政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針3016号  2013・7・24(水)

2013/07/24

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針 3016号
□■■□━━━───────────────────────□■■□

        

           2013(平成25)年7月24日(水)



           反日で国の誇りを支える韓国の不思議:加瀬英明

             前代未聞の聴衆ゼロ演説…菅元首相:古澤 襄

           海江田続投に小沢の“再編”への思惑:杉浦正章

             ルピーの偽札が大量に出回っている:宮崎正弘

           中国が世界最大の「糖尿病の都」に:渡部亮次郎

                                       話 の 福 袋
                                反     響
                    身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第3016号
                             発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             

 
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━━━
反日で国の誇りを支える韓国の不思議
━━━━━━━━━━━━━━━━━


            加瀬英明

『韓国軍の仮装敵が日本』という、新幹線の車上で無料で配られている、
月刊誌の広告が新聞に載っていた。

私はブッシュ(息子)政権のラムズフェルド国防長官と親しかった。下院
議員時代に、信越化学の小坂徳三郎氏が主催した下田会議で知り合った。

韓国の盧泰愚大統領が訪米した時に、ラムズフェルド国防長官と会談した。
 
盧大統領は会談が始まると、真面目な表情を変えずに、「韓国にとって、
日本が最大の脅威だ」と、述べた。

ラムズフェルド長官は通訳が訳するのを聞くと、わきにいた補佐官に聞こ
えるように、「このバカ(フール)は、いったい何をいっているか」といっ
て、「私は忙しい。そのような話を聞いている暇はない」と吐き捨てて、
席を立った。

韓国が次期主力戦闘機を選ぶのに当たって、アメリカの国防省(ペンタゴ
ン)が韓国に滑走路が長い基地が少く、短い滑走路でも離着陸できる、軽
戦闘機を薦めたのにもかかわらず、F15を採用した。北朝鮮に対して備え
るのに、F15は必要なかった。理由は、日本がF15を持っていたからだった。

韓国は高価なイージス艦を4隻も保有しているが、北朝鮮の脅威に対して
役立つものではない。日本に対抗するためだった。

韓国は国産の最大の強襲揚陸艦を、『独島(ドクト)』(竹島の韓国名)と
命名している。

5月に、朴槿恵大統領はオバマ大統領とホワイトハウスで会談して、「日
本が歴史観を歪めて、アジアの安定を脅している」と、訴えた。さらに、
6月に北京における中韓首脳会談を行った時にも、習近平主席に対して、
日本を名指なかったものの、「歴史認識をめぐる対立が、アジアの安定を
脅かしている」と、述べた。

韓国も、中国も、日本が歴史観を正すことによって自立して、力を増すこ
とを恐れている。

韓国は日本に対して80年代まで、きわめて友好的に振る舞ったのに、この
ところ、ことあるごとに日本を叩いて、快感に浸っている。韓国はどうし
てこれほどまで、いじけているのか。

自国について自慢できるものが、まったくないために、反日だけが、国の
誇りを支えている。韓国は歴史を通じて中国の属国で、独立することがな
かった。そのために、自国に対して自信を持つことができない。

今日でも、韓国語で「大国(デグク)」というと、中国1国だけを意味して
いる。やはり、中国に臣従していたからだ。「大国」の鼻息ばかり窺って
生きてきたから、情緒不安定な民族となっている。

落着きがない子供の国なのだ。そう思って付き合うほかない。

韓国は500年にわたった李氏朝鮮が慕華思想(ムファササン)といって、中
国を宗主国として崇めてきたが、中国が力を増すなかで、先祖返りして、
再び小中華(ソチュンファ)になろうとしている。

だが、もし今後、中国が混乱して揺らぐことがあれば、韓国は日本にまた
媚びることとなろう。

韓国に「10年たつと、川と山も変わる(シプヨンイミョン・カンサントピ
ヨナンダ)」という、諺(ことわざ)がある。

日本は韓国を甘やかしてきたが、子供を躾けるためには、ときには子供の
ために厳しく叱ることが、必要だ。



━━━━━━━━━━━━━━━━
前代未聞の聴衆ゼロ演説…菅元首相
━━━━━━━━━━━━━━━━

      
            古澤 襄

■原発銀座で「脱原発」「安倍批判」を大展開

「原発ゼロを実現し、再生可能な自然エネルギーを−」。民主党の菅直人
元首相が参院選期間中の7月11日、日本原子力研究開発機構の高速増殖
原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)近くで持論の「脱原発」を高らかと
訴えた。

“演説”では、後日に名誉毀損(きそん)で提訴する安倍晋三首相もこき下
ろした。同党比例公認候補とともに大熱演の菅氏だったが、なぜか聴衆は
報道陣だけ。そのワケとは…。(福井支局 矢田幸己)

■誰もが招かざる客…FAX1枚で襲来

 菅元首相が福井に−。来訪のわずか2日前。菅氏の事務所から1枚の
ファクスが福井県政記者クラブに突如送られてきた。「脱原発」を唱える
同党候補と一緒に、もんじゅを望む漁港で街頭演説を行うという内容だった。

 「え、本当ですか…」。今回の突然の来県は同党県連も把握しておらず、
記者クラブを通じて初めて知ったといい、「党内の関係が思った以上にこ
じれているな」と感じた。実際、党執行部は参院選公示後、東京選挙区で
党公認候補ではなく、「脱原発」を掲げる無所属候補の支援に力を入れる
菅氏の対応に苦慮していた。

福島第1原発事故発生時の首相が全国最多14基の原発を抱える福井で何
を語り、原発経済に頼る地元住民らはどう受け止めるのか。当日は関西電
力高浜原発(同県高浜町)での取材があったが、予定を急遽変更し、朝早
くから車を飛ばして菅元首相が来る敦賀半島先の白木地区へと向かった。

ところが現地に着き、予定時刻を迎えても聴衆の姿が見当たらない。いる
のは数人の報道陣と警護にあたるSP、選挙スタッフだけ。首相経験者が
遊説に来るとなれば、大勢の人だかりができてもおかしくないはすだが、
どうしたことか。

■菅氏の狙いは「流行りのネット動画」

どうやら今回の参院選から解禁されたインターネット動画用の演説を撮影
するのが目的で、有権者への事前告知などをしていなかったためらしい。
候補者はかつて菅氏の秘書を務め、参院選ではネットを中心に積極的に選
挙運動を展開。ホームページ(HP)上では自身を「WEB2・0」
(ウェブの新しい利用法などを示す言葉)にひっかけ、次世代の政治家
「政治家2・0」と名乗っており、原発の地元で菅氏と行う対談を動画配
信することにしたようだ。

2人はこれまでもネット動画を何度か撮影しており、前日には東京電力柏
崎刈羽原発(新潟県)の近くで撮影。また福島事故の「真相」を明らかに
するとして行った対談は、候補者のHPでかなりのアクセスを集めている
という。

この日の撮影では、2人はシャツにピンマイクを付け、もんじゅを背にし
て立った。スタッフがカメラを構える中、トーク形式の“演説”がスター
ト。まず候補者がネットユーザーに向けてこう切り出した。「福島原発事
故の対応について誤解も多く、(菅氏や当時の民主党政権が)批判を受け
ているが真相は違う」

