政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針3019号  2013・7・27(土)

2013/07/27

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針 3019号
□■■□━━━───────────────────────□■■□

        

           2013(平成25)年7月27 日(土)



          海江田体制 労組依存が再編の足かせ:桑原雄尚

                       尖閣諸島「問題」の行方:馬場伯明

       米国は日本の集団的自衛権の解禁を求める:古森義久

                次期FRB議長にサマーズ氏か:宮崎正弘

    小學生に英語を教へても國際人にはならない:澤部壽孫

                      私の「身辺雑記」(12):平井修一

                                       話 の 福 袋
                                反     響
                    身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第3018号
                             発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             

 
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━━━
海江田体制 労組依存が再編の足かせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━


            桑原 雄尚

参院選惨敗を受けて党の立て直しが迫られる民主党の海江田万里新体制
は、日立労組出身の大畠章宏氏の幹事長起用により労働組合に依存する守
りの姿勢が鮮明になった。野党再編を意識する若手や非労組系の議員の失
望は広がり、かえって路線対立は激化、「海江田降ろし」は収まりそうに
ない。海江田代表の自浄努力も問われる。

「まず皆さま方におわびしなければいけないのは、先の参院選の結果であ
ります…」

26日午後、党本部で開かれた両院議員総会で、海江田氏は謝罪の言葉から
始めた。その後、若手から容赦ない言葉が相次いだ。

「敗軍の将は引き際を間違えてはいけない。すぱっと辞めて、みんなで一
丸となって前に出るのが正しい道だ」(田嶋要衆院議員)

「代表選こそが最大の総括につながる」(柚木道義衆院議員)

時折メモを取りながら耳を傾けていた海江田氏は「危機感はある。今後の
プロセスを示すしかない」などと釈明を繰り返した。同時に「代表選をや
るときは私が退くときだ」と強弁もした。

海江田氏を支持する大畠グループの篠原孝元農林水産副大臣が「参院選で
敗れたからといって、代表のせいにするのはもってのほかだ」と反論した
が、拍手はまばら。
最後に挨拶した大畠氏は「朝早くから夜遅くまで働き、それでも年収200
万円の方がたくさんいる。その方々の立場に立つ政党が必要だ」と訴えた。

締めは「ガンバロー」三唱。労組色の濃い総会に、非労組系の一人は「む
なしい。虚無感を覚える」と吐き捨てた。渡辺周元防衛副大臣は記者団に
「代表選をやるべきだ。野党再編に向かうのか。独自路線を行くのか。路
線をめぐって代表選で意見をぶつけ合って、決まったことに従うべきだ」
と訴えた。

海江田氏への不満には、参院選で「反党行為」をした菅直人元首相への処
分にもある。海江田氏は、一度は菅氏に離党を促しながらも、一部議員か
ら「重すぎる」と言われて党員資格停止に軽減した。「鳩菅」時代を完全
に幕引きさせることができず、代表の威信を失墜させた。

それでも、海江田氏には「続投」の二文字しかなかった。21日の参院選投
開票日に早々と続投を表明したのも、辞任の方がかえって党は崩壊すると
踏んだためだ。海江田氏は、野党再編に意欲をみせる細野豪志幹事長の辞
任を8月末から26日付に前倒し、自身の基盤固めを急いだ。

細野氏を支援する若手議員らは26日、国会内で会合を開き、当面は海江田
氏の党運営を注視する方針を確認した。海江田執行部に距離を置く前原誠
司前国家戦略担当相は記者団に対し、野党の結集は必要だとしながらも、
細野氏らへの牽制(けんせい)として「理念や旗頭も大事だ。拙速でもい
けない」とも述べた。

海江田氏も、両院議員総会で、民主党主導による野党再編に前向きな発言
をした。もっとも、日本維新の会をはじめ野党再編に前向きな勢力は、公
務員制度改革で障害となる労組との決別が大前提であり、労組依存を強め
る海江田新体制は再編の相手にならないのだ。その点からして、細野氏ら
と海江田新体制との対立は解消しそうにない。

26日深夜、細野氏は自身のツイッターに「今後も、民主党議員の一員とし
て海江田執行部を支えていきます」と書き込んだ。その約15分後にはこ
うも記した。

「肩書きがなくなり、等身大の議員活動と日常生活に戻ります。根を張
り、幹を太くしない限り、第二幕は開きません。課題はたくさんありま
す」 産経ニュース2013.7.27


━━━━━━━━━━━
尖閣諸島「問題」の行方
━━━━━━━━━━━


      馬場 伯明

国が尖閣諸島を購入し一件落着したかに見える。だが、あの大騒ぎは何
だったのか。石原慎太郎(前)東京都知事による尖閣諸島(3島)の購入
と活用のための国民有志の寄付金はどうなったのか。

「(国が買ってしまったので)・・もう購入はできないので、(目的を)
活用にシフトしたわけです。寄付金は国に譲渡することになるでしょう。
寄付金の返還は当初から想定していません。(都の「尖閣諸島寄付担当」
談・2013/2/6「日刊ゲンダイ」より)」

単純で素朴な愛国者として私は些少・最低限の寄付をした。石原(前)知
事のメッセージに「いざ鎌倉!」の一種高揚した気分で応じた。寄付総額
は1,485,201,967円、103,602件。無論寄付者に返還する必要はない。

猪瀬直樹東京都知事による残金の「国への譲渡(再寄付)」で本件が終結
となるのでは、肩透かしにあったような気がして、私は釈然としない。

尖閣諸島が日本の領土であることは実効支配上からも国際法上からも明白
である。中国の挙動は、泥棒(自分)が、侵入した家の主人に向かって
「泥棒!」と叫んでいるような倒錯した理屈である。

ところが、中国へのそれなりの応援者もいる。野中広務氏と鳩山由紀夫氏
が利敵行為ともいうべき仰天発言で世間を驚かせた。

そこで、本誌主宰者は、かつて園田直外務大臣の秘書官として同行した北
京等での「事実」に基づき、間髪をいれず、完璧に反論した。この反論は
確かによかった。だが、それでも、私は、まだ、釈然としない。

中国は1970年以降、尖閣諸島「問題」では自信満々である。「俺たちには
最強のカードがある!」と嘯く。「アメリカ」というスペードのエース。

でも、なぜ、アメリカなのか。尖閣諸島「問題」の「そもそも論」に立ち
返り、尖閣諸島購入の経緯などを反芻してみたい。

尖閣諸島は、魚釣島(うおつりしま)、久場島(くばしま)、大正島(た
いしょうとう)、北小島(きたこじま)、南小島(みなみこじま)の5つ
の島と3つの岩礁(沖の北岩・沖の南岩・飛瀬)からなる。総面積5.57k?。

石原(前)知事は、5島の内、魚釣島、北小島、南小島の3島(栗原国起氏
所有)を購入の対象とした。しかし、久場島(古賀花子氏所有)と大正島
(国有)の2島は外した。2島は米軍に提供された射爆撃場である。

