
し、野党労働党の要求を受け、軍事行動のためにはシリアで活動中の国連
化学兵器調査団の結果を待って再度の採決を必要とするよう修正するなど
大きく譲歩。だが、労働党は結局、アサド政権による化学兵器使用の明確
な証拠を求めて反対に回った。また、与党保守党内にも介入への慎重論が
相次いだ。時事通信 8月30日(金)6時58分配信
 


 ◎<ビタミンD不足>北日本は長時間の日光浴を

成人が1日に必要とする量のビタミンDを体内で作るには、北日本ほど長
時間の日光浴が必要とされ、冬の札幌市では茨城県つくば市の3倍以上の
時間がかかることが、国立環境研究所(つくば市)の研究で明らかになっ
た。30日付の日本ビタミン学会機関誌に発表する。

ビタミンDが不足すると骨が弱くなったり、高血圧などになったりする危
険性が高まる。ビタミンDは魚などの食事からとれるほか、紫外線を浴び
ることによって体内で作られる。厚生労働省の基準では、成人に必要な1
日の摂取量は最低5.5マイクログラム。魚では1匹(約50グラム)を
食べる必要があるが、日光浴の方が手軽とされている。

そこで、同研究所の中島英彰・地球環境データベース推進室長らのチーム
は、ビタミンD5.5マイクログラムを、日光浴だけで作るための必要時
間を分析した。その結果、12月の晴れた日の正午に顔と両手を露出した状
態で、那覇7.5分▽つくば22.4分▽札幌76.4分−−と、札幌では
つくばの3倍以上の時間がかかることが明らかになった。

 中島室長は「最近は紫外線を避ける人が多く、慢性的にビタミンDが欠
乏する人が多い。日差しの弱い冬の北海道や東北地方では、積極的に日光
浴をしたほうがよい」と話している。【相良美成】
毎日新聞 8月30日(金)6時0分配信

 

 ◎米主要都市でスト=ファストフード従業員ら

【シカゴ時事】ニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルスなど米国の50以上の
都市で29日、数千人のファストフードチェーン大手の従業員らが、低水準
の賃金の引き上げを求め、ストを決行した。米ファストフード業界のスト
としては過去最大規模という。米メディアが一斉に報じた。

来週9月2日の労働者の日(レーバーデー)を控えたこの日、マクドナル
ド、バーガーキング、ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)などの従
業員が、各地の店舗外などで抗議活動を実施。大半の労働者にとって現在
の水準のほぼ2倍に相当する時給15ドル(約1480円)の確保、報復を受け
ずに労組を結成する権利の獲得を訴えた。 
時事通信 8月30日(金)7時44分配信



 ◎交際相手殺害で男逮捕=4年前失踪、5月から捜査―愛知県警

交際していた愛知県春日井市の女性を殺害したとして、県警は30日未明、
殺人の疑いで、会社員舩戸勝章容疑者(44)=浜松市中区葵西=を逮捕し
た。2009年7月に女性の捜索願を受けた春日井署は事件とみていなかった
が、捜査1課が失踪の経緯を疑い、今年5月から捜査していた。

逮捕容疑は09年6月1日ごろ、舩戸容疑者が住んでいた愛知県岡崎市井ノ口
新町のアパートで、交際相手だった春日井市高蔵寺町の無職大森規子さ
ん=当時(35)=の首を絞め、殺害した疑い。同容疑者は「別の女性との
交際がきっかけで口論になった」と話し、容疑を認めているという。 
時事通信 8月30日(金)6時16分配信


 
━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)<経済環境を無視した増税はあり得ない。>
の宮崎太郎様のご意見を全面的に支持します。

消費税を上げるのは税収の確保を目的とするものです。
アベノミクスでやっと薄日が差してきた日本経済をこのまま上昇気流に乗
せるために、消費税増税は先送りにすべきです。
このまま消費税増税を行えば、橋本増税時と同じ結果になります。

消費税増税は国際公約だ! と決めつける議論がありますが
いつどこでだれがそんな「公約」を日本政府はしたのでしょう。
もともと生き物である経済情勢について、「公約」など出来る訳は有りま
せん。

G20で発言したから?それが「国際公約」ですか?
なにか公式文書に署名でもしたのでしょうか?