菅氏も、もんじゅの仕組みや使用済み核燃料を再利用する国の原子力政策
「核燃料サイクル」などについて安全性に疑問を呈した上で、身ぶり手ぶ
りを交え熱弁を振るった。

「民主党はもんじゅを最終的に廃止して、(使用済み核燃料の)再処理も
やめて、原発もやめる。これが本当の意味の原発ゼロだ」

さらに核防護上の観点からも、「日本はテロで原発を攻撃される対策を
とっていない。武装勢力が来て占拠されても今の体制ではとても阻止でき
ない」と指摘した。

■あふれ出る安倍首相批判

聞いていてメモを取る手が思わず止まった。「なぜ首相在任中に指摘する
ようなテロ対策を取らなかったのか」。そんな疑問が頭をもたげたからだ。

 尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件(平成22年9月)をめぐる対応な
ど、菅政権の外交・安全保障政策に対する世論の批判は大きかった。それ
だけに原発のテロ対策に伴う防衛力強化を打ち出せば、少なからず評価は
変わっていたかもしれない。

2人のやりとりはさらに熱を帯び、批判は原発再稼働を容認する自民党・
安倍政権へと向かった。スタッフのTシャツには「(自民党を)勝たせす
ぎない」の文字が躍る。菅氏はここぞとばかりに語気を強めた。

 「安倍さんは以前から『原子力ムラ』と非常に関わりが深い。(23
年)5月の(安倍首相の)メルマガでは私が1号機への海水注入をやめた
と書いた。これは東電幹部から聞いたとしているが、全くの嘘。安倍さん
は嘘の情報で民主党政権、菅政権を潰そうとした張本人だ」

5日後、菅氏はこのメルマガ記事で名誉を傷つけられたとして、安倍首相
に対し慰謝料などの支払いと記事の削除や謝罪を求める訴えを東京地裁に
起こしたが、このときすでに腹は固まっていたのだろう。

福島事故直後、「原子力に詳しい」として東電本店に乗り込んだ菅氏。首
相批判はさらに続き、「安倍さんが力を持つと、ますます『原子力ムラ』
のスポークスマンというべきか用心棒(になってしまう)」とボルテージ
を上げた。

また、太陽光や風力など再生可能な自然エネルギーの必要性も主張。候補
者が「新しいエネルギーを語る菅さんは魅力的ですね」と持ち上げると笑
顔を見せ、首相在任時の“実績”をこう強調した。

■原発の地元について語られず

「(脱)原発政策は少なくとも3・11以前より進んだ。3・12の時点
でも全国で27基の原発が動いていたが、震源地に近い浜岡(原発・静岡
県)は政治的に停止させた。再稼働のハードルも高くした。一時は稼働す
る原発はゼロになった」

2人の対談は約25分に及んだ。「脱原発」「安倍批判」に終始した印象
で、原発停止に伴う当面の地元経済への影響などについて、菅氏の口から
語られることはなかった。

福井の嶺南地域には原発が集中し、関連企業で働く人も少なくない。原発
経済に頼る自治体や住民が菅氏のように「脱原発」で一致するわけではな
く、取材を続けていると、原発の必要性を訴える地元の声はよく聞く。
「脱原発」を声高に叫んでいるのは電力の供給地ではなく、消費地なのだ
とも気付く。

今回撮影された動画は、候補者のHP上で誰もが見られると菅氏らはしき
りに強調した。しかし、わざわざ原発最多県に足を運んだ割に、演説は地
元に向けて語られたものではなかった。記者の目には、長年にわたり原発
と共存してきた住民の存在をいくぶん軽視したようにも映った。

鳩山由紀夫元首相らとともに「民主党没落」の象徴として語られる菅氏。
聴衆なしの動画撮影目的での来県は、頭で浴びる批判を恐れたのかと勘
ぐってもしまった。

撮影後の囲み取材。「選挙区の候補がなぜこの場にいないのか」という記
者の質問に、菅氏は「いちいち選挙区の状況を知っているわけではな
い」。短くそう答えた。(産経)>
2013.07.24 Wednesday name : kajikablog 



━━━━━━━━━━━━━━━━━
海江田続投に小沢の“再編”への思惑
━━━━━━━━━━━━━━━━━


                       杉浦 正章 

民主党を食いちぎるピラニアの群れ
 
魚が煮られるのも知らずに鍋の中で泳いでいることを「魚の釜中(ふちゅ
う)に遊ぶ如し」というが、今の民主党代表・海江田万里の姿がまさにそ
のままだ。代表職にしがみついているが、早晩煮上がって食われるのだ。
誰が食うかと言えば、民主党の労組・旧社会党系グループだ。

日教組で参院議員会長・輿石東が食らい、その背後霊たる生活の党代表・
小沢一郎も食うのだ。小沢の狙いは民主党分裂で自らの出番を作ることに
あるが、逆に維新共同代表・橋下徹は民主党の非労組・松下政経塾系を食
いちぎろうとしている。

水に落ちた犬にピラニアが寄って来ているのだ。民主党内にはこれまでも
陰に陽に繰り返されてきた労組系と松下・非労組系の最終決戦の萌芽がこ
こにあり、党分裂すらも予感させる動きである。
 
23日の民主党役員会における最大の焦点を抽出すれば、辞任の意思が固
い幹事長・細野豪志が公然と海江田の辞任を求めて代表選挙の実施を主張
したことだ。これに対して輿石が猛反対したことが今後の党内対立の構図
を物語る。

細野は京大法学部の先輩である民主党代表・前原誠司の下で、民主党役員
室長に就任して以来の前原のグループである。輿石は小沢の腹心である。
その小沢は選挙後側近に「民主党は海江田でいかなければならない」と漏
らしている。

輿石には「海江田でいけ」と選挙前からけしかけている。なぜ小沢が海江
田かと言えば持論の「御輿は軽くてパーがいい」に尽きる。小沢は 2011
年の代表選でも海江田を推して、野田佳彦になだれ込んだ前原グ ループ
と対決、敗北している。

参院選挙の惨敗は言うまでもなく代表たる海江田がその責任を一身に負わ
なければならない。その海江田が筆者がいち早く伝えたように、選挙前か
ら辞任を回避し始めたのはなぜだろうか。

背景には輿石ら労組グループが「辞任を一切口にしないように」とクギを
刺して、支持を明確にしたからだ。それをよすがにごうごうたる批判にも
かかわらず、代表職に必死でしがみ付こうとしているのだ。

一方で細野の動きの背景には言うまでもなく前原や前首相・野田佳彦の影
が浮き出てくる。二人とも“戦犯”扱いを気にしていて今のところ前面に出
られないが、ほとぼりが冷めれば必ず水面に浮上するだろう。

「ポスト海江田」候補とされる野田、前副総理・岡田克也、前原、元財務
相安住淳、元官房長官・枝野幸男、前外相・玄葉光一郎ら「6人組」が沈
黙しているのは、野田を除きいずれも地元の選挙区で公認候補が落選して
いるからだ。自粛しているのだ。

しかし一人落とした責任と、けた外れに落とした海江田の責任とは、自ず
から異なるのであって、一定の猫かぶり期間が過ぎれば浮上する。
 
こうした状況を狙って、いまや大阪限定の地域政党化が鮮明になった維新
の橋下までが変化球を投げ始めた。

この口から生まれたような市長は議員バッジもないのに政界再編なのだそ
うだ。さっそくみんなの代表・渡辺喜美が「国会議員として、責任ある立
場から発言しないと再編話は進まない」とこき下ろした。

