政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針3008号   2013・7・16(火)

2013/07/16

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針 3008号
□■■□━━━───────────────────────□■■□

        

           2013(平成25)年7月16日(火)



      日米仏、中国けん制 太平洋国家で連携を:佐々木類

                  激戦区・岩手、かすむ小沢氏:古澤 襄

                半減でも辞めぬつもりの海江田:杉浦正章

                        中国経済の深刻な危機:宮崎正弘

                                       話 の 福 袋
                                反     響
                    身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第3008号
                             発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             

 
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日米仏、中国けん制 太平洋国家で連携を
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


             佐々木 類

日米両国は6月末、米西部カリフォルニア州南部周辺空海域で、約2週間
にわたる共同統合訓練「ドーン・ブリッツ(夜明けの電撃戦)」を終え
た。海上自衛隊の艦艇に米海兵隊の垂直離着陸輸送機オスプレイが発着艦
する映像に注目が集まったが、この訓練にはもう一つの大きなメッセージ
が込められていた。米中首脳会談終了2日後の6月10日、会談場所から90
キロという目と鼻の先で実施した政治的な意味合いだ。

オバマ大統領との首脳会談で、米中両国が共存・共栄することを意味する
「新型大国関係」の構築を呼びかけた中国の習近平国家主席に対し、「同
盟国を置き去りにしない」という米国家安全保障問題担当のドニロン大統
領補佐官(当時)の言葉を裏付ける米国の意思だ。

習氏は会見で「太平洋には米中両大国を受け入れる十分な空間がある」と
言ってはみたものの、同じ太平洋国家のカナダやニュージーランドまで参
加した共同統合訓練の成功は、習氏に後味の悪さを残したのではなかろうか。

折しも米中首脳会談と同日の7日、東京ではニューカレドニアなど島嶼
(とうしょ)を多く領有する太平洋国家として、オランド仏大統領が安倍
晋三首相と共同声明を発表した。

声明は中国を念頭に「新たな大国の台頭に伴って生じる新たな課題に対応
する」と踏み込んだ。航行の自由など国際法の尊重を強調し、日仏防衛・
外務閣僚級協議(2プラス2)の早期開催を確認した。フランスが太平洋
国家として日本との安保協力を打ち出し、ともに中国を牽制(けんせい)
した事実は重い。

自由と民主主義の価値観を持つ国vs共産党独裁の異形の大国=中国

むろん、これらの動きは偶然ではなく連動している。首相官邸を司令塔と
して、日米外交当局が綿密に練り上げた結果の必然であり成果である。

米中、日仏という2国間の「線」だけを別々に見ていると気づかないが、
自由と民主主義という共通の価値観を持つ日仏米、カナダ、ニュージーラ
ンドVS共産党独裁の異形の大国=中国という多国間同士の「面」で捉え
れば、日本と同じ側に立つ太平洋国家が、中国とどう向き合おうとしてい
るかが見えてくる。

その中国は東アジア地域で、軍事力や経済力を背景に「粗暴な大国」(仏
紙ルモンド)として振る舞い、国際社会で地球温暖化対策や人権問題を指
摘されると「発展途上国」だと言い逃れる。「G2(米中2国の枠組み)
という幻想」(クリントン前国務長官)に見切りをつけた2期目のオバマ
政権内には今や、中国と新型大国関係を構築できると本気で夢想している
向きはいないのではないか。

7月10日、米中戦略・経済対話を横目にワシントンで開かれたシンポジウ
ムでは、中国について「だれもが米国の仮想敵国と思っているが、公の場
では口にしないだけ」(米国防関係者)との声が出た。国際社会で責任あ
る行動をとれない未熟な大国との見方が主流のようだ。

中国は自国に同調する国はどこにもないことを認識すべき

そんな中国は、尖閣諸島国有化を口実にわが国が「戦後秩序へ挑戦してい
る」(楊潔●・中国外相=当時)と各国に同調を呼びかけている。連合国
側が戦後処理の基本方針を示した1942年のカイロ宣言や45年のポツダム宣
言に違反するというのが論拠だ。

だが、戦後の日本の領土を画定させたのは法的拘束力のない両宣言ではな
く、国際条約のサンフランシスコ平和条約だ。中国の難癖には逐次反論す
る必要がある。

「わが国の戦後の平和国家のあり方を否定し、名誉を傷つける悪意に満ち
た発言は受け入れ難い。中国は自国に同調する国はどこにもないことを認
識すべきだ」。

2012年11月、国際会議で斎木昭隆外務審議官(現次官)が楊外相にこう
言った。大国の作法を学ぼうとしない中国は、他人を批判する前に自らが
国際社会の厄介者であることにいい加減、気づいたらいかがか。(ワシン
トン支局長=ささき るい)

●=簾の广を厂に、兼を虎に
【佐々木類の視線】産経ニュース2013.7.15



━━━━━━━━━━━━━
激戦区・岩手、かすむ小沢氏
━━━━━━━━━━━━━


        古澤 襄

参院選の21日投開票に向け、与野党党首らは「ラストサンデー」の 14 
 日、各地で支持を訴えた。安倍晋三首相は岩手県に入り、21年ぶり
の岩手選挙区(改選数1)での自民党勝利に向け3カ所で演説した。

< 同党が最大のライバルとみているのは、民主党を離党し無所属で戦う
現 職の平野達男前復興相だ。生活の党も新人を擁立するが、小沢一郎代
表の 威光はすっかりかすみ、各陣営は票の上積みに向け「小沢票」の切
り崩し に血眼になっている。(沢田大典、楠城泰介)

 首相は午後、3カ所目の遊説として小沢氏の本拠地といえる衆院岩手4
区の岩手県北上市を選んだ。

冒頭、奥州で活動した平安時代の武将、安倍貞任(あべのさだとう)に触
れ、「貞任の末裔(まつえい)が私となっている。ルーツは岩手県。その
岩手県に帰ってきた」と親近感を強調した。続いて「20歳の人は一回も
参院選で自民党が勝った姿を見ていない。(党公認新人の)田中真一を東
京に送ってほしい」と訴えた。

 JR盛岡駅前では「岩手県にある大きな岩盤を打ち破る」と声を張り上
げる場面もあった。

 「岩盤」とは、小沢氏を指すのは言うまでもない。だが、自民党にとっ
て、もはや敵は小沢氏ではない。一関市での街頭演説で「はっきりしない
無所属から出るのとは訳が違う」とした平野氏なのだ。

その平野氏は、東日本大震災で被災した県内の海岸沿いの仮設住宅を北か
ら南に一気に回り、岩泉町の仮設住宅前では「復興に関わった経験と知
識、何度も足を運んだことで培った現場感覚を総動員して復興の最前線に
立たせてほしい」と熱弁をふるった。

