政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針2978号   2013・6・15(土)

2013/06/15

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 2978号
□■■□━━━───────────────────────□■■□



        2013(平成25)年6月15 日(土)


                      屈辱ホテルと2つの万歳:杉本康士

                  96条改正反対論の事実誤認:櫻井よしこ

                       民進党は駝鳥である:Andy Chang

                           詩人・吉田修のこと:平井修一

                           鳩を寄せる悲しみ:渡部亮次郎

                     話 の 福 袋
                    反     響
                    身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第2978号
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━
屈辱ホテルと2つの万歳
━━━━━━━━━━━


      杉本 康士

米国の首都ワシントンに「ホテル・ワシントン」というホテルがあるそう
だ。行ったことがないので詳しいことは分からないが、このホテルに宿泊
した経験がある先輩記者によると、「どうってことのない普通のホテだ」
という。

今から63年前、ホテル・ワシントンで、首相の密命を帯びた2人の男が杯
を交わしていた。2人はこの後、いずれも日本の首相にまで上り詰める。
池田勇人と宮沢喜一。池田は蔵相、宮沢は蔵相秘書官として渡米していた。

「本当にケチなホテルで、池田さんと私でツインベッドの部屋で7ドルで
すから、安いものですね(笑)。池田さんはお酒を持っていって、1升瓶
だか4合瓶だったか、お燗をするのに洗面器で、湯を出してみたら湯が出
るので、それでお燗しました」

宮沢は『聞き書 宮沢喜一回顧録』(岩波書店)の中でこう振り返ってい
る。2人は表向き、連合国軍総司令部(GHQ)による財政金融引き締め
政策、ドッジラインを緩和するよう求めるため米国を訪問した。

しかし、昭和25年5月の出発直前、当時の首相、吉田茂は「日本側から何
かの形で、アメリカに基地を提供して日本にいてもらうようなことを考え
てもいい、ということをワシントンに向かって伝えてこい」と池田に命じ
ていた。

GHQによる占領も5年間になろうとしていた。独立を回復するためには
米軍の駐留継続を認め、「日本の講和会議をやるということは、アメリカ
としては日本をソ連に引き渡すようなものだ」という米側の不安を取り除
く必要がある。それが吉田の決断だった。

国家の命運を背負った閣僚が安ホテルに泊まらざるを得なかったのには事
情がある。GHQ経済顧問を務めていたジョセフ・ドッジが池田に「あな
た、日本は被占領国ですから、その大臣が贅沢をするわけにはいかないだ
ろう。いちばん安いコストで旅をするのはしょうがない。悪いけれど」と
告げたのだ。

たかがホテルだが、自分が泊まるホテルすら選べない。それが独立を失っ
た国だった。だが、池田の提案は米政府を動かし、その約2年後にサンフ
ランシスコ講和条約が発効し、日本は独立を回復した。

「ふりつもるみ雪にたへていろかへぬ松ぞををしき人もかくあれ」

サンフランシスコ講和条約発効から61年後にあたる今年の4月28日に行わ
れた政府主催の「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」で、安倍晋三
首相は昭和天皇の御製を詠み上げた。

「主権が戻ってきたとき、私たちの祖父、祖母、父や母たちは何を思った
でしょうか。きょうはそのことを国民ひとりひとり、深く考えてみる日な
のだと思います」。首相はこう述べ、「誇りある国にしていく責任」を強
調した。

天皇、皇后両陛下ご臨席の式典は、予定になかった終わり方をする。両陛
下が退場される際、会場から「天皇陛下万歳」の声が発せられ、首相や麻
生太郎副総理も両手を挙げた。この万歳について、菅義偉官房長官は「私
どももまったく予想していなかった。いわば自然発生的に発せられた」と
説明している。

想定外の万歳三唱は62年前にも発生した。米大統領トルーマンにより電撃
的に解任されたGHQ最高司令官、ダグラス・マッカーサーは昭和26年4
月16日、帰国するため東京国際空港で多くの日本人の見送りを受けてい
た。マッカーサーがタラップを上がると人々は万歳を叫んだのだ。

「誰かが『マッカーサー元帥万歳!』と言ってしまったものだから、しょ
うがない、みんなが『万歳!』と言ったことを覚えています」

マッカーサー見送りの場にいた宮沢が当時を思い起こす口吻は、苦みが混
じっている。日本を打ち負かし、焦土に降り立ち、占領者としてこの国を
統べたその人が去るとき、なぜ人々は万歳と口走ったのか。日本の独立回
復まで残すところ約1年。まだ被占領国だったときの椿事だった。

マッカーサーに対する万歳も、式典での万歳も、想定外の出来事であった
点では共通している。だが、想定外であったにもかかわらず、いや、想定
外であったからこそ、2つの万歳は被占領国と独立国の断絶を鮮明に浮か
び上がらせているように思えてならない。

産経ニュース【名言か迷言か】2013.6.15 07:00



━━━━━━━━━━━━
96条改正反対論の事実誤認
━━━━━━━━━━━━


      櫻井よしこ

自民党の参議院選挙の公約から憲法96条の先行改正が外される見込みであ
る。安倍晋三首相は攻めどころを間違えていないか。

安倍政権の課題は経済再生、安全保障の危機、教育改革など山積し手に余
るほどだ。しかし、日本立て直しに必要なのはなんといっても憲法改正で
ある。そのことを十分に認識しているからこそ、首相は96条の改正から始
めると明言してきた。

現行の96条は衆参両院の議員総数の3分の2以上の賛成を得て初めて、国会
は改正を発議出来る。その上で国民投票で過半数の賛成を得たとき改正が
実現される。この改正のハードルは後述するように極めて高い。

米国が作った現行憲法を66年間、一度も改正出来ずにきた結果、日本は重
要な問題に全く対処できない国になった。一例が尖閣諸島を危機に陥れ、
沖縄本島の日本の領有権にさえ疑問を突きつける中国の脅威に、海上保安
庁も自衛隊も十分な対処ができ兼ねていることだ。

中国資本が狙う国境の島々や戦略的に重要な国土の売却及び使用に全く規
制をかけられないのも、元を辿れば憲法29条に行きつく。

まさに憲法によって国が喪われ、主権が侵されているにも拘らず、条件が
厳しくて改正出来ずにきた。日本国民が憲法に手をつけることが出来ない
のでは民主主義に悖る。国民の手に憲法を取り戻すためにも96条の定める
議員総数の「3分の2」から「2分の1」に変えようというのが改正の主旨だ。

しかし、96条の改正にはさまざまな反対論が沸き起こった。5月23日には
護憲派の憲法学者や政治学者が「96条の会」を結成した。小林節慶大教授
までも名を連ねたことに見られるように、改憲は必要と主張する人々まで
もが96条改正には批判的だ。

■「大変時代錯誤」?