めげずに橋下は「維新の会とみんなの党、それに民主党の一部が、話し合
いをして、1つの勢力にまとまらないと国のためにならない。『維新』と
か『みんな』とか『民主』という看板はなくさないとだめだ」と野党の糾
合を訴えた。さらに、橋下は「今後、1年から2年かけて、1つのグルー
プの形成に向けて水面下で動きがあると思う」と予言した。

橋下の狙いは民主、みんなの両党内の分断にある。民主党はもともと親し
い関係にある前原を担いで新党を作るところに落ち着かせたいのだろう。
みんなに対しては渡辺と幹事長・江田憲司の確執をてこにして、分裂を策
しているのだろう。

維新との連携を重視する江田は23日、「党内の不満が鬱積している」と
して、25日の両院議員総会で渡辺の党運営を議題にするよう要求した。
渡辺と江田の対立が一挙に表面化した状態だ。

こうして民主、みんな両党は内部要因と外部からの“干渉”で動揺をし始め
たのが現状だ。これに憲法、集団的自衛権などをめぐる自民党からの働き
かけが絡んで、当面混迷度を深めて行くものとみられる。

そもそも民主党は求心力の失せた海江田を労組グループや小沢の思惑で無
理矢理続投させようとすることに無理があるのであり、海江田が私心を捨
て去り、辞任することが党再生の道であることを肝に銘じなければならない。

冒頭で指摘した「魚の釜中に遊ぶ如し」が「釜の中に友を追う魚」となっ
ては、全滅必至と心得るべきだ。

 (政治評論家)<2013年07月24日> 



━━━━━━━━━━━━━━━━
ルピーの偽札が大量に出回っている
━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成25(2013)年7月24日(水曜日)
        通巻第3989号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 インド・ルピーの偽札が大量に出回っている
  新彊ウィグル経由でネパール、インドへ流入。黒幕はパキスタンか?
*********************************

インディア・タイムズ(7月15日)が報じた。

中国の新彊ウィグル自治区を経由したインド貨幣の偽札がネパールと一部
インドへ流入し、経済を混乱させているという。

発見された偽札は3000万インド・ルピーに相当(邦貨換算5900万円)。印
刷はかなり精巧な仕上がりという。

発端は6月24日。偽札捜査をつづけていたインド情報局の警告で、インド
とネパール国境で香港の電子機器を大量に運びこもうとしていた不審者を
ネパールの税関員が尋問したところ、偽札が見つかった。

これらの偽札は以前よりカシミール地区で発見されたものに類似してお
り、インドは中国の捜査協力を要請していた因縁がある。

偽札はインド経済ならびにインド経済圏に悪影響を及ぼすから、インドに
敵対する中国の戦略行使がちらつくが、パキスタンで印刷されている可能
性が高いという。

またこの事件前の6月22日にインド税関はパキスタンとの国境付近で、新
彊ウィグル自治区からやってきて、デリーに商用で赴くという中国人3名
が偽札を大量にもっていたため拘束したと発表した。

これまでインド・ルピーの偽札は主にドバイ経由のケースが多かったた
め、中国経由のルートに大きな関心が集まった。

中国もネパール、ラオス、タイなどで大量の人民元の偽札が流通した経緯
を重視し、捜査チームを投入していた。
   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌前号の黄文雄著『食人文化で読み説く中国人の正体』の
書評に関連して。

吉田茂が日米修好通商百年祭に日本の代表として訪米し外国人記者団に質
問されたときのやり取りが面白い。記者から特別の健康法とか、不老長寿
の薬でも、と質問されて吉田は「はい、強いてあげれば人を食っておりま
す」とすました顔で即答したしたと言う。

日本語の「人を食う」のレトリックを理解できない外人に意味が通じたか
どうかは疑問だが少なくとも吉田茂が食人種だとは理解しなかったろう。
さて、食人種シナ人についての話である。

戦前の満州鉄道の機関士を務めておられたという80代のご老人から直接聞
いた話で、時は日本の敗戦直後の混乱した満洲での出来事である。当時、
鉄道機関士は一般の日本人と比べれば優遇されていたらしいが敗戦国の一
般の日本人はシナ人から簡単に殺されることもあったという。

ある日街で殺された日本人の遺体に出会い、見ているとシナ人がきてその
遺体を持ち去った。その元機関士はてっきり親切なシナ人が埋葬してくれ
たものと思った。

そこで小生が食人種シナ人について説明すると元機関士は長年のもやもや
がこれでやっと氷解したと納得の様子だった。あの敗戦の混乱の中でどれ
だけの日本人がシナ人の餌食となったことであろうか。

今一度シナへ進出した日本企業の経営者、従業員とその家族に警告した
い。シナの共産党独裁政権の崩壊に際してはあの敗戦直後の混乱の比では
ない大混乱に乗じて反日に洗脳された飢えたシナ人が日本人を彼らの餌と
して襲うであろう、と。(ちゅん)


(宮崎正弘のコメント)身の毛もよだつ話ですね。



  ♪
(読者の声2) 中国の代理人とも言えるキッシンジャーですが、外務次
官・駐米大使を歴任した村田良平氏の本におもしろい話がありました。
キッシンジャーは日本食が好きなのに、前任の駐米大使との食事ではウイ
ンナー・シュニッツェルばかりで辟易したとか。

中国外交といえば徹底的に個人を狙い撃ち。外務省の課長級から好みを調
べあげ、海老で鯛を釣る戦法ですね。田中角栄の官僚操縦術を相手国にま
で広げたものと思えばいいのでしょうか。

日本に対しては第一次安倍内閣以前から安倍氏の夫人が京劇ファンという
ことで京劇役者を使っての工作がありました。
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_00/e/b6ea7ca13001c4e050d3dbd459e8c653

それに懲りてか、第二次安倍内閣では昭恵夫人のメディアへの露出度はほ
ぼゼロ。

他にも昭恵夫人が韓流ファンだという話題もありましたが、今年の5月に
韓国ミュージカルを鑑賞したという夫人のフェイスブックには非難殺到。
いまでは「黒歴史」扱いなのかだれも触れようともしません。

その韓国、日本きっての愛韓派である産経新聞の黒田氏からもダメ出しの
ようです。「ソウルからヨボセヨ 子供が反日むき出し」
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130720/kor13072003230000-n1.htm

ソウルの反日デモは何度か見ましたが、ほとんどは職業右翼みたいな連中
ばかり。一般の韓国人と韓国メディアの報道の乖離が大きいのは日本以上
かもしれません。反日を煽るメディアに対し、円安になるや、どっと押し
かける韓国人旅行者。

日本人は韓国政府や民間団体の反日攻勢に疲れ果てて、一般の韓国人の親
日的な発言すら疑ってかかるありさま。中国・韓国・朝鮮を「特定アジ
ア」と名付けたのはネットですが、脱亜論を正確にいうと、「脱特亜論」
ですね。

日本は遣唐使の昔から半島や大陸とは最低限の付き合いでした。

付き合いのない時代のほうがよほど安定しています。韓国との首脳会談が
ないことにメディアは危機感をつのらせているようですが、同じく隣国で
ある台湾とは40年以上も首脳会談も政府間の正式な交流もありません。そ
れでも台湾と日本の通商・観光その他、まったく問題ない。

かつて韓国は日米中の「バランサー外交」を標榜しつつ、実態は反日でし
た。朴槿恵大統領を見ていても米中擦り寄り反日路線なのは明白。100年
前からまったく進歩が見られません。