 平野氏は過去2度の参院選を「小沢票」に乗って勝利した。今回は逆に
「小沢票」を切り崩さなければならない。復興対策の実績をアピールする
ことで小沢氏との違いをみせようとしている。

 「小沢票」を狙っているのは民主党候補の新人、吉田晴美氏も同じだ。
当初、党執行部内には生活との連携を模索する動きがあった。これに
「待った」をかけ独自候補擁立を進めたのは、元小沢氏側近で衆院岩手1
区選出の階猛氏だったという。階氏の小沢氏への「怨念」がちらつく。

 14日は、「反小沢」の急先鋒(せんぽう)、安住淳元財務相が岩手県
内に入り、盛岡駅前では「内輪もめで分裂を繰り返し、せっかく育てた民
主党はどうなるのかと思っている人は多い。おわびをしなければならな
い」と述べ、民主党を離れた小沢、平野両氏を当てこすった。

これに対し、小沢氏はこの日、福岡県内にいた。生活が唯一、民主党候補
を推薦している選挙区だ。小沢氏が優先したのは、民主党に見える形で
「貸し」を作ることだった。

もっとも、留守にするのが当たり前だった小沢氏の岩手入りは、この2カ
月で5回に達しているという。

一方で小沢氏は、生活の新人、関根敏伸氏には「俺の応援はあてにする
な」と伝えている。関根氏が落選することは「小沢王国」の崩壊を意味す
るが、厳しい状況にあることを承知しているようだ。(産経)>
2013.07.15 Monday name : kajikablog



━━━━━━━━━━━━━━
半減でも辞めぬつもりの海江田
━━━━━━━━━━━━━━


         杉浦 正章

20議席割っても続投説
 
この期に及んで民主党代表・海江田万里が自らのポストにしがみつこうと
している。周辺からは「20割るかどうかがポイント」などと辞任の判断を
半減以下に設定する観測気球が上げられ始めている。「海江田さんだけの
責任でなく鳩山、菅、野田さんの責任も大きい」のだそうだ。

それほどまでにしがみつきたい座であるかどうかは疑問だが、実際には民
主党は党首の首をすげ替える活力さえも失せてしまったような状況であ
る。しかし改憲をめぐり自民党から分断工作が行われる可能性や、小沢一
郎の再編の思惑もからみ、参院選後の混迷は避けられまい。

海江田はかつて2月24日の党大会後の記者会見で、参院選に敗れた場合の
責任について、「代表にしがみつく気は毛頭ない。刀折れ矢尽きたと思っ
た時は潔く代表を辞める」と述べ、辞任する考えを明言した。参院選の勝
敗判断についても「1人区で何人とれるかだ」と分析していた。

その「刀折れ矢尽きた」状況は、紛れもなく今である。これまで3回の参
院選で全国区では19,20,16議席を獲得したが、今回は一ケタ台必至。し
かも海江田の指摘した1人区当選の可能性は限りなく0に近い。

「刀折れ矢尽きた」どころではない、内堀も外堀も突破され、城は燃えて
いる状態だ。普通なら「殿お覚悟を」と家来が自刃を促す場面である。

しかし本人は最近「参院選後の進退などの話は一切言わないことにしてい
る。私が潔い人間だなんて余計なことは言わない。危ない、危ない」と、
手のひらを返すように、進退に煙幕を張るようになった。

昨年就任時に作った「粉骨碎身全此生」という漢詩を再び持ち出して「身
を粉にして民主党再生のために自分自身の生をまっとうしようということ
でございます。もう今の私の心境はこの詩の中につきております」だそうだ。

むしろやる気なのだ。党内の動きについても「今はもう離党しようなどと
いう人は誰もいない。よくまとまっている。党内の不穏な動きなんか全然
気にならない。前原さんや野田さんとも一緒に街頭演説をやった」と団結
ぶりを強調している。

殿は「お覚悟」から逃げようとしているのであるが、これが許されるのだ
ろうか。いくら歴代党首の体たらくが凋落(ちょうらく)の原因だからと
いって、代表が半減以下の責任をとらずにすむのだろうか。冒頭述べたよ
うに海江田側の布石は20議席を確保出来るかどうかだ。

「20を多少割っても辞めない」という説すら出ている。「18議席なら非改
選42と合わせて60議席になるから、辞任はパス」なのだそうだ。全く数合
わせの逃げ口上だが、これで良しとする雰囲気もある。

海江田側が守り抜けると踏んでいる背景をみれば、第1が衆院選で脳しん
とうを起こしたままの状態が継続して、危険極まりない2度目の脳しんと
うが起きても、病気の体からは根本治療のエネルギーが湧き出ないところ
にある。

加えて代表に手を挙げる候補が、いまのところ元国土交通相・馬淵澄夫く
らいしか見当たらないのだ。馬渕では海江田の方がいいと言うムードがあ
る。永田町には、やれ「野田新党」だの、「前原離党」だのといったうわ
さが絶えないが、まだ海の物とも山の物ともつかない。
 
前原誠司は、一時維新共同代表・橋下徹との親密な関係から合流の核とな
るとみられていた。当初橋下は改憲派の前原を取り込めば、公明党抜きで
参院の3分の2を確保出来、一挙に改憲へのうねりを生じさせられると踏
んでいたのだ。

ところが慰安婦発言で馬脚を現して、維新は低迷、6議席がいいところ
だ。前原もとても合流できるような状態ではないと判断しているのだろう。

しかし、民主党は前門に虎、後門に狼が立ちふさがっている状態ではあ
る。虎とは首相・安倍晋三だ。安倍は、6月19日ポーランドで同行記者団
に「3分の2以上の改憲議席を1回の参院選で取るのは不可能だ。日本維
新の会やみんなの党だけでなく、民主党の中にも条文によっては賛成する
人がいる」と述べている。明らかに改憲で民主党分断を狙う発言だ。

一方で狼は生活代表・小沢一郎だ。地元岩手でも議席喪失必至のていたら
くで、毛も抜けて色つやも衰えた老いた孤狼だが「選挙後民主党は分裂す
る」と予言、腹心の参院議員会長・輿石東などを使って民主党分断し、あ
わよくば新党代表を狙っているのだ。

しかし、ねじれをフル活用してのし上がってきた輿石は、ねじれ解消で一
挙に神通力を失いそうであり、責任論もくすぶり始めている。従って、小
沢が思うようには動くまい。
 
こうして選挙後の政局は、海江田の去就をめぐって、様々な思惑が交叉し
そうな雰囲気となっている。しかしるる述べてきたように、党全体が総選
挙と参院選の連続アッパーカットをくらって、再起も分裂も出来ないよう
な長患いの体たらくに陥っており、海江田が辞任表明しない限り暫く寝込
んだままという状態になるかもしれない。

