政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針号  2013・7・13(土)

2013/07/13

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針 3007号
□■■□━━━───────────────────────□■■□

        

           2013(平成25)年7月13日(土)




    吉田所長死去で菅元首相、ネット上大暴走:阿比留瑠比

                   事大主義は変わらず:山堂コラム 478

                        幕末・明治の日本外交:加瀬英明

              人民元の基軸通貨入りは遠い目標:宮崎正弘

                                       話 の 福 袋
                                反     響
                    身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第3007号
                             発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             

 
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
吉田所長死去で菅元首相、ネット上大暴走
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


             阿比留 瑠比

菅直人元首相のインターネット上での暴走が止まらない。東京電力福島第
1原発の吉田昌郎元所長が死去した際には、10日付のブログで「吉田所
長の死を惜しむ」と題しこう書いた。

「吉田所長は東電上層部の意向に反して独断で海水注入を継続した。英
断だ」

平成23年3月12日、水素爆発した1号機への海水注入をめぐり、 「菅首
相の了解が得られない」と中断を求めた東電本店の指示に逆らい、 独断
で注水を続行した吉田氏を称賛している。

ここまでは尋常だが、この後は文章の趣旨が追悼からずれ、自己弁護と
他者攻撃へとどんどん傾く。

「当時安倍晋三氏(現首相)は『海水注入を止めたのは菅総理。即刻辞
任しろ』とメルマガで私への辞任を迫った。東電本店のウソの情報を振り
かざして、原発事故までも政争の具にしようとした」

また、菅氏は関連して10日付のツイッターではこうも記している。

「海水注入問題では東電が自分たちの判断を官邸の判断とすり替えた」
「私を含め官邸の政治家は海水注入は当然と考えており、誰も中止を指示
していない」

菅氏は6日付のブログでも「安倍総理の大陰謀」と題し、安倍首相が
「東電から頼まれて」でたらめの情報を発信したため、「菅降ろし」が
起きたと訴えた。同様に11日には「ネットを利用した安倍晋三総理の巧妙
な名誉毀損(きそん)」と書くなどボルテージを上げた。

ただ、東電と安倍首相が陰謀の共犯者であるかのように決め付けたにもか
かわらず、根拠は示さない。あまりにためらいのない筆致には、「この人
は大丈夫だろうか」と心配になる。

実際のところはどうか。事実関係をたどると、東電本店が吉田氏に海水
注入中断を求めたのは、菅氏自身が「再臨界」に強い懸念を見せたからに
ほかならない。官邸で一部始終を目撃していた関係者は、「速やかな海水
注入を求める専門家らに対し、菅氏はこう怒鳴っていた」と証言する。

「海水を入れると再臨界するという話があるじゃないか。君らは水素爆
発はないと言っていたじゃないか。それが再臨界はないって言えるのか。
そのへんの整理をもう一度しろ!」

23年5月31日の衆院震災復興特別委員会では、菅氏自身がこう答弁 して
いる。

「水素爆発の可能性、再臨界の可能性、そして塩が入ることによるいろ
いろな影響。そこにいた専門家のみんなに、そこも含めて検討してみてく
ださいと…」

当時、原子力安全・保安院や東電が、官邸政治家から「指示なく勝手な
ことはするな」と厳命されていたのは周知の事実だ。菅氏に「整理」「検
討」と言われたら、どう受け止めるか。

官邸に詰めていた東電の武黒一郎フェロー(当時)が、菅氏の反応を見
て第1原発の吉田氏に電話で「止めろ。官邸がグジグジいってんだよ」と
中断を求めたことまで「東電の判断」と言い張る菅氏の主張は無理がある。

海水注入続行はあくまで吉田氏の独断による「結果オーライ」にすぎな
い。菅氏の「意向」がそのまま実行に移されていたら、1号機はどうなっ
ていたことか−。結果は想像したくない。(政治部編集委員)

【阿比留瑠比の極言御免】産経ニュース2013.7.12 11:35



━━━━━━━━━
事大主義は変わらず
━━━━━━━━━


  山堂コラム 478

韓国の朴槿恵・新大統領――就任後まずは米国を訪問。続くは日本の筈だっ
た慣例を破って中国を訪問した。習近平国家主席との首脳会談。コケにさ
れて日本政府・外務当局は唖然。

大慌てで斎木次官をソウルに派遣(11日)したがあとの祭り。日韓首脳会
談の実現に向けて必死の根回しは何の功なく甲斐もなく、安倍・朴会談は
暫く実現の見通しはなし。

朴大統領が日本を差し置いて中国を訪問したのは彼の国に脈々と流れる事
大主義の為せるわざ。要するに国威の衰えた日本を見限って中国に擦り寄
るが得策、国民にも受けると考えたからに他ならない。歴史認識の問題な
どというのはそのための方便。

先月(6月)末の朴大統領の中国訪問。訪中2日目(28日)の習主席との
昼食会の席上、朴大統領は「中国のハルピンに安重根の碑を建立したい」
と要請した。

安重根というのは今から100余年前の明治42(1909)年10月26日、日本の
伊藤博文公(明治の元勲・初代首相・韓国統監)を暗殺したとされる人物。

伊藤はロシアからココーフツォフ蔵相との会談のためハルピンに招かれて
いた。安はその後韓国では独立の英雄として祀り上げられ、ソウルに記念
館も建てられている。

韓国の小学校教科書でも勿論英雄。韓国海軍には安重根という名の潜水艦
もあるそうだ。重くてすぐ沈みそうじゃがの。

28日の昼食会席上、朴大統領はその安重根について「韓中両国共通の尊敬
すべき人物」とも述べたという。習主席は「関係機関に検討させる」と応
じたようだが、テロリストである。いくら「共通の尊敬すべき人物」だと
強要されても支那としては戸惑うアルよ。歴史認識というより価値観違う
アル・・・

実は安重根の碑については、2006年にも韓国人の手によってハルピン市内
に4.5メートルの像が建てられた。すぐ中国当局の手で撤去された。
KOREANは他国に上がり込んでテロリストの像とか、お河童髪少女の
像といったものを勝手に建てる癖があるようだ。

最初の米国訪問・オバマとの首脳会談で朴は「所謂・慰安婦問題」を取り
上げ、第三国である日本を誹謗した。

明治42年ハルピン駅頭での伊藤博文暗殺――犯人は本当に安重根だったの
か。疑い出せば「この1場面」だけでもいろいろな説があり歴史認識とか
史観などというのは一筋縄ではいかん。厄介なものなのだ。

ハルピンの現場に随行していた森泰次郎秘書官や室田義文貴族院議員らの
証言などによる伊藤公が狙撃された状況以下の通り。

伊藤は特別列車を降りた後、ココーフツォフの先導でホームに並ぶロシア
の軍楽隊・儀杖隊を閲兵した。往路では左側のココーフツォフが兵列側を
進み、ホーム端の各国領事団などとの握手を交わしたあと今度は復路。伊
藤が右側になって兵列側を進もうとした刹那、兵列の中から狙撃された。

銃声は最初4発、続いて3発の計7発。伊藤公が被弾したのはうち3発で
ある。随行していた森秘書官ら3人も被弾したが軽傷。

室田らが疑問を呈しているのは7発の銃声が全て同じには聞えなかったこ
と。安重根が持っていたのは独逸製ブローニング拳銃だったが、伊藤が被
弾した銃弾は仏国騎兵などが使うカービン小銃弾(ブローニングにも装填
は出来る)だったこと。また射角に不自然なところがあること、などである。

さらに室田翁譚によると「安重根はロ兵の股ぐらの間を潜(くぐ)るよう
にして現れた」となっている。

安重根が当時、高宗の退位などを求める日本からの圧迫に対して抗日運動
をしていたこと。ロシアのウラジオストクに亡命して「断指同盟」を結成
したことなどは確かなようで記録もある。しかし、つまりこれら記録は、
伊藤暗殺にはロシアの関与が強く、安はロシアに使嗾(しそう)された人
身御供に過ぎなかったという裏付けにならなくもない。

歴史認識と云えばロシアも北方領土・尖閣などをめぐって中国と歩調を合
わせることを前・メドベージェフ大統領が北京を訪れた時に明言した
(2010年9月)。

中国・ロシア・韓国は領土問題をめぐる魂胆で一致し、米国の後ろ盾が脆
弱になったのを好機と捉えて日本を国際社会から孤立させる動きを露骨に
してきたとみる。

韓国大統領の次の訪問国は日本ではなくて実はロシアなのではないか。そ
んな気がしてならない。(了)



━━━━━━━━━━
幕末・明治の日本外交
━━━━━━━━━━


           加瀬 英明

 1 はじめに

今年の5月27日、中曽根康弘元総理が95歳になられました。中曽根元総理
は、毎年、親しい人を20人くらい呼んでお誕生祝いの昼食会を行われます。

私は昨年は地方に行っていて参加できなかったのですが、今年は2年ぶり
に参加させていただきました。31年前、中曽根内閣が発足しましたとき
に、当時45歳だった私は、首相特別顧問という肩書きを頂戴して対米折衝
にあたりました。私は中曽根元総理の右側に座らされました。

中曽根総理が立ち上がり、みなさんに挨拶をされました。内容が素晴らし
いものでした。

「お国の御恩と、みなさんの情(なさけ)によって、今日を迎えることが
できました。」とおっしゃいました。

いまの日本の政治家で、「お国」や「御恩」という言葉を使う人が、今
日、おみえの中山成彬先生を除いては、いなくなってしまったのではない
かと思います。「

みなさんのなさけによって」という言葉は、これは「世間様のおかげで」
というのと同じ意味ですが、そういう言葉を使う人も、あまりいなくなっ
てしまったように思います。中曽根元総理のお言葉を聞いて私は、「さす
がは95歳だけのことはあるな」と思いました。

そのあと、ひとり1人が立ち上がって、5分間ずつお祝いを申し上げるこ
とになりました。このとき、お巡りさん出身の平沢勝栄(ひらさわかつえ
い)先生が立ち上がり、おもしろいお話をされました。

「自分は岡山県の県警本部長のときに、はじめて中曽根先生にお会いしま
した。しばらく前に、徳之島に行きました。徳之島には泉竹千代さんをは
じめ、110歳くらいのご老人が数多くおいでになります。

そこで村長さんに、『この島にはご長寿の人が多いけれど、どんな秘訣が
あるのですか?』と問いました。すると村長さんは、『それは風呂にはい
ることです』と答えました。

そこで私が、『この島のお風呂は、何か効能があるのですか?』と伺いま
したところ、村長さんが、『風呂長寿(不老長寿)と言うでしょ』、
と」・・・(笑)

中曽根元総理は、2時間の間出て来る懐石料理を残さずたいらげられまし
た。シャンペングラス2杯を飲み干され、最後に立ち上がって、6分ほ
ど、お礼のご挨拶をなさいました。

「私の歳になりますと、親しかった人たちがほとんど、途中下車してしま
いました。人生は修行です。これからも修行を続けて行きますから、みな
さん、これかもいろいろ教えて下さい。ありがとうございました。」

 故人というよりも、「途中下車」のほうが良いですね。人生を「修行
だ。これからも教えて下さい」とおっしゃいました。95歳の大先輩に お
教えすることなどありはしません。そういう言葉の中に、古くからある
日本人の本来の生き方というか姿勢を見ることができました。