ところで、中国の人肉食について。

黄文雄氏の著書を読んだことのある人なら、納得できるはず。その中国、
人肉食の必要がなくなった現代、死体ビジネスが大盛況。死刑囚の臓器移
植の話題などありふれていますが、死体を人体模型にして売りさばくとい
うのですから中国人の感覚にはついていけません。

2008年のニュースですが「人体展と中国の人体闇市場 (ABCニュース20/20) 」
http://www.youtube.com/watch?v=wH0loYU-tLg&list=PL9793D74C151C5299
自分の葬式にはとことん拘る中国人ですが、他人の死体なんぞ金儲けの対
象でしかないのでしょうね。
   (PB生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)安倍夫人のメディア突出ですが、『歴史通』で
は、まだ連載対談があるようです。

日本は台湾とは非公式のルートがやまのようにありますし、安倍晋三首相
は過去に何回か李登輝元総統、馬英九総統とあっている筈です。



  ♪
(読者の声3)奥山真司先生の独演会「自滅する中国の大戦略」が開催され
ます。

中国は自滅するのか? 世界的に有名な戦略家であるエドワード・ルト
ワックの戦略論を元にして、新進気鋭の地政学者 奥山真司先生が処方箋
を示します。

戦略の理論から見た中国の趨勢について知りたい方、日本を何とかしたい
熱い思いを持つ方、その他好奇心から興味のある方を含め、是非ともお越
し下さい。

奥山 真司(おくやま まさし)先生は戦略学者、地政学研究家。1972年
神奈川県横浜市生まれ。日本の高校を卒業後、カナダのブリティッシュ・
コロンビア大学に入学し、地理学科および哲学科を卒業。英国レディング
大学大学院戦略学科で修士号及び博士号を取得。コリン・グレイ(Colin 
S. Gray)に師事した。国際地政学研究所上席研究員。青山学院大学非常勤
講師。

著書に『世界を変えたいなら一度”武器”を捨ててしまおう(フォレスト出
版)』「地政学-アメリカの世界戦略地図」、『“悪の論理”で世界は動く!
地政学-日本属国化を狙う中国、捨てる米国』の他、訳書に『自滅する中
国:なぜ世界覇権国になれないのか』(芙蓉書房)、『なぜリーダーはウ
ソをつくのか 国際政治で使われる5つの「戦略的なウソ」』、『大国政
治の悲劇-米中は必ず衝突する!』(ジョン・ミアシャイマー著、五月書
房)など、海外の戦略論・国際関係論に関する訳書が多数。

               記

とき 7月27日(土)14時 〜16時30分(開場:13時30分)
ところ 文京区民センター2F  2-A会議室(文京シビックセンター向か
い側)
東京都文京区本郷 4-15-14  Tel:03-3814-6731
交通:東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」
or都営三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分
参加費     事前申込:2000円、当日申込:3000円
事前申込の学生:1000円、高校生以下無料。
懇親会     17時〜19時頃 参加費:事前申込3500円 
(事前申込の学生3000円)当日申込4000円
申込先     7月26日までにメールまたはFAXにて(当日受付も可)
(懇親会は7月25日 23時迄)。
主催      士気の集い・青年部 千田宛て http://blog.goo.ne.jp
/morale_meeting
FAX 03-5682-0018 E-mail:morale_meeting@yahoo.co.jp

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 三島由紀夫研究会からのお知らせ
*********************************
 ♪
七月例会のお知らせ
@@@@@@@@@
好評だった片瀬裕氏による講演「三島由紀夫と北一輝」の続編として7月
に下記の通り会員例会を開催します。

             記

日時:  7月30日(火)18:30〜20:30(18:00開場)
会場:  ホテル・サンルート高田馬場 大会議室
      http://www.sunroutehotel.jp/takadanobaba/access/index.html
会費:  会員は1000円、一般は2000円です
演題:  三島由紀夫と北一輝(第二回)〜北一輝の国体論と革命論を中
心として
講師:  片瀬裕(かたせ ゆたか)
     昭和24年生まれ、国士舘大学中退。全日本学生国防会議議長
と日学同委員長を歴任、ジャーナリスト、近現代史研究家として活躍中。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
 8月の三島研究会「会員例会」のお知らせ

         記

 日時  8月30日(金)18:30〜 (18:00開場)
 会場  ホテル・サンルート高田馬場 大会議室
      http://www.sunroutehotel.jp/takadanobaba/access/index.html
 演題  学徒出陣70周年を考える
 講師  玉川博己(たまがわひろみ)
 会費  会員1000円、一般2000円
講演の主眼 今秋は大東亜戦争における学徒出陣から満70周年の年に当
たる。かつて多くの青年学徒がペンの代わりに銃を執り、醜の御楯として
祖国防衛の第一線に立ち、また多くの英霊が散華された。我等は今こそ英
霊の尊い祖国愛に思いを致し、学徒出陣とは何であったのかを再考した
い。当時の貴重な映像も紹介する。
講師略歴(昭和22年生まれ 慶應義塾大学卒、日学同委員長、三島研事
務局長を歴任。現在は三島研代表幹事)



━━━━━━━━━━━━━━━━
中国が世界最大の「糖尿病の都」に
━━━━━━━━━━━━━━━━


          渡部 亮次郎

中国が世界最大の「糖尿病の都」に、患者数は米国の4倍と米メディアが
報じたのは約2年前、2012年11月10日 のことだった。米国には2370万人
の糖尿病患者が存在しているが、中国にはその4倍にも上る患者が存在し
ていることを国際糖尿病連合が明らかにした。

2012年11月6日、参考消息(電子版)によると、米国には2370万人の糖尿
病患者が存在しているが、中国にはその4倍にも上る患者が存在している
ことを国際糖尿病連合(IDF)が明らかにした。

ブルームバーグによると、医薬品メーカー・メルクの責任者は2012年10月
25日、上海でインタビューを受けた際、「中国はすでに世界最大の“糖尿
病の都”だ」と語り、「これをきっかけに、健康面や経済面でも大きな問
題が引き起こされることになる」と指摘している。

2011年に患者14万人を対象にして行われた調査では、米国では患者の70%
が血糖値をコントロールできているが、中国では半数以上の患者が血糖値
を十分コントロールをできていないことも明らかになっており、こうした
状況では患者は様々な障害を引き起こす可能性が高い。IDFは2030年には
中国の患者数が4000万人余り増え、年間の治療費は280億ドル(約2兆2400
億円)と莫大な額に達すると予測している。

先進諸国では糖尿病患者の年間平均治療費は5000ドル(約40万円)余りだ
が、中国では194ドル(約1万5500円)にとどまっており、症状の早期発見
や基本的な医療システムの面で多くの課題が残されていると指摘されている。

中国で糖尿病が多発するようになったのは経済の改革開放がなされた1980
年代、富裕層を中心に高カロリーの食物を摂取刷るようになってからであ
る。それまで中国家庭の食卓にはせいぜい豚肉しか載らなかった。殆どは
鶏肉だった。それがい、あやビフテキ(牛肉)や鮪を食べるように大変化
したのである。

ご承知のように鶏肉の2倍のカロリーのあるのが豚肉、それのさらに2倍が
牛肉である。しかして中華料理にはっ牛肉といえば、チンジャオロース
しか出なかったではないか。燕巣のスープとか蚊の目玉のスープは珍重し
てきたが、中国人にとって高カロリー料理は無関係だった。

