政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針2990号  2013・6・27(木)

2013/06/27

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 2990号
□■■□━━━───────────────────────□■■□



        2013(平成25)年6月27日(木)



     問責可決の背後に「小沢・輿石」ライン:  杉浦正章

                      問責可決のもう一つ背後:古澤 襄

                    アベ効果:外交力アップ:MoMotarou

                      中国人売春婦を多数摘発:宮崎正弘

                          尾崎紅葉の“必死”:平井修一

                          ブラジリアの不倫:渡部亮次郎

                     話 の 福 袋
                    反     響
                    身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第2990号
                             発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             

 
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━
問責可決の背後に「小沢・輿石」
━━━━━━━━━━━━━━━


                   杉浦 正章

民主執行部は土壇場で大誤算
 
「小沢にやられた」自民党幹部がこう漏らしている。国会終幕の土壇場で
首相問責決議の可決をめぐって「小沢・輿石」ラインが浮上したというの
である。一見複雑に見える首相・安倍晋三に対する問責決議可決の裏はこ
れですべてが読み解ける。

安倍はまさに「無実の罪」で、参院から存在を否定されたことになるが、
記者会見で「ねじれが原因」と訴えた。その訴えが参院選を控えた有権者
にどう響くかと言えば、ほぼ確実に民主党にマイナスに作用する。失政を
繰り返して野に降りた民主党は、国会でも大きな誤判断をして、その能力
の無さを改めてさらけだした。
 
問責決議という重大案件を弱小政党の極みである、生活、みどりの風、社
民の3党が25 日提出したことをいぶかしく思っていたが、生活代表・小
沢一郎の影があったとは驚いた。

同決議に対して民主党は当初代表・海江田万里が「重要法案優先」と主
張、細野豪志も「法案優先は政府・与党への協力ではなく、国民への責任
を果たすことだ」と発言して、採決をしない方向で固まっていた。重要法
案優先の姿勢だった。

ところが一夜にしてこの方針は急転した。26日になって今まで目立たぬよ
うにしていた参院議員会長・輿石東が突如としてその“本性”を現したの
だ。輿石は細野に対して「法案などよりも問責が優先だ」と脅しにかかっ
たのだ。

ひ弱なインテリ風の細野は日教組流の“脅迫”にはひとたまりもなかった。
大ぶれにぶれて、問責優先に転じてしまった。

この結果どういうことが起きたかというと、「脱原発」の象徴であり、野
党がもっとも尊重しなければならないはずの電気事業法改正案が廃案と
なってしまったのだ。同法案は発送電の分離など電力自由化を推進すると
りでになる性格のものであった。

廃案はエネルギー新事業に前向きであった自治体や企業を足踏みさせる結
果を招き、原発再稼働派を勢いづける形となった。また言動に一貫性のな
い民主党執行部の姿勢を露骨に示す結果となった。民主党は超重要法を、
何ら法的拘束力を持たない首相問責決議と引き替えに廃案にしてまったのだ。

自民党は同法案に疑問を呈する党幹部もいて、内心ほっとしている様子が
垣間見える。一方、小沢と輿石にとってみれば法案の重要性よりも参院選
後に向けての「政局」の方が重要なのだ。

その小沢の戦略とは“腹心”輿石を足がかりに参院選後に民主党の分断を
図って、同党右派を切り捨て、左派と生活を合流させて自らを復権させる
ことにある。小沢は側近議員に「民主党は割れる可能性がある」と漏らし
ており、輿石を使っての問責決議可決は選挙後の連携の手始めとなるもの
である。

事実、最近になって民主、生活の両党は接近している。細野と生活の党幹
事長・鈴木克昌両幹事長は19 日の会談で、参院選福岡選挙区で、民主党
の公認候補を生活が支援することで合意した。競合していない他の選挙区
での協力も検討することになった。

小沢はこの方針についてインタビューで「参院選で部分的な選挙協力で合
意した民主党と、選挙後に連携を拡充する方針でも一致した。将来の連携
をお互いに考えていこうとの公党間の了解だ」と説明している。狙いはむ
しろ選挙後にある。

この発言から見えるものは、気脈の通ずる小沢・輿石ラインで参院選共闘
をすすめ、選挙後にさらなる連携、場合によっては合流に持ち込むという
構えである。小沢の読みには参院選での「民主大敗」が念頭にある。選挙
後海江田・細野の責任問題が台頭して、混乱することが避けられないと踏
んでいるのだ。

もともと民主党内には右派を中心に小沢アレルギーがあり、全体が合流す
ることなど考えられない。しかし分断できれば小沢の出番があるというわ
けだ。小沢にしてみれば党内でごたごたが発生すればするほど好都合とい
うわけだ。

こうして民主党執行部は小沢に手玉に取られた形で大誤算をしてしまった
のだ。一般国民の間に参院の野党は、景気回復や外交で頑張って支持率も
高い安倍をどうして問責しなければならないかという疑問が生じて当然だ
し、テレビの街の声もその傾向がある。ねじれの弊害を選挙直前になって
際立たせてしまったのだ。

さっそく安倍は記者会見で問責可決を逆手にとり、「ねじれ」という言葉
を何と11回も使ってその解消を訴えた。野党は、安倍の皮を切って骨を
断たれる結果を招いてしまった。安倍の「これこそねじれの象徴だ。ころ
ころ首相が代わり日本の国力が大きく失われた」と言う言葉が、極めて説
得力があるのだ。