「2島は購入しないのですか」と指摘され、石原(前)知事は「久場島も
購入する」と急きょ言明した(2012/6/4)。しかし、その後、何と、あっ
さりその購入方針を撤回してしまった(2012/9/7)。

どういうことだ。大正島は国有だが、個人所有の久場島を中国に購入され
たらどうするのか。尖閣諸島では久場島がなければ画竜点睛を欠く。「中
国が所有する米軍射爆撃場!」ならブラックユーモアだ(笑)。

石原(前)知事はなぜ購入方針を撤回したのか。筋が通らない。

発端は石原(前)知事のヘリテージ財団での講演である。中国を刺激し
た。(1)核兵器の開発のシミュレーション、(2)ピンポイント非核超高
速ミサイルの開発、(3)尖閣諸島(ただし3島)購入の3点セットだ。

アメリカの有力な対中国強硬派であるヘリテージ財団との合作ないし事前
の容認があったと(私は)邪推!する。石原(前)知事は(民主党政権
と)中国を刺激することが主目的であり、久場島の購入や久米島との2島
返還は、端から頭になかったと思われる。

じつは、中国艦船が久場島付近を通過し上陸や発砲したら、アメリカは、
安保条約とは無関係に、自国(施政権)侵犯排除の戦闘に入らざるを得な
いから困るのだ。だから「日本と中国は仲良く!」と強く要請している。

一時的な政治パフォーマンスではなく、戦略的に、かつ真面目に考えれ
ば、尖閣諸島5島3岩礁を国有化すべきであることは明らかであろう。

「親分(アメリカ)、預けた娘(久場島)が長らくお世話になりました。
そろそろ舎弟の私(日本)に返してください」。「そうだな、お前(日
本)の娘(領土)だからな。そうしよう」・・・と、アメリカには「日本
の領土である」という決定的な発言をしてもらいたい。

だが、アメリカは尖閣諸島の領有・帰属で「あいまい戦略」をとってい
る。アメリカは尖閣諸島「問題」で中立の立場をとる。だから、日本と中
国(台湾を含む)の間には「領土問題が存在する」という立場の国なのだ。

中国はアメリカの「領土問題が存在する」という絶大な援軍があるので強
気である。これが尖閣諸島「問題」のねじれと混迷の根本的な原因であ
る。では、日本は何をするべきか。

第1.アメリカに対し「尖閣諸島の領有は日本である」と明確に認めるよう
に何度でも迫る。無二の同盟国のアメリカだ。遠慮せず主張する。「蛙の
面に・・」の確信犯の中国ではなく、敵は本能寺(アメリカ)である。

第2.久場島を国が追加購入する。米軍の射爆撃場の久場島と大正島の2島
は1979年以降使用されていないのだ。東京都に保管されている寄付金を使
わせてもらえばよい。寄付者に異存があるはずがない。

歴代の政府、外務省、石原(前)知事らは、これまで上記の2つをまとも
に検討し発信し実行しては来なかったし、今なお無為が続いている。

また不思議なことに、日本のマスコミ、さらに、右派言論人の多くも、久
場島の国による購入と大正島(既国有)を合わせた2島の日本への返還を
アメリカに求めていない。

なぜか。アメリカに拒否されたからだ。その訳は戦後68年去勢されたよう
なアメリカへの盲従体質にあると思われる。アメリカの言いなりばかりで
はだめなのだ。日本はアメリカに対しても、正面・裏面の両方からものが
言える、まさに「普通の国」になるべきである。

「普通の国にしたいだけなんだ」と唱える本誌投稿者の一人である平井修
一氏には、尖閣諸島を巡る日米中(台湾を含む)のねじれ現象をときほぐ
し、正常化する方策をぜひご提案いただきたい。

尖閣諸島が日本の領土であると(本音では)認識しており、日本が最も信
頼する同盟国であるにもかかわらず、アメリカは、尖閣諸島について、中
国が大喜びし、日本が困る「あいまい戦略」を、なぜ、取り続けてきたの
だろうか。

それは、日中(台湾を含む)間に揉め事(魚の小骨)を残しておく、それ
により、アメリカの存在価値を両国に高く売ることができるという「政治
的な思惑(手段)」であったと推測される。

しかし、姑息な手段はいつか行き詰る。日中間の戦闘が始まればアメリカ
も出動せざるを得なくなる。小骨は大骨になって顕われる。だから、アメ
リカは「日中は話し合いで・・・」と必死で要請しているのである。

日本は、尖閣諸島の日本領有をアメリカに明確に認めさせ、久場島ら2島
は返還してもらい、久場島は国有化する。これが中国の急所を衝く最上の
策である。

石原(前)知事の尖閣諸島「問題」の発言は急減している。日本はいたず
らにアメリカに盲従しその周りを徘徊するのではなく、民族の誇りと矜持
を有する独立国家としてしっかり立つ。

「国際社会において名誉ある地位を占める」というのは、そういうことで
はないのか。(2013/7/26千葉市在住)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
米国は日本の集団的自衛権の解禁を求める
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


              古森 義久

日本の選挙結果へのアメリカの反応です。新聞の論調だけを紹介しています。

日本の集団的自衛権の解禁はアメリカ側では民主党、共和党の区別なく、
一致して、求めるようになっていました。ところがアメリカの新聞はその
解禁にも反対のような構えをみせるのです。

まあメディアだから、ご自由に論じてください、ということになりますね。

 <<自民党の大勝利を米国メディアはどう伝えたのか 中韓への配慮?
安倍首相の「ナショナリスト」ぶりを警戒>>

特に日本の集団的自衛権の行使禁止を解除することは米国の議会や政府の
代表たちも、陰に陽に、日本に求めてきた。特に米側の国防関係者たちの
間では 日本の集団的自衛権の行使禁止は日米共同防衛を弱くする大きな
ブレーキとして、1日も早く解除することを求める声が絶えなかった。ち
なみにこの解禁は憲法 のいまの解釈を変えるだけで、手続きとしてはご
く簡単にできる。

さらに言うと、アジアの安定、日米同盟の健全性などについては、米国が
大きな責任を担っているはずである。米国の責務やリーダーシップを棚に
上げ て、日本だけに自制を求める。

韓国や中国には対日政策の修正を求めない。そんな主張は日本にとって不
公正であり、米国の最近の弱さを反映していると言うし かない。安倍政
権が当然、反論すべき種類の対日要請である。

ちなみにこのワシントン・ポストの短い社説のすぐ上には米国の大統領が
困っていることを示す漫画が載っていた。星条旗の模様の洋服と帽子をつ
けた 大統領らしき人物がイスに座って、「どのように統治をすべきかを思
い出せなくて困ってしまった」と語っている図柄だった。

オバマ政権の最近の山のような内 憂外患、国内での混乱、対立、スキャ
ンダル、そして世界各地域での影響力の減少、指導力の喪失などを意味す
る政治漫画であろう。

 日本についての社説の隣にこんな漫画が掲載されたのは偶然だろうが、
米国はいま困りきっているから、日本はなんとか安定を保ってほしいと請
い願うようなメッセージが滲んでくるようだった。