1978年10月に初来日したトウ小平氏は日本政府が提供した日本料理のう
ち、刺身には、手をつけるのを多少手間取っていたものだが、あれから35
年、世界市場でいまやマグロは中国が最大の日本とのセリ競争者になって
いる。

それは日本人の長命は刺身にあるらしいと海の尾も込んでいること、海の
魚には淡水魚に住み着いている肝臓ジストマという生命を脅かす虫のいな
いことを知ったからである。 

生まれて初めて高カロリーの高級食を食った膵臓はどうなるか。ひっくり
かえってインスリン欠乏をもたらし、結果は糖尿病となるわけである。こ
の病気は絶対完治しない。放置すれば、寿命は10年短くなる。あわてて医
者にかけこむことになる。 

さらにあわててインスリンの注射を毎日打つことになるがともなう医療費
が馬鹿にならない。

しかも、中国ではこれまで一般的でなかった病気である。専門医が決定的
に不足している。中国当局が人民のことを考えて世界中から専門医をかき
集めているかどうかは、まだあきらかではない。

糖尿病は痛くも痒くもないから発見が遅れる。遅れれば遅れるほど合併症
の発症を招く。脳卒中(脳出血、脳梗塞、クモ膜下出血)、心筋梗塞,
癌、失明などだ。

中国は大国面をしているが、気がつけば実は少子高齢化と糖尿病大国のド
ン底へ陥ろうとしているのだ。2013・7・23


   
━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━

 ◎【Ameblo】2013-07-23 10:49:30

参議院選挙の東京選挙区で当選した無所属の新人、山本太郎氏の選挙参謀
は北朝鮮と深い繋がりのある斉藤まさし −  よど号ハイジャック犯の父
と日本人拉致実行犯の母を持つ森大志に献金していた件の黒幕。山本太郎
陣営、公選法違反の疑い次々。

----------------------------------
 【Livedoor】2013.7.22
山本太郎氏は選挙期間中、インターネットを積極的に選挙運動に活用し、
20万余りのツイッターのフォロワーによる情報の拡散力を生かして支持を
広げていきました。

東京選挙区で当選した山本太郎氏は、選挙期間中、ツイッターを合計
1172回投稿し、多い日には1日20回近く投稿したこともありました。
投稿した内容が誰かに引用されてネットに拡散する「リツイート」の回数
は、合わせて8793回で、平均すると1回の発信が51倍に拡散した計算です。

山本氏のツイッターのフォロワーは、安倍総理大臣を上回る20万人余りに
上ります。

山本氏は、街頭演説の動画をツイッターで配信するなど、多くのフォロ
ワーによる情報の拡散力を生かして支持を広げていきました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130722/k10013196491000.html 
山本太郎氏に中核派が支持表明 事務所は「ノーコメント」

参院選東京選挙区から出馬している俳優の山本太郎氏(38)に、中核派
(革命的共産主義者同盟全国委員会)が支援を表明している。2013年7月8
日発売の機関紙「前進」では、「原発再稼働とTPP、大失業攻撃と改憲に
突き進む日帝・安倍への怒りを込めて、東京選挙区から立候補した山本太
郎さんの必勝へ総力決起しよう」との文面が掲載されている。山本氏の選
挙事務所は、
「誰が支持するかについて、いちいちコメントは持っておりません」とし
ている。
http://www.j-cast.com/2013/07/09179003.html
〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎西村真悟事務所より
嗚呼、沖縄!スパイ防止法によって沖縄を守ろう
No.873 平成25年7月23日 西村 眞悟

23日の産経朝刊にある田久保忠衛さんの「正論」は、この度の参議選挙の
結果を、的確に、かつ、見事に、「国際政治の流れに沿った新生日本の歴
史的うねりが始まった」と大観され、安倍総理に歴史的使命を果たせと促
されている。

さらに、「危険な政治家はどちらか。参院選で国民は真贋を見分けたと私
は考えている」と田久保さんは述べられている。

その通りだと思う。
 
但し、沖縄は違う。
 沖縄は、まことに残念だ。「危険な政治家」が選ばれた。
 
参院選挙は、「内政問題」だと思い込んでいたら危険だ。我が国、特に沖
縄は、「内政干渉」に曝されているからだ。

そして、沖縄を奪おうと目論む敵が喜ぶ選挙結果が出たのだ。
 
田久保さんは、今日の「正論」で、直ちに、集団的自衛権行使の憲法解釈
変更を行うことと、日本版NSC(国家安全保障会議)を設置すべしと書
かれている。全く同感だ。
 
 しかし私は、沖縄の選挙結果を見て、NSCと同時「スパイ防止法」の
制定も急務中の急務だと思う。

何故なら、例えばNSC一つをとってみても、これが機能するか否かは、
NSCの決定過程に外国の干渉がないということと、決定過程の内部情報
が敵に筒抜けになっていないということが確保されていることにかかって
いる。

しかし、現在、日本は「スパイ天国」で、その保障はどこにもない。

安倍内閣と与党内さらに野党を含む全政界が外国のスパイ活動のターゲッ
トにされ、その内部にスパイが「うようよいる」ならば、やっと始まった
「新生日本の歴史的うねり」が如何に歪(いびつ)に変容させられるか分
からないではないか。
 この度の参院選挙においても、パチンコ店の駐車場フェンスに政党のポ
スターが貼られていた。

しかし、目に見えるのはこれくらいで、外国勢力が如何に我が国の選挙に
関与しているか、スパイ防止法がないので全く分からない。
 
我が国を弱体化させる急所は沖縄と原発である。そして、反基地と反原発
の街頭パフォーマンスを観ていて感じたのは、日本人的ではないというこ
とだ。

スパイ防止法の制定は、我が国の再興のために死活的に重要である。

最後に、沖縄についての思い出と今月初旬に沖縄を訪問した時のことを書
いておきたい。

昭和四十三年八月の末、

二十歳の私は、一人で北海道西北端の稚内から船に乗って樺太に最も近い
島である礼文島に行った。

その礼文島の宿で沖縄から来た同年代の男と泊まりあわせた。日本最北の
島で日本最南の島から来た男に会ったのだ。「沖縄って、どんなとこや」
と私は尋ねた。

「日本であって、日本でないとこだ」と男は答えた。まだ、沖縄は本土復
帰前だった。

北海道から大阪に戻ってしばらくすると、新聞に、沖縄のアメリカ軍基地
の前で演説をしていた社会大衆党のちょび髭を生やした安里積千代という
小柄な初老の政治家が、銃剣を構えたアメリカ兵に押されてのけぞってい
る写真が掲載された。

沖縄では、未だにアメリカ兵が銃剣を構えて島民を蹴散らすのかと怒りが
こみ上げると共に、敗戦以来未だに続く沖縄県民同胞の苦労を思った。
 その年の末、大阪で沖縄復帰を求める集会があり、弁士にその安里積千
代さんが沖縄から来た。

