政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針3012号  2013・7・20(土)

2013/07/20

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針 30012 号
□■■□━━━───────────────────────□■■□

        

           2013(平成25)年7月20 日(土)



  韓国がひた隠しする韓国軍「慰安婦」関連資料:加瀬英明

                     韓国はなぜ「反日」なのか:古森義久

    「ヒラリー氏を候補に」2016年米大統領選挙;古澤 襄

          ”明”以来の中華帝国主義に備えよ:櫻井よしこ

                       私の「身辺雑記」(10):平井修一

                                       話 の 福 袋
                                反     響
                    身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第3012号
                             発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             

 
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
韓国がひた隠しする韓国軍「慰安婦」関連資料
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


               加瀬 英明

橋下大阪市長の「慰安婦」をめぐる発言が、内外で大きな波紋をつくった。

いつものように、韓国の反日世論が涌き立った。

ことあるごとに、日本に悪態をついて快感に浸たる。なぜ、韓国はこの
ようにいじけているのかと思う。

だが、困ったことに、アメリカでも日本の慰安婦問題となると、中国、韓
国の多年にわたる工作によって、日本が先の大戦中に無辜のアジア女性を
拉致して、軍の「性奴隷(セックス・スレイブ)」となるのを強いたと、ひ
ろく信じられている。

河野官房長官(当時による慰安婦についての談話、日本が前大戦に当たっ
てアジアを侵略したという村山首相談話を否定することには、アメリカの
国内世論から強い反発を招くことになるので、オバマ政権も日本のなかで
そのような動きがあることに、反撥している。

 日本の官憲が人攫いのように、女性の意志に抗って慰安婦となることを
強制したようなことは、ありえない。

慰安婦であれ、前大戦で侵略を働いたというのであれ、南京事件であれ、
事実無根であるが、民主主義国で一国の政府がまったく虚偽の事実を、公
的に認めるような奇想天外なことは、ありえないことだ。そのうえ、謝罪
している。全世界が事実だと信じ込んでいるのも、当然だ。

それだけに、河野、村山談話の罪は重い。日本が国家の安全を守るのに当
たって、日本の汚名を清ぐのを急がねばならない。日本の名誉を回復する
ことが、日本の価値を高め、日本外交に力を与えることになる。

どの国であっても、軍隊が外地で戦う場合には、将兵が性病にかかること
がないように、兵士の性欲の処理にかかわって、管理するものだ。日本軍
も例外ではなかった。日本軍の場合には、売春宿を経営する業者に女性を
募らせて、慰安所を設けた。

いったい、韓国には、軍人のための慰安婦がいなかったのだろうか?

私は日韓国交樹立の前年に、韓国をジャーナリストとして訪れてから、足
繁く通ったが、『東亜日報(ドンアイルボ)』をはじめとする韓国の主要新
聞に、米軍のための「慰安婦(ウイアンプ)」を募集する広告を、よく目に
した。「慰安婦」という言葉は、旧日本時代から引き継いでいた。

韓国における「慰安婦」について、韓国の学者グループによる研究がある
が、2年前に『軍隊と性暴力』(現代史料出版)として訳出刊行された。

同書は、「慰安婦」が朝鮮戦争の勃発から、国連軍(米軍)と韓国政府が
かかわって管理されたことが、克明に検証している。

韓国では、米兵相手の「慰安婦」を、「洋公主(ヤンゴンジユ)」(外人向
け王女)、「洋(ヤン)ガルボ」(外人向け売春婦)、「国連婦人(ユーエ
ヌマダム)」、「国連婦人(ミセス・ユーエヌ)」と呼んでいたという。米
軍向けの売春地区は、「基地村(キジチヨン)」と呼ばれた。

「慰安婦」の「目的は、第一に一般女性を保護するため、第二に韓国政府
から米軍兵士に感謝の意を示すため、第三に兵士の士気高揚」のためと、
述べている。

韓国軍にも、慰安婦がいた。「『慰安婦』として働くことになった女性た
ちは、『自発的動機』がほとんどなかった。」「ある日、韓国軍情報機関
員たちにより拉致され、1日で韓国軍『慰安婦』へと転落した。」

「国家の立場からみれば公娼であっても、女性たちの立場からみれば、韓
国軍『慰安婦』制度はあくまでも軍による性奴隷制度であり、女性自身は
性奴隷(ソンノーエ)であった」と、論じている。

2002年に韓国陸軍の「慰安婦」についての研究が発表された直後に、「韓
国の国防部資料室にあった韓国軍『慰安婦』関連資料の閲覧が禁止され
た。(略)『日本軍「慰安婦」問題でもないのに‥‥』と言葉を濁らせた」
という。

ソウルの国会と、アメリカ大使館前にも、慰安婦像を設置することになる
のだろうか。  



━━━━━━━━━━━
韓国はなぜ「反日」なのか
━━━━━━━━━━━
  

      古森 義久

韓国の反日病はまさに病こうもう、というところでしょうか。官民あげ
て、日本をののしり、叩き、止まるところを知りません。

この人たち、一体、なんなのだ、という感じです。東京の大久保あたりで
毎日曜に「反韓」デモが起きるのも、わかる気がします。では韓国はなぜ反
日病なのか。

 朝鮮半島ウォッチャーでは世界的な権威の産経新聞、黒田勝弘氏がおも
しろい分析をしています。黒田氏の近刊の書『韓国 反日感情の正体』です。

 黒田氏の指摘では、韓国のいわゆる反日には裏があり、実は日本が好
き、魅されている、羨望している、という実態があるそうです。そのへん
の様子をこの書はわかりやすく、おもしろく、報告しています。お勧めの
書です。

◆内容紹介

 激化するように見える韓国人の反日行動だが、実際は「昼は反日、夜は
親日」。

 昼間、公式の場で反日を叫んでいた人も、夜、懇親会や夕食会の場面で
は一変して、日本に対する親近感を語るのだ。なぜなのか?