こうした反対勢力の側に、共産党や社民党が立つのは想定の範囲内だが、
民主党はどうか。同党は憲法改正を国会で堂々と論じたいとしながらも、
96条の先行改正反対の名目で、事実上、改正そのものに反対していると見
られても仕方がない。なによりもその議論は粗雑で、党憲法調査会副会長
の長島昭久氏でさえ、「7月の参院選挙を念頭においたレトリック」だと
批判する。

民主党の議論がどれほど酷い内容か、3月29日の参議院予算委員会での質
疑を見てみよう。同委員会は実は暫定予算を論ずる場だったが、民主党・
新緑風会の小西洋之議員が唐突に憲法について問い始めた。

氏は安倍首相に「憲法の中で一番大切な条文をひとつ挙げ」よと問うた。
「ひとつだけ挙げることは出来ない」との首相の、或る意味当然の答えに
小西氏は尚同じ質問を繰り返し、「包括的な人権規定といわれる条文は何
条か」と尋ねたのだ。

暫定予算の審議の場で憲法について「クイズのような質問」をするより、
自分で調べたらよいだろうと首相にあっさりあしらわれても尚、小西氏は
同じ質問を繰り返した。

自らの言葉に酔ったかのように興奮気味に質問を続ける小西氏に、委員長
を務める民主党の石井一氏もたまりかねて注意した。それでも小西氏の興
奮はおさまらず、「自民党の改正草案において徴兵制は違憲か合憲か」
「闘う政治家の誇りにかけてお答え下さい」と首相に詰めよった。だが自
民党の改正案にはそもそも徴兵制は含まれてもいない。

小西氏の論はさらに飛躍して「自民党草案は、かつての治安維持法の(よ
うに)言論や結社の自由、表現の自由、そういうものを全て規制し得る」
とまで主張する。

氏の主張は非論理的で本来、小欄で取り上げる意義もないが、それでも取
り上げたのはこの種の粗雑な極論が、同党の憲法論の基調をなしているの
ではないかと思わせる発言が党幹事長の細野豪志氏から飛び出たからだ。
細野氏は6月2日のNHK「日曜討論」で、石破茂自民党幹事長をこう批判した。

「なぜ自民党は表現の自由すら公益及び公の秩序で制限出来るというよう
な、正直言いまして大変時代錯誤の憲法案を出しているんですか」

このような考えを露骨に出す一方で改正要件を緩和しようとするのは立憲
主義国家として絶対にとるべきではないと、細野氏は言うのだ。

こんな議論を展開して、民主党は大丈夫かしらと思う。氏が自民党案の第
21条を問うているのは明らかだ。同条は集会、結社、言論、出版その他一
切の表現の自由を保障したうえで、第2項で「公益及び公の秩序を害す
る」場合は表現及び結社の自由は認められないと定めている。

これは「大変時代錯誤」どころか21世紀のいま、国際人権規約19条3項
(b)で明確に定められている国際社会のスタンダードである。小西氏は
前述の国会審議で特定の内容が条文の第何項に当たるのかなどとクイズま
がいの質問を連発した揚げ句、首相は「何も知らない」と決めつけ続け
た。その言葉は民主党幹事長に贈る方が妥当ではないだろうか。

■守りの姿勢

民主党だけでなく、先述の小林節教授らも、96条を変えてはならない、96
条は必ずしも厳しい基準ではない、たとえば米国は改正の発議に3分の2を
必要とし、その後州議会の4分の3の賛成が必要だ、日本より厳しいのでは
ないかなどと主張する。しかし、このような主張は間違いである。

日本大学教授の百地章氏の論を借りれば、米国の憲法改正の発議は議員定
足数(過半数)の3分の2で足りる。つまり6分の2で発議できるのである。
他方、日本の場合は「議員総数の3分の2」である。6分の2と3分の2、両者
の間には大きな相違がある。

また、もうひとつの批判に、96条を改正したと仮定して、憲法の下位規範
である法律と同じ簡便さで憲法を変えることが出来るようになるのは危険
であり、おかしいという指摘がある。これも間違った見方である。

法律を変え、新しく立法するには衆議院では議員20人、参議院では10人の
賛同が必要である。法律案の可決は定足数(3分の1)の過半数、つまり6
分の1超でなされる。つまり、最低、法律は6分の1超の賛成で成立するの
だ。そのあと国民投票は不要である。

他方憲法は、改正原案を国会に発議するのに衆議院なら100名以上、参議
院なら50名以上の賛同がまず必要だ。これを可決するには議員総数の3分
の2以上が賛成し、そのあとさらに国民投票にかけなければならない。こ
のように96条を改正したからといって、法律と同じ簡便さで変えることな
ど金輪際出来ないのである。

安倍首相はこうしたことを明確に説明し、96条改正の意味を説かなければ
ならない。安倍内閣の最重要課題を消極的な守りの姿勢でやり抜けると
は、到底思えないのである。(週刊新潮)
2013.06.15 Saturday name : kajikablog



━━━━━━━━━
民進党は駝鳥である
━━━━━━━━━


    Andy Chang

台湾の民進党党首・蘇貞昌は来年の選挙を迎えて募金運動を開始し、
アメリカ各地を回っているが、6月13日ワシントンのブルッキング
ス研究所で講演し、台湾はすでに主権が独立した国家で名を中華民
国と呼び、選挙で政党交替ができると強調した。

更に蘇貞昌は民進党は政党として中国政府と対話をしたいと話した
が、そのあとすぐに、国民党の呉伯雄が中国を訪問して習近平と会
談したことについて、両岸(中国と中華民国のことを指す)は政府
対政府の対話をすべきで、国民党が政府が対話すべきではない、と
強調した。民進党は執政黨ではないが中国と対話したい、だが国民
党と中国政府が対話をするのは反対、まったく矛盾した発言である。

●カナリヤが駝鳥になった

中華民国は亡命政権であるという認識は台湾人に行き渡っている。
台湾建国は中華民国を打倒しなければならない。しかし民進党は党
綱領で独立をやらないと書き、(建国の)歌を忘れたカナリヤとなっ
た。そして中国に接近して中国が民進党支持に回れば国民党に勝て
ると主張するようになった。蘇貞昌は自己栄達のため、民進党の政
権奪取のため募金をしている。台湾の為、人民の為ではない。

台湾人の政治目標は打倒中華民国、台湾建国である。民進党は中国
を恐れて建国をしない、台湾人の目標を無視した政党となった。中
国が反対しなければ中華民国の執政黨になれる。

民進党が選挙に勝っても中華民国である。民進党はカナリヤではな
く駝鳥である。パンダが駝鳥を食べると言うのに、駝鳥はパンダを
乗せたがっている。

●中華民国は独裁である

台湾人は中国人ではないと言い、中国人も台湾人ではないと言う。
中華民国は中国人の政府だから台湾人を奴隷扱いする。ところが台
湾人が中華民国独裁に抗議を繰り返しているのに、民進党は台湾は
民主国家であると言い張る。台湾人は騙されない。

中華民国の独裁に苦しみながら台湾は民主国家であると言う民進党
は、縛られて刑場に赴く阿Qが小唄を歌うようなものだ。

台湾人は矛盾が多い。民進党は台湾人の政党で、台湾建国のために
政治をしていると思っている。民進党がダメになっても支持するべ
きと思っている。

司法独裁、警察国家、原発などに反対、政府横暴で毎日抗議をして
いるのに、民進党の政治家は台湾は民主だが民主が不十分なだけと
言う。政治が悪いと言いながら選挙が唯一の方法であると言う。選
挙で得るものは何もない。民進党は独立建国はしない、それでも人
民は民進党に頼る。民進党はいつまで人民を騙せるのか