登壇した積千代さんが、小柄な体からは予想できない大声を出した。そし
て、迫力ある演説をした。我々は、断じて沖縄を取り戻そうと思い決した。

以上は、昭和四十三年のことである。

本年(平成二十五年)七月一日、

私は沖縄に行った。集会の講師を頼まれたからである。目的はもう一つ
あった。参院選挙で比例区の中山恭子さんへの投票依頼だ。

沖縄に着いてから、沖縄の友人から、選挙区選挙の立候補者が、あの安里
積千代さんの孫だということを知った。

沖縄返還に燃えた二十歳のころの記憶が甦った。
そして、集会では、比例区は中山恭子さんを頼み、選挙区では安里さんを
頼んだ。

この集会のおおよその模様は既に本時事通信で書いたが、集まった人々
が、安里さんの名前を私から聞いた時の反応のなかに安里さんの敗因があ
るように思う。

この集会に集まった人々は、安里さんの名を聞いてしらけていた。何故な
ら、この人々は、普天間基地を速やかに日米合意通り辺野古に移すべきだ
という考えを持っていたからだ。

ところが、自民党沖縄県連は、辺野古移転を明言せず、安里さんも明言し
ない。従って、ここの人々は沖縄の自民党は、「自由共産党」だと苦笑し
ながら言っていた。

つまり、沖縄では自民党の候補者である安里さんも、「反基地」を言って
いたのだ。

これでは、「反基地」運動の本家本元に勝てるはずがない。
 
安里さんは、敵(支那)の狙いは何か、沖縄を守り日本を守るためには、
何が必要か、これを明確に訴えるべきであった。

私の接した沖縄の皆さんは、それを待っていた。自民党と安里さんが、そ
れを語らなかったので、しらけていたのだ。

とはいえ、

沖縄県民の日本人としての本音を封殺し、あたかも「特殊な島」であるか
のような情報のみを発信する沖縄のマスコミは、何にコントロールされて
いるのか。

天皇皇后両陛下の沖縄行幸に際し、七千名以上の県民が日の丸と提灯を
持って両陛下をお迎えしたことを一切報道しない沖縄のマスコミは、事実
を伝えるマスコミではなく、一種の「政治運動の機関誌」である。

では、その「政治運動」の本体は何処にあるのか。
 これらを、スパイ防止法によって突き止めねば、我が国の危機は止めど
なく進行する。もはや、一刻の猶予もならない。 (了)
  (情報収録:中山)



 ◎海江田代表、菅元首相に離党勧告へ 無所属候補応援で

 民主党の海江田万里代表は23 日、参院選東京選挙区で党公認候補では
なく、無所属候補を応援した菅直人元首相に対し、離党勧告する方針を固
めた。24日に菅氏と会談して伝える。菅氏が拒否すれば、除籍(除名)処
分も辞さない構えだ。

民主党は公示直前、現職2人のうち大河原雅子氏の公認を取り消し、鈴木
寛氏に一本化。菅氏は大河原氏を支援して事実上の分裂選挙になり、結果
として両氏とも落選した。23日の党役員会では幹部から「また民主党がも
めているとの印象を植え付けた」と菅氏への厳しい批判が相次いだ。

一方、鳩山由紀夫元首相が6月、尖閣諸島(沖縄県石垣市)について「中
国側からみれば、盗んだと思われても仕方ない」と発言した問題で、海江
田氏は鳩山氏を除籍する意向だ。鳩山氏はすでに5月末に離党している
が、離党前にさかのぼって処分を検討する。

朝日新聞デジタル 7月24日(水)5時5分配信


 
 ◎英・ウィリアム王子夫妻、ロイヤルベビーをお披露目

ようやくお披露目となりました。イギリスのウィリアム王子とキャサリン
妃が生まれたばかりの第一子とともに退院し、出産後初めて公の場に姿を
見せました。

病院を退院する際には、キャサリン妃が赤ん坊を抱いて正面玄関から出て
きました。その後、ウィリアム王子に赤ん坊を手渡したわけですが、そう
した行動があるたびに一般の人からは、大きな歓声があがっていました。

「息子はよく泣く元気な赤ちゃんです」(ウィリアム王子)

「とても感動的で特別な時間です。子どもがいる人なら、どんなものかわ
かるでしょう」(キャサリン妃)

ウィリアム王子は、赤ん坊について「キャサリン妃に似ていてよかった」
と話したり、「髪の毛が自分より多い」と得意の髪の毛ネタで笑いを誘っ
たりと、病院の前は終始、和やかな雰囲気に包まれていました。

印象的だったのは、退院する際にウィリアム王子が自分で車を運転して
帰ったことです。また、チャイルドシートを自分でセットするという場面
もありました。

キャサリン妃によれば、ウィリアム王子はすでにおむつの交換にも挑戦し
たというんです。ウィリアム王子とキャサリン妃は「なるべく普通の子育
てをしたい」ということを話しています。今回の退院の仕方についても、
2人らしさがよく表れていたのではないかと思います。(24日06:33)TBS
系(JNN) 7月24日(水)3時43分配信




━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)クールビズとかで男性のシャツの襟が大きく盛り上がったのがいま
流行っている。

後期高齢者の隠居者にとっては、それを見ると顎の下まで襟が迫って却っ
て襟元が暑苦しく感じる。いかにもデザインの専門家の苦心の作になるド
レッシーさで売らんかなの商品であるが、昔人間にはどうも着る気にはな
らない。

このごろほとんど見かけなくなったが、アロハ型で折り襟の開襟シャツの
方がはるかにスッキリして見た目もまた涼しいのでないか。昔風でダサい
のだろうか。AMAZONやUNIQLOにもその開襟シャツがあるのだが。

以前に一時期アメリカからの流行で巾広のネクタイが流行ったが、体格が
大きくない日本では似合わずやがて消えた。いまの襟が大きく盛り上がっ
たシャツは一体いつまで流行るのだろうか。

政治にたとえると、民主党と同じように数年しか持たずにあとはゴミにな
るのでないか。(品川 阿生居士)

  
 2)個人(の力)が主体の会社組織内でのこと:前田 正晶

アメリカ大リーグ(MLB)の野球を見ていると、典型的の個人事業主の集
まりであるため、我が国で言う「ティーム・バッティング」などは何処吹
く風で、各打者は「我こそはここ一発で力を発揮するこのティームに欠く
べからざる存在である」というところを実証しようとばかりに力任せに振
り回していく傾向が濃厚だ。そうして自らの存在と不可欠性を統計的にも
見せつけて、来年の職の安定("job security)と昇給を図っていくのだ
と私は思っている。

会社組織内でも各人が目指しているところはMLBと同じで、先ず「我こそ
は事業部にとって欠くべからざる存在であること」を直属上司に認識して
貰わねばならないのだ。それを認めて貰うことが"job security"であり、
ひいては会社への貢献にもなるのである。

実質的には優れた「トラブル・シューター」であったテクニカル・サー
ヴィセズ・マネージャーは、ある時こう言って私を納得させたと同時に驚
かせたことがあった。

「こうやって自分が出張ってきて解決せねばならない品質問題が多発する
ことは誠に芳しくない。だが、事故があることが自分のjob securityに繋
がっているのだから・・・・」と。彼はこうして不可欠観を見せつけてい
るというのだ。

アメリカの組織では「雇用の流動性が高い」と言われている。私はこれは
定着率が低いと言うことではなく、何時如何なる時に自分が置き換えられ
るか解らない危険性を指摘している言葉だと理解していた。

即ち、「自分を雇った最高権力者の期待に応えておらず、給与に見合わな
い結果しか出せない者を何時でも置き換える組織である」ということに他
ならない。だからこそ「不可欠な存在であること」を何としても結果で立
証せねばならないのだ。