竹島の領有権や慰安婦問題など、激化するように見える韓国の反日行動な
どから、裏側にひそむ複雑な民族感情にせまる。在韓30年の日本人記者に
よる緊急レポート。

◆内容(「BOOK」データベースより)

今や街には反日は無い。無いどころか、若者街などではカタカナや平がな
の看板がカッコいいと堂々と目に付くところに出ている。

 日本語をしゃべっていても誰も振り返ってくれない。日常生活での日本
拒否の減少などまったく見当たらないのだ。(序文より)

ではなぜメディアや政治は執拗かつ極端な反日行動をとるのか? 反韓・嫌
韓だけでは見えない驚きの実態が明らかに!

◆著者コメント

「嫌韓・反韓では分らない韓国の反日感情」

 韓国駐在記者として三十年になる。訪ねてくる友人たちは「何が面白く
てそんなに?」とその長居をいぶかるが、正直言って韓国は日本人記者に
とってそれほど面白い。

 業界用語的にいえば、いくら居ても「ネタは尽きない」し「飽きない」
のだ。この本は今はやりのいわゆる“嫌韓・反韓本"ではない。

 「韓国は嫌い」「韓国はイヤだ」「韓国はケシカラン」だけではそんな
に長居はできない。嫌いやケシカランを越えて、とにかくこの隣国は日本
人にとって実に興味深く面白いのだ。

 本の帯封には「昼は反日・夜は親日」とあるが、本文では三十年付き
合った韓国について「反日風化と反日激化」「世界一反日で世界一親日」
と書いた。

また日本人と韓国人の関係については「似ているようで異なり、異なるよ
うで似ている」という「異同感」からくる難しさと面白さもある。

こうした必ずしも単純ではない「韓国反日感情の正体」を多角的かつ体験
的に紹介したのだが、したがってそんな相手に単にケシカランと怒っても
はじまらない。

お互い引っ越しはできないのだから、そういう相手なんだと達観しつつ付
き合えばいいのだ。ただ付き合いに際しては相手の“正体"を知っていた方
が楽だし都合がいい。論争になっても太刀打ちできる。

 恋愛するにもケンカするにも、まず相手を知らなければ話にならないで
はないか。
2013.07.20 Saturday name : kajikablog



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ヒラリー氏を候補に」2016年米大統領選挙
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    

                古澤 襄

<【7月18日 AFP】2016年米大統領選挙に、ヒラリー・クリントン
(Hillary Clinton)前米国務長官が立つとすれば、これほど手ごわい候
補はいないだろう。当の本人が立候補の意向を表明もしていないうちか
ら、クリントン前長官が出馬する下地固めを行っているグループには、す
でに百万ドル相当の献金申し出が届いているという。

ヒラリー氏の大統領選出馬を後押しする政治支援団体「レディー・
フォー・ヒラリー(Ready For Hillary)」のAdam Parkhomenko事務局長
は、本部事務所でAFPの取材に対し「百万ドル単位の小切手をお断りした
ところ」だと語った。

 最近のクリントン人気はとどまるところを知らず、法律上は無制限に資
金調達を行える同団体が、個人献金に2万5000ドル(約250万円)の上限を
課したほどだ。大統領選への出馬を表明していない中で最も有名な人物
は、すでに金銭よりもはるかに価値のあるもの、つまり「草の根運動」に
よって十分恩恵を得ているという理由からだ。

バージニア(Virginia)州アレキサンドリア(Alexandria)のショッピン
グ地区にあるペンキを塗ったばかりの事務所では、ボランティアたちが、
自動車のバンパーに貼るためのステッカーを支持者宛ての封筒の中にせっ
せと入れていた。段ボール箱には、選挙前の活動用の帽子やTシャツが積
み重ねられていた。別のスタッフは、4月に立ち上げたばかりの派手な
ウェブサイトの画面をスクロールしていた。

 彼らの使命の中心にあるのは、2016年の大統領選へ向かうサイクルの中
で、現在、盛んに取り沙汰されている問題だ。08年の大統領選の民主党候
補指名争いで、ライバルだったバラク・オバマ(Barack Obama)現大統領
に苦い敗戦を喫した後、国務長官を務めたクリントン氏が、第2期オバマ
政権の後に大統領を目指すのかどうかだ。

 「レディー・フォー・ヒラリー」の広報責任者は「ヒラリーを出馬させ
たい。それが今、前にある目標だ」と語る。

 民主党のクレア・マカスキル(Claire McCaskill)上院議員は、クリン
トン氏を大統領に選出することは「必須」だと述べ、6月に議員の中で初
めて「レディー・フォー・ヒラリー」に賛同した。

 「レディー・フォー・ヒラリー」はいわゆる「スーパーPAC(特別政治
活動委員会)」で、候補者になる可能性のある人物やその側近と接触する
ことは法律で禁じられているが、Parkhomenko氏によると、すでに5000人
を超える人から献金があった。多くは最少額の20.16ドル(約2000円)の
献金だ。

 「彼ら(「レディー・フォー・ヒラリー」)は自分たちの情熱によって
行動している、独立した組織だ」と、クリントン氏の広報担当ニック・メ
リル(Nick Merrill)氏はいう。「(クリントン氏に)出馬を決心させよ
うという彼らのエネルギーや熱意には素晴らしいものがある。しかし、最
終的に個人的な決断をするのは、本人だけだ」

ヒラリー氏は前月、マイクロブログのツイッター(Twitter)にアカウン
トを開設した際、経歴欄に自分の将来について「TBD(未定)」と書き込
んだが、多くの観測筋は、その将来が明らかにされるのは時間の問題だと
みている。(AFP)>
2013.07.20 Saturday name : kajikablog

 


━━━━━━━━━━━━━━━━
”明”以来の中華帝国主義に備えよ 
━━━━━━━━━━━━━━━━
 

          櫻井よしこ

7月21日の参議院議員選挙を前にして、投票率が非常に低くなるとの予測
が頻りである。自民一強野党多弱の情勢なら、投票しても結論は同じ、詰
まらないから投票しないというのがひとつの理屈らしい。

そんなふうに考える人たちに是非勧めたい一冊がある。少し部厚いが、ロ
バート・D・カプランの『インド洋圏が、世界を動かす』(インターシフ
ト)である。面白いだけでなく日本がなにを為すべきかに関して、多くの
ことを確認し、新たに発想する鍵となる。

 同書を読んで世界の動きのダイナミズムを知れば、選挙に行かない、或
いは支持政党はないがアンチテーゼとして共産党に票を投ずるなどという
発想が如何に的外れなものかが明確になるだろう。世界の激しい動きを把
握しきれない場合、日本は本当に沈んでしまうことも手にとるように見え
てくる。

