政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針3034号  2013・8・12(月)

2013/08/12

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 3034号
□■■□━━━───────────────────────□■■□


           2013(平成25)年8月12日(月)



              軍はもう「政治の癌」に戻らない:坂元一哉

                 輸出統計のインチキを自ら暴露:宮崎正弘

             東北は「やませ」に見舞われている:古澤 襄

                     吉田と岸と安倍晋三(1):平井修一

         日本語の思考体系で作られたカタカナ語:前田正晶

                                       話 の 福 袋
                                反     響
                    身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第3034号
                             発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             

 
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━
軍はもう「政治の癌」に戻らない
━━━━━━━━━━━━━━━


          坂元 一哉
  
終戦から2週間にもならないある日のこと。吉田茂は旧知の来栖三郎(元
駐独大使)に、日本の負けっぷりは「古今東西未曽有」のものだから、再
建の機運も自(おの)ずとそこから生まれるだろう、と述べるはがきを
送っている。

戦力なくて国の安全守れるか

吉田が日本再建のための条件としてまずあげたのは、「軍なる政治の癌
(がん)」を「切開除去」することだった。

「軍なる政治の癌」を取り除けば、政治は明るく、国民の道義も高まり、
外交も一新できる。そして科学振興と米国からの資本導入で財界が立ち直
り、日本のいいところが発揮できるなら、この敗戦も決して悪くない。吉
田はそう書いた後で、「雨後天地又更佳」とまでいい切った。

国は至るところで焦土と化しているのに、いかにも吉田らしい不敵な楽観
論である。もちろん、軍の政治介入、軍国主義が日本を誤らせたという反
省と、終戦工作に関連して憲兵隊に捕まった体験からくる、軍への強い嫌
悪感が背景にある。

ただその吉田も、このはがきからおよそ半年後、外務大臣になった自分に
米国(GHQ=連合国軍総司令部)が、軍そのものの「切開除去」を含む
憲法草案を提示してきたときには、さすがに動揺したようだ。米国側の記
録は、吉田が「ずっと両方の手のひらをズボンにこすりつけ前後にゆっく
り動かし」ながら「衝撃と憂慮の表情」で、GHQの説明を聞いていたと
記している。

吉田が「軍なる政治の癌」を切り取るといったのは、軍国主義を切り取
る、という意味であろう。GHQの草案に基づく日本国憲法9条のように
軍(「陸海空軍その他の戦力」)そのものを切り取れば、たしかに日本
は、軍国主義に戻りようがなくなる。その意味では、吉田の考えに合うと
もいえる。だが、軍なしに、どうやって国家の安全を確保するのか。

再軍備秘かに約束した吉田

この問題は、米軍の占領下で国体の護持(天皇の安全)と日本に有利な講
和の獲得に全力をつくす吉田にとっては、将来考えるべき二の次の問題
だった。

首相になった吉田は議会で、新憲法の「立案」は、単に憲法のあり方とい
うことからだけではなく、「如何(いか)にして皇室の御安泰を図るかと
言う観点をも十分考慮」したと明言している。GHQは、軍国主義排除を
明確にするGHQ草案のような憲法でなければ、天皇を処罰せよという国
際社会の圧力を防ぎ切れない、と吉田たちを脅していたのである。

吉田はまた、サンフランシスコ平和条約で日本が講和独立をはたす際に、
再軍備はしないという「建前」を貫いた。米軍の駐留継続を前提に、再軍
備よりも経済復興を優先させるという理由もある。だが、講和をスムーズ
に実現するため、軍国主義復活を警戒する内外の声に配慮した、という面
も小さくなかった。

たしかに吉田は、朝鮮戦争の勃発で方針を転換した米国から、強く再軍備
を迫られ、秘(ひそ)かにそれを約束している。講和後の安全保障を米軍
駐留に頼ろうとするばかりで、日本自身の努力を、何も米国に示さないと
いうわけにもいかなかったからである。

しかし吉田は、憲法改正を含む本格的な再軍備を考えてはいなかった。講
和独立の2年後、1954年に誕生した自衛隊は、憲法が「切開除去」し
た軍ではない実力組織(軍事組織)という性格づけがなされ、その実力
は、ゆっくり強化されることとなった。

 ≪安全保障の基盤固める改憲≫

来年は、その自衛隊の創設から60年になる。いまの自衛隊は年間、5兆円
弱の予算を使う世界有数の実力組織だが、この間の歩みは、日本がそうい
う組織を持っても軍国主義には戻らないことを内外に明確にしつつ、国家
安全保障のための機能を、少しずつ普通の軍に近づけていくものだった、
ということができるだろう。

機能についてはまだ、集団的自衛権の行使や、国連のPKO(平和維持活
動)における「駆けつけ警護」など、強化すべきところがある。だが軍国
主義に戻らないことは、もう十分明確にできたし、これからも、戻る可能
性はゼロといってよい。

そうだとすれば今後は、国家安全保障のための実力組織としてのその機能
を十分に強化したうえで、自衛隊を憲法のなかにしっかり位置づけ、自衛
隊と憲法の折り合いをさらによくする努力が望まれるだろう。憲法9条を
修正するのがそのための正攻法である。だが9条をそのままにして、新し
い条文を憲法に加え、自衛隊を規定するという考え方もあろう。

そういう考え方の場合、憲法9条は、「軍なる政治の癌」(軍国主義)
を再発させないための規定、新しい条文は、安全保障のための実力組織
(軍事組織)の法的基盤を固める規定、と整理すればよいと思う。

(さかもと かずや)大阪大学大学院教授産経【正論】2013.8.9



━━━━━━━━━━━━━━
輸出統計のインチキを自ら暴露
━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成25(2013)年8月10日(土曜日)
        通巻第3997号  <臨時増刊号>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
      
  輸出統計にインチキ水増しが混じっていたことを自ら暴露
    6兆円以上をごまかしていましたと税関が公式統計を修正
********************************

 やっぱりそうか。

自分でも認めたんだ。インチキ輸出統計数字を。

中国税関総署系の「全国税関情報センター」は2013年上半期(1〜6月)
に主に香港と広東各地域との間で行われた「インチキ貿易」が、じつに
644億ドル(約6兆2千億円)だったと報告した。これを8月9日付の
「毎日経済新聞」が報道した。つまり中国自身がインチキを認めたことに
なる。

中国の貿易統計の小細工ぶりは以前から小誌でも指摘してきたが、水増額
を除いた貿易統計は前年同期比5・1%増の1兆9332億ドル(約186兆
円)というが、この数字もまだ怪しい。深センから香港へ同じ品物を積ん
だトラックが一日3往復していた。この特殊な仕事を請け負うトラック運
転手の日給は3万円とかが相場だった。

「21世紀経済報」は「影の銀行(シャドーバンキング)」の象徴である
「理財商品」販売の投資会社が、7月下旬に突然、営業を停止したと伝えた。

懸念されたネズミ講方式投資会社の倒産第1号である。

これは上海の北、江蘇省でおきた事件で高利につられて投資したが元本も
戻らなかった詐欺事件といえる。被害金額は10億円規模で、あまりにも規
模が小さく、事件の数には入らない。なぜならシャードーバンキングの総
額は300兆円だから。(くわしくは拙著新刊『中国バブル 崩壊が始
まった」(海竜社参照)。
 
江蘇省の投資会社は年利18%などと高利を謳って投資家400人から10億円
前後を集めていた。
 ようするに中国の投資市場、すべてが「安愚楽牧場」化している。
   ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■BOOKREVIEW ◆書評 ◇しょひょう ▼ブックレビュー☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
刊行が始まった岡田英弘著作集 その歴史学の本質にあるものは?
  歴史とは物語であり、歴史には「いま」と「むかし」しかない

