政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針2970号  2013・6・7(金)

2013/06/07

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 2970号
□■■□──────────────────────────□■■□



        2013(平成25)年6月7日 (金)


  教育を語る、親として、母として(講演録 一):中山恭子

                  訓練移転に反発の大阪・八尾:早川昭三

           なぜここで橋下に“救いの手”なのか:杉浦正章

           仏大統領、アベノミクス「学びたい」:古澤 襄

                   「支那」は次官通達で禁止:渡部亮次郎 

                     話 の 福 袋
                    反     響
                    身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第2970号
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
教育を語る、親として、母として(講演録 一)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                
                中山 恭子

皆樣こんにちは。今日、教育再生地方議員百人と市民の會といふことです
ので教育の問題をしっかり語らねばならないのかとは思ってゐるんですけ
れども、私自身教育の專門家といふわけではありませんので、自分がこれ
まで經驗して來たことをお話し、皆樣のお考への何かの參考にして頂けた
らとその樣に思ってをります。

今、司會の方から拉致問題についても話して欲しいと事でございましたの
で、先づそこから。

私は2002年から拉致問題に關はるやうになりました。それまで私自身、中
央アジアの大使を務めてをりまして、中央アジアのことだったら自信を
もっていろいろ出來ると思ってゐましたが、北朝鮮については当に素人で
ございまして、この問題を扱っていいんだらうか、私か關はっていいんだ
らうかと隨分惱みました。

ただ拉致の被害者のご家族の方々の動きを拜見しながら、自分が少しでも
役に立てるのであれば、また官房長官からお聲をかけて頂いた時、(中
山)成彬に相談しましたら、「君がやるしかないだらう。」と、いとも簡
單に言はれてしまひまして、そのあとも一晩中考へたんですけれども少し
でも役に立てるかも知れないと、そんな思ひで關はることになりました。

この拉致問題、語り始めましたら それぞれのところに歴史があります。
それぞれのところに大變重い話がございまして、何時間盡くしても語りき
らない、さういふテーマでございますが、今日はその中のごく、本當に掻
い摘んだこととなりますがお傳へしたいことをお話していくつもりであり
ます。

この拉致の問題に關はりました當初から、なぜ外國の工作員、といふのは
スパイですが、自由にと言ってもいいほどいとも安々と日本に入って來
る。工作船が沖合に停まってそこから小さいボートとか、スクリューのつ
いた、何て言ふんでせうね、水の中を僭って入って來る。

何故日本といふ國は外國からの工作員を安々と入れるやうな状況のままに
なってたんだらうか。しかも入ってきて日本の國民を大きな、例へば木の
陰に、これは曾我ひとみさんのケースですが母親と二人で、夕食の買ひ物
に出て、その途中で大きな木のある處に二人とも連込まれ、そこから後は
母親がどうなったか全く分からない。

連込まれてすぐに猿ぐつわをされて兩足を縛られて袋に入れられました。

北朝鮮こ行ってから、母親はどうしたかと聞いたら、佐渡に歸して元氣で
ゐますよと、そのやうに教へられてきたといふことでございました。

そんな事もあって、ついでで申し上げますと、そのタラップを降りて來る
時に五人ともいろんな思ひがあったんですが、曾我ひとみさんの場合に
は、母親はすでに日本に歸したと北朝鮮の人から言はれてるものですか
ら、あのタラップの上に立つと下に居る家族は勿論、親戚の方とか友達、
先生とか、タラップの下まで迎へに來てくれたんですが、あの曾我さんの
瞳、中に寫眞が入ってゐるかと思ひますが、非常にきつい顏をして笑みも
全くありませんでした。あれはもう必死で母親を搜してゐた、さういふ目
だらうと、下から見てですね、一瞬、胸がつかへるやうな感じを受けたこ
とがございます。

そしてこの北朝鮮の拉致問題、勿論被害者は大變可哀想、ご家族の方もほ
んとに苦しい思ひをして大變だと思って頂きたいと思ってをりますがそれ
だけではなくてこの問題、やはり國といふもの、國家といふものを日本の
人々に思ひ起こさせてくれたさういふ問題である、事案であると考へてを
ります。

歴史を思ひ出して頂けたらと思ひますが、西暦で言ひますと1945年昭和20
年、これは敗戰の年です。そしてその後7年間、日本は占領下に置かれま
した。ですから1952年4月28日にサンフランシスコ講和條約が發效して日
本は獨立したんですけれども、昭和27年、この時朝鮮半島で何か起きてゐ
たかといふと、1950年〜53年、丁度この昭和25年から28年にかけて朝鮮戰
爭がありました。皆樣覺えてをられる方も多いかと思ひます。

で、53年に朝鮮の中では休戰協定か結ばれます。休戰協定があれば、そこ
から1ヶ月後とか少なくとも半年以内に講和條約、平和條約が結ばれる。
さういふ前提のものが休戰協定と呼ばれてゐる。朝鮮半島の中では1953年
に休戰協定が結ばれたまま講和條約が成立せすにずっとそれが今も續いて
ゐます。

北朝鮮にとってみれば、朝鮮當島の中で平和の世界が出來てゐるわけでは
ない。一旦休戰してゐるのみといふ感觸をもってゐると云へます。ですか
らいつでも韓國を併合する、今もさう思ってゐます。

1953年以降北朝鮮は韓國に對して何としても併合したいといふ強い思ひを
持ち續けてきてゐます。ですから北朝鮮は韓國に對してその後あらゆる形
の工作活動を重ねます。この工作活動をするに當って必要なのが日本人と
いふことです。

日本人の拉致の主な目的は對南工作と言ってもいいほどに韓國に對する工
作活動に日本人を使はうとしてゐたといふ事が云はれてをりますし、私も
そのやうに考へてゐます。

何故かと云ふと北朝鮮の人が韓國に入って工作活動をするといふ事は非常
に難しいさうです。生活習慣は一緒なんてすが言葉が違ふさうでして、す
ぐに見破られてしまふ。そのためにどうしたらいいか、韓國にいつでも入
れる、または世界中何處にでも入れる日本人に成り濟ます、又は日本人を
工作員として使ふ、それを考へたやうでした。

