政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針2962号  2013・5・22(水)

2013/05/22

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 2962号
□■■□──────────────────────────□■■□



        2013(平成25)年5月22   日(水)

 

                        中国、強まる“毛沢東の呪縛”:矢板明夫
                   橋下自爆選挙で“自公過半数”確定的:杉浦正章
 vvvvvvvvvv鮑形らが「天安門民主大学」を復活:宮崎正弘
                                               反撃の時はいま:濱田  實
                                 浸透目覚しい韓国ロビー:前田正晶
                      話 の 福 袋
                    反     響
                    身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第2962  号
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━
中国、強まる“毛沢東の呪縛”
━━━━━━━━━━━━━


       矢板 明夫

改革派経済学者の言論を記念日まで封殺

北京市と湖南省の共産党宣伝部が管理下にある各メディアに対し、毛沢東
生誕120周年記念日(12月26日)まで、毛沢東の批判者として知られる改
革派経済学者、茅于軾氏(84)を一切取り上げないよう通達を出していた
ことが、19日までに分かった。複数のメディア幹部が明らかにした。

反体制派ではない著名学者の言論封殺は近年では異例。習近平指導部によ
る言論弾圧の一層の強化を示唆している。

複数の大手紙編集者によると、通達は5月中旬、党宣伝部の幹部が各メディ
ア責任者に対し口頭で伝えた。19日現在、確認されたのは北京と湖南省だ
けだが、共産党中央宣伝部は全国に同様の指示を出した可能性がある。

保守路線を強めている習近平指導部は毛沢東生誕120周年にあわせ、毛沢
東を持ち上げる一連の盛大なイベントを計画しており、茅氏への措置はそ
の雰囲気作りのためとみられる。

中国国内の経済学者の中で大御所的な存在である茅氏はこれまで、中国社
会科学院研究員や天則経済研究所所長などを歴任した。改革・開放初期に
欧米の経験を国内に紹介し、中国の市場経済の推進に大きな役割を果たし
た。茅氏は現在も政治、福祉など経済以外の分野でも積極的に提言を行っ
ている。

文化大革命(1966〜76)中に紅衛兵から激しい迫害を受けた経験があるた
め、文革を起こした毛沢東を批判する言論が多く「国と人民に大きな災い
をもたらした毛沢東の肖像画がいまだに天安門楼上に掲げられ、みんなが
毎日使うお札に印刷されていることは、茶番劇というほかない」との内容
の文章をインターネットで発表し、左派から「漢奸(国賊)」などと罵倒
されたこともあった。

今年になってから、当局の意向を受けたとみられる毛沢東の支持者による
茅氏への嫌がらせが急増しており、4月から5月にかけて、遼寧省、北京
市などで予定されていた3つの講演が激しい妨害を受け、そのうち2つは
中止に追い込まれた。

主催団体の関係者は「現場の警察官は妨害活動を黙認していた」と証言し
ている。また、共産党機関紙、人民日報傘下の国際情報紙、環球時報は5
月8日、茅氏を「中国主流政治思想への挑戦者」と批判する文章を載せた。

茅氏は自身のブログで、自宅への「嫌がらせや脅迫電話が増えている」と
明らかにし、「学者として自分の意見は隠さない。私の文章にはすべて事
実の裏付けがある」と記し、圧力に屈しない姿勢をみせている。

 産経ニュース 【北京=矢板明夫】2013.5.20 12:30 



━━━━━━━━━━━━━━━━
橋下自爆選挙で“自公過半数”確定的
━━━━━━━━━━━━━━━━


                              杉浦 正章

 民主党には“おこぼれ”効果
 
選挙で相手の信用を失わせることで自分を相対的に高めることをネガティ
ブキャンペーンというが、維新共同代表・橋下徹はこれを自らの党維新に
向けて行う方向となった。まさに自爆テロならぬ自爆選挙が参院選に向け
て展開される。