岡田英弘『岡田英弘著作集(1)歴史とは何か』(藤原書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

これは大変なことなのである。個人全集が出るというのは、いまの出版界
では奇跡に近く、いや漱石全集も息切れ、保守論壇で「選集」的なシリー
ズがでているのは石原慎太郎、渡部昇一の各氏くらいで、三島由紀夫は別
格として個人全集は福田恒在氏と西尾幹二氏だけ(通俗作家は除く)。

さて待望の岡田英弘著作集の第一巻を手にとって、思わず引き込まれた。
一気に半分ほど読んだところで、朝食のあと昼を抜いていたことに気がつ
いた。

なにしろ岡田氏は満州語から学問の興味がはじまって、満州語のバックに
蒙古語があり、その基幹はチベット語、その古典がサンスクリットと順番
にマスターしたうえ、米独に留学されているから英語とドイツ語もおとく
い、合計14ヶ国語の達人だから、ゴルゴ13だって吃驚するだろう。

氏はこう言う。

「歴史は文学である」。したがって「歴史家はみな文学者でなければなら
ない。歴史を書くと言うことは創作活動なのである」

またこうも言われる。

「歴史は過去に起こった事柄の記録ではない。歴史というのは世界を説明
する仕方なのである」
 
「司馬遷の『史記』は、」「正統の観念」で成立しており、「神話の黄帝
と天下と現実の武帝の天下とを連結するリンク」。だから「実際にはシナ
世界を統一していなかった夏・殷・周を本紀に列したのだが、これらの都
市国家の時代は、まだ漢人というアイデンティティの原始時代」だったのだ。

シナの歴史のゆがみが過大解釈による捏造をもたらした。それがそもそも
のシナの「歴史」なるものの出発点にあったのだ。

つまり「秦始皇帝の天下統一以前の華北は、生活形態のそれぞれ異なった
四つの種族の住地であり、これを東夷(河北、山東、江蘇、安徽の平原の
農耕、漁労民)、西じゅう(陝西、甘粛の草原の遊牧民)、南蛮(湖北、
四川の山地の焼き畑農耕民)、北荻(山西高原の狩猟民)と呼んだ。この
蛮、夷、じゅう、荻の接触する河南に都市が発生した」。

要するに「夏は淮河から北上した東夷」、「殷は山西高原から南下した北
荻」、そして「周は陝西から東進した西じゅう」、これらが統合して漢人
となり、彼らが住み世界がシナである、と説明されるとわかりやすいのだ
が、共通するのは「漢字、都市、皇帝」である。

したがって岡田史学の重要な予見的世界観とは、「シナ文明」は先が見え
ていて、「日本文明に完全に同化されるより道はあるまい」と断定的に予
測されるところにある。いったい、そうした背景にあるものは何なのだろう?

つまりシナの歴史とは皇帝であり、固有の歴史文化を「1885年の日清戦争
の敗戦を契機として、当時、シナの領土を一部としていた満州人の清帝国
は、全面的な日本化に踏み切った」のである。

これによって「歴史を含むシナ文明の否認を意味した」

うーん。話せば長くなるので、要領よく説明すると、現在世界にのこる文
明はEUが継承した地中海文明と、独自の日本文明だけである。インドに
は歴史がない、とも断言する。

かくして岡田氏は、

「これに対抗するのが、アメリカ文明とロシア文明という二つの、歴史の
ない文明である。歴史は、つきつめればイデオロギーの一種であり、しか
も人類の発明したもっとも強力なイデオロギーである。

EUがアメリカ文明に同化されることなく、ロシア文明のマルクシズムに
勝つことができた最大の原因は、地中海文明の歴史文化という力強な武器
をもち、それを有効に使ったからである。もう一つの歴史のある文明であ
る日本文明は、自分の歴史文化の混乱を、どう解決することになるのであ
ろうか」。

すなわち日本にとってシナ文明は、問題ではないというわけだ。
     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■BOOKREVIEW ◆書評 ◇しょひょう ▼ブックレビュー☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

   ♪
池間哲郎『日本はなぜアジアの国々から愛されるのか』(育鵬社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

アジアから日本は嫌われていると誤解している日本人が多い。日本が嫌い
という国は殆ど無く、中国と韓国は口では嫌いと言いながら、日本の漫画
に夢中、歌うたいが行くとスタジオが数万のファンで埋まり、AV女優が
いっても『追っかけ』ができる。韓国人は日本に来ると「なぜかほっとす
る」とホンネを吐く。

日本を好きなのは台湾だけではなかった。著者が支援活動で200回前後も
渡航したというアジアの国々はおしなべて日本が好きで、日本を尊敬し、
そして独立できたのは日本のおかげと日本に感謝している。

 ▼アジアにひろがるのは日本礼賛

つまるところアジアの国々が日本は嫌いだ、などと嘘放送を流しているメ
ディアがあり、もう一つは日本人から誇りを奪う教育をしてきた教科書、
それを黙認した文科省、そして教師どもであろう。

だから著者が講演に行くと若者がかけよってきた、「日本に生まれて好
かった」、「これからは日本人を誇りとして生きていける」と率直な感想
を述べると言うではないか。

そういう若者の意識を覚醒させつつ、氏のボランティアという重要な作業
のなかから、この貴重な書籍は誕生した。

 ミャンマーのことは日本のマスコミも大きく報道するが、パラオ、スリ
ランカという日本のメディアがまるで伝えない国々の実情と、その親日感
情の深さを本書を通じて初めて知った。
       ▽▽▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 948】          
「お酒は飲み放題である」・・・これを太平楽という(柳田の4)
「北京」(柳田謙十郎 『世界紀行文学全集』修道社 昭和46年)

  ▽
夜は京劇を鑑賞が用意されていた。同席したのが、中村翫右衛門である。
前進座創設者の1人である中村は戦後、座員共々日本共産党に入党したこ
とで「要注意人物」として公安の監視下に置かれ、昭和27(1952)年には
公演先の北海道赤平町で傷害・器物派損事件(赤平事件)を起こし、北京
に亡命中だった。

3年後の昭和30年(1955)年、国慶節に歌舞伎を演ずるべく訪中した二代
目市川猿之助と共に帰国。当時は「凱旋帰国」と報じられている。

犯罪容疑者の帰国を「凱旋」として迎える"空気“が当時はあったというこ
とだろうが、日本共産党の内部対立で敗れた徳田球一や伊藤律なども北京
に亡命しているから、中国共産党が彼ら亡命者を使って対日工作を画策し
ていたということだろう。

おそらく、そんな対日工作の一環だと思うが、昭和27(1952)年、中国共
産党は北京での「アジア太平洋平和会議」の開催を呼びかける。親中派の
大山郁夫(戦前の労農党委員長)、部落解放同盟を率いる松本治一郎、ア
ナキストの神近市子らが参加を表明した。

だが外務省が旅券発給を拒否したことで(当時の外務省にはチャイナ・ス
クールなどという媚中・親中勢力はなかったわけだ)、彼らは訪中不可能
となり、代わりに北京に居た数人の日本人が参加している。その際、中村
は松本の代理として登場。この段階で、中村の中国亡命が明らかとなった。

