政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針2966号  2013・6・3(月)

2013/06/03

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 2966号
□■■□──────────────────────────□■■□



        2013(平成25)年6月3日 (月)



          安全性の高い原発輸出は日本の責務だ:杉浦正章

                       奇妙な96条改正反対論:櫻井よしこ

        イスタンブールの騒動で五輪開催に不安:古澤 襄

                    砂漠でない「月の沙漠」:渡部亮次郎

                    「過激派商売」は終わった:平井修一         
                     話 の 福 袋
                    反     響
                    身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第2966号
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━━━
安全性の高い原発輸出は日本の責務だ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
            杉浦 正章
 
原子力委は安保無視の暴走を止めよ

農家の「所得倍増」といい、原発のトップセールスといい、首相・安倍晋三は池田勇人そっくりだ。池田はフランスの大統領ド・ゴールから「トランジスタのセールスマン」と評されたが、めげずに初心を貫徹して日本の経済を躍動期へと導いた。


国内の原発が稼働しないのに外国へのセールスをする安倍への批判が強まっているが、安倍は全く意に介する必要はない。


捨てておけば粗悪な中国や韓国やロシアの原発が世界中を席巻して、危機的な状況に陥る。国内の原発再稼働も国の安全保障などそっちのけの原子力規制委員会暴走状態に歯止めをかけ、早期に再稼働すべきだ。


安倍の休日返上のセールスにより、原発購入を前提とする原子力協定がトルコやアラブ首長国連邦、インドなどとどんどん締結されつつある。


この動きにいまや民放における“反安倍”への傾斜をあらわにしているTBSのコメンテーターらが口を極めて批判を展開。2日も元官房長官・武村正義が「核兵器や事故の経験のある日本がどんどん輸出すると言うことはいかがなものか」と主張。


昨年、衆院解散はなく同日選挙だと最後まで言い続けて予知能力の無さを露呈した元総務相・片山善博も「汚染処理で右往左往しているのに堂々と世界に売り込むのはよほど神経が図太くなければできない」と皮肉った。二人とも感情論で物を言っており、世界の原発の現状を知らない。 


原発輸出は、実は日本が従来から世界を席巻しているのだ。原子炉の中核中の中核である圧力容器は、事実上日本しか作る能力がなく、世界の原発市場の8割を制している。原子力容器は鋳物の鋳造などでは出来ない。鋼鉄の構造物である。


原子炉の5重の壁の1つとして炉心で発生した放射性物質および放射線が炉外に漏れないように確実に外部と遮断し遮蔽し、高温高圧に耐えて耐食性に優れ、冷却材と化学反応を起こさないことが必要とされている。これを日本製鋼所が一手に引きうけているのだ。従って輸出をするなと言う理論は成り立たない。


とりわけろくろく自前で製造することもできない韓国や中国、そしてチェルノブイリの核爆発を起こしたロシアのセールスが活発化していることに注目する必要がある。


中国の原発はフランスのアレバが作っているが、中国が独自に生半可な知見で作れる構造物ではない。新幹線の事故を想起すればよく分かる。ずさんな国民性で原発を輸出されてはたまらない。韓国も液晶同様に日本のノウハウを真似るつもりのようだが、「原発ばかりは教えない」(政府筋)とさすがの日本も甘くない。


こうした国々が原発をつくって事故を起こせば、ことは一国だけの問題ではない。周辺諸国にも影響する。放射能は偏西風に乗って世界を回る。なぜ福島で事故が発生したのに世界各国の日本への信頼が高いかだが、トルコのケースがすべてを物語っている。トルコは原発事故を経た日本だからこそ、その技術力を信用しているのだ。
 

安倍が1日に日テレのインタビューで「もともと高い技術を持った日本が、事故の経験により安全なものを提供してくれるという判断がある」と述べているのがそれを物語る。安倍は「要望のあるところには輸出していくべきだろう」と述べているがその通りだ。


発展途上諸国ですら日本の技術を信用しているのに、まったく信用しないマスコミ勢力が日本に存在する。いまやイデオロギー的に反原発を唱えている朝日、東京両紙やTBSだ。


総選挙で脱原発派は完敗したのに、時々“病気”が顔を出し、あわよくば参院選で巻き返そうと狙う。そして問題は「原子力村右代表」で委員長になったはずの規制委・田中俊一だ。規制委は田中路線が続く限りドミノ倒し的に原子炉を破棄して行く可能性がある。


「このままでは50原発の内残るのはわずかに10原発」という危惧すら専門家に生じている。規制委は敦賀原発では活断層の存在を認定した。朝日は鬼の首を取ったように「退場勧告は当たり前だ」と勝ち誇った社説を展開した。


しかし読売によると、専門家チームの東京学芸大准教授・藤本光一郎も、「学術論文には到底書けないもの」と述べているずさんさだ。日本原子力発電(原電)が再度調査して6月に報告を出すというのにそれを待たない拙速さだ。


田中は今後事故を起こしたときの責任が自分に回ってくることを恐れていると言われている。一部マスコミにも媚びを売っているとしか思えない、片寄った委員会運営だ。これは原子力規制委員会設置法の1条が「委員長及び委員が専門的知見に基づき中立公正な立場で独立して職権を行使する」と規定していることと明らかに違反する。


また3条は規制委員会は、「国民の生命、健康及び財産の保護、環境の保全並びに我が国の安全保障に資する」とあることにも反する。原子力政策はまさに安保政策そのものであり、その点を規制委は全く理解していない。


このまま原発が稼働しなければ、国民が電気料金の高騰にあえぎ、企業の国外脱出が加速し、円安とも相まって燃料費輸入で国富は5兆円も損失する。代替可能エネルギーなどはまず先陣を切ったドイツが太陽エネルギー買い入れ政策の失敗で電気料金が高騰、破たんに瀕している。しょせんはまだ砂上の楼閣に過ぎない。