台湾人の自称政治家、論客も矛盾が多い。馬英九を批判して馬政権
の改善に期待する。言論に打倒政府の行動方針がない。論者は現状
批判が愛国で、民進党支持が愛国と思っている。台湾国は存在しな
いが建国を討論せず、馬英九批判だけで自己満足している。

民進党は中国に依頼して政権をとるつもりである。台湾人は頼れな
い民進党に頼って建国が出来るつもりである。民進党支持が台湾を
愛することと思っている。

●民主化の矛盾

台湾の現状が改善しても中華民国がよくなるだけだが、人民は中華
民国がすこしでも好くなれば建国を忘れ、独裁に甘んじるようにな
る。これが民進党の主張する現状維持である。

台湾には民主人権があると言うのは、「中国と比較して」である。
台湾人は中国の併呑を恐れるあまり、台湾は民主で、中国は独裁と
比較すればアメリカが台湾を守ってくれると思って民主比べをする
のである。

アメリカは現状維持で、台湾が建国を主張しなければ一時的でも平
穏が得られるという曖昧政策を取っている。だが……、

中華民国が民主化すれば台湾建国は忘れてもよいのか。
中国が民主化すれば台湾が併呑されてもよいのか。
中国と中華民国が合併すれば台湾建国はできなくなる。
中国と中華民国が民主化の様相を示せば台湾は併呑される。

●現状維持とレッドライン

台湾の国際的地位は未定であると言う事は台湾人に知れ渡っている。
アメリカが台湾の将来の決定権が持つこともわかっている。アメリ
カが現状維持を主張するのは中国が強硬に領有権を主張して武力で
恫喝するからアメリカは現状維持を唱える。このような現状は非常
に不安定なものである。

台湾はアメリカの第一防御線の真ん中に位置している。アメリカは
決して台湾と尖閣諸島を中国に譲渡しない。中国はこれを知ってい
るから中華民国と共に台湾人の独立運動を無力化し、台湾を同化す
る戦術を取っている。

中国人の戦略はアメリカ外交の赤線(レッドライン)を無効化する
ことである。アメリカはレッドラインを示して台湾が併呑されるの
を防いでいるつもりだが、中国は台湾人の自由意思を突き崩し、内
部崩壊を促進する。それが民進党の中国化で、その結果、民進党が
駝鳥となったのである。

台湾人は民進党が既に中国に馴化されている事実に目覚めるべきで
ある。これまで通り民進党を支持し、選挙で民進党に投票すること
を止めて建国運動を発起すべきである。中国に頼って選挙に勝てば
中国の圧力が以前にも増して強くなり、中国併呑を免れる事が出来
なくなる。

台湾人は民進党を排除して、独自で建国運動を始めるべきである。
民進党は頼れない、選挙も頼れないし、民進党が選挙に勝っても建
国は出来ない。今こそ台湾人民が決起すべきときである。



━━━━━━━━━
詩人・吉田修のこと
━━━━━━━━━


    平井 修一

吉田修(おさむ)のことを書こうと思ってから10年ほどたった。その間、
何もしなかったわけではなく、時々は彼の消息を探してはいたのだが、
“杳(よう)として知れず”不明のままに年月だけがたってしまった。彼と
最期に会ったのは1975年(昭和50)あたりだったからもう40年近くも見て
いないことになる。

10年ほど前に夢の中に彼と奥さんが出てきて、彼が「平井君、友達になれ
てよかったよ、ありがとう、それじゃあさようなら」と言う。いわゆる
「枕辺に立つ」というやつだろう、それ以来気になっていたのである。
NTTの番号案内にかけたが、「杉並区では吉田修という氏名が一番多い
んですよ」ということで電話番号さえも分からなかった。

彼の生死は不明だが、彼が奥さんと心中することは不思議ではない。むし
ろ「この世は生きるに値しない」と自死を選ぶ方が自然のような印象を受
ける。

吉田修はこう言っていた。「詩人というのは職業じゃないんだよ。それで
生活している人はほとんどいないからね。詩人というのは“生き方”なんだよ」

今、手元に彼の詩集がある。「魚の遠足」(長帽子叢書、1972)、「遊
戯」(紫陽社、1975)、「ヨブの耳」(七月堂、1979)である。「ヨブの
耳」のあとがきは暗い。

<前詩集「遊戯」からこの詩集までには4年近くの歳月が流れている。そ
の間私は、詩が表現であるのと同じように、生きることもまた、いのちの
表現に他ならないという極めて単純な事実をどこかに忘れてしまい、ただ
ひとり滑稽にも悲愴感をふかめ、痩身の日々を過ごさざるをえなかった。
これから、どのような対象に自らをあずけたらいいのか、まったくわから
ない状態である>

「ヨブの耳」という書名は旧約聖書ヨブ記の「我が日々は、ただの呼吸に
過ぎない」からとったという。これからの人生の絵が描けない戸惑い、生
きることへの懐疑と絶望・・・彼は死を選ぶという、詩人としての“生き
方”をまっとうしたのではないか。

吉田修の経歴はほとんど分からない。1952、1953年あたりに福島県の酒造
家の二男として生まれた。中学3年の時に同級生と伊豆大島に駆け落ち
し、睡眠薬で心中自殺未遂を図った。かなり早熟だったのだろう。

その後は睡眠薬やシンナーなどを常用して昼間からふらふらしている生活
が続き、両親が精神病院に強制入院させ、そこで1年を暮らしたという。
「早く退院したいから“明るい青年”を演じていたけど、これが結構苦痛
だった」と苦笑していた。卒業後に上京し、酒場などで働いていた模様だ。

小生が吉田修に初めて会ったのは1973年3月、22歳のときである。その頃
小生は貯金が底をつき、仕事を探さなければならず、中核派幹部の紹介で
東急東横線学芸大学前にあるナカノという建築金物店に就職した。そこに
いたのが吉田修だった。

ナカノは家族企業で、25歳ほどの二代目が店を仕切っていたが、一線を引
いたとはいえ頑固な父親があれこれ指示し、口うるさい母親も手伝い、妹
は経理を担当していた。従業員は小生と吉田修の2人である。工務店など
安定した得意先がいくつもあり、小規模経営ながら精いっぱいに繁盛して
いた。

初対面の時、吉田修は21歳だったが、ほとんど老成したような印象で、も
の静かで、いつも腹の調子がおかしいという痩せた青年だった。既に年上
の女性と結婚していた。

彼は、仕事は生活のために最低限し、それ以外は読書とパイプ煙草、詩作
に集中し、詩の中に自分の世界、現実があると言い、現代詩手帖賞などを
受賞した山本哲也、H氏賞などを受賞した郷原宏ら詩人との交遊も広かった。

吉田修は小生にとっては初めてのタイプの青年だった。マルクス主義から
離れはじめていたとはいえ、小生はまだこれといったそれに代わる価値観
もなく、相変わらずマルクス主義の尾を引いていたが、小生の考え方と、
精神世界に価値を見いだす吉田修とは合うはずもなく、最初の1カ月ほど
は事あるごとに対立した。