徳田、伊藤の亡命はいわずもがなだが、中村の亡命、猿之助の国慶節祝賀
のための北京公演、さらには昭和31(1956)年の梅蘭芳による京劇日本公
演といい、昭和30(1955)年――自民党と社会党による「55年体制」が確立
した前後に、民間文化人・芸能人を使っての対日文化工作が本格始動した
ようにも思える。形を変えた“日中友好ムード”の演出だろう。

米川や柳田の訪中は、その一環に違いない。以後も、文化人の訪中は続
く。いわば中国共産党の掌の上で転げ廻される彼らの“行状“は、見るも無
惨なまでに滑稽である。

当時の中国を見ておくと、53年7月に朝鮮戦争が終結し、12月には農業の
社会主義化方針が決定する。

翌54年には共産党最高幹部である高崗と饒漱石が「反党同盟」を結成した
との嫌疑により失脚し、55年の年末時点で全国の98%の合作化が達成され
るなど、毛沢東の独裁化が明確になった。どうやら政治面での毛沢東支配
の確立化が、一方で対日工作の本格始動につながっているように思える。

柳田の行状記に戻るが、中村と同席して京劇を観劇した彼は、先ずは「世
話物だがお染久松の北京版ともいうべく、なかなか味がある」舞台を見
て、「自分が年よりであることもわすれてしまってすっかりとほれぼれし
た気持ちにな」った末に、「映画のエロ物などはもう見る気もしないが、
これならほんとうにたのしめる」と無邪気な感想を記した。

「映画のエロ物」などという表現が“あの時代の雰囲気”を浮かび上がらせ
て一種微笑ましくも感じる。柳田は呑気に「北京版」の「お染久松」を愉
しんだ心算だろうが、彼らが見せられた舞台では、じつは計算され尽くし
た演目が上演されていたのだ。

じつは当時も、共産党は京劇を使っての民衆工作に腐心し、政治的プロパ
ガンダにおいて最も有効な手段として京劇を位置づけていた。厳格な基準
を定め、役者に徹底した社会主義教育を施し、古くから民衆が好む演目の
筋を改編し、残酷な封建社会、万人平等で素晴らしい社会主義社会、絶対
的に正しい共産党などといったイデオロギーを人民の脳髄に刷り込んでい
た。いわば京劇公演とは、高度な政治工作以外のなにものでもなかった。

そのことに柳田は気づいていたのか。気づかなかったのか。気づこうとし
なかったのか。そんな京劇公演に「ほれぼれした気持ちにな」ったと
は・・・いい気なものデス。
《QED》

       ▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)宮崎正弘先生が2年か、3年ほど前に予見的に書かれた『朝
日新聞のなくなる日』(ワック)を本棚から取り出して読み返していま
す。なぜなら、アマゾンが名門ワシントン・ポストを買収したからで、先
生の著作でも「紙媒体の新聞はネットの世論について行けなくなるため苦
戦を強いられるだろう」と予測があります。

 日本での見通しは如何でしょう?
  (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)アマゾンが老舗ワシントン・ポストを買収すると
いうビッグニュースが世界を駆けめぐりましたが、小生、これは「楽天が
朝日新聞を買収するようなもの」ではないか、と連想したのです。

ネット・オークションの楽天ごとき、と軽視していたら野球チームを買収
した。マスコミの老舗だって、いずれ資本の論理に根負けして、どこかに
身売りするか、いま現在も販売店の縮小再編が進んでいて、なんと朝日と
産経は販売店がセットのところがたくさんあります。業界の変化は迅速で
す。となれば「連想ゲーム」も可能でしょう。
「たかが楽天、されど楽天」です。



  ♪
(読者の声2)尖閣問題集会のご案内です。8月18日(日)に、「われら
日本人が尖閣を守る」会(代表 加瀬英明)主催の尖閣問題のパネルディ
スカッションの集会が下記の通り行われます。皆様のご来場をお待ちして
おります。 
「8・18集会のご案内  会場:日本青年館  尖閣が日本の未来を変え
る パネルディスカッション」

昨年9月、日本政府が尖閣諸島を国有化したことを理由に、中国は軍事力
を背景に日本に対して脅しをかけ続けています。しかも中国海洋監視船に
よる日本領海への侵犯は常態化しています。それに対して日本側の反応
は、徐々に関心が薄れているようにも感じます。

安倍首相は、中国の脅しには断じて屈しないと宣言、尖閣の守りは日本の
守りであり、それを支えるのは国民です。日本国民は、尖閣を守るために
どう行動したらよいのでしょうか。著名な先生方をお招きし、パネルディ
スカッションを開催致します。

パネリスト 加瀬英明、佐藤守、村松英子  コーディネーター 中村功

                記

日時:平成25年8月18日(日) 午後2時〜午後4時(開場午後1時半)
会場:日本青年館 大ホール 新宿区霞ヶ丘町7番1号(神宮外
苑)TEL.03-3475- 2455
参加費: 1,000円 前売券があります 当日受付もあります
(当日参加者全員に高木書房発行の『われわれ日本人が尖閣を守る』定価
千円を贈呈します)

 主催:「われら日本人が尖閣を守る」会 代表 加瀬 英明
03−5855−1280
 Email: syoboutakagi@dolphin.ocn.ne.jp
http://www2.ocn.ne.jp/~tkgsyobo/img/2013senkaku.pdf

○ ◎ ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 編集後記 へんしゅうこうき EDITORS‘ NOTE
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
<<編集後記>> 

●「夏休み、優雅にお過ごしでしょうね」と聞かれるので、えっ。逆であ
る。どうも小誌が休刊中はリゾートかプールにでも行っていると「独断」
している友人が多い。まったく逆で仕事が重なりすぎて夏休み中だけでも
休刊を多くしないことには時間が足りないのです。

理由は秋に出す3冊の本がいよいよ書き下ろしの仕上げと校正の作業が重
なり、連載以外の雑誌論文はお断りという状態。つぎに依頼されている書
評が2冊。いずれも500-600ページを越えるため、1冊読むのに3日はか
かりそうなこと。そのうえ週末から孫たちがやってくる。優雅とは正反対。

●関東は猛暑がつづき、熱中症になる人が多いという。小生もかかりつけ
の病院で血圧が低いので<?>。お医者さんいわく、猛暑だと血圧が下が
るのです、と。8月は例年なら講演ゼロだが、今年は異常気象の所為か、
3つも講演がはいって、喋る方も汗をかくが、聞くほうも大変だろう
なぁ、と壇上からの感想と同情。子供のようにアイスクリームが食べたく
なりました。

●先月末に熊本から宮崎、鹿児島をまわって各地で豪雨、雷雨、ちょっと
した晴れ間の猛暑を体験した。なにしろ熊本上空で阿蘇の山稜を雲間に見
ながら搭乗機は旋回をつづけ、けっきょく着陸できず、福岡へ持って行か
れた。

福岡から新八代まで新幹線。それから人吉―吉松―小林―野尻―宮崎―佐土原―
都城―隼人―鹿児島―霧島という順番で駆け回ったのでした。帰ってきて宴
席で、この経路を言うと、或る編集者「それって西郷さんの敗走ルート
じゃない?」。ご明察でした。11月に上梓する予定の拙著の取材で現場で
どうしても確かめておきたいことが多かったからです。