世界のパワーバランスが変化し、大西洋に替わって太平洋、とりわけそ
のアジア側の半分の西太平洋とインド洋が世界の主舞台となった。もはや
かつての影響力を保持しているとはいえない、たとえばフランスが安保理
常任理事国として君臨する国連に替わって、日本、インド、中国などが大
きな役割を果たす太平洋・インド洋圏諸国がより重要な地位を占める時代
が到来しつつある。

そのような世界情勢の現実の下で、どの政党が日本の未来を担保し得る戦
略を提示しているのか、その点を有権者として考えることが大事だ。日本
の世界戦略を示し得ている政党を見極めれば、次にその党に十分な力を与
えることが大事である。

強くて安定した政治があって初めて、激変する世 界で日本の未来を担保
出来る。そんな発想で世界地図を眺めてほしい。熾 烈な闘いが進行中の
世界で日本が衰退し、沈没するような道は選びたくな い。そう考えれば
一票の重さも意義も明瞭になる。

カプランはアフリカ東海岸、中東、インド、東南アジア、中国、日本の全
域をインド洋と西太平洋から見詰める。二つの大海にまたがる地域に超大
国は未だ存在しない。だが、超大国の座をあからさまに目指すのが中国で
あり、運命的にその対抗軸に置かれているのがインドである。

■マラッカ・ジレンマ

 カプランは第1章の最初の項を「アメリカ後の世界」とした。インド洋
と西太平洋を舞台に、多極化する21世紀の世界の主役となる中印両国の闘
いの性格を、カプランは中国に関する興味深い指摘によって描き出した。
15世紀の明の時代の提督、鄭和を大々的に記念する行事を中国共産党が催
し始めたというのだ。

 鄭和は現在の雲南省出身、父はモンゴルに帰順、イスラム教徒である。
生年は1371年と推定されている。少年時代に捕らえられ去勢され、彼は宦
官となる。明朝永楽帝に信任され、出世して提督に上り詰めた。15世紀初
頭、彼は7度も艦隊を率いてアフリカ東海岸、中東、そして広くアジア南
海諸国に遠征した。艦隊の規模は3万人に上ったという。

 鄭和の実績を一言でいえば、中華思想の促進・普及である。諸国を朝貢
国とし、中国を宗主国とする世界戦略に彼らを組み入れるのに大いなる力
を発揮した。日本も室町時代、足利義満が明に朝貢の形で接したことがあ
る。このことは日本の歴史上、ひとつの汚点であるが、鄭和が大活躍した
のが、この時期だった。

カプランはこう書いている。

 「中国がこのインド洋の探検家とその人生に新たなスポットライトを当
てたのは、実質的に『過去にこの海域は中国の影響圏下にあった』ことを
示すためだ」

 中国の現体制が掲げる戦略目標、「中華民族の偉大なる復興の実現」は
まさに、明及び清の時代に築き上げた中華圏の再現を意味していると考え
てよいだろう。鄭和は太平洋を越えてインド洋まで遠征したが、現在の中
国もまた、西太平洋を越えてインド洋にまたがる支配圏を築くのに躍起で
ある。その最初の鍵が台湾制覇にある。

カプランは胡錦濤前国家主席が、「マラッカ海峡という狭く脆弱な石油の
輸入路への過剰な依存状態からなんとか脱却したいという、いわゆる『マ
ラッカ・ジレンマ』に言及しながら、自国のシーレーン(海上交通路)の
脆弱性を嘆いた」と紹介する。

マラッカ・ジレンマを解決する二つの方法は海上輸送路の確保と、陸路を
介してインド洋に出るための港の建設である。そのいずれも中国は実施中
だ。具体策のひとつ、前述の台湾をとれば南シナ海は事実上中国の内海と
なり、南シナ海及びマラッカ海峡の周辺諸国は中国の影響下に入らざるを
得ない。

 海上輸送路確保のもうひとつの具体策がクラ地峡の開拓である。タイに
あるマレー半島最狭部のクラ地峡に中国が運河建設の遠大な戦略を考えて
いることは繰り返し論じられてきた。建設が実現すれば、中国は南シナ海
から直接インド洋に出ることが可能となり、中国の海上戦力は瞬時に強化
される。パナマ運河開設が20世紀の国際情勢を大きく塗り替えたのと同様
の衝撃が世界を襲うだろう。それは超大国としての地位を中国に与える結
果も生み出すだろう。

■「アメリカ後の世界」

マラッカ・ジレンマ解決のさらなる方法がインド洋に面する国々に、中国
が自由に使える港を築くことだ。ミャンマー、バングラデシュ、スリラン
カ、パキスタンなどに次々に大型艦船の入港可能な深い港を、中国は中国
主導で築きつつある。

カプランは、インド洋こそ、「アメリカ後の世界」を考えるうえで地球上
最も興味深い大海であること、世界で海上輸送される原油の50%がインド
洋の西の端のホルムズ海峡を通過し、世界の商船の50%が東の端のマラッ
カ海峡を通ることを指摘したうえで、「インド洋は世界で最も船の通行量
が多く、重要な国際交通路となっている」と述べる。

そのインド洋を自在に操り、中華帝国の再現かと思わせるほど台頭が顕著
になった要因は、中国がどの国をも上回る勢いで海軍力増強に努めたこと
に尽きる。カプランも指摘する。「中国は艦船の建造・獲得ラッシュの
真っ最中で、次の十年間に人民解放軍の海軍は米海軍よりも多くの艦船を
入手することになる」と。

このことによって米海軍の優位性が直ちに失われるわけではないが、米国
一極状態は確実に色あせつつある。この潮流の変化を反映して米国は中国
と競いながらも多層的な協力関係を進めていかざるを得ない。

日本が置かれているのはこうした国際情勢である。その中で日本が生き
残るためにすべきことは多い。一連の極めて重要な課題に責任ある考え方
を示しているのはどの政党か。カプランの書を読みつつ考えれば、思考の
世界が広がるだろう。各党の真価もより鮮やかに判断出来、投票への動機
も高まるはずだ。(週刊新潮)
2013.07.20 Saturday name : kajikablog