■日本がアジア地域で孤立する恐れ

最後にニューヨーク・タイムズの報道を見てみよう。

まず第1面にニュース記事の冒頭が短く載っていた。見出しは「日本で首相
の政党が大きく勝利」と記されていた。次の見出しは「経済のより速い改革
への進路が敷かれた」と書かれていた。

 記事はまず日本の衆参両院の「ねじれ」が解消されたことで、安倍政権は
近年にない政策実行の権限と自由とを持つことになる点を特に強調していた。

そのうえで次のような記述があった。(つづく)
2013.07.26 Friday name : kajikablog



━━━━━━━━━━━━━━
次期FRB議長にサマーズ氏か
━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成25(2013)年7月25日(木曜日)貳
        通巻第3991号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 次期FRB議長にローレンス・サマーズ元財務長官が本命視
傲慢な手法、国内にも敵だらけの学者、米国経済の舵取りが出来るのか?
********************************

あまりに傲岸不遜な人物なので、議会証言のおり「議会軽視」と非難が集
中した。「サマーズに謙虚さを求めるなんて、マドンナに貞淑であれと希
望するようなもんだ」と。

サマーズの家系はアシュケナージ一家。叔父にサミュエルソン(ノーベル
経済学賞)がいる。ハーバードの秀才と謳われ、世銀チーフ・エコノミス
トからクリントン政権で財務次官、副長官ととんとん拍子。

ルービンが政権を去ると、財務長官にどっかと居座り、傲慢な態度を崩さ
ず、しかしアジア通貨危機はなんとか乗り切った。政治手腕は高いと評価
された。

ブッシュ政権の誕生とともにワシントンを去り、ハーバード大学学長に納
まったが、女性蔑視発言でまたまた学園を追われたといういわくつきの人
物。オバマ政権では国家経済会議委員長を2年務めたが、はやばやと飽き
て、ハーバードビジネススクール教授に戻った。

このサマーズが「次期FRB議長に有力」と『ウォールストリート・
ジャーナル』(7月25日電子版)が報じた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム      樋泉克夫のコラム
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 941】     
   ――「支那の堕落を曝しているようで見苦しい」(長与の中)
「魯迅に会った夜」(長与善郎 『世界紀行文学全集』修道社 昭和46年)


  ▽
「新聞連合の松本君」とは、上海に駐在し37年に勃発した西安事件――張学
良と楊虎城による?介石を逮捕・軟禁――を逸早くスクープし、世界に配信
した松本重治のことだろう。

その松本に先導され、長与は指定された料理屋に先に行って待った。

暫くして招待者の内山書店主人夫婦などがやってくる。

「一足遅れて矮?粗髯道骨蒼白、弱々しいが眼光一癖ありげな所、正にわ
が犬養木堂と云った感じの支那紳士が尚二人ばかりの連れと這入ってきた。

云うまでもなくこれが魯迅であった」とのことだが、「矮?粗髯道骨蒼
白、弱々しいが眼光・・・わが犬養木堂と云った感じの支那紳士」の件
は、魯迅の姿を髣髴とさせるに過不足のない見事な形容である。流石に長
与、目の付け所が違った。

「無論少しも肩の凝るような会ではなく、気はおけず、人の感じは甚だい
いといっても一体こう云う人に逢ってもいきなりそう話のあるものでもな
い」。

そこで魯迅の弟で「北平大学教授で・・・日本文学史の研究に没頭してい
る音無しいこと限りない温厚な無口屋である」周作人について話をした。
弟の周作人ほどに日本語は上手ではないが、普通の日本語会話には不自由
はないので、魯迅とは日本語での会話となる。

その席で受けた印象を長与は、「この創作家の兄さんは腹の底に欝勃たる
火を持って悩んでいる情熱と神経と何かの思想の持ち主であることはその
ギコチない寸言断語の中に鋭くひらめいている」と綴る。

「刺々しく笑」いながら、中国にはものを書く自由がないといった意味の
ことを喋る。

長与は「もう少し明るい物柔らかな大家」で「悩みは悩みとして奥底に抱
いていてももっと深い教養が年輩らしくそれを包んで、一見恰も温厚な平
凡人の如く見える人を想像していた」が、目の前の魯迅は「いかにも険し
く、暗い、圭角凌々たる感じであるのが少しも悪い印象にならぬながら何
となく傷ましく思われた」のである。

「実際考えればそれも無理はない」。

「現代支那の思想家は、国民政府のやり口に聊かなりとも不同意を表す限
り、忽ち・・・藍衣社のピストルに撃たれ」てしまう。

藍衣社とは?介石配下の特務機関であり、検挙、審問などといった手間の
かかることはぜず、反?分子は「直ちに生命が奪われるのであった」運命
にあった。

魯迅を含む「現代支那の思想家」を取り巻く情況を長与は、「自分はかの
竹林の七賢人や、支那古来の数知れぬ学者名賢の徒が横禍を免れるため
に、或は風狂を装い、或は癡人に化けて山林に隠遁した理由を目のあたり
に見る心地がした。現代の支那でもその事情は二千年前と些しも異なって
いないのである」と受け取る。

その席で持ち出した孔子の話題に「いかにも道楽談でも聞くような冷淡な
応答ぶりであった」魯迅の心の裡を、「支那に生まれて、最も愚劣に形式
化された儒教を子供の時から押しつけられて、それに対する反感のみが牢
として抜くべからざるものとなっているとは無理からぬこととは云え、気
の毒なものに思わずにはいられない」とは、長与の嘆息だろう。

「『ここへ来る道で今、樟の立派な棺を見たら、急に這入りたくなって
了った』/飯が運ばれる頃、魯迅はやっと軽く箸を執りながらそういっ
た。その咄嗟は無論冗談のように見せていた。が、その余りに尖った虚無
的諧謔? は冗談にはならなかった。一座は笑わんと欲して笑えず、妙に
白けて了った」のである。

宴席で長与が言葉を交わした翌年10月、魯迅は死んだ。

窮死、憤死、諫死、涸死・・・。

――50年代半ば、「魯迅が生きていたら如何」と側近に問われ毛沢東は躊躇
わず、「あんな五月蝿いヤツが生きていたら、今頃は殺されているか牢獄
だ」と。

ありえない話ではない。だが毛沢東は魯迅を一貫して文化戦士として讃え
続けた。表向きですが・・・ネッ。
《QED》


(宮崎正弘のコメント)魯迅は過大評価されています。上海の魯迅記念館
はなかなかの展示、しかもあれは日本の寄付。立派な博物館、そばの公園
のお墓も素晴らしく立派、そこからやや離れて、魯迅が住んでいた旧居
も、記念館になっていますね。日本人観光客もあまり行かない。