「慰安婦有用論と米軍慰安婦活用論」を撤回するどころか、開き直って今
後も主張し続けるのだ。この結果参院選の動向は、自公両党が固く見積もっ
ても過半数に達して、ねじれを解消できる見通しとなった。

逆に維新の低迷で改憲勢力で3分の2議席への到達は先に指摘した「微妙」
から「困難」となろうが、いずれにしても民主党の改憲グループが鍵を握っ
ており、首相・安倍晋三にとってはその取り込みが鍵となる事に変わりは
ない。

橋下はイメージがアドルフ・ヒトラーと常にダブルが、今回の発言にとも
なって展開している「慰安婦各国共通論」は、まさにヒトラーが1次大戦
で意気消沈したドイツ国民を鼓舞激励して国粋主義勢力を拡大した手法と
そっくりである。

しかし、橋下は生まれるのが遅かった。誰も「慰安婦は世界中同じだった」
と主張しても、これでナショナリズムが沸き立つことはない。まさに「チ
ャップリンのヒトラー」的な喜劇の主役を演じているに過ぎない。

この現実に気付いたとみえて、みんなの党代表・渡辺喜美が状況を「フル
活用」して、維新を切った。幹事長・江田憲司のペースで進められてきた
選挙協力を破棄したのだ。これにより第三極は共食い状態に陥るが、橋下
の“ネガティブキャンペーン”で維新が決定的に不利な立場となる。

参院選までちょうど2か月となったが、区割り法案が4月23 日に衆院を
通過、成立は確実な情勢であり、ダブル選の可能性はますます遠のいた。
各党とも参院選、都議選に突入する。2か月間という期間は普通なら発言
を撤回して陳謝すればマスコミはおさまる期間だ。

ところが橋下は“確信犯”であり、持論の展開をやめようとはしない。24 
日には慰安婦との会談が予定されているが、こうしたケースも活用する
だろう。6月に訪米が予定されているが、恐らくテレビは一挙手一投足を
放送しようとするだろう。

まさに橋下のネガティブキャンペーンをいさめることのできない維新は、
逆風の中で断末魔というか地獄というか、そうした選挙に直面せざるを得
ない。

このみんなの維新切りで選挙の構図ががらりと変わる。自公圧勝の構図は
ますます強まる。自民党60 議席前後、公明11 議席程度で非改選と合わせ
て122 の過半数を突破して130 議席前後とみた流れは、もっと増える公算
がある。

なぜなら自民党が2議席を擁立した東京、千葉で全員当選の可能性が生じ
ているからだ。もちろん1人区で自民党圧勝の構図はまず変わらない。み
んなと維新は選挙協力ですみ分けた、千葉、埼玉、愛知で独自候補を立て
ようとしており共食いの構図だ。

民主党は野党第1党から転落かと見られていたが、2人区で1議席を獲得
できる可能性が強まったと言えよう。維新は10 議席台後半の議席は可能
と予想されたが、10 議席に届くまい。

維新票はもともと保守票であり、民主党には流れまい。やはり自民党が有
利であろう。しかし第3極の分裂は民主党に“おこぼれ”効果をもたらす
可能性がある。みんなとの選挙協力が実現するかどうかもかぎでもある。


ただ162 の改憲議席を改憲政党全体で獲得できるかどうかは、維新の自爆
選挙で一段と難しくなったことは否めまい。

安倍としてはもともと改憲勢力の確保は民主党の改憲派も意識していたこ
とであり、選挙後は3分の2確保で参院民主党にくさびを打ち込んで行く
ことになろう。政府・自民党は、橋下発言に閣僚や党幹部が同調しないよ
うに、懸命の箝(かん)口令を敷いている。

橋下が「安倍政権の中にいる保守系閣僚は何も言わなくなった」と歯ぎし
りしているとおり、同調しては火の粉が自民党にかかることを十分に意識
しているのだ。橋下と親しかった安倍も「私も自民党も全く立場が異なる」
と突き放し始めた。