どういうケースかと言ふと、さっき1953年に休戰協定、そこから十年後ぐ
らい1960年代半ば頃に北海道、それから東北地方を主として、高校を卒業
するかしないかの若者達が姿を消してゐます。日本政府は全く證據がない
といふことで拉致の認定が出來てゐません。

ただ幾つかのケースを、話を聞いていきますと非常に似た事がよく聞かれ
ます。それはどういふ事かと言ひますと、その姿を消した若者は仲間の中
で非常に信頼されてチームのリーダー格、勉強もよく出來る、體操もでき
る、體もがっちりしてゐる、そして責任感が強い、かういふ共通點が一人
づつその、殘された家族の方、友人達から話を聞くとさういふ樣子が見え
てまゐります。

ある若者は3月に卒業生の總代として出ることが分かってゐて、卒業式の
前日に總代の練習をして歸りが一人になる、一人で戻る。家に戻ったかど
うかがはっきりしないんですけれども、その、ボタンを買はなければと
言ってゐたといふ事が殘されてゐますが、そのまま姿を消してしまってゐ
ます。これが60年代に多く見掛ける事案です。

70年代半ばぐらゐになってきますと(小さいパンフレットが中に入ってゐ
ると思ひますが)ここを見て頂いたら分かりますが、1970年代、ついでで
すみません、最初に出てくる久米裕さん、53歳でゐらっしやるんです。

これは北朝鮮に連れて行って工作活動に使ったと言ふよりはこの久米裕さ
んと十一番の原敕晁さん、この二人は警察用語でハヤノリと言はれてゐま
す。何かと言ふと北朝鮮工作員が日本に入ってきて自由に活動する爲に自
分が原敕晁さんや久米裕さんに成り替はってしまひ、戸籍謄本を取りそれ
から住民票も取り自動車の免許證には北朝鮮工作員の自分の寫眞を貼り、
パスポートも自分の寫眞を貼って世界各地に飛んでゐます。

原敕晁さんの身代りになったのはあの有名な辛光洙という工作員で、韓國
まで飛んで活動しようとして捕まって死刑宣告を受けました。ところが日
本からこの中に例の土井たか子先生とか菅直人先生とかさういった方々が
署名の中に入ってすごい數の人達が韓國政府にプレッシャーをかけて、で
韓國は辛光洙を釋放して彼は北朝鮮に戻りました。

辛光洙は北朝鮮では英雄といふ稱號を與へられてパレードの時など非常に
高いポジションを持ってゐます。その拉致に關はった北朝鮮工作員といふ
のは犯罪人ではなくて北朝鮮の中では英雄扱ひをされてゐる。さういふ状
況がはっきり見えてまゐります。

70年代に拉致された田口八重子さん横田めぐみさん松本京子さん田中實さ
ん、かういった人々、それから78年にはアベック拉致と言はれて蓮池さん
御夫妻地村さん御夫妻増元さん御夫妻、今御夫妻ですが當時はまだ戀人ど
うしといふアベックで拉致されてゐます。

この人々は主として北朝鮮工作員を日本人のやうに仕立て上げる爲に連れ
て行かれました。ですから典型的な日本の家庭で日本的な躾を受けた若者
たち、これが必要でした。

日本語が上手な人々は日本にたくさんゐますけれども、それだけではなく
て典型的な日本の家庭で育った者でなければいけなかった。その仕草がや
はり少しづつ違ふといふことで日本人になるには日本的な家庭の子供でな
ければいけなく、典型的な日本の家庭が眞似されてゐたといふ事です。

この北朝鮮による日本人拉致といふのは、激しい爭ひの中で使はれてゐ
る。海上保安廳との撃ち合ひで沈んだ北朝鮮工作船、最後自爆したわけで
す。さういった動きですとか、大變激しい國際社會のの動きの中で日本人
が拉致されてゐるといふ事でございます。

その中で五人が戻りました時に私自身はどんな理由であれ一旦北朝鮮から
出て、日本の土を踏んだ以上、歸してはいけません、といふ主張をいたし
ました。このいろんな議論を長々とお話してゐると時間がなくなります
が、その中で一點だけお傳へしておきたいのは、その日本政府が戻って來
た五人を日本に留める、最終的には安倍官房副長官の決斷を得、福田官房
長官の了解をとり小泉總理の前で議論してその線を打ち出すことができま
した。大變事務方では激しい議論が鬪はされました。

安倍官房副長官がちょっと一旦ぢゃあ休憩しませうといふ事になって、官
邸で總理は五階の部屋で安倍官房副長官も五階、表玄關から入ると三階な
んてす。その三階には報道關係者がたくさんゐて、その時に「何を揉めて
るんですか?すべて計畫も豫定も作られてゐて、子供にお土産を買ふ時間
もつくられてゐる。すへて企畫されてゐるのになんで揉めてゐるんです
か?」といふ質問されました。その時私自身素直に答へました。それ國家
の意思の問題ですと答へました。

これが全國にそのまま流れました。だけどもインタビューした方は國家の
意思の問題といふのが何を意味してゐるのかも解らなかったのかも知れま
せん。その後、國家といふ單語を使ふとは何事かといふびっくりするやう
な非難メール、FAX、電話がたくさん寄せられました。

私自身は國家といふ單語は當然の言葉として使ひましたのですが、日本の
中では戰後、國家といふ單語は便はれない、さういふ状況が續いてをりま
した。

2002年の十月、たったの十一年前まで日本は國家といふ意識をもってな
い。國を護るとか國防といふ單語も使へない。國家が國民を守るといふや
うな文章は殆どなかった。さういふ日本てありました。