 2 黒船がやってきた

1852年に、ペリーの艦隊が浦賀沖に現れました。このとき幕府はた いへ
ん狼狽(ろうばい)しました。いま箱根の芦ノ湖の上の方に、昔の東海道
が当時のままの姿で残っています。けれど道幅は2メートルもありま せん。

実は、日本中どこでもそうでしたが、昔は物資を運ぶのに、牛車や馬車
を使うことは、ほとんどありませんでした。ではどうやったのかという
と、船を使って、海や川から荷物を運んでいたのです。

ということは、江戸湾(東京湾)にペリーの艦隊に居座られてしまう
と、100万人以上いる江戸市民が飢えてしまうということを意味しま す。
しかもペリーは、開国要求に応じなければ江戸の町を焼き払うとまで 脅
してきたのです。日本は屈服せざるを得なかったわけです。

それでも日本は、たいへんな交渉努力を稔らせています。はじめにペ
リーがきたときには、回答に猶予がほしいともう仕向けて、ペリーに1年
間の猶予をとりつけているのです。

その1年間の間に、当時の徳川幕府が築いたのが、東京のお台場です。

いまそのお台場には、「レインボー・ブリッジ」が架かっています。私
は、お台場に架かる橋に、どうしてあのようなカタカナの名前を付けた
のか、身が縮むほど恥ずかしいと思います。

「お台場」は、ペリーが再びやってくる日に備えて、江戸の町の防衛の
ために、海を埋め立てた海上砲台として、およそ8ヶ月で築いた施設です。

埋め立てに用いる土は、高輪の八ツ山や御殿山を切り崩して調達したの
ですが、ブルドーザーなどない時代です。その時代に、人々がモッコを担
いで、あの島を築いたのです。それは、たいへんな労力だったことと思い
ます。私はお台場をみると、先人達が、私たちの国を守るために、どれほ
どの苦労をしたのかを偲(しの)びます。

2度目にやってきたペリーは、お台場を警戒して、その手前にある浦賀
に上陸しました。江戸の町は、守られたのです。

浦賀でのペリーについて、私はたまたまアメリカを訪れたときに、古い
銅板の版画を見つけました。版画には、片側にペリーたち一行が座り、反
対側に幕府の一行が椅子に座っています。

安かったので買ってきたのですが、実は、この交渉のとき、日本には
「椅子」というものがなかったのです。

幕府は、神奈川の役人に命じて、神奈川中のお寺から、坊さんがお経を
唱えるときに腰掛ける曲録(きょくろく)を集めさせてきました。そして
日本側が立派な曲録に座り、粗末な方に、アメリカ側を座らせました。

私 には、坊さんが座る曲録に徳川方の代表が座った姿が、徳川幕府体制
を葬 る法要のような気がしました。結局は向こうの無法な要求を全てき
かなけ ればならなかったからです。

こうして日本は、安政5(1858)年に、アメリカによって強いられて「日米
修好友好条約」に調印しました。

条約に調印すると、すぐに、イギリス、フランス、ドイツ、オランダ、ロ
シアが、うちの国とも結びなさいといってきました。これらは安政5カ国
条約として知られています。

この「日米修好友好条約」は、友好などいう言葉を使っていますが、と
んでもない不平等条約です。たとえば、関税についての決定権を日本は持
たず、白人が持っている。

白人たちが日本でどんなに悪い事をしようが、 罪を犯そうが、日本に裁
判権はない。さらに横浜などの開港した港には、 これら諸国の軍隊が駐
留するというのです。とんでもない条約だったわけです。

「日米修好友好条約」の調印は、ポーハタン号という東京湾に浮かんだ
アメリカの軍艦の上で行われました。そしてこのポーハタン号に乗って、
幕府の遣米使節団が米国に渡りました。

このとき日本人がはじめて日本人だけで操艦する軍艦をポーハタン号に
付いていかせました。

それが幕府の「咸臨丸(かんりんまる)」という、三本マストの軍艦です。

この艦長が、勝海舟でした。遣米使節団の団長は正使が新見正興(しん
みまさおき)、副使が村垣範正(むらがきのりまさ)という、ともに幕府
の外国奉行でした。

咸臨丸には、軍艦奉行だった木村芥舟(きむらかいしゅう)が航海の総
責任者として乗り込み、艦長に勝海舟、木村の従者として福沢諭吉乗っ
ていました。

そして日本人だけの手で帆船を操って、見事に太平洋を横断しました。

 3 槍と刀

この遣米使節団がアメリカに渡っている間に、井伊直弼(いいなおす
け)が幕府の大老となりました。そして日米修好通商条約(にちべいしゅ
うこうつうしょうじょうやく)に、攘夷論を無視して、強引に調印をしま
した。

このことから井伊直弼は攘夷派の武士たちからたいへんに恨まれま し
た。けれど私は、井伊直弼は文武両道に秀でた立派な人であったと思い
ます。あの時代の中で、もっとも優れた1人にいれるべきです。

井伊直弼は京都のとなりにある彦根で、36歳のときに藩主になりまし
た。この人は、まず武道(剣術、槍術、居合術)の達人です。そしてまた
本居宣長の古事記伝を学んだたいへんな勉強家でした。

これは私もまった く同意見なのですが、「儒教というのはくだらない悪
いものである。神道こそが正しい道である」と説いていた人です。また、
禅の最高位の允許 (いんきょ)ももらっているという人物でした。

ペリーが日本に開国を迫ったとき、井伊直弼は、各藩の藩主から意見を
求めました。このとき水戸藩主の徳川斉昭(とくがわなりあき)公は、意
見の中で次のように述べています。

「槍剣、手詰(てむすび)の勝負は、神国の所長(長所)に候。槍と剣
があれば、戦艦銃砲も怖れるにたらず」です。

井伊大老自身も意見書を出していて、こちらも今に残っています。

「暫く兵端を不開、年月を経て必勝万全を得る之術計ニ出可申哉」です。

しばらくのあいだ外国との戦争を回避し、年月を得て、必勝万全の体制
をたてるべきである、というのです。

井伊直弼は、遣米使節団がまだアメリカにいたときに、いまの警視庁の
ある桜田門で、水戸藩と薩摩藩の18人の脱藩浪人によって襲われ、暗殺さ
れました。

戦後の日本の外交をみましても、攘夷を唱えるような現実離れをした主
張、これは戦後でいえば安保反対を叫んでいた現実離れした左の人たちの
ようなものですが、幕末においても、こういう現実を直視しようとしない
で手前勝手な思い込みに凝り固 まっていた人たちが、日本を危うくして
いたわけです。

桜田門事件については、襲撃した浪人たちを讃えるような風潮がありま
す。ですが私は、こんな卑劣な人たちはいなかった、と思っています。

その日、お伴の護衛の武士たちは、雪が降っていたため、刀の鞘に鞘袋
をかぶせていました。つまり刀がすぐに抜けない状態にありました。浪士
たちと斬り結ぶことがすぐにはできない状態だったのです。襲う方も武士
ならば、正々堂々と、せめて相手に刀を抜かせるくらいのことはすべきです。

また井伊直弼が剣の達人であったことから、駕籠(かご)に乗った井伊
大老に、先に拳銃を発射して大怪我をさせています。そのうえで「駕籠の
外から」、刀身を差し入れて殺しました。武士の風上にもおけない所業で
す。武士であるなら、井伊大老に駕籠から降りてもらって堂々と斬り結ぶ
べきでした。

この襲撃では多くの浪士が命を落としましたが、一部は最後まで逃亡し
ています。これまた卑怯な振る舞いです。

攘夷論も、攘夷に加わった人たちも、日本を滅ぼすところでした。それ
を井伊大老が、勇気を持って開国に踏み切ったからこそ、今の日本があり
ます。

徳川斉昭公が主張したように、もしこの時点で日本が、アメリカ、イギ
リス、フランス、ドイツ、ロシアを相手に槍や刀で戦ったのなら、日本は
諸外国によって蹂躙され、分断され、今日の日本がなかったことでしょう。

ペリーの黒船が来たときに、「太平の眠りを覚ます上喜撰たった4杯で夜
も眠れず」という戯れ歌が詠まれましたが、他にも「アメ リカが来ても
日本はつつがなし」というのがあります。「つつがなし」は (だいじょ
うぶだ)という意味と、筒(つつ)(大砲)がないという両方 の意味を
架けています。

徳川斉昭公の意見の、「槍と刀があれば日本は大丈夫だ」という意見で
すが、私は、先の対米戦争と占領時代にマッカーサーが解任されてアメリ
カに戻るまでのノンフィクションを週刊新潮に50週にわたって連載しま
した。

戦争末期に日本は、日本列島をいくつかに割って、それぞれの防衛計画
をたてたのですが、その中で関東平野のあたりは、第一総軍が担当してい
ました。第一総軍の昭和20年7月の作戦会議録には、「決戦思想で攻勢
に徹する。死ぬまで攻勢をとる」と書かれています。

では当時、どれだけ武器が部隊に渡っているのかというと、リストが
残っています。そこにはなんと、「槍、1500本」とあり、そして、 「敵
が上陸するまでに、もっと槍を作れ」と書いてありました。まるで水 戸
斉昭公が、化けて出てきたようです。

攘夷の人たちが、愛国心に燃えていたのは素晴らしいことです。しかし
彼らは「常識のない」人たちです。戦後から今日までは、こういう人たち
が左翼になりました。

左ばかりではありません。右の人たちも、ちょっとおかしな人が多いよ
うな気がします。私は、自分は右ではなく、中道だと思っていますが、右
で典型的なのが故・三島由紀夫です。三島由紀夫の弟さんは平岡千晶さん
といって、私より2つ上で外交官です。よく一緒に酒を飲みましたが、お
兄さんとは、だいぶ人柄が違う人でした。

お兄さんが亡くなって30年目くらいのとき、雑誌「諸君」が、40人 に三
島の死について800字ずつ書く、という機会がありました。38人 は三島由
紀夫をベタ褒めしていました。けれど私と小堀桂一郎(こぼりけ いいち
ろう)先生の2人だけが、「あの死はくだらない死だった」と書きまし
た。

第一に国を動かすために決起したといいながら、当日、市ヶ谷の司令官
を騙して縛り上げています。割腹といっても私的な行為で、そのために公
の場所を穢しています。これも許しがたいことです。

私は、盾の会の制服 がまるでキャバレーのドアマンみたいだと書きまし
た。不真面目です。そこには、熱気にうなされた幕末の攘夷の志士達と狂
気において通じるもの があるような気がします。

幕末、そうした凝り固まった攘夷思想が蔓延する中で、これを押し切っ
てまで開国に踏み切る決断と実行をした井伊直弼の勇気は、後世におい
て、もっと高く評価されるべきものと思います。

 4 覚悟

勝海舟という人は、たいへんおもしろい人物です。勝海舟の曾祖父は、
新潟から出てきた全盲の、いまでいうマッサージ師でした。しかし江戸
時代の日本は、身体障害者にやさしい社会でした。

私は、視覚障害者の福祉に40年取り組んできましたが、あるとき韓国に行
き、向こうの首相に会いました。24〜5年前のことです。当時の韓国の金
さんという首相は、日本語がたいへんに上手で、「恥ずかしい事ですが、
韓国では身体障害者というのは、たいへん嫌われ、馬鹿にされます。全盲
の人が歩いていると、子供達が石を投げます」と言っていました。