反対派のマスコミも少なくとも発展途上国並みのレベルにまで知見を高める必要がある。亡国の反原発で気勢を上げるようなことは、自らを海外移転してやって欲しい。

  (政治評論家)<2013年06月03日>


               
━━━━━━━━━━
奇妙な96条改正反対論
━━━━━━━━━━
  

    櫻井よしこ
 
いま、喪(うしな)われた国家観を取り戻さずして、いつ取り戻すのか。いま、日本人の憲法を取り戻すべく力を尽くさず、いつ取り戻すのか。日本を取り巻く安全保障上の危機、日本に突きつけられている歴史観等の不条理な批判に、対応もせず主張もできない国であり続けてよいのか。それとも、日本人であることを自覚し、歴史を知り国柄を理解し、自ら国と国民を守ることに目覚めた国家になりたいのか。
 
このところの憲法論議を聞いてそんな思いを抱かざるをえない。
 
安倍晋三首相への支持率の高さは、首相こそこの重大な分岐点に立って、正しい選択をしてくれると多くの国民が期待しているからである。安倍政権の課題は経済再生を筆頭に山積しているが、焦眉の急は、間違いなく、憲法改正である。
 
各種世論調査でも憲法改正を望む声は過半数から60%に達している。現行憲法では、平和も国も国民も守れない。「3・11」のような自然災害からも、北朝鮮が1970〜90年代に計画していたと本紙で報じられた日本の原発施設へのテロ攻撃からも、国土と国民を守ることはできない。
 
日本人の価値観が反映されていない憲法は国民が触れることもできない点で民主主義に悖(もと)る。だからこそ、憲法改正が必要で、96条の改正を皮切りに憲法を国民の手に取り戻すというのが安倍首相の考えだった。
 
ところが思いがけない反対の声が身内からもあがった。たとえば政界を引退した党元幹事長の古賀誠氏である。氏は「赤旗」の6月2日の日曜版で96条改正は「絶対にやるべきではない」と述べ、日本国憲法の平和主義を「『世界遺産』に匹敵する」と讃(たた)え、「自民党と共産党こそが『二大政党』」などと信じ難いことを語っている。
 
5月20日付『産経』1面での岡本行夫氏の反対論も奇妙である。
 
氏は私の尊敬する外交問題専門家の一人だが、氏の憲法論には首をかしげざるを得ない。
 
96条改正について、「下位規範である法律と同じ簡便さで改正発議されるのはどう考えてもおかしい」、「上下両院の3分の2」プラス「全州議会の4分の3の承認」という厳しい条件にも拘(かかわ)らず、米国は戦後6回憲法修正した、必要なのは手続きの緩和でなく政治家の信念と情熱だなどと指摘した。
 
共産党機関紙で展開された、国際情勢に目をつぶり、国民と国を守る点において無責任と言われても仕方のない旧(ふる)い自民党の考え方や、996条改正についての誤解に対しては、十分な反論と説明が可能である。
 
古賀氏の論は価値観の違いであるが、岡本氏の主張は必ずしも事実に即していない。
 
                   ◇
 
百地章日本大学教授の論をかりれば、米国では議会の定足数(過半数)の3分の2、つまり総数の6分の2で憲法改正発議が可能である。他方、同じ3分の2でも、議会の「総議員の3分の2以上」が日本である。日本の憲法改正基準は米国に比してだけでなく世界一厳しく、基準の緩和は自然なことなのだ。
 
憲法改正の議論そのものも多分に曲げられつつある。6月2日のNHKの日曜討論で、細野豪志民主党幹事長が「なぜ自民党は表現の自由すら、公益及び公の秩序で制限できるという、大変時代錯誤の」改正案を出し、そのうえ、改正基準を2分の1に緩和しようとするのかと質(ただ)した。氏の主張は同党憲法調査会副会長の長島昭久氏でさえ、「自民党の憲法改正案は復古調だという前提での批判で、選挙に向けたレトリック」と語る。
 
細野氏は明らかに自民党改正案の21条2項を念頭に語っている。表現の自由を謳(うた)った21条は集会、結社、言論など表現の自由を保障し、第2項で「公益及び公の秩序を害する」場合は、表現の自由は認められないと規定したものだ。
 
この規定は国際人権規約19条3項のbで認められている内容で、国際社会の常識である。「大変時代錯誤」という細野氏の指摘は見当外れである。だからこそ、長島氏も強調した。「自民党案に奇抜なことが書かれているとは、私は思わない。民主党のためにも、互いにもっとフェアな議論をしていくべきだと考えます」
 
意図的か否かは別にしてさまざまな誤解や不正確な情報が拡散されていく中で、憲法の欠陥によって日本の危機は深まりつつある。
 
中国の脅威に海上保安庁及び自衛隊はどこまで対処できるのか。沖縄の領有権にさえ疑問を突きつける中国に対して、海保、自衛隊共に人員、装備の拡充が欠かせない。

だがそれよりも先に、両者が実力を発揮できる制度及び法改正が必要である。中国を牽制(けんせい)し、中国に侵略の意図を抱かせないためにも、日本は必要な手を打たなければならない。それは憲法改正なくしては十分にはできないことだ。
 
日本の国土を買収する外国資本の約90%が中国系で、彼らに買われた土地や島々の利用に日本はなんの規制もかけられない。世界で唯一のこの信じ難い実情もまた、憲法(29条)が原因である。
 
こうしたことを考えれば、首相が過度に反対論に配慮して96条改正の先行を前面に出さないとしたら、本末転倒である。首相に長期にわたって落ち着いた政治をしてほしいと願う周囲の人々が、守りの姿勢に入っているとしたら、それもまた本末転倒である。
 