小沢・輿石の陰謀で、自公は絶好のキャンペーン材料を獲得した。

     (政治評論家)<2013年06月27日>



━━━━━━━━━━━
問責可決のもう一つ背後
━━━━━━━━━━━


      古澤 襄

みんなの党とミッチー一族

杉浦正章氏が「問責可決の背後に”小沢・輿石”ライン」とすっぱ抜いた。
私もつられてもう一つの秘話を語ろう。

今度の問責決議の裏には、直接、火をつけた「みんなの党」の渡辺代表の
存在がある。”ミッチー”のあだ名で親しまれた渡辺美智雄元副総理の息子。

だが渡辺代表の動きは”小沢・輿石”ラインとはリンクしていない。むしろ
民主党が参院選後に”小沢・輿石”ラインと保守系に分裂すると見越した、
保守派の抱き込みを狙った布石とみるのが正しい。

さらに秘話を続けると”ミッチー”一族は、何と10年以上も前から、小沢氏
の選挙区・岩手4区に支持勢力を扶植してきた。その結果、4区の西和賀
町では自民党支持が小沢支持を上回った。

石破幹事長は、この15日に西和賀町沢内の中心部で街頭演説の熱弁をふ
るった。小沢氏の心臓部に斬り込んでいる。小泉進次郎氏や小池百合子氏
も北上市や盛岡市の応援に投入するであろう。

私はこんどの東北旅行で”ミッチー”一族の奮闘が、「みんなの党」に生か
されていない現実を見てきた。「みんなの党」はまだ東京、神奈川、栃木
の地域政党から脱していない。

大阪維新の会が地域政党から脱しきれない様に「みんなの党」も、まだ発
展途上にある。東京都議選で「みんなの党」が維新の不振を尻目に躍進し
たが、参院選で同じことが起こる可能性は少ない。
 2013.06.27 Thursday name : kajikablog


━━━━━━━━━━━
アベ効果:外交力アップ
━━━━━━━━━━━


      MoMotarou

マッカーサーはまたペルシャ人以上に季節感に敏感な日本人に
占領期間中、サマータイムを強制した。夏は夜。月のころはさらなり。
 そういう季節感がいつもより「1時間早い起床」で狂って日本人の人
  生観まで狂わせた。(高山正之「変見自在」より)

                ★

7月22日富士山が世界遺産に登録されました。除外が求められていた「三
保松原(静岡市)」も含まれ慶賀に堪えません。いつもだったら30分で終
わる会議が80分ぐらいかかりました。理由は各国代表が日本を支持する
発言を繰り返したからだそうです。安倍首相の世界外交の姿が後押しした
のでしょう。

六十数年前は、富士山を目指してB−29戦略爆撃機が飛来しました。これ
からは「新しい日本」を訪れるシンボルとなるでしょう。安倍さんも日本
もついている。

■アベは邪魔だ

異常とも思えるアベ政権批判が続いています。 内では「株価が下がっ
た、さぁ、アベノミクス失敗だ」とか騒いでおります。民主党政権時が日
経平均が8000円台だったので騒ぐほどのことでもありません。マスコミが
記事を書くのが面倒なので利用しているだけです。その昔、株価や為替相
場などは「NHK7時のニュース」で天気予報以下の扱いでした。

また原発関連の細かいニュースも多いですが、これとて「反原発勢力」が
アベ攻撃に利用しているだけで、民主党政権ならコンマ以下の扱いになっ
ていたでしょう。

■責任逃れに利用

「反原発勢力」の後ろには反日サヨク筋の団体がウジャウジャおります。
面白い事に、あの津波被害を大拡大した民主党や菅直人元総理大臣の責任
追及は全くされません。人一人殺した訳でもない田中角栄さんのロッキー
ド事件とは大違いですね

■乗っ取られたマスメディア

NHKは中国韓国北朝鮮などの管理下に置かれております。特にニュース
は酷く、反日国家群の主張"垂れ流し"状態です。これが受信料の強制徴収
で9割の事業費用を賄っている、事実上の国営放送の実態であります。朝
の連続ドラマに韓国製品がメーカー名を隠さずに登場するのも在日プロ
デューサーのお陰です。

■生意気なアベ

安倍総理はマスコミが反日勢力に汚染されているのを認識しておられます
から、インターネットを通じた発信に力を入れております。安倍総理誕生
に影響をもった大阪のテレビにも反日勢力の圧力が強くなってきました。
安倍さん支持の評論家降板が増えてきております。

■自分を見つめる

安倍首相は月に一度、東京谷中の臨済宗「全生庵」で座禅に取り組んでお
られます。山岡鉄舟ゆかりのお寺です。中曽根さんや田中清玄さんも参禅
しておりました。いよいよ、総理の動きが本格的且つ本質的なものに近づ
いてきたようです。"流れ"が出来てきた。



━━━━━━━━━━━
中国人売春婦を多数摘発
━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成25(2013)年6月27日(木曜日)
         通巻第3974号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 日本の法務省が偽装結婚、経歴詐称、不法就労の摘発を強化
  中国人売春婦が多数摘発されているのもヴィザ条件の変更以後
*********************************

偽装結婚をみぬく眼力が市役所、区役所の係員で強くなったのか、それと
も法律改正による永住資格の厳格かに依るのか。

昨年来、もっとも多い逮捕は中国から入国し、日本人男性を買収(相場は
80万円)し、偽装結婚、永住許可を取って日本で稼いできた風俗関係の女
性だった。

いわゆる「新入国管理法」施行から1年が経って、13年6月現在の在留外
国人は203万3000人、このうち中国人は65万2000人、韓国および朝鮮人が
53万人となって、前年比で13,000名ほど微減していたことが判明した。