日本は昔から違いました。身体障害者も独り立ちして生きて行ける道筋
をつけていたのです。勝海舟の曾祖父は按摩(あんま)の仕事をしなが
ら、貯めた小金で高利貸しをはじめました。これでかなりの金を儲けて、
孫のためにと下っ端の侍の株を買いました。当時は、お金で武士の身分を
買えたのです。

「勝」という家は、小十人(こじゅうにん)と言いますが、年間で10人だ
け食える米百俵の俸禄を支給されるという、一番身分の低いお侍でした。

勝海舟は蘭学を学び、特に海軍について詳しくなり、以後、幕府の海軍
奉行にまで抜擢されました。

江戸時代は、不思議な社会です。身分制度が窮屈だといっても、かなり
の流動性がありました。もっとも身分の高い方は旗本で「殿様」と呼ばれ
ていました。しかしその下の福沢諭吉とか勝海舟などは、「御家人(ごけ
にん)」です。旗本が将校とすれば、兵隊にあたります。

ポーハタン号と咸臨丸に乗っていった一行のアメリカに行く用件は、日
米修好友好条約の批准書をアメリカの大統領に届けるというだけであり、
向こうで交渉する権限は、まったく与えられず、せっかくアメリカに行く
のだから、向こうのことを学んで来い、ということでした。
 
先にお話した軍艦奉行の木村摂津守芥舟(かいしゅう)ですが、彼は 使
節団のお目付役といって、実務を監督するのが役割でした。

福沢諭吉の『福翁自伝』によりますと、戦国時代の武士は、戦場に赴く
時は家財道具を売り払って、それで甲冑や武器を揃え、また部下を養うた
めに、かなりの額の金を持っていきました。

木村摂津守はこれに倣って、咸臨丸に乗り込む前に家に代々伝わってい
た骨董品とか書画などを全て売り払い、それを米国などの金貨や小判に
換えています。全財産を処分した大金を持って咸臨丸に乗艦していました。

ところが船が台風で大きく揺れたときに、木村摂津守が金貨を入れてい
た袋が破れて、中から数千枚の金貨が甲板にこぼれてしまったのです。福
沢諭吉ら乗組員は、全員でその金貨を拾い集めて、元通りに袋に戻しまし
た。

誰も盗むなどしなかったこともさりながら、木村摂津守が、咸臨丸で
 アメリカに渡るというそれだけの任務のために全財産を売り払ってまで
し て、任務遂行に命を賭けたという姿勢に、目を見張るものがありま
す。昔 の人は実に偉いものだと思います。

 5 不平等条約

さて、明治の外交の一番大きな目標は何だったかと言うと、不平等条約
改正です。こんにちでも外国から国賓がおいでになりますと、宮中で国賓
を迎えた宮中晩餐会が催されます。最近では、フランスのオランド大統領
がおみえになったり、インドのシン首相がおみえになりました。

すると日本では、「フランス料理」でおもてなしをします。これは実に
不思議な事です。韓国に行くと、青瓦台の大統領官邸で国賓を迎えるとき
は、もちろん朝鮮料理です。中国では天安門広場に面した人民大会堂で、
中華料理です。タイではタイ料理、インドではインド料理、みなその国の
料理を供します。

以前、フランスのヴァレリー・ジスカル・デスタン(Valéry
Giscard d'Estaing)大統領がおみえになったとき、随行してきたフラン
ス外務省の外交官と親しかったので一杯飲んだら、彼は、「ウチの大統領
が日本に来て一番がっかりしたのが、宮中の晩餐会でもっとも美味しい日
本料理が食べられると楽しみにしてきたのに、フランス料理が出てきた」
と、ぼ やいていました。

なぜ日本ではフランス料理が供されるのでしょうか。

みなさんもよくご存知と思いますが、明治に入ると、伊藤博文公などが
中心になって鹿鳴館というと、いまの日比谷の帝国ホテルの隣に建ってい
ましたが、この鹿鳴館で、伊藤公やその愛人や顕官や、夫人、令嬢たちが
ヨーロッパの貴族のような恰好をして、仮装舞踏会を夜な夜な催して、在
京の西洋人を接待しました。これは、日本もヨーロッパに負けない文明国
であることを証明しようとしたことによります。

当時は、世界唯一の一流の文明といったら、白人キリスト教徒の文明文
化でした。日本の生活習慣などは、すべて野蛮だとみなされていたので
す。そこで宮中晩餐会でも、フランス料理を供するようになりました。当
時は日本料理は野蛮なものと思われたからです。

不平等条約を改正するために、日本もヨーロッパなみの西洋の文明を身
につけなければならなかったのです。ですから畏れ多い事ですが、天皇
陛下や男子皇族の皆様は、公の場では、和服をお召しになることがありま
せ ん。これも不平等条約を改正するための血みどろの努力のなごりです。

日本が、ようやく戦後、西洋に追いつき並ぶ、世界第2位の経済大国に
なったときに、宮中晩餐会でも日本料理を出すべきだという議論が起こり
ました。

しかし私は未来永劫フランス料理を出すべきだと思います。私たち日本
国民が白人キリスト教国から受けた屈辱を忘れないためです。それだけ血
みどろの努力をして、日本は不平等条約を改正することに成功したのです。

 6 大隈重信

大隈重信という人がいます。早稲田大学を創った人です。佐賀藩の下級
藩士の息子です。

福沢諭吉とよく似ています。諭吉が九州の大分県の中津藩の出身で、大
阪屋敷で下級藩士の子として生まれました。二人とも幼時に父親が病死し
ます。

大隈は、若い頃から旺盛な反骨精神の持ち主でした。諭吉は『福翁自
伝』を残していますが、大隈重信も同様に口述による自叙伝を残していま
す。なぜか復刻版が出ないのですが、私はその本を持っていて、これを読
むと、実におもしろい。

佐賀藩の藩士の息子たちは全員藩校の弘道館(こうどうかん)に通わさ
れたのですが、重信は、15歳になると、「漢字は悪魔の字である」と確
信します。それで、自分の名前以外は、一切漢字を書かなくなりました。

私も、「漢字は悪魔の字」と確信しているひとりです。漢字は中国で生
まれたものですが、一般の人には難しくて読めない。つまり支配階級の人
たちが人民を支配するために、難しくて、ややこしい字を使ったものです。

中華料理のメニューには適していますが、漢字だけで書いてあると、ま
さに悪魔の文字の羅列です。日本の場合は、漢字に訓読みを与え、ひらが
な、カタカナを加えることで、漢字の持っている毒を抜いてしまっている
からいいのです。

さて、漢字の使用を拒否した重信は、弘道館から、追放されてしまいま
す。けれども優秀な少年だったから、藩主が目をかけてくれて、「お前は
見所のある奴だから、長崎に行って英学(蘭学に代わって新たにはいって
きた英語学)を学んで来い」と、長崎留学をさせてくれました。

長崎で大隈は、ユダヤ人の英 語教師、フルベッキ(Guido Herman
Fridolin Verbeck)から、英語や西 洋の歴史を学んでいます。福沢諭吉
も蘭学から、横浜に出て英学を学びま した。

維新後、大隈重信は明治新政府に加わりますが、この頃、駐日英国公使
(当時は日本には「大使」は派遣されていません。それよりも格下の「公
使」が派遣されていました)に、パークス(Sir Harry Smith Parkes)と
いう男がいました。

これが実に傲慢で嫌な男で、明治新政府の色々な人が 交渉役を担当した
けれど、誰も勤まらない。そこで最後に若い大隈に、 「お前、英語がで
きるんだから、行って来い」とお鉢がまわってきたわけ です。

大隈は、明治政府を代表してパークスと談判することになりまし た。大
隈がパークスを訪問すると、パークスは大隈を見るなり、いきなり、「お
まえのような年齢も行か ない若造と、まじめに話をすることなどできな
い」と、恫喝してきました。

 大隈は、まったくひるまず、「しかし私は、日本政府を代表して来てい
ます。閣下が私を断るということは、日本政府との話し合いを拒むという
ことでしょうか? それでは日本に来られている意味がないのではない
か?」と反論します。さすがのパークスも、これには一本取られ、大隈と
の交渉に応じています。

大隈が交渉役となったとき、もうひとつ大きな問題がありました。それ
はキリスト教の宣教を認めるかどうかという問題です。当時はまだ日本
は、秀吉によったキリスト教禁教のままです。

秀吉がキリスト教を禁止し た理由は、キリスト教宣教師が、日本人の信
者をそそのかして神社やお寺 を壊したり襲撃させたりしたからでした。
秀吉は、最初のうちは宣教師の バテレンらを手厚くもてなしていたけれ
ど、こうしたことから禁教に踏み 切ったのです。そこで大隈は言いました。

「あなたがたは、キリスト教は愛の宗教だとおっしゃるけれど、しかし北
米、南米、中米、アフリカ、アジアで、キリスト教は、何人くらい殺して
きたのでしょうか? 日本として対応に時間が必要です。」 これにパーク
スは、ものの見事に納得し、大隈は大手柄をたてています。

いま、1円、2円という通貨単位がありますが、これを創ったのは、大
隈重信でした。それまでの日本の貨幣は、小判をはじめ方形のものが使わ
れていました。大隈は、西洋には四角い硬貨はないから、西洋にならって
丸くしようと、「円」の呼称を採用させました。

日本では、大隈重信は政治家になったせいなのか、福沢諭吉よりも人気
がありませんが、おもしろい人でした。当時の日本人が偉かったと思うの
は、「自分は漢字なんて嫌いだから書かない」と言った人を、外務大臣に
し、総理大臣にし、早稲田大学の創立者にしたということです。いまの日
本では考えられないことです。

 7 人種平等

明治日本は、不平等条約の改正のために、血みどろの努力をしましし
た。今日は、女性がおいでですが、以下は学問的の話だと思って聞いて下
さい。明治10(1877)年4月に、当時の文部省が全国の女学校に、「こ
れからは(女性は)立小便をすることをやめるように」との通達を出して
います。

私は戦時中の子供の頃、長野県で育ちましたが、長野では田んぼのあぜ
道などで、成人の女性が普通に立小便していました。インドネシアにもよ
く通いましたが、女性たちが立小便をしていました。ポリネシアとか、ミ
クロネシアとか、南方系の風俗ですが、明治新政府は、そこまでして、日
本は、西洋諸国にならぶ文明国であるということを示さなければならな
かったわけです。

最後の不平等条約が改正されたのは、日本が日露戦争にめでたく勝った
後のことです。当時の白人キリスト教国の発想では、近代兵器を持って大
量殺人ができるということが、文明国の証(あかし)だったわけです。

そして日本は、一等国の仲間入りをしました。

日本国民が、明治にはいってから、抱いていた大きな国民的悲願は何で
あったのか。

ひとつは、屈辱的な不平等条約を改正すること。もうひとつが、人種平
等の世界を創ることでした。

福沢諭吉の『福翁自伝』にある話ですが、ヨーロッパに遣欧使節団とし
て随行したとき、使節団の正使は、もちろん旗本のお殿様です。そのお殿
様は、パリで一流ホテルの、一番よい部屋に宿泊しました。

良い部屋です から、ちゃんと室内にトイレがついています。けれどお殿
様は、あえてロ ビーのトイレを使いました。しかもトイレの扉を大きく
開いたまま用をた し、その開いた扉の脇には、殿様の太刀持ちが太刀を
捧げ持って床に正座 していました。これを文化人類学では、カルチュア
ル・コンフィデンスと いいます。(Cultural)文化的な、
(Confidence)自信です。