お蔭さまで今國家といふのは當然のこととして使へますし、國家なくして
國際社會に存在しえないといふ事も多くの方が理解して下さるやうになり
ました。

それでもその時5人を政府が日本に留める、そして子供や家族の北朝鮮に
殘してきた人々の身の安全と歸國を政府が責任をもって要求する、かうい
ふ政府方針、非常に簡單な一枚のペーパーですけれども、戰後の外交政策
の中にあって非常に新しい考へ、「國民を守るのは政府の責任である」こ
の考へ方が外交政策の中に入った瞬間だったと思ってゐます。そして五人
を歸さなかったことに對して隨分批判もありましたけれども、この時の措
置といふのは、間違ってゐなかったと思ひます。


今、北朝鮮がどうなってゐるか、非常に厄介な問題です。金正日總書記の
間に何とか話をつけて歸國させようといふ思ひで努めてをりましたけれど
も、政權交代といふ事が日本の中で非常に賑やかに騷がれだした頃から、
北朝鮮はやはりひいてしまひました。

非常に殘念な思ひをしたことでございましたが、さういった意味で金總書
記の時に取り戻せなかった、大きな、私自身は忸怩たる思ひといふか、も
う、悔いても悔いきれない。

今、金正恩第一書記の時代になりました。金總書記の時代に比べるとよく
周りを取り圍んでゐる將軍達、軍の關係者といふのもそれ程國際社會での
經驗があるわけではありません。

その外交としてまた北朝鮮とどの樣に維持していくかといふ事について
も、金總書記の時に比べてもまだまだ足りてゐない樣子が見えますので、
これは非常に注意深く見ておかないといけないし、いつでも對應できる體
制をとっておかなければいけないと思ひます。

さらにこの問題では、中國の存在といふものが非常に大きな影響力をもっ
てをりますので、中國の動きも注意深く見て動いていかなければいけな
い。今、政府の中に直接入って拉致問題を擔當してゐるわけではありませ
んが、さう言った思ひはいろんなカタチで政府の方に傳へてきてゐるとこ
ろでございます。(つづく)


(講演は4月 27 日「NPO法人百人の會」總會でのもの。要録が同會の活
動報告6月 15 日號に掲載。漢字制限假名字母制限を無視することについ
ての許諾を得て入力、算用數字も基督教暦の年數以外は原則としてあらた
めたのは位取り式では苦しい箇所があったため。長いので2囘に分けての
前半。上西俊雄)



━━━━━━━━━━━━━
訓練移転に反発の大阪・八尾
━━━━━━━━━━━━━


        早川 昭三

米軍普天間飛行場(沖縄県)のオスプレイ訓練の一部を、大阪八尾市の八
尾空港にオスプレイできるかどうか、安倍政権が検討に入ったことに、地
元八尾市民の間では、大きな反発が出ている。

事の発端は6日、日本維新の会の橋下共同代表が安倍総理大臣と総理大臣
官邸で会談し、沖縄の基地負担を軽減するため、沖縄配備のアメリカ軍の
新型輸送機、オスプレイの飛行訓練の一部を大阪の八尾空港で受け入れる
意向を伝えたことからだ。

この中で、「本州でしっかりと負担を分かち合うため、まずは大阪の八尾
空港を検討のテーブルにあげてほしい。日本政府とアメリカ軍でしっかり
検討してもらいたい」と述べている。

これに対して、安倍総理大臣は「沖縄の負担の軽減は全国で考えるべき課
題だ」と述べた。その上で安倍首相は、小野寺防衛相を首相官邸に呼び、
沖縄県の米軍普天間飛行場に配備されている新型輸送機MV22オスプレ
イについて、訓練の一部を大阪府八尾市の八尾空港で行うことが可能かど
うか検討を指示している。

小野寺氏は首相と会談後、防衛省で記者団に「研究していく」と述べた一
方で、「地元の様々な声もある。少し見守りたい」と慎重に検討する考え
を示した。

このようなオスプレイ訓練の一部を、大阪八尾市の八尾空港に移転できる
かどうか、安倍政権が検討に入ったことに対して、早くも地元八尾市で
は、大きな反発が起きている。

八尾市の田中誠太市長は、6日夕急遽記者会見し、「八尾空港の安全性、
合理的な理屈がない中で、事前説明も全く、発言が行われている事は遺憾
だ」と述べ、不満を顕わにした。

また、同市長は「住民や企業が密集しているところで安全か。本当に行け
るのかなというのが、率直な僕の考え」と述べ、あらためて反対理由を説
明した(朝日新聞ニュース)

こうした中、八尾市の企業の間では、「八尾空港では、過去に小型飛行機
の事故があり、企業が被害を受けることにおおきな不安を感じている。安
全性の保障もないオスプレイ訓練が八尾空港で行われことには、大反対
だ。事故が起きたら八尾市は自滅する」との反発の声が多い。

また、市民の間でも、「オスプレイの安全性には特に不信感があり、小中
高11校もある八尾空港周辺の密集地への被害の恐れも考えると、絶対に
反対だ」という。

更に、「なぜ橋下市長が、八尾市の安全性を考えず、いきなり阿部政権に
提案したのか分からない。恐らく慰安婦問題や沖縄米軍の風俗営業問題か
ら逃げ、この新提案で、迫って来た参院選で維新の会を有利にしたいので
はないか」との声もある。

要は、地元八尾市での「オスプレイ八尾空港受け入れ」の反発は、益々高
まるだろう。(了)                   2013.0607



━━━━━━━━━━━━━━━━━
なぜここで橋下に“救いの手”なのか
━━━━━━━━━━━━━━━━━


                      杉浦 正章

安倍官邸の「誤算」を分析する
 

エンガチョは不浄のものを防ぐために囃したてる子供による口遊びのひと
つである。参院選を前にして、その「橋下エンガチョ」とは一線を画さな
ければならない時に、どうして首相・安倍晋三があえて“感染”してしまっ
たのだろうか。