入管が調べたところ、中国から留学などのヴィザで来日した後、風俗関係
およびマッサージ、面妖なバアなどで不法就労する女性が、斡旋機関を通
じて日本人の年配男性(それも60歳代)と偽装結婚するケースが目立つ。
しかし、それだけ年齢差があれば、すぐにばれるだろうに。。。

摘発例はとくに京都、名古屋、三重県に頻出しているという。
   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 927】        
喧噪と臭気との他弁別し難い様な人の波だ」(小林の16)「杭州」「満州
の印象」他(小林秀雄『世界紀行文学全集』修道社 昭和46年)


  ▽
長江下流の上海、杭州、蘇州の旅に引き続き、同じ昭和13(1938)年11月
上旬、小林は満洲へ向かう。

「哈爾濱から十七八時間も汽車に乗ったろうか、はっきりと覚えていな
い」ものの、「黒河に着いたのは、素晴らしい満月の夜であった」。

黒龍江省の北辺に在る黒河の旧名である?琿は、満州語で「恐怖」を意味
するとか。アヘン戦争敗北から17,8年後の1858年、清朝がロシア帝国と
の間で国境を策定した?琿条約を結んだ地でもある。街の外れをアムール
川(黒龍江)が流れ、川岸に立てば極東ロシア第3の街であるブラゴヴェ
シチェンスクが望見できる。

小林は黒河を訪れた後に孫呉に向かうことになるが、両地についての“豆
知識”を。

満州国時代、この街には黒河省の中心だった。省行政の中心である省公署
が置かれ、黒河駅から黒龍江までの中心街には満鉄病院、日本人学校、?
琿警察本隊、梅園書店、国際運輸、ときわ旅館、食堂の一彦、松屋旅館、
カフェーの丸よし、芸者置き屋の美の屋、ロシア料理の東洲飯店などが軒
を並べ、街外れには黒河神社もあったというから、日本そのものだったと
いってもよさそうだ。

もちろん国境の街だけに満州国警察特務科アジトが置かれ、侵入するソ連
スパイなど敵性分子に目を光らせていた。

対ソ防衛の最前線であっただけに黒龍江沿いには堅固な勝山要塞が下流に
位置する孫呉方面に向かって延々と築かれ、V字形滑走路を備えた航空基
地も置かれ、北辺の防備を固めていた。

黒河と孫呉を結ぶ幹線道路の脇には、「守る関東健男児」たる日本兵や開
拓農民のための映画館など娯楽施設や大型雑貨店が設けられ、繁盛してい
たとのことだ。

であればこそ、卑劣で狡猾極まりないスターリンに唆された暴戻無惨なソ
連兵は、あの時、黒龍江を渡って襲い掛かってきた。

昭和20年8月9日14時00分、黒河省公署は同省警務庁に対し、「極東ソ連軍
越境侵入開始し、日ソ開戦となる。当面、黒河街がソ連軍による激しい攻
撃対象とされており、公署付近も炎上中。

直ちに戦闘警備体制にいられたし」との緊急指示を行い、次いで15時00
分、村井矢之助黒河省省長は管下の各県副知事に対し「本日、日ソ開戦に
入れり。余はこれより孫呉に赴く。貴下並びに職員一同の武運長久を祈
る」との指示を下す。

2010年春、この地を訪れた。

春だというのに黒龍江には1メートルを越える厚さの氷が張っていた。真
冬なら大型トラックでブラゴヴェシチェンスクと行き来できるほどの氷が
張るそうだが、それも肯けるほどの水の冷たさだった。

黒河の繁華街にはロシア語看板が溢れ、川沿いには日用雑貨から大型建設
器材まで商う大型施設が何ヶ所かあり、その周囲に中国語とロシア語で記
された高級別荘の看板が林立していた。

黒河から黒龍江沿いに下流に進むと、日本軍が対ソ防備のために建設した
巨大な勝山要塞跡の分厚いコンクリートの残骸が延々と続き、雑木林の中
を縦横に走る当時の塹壕や連絡壕の痕跡を認めることが出来た。

日本兵や開拓民の歓声で溢れていたであろう大型雑貨店は屋根と壁だけ残
し、畑の中に幽鬼のように立っていた。V字滑走路とその周囲に置かれた
掩体壕は、畠の中で時の過ぎ行くままに崩れていた。

素人目にも肥沃と思える畠の土は真黒でふかふか。開拓民が建設した灌漑
施設も住宅も、そっくりそのままだった。

小林が訪れた昭和13年当時の黒河は、さぞや賑わっていたことだろう。と
ころで小林が旅装を解いたのは、ときわ旅館だったのか。それとも松屋旅
館だったのか。
《QED》


(宮崎正弘のコメント)黒河へは小生も2回、行っておりますが、小林秀
雄が行ったとは、知りませんでした。年譜には「林房雄らと満州を旅行し
た」と書いてあるものの、具体的に何処へ行ったかに興味をもってはいま
したけれど。



━━━━━━━━━
尾崎紅葉の“必死”
━━━━━━━━━

      
    平井 修一

明治時代に郷愁を覚える人は多いのではないか。江戸時代は遠く霞がか
かっているけれど、小生の祖父母は皆明治生まれだったから、そんなに遠
い昔のことには思えない。

1868年の明治元年から数えて今年は145年で、明治の匂いはさすがに薄ら
いではいるが、小生が生まれた1951年は明治元年から84年、明治末年(45
年)から39年しかたっていないのだから、明治生まれは働き盛りだった。