たとえば、西洋料理を食べるときは、スープをズルズルと音を立てて食
べてはいけないとか、お皿を持ち上げてはいけないなどとされています。
サラダなどのお皿を持ち上げて、フォークなどでかき込む、そういうこと
をするのは、マナー違反で恥ずかしいといいます。

ところが日本では、だいたい机をみんなが囲んで食事をするということ
は、もともとありません。全部お膳だったのです。お膳は低いから、お皿
を手に取らなければ食事がきません。日本人が、サラダの小皿を持ち上げ
て食べてどこが悪いのか、スープを音を立てて吸って、何が悪いのかと、
そういうことをわるびれずにすることを、Cultural Confidence と言います。

現代の日本人の多くが、西洋のマナーをびくびくしながら守ろうとしま
す。それは、Cultural Confidence が失われたことを意味します。いまの
日本人は、すっかり卑屈になって日本人たる自信をすっかり失ってしまっ
ているからです。私は、もっと堂々と、日本の作法、日本人の物事の考え
方で良いと思っています。

咸臨丸とポーハタン号に乗って米国に渡った遣米使節団が、ニューヨー
クのブロードウエイで馬車に乗って行進している写真があります。そのと
きは、アメリカでたいへんなブームになって、多くの人々が、日本人がく
るというので家を空き家にして見物にきたために、向こうの本にあります
が、空巣狙いの泥棒が活躍したほどだったそうです。

遣米使節団は、全米どこに行っても大歓迎されました。アメリカ人が書
いたものを読むと、日本人は、「威厳がある」、「堂々としている」、
「礼儀正しい」と書いています。当時、清国からも使いがやってきていま
すが、「中国人と比べると、日本人はまったく違う地域から来たと思われ
る」、「中国と日本が隣り合っている国とは信じられない」と書いている
のです。

このような誇りが日本を守って、幕末と明治の聞きを乗り越えました。

幕末から明治にかけて日本人は、誇り高い民族でした。それを残念なが
ら今の私たちは失うようになっています。先人に申し訳ないことです。

 8 安きになれては、おごりくる人心の

みなさんは樋口一葉をご存知と思います。5千円札に肖像画が載ってい
ます。樋口一葉はお父さんが山梨県の農家の次男坊で、長男しか跡を継げ
なかったので、幕末に江戸に出てきて、明治に入って東京市になったと
き、東京市の役所の下級役人に就職しました。

下級官吏が住む長屋で、明治5年に樋口一葉は産まれました。本名は樋
口奈津(なつ)といいます。「夏」とも書きました。

なつの学歴は小学4年しかありません。当時の小学校は4年までしかな
かったからです。11歳までの4年間、小学校に通いました。

17歳のときに、父が病死し、母と妹たちの生活を支えるために、近所 の
人たちの洗い張り(洗濯)や、針仕事(仕立て)をして、貧しい生活を
強いられました。そのかたわらで、明治の女流文学の最高峰と言われる作
品を、次々と発表しました。父は農民の出ですが、教養があったからでした。

日清戦争が終わった翌年、25歳のときに、病死しています。

それにしても、樋口一葉というのは、綺麗な人ですね。たった1枚、写
真館で撮った写真が、5千円札の肖像のもとになっていますが、お札の一
葉は、造幣局で作画した際に陰影をとってしまったので、のっぺりした顔
になっています。ところがもとの写真を見ると、蠱惑的な、うっとりする
綺麗な人です。

一葉は、克明な日記をつけていました。病死する前年の日記に、次のよ
うに書いています。ちなみに一葉は、生涯一度も洋装をしたことがありま
せん。生涯和服でとおしています。日記には、こう書いてあります。

「安きになれては、おごりくる人心の、あはれ外(と)つ国の花やかな
るをしたひ」安きに慣れてというのは、なんでも安直なものに流れている
ということです。安直なものに流され、おごりたかぶった人々の心は、ま
ことにあわれなものです。華やかな外国(西洋)ばかりを慕い、

「我が国振のふるきを厭ひて」日本の伝統文化や生活文化を嫌って「う
かれうかるる仇ごころは、流れゆく水の塵芥をのせてはしるが如く、とと
どまる処をしらず。かくて流れゆく我が国の末、いかなるべきぞ」と、嘆
いています。まるで今日の日本のようですね。

まだ日露戦争を戦っていないときのものです。西洋文明に浮かれ、この
ままいったら日本の古き良き伝統文化がなくなってしまう、ということ
を、深く憂い、嘆いているのです。

いまの日本にとって必要なのは、先人が、この日本を守るために、どれ
だけの苦労をしたのか知ることが必要であると思います。

私は、英語屋です。他の人よりはるかに英語ができると思います。海外
でときどき講演をしますし、シカゴ大学、ペンシルバニア大学で講師をつ
とめていたこともあります。私の英文著書をイギリス一流出版社が出して
くれました。

しかし私は、明治の頃の、岡倉天心とか、新渡戸稲造とか、戦後なら総
理大臣をつとめた幣原喜重郎の英語には、まったく太刀打ちすることがで
きません。どうしてだろうと、考えたことがありました。

岡倉天心など、あの時代の人たちは、自分の一身の成功のために英語を
学んだのではありません。日本の独立を守るために英語を学びました。私
も残念ながら、英語ができれば将来収入が良くなるか、いい地位に就くこ
とができるのかななど、賎しい動機があって学んだ英語です。

だからまったく違います。幕 末から明治にかけて日本を支えた日本人
は、気概、覚悟というものがあっ たからこそ、日本は、西洋の白人の帝
国主義の脅威を見事に撥ね除け、日 露戦争に勝ち抜き、先の大戦では残
念ながら敗れてしまいましたが、それ でもなお、これだけの国を築くこ
とができました。

日本は、人種平等の世界をつくることを、幕末から夢見ました。

当時の武士たちが、ヨーロッパやアメリカに渡る途中で、アジアを通り
ました。彼らが書いた多くの文献があります。そこには、アジア人が白人
によって、まるで家畜のように酷使されている。

日本が先の戦争に敗れるまでは、日本では白人のことを「白魔(はく
ま)」と呼んでいたものです。白人は恐ろしい魔物でした。

いま白魔という言葉は忘れられていますが、いまアメリカで黒人の大統
領が誕生しました。これは日本が先の大戦を戦って、アジアを解放した
高波がアフリカ大陸を洗い、アフリカにも次々と独立国が生まれました。

私は50年代の末にアメリカに留学しましたが、あの頃は、黒人が白人 の
レストランに入って食事をするなど、想像もできませんでした。ところ
が、アフリカの独立国から、黒い外交官がやってくる。

外交官を差別でき ないので、白人のレストランに入るのを拒否できな
い。同じ黒人なのに、 どうして彼らはレストランに入れて、我々アメリ
カの黒人は入れないのだ ということになって、1960年代にマーチン・
ルーサー・キング牧師に よって公民権運動が起こり、ようやくアメリカ
の黒人が解放されたました。

アメリカのメジャーリーグで黒人がプレイできるようになったのは、戦
後のことです。

いま、アメリカで人種平等の社会が生まれたのは、日本のおかげです。

人種差別は、人類の歴史を通じて行われたものですが、日本は和の文化
であり、先の戦争に敗れたものの、人種平等の世界を実現しようという戦
争目的を果たしました。

私達の先人が苦闘したことは、みなさま覚えておいていただきたいと思
います。

(第2期日本史検定講座第8講より)



━━━━━━━━━━━━━━━
人民元の基軸通貨入りは遠い目標
━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成25(2013)年7月13日(土曜日)
        通巻第3982号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 人民元の国際化は加速したがIMFの基軸通貨入りは遠い目標
   米中戦略経済対話からみえてきたリアリティ
*********************************

7月11日、米中戦略経済対話が終わり、「米中共同文書」が発表された。
ルー財務長官とカウンター・パートは王洋副首相(序列9位)。ほかに
ジョン・ケリー国務長官と楊潔チ国務委員(前外相)。

中国は日米同盟、TTP交渉のゆくえに並々ならぬ関心を抱く一方で、今
回の米中戦略対話でもっとも重視したのが為替問題である。

ケリー国務長官もルー財務長官も親中派なので、米国が憂慮するハッカー
攻撃は、「継続討議」となっただけで問題化しなかった。

共同文書に曰く。

「為替相場の柔軟性向上と、為替相場の経済のファンダメンタルズからの
継続的乖離を避ける」(つまり中国は人民元の為替操作をしないように努
力せよ、と米国が要求したのが、このような抽象的文章となった)。
「通貨の競争的切り下げを回避」(米中は通貨安戦争を展開してきたこと
を暗に認めた)
 
周小川と王岐山は2011年まで国際会議の席上、「人民元は2013年までに
IMFのSDR通貨バスケットに入り、シェアを3%とする」と剛毅に
も、その実現不可能な数値目標まで出していた。

その後、周小川は引退せずに現在も中央銀行総裁だが、王岐山は、金融担
当を外れて汚職追放キャンペーンの責任者となった。

彼らが一時期豪語した「目標の2013年」になったが、IMFの議題にも上
らない。人民元は依然、ローカルカレンシーのままである。


 ▼なぜか台湾でも人民元預金がブームとなった

しかしながら人民元の国際化は水面下で次のように進んでいる。

中国の通関統計による人民元決済は、12%(12年第四四半期)、前年
同期は8%だった。

中国は人民元国際化を協力に推進し、香港、シンガポール、ロンドンで人
民元建ての国債を発行し、人民元預金に特典を付けて香港、シンガポル、
台湾で販売した。

香港の人民元預金は4600億元(7兆3600億円)となった。

台湾は1500元(2兆4000億円)を記録して、シンガポールを抜きさり、2
位に躍進した。シンガポールのチャイナタウンを主力とした人民元預金総
額は1400億元と推定される。

また世界全体で人民元による貿易決済は0・7%で、まだ世界13位(ちな
みにドル、ユーロ各36−37%、日本円2・6%、英ポンド8・6%で
ある)。これではまだまだIMFのSDRバスケット通貨の仲間入りには
距離があるが、瞠目するべき実力を人民元がつけてきたことは事実である。


     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌3981号(読者の声)への感想です。

 1.日米戦争の真の開戦事情:日本を知る女性歴史家ヘレン・ミアーズ
女史は「戦前の外交記録を見れば誰もが米国が日本を圧迫し,日本が必死
に回避しようとしたことがわかる」と名著「アメリカの鏡日本」の中で記
しています。

一方、米国の歴史家モーゲンスタインは著作「真珠湾」で、「近代ではあ
らゆる戦争責任は敗者に負わせる習わしになっているので、開戦事情を調
べることは喜ばれない」と記しています。

これは欧米の知識人は日本の戦争が自衛戦争であったことを知っていると
いう意味です。

実際日米の戦争映画は皆真珠湾から始まっています。ハルノートや対日貿
易封鎖政策は隠蔽されています。

  2.東京裁判の正体:これは米国のアジア政策を正当化するための史
実と論理を欠いた宣伝芝居でしたが、米国のアジア政策が失敗したために
急速に終わり解散されると二度と再開されませんでした。
大東亜戦争の原因は二つあります。