━━━━━━━━━━━━━━━━
東北は「やませ」に見舞われている
━━━━━━━━━━━━━━━━


           古澤 襄

31年前、父の故郷である岩手県沢内村を初めて訪れた。その旅日記を同人
雑誌・星霜に「オーロラが輝いた村 1982/12/10 」で書いていた。

その一節「村の共同墓地」を読み返している。

◆ 沢内村にきて、一番行きたいところは、村の共同墓地だった。父の小説
「少年」には、「誰よりも生前自分を可愛がってくれた亡父の墓がある」
と書いてある。
------------------------------------------------------------------
5つの時に父を亡くした少年は、つらいことがあると、この共同墓地に来
て、亡父の俗名をそのまま彫ったみかげ石の墓石に、小さな背中を向けて
座り泣いた。
------------------------------------------------------------------
総本家の跡取りでありながら、後見人になった叔父・古澤孝三からいじめ
抜かれた父の少年時代の不幸を、母から聞かされていたので、小説のこの
部分にくると少年の哀れさに胸がつまり、涙を抑えることが出来ない。

◆ 大正元年に32歳で、人手にかかって非業の死を遂げた、私にとっては本
当の祖父に当たるその人(古澤行道)の墓の前で、じっと手を合わせて目
をつぶると、小説の場面のように、少年が小首を傾げて田圃のあぜ道を
通って現れた。

------------------------------------------------------------------
今にも駆け足で少年が、共同墓地に入ってくるような幻想の世界に吸い込
まれた。ほのかな香りがただよった。目を開けると親族の古澤和子さん
が、野菊を摘んで墓前に供えてくれていた。

◆ 共同墓地は、昔のままの檜と桜、杉とクルミの巨木に囲まれていた。木
陰のせいか、夏だというのに秋の深まりを思わせる涼しさだった。

------------------------------------------------------------------
沢内村の旅が終わって、横浜に帰って、しばらくしてから、あの涼しさは
何十年に一度の異常低温だったと聞かされた。沢内村では、ことしはお米
の実りは期待できないという。

 青い穂のまま稲は刈り取られたそうだ。江戸時代の飢饉の悲劇は、現代
では見られないが、ことしは出稼ぎが増えるという。気にかかることである。

・・・夏だというのに背広の上着が離せない東北の異常低温のことを「や
ませ(冷たい北東気流)」というのだと、畏友・渡部亮次郎さんが教えて
くれた。亮次郎さんは秋田生まれ。

ことしの日本列島は炎暑に見舞われている。だが東北は「やませ」で、日
差しが遮られ「長袖シャツでも肌寒い」くらいの日が続いているという。
東北地方には19日に「長雨と日照不足に関する情報」が出された。

31年前の東北の異常低温を想い出した。「一昨日の豪雨は近くまで来まし
たがこちらは免れました。今日も午前中雷と大雨でしたよ、夜は少し寒い
くらいでそちらに分けてあげたいようです」と前西和賀副町長の高橋定信
さんから昨日、メールを戴いた。

やはり、ことしの日本列島はどこかが狂っている。
2013.08.12 Monday name : kajikablog



━━━━━━━━━━━━
吉田と岸と安倍晋三(1)
━━━━━━━━━━━━


      平井 修一

もうすぐ終戦記念日だ。68年目か。「戦後」も遠くなりつつあり、終戦記
念日さえも知らない国民が今や多数派だろう。そういう小生も政治につい
ては素人並の知識しかなく、戦後についておぼろげに把握しているのは次
のことくらいである。

<吉田搗き、岸がこねりし戦後餅、喜び食うは一億国民。宰相吉田茂は戦
後復興のために、軍事費を抑えて国防の基本を米国にゆだねるという「軽
武装、経済復興優先」策をとった。宰相岸信介は日米安保条約を改定して
安全保障を確かなものにし、経済発展に集中できる道筋を作った>

2人の名宰相により日本は15年で「戦後」に幕引きし、岸の後の池田隼人
は国民を「所得倍増」政策で引っ張って経済大国への道を驀進した、と
思っている。

敗戦後に吉田の息子の吉田健一(文学者)は生活に困窮して乞食もどきも
し、そのいきさつを「乞食王子」に書いていたが、茂は日本再興に全精力
を集中していたのだろう、私情を挟んで息子を助けることは全くなかっ
た。また、岸は安保条約改定に反対するデモ隊に官邸を包囲され、死をも
覚悟した。ともに国家百年の計を描きながら難局に命懸けで格闘した。名
宰相の名にふさわしい。

吉田茂は1878:明治11年 - 1967:昭和42年。1946年5月から1954年12月ま
でのほとんどを宰相として務めた(注1)。敗戦、占領から9か月後に、半
分隠居していた67歳で総理に就任し、落ち着きを取り戻した1954年までの
8年間、日本をリードした。敗戦後の呆然自失と混乱のなか、食糧難をは
じめとする大きな問題に取り組み、日本民族始まって以来の最大の難所
を、国際情勢の変化にも助けられ、わずか5年で切り抜けたのである。

吉田の回想録から――

<1945年8月15日、日本は完全に疲れ切って戦闘行為を終えた。その歴史
における最大の誤算が日本の国土とその国民にもたらした損害はまことに
大きなものであった。日本がその日までにつくり上げてきた多くのもの
が、この誤算によって失われたのである(注2)。

何よりも大きな問題は生きるために必要な食糧が不足していたことであっ
た。それに、日本人は敗北によって深刻な精神的打撃をこうむっていた。
かなりの日本人が日本は不敗であるという神話を信じ、日本の戦争目的の
正しさを確信して、多大の犠牲を払って戦争に協力した。ところが日本は
敗北したし、しかも、その戦争目的は全く正当性を欠くものであったと言
われたのである。当然、多くの日本人は激しく動揺した。それは、およそ
あらゆる権威のいちじるしい失墜を意味した。

しかし、最も困難な時期は人間の最も立派な素質が発揮される。十数年続
いた戦争と敗戦にもかかわらず、日本人は不平を言いながらもほとんどが
まじめに働いた。敗戦は確かに大きな打撃を与えたが、国民は将来を信じた。

私は戦争が終わって一か月後、外務大臣に任命されたとき、総理大臣で
あった鈴木貫太郎氏に会った。鈴木氏は「戦争は勝ちっぷりも良くなくて
はいけないが、負けっぷりも良くないといけない」と言われた。

この鈴木氏の言葉は、その後私が占領軍と交渉するにあたって私を導く原
則となったが、占領軍の政策について、それが思い違いであったり、日本
の実情に合わないときは、はっきりと意見を言うが、しかしそれでもなお
占領軍の言い分通りに事がなってしまった以上は、これに順応し、時あっ
て、その誤りや行き過ぎを是正することができるようになるのを待つ、と
いうのが私の考え方であった。すなわち、言うべきことは言うが、後はい
さぎよくこれに従うという態度だったのである>(吉田茂著「日本を決定
した百年」)

そもそも日米はなぜ戦争になったのか。米国は己の利益のために何が何で
も日本と開戦したかった。交渉して妥協点を見出すという相手ではなかっ
た。世界最大級の経済力、軍事力を持っているから、開戦して日本が勝つ
とは軍部も政府指導者も誰も思わなかったろう。座して死を待つよりも窮
鼠猫を噛む、乾坤一擲、死中に活を求め、9回裏ツーアウト、奇跡の逆転
ホームランを祈るしかない、1年ほど戦って講和に持ち込めたらいい、そ
の間に情勢も変わるかもしれない・・・と運を天に任すほかなかった。

吉田は米国の実力を知っていたから開戦には反対だが、対案はなかった。
近年では学者の中に「北朝鮮のように、ハルノート(米国の対日要求)を
受け入れると言ってグズグズと履行を遅らせればよかったのに」という者
もいるが、そもそも米国は妥協する気がまったくないのだから、そんな手
はあり得ない。