戦後の日本の復興に寄与した経済人を見れば、たとえば松下幸之助は1894
年(明治27)、井深 大は1908年(明治41)生まれで、ついこの間まで現
役で活躍していたから、明治は遠い話ではない。

春は曙、で、明治は近代日本のまさに春の曙のようだった。多くのものが
瑞々しく芽吹いた。現在の原点の多くが生まれた。今の日本のルーツがそ
こにある。

文学もそうで、多くの先人が試行錯誤、七転八倒、喧々囂々、侃侃諤諤し
ながら礎を築いていったに違いない。そんな一人に尾崎紅葉がいる。

紅葉の出世作は「二人比丘尼 色懺悔」で、明治22年(1889)、吉岡書籍
店から「新著百種」シリーズの行く先を占う“先鋒”第1号として発行され
た。その巻頭に紅葉はこう記している。

<文章は在来の雅俗折衷おかしからず、言文一致このもしからずで、色々
気を揉みぬいた末、我にも判断のならぬかかる一風異様の文体を創造せり。

あまりお手柄な話にあらずといへど、これでも作者の苦労はいかばかり。
対話は浄瑠璃体に今時の俗話調を混じたるものなり。これを以て時代小説
の談話体にせんとの作者の野心。世間在来の文とは下手なりにも趣を異に
すれば、読人一見してつらいといふ。専ら句読をたよりに再読の御面倒を
請ふ>

要は、「小説の新しいスタイルを苦労して創った。読みにくいかもしれな
いが、句読点をつけたので再読してほしい」というもの。「作者の苦労は
いかばかり」と言うが、スタイルばかりでなく、内容を含めて紅葉はこの
一作に全身全霊を傾けた。35歳で夭折した紅葉21歳、乾坤一擲の作品だった。

<その時の彼の苦心惨憺たるものは、私どもでなければ知らないもので
あった。今の言葉で言うと、実際「血みどろ」というやつである。吉岡
(哲太郎、吉岡書籍店主人)は「時機を逸する」と言って矢の催促をした。

やっとでき上がって校正の時、また書き直すくらいなので、吉岡が「これ
じゃあやりきれないな」と言えば、紅葉は厳として「君はこれで損をした
ところで金銭問題だ、僕はこれをやり損ったらダメだ、死活問題だ」と。

とても悲愴な言葉じゃないか。実際「色懺悔」が外れたら、紅葉は名をな
さなかったに違いない。命を投げ込んだ著述であった。

「色懺悔」を自分で書いて自分で泣いていたのだから、読者を泣かしたの
は無理はない。これが大当たりに当たったので、硯友社(文学結社)の頭
領としても地歩を固め、出世の第一陣に凱歌を唱え得たわけである>(篠
田鉱造「明治百話」)

「色懺悔」の内容は、まあ「戦に翻弄されるロミオと二人のジュリエット
の悲恋」で、今の時代からすれば他愛ないが、当時は満都の子女の紅涙を
絞ったのだろう。しかし、歴史のフルイの中でこの作品は忘れられがち
で、紅葉と言えばやはり早すぎる晩年の作「金色夜叉」が今でも有名だ。

著述家の松岡正剛によると、紅葉には自分の出発点になった象徴のような
料亭があるという。東京芝の「紅葉館」で、ここは鹿鳴館に並び称された
名士交流の場であった。紅葉自身も芝の生まれで、この名から「紅葉」の
筆名も生まれた。

<そこにとびきり美人の中村須磨子という女給がいて、紅葉がいろいろ面
倒をみていた学生の巌谷小波(いわやさざなみ、作家)がぞっこん惚れて
いた。

しかるに須磨子はいまをときめく博文館(当時の日本最大の出版社)の跡
取り息子、新太郎の豪勢な遊び方と容赦のない惚れ方にすっかり翻弄さ
れ、結局はそこへ嫁いでしまった。

いっとき紅葉は須磨子に「なぜ巌谷君のところに行ってやらないのか」と
迫ったが、須磨子は美貌を曇らせて泣くばかりなのである。それらの一部
始終を見ていた紅葉は、この「恋の社会」の理不尽に深く心を動かされる>

名作かつ遺作となった「金色夜叉」はこの悲恋がベースになっている。

友人、同志でかつライバルであった山田美妙、山田らと創った硯友社、そ
の同人誌「我楽多文庫」、幸田露伴と並称された紅露時代、そして命を
削った「金色夜叉」。明治は「坂の上の雲」を信じ、目指し得る時代だっ
た。諸々に触れたいが長くなるのでとりあえず筆をおく。(2013/06/25)



━━━━━━━━
ブラジリアの不倫
━━━━━━━━


   渡部 亮次郎

南米の果てしない原野に男女がぽつんと置かれたら、どうなるか。ブラジ
ルの人工の首都ブラジリアはそんな都だ。首都なのに人口が250万。さっ
ぱり増えない。

役人(男女)の殆どはサンパウロやリオデジャネイロ、マナウスなどの他の
大都市からの単身赴任。となるとタイトルが現実となる、と聞かされた。

メモを引き出してみると、福田、大平の両内閣で外務大臣を務め、続く鈴
木善幸内閣で3度目の外務大臣を務めていた園田直がブラジリアを訪れた
のだ。昭和56(1981)年7月。

カナダのオタワで開かれたサミットから帰ってわずか5日後の29日、南米
各国歴訪の旅に出発した。成田を出て懐かしやヴァンクーヴァーで乗り換
えてメキシコ。大平正芳前総理(故人)を記念する大平公園命名式に出席。