一つは独ソ戦に備えたスターリンの極東工作です。反共同士の日本と蒋介
石を戦争させて無力化しました。これが支那事変です。

二番目は米国の19世紀以来の支那満州進出欲です。

満州に先行する日本を滅ぼしました。日米戦争です。しかしスターリンの
ヤルタ協定の違約で、取らぬ狸の皮算用におわり、逆に米国は大陸から追
い出されました。そこで戦後の日本非武装政策は無駄になり,昭和25年ダ
レス国務長官が吉田首相に再軍備を要請したのです。

これと同時に日本軍人の処刑は終わりました。日本軍人を処刑しながら日
本軍の再建を求めることはさすがに出来なかったからです。

東京裁判は米国の失敗した古い太平洋政策の奇怪な宣伝芝居であり歴史観
ではありません。なぜなら原爆を含む史実の公開、公正な価値観、合理的
な論理が欠けているからです。


 3.宣伝と真実:イスラエルの大統領は「世界に憐れまれて滅びるよ
り、世界を敵に回しても生き残る」と述べています。日本人は反日宣伝で
殺されるのなら立ち上がるしかありません。

またイスラエルの知恵を応用すると、慰安婦宣伝問題は日本人も悪い。な
ぜなら正しい広報をしてこなかったからです。それは戦後日本政府が真に
独立しておらず、虚構の反日宣伝に対して事実を否定せずに、謝ったか
ら、金を払ったからなどとごまかしを続けてきたからです。これでは有罪
を認めたことになります。方向が間違っています。政府の対外広報の基本
姿勢を正すことが必要です。

日本の朝鮮併合は自衛のためなので正当です。
ロシアが朝鮮人を使って日本を攻撃占領する可能性があったからです。元
寇の再現です。だから日本人は罪悪感を持ってはいけません。だいたい本
国の存亡を欠けて超大国と経済植民地を争う国はありません。

 4.対米広報の方針:米国には戦前の理不尽な反日宣伝が残っていま
す。すなわちすべて日本人が悪いです。そこで戦後の記憶を上塗りするこ
とが必要です。朝鮮戦争では大量の米兵が朝鮮人、支那人に殺されていま
す。捕虜が拷問されています。

板門店では米兵が北朝鮮兵に斧で撲殺されました。ベトナム戦争でも多数
の米兵がソ連、中共の支援する戦闘で殺されました。しかし日本人には殺
されていません。そこで慰安婦問題の広報では朝鮮戦争やベトナム戦争の
写真を掲載し、米国に戦後の冷戦の記憶をもっと宣伝する必要があると思
います。
  (東海子)




━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎マダニ感染で80代女性死亡 岡山

岡山県は12日、マダニが媒介する重症熱性血小板減少症候群(SFTS)
に県内の80代女性が感染し、死亡したと発表した。県によると感染確認
は全国で27例目、死亡は13人目。同県内では初の感染例だった。

女性は7月に歩行困難などを訴えて入院。同月上旬に死亡したという。左
足首にダニによるものと思われる刺し傷があり、国立感染症研究所で検査
の結果、SFTSウイルスが確認された。

SFTSは平成23年に中国、国内では25年1月に山口県で初めて確認され
た。産経新聞 7月12日(金)12時11分配信



 ◎ここから本文です
[PR] 海外FXは今が始め時!安心なFX会社を紹介⇒海外FXお役立ちガイド
国際
国際総合中国・台湾韓国・北朝鮮アジア・オセアニア北米中南米ヨーロッ
パ中東・アフリカこのエントリーをはてなブックマークに追加mixiチェッ
クFacebook
戦場カメラマン・久保田弘信が見たシリアの現状
THE PAGE 7月12日(金)11時34分配信

戦場カメラマン・久保田弘信が見たシリアの現状

隣国トルコに逃れるシリア難民
 2年にもおよぶシリア内戦。アサド政権の支配に反対する反政府軍(自
由シリア軍)の戦いは、ダマスカスやアレッポなどの都市部だけでなく、
地方の小さな村までも戦場に巻き込んだ。今年2月と6月、二度にわたって
シリア入りした戦場カメラマン・久保田弘信さんが横浜市立大学で講演
し、現地の惨状を学生らに訴えた。彼が目の当たりにしたシリアは、どう
いうものだったのか。

【久保田弘信 写真特集】配給を待つシリア難民

■内戦に巻き込まれた500人の村

 久保田さんがシリア入りするきっかけは、国境なき医師団で活動し、任
期を終えた看護師の呼びかけだった。「医療物資をジャーナリストの方に
運んでほしい」という依頼をうけ、「自分が役に立てるのなら」という気
持ちで日本を飛び立った。拠点としていたのは、トルコ国境の町ハタイに
近い山間部の小さな村にある診療所だった。

 そもそも、この村は人口500人程度の小さな村。攻撃が地方にも及ぶよ
うになったため、都市部や周辺の村から逃れた人たちが集まってきてい
た。ここは自由シリア軍の拠点にもなっているため、ときに政府軍のター
ゲットにもなっているという。
戦場カメラマン・久保田弘信が見たシリアの現状

シリアで取材活動を行う久保田弘信さん 銃口を突き付けられることもあ
るという
■幼い子供も攻撃の犠牲に

 到着してから、ひっきりなしに患者が運ばれてきた。

 「たくさんの人たちが、ここに運ばれてくるが、それはケガをした人た
ちなので、当然ながら亡くなった方は来ない。亡くなられた方を含めると
多くの民間人が犠牲になっている。周辺の村では幼い子供もなくなってい
る。それだけ、シリアがひどい状態だということ」。

 医療を取り巻く環境の悪さは想像を絶している。医師は周辺諸国に逃れ
たシリア人の医師が二週間交代で対応していた。電気はあるが、ガスはな
い。ここで対応する人たちの食事は、薪ストーブで作られる。都市部の施
設とは異なり、設備などはまるで整っていない。

 そもそも、昨年7月まで学校だったところを、診療所として使っている
だけの場所。設備はもちろん、医療物資も医師も慢性的に不足していた。

■携帯電話の光を頼りに執刀

 民間人をターゲットとした攻撃が毎日のように続き、患者が次々に搬送
されてきた。

 医師はすべての患者の対応に追われるため、1日50人の手術を行うこと
も少なくない。インフラが整っていないため、手術中の停電も珍しいこと
ではないという。数少ない光をかき集め、メスを握り続ける医師が頼りに
する光は、ときに携帯電話の乏しい光であることもしばしばだ。

 薬も物資も足りなければ、ケガを負った箇所を洗う水もない。さらに
は、輸血する血も不足している。ときに医師は、手術を行う前に自分の腕
に針を刺し、輸血用の血を確保する。そして、執刀する。

■薬よりも武器を支援してほしい

 医師たちが口にする言葉は、やはり支援を求める声が多い。足に重傷を
負った患者を救った“医療用の金具”は、実は、周辺で探してきた金属を消
毒して加工しただけのものだったりもする。

 「とにかく薬や医療物資を支援してほしい」と訴える医師もいれば、過
激なものは「薬よりも武器を送ってほしい。地対空ミサイルを支援してほ
しい」と真剣に話す医師もいる。政府軍の攻撃はヘリ2機で行われること
が多いため、地対空ミサイルがあることで、抑止力になるという。実際
に、2月に訪れたときは診療所内に武器を持ち込む事はできなかったが、
再訪問した6月には自由シリア軍や外国からの義勇兵によって武器が持ち
込まれていた。


 久保田さんは言葉を強める。「日本における国際ニュースの中で、シリ
アの存在はとても扱いが少ない。エジプトやトルコのデモのようなわかり
やすさがないためだと思うが、テレビなどでは扱われることが少ない。も
し、報道されたとしても、ダマスカスやアレッポなどの都市部の攻撃だ
け。僕が見たものもごく一部だが、そのごく一部の状況だけでも、少しで
も多くの人の知ってほしい。小さな村の民間人さえもが、攻撃のターゲッ
トにされている事実、医師や患者たちが支援を望む声をもっと届けたい」。

■日本の若い世代に期待

 横浜市立大学での講演に集まった学生は100人を超えた。講演後の質疑
では、絶えず意見が飛び交った。そのほとんどが女子学生たちだった。

 「自分たち学生に何ができるか?」と問いに対し、久保田さんは「関心
を持ってほしい。関心を持つことで、自分で調べたり、仲間と話したりす
るようになる。そのうち、シリアに行きたいと思うかもしれないし。シリ
アじゃなくてもトルコやヨルダンの近隣に行くような行動を起こせるよう
になる」と、若い世代の起こす行動に期待を寄せた。


■久保田弘信
くぼた・ひろのぶ 岐阜県出身。大学で物理学を学ぶが、スタジオでのア
ルバイトをきっかけにカメラマンの道へ。1997年からアフガニスタン取材
を始め、アフガニスタン戦争では、多くのジャーナリストが首都カブール
に向かう中、タリバンの本拠地カンダハルを取材。2003年3月のイラク戦
争では攻撃されるバグダッドから戦火の様子を日本のテレビ局にレポート
した。2010年、戦場カメラマン渡部陽一氏と共に「笑っていいとも」に出
演。近年はシリア内戦を取材。日本国内では写真展、講演活動中。



 ◎<平山郁夫氏>妻が遺産隠し 現金2億円

「平山郁夫シルクロード美術館」の新館完成記念式典で、テープカットを
行う平山郁夫氏(左から3人目)ら関係者=2008年撮影
 2009年12月に79歳で亡くなった日本画家で文化勲章受章者の平
山郁夫氏の妻が、東京国税局の税務調査を受け、相続遺産約3億円の申告
漏れを指摘されたことが分かった。このうち自宅で見つかった現金約2億
円については意図的な遺産隠しと判断された模様で、重加算税などを含む
追徴税額は約1億5000万円に上るとみられる。既に修正申告したという。

 関係者によると、平山氏の遺産について、妻は10年、神奈川県鎌倉市の
自宅の相続などを税務申告した。しかし、その後の税務調査で、平山氏が
残したとみられる現金約2億円が自宅にあったにもかかわらず、申告から
除外していたことが発覚。国税当局は妻が申告時に現金の存在を認識して
いたとみて、隠蔽(いんぺい)行為と判断した模様だ。

 これとは別に、平山氏の作品の著作権を巡り、評価額が過少だったとし
て約1億円の申告漏れも指摘されたという。ただ、平山氏の遺産のうち9
億円超に相当する美術品やアトリエに使われた土地・建物など計約11億
4000万円分は、妻が代表理事を務める公益財団法人「平山郁夫シルク
ロード美術館」に寄付され、非課税となった。

 平山氏は広島県生まれ。1953年に日本美術院展(院展)に初入選
し、以後、院展で受賞を重ね、日本美術界をリードした。シルクロードを
取材した作品で知られる。【毎日新聞 7月13日(土)11時7分配信 】



 ◎アシアナ機事故の犠牲者「消防車にひかれた」と確認、死者は3人に

【AFP=時事】米サンフランシスコ国際空港(San Francisco
International Airport)で6日に起きた韓国アシアナ航空(Asiana
Airlines)機の着陸失敗事故で、死亡した中国人女子高生2人のうち1人
が、現場に急行した消防車両にひかれていたことを確認したと、地元警察
が12日、明かした。

サンフランシスコ(San Francisco)市警の関係者はAFPに対し、犠牲者の
1人が「少なくとも1度、消防車両にひかれていた」ことが分かったと述べ
た。だが、死因については当局が現在も検視を行っており、まだ断定でき
ていないという。

