政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針2981号  2013・6・18(火)

2013/06/18

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 2981号
□■■□━━━───────────────────────□■■□



        2013(平成25)年6月18 日(火)



               安倍、「改憲」で民主分断・再編:杉浦正章

           安倍首相 民主の改憲勢力取り込みへ:古澤 襄

                          ジャガイモの不作:渡部亮次郎

                  芭蕉随行の「曾良」は忍者?:毛馬一三

                   私の「身辺雑記」(2):平井修一
  
                     話 の 福 袋
                    反     響
                    身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第2981号
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━
安倍、「改憲」で民主分断・再編
━━━━━━━━━━━━━━━


        杉浦 正章

96条発議要件で公明にも柔軟姿勢
 
首相・安倍晋三がポーランドのワルシャワから改憲に向けての変化球を政
界に投げ込んできた。その内容は2つの構想から成り立つ。

1つは96条の発議要件をすべて2分の1にせず、部分的に3分の2を残す
べきだとする公明党への配慮。他の一つは民主党分断への牽制の側面が濃
厚だ。

背景には改憲を標榜する勢力は衆院では3分の2を確保しているものの、
参院選予測では維新の失速などで確保困難との見通しが確実視されるに
至ったことがある。

発言は首相自ら選挙後は改憲を軸に「民主党分断・再編」への動きを加速
させる意志表示をしたことになり、同党内に警戒感が走っている。

安倍発言はまず参院選挙について「自民・公明両党で過半数を目指す」と
述べて過半数の122議席以上確保への自信を示した。次いで憲法改正案の
発議要件を過半数に引き下げる憲法96条改正について「平和主義、基本的
人権、国民主権の3原則は現行の3分の2以上に据え置くことも含めて議
論していく」と述べた。

これは公明党内に同3原則は3分2を堅持すべきだとの意見が強まってい
ることに配慮したものだ。その他の統治機構などに関する条文の改正を2
分の1にすることにより、公明党に「96条改憲」に参加しやすくしようと
いう狙いがある。
 
一方で安倍は改憲での政界再編に踏み込んだ。自民、維新、みんな、新党
改革など改憲勢力の3分の2確保については「1回の選挙で取るのは不可
能だ。選挙を終えた上で3分の2の多数派を得るよう努力する。日本維新
の会とみんなの党だけでなく、民主党にも条文によっては賛成する人がい
る」と発言した。

これは選挙後民主党内の改憲派を糾合して3分の2を確保することを意味
しており、まさに民主党分断に直結する。民主党内は社会党左派から自民
党離党組までが混在しており、改憲派も護憲派もそれぞれが独自の主張を
している。

民主党代表・海江田万里ではとても方向を打ち出すことはできない状態
だ。執行部は参院選を前にして自民党との違いを鮮明化するため改憲論を
封ずる流れとなっている。
 
しかし民主党幹事長・細野豪志は「民主党は護憲勢力にはならない」と明
言しているし、元代表・前原誠司もばりばりの9条改憲論だ。党憲法調査
会の副会長・長島昭久に至っては「党内でも憲法の中身の議論を早くやり
たい。議論をしたうえで、どうしようもなければ党議拘束を外し、政治家
の良心に従って発議の投票をするのも一つのアイデアだ」と改憲での党議
拘束解除を主張している。

筆者が11日の記事で指摘したように生活代表の小沢一郎はこうした状況を
分析して「参院選挙後民主党は改憲派と護憲派に分裂するかも知れない」
と漏らしている。小沢の思惑は、参院選後にあわよくば民主党を分断し
て、改憲派は自民党との合流に追いやり、護憲派を率いてリーダーになる
ところにある。
 
安倍の発言はこうした民主党内情勢にさらなるくさびを打ち込むものであ
る。これに対して海江田は「放っておいて」と女性が泣きべそをかくよう
な反応をした。

「お互い、政策などについては当然議論をするが、政党の中のことについ
て、あれやこれやいうことはフェアでない。よけいなことを言わずに放っ
ておいてもらいたい」と述べたのだ。しかし海江田が代表になってからも
離党者は続出しており、なかなか外れかかったたがが締まらないのが実情だ。
 
冒頭述べたように安倍の発言の背景には参院選挙情勢がある。維新共同代
表・橋下徹の慰安婦失言でブームは完全に去り、当初は当選20議席説すら
あったが、現段階では一ケタ台へと転落が確実視されるに至っている。最
低の場合には5議席以下との分析も可能だ。