ブラジルには8月4日にまずサンパウロ到着。なんと日本大使は嘗てサウジ
アラビアのリヤドで我々随員に食事の差別をしてくれたあのO氏では無いか。

翌日O大使も共にサンパウロを出てブラジリアへ。「ここは人工都市だか
ら娼婦もいませんよ」という説明をしてくれたが、宿舎から外出した途
端、おねえさんから声がかかったのはどういうわけだ。大使は取材が苦手
なんだ。

日本の首都移転論は主として東京の過密が理由だが、広いブラジルでは何
が原因だったのか。

ブラジルは、ポルトガルの植民地から独立した頃から(ブラジリア建設以
降、現代に至るまでも含め)旧首都であるリオデジャネイロやブラジル最
大の都市であるサンパウロといった大都市が存在する大西洋沿岸部に人口
や産業が集中している。

そのため、内陸の高原部との間で所得などの面で大幅な格差があり、既に
19世紀頃からその解消と、その方策としての内陸部遷都が叫ばれていた。

20世紀に入ってからも、何度か内陸遷都が検討されながらも度重なる政変
や第2次世界大戦の勃発などで具体的な形にならないままでいた。

1956 (昭和31)年に大統領に当選したジュセリーノ・クビチェック(ジュ
セリノ・クビシェッキ)は、新首都建設で内陸部の開発とそれによる国土
の均衡的発展を企図し、正式に新都市の建設とリオデジャネイロからの遷
都を発表した。

その結果、連邦直轄のブラジルの首都ブラジリア(Brasilia)が中部の標
高約1100mの高原地帯に建設されることになった、完全な計画都市である。

工事はクビチェックの任期である5年以内に間に合うよう、急ピッチで進
められわずか41ヶ月間で完成。1960(昭和35)年4月21日に供用を開始した。

高原の荒涼とした未開の大地に建設された計画都市。ブラジル人建築家ル
シオ・コスタの設計により建設された計画都市地域は、人造湖であるパラ
ノア湖のほとりに飛行機が羽根を広げた形をしており、飛行機の機首の部
分に国会議事堂や行政庁舎、最高裁判所が並び、羽根の部分には高層住宅
や各国の大使館がある。

国会議事堂や大聖堂などの主要建造物は、いずれもモダニズムの流れを受
けた未来的なデザインで作られている。これらの公共建築の主任建築家
は、ニューヨーク市の国際連合本部ビルの設計も担当したブラジル人建築
家オスカー・ニーマイヤーである。

1987年には、世界遺産に登録された。歴史的な街並みを持つ都市が世界遺
産に登録されることは多いが、建設されて40年未満という若い都市が登録
されたのは異例のことである。

この新首都の建設によって内陸部の開発が進んだが、その一方で、莫大な
建設費はブラジルの国家財政に大きな負担となって残り、1970年代から
1980年代にかけてブラジルを襲った経済不振と高インフレの大きな原因の
一つとなったとの評価もある。

事実、大統領は園田外相に「お国には自民党という政党があるからこそ驚
異的な経済発展が出来たと聞いている。一つ自民党を輸出しえ呉れません
かね」と冗談交じりに言ったほど経済苦に悩んでいた。

新首都を国土の中央に建設した結果、開発の進行によって内陸部の経済振
興は進み、ブラジル全体としてみれば、国土の中央部にブラジリア国際空
港(ジュセリノ・クビシェッキ国際空港)を建設したことにより、航空路
線の航路は東西南北の各地域を結ぶハブを得た。

商業運輸の面でもこの地域の国道が整備されたことで、中西部のマットグ
ロッソ州方面から北東部のバイーア州など大西洋側の地域へ、あるいはサ
ンパウロ州から中西部、北東部へと抜ける物流や長距離バス路線が再整備
されており、連邦直轄区の建設自体には今日、一定の意義が認められる。

しかしながら、道路は整備されているものの、河川が無い内陸部に建設さ
れたため水運手段がなく、航空路線も国内線は充実しているが国際線定期
便の就航はほとんどない。

また、サンパウロやリオデジャネイロ、マナウスなどの他の大都市とは距
離がかなり離れている。このような状況から大企業の本社機能の移転など
が行われるには至っていない。

さらに、ブラジリアは整然とした計画都市だが、市内の移動は自動車によ
る移動を前提にしているために、実際の市民生活を送るには不便である。

しかも、国家プロジェクトとして緻密な計画が練られて開発されたブラジ
リア市とは対照的に、周囲の衛星都市は無秩序に発展し、ブラジリアが位
置する連邦直轄区内は州境の幹線脇を中心に土地の不法占拠など半ばスラ
ム化しているところもある。

しかも、そうした衛星都市を都市圏とすることで成り立つブラジリア市も
その影響をまのがれておらず、一口に成功したとは言い難い状況である。

(莫大な建設費を一挙に投じて、巨大建築が立ち並ぶ理想都市を建設した
ブラジリアのアンチテーゼとして、低コスト、ヒューマンスケール、小さ
なプロジェクトの積み上げという街づくりを掲げ、成功したのがパラナ州
のクリチバ市であった)。

市内は自動車道と歩道が完全に区別されており、自動車道も極力立体交差
になるよう設計されている。住宅区画と商業区画、官庁街など各区画は厳
然と分かたれており、市民生活においても移動が不便であるため、総人口
250万人弱に対して自家用車の総数は100万台弱と、ブラジルの都市として
は自動車の保有率が高い。