「火炎瓶を投げたりゲバ棒を振り回したりしているのは、本来下半身に向
かうべき血が頭に昇った奴等だ」と吉田修は決めつけた。小生が「君と話
しているとまったく腹が立つ」と言うと、彼も「僕もまったく腹が立つ」
と言い返した。しかし、小生は思想的に不安定な状態にあったこともあ
り、次第に吉田修に影響されていく。

吉田修はパイプを愛用していた。吉田修が詩集を自費出版する際に小生が
埼玉県の印刷所まで車で取りに行ってやったこともあって、2人はやがて
気の置けない友達になったが、ある日、吉田修は「僕が一番気に入ってい
たパイプだけど、この前のお礼に」といって使い込んだパイプを小生に
贈ってくれた。

店の客が途絶えると2人は椅子に坐り、パイプをふかした。吉田修はパイ
プの話、パイプ煙草の話、やがてはモダンジャズや文学、現代詩の話な
ど、うんちくを披露した――

「長田弘の詩に『クリストファー詩編』というのがあってね、トランぺッ
ターのクリフォード・ブラウンのことを詠んでいる。『ああ、ぼくは、死
んだクリフォード・ブラウンのことを実に懐かしく想いだす』っていう書
き出しでね。

特に最後がいいね、『夭折こそはすべての若い芸術家を駆りたてる、もっ
とも純粋な夢、ぼくたちの夢のなかの夢であるもの』。夭折っていうのは
いいね。『短すぎる彼の晩年』なんていう言葉は美しいけれど、『長い晩
年』なんていただけない。長生きするものじゃないよ・・・」

吉田修は「夭折」という言葉にロマンを覚え、しばしばそれを口にした
が、確かに21歳にしては人のあまりしない経験をし過ぎており、やり残し
ているのは夭折ばかりと、老人が達観したかのように生きていた。本当に
達観したのか。

<為すこともないままに
ひとり鬱屈する冬の一日
二階の窓から街並みを見ようとすれば
私の気息(いき)はその硝子をくもらせている
窓の外の風景をくもらせてしまっている

知らずに私は
自らの生きるべき世界を
消してしまっているのだろうか
自らの肉体が吐く、気息によって>(「ヨブの耳」)

山本哲也は、「吉田修はこの一篇を書くことで、『書くこと』それ自体の
本質的なむなしさに襟首をつかまれたのではないか」と言う。多分そうだ
ろう。これ以降は詩作からも離れていったようだ。

「詩人として生きる」と言った吉田修から詩がなくなれば、自ら詩人・吉
田修と訣別して他の生き方に変えるか、それとも詩人・吉田修として死ぬ
しかない。彼は後者を選んだろう。

彼が「さようなら」と小生の枕辺に立った時、どこかで「ああ、やっぱり
ねえ」と妙に納得したのはそういうことなのだろう。この一文が詩人・吉
田修への多少の鎮魂になればと思う。(2013/06/14)



━━━━━━━━
鳩を寄せる悲しみ
━━━━━━━━

   
  渡部 亮次郎

鳩に餌を与えるなとある、中にはエサを上げるなと、敬語を使った役所の
看板が立っている。鳩に敬語を使ってどうするんだか、無関係な話だが、
どうも見ていると、鳩への餌やりは老人の生きがいないしは福祉問題なの
だ。

私が住まいしているところは、江戸・隅田川を挟んだ「川向こう」の江東
区。昔はびしょびしょの下町。戦後もしょっちゅう水害に見舞われたし
「江東ゼロ・メートル地帯」とも悪口をいわれた。

そういう自分も仕事で回るのは山の手だったから、学生時代も含めて老境
に入るまではこちらには全く縁がなかった。ところが人生に都合が出来て
1989年から川向こう住まい。

最近、バブルがはじけてこのかた、江東区のマンション街の発達は凄いの
一言。地下鉄が横に東西線に加えて縦に2003年3月19日から半蔵門線が都
心から延長乗り入れてきて、JR総武快速線も加えてこんなに便利なところ
はなくなった。

何せ錦糸町からJRの地下にもぐれば東京駅までたったの8分という便利
さ。山の手で東京駅に8分と言うのは皇居ぐらいだ。だから人口が1年に
1万人ちかくの勢いで増えていくのは当然だ。

もう水害はない。30階、40階のマンションが素晴らしい数で林立してい
る。東京都知事を引退した後の故青島幸男さんの住んでいたのも江東区大
島の39階建てマンションだった。

ところが、その先がいけない。木場の貯木場をつぶして出来た都立猿江
(さるえ)恩賜公園(北部)。最近、鳩の天下であるが、公園管理所がいく
ら鳩にエサをやるなと言ってもおじいさん、おばあさんのエサやりが増え
るばかりでなのである。

エサをやると当然、栄養がよくなる。よくなると繁殖欲が人間とどう違う
のか、産卵が年2回のものが、3回に増えて、東京で増えるのは老人と烏
(からす)と鳩ばかり。公園から300メートルしか離れていないマンション9
階のベランダにも番(つがい)が産卵しに来る始末。

ところで、老人と話してみると、たいていは独り暮らし。関東大震災をく
ぐり、昭和20年3月の大空襲では、親兄弟を失いながら、悲しみに耐えて
生きてきたが、寄る年波でもういけねぇ。

ヨチヨチと散歩に来て、エサに寄って来る鳩の羽ばたきが生きてるシルシ
よ、というのだ。かと思えば、家では嫁に掃きたてられるようにして公園
に出てきても話し相手はいない。

なにしろ下町と言っても、個人主義の時代が長すぎた。公園で出合っても
挨拶する人は年寄りでも稀になった。仕方が無いから、たばこ銭を詰めて
買った玉蜀黍(とうもろこし)を撒いて鳩の群れを寄せ付けるのさ。だか
ら、鳩が頭に立とうが、肩にとまろうが嬉々としてその老人は張り切って
いる。

まさに公園管理所の考えている鳩問題は、鳩問題ではなく、すぐれて老人
問題、福祉問題なのである。都知事殿もこのあたりは判らない。

公園には嘗ては常時10人ぐらい住み着いていたホームレスも管理所の妨害
作戦により全く居なくなった。だがエサをやる老人たちは管理所に隠れる
ように木陰に立って撒いている。

犬は放すんじゃないと管理所、幾ら叫んでも、放し飼いだから、何時噛ま
れないとも限らない。まこと、老人たちの鳩寄せ事業は歩きながらで大変
なのである。

ある日から、パンくずを持って仲間入りしてみたが、あれほど面白くない
ものは無い。第一、鳩は根っからの馬鹿だ。記憶と言うものが無い。ア、
昨日のおじいさんだということが絶対ない。わかってない。

エサに興味があるのであって,くれる人に興味は無い。記憶もない。愛が
わかない。老人の鳩寄せは実に悲しい限りだ。益々老人になって行く当方
だが、エサやりはやめた。



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎【Twitter/Facebook抜粋】 2013−06−15  10:31