   (政治評論家)<2013年07月16日 > 



━━━━━━━━━━
中国経済の深刻な危機
━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成25(2013)年7月16日(火曜日)
        通巻第3983号   <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 早送りコマ漫画のように見出しだけを羅列してみると歴然となる
 日本経済新聞を時系列に眺めても、中国経済の深刻な危機が判別できる
*********************************

日本経済新聞の過去わずか3週間の中国報道の見出しだけをざっと並べて
みる。

日経は、某新聞のように洗脳目的の見出しや、主観的用語を極力排除し、
つとめて客観的報道をすることで知られる。

たとえば「深刻な経営危機」と記者が書くと、編集局長が「『経営危機』
は『深刻』に決まっているのだから『深刻な』は不要である」という教育
をする(拙著『ザ日経』、参照)。

その日経が中国経済の苦境を端的に、しかし淡々と次のように報じたこと
は将来の経済史家にとって大いに参考となるだろう。

「中国、資源爆食のツケ、国有企業泥沼」(6月18日)

「中国、影の銀行蔓延、連鎖破綻の懸念」(6月19日)

「製造業景況が悪化」(6月20日)

「金利急上昇を容認、影の銀行対策」(6月21日)

「中国金融市場動揺続く 信用保証料率高水準」(6月22日)

「震える中国市場、銀行の資金繰りに懸念」(6月25日)

「中国リスク、世界が警戒。株安、アジアに波及」(6月26日)

「投資偏重を修正、景気減速受け入れ」(6月27日)

「景気刺激に消極的――利下げなし半数超」(6月29日)

「影の銀行、残高130兆円」(6月30日)

「中国当局、規制強化急ぐ」(同)

「中国の輸出拠点苦境 水増し監査で不信表面化」(7月4日)

「金融リスク防止に重点」(7月6日)
「中国景気、軟着陸へ関門、輸出落ち込み鮮明」(7月11日)

「影の銀行改革、米が要求」(同)

「不動産販売減少、銀行融資絞り込み」(7月12日)

「中国の海外M&A急減、金融混乱が影響」(同)

「中国資金供給、伸び鈍化鮮明」(7月13日)

「人民元、一段と柔軟に。米中手探りの協調」(同)

「住民デモで異例の撤回、環境汚染に不満噴出」(7月14日)

こうして並べてみると、だんだんと中国経済の深刻な景況が鮮明に浮かぶ
ではないか。 拙著『中国経済の崩壊が始まった』(海竜社)は25日発売
です。
   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■BOOKREVIEW ◆書評 ◇しょひょう ▼ブックレビュー☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 幕末明治に水戸光圀も東郷平八郎も礼賛した楠木正成
  700年の時空を経て日本にふたたび蘇る可能性はあるか

   ♪
家村和幸『兵法の天才 楠木正成を読む』(並木書房)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

後醍醐天皇が笠置山に義挙の烽火を挙げた。「鎌倉幕府打倒」を掲げての
挙兵に応じたのは日野資朝と日野俊基のふたり。山伏に姿をかえて近畿一
帯を歩き、地方の豪族を説き伏せた。

義に参じたのは楠木正成だった。

 強大な鎌倉幕府の専横と横暴に誰もが不満を抱きながらも、正面から軍
事的挑戦をなそうとする蛮勇の侍は不在だった。その境遇をあえて無名の
豪族が名乗りを上げ千早城に挙兵し、大胆で意表を突く兵法を繰り出し鎌
倉幕府を弱体化させた。

その英雄の名は言うまでもない。楠木正成である。

楠木正成は元弘元年(1331)9月に、下赤坂に挙兵し「湊川の戦いにおい
て43歳で戦死する延元元年(1336)5月25日までの5年間にわたる『大楠
公の戦歴』こそが南北朝動乱の歴史の本体をなしている」と著者、家村和
幸は言う。

楠木正成は「難攻不落の千早城を築きあげた。敵兵を引きつけてから巨石
や丸太を転げ落とす、熱湯や糞尿を浴びせる、敵がよじ登った塀ごと谷底
に崩れ落ちるなど、数々の奇抜な戦法を駆使して、50倍の鎌倉幕府軍によ
る攻城を74余も食い止めた(中略)。天下の形勢は一変した」

この楠木正成の兵法は大江家の第41代大江時親が教えた。『孫子』と『戦
闘経』の2つを楠木正成に伝授されたが、とりわけ孫子は「必ずしも日本
の歴史、文化や風土に根ざした民族性に合致したものではなく、自然と一
体感、正直、勤勉、誠実、勇気、協調と和、自己犠牲の精神などのような
古来日本人が尊重してきた精神文化を損なう懼れすらある」として楠木正
成は『戦闘経』を好んだという。

その華々しき戦闘方法は以上の経緯を経て、日本的独創的戦闘方法が実現
された。

『太平記』に書かれた「櫻井の別れ」の名場面は、創作説が根強いとい
え、古くからの伝承であり、概要は次の通り。

建武3年5月(1336年6月)、いちどは都落ちした足利尊氏、九州で武装
を立て直し、こんどは怒濤の進撃で山陽道を駆け上がってきた。その足利
尊氏の軍勢、じつに十数万。こなた楠木正成の軍勢は僅かに700。

新田義貞が総大将の朝廷方は兵庫に陣を敷いたが、この程度では足利に叶
わないため、尊氏と和睦するか、または都を捨てて一度、比叡山に籠も
り、京に足利軍を誘い込んで撃つべきと後醍醐帝に提言するも、聞き入れ
られず、正成は最後を覚悟して湊川へ旅立つ。また主力の新田軍をすみや
かに後醍醐帝のもとへ帰還させる戦術でもあった。

途中、桜井において楠木正成は嫡子・正行を呼び寄せて言った。

「お前は河内へ帰れ。父と共に戦死するより、我が戦死のあと、帝のため
に身命を惜しみ、忠義の心を失わず、一族朗党一人でも生き残っていつの
日か必ず朝敵を滅せ」として『七生報国」の重要性を諭した。

形見に後醍醐邸から下賜された菊水紋の短刀を授けた。

それが「櫻井の別れ」の名場面、戦前は国民教科書に必ず書かれ、小学唱
歌として歌われた。楠木正行は後年、四条畷に足利軍を迎え華々しく散った。

「青葉茂れる櫻井の里のわたりの夕まぐれ」♪ いつもこの歌を評者(宮
崎)が歌いだすと、新宿のスナックで最後まで続けるのは、かの西部遇氏
である。

ともかく楠木正成はまさに兵法の天才だったと解説するのが本書である。
      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■BOOKREVIEW ◆書評 ◇しょひょう ▼ブックレビュー☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 山本八重はなぜ女だてらに鉄砲撃ちとなったか
  会津城籠城戦争の悲惨な歴史は日本の女たちの意識を変えた