市内の主な公共交通手段はバスとタクシーである。近年になって、一部で
地下鉄も開業している。

サンパウロやリオ・デ・ジャネイロ、マナウスなどの他の大都市とは距離
が離れており、旅客機と長距離バスが都市間の主な交通手段である。鉄道
駅も存在するものの、こちらは貨物が主であり、一般に旅客には用いてい
ない。

空港はブラジリア国際空港があり、国際便と国内便が就航している。国際
便については、ブラジリア自体に大きな産業がないため、首都の空港であ
るにも拘らず就航がほとんどない。

国内便については、ブラジル国内の旅客便は南部の都市、中部の都市、北
部の都市にまたがって移動する場合、必ずしも直行便があるわけではない
ので、ブラジリア国際空港が各都市を結ぶ乗り換えのハブ的役割を果たし
ている。

人工の都市だから街としての匂いも歴史の匂いも無い。ざわめきが皆無の
街。果たしてこれを街といえるだろうか。役人の単身赴任が増えれば、単
身同士、男女の仲に発展するのは当然であろう。

O大使が存在を否定した街のお姉さんもさぞかし増えたことだろう。それ
でこそ街が生きている証拠であり、ブラジリアは孤独に耐えながら首都と
しての歴史を積み重ねてゆくことだろう。出典: フリー百科事典『ウィキ
ペディア(Wikipedia)』



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎「日本の施政権害する一方的行動に反対する」 米上院が中国非難決
議採択 本会議でも可決へ【産経ニュース】 2013.6.26 10:27

【ワシントン=佐々木類】米上院外交委員会は25日、中国の東シナ海と南
シナ海での威嚇行為を非難する決議案を全会一致で採択した。本会議でも
可決される見通し。

決議案は、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の周辺海域での中国の挑発行為に関
し、「米政府は日本の施政権を害そうとする、いかなる一方的な行動にも
反対し、そうした行動に米国の立場は影響されないと断言する」と表明。
同時に、すべての当事国に対し事態を悪化させる行動を自制するよう求
め、平和的な解決を促した。

共同提案者のメネンデス委員長(民主)は採択後に声明を出し、「争いは
ここ数カ月間で憂慮すべきレベルに達した。国際法に基づき対応しなけれ
ばならない」と強調した。〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎<警視庁>平均年齢63歳 高齢者向け売春クラブ摘発

警視庁保安課は26日、平均年齢63歳の高齢者向け売春クラブ「シル ク」
などを経営する諏訪和子(63)=東京都豊島区高田3=と従業員の 雨宮
晴男(57)=同=の両容疑者を売春防止法違反(周旋)容疑で逮捕 した
と発表した。過去に摘発した売春クラブでは平均年齢が最も高いという。

保安課によると、売春していた女性は46〜73歳の計16人。諏訪容 疑者は
「年配からの需要が多く『超熟女』専門で営業した」と容疑を認め てい
る。最高齢の73歳女性は生活保護を受けながら「アルバイト感覚で 働い
ていた」と話している。

逮捕容疑は6月24日、都内の自営業男性(82)の要請で、台東区の ホテ
ルに売春相手として女性(64)を派遣したとしている。

料金は1時間9000円から2時間2万円程度。他の店名も使い 2001年以
降、計3億2000万円以上を売り上げたとみられる。客の 大半は年配だ
が、若い男性も。客らは「優しくしてくれるので利用した」 などと話し
ているという。【毎日新聞 6月26日(水)12時16分配信】


 ◎まさかの廃案で影響は? 海賊に丸腰続く 
 (産経 2013/6/26)

 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130626/plc13062622510023-n1.htm

参院が26日、安倍晋三首相に対する問責決議を可決したあおりで、同日の
参院本会議で可決、成立の予定だった法案はすべて廃案になった。秋の臨
時国会で一から審議やり直しとなる。廃案による影響は−。

日本船警備特措法案

日本船警備特措法案は、ソマリア沖などに現れる海賊への対応として、日
本船籍の船舶に民間の武装警備員の乗船を認める内容だった。銃刀法の特
例を規定、特定海域に限って警備員の小銃所持を認め、威嚇射撃や、正当
防衛のための対人発砲などを可能としていた。成立すれば、国内法に基づ
き民間人の武器所持・使用を認める初のケースとなるはずだった。

ソマリア沖周辺での海賊事案の発生件数は、他国の武装警備員の普及や海
上自衛隊などのパトロールが奏功し、今年(1〜5月)は7件と平成23年
(通年)の237件から大幅に減少している。

武装警備員の同乗が世界的な流れにある中、廃案により、日本船は今後も
丸腰を強いられ、海賊の格好の標的になる。日本の生命線であるシーレー
ンの安全確保を軽視したものととられても仕方ない。(情報収録・中山)


 
━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)スパイ事件以来、米国の中国に対する眼は厳しさを増している。

ロシアの保護を受けたことで、「やはりソ連と中国は同じなのだ!」とす
る論調も増えてきた。

それで思い出したのが、フーバー第31代合衆国大統領が書いた「Freedom
Betrayed」という900ページを超す大著。

生前に書き直し、しかし出版を躊躇して死去、遺族は出版を拒否、2011年
にようやく日の目を見た。

原文を読み進んでいくと、なるべく事実をして語らせようと表現を抑えつ
つ、義憤と悔恨が渦巻いているのが感じ取れる。

ルーズベルトは就任早々ソ連という国を承認した。それは何故か。

ハルの直属の部下が共産党員だったことはある程度知られているが、共産
党員がなぜこれだけ中枢にいたのか。

近衛からの度重なる会談要請を徹底的に無視したルーズベルトと高官ち。

ルーズベルトの前任者であるフーバーの元には当時の軍からも、「大統領
は変だ」「おかしい」と、数多くのメッセージが送られていた。

読む者は早々に大きな疑問を持たざるを得なくなる。

「ルーズベルトは何者だったのか」

その答えはタイトルの「Freedom Betrayed(裏切られた自由)」で明らか
だろう。

戦中・戦後史の全面的書き換えを迫る著作だが、米国にとっても「過去の
出来事」では済まされない。

アメリカのまさに国の中枢を喰い荒らし、戦争に巻き込み、原爆製造情報
をソ連に漏らし、核拡散に拍車をかけたその手法・その技術が他の国・他
の組織によってさらに発展・深化を遂げていないと誰が言えようか。