こう言うと、極めて不安定な雇用形態ではないかと思われそうだが、兎に
角不可欠な存在であることを見せつけていくことに懸命に努力するだけだ。

ある人はこういう名言を残した。それは「会社は俺の実績を認めてこの俺
を辞めさせることは99%ないと思っている。だが、何か小さなミスでもす
るとそこに残っていた1%の危険性が忽ち99%に膨れあがって俺にのしか
かる。だから、何時でもその1%がそのままでいるように押さえつける努
力を続けて、地位の安定を図り存在感を見せつけている」だった。私は至
言だと思っている。

ここまででお解り頂けたと思うが、「このような(我が国と会社とは異な
る)組織の中にあれば、不可欠意識を持つことは極めて重要なのだが、過
剰に意識して過剰な「自負」となっては危険極まりない」と言うことだと
思って、22年半を過ごしてきた。  


主宰者より:農耕民族の末裔としてエレガントな優れた社会を築いてきた
日本人が雑駁なアメリカ文化にこびることはないと考える。



━━━━━━━
身 辺 雑 記 
━━━━━━━

24日、散歩に出ようとしたら雨。

読者:5224人


ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
-- 
渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/07/25

    慰安婦も、日本では娘が一家の犠牲になるのがほとんどだったが、朝鮮では 若妻が慰安婦に売られることが多かったという。 

    韓国人男性は配偶者探しに東南アジアに行き、よくベトナム人女性と結婚したが、暴力を振るわれて殺されたり、夜な夜な、夫だけでなく舅までもが夜の生活を強要してベトナムにいる父親に助けを求め、父親が娘を取り戻しに韓国に

    渡ったという事件すらあるそうだ。

    だからベトナムやカンボジアでは韓国男性との結婚は制限されているという。

    日本併合まで、女性が昼日中でも外に出ると拉致強姦され、子供を産まされ、その子供は奴隷にされた、という文化風習のあった朝鮮。もちろん名前のない女性もいっぱいいた。その中で妓生は、識字率も高く、お金の自由もあるという唯一の「自立した女性」だったという。

    朝鮮の神話は、神様が白頭山に降り、熊と虎の夫婦の、虎(夫)を追い出し、熊と祭壇で交わって生まれた子供が、朝鮮の始祖だったというものらしい。 ここですでに強姦! 

    高岡氏より転送 

    産経【外信コラム】2013.06.08

    韓国悩ます“4大悪”とは? 朴政権が「根絶」公約に

    クイズ風にいえば、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は新政権の課題として“4大社会悪根絶”を公約に挙げていますが、この4つとは何と何でしょう?

    よくニュースになる大統領側近など公職者の汚職? あるいは外国人観光客が驚くタクシーやバスの乱暴運転? 料金の吹っかけ? 手抜き工事?いや、いや。正解は「学校暴力」「性暴力」「家庭暴力」「不良食品」でした。

    学校暴力とはイジメを含む学校内での生徒同士による暴力行為、性暴力はセクハラをはじめ女性への性的暴力、家庭暴力は家庭内での夫の妻に対する暴力、そして不良食品とはニセ食品や違法添加物、賞味期限や原産地表示のでたらめ、不衛生…。3つの「暴力」の後に突然、食品問題が出るので戸惑うが、女性大統領だけに生活直結ということで分からないでもない。

    この「4大悪」を追放しようと国を挙げて取り組むというのだが、逆にいえば韓国ではこの4つがそれほどひどいというわけだ。

    このうち意外な感じは夫が妻を殴る家庭暴力だろうか。韓国の男は家庭で奥さんをよく殴るということだ。韓国の男は日ごろウップンつまりストレスが多いせいだろうか。華麗な韓流スターのイメージの一方に垣間見える韓国男性の隠された一面である。(黒田勝弘)

  • 名無しさん2013/07/25

    山本太郎氏は、反原発運動の人々には希望の星なのでしょうが、氏の北朝鮮繋がりの背景から、国民の多くは氏を信頼していません。氏の”支持者を裏切って、命を狙われるのが怖い”とする不可解な発言も、この支持者が北朝鮮やその下部組織の過激派であればこそ、意味が通ると思うのです(時事随想)

  • 名無しさん2013/07/24

    小沢一郎をさも大政治家の様に報道するのはやめたほうがよい、この人政策を持つては居ない、図々しい顔と声が大きいと、母親が済州島の出自で、コミュンテルである朝日とかNHKの報道部とかが、利用出来ると思い、偽情報を流し、大物面させただけ、本人はアホでしょう。黒ラブ

  • 名無しさん2013/07/24

    琵琶湖へ行ってまいりました。



    湖畔は陽射しがきつく、

    どこからこの波は押し寄せるのか?時おり海と見まごうほどに大きな波が打ち寄せ、それに呼応して湖面から吹く風が涼やかで心地よく身体も心も清々しくよみがえった気分になりました。



    ●ウィキペディアによると

    琵琶湖が形成された時期は、約400万年〜600万年前で、現在から約100〜40万年前、比良山系によって止められる形で現在の琵琶湖の位置に至ったという。琵琶湖は世界の湖の中でも、バイカル湖やタンガニーカ湖に次いで成立が古い古代湖であると目されている。



    世界的にも2番目くらいに古い湖。



    財閥系の三井や伊藤忠などももとは近江商人ですから、三方よしの商売の極意なども琵琶湖からきた叡智なのかもしれませんね。



    琵琶湖には、「鳴門の渦潮」ほど速くはない、もっと大きな渦があるというのです。渦の直径は約20キロ。6月初旬から反時計回りに流れ始め、2、3日で一周します。



  • 名無しさん2013/07/24

    高校無償化見直し、秋の国会で 下村文科相

    2013.7.23 17:18 

     下村博文文部科学相は23日の記者会見で、高校授業料無償化の見直しについて「政府・与党のコンセンサスが得られれば秋の臨時国会に法改正案を出したい」と述べ、平成26年4月からの所得制限導入に向けて法改正に取り組む考えを示した。また「来年の通常国会が『教育再生国会』と言われるよう取り組みたい」とも述べた。

  • 名無しさん2013/07/24

    読売新聞社が22〜23日に実施した緊急全国世論調査で、安倍首相が靖国神社に参拝すべきかどうかを聞くと、「参拝すべきだ」は46%で、「参拝すべきでない」の36%を上回った。

       





     

     1993年に河野洋平官房長官(当時)が出した、いわゆる従軍慰安婦問題に関する「河野談話」については、「見直すべきだ」が42%で、「見直す必要はない」は35%だった。



    (2013年7月23日22時34分  読売新聞)

  • 名無しさん2013/07/24

    利根川水系の6都県で取水制限 ダム貯水量減少 

    2013/7/24 0:55



     国土交通省関東地方整備局や流域の6都県などでつくる利根川水系渇水対策連絡協議会は23日、上流のダムの貯水量が減少し渇水の恐れがあるとして、24日午前9時から10%の取水制限を行うと決めた。同整備局によると、同水系の取水制限は昨年9月にも行われたが、7月の実施は1994年以来。



     上水道のほか農業用水や工業用水が対象だが、各都県は別の水系から取水量を補うなどするため、市民生活への影響はないとみられる。



     23日午前0時現在、同水系のダム8カ所の合計貯水率は51%で、最も容量が大きい矢木沢ダム(群馬県)は33%。同日時点で、8カ所の合計貯水率、貯水量はともに、92年以降で最低という。