自公で122の過半数を制しねじれは解消される可能性が極めて強いが、改
憲勢力ではとても3分の2の162議席達成は困難だ。これに公明党が加
わって辛うじて可能になるかもしれないという情勢だ。

それも維新の議席を民主党が奪う可能性が強く、民主党の議席数によって
は改憲要件をクリヤできないことになり得る。従って安倍が参院選後に改
憲へと動くなら、民主党改憲派の取り込みは不可欠かもしれない。

民主党の参院の改憲派は非改選と当選予想の議員の中に14,5人はいると
見られており、これを分断できるかどうかが鍵となる。

     (政治評論家) <2013年06月18日> 



━━━━━━━━━━━━━━━━━
安倍首相 民主の改憲勢力取り込みへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  

            古澤 襄

安倍晋三首相がポーランドでの同行記者団との懇談で、7月の参院選後の
結集を目指す「改憲勢力」に民主党議員の一部を含める考えを初めて示した。

背景には日本維新の会の失速により、参院(定数242)でみんなの党を合
わせた「自維み」で発議に必要な162議席の確保が微妙になったことがある。

一方で首相は、秋の臨時国会で改憲に必要な「3つの宿題」解決のための
国民投票法改正案の成立よりも成長戦略に集中すると強調。参院選に向
け、経済政策に最重点を置く決意も示した。

「そもそも1回の参院選で自民、公明両党で『3分の2』ということは全
く目指していない。選挙の勝敗とは全く関係ない話だ」

首相は懇談でこう述べ、選挙結果に関わりなく、民主党内で改憲に積極的
な保守系議員の協力も含めて憲法改正の国会発議に必要な3分の2以上の
勢力確保に強い意欲を見せた。

今年5月1日、首相はサウジアラビアでの同行記者団との懇談で参院選後
に自民、維新、みんななどの改憲勢力で「3分の2」の確保を目指すとし
ていた。しかし、同月13日、維新共同代表の橋下徹大阪市長の慰安婦発
言で同党は急激に支持を失っている。

首相が民主党の一部との連携に触れたのは、長島昭久、渡辺周両元防衛副
大臣らの「改憲派」に秋波を送り、同党にくさびを打ち込む狙いもありそ
うだ。

ただ、同党の海江田万里代表は17日の記者会見で「政党の中のことをあれ
これ言うのはフェアでない。放っておいてほしい」と強い不快感を表明した。

民主党改憲派との連携で公明党との連立に影響が出る可能性があるが、首
相は憲法96条改正による発議要件の過半数への緩和について「平和主義
や基本的人権、国民主権に関わるものは3分の2のまま据え置くべきだと
の議論もある。そうしたことも含めて議論する」と述べた。公明党幹部は
これを「配慮してくれている」と評価した。

菅義偉官房長官も17日の記者会見で「自公連立の上に立って政策ごとに
連携するのが基本的な考え方だ」と語り、民主党の一部との連携は部分連
合にとどまると強調。

その上で「今、国民にとって大事なことは日本経済の再生だ。経済を成長
軌道に乗せることが極めて大事だ」と述べ、政策の優先順位について首相
と歩調を合わせた。(産経・加納宏幸、ワルシャワ 赤地真志帆)
 2013.06.18 Tuesday name : kajikablog

            

━━━━━━━━
ジャガイモの不作
━━━━━━━━

  
  渡部 亮次郎

2009年、日本の夏は日照不足だったため、各地からジャガイモの不作が伝
えられ、3割以上の値上がりが報じられ他。今年も旱魃による不作が報じ
られはじめた。

この芋はすでに麦、トウモロコシ、コメについで世界4番目の「主食」の
地位を確保している。

日本人が敗戦直後の食糧難に頼った芋はジャガイモではなく、薩摩芋だっ
た。生産の都合でああなったのだろうか。いまでも薩摩芋は好物ではな
い。ジャガイモが好物だ。

ジャガイモは南米ペルー南部に位置するチチカカ湖の畔が発祥とされ、現
在、世界中で広く普及するに至った。

国際連合食糧農業機関 (FAO) の統計資料 (FAOSTAT)によると、2005年の
全世界におけるジャガイモの生産量は3億2310万トンであり、主食となる
イモ類では最も生産量が多い。

生産地域は大陸別ではアジアとヨーロッパが4割ずつを占め、インドを除
くといずれも中緯度から高緯度北部に分布する。上位5カ国で全生産量の
54%を占める。日本の生産量は275万トン(世界シェアはわずか0.85%)。