八尾空港でのオスプレイ訓練提唱は、その無責任さと実現性の無さにおい
てまるでルーピー鳩山の「普天間基地は最低でも県外」発言に勝るとも劣
らぬものがある。

大阪市長・橋下徹のパフォーマンスは毎度のことだが、問題は首相官邸が
受け入れたことにある。幹事長・石破茂は反対しており、与党一体となっ
て参院選挙に当たらなければならないときに、維新と“同一視”されるリス
クを負う必要は全くないのだ。

「慰安婦発言」で生じた失地回復のための橋下の“悪あがき”は、ここに来
て頂点に達した感がある。普天間基地以上の人口密集地にオスプレイの訓
練を受け入れるというのだ。

八尾空港周辺約1キロ以内には小中高校などが計11 校もある。市民が険
極まりない状態に置かれるのは目に見えている。それを無視した上での独
断専行だ。橋下は八尾市長でもなく大阪市長だ。八尾市長・田中誠太は
「何の相談もない」と激怒して、反対をしているにもかかわらず、越権行
為を断行したのだ。

まさに自分が生き延びるためには、地域住民を犠牲にしてでも手当たり次
第にパフォーマンスを繰り返す。橋下の本質がそこにある。しかし“がめ
つい奴”はもう大阪でも流行らないことを知らない。

“橋下株”は「慰安婦・買春」発言で、10 分の1の投げ売りでも誰も買わ
ない事態に陥ったが、ここで安倍官邸があえて“買い”に転じた背景はなにか。

まず第一に安倍には橋下とのしがらみがあり、いつかは救いの手をさしの
べたいと考えていたフシがある。安倍は昨年春には橋下から維新の党首へ
の就任を持ちかけられたほどであり、以後は腹心の菅に指示して、接触を
維持してきた。今回も菅が動いたことは間違いない。

首相という国のトップが橋下と会談することの意味は、単に会っただけで
も地に落ちた政治家としての存在を再認知する性格を帯びる。それだけで
維新内部でも“橋下復権”につながる政治性を持つ。参院選後の連携をにら
んでいることも間違いない。

橋下にしてみれば慰安婦発言は別として、村山談話や河野談話見直し論を
首相になる前の安倍から吹き込まれていた経緯があり、その発言は安倍に
強く影響されたものである。慰安婦発言で窮地に陥った橋下は度々自民党
政権が歴史認識部分で何も同調しないことに不満を表明している。

こうした事情を背景にする中で、橋下のもとでオスプレイの八尾引きうけ
の話が進展し始めた。総選挙で落選して、沖縄を拠点とする地域政党そう
ぞうの代表・下地幹郎が1か月前に橋下に働きかけたのがきっかけだ。

下地は橋下が府知事時代から「普天間空港の大阪空港への移転」を主張し
ていることを知っており、橋下なら引きうけると踏んだのだ。案の定橋下
は下地提案に飛び付いた。オスプレイを八尾で引きうけることの利点を橋
下は、第一に慰安婦発言で生じた軽蔑と怨嗟の声をそらすことができると
考えた。

また米国に対しても維新の政党としての立ち位置を明示することが可能と
みたのだ。こうした方針は大阪だけで唱えていても何の効果も生じ得な
い。政府に申し入れることによって初めて動き出す。そこで府知事・松井
一郎あたりが菅に接触して、事を運んだに違いない。

菅にしてみれば何とか助け船を出したいと思っていた矢先のことでもあ
る。安倍との会談まで設定したのはどちらが提案したか分からない。しか
し鐘が鳴ったか撞木が鳴ったか、鐘と撞木の合いが鳴るである。双方の思
惑が一致したのだ。

こうして6日の会談が実現、安倍は防衛相・小野寺五典を呼んで、八尾で
のオスプレー訓練を指示するにまでに至ったのだ。

しかし官邸が事前に防衛省から可能性を聴取していないわけがない。防衛
省の専門家筋は「地元の猛反対が予想される上に、人口密集地では無理が
ある」と漏らしており、小野寺も同日夜のテレビ番組で「所在地の市から
は歓迎の話が出ていない」と浮かぬ顔であった。自民党からも反発の声が
上がった。

前副総裁・大島理森は「参院選前にどういう意図があるのだろうか。いさ
さか違和感を率直に感ずる」と疑問を呈した。すでに石破は4日の段階で
「軍事合理的にどうかという観点が全く抜けている」と指摘している。

こう見てくるとなぜ安倍が「えんがちょ橋下」に会ったかがくっきりと見
えてくる。八尾の実現性はともかくとして、橋下に会談することだけで
“義理”を果たしたのだ。八尾の例を引き合いに、全国の自治体にオスプレ
イ引きうけの機運をみなぎらせるという判断などは“後付け講釈”そのものだ。

しかし首相たるものは、内外から厳しい批判を受けたことを取り繕うため
の橋下のパフォーマンスに“加担”したと受け取られることは極力避けるべ
きであった。しかも、慰安婦発言はほとぼりが冷めるどころか、海外でも
尾を引いているのだ。

ただでさえ海外からは安倍と橋下は“同根”と見られている。参院選対策上
も対外的印象の上でもマイナスとなることは否めない。安倍はこのところ
働き過ぎで正常な判断が鈍ってきているとしか思えない。「殿ご乱心に」
気をつけた方がよい。



━━━━━━━━━━━━━━━━━
仏大統領、アベノミクス「学びたい」
━━━━━━━━━━━━━━━━━


             古澤 襄

フランスのフラソワ・オランド大統領が6日、来日した。

日本のメデイアは日仏首脳が「原子力技術における協力拡大で合意する」
する点だけを取り上げているが、オランド大統領が主要閣僚6人のほか仏
財界要人40人が随行してしてきたことを軽視している。

安倍首相の掲げる日本経済再生政策「アベノミクス(Abenomics)」につ
いて学びたい意向が強い。不況の直撃を受けているフランスにとって、学
ぶべき相手は中国でもドイツでもないということである。

<【6月6日 AFP】フランスのフラソワ・オランド(Francois Hollande)
大統領が6日、3日間の日程で来日した。仏大統領の国賓としての来日は17
年ぶり。