国民が求めているのは、この危機を突破し、日本を真の意味で自主独立の国にすることだ。96条改正への反対論の非合理性や論旨の誤りは明らかである。反対論を冷静に論破し、日本が変わらなければならない理由を熱く語るべき局面である。安倍首相本来の価値観でこそ国民のより強い支持を得られることを知ってほしい。(産経)
2013.06.03 Monday name : kajikablog 
 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
イスタンブールの騒動で五輪開催に不安
━━━━━━━━━━━━━━━━━━


             古澤 襄
 
他人の不幸を喜ぶわけではないが、トルコ・イスタンブールの抗議デモの拡大と激しさをみると、ここでオリンピックを開催する治安上の不安感が否定できない。東京開催がかなり有利となったのではないか。
 
<(6月2日 AFP)トルコ・イスタンブール(Istanbul)の観光名所、タクシム広場(Taksim Square)の再開発に反対する抗議集会から発展した反政府デモの鎮静化にあたっていた機動隊は1日撤収し、数千人の参加者らは勝利に歓喜した。今回のデモは数十人の負傷者を出す大規模なものとなった。
 
1地域の再開発計画に対する抗議は保守的・権威主義的傾向を強める政府の政策に対する怒りへと雪だるま式に拡大し、抗議行動は国内各地の他の都市にも飛び火した。機動隊は1日、首都アンカラ(Ankara)の国会議事堂と首相官邸に向けてデモ行進をしていたグループを阻止した。
 
暴力的な抗議を直ちにやめることを呼びかけていたレジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)首相はスピーチの中で、機動隊の対処の仕方に「行き過ぎた」点があった可能性を認め、トルコ内務省は行き過ぎた対応をした機動隊員には法的措置を取ると発表した。
 
一方でエルドアン首相は今回の再開発計画を予定通り進めると明言し、反対派との対決姿勢を明確にした。(AFP)>
 
<【カイロ=溝田拓士】トルコ最大都市イスタンブールから各地に広がった反政府デモは2日昼も、イスタンブール中心部の広場に約1万人の市民が集まるなど、終息するかどうか不透明な情勢となっている。
 
地元NTVテレビによると、内務省高官は2日、デモは首都アンカラを含む計67都市の235か所で発生し、逮捕者は5月31日から6月1日までの2日間で、一時1700人以上に上ったと明らかにした。
 
地元主要テレビは1日、イスタンブール中心部で、治安部隊が装甲車からデモ隊に催涙弾を発射したり、放水したりする模様を報道した。内務省は「死者はいない」と回答したが、国際人権団体アムネスティ・インターナショナルによると、少なくとも2人が死亡、1000人超が負傷した。
 
今回のデモは、政府の再開発計画への反対が引き金となり、エルドアン首相の退陣を求める反政府デモに発展した。デモの主体は世俗主義・左翼勢力とされ、イスラム色を強調し始めた穏健イスラム主義のエルドアン政権に対する反発の強まりを浮き彫りにした。
 
政教分離を国是とする同国で2003年に発足したエルドアン政権は、民主主義とイスラム教を共存させる国造りで経済発展に成功。ただ5月24日に、酒類の販売・広告を規制する法案を可決させるなど、イスラム色を強め、世俗派の反発を招いていた。
 
20年夏季五輪の招致を目指すイスタンブールのカディル・トプバシュ市長は1日、NTVテレビで「衝突を海外メディアに報じられたことは五輪招致にとって確実に悪影響となるだろう」と懸念を示した。(読売)>
 
2013.06.03 Monday name : kajikablog 



━━━━━━━━━━━
砂漠でない「月の沙漠」
━━━━━━━━━━━


     渡部 亮次郎

東京音楽学校(現在の国立東京藝術大学)出の流行歌手藤山一郎は太平洋戦争が激化すると、前々から激戦地に赴き慰問演奏をしたいという希望があり、1943年(昭和18年)読売新聞社の企画で南方慰問団を結成、2度南方に赴き、幾度の死線を突破して音楽活動を続けた。

ところが1945年(昭和20年)、インドネシアで終戦を迎え、インドネシア解放軍、イギリス軍の捕虜となる。この抑留体験が大衆音楽家藤山一郎の人生を決意させた。1946年(昭和21年)、航空母艦「葛城」に乗船して復員。この間、巷では藤山一郎、南方死亡説が流れた。

帰国後、コロムビア専属藤山一郎としてスタート。ハバネラタンゴの『銀座セレナーデ』『ふるさとの馬車』が巷に流れたものの放送に出る機会はなかった。ようやく1947年(昭和22年)、ラジオ歌謡『三日月娘』に出てファンは藤山の生還を知り歓喜したのだった。
「三日月娘」は藤山の生還第1声、戦後初のヒットとなった。

私は小学6年生。家には未だラジオが無かったが、向かいの友達が兄さんの買ってきたレコードをかけて呉れて「三日月娘」を聴いた。
「幾夜重ねて 砂漠を越えて 明日はあの娘(こ)のいる町へ
鈴が鳴る鳴る 駱駝の鈴が 思い出させて 風に鳴る」作詞:薮田義雄 作曲:古関裕而。共に軽快である。

しかし砂漠と言うものを見たことの無い少年は、なんとなく「月の沙漠」で砂漠を連想するだけ。しかし「月の沙漠」は千葉県御宿海岸の砂浜をモチーフに書かれたと聞いた事があり、本物の砂漠もそれこそ果てしなく広がる砂丘を連想していた。

ところが41歳の時、想像もしていなかったサハラ砂漠上空を飛んで実見した。果てしなく広がる不毛の土地は間違いないが、岩山あり、谷あり、水なし。迷ったら死ぬ事必定の地獄だった。