 
━━━━━━━━━━━
私の「身辺雑記」(10)
━━━━━━━━━━━


           平井 修一

■7月16日(火)。涼しい。長女と孫二人は8月3日に自宅に帰るという。2
月から始まった産前産後ケア&育児戦争はようやく出口が見えてきた。先
の戦争で「勝ち負けはどうでもいい、とにかく終戦を」と望んだ人々の気
持ちが分かるような気がする。

2キロやせた小生は精神的に疲れ果てたが、カミサンも同様ではないか。
あと2週間ほどの辛抱だ。

今日も3階の片づけ。長男のマンガ本300冊ほどをいつでも処分できるよう
に2階へ降ろした。資源ごみの集積場を発見したが、ちょっと遠いし、マ
ンガ本の量が多いので車で運ばなくてはならないから、いささか面倒にな
るだろう。小生はもう1年半も運転していないのでカミサンに協力しても
らいたいが、回収日は月曜で、カミサンは月曜はめったに休めないから、
自分で運転せざるを得ないかもしれない。

■7月17日(水)。肌寒いくらいに涼しい。夕方から雨。

大量の資源ごみを回収してもらった。ホッとしたが、気力があったので3
階の最終的な片づけに取り組んだ。散歩から帰って来て9時から午後4時ま
で、昼食もそこそこに掃除機を片手に納戸、階段の踊り場、14畳の旧子供
部屋、パワーが残っていたのでさらに2階の納戸と化しつつあった8畳間も
きれいにした。

マンガ本を含めた大量のごみを1階駐車場に降ろして完了。ほぼ百点満
点、「自分で自分を褒めてやりたい」くらいに掃除作戦は大成功したが、
腰はがたがた。

屋上には不要となった茶箱など解体すべきものがあるが、これらの最終的
な掃除はボチボチやればいいだろう。

焼き魚(ニシン、シャケ)とけんちん汁の夕食後はさっさと片付けて早め
に入浴。湯上りにはビールがなかったので焼酎の水割りを1杯飲んだが、
200余日ぶりなのでとても効き、饒舌になってカミサンとおしゃべりをし
た。慣れないためにおしゃべりは結構疲れる。川瀬一馬の「私と和泉式部
日記」を読みながら寝る。

■7月18日(木)。夕べは雨が降り、今朝はかなり涼しかったが、陽が高く
なるにつれてだんだん暑くなってきた。昨日頑張ったので今日は休養日、
のんびり過ごしている。無理をするとぎっくり腰になりかねない。

散歩中に蝉の抜け殻を2個見つけた。完璧に梅雨明けして真夏はもうすぐ
だ。近所の幼稚園ではプール遊びの準備をしており、園庭をシートで目隠
ししていた。ロリコンの変態男が盗撮しかねないからだろう。まったく変
なご時世である。

書庫としても使っている8畳間は通りを挟んでマンションのベランダと向
かい合っているが、本をとりに行ったらTシャツとパンツ(猿股)の若い
女性がベランダで洗濯物を干していた。びっくりして逃げたが、自分の家
なのに変な話である。パンツ女と目でも合ったら「覗き見している、エロ
ヂヂイ」などと言われて裁判沙汰になりかねないから逃げるしかない。
まったく嫌なご時世である。

30歳ほどの太った女はジャージーズボンにTシャツ、髪はひっつめで、タ
バコを吸いながら通りを歩いていたが、吸殻を道路に捨てて火のついたま
ま放置していた。まったく美しくないというか醜い。醜いのを恥じるどこ
ろか居直っている感じで、ほとんど人生を投げたようだ。きちんとした
躾、教育を受けなかったのだから気の毒、憐れではあるが、やがては生活
保護を受けるだろうから善良なる国民の敵である。

この手の輩は昔は乞食になって野垂れ死んだが、GHQ憲法で保護される
ことになってしまった。異常な世の中である。GHQ憲法を後生大事に守
ろうという人がいるが、恥ずかしくないのだろうか。一旦憲法を白紙にし
て自分たちで議論して自分たちの憲法を作るのが筋であり、その結果が生
活保護や戦争放棄なら、それはそれで国民の選択なのだから仕方がない
が、GHQ憲法を聖典や御本尊のように守ろうという「GHQ憲法原理主
義」には困ったものである。彼らが死に絶えるのを待つしかないが、小生
の方が先だろう。せめて大江健三郎の訃報を聞いてからにしたいが・・・

湯上りにスーパードライの黒ビール500mlを飲む。カミサンと長女がびっ
くりし、心配していた。

■7月19日(金)。快晴。涼しいが日射し強し。今季初めてセミの声を聴
く。一匹のみ。

今日は午前中は本屋へ行くつもりだったが、昨日休養したせいか、急に心
技体が充実し、西側の草刈りをした。ここをきれいにしないと近く予定し
ている排水パイプの掃除がしにくいからだ。やぶ蚊に刺されないように完
全武装して、一気呵成に草を刈り、ごみ袋5つに収納した。

一息入れたが、まだパワーが残っているので屋上の片づけに着手。プラン
ターの階段状の棚2つをばらしてごみ袋3つに。これは比較的容易にできた
が、茶箱2つの解体は結構な力仕事だった。40〜50年前のもので、職人が
実に丁寧に作っているからとても頑丈で、どうにか3つの束にしたときに
はふらふらし、腰が抜けそうになった。今はもう茶箱の職人は全くいない
のだろう。

シャワーを浴び、簡単に昼食をすませ、クーラーをかけて昼寝した。
(2013/07/19)



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎中国はガス田開発を断固として続ける、日本は今の国力でどう対応る
のか、腕前を拝見しよう―中国紙
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/economy/354164/
【新華経済】2013年07月19日

中国共産党機関紙・人民日報系の国際情報紙「環球時報」は19日、東シナ
海で中国国有企業が新たに7カ所のガス田開発を計画しているとの報道を
受け、菅義偉内閣官房長官が「我が国として認められない」と発言したこ
とに対し、「実力行使も辞さない」と強硬姿勢をみせた。以下はその概要。

菅官房長官は18日の記者会見で、「仮に中国が一方的に開発するのであれ
ば、我が国として認められない」と大口を叩いた。我々はなにがなんでも
この7カ所のガス田開発を続行し、日本が一体どのようにしてそれを「認
めない」のか、その腕前を見せてもらおうではないか。