**********************************
MSN産経ニュースbot [test] ?@SankeiShimbun 16分

【政治】 【安倍政権考】米中だけが「大国」なのか:  米国のバラク・
オバマ米大統領(51)と中国の習近平国家主席(60)は7、8日の首
脳会談で尖閣諸島(沖縄県石垣市)の問題を長時間話し合った。また、習
主席は米中関係につい... http://on-msn.com/18IonJk

**********************************
片山さつき ?@katayama_s 10時間

国連で「シャラップ」日本の人権大使、場内の嘲笑に叫ぶ - MSN産経
ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130614/erp13061408180002-
n1.htm …一昨日、外務省からこの委員会が一方的に従軍慰安婦問題への対
日批判を勧告してしまった様子の説明を受けましたが、こういう場には最
強の反論チームを送らないと。

真壁幸男 ?@mkbyk21 18分
@katayama_s ある意味、ちょっとした事件ですね 有色人種をも含む世界
から日本へのやっかみと「黄禍論」的背景の滲出ですかね @gutmak

**********************************
皇室の悠久 ?@dankeidanshi 16時間

皇室典範に定められた「敬称」すら、全く使用しない報道を政府が認めて
いるというのに、女性皇族の降籍後の「内親王の尊称保持」に全く意味が
無いの

は自明。#女性宮家 創設の布石にしようという意図と「典範改悪」の前例
作りが目的なのは明白。尤もらしい奇語で国民を騙す皇室破壊工作を阻止
すべき



**********************************
MSN産経ニュースbot [test] ?@SankeiShimbun 1分
【国際】 シリア非難決議を採択 国連人権理、11度目:  国連人権理
事会は14日、ジュネーブの国連欧州本部で、内戦が続くシリア情勢に関
しアサド政権

軍、反体制派の双方の人権侵害を強く非難、政権側には国際調査委員会へ
の協力を... http://on-msn.com/13MJJyk
概要を表示

**********************************
【親善国家】 − ブータン − 参院選まで経済集中!捻れ解消で憲法改
正! @akh6 5時間

ブータン国王「私は若き父とその世代の者が何十年の前から、日本がアジ
アを近代化に導くのを誇らしく見ていたのを知っています。」対して中韓
は、日本

の経済力や領土を盗もうとし、高校無償化を叫び、戦時売春婦など支援を
要求してくる。今こそ、事実を見つめ直し、親日国とのアジア興隆支援を!

**********************************
阿比留瑠比氏の投稿/Facebook
Rui Abiru

外務省の次期次官に斎木昭隆外務審議官が内定しました。斎木氏と言え
ば、拉致問題で官房副長官時代の安倍首相と連携したほか、官僚らしから
ぬはっきりした言動で知られていますね。

野田政権時代の昨年11月、ASEM首脳会議の場で、尖閣は中国領だと主
張した中国の楊外相に対し、斎木氏が次のように明確に反論したニュース
には、胸のすく思いがしたものでした。

「ASEMで、2国間関係を議論するのは、その趣旨にそぐわない。中国の代
表は、歴史的にも国際的にも疑いなく日本が有効に支配している尖閣諸島
について、執拗に不当な主張を繰り返しており、過去60年の平和国家のあ
り方を否定し、歴史をねじ曲げてその名誉を傷つける悪意に満ちた発言を
繰り返しているが、そのような発言は全く受け入れられない。中国は自国
の発言に同調する国は全くないということを認識すべきだ。」

……政治家より、官僚の方がよほどしっかりしている、という場面を見るこ
とは珍しくありません。鳩山元首相が訪中して中国首脳と会談した後、松
野頼久官房副長官が同行記者団(私も含む)に内容のブリーフィングをし
たのですが、これが全く要領を得ず、われわれも一体何を言っているのだ
ろうと苛つく場面がありました。

このとき、民主党は「政治主導」だからとできるだけ官僚には発言させな
いようにしていたのですが、見かねた斎木氏が「ちょっといいですか?」
と松野氏に断った上で、簡単に会談のポイントを説明してくれ、やっと
こっちも理解できたことがありました。

政治家もいろいろ、官僚もいろいろ、ということだろうと思います。
Unlike ・  ・ Share ・ 11 hours ago ・ / You and 934 others like
this. / 106 shares

View previous comments, 5 of 58

Yoshio Toyosawa まずは国民が、国益確保のため(家族や故郷を護るた
め)には一身を捧げるということについて、しっかりと覚悟を決めること
なのでしょう、

それからまともな政治家を選び、まともな政治家による真の政治主導で優
秀な官僚群を縦横に駆使して国益を確保する、という流れが理想なので
しょうか。

さすれば、国益や基本的な国策についてぶれない二大国民政党による議会
政治もできるようになるのではないでしょうか。シェアさせていただきます。
4 hours ago ・ Like ・ 2

Mitsutaka Itoh いいね!伏魔殿の浄化をも御願い致します。
4 hours ago via mobile ・ Like ・ 1

Ikuo Kamada よりにもよって、松○さんではどうにもなりませんでしょ
う。 国内でさえ怪しい人は海外に出ないでほしい。まともな官僚に陽が
当たる、まともな

報道人に陽が当たる、、そういう社会に持ってゆきましょう。それにはお
かしなことには逐一声を上げることだと思います。
3 hours ago ・ Like

島田正秀 阿比留さん 久しぶりにお褒めのFB嬉しく思います。国益を考
え行動する官僚もご紹介ください。我々には決してあらわせない、でも本
当に国の

事を考えている官僚も題材として挙げて頂くと一般庶民は絶対接しえない
情報です。ありがとうございます。
about an hour ago ・ Like

Mak Sakamoto 仰せのとおり官僚のいろいろで、それぞれの行動原理を類
型化、建前と本音、そしてその中間も含む三層の各々について、各自がど
のよう

に自分を表現するかを推察してみればわかりやすいですね。斎木昭隆氏の
行動原理は、拝見したところいかにも表裏のないところが眞骨頂であってそれ

すなわち、同氏の実力の高さを示しています。職務分掌規程を額面どおり
実施できる環境を構築する能力があるとも言えるのではありませんか。一
方、根

回し業務が枢要な部分を占める職務を担当する官僚の場合、空気を読む能
力があまりにも高すぎることゆえ、往々にして誤解される事例もあり得る
でしょう

ね。事の当否は別として、田中均元外務審議官などはその典型でしょう。
職務環境によって行動原理から政治的信条までもが変わってしまうことも
あり得る

ように推察します。
a few seconds ago ・ Like

**********************************
◆田中均発言 − 佐々木 @WBJPPP 2時間

日本は、極端な左傾化状態だったのが、漸くニュートラルの所まで来た、
というのが実情だと思うが、田中均の様な頭のおかしい人間には、それが
「右傾化

」と映るのだろう。一種の病気だと思う。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130613/plc13061314010009-n1.htm
… 「右傾化は当たらない」田中元外務審議官を批判 菅長官
ちぇんじさんがリツイート
概要を表示