仮に公約をした、としても、経済状況で反故にするのに躊躇ずべきでは有
りません。

「増税をしなければ日本の債券市場が暴落し金利上昇が起こる。」

などというのも「デマ」の類にすぎないと私個人は思います。

日本が消費税増税を先送りした場合、それではどこの国の債権が日本に変
わりうるのでしょうか?ヨーロッパはユーロ危機の状況はそのまま続いて
います。アメリカだって景気の回復が見られるものの財政状況は日本と大
差ありません。
結局、国債の金利が暴騰する、などと煽る人物は、そう言って債権市場が
乱高下させて儲けようと単にポジショントークをしているにすぎず、仮に
一時的に乱高下をしたとしても、そのうち落ち着きを取り戻すに違い有り
ません。

「公約」なるものを律儀に守って海外の評判を良くしたところで、日本経
済がまたまた水面下に潜っても「馬鹿正直な国だ」と嘲笑されるのが落ち
です。

日銀の前総裁が金融政策の基本を律儀に(馬鹿正直に守り続けている間、
各国はジャブジャブ通過を発行して自国通貨の切り下げ合戦を行い、結果
的に日本が異常な通貨高に見舞われたのでは有りませんか。

どの国も自分の国を守るのに必死なのです。
ここでナイーブなおこちゃまのように「国際公約」などと大騒ぎする人は
過去から何も学んでいないのだ、と怒りすら覚えます。

ええかっこしとる場合とちゃうで!

要は税収が上がることが目的であるなら、近頃の大手企業の復調で「税収
は確実に上がるはずですので、当面消費税は先送りで良いことになります。

また先日は、御用学者が必ず言う「橋本政権時は、海外要因で景気が悪化
しただけで消費税増税が原因ではない」という説をそのまま出しておられ
ましたが、実際には消費税増税が景気に水をかけたのは事実です。

日曜日の産経新聞「日曜経済講座」に私のもっとも信頼する経済部編集委
員の田村英雄氏の論文が掲載されていました。

その辺りの事が実に論理的かつわかりやすく書かれていましたので、読ま
れておられない方はぜひご一読ください。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130825/fnc13082510400000-n1.htm

晃 (福岡在住)



 2)山口公明党代表の訪米は有意義 : 山口公明党代表らが、来月訪
米し、要人と意見交換などするという。これは、公明党などの国際情勢感
を高め、集団的自衛権の行使態勢の整備、憲法改正論議の深化、TPP交
渉の促進、などにとって極めて有益である。

シリア対応で極めて忙しい時期に重なってしまったが、是非実行してほ
しい。

戦後日本の指導的な政治家、官僚、財界人、学者、宗教家などにも、国際
情勢、特に、国際軍事情勢に疎すぎる人が沢山いた。これらを少しずつ高
めていったのが、「訪米」や「米留」、先進国「留学」などであった。

先の民主党政権には、これらの出身者が少なく、情報過疎、視野狭窄、な
どに陥り、国益を害し続けたように思う。

今も、若い政治家や野党の一部には同様の性向が強いように観察される。
今後の日本を背負う政治家などの訪米、外国訪問などは、今なお意義深い
ことであると考える。 (2013年8月30日 元防衛庁職員 N.H.)



 3)韓国・北朝鮮に詳しい鈴置高史記者(日経)が、中国に接近する韓
国の朴槿恵大統領の外交政策について、中韓のメディアなどの論述を紹介
しながら、その方向性の問題について鋭く迫っている。一読をお奨めする。
★「同盟を結べ」と韓国に踏み絵を迫る中国 中国の心理戦に揺れる韓国の
二股外交ー
鈴置高史 2013年8月29日 日経ビジネスオンライン
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20130827/252648/?bpnet&rt=nocnt
(品川 阿生居士)



 4)大日本帝国の大韓帝国併合は「百害あって一利なし」でした。大日
本帝国は大韓帝国を1905年に保護国にしたのですから、併合する必要はあ
りませんでした。

「結論として著者[中川八洋]は、日本は朝鮮をその内政に関与せず、保
護国の関係にし、軍事と外交権だけを持つべきであったとする」。「『歴
史を偽造する韓国、韓国併合と搾取された日本』、中川八洋著」。(まこと)
http://teda.iza.ne.jp/blog/entry/64535/