上海の『文化街』には内山完造の銅像まで建っていて、出口にでんとかま
えるのが紹興で魯迅が毎日かよって、ドロっとした、絶品の紹興酒と空豆
をたべたという喊享酒店の支店がありますね。このコースをめぐると魯迅
はたしかに文豪に見える。革命後、共産党が魯迅を利用したからでしょう。

ところで藍衣社といえばボスは戴笠。最近、中国の書店で戴笠の伝記や
ら、暗殺団の詳細を書いた本が夥しく刊行されていますね。戴笠の妾のお
屋敷だった上海の一等地、いまホテルになっていて、庭が立派なのには驚
かされてことがあります。
  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の新刊 『中国バブル崩壊が始まった』(予約受付中)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪♪
宮崎正弘の新刊 27日発売!
 『中国バブル崩壊が始まった』(海竜社)
 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 定価1000円(税込み)
 鬼城(ゴーストタウン)、不正な輸出統計、汚職、汚染・・・・・
 張りぼて中国経済の面の皮が剥げ落ち、いよいよ中国からカネが逃げ出
すゾ!
 (アマゾンの予約サイト ↓)
http://www.amazon.co.jp/dp/4759313303/
   ♪
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 貴誌前号の記事ですが、「定員割れ」を繰り返すような大
学は統廃合を指導すべきであり、生き残るために反日学生を募集して血税
を遣うなんぞもっての外。

東大大学院は今やシナ人や朝鮮人らの半日活動拠点となり下がっているで
はないか。

漢字や算数が解らない日本人を含む低級学生を遊ばせる為の、そして使い
物にならないバカ教職員を飼う為の助成金も早々に切り捨てる等、学び舎
の健全化は急務であることに激しく同意致します。(読者SS)。


(宮崎正弘のコメント)アベノミクスの三本の矢は、金融、財政、成長戦
略。この枠外の政策になりますが、文科省大臣は安倍派の中核にいる下村
さんでは?
 
 http://hakubun.jp/tag/%e6%96%87%e7%a7%91%e5%a4%a7%e8%87%a3/
『教育立国論』という著作もあり、保守主義の政治家、期待できそうです。



  ♪
(読者の声2)先月、ジャーナリストの有本香さんらが中心となり日本・
ウイグル協会主催でラビア・カーディル世界ウイグル会議総裁を招いての
講演会が日本全国5都市で催された。

日本民間人による人道的ウイグル民族支援はドイツ第二帝国鉄血宰相ビス
マルクの対仏包囲網を上回る安倍晋三内閣の対中共支那包囲網との整合性
もあり効果的である。

さらに中央アジアにはトルコ系民族が多く彼らとの友好関係構築に役立つ
ばかりでなくトルコ本国との伝統的友好関係強化にも役立つ。

ところで6月21日の「日本・ウイグル 自由のための連帯フォーラムin東
京」のビデオを見ると関岡英之氏がパネルディスカッションに出演している。

関岡氏は元々銀行で証券専門家だったエコノミストで学研肌の歴史作家で
あり注目している。ただ安易に陰謀論に乗るのは何故だろう。
http://www.youtube.com/watch?v=5fM3jmZiWf8

この日もトルコのエルドアン首相を高く評価した後で同氏批判デモが中共
支那の情報機関陰謀説を披露したのでズッコケた。

「根拠は何だ」と待っていたら何もない。さらに「米国情報機関も絡んで
いる」と言うので、オイオイでした。

関岡氏が分かっておられないのはトルコはアラブ諸国と違い、既に近代的
民主国家である事実。エルドアン政権も民主的手続きにより選ばれた代表
に過ぎず選挙で負ければ、唯の人に戻る。民主国家の強権的指導者は独裁
者ではないのである。今、トルコで起こっているのは反政権運動であると
同時に民主政体維持運動なのだ。

以前、マリ共和国などのアフリカ黒人達何人かと話したことがある。
彼らはフランス語は流暢だが、英語が余り話せない人もいる。フランス在
住のベナン共和国出身のインテリと話したところ中共支那のアフリカに於
ける影響力は極めて限られたものだという事であった。

それも経済分野に限られている。対して共通語のフランス語が急速に英語
にとって替わられるとはいえ、フランスの影響力は文化的にも学術的にも
未だ深いものがある。アフリカの多くの国々では現地語での学術語不足の
為にフランス語などに頼らざるを得ないのだ。

これは暫く前に話した在独20年になるドイツ系米国人が東欧諸国に於ける
ドイツの影響力が経済分野に限られ、文化的影響力が全く見られない事と
共通している。

ソ連崩壊後にロシア語を学ぶことを止めた東欧の青年達はドイツ語ではな
く英語を選んだ。大体ドイツ人自体が米国文化に深く浸かっており古典文
化は暇なインテリの御遊びに限られている様である。
 
さて本題に戻ると、中共支那の情報機関はトルコ国内で治安機関の目を掻
い潜りながら世俗民主派を扇動するほどの力を持っているのであろうか。
答えは否でないか。

スパイ防止法の無い日本とは違いそんな事は容易ではない。あるいは中共
支那の情報機関がトルコの軍組織や情報機関と組んで現政権を転覆するよ
うな能力があるとでも関岡氏は考えているのだろうか。

トルコ軍は伝統的にイスラエル軍とは蜜月関係にあるが人民解放軍が何時
からNATOメンバーでもあるトルコ軍に浸透したというのだろうか。関岡氏
は歴史資料を積み上げる精緻さをお持ちなのに、一方で国際情勢分析に甘
さが残る。

さらに「米国情報機関がエルドアン政権の転覆を図る」とか聞いていて恥
ずかしくなる。まず米国オバマ大統領が信用した指導者は東アジアでは李
明博韓国大統領、中東ではトルコのエルドアン首相とイスラエルのシモ
ン・ペレス大統領である。

イスラエルはネタニヤフ首相が米国オバマ大統領との関係が険悪である
が、ペレス大統領が両国関係悪化防止を担保しているのだ。さらにネタニ
ヤフも馬鹿ではなくペレスから逐一外交アドバイスを受けている。

アラブの春が中東を不安定化させコントロールが利かなくなるという環境
下、米国は何故、盟友エルドアン首相を傷付けて悪化させる必要があるのか。

さらにトルコは混乱するシリア情勢に対するアラブ諸国と西側諸国共通の
橋頭堡である。しかも関岡氏の理解とは裏腹にシリアを支援するイランに
対抗する為にトルコとイスラエルの関係は急速に改善しつつある。

でも関岡氏は駄目押しにドイツの情報機関も関わったとか懲り無い。さす
が作家だから、その「想像力」にはとてもついて行けません。参りまし
た。(道楽Q)