   ♪
中村彰彦『武士たちの作法』(光文社)
@@@@@@@@@@@@@@@@

上杉謙信はなぜ天下人になれなかったか。それは天下を取るという戦略が
不在で、春日山城に閉じこもった自閉症的武将で、しょせんはローカルな
ことにしか関心がなかったからだと本書の中で中村彰彦氏はあっさりと
斬って捨てる。

山内容堂が、なぜあれほど武井瑞山を憎んで切腹に追い込んだか、それは
長宗我部以来の土佐藩独特の身分制度の弊害が幕末維新にまで残っていた
からに他ならない。

坂本龍馬のルーツは山城国で、その家禄は山内家臣団の上役より良かった
のは何故か。

高杉晋作の奇兵隊は、高杉が早死にしたからこそ歴史に輝くが、その実態
を知れば尻餅をつくほどの驚き、奇兵隊に代表される諸隊は五稜郭までせ
めいった後、報償をめぐって藩政庁に反旗を翻し、戊辰戦争で費消した量
を上回るほどの砲弾弾薬を投じて藩政庁を攻めた。まさに奇兵隊というよ
り愚連隊である。

このように本書は従来の通説を越えて、歴史の闇に埋もれた真実を次々と
掘り起こしてゆくが、圧巻は会津戦争を戦い抜いた山本八重の描写である。

山本八重はなぜ男装してまで闘ったのか、彼女は巴御前の伝統を引く女武
者になろうとしたのか。

しかし八重は弟の死、中野竹子の死、父親も戦死という境遇の中で立ち上
がるという心理的過程が描かれる。またその後の日清・日露などの戦役に
多くの看護婦が従軍したが、会津出身が多かった理由も、あの苛烈な籠城
戦における看護の体験からだった。

評者(宮崎)は本書を読んで、長年疑問におもってきたいくつかの歴史の
謎に光が当たったと思った。
   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 936】               
   ――「喧噪と臭気との他弁別し難い様な人の波だ」(小林の24)
「杭州」「満州の印象」他(小林秀雄『世界紀行文学全集』修道社 昭和
46年)


  ▽
「馬車で農興鎮という小部落」に向かったのは、そこから30キロほど先に
ある綏陵移民地に行くためだ。

孫呉における満蒙開拓青年義勇隊孫呉訓練所との連絡が不得要領だったの
と同じように、ここでも先方との連絡がうまくとれない。時間を持て余
し、小林は農興鎮の通りを歩く。「端から端まで、直に歩いて了う様な、
小さな村だが、それでも恰好ばかりの城壁城門を備え、俺達は外の事は知
らん、といった風に、中で賑やかにやっている」。
 
貧弱な商品ながらも、商店は精一杯賑やかに並べている。

立ち食い屋を覗けば、饅頭・蕎麦・麦焦がし程度しか売っていないが、
「それでも湯気は賑やかに立ち昇って、陽を一杯浴びた、どんぶりを抱え
た子供等が、異常な食欲で食っている」。

貧弱だが学校もあれば、アヘンの販売所から吸引所まである。ならば博打
場も売春宿もあるに違いない。なぜ、こんな寒村でも、かくも賑やかさを
装うのか。そこで小林は「要するに、物の欠乏も、彼等のいわば賑やかに
生活する才能を押さえられない、という様な印象を受ける」のであった。

「賑やかに生活する才能」とは、確かに言い得て妙だ。

中華人民共和国建国以降の動きを振り返ってみても大躍進やら文革、いや
改革・開放を機に始まった広い国土をでんぐり返したように大騒ぎしての
カネ儲け。それがいまや「偉大な中華民族の復興」と「中国の夢」だ。確
かに彼らは生まれながらにして「賑やかに生活する才能」が五体に漲って
いるように思う。

おそらく、これに「暇つぶしの名人」(林語堂)という性質を加えたら、
中国人の性向の全てを言い尽くしてはいないまでも、粗方は言い当ててい
ると思う。

「賑やかに生活する才能」×「暇つぶしの名人」=中国人・・・これこそ
中国人の振る舞いを因数分解した“公式”といっておこうか。

やっと車を捉まえ、目的地の「綏陵移民地瑞穂村に着いた時にはもう暗
かった」。

翌日、昼飯をご馳走になりながら開拓団の団長から「種々な苦難時代の話
を聞いた」。だが小林の心を打ったのは「苦難な時代の話」ではなく、
「落伍するものは落伍して、現に今眼に見える極く当たり前な平和の方」
だった。

「苗代も肥料も要らず、年3回の除草だけでよろしいという村の米も甘
かったし、造った敷島という酒も甘かった」。団長からは「所謂指導者の
臭気は少しも感じられ」ず、「感化力の強い徹底したリアリストという
風」が見て取れた。

寡黙な団長は「内地人の満州に対する常識は、日露戦争以来『赤い夕日の
満州』を出た事はない、来て住んでみて、百花繚乱の肥土である事を知る
がいい」と身体で主張しているようだと、小林は呟く。

ここには学校も、病院も、寺も、神社もある。「はじめて子供が到着した
時には、皆泣いたそうだが、来てからもう子供は50人も生まれ、殆んど妻
帯者で、爺さんも婆さんもいる。

一戸辺り10町歩ずつ土地を持った小地主が、集まって組織的に生活してい
るだけだ。生活的にも思想的にも何も格別新しいものはない」とした後、
小林は「僕は満州に来て、はじめて極く当たり前、だが根強く生活してい
る日本人を見た様な気がした」と綴り、「満州の印象」を閉じている。

喧騒のままに過ぎ行くような農興鎮に対するに生真面目さの漂う綏陵移民
地瑞穂――2つの村の佇まいが、中国と日本、中国人と日本人の違いを象徴
しているようにも思える。

小林が瑞穂村を訪れて7年が過ぎた昭和20年8月9日、ソ連兵は国境を突破
し満州の日本人に襲いかかる。
孫呉の開拓義勇隊の少年たちも瑞穂村の村民も、時代の激流に翻弄され呑
み込まれていった・・・日本の大人は「鈍感なリアリズム」を克服し得た
のか。
《QED》
     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)下記の件に関する有識者の方々の見方、考え方をお聞かせ
願いたい。
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130713/waf13071312010019-n2.htm

私の考えでは、上記裁判の判決は間違っているとは断定しませんが、一般
家庭の平凡な市民に対して余にも過大でありすぎると考えます。更には、
保険会社に対する弁済という趣旨の賠償金を請求する判決は、保険会社の
利益の二重取りを促進するに等しいものであると考えます。

保険会社は、被害者が加入していた保険で医療費その他の費用負担を保障
する目的で保険契約をし、保険料を徴収しているはずである。その保障責
任を加害者側に転化し、保障の全額、或いは、相当額の負担を賠償させる
ならば、本来の保険制度を自ら否定するに等しい。