主要閣僚6人のほか原子力大手アレバ(Areba)の最高経営責任者(CEO)
など仏財界要人40人が随行しており、原子力技術での協力拡大や航空業界
での新規契約締結を目指すほか、安倍晋三(Shinzo Abe)首相の掲げる日
本経済再生政策「アベノミクス(Abenomics)」について学びたい意向を
示している。

オランド大統領の側近は来日に先立って、「安倍政権は非常に大胆な政策
を掲げ、一定の効果を上げている。オランド大統領は当然、安倍首相にア
ベノミクスについて質問をするだろう」と述べた。フランスは、不況の直
撃を受けている欧州各国の例にもれず、景気低迷と高い失業率に苦しんで
いる。

今回の来日で日仏両政府は原子力技術における協力拡大で合意するとみら
れている。また、仏政府は米ボーイング(Boeing)に押されている日本の
航空市場にエアバス(Airbus)を売り込みたい考えだ。一方、日本政府は
フランスの海軍艦艇製造企業DCNSによる中国へのヘリコプター着艦装置売
却について、改めて確認するものとみられる。(AFP)>
2013.06.07 Friday name : kajikablog



━━━━━━━━━━━━
「支那」は次官通達で禁止
━━━━━━━━━━━━


     渡部 亮次郎

私のメルマガ「頂門の一針」に読者から投書があった。

<渡辺はま子のヒットソングを挙げると、まず昭和15年の東宝映画「蘇州
夜曲」の主題歌「支那の夜」でしょうが、「ウィキペディア」でも「支
那」という言葉は使いたくないのでしょうか。

「渡辺はま子」の検索では出てきませんね。「支那の夜」で検索すると出
てきますが。

私は、子供の頃、父がこの歌が好きでよくレコードを聞いておりましたの
で、しっかりと記憶しております。

戦後「支那」という言葉がタブーになりましたので、「支那の夜」を聞く
機会がなくなってしまい残念に思っておりました。

渡辺はま子が亡くなった夜かそのあくる夜か、NHKで渡辺はま子の追悼番
組がありましたが「支那の夜」は最後まで放送してくれませんでした。
(剛)>

NHKは「ラジオ深夜便」で09・7・6にも「日本の歌・こころの歌」で渡辺は
ま子を特集したが、「支那の夜」には一言も触れなかった。支那(しな)
と言いたくないのである。

支那事変の始まったのは小生の生後1年の1937年。事変など知らずに育
ち、対米戦争では田圃の中で艦載機に狙われて草むらに隠れた。

長じて特派員として北京に飛んだが、すでに「支那」でなく中華人民共和
国になっており、爾来「支那」に無関心で来た。大方もそうであろう。

「ウィキペディア」は

<支那(しな)は、中国または「中国の一部」を指して用いられる、王朝
や政権の変遷を越えた、国号としても使用可能な、固有名詞の通時的な呼
称。本来、差別用語ではないが、何らかの圧力などにより、差別語とみな
される場合が殆どである>と説明している。

詳しく調べてみると「何らかの圧力」とは、敗戦と共に加えられた「中華
民国」からの「圧力」だった。

大東亜戦争で日本の敗戦後は戦勝国陣営である中華民国政府からの呼称を
めぐり「支那」を使うなという圧力がかかった。これを承けて日本外務省
は1946(昭和21)年に事務次官通達により日本の公務員、公的な出版物に
「支那」呼称は禁止され、その代わりに「中国」の呼称が一般化されるよ
うになった。マスコミもこれに準じた。

現代の日本で「中華人民共和国」を指しての「支那」、「支那人」という
言葉は半ば死語と化しており、一般的には中国、中国人という呼称に取っ
て代わられている。

学術用語や「支那そば」は「中華そば」という言い換え語がすでに一般化
している。また、「沖縄そば」を支那そばと呼称していた時期もあるが、
これも今日ではほとんど使われない。

「東シナ海」等の、国家のことではなく地域のことを指す場合や「支那事
変」などの歴史用語として用いられている場合はある。

中国では、世界の中に中国を客観的に位置づける場合に「支那」の呼称が
学者の間で広く永く使われていた。早くから異文化に学んだ仏教徒の間で
は特にその傾向が顕著である。

また清の末期(19世紀末―1911年)の中で、漢人共和主義革命家たちが、
自分たちの樹立する共和国の国号や、自分たちの国家に対する王朝や政権
の変遷をこえた通時的な呼称を模索した際に、自称のひとつとして用いら
れた一時期がある。

日本では、伝統的に漢人の国家に対し「唐」や「漢」の文字を用いて「か
ら、とう、もろこし」等と読んできた。明治政府が清朝と国交を結んでか
らは、国号を「清国」、その国民を「清国人」と呼称した。

支那という言葉は、インドの仏教が中国に伝来するときに、経典の中にあ
る中国を表す梵語「チーナ・スターナ」を当時の中国人の訳経僧が「支
那」と漢字で音写したことによる。「支那」のほか、「震旦」「真丹」
「振丹」「至那」「脂那」「支英」等がある。

日本においては、江戸時代初期より、世界の中に中国を位置づける場合に
「支那」の呼称が学者の間で広く使われていた。これは中国における古来
の「支那」用法と全く差がない。江戸後期には「支那」と同じく梵語から
取ったChinaなどの訳語としても定着した。

日本人が中国人の事を支那人と呼ぶようになったのは江戸時代中期以降、
それまで「唐人」などと呼んでいた清国人を「支那人」と呼ぶべきとする
主張が起こり、清国人自身も自らのことを「支那人」と称した事に因む。

 戦前・戦中は中国人を日本人に敵対する存在として、「鬼畜米英」など
と同様に、「支那」が差別的ニュアンスと共に使用される場合もあった
が、「支那」自体が差別語であったわけではない。

しかし、戦後、中国人・台湾人が差別的ニュアンスとともに使われること
もあったことへの反撥を表明するようになってからは、差別語であるとい
う感覚が生じた。2009・07・16(再掲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