     国土交通省は23日、渇水対策本部を設置。同協議会は節水への協力を呼び掛けた。取水制限は、降雨で貯水量が回復するまで継続する。



     国交省によると、94年は本州を中心に水不足となり、各地で取水制限や断水が広がった。利根川水系でも取水制限が約2カ月続き、最高で30%まで強化された。



     利根川水系のダムは、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京の6都県に水を供給している。〔共同〕



  • 名無しさん2013/07/24

    アメリカの老人





    今からもう十数年前、私が仕事でアメリカへ行ったときに聞いた話をします。

    (具体的な内容は個人が特定されそうなので書けません、ご了承ください)



    当時、アメリカの企業と日本の企業が共同でとある実験施設を作る計画が立ち上がった。

    私の会社はそこに大きな機械をいくつも納入する事になったため、私を含め会社の10名ほどが現地の視察や今後の打ち合わせをするために向かう事になった。

    場所はアメリカ中部の砂漠地帯、かなりの田舎にある場所で、周囲には寂れた町が一つあるだけだった。



    その町に到着して3日ほどしたある日。

    丁度私と上司が打ち合わせするはずだった人がこちらに来られなくなり、上司から先に帰っていても良いと言われ、私は一足先に宿泊先のモーテルに帰ることにした。

    先ほども書いたようにそこは辺鄙なアメリカの田舎町。

    モーテルにいてもする事が無い。

    私は暇をもてあまし、特にあても無く町中をブラブラする事にした。

    が、やはり暇で目的もないため、近場にあったお酒の飲めそうなレストランに入る事にした。



    そこはどうもレストランというより酒がメインだったようで、時間が早い事もあり自分以外には東洋系の老人が一人いるだけだった。

    テーブルにつき食べ物やビールを注文していると、先客の老人が

    「あなたは日本人か?」

    と尋ねて来た。

    私が

    「……そうですが」

    と答えると、老人は

    「やっぱり、もしお暇でしたら少しお話をしませんか?」

    と言ってきた。

    私は断る理由もないので、はいと答えた。

    その時私は、単に老人のとりとめのない世間話や昔話を聞くだけだと思っていた。



    が、実際には違った。

    老人の話は非常に重く、恐ろしく、おぞましい、老人の過去にまつわる話だった。

    老人は1960年代後半にアメリカへ移住してきた移民一世だった。

    元は中国のとある省の生まれらしい。

    老人はある事件をきっかけになけなしの蓄えを全て賄賂につぎ込んで中国を脱出し、着の身着のままアメリカへと移民してきた人だった。



    その事件とは、1966年から中国に吹き荒れた文化大革命に関係するものだった。

    文革当時、老人は結婚したばかりの奥さんとまだ小さな子供の3人で小さな靴屋を経営していたらしい。

    老人の話によると、文革が起きたといっても都市部で小さな靴屋を経営している老人には当初殆ど影響が無く、町中でプロパガンダの広告や街宣車を見かけても何か遠くで起きている出来事のようにしか感じなかったとか。

    しかし「反革命的」という言葉を聴くようになってから自分の周囲の何かがおかしくなり始めたらしい。

    最初は、近所にあったお寺の僧侶が連行されたという話だった。

    その僧侶は結局帰ってこなかったという。

    僧侶が連行されたのを皮切りに、近所の教師や医者や金持ち、政府に批判的な人などが次々と「連行」されていなくなり始めた。

    そして、ついにはそれらとは全く関係の無い一般人も次々と「連行」され始めた。

    老人には何が起きているのかわからず、ただただ恐ろしく自分達の身にこの不幸が降りかからないよう身を潜めるしかなかったという。



    老人は店に来た客からある噂を聞いた。

    「どうも連行された人達は子供たちに密告された結果らしい。子供たちは自分の親や学校の教師ですら躊躇無く“密告”している」

    と。

    老人には信じられなかった。

    子供たちの何人かは老人も知っていて親と共に自分の店に靴を買いに来たこともある。

    そんなごく普通の子供たちが、自分の親や教師を密告している。

    あまりにも現実離れしていた。

    しかし、老人の町にも「紅衛兵」と呼ばれる集団がやってくると老人もその事実を信じざるをえなくなったらしい。



    そんなある日、老人が国を捨てる決定的な出来事が起きた。

    その日、共産党からの命令で老人はある学校に生徒用の靴を納入しに行く事になった。

    老人が荷車に靴を載せて学校につくと、学校の裏庭から何かを調理する良い臭いがしてきた。

    臭いが気になった老人は荷物を係りの人に渡すと何気に裏庭に回ってみたのだという。

    そして、そこで老人は信じられない光景を目にした。

    そこにあったのは、うず高く積み上げられた死体と、嬉しそうにそれらを解体し調理する子供たちの姿と、無表情に子供たちにあれこれと指示を出す地元の共産党員の姿だった。

    死体の中には、老人のよく知っている医者の姿もあったらしい。

    (実際にはかなり生々しく、具体的に“調理の様子”が語られたのですが、あまりにも酷い内容なのでカットします)

    老人はその場を離れると、その場では何事も無かったかのように振る舞い学校から逃げ出した。

    そして人気の無いところに行くと胃液しかでなくなるまで吐き続けた。

    老人は今でもあの光景を夢に見て夜中に目が覚めるのだという。

    家に帰ると老人はなけなしの蓄えをかき集め、奥さんには殆ど事情も話さず夜逃げの準備をさせ、その日のうちに町から逃げ出した。

    老人は仕事のツテや昔アメリカに移民した親戚などを頼り、貨物船の船長に賄賂を渡して密航しタイ経由でアメリカに移民したのだという。

    その後も共産党に怯えながらアメリカの田舎でひっそりと暮らしてきたらしい。



    恐ろしい話だった。

    文化大革命がかなり酷い事件だったとは知っていたが、ここまでとは知らなかった私は老人の話をただただ聞くしかできなかった。

    老人は最後にこう言った。

    「当時人間を解体し食っていた子供たちは今どうなっていると思う?」

    と。

    私が

    「わからないです」

    と答えた。

    すると老人は、その後ある程度外国との手紙のやり取りなどが自由になり、中国に残っている知人などから聞いた話によるとと前置きし

    「大半は紅衛兵となりその後地方へ追放されたらしいが、共産党に従順だった子供たちは出世を重ね、今は共産党の幹部になっている」

    そして、こういう事は当時中国全土で起きていたらしいのだという。

    老人は続けた。

    「当時の子供たちは今は40代後半から50代、いずれ共産党の幹部として国を動かす立場になるだろう。人としての第一線を超えてしまったやつらが国を動かす事になるのだ」

    老人は立ち上がると去り際にこういった。

    「あいつらを信じてはいけない、あいつらは悪魔だ、日本人ならこの事は決して忘れてはいけない」



    以上、これが当時私が老人から聞いた話の全てです。



  • 名無しさん2013/07/24







    今日も懲りない男レポート

    中国が世界最大の「糖尿病の都」に:渡部亮次郎



    まずこれをご覧あれ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/7129152/

    「中国が世界最大の「糖尿病の都」に、患者数は米国の4倍―米メディア」

    /Record China 2012年11月10日14時29分

    一字一句同じだ、そして文末にはこうある。著作権の表示として、(翻訳・編集/岡田)。



    今日も懲りない男はやりました。

    著作権の表示のあるRecord Chinaの記事を、あたかも自分が書いたとして発表した。

    今日の罪名 / 著作権法違反 および 恥知らずな盗作