 5)>
> 知の頂上は遥かなり 平井 修一
(略)
> その後にキリスト教のことを調べていたら、カトリックに対する改革
派のプロテスタント、通称「ピューリタン」(清教徒)はピュア(清潔、
純粋)が語源で、聖書にのっとって質素な生活を送り、地上に理想社会(神
> の国)を実現し、神に近づくことができるという考えで、いわば「キ
リスト教原理主義」だった。

この説明ではプロテスタント=ピューリタンのように書かれていますが,
これは間違っています。ピューリタンとは「イングランド国教会の改革を
唱えたキリスト教のプロテスタント(カルヴァン派)の大きなグループ」
(ウィキペディア)であり,プロテスタントの総称ではありません。
                         (荒木純夫)



 6)3049號、3050號の二囘でローマ字のことについて書きたいと思って
ゐたことは全て書いた。

然るべき人に讀んでもらふべくローマ字に關心があるだらうと思はれる某
議員に連絡を試みた。サイトには意見を募集してゐる窓口がある。

「議員へのご意見・お問合せはこちらよりお願ひいたします。貴重なご意
見お待ちしてゐます。皆樣からお寄せいただいた、貴重なご意見・ご要望
は、議員本人が、一通一通丁寧に目を通し、政治活動に反映させて頂きま
す。」

ここに書込んでみた。すると

「皆樣からお寄せいただいた、貴重なご意見・ご要望は、議員本人が、
一通一通丁寧に目を通し、政治活動に反映させて頂きますが、事務所の對
應上、 個々のメールの返信は致しかねますので、何卒ご理解、ご了承の
ほどお願ひ申し上げます。」

といふ文言が表示された。

多分議員本人の表現ではない。國政に反映させるやうな意見に出會へば、
もっと突っ込んでところを確かめたくなる場合もあらうといふものだ。そ
れをはなから返信しないと斷るのは、さういふ可能性をあたまから信じて
ゐないことの表明。慇懃無禮の印象を與へることに思ひが及ばないのか。

念のため事務所に電話してみた。「頂門の一針」といふメルマガと言って
も傳はったやうでない。名前を告げようとすると不要だといふ。失禮なが
ら頂門といふ語お判りになりますかと訊いてみた。チョウモンでせうとい
ふ。一般の人なら弔問を思ふかもしれない。議員祕書だから聽聞のことを
思ってゐたのだと思ふ。ついにあきらめた。

じつは自分でも判ってゐないことに氣附いた。頂門といふ語は「頂門の一
針」といふ形でしかお目にかからない。國語辭書でもこの句の形で立項さ
れてゐる。大辭林の場合は長門峽といふ項目がある。「頂門の一針」が長
門峽のあとになっては引きにくいと思ったのか、頂門の見出があり、語義
に「頭の上、頭」とある。これがわからない。

頭なのか、頭の上なのか。頭の上とはそもそもなんだ。愛用の『大字典』
で頂をみると「頭のいただき」とある。『字通』には、頂は形聲。聲符は
丁。丁は釘の平頭のところ。すべて頭頂の平らかな部分をいふとある。し
てみると、頂門の意味は頂だけで足りることになるではないか。門は何を
指すのだらう。

頂門といふのは天に向かって開かれた窓のやうなものではないだらうか。
さういへば赤ん坊の頭の中央部はひよめきとかおどりことか呼ばれる骨の
縫合の完成してない部分がある。そんなところなのではないかと今は勝手
に思ってゐる。(kmns)


     
━━━━━━━
身 辺 雑 記 
━━━━━━━


頂門の一針は四文字熟語「頂門一針」から。「急所を押さえて戒めを加え
るたとえ。痛いとこをついて忠告すること」(岩波「四字熟語辞典」)

「頂門」は、頭、頭の上。頭のてっぺんに針を刺す意。元は中国古典による。



読者:5242人


ご投稿、ご感想をお待ちしております。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
-- 
渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/08/31