時々、油田のガス抜きの炎が高い煙突から拭いているのが見えて、ここがいまや不毛の地が、厖大な冨をこの国にもたらす油を溜めている事を改めて知らされるのである。

私を乗せたのはサウジアラビア政府提供の大型ヘリだったが、猛烈な騒音が子守唄になってしばし眠ってしまった。「時差ぼけ」をあれほど実感した事は無い。

また駱駝に乗ったキャラバンは確かだろうが、厳しいイスラム教の男女関係を律する教えを知れば知るほど、三日月娘は夢の世界と知る。

サハラ砂漠砂漠(さばく、沙漠とも)とは、雨があまり降らず降雨量よりも蒸発量の方が多い土地。植物がほとんど生息せず、水分も少ないため、気温の日較差が激しい。

よって農業には適さず、人間の居住が難しい地域(アネクメネ)である。砂漠地は岩石(メサ、ビュート)、礫(れき)、砂、ワジ(涸れ川)、塩湖、一部人などが生息できるオアシスなどで形成されている。

「砂漠」という表記からの連想もあり、一般的には見渡す限り砂地が広がって風紋を織りなしている情景がよくイメージされるが、実際には岩原など、地形にはバリエーションがある。世界では岩石砂漠、礫砂漠、砂砂漠の順に多い。

地球上の砂漠は、毎年600万ヘクタールの規模で拡大を続けている。これは、上記のような気候による影響だけではなく人間の活動に伴う要素が大きい。

砂漠化によって、その地域に居住する人々の食料生産ができなくなる。二酸化炭素の吸収源である森林が減少し、地球温暖化を加速させる などという深刻な影響がある。

こうした砂漠化を進行させる原因は、熱帯雨林の過剰な伐採により土地の給水能力が衰える、家畜の過放牧、過剰な焼畑農業などが指摘されている。

当用漢字制定前は「沙漠」という表記が使用されていたが、「沙」が当用漢字から外れたために「砂」を用いた「砂漠」という表記が使用されるようになった。なお、「沙」も「砂」も「すな」という意味を持つ漢字であり、「水が少いから『沙漠』と書く」というのは俗説。

学術用語としては「desert」に対して「砂漠」という訳語が当てられる。このため、学術用語の「砂漠」はすなじ(砂地/沙地)だけを指すものではないことは既述のとおり。

中国語では沙漠(砂漠)・(礫漠)・岩漠・泥漠・等の総称として「荒漠」を用いることがある。

世界の砂漠一覧(除サハラ)

アジア
カヴィール砂漠(イラン) 
カラクム砂漠(トルクメニスタン) 
キジルクム砂漠(ウズベキスタン、カザフスタン) 
グルバンテュンギュト(古爾班通古特)砂漠(中国・新疆維吾爾自治区) 

ゴビ砂漠(モンゴル、中国・内蒙古自治区) 
サルイイシコトラウ砂漠(カザフスタン) 
シリア砂漠(シリア、ヨルダン、イラク、サウジアラビア) 
タール砂漠(インド、パキスタン) 
タクラマカン(塔克拉瑪干)砂漠(中国・新疆維吾爾自治区) 
ダフナー砂漠(サウジアラビア) 
ネゲヴ砂漠(イスラエル、パレスチナ) 
ネフド砂漠(サウジアラビア) 
ハジャラ砂漠(イラク) 
バダインジャラン(巴丹吉林)砂漠(中国・内蒙古自治区) 
ホルチン砂漠(中国・内蒙古自治区):日本から1500kmと最も近
くにある砂漠。 

ムウス(毛烏素)砂漠(中国) 
モインクム砂漠(カザフスタン) 
ルート砂漠(イラン) 
ルブアルハリ砂漠(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、オマーン、イエメン) 

レギスタン砂漠(アフガニスタン) 
ダフナー砂漠(サウジアラビア) 

アメリカ
アタカマ砂漠(チリ) 
グレートサンディ砂漠(アメリカ合衆国) 
グレートソルトレーク砂漠(アメリカ合衆国ユタ州) 
コロラド砂漠(アメリカ合衆国、メキシコ) 
ソノラ砂漠(アメリカ合衆国、メキシコ) 
ブラックロック砂漠(アメリカ合衆国ネバダ州) 
ペインテッド砂漠(アメリカ合衆国) 
モハーヴェ砂漠(アメリカ合衆国カリフォルニア州) 

アフリカ
カラハリ砂漠(ボツワナ、ナミビア、南アフリカ共和国) 
サハラ砂漠(エジプト、リビア、チュニジア、アルジェリア、モロッコ、西サハラ、モーリタニア、マリ、ニジェール、チャド、スーダン) 
ナミブ砂漠(ナミビア) 
ニーリ砂漠(ケニア) 
ヌビア砂漠(スーダン) 
リビア砂漠(リビア、エジプト) 
シャルキーヤ砂漠(エジプト) 
ガルビーヤ砂漠(エジプト) 
ワラーヌ砂漠(モーリタニア) 
ビルマ砂漠(ニジェール、チャド) 
オリエンタル砂漠(アルジェリア、チュニジア) 

オセアニア
カウ砂漠(アメリカ合衆国ハワイ州) 
ギブソン砂漠(オーストラリア・ウェスタンオーストラリア州) 
グレートサンディ砂漠(オーストラリア・ウェスタンオーストラリア州) 

グレートビクトリア砂漠(オーストラリア・ウェスタンオーストラリア州、サウスオーストラリア州) 

シンプソン砂漠(オーストラリア・北部準州、サウスオーストラリア州、クイーンズランド州) 

タナミ砂漠(オーストラリア) 