裁判官も、この様な判例を示すならば、今後の裁判のあり方を人質に出し
たに等しいと言わねばならないだろう。
今回の裁判の判決の前に、自転車保険制度を義務付ける指導的判例を先に
示すべきではないだろうか。

最近の悲惨な自動車事故(京都市綾部)の裁判事例でも、無免許の運転者
に重過失を認めていない。この二つの裁判を比較して考えるとき、裁判官
の裁量によって、これ程大きな落差のある判決が出されるとするならば、
一般庶民は子供を屋外で遊ばせることもできなくなる。

裁判官は、保険会社の責任をどの様に解釈しているのだろう。

私は一庶民であり、法律に精通しているわけではないが、どう解釈しても
保険会社よりの判決と謂わざるを得ない。子や孫を持つ庶民の一人として
有識者のお考えをお聞かせ願いたい。(一読者)



  ♪
(読者の声2)弘志会8月例会(講演会)の御案内です。

中国は21世紀の国家発展戦略として「海洋強国」になるという目標を掲げ
ている。その結果南シナ海ではパラセル(西沙)諸島でベトナムと対立
し、フィリピン沖ではスカボロー礁(黄岩島)、アユンギン礁(仁愛礁)
などでフィリピン海軍と紛争中である。

そして東シナ海、尖閣諸島周辺では日本領海内を平然と公船を航行させ、
軍艦船までも近づけ紛争地である位置付けを狙っている。中国の海洋覇権
狙いに対しては日本は海洋安全保障体制の構築を進めなければなりません。

今回は安全保障の専門家の潮匡人氏に講演頂きます。参加ご希望の方は事
前に申し込み頂きたくよろしくお願いします。
 (弘志会幹事 福井成範 携帯TEL 090-3090-5452)
           記
日時:  平成25年8月3日(土) 13:30〜17:00
内容:  1330〜1500 講演 :評論家、軍事ジャーナリスト、潮匡人氏
    テーマ:「激動する東アジア情勢と日本の安全保障」 
     1500〜1530 質疑応答     1530〜1700 懇親会
場所:  たかつガーデン(大阪府教育会館)「コスモスA」会議室 (2F)
     TEL:06(6768)3911   〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町
7番1号
    (地下鉄千日前線、又は谷町線)谷 町9丁目下車5分
会費:  4,000円程度(懇親会費を含む。講演のみは1,000 円)ただ
し、学生は無料
以上

    
━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎共同通信調査「比例は自民」30%

共同通信社は13、14両日、参院選での有権者の動向を探るために全国電話
世論調査を実施した。

比例代表の投票先政党の1位は自民党の30.6%で、前回調査の29.8%
からほぼ横ばいだった。安倍内閣の支持率も前回の64.2%に対65.3%
で堅調に推移した。政府が安全性を確認した原発の再稼働については反対
が.6%、賛成40.0%だった。

産経ニュース 2013.7.15 09:46



 ◎【参院選】与党圧勝へ 自民70うかがう、民主20割れも
産経ニュース 2013.7.16 07:21

産経新聞社は15日、FNN(フジニュースネットワーク)と合同で実施し
た電話による世論調査(12〜14日)に全国総支局の取材を加味して、21日
投開票の参院選の終盤情勢を探った。

自民党は70議席に迫る勢いを見せており、公明党とともに圧勝する情勢
だ。一方、民主党は20議席を割る公算が大きくなっている。ただ、投票態
度を決めていない有権者が一定数おり、流動的な要素もある。

自民党は序盤戦より勢いが若干衰えているものの、野党との差は大きく、
改選議席34の倍増以上となる69議席を確保しそうな情勢だ。31の改選1人
区では、岩手県や沖縄県を除き他党を圧倒している。

候補者を原則1人に絞った複数区は全勝する公算が大きく、2人を擁立し
た東京都、千葉県でも全員当選の可能性がある。比例代表は、小泉純一郎
政権下で大勝した平成13年の20議席を上回る勢いを見せている。

衆参両院で多数派が異なる「ねじれ国会」の解消は確定的な上に、自公両
党ですべての常任委員長ポストを独占できる「安定多数」に必要な70議席
を獲得することも確実だ。ただ、自民党が単独過半数に必要な72議席に
達するかは微妙だ。

公明党は選挙区4議席をほぼ固め、比例代表で6〜7議席を得る見通しだ。

一方、民主党は軒並み苦戦しており、13年の26議席を下回って結党以来最
低の議席数に落ち込むことが確実だ。1人区で善戦しているのは三重県の
みで、複数区も取りこぼしが多そうだ。

みんなの党は神奈川県で議席を固めたほか、茨城、埼玉、愛知の3県など
で競り合っており、比例代表と合わせて改選3議席の倍は確保できそう
だ。日本維新の会は、昨年衆院選時の勢いはないが、大阪府や兵庫県で議
席を得られそうで、比例を含め7議席に達する見込みだ。

過去3回の参院選で選挙区議席を得ていない共産党は、選挙戦に入ってか
ら勢いを増しており、東京都や大阪府、京都府などで議席を確保する可能
性が高い。改選3議席の3倍にあたる9議席を得る勢いだ。



 ◎韓国のこんな団体は、日本に入国させるな!
欧米にとってのアルカイダと同じである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本が強制占領した対馬島を取り戻すために昨年10月、忠北槐山郡で発足した
日本が強制占領した私たちの土地対馬島返還運動本部’が最近名称を変え
て全国で活動領域を行うことにした。

対馬島返還運動本部は名称を‘対馬島取り戻し本部’に再整備して地域住民
と中原大教授など10人で構成したと13日明らかにした。

5月には槐山郡に団体登録も終えた。

対馬島取り戻し本部は対馬島返還活動のための資料収集と共に専門家を招
請して地域住民対象の主権意識教育を強化することにした。

本部は引き続き10月中に構成員を含め、新しく迎え入れる会員と共に対馬
島を訪問して大韓民国領土であることを再確認し、国民にこれを知らせる
計画だ。

本部は民間団体主導で歴史定立運動と、日本を相手にした返還運動を継続
推進することにした。

本部は昨年11月30日に中原大で学術セミナーを開き、対馬島返還運動の方
案を議論した。

 本部関係者は「独島の領有権だけについて日本と対立するのではなく、
すべての国民が対馬島返還の声を高めなければならない」と話した。

 本部は先立って昨年10月10日の発隊式で「日本が1945年7月にドイツで開
かれたポツダム宣言を通じ、対馬島が大韓民国領土であることを認めたが
今まで返還せず、かえって独島が自身の領土だという虚偽の主張をしてい
る」 と糾弾した。