    【悲報】あまちゃん、面白くない

    http://blog.livedoor.jp/idolover/archives/32265651.html





    フジテレビ 世界柔道で日本人の決勝戦中に放送打切 → CM中に一本勝ち金メダル、視聴者大激怒 

    http://higedharma.blog90.fc2.com/blog-entry-1785.html



  • 名無しさん2013/08/31

    「いい体してるね」とスカウトされて… またまた消防士のAV出演判明 大阪

    2013.8.30 21:53 [westピックアップ] 



     アダルトビデオ(AV)に出演し現金の謝礼を受け取っていたとして、大阪府守口市門真市消防組合は30日、守口消防署の27歳と26歳の男性消防士2人を停職6カ月の懲戒処分にした。このうち26歳の消防士は5回の撮影で計16万円の謝礼を受け取っていたという。



      大阪では今月6日にも、四條畷市消防本部の男性消防士2人がAV撮影に参加し現金を受け取っていたとして、停職6カ月の懲戒処分を受けている。



      同消防組合によると、27歳の消防士は昨年8月1日、26歳の消防士は同6日、遊びに来ていた須磨海岸(神戸市須磨区)で、AV撮影の関係者の男から「いい体してるね。AVに出ませんか」などと声をかけられ、いずれもその日のうちに海岸近くのマンションで撮影に参加。謝礼として各現金1万円を受け取った。



      26歳の消防士はその後、昨年9月上旬までに4回、大阪市内などで撮影に参加していた。2人は「軽はずみなことをしてしまった。申し訳ない」と話しているという。



      今月13日、「職員がアダルトDVDのパッケージに写っている」という匿名のメールが守口、門真の両市役所に届き、発覚した。











     AV出演の消防士2人停職 須磨海岸でスカウトされ「断り切れず」

    2013.8.6 17:25 [westピックアップ] 

     アダルトビデオに複数回出演し、謝礼として現金を受け取ったとして、大阪府四條畷市は6日、20歳の男性消防士2人を、停職6カ月の懲戒処分とした。





     見知らぬ男、即出演で1万円…密告され発覚





      四條畷市消防本部によると、2人は昨年8月9日、兵庫県の須磨海岸へ遊びに行った際、見知らぬ男性からスカウトされ、その日のうちに出演し1万円を受け取った。2人は「断り切れなかった」と話している。その後も複数回出演し、現金を受け取っていた。



      先月25日、市に匿名の告発メールが届き発覚。翌26日には消防側に「市民一同」と書かれた告発文が、出演したDVDと一緒に封書で届いた。



  • 名無しさん2013/08/31

    石原信雄内閣官房副長官の、「政府としては、手を尽くして調べたが、政府および軍が直接手を下して慰安婦を強制連行した例は、まだ見つかっていない」との発表を、政府は堅持せよ。

  • 名無しさん2013/08/30

    自動車免許を取りに行っていたときに、免許センターで仲良くなった人から聞いた話。



    筆記試験が終わり、知り合いも来ていないし1人でぼーっとしていると、20代後半くらいだろうか?サラリーマン風の人が話しかけてきた。

    その人はとある手違いで免許証を失効してしまったらしく、最初はその経緯なんかをおもしろおかしく話していたのだが、ふと「まあ信じなくても良いんだけど……」と奇妙な話をし始めた。

    その話というのは、その人(仮にA男さんとします)が前に不動産関係の職に就いていた時の話だった。



    A男さんがその職場に就職して2年目くらいの頃、とある物件を買い取る事になり、その調査に上司の同行としてついて行ったらしい。

    その物件というのはどうも競売物件らしく、色々と「わけあり」だったらしいが、その時はA男さんは詳しい話は教えてもらえず、本人もその事を特に気にしていなかったらしい。