スタート砂漠(オーストラリア・サウスオーストラリア州、クイーンズランド州) 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア』



━━━━━━━━━━━━
「過激派商売」は終わった
━━━━━━━━━━━━


       平井 修一

新左翼とか過激派と言われるグループは公安機関からは「極左暴力集団」と呼ばれるが、彼ら自身は「我こそは共産主義=マルクス・レーニン主義の正統派」だと思っているから、「共産主義原理派」と呼ぶ方が彼らのマインドに近いかもしれない。

彼らが警察や他派、社会(体制)に対して実力という暴力を行使したピークは60年安保闘争と、1968〜1970年の全共闘運動・大学紛争で、それ以降は多くの国民の共感を呼ぶような大衆闘争のテーマが少なくなり、動員力、影響力も減っていった。

彼らというか、過激派の幹部連中は機関紙販売や党費、カンパの収入で生活しているから、このままでは孤立していくばかりで、組織を、生活を維持できなくなる。

当時はすでに、事件を起こす→逮捕者が多数出る→彼らの親たちが保釈金を供託して保釈される→裁判が始まると過激派が弁護士などを用意して支援する→結審すると保釈金が返還される→支援への見返りとしてその金が過激派へ渡る、というビジネススキームもできていた。だから常に闘争、逮捕者が必要なのだ。

政治家や芸能人などは常に話題になっていないと失速して収入が減り、やがては忘れ去られるが、過激派も同様であり、目立つためにはより過激になるしかない。

結局彼らが選んだのは赤軍派に代表されるように共産主義暴力革命を目指すことで、各派は過激ぶりを誇示するようになっていった。しかし、こんなものが高度経済成長で豊かになっていく国民の支持を得られるはずもなく、彼らへの支持は急速に下火になり、孤立していった。

支持層という市場(パイ)が縮小していけば、生き残るためにはシェアを拡大するしかない。小さなものから大きなものまで住民運動に介入する、学生自治会や労働組合での影響力を高めるなど、過激派各派は主導権争いをしていく。やがて内ゲバが頻発していった。

小生は1971年の1年間を中核派の兵隊として活動し、その暮れに保釈許可が下りて千葉刑務所を出たが、その時にはすでに内ゲバは凄惨なものになり、なかでも中核派と革マル派は“血で血を洗う”殺し合いを始めるまでになった。もはや大学に戻れる状況ではなかった。

<中核派と革マル派の内ゲバは、死傷者数がその他の内ゲバよりも断トツで多く、両派ともに新左翼の学生運動・大衆運動で最大規模で拮抗していたことによる。両派はもとは同じ組織であったことも「内ゲバ」という現象を印象づけた。1960年代の分裂後内ゲバが頻発し、70年代に入り殺し合いの状態になり全国の大学や職場、路上で内ゲバが繰り広げられた。革マル派が中核派の最高指導者を暗殺してから、中核派の革マル派に対する内ゲバはさらに熾烈を極めた(注)>(ウィキ)

1990年から中核派と革マル派の内ゲバは終わる。両派トップの会談によって停戦状態になったとされるが、両派ともに公表していないので真偽は不明だ。いずれにせよ現場の兵隊たちはホッとしたろう。その死傷者は1000人に及ぶと言われている。

内ゲバ殺人犯の生々しい証言はない。彼らの多くは社会に溶け込んでおり、殺人の事実は秘密としてあの世まで持っていくのだろう。革命のためだった、自衛のためだったと合理化しているのだろうか。命令は絶対だったから仕方なかったと思っているのかもしれない。

現在は各派とも内ゲバという消耗戦は激減した。過激派に対する国民の支持はほとんどないし、構成員も高齢化しているためだろう。“労働者の祖国”と言われたソ連は崩壊し、中共も資本主義経済へ舵を切った。

<2010年現在の各国共産党は、マルクス・レーニン主義の一部または全部を放棄したものが多い。社会主義国における政権党は、政治的には一党独裁を堅持しながら経済面では改革開放政策をとる中国共産党をはじめ、政治的な自由を制限しつつも市場経済を導入し経済的な自由化を進めている党が多い>(ウィキ)

今さら共産主義ではあるまい。ましてや「共産主義原理派」なんて空理空論の妄言だ。「剣客商売」ならぬ「過激派商売」はほとんど終わったと言えるだろう。
・・・

注)ウィキによると内ゲバの黎明期、発展期である1970〜75年の全体の動向と、中核派と革マル派の抗争はこうだ。

■1970年 発生件数175件、死者数2人、負傷数525人
 8月 - 中核派による革マル派東京教育大学生リンチ殺人事件

■1971年 発生件数272件、死者数4人、負傷数521人
 12月 - 革マル派による関西大学構内内ゲバ殺人事件で中核派2人死亡

■1972年 発生件数183件、死者数2人、負者傷数338人
 11月 - 革マル派による早稲田大中核派シンパ内ゲバ殺人事件

■1973年 発生件数238件、死者数2人、負傷者数573人
 9月 - 革マル派と中核派が東京鶯谷駅で集団戦。国電鶯谷駅内ゲバ事件
 10月 - 革マル派が中核派のアジトを襲撃。中核派アジト襲撃事件

■1974年 発生件数286件、死者数11人、負者傷数607人
 1月 - 東京で中核派が引っ越し作業中の革マル派東大生4人を襲撃、2人を殺害
 1月 - 中核派が革マル派神奈川大生を満員の学生食堂内で殺害。横浜国大内ゲバ殺人事件
 2月 - 中核派が革マル派だとして琉球大生を講義中の教室内で殺害。琉球大学内ゲバ誤認殺人事件
 5月 - 革マル派が中核派区職員を東京で殺害
 9月 - 革マル派が中核派郵便局員を東京で殺害
 9月 - 革マル派が中核派大阪市立大生を大阪で殺害
 10月 - 中核派が革マル派郵便局員を東京で殺害
 10月 - 革マル派が中核派工員を東京で殺害
 12月 - 中核派が革マル派元高校教諭を大阪で殺害