「右傾化は当たらない」田中元外務審議官を批判 菅長官

 菅義偉官房長官は13日午前の記者会見で、田中均元外務審議官が12日
付の毎日新聞のインタビュー記事で「日本は極端な右傾化が進んでいると思

われ始めている」と指摘したことについて  …

**********************************
【在日問題】 − 日本は強くなる! @27543493 9分

03【石平】外国人参政権反対国民集会
www.youtube.com
★外国人参政権を阻止する方法 外国人参政権を阻止するために、ネットを
最大限有効活用しましょう! 1)命懸けで民主党の不正と戦う東京地検
特捜部

へ激励メッセージを送る https://www.kensatsu.go.jp/

**********************************
【國防】 − 佐藤正久 @SatoMasahisa 11時間

軍事ジャーナリスト、井上和彦氏が15日の京都トークライブに緊急参
戦!そこまで言って委員会等でも井上氏の舌鋒鋭いツッコミは天下一品、
元海上保安

官の一色正春氏のコメントも絶妙だ。永遠の0の百田尚樹氏と佐藤の対談
もヒートしそう!参加下さい pic.twitter.com/luAPokVmFK

**********************************
ゼロタイムズ @zero_times 25分
【拡散】日本人は知らない原爆投下の真実 ⇒ http://ow.ly/i5wWv  アメ
リカ大統領は原爆が完成するまでWW2を引き延ばした。すでに日本は敗北して

おり、原爆投下をせず、早期に戦争を終結させていれば、日米の多くの兵
士の命は散らずに済んだ・・・・。

**********************************
【國防】 − 【正論】 − 樋川 誠一 @seiichi_hikawa 13分

日本の軍備を説く人物に田母神俊雄氏が挙げられます。同氏の主張を聞き
危険である等との感想を抱いてしまう国民は意識を改める必要があります。他

国からの侵略を抑止して自国の平和を維持する為には、核兵器を含め十分
な軍備が必要です。軍備が戦争を招くのではなく、軍備不十分こそ戦争を招き

ます。

**********************************
【反日教育体制粉砕】 − 一気呵成に立法化すべし。

極☆日本神風 @Justiceandfair 10分
【自民党】『教科書法』制定を検討、自虐史観を問題視、中韓配慮の『近
隣諸国条項』についても見直しを|保守速報

http://www.hoshusokuhou.com/archives/28322412.html …
これは素晴らしいこと 。日教組どもは発狂するかもしれんがw

**********************************
【NHK批判】 − 紋二朗 @s_hyu_ji 31分

【NHK】『ニュースウオッチ9』が共産党機関紙「しんぶん赤旗」の紙面を
紹介!! NHK「憲法を守る運動が保守の人にも広がっている」|保守速報

http://www.hoshusokuhou.com/archives/28325634.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter
… @hoshusokuhouさんから
NHKがアカの片棒かつぎ、赤旗に古賀誠の写真笑える。

**********************************
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 @WSJJapan 23分
2013年卒業の大学生の次のステップは - http://WSJ.com/
http://on.wsj.com/19tlMm6

Mak Sakamoto shared a link.
【愛國者】を【右翼】と呼ぶのが、似非有識者の特徴。

足立 @half_frontal 1時間
“@miyudesuyo: 「右傾化は当たらない」田中元外務審議官を批判 菅長官
- MSN産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130613/plc13061314010009-n1.htm
… ”シナチョンに都合悪くなると右傾化と言う連中。お前等何処の国の政治

家だよっていつも思う。いつか報いを受けますように。

**********************************
【地方自治】 − 【正論】 yuri2012 @yuri20123 12分

この意味、安倍総理には確りと自治体に対し、指導してほしい。各自治体
はどんなことでも使えるため、復興予算の無駄使いをする。これでは到
底、道州制

など無理。各自治体が自由に使える交付金を貰ったりすると、本当に何に
使われるか解らない。今まで中央集権で、ひも付き予算を貰っていた時よ
り悪い

**********************************
【日米同盟】 − bando @thunder_bando 1時間

「米は、日米より米中を重視してしまった!日本は放置される!」な〜ん
て言ってた奴、どうなのよ?これ? ⇒ 首相、オバマ氏と電話会談

「日米同盟関係の強化を確認した」「(オバマ氏からの説明は)同盟国で
ある日本への配慮だ」

**********************************k.
【友好国家】 − わく @epsodo 6月6日

 昭和天皇の崩御のときに喪にふくしてくれた国は2カ国。 キューバと
インドだって。 http://bit.ly/11uFzbm #nhk

**********************************
◎天皇陛下を奉戴する我が國體、そして日米同盟のおかげです。感謝。

田村重信 @shigenobutamura 5時間
世界各国の「平和度」指数。治安の良さが評価され、アイスランド、デン
マーク、ニュージーランド、オーストリア、スイスの次の第6位。人口1
億以上ではNO1.日本は住みやすい良い国です

〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎政府:宮内庁侍従長 河相外務事務次官で調整  古澤襄

 <政府は14日、宮内庁の川島裕侍従長(71)の後任に、外務省の河相周
夫事務次官(60)を充てる調整に入った。政府は月末にも斎木昭隆外務審
議官(60)を外務事務次官に昇格させる方針で、河相氏の処遇が焦点に
なっていた。

河相氏は外務省北米局長などを経て、民主党政権時代の2010年から内閣官
房副長官補を務めた。外務事務次官になったのは昨年9月。歴代の外務事
務次官は通例2年程度務めており1年未満で交代するのは異例で、安倍内
閣の強い意向が働いたと見られる。(毎日)>

2013.06.15 Saturday name : kajikablog


 
━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)興味深いインド系食材店探訪:前田 正晶

本14日にカレー好きで自分でも調理するという古き友人を、ここ新大久保
駅周辺に増えつつあるハラル・フード兼インド系食品と食材を売る店3軒
を案内した。

実は、自分自身ではその中の1店でとインド製のレトルトのカレーとレー
粉を買っていただけだが、他の2店は中にすら入ったことがなく、貴重な
経験となった。この友人はかなりインド料理に詳しく「これほど多種多様
な食材が東京で買えるとは予想していなかった」と目を輝かして巡回た。

結果的には求めていた以上の食材を確保してご満足だったのだが、その経
済的な価格にも驚きは隠さなかった。各店舗では確かに品揃えは十分だ
が、店内にいる人たちは皆同じような顔つきで誰が店員か解らないのは
参った。だが、面白かったのはイスラム教徒の女性が店員と日本語で会話
をしていたことだった。アラビア語では通じないものであると知った次第。

私にとって新発見だったのは、ネパール人が経営している店の2階にはネ
パール料理のレストランがあった事だった。以前から貼り紙がしてあった
のは見ていたが、気にも止めていなかった。今回は友人が"puri"(プリ)
という"nanまたはnaan"即ち「ナン」似た食べ物を探したところ、このレ
ストランに案内されたのだった。

そこはネパール人が運営しているので、意外にも日本語以外で話し合って
いる大勢の客で賑わっていた。そのプリが準備される間にメニューを見る
とちゃんと日本語が添えられており価格も魅力的で、一度ネパールのカ
レーでも食べてみるかという意欲が湧いてきた。聞けばすでに開業して5
年だというのも驚きだった。