1.中国 7346万トン(22.7%)
2.ロシア 3728万トン(11.5%)
3.インド 2363万トン(7.3%)
4.ウクライナ 1946万トン(6.0%)
5.アメリカ合衆国 1909万トン(5.9%)
6.ドイツ 1162万トン(3.6%)
7.ポーランド 1037万トン(3.2%)
8.ベラルーシ 819万トン(2.5%)
9.オランダ 678万トン(2.1%)
10.フランス 668万トン(2.1%)

このジャガイモがヨーロッパ大陸に伝えられたのは、インカ帝国の時代、
15世紀から16世紀頃とされている。当初、インカ帝国の食の基盤はトウモ
ロコシだとされていたが、複数の研究の結果、食基盤はジャガイモであっ
たことが分かった。

しかし、具体的に「いつ」「誰が」伝えたのかについてはっきりとした資
料は残っていない。

スペイン人がジャガイモを本国に持ち帰ったのは1570年頃で、新大陸の
「お土産」として船乗りや兵士達によってもたらされたものであろうと推
測されている。

さらに1600年頃になるとスペインからヨーロッパ諸国に伝播するが、この
伝播方法にも諸説あり、はっきりとは判明していない。

いずれにせよ16世紀末から17世紀にかけては植物学者による菜園栽培が主
であり、ヨーロッパの一般家庭に食料としてジャガイモが登場するのはさ
らに時を待たねばならない。

さらにジャガイモは18世紀にはアイルランド移民の手によりアメリカへ渡
り、アメリカ独立戦争における兵士たちの胃袋を満たす貴重な食料源と
なった。

このように、寒冷地にも強く、年に複数回の栽培が可能で、地中に作られ
ることから鳥害にも影響されないジャガイモは庶民の食料として爆発的な
普及を見せた。

アダム・スミスは『国富論』において「小麦の3倍の生産量がある」と評
価しており、瞬く間に麦、米、トウモロコシに並ぶ「世界4大作物」とし
てその地位を確立した。

栽培にはpH6前後の酸性の土地が適している。また冷涼な気候や硬く痩せ
た土地にも強い。その反面、病害や虫の被害を受けやすく 連作障害も発
生しやすい。

ジャガイモの地下茎は水分と栄養が豊富なため雑菌が繁殖しやすく、保存
状態の悪い種芋や、収穫から漏れて地中へ残された芋は病害の原因とな
る。そのため、日本では植物防疫法の指定種苗となっており、種芋の売買
が規制されている。

ジャガイモは連作障害が発生しやすい。連作を行うと土壌のバランスが崩
れ単純に生育が悪くなるだけでなく、病害や寄生虫が発生しやすくなる。

特にジャガイモに大きな被害を与える原因として、ジャガイモシストセン
チュウによる生育阻害がある。このセンチュウは地中で増殖し高密度にな
るとジャガイモの生育を大きく妨げる。



━━━━━━━━━━━━━
芭蕉随行の「曾良」は忍者?
━━━━━━━━━━━━━


       毛馬 一三

もともと、松尾芭蕉の「終焉の地」が大阪・南御堂向かいにあった花屋仁
左衛門の離れ座敷であったことや、辞世の句といわれる「旅に病で夢は枯
野をかけ廻る」が、この座敷の病の床で亡くなる4日前に詠んだものであ
ることを、先般綴った。

芭蕉自身は、大阪で死ぬなどとは夢想だに思わず、早く床払いをして次の
旅先長崎に向けて立ちたいたいとの気持であったと、様々な文献に記され
ている。

だが、思いもよらず病(食中毒といわれる)は悪化、意に反して終焉を迎
えるのだが、見守る弟子たちの顔を眺めながら「死」が迫るのを悟ると、
幸せな生涯だったと瞑目しながら、逍遥と死の旅についたといわれている。

この芭蕉に関して、「頂門の一針」主宰の渡部亮次郎氏から連絡を頂いた。

<芭蕉記念館は、深川にある。徳川家康が江戸に入った頃の深川は、ほと
んど海だった。江戸の発展とともに新たな市街地、農地が必要となり、土
地の開発が始まった。大阪からきていた深川八郎右衛門が新田を開発、慶
長元年(1573年)深川村と称したのが始まり。