    現地につくと普通の民家で、特に変わった事はなかったらしく、そのまま室内に入って色々と手続調査などをする事になった。



    調査も順調に進み、さあ次は2階だと話していた頃、ふいに2階から『パタパタパタパタ……』と、子供か少し大きめの犬が走るような音が聞こえてきた。

    上司とA男さんは顔を見合わせ暫らく無言だったが「まあ何か風か何かで何かが揺れたんだろう」と、そのまま2階へ上がった。



    暫らく2階を色々回っていると、今度は2階の奥のほうの部屋からまた『パタパタパタパタ……』と走るような音が聞こえてきた。

    流石に2人ともおかしいと思い、音のする方へといってみると。

    どうやら音源は一番奥の部屋らしく、そこから走るような音がずっと聞こえてきていた。



    A男さんは流石に怖くなったらしく、上司に

    「何なんですか?」

    と聞くと、上司は

    「ちょっと入ってみる」

    と言いドアを開けた。

    A男さんはビビってしまっていて、部屋の中を見ることも出来ずに壁際に張り付いていたらしい。



    ドアを開けた直後、「うわっ!」という上司の声が聞こえてきた。

    あわててA男さんも部屋を覗いて見て、上司の悲鳴の意味が解った。

    その部屋は8畳くらいの部屋だった。

    部屋は四方の壁紙がボロボロに剥がれ落ち、そこに無理矢理といった感じで何十枚、何百枚というお札が貼られ、更にそのお札の殆どもボロボロになって剥がれ落ちているという有様だった。

    明らかに他の部屋とは損傷具合が違い、異様な空間になっていた。



    更に不気味だったのが、明らかに部屋は無人なのにも関わらず、部屋を誰かが走り回るようなパタパタパタ……という音が部屋の中心でずっと続いてた。

    まるで部屋の中で子供がはしゃいでいるかのように。

    A男さんはそれでここはただ事ではないと思い、呆然としている上司を無理矢理部屋から引っ張り出し、急いで部屋のドアを閉めるとそのまま全く動かない上司を引き摺るように屋外へ飛び出した。



    外に出てやっと少し落ち着いたA男さんは、上司に

    「何なんですかね、あれ」

    と聞いたのだが、何か上司の様子がおかしい。

    目の焦点が合っていないというかなんというか、上司は呆然としたまま無表情で直立の状態で、何度話しかけても反応がない。

    何度か話しかけると「ああ…」とか「うう…」とか反応はあるのだが、一切会話にならない状態だった。

    A男さんは何がなんだかわからず頭が混乱していたが、混乱しながらも上司をなんとかしなければと、携帯で救急車を呼んで暫らく待っていた。



    救急車を呼んで2〜3分した頃だろうか、突然A男さんは後ろから肩をガッと掴まれた。

    びっくりして後ろを振り向くと、年齢は80歳くらいで髪がぼさぼさ、ボロボロの服を着たお婆さんが物凄い形相でこちらを睨んでいた。

    A男さんが

    「何でですか?」

    と聞くとおばあさんは、突然大声で

    「お前もか! お前もあいつらの仲間か! お前らも呪われてしまえ!!!!」

    と叫び出した。



    騒ぎを聞きつけ近所の人が出てきたのだが、それでもお婆さんは絶叫をやめなかった。

    近所の人たちは、まるで何かを察したかのように冷静にお婆さんをA男さんから引き離し、お婆さんを宥め始めた。

    そしてA男さんと呆然としている上司を少しはなれたところに連れて行き、お婆さんの身の上などを話してくれた。

    お婆さんは若い頃、あの家のあった土地に住んでいたのだが、○○に何年も嫌がらせをされ、とうとう耐え切れなくなって家族で一家心中をしてしまったらしい。

    しかし、発見が早かったためお婆さんだけが助かり、お婆さんの夫と一人娘は治療の甲斐なく死んでしまった。

    その事実を知ったお婆さんはそれから数年は落ち込んだりもしたが、近所にアパートを借りて普通に暮らしていたらしいが、だんだんとおかしくなっていき今のようになってしまった。

    そして、あの土地はそのまま○○に乗っ取られてしまった。

    近所の人はこうも言っていた。

    「旦那さんと娘さんは余程悔しかったんだろうね……それ以来あの家ではおかしな事が何十年も続いてね、土地を乗っ取った○○も、後になって土地を買った人も発狂して自殺してしまったんだ。あなたもそうなりたくなかったらあの土地には関わっちゃいけない」