興味ある発見ではあったが、この地域にインド、パキスタン、ネパールと
いった多くの国々から彼ら独特の食材を商う店が複数で成り立つほど増え
ていたのには、あらためて警戒心が湧いてきた。因みに、ここ新大久保駅
の近くにはすでにトルコの"Kebab"を食べられるスタンドまで出来ていて
異邦人たちにはかなりの人気である。残念ながら未だ"Kebab"を試す勇気
ないが。


 
 2)雨など降るもをかし:平井 修一

上着と足元が濡れるくらいなら帽子をかぶって散歩へ出るが、今朝の雨は
「中降り」で傘がなければ下着までぐっしょりになるだろう。犬もそれが
分かっているのだろうか、散歩は諦めているようだ。本格的な梅雨がまった。

梅雨になると洗濯物に困る。1日でパリッと乾いていたものが、外でほと
んど干せないので、室内に干すしかないが、乾いてたためるようになるま
でに3日はかかる。それでもパリッとはいかないが、洗濯物は毎日出るか
ら片づけざるを得ない。

居間に隣接している小生の6畳間は今は5つのハンガーがぶらさがり、靴下
を含めて50個ほどの洗濯物を干している。部屋自体も湿気るので、「床も
べとつくから」とカミサンがエアコンをつけて除湿している。ちょっと寒
いが、湿度はかなり下がり、小生の肌もべとつかなくなった。

昨日は細雨のなか、2歳の孫息子に合羽を着せて散歩へ行った。新発見新
体験としては、ビワの実を食べさせたこと、ミミズとナメクジを観察させ
たこと。孫息子はビワの実を不思議な顔をして食べ、ミミズとナメクジは
いささか気味悪そうだった。雨が降れば元気になる動植物は多い。

日本は瑞穂の国だから雨がなければ米はできない。毎日のように降る梅雨
は大方の人にとっては憂鬱だが、7月下旬の梅雨明けまでは我慢するしか
ない。米国アイダホ州生まれ、ユタ州育ちの米国人が「日本に来て生れて
初めて傘をさした」と言っていたが、日本は雨がよく降る風土のために、
雨に関する言葉も実に多彩だ。

雨空、雨垂れ、雨音、雨水、雨漏り、雨露、雨傘、雨靴、雨具、雨戸、雨
樋、雨宿り、雨乞い、雨ざらし、雨間。雨間(あまあい)は雨がやんでい
る間のこと。雨模様、雨上がり、雨脚、雨粒、雨染み。

季節ごとには梅雨の他にも春雨、秋雨、時雨、冷雨、冬時雨、五月雨。喜
雨(きう)は夏の土用の頃、日照りが続いているときに降る雨。麦雨(ば
くう)は麦の実る頃降る雨、五月雨と同じ。

小糠雨(こぬかあめ)は非常に細かい雨、ぬか雨、細雨。驟雨(しゅう
う)は急に降り出して間もなくやむ雨で、にわか雨、村雨(むらさめ)とも
言う。宿雨(しゅくう)は連日降りつづく雨、長雨あるいは前夜からの
雨。瑞雨(ずいう)は穀物の生長を促す喜ばしい雨、慈雨。

雨にちなんだ小説、随筆、誌歌も実に多い。雨は人を詩人にする。清少納
言「枕草子」初段の有名な「春はあけぼの」。

<春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは、少し明りて紫だちたる雲
の細くたなびきたる。

夏は夜。月の頃はさらなり。闇もなほ。螢の多く飛び違ひたる。また、た
だ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし>

九九段「雨のうちはへふる比(ころ)」にはこうある(現代語訳)。

<雨がひきつづいて降るころ、今日も降るのに、帝の御使いとして式部丞
信経が中宮様のもとに参上している。いつものように信経のために敷物を
差し出してあるのを、信経は敷かずに遠くのほうに押しやってじかに座っ
ているので、

私が「敷物はどなたのためのものですか」と聞くと、笑って、「こんな雨
の時に敷物にのぼりましたなら、雨で汚れた足の跡がついて、たいへん不
都合できたなくなってしまいましょう」と言う。

私は「なぜですか、せんぞく料(敷物の一種の「せんぞく」と、足を洗う
意味の「洗足、せんぞく」をかけた洒落)にこそなりましょうに」と言う
のを、信経は「この洒落はあなたさまが、うまくおっしゃったのではあり
ませんぞ。私、信経が足の跡のことを申さなかったら、おっしゃれなかっ
たでしょう」と繰返し繰返し言ったのがおもしろかった>

雨の中、カミサンは次女の運転で羽田空港へ向かった。奄美の母の長寿の
お祝いのためだ。車には4歳7か月の孫娘と2歳の孫息子を同乗させてお
り、11時前に「今羽田に着いた、2人に飛行機を見学させる、昼食は空港
ですませるよ」と次女から電話があった。孫息子は今日は散歩はできない
けれど飛行機をじっくり見学するのは生まれて初めてだろう。結構なこと
である。

12時を過ぎても雨はやまない。今日はどうも散歩はできそうもない。雨は
風情があって悪くはないが、ハワイ島西海岸のコナのように「夜降って昼
間は快晴」だとありがたいのだが・・・(2013/06/13)


 3)北南米大リーグとでも改称すれば:前田 正晶

14日はこの頃の高温多湿の季節となると(1985年にアメリカで受けた自動
車事故の被害で頸椎を損傷させられた後遺症で)心身共に低調となる日が
増えるので、朝からじっとしてアメリカ大リーグのDarvishが出る試合の
中継を見る訳でもなくボンヤリと聞いていた。

近頃の大リーグ(MLB)は数えたこともなく検索もしたこともないが、ヒ
スパニックの選手が増えその人数は恐らくアフリカ系を超えているのでは
ないかなどと考えている。あれでは恰も南米リーグに北米出身者も加入し
ているが如きだ。

今朝もボンヤリと聞いていると、相手方の"Toronto Blue Jays"には「エ
ンカルナシオン」という選手がいた。恐らくヒスパニックだろうと背中の
名字を見れば、"Encarnacion"となっていた。そこで勝手にこれを英語の
スペルにすれば"incarnation"で「肉体化、人間化、権化、化身か神のキ
リストにおける顕現」(ジーニアス英和による)のことかな思っていた。
凄い名字もあるものだと感心した。

他のヒスパニック系で興味を惹いた例に、何処のティームかは覚えていな
いが、「デヘスース」という人がいた。これは恐らくこういうスペルだろ
うと思って背中を見れば、案の定"Dejesus"だった。頭の"De"を取り除い
た"Jesus"は言うまでもなく「イエス(キリスト)」のことで、「へスー
ス」はスペイン語読みだろう。何となく違和感を覚えた名字だった。

我が国に稼ぎに来ているヒスパニック系の一人に西武ライオンズの「ヘル
マン」がいる。これも「もしや」と思って背中に注目すると"German"だっ
た。アメリカにいた時は何と名乗っていたのか興味があった。英語では当
然「ジャーマン」だから。私は西武が良くこれを「ゲルマン」にしようと
言い出さなかったと半ば感心している。

さて、三振奪取のリーグ一位の座を確保したと騒がれて、平然と「三振を
取るゲームをやっている訳ではない」と語ったDarvish君は、今日も7回ま
で投げて9〜10の三振を穫ったが味方打線の不調で勝利投手になれなかった。