江戸の下町と言えばなんと言っても深川。出発地は都営新宿線森下駅。駅
を出て新大橋通りを浜町方面に5分ほど歩いていくと隅田川にかかる橋が
見えてくる。これがこの通りの名前になっている新大橋。橋の手前の十字
路を左に曲がりしばらく歩いていくと最初の目的地「芭蕉記念館」がある。

芭蕉は延宝8年(1680年)江戸日本橋から深川の草庵に移り住んだ。元禄
2年(1689年)3月、曾良を伴い奥の細道の旅に出発した。「月日は百代
の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり」で始まる奥の細道。岐阜大垣
までの2400キロの壮大な旅。

「芭蕉記念館」には 当時、芭蕉が着ていた袈裟を初め、芭蕉庵を模した
ほこら、句碑 などがある。記念館の裏木戸を出るとそこはもう隅田川の
ほとり。川沿いの道を左に少し歩いていくと史跡庭園があり、芭蕉像や芭
蕉庵のレリーフがある。 先日来日した李トウキ前台湾総統もご覧になっ
て行った>。
-- 
上記玉稿を読ませて貰った時、芭蕉に纏わる新たな衝撃が脳裏を駆け巡っ
た。それは、
<徳川家康が江戸に入った頃の深川は、ほとんど海だった。(そんな未開
発の深川だったが、その深川から)元禄2年3月、曾良を伴い奥の細道の
旅に出発した。(略)岐阜大垣までの2400キロの壮大な旅>というくだり
である。

江戸から東北、北陸地方を150日間で踏破した2400キロ(600里)の道程を
踏破したと言うが、とんでもない距離だ。単純に計算しても、毎日16キロ
を歩いたことになる。だが当時の旅路は、そんな生易しいものではなかっ
た筈だ。

江戸時代元禄期といっても、 江戸から東北、北陸地方には、のんびり歩
き通せる平坦な道が整っていた筈はない。ほとんどが山道・峠道であり、
山を越えて行く方法しかなかった。

筆者も以前、福井の江戸時代前からの「鯖街道」を歩いたことある。山道
の勾配は天地の差ほどの高低を繰り返し上り下りし、僻々とした記憶があ
る。山道もない場所は絶壁を横切るしかない。ましてや橋はほとんどな
かった。大雨で河が氾濫、足止めを食うことも日常茶飯事だったろう。

ところが、「奥の細道」によると、2人は何と1日に48キロ(12里)を
歩いた日があったという。幾ら昔の人が健脚だったとはいえ、老齢の域の
芭蕉(46)と同行者曾良(41)が、そんな長距離を1日で踏破できたと考
えるのは無理な話だ。

つまり芭蕉は、こうした異常な歩き方の速さや、伊賀の上野の生まれであ
ることから「忍者」ではなかったかと論じられてきた。それはまた別の機会
に譲るとして、ここで気になるのは、むしろ芭蕉の弟子として名を売り、
旅の同伴者であった「曾良」の方だ。

「曾良」のことは、純朴な芭蕉のお供だという印象が強くて、「忍者説」
はあまり知られていない。

ところが調べてみると、こんな具合だ。

<曾良は、幕府とのつながりが緊密で、当時日光工事普請を巡ってあった
伊達藩と日光奉行の対立を探るための調査を、幕府から曾良に命じられた
とされている。その目的と行動を隠すため、芭蕉の歌枕の旅を巧みに利用
したというのが、芭蕉研究専門家では語られている。

曾良は、さらに社寺や港の荷役の動きを調べる任務も担っていたようで、
北前舟が立ち寄る日本海沿岸の酒田、瀬波、新潟、直江津、出雲崎、金
沢、敦賀の各港の貿易状況を丹念に探索して回っている痕跡も分かっている。

その任務行動が、なんと芭蕉の旅の日程と、見事に重なることから、この
説には真実性が浮かび上がってくる。きっと幕府からの潤沢支度金を、俳
句仲間の豪農や商人のお世話や句会の収入だけでは困窮していた芭蕉に手
渡し、「曾良」の任務に手助けをしたものだという説もある>。

こう見てくると、「曾良」という旅の同伴者は、巧に芭蕉を取り入って芭
蕉の弟子を装い、幕府隠密の任務を隠密裡に遂行していた“忍者”だったと
いう説は真実味を帯びてくる。

果たして芭蕉の死後、「曾良」は芭蕉の追慕行脚は行わず、すぐに幕府か
ら巡見使九州班員に就任させられている。

芭蕉の終焉の時、曾良の姿はその場になかった。しかも何だか分からない
「公務」を理由に、恩師の葬儀にも参列していない。やはり芭蕉に心酔し
て傍に連れ添った弟子ではなかったのではないだろう。