そしてわが日本国の場合、米国憎しの感情が出口を封じられ屈折したぶん
だけ事態はもっと厄介だ。

愛国心から米国に向かってワンワン声高に吠えていたら、いつの間にか某
国を利する結果になっていた、という事態が今まさに進行中だと言えまいか。

反響欄で長文の米国批判を読むたびに、そんな気がしてならないのだ。

英語がご堪能な方は、詳細な年表を傍らに精読いただきたいと切に願う。

発売時に読まれた方も、この状況下で再読なされば新たな発見があると思
う。(夏子)



 2)野党議員の国民無視・失格者表明行為 :

次に報じられているこの泥仕合は、「決議を提出した生活の党、みどりの
風、社民党に加え、民主、みんな、共産、維新の会、新党改革」の野党議
員の、国民生活無視、特別職国家公務員としての職責放棄、失格者表明行
為である。次の参議院議員選挙ではこんな議員が当選してこないことを祈
る。 (N.H)
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
自民、民主に誤算…国会最終日の展開(2013年6月26日22時29分  読売新聞)

国会最終日の展開は、自民、民主両党にとって誤算だった。採決を見送る
はずだった安倍首相に対する問責決議が参院本会議で可決され、前日まで
成立する見通しだった電気事業法改正案など政府提出の4法案が一転して
廃案に追い込まれたからだ。

民主党は当初、4法案の成立を優先し、問責決議の採決には応じない考え
だった。海江田代表も26日朝の時点で「国民生活に影響のある法律を通
す」と語っていた。

だが、みんなの党が問責決議の採決を優先するよう求めたことで「時間切
れ」による採決回避を描いていた自民党と民主党の思惑が狂った。

結局、24、25日の参院予算委員会の集中審議の首相欠席を「国務大臣の国
会への出席義務を規定した憲法63条に違反する許し難い暴挙」などと非難
した問責決議の採決が先行し、賛成125票、反対105票で可決。

決議を提出した生活の党、みどりの風、社民党に加え、民主、みんな、共
産、維新の会、新党改革の各党が賛成した。平田参院議長の不信任案は、
野党などの反対多数で否決された。

問責決議に法的拘束力はないが、「問責の結果が出た以上、この内閣は認
めない」(民主党の輿石東参院議員会長)として、野党はその後の審議に
応じなかった。

第183通常国会は150日の会期を延長せず閉会し、野党議員の大半が衆院で
賛成した政府提出4法案のほか、外国資本による水源林買収を防ぐための
水循環基本法案など議員提出法案2本、日中韓投資協定など条約6本の計
12本が、問責決議可決に伴い採決されず、廃案となった。

菅官房長官は記者会見で「これだけ集中審議に応じた内閣はない。問責決
議は理解に苦しむ」と野党を批判した。



 3)私の「身辺雑記」(5)平井修一

■6月26日(水)。外はビショビショ、小生の鼻はグチョグチョ。昨日から
体調が思わしくなかったが、今日は朝方はよかったものの、散歩から帰っ
てしばらくすると鼻水、頭痛、倦怠感でぐったりとなった。熱も出そうだ。

先日、とてむ蒸し暑かったので上半身裸でいたら、カミサンが「そんな格
好でいると風邪を引くよ」と言っていたのだが、それを無視したらこんな
有様だ。自業自得、自分で招いた災いである。「ほら、言った通りになっ
ちゃって」と言うカミサンに薬を用意してもらい、横になってとろとろし
ていたが、芳しくないので葛根湯も飲んだ。うまく効いてくれるといいの
だが・・・

ものを書くというのは売文でなくても、それなりのパワーは要る。体力、
気力がないとなかなか書けない。心技体が充実していないと難しいもので
ある。

昨日は2か月足らずの孫娘を2時間ほどあずかった。母親である長女と2歳
の孫息子を遊びに外出させたためだ。長女はたまに解放させないとシンド
イだろうから、という配慮である。

孫娘は1時間ほど寝ていたが、やがてぐずりだした。抱っこしていればい
つもは眠るのに、やがて泣き出した。体をそり返したりじたばたしながら
泣く。

抱くのをやめて揺り篭に移したが、泣きはいよいよ盛んになって、顔を
真っ赤にし、涙を流している。全身で思いっきり抗議し、自己主張してい
るのである、「お腹がすいたよ、オッパイちょうだい」と。

生きるために彼女は必死である。「食」にありつくことは、大人でも必死
だが、生まれたての乳児でも必死なのだ。皇国の興廃この一戦にありとば
かりに泣き、もだえる。面白いからしばらく観察していたが、あまり放置
するのもどうかと思い、「はいはい、分かった分かった」とミルクを作っ
て飲ませた。

孫娘は大いに興奮したから余韻冷めやらず、ヒクヒクしてうまく飲めな
かったが、やがて飲み始めて完食、その後はすぐに眠った。大泣きしてか
なり疲れたのだろう、いい運動になったのではないか。汗までかいてい
る。あまりやりすぎるとネグレクトになるから、そこそこにとどめなくて
はいけないだろうが。