    と。



    A男さんはその後、今件とは別の事情でその職場を辞職した。

    上司の方は、入院して3日後に意識を取り戻し、その後はとくには何も無いらしい。

    上司の話では、部屋のドアをあけたところまでは覚えているらしいが、それから意識をちゃんと取り戻すまでの間の事は何も覚えていなかった。



    ここまで話すと、A男さんは

    「世の中には説明の付かないことってあるんだね。人間の恨みというのは恐ろしい」

    と言っていた。

    俺はこの話が事実かどうかは確認のしようが無いし解らない。

    ただ、怖いというより悲しい話だと思った。

  • 名無しさん2013/08/30

    俺思うんだ・・・。俺、死ぬ前に小学生の頃を

    一日でいいから、またやってみたい

    わいわい授業受けて、体育で外で遊んで、学校終わったら夕方までまた遊んだ



    空き地に夕焼け、金木犀の香りの中家に帰ると、家族が「おかえり〜」と迎えてくれて

    TV見ながら談笑して、お母さんが晩御飯作ってくれる(ホントありがたいよな)

    お風呂に入って上がったらみんな映画に夢中になってて、子供なのにさもわかってるように見入ってみたり

    でも、全部見終える前に眠くなって、お部屋に戻って布団に入る

  • 名無しさん2013/08/30

    ものすげぇ〜大事な事・・・

     

    下着の色・・・これ、大事なんです

     

    男女ともに、黒い下着は、身につけるのを避けましょう

     

    黒と言う色は、邪気・邪霊を寄せ付けます。

    なので、喪服の下には、必ず白いシャツや襦袢を着ますね

     

    では、黒い下着を好んで身につけると、どうなるのか

     

    冷え性になる

    老化が進む

                分かりやすく言えば・・・こんな感じになります

     

                なので、皆さん・・・ご注意を〜

     

  • 名無しさん2013/08/30

    人間の心の中では、常に道心と人心とが戦っている。善なる心と欲望とが戦っているのである。西洋風にいえば、良心と悪心、ジキルとハイドが戦っているともいえよう。また、中国ではこれを「魂魄」(こんぱく)ということもある。よく、日本の幽霊談義で、「魂魄この世にとどまりて……ドロドロー、キャーッ!」というのがあるが、あの魂魄はこれだ。



     それゆえ、顔回の四勿主義は非常に大切な教訓として聞くことができるのだ。すなわち、



     「かすかでちょっと油断してしまうと消え入り、おおわれてしまいそうな神魂の発露である道心を、温め、温めて大切に育てていこう。そうして、それらを台無しにしてしまう張本人であり、人生のあらゆる失敗と過ちの原因となる人欲、人智のことである人心を、なるべく小さくし、触発せず、道心が人心を完全に制圧し、統率しきって、わが身が仁そのものとなるまで、五倫五常の実感が最高にいい状態であるよう、意志の力を発揮して、自分の日常生活の中で四つのことに気をつけよう。最大限の努力をしよう」



     というのが、「道心これ微かにして、人心これ危うし」という言葉と、四勿主義との深い関係と意義なのである。



     ところで、この四勿主義にもまったく問題がないわけではない。四勿主義に徹するあまり、潔癖主義に陥って、あれも汚らわしい、これも汚らわしいということになってしまうと、人間としてやはり偏ってしまうのである。過剰に偏すれば、やはり問題であるのだ。



     その点は十二分に注意する必要があろう。が、世の中には誘惑もまた多い。だから、四勿主義になるべく心を向けるように努めるべきなのである。そうしなければ、いつしか誘惑に負け、結局、せっかくいい前世をもっていても、ほとんど出すことなく終わってしまうことになるのである。



  • 名無しさん2013/08/30



    「恥 東海子」はどこまでアホなんだ。呆れた。

  • 名無しさん2013/08/30





    「恥 渡部亮次郎」はどこまでアホなんだ。呆れた。



    「頂門とは何か」について興味ある面白い考察を書かれ、ある種の問題定義を示された(kmns)さん。



    そんな問答に対し、トンチンカンな答えで応じた渡部という老人のレベルの低さには心底呆れた。

    身辺雑記でこう書いた。

    「頂門の一針は四文字熟語「頂門一針」から。「急所を押さえて戒めを加えるたとえ。痛いとこをついて忠告すること」(岩波「四字熟語辞典」)



    「頂門」は、頭、頭の上。頭のてっぺんに針を刺す意。元は中国古典による。」



    まず、この前段と後段矛盾していませんか?????