正に曾良は、幕府から密命を受けて全国各地を調べて廻るために、芭蕉に
にじり寄って随行した「忍者」だったに違いない。 (一部修正して再
掲) 参考・ウィキぺディア  
           


━━━━━━━━━━━
私の「身辺雑記」(2)
━━━━━━━━━━━


     平井 修一

■6月16日(日)は娘たちが「父の日」を祝ってくれ、夕食に特上寿司の出
前をとってくれた。小生はお吸い物を作るだけだから楽ちん、このところ
疲れがたまっていたので大いに助かった。一応小生が主役のはずなのだ
が、いつの間にか高熱が治まったばかりの2歳の孫息子の“病気快癒”祝い
になっていた。

「これまでの人」と「これからの人」のどちらが大事かと言えばもちろん
後者であり、周りがふと気がつけば「これまでの人」がフェイドアウトし
ているような終わり方はいいなあと思う。まあ、そんな風にうまくはいか
ないだろうが・・・

■6月17日(月)。久しぶりに朝から快晴で、五月晴れだなあ、と気分が良
い。洗濯物もよく乾くだろう。長女は孫息子を連れて小児科へ行ったが、
「もう大丈夫、普通の生活に戻っていいですよ」とのお墨付きが出た。明
日からは孫息子の散歩が再開される。うれしさ半分、しんどさ半分だ。

時間に余裕ができたのでわが部屋に布団を敷いて読書。唐紙を少し隙間を
作って閉めるが、これは犬が入ってこないようにするため。犬は小生の蒲
団が大好きで、わが部屋を訪ねてくれるのは結構だが、敷布にケツをつけ
てしばしば汚すのである。で、布団を敷く時は締め出しをするようにして
いるのだ。

しかし、シェルターのようになった部屋は孫2人にとっては興味津々で、
唐紙を開けて入ってくる。おもちゃを広げ、仏壇の戸を外し、布団に寝こ
ろび、果ては網戸に穴を開ける。この網戸は数週間前に孫が穴を開け、先
日、小生が補修したばかりなのだ。

子供は穴を開けるのが大好きで、そういえば小生も子供の頃は、唾をつけ
て湿らせた人差し指で障子に穴を開けて楽しんだものである。「これ、ヂ
イヂが直したばっかりだからね、穴を開けちゃだめだよ、蚊が入ってき
ちゃうからね」と言うくらいで、彼らがこの遊びに飽きるまで「破壊→補
修→破壊→補修」のいたちごっこが続くのだろう。

1か月と14日のベビーが生まれて初めて笑った、と言うか笑顔を見せた。
不思議な感じがする。

■夕刻、カミサンが奄美から帰ってきた。母親の長寿の祝いは子、孫、曾
孫ら30人ほどで大いに賑わったという。

島では昔から干支の周期で祝い、60、72、84、96歳という具合で、古稀
(70)、喜寿(77)、傘寿(80)、米寿(88)などを祝うのはつい最近か
らのようである。義母は84歳(数えで85歳)の祝いである。

奄美は本土から隔絶されていたために独自の文化、と言うか、記紀の世界
の古来の文化が培養あるいは保存されてまだ残っているものが多い。これ
は調べてみる価値はあるだろう。(2013/06/17)



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎自殺者15年ぶりに3万人割る うつ病、多重債務対策など奏功

 政府は18日、平成25年版「自殺対策白書」を閣議決定した。24年の全国
の自殺者数は前年比2793人減の2万7858人となり、9年以来、15年ぶりに
3万人を割った。

内閣府自殺対策推進室は「国や自治体などで進められてきた鬱病患者や多
重債務者らへの自殺予防策が一定の成果をあげた」と分析。一方、20歳代
の自殺死亡率(10万人あたり)は高まる傾向にあり、若年層への効果的対
策を急ぐ必要性も指摘した。

自殺者数は男性1万9273人(前年比1682人減)、女性8585人
(同1111人減)。動機別では「健康問題」が1万3629人と最多
で、生活苦、多重債務など「経済・生活問題」が5219人、夫婦関係の
不和、家族の将来悲観など「家庭問題」が4089人−などと続いた。

年齢階級別の自殺死亡率は40歳代以上で低下傾向にあるのに対し、20
歳代で高まる傾向にあるのが特徴。自殺動機には「就職失敗」や「進路に
関する悩み」をあげるケースが目立った。