■1975年 発生件数91件、死者数3人、負傷者数192人
 3月 - 東京の路上で中核派が革マル派幹部を殺害。革マル派機関紙発行責任者内ゲバ殺人事件
 3月 - 埼玉のアパートで革マル派が中核派の最高指導者を殺害。中核派書記長内ゲバ殺人事件(本多延嘉氏)
 3月 - 東京のマンションで中核派が革マル派郵便局員2名を殺害
 3月 - 神奈川の路上で中核派が革マル派川崎市役所職員を殺害。川崎市女子職員内ゲバ殺人事件

 4月 - 東京の喫茶店で中核派が革マル派元全学連中央執行委員を殺害
 4月 - 東京の喫茶店で中核派が革マル派政治局員らを殺害
 5月 - 鹿児島のアパートで中核派が革マル派高校教諭を殺害
 6月 - 大阪市立大で革マル派30数人と中核派約40人が衝突、革マル派の大阪経済大生3名が死亡
 6月 - 東京の路上で中核派が革マル派郵便局員を殺害


 
━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎「尖閣棚上げが賢明」…中国副総参謀長が見解 古澤襄
 
2013.06.03 Monday name : kajikablog 

<【シンガポール=竹内誠一郎】中国人民解放軍の戚建国副総参謀長は2日、シンガポールで開かれたアジア安全保障会議(英国際戦略研究所主催)で、沖縄県・尖閣諸島問題について「我々より知恵のある次世代の人に解決してもらうべきだ」と述べ、中国側が1970年代に日中の合意があったと主張する「棚上げ」状態に戻るべきだとの見解を示した。
 
過去の棚上げは「賢明な選択だった」とも指摘した。
 
中国脅威論に配慮し、アジア・太平洋地域の安全保障問題を協議する同会議で、協調姿勢をアピールする狙いとみられる。一方で戚氏は「対話と平和維持を強調しているが、無条件の妥協を意味するものでない」と語り、領土問題で譲歩しない意思を改めて示した。(読売)>
 



 ◎中国の人気ミルクティー カエルの死骸が混入  古澤襄
 
2013.06.02 Sunday name : kajikablog 


【大紀元日本6月1日】中国国内で、食品安全問題に関するショッキングな出来事が再び報道された。河南省信陽商城県の住民が、孫が飲むミルクティーからカエルの死骸を発見したという。
 
現地政府のニュースサイト「信陽網」によると、王さんはこのほど、地元の食品販売会社から「香飄飄粉ミルクティー」2箱を購入。このミルクティーは、年間売り上げが7億杯を超すとされる人気商品だ。
 
4歳の孫娘がこのミルクティーを飲んでいたところ、ストローがコップの中に滑り落ちたため、蓋を開けてストローを取り出そうとした際、コップの底に小さなカエルの死骸が横たわっていた。
 
彼が提供した実物写真では、コップの底にカエルの死骸と、粉末ミルクティーの塊が写っていた。カエルの体長は約2センチほどで、片方の前足がない。
 
「信陽網」の記者は、その現地営業担当に電話連絡しようとしたが、その携帯電話の電源はずっと切られたままだったという。
 
王さんによると、メーカー側は4箱のミルクティーで示談することを提案してきたが、断ったそうだ。また彼は、「以前はミルクティーが大好きな孫娘だったが、あの事件以来、まったく飲まなくなった」とも語った。(大紀元)>
 
 

◎緊縮財政の欧州市民、夏休みは「旅行なし」   古澤襄
 
2013.06.02 Sunday name : kajikablog 


<【5月31日 Relaxnews】緊縮財政が影を色濃く落とす欧州では、今夏に長期休暇旅行を予定している人が大幅に減少し、過去8年間で最低となっていることが最新の調査で明らかになった。
 
調査会社イプソス(Ipsos)と保険サービス大手ユーロップ・アシスタンス(Europ Assistance)がオーストリア、ベルギー、英国、フランス、ドイツ、イタリア、スペインの4048人を対象に行った調査をまとめた報告書「ホリデー・バロメーター(Holiday Barometer)」によると、夏休みに旅行する予定があると答えた人は54%にとどまった。
 
減少幅が最も大きかったのは当然ながら失業率の最も高い国々で、報告書は「特に、スペインとイタリアにおける金融危機の深刻さは明らかだ」と指摘している。夏期休暇中の旅行を計画している人はスペインでは50%を下回り、イタリアでも50%をわずかに上回っただけだった。
 
また、フランスでは欧州金融危機が発生して以来初めて旅行者数が大きく落ち込んだ。62%が旅行計画を立てていると答えたものの、前年比では8%減少し、2005年以来の最低水準となった。
 
経済・社会情勢が「それほど厳しくない」ドイツとオーストリアでは、旅行予定者の数は前年と比べてあまり変動していない。
 
一方、英国人は海外旅行熱が高いようで、調査対象国で唯一、今年の夏休みに旅行すると答えた人が前年の51%から56%に増加した。(AFP)>
 


 ◎●●◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇写真情報◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆●
*******週刊AWACS 2013年6月2日********

自民党沖縄県連が普天間「県外移設」と参院選で公約したと言うが、党本
部は黙認?選挙に勝つためにはそうせざるを得ないのか?これでは産経の
記事にある「ハトヤマの悪夢」の再来である。県連の翁長会長はオフィシ
ャルサイトの挨拶で『本県における最大の政治課題である、普天間飛行場
の移設問題については、県外移設を求める本県と辺野古移設を押し進める
日米両政府との溝がふかまっている中で、欠陥機と言われる「オスプレ
イ」を世界一危険な飛行場と言われる普天間飛行場へ強硬配置しようとし
ており、まさに普天間の固定化が現実化しつつあり、到底容認できるもの
ではありません。』と述べている。

米大統領スタッフも乗るオスプレイに
も反対していたし、辺野古移設にも賛成ではない書きぶりである。ただ、
『同盟国である米国からも軽視される事態を招く』とも書いている。沖縄
の現実がそれだけ難しいのかもしれないが、沖縄の自民党までもが琉球化
するのか?中国や左翼がニヤついているぞ!