    (kmns)さんは、渡部という男を勘違いしている。

    しかし、この問答で判った事だろう、こいつはかなり低レベルだと苦笑している事でしょう。



    ここ数日、盗作がバレた件や安保マフィアの件で書かれていた。

    本当に汚名なのなら弁解するはずです。

    わけわからんお友達たちも弁護してくるはずなのに、みんな沈黙している。

    ということは、それらはすべて真実と認めたことになる。



    知性もない。最低限の矜持もない。

    あるのは自分を良く見せたいという見えだけの亡霊だ。  黒ラブ



  • 名無しさん2013/08/30

    この前韓国旅行にいった時にキムチを買ってかえろうと 市場にいった所、そこにも日本人観光客がたくさんいて  一人の日本人のおばさんがキムチを選んで店員に渡して 店員がキムチをふくろに入れる時に「かーぺっ!」って ふくろの中にタンを吐きやがった!

    それをそのおばさんに 渡してた。 俺が怒ってその店員をにらんだら逃げるように 店の中に入ってでてこなくなった。 



  • 名無しさん2013/08/30

    危ない韓国旅行

    http://www.geocities.jp/kuroimara/



    韓国でのレイプ体験



     8年ほど前にソウルに友人6名と旅行に行きました。

    とある旅行会社のパックツアーだったのですが自由時間が多く往復の飛行機などの交通手段とホテル以外では他のパックツアーの方々とはお会いすることはなかったです。



     ソウルでの二日目に東大門に行きました。一通りショッピングを楽しんだ後、友人4名はそのままショッピングを続け、私はもう一人の友人と梨泰院に向かう為、別行動を取ることとなりました。

    私達二人は梨泰院に向かう前に休憩を取ることにしたのです。 雑踏を少し外れた路地に伝統的な佇まいの喫茶店を見つけました。 

    私と友人は、薄暗い喫茶店の中、韓国茶を楽しみながら今後の経過を打ち合わせていました。 店内には私達以外には7、8名の韓国人の男性グループが一組いただけでした。

     彼らは日本語で しゃべっている私達を椅子に座ったまま振り返るように眺めながら何事かを話し合っているようでした。

    その時は、私と友人のスタイルに見とれているのかしら?ぐらいにしか思っていませんでした。

     そろそろ梨泰院に向かおうということで席を立とうとした瞬間、あたりのただならぬ雰囲気に気がついたのです。

     今考えると馬鹿なことですが、私は行く手をさえぎるように立っている若い韓国人男性を見たとき、もしかして、これが旅の素敵な出会いになるのかしらと一瞬思ってしまったのです。



     彼らは、韓国語で何かを叫びながら私達二人を力ずくで押し倒し、私はテーブルの上に、友人は床の上にそれぞれ体を押さえ込まれてしまいました。 両手両足の自由を奪われ、衣服を剥ぎ取られながら、私は日本語で助けを求めながら店内を見渡したのです。 

     ところが、店主も店の従業員の女性達(!)も薄笑いを浮かべながらただ私達を見ているだけでした。

    とても長い時間、韓国人達は代わる代わる私の上に体を合わせてきました。

    薄笑いを浮かべ、時折韓国語で何かを話し掛けてきました。 また、時には唾を顔に吐きかけられました。

    もちろん、避妊などしていません。

    三人目が体を合わせてきてから後は良く覚えていません。 ただ、私は、早くこの時間が終わってほしいと考えていました。 床に押し倒されている友人の姿は見えませんでした。

    ただ、友人はずっとすすり泣きながら「止めて」を繰り返していたのを覚えています。



    私達が開放されたとき、既にあたりは真っ暗でした。私と友人はフラフラになりながらやっとの想いでホテルにたどり着きました。 ホテルでは友人達が心配そうに私達の部屋に駆けつけてきました。「どうしたの?」「心配してたんだよ」と口々に気遣いの言葉をかけてくれました。

    でも、私達は決して何があったかを喋ることはありませんでした。 ツアーの残りの日程、私と友人は体調不良を理由に全ての日程をキャンセルし、二人だけでホテルで過ごしました。

    私は、もう二度と韓国に行く気にはなりません。 

    それどころか日常やテレビなどで韓国語を耳にするだけで体が震えてしまいます。



    Yahoo掲示板より