自分の思想、利益のためには他国民はもとより自国民の命さえ奪ってもい
いという、「正義を装った狂信的テロリスト集団」に日本は狙われたので
あり、交渉の余地などありはしない、開戦を避けることはできなかったの
である。御前会議における永野修身海軍大将の次の言葉が指導者の胸中を
代表しているだろう。

「戦わざれば亡国と、政府は判断された。戦うもまた亡国であるかも知れ
ぬ。戦わざる亡国は魂まで失った亡国であり、最後の一兵まで戦うことに
よってのみ死中に活を見いだしうるであろう。戦って、よし勝たずとも、
護国に徹した日本精神さえ残れば、我らの子孫は再起、三起するであろう」

侍ジャパンは1回表は優勢だったが、やがてヒットも出ずに先発投手が打
たれ込んで火だるまになり、リリーフもストッパーも力尽き、最終回は原
爆という満塁ホームランも食って完敗した。リーグ最下位、故障者続出、
球団オーナーの資金も枯渇し、チーム存続の危機に立たされた。来シーズ
ンで再起を図るための新監督に、かつて干されてチームを追われたた吉田
が登用された、ということだろう。吉田はぼろ屑になったチームを引き受
けた。(この項続く)(2013/08/11)
・・・
注)
1:第1次吉田内閣1946年5月22日 - 1947年5月24日、第2次1948年10月15日
- 1949年2月16日、第3次1949年2月16日 - 1952年10月30日、第4次1952年
10月30日 - 1953年5月21日、第5次1953年5月21日 - 1954年12月10日。

2:「敗戦により日本は68万平方キロの領土、すなわち戦争前の領土の半
分近くを失った。戦争で死んだ人は200万人以上に達した。155万5308人が
戦死し、68万8000人が空襲で死んだのである。

京都と奈良を除いてほとんどすべての主要都市が空襲によって損害を受け
たが、完全に破壊されたものだけで建物250万に達し、そのうち家屋は200
万戸であった。東京では70万9906戸が破壊または損害を受け、大阪では32
万8237戸、神戸では13万1528戸、名古屋では13万6556戸が破壊された。

東京は、戦時中の疎開と死傷で、1940年の人口670万から1945年8月には
280万に減っていた。しかも東京に残った人々のかなりの数が満足な家に
住むことができず、一時しのぎの掘っ立て小屋に住んでいたのである。爆
撃によって高い建物がなくなったので、首相官邸がある小高い丘からは、
はるか向こうの東京湾を見渡すことができた。

1946年の工業生産は、戦争が始まった1941年の7分の1に過ぎなかったし、
1945年末から1946年にかけて最悪の月には、石炭は戦前の8分の1、銑鉄は
20分の1しか生産することができなかった」(「日本を決定した百年」)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本語の思考体系で作られたカタカナ語
━━━━━━━━━━━━━━━━━━


             前田 正晶

一昨10日に暫くぶりで野球用語のカタカタ語の凄さと面白さを採り上げ
て、カタカナを使った造語を批判した。そこに見えてくる特徴は、日本語
の思考体系をそのまま持ち込んで、英語をカタカナ語化していることである。

具体例を挙げてみれば「ランニング・ホームラン」、「ランニング・ス
ロー」、「バット・コントロール」、「ヒーロー・インタービュー」、
「バック・ホーム」等があると思う。

これらをアルファベットで表記してみる。"running homerun"、"running
throw"、"bat control"、"hero interview"、"back home"となる。

これらを強いて訳してみると「ホームランが走っている」、「投げが走っ
ている」、「バットが管理する」、「英雄がインタービューする」、「家
に帰る」となってしまう。だが、慣れは恐ろしいもので、誰しもがカタカ
ナ語の意味は分かっている。

その理由は何でもないことで、それぞれの単語を日本式の語順で並べてあ
るからに過ぎない。私はこれらの造語の凄さと言うか素晴らしさは自国語
の発想で英語を使いこなしている点である。

だが、恐るべきことは、折角学校教育で厳しく教えたはずの英語の文法が
まるで活かされていないことである。そこにあるのは「日本語として通用
していれば良いじゃないか。堅いこと言うなよ」という融通無碍な考え方
だ。これに反対も批判もしないとすでに述べてきてある。

それはそれで良いのだが、難しい点は英語の文法を正しく活かして造語を
すると「ランニング・ホームラン」等は長い文章になるだろうし、「ラン
ニング・スロー」は"to run and throw after catching"のようなものに
なってしまう気がする。

「ヒーロー・インタービュー」に行けば、恐らく"interviewing the
hero"とでもなってくるだろう。こんなものをカタカナ語にして、果たし
て多くの方に「あー、そうか」と理解して貰えるだろうか。

そう考えてくると、一般的に普及して日本語の中に戸籍を得て何時でも住
民票が取れるカタカナ語の方が、日常的に使う時に便利だということになる。

だが、この発想で造語していけば何時まで経っても、何処までいっても、
頭の中のギアは日本語のままで、自動的に「英語の文法」にシフトしてい
かないだろうと危惧する。その辺りが学校教育の英語の至らない点かも知
れないと、心中密かに憂いている。

私は敢えて既存のカタカナ語の使用に反対する気はない。しかし、カタカ
ナ語発生のメカニズムを(存在すると聞いたような気がする某通信社の外
来語のハンドブックはさて措いて)こう考えているので、「カタカナ語は
我が国での造語ないしは誤った英語の発音に準拠しているから、間違って
も英語だと思って『英会話』の中で使って外国人を混乱させないように」
と配慮して置くと良いと思う。

その対策として、何処かで小学校用、中学用、高校用、大学用、社会人
用、マスコミ用の「カタカナ語は本当は英語にするとこうなるハンドブッ
ク」でも作って配布しておくのも、正しい英語の勉強の改革に寄与するの
ではないかと、密かに考えているのだが。



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎11日の東京都心は丸1日30℃超 観測史上初

11日の東京都心は丸1日30℃超 観測史上初

8月11日の東京都心の気温の推移。観測史上初めて30℃を上回る1日になった。

東京都心は、11日の最低気温が30.4℃となり、観測史上初めて最低気温 が
30℃以上となった。

高い最低気温の記録としては、全国歴代でも2位の記録。歴代1位は1990
年8月22日に新潟県糸魚川市で観測した30.8℃。

都心では10日の夜から気温の高い状態が続いていて、11日朝の段階でも
最低気温が30.9℃と、暑い朝を迎えていた。

日中は強い日差しも加わり、午後1時44分には38.3℃を観測。9年ぶりに
38℃を超え、都心では史上5番目の暑さとなった。

夕方には都心でもにわか雨があり、午後4時には30.5℃まで下がったが、
その後も気温の高い状態が続き、午後11時49分に11日の最低気温30.4℃を
観測。12日午前0時でも30.5℃となっていて、観測史上初めて30℃を下回る
ことがない一日となった。

気温の高い状態は今週いっぱい続く見込みで、気象庁では熱中症などに
警戒するよう呼びかけている。
ウェザーマップ 8月12日(月)0時4分配信



 ◎与那国町長選、陸自誘致派の現職3選 島を二分わずか47票差

陸上自衛隊の部隊誘致の是非を争点に、日本最西端の沖縄県与那国町
(与那国島)で行われた任期満了に伴う町長選は11日投票、即日開票の
結果、誘致推進派の自民現職、外間守吉氏(63)=公明推薦=が、反対
派で無所属新人の農業、崎原正吉氏(65)=共産、社民、沖縄社大推
薦=を破り、3選を果たした。