安倍、幹事長・石破茂とともに「遊説3本の矢」とされている青年局長・
小泉進次郎も、いくらテレビがけしかけても「ノーコメント」で押し通し
ている。小泉32歳、橋下43歳といずれも若いが、小泉の方が圧倒的に政治
家として成長している。橋下はもともと政治家に不適であったが、もうダ
メだ。終わった。

         (政治評論家)  <2013年05月22日>



━━━━━━━━━━━━━━━━
鮑形らが「天安門民主大学」を復活
━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆◇◇ ◆◇◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成25年(2013)5月22日(水曜日)
    通巻第3947号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 鮑形らが「天安門民主大学」を復活、いずれ「孔子学院」を凌ぐ
  毛沢東党も、国内左派の新党だが、当局は手を出せない
********************************

鮑形といえば趙紫陽の右腕だった。米国に事実上亡命し、自由をもとめる
言論活動を展開しているが、さきごろサンフランシスコに有識者、著名人
をあつめて「天安門民主大学」の復交を宣言し、さらにこういった。

「中国が世界で展開中の『孔子学院』をいずれ追い抜く」。

自由、法治、人権、民主をもとめる中国知識人の久しぶりの快挙だ。

ともかくこの動きは中国共産党への真っ向からの対抗である。その米国西
海岸にはちかく習近平がオバマと会談するために訪問する。在米民主グル
ープはいかなる動きを示すだろうか? 西海岸は荒れるに違いない。

1989年春、天安門広場を埋めた百万の市民と学生は24時間の座り込みを
つづけたが、あちこちに即席の「天安門民主大学」(即席の講座)が生まれ、
大學教授等もかけつけて「民主」「議会」「法治」などをテーマに講義を
行った。

天安門広場前を世界中からやってきたジャーナリストが自由に取材してい
た。

北京大学図書館前の芝生では、方励之博士の講座が行われた。民主化への
熱狂が当時の中国の若者を捉えていた。

他方、中国国内では新興宗教のカルト「法輪功」の勢いがややおさまった
かと思えば、河南省から青海省にかけて「全能神」が登場した。

この新興カルトの潜在信者は数百万と言われる。国内で数百の活動家が拘
束されたが、いまや米国、そして日本でも浸透しはじめており、池袋北口
のチャイナタウンには毎日、辻説法のメンバーが目立つようになった。

中国国内にあって、当局が手出しができない新興宗教的セクトは「毛沢東
党」である。なにしろ毛沢東の語録を読み、革命歌をうたうために集まる
集団ゆえに、新興宗教的存在で、党への脅威である。河南省のいくつかの
村には毛沢東礼拝堂が建立された。

このセクトは2012年九月の反日暴動で、毛沢東の肖像を掲げて登場した。
共産党にとって毛沢東を創設者とするでっち上げ神話を奉じている以上、
政治的にいずれ脅威の存在となることは分かっていても、このセクトへの
手入れは難しい。「毛沢東党」は、ひょっとして現代版義和団の乱を惹起
するかも知れない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)安部首相の5月20日の「侵略に定義はない」という発言に
対して、伊藤和子氏が書いた文章がインターネットの各所で話題になって
います。ちなみに伊藤氏は、平成3年早稲田大学法学部卒業で平成7年弁
護士登録。

その後、平成16年に日弁連推薦でニューヨーク大学ロースクール客員研
究員として留学とのことです。
「侵略」には定義があるとして、

「1974年の国連総会では、日本も参加・賛成して侵略の定義に関する国連
総会決議が採択され、侵略が明確に規定されている。 決議3314という有
名な決議だ。和訳については外務省定訳がないようであるが、ウィキペディ
アは以下のように訳している。 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%B5%E7%95%A5%E3%81%AE%E5%AE%9A%E7%BE%A9%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%B1%BA%E8%AD%B0
これは国際常識である」と書いています。 