では、今週号をお楽しみください。
http://datefile.iza.ne.jp/blog/entry/3092969/

2013/6/2  唸声  




━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)昨日メルマガが配信されていないことに気が付きました。
バタバタ忙しくて、うっかり気が付きませんでした。

ちょうど1週間前、高校の友人が亡くなり気落ちしていたところ
3日前には住んでいる地域のマネージャーが来て
ここは住宅エリアだからビジネスや学校は出来ないと怒り
色々の手配(少なくとも教室を部屋の中でのみやるようにするとか。
それまではフロントヤードでの作業もあったので目立ったようです)
に明け暮れ、自分も手いっぱいで気が付きませんでした。
すみませんでした。

最後のメルマガによれば、配信回線に不都合が生じたとのこと。
引っ越した先でのネット接続がうまくいかないかとも思いましたが
引っ越し後、20日ほどは何とかなっていたことを考えると
そうでもなさそうだし、そもそもこのメールが届くのかもわかりませんが、
とりあえずは送ってみます。(由 在ヴェトナム)



 2)自民OB改憲を危惧 「赤旗」に登場し批判 講演「右へ右へ心配」

「憲法改悪は許さない」。古賀誠元幹事長や野中広務元官房長官ら自民党の大物国会議員OBが「護憲」で奮起している。講演やインタビューを通じ、安倍政権が意欲を示す憲法改正の発議要件を定めた96条や平和主義をうたう9条の改正論を批判。戦中時代を生き、かつて「ハト派」と呼ばれた重鎮たちは国会から去った今も、歯止め役がいない改憲論議に警鐘を鳴らす。

 「96条改正は絶対やるべきではない」。古賀氏は5月、共産党の機関紙「しんぶん赤旗」のインタビューで、憲法改正の発議要件を緩和する96条改正を真っ向から批判した。

 インタビュー記事の掲載は6月2日付の日曜版。自民党元幹部が赤旗に登場するのは異例だ。過去にインタビューに答えたのはごく少数で、09年の野中氏、今年1月の加藤紘一元幹事長ら党内ハト派の論客たちが並ぶ。

 憲法改正を党是とする自民党は昨年4月、憲法改正草案を発表。現行憲法で衆参両院総議員の各「3分の2」と定めた改憲の発議要件を「過半数」に緩和すると明記した。だが古賀氏は赤旗のインタビューで「憲法は最高法規。他の法規を扱う基準と違うのは当然だ」と指摘。9条についても、「平和憲法の根幹で『世界遺産』に匹敵する」と強調する。

 自民党内では、安倍氏の祖父・岸信介元首相を源流とする改憲に積極的な「タカ派」と、経済成長重視で護憲・リベラル勢力として「保守本流」を自認するハト派が長く拮抗(きっこう)し、バランスを保ってきた。だが、時代とともに、古賀氏や野中氏をはじめ、宮沢喜一元首相や加藤氏ら多くのハト派が政界の第一線から引退。一方で安倍内閣の支持率の高さを背景に、党内に残るハト派は声を上げられないでいる。

 自民党幹部が「もはや党内の『護憲派』はいない」とまで言い切る現実に、重鎮たちの危機感は募る。

 野中氏は現在、全国各地を講演に回り、「参院選が済んだら憲法改正、国防軍とかいう発言もあり、日本が右へ右へと行くのではないかと心配している」と訴える。<北海道新聞6月2日朝刊掲載>06/02 09:29

〔情報収録 − 坂元 誠〕



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

長いこと休刊してしまい申し訳ありませんでした。転居とCPの買い替えが重なったことから故障の原因追及に手間取りました。専門家に依頼した結果、メールソフトに原因があると判明。サンダーバードに変更して事なきをえました。



読者:5191人

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/06/04





    休刊した1週間という時間が有ったはずだ。

    良い文章を考える時間も当然あったはずだ。

    しかし、

    またもや、

    本号に書かれていたのは、「再掲」で、しかも新作を装った「偽装再掲」ではないか。



    平成20(2008)年4月14日

    http://melma.com/backnumber_108241_4062854/

    これに、ウィキで仕込んだ世界の砂漠名をしつこく羅列し書き加えた偽装だ。



    恥ずかしくはないのか。

    恥を知ってもらいた。

    貴方のやっている事は、発信者として、物書きとして、自殺行為なのだよ。



    振り返れば、かっていろいろと投稿していたお友達も去ってしまったようだね。

    あたりまえだよな、誰だって呆れるよ。



  • 名無しさん2013/06/04

    セックススレイブ、性奴隷というのは、その女性が望んでいないのに慰安所で慰安婦をやらなければならなかったー

     という定義なんですね。慰安婦自体が女性の人権侵害であると。

     ただ、韓国は現代でも「私たちが選んだ仕事。国はそれを認めろ」「女性団体は私たちを利用するな」と女性達がデモを行ったことがありますが、そういう現実はどう見るんでしょうか。

  • 名無しさん2013/06/04

    NHKが大久保の「通名反対デモ」を捏造報道! 