(宮崎正弘のコメント)トルコはふたたび中近東の覇者になる可能性があ
りますね。半世紀後あたりに。日本ともっとも親しい国でもあり、日本の
援助も凄まじく多額。しかし街を歩いていて、あのなれなれしくて図々し
いトルコ人のふるまいを見ると、チト首をかしげたくもなります。
 小生はイズミール、エフィソス、アンカラ、パムッカレなどイスタン
ブールを軸に四日か、五日ほど滞在しただけ、しかも二十年ほど前のこと
なので、深くは分かりませんが。。。
 さて、イスラエルのシモン・ペレス大統領。
ラビンとともにノーベル平和賞に輝く歴戦の勇士、ハガナに所属して独立
戦争を戦い、ベングリオンの片腕として武器調達に辣腕を振るった人。も
のすごく軍事知識があるうえ、歴史通で、技術にも博学で外交と情報に卓
越した政治家ですね。このレベルの政治家が日本に何人かいると日本外交
は格段に良くなると思います。
 ただしペレスは選挙に弱く、これが玉に瑕。またエルドアンとは犬猿の
仲ですね。ペレスは首相を二度努めて、また外相。その肩書きで日本に来
たとき、村松剛さんにくっついてイスラエル大使館で会ったことがありま
す。そうそう、そういえばその後のレビ外相には或る雑誌の企画でテルア
ビブまで独占インタビューに行ったことを急に思い出しました。
宿泊したのはヒルトンホテルの1313号室。「部屋番号がなんとも縁起
が悪いから替えてくれ」と部屋交換をフロントに言ったら「あなたは何教
ですか?」「仏教徒です」「なら関係ないジャン」と言われ、部屋を替え
てくれなかった。テルアビブ・ヒルトンホテル、いまはなくなったようです。
ユダヤ教はキリスト教を新興宗教のたぐいとしか考えていませんから
「13」はタブーではないというのは一つの発見でした。



  ♪
(読者の声3)先月下旬2年半ぶりに台湾に行ってまいりました。ある
日、タクシーに乗ったら、親日的な運転手で、50-60代だと思われま
すが、色々中国語で話をしていたら、安倍首相が野党の時に訪台したが、
馬政府は非礼にも迎えも出さずに安倍氏はタクシーで行ったと話していま
した。

台湾の政財界は親日よりも親中派が多くなっていると貴著書にもあります
が、台湾の親日派を増やす為にも、また台湾は沖縄と同じように日本の生
命線ですから、安倍首相には更に台湾とのパイプを再構築していただきた
いですね。(台湾坊主)


(宮崎正弘のコメント)その話は信憑性が薄いと思います。野党時代とは
いえ、元首相ですから、まず現地の日本大使館(交流協会)がフル・アテ
ンドするはずですし、馬総統が、もし台北にいたのなら安倍元首相と会わ
ない筈がありません。車の手配は日本側がするのが常識と思います。考え
られるのは極秘に会った場合です。

森元首相が台湾へ行くと朝野をあげての歓迎、殆ど毎日、台湾の新聞とテ
レビのトップニュースです。安倍さんもおそらく、トップで報道されたと
思います。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
小學生に英語を教へても國際人にはならない     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               
              澤部 壽孫

終戰直後に占領軍は、日本人の魂を消滅させる爲、國語を革命(漢字の制
限および假名遣ひの變更)し、徹底した檢閲(言論特制と彈壓)を行った。
教室では古事記、萬葉集等の古典は輕視され、教育敕語も教へられなくな
り、また、愛國を意味する言葉や唱歌もて使用を禁じられた。

その結果、今日では、學力は低下の一途を辿り、大學生が鴎外や漱石の文
章を讀めなくなり、また巷には意味不明のローマ字やカタカナの社名が溢
れてゐる。言葉遣ひの亂れは止まるところを知らず、NHKのアナウンサー
が敬語を平氣で問違ふ。ことに皇室に關する新聞報道は讀むに堪へない。
恐ろしいことに誰もこのことを異常とは思はない。

私達の祖先の叡智が生み出した豐かな日本語を破壞することによって美し
い日本の傳統・文化を消滅させようと意圖した占領軍とそれに協力した知
識人の目論みは見事に成功しつつある。

個性尊重の米國式教育法が問違ってゐたと判明した今日、漢字制限を撤廢
し、歴史的假名遣ひに即刻戻すべきであらう。ついでに言へば、幼年時代
には漢字はいくらでも覺えられる。

[江戸時代の學問の仕方に學ばう]

緊迫した國際情勢の中で偉大な明治を築いた我々の祖先は、幼年時代に古
典を素讀させられることを學問の出發點とした。意味は分らないまま、古
事記や萬葉集、太平記、論語の章句を暗記させられたのである。

そこには古典に搖ぎ無い信頼をよせてゐた私達の祖先の姿が垣間見られる
し、素讀によって基本的な語彙を豐富に身につけた子供達の個性は強くた
くましく鍛へられた。江戸時代の親達の教育方法は今こそ吟味されるべき
であらう。

[教育再生實行會議の猛省を促す]

五月二十八日に安倍總理に手渡された教育再生實行會議(座長・鎌田薫早
稻田大總長)作成の「これからの大學教育の在り方について(第三次提
言)を讀んで慄然とした。

提言案は、「小學校英語の擴充」、「海外で活躍できる人材の育成」がね
らひで、小學五、六年生で必修化されてゐる週一囘の「外國語活動」につ
いて、正式な教科にして專任教員を確保することや、實施學年の引き下
げ、指導時問の擴大などの檢討を求めてゐる。

提言案には「日本人としてアイデンティティと幅廣い教養を持ち…」とと
の表現はあるが具體策は何も述べられてをらず、古典や日本語に對する記
述もなく、母國語への愛着が全く感じられない。

大部分が「グローバル化に對應する教育環境造り」、「徹底した國際化」
の爲に割かれ、低學年での英語教育の開始が要望されてゐる。藤原正彦氏
の名著に『祖國とは國語』(新潮文庫)があるが、まさに私達が國語(日
本語)を捨て去った時に日本は滅びるのである。

國語をおろそかにした小學生に日本人としてのアイデンティティが生れる
はずもない。グローバルスタンダードとは米國人の考へに同調することで
あると錯覺し、國際化とは英語を話すことだと勘違ひしてゐるとしか思へ
ない。

[先づ「日本人」を育てよ!]