日本語は国連の公用語でないので、「侵略」の定義が国連でなされること
はありえません。決議3314で規定されたのは、国連公用語のひとつである
英語では「Agression」です。

これは、国際法の用語で、挑発されていないのに武力を使って境界を超え
ることを指します。国際法ではその日本語訳は「侵攻」です。

つまり、決議3314で「侵略」が規定されたということは、事実に反します。
ストレートに言えば嘘です。

これに対して、国際法上の用語の「Invasion」は、境界を超えることです。
国際法での日本語訳は「侵出」です。

つまり侵出が一般的な用語で、(1)挑発されていない、(2)武力を行
使する、という二つの条件を満たした侵出の一つの形態が侵攻です。

また日本語の「侵略」は国際法の用語ではなく、それに対応する英語の国
際法用語は存在しません。侵略とは、定義のはっきりしない曖昧な言葉で
す。「略」という語は略奪する、奪い取るという意味があります。

したがって、略奪を伴う侵出が侵略ではないかともいえそうです。少なく
とも、日華事変以降の日本と中華民国の戦いはこの意味の侵略ではありま
せん。日本軍は軍糧を自らもち、なくなると現地で民間人から購入しまし
た。奪っていたのは、国民党軍であり、共産党軍でした。

国民党軍があまりにもひどく略奪したので、日本軍が糧秣の中から住民に
分け与えたこともあります。

中国人作家が書いた実話に基づく小説「1940」にも書かれています。20世
紀以降の東アジアで侵略の例として先ず思い浮かぶのは、韓国による竹島
侵略では。

日本による侵略の例は、寡聞にして思いつきません。

では、日本がおこなった侵攻は何があるのでしょうか。
私には思いつきません。

少なくとも盧盧溝橋事件以降の軍事行動は、侵攻ではありません。共産党
と国民党の挑発によって始まった自衛行動だからです。挑発によってはじ
められた軍事行動ではありません。

したがって、侵攻の結果としての責任を追及されることもありません。そ
こに、侵略という摩訶不思議な言葉を解することによって、日本軍の責任
が創出されるのです。

このような詭弁がはびこらないようにするため、日本国外務省が、早期に
国連総会決議3314の外務省訳を発表するよう働きかける必要があります。

ところで、伊藤氏は早稲田大学法学部卒業で弁護士だそうですが、法律用
語に非常に疎くまたニューヨーク大学ロースクール客員研究員として留学
とのことですが、英語もできないようです。

それともわかっていてあんなことを書くようならそれこそ、私のような上
品な人間が使うことを憚るような単語を使わないと表現できないような人
間のようです。(ST生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)「侵略」「侵攻」「進攻」などの定義の研究は一
時期保守論壇でもなされました。国際法と照らし合わせての研究も進んで
いて、単行本もでていると思います。



  ♪
(読者の声2) インド準備銀行(RBI)が金輸入による貿易赤字抑制のため
に、正規輸入業者を除いて、委託保証金支払いを行う輸入規制を導入しま
したね。

インド人もびっくりで現地金価格には「プレミアム」が付いているそうで
す。国際市場ではインドの需要減は「売り材料」。金価格は9日連続安で
1339米ドル付近まで下げましたが、本日は1397米ドルまで反発しています。

市場では安全資産の金(ゴールド)からリスク資産で高リターンの株式へ
マネー(流動性)がシフトしているといいますが、私は意外にインド政府
の金購入規制のインパクトは大きいのではと思います。どうでしょうか?
  (R生、ハノイ)


(宮崎正弘のコメント)その印度を李克強首相が訪問し、中印友好をうた
いました。北の領土紛争は棚上げ、ネパールへのマオイストの浸透も議題
に載せず、経済協力。やることはプラグマティックです。