 李承晩初代大統領は就任3日後の1948年8月18日に初めて記者会見を開
き、対馬島を大韓民国に返還することを日本政府に強力に要求した。

 対馬には旧韓末に抗日義兵長として対馬島に連行されて殉国した勉菴・
崔益鉉先生の葬儀を行った修善寺、対馬藩主の養子・宗武志と結婚した
高宗皇帝の娘・徳恵翁主結婚奉祝碑が建っている。

朝鮮通信使碑をはじめとして、1803年に朝鮮訳官使108人が風浪で船が沈
没して命を失った朝鮮訳官使殉国碑と韓国展望台などもある。

日本が壬辰倭乱の時に一番最初に出征した対馬島のあちこちには我が国と
関連した歴史の痕跡が多い。

厳原町には対馬防衛隊が設置した案内板が目を引く。

日本語とともに韓国語で記されたこの案内板には‘日韓親善を大切に’と
赤い文字で強調しながら、「対馬島民は日韓親善を大切にする韓国人を歓
迎します。日本固有の領土対馬は歴史と観光の島です」と記している。

 地理的に韓日両国の中間にありながら、歴史的に両国の友好を通じて生
存の道を模索した対馬島住民の心情を表現しながらも、対馬島が日本領土
であることを明確にしている。


NAVER/ニューシス(韓国語 [2013.7.13]
 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=003&aid=0005260668

※補足 周辺地図

 (情報収録:中山)



 ◎日本内外の左翼勢力が沖縄を被害者意識に凝り固める作戦=分断工作
に成功しつつあるが、実は、「沖縄人は立派に日本を守った英雄の子孫で
ある」と誇りをもって主張するのが92歳の仲村俊子さん。
日本の主権を守り、日本が日本であることが、ひいては世界を平和を導
く。チベットもウイグルも南モンゴルも民族が自決権をもつまで日本も頑
張ろう。ちょうどアジアの植民地解放を日本が応援したように。

こんな行事がありますのでお知らせします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アメリカとソ連の作戦遂行を断念させたのはまさに「沖縄の戦い」であま
す。日本の皇室を守り、日本の領土分割を阻止したのは「沖縄の戦いだっ
たのであります。

私は日本人として「沖縄の戦い」に感謝を捧げたいと思います。
(椛島有三著「祖国復帰は沖縄の誇り」P19より抜粋)

<場所>
 靖國会館2F (靖國神社境内内)

<日時>
 8月14日(水)受付:午後1時 開会:午後1時30分

<参加費>
 1,000円 (カンパ大歓迎)
  ※どなたでも参加出来ます。直接会場にお越しください。

<プログラム>
 ◎第一部:沖縄県靖國参拝団からの報告
   仲村俊子(初代沖縄防衛協会婦人部長)
   崎浜秀昭(基地統合縮小実現署名推進委員会)
   仲間彩花(チーム沖縄)

 ◎第二部:基調講演
  「日本の皇室を守った沖縄の戦い」
   講師:椛島有三(日本会議事務総長)

 ◎第三部:島根県からの応援メッセージ
   梶谷萬里子(県土・竹島を守る会)

 ◎第四部:沖縄を守る覚悟
   村田春樹(自治基本条例に反対する市民の会会長)
   坂東忠信(外国人犯罪対策講師)
   
   松木國俊
(新しい歴史教科書をつくる会三多摩支部副支部長)
   河添恵子(ノンフィクション作家)
   三荻 祥 (日本青年協議会「祖国と青年」編集部)

<お問い合せ>
 事務局(仲村覚)TEL:080-5021-8105

<主催>
 沖縄支援集会 in 靖國 実行委員会
 (情報収録K:中山)


 ◎「ハルモニが必死に守った朝鮮学校を日本国内で永久存続させる」
 一ヶ月以上も文部科学省に嫌がらせを実施した韓国人
http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50405571.html
反日教育をしながら、今までよく日本政府や地方自治体は、
日本人の血税を反日国の民族学校に注ぎ込んできたものだ!

中国メディアが指摘:
在日韓国人、年金保険料を払わず生活保護申請していることが判明
http://alfalfalfa.com/archives/6559330.htm
(情報収録:中山)



 ◎こんな団体を野放しにしておく国とは??!
  「自衛隊が竹島奪還作戦を強行すれば

韓国人が安倍首相を殺す」 

韓国市民団体が日本大使館前で安倍首相の暗殺宣言

ttp://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50405444.html

【緊急拡散】在日が靖国神社を爆破予告

http://www.news-us.jp/article/369145319.html

 (情報収録:中山)



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)アメリカの景気のバロメーターが自動車と住宅産業の動向如何にあ
る:前田 正晶

このことはこれまでに再三再四採り上げてきた。この際、自動車産業は別
にして、住宅産業と景気の消長との関係を述べてみよう。更に、何故住宅
着工の好不調が紙パルプ産業に甚大な影響を及ぼすかにも触れていきたい。

住宅が沢山建てば、その前にアメリカの個人住宅は圧倒的に木造住宅なの
であるとお断りしておかねばなるまいが、一軒の家に必要な電気・ガス・
上下水道・その他諸々の資材等の他に、家具調度にある規模の需要が発生
する。それが関連の産業に刺激を与えるのだ。

ご存じの向きも多いと思うが、アメリカ住宅は同じ木造でも“2X4“(=
トゥー・バイ・フォー、2インチX4インチ)のような角材を使う構造が多
い。即ち、2X6等種々の寸法の角材が使われるのだ。

そこで、不況等の理由で住宅の新築が増えなくなれば、製材業が不振に陥
る他に、前記のような住宅関連の製品の業界も不振となる具合である。見
方を変えれば、土地が広いアメリカではそれほど方々で住宅が新築されて
いるので、家が建たなくなれば関連の産業に与える影響が大きいとなる。

それでは製材業はどうかと言えば、住宅建築用に使われる角材は広葉樹
(闊葉樹)のような小径木ではなく、針葉樹のような口径が大きい樹種が
使われるのだ。アメリカでは針葉樹は北部に多く、広葉樹は大まかに言え
ば南部に多いのである。単純に言えば、小径木から角材を切り出しては不
経済でもあるのだが。

そして、アメリカの紙パルプ産業界では多くのメーカーは住宅建築に用い
られる針葉樹を種と苗木から育成して、適齢期(?)に達した時に伐採し
て建材用に販売している。その角材を丸い木を切って製材するのだから、
外側の部分は半月の形で残ってしまう。これらの残渣を粉砕して木材チッ
プにしてパルプから紙の原料にしているのである。

アメリカのみならず、森林資源が豊富なカナダでも同じことだが、紙パル
プ産業とは解りやすく言えば「豊富な天然資源を持つ製材業界が縦方向の
経営多角化を図った業種である」となる。と言うことは「住宅産業が不振
に陥れば建築用の製材品の需要が減少し、立木を伐採する量が減り、木材
チップの発生量も減少する」という図式になる。