          
━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━

渡部亮次郎さんが書かれた論評は、夕刊フジに「緊急寄稿」として
掲載されました。以下URLです。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130606/plt1306061534007-n1.htm


 ◎自民党幹部の野中評価が 自民党の腐った原因をよくあらわしている
とおもう。

 外国だったら野中の言動は、国賊、売国奴、裏切り者、と 表現される
であろう。

自民党幹部には猛省が必要。真実の生き証人は渡部亮次郎氏である。(N)



 ◎日経平均は197円安で寄り付く、円高進行で主力株に売り

7日の日経平均株価は前日比197円61銭安の1万2706円41銭で寄り付いた。
ドル・円が米国時間に一時95円台(朝方は97円台半ば)を付けたことで、
輸出関連株を中心に膨らんでいた業績上ブレ期待が後退した。

日経平均は下げ幅を200円超に拡大し、1万2700円を割り込む場面もみられ
る。市場からは「日経平均は黒田日銀総裁が『異次元金融緩和』を発表し
た4月4日(終値で1万2634円54銭)の水準に近づけば押し目は入れやす
い」(欧州系証券)との声があった。

業種別では、全33業種が下落。商船三井 など海運株や、新日鉄住金など
鉄鋼株、トヨタ自動車 など自動車株、ブリヂストンなどタイヤ株の下げ
がきつい。

半面、個別では、第1四半期で大幅増益の積水ハウスはしっかり。外資系
証券による投資判断の格上げが観測された大成建設 も上昇している。
(編集担当:宮川子平)サーチナ 6月7日(金)9時16分配信



 ◎側溝に目が!潜んでスカートのぞいていた会社員

道路の側溝に身を隠し、鉄製の蓋の隙間から、上を歩く女性のスカートの
中をのぞいたとして、兵庫県警東灘署は6日、神戸市東灘区の会社員、平
井泰臣容疑者(26)を県迷惑防止条例違反容疑で逮捕した。

調べに対し、「これまで何度ものぞいていた」と容疑を認めているという。

発表によると、平井容疑者は5日午前10時10分頃、甲南女子大(神戸市東
灘区)近くの側溝(幅約30センチ、深さ約60センチ)に入り、鉄製の蓋の
穴(縦2センチ、横10センチ)から上を歩く20歳代女性のスカート内をの
ぞいた疑い。

女性が、蓋の穴から人間の目が見えていることに気付き、110番した。平
井容疑者は4月にも側溝に潜んでいるのが見つかり、通報で駆け付けた同
署員に「百円玉を落としたので探していた」などと説明。6日に同署が再
び事情聴取したところ、「5日は仕事が休みだったので、午前8時頃から
溝にこもって女性の下着を眺めていた」などと供述したという。
読売新聞 6月6日(木)22時50分配信



 ◎社員の発明、会社に特許権 知財戦略案に帰属先変更方針

安倍内閣が7日に閣議決定する「知的財産政策に関する基本方針」が明ら
かになった。企業の研究者ら従業員が仕事で発明した「職務発明」につい
て、現在は従業員側にある特許権の帰属を見直し、企業への移行を検討す
る方針を盛り込んだ。来年度中の特許法改正も視野に入れ、検討を進める。

基本方針は、今後10年間の知財戦略の方向性を定めたもので、安倍政権の
知的財産戦略本部(本部長=安倍晋三首相)がまとめた。7日の閣議決定
を経て、14日にまとめる成長戦略にも反映させる方針だ。

現行の特許法では、特許権は発明した従業員に帰属し、企業側に譲り渡せ
ば、「相当の対価」を受け取ると規定している。基本方針では、従来の仕
組みを抜本的に見直し、特許権を(1)企業に帰属(2)企業か従業員の
どちらに帰属させるか契約で決めるとの2案を明記。後者の場合も、従業
員の立場は弱く、特許権の企業保有に拍車がかかりそうだ。
朝日新聞デジタル 6月7日(金)5時37分配信




━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)蜂窩織炎かもしれない:平井修一

ここ3か月ほど体のあちこちが痛い。寝たり起きたりするときには注意し
ないと体が壊れそうな気がする。老化とはこういうものなのだろう。
「養生灸のススメ」というサイトにはこうあった。

<日々の生活のなかで痛みはよく経験する症状です。その中でも、関節に
起こる痛みに悩んでいる人は大勢います。関節に痛みが起こった場合は、
動かすことがつらくなり、生活の質も低下してしまうことが多いからです。

厚生労働省の国民生活基礎調査によると、65歳以上の人が訴える症状の上
位3つは、「腰痛」「手足の関節の痛み」「肩こり」で、高齢者の多くが
「関節の痛み」に悩んでいます>

まるで体中のあちこちが油切れを起こしたみたいで、体がスムーズに動か
ない。困ったものだが、運動することと無理をしないことでどうにか家事
をこなしている。

ところが5月20日ごろから左足の脛が腫れてきた。熱をもっており、押す
と痛く、湿布しているが改善しない。どうも蜂窩織炎(ほうかしきえん)
という化膿性炎症のようだ。炎症が重度の場合は入院となるが、外来治療
が可能な場合は安静にして抗生物質を服用するようである。

「赤く熱感のあるところは安静にして冷やします。適切な抗菌薬の内服あ
るいは点滴静注が必要なので、早めに皮膚科を受診したほうがいいでしょ
う」と医師が書いているが、医者に行くのは面倒で気が進まない。どうし
ようかと思っているが、とりあえずカミサンから在庫の「セフカペンピボ
キシル塩酸塩錠100mg」をもらって飲んでいる。この薬は――

<セフェム系の抗生物質で、細菌の細胞壁の合成を阻害することにより抗
菌作用を示します。通常、皮膚感染症、呼吸器感染症、泌尿器感染症、婦
人科領域感染症、歯科・口腔外科領域感染症など広い範囲の感染症の治療
に用いられます>