幼児教育の祖で、「幼稚園」という言葉も創ったフレーベルは、「子供は
5歳までに、その一生涯に学ぶすべてを学び終わる」と書いた。日本では
昔から「三つ子の魂百まで」と言うが、「幼時の性質は一生変わらないも
の」という意味で、江戸時代は「三つ心、六つ躾(しつけ)、九つ言葉、
文(ふみ)十二、理(ことわり)十五で末決まる」と幼児・小児教育の要諦
を言っていた。

特に3歳あるいは5歳までは人間としての基礎の「刷り込み」時期だから、
この間の接し方、育児、教育は大事だろう。

2か月足らずでも孫娘は大人のように激しく自己主張する。小さいながら
もひとつの人格、一人の人間がいるという感じで、一人前の尊厳があり、
侮れるものではない。ヂイヂは孫の保護者ではないから責任はないが、ぺ
ろぺろと可愛がるだけではなく、良い影響を与えたいと思う。さて、何が
できるのだろう。(2013/06/26)



 4)まともな議論です。もっと深化させてほしい。

高岡氏より転送

Subject: 習体制、抗争激化! 出身派閥から痛烈批判 「第2の天安門
事件」も…
Date: Wed, 26 Jun 2013 20:43:07 +0900

習体制、抗争激化! 出身派閥から痛烈批判 「第2の天安門事件」も…
2013.06.26

中国に君臨する習近平・国家主席の求心力に疑問符が。支持基盤・太子党
からの批判は、再び「天安門事件」につながりかねない(ロイター)

 沖縄県・尖閣諸島の奪取を狙い、対日強硬路線をとる中国が揺れてい
る。社会主義国家への回帰を急速に進める習近平・国家主席の政治姿勢を
出身派閥「太子党」の実力者が痛烈に批判し、習氏の求心力に陰りが見え
始めた。中国共産党内部では権力闘争が激化し、金融機関の破綻懸念で中
国株が暴落するなど成長を維持してきた経済にも黄色信号がともる。専門
家は「政権の足下がぐらつけば、民衆が暴発しかねない」と指摘、第2の
天安門事件を危険視する。

中国経済のきしむ音が大きくなってきた。年率10%以上の高金利をうた
う「理財商品」。この無謀とも言える財テク商品を売って資金を集めてき
た金融機関が、償還に行き詰まり、連鎖破綻が起きるのでは…との懸念が
広がっている。中国株は連日暴落し、市場関係者からは「2008年のリーマ
ン・ショック前と似ている」との声も挙がるほどだ。

そんな中、米国の中国語ウェブサイト「多維新聞網」に6月18日に載った
ある記事が波紋を呼んでいる。

内容は、胡耀邦元総書記の三男で、改革開放を推し進めようとする「改革
派」の実業家、胡徳華氏が習近平氏を批判したもの。改革派の雑誌「炎黄
春秋」の内輪の会合(4月13日)での発言を基にしている。

それによると胡氏は、習氏の「ソ連崩壊は、レーニンやスターリンらソ連
共産党の歴史を。全否定する風潮に反対する一人の男児もいなくなったか
ら起きた」との発言が、国内のネットで広がっていることにふれ、「ロシ
アのジュガーノフ共産党委員長でさえ、党が国家の政治権利と経済利益を
独占していたことがソ連崩壊の原因だ と指摘している」と批判した。

 さらに「ソ連人民こそが腐敗・堕落した共産党政権を放棄したのであ
り、人民に(天安門事件のように)銃撃を浴びせなかったソ連の軍人は、
果たして『男ではなかった』のか!」と指摘している。

習氏が「(鄧小平時代からの)改革・開放の30年をもって(毛沢東時代
の)30年を否定することはできない」と述べたことについても、「毛時代
後半の文革10年は劉少奇国家主席、彭徳懐国防相ら(革命・建国時代の
功労者)に反革命の罪状を着せ、徹底的に否定した(死に追いやった)。
なぜわれわれはこの文革を否定できないのか」と鋭く迫っている。

 この記事はネットを介して世界に拡散し、大きな反響を呼んだ。
   (情報収録:中山) 


━━━━━━━
身 辺 雑 記 
━━━━━━━


読者:5199人

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
-- 
渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/06/28

    非常に良いと思います。

    特に、参議院のねじれを解消する為、反対した現議員の全員を落選させる。・・・の部分

  • 名無しさん2013/06/28



    ■上海株、連日の最安値に 一時5%以上急落



    2013.6.25 19:11更新 



     中国の上海株式市場は25日、代表的な株価指数である総合指数が、前日の終値と比べ一時5%以上の急落となり、取引時間中の今年の最安値を更新した。終値も小幅な下落ながら今年の最安値を更新。市場では中国経済の先行きに対する不安が拡大しており、下落が続けば世界市場にも影響しかねない。 .



     上海市場は午前から全面安の様相となり、総合指数は午後1時(日本時間午後2時)すぎ、前日の終値と比べ5・79%安の1849・65まで値下がりした。その後、相場が底を打ったとの見方からの買い戻しもあり、終値は0・19%安の1959・51だった。.



     中国では、製造業の景況感を示す指標の悪化などで企業業績低迷への懸念が強まっている。金融機関の資金繰り悪化を指摘する声も出ている一方で、「中国当局は金融緩和に慎重だ」(市場関係者)との見方もあり、経済の先行き悲観論が強まった。