中国側は今まで日本人の気持ちを考慮しすぎたと言わざるを得ない。ガス
田開発に対する態度が甘すぎた。日本の主張は国際社会の支持を得るわけ
がないのに、彼らは本気でこの争いに勝てると思っている。

中国は今こそ、勇気と決意をもって新たなガス田建設という断固たる行動
により、日本に「中国の新たな一面」を見せつけるべきだろう。

中国はもはや日本と「共同開発」を語る必要はない。東シナ海大陸棚の豊
富な資源を堂々と単独開発すればよい。日本の抗議など軽くあしらい、彼
らが挑発的な行動に出たら、それに対抗するだけだ。我々は中日間の平和
的な雰囲気を重視しすぎた。

日本政府は18日、東シナ海に地質調査船2隻を派遣し、「中間線」付近
の探査を行うという計画を発表した。これは中国を威嚇し、我々に「中間
線」を受け入れろと強要しているのと同じこと。これにより、中日間の東
シナ海をめぐる争いはさらにエスカレートした。

我々は主張する。日本の探査船が「中間線」に接近すれば、中国の探査船
は必ず「中間線」を超えて中日大陸棚の合流地点に向かう。我々は自らの
「大陸棚」主張をさらに声高に訴え、実際の行動で日本の「中間線」主張
と断固として戦い、日本の東シナ海における企てを打ち砕く。

中日の探査が交錯すれば、東シナ海は大混乱になる。だが、我々はそれを
恐れてはならない。それは日本の挑発が引き起こしたことだ。我々ができ
る唯一のことはそれを避けるのではなく、受けて立つこと。そうすれば東
シナ海の大局は安定し、傲慢さを増す日本を静かにさせることができるだ
ろう。

日本が今の国力で、強硬手段をもって中国に「中間線」主張を受け入れさ
せようとするとは何という妄想か。これは敗戦国に成り下がった帝国主義
思想の数十年来の習慣だ。中国を見下すことにすっかり慣れてしまってい
る。こうした日本の中国に対する傲慢を徹底的に打ち砕くべき時が来た。
今の中国は自信をもって前進するだけで、この歴史上の宿敵を倒すことが
できるはずだ。

東シナ海で、中日間の実力対決が行われることになるかもしれない。日本
人が是非ともそうしたいのなら、そうすればよいだろう。中国側からもめ
事を起こすことはないが、日本のことなど全く恐れていない。
(編集翻訳 小豆沢紀子)

〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎支那の本音ーー日本をどうみているか
      調布の松木です。
中国の言いたいことをストレートに「環球時報」が伝えています。
下記をクリックしてみてください。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130719-00000025-xinhua-cn

これだけわかりやすいコメントはありません。
共産党や社民党、民主党左派や公明党のみなさん。どうしますか????
 (情報収録:中山)



 ◎豪州の新聞で、「子供と向き合う時間がとれないと感じているなら、
仕事を減らすかやめるべきである」という意見が載っていた。 また、近
年、発達障害の子供が増加していることについての研究で、女性が男性と
仕事で競うことから男性ホルモンが活発にでるようになりそのことが影響
していると主張するものもある。「7/19 BSフジプライムニュース“女性活
用」に注文

横浜市では待機児童がゼロになったというが実態は、儲け主義の新会社が
とんでもない経営をして幼児や乳児が死亡したりしている。数字合わせ。 
保育園の園長をしている知人は「この頃は園児だけじゃなくお母さんの教
育もしなきゃいけないから大変」とこぼしていた。最近では子供と家で’
向き合うのがいやだから、働きに出て保育園に入れる若い母親も。3歳ま
では安心して母親が育児に取りくめる社会にせねばならないとおも
う。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー      
      篠田 亮

自民党までが「女性」に媚を売る近年、そしてこの選挙。“タイキジドウ”
(待機児童)をネタのpopulism にウンザリしている。これもミンシュセ
イの本質欠陥の1つと、取敢えず目をつぶるが、この番組の取組み姿勢に
一応注文を付けました。
おめにかけます。

「7/19 BSフジプライムニュース“女性活用」に注文
女性の、「活用」とは如何なる内容を指しているのか。無駄使いをしてい
るのか,無為に生きているのか。はっきりさせよ。

子育てができない貧困とかいうが、我国の往時貧困と対比して見よ。丸山
明宏の“ヨイトマケノ歌”に説得力があるのは真剣な人生だからで、生括保
護の次元である。

「社会進出」や「自己実現」とやらの、多くの実態は虚栄や享楽志向で
あって、所詮己が欲望の飾り言葉に過ぎない。幼少期育児の費用に、無駄
もある。通塾やあれこれの習い事などを標準化するのは不当。

戦死者の今際、呼ぶのは“おかあさん”だ。外注保育(乳幼児収容所)は哺
乳類の本質を逸脱している。戦後日本人が憧憬したスイスで、婦人参政権
はなんと1961年に法制化された。

その根拠は、「政治なんぞは男にやらせておけばよいとの考えが大勢で
あったからだ。(了) (情報収録:中山)


 ◎沖縄自民党も、左翼と見まごうほどのレベルだが興石氏の地元、山梨
県でもこんなことに!

山梨県自民党がいったいどうしちゃったの??
 http://www.nikaidou.com/archives/38706
 (情報収録:中山)



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)アメリカ地方自治体史上最大規模の破綻:前田 正晶

アメリカの自動車工業の総本家だったデトロイト市が連邦破産法第9条の
保護を申請した。第11条の保護は散々聞いてきたが、第9条は私には初耳
だった。

アメリカ国内ではこの第9条申請はさほど驚きでもないと伝えれていた。
負債額は185億ドル(約1兆8500億円)だそうだ。カリフォルニア州も財政
破綻の危機に瀕している?と聞いた気がするが、デトロイトのことを全く
知らなかったのは別段恥辱でもあるまい。

デトロイトには一度だけ1983年だったかに出かけていったことがあった。
そこでその思い出話を。それは最大の得意先の取引先の団体がシカゴで開
催されたコンヴェンションに参加された際に、単独行動でデトロイトのあ
る工場見学に行かれた方の案内役兼通訳を依頼されたためだった。