とあるから、うまくいけば炎症が治まるかもしれない。

蜂窩織炎と言えば元大関の出島を思い出す。1999年7月場所で幕内最高優
勝を果たして大関に昇進したが、2001年7月場所では初日から3連勝したも
のその後2連敗、蜂窩織炎による高熱で緊急入院して休場、2場所連続負け
越しにより大関から関脇へ陥落した。

出島の蜂窩織炎は医師が「普通の人なら死んでいる」というほどの重度の
もので、1ヶ月あまりの加療を余儀なくされた。入院中は最大42度、退院
後もしばらくは38度台の高熱に苦しんだ。この大病については後に本人
が、大関に在位することから来る「負けられない」というプレッシャーに
よって精神的にやられ免疫が弱っていたのだろう、と述懐している。

完治する病気なのかどうか。

<発症後はすぐに医師に相談し、抗生物質をもらい比較的大量に服用しな
くてはいけません。完全に治るまで薬を飲み続けることです。良くなった
と思って適当に止めますと、組織間隙内のどこかに潜んでいた細菌が何か
の機会に再び増えて再発してしまいます。 蜂窩織炎は再発しやすく、時
には一生抗生物質を服用しなくてはいけないとさえいわれます。

ただ、蜂窩織炎は重症でない限り、2〜3日で急性期は終わります。抗生剤
も十分量必要なのはこの期間だけで、発赤消失後はすぐ減量して下さい。
一旦家事など仕事は一切中止し治療に専念した方が、結局は治療にかかる
時間が少なくてすみます>(広田内科クリニック)

油断できない病気だが、家事を休むわけにもいかない。6月2日には孫娘の
誕生1か月と孫息子の2歳の誕生日を祝って16人の昼餐会を催した。カミサ
ンが仕切ってくれたので、小生は揚げ物と後片付けだけで済んだが、人寄
せは疲れるものである。

6月7日現在では腫れと熱はかなり改善されたが、相変わらず忙しく、のん
びり休養してはいられない。蜂窩織炎はしばらく様子を見るしかあるまい
が、これからも予想外の病気になるのだろう。さてさて老化はいかんとも
しがたく、面倒なものではある。(2013/06/07)



 2)外国人が半年ぶりに増加した2013年5月の新宿区の人口:

新宿区役所の“広報新宿”6月5日号によれば、13年5月には32万3,037人と前
月比2,041人増と今年初で昨年12月以来の大幅増となった。それでも伸び
率にすれば0.63%だが、4月の0.15%と対比すれば4倍ではある。外国人は3
万3,705人と前月のマイナス206人と比べれば3.6%もの増加で、何故これほ
ど急増したのかと思わせてくれた。(前田 正晶)




 3)老人よ、孫を殺すな:平井 修一

散歩コースの用水路に2歳ちょっとの女児が落ちた。女児は遊歩道が低く
なっているところから用水路に手をつけて遊んでいたのだが、バランスを
崩してあっという間に落ちた。幸いそこには渡り石があり、女児はそれに
引っかかって首から下を濡らしただけで済んだが、水量が多くて流れが速
い時なら危険だったろう。

女児は祖父母と散歩をしていた。それでも事故は起きた。最悪のケースだ
と、女児が溺れて流される→祖父が水に入って助けようとするが心臓まひ
を起こす→祖母も水に入って心臓まひを起こす→3人とも死ぬ、ということ
になる。

小生は毎朝、2歳の孫息子を散歩させているが、我が家族は上記のケース
を心配している。確かにそれはあり得るだろう。

祖父母が監視していながら、その目の前で女児は水に落ちた。2人の大人
がついていながらなぜこの事故は起きたのか。ヂイサンは「バアサンが見
ているだろう」と油断し、バアサンは「ジイサンが見ているだろう」と油
断していたから、結局誰も女児を監視していなかったのである。

2人が同行しても注意力が倍になったわけではなく、1人前、あるいはそれ
以下になったのである。4人が同行してもそうだろうから、10人が同行し
ても「誰かが女児を見ているだろう」と油断する。100人が同行すれば女
児がいることさえ誰も気にかけない。かくして事故は起きる。

警備会社大手のセコムが「夏の安全特集」として水難事故対策を取り上
げ、こう紹介している。

▼ 近所の気軽な遊び場、河川敷。晴れの日でも増水の危険性が

河川は、町中にあっても自然を感じられる場所。広い河川敷はお子さんに
とっても格好の遊び場で、日常の行動範囲に入っていることもあるでしょう。

しかし過去には急な増水などによる事故が発生した例もあります。訪れた
場所が良いお天気だったとしても、気をつけたいのは上流の天気です。前
日に上流で雨が降っていた場合、増水する可能性が大いにあります。天候
の変わりやすい梅雨時は、特に注意したいものです。

近場の河川敷での水難事故を未然に防ぐためにお子さんと事前に確認して
おきたい注意点を挙げてみます。

○ 川に行くときは必ず家の人に伝えましょう
○ ひとりで、また子どもだけでは行かないようにしましょう
○ 子どもだけの時に水に入って遊ぶのはやめましょう
○ 必ず天候を確認しましょう。前日の天気も確認してください
○ 水かさが増えている、濁っている、流れてくるモノが多いなど、いつも
と違うときは水に近づくのをやめましょう

子どもの水難事故発生場所として、河川が多い傾向にあります。たとえ近
所の川でも、自然の怖さをよく教え、大人の付き添いなしで水に入るよう
な遊び方をすることはやめさせましょう。

▼ 夏休み中の子どもが大好きな釣りや水遊び、川のレジャーの注意点

夏休みともなると、「子どもに川遊びをさせたい」「バーベキューを楽し
みたい」と、子どもと一緒に少し遠出して自然豊かで水のきれいな川へ出
かけることもあるかもしれません。

しかし、川遊びには楽しい経験がたくさん詰まっている一方で、天候変化
による増水や目に見えない急流などの危険がいっぱい。「大人がついてい
るから」という安心感が、かえって事故を招くこともあるので要注意です。