投票率は95・48%で、得票数は外間氏553票、崎原氏506票。
人口減少や高齢化などに苦しむ島の有権者1128人を二分する激戦と
なった。

政府は国境に位置する南西諸島の防衛力強化のため、2015年度末ま でに
与那国島に陸自沿岸監視部隊を新設する計画で、推進派の勝利により 信
任を得た格好だ。ただ得票数は拮抗しており、配備計画を強引に進めれ
ば町民の反発が大きくなる可能性もある。
産経ニュース 2013.8.11 22:40

   
 ◎ボルト、9秒77で金…世界陸上男子100m

【モスクワ=新宮広万】陸上世界選手権モスクワ大会の男子100メートル
決勝は11日行われ、ロンドン五輪短距離3種目制覇のウサイン・ボルト
(ジャマイカ)が、9秒77の今季自己最高記録で2大会ぶりの金メダル
を獲得した。

2位はアテネ五輪男子100メートル金のジャスティン・ガトリン(米)
で9秒85、3位はネスタ・カーター(ジャマイカ)で9秒95。

(2013年8月12日03時19分  読売新聞)

主宰者より:高校生のころ「はだし」で11秒だった。


 ◎草刈り機の刃が首に当たる 3歳女児死亡

11日夕方、大分・竹田市で父親が自宅の庭の草刈りをしていたところ、草
刈り機の刃が長女の首に当たった。長女は病院に搬送されたが、死亡した。

事故があったのは竹田市福原の会社員・羽田野博人さん(31)の住宅。警
察によると、11日午後4時半頃、羽田野さんが庭の草刈りをしていたとこ
ろ、草刈り機の刃が長女・愛莉加ちゃん(3)の首に当たった。愛莉加
ちゃんは病院に搬送されたが、死亡した。

愛莉加ちゃんは、草刈りを始める前は玄関の近くに1人でいたという。羽
田野さんは「娘に全く気がつかなかった。草刈り機が何かに当たったと思
い、振り返ったら倒れていた」と話しているということで、警察が当時の
状況を詳しく調べている。
日本テレビ系(NNN) 8月12日(月)1時48分配信



 ◎バイク近くで倒れていた男、実は熱中症の窃盗容疑者 京都

京都府警福知山署は11日、窃盗の疑いで、京都府宮津市鶴賀、無職、 藤
原孝夫容疑者(66)を緊急逮捕した。

同署によると、11日午後6時15分ごろ、福知山市長田野町1丁目の 団地
で、不審な男がいると通報があり、署員が駆け付けると、倒れている 男
を発見した。付近にはミニバイクがあり、盗んだことを認めたが、熱中
症の恐れがあり、病院に救急搬送。熱中症と診断され、点滴を受け回復後
に同署が逮捕した。

同署によると「宮津市内でバイクを盗み、京都市内に行ってきた。最近
食事をしていない」と話した。

逮捕容疑は8月4〜6日の間に、宮津市内の民家玄関先からミニバイク
1台を盗んだ疑い。逮捕時の所持金は15円だった。
産経ニュース 2013.8.12 00:59



 ◎日航機墜落事故から28年、遺族ら慰霊登山 高齢化で学生手助け

520人が死亡した日航ジャンボ機墜落事故から28年を迎えた12日、遺族ら
は墜落現場となった群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」で犠牲者 の冥福を
祈るため、早朝から登山した。日航によると、約350人が参加 する見通し。

遺族らは尾根に建てられた「昇魂之碑」の前に集まり、「安全の鐘」を
突いて犠牲者の冥福を祈願。午後には日本航空の植木義晴社長も登山し碑
に献花して黙とうする。夜は麓の「慰霊の園」で追悼式典を開く。

今年の慰霊登山には、航空業界への就職を志望する東洋大の学生らがボ
ランティアとして参加。高齢化が進む遺族らの登山を手助けする。

尾根への登山道は4月下旬に土砂崩れがあり、一時通行止めになった
が、応急工事が終わり8月1日から通れるようになった。19日から再び
通行止めにして、9月下旬まで本格的な修復工事を実施する予定。
産経ニュース 2013.8.12 07:54



 ◎<GDP>年率換算で2.6%増 4〜6月期

内閣府が12日発表した4〜6月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速
報値は、物価変動を除いた実質で前期比0.6%増、年率換算で2.6%
増となり、3四半期連続のプラス成長となった。
毎日新聞 8月12日(月)8時59分配信



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━

 
 1)米国にも自国が遂行した戦争を正当と思わない人々がいることに、
米国の懐の深さを感じます。

米国との付き合いの方法を教えてくれるものと確信いたします。

沢山の日本人、特に政治家、マスコミ、教授の方々はMi-Ke氏の著書
を読んでいただき、大東亜戦争が如何に日本にとって自営自尊の戦いあっ
たかを知ってほしいです。そしてそのことを国民に発信してほしいです。

さもないと靖国の英霊に申し訳が立ちません。(茨城県 大森博)



 2)松村隆彦氏が3033号の反響欄で産経の黒田記者に対する失望感を表
明しておられましたが、私も同感です。あのPrime Newsを見た感想をブロ
グにもエントリしませんでしたが、畏友尾形氏には下記のように送信して
いました。

意外だった黒田記者:

昨夜のPrime Newsをご覧になった方は多いともいますが、在ソウル30年の
彼が語った韓国から見た我が国の話しは寧ろ意外でした。あの東アジア杯
サッカーでの横断幕も安重根の顔も以前から使われてきたものであり「何
故今頃日本の反応がきつくなったのか」という程度の捉え方だと淡々と
語ったのです。過剰反応だというのには、拍子抜けでした。

だが、良く聞けば「我が親愛なるマスコミが以前から韓国の赤き集団が
やってきたことを正確に報じていなかっただけであり、余り心配していな
いし、その中静かになるだろう」と言っていたのです。

しかも、朴新大統領が「隣国の中国が余りにも大国となったので放置して
おく訳には行かないと判断してアメリカの次に中国を訪問したのであり、
ごく普通の判断であるから我が国が過剰に反応することではない」とこれ
またマスコミ批判と聞こえる解説。

私はある程度以上信頼してこれまで黒田記者の記事を読んでいたので、そ
ういうものかなと思って聞いていても、「アレッ」と言う印象。聞いてい
ると、誰かが我々を(私を?)ミスリードして韓国が過剰に我が国を敵対
視していると思わせていると言っていたたのかなとすら考えました。同じ
ゲストの東郷元大使のXX婦像問題への見解は斬新でしたが、「何だかな
−」感がありました。

尾形氏も

>私も期待して見たのですが、まさに「あれっ」という感じを受けまし
た。途中で見るのを止めた次第です。という感想。(前田正晶)



 3)江戸時代の用法です、と、断わればよかったのだろう。

正しい意味を知らない人が多くなってきたが、マスコミは正しい意味を
知っておくべきである。 そうでなければ失格。

言葉狩りをしたのは部落解放同盟。あれでもって影響力をそれまで以上に
拡大した。

「チョンでも当選」誤用としてもこれは事実だ。実際民主党議員の多くは
コリアン。今では多くの国民が知りはじめている事実。


転送です。菊地正拝
--------------------------------

件名: 時事通信がまちがっている。横手顕 正参議院会長は謝罪の必要は
なかった。

時事通信がまちがっている。横手顕正参議院会長は謝罪の必要はなかった。
件名: 『大辞林』より。

「バカでもチョンでも」溝手顕正参院議員会長が差別表現と撤回・ 本
来、バカチョンに朝鮮人の意味ない  

「馬鹿だのチョンだの野呂間だの」(仮名垣魯文「西洋道中膝栗毛」)