デトロイトの荒廃振りは夙に聞かされていたために余りゾッとしない役目
なので、おっかなびっくりで案内した。

工場の所番地は聞いていたので、空港からタクシーを利用した。そのタク
シーはアメリカでは別に珍しいことではなく思い切り汚れていたが、何と
タクシーメーターが壊れていたらしく猛スピードで料金が上がっていくの
だった。

そこで、雲つくような大男のアフリカ系のドライヴァーに「料金は正常に
請求しろ」と告げると、「心配するな。慣れっこになっているからそこま
での料金は承知している」という答えが返ってきた。

アメリカのタクシーは個人が会社から車を借りて個人タクシーをやってい
るので、メーターは料金の交渉のベースであることがあると聞いてはいた
が、いくら何でも壊れたままで放置して置く手はないだろうと思いながら
恐る恐る乗っていた。即ち、このドライヴァーとの料金交渉は放棄したの
だった。

車中から初めて見るデトロイトの市街は決して清潔とは言えず、予想通り
に市内を歩いているのは圧倒的にアフリカ系アメリカ人が多かった。そこ
に、その壊れたメーターのタクシーに乗っているのではかなり不安で、プ
レシャーを感じた。目的の工場について先方に料金のことを尋ねると「妥
当である」と聞かされて一安心だった。

無事に工場見学が終わって空港までのタクシーを呼んで貰うと、何と往路
と同じタクシーが来たではないか。これには驚かされたし、またもや大い
に不安だった。

しかし、ドライヴァーは慌てず騒がず「貴方たちは今日は幸運だ。初めて
の町で気心が知れたドライヴァーに2度目も会えたではないか。稼がせて
くれて有難う」と上機嫌だった。

アメリカも方々歩けばこういうこともあるかと、諦めの境地で高速回転の
メーターを見ている間に空港に着き、無事にアテンドを終えてシカゴに
戻った。シカゴの空港から市内に戻るタクシーのメーターは正常だった。



 2)法律上の婚姻関係にある男女の間に生まれた子が嫡出子、法律上の
婚姻関係にない男女の間に生まれた子が非嫡出子です。非嫡出子が法律上
の婚姻関係にある男女の養子になれば嫡出子と同じ相続権を持ちます。養
子にならない非嫡出子の遺産相続が2分の1であるのは、結婚制度を維持
するのに必要な法律上の区別です。(まこと)



 3)頂門の一針3011号(7/19)の「反響」欄掲載の森もとひろ 氏の
投稿を拝読しました。ネットで「ネタ」と呼ばれる、あえて流れの中で他
の人間が喰いつき、攻撃を加えて来る様な意見をワザと書く愉快犯(失
礼)とは思 えませんでした。

占領下の日本がどんなものかは知らない世代ではありますが、いま、その
頃の日本映画を見ると、クレジットに松竹等の映画会社の名前の前に、ソ
ヴィ エト・モスフィルの男女の労働者が鎌を捧げ持った銅像が回転する
クレジットが ついていても、ちっともおかしくないというようなものが
多数見受けられ、本当 に驚かされます。

映画界に戦前から続く左翼運動、そして敗戦後の混乱が浮き彫りになリ、
不自然としか思えない脚本、のちの「名優」と呼ばれた俳優、女優が出演
する映画ばか りですが、GHQの検閲は通過しているはずで、こういう風に
敗戦国民洗脳プログラムが施行されていたのかと、当時のむごたらしい状
況を彷彿させられます。

そして、現在に至るまでのハリウッド映画の政治性と、戦後糾弾されたド
イツのレニ・リーフェンシュタールの映画との間に、どれほどの懸隔があ
るのか。私には、全く無いとしか感じられません。

「歴史とはその時々の権力者の思うがままの淫売である」という台詞をソ
ヴィエトの知識人が書き綴っていました。この「権力者」というのは必ず
しも当該国内の最高権力者だけでなく、その国に影響を及ぼすことが出来
る他国の権力者 の場合もあります。

これを感じるには、「時間」という距離が必要な重要だとも、つくづ感
じさせられます。

田舎の秀才のまま都会で周りからおだてられて、おかしな言動に走って晩
節を汚した大学教員、GHQのエージェントとして教育、司法、マスメディ
アの分野で 華々しい経歴を与えられた人達の系譜は、いまも堅固に継承
されていることを強く 感じます。(匿名希望)



 4)初めてアラバマ州フェニックスに行った時のこと:前田 正晶

これはアリゾナ州フェニックスの誤りではない。アメリカ大陸では良くあ
ることで、同じ地名が方々にあるのだ。例えばカナダにはオンタリオ州
(Ontario)があり、カリフォルニア州にもオンタリオ空港があった。カナ
ダのBC州にヴァンクーヴァー(Vancouver)があり、アメリカのワシント
ン州にもヴァンクーヴァーがあるようなもの。

1972年8月にアメリカの会社に変わってから初めてアメリカに出張した際
に、ジョージア州アトランタの事業所を訪問した。そこでの最終日には日
帰りでアラバマ州のフェニックス(Phoenix)にある製紙工場を見学に単
独で出かけることになった。

その翌日の早朝にはオハイオ州デイトンに飛ぶ予定だった。私は「空港に
行って専用のロッカーを開ければ航空券が入っているから」と前夜に鍵を
渡されていた。

確かにロッカーがあって航空券があった。鍵はそのままロッカーに入れて
おけば良いという優れたシステムなのか大雑把なのか解らずに、券面に
あった便に乗ってフェニックスに向かった。

そこから先はどうなっているのかと思えば、空港には出迎えの人がいた。
当たり前か。車で出発してから灌木が所々に生えた無人の原野とでも言い
たいところをひた走ること約45分で工場に着いた。

北海道に行ってもあれほど無人の野原が続いてはいないのではないかとひ
たすら感心してアメリカの土地の広さを味合わされていた。兎に角、工場
に着くまで人家を見なかったのだから。確かに製紙工場は我が国でも滅多
に街中にはないものだが、この工場は空港からおよそ100 kmは走っただろ
うという場所にあった。