    ↓ 



    NHKのインタビューで、在日の善人を装い、「デモが怖いです」と言っていた男が実は‥‥ 



    ↓ 



    レイシストしばき隊の一員で、在特会の会長を襲撃した犯行グループの1人だった! 



  • 名無しさん2013/06/04

    ●NHKで反韓デモ中止署名を呼び掛ける善意の人と特集された在日韓国人・金展克さんが、日本人暴行集団の一人だった事が明らかになる

     http://hamusoku.com/archives/7906300.html

     

    NHKはこの善意の人を「犯罪者」と知って報道していた可能性はありませんかね。

     どちらにしろNHKはやっちゃいましたね。

     とことん反日報道しかしない。

     日本人のための局じゃないのですか!?

  • 名無しさん2013/06/04

    現在NHKの偏向報道が話題になっています。

     ヘイトスピーチ特集で、韓国側の日本人に対するヘイトスピーチが

     全く触れられない等、不公平だという非難です。

     



    5月31日NHK「おはよう日本」で特集された「ヘイトスピーチ」において、反韓デモを署名で中止させようとする、非暴力・平和的イメージの善意の在日朝鮮人として紹介された在日三世キムノブカズさん。 

    だが、しかし!桜井氏を卑怯にも待ち伏せし複数人で取り囲み罵詈雑言を浴びせ巧みにわからぬように身体的に危害を加えたしばき隊の中で、まるで公安が桜井氏を保護するかの如く桜井氏に接触し逃げられないようにしていたマスクの男こそ、そのキムさんであることがよく

    わかる決定的な検証動画が登場しました! 

    動画開始から、1:32あたりから右手の手の甲の傷跡?に注目して見てください! 

    ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm21015178 

    お気づきになられただろうか?・・・・・。 



    NHKに電凸した時の様子 

    ttp://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5082.html

  • 名無しさん2013/06/03

    「東京人」2013年7月号 特集「東京鉄道車窓100」



    電車のなかで本を読むのもいいけれど、視線を窓の外に移すと、今まで気づかなかった景色に出会える。

    鉄橋からの水辺空間、意外と多い都心の緑、体感できる東京の凸凹地形、そして昭和から変わらない風景。。。

    「東京鉄道車窓選定委員」による、そんな車窓風景100をご紹介します。

    きっと、自分だけの車窓風景を探したくなります。

    http://www.toshishuppan.co.jp/tokyojin_shousai.php

  • 名無しさん2013/06/03

    琵琶湖を流れる水の道http://www.lberi.jp/kumagai/gyrej.htm

  • 名無しさん2013/06/03

    その道は、あるいは政界かもしれない。あるいは経済界、宗教界かもしれない。そのいずれかは本人の資質によるが、世に大いなる貢献ができるように、最も適したところへと導いてくださるはずである。



     だから、世のため人のためにという大いなる心をもちながら、日々修身に励んでいくのが結局、最も運のいい生き方であり、天運をつかみ、かつ、道の門に入ったということになるのである。



  • 名無しさん2013/06/03

    誰がどう考えても「いつ巨大地震が来てもおかしくない」という状況が続いています。



    ですが、逆に考えて、これほど明確なシグナルが出ているのに、まだ、南海トラフや首都圏での巨大地震が発生していないのは奇跡ともいうべきか。



  • 名無しさん2013/06/03



    カンボジアという国は、日本が先の世界大戦で敗戦したあと、サンフランシスコ平和条約締結による戦争賠償請求権を真っ先に放棄したことでも知られています。敬虔な仏教徒の多い、心優しい民族なのでしょう。







     

     その好意に報い、日本もカンボジアに対して経済や技術協力を行なってきました。しかし、その後フランスやアメリカ、中国などの大国に干渉され、やがてポルポト派による共産党支配へとすすみ、自国民の大量殺戮という悲惨な歴史を歩むことになるのです。







     

     その過程で1970年代末には内乱がおき、その後20年近く続く紛争により、国内は極度に疲弊してしまうのでした。







     

     その紛争が治まるまでの間、ほとんどの知識人はクメールルージュ(共産党)によって殺されてしまいます。そのため医師は3万人に1人という状態にまでなったのです。







     

     マラリアや、あるいは些細な病気であっても、多くの人は治療を受けれないためにバタバタと死んでしまうのです。

     







  • 名無しさん2013/06/03

    河野親子、野中、古賀、加藤、自民党から永久追放すべし。社会福祉予算は大幅に見直すべし、沖縄、関西のチャイナ人、朝鮮人の福祉を語り横領に近いばらまきは、時代遅れで善良な納税者が馬鹿を見る、その為の赤字国債発行では国家破産する、厚生省と医師会と製薬業界の癒着による血圧、糖尿の基準値がWHO基準より年々下がり、高齢者病人を増やし、薬ずけでさも良い事している錯覚を作り出し、天下り先を作り、開業医はベンツに乗り、国民は赤字国債ずけ、日本国民は居なくなり、金の亡者だらけ、高齢者でもそれ相当のカネをとれ、行くところ無く、パチンコへ行く、80過ぎの馬鹿もいるのが現実、黒ラブ

  • ACB2013/06/03

    橋下の煙幕は北の花火より甚大な被害



    朴槿恵大統領随行尹昶重元大統領府報道官

  • 名無しさん2013/06/03

    サヨクの姿



    1.自己中心  自分以外は人間ではない



    2.ご都合主義



    3.独善   



    4.責任転嫁  悪いのはすべて他人だ



    5.人間不信 他人を絶対に信用しない。



    6.反省というものがない、決してあやまらない



    7.嘘をつくことが当たり前、嘘を嘘で塗り固める



    8.恥を知らない



    9.常に他人を貶めようと狙っている、密告する



    10.人間性の欠落



    11.道徳性の欠落



    12.金が全て