経済原則では「供給が減少すると、その製品の価格が上昇することにな
る」のだが、パルプと紙の需要が好調で高値を呼んでいれば良いのだが、
現在の不況下では取りも直さず「原料高の製品安」に拍車がかかるだけの
結果となる。

我がW社はアメリカ最大級の森林の所有者であり、世界最大級の紙パルプ
林産物メーカーだった。「だった」とする根拠は「住宅産業が不振では建
築用の製材品の需要が減退し、紙パルプ産業が長引く不況に苛まれれば、
川上から川下までが不況に直面したから、リストラに進まねばならなく
なってしまったから」にある。

W社の状況はこれくらいにするが、アメリカの経済の仕組みでは住宅産業
の好不況が全体に与える影響が大きいものであるとの説明にはなったと
思っている。



━━━━━━━
身 辺 雑 記 
━━━━━━━

15日、断ることもできないまま休刊しました。申し訳ありませんでした。
理由はインターネットに接続できない状態に追い込まれていたからです。

知り合いの専門家に来ていただいたところ、転居に伴って新たに設定した
接続器具に不具合のあることが判明しました。

その器具を取り替えた結果、正常化しました。こんどは大丈夫のようで
す。。PCトラブルが起きるとノイローゼ状態になる

16日の東京湾岸は窓を開けたら珍しく涼しい。曇りです。

22日の大学病院ゆきまでは平凡な一条は続く。退屈だがこれでいいのだ。

夢でメルマガ選考委員会に ー連なり、宮崎正弘さんに世界一の中国
ウオッチャーとして 「大賞」を贈った。正夢だといいのだが。

読者:5217人


ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
-- 
渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/07/17



    「レストランでも、日本人だと分かると店の態度が急に変わる。あげくに客の韓国人が議論を吹っかけてきて罵倒する。とても暮らせない。日本人の韓国脱出が始まっている」(ZAKZAK) ★韓国から逃げないとヤバイですよ。

      

    「3、4人の『日本人狩り』の若者たちが、バットなどを手にして街を徘徊(はいかい)している。見つかれば『竹島はどこの領土だ?』『慰安婦をどう思うんだ』と必ず絡んでくる。怖くて街を歩けない」 (ZAKZAK) ★韓国の状況だそうです。 必要なのは脱韓国ですね。

  • 名無しさん2013/07/17

    【画像】 沖縄の海http://blog.livedoor.jp/nanaconn/archives/29612295.html

  • 名無しさん2013/07/16



    習氏遮り、日本との同盟指摘=米中首脳会談やりとり―前国務次官補



    時事通信 7月16日(火)18時9分配信 







     キャンベル前米国務次官補は16日、東京都内の日本記者クラブで記者会見し、6月に米カリフォルニア州で行われた米中首脳会談のやりとりに言及、習近平国家主席が日本への懸念に触れようとするのをオバマ大統領が遮り、「(発言は)そこまでだ。日本は(米国の)同盟国であり、友人だ。あなたはその点をはっきり理解する必要がある」と指摘していたことを明らかにした。

      キャンベル氏はその上で、「日米間には重要な絆があり、それは他国との間にはないものだ」と述べ、日米の特別な関係を強調した。 

  • 名無しさん2013/07/16



    習氏遮り、日本との同盟指摘=米中首脳会談やりとり―前国務次官補



    時事通信 7月16日(火)18時9分配信 







     キャンベル前米国務次官補は16日、東京都内の日本記者クラブで記者会見し、6月に米カリフォルニア州で行われた米中首脳会談のやりとりに言及、習近平国家主席が日本への懸念に触れようとするのをオバマ大統領が遮り、「(発言は)そこまでだ。日本は(米国の)同盟国であり、友人だ。あなたはその点をはっきり理解する必要がある」と指摘していたことを明らかにした。

      キャンベル氏はその上で、「日米間には重要な絆があり、それは他国との間にはないものだ」と述べ、日米の特別な関係を強調した。 

  • 名無しさん2013/07/16



    2013.7.13 18:00



    ゲンゴロウブナやビワマスなど「ここにしかいない」とされる固有種が数多く生息する琵琶湖。魚類だけでなく貝類や水草、昆虫などさまざまな生き物に固有種がみられる。そんな独特の生態系を持つ湖を舞台に、世界を驚かせる調査が行われた。体長が1ミリにも満たない微小生物の新種が、平成18〜24年度の7年間で50種類も発見されたのだ。このプロジェクトには世界各国から第一線の専門家が集結した。肉眼で捉えられない世界でも豊かな「生物多様性」が明らかになり、琵琶湖の環境に熱い視線が注がれている。



    注目集めた企画展





     草津市の県立琵琶湖博物館で「かわいいモンスター ミクロの世界の新発見」と題した企画展が、昨年12月から今年3月まで開かれた。会場では、琵琶湖とその周辺から見つかった、繊毛虫(せんもうちゅう)やカイミジンコ、イタチムシなど微小生物の新種が紹介された。



     「微小生物を対象に、県立琵琶湖博物館が初めて取り組んだ大規模な生息調査の結果を報告したんです。50種類もの新種が発見されたことが、注目を集めました」



     調査に携わった楠岡泰学芸員(微生物生態学)が説明する。同館主催の研究として平成18年度から24年度までの7年間にわたり、琵琶湖やその周辺エリアに生息している微小生物を徹底的に調査したのだ。





    11カ国の研究者集結





     地球規模で環境が刻々と変化する中、現時点で琵琶湖にどれだけの生物がすんでいるのか記録を残しておこうとの趣旨で、プロジェクトは始動した。



    「ただ、国内には微小生物の専門家は少なかったため、世界各国の研究機関に協力を呼びかけたんです。こうして、調査は国際的な取り組みになりました」と楠岡さん。同館の呼びかけに応じた英米豪など11カ国の研究者計53人が、このプロジェクトに賛同して琵琶湖に集結したのだった。



     調査範囲は、琵琶湖本体はもちろん湖に注ぐ河川やその支流、水路、付近の水田に及んだ。時には、古井戸や水たまりにまでリサーチの網を張りめぐらせた。



     その結果、貝殻に似た2枚の殻に包まれた「カイミジンコ」の新種は湖本体から次々と発見され、縦に長い体で水中を滑るように動く「イタチムシ」の新種は湖周辺の田んぼから見つかった。



     「新種発見」が学会などで報告され、他の地域で生息していないことが確認されれば、発見された場所の「固有種」として認められる。その認定にはしばらく年月がかかるが、50種類の新種の中には、琵琶湖の固有種である可能性が高いものも含まれているという。





    「古代湖」の一つ





     湖の「寿命」は通常、数千〜数万年とされる。しかし、中には10万年以上存続している湖もあり、その環境は周囲から隔離された空間だけに独自の生物進化を遂げ、多くの固有種をはぐくむ舞台となる。