同関係者によると、消防隊は「事故後すぐに現場周辺を(消火用の)白い
泡で覆ったため、地面に横たわっていた犠牲者の体も泡で覆われ、誰の目
にも見えない状態だったと考えられる」。「よって、消防車両が移動した
時に初めて、犠牲者の体が車両の進路内にあったことが分かった」という。

また、病院関係者の発表によると、事故で負傷した182人のうち、重体に
なっていた少女が12日朝に死亡し、事故の犠牲者は3人となった。同関係
者は、遺族の要望として亡くなった少女の身元は明かせないとしたが、中
国国営の新華社(Xinhua)通信は病院筋の話として、この少女もまた中国
人生徒だったと報じている。【翻訳編集】 AFPBB News
AFP=時事 7月13日(土)11時1分配信



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)加瀬英明さんのことは尊敬申し上げているが、3005号に掲載された
「極東に咲いた世界の花、江戸」に、つくづくがっかりさせられた。

フランスの nouvelle cuisine (ヌーヴェル・キュイジーヌ)のことを、
加瀬さんは nouveau cuisine と書き、その発音をカタカナで「ヌー
ボー・クズィン」と3度も書いている。

フランス語を知らなくても「ヌーベル・キュイジーヌ」は、とうの昔から
日本語の常識的外来語の範疇に属すると思うが、よりによって「ヌー
ボー・クズィン」とは何ぞや。

cuisine は女性名詞だから、形容詞男性形の nouveau とは結ばず、女性
形の nouvelle と結ぶ。映画用語のNouvelle Vague もvague が女性名詞
だから女性形のnouvelle と結ぶ。

cuisine を「クズィン」という珍発音にも、涙が出た。

フランス語を知るが故に貴からず、ではあるものの、最低限の教養がある
かないかの境目というのがあるのは確かだ。嗚呼、ヌーボー・クズィンて
いどの教養人哉!

主宰も、武士の情けがあるならば、掲載の前に直してさしあげるのがスジ
である。(泉 幸男)

主宰者より:申し訳ありませんでした。



 2)YM氏は「アメリカの景気回復は15年説」を変えず:前田正晶

6月にアメリカ東海岸でハーヴァードやMITで3週間を過ごしてきたYM氏と
暫くぶりに懇談した。彼は以前はアメリカの景気が回復するまでには3年
を要すると言っていたが、最近は2年説となった。その理由は1年経ったか
ら2年になっただけで、回復するのは2015年との予測を最初から変えてい
ないと解説した。

後2年かかる理由は簡単で、「*失業率が少し下がっただけで失業者の絶
対数が減っていないこと、*内需が回復しておらず設備投資が進まないこ
と、*不動産市場が復調したと言うが実態は資金的に余裕がある層が投資
目的で買っているだけで、抵当権を執行されて家を失ったプライムローン
の借り手だった連中が賃貸の物件を求めているだけ等が主たる理由であ
る」と語った。これはここ1〜2年変わっていない意見である。

彼は今回はハーヴァードの隣にあると言えるMIT(マサチューセッツ工科
大学)をも訪問したそうだが、そこで入手した学生新聞には総長が卒業式
のスピーチで「これからは巨額な学生ローンの返済に挑戦せよ」と切り出
していた漫画が掲載されていたと教えてくれた。

これの意味するところは「近年アメリカの有名私立大学の経営も順調とは
限らず、授業料が年々引き上げられて年間3万〜3万5千ドルにも達し、こ
れに寮費その他が加われば優に5万ドルを超えるので、経済的に余裕があ
る家の子弟でも学生ローンに依存せざるを得ないことになるのだそうだ。
この点は最近までお嬢さんがビジネス・スクールに在学していたSM氏も指
摘している。

また、学生ローンの貸し手も良家の子弟が多い有名私立大学に集中するの
で、ついつい借りすぎてしまう結果を招来し、中には20〜30万ドルも借り
てしまう例まである由。

しかも、アメリカの学生ローンは卒業と同時に返済が始まり、未払いが出
るとブラックリストに載せられて将来住宅ローンを借りる際などに著しく
条件が悪くなるのだそうだ。YM氏は「MITの新聞の漫画はその辺りを指摘
したもので、近年の大学の事情を表している点で興味深いのだ」と語って
いた。

彼と見解が一致したことがあった。それは近頃経済関係の報道で屡々使わ
れる表現で「対前年同期比」か「対前年同月比」のプラス・マイナスが論
じられ、それがプラスに転じていた場合に好材料として報じられる傾向に
疑問を呈することだった。

具体例を挙げれば、アメリカの住宅産業ないしは不動産業界の数値が「対
前年比でプラス」と報じられるが、対比されている前年、即ち12年度また
はそれ以前が極めて不況(水面下)だったのだから、13年度の数字がプラ
スであってもそれが果たして水面よりも上に上がったかを論じないことに
は誤解を招きやすいということである。

偶然というべきが何というか、今週発行された週刊新潮では野口悠紀雄氏
が同様の趣旨の指摘をしておられた。YM氏はこういう例を挙げて、アメリ
カの不動産市況の復調を手放しで歓迎するのは時期尚早だと言うのである。

彼は住宅が欲しい人は銀行が借りて欲しくない相手である状況が変わって
おらず、設備投資の資金需要も盛り上がっていないのだと指摘するのだっ
た。これと我が国と何処が違うのかという話しではないのだろうか。

これらの話題の他にも日米間の大学教育の違いも大いに語り合ったが、こ
こには我が国からのアメリカに留学する者が少ないのは残念だが、それは
英語力の問題もさることながら、システムの違いが大きすぎるのも主たる
原因ではないかという話にもなった。この件を詳細に述べるのは別の機会
に譲る。

それにしても、代官山の人出には今回も驚かされた。一体全体、何処から
これほどの人が来るのかと思わせられたほど、レストランも広大な蔦屋の
スターバックスも満員御礼なのである。

若者というか学生風が多いが、彼らは日吉から来るのだろうか青山通りか
ら来るのだろうか。それとも都内全域から猛暑も厭わずに来るのが流行な
のだろうか。



 3)「もっと話し合え」のお題目

今回は長崎新聞の紹介である。

(引用開始)
社説:防衛白書     副題:理性的な議論が重要だ

2013年版防衛白書は、尖閣諸島周辺での中国の領海・領空侵犯や北朝鮮の
ミサイル・核問題などを挙げ、日本周辺の安全保障環境について「一層厳
しさを増している」と明記した。

前年版に比べ、格段に強い警戒感を打ち出したと言っていいだろう。中
国、北朝鮮の個別動向も、これまでになく「脅威」を強調する内容となっ
ている。

安倍晋三首相は白書原案の事前説明を受け、「エクセレント」と満足感を
示したという。新防衛大綱の年内策定を控え、自衛隊の敵基地攻撃能力や
海兵隊機能の保有などに向けた雰囲気づくりではないかという印象すら受
ける。

しかし、政治が近隣諸国との対立解消の道筋を示せない現状だからこそ、
重要なのは理性的な議論だ。白書に過剰に反応することなく、冷静に受け
止めたい中国については、尖閣問題を念頭に「国際法秩序とは相いれない
独自の主張」「力による現状変更の試み」 「不測の事態を招きかねない
危険な行動」と刺激的な表現が並んだ。

従来は「台湾正面に配備している」としてきた中国側のSRBM(短距離
弾道ミサイル)については、「尖閣を含む南西諸島の一部も射程に入って
いるとみられている」と書いた。

さらに、昨年9月の日本政府による尖閣国有化後、中国公船の領海侵犯が
大幅に増加したと指摘。領空に近づく中国機に対する自衛隊機の緊急発進
(スクランブル)の急増も詳述した。

具体的には、12年度の第1四半期(4〜6月)は15回だったのが、第2四
半期 (7〜9月)54回、第3四半期(10〜12月)91回、第4四半期(13
年1〜3月)146回。年度全体の緊急発進総数が22年ぶりに500回を突破、
中国機が初めてロシア機を上回り、過半数を占めたとした。しかしこれに
は疑問もある。

昨年12月、中国機が初めて尖問領空を侵犯した際には自衛隊のレーダーが
捕捉できず、巡視船の通報で緊急発進した。以後、空中警戒管制機などを
日常的に東シナ海に投入し探知能力が向上した。少なくとも第4四半期の
急増にはこうした要因もあるとみられる。

北朝鮮に関しては、弾道ミサイル搭載のための核兵器の小型化で、前年版
は「実現に至る可能性」としていたのが「実現に至っている可能性」と既
に達成されているかのような表現になった。ただ客観的な新事実を把握し
たわけではないことは、防衛省も認めている。

尖閣周辺の緊張は、離島防衛のために、自衛隊が海兵隊機能を持つべきだ
との主張に力を与えるだろう。北朝鮮のミサイル・核問題は敵基地攻撃能
力の必要性の根拠になりそうだ。

だが、自衛隊がこうした能力を特つことには、政府内にも「専守防衛から
逸脱する」という懸念が根強い。

対話の行き詰まりに軍事力の増強で対応することは、近隣諸国との摩擦を
強め、緊張を高めることにつながる。対話の道を開く工夫にこそ、全力を
挙げてほしい。(引用終了)

痩せても枯れても公器の社説である。その社説でこの主張だ。殆んど、と
いうかまったく左翼系タブロイドのプロパガンダであり、支持率コンマ以
下の政党党首、福島瑞穂の口真似である。そこには現実を見据えた冷徹な
分析はまったく無い。

曰く、「中国、北朝鮮の個別動向も、これまでになく『脅威』を強調する
内容となっている。」

今更シナや韓国、DPRKの悪行をあげつらう暇は無いが、日本がそう判
断せざるをを得なくなった原因と責任は彼らと日本とのどちらにある、と
いうのか。

曰く、「安倍首相は原案の事前説明に『エクセレント』と満足感を示した。」

そうだろう。もともと、「相手の嫌がることはしない」と総理自らが言う
ような自民党だ。どんどん相手に押し込まれ、国益を毀損され続けてきた
わが国であった。まだ怪しい議員も相当残っているが、今やっと旧自民党
政権時代の腐臭が取り除かれんとしている。そんな中での今回の防衛白書だ。

曰く、「しかし、政治が近隣諸国との対立解消の道筋を示せない現状だか
らこそ、重要なのは理性的な議論だ。」

これは誰に対して言っているのか?中国や北朝鮮や韓国に対して言ってい
るのなら良く判る。しかしこの社説(もどき)はこの主張をあろうことか
日本政府に対して言っているのだ。

かつて旧社会党の土井たか子か誰かが「国際紛争はあくまでも話し合い
で解決すべき、自衛隊は国土保全隊にして非武装中立を貫くべきだ」と
言った。「相手が話し合いに応じなければ?」の問いには「さらにいっそ
う話し合う」と答えて失笑を買った。言ってることがいちいち馬鹿馬鹿し
くて、取り上げたくも無かったのだが、こと新聞と言う社会の公器ならば
(私はちっともそう思っていないが)、もう少し言い様があろう。

こちらがいくら理性的な議論で臨もうにも、相手がいきり立ち、いきり立
つだけならほって置けばよいが、反日暴動や領海侵犯で実際にわが国民に
実害が及ぶにいたっては座視しては置けぬ。だからと言ってすぐに在留邦
人保護のために中国、韓国に出兵などと言っているわけではない。ただ、
かつての自民党長老たちの言いなりのまま、加えてこの3年間の民主党政
権によって隣国からいい様にむしりとられてきたわが国の資産を守らなけ
ればならぬ、と言いたいのだ。これからは、自身に危険が及ぶ恐れのある
とき汝の気概と諸準備を友好国及び脅威対象国に示す、と白書は言ってい
るのだ。

曰く、「白書に過剰に反応することなく、冷静に受け止めたい中国につい
ては(中略)と刺激的な表現が並んだ。」

実に面妖な書きぶりだ。白書作成に関する情勢分析の際、彼の国の怒りを
買わぬように書け、と言っているのだ。彼の国がそれを冷静に受け止めよ
うが、憤ろうが、事実は事実だ、傍若無人な彼の国に何の遠慮がいるのか?