━━━━━━━
反撃の時はいま
━━━━━━━


   濱田  實

橋本発言の波紋を観察するに、相変わらずマスコミの偏向もさることなが
ら、島国根性から抜け出れない政治家、保守側の貧相な言葉遣いに呆れる。

なぜ、海外からの攻撃に対して、すぐ安直で瑣末な議論・説明に乗ってし
まうのか!瑣末な説明は、いくら巧みに言っても、それは彼らの土俵上で
の言い訳にしか受け取られない。それでは相対化されてお仕舞い。いつま
でもこの西高東低の構図は変わらない。

もっと大局を見るべきではないか。もっと巨視的歴史を語れ。大東亜戦争
の意義を堂々と語れ(政治家はそうはストレートにはいかないだろうが、
民間は隠すことはない)。

中韓両国の、問題点と異質を徹底的に世界に発信せよ。ついでにチャイナ
(中国という呼び名も止めるべき)の弱点は何か。

非近代文明国家、いびつな科挙社会の残滓、非民主主義独裁国家、異質な
中華思想、近代の歴史で誇れるものが Nothing の国家 国家スキームは
古代社会と変わっていない・・・・日本語という借り物で成り立っている
エセ近代国家・・・人のいのちを、 いのちと思わない国 ・・・・歴史
捏造国家・・・・いくらでもある。

科挙ということでは、かつて毛沢東は下放運動で科挙官僚、知識人の一
斉放逐を行った。しかし、いつも間にか同じ構造が復活しているのが今
のチャイナではなかろうか。

韓国はどうか。

典型的なチャイナの隷属国家、小中華主義が隷属(奴隷)国家の証拠、 
歴史捏造国家、日韓併合時の最貧相な国家はどこか?

世界にも稀なコンプレックスの塊、日本の批判、日本を辱めることでか
ろうじて成り立っている惨めな国家・韓国・・・幾らでもある。

近代はおろか、この国には建国以来、世界に誇るべき歴史はチャイナと
同じく Nothing である。子供たちに、まともな歴史の事実を教えたら、
国がもたない。

若者はみな自国を軽蔑し、世界に散って行くだろう。ゆえに、彼らは日
本というオメデタイ国を未来永劫、辱めることによって、エセ国家を温
存しようとしているのである。(偏った)文化的優越意識・・・ヴェト
ナム参戦で侵した厖大な性犯罪、今でも世界に対する多数の売春婦プロ
バイダー/この方面のチャンピオン⇒「ほっかむり」、

両国に共通することは、共に「世界のガン」的存在、・・・・情けない
民族に成り下がっている(ただし、立派な人たちも居ることは忘れては
ならない)。

さらには、慰安婦問題も南京問題も、ある時期、一斉に社会問題化され
たということ。しかもその先導役を果たしたのが反日日本人であること。

(いま進行中の「夏淑琴裁判」も、火付け役は原告代理人となっている
日本人弁護士H.Yとその左翼グル−プである)

日本は、こんな低劣国家と一緒にされてはかなわない。もっと言挙げし
て、怒らねばならない。(沈黙の弊は皇室問題でも現れている)。 

これだけ歴史の材料がありながら利用せずに、隣国からちょっと批判さ
れると、すぐうなだれて、真面目に、誠実に言葉を返そうとする、
これだけで負けである。なんという、この人の良さ、オメデタさ!

日本人はサッチャーの教訓を全く学んでいない。敗戦国といえども情け
ない。⇒「イギリスはインドに文明の光を与えたのです!」(サッチャー)
・・と。 あまりの堂々たるスピーチに、インド人ジャーナリストは何
も言えなかったという。

なぜ日本に、それができない! コンフリクトが怖いのだろう。この腰
抜け日本人こそが占領軍に魂までも奪われた、なれの果ての姿ではない
か。

「大東亜戦争」の意義を忘れたか!