溝手顕正参院議員会長の発言にある「ばかでもチョンでも当選する」は、
上記「大辞林」の?【一人前以下であること】に該当することは明白だ。

だから、溝手顕正参院議員会長は、撤回する必要などなかった。

ウィキペディアでは、『「チョン」は本来日本において江戸時代から使用
された言葉で【取るに足らない者】【愚か者などを意味し、朝鮮人に対す
る蔑称として俗用されることがあるが、由来から考えれば誤用である』】
と説明されている。

チョン (蔑称)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

チョン(ちょん)は

 1.日本において江戸時代から使用された言葉で、取るに足らない者、
あるいは含意として間抜け、頭が悪いこと、愚かなことなどを意味する。

 2.1の誤用で、朝鮮人を表す蔑称「チョンコ」「チョン公」などと同
一視されて使用されたもの。本来は1とは異なる。

「半端者」などの意味で使われた江戸言葉である「チョン」は、明治初期
に書かれた「西洋道中膝栗毛」における用例(「馬鹿だのチョンだの野呂
間だの」)などにも見られる。

これは江戸時代からあった言葉で、もとは公益役職などのさいの役務を帳
票に記すさいに、筆頭名主のみを役職名と姓名を記したのに対して、筆頭
以下の同役に対しては「以下同役」の意味で「ゝ(ちょん)」を置き姓名
を記したことに由来し、「とるにたらない者・物」を意味した。

朝鮮人に対する蔑称として俗用されることがあるが、由来から考えれば誤
用であり、原義にはその意味はない。しかし、2のように在日韓国・朝鮮
人差別の別の表現と結びついて侮蔑的に揶揄されたことで、蔑称としての
意味も持つようになった。それで放送禁止用語の一種(なるべく放送では
使わない言葉)とされている

みんなで「時事通信社」に抗議しよう
TEl. 03-6800-1111
FAX 03-3543-2165

 (情報収録:中山)



 4)、TVタックル等でおなじみの、北京政府の代弁者東洋学園大学教授
朱建栄(このような人は日本人をどのように洗脳するのでしょうか)が
上海で行方不明になった由恐ろしいことです。

私の推測では、彼は2重スパイだったのかもしれません。平和惚けの日本
では考えられないことです。

徹底した幼児からの反日教育をしている中韓とは、永遠に真の友好はあり
ません。付かず離れずでゆくのが良いと思います。

左傾マスコミは中韓とのトップ会談が開けないのはけしからんと言います
が、条件付きの会談は何の成果もありません。現状安倍総理の姿勢で良い
のではないでしょうか。

反体制TBSにしてはめずらしく、早朝のラジオ番組で桜井よしこ氏が出演
し、はっきりと、中国に尖閣の海が蹂躙されている現状に鑑み「憲法は改
正しなければならない」と明確に言いました。

TBSの幹部は腰を抜かしたのではないでしょうか。

8月15日が近づくと、メディアは揃って戦争反対と言います。侵略戦争は
絶対に反対だが、中国から侵略をされた場合は断固戦う必要があります。
(中越戦争参照)

と誰も言いません。メディアに降参か戦うか聞いてみたいです。核心的利
益主張の中国に話し合いは通じません。(松村 隆彦)



 5)3033號所載の山堂コラム482の見出しは靖國神社は薩長官軍の招魂
社とある。西郷隆盛をはじめ丁丑の役の賊軍は祀られてゐない。薩摩の或
護國神社では賊軍も祀ってあるといふことを先輩から聞いたことがある。
靖國神社はすでに薩摩的ではないといふべきではあるまいか。(kmns)



 6)杜父魚文庫ブログの「沖縄ヘリ墜落事故で兵士の氏名を公表 」に
よると、海兵隊基地キャンプ・ハンセンで起きたヘリコプター墜落事故で
死亡した兵士の所属や氏名などを公表した。

死亡したのは海兵隊第18航空団第33救難飛行隊のマーク・A・スミス技術
軍曹で、航空機関士として搭乗していたものだ。

いずれスミス技術軍曹の葬送式が行われるであろうが、日本政府は代表を
葬送式に参列させて同盟国としての弔意を顕わすべきだ。第18航空団第33
救難飛行隊は3・11災害時にトモダチ作戦で救援に活躍した部隊である。
なおのことである。(品川 阿生居士)



 7)酷暑の報道だけで外に出る意欲を削がれた:前田 正晶

8月11日はテレビのニュースと天気予報を見ているだけで外の様子が分か
るので、安全策を採って午後6時までは一歩も外に出なかった。今年は5月
に25年間も使い倒した空調を、清水の舞台に飛び上がる思いで入れ替えて
いたので、室内の湿度も低く抑えられて、家の中にいさえすれば何事もな
いと思っていた。

ところが意外なもので、今や生業と化したとの枕詞を使っていた和訳の仕
事は何とかこなせたが、毎日更新を旨としているブログ用の構想、等と言
えば格好が良いが、ここ数日は暑さのせいか夏バテか、何時まで待っても
何も閃いてこないのである。

実は、自分でもこれではいけないと思ったのか、昨夜は寝床の中でアイ
ディアが閃き、構想が纏まって文案まで出来上がっていた。それにも拘わ
らず、一夜明ければ全てが忘却の彼方という状態だった。何を考えたか、
何とか明日までには思い出せるだろう。

今日は40度を超えた所があったようだが、当方未だに外気温の40度を経験
したことがなくどれほど暑いのか想像がつかない。だが、昨今の東京都内
では何処に行ってもビルと舗装道路で照り返しと空調の排気で体感温度は
40度を超えているだろうと思っている。

そうであれば、ジムで言葉を交わす高齢者たちが言うように、この猛暑で
はあの空調が効いているジムの中でウオーキングでもして、ゆっくりシャ
ワーでも浴びているのが安全な過ごし方だということになりそうだ。

先ほど、午後6時過ぎにアイスクリームでも食べようかと道路の向こう側
の小型スーパーまで出かけたところ、未だ30度を超えているだろう道路で
ジョギングをしている勇敢な女性を見かけた。また、隣の照り返しの強烈
な区営の人工芝の野球場でも野球をやっている人たちがいた。

余計なことかも知れないが、余所事ながら彼らの無事を祈ってアイスク
リームの他に冷えたCoca Colaも買って帰った。あー、暑かった。


主宰者より。昭和30年ごろは Coca Colaは市販されていなかった。清涼
飲料業界の反対で。



━━━━━━━
身 辺 雑 記 
━━━━━━━ 

私も炎天下の散歩は午前だけにし、午後は壇踏みに切り替える。高齢者だ
から熱中症とやらになったら即死亡だろうから。

高校同期生の消息ニュースが届いたが、予想通り「追悼記」だけだった。
尤も小生が死んでも、これに載るかどうか。怪しい。


読者:5232人


ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
-- 
渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/08/13

    いじめ原因の少年事件4割減 小学生の強制わいせつ増も 今年上半期・大阪府警

    2013.8.12 21:54 [いじめ問題] 

     大阪府警は今年上半期(1〜6月)の少年非行情勢を発表した。府警が摘発・補導したいじめが原因の少年事件は、前年同期(17件)より4割少ない10件だった。



      一方、全国集計では142件で前年同期の2倍以上に上っており、府警は「同じ近畿地方の大津市の中2男子自殺などで、児童や保護者のいじめに対する意識が高まり、学校の取り組みも強化されたのではないか」と分析している。



      府警によると、摘発・補導した人数も前年より5人減って24人。内訳は小学生4人▽中学生19人▽高校生1人だった。罪種別では傷害11人▽暴行7人▽強制わいせつ5人▽窃盗1人。