曰く、「年度全体の緊急発進総数が22年ぶりに500回を突破、中国機が初
めてロシア機を上回り、過半数を占めたとした。しかしこれには疑問もあ
る(中略)空中警戒管制機などを日常的に東シナ海に投入し探知能力が向
上、少なくとも第4四半期の急増にはこうした要因もある」

だから何なのだ。4四半期の急増ぶりは確かにAWACSの全面投入によ
るところ大だろうが、逆に言えばそれまでいいように領空を侵犯されてい
た事実には目を向けないのか。

曰く、「北朝鮮に関しては、弾道ミサイル搭載のための核兵器の小型化
で、前年版は『実現に至る可能性』としていたのが『実現に至っている可
能性』と既に達成されているかのような表現になった。ただ客観的な新事
実を把握したわけではないことは、防衛省も認めている。」

「既に達成されているかのような表現になった」だから、何なのDPRK
にとっては濡れ衣だ、とでも言いたいのか。また、(客観的な新事実を把
握したわけではないのに)こんな表現をとったのは、日本国民への行過ぎ
た恫喝だ、と言いたいのだろうが、最悪を想定して今採れる最善の準備を
するのが国家安全保障の要諦ではないの
か。 

曰く、「だが、自衛隊がこうした能力を特つことには、政府内にも『専守
防衛から逸脱する』という懸念が根強い」

そりゃ自民党のことだもの、まだ谷垣禎一・二階俊博・鳩山邦夫みたいな
のも残っている。だが、そもそも、最初から本土決戦が前提の「専守防
衛」、こんな馬鹿馬鹿しい言い方、もう卒業すべきだ。国境線の1メート
ル外側はもう治外法権であり、如何なる無法にも手を拱いている現状、日
本がとるべき国防の方向は「戦略守勢」だ。

尤も自民党も代替わりをしたお陰で、この新聞や山堂コラム氏などにとっ
ては甚だ残念なことには違いないが、まともな思考を備えた議員がこれか
ら中枢を担っていくことになる、真に重畳、重畳。

曰く、「対話の行き詰まりに軍事力の増強で対応することは、近隣諸国と
の摩擦を強め、緊張を高めることにつながる。」

昔から、外交という衣の下から鎧を見せてきたのが歴史と言うものだ。対
話が行き詰まったときには、小さな衝突を起こし、再び外交交渉に入る、
それ以上譲歩できなくなれば全面衝突、負ければ屈服、服従、しかしいつ
かは仕返しをと、この繰り返しが人類の歴史だ。

一方的な言いがかりを繰り返し、実際の金額がいくらなのか不明な国防予
算を費やす国家の方こそわが国との摩擦や緊張をもたらしていることを何
故書かないのか。

曰く、「対話の道を開く工夫にこそ、全力を挙げてほしい」

これは何を差し置いてもそのまんま、一字一句変えずに習・朴・金に伝え
るべきことだ。

それにしても、これを社説というのなら、この新聞に金を払う価値など
まったく見当たらない。(九州男)



 4)京都大學での科學技術新興機構主催の「太陽電池シンポジウム」
300名に出席したH氏からのメールが轉送されてきた。ソーラーパネルの
環境への負荷の問題は目下爭點の一つだと思ふので御參考までに

// 以下H氏の質問のところ

1)ソラーフロンテアなどがセレンを含むパネルを販賣してゐることは問
題ないのか?

2)發電收率は高く安價だが毒性が強いカドニウム・イオウ化合物パネル
の國内販賣はどうなってゐるか?

講演者の返答は、

1)廢棄時や使用時に問題があるが、規制は無い。

2)これも、大變な問題だが、規制は無く、格安なのは皆これ。

// ここまで

それで、H氏が「昔、複寫機の感光ドラムに兩方使用されてゐたが、毒性
問題から今は安全な有機顏料を使用してゐる、技術者や政府のモラルはど
うしたのか、原發の危險性にのみ目が行って、このままではパネル廢棄時
に第二の公害が發生するのでは」と述べたところ、會場が靜まりかへり、
その後、多くの方々が名刺交換にきたさうです。

「原發憎しで、代替技術は何でもありの我が國、報道機關などの公正な報
道が壞れてますね。また、火事場泥棒のやうな何でもありの會社も問題で
すね。どうして、こんな國になったのでせうか。」といふのがH氏のメー
ルの結びでした。(kmns)


━━━━━━━
身 辺 雑 記 
━━━━━━━


14日は結婚式に出るため休刊します。すみません。


読者:5215人

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
-- 
渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/07/15

    NHK放送局の件なんですが、局内に外国の放送局の事務所があるとか?

     韓国、とか中国とか・・・



     もし此が事実だとすると、NHKの放送はこれらの外国の放送局の人の検閲を受ける

     と観て差し支えないですよね。



     日本国政府の検閲は駄目だけれど外国の報道陣の検閲は許されるって変ではないでしょうか?

    これは民放にも同じ事が言えるとおもいます。



     国益の上で問題だと思います。 是非確認して外国の報道陣の事務所が入っているのでしたら早急に排除しなければ成らないと思います。

  • 名無しさん2013/07/15

    一番納得できないのは「放送法64条」です。

    1日も早くNHKがスクランブル化か民放になれば良いと願っています。

     視ていない人が受信料を払う必要性に疑問を感じています。

    またNHKの「地域スタッフ」という集金人のシステムは個人情報の保護や

    防犯防止という観点からも廃止にするべきです。

    そしてどうしても「支払いは義務」とういのであれば視聴者が満足できる

    情報をするべきだと思います。

  • 名無しさん2013/07/15

    放送法違反と 外国人出資法違反を調査せよ。

      ● TBSの報道を5年くらい遡って、偏向報道の有り無しを確認。

      ● また、外国人(通名)株式比率などを国民に公開することも必要。



    もし、偏向報道、出資法違反などがあったなら、TBS放送免許剥奪が良かろう。



    それなら、TBSも他局も文句ないだろう。

    この際、TV全曲やるべし 







     毎回毎回、フランスで開かれる『 ジャパン・エキスポ 』に韓国の連中が何の許可もなく、乗り込んでくる。



     主催者は何をやっているのか??



    それに、韓国の奴らは非公式にジャニーズグッズを売ったりと、偽物の品を勝手に売っている。



    こんな状況を野放しにしている主催者は一体誰なのか??



    こんなことは絶対に許せません!!



     現主催者がこんなにも体たらくで、ろくに指揮もとれないんだら、今の主催からは離れ、別の主催で『 ジャパン・エキスポ 』を開くべきです。





  • 名無しさん2013/07/15

    戦時における軍隊の将兵の性の処理は、大きく四つある。

    1、モンゴル/ロシア型の敗戦側女性に対する無制限の強姦。

    2、前線の近くの都市に売春婦の街をつくり、前線から定期的に兵士を後送して利用させる制度。

    3、出征する軍が、売春婦を雇用する民間の置屋を一種の軍属的に同行させ、前線よりやや後方の、兵站部隊のあたりに設置する。

    4、売春婦が勝手に軍部隊の駐屯地に群がる。

     軍の将兵は、聖人でもないし修行僧でもない。とりわけ戦場では明日の生命は保障されておらず死と直面し、また質の悪い兵隊はいくらでもおり、平時以上に性の処理の問題が生じる。かくして、戦争に際して上記の四つの形態以外は存在しえないし、かつて存在したことはなかった。

     第二次世界大戦における戦場でのレイプ発生率については、日本軍は他国に比して際立って少ない。まさしく称讃されるべき世界第一級の模範軍であった。3)型の「従軍置屋」制度を運用し、戦場の「敵国」女性を保護する政策を立派に遂行した、その成果であった。また、慰安婦がすべて民間の純粋な「市場」において集められた点でも世界の範であった。この3)型は第一次世界大戦でドイツ軍とフランス軍が制度化したともいえるから、1930年代以降の日本はそれを模倣したのである。「従軍置屋」をもって、「日本のみがなした野蛮な制度」とするのは歴史事実に反する。日本を中傷するための悪意ある嘘である。

     非難されるべきは、満州や東欧やドイツでなしたロシア(ソ連)軍のような残虐極まる強姦の問題である。あるいは1990年代のセルビア兵(ギリシャ正教徒)のなしたボスニアのイスラム教徒の若い女性への、改宗の強制を目的とした、組織的・計画的強姦の問題である。

    だが、日本軍の「従軍置屋」制度について真赤な嘘をもって難詰しながら、この満州や東ヨーロッパやドイツでのロシア(ソ連)軍によって生じた20世紀最悪のレイプ被害に対しては一切の言及もしない、日本の「従軍慰安婦」キャンペーンを専門とする弁護士たちは、果して人間なのだろうか。人格喪失のデマゴーグたちであるのは、いうまでもなかろう。



  • 名無しさん2013/07/15

    戦時における軍隊の将兵の性の処理は、大きく四つある。

    1、モンゴル/ロシア型の敗戦側女性に対する無制限の強姦。

    2、前線の近くの都市に売春婦の街をつくり、前線から定期的に兵士を後送して利用させる制度。

    3、出征する軍が、売春婦を雇用する民間の置屋を一種の軍属的に同行させ、前線よりやや後方の、兵站部隊のあたりに設置する。

    4、売春婦が勝手に軍部隊の駐屯地に群がる。

     軍の将兵は、聖人でもないし修行僧でもない。とりわけ戦場では明日の生命は保障されておらず死と直面し、また質の悪い兵隊はいくらでもおり、平時以上に性の処理の問題が生じる。かくして、戦争に際して上記の四つの形態以外は存在しえないし、かつて存在したことはなかった。

     第二次世界大戦における戦場でのレイプ発生率については、日本軍は他国に比して際立って少ない。まさしく称讃されるべき世界第一級の模範軍であった。!)型の「従軍置屋」制度を運用し、戦場の「敵国」女性を保護する政策を立派に遂行した、その成果であった。また、慰安婦がすべて民間の純粋な「市場」において集められた点でも世界の範であった。この!)型は第一次世界大戦でドイツ軍とフランス軍が制度化したともいえるから、1930年代以降の日本はそれを模倣したのである。「従軍置屋」をもって、「日本のみがなした野蛮な制度」とするのは歴史事実に反する。日本を中傷するための悪意ある嘘である。

     非難されるべきは、満州や東欧やドイツでなしたロシア(ソ連)軍のような残虐極まる強姦の問題である。あるいは1990年代のセルビア兵(ギリシャ正教徒)のなしたボスニアのイスラム教徒の若い女性への、改宗の強制を目的とした、組織的・計画的強姦の問題である。

    だが、日本軍の「従軍置屋」制度について真赤な嘘をもって難詰しながら、この満州や東ヨーロッパやドイツでのロシア(ソ連)軍によって生じた20世紀最悪のレイプ被害に対しては一切の言及もしない、日本の「従軍慰安婦」キャンペーンを専門とする弁護士たちは、果して人間なのだろうか。人格喪失のデマゴーグたちであるのは、いうまでもなかろう。

  • 名無しさん2013/07/15

    6月末でニューヨークから出て行って引っ越した友人は、もともと強運で守られている家系のうえ、「嫌な予感がする。特にブルックリンとクイーンズの一部とマンハッタンのダウンタウンは絶対に住んじゃダメ!」とまではっきり言い切って、断言していて、ものすごく強く言っていたので、とても気になっています。水没、水害のことです。

  • 名無しさん2013/07/15



    藤森神社参拝と紫陽花観賞です. 