小學生時代こそ徹底して國語敦育に力を注ぐべきであって、萬葉集の一首
を子供達に讀ませて感動を與へることがどれ程大切か言ふまでもなからう。

この大事な時期に授業時問を削って英語を教へるといふことは愚がとしか
言ひやうがない。自國の文化・傳統を身につけた人こそが他國の文化を理
解し味はふことが出來ると思ふ。

足掛け12年間海外に駐在した商社マンたる筆者の體驗から言へば、日本の
文化・傳統について質問された時に笞へられない人は外國では尊敬されない。

また、英語教育の開始時期は中學で良いと思ふし、それも讀み書きを十分
に教へるべきであると思ふ。重要なことは、古典に通じ、日本の文化・傳
統を理解し、誇りを持つ若人の育成である。

私達の祖先の生き方を學べば、自然に道徳心は身につき愛國心は芽生え
る。かうした若人こそが眞の國際人として多樣化する國際關係の中で日本
をリード出來る力を持つのであって、英語を喋る人とは本質的に違ふこと
を認識すべきである。

占領軍が押し付けた憲法を改正することと、教育を正常化して美しい日本
語と豐かな文化・傳統を取り戻すことは眞の日本を取り戻す車の兩輪なの
である。

(澤部壽孫氏は元日商岩井、公益社團法人國民文化研究會發行「國民同
胞」第621號(25 年 7 月 10 日)より許諾を得て轉載。原文に假名字母の
制限はなかった。kmns)



━━━━━━━━━━━
私の「身辺雑記」(12)
━━━━━━━━━━━


      平井 修一

■7月23日(火)。晴れていたが夕方から雷雨。終日静養していた。

ちょっと頑張ると翌日はダウンしてしまう。老化とはそういうことだ。哲
学者で日本保守主義研究会代表の岩田温氏が「日本政治経済新聞」を発刊
したとの挨拶状が届いた。若い人たちが頑張ってくれるのはいいことである。

論客は論壇の中で終わっていいものか、それとも行動を伴うべきか・・・
挙措の温和な松陰先生も密出国という非常手段を試みて刑場の露と消え
た。水戸藩浪士の井伊大老暗殺から武力討幕の動きが活発化した。三島由
紀夫烈士は以下の檄文を残して自刃した。

「・・・われわれの愛する歴史と伝統の国、日本だ。これを骨抜きにして
しまった憲法に体をぶつけて死ぬ奴はいないのか。もしいれば、今からで
も共に起ち、共に死のう。われわれは至純の魂を持つ諸君が、一個の男
子、真の武士として蘇えることを熱望するあまり、この挙に出たのである」

三島決起から間もなく43年を迎え、憲法改正もようやく緒につきそうな雰
囲気である。知行合一で行くのか否か、論客は命懸けの選択を迫られている。

長州藩遊撃隊総督の来島又兵衛(きじままたべえ)は、当時で言えば大老
人の47歳にもかかわらず禁門の変で戦死している。小生も「老兵は死な
ず、ただ去るのみ」などとフェイドアウトを待つだけでいいのかどうか・・・

そんなことを考えながら家事をそそくさと終わりにしてシャワーを浴び、
焼酎のビール350ml割を飲んで眠る。ああ軟弱・・・

■7月24日(水)。曇で涼しいが夕方は雨。犬が熱中症で体調を崩したのが
7月9日で、それからは様子を見ながら散歩の距離を調整していたが、2週
間ぶりにフルコースを散歩した。老犬は人間で言えば80歳ほど。一度へた
ると回復まで老人同様に時間がかかるものである。

お寺へお盆用の塔婆申し込みと年会費で計2万1000円を納入(寄進という
のか)。少しばかり墓掃除もしたが、隣の叔母さんの鈴木家の墓は新しい
墓石を据えているところだった。

鈴木家の先代は内縁関係のために夫妻の姓が異なり、夫は鈴木、妻は関川
で、そのために墓石には「倶会一処」(くえいっしょ)と彫られていた。
「この世で死ぬのは別々でも浄土で再び会する」という意味だそうだが、
今の代になって「ちゃんと鈴木家の墓にしよう」となったのだ。

鈴木の叔母さんは「結構な費用がかかるのよ」と2回も言っていたから結
構な費用なのだろう、とても立派な墓石だった。叔母さん夫婦は熱心な池
田教だが、墓のあるお寺は真言宗であり、そのためなのかどうか、あまり
墓掃除をしない。立派な墓石でも掃除をしなければ汚れてしまうよ、と思
うが、まあ余計な心配だろう。

ところで参議院議員選挙の公明党比例区得票数推移を調べてみた。

選挙日   得票数  得票率 全体投票率

2013/7/22 7,568,081 14.22% 52.61%

2010/7/11 7,639,432 13.07% 57.92%

2007/7/29 7,765,329 13.18% 58.63%

2004/7/11 8,621,265 15.41% 56.54%

2001/7/29 8,187,804 14.96% 56.40%

2004年の862万票がピークで、当時は「めざせ1000万票」と勢い込んでい
たものだが、今は756万票だから100万票減っている。高齢化でこれからも
減るばかりだろうが、教祖が「公式に死ねば」急減は間違いない。うまく
いけば池田教の末期を見られるかもしれない。

■7月25日(木)。朝方は小雨、午後は快晴。特にこれといった仕事はせず
に終日のんびりとしていた。湯上りにビールを飲んでいた午後8時、電話
に出ると「修一君? 吉田修です」「えー!? 修君?」「ははは、生き
ているよ」。

40年ぶりの声だ。びっくりした。この6月15日前後に「詩人・吉田修のこ
と」と題する一文を書いたが、「もしかしたら彼の消息が分かるかもしれ
ない」と多少は期待していたのだ。それが本人から直接の電話で、もう本
当にびっくりした。ネットの力、恐るべし!

現在はリタイアして京王線の千歳烏山に住んでいるといい、それならわが
家から30分ほどだ。8月あたりには訪ねてみようと思っている。思いがけ
ない電話にいささか興奮している。生きていれば朗報もあるものだ。
(2013/07/25)



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎橋下氏、維新代表の辞意表明へ 幹部らは慰留の構え

日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)は参院選敗北の責任を取って
代表の辞意を表明する意向を固めた。27 日午後に東京都内で開かれる執
行役員会で表明する見通し。石原慎太郎共同代表ら党幹部は慰留する考え
で、結論を持ち越す可能性もある。

維新は21日の参院選で計44人の候補を擁立したが当選は8人にとどまっ
た。橋下氏は21日の記者会見で「勝ちではない」と述べ、進退は27日の党
執行役員会で議論するとしていた。

松井一郎幹事長(大阪府知事)は27日朝の読売テレビの情報番組で「執行
役員会で色々な話をさせてもらう。(橋下氏も自分も)自分のポジション
にこだわりがない、ということだ」と述べた。
朝日新聞デジタル 7月27日(土)3時0分配信


 ◎<山口5人殺害>父親死後、住民らとトラブル目立ち…容疑者

容疑者が発見された現場近くに通じる道は警察官が配置され、立ち入り禁
止となっている=山口県周南市で2013年7月26日午後6時30分、
和田大典撮影
 山口県周南市金峰(みたけ)で住民5人が殺害された連続殺人・放火事
件で、山口県警が26日、山本ミヤ子さん(79)に対する殺人、非現住
建造物等放火容疑で逮捕した近くの無職、保見光成(ほみ・こうせい)容
疑者(63)は山本さん殺害と放火容疑を認め、他の4人の殺害について
も「私がやりました」と供述しているという。事件発生6日目の容疑者逮
捕で、焦点は凄惨(せいさん)な事件の動機解明に移る。【蒲原明佳、柴
山雄太、杉山雄飛、井川加菜美、尾垣和幸、高橋直純】