     こうした湖は「古代湖」と呼ばれ、ロシアのバイカル湖やペルーのティティカカ湖など世界で10余りが確認されている。琵琶湖もその一つで400万年前に誕生したとされる。それゆえ、研究対象としても長い歴史を持つ。







    世界遺産の富士山は、巨大地震の強い力で内部にひびが入ると、そこから爆発的な噴火を起こしかねない状態だとする分析結果を、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)などのチームがまとめたことが16日分かった。



     直近の噴火は関東地方にも大量の灰を降らせた1707年の宝永噴火。チームは現在の富士山が、この噴火の直前と似た状況だと推定。約300年間マグマがたまり続けているとし、警戒を呼び掛けている。



     富士山の地下には、マグマが通った後に冷えて固まってできた硬い岩脈が多数走っている。たまったマグマやガスが閉じ込められた状態で、地震などで一気に噴出するかもしれないという。



    2013/07/16 09:26 【共同通信】

  • 名無しさん2013/07/16

    ある日俺はいつものようにラーメン頼んで待ってたら、中華屋のババァがニコニコしながら、

    「〜ちゃん、これ新しい麺のメニューなんだけど試してくれない? お題はいらないから♪」

    とか言ってタンメンもってきやがったの。

    俺は、

    『ババァ余計なことすんじゃねぇ! ここじゃ野菜はアウトなんだよ! 』

    て思いながらも口には出せず

    「ありがとうございます」

    て言ってモソモソ食い始めた。

    俺は最初タンメンかと思ってたんだけど、よく見ると赤いしひき肉じゃなくて豚バラ使ってる野菜担担麺だったのね。

    それが結構おいしくてさ。

    俺はババァに「おいしい」って言って、こりゃあ今度から担担麺一択だわ〜とか喜んでたのよ。



    それから俺は猛烈な勢いで中華屋に行くようになって、担担麺を食いまくったんだ。

    まぁラーメンとかって一回気に入ると中毒性でるじゃん?

    しかも辛いもんだから余計に食いたくなってさ。

    多い時は朝行って夜行く時もあったくらいハマったのよ。

    あまりにもうめぇからクラブの連中なんかにも勧めて、親から小遣いもらってみんなで食いに行くこともあった。

    その内子供経由でうわさが広まって、近所でその中華屋の担担麺が流行りだしたんだよ。



    そんで俺があまりにも中華屋に行きたがってさ。

    母ちゃんが飯作っても当時の俺は食べたがらないで、よく喧嘩になってたんだ。

    俺は親父が家にいないことが多いっていうのもあって、あんまり母ちゃん困らせたくないって考えが(母ちゃんは親父が出国した日の夜は心細くて泣いてた)ガキの頃からあって、今まで母ちゃんに反抗することなんてなかったんだ。

    そんなだったから、普通だったらそこですごい怒られるんだろうけど、俺の場合やっと第一次反抗期が来たって思われたらしくて、家もある程度余裕があったから飯くらいは自由にさせようってなって、毎日夕食は中華屋で取ることになった。

    母ちゃんも知り合いのババァとお喋りできたから楽しかったし、俺も担担麺食って機嫌よく学校のこと話したりするから嬉しかったんだろうな。



    担担麺食うようになってから半年くらいして、母ちゃんが瓶詰された担担麺に入れてる味噌?みたいなやつを持ってきてくれたんだ。

    その時の俺は知らなかったんだけど、中華屋も夜は待ちが出るくらい客が来るようになってて、そうなると毎日飯を食いに来てる俺を見て、近所で

    『あそこの奥さん子供に夕飯も作らないで毎日外食させてるらしい』

    て陰口言われだしてたらしいんだよ。

    それを聞いた中華屋のババァが、その味噌があれば家でも似たようなもの作れるからってくれたんだ。

    その味噌見て俺も喜んだよ。

    早速母ちゃんがスーパーで買ってきた生めんのインスタント? タンメンに、味噌入れて野菜ましましで食わせてくれたんだ。

    そしたら中華屋と味が全く同じでうめぇんだこれが。

    それからはもう野菜炒めに味噌入れたり鍋に味噌入れたりなんにでも入れて、俺は休日なんて3食味噌入りの料理食ってたの。



    まぁみんなもここまで来たらわかると思うけど、その味噌になんか中毒性のあるやばい物が入ってたんだろうね。

    家で食うようになって俺の体調がおかしくなってさ。

    味噌を直接舐めるようになって、食欲が異常に出たり、いきなり笑いが止まらなくなったりしたんだ。

    実は最初に味噌をもらった時に一回直接舐めたんだけど、その時は舌がびりびりして、とてもじゃないけど直接舐めれるものじゃないって思ってたんだ。

    (中国でよく使うコショウみたいな粉、バーミヤンのから揚げとかについてる奴がはいってて直接舐めると舌がびりびりした)

    それが完全中毒になってからペロペロ舐め始めるんだから、明らかに異常だよな。



    俺はよく暴れるようになったんだけど、母ちゃんは味噌が原因だって気づかなかった。

    中華屋のババァに何かの時に話した時に、ババァが超慌てて味噌で食わせるなって止めたらしい。

    そのあと母ちゃんは知り合いに相談して、俺はよくわからん場所に送られて、夏休みとその前後3か月くらい軟禁生活になったんだ。

    薬とか飲まされたわけじゃないけど、毎日決まった時間に起きて決まった時間に寝て運動して食事して、水をよく飲まされたのを覚えてる。



    ちなみに、その中華屋は今でも担担麺で繁盛してるし、美味いって評判になってる。

    そんでうちの町内は変質者がすごい多いし、殺人までは行かないけど、刃物振り回したり車で人んちに突っ込んだりする事件が他の地域に比べるとかなり多い。

    関係があるのかはわからないけどね。



  • 名無しさん2013/07/16



    訂正。メール配信されてました。

  • 名無しさん2013/07/16

    頂門の一針3008号   2013・7・16(火)

    メール配信されてませんよ。

  • 名無しさん2013/07/16

    日韓併合の真実: 「伊藤博文が邪魔になった韓国政府は、安重根に伊藤を暗殺させた。その後で安重根を大罪犯だと罵倒して責任を安重根に負わせた。 安重根がなぜ韓国の英雄か?  安重根は併合に反対する伊藤を殺し韓国の莫大な借金を日本に肩代わりさせた功労者だから。これが韓国人の識者の本音」

      

    日韓併合の真実: 「韓国が日本による併合提案を受け入れたのではなく、  外国への借金だらけでどうしようもなくなった韓国政府が、 日本に併合させて借金を肩代わりさせることを狙った。  韓国が借金だらけで下手に併合すると韓国の借金を背負わされることを知っていた伊藤博文は併合に大反対」