 国内の自殺者はバブル崩壊による金融不安や景気悪化が拡大した10年
に3万人を突破。15年には最多の3万4427人となり、18年には
「自殺対策基本法」が施行された。
産経新聞 6月18日(火)10時49分配信



 ◎遊具「空中スライダー」、消費者庁が注意喚起

 消費者庁は17日、ワイヤにぶら下がって滑り降りる遊具「空中スライ
ダー」による事故の再発を防止しようと、施設管理者らに安全対策を講じ
るよう要請し、消費者に注意を呼び掛けた。

空中スライダーは、体に安全ベルトを装着し、高所に張られたワイヤに滑
車をかけて滑り降りる遊具。同庁によると、遊園地など約45か所にある
という。

静岡県裾野市の遊園地で2月、女性客が約6メートルの高さから落下し、
腰の骨を折る重傷となったため、同庁が調査。安全ベルトと滑車につなが
るワイヤベルトを結ぶ開閉式の金具が、滑走時に完全に閉じていなかった
可能性があったという。
読売新聞 6月18日(火)9時8分配信



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)元かウォン立ての原稿料でも貰ってんのか?

6月17日の地方新聞にまたもや、甚だおかしな論説が掲載された。
この地方紙の論説は読むたびに本当に前頭葉がズキズキしてくる。

【現論】政治家にかける人権意識 斉藤 美奈子(文芸評論家)
(引用はじめ)

『橋下 徹大阪市長(日本維新の会共同代表)の「慰安婦は必要だった」
発言は市長と党の人気を凋落(ちょうらく)させて、ひとまず沈静化した
ように見える。しかし果たしてこの問題は終わったのだろうか。

ことは2007年、第一次安倍晋三内閣の時代にさかのぼる。
安倍首相は当時から、慰安婦制度への軍の関与を認めて慰安婦に謝罪をし
た「河野談話」に否定的だった。「強制性を示す証拠はなかった」などと
発言し、内外から激しい批判を浴びた。米紙ワシントン・ポストやニュー
ヨーク・タイムズはこぞって批判的な論評を載せ、07年7月には米下院
で、日本政府に慰安婦への謝罪を求める決議が可決された。

やはり内外から激しい批判を浴びた今度の橋下発言は、その再来に思え
る。いや、再来じゃなく 3度目か。「河野談話の見直し」を示唆した首
相は、第二次安倍内閣発直後の今年一月にも米国のメディアや議会の激し
い反発を買った。この国の政治家は、まるで懲りていないのだ

▽手のひら返し
なぜこんなことがたびたび起こるのか。よくいわれるのは、日本の政治家
の「国際感覚のなさ」である。本人は国内向けに語ったつもりでも、政治
家の発言は今日、世界中にあっという間に伝わる。グローバル化の推進と
かいっているわりに、国際社会で自分の言葉がどんな評価を受けるのか、
日本の政治家はわかっていない。その通りだろう。

だが問題は「国際社会」とは何かである。もしかして「国際社会=アメリ
カ」と思ってない?

慰安婦問題だけではない。歴史認識の危うさや政治家の靖国神社参拝など
について、日本は韓国や中国などの近隣アジア諸国から繰り返し批判され
てきた。

が、馬の耳に念仏で、それを真摯(しんし)に受け止めた気配はない。4
月の国会で、閣僚の靖国参拝に中韓からの批判が出ている件を問われた安
倍首相は「わが閣僚はどんな脅かしにも屈しない」と答えた。

先の戦争を日本の侵略戦争と詔めた「村山談話」についても「侵略という
定義は学界的にも国際的にも定まっていない」「安倍内閣としてそのまま
村山談話を継承しているわ けではない」とした。たいした強気の姿勢で
ある。

ところが、この発言が中韓のみならず米国で報じられ、米議会でも批判が
起きると、手のひらを返したように「安倍内閣も村山談話を全体として受
け継いでゆく」[私は日本が侵略しなかったといったことは一度もない」
と開き直った。