【事件は、6日目に動いた】なぜ5人が

 逮捕容疑は、21日ごろ、山本さんの自宅で、山本さんを鈍器のような
もので殴って殺害し、火をつけたとしている。

 事件の背後に何があったのか−−。住民らによると、保見容疑者は事件
現場の金峰地区郷集落の出身。約7キロ離れた中学校を卒業後に地元を出た。

 成人後の保見容疑者にはトラブル話がつきまとう。1996年ごろまで
10年ほど、川崎市多摩区のアパートで暮らし左官の仕事をしていたとい
う。保見容疑者と同じ駐車場を利用していた近所の男性(67)は、車に
関するトラブルで保見容疑者に怒られたのを覚えている。アパートの住民
とのいさかいも多かったといい「息子も投げ飛ばされたことがあると言っ
ていた」と話した。

 父親の介護で古里に戻ったころは、トラブルはなかった。介護を手伝っ
ていた元ホームヘルパーの女性(65)によるとむしろ「いつもありがと
うございます」と丁寧にあいさつし、献身的だった。

 だが、7年前に父親が亡くなって以降、評価は変わる。「目つきが変わ
り、近寄りがたくなった」。自宅に上半身だけのマネキンを置くなどの
“奇行”が目立つようになった。

 このころから住民とのトラブルが目立ち始めた。同級生の男性は「向こ
うから段々離れていった」と話す。2003年には、今回の事件で殺害さ
れた被害者の一人が酒席で保見容疑者を刃物で刺したこともあった。
毎日新聞 7月27日(土)1時19分配信
 

 
━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)足立区のI先生へ

 「ヌーボー・クズィン」と書いたのを、元のフランス語でないのが怪し
からんとのことですが、私は英語屋で、アメリカではクズィンと英語で発
音します。私はアメリカの3つの一流大学で講師をつとめ、英文の著書が
イギリス最大で、チャーチルの版元だったL社から刊行されていること
を、ひけらかしましよう。

私の朝鮮語の発音を正されていますが、十年は日本語で表記するなら「シ
ムニヨン」よりも、「シプヨン」のほうが近いと思います。20代から韓
国・朝鮮語に独学で取り組み、韓国語をひけらかすよりも、隣国の人々と
の親善のために、多少ヘタでも一生懸命覚えたものです。

もう25年以上前になりますが、ソウルの2つの有名大学、青瓦台の代弁人
(報道官)に招かれるなど、しばしば講演を行った時に、初めの10分か15
分間だけ、つたない韓国語で話して喜ばれました。

揚げ足を取るのが、I先生の不治の御疾患なのではありませんか。
 
                         (加瀬英明)

 2)都会では見られないのが、潜水橋と呼ばれる、水かさが増すと水面
下に沈む橋です。欄干がほとんどないのが特徴です。四国に多くて、お遍
路にもあります。夏の画像です。(まこと)
http://livedoor.4.blogimg.jp/chihhylove/imgs/3/a/3aceaf03.jpg
http://livedoor.4.blogimg.jp/chihhylove/imgs/3/f/3f0eed57.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/aoba_f/imgs/9/a/9afd7a34.jpg



 3)Pre-season gameのマンチェスター・ユナイテッド:前田 正晶

昨夜は鳴り物入りのマンチェスター・ユナイテッドとセレッソ大阪のオー
プン戦を興味浅く観戦し始めたが、途中から少し本気でマンチェスター・
ユナイテッドがリードされたゲームを見るようになった。

"pre-season game"とは私はアメリカ式の表現だと思っているのだが、何
れにせよ「オープン戦」であることには変わりあるまいと思う。1980年の
始めにサンフランシスコの夏でも本当に寒いキャンドル・スティック・
パークで、かのNFLのフットボールの名門、サンフランシスコ49ersのプ
リ・シーズン・ゲームを見せて貰ったことがあった。

アメリカでのこの種のゲームではシーズンに備えて誰を、どの一軍候補を
残すかのテストの色彩が極めて濃厚で、自他共に許すような有名選手は第
1クオーターで顔見せするくらいで直ぐに引っ込んでしまう。故に、かの
有名な(と言ってもフットボールの熱心なファンであればのことだ
が)QB、ジョー・モンタナも何分もプレーしなかった。それでも本場で彼
を見ることが出来ただけで大満足だった。

今回のマンチェスター・ユナイテッドの来日も、シーズン前に方々を回っ
てプリ・シーズンの試合をしながら新任の監督さんが選手たちも力量を観
察しているかの如き感が深い。かの香川君も如何にして残るかに努力する
というように取れることを言っていたと解釈している。事実、新監督は香
川を最初の横浜マリノスとのゲームでは後半まで使わなかった。私には、
あの使い方では彼をどう評価しているのか良く解らなかった。

また、今回はかの有名なイングランド代表のルーニーが負傷のためとかで
参加しておらず、さしたるプレミア・リーグの熱心なファンでもない私に
は、誰が本当の一軍選手で、誰がロースター入りを目指しているのかは
サッパリ解らなかった。だが、昨夜のゲームでは「どこそこの国の代表か
元代表」かが画面に表示されたので、そういうものかと思って見ることが
出来た。

失礼なことを言えば、意外だったのがセレッソが非常に良いサッカーを
やっていたことで、プリ・シーズン戦のマンチェスター・ユナイテッドを
苦しめていたのが面白かった。彼らを相手にあれだけできる者たちが日本
に残っているのは(ザケローニ監督嫌いの私には)、全日本代表の監督さ
んの眼力不足か、大敵を相手にして奮い立ったのかは不明だが、流れの中
で2点も取ったのは褒めても良いかも知れない。

私は「マンチェスター・ユナイテッドが2試合続けて負けることはあるの
だろうか、イヤあるまい」と思ってみていたが、何時の間にやら後半も45
分が過ぎてどうする気かと見れば、そこは大したもので“ロス・タイム”の
1分間で同点にして終わらせた。私には、あれが流石に余裕を見せた同点
なのか、名誉にかけて連敗する訳にはいかないと、一軍入りを目指した者
たちの奮起なのか、解らずに終わった。

譬え、プリ・シーズン戦とは申せ、マンチェスター・ユナイテッドの試合
運びを見ることが出来て、嘗ては所謂古き良き「キック&ラッシュ」の英
国式サッカーが消え去って、高度な技術を披露するサッカーになったこと
見ることが出来たのは面白かった。しかし、香川もそうだが、ファン・ペ
ルシーのように外国人が多くなったための変化かなという気もする。



 4)「ギョエテとはおれのことかとゲーテ言ひ」といふのをネットでし
らべると斉藤緑雨だする典據も定かでない。しかし、そのことを問題にし
ながら、最後の假名を「い」としてゐるのは御愛嬌だ。もし斉藤緑雨で
あったら「い」にをはるはずはない。