当方の見た限りではコントロールが荒れていたために相手が打つ投球を絞
りきれなかったこともあるだろうが、三振は取れるが纏まっていない感が
深く、この状態から脱出する方法を早く見出さないと投球数が増えて7回
くらいで引っ込められる可能性が高く、よほど味方打線が奮起してくれな
いと勝利投手になりにくいのではと思っている。

それにしても、張本勲が指摘するようにMLBの打者は選球眼が悪いという
のか「ここで撃つ」と決めれば悪球でも何でも振りに行く粗雑さが目立っ
ていた。あれでは三振が増えるのは当然だが、Darvish君も三振を取れて
も投球数が増える一方で「アッ」と言う間に100球の制限に引っかってし
まう。我がマスコミはもういい加減に「三振、三振」と騒ぐのを止めたら
どうだろう。現にDarvish君は歓迎しなかったではないか。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


15日。午前4時の予報で東京は曇りのち雨だったが、起きてみればかんか
ん照り。猿江公園を悠々と散歩。


読者:5199人

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/06/15





    成功するコツは止めないこと−継続は力なり

     



    そこら中の本で書かれていることだし、一見すると特に難しいことでもないし、今さら珍しいことではないのですが、当たり前の単純な事柄の中に真実があることが多いものですし、改めて自分に言い聞かせてみるつもりもあって、書いてみました。継続することが大切なのだ、という話です。



     お話を漏れ聞いたのですが、良い絵画の三大要素として、1.素朴さ、2.純粋さ、3.稚拙さ、が挙げられるということです。



    やはり絵の良し悪しというのは、その絵に心が宿っているか、打算・計算の無い、欲の無い、素朴さや純粋さが感じられるかどうか、という点が大事になってくるそうです。絵に、その作者のいかにも「売りたい、売れて欲しい」という気分が混じってくると、その途端に絵の質がダメになってしまうようですね。



    そして、稚拙さ、というのは、稚拙=未熟でつたないこと、下手、という意味ではなく、「不必要な技術が無いこと、即ち、自分の内面性の素直な発露を妨げてしまうような、かえって素直な表現を邪魔するような小手先の技術に走ることが無いこと」という意味です。余計な技術を身につけていないことで、絵画の作者は自分の本心からの絵で勝負しなければならなくなって、それで絵が本物になるそうです。だから、見る人が見ると、小手先の技術だけで見せている絵と、作者の本音、というか真心が素直に現れ出ている絵と、それらの違いが一目でわかるのだということでした。



    これは、楽器の演奏にたずさわる人ならすぐに意味がわかる話ですね。技術が優れていても、それが優れた音楽性を保証するとは限らないという場合はいくらでもあります。絵でも同じことが言えるんだな、と思って、妙に納得させられます。



     1.色彩を使用する能力が優れている。即ち、絵の色彩が良い。

     2.作者本人がものに動じない。

     3.作者の性質が天真爛漫である。

     4.愛情がある。絵に愛がある。



     美術でも音楽でも、やはり量をこなすことは大切なようで、たくさんの作品に触れて経験を多く積むことで、質の良い審美眼ができあがるようですね。絵画であれば、作品を見れば見るほど、音楽であれば、曲を聴けば聴くほど、作品の良し悪しをより普遍的な姿勢で判断できるようになるのではないでしょうか。



     自分で練習したことがある方ならわかって下さると思いますが、その「続ける」ということが実は一番難しいことかもしれません。一ヶ月や二ヶ月くらいなら、まあ続けることはできても、三年、五年、七年と続けるとなると、なかなか難しくなってくるかもしれませんね。三年の壁が越えられないんだよね、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

  • 名無しさん2013/06/15

    「NHKは国益にかなっていない」の声…ニュース番組などにおける中国、韓国寄りの偏向報道が批判の対象 http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-9109.html

  • 名無しさん2013/06/15

    ■【速報】TBSで仕込み発覚wwwwwwwwwwww

    http://blog.livedoor.jp/nicovip2ch/archives/1759734.html

  • 名無しさん2013/06/15

    最近は日本からも、地球温暖化への警鐘となる予測が、積極的に出てくるようになった。



    それはそれで、良い傾向だとは思うけどね。



     



    かれこれ10年近くまえから、地球温暖化による災害発生が具体的に懸念されていたけど、こればかりはそう安々と解決しそうにない。



    なにせ、メカニズムも正確にわかっているわけではないようだし、ましてや将来予測になると、かなり緩い予測しか出てない気がする。



     



    環境省などが4月12日に公表した予測では、今世紀末に、日本の平均気温が最大で4.0度上昇。1時間あたり50ミリ以上の降雨の年間発生回数が全国平均で約4倍に増加。1級河川の洪水発生確率が最大で4.4倍に増加するということだった。



    また、6月10日に東京大などの研究チームが発表した予測では、今世紀末には、世界の約4割の地域で被災リスクが増え、100年に1回レベルの大洪水で河川氾濫に見舞われる地域の居住人口は最大で約1億人になるということだ。



     



    だいたい同じような内容のようだけどね。



     



    もちろん、この予測の内容でもそうとう大きな災害になるだろうから、たいへん由々しき事態だと思う。しかし時期も含めて、もっともっと想定外のことまで考えて対策をとらないと、ちょっと危険だと思うのは、自分だけなのかな。









    でも、あの管元首相でさえ、原発事故の時には最悪のシナリオまで考えていたそうだから。



    最近は、南海トラフを震源とする最悪の巨大地震がおきた場合の、最大被害規模まで想定されていることだし。



    深刻にならずともいいけど、やはり地球温暖化に対しても、シビアに最悪のシナリオを出していかないと、なかなか世界的な対策が進まない気がする。



    +6℃ 地球温暖化最悪のシナリオマーク ライナス(著) に書かれてることが、なかでは一番まともかなと思うけどね。



    少なくとも、このレベルを最低ラインにするぐらいで対策を考えてほしいな〜。



     



    +6℃ 地球温暖化最悪のシナリオ 



  • 名無しさん2013/06/15

    炭素14年代測定法によれば、日本で稲作が始まったのは6500年前頃らしい 

    しかし、それは主に陸稲だった 

    近代的な稲作(水稲)が本格的に始まったのは2600年前頃となる 

    わかるか? 

    天孫降臨から始まった皇紀が今年で2673年だっけ 

    大まかに重なるんだよ 

    皇紀を「ウリナラファンタジーと同じ」とか言ってた連中こそウリナラファンタジーと同じ 

    科学的な測定結果が出ちゃって、さぞや悔しいだろうな 



    ちなみに韓国最古の稲作は1600年前頃で半島の最南部から 

    大まかに任那の伝承と重なりますねw 

    また、伊勢神宮の言い伝えによれば稲は中国南東の楚の国からもたらされたんだそうな 

    稲のDNAもそっちの系統ということで一致する 

    ということは渡来人はそっちの人ってことになるね 

    かつて東大の左翼の大先生たちが広めた日本のウソ歴史こそウリナラファンタジーだと証明されました