当事国たる中韓の批判には耳を貸さず、米国の批判には素早く応じる。そ
こに感じられるのは一種のアジア蔑視、「脱亜入欧」ならぬ「脱亜入米」
の思想である。

▽アジアを蔑視

蔑視といえばもうひとつ、五輪招致にからんだ猪瀬直樹東京都却事の発言
が思い出される。

4月、ニューヨーク・タイムズ紙の取材に「イスラム諸国の人々が共有し
ているのは唯一アラーで、けんかばかりしている。階級もある」などと答
えた知事。

イスラム圈へのひどい侮蔑であると同時に、東西の多様な文化が融合する
トルコ(イスタンブール)への無知も露呈している。

こうした政治家からの発言と平行して、東京や大阪では「朝鮮人は出て行
け」ほか、とてもここに書けないようなヘイトスピーチ(憎悪発言)を繰
り返す外国人排撃デモが続いている。安倍首相や橋下市長の発言と無関係
とはいえないだろう。

猪瀬知事もまた「届け出すればてきることはできる」「注意深く見守りだ
い」と述べるだけで、ヘイトデモを事実上容認した。

国や自治体のトップがこんな状態で、五輪を招致する、あるいはクール
ジャパンを売り込む気なのだから、いい度胸というか恥知らずというか。
かつての植民地支配、侵略戦争、その延長線上にある慰安婦問題の根底に
も、そもそもアジア蔑視の思想があった。米国の新聞に指摘されてはじめ
て騒ぐ目本のメディアも情けない。

欠けているのは国際感覚だけてはない、むしろ人権感覚だ。そこから立
て直さない限り、似たような事態はまた起こるだろう。』(引用終わり)

いやいやいや、こんな与太をとばす評論家も評論家だが、社会の木鐸(私
はそうは思わないが)と言われる紙面にかような論説を掲載する新聞も新
聞だ。

この女評論家は朝日と琉球新報を舞台に執筆活動をしているようだが、彼
女の指摘する全てが半分はデタラメであり残りの半分は嘘である。

 1 「従軍」慰安婦は捏造である。
言いだしっぺの朝日でさえこっそり謝罪訂正している(2007年04月01日)。

http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51292728.html

何も橋下徹のようにヒステリックに主張せずとも先の中山成彬議員の議会
質問のごとく淡々と論破してゆけばよいのである。

さらにNYTだ、WPだと騒いでいるが執筆したのは何のことは無い、東
京支局のこれまたポンスケ特派員だ。米国下院議員決議にしたって、年間
400近くの決議の中の、それも捏造された「従軍」慰安婦と人身売買をご
ちゃ混ぜにしてシナやコリアのロビー活動に鼻面を引き回された結果で、
じたばた騒ぐことなんぞ無いのだ。

 2 「河野談話」は言った本人が反省している。

本人が存命であり、しかも当の本人が森喜朗に「いやぁ、アレは僕の失敗
だった、出来たら取り消したい」と言っているそうではないか。何故ディ
アは本人から取材しないのか。

 3 日本の政治家の「国際感覚のなさ」
違う、彼女(又は彼)が言いたいのは「わが国のシナやコリアに対する配
慮のなさ」である。そして言わせてもらうが、習近平は日本を帝国主義の
復活とアメリカでアナクロ演説したし、李明博も朴槿恵も場違いなところ
で日本叩きを行った。国際感覚のないのはよほどシナやコリアの指導者で
ある。

 4 靖国参拝はいつにかかって日本人の心であり、シナやコリアまして
やアメリカからとやかく言われる筋合いはない。

 5 「村山談話」はだまし討ちの時間外衆議院決議であり、参議院では
通らず。ゆ えに、唐突に閣議決定された。あの時の連合政権内の自民党
は痴呆状態であった。そもそも出自が卑しいのである。

 6 「イスラム圈へのひどい侮蔑」

イスラム社会は長い争いと差別のスパイラルである。誰が否定しようが事
実は事実として存在する。いじめや差別を無くそう、と言ったら無くなる
のかという話と同じである。

 7 ヘイトスピーチはシナとりわけコリアがひどすぎる。

韓国語を理解しない日本人は気がつかないが、韓国小学校の教科書には反
日用語が満載、竹島に渡るための韓国側桟橋には「おい、チョッパり(日
本人の蔑称)よ、ここがお前たちの島に見えるか」の看板とか、日の丸に
大きな×を書く等、見るに耐えない。

前大統領李(日本名:月山)明博が現職のときにやったヘイトスピーチは
「天皇陛下を後ろ手に縛り、そのまま土下座させて、頭を足で踏みつけ
ろ」であった。あのホのベルルスコーニの「彼(オバマ)はよく日焼けし
ている」どころの騒ぎではないのだ。

 8 「かつての植民地支配、侵略戦争、その延長線上にある慰安婦問題
云々」

これは全く彼の国の一方的な言い分であり、我々同胞の口から出る言葉で
はない。それを日本人が日本人に対してばかりでなくシナやコリアに対し
て「まったく、うちの安倍ときたらこうなんですから」と言うような御注
進に及ぶひどさ。

9 「政治家に欠ける人権意識」

何、人権?これはそのまま彼の両国へお返ししたい。オマエからは絶対に
言われたくないっ!