最近外國語表記のことで手嚴しい批判があり、身の引締まる思ひがした。
同時にまたいろいろ思ふところがあった。

朝鮮語や中國語の場合に音を書くといふのも難しいけれど、聽き取るとい
ふのも難しい。

文部省式に外國の地名人名は現地音で書くといふこと自體が問題ではない
かと思ふ。北朝鮮に砲彈を打ち込まれた韓國の島の名前を、事件の直後の
ある會で文部科學省の役人に尋ねてみたけれど五六人ゐたなかに答のでき
る人は一人もなかった。官邸に屆くまでに電話が二三囘あったとすれば、
その確認の手間は大變なものであったと思ふ。

音を書くといふことはとにかく難しいことで、外國語の場合に限らない。

むかし、Listener で讀んだことに天氣豫報のアナウンサーが nuclear を
nukelar と發音するから、彼女は確かにこの語のつづりを知らないのだと
あったこと。今ニューキラーといふ音の記憶によって書いてゐるので、
nukelar であったかどうか確かではない。キを ke とするのは弱音の i
といふ捉へ方にしたがった。

念のためネットで調べると Wikipedia には nucular といふ項目があっ
て、かかる發音をする人の多いことがわかる。米國大統領の名前も四人上
がってゐる。

オックスフォード大英語辭典の編者マレーの傳記に發音表記の方式のこと
でなやむところがあった。いろんな人の意見を聽いて、しかし最後は自分
で決めるしかないといふことであったと思ふ。

「主宰も、武士の情けがあるならば、掲載の前に直してさしあげるのがス
ジ」といふのは確かにさうだけれど、しかし、日刊といふ制限がないとし
ても外來語のことまでいふのは無理。もっともこれは自分に解らないこと
だからさう思ふだけなのかもしれない。最近目にした病膏肓に入るの誤讀
はちょっとそんな氣がしたからいいかげんなものだ。

ここのところ、主宰者でなく主宰とある。主宰者の者は餘計なのだといふ
ことにはじめて氣がついた。

戰前は編集者の役割は大きかったらしい。今はどうなのだらう。或時代小
説で「見損なってゐたぞ」といふ科白、非難ではなく「見直した」といふ
意味であった。見直して、これから死地に殘る武將をねぎらったともあっ
た。ねぎらふは後でいふことだと思ってゐた。かういふのはひょっとした
ら私の感覺がをかしくなってゐるのか。

garage を語源のフランス語式に發音するか英語式に發音するかといふ
Listener の記事の見出しは garaazh or garredge であった。假名で寫せ
ばガラージュとガリッヂだと思ふが、今はヂやヅの使用に規制があって
needs ですらニーズと書くのが普通。

その點からするとジャーナリズムと書くことにも抵抗がある。

泉氏の指摘、語學における綴りの知識の重要さに注意を喚起する面があ
り、會話中心の英語教育についても思ふところがあった。(kmns)



 5)菅直人を真っ当に処分できないだらしない素人集団だった民主党:

この度の海江田の引責問題と菅直人に反対されて処分案を緩和するなどの
極めつけの醜態を見れば、民主党は「組織ではない」との政権発足当時の
批判をもう一度声を大にして主張したいのです。主宰者には「ビジネスの
視点で政治を論ずるな」と注意されましたが、それ以前に彼らは政党とし
ての体を成していませんでした。

3年有余も民主党に政権を渡してしまったことの傷がどれほど深いかを思
い知ります。あの過ちは残念至極です。会社組織で、社長が幹部に馘首を
言い渡して「拒否します」で通用することなどあり得ないでしょう。しか
も社長は「それでは、左遷でどうかい」と処分案を引き下げたのです。呆
れる以外ないでしょう。

ビジネスの世界しか知らない私の目には、民主党政権が組織としての体を
成していなかったのは明白でした。そこで、あらためて安倍政権と自民党
にも組織として普通に堅固であって欲しいと念願します。ビジネスの世界
でも通じるような判断をこれからもしていって貰いたいのです。

先ほどから、4チャンネルで消費税引き上げの当否を論じていましたが、
悲観論者の私は景気がそこまで回復したとは思えないのです。あの三党合
意は何が何でも民主党を政権から引きずり下ろす便法であった気がするの
で仕方がなかったと思うこともありますが、私はするべき合意だったか否
かに疑問を感じています。

私は合意の是非もさることながら、引き上げ時期の設定が早すぎた恨みが
あると思っています。この場合は「引き上げるか否かの判断が迫って、さ
てどうすることが最善の処置かの判断を、自公政権が誤らないこと」を祈
念して終わります。(前田正晶)



━━━━━━━
身 辺 雑 記 
━━━━━━━

気象庁の出す天気予報がまったくあたらない。その昔、参議院議長の河野
謙三はなくなったものを食べるとき、これを唱えれば当たらない、といっ
た。「気象庁!」。

27日も午前4時に「曇りのち雨」といった東京の天気は「快晴」だ。

読者:5228人


ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
-- 
渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/07/29

    現憲法破棄、靖国参拝出来ぬ者は自民党を去れ、消費税を5%から0へチャイナ学生の奨学金排除、3流大学の左翼教授の排除と大学6割封鎖、高校全入の見直し5割カット、残り5割は肉体労働者訓練へ、韓国、北朝鮮不法滞在逮捕の上、強制送還国境を封鎖せよ、輸出入の禁止、パチンコの廃止、黒ラブ

  • 名無しさん2013/07/27

    8月のお盆がだんだん近づいてきた。



    関東では、7月15日にお盆を行うところが多いが、全国的に見ると、やっぱり8月15日が多いようだ。



    マスコミも、お盆と言えば、だいたい8月15日(13〜16)を指してるように思う。



    昔のお盆は旧暦の7月15日だったから、それでいけば、現在の8月15日のお盆が昔に近いと言えそうだ。



    でも、厳密に言うと沖縄のお盆が今でもそうだけど、8月の下旬から9月初旬に行うと、旧暦のお盆の時期と同じになるそうだ。



    ただし毎年日程が変わってしまうから不便だけどね。









    ところで、自分はいつも7月のお盆の頃に、なんとなく体調が悪くなる。



    お盆は、先祖の霊が年に一度、我が家に帰って来るという信仰に基づいた儀式だけど、先祖にもいろんな人がいる。



    なかにはあまり良い霊界に行ってない人も多いと思う。



    また、比較的よい霊界に行ってる人もいるはずだ。



    霊界のランクについて書くと、話が長くなるので省くけど、真中から下の霊界からきた先祖であればあるほど、あまり恵まれていない。



    だから、供養をしっかりとしてあげないと、逆に生きてるこちらのほうが具合が悪くなってしまうのだろう。



    これはもう理屈でどうのこうのではなく、実態がそのとおりであるから信じるしかない。



    実家では、檀家のなごりで宗派のお坊さんに来てもらって供養することもある。



    今年の7月のお盆は、浅草寺で先祖供養を申し込んだ。



    今では、夏の最大の感心ごとになってしまった気もする。



    でも、先祖からすれば年に一度のことなので、これを子孫がはずしてしまうと、いい気持ちがしないだろうからね、やっぱり。