      強制わいせつは5人中4人が小学生で、異性の同級生の下着の中に手を入れたり、下半身を触らせたりといったいじめが確認された。府警は「小学生の性的ないじめが増えてきた。インターネットの影響などが考えられる」と警戒感を強めている。







     http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130812/waf13081221550022-n1.htm

  • 名無しさん2013/08/13

    47階高層住宅にエレベーター忘れた! スペイン、完成間近に気付く

    2013.8.13 09:47 [世界仰天ニュース] 

    高さ約200メートル、47階建ての高層住宅InTempo=8月11日、スペイン・アリカンテ(ロイター)

     高さ約200メートル、47階建ての高層住宅InTempo=8月11日、スペイン・アリカンテ(ロイター)

      スペイン南東部アリカンテで、高さ約200メートル、47階建ての高層住宅InTempoの建設が進められているが、完成間近になって21階より上にエレベーターが設置されていないことが分かり、問題となっている。12日までに、英メディアが伝えた。



      この高層住宅は当初、20階建てで計画され、後に47階建てへと変更。この際、設計者が増築分のエレベーターの設置を忘れ、誰もこの欠陥に気がつかないまま工事が進められた。内部にエレベーターを設けるのは不可能という。(SANKEI EXPRESS)

    http://sankei.jp.msn.com/world/news/130813/erp13081309480004-n1.htm





    人民日報の新本社ビルに冷やかしの声「男性器に似ている」

    2013.5.10 07:30 [世界仰天ニュース] 

    人民日報の新本社ビル(ロイター)

     人民日報の新本社ビル(ロイター)

      北京市内で建設が進められている中国共産党機関紙「人民日報」の新本社ビルの外観が、ネットユーザーたちの間で「男性器に似ている」と話題になり、ブロガーたちのコメントは「たたずまいが堂々過ぎる」などといった冷やかしの声であふれている。(SANKEI EXPRESS)



      ビルは来年完成予定。昨年5月に完成した中国中央テレビの本社ビルがやはりその独特な外観から「大きなパンツ」などと揶揄(やゆ)されており、人民日報の新社屋とは「同工異曲の完璧な組み合わせ」との声もささやかれている。

    http://sankei.jp.msn.com/world/news/130510/chn13051007310002-n1.htm



  • 名無しさん2013/08/13

    ドイツが世界一韓国嫌いなワケ 「恩を仇で…」過激な嫌韓行為も&#12316;日韓は意外に友好的?

    http://biz-journal.jp/2013/08/post_2667.html

  • 名無しさん2013/08/13

    いよいよ明後日です!西村眞悟との靖国神社参拝(平成25年8月13日号)

    http://melma.com/backnumber_190416_5875296/

  • 名無しさん2013/08/13

    「従軍慰安婦」を自称している高級戦地売春婦は、当時の国民がみな国防の義務・銃後の義務を負ってごくわずかな報酬のみで国策に協力したのに対し、国策に協力するふりで戦地の兵士の足元を見て高給をせびり莫大な戦時利得を獲得しながら、「我々は被害者だ」と言い募る人間のクズである。









    醜く性格が悪くても高級売春婦になれた特需でした 

    93歳旧陸軍歩兵中隊上等兵 

    戦時中の慰安婦達の実態を語る「慰安婦たちは結構優雅な生活をしていて、仕事以外でもうっすらと化粧をして買い物に出たりしていました」









    高級売春婦ですか( ̄+ー ̄)



    93歳旧陸軍歩兵中隊上等兵 戦時中の慰安婦達の実態を語る



    http://www.news-postseven.com/archives/20130812_205070.html





    政府、反日韓国ロビー対策に着手 「情報戦」で反転攻勢へhttp://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130812/plt1308121532002-n1.htm

  • 名無しさん2013/08/13

    「従軍慰安婦」を自称している高級戦地売春婦は、当時の国民がみな国防の義務・銃後の義務を負ってごくわずかな報酬のみで国策に協力したのに対し、国策に協力するふりで戦地の兵士の足元を見て高給をせびり莫大な戦時利得を獲得しながら、「我々は被害者だ」と言い募る人間のクズである。









    醜く性格が悪くても高級売春婦になれた特需でした 

    93歳旧陸軍歩兵中隊上等兵 

    戦時中の慰安婦達の実態を語る「慰安婦たちは結構優雅な生活をしていて、仕事以外でもうっすらと化粧をして買い物に出たりしていました」









    高級売春婦ですか( ̄+ー ̄)



    93歳旧陸軍歩兵中隊上等兵 戦時中の慰安婦達の実態を語る



    http://www.news-postseven.com/archives/20130812_205070.html





    政府、反日韓国ロビー対策に着手 「情報戦」で反転攻勢へhttp://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130812/plt1308121532002-n1.htm

  • 名無しさん2013/08/13

    このクソ暑い中



     



                父様のお墓掃除に行ってきた



     



                でも、途中から雷が鳴っていきなり



     



                すぐにやんで夕焼けも見れたけど



     



            心なしか涼しくなって お掃除が楽だったぁ〜



     



     



     



     



     



     



     



                     夏だし・お盆だし



     



             今回は「ひまわり」を飾ってみました。。。



     



     



     



     



    夏らしくて



     



          いいねぇ〜



     



     



     



     



     



     



     



                   っで・・・夜・・・



     



                 迎え火焚きました



     



     



     



                      父様・ご先祖様・・・お帰りなさぁ〜い



     



  • 名無しさん2013/08/12

    毎日の拝読が楽しい。

  • 名無しさん2013/08/12



    / 身内に向けられたものを、悪口雑言といい、

    / 内容が同じでも、身内が発したものは、批判とうそぶく、愚か者たちよ。





  • 名無しさん2013/08/12

    プライムニュースでの黒田記者の発言こそ、韓国に根付いた正論である。

    無知も知らず、正義だとばかりに「悪口雑言」を吐いてきたのが、ここに登場された、自称知識人の皆さまです。



    もうひとつの韓国の裏側。

    記者も、学者も、親日的や、韓国を諌める正論を吐けば、命の危険や社会的に抹殺する制裁の対象となる。怖い国である。



    裁判官も、例外ではない。命の危険があるのであんな判決がでてしまう。

    こんな支配的な空気を突き破ろうとすればどうなるか判るよね。

    親父の因果で、ほほを切られた女性政治家の心中を察すべきであろう。

  • 佐藤生2013/08/12

    「黒ラブ」なる御仁の「主宰者」への悪口雑言、辟易しております。

    ご自分で「悪口雑言のブログ」を立ち上げたら如何でしょう。



    ヤレヤレ。

  • 名無しさん2013/08/12



    主催者のたひ重なる偽装再掲が暴かれたが、その後ぷっつりと主催者の名前が消えた。私はこれで良いと思っている。書けないものはしょうがないし、我々業界人にとっての絶対的なタブーである、盗作、または盗作まがい物、偽装再掲を行って恥の上塗りを重ねるよりましである。



    先日の「朝まで生テレビ」で、主催者が書いていた尖閣密約云々の話もデタラメだということが明確となった。要するに知ったかぶりがバレた。



    主催者は、編集下働きと幼稚な身辺雑記だけにしゅうちゅうせよ。

    かなり見え見えの厭味だったが、平井先生の「私の身辺雑記」を読んで感じるところは無かったのであらうか。

                     黒ラブ





  • 名無しさん2013/08/12

    高度な知識いろいろ有難いです。暑さに負けずしっかり御勉強