・・・私は思う、こいつは元かウォン立てで原稿料貰ってんのか?と。 
                          (九州男)


 2)【Facebook抜粋】 − 阿比留瑠比氏による解説 − 田中均氏の言辞
に対する安倍首相氏による反論の背景について

Rui Abiru 13 hours ago ?

さて、私が言論界やネット空間でいろんな方々のご意見を聴いていて、と
きに覚える違和感について。それは、「つい最近まで、世の中メディアだ
けでなく、教育界も法曹界もその他も、左派が主流だったことを忘れてい
ないか」ということです。

第一次安倍内閣のころ、安倍首相は左派からの攻撃は当たり前だから平気
でしたが、本来は同じ方向を向いている保守系からの攻撃には「ちょっと
こたえるね」とこぼしていました。当時、私が思っていたのは、安倍政権
をたたく保守派は、そもそもこれまでの経緯を理解しているのかという疑
問でした。

だって、自社さ政権を持ち出すまでもなく、近年の自民党はずっと、親中
派や加藤紘一、河野洋平両氏のようなリベラル左翼が主流だったわけで
す。そんな中で、安倍氏や故中川昭一氏らは、党内の異端・少数派から少
しずつ同志を増やし、さまざまな異論や問題点を飲み込みながら、とうと
う理念的少数派として政権を獲ったわけです。

それをね、全部自分たちの思うようには動かないとか、政治の現実も何も
考えずに正しいことを言えば全部受け入れられる的な、子供のような視点
で批判してきた人を、私は実はいまだに許していません。

私個人の記者生活でも、平成2年に産経に入り、仙台総局に赴任したわけ
ですが、夏の甲子園地区予選の国家斉唱時に起立する記者は私一人でし
た。それどころか、立って国歌を歌う私を指差して笑う他社もいました。

岩手靖国訴訟という裁判では、靖国に玉串料を支払うのがけしからんとい
う原告の弁護士の矛盾を指摘する記事を書くと、地元紙のキャップに、
「だからお前はバカなんだ」と面罵されました。世の中、左派が主流だっ
たのです。

それを、現在のようにいまだに左派が強くはあっても、保守派が堂々と意
見を述べやすい環境にしたのは、私は実は若手議員時代からの安倍氏らの
功績が大きいと見ています。

この点を評価する人は滅多にいませんが、安倍氏は拉致も教科書も朝鮮信
組も安保も、重要な政治課題で常に議員連盟の中心として活躍し、発信
し、流れをつくってきまた人物です。

いま、安倍首相が改憲で少し後退したという記事をよく見ますが、「笑
止」ですね。彼は何も変わっていません。というか、変わりようがない人
だと思います。そういう本質は、むしろ左派の方が見抜いていて警戒して
いるというのが、何ともうーん。(坂元)



━━━━━━━
身 辺 雑 記 
━━━━━━━

インターネットへなかなかつながらない。遅配の原因。


読者:5199人

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/



-- 
-- 
渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/07/03

    池田信夫氏が従軍慰安婦について、2007年4月1日付けで、朝日が謝罪の社告を出しているとありましたが、そして社長の秋山耿太郎氏が辞任するとありましたが、知りませんでした。

    これはホントのことですか?

  • 名無しさん2013/06/18

    中国の瓦解は近い?

    最近になって、中国のバブル崩壊について頻繁に報じられるようになりました。「7月危機」もまことしやかに囁かれていますが、いよいよ危険信号がともりつつあるのでしょうか。



    北京五輪の後に発生したリーマンショックへの対処で、中国の中央および地方政府は極限まで借金を膨らまし、実体経済から乖離した成長を演出してきました。いよいよしのツケがあらわれてきたことになります。



    とはいえ、中国経済の崩壊は日本を含む世界にとっての大惨事につながりかねません。国外へは恫喝的な拡張主義、国内へは数々の人権侵害を指摘される中国共産党が変容して欲しいと願いますが、何卒、穏便に、最も被害のない形で事態が進行し、皆が幸せになりますようにと祈らざるを得ません。





  • 名無しさん2013/06/18

    河野洋平は永久自民党を徐名にせよ。黒ラブ