    藤森神社へ参拝してきました.この神社は駐車料金も入山料も無料なのが嬉しいですな!京都洛南深草の里に古くから祀られている神社で、本殿は宮中賢所の建物を正徳2年(1712年)に賜ったもので、現存する賢所としては最古の建物である.ご祭神は素戔鳴尊(すさのおのみこと)、別雷命(わけいかづちのみこと)、日本武尊(やまとたける)、応神天皇、仁徳天皇、武内宿禰(たけのうちすくね)、、天武天皇、舎人親王(とねりしんのう)、早良親王(さわらしんのう)、伊豫親王(いよしんのう)、井上内親王である.いつも思うが、京都市内の神社はどちらかと言えば、素戔鳴の御魂の祭神が多い.あの祇園祭りの牛頭天王も素戔鳴の系統だそうです. 



    舎人親王ゆかりの碑.日本書紀編纂で日本で最初の学者である舎人親王をご祭神として祀っている.それゆえ学問の神として崇敬されている.また5月5日の藤森祭りの駈馬神事、11月の第二または、第三月曜日の&#39402;&#39402;祭で走り馬がなされることから、馬の神様なんて言われている.まあ淀競馬場から関係者が参拝するようですな! 



    蒙古塚で.七つ塚とも言われている.蒙古の将兵と戦利の兵器を埋めた場所です. 



    嚴(げん)なる哉 甲冑 欽仰(きんぎょう)継承する.戒逖(じゅうてき)是れ膺(う)ち 荊舎(けいじょう)是懲(こら)しむ 物換わり星移れども 神霊 永(とこし)へに憑る.病魔恐るるに所祈れば 必ず徴(しるし)あり.天下の創生 萬世尊び再(しょう)す.(※数箇所文字が違います.)



    菖蒲の節句(こどもの日)発祥の神社なので、武者人形像がある.武者人形には藤森の神が宿るなんていう.菖蒲は尚武、尚武は勝負に通じると言われて勝運を呼ぶ神なんて言われている. 



    旗塚.神功皇后の旗を樹てられたもので、当社発祥の地である.イチイガシはいちのきさんと呼ばれて参拝すると腰痛が治るなんていわれている.あの近藤勇も参拝して治癒したそうです. 



    300円支払って見たアジサイ庭園.まあ宇治のアジサイ寺に比べて規模も小さいし、手入れが行き届いていないが、300円だったらこんなもん.駐車料金も無料.あの宇治のアジサイ寺は入山料  500円の上に、駐車料金500円でして、結構金がかかりますな!まあ藤森周辺で見るものと言えば、ありませんな!軍人湯くらいかな?深草に龍谷大学がある程度で、よく公務員試験や資格試験の会場となっている.こんな具合ですな!                                                         



    芋の葉の路の彼方や藤森 高浜虚子   

  • 名無しさん2013/07/14

    2012年1月1日から韓国国内で91日以上長期滞在しようとする外国人は,外国人登録を行う際に10指の指紋と顔情報を登録しなければなりません。 

    ★我が国も指紋押捺の復活を!

  • 名無しさん2013/07/14

    韓国での犬の屠殺写真http://saisyoku.com/dogs.htm

  • 名無しさん2013/07/14

    ニューヨークの街を歩いていても、地下鉄に乗っていても、なんとなく空気や人の気みたいなものが盛り下がっているのです。



    良く観察してみると、以前に比べてホームレスの人の数があちらこちらに増えていました。2年前は教会の前にいたという感じでしたが、ストリートの真ん中に、しかも若い人達がメッセージボードを抱えて人々の慈悲をじっと待っているという感じでした。



     もしかして天気のせいもあるのかな~と思いました。でもどうしてもそれだけではないように思えるのです。



    やはりハリケーンの爪痕が人の心にまだ傷を残しているのでしょうか。



  • 名無しさん2013/07/14

    韓国の海水浴場で見たもの

    私は2002年5月14日の朝7時30分頃「マン**海水浴場」周辺の町にある旅館を出て散歩をしていた。



    その町の者らしい二人の男が何か話し合い、一人の男が溝の脇で首輪をつけて飼っている犬の前に近づいた。白い犬は飼い主が来たら尻尾を振ったりジャンプしたりしながら喜んだ。飼い主は犬の首輪を取って長い紐状の首輪に替えた。そして、隣の人に渡した。その瞬間犬は土にうつぶせになってちっとも動かない。



    しかし、容赦なく引っ張り20メートル位引っ張っていくと、そこに立ててある柱みたいな物に首輪を引っ掛け、紐を力一杯引っ張り杭に結んだ。犬が力を尽くしてもがきながら泣き叫ぶ。その時だった。



    50代の男は両手で“尾”を握って引っ張る。“首”はきつく絞められ“背中の骨”を折るのであった。次は“左の後ろ足”を引っ張る。そして、次は“右の後ろ足”を引っ張る。このような方法で生きたまま体が破れるようにするのである。



    犬はくねくねと動きながら苦しい泣き声だけ小さく聞こえる。この男はしばらく休みながら犬を見つめる“死んでいく過程”を見ているのだ。そして2〜3分後に「同じ方法で3回」「約30分くらい」かけて繰り返した。



    そして、犬のそばに行って息づかいを聞いてまだ生きていることを確認し4メートルくらい離れた自分の家に戻る。犬はまだ生きていて動いている。



    その時、私が“ちょっと!どうしてあんなに苦しめて殺すんですか。苦しまないように速く殺しなさい”と言った。この男は私が犬肉が好きな人だと思ったらしく微笑みながら“犬はゆっくり時間をかけて殺した方がもっとうまい。”と答えた。



    その瞬間、私はこみ上げる怒りを耐え切れず“犬を食べない国は全部先進国になりました。韓国も一日も早く犬肉を食べないようにならないと先進国になれません。”と、言った。するとその男は“ソウルの人達はもっとよく食べるってよ。”と言って自分の家に入った。



    私は悔しくて息詰まり、150メートルくらい離れた旅館までどんなに速く走ったのか、額や背中は汗でびしょびしょで涙が止まらなかった。



    1時間後怒りが静まり我々一行は旅館を出発しながら、その柱にまだ吊るされた犬を見かけた。何時間かけて殺そうとするのか、日が暮れるまで吊るすのか、まだその犬が生きているのか分からない。私は目を閉じた。



    自分の家の前に「大きい柱みたいな物」を建て「紐を引っ張る装置」まであるとこを見ると、随分前からやっている、犬鍋屋から注文を受けて専門的に犬を殺す“犬と殺専門屋”に間違いないだろう。



    このように残酷に殺された白い犬を犬鍋屋で、未開人のような人間たちが高額を払い、スタミナが良くなると、酒と共にわいわい食べながら喜ぶでしょう。



    しかし、犬肉を食べる人達は、病気で苦しみながら長生きもできず、死ぬときは必ず病気で苦しみながら死ぬことを見かけるのが珍しくありません。その理由は何でしょう・・・



  • 名無しさん2013/07/14

    世界にひろがる反韓国運動、その意外な中身は?http://archive.mag2.com/0000012950/index.html

  • 名無しさん2013/07/14

    【戦時強制労働で賠償命令、新日鉄住金に3500万円 韓国初】

    2013.7.10 17:27 [韓国] 



    新日鉄住金に損害賠償を求めた訴訟で、勝訴判決を受け記者会見する原告の呂運沢さん=10日、ソウル市内(共同)

      朝鮮半島の植民地時代に日本の製鉄所で強制労働させられたとして、韓国人4人が新日鉄住金(旧新日本製鉄)に損害賠償を求めた訴訟の差し戻し控訴審判決で、ソウル高裁は10日、同社に請求通り計4億ウォン(約3500万円)の支払いを命じる原告勝訴の判決を言い渡した。



      戦後補償問題で韓国の裁判所が日本企業に賠償を命じたのは初。韓国では同様の5件の訴訟に加え、新たに日本企業を提訴する動きがあり、高裁判断は他の訴訟にも大きく影響する見通しだ。



      新日鉄住金は上告する方針。



      訴訟は昨年5月、韓国最高裁が1965年の日韓請求権協定で原告の個人請求権は消滅しておらず有効との初判断を示し、原告敗訴の二審判決を破棄、審理を高裁に差し戻していた。 (共同)









     【枯れ葉剤被害で賠償命令 韓国最高裁、米製造会社に】

    2013.7.13 19:05 [米国] 

     1960〜70年代にベトナム戦争に派遣された韓国軍の元兵士約1万6千人が、米軍が使用した枯れ葉剤で健康被害を受けたとして米国の枯れ葉剤製造会社2社を相手に損害賠償を求めた訴訟で、韓国最高裁は13日までに、原告39人について健康被害との因果関係を認め計約4億6600万ウォン(約4100万円)の支払いを命じた。



      韓国メディアは、枯れ葉剤被害をめぐり、製造会社の賠償責任を認めた確定判決は世界で初めてと伝えている。



      米国では、元米国人兵士らが同様の訴訟で和解した例がある。米連邦最高裁は2009年、「枯れ葉剤は人間を標的とした毒物として作られたものではない」として原告の元ベトナム人兵士らの請求を棄却したニューヨーク連邦高裁の判断を支持し、原告敗訴の判決を言い渡している。(共同)



  • 名無しさん2013/07/14



    中国では食人の風習http://sound.jp/sodaigomi/ch/syokujin/syokujin.htm



    中国の虐殺史http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/177.html



    「従軍慰安婦強制連行」という嘘

    http://www5e.biglobe.ne.jp/~tokutake/jugunianfuuso.htm

  • 名無しさん2013/07/13



    >>>主宰も、武士の情けがあるならば、掲載の前に直してさしあげるのがスジ

    である。(泉 幸男)

    主宰者より:申し訳ありませんでした。



    これには笑った。

    泉 幸男氏もけっこう厭味なお方ですな。

    ここの主催者の教養の低レベルを知りながら。

    フランスの nouvelle cuisine (ヌーヴェル・キュイジーヌ)なんてのは知っているわけがない、とご存じなのにこんな問いかけをして、

    「主宰者より:申し訳ありませんでした。」との知ったかぶりの言質を出させるとは、...笑いました。

    この主催者、誰にも異論のないカタカナ語の「オリンピック」を「オリムピック」と表示して、どうだ教養あるだろと胸張るお方ですから。



    とまあ私が書かなければ、この主催者「しめしめ、知っていたのに迂闊でした」、と見えを張れるわと喜んだだけで、この真意にも気づかぬ悲しいチンカスなんですから。   黒ラブ