以下に遠出した際の川のレジャーの注意点を挙げてみます。

○ 現地の気象情報や川の状況を必ず事前にチェックしましょう
○ 現地にある看板を確認したり、地元の人の話を聞いたりして、川の特徴
を把握しましょう
○ 川に入るときは、活動にあった服装の準備を。ライフジャケットがある
とより安心です
○ 子どもからは目を離さないようにし、水遊び中は大人が付き添いましょう
○ 滞在中もつねに気象状況に注意を払い、天候の変化に応じて対処しましょう

「川岸で遊んでいるから」「声が聞こえるから」と目を離している間が危
険です。キャンプやバーベキュー中は特に、「子どもたちが遊んでいるう
ちに…」と、ついつい大人たちは準備や、片付けに集中したくなりますが
要注意。交代制で面倒を見るなどして、子どもから目を離さないことが基
本です。

万が一、お子さんが溺れたり、溺れている人を見かけたりしたときも、一
人で泳いで救助に向かうことは大変危険です。まずは付近の人に知らせて
助けを求めること。そしてロープや浮き輪、長い棒などを差し出して救助
したほうが確実だということを心に留めておいてください・・・

昭和34年(1959)6月、小生の母方の叔父さんは5歳の娘とともに相模川へ
釣りに出かけ、川に落ちた娘を助けようとして川に飛び込み、二人とも死
んだ。慣れ親しんだ川でも油断すると大事故になる。

親も老人も子育て孫育ては多くが初心者である。幼児に1人だけが付き添
う場合は緊張感をもって注意するが、2人以上になると油断しがちだ。
「ヂイサンは孫から目を離さない、バアサンは車や自転車など周囲に注意
する」など役割分担を明確にしておく必要があるだろう。

孫を事故死させれば子供から死ぬまで恨まれる。「どうしようもないバカ
なヂヂイ(ババア)」と烙印を押される。呆けている場合ではない。孫の
命を預かっているという責任感が必要だ。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

7日の天気について産経抄も「久しぶりの雨」と予告していたが、湾岸は曇
りで時折は薄日が差している。公園を悠々と散歩してきた。空梅雨になら
なければいいが。49年前、東京オリンピックは水不足だったよ。


読者:5193人

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/06/08

    尖閣を守れhttp://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1501.html

  • 名無しさん2013/06/08

    中山恭子先生の凄味(リニューアル版)http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1913.html

  • 名無しさん2013/06/08

    歪んだマスコミ報道http://www.tamanegiya.com/masukomi.html



  • 名無しさん2013/06/08

    週刊現代http://www.tamanegiya.com/genndai19.4.5.html

  • 名無しさん2013/06/07

    TBS「リンカーン」 巨大お好み焼き捨てて批判殺到中http://vipper2ch.doorblog.jp/archives/26665878.html

  • 名無しさん2013/06/07

    日本や世界や宇宙の動向http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/

  • 名無しさん2013/06/07

    外為法違反による工作員や密輸犯の検挙など。

    犯罪構造からすればごく周辺的な余罪に相当する部分から逮捕して「本罪」を捜査、追及する。そのパターンが目立つ。“主人公”の多くは特亜の宗隷三国の賊らであり、殊に在日コリアンが多くを占めている。



     共通的な特徴は、それらがいわゆる「賭博」「風俗」「貸し金」など「18歳未満禁止」の“業界”に多くを占めていることだ。言い換えれば、青少年層の教育環境によろしくないばかりか、借金苦などによる、日本人が伝統として来た家族、家庭の崩壊に浅からぬ影響性を有する“業界”であることだ。いわば、この日本に寄生し、この日本をじわじわと崩壊へと導く。「そのため」の害種とみなして差し支えない。



     同じパターンの犯罪が果てしなく繰り広げられている。そろそろ、タブーに伏して来たコリアンの病巣にメスを居れ、あからさまな「外国人取締法」に類する明確な法整備をはじめ、その上での、特別永住資格の見直し、廃止や通名使用の禁止、パチンコの賭博認定やカルトの宗教法人格の抹消などが真剣に議論されて然るべき時期にある。それが、自主防衛の確立と共に、「戦後レジームからの脱却」の具体的な一つになるであろうことは論を待たない。

    ----------



    コリアンに懲りよう!



     日本の伝統、文化を嫌い、多くを否定した「多文化共生」など本来有り得ないはずだが、それが「寄生」ではないかと拒めば“差別”だと。同系を支援するカルトを拒絶すれば“信教の自由の侵害”であるかに“主張”する。説教泥棒さながらの厚かましさである。



     だが、圧力や暴言では何も解決できない。彼らやそれに同化した“人権派市民”に「口実」を与えるのみで、むしろメディアを巧みに逆用され、日本人良識の方が暴輩と同一視されかのように世論に植えつけられ、次第に排除されていく流れを生成させてしまうのみである。むしろそれらも「隠れた目的」ではないか。保守層へ巧みに紛れ込み、その切り崩しをなして来た統一教会らと同じ方向性を有している。良識の識別を切に願う。



     法整備を進め、これらの資金源を実質断ち、擬態をなさしめない措置がこの日本の先々には必要だ。

  • 名無しさん2013/06/07

    支那人、朝鮮人の不法入国、不法就労を助長http://www.tamanegiya.com/sinajinntyousennjinnfuhousyuurou21.1.18.html

  • 名無しさん2013/06/07

    留学生・移民問題http://www.tamanegiya.com/iminn.ryuugakusei.html

  • 名無しさん2013/06/07

    支那政府に見事に利用された野中広務!http://hannitikennkenkyu.seesaa.net/article/365248241.html

  • 名無しさん2013/06/07

    野中広務という国賊!http://hannitikennkenkyu.seesaa.net/article/365110177.html

  • 名無しさん2013/06/07

    Mr.売国奴=野中広務の無惨…六四訪支団が誘う反日情報戦http://dogma.at.webry.info/201306/article_3.html

  • 名無しさん2013/06/07

    野中広務http://www.tamanegiya.com/nonakahiromu.html

  • 名無しさん2013/06/07

    中山恭子先生の凄味http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1913.html