さて、事務所から工場見学に行くとなると、案内役の女性が駐車場に行っ
て車に乗れという。理由を訊くと約1 km離れているので、歩いては時間が
勿体ないという。

確かに広大な敷地に我が国では見たこともないような大きな建屋があっ
て、目的の原料調成部門は最も遠いところだった。思わず「広いなー」と
言ってしまった。すると彼女は"Everything is big and stretching in
the United States."と言って笑った。「違いないや」と印象的だった。

そして昼食の時間となった。工場内には当然だが食堂などない。工場長と
技術部長に「この町最高のハンバーガーを食べに行こう」と誘われた。だ
が、「工場に着くまでの道には掘っ立て小屋が1軒あっただけではない
か」と言うと「それが目的のレストランで、これから予約を入れるから肉
の焼き加減をあらかじめ注文する必要がある。君の好みは」と尋ねられて
しまった。恥ずかしながら、ハンバーガーで肉の焼き加減を注文するシス
テムがあるとは聞いたこともなかった。

その掘っ立て小屋のカウンターで我々3人だけという謂わば野性的な雰囲
気で、初めてアメリカの大きなハンバーガーを食べたのだが、想像を遙か
に超えた美味だったのには驚かされた。しかし、とても不思議だったこと
は、このようなあの工場以外に人気がない場所で良く商売になっているも
のだという点だった。だが、後になって考えてみれば「車社会であるか
ら、近隣に住民がいるかいないかの問題ではないのだろうか」と思い付いた。

確かにアメリカでは何事も大きくて際限なく広がっているものだなと感心
しながら工場に戻った。このようにして予定通りに見学と打ち合わせを終
えてから再び無人の灌木の原野を空港まで送って貰ってアトランタに戻った。



 5)關東學園ヴェルボトナル研究所の原田英一氏によると聽こえない人
はゐないのださうだ。赤ん坊は母親に抱かれてゐるとき耳に障碍があって
も振動は體を通してつたはるのだといふのだけれど、それだけでなく内的
な音がなければ記憶といふことが成り立たないので、たとへば手話では、
その場かぎりの情報の傳達にとどまるといふ。

言語の傳統を斷たれることの恐ろしさをあらためて思った。敗戰時の悲慘
さを體驗し、その後、戰前について一方的な情報しか與へられなかったの
だから安倍政權の目指す方向を否定的にとらへる人があるのは當然。

その戰前における選擧のありかたがどうであったか。標幟語(スローガ
ン)からみる限りまともだったのではないかと和田伸也といふ人が
FACEBOOK で列擧してゐる。

以下假名字母や漢字の制限を無視して引用。

●選ぶ人正しければ 選ばれる人正し(昭和二年)
●投票の一瞬は 國家の百年(昭和二年)
●國政は船のごとく 一票は櫂(かい)のごとし(昭和二年)
●善政も惡政も 一票から(昭和二年)
●裏も表も 明るい人を(昭和三年)
●輕く選ぶと 重い荷を負ふ(昭和三年)
●投票は 主義と主張を 聞いてから(昭和三年)
●投票買ひの 良心賣り(昭和三年)
●嫁と議員は 調べた上で(昭和五年)
●政治は 國民の色に染まる(昭和五年)
●政治の明暗 この一票(昭和十年)
●金で選ぶな 心で選べ(昭和十年)
●賣るな魂 捨てるな一票(昭和十一年)
●義理は禁物 人物本位(昭和十四年)
●人をよく見て よく選べ(昭和十六年)
●國思ふ一票 國思ふ人に(昭和十七年)
●世界が見てゐる この選擧(昭和十七年)

和田伸也といふ人のことは知らない。ネットでみると盲人ランナー。凄い
人があったものだ。
http://sports.geocities.jp/ikunorfc/wadakanpa.html

#####################################
比例區の候補者の選擧運動、最終日ともなれば大變らしい。國語で選ぶな
らこの人と思ふ野黨のNさんの場合を例にあげれば

≪7月20日(土)日程≫
10:00〜10:30 銀座
11:00〜11:40 巣鴨
12:10〜12:40 コレド日本橋または高島屋
13:30〜15:00 銀座4丁目 (三越前)
15:30〜16:00 東京ミッドタウン前
16:30〜17:00 表參道
17:20〜18:00 澁谷ハチ公前
18:30〜19:00 東京驛KITTE,ブリックスSQ
19:30〜20:00 有樂町 イトシア前
とこんな具合。
もっとも、場所取り合戰、豫定通りになるかどうかはわからない。
                       (kmns)


━━━━━━━
身 辺 雑 記 
━━━━━━━

20日の猿江恩賜公園はセミの声が聞こえない。涼しいからか。

散歩でも汗を殆どかかないから,ポカリを殆ど飲まなかった.もっとも暑
さをかんじないのが老化現象だそうだから要注意だ。熱中症で死ぬものの
殆どが老人なのはそのせいらしい。

読者:5219人


ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
-- 
渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/07/20

    ★「 外国人参政権法案 」の国会提出回数 



     公明党 27回 ( 賛成 ) 

     民主党 15回 ( 賛成 ) 

     共産党 11回 ( 賛成 ) 



     自民党 0回 ( 反対 ) 

     国民新党 0回 ( 反対 ) 

    みんな 0回 ( 反対 ) 





     悪法・外国人参政権にもっとも積極的に賛成なのが「 公明党 」 



    http://tokua33.ninja-web.net/



  • 名無しさん2013/07/20

    在日の犯罪って凄いことになってる

    記憶に残る事件の多くが在日だ

    なんだこれ?



     

     ニュースは本名を書くべきだ

    通名報道をする必要はない



     

     通名報道するから悪さが広がるのだ

    他人に成りすますことができる

    犯罪するに決まってる



     

     通名報道は日本人のせいにする為

    その為に使うんだと言った奴がいた

    これを言ったのは在日である



     

     舞台の仕事してる奴だ

    時々ニュースで在日擁護してる奴

    こいつが言ってたんだよね



     こいつが言ってたこと

    日本人のせいにしてるんだと言う話し

    この言葉を思い出しますね



     

     事件の裁判記録がある地域の人

    日本全国連携して記録の確認をすべき

    裁判記録は閲覧できるのです



     

     本名や出身が記載されてる

    一度大々的に調査すべきである

    在日の犯罪の事実を国民に知らせろ



     

     これは差別ではない

    国民の治安を守る為に必要なこと

    調べたものをまとめましょう



     

     犯罪抑止に何が必要なのか?

    国民が知ることで議論が始まる

    通名報道の問題に視点があたるだろう



     

  • 名無しさん2013/07/20

    韓国、子供が反日むき出し 学校教育に問題あり?

    2013.07.20

    .  .【外信コラム】ソウルからヨボセヨ



     韓国社会の反日感情は日常的にはほとんど後退し日本人が感情を直接ぶつけられることはまずない。そんな中で意外に子供たちが反日をむき出しにする。



     小学生の子供が日本人を見てママに「ナップンサラム(悪い人)!」と言っている場面に出くわしたことが何回かある。日本人居住者が多いマンション街の公園で遊んでいた日本人の子供が、韓国人の子供に石を投げられるということもある。



     マスコミが毎日、日本批判をやっているのでさもありなんだが、大人との違いを考えるとやはり学校教育に問題があるようだ。その意味でソウル日本人学校の経験は興味深い。



     課外学習で近所の韓国の学校と交流行事をやっているのだが、その際、韓国の生徒が「独島(日本の竹島)はわれわれのもの」とプリントされたシャツをこれ見よがしに着てきたり、日本の生徒の前で「独島はわれわれのもの」という歌を歌ったりすることがあるという。先ごろ修学旅行で古都・慶州に出かけた時も、小学生とおぼしき子供が日本人学校の一行に日本語で「竹島は私たちのものです!」と呼びかけたという。



     日本人学校では「だからこそ交流が必要」と言っているが、大丈夫かな。こちらも国際化教育とともに歴史教育をしっかりやってほしいものだ。(黒田勝弘)

  • 名無しさん2013/07/20

    定員5とかだとゴミが当選してしまうので、せいぜい定員3までだね。 定員2か3の中選挙区がいい制度ということじゃないかと思うよ。

  • 名無しさん2013/07/20

    韓国人の捏造慰安婦について、アメリカ下院121号決議を撤廃する署名にサインをお願いいたします。

    なでしこアクション

    http://sakura.a.la9.jp/japan/

    韓国人が捏造した慰安婦ヒストリーに、アメリカ人がどんどん騙されていってます。 

    デトロイト、イリノイ州、カナダやシンガポール、世界のあちこちに変な銅像を建てようとしています。

    悪質な嘘のせいで、現地の邦人の子供がいじめられる事もあるようです。 

    阻止を訴えても上記の決議を盾に、話を聞いてくれない所もあるそうです。

    嘘が広まるのを一刻も早く阻止するため、ホワイトハウスオバマ大統領府への請願署名にご協力をお願いいたします。 

    やりかたは上のサイトに詳しく書いてあります。英語解らなくても大丈夫です。

    みんなで出来る事をやりましょう。これは日本人皆の話です。広く拡散をお願いします。



    http://www.youtube.com/watch?v=9ybX_Q0ijC0

    当時の朝鮮人のレポまとめ 音がうるさいのでご注意ください

    この問題をよく知らない方、上記のサイトにも書いてありますが、どうかご自分で調べてください。

    WW2における女性の人権について、なによりアメリカ人にだけは、日本を責める資格はありません。

  • 名無しさん2013/07/20

    いつも思うのだが、祇園祭宵山は通行規制がえげつない.新町通りは北から南、室町通りは南から北、蛸薬師通りは東から西、錦小路通りは西から東と言った具合でして、思うように進むことができない.理由は京都府警の警官が立っているからです.それゆえS字に進むことをお奨めする.実質、八幡山、北観音山、南観音山、放下鉾と見るのが、通行規制をかわすのがコツのようです.どうも北観音山はくじ取りとじゃんけんでも南観音山に負けたなんて京都の町衆が言っていましたな!北観音山は上り観音山と呼ばれていて、楊楊(ようりゅう)観音像と韋駄天立像を祀り、巡行時には見送りの横から大きな柳の枝を差し出している.松の真木は昔は尾長鳥を飾っていたが、今は鳩ですな!

  • 名無しさん2013/07/20



    満州や北朝鮮からの脱出者は悲惨であった。北朝鮮で農業を営んでいた老夫婦は、年頃の娘二人を連れ、辛苦のすえやっと38度線近くの鉄原にたどりついた。そこで見たものは、日本人の娘達が次々にまずソ連兵に犯され、ついで朝鮮人の保安隊に引き渡されてさらに散々に辱められたうえ、虐殺されて・・

  • 名無しさん2013/07/20

    7月20日

    2013.7.20 03:26 [産経抄] 

     てっきり、高名な元首相の名前を騙(かた)った「なりすまし」の仕業だろうと思っていたら御本人だった。民主党の菅直人元首相は、自身のブログできのう、参院選で自民党に投票しないよう「落選運動」を呼びかけた。



     ▼特定の党派や候補者をリストアップし、当選を阻止しようとする落選運動は、ひところ韓国で大いにはやった。13年前の総選挙では、ネットを利用して多くの市民団体が参加し、かなりの“戦果”を上げた故事がある。



     ▼さすがは、韓国に詳しい政治家だけのことはある。日本でも解禁されたインターネットでの選挙運動を存分に活用すれば、圧勝が予想される自民党に土壇場で一泡吹かせられると立ち上がったのだろう。



     ▼さぞかし元首相が所属する民主党幹部や同党公認候補たちは、元首相の熱い思いに感涙にむせんでいるはず。と、思いきやかつて部下だった民主党議員から「残念!やはりあの人はバッジを外して市民運動に戻るべきだ、即刻!」と強い調子でこきおろされていた。



     ▼親の心、子知らず、とはこのことか。民主党候補がどんな立派な政策を街頭で訴えても通行人は立ち止まらず、まともに聞いてくれない事実を元首相はよくご存じなのである。ならば、と安倍晋三首相が配信したメールマガジンの削除を求めて提訴し、落選運動までして自民党の足を引っ張ろうというのだからご立派というしかない。



     ▼6年前の参院選で民主党が勝ちさえしなければ、落選運動の熱き指導者だけでなく、議員引退後も中国に媚(こ)びを売って歩いているあの人も首相になれなかっただろうに、と身に染みて感じてからでは遅い。有権者のみなさんには、6年後に後悔せぬよう、党と候補者をよく吟味してからの投票をお願いしたい。