日本の国土の110倍の植民地化された諸国を解放したのは、どこの国か! 
かつてバンドン会議宣言で「日本は独立の母」と称賛されたことを忘れ
ている、なんともオメデタイ国である。

かつてアジア、アフリカなど、植民地時代 60数カ国あった世界が、い
まや192カ国に増えている。この事実はいったい何か? 黒人オバマ氏が
アメリカ大統領になれたのも、遠因は日本の「人種差別撤廃」の呼びか
けと解放戦争あったればこそではなかったか。有体にいえば、そういう
ことである。

もちろん戦争を手放しで喜ぶわけには行かない。戦争は人間社会の迷い
と迷いのぶつかり合いである。勝者も敗者もないともいえる。同時に敗
者であり、勝者であるともいえる。戦争には負けたが、こと植民地(被
人種差別)解放戦争では勝利したということもいえる。

歴史を紐解けば、当時、西洋白人国家の“人種差別”は酷かった。カラー
ドピープルは人間ではなかった。それは会田雄ニの『アーロン収容所』
を読めばよく解る。

日本の兵隊も白人女の前でさえイエローモンキー(=単なる動物)だっ
た。この人種差別・白人中心主義の状況を打ち砕くには、矛盾論でいえ
ば、日本の軍国主義も必要であったという意見もある(くらいである)。

だからといって、単純に聖戦だというほどの心臓はない。しかし人間、
一寸の虫にも五分の魂という矜持だけは失ってはいけない。最低の精神
論まで放擲すると、日本人が人間でなくなる。

大きな歴史を鳥瞰するなかで、壮大な人類進化のパノラマ劇が浮かんで
こないだろうか。 

日本人は何をうろたえている!うろたえることは、英霊310万柱に対して
「あなたたちの死は犬死だった」と言うに等しい。なぜ素直にそう受け
取れないのか。

大変悲しい戦争ではあったが、しかし小国日本がアメリカ帝國主義国と
相まみえて互角に戦ったという事実は否定できない。

歴史の真実だ。この歴史的事実は未来永劫語り継がれ、消え去ることは
ない。世界文明の公共財となって行くだろう。その偉業は中韓両国には
ない。

彼らは、世界史における日本の偉業を思い浮かべる度、世界史における
歴史のパラダイムチェンジに自ら参画できなかった祖先の不甲斐なさを
思う。

学問的な人間ほどそこにアンブバレントな屈折した感情が伴う。その感
情をぶつける相手が、何でも(もの言わぬ)日本だとすれば、彼らの心
根もさもしいが、言ここに至っては犯罪と断ずるべきではないか。下記
を読んでも彼らの“情報隠し”は隠微であり徹底している。日本人はな
ぜ黙っている!

どなたかが紹介くださった、 「朝鮮日報」日本語電子版にある「『ヨー
コの話』、米国で教材採択校が増加」というタイトルの記事が目に入っ
た。読んで驚いた。

そこで読者のために「ヨーコの話」を朝鮮日報の記事から紹介する。「米
国の小中学校で、日系米国人のヨーコ・カワシマ・ワトキンズ氏(83)
が1986年に出版した自伝的小説『ヨーコの話』(原題: 『So Far
from the Bamboo Grove』)を再び教材として採択する動きが広がってお
り、在米韓国人たちの間で対策を求める声が出ている」という。 

「同書は、日本の敗戦が濃厚になった1945 年、日本人高官の娘が家族と
共に韓半島(朝鮮半島)を離れ日本に引き 揚げるまでの体験を描いた小
説で,朝鮮人たちが帰国する日本人に強姦(ごうかん)や暴行を繰り返し
ていたとの内容が描かれている」からだ。

その本は米国の小中学校で教材として使用されたが、在米韓国社会で使用
禁止運動が起こり、一時、同本を 教材に使用する学校が減少したが、こ
こにきて再び増加する傾向が出てきたというのだ。

戦前日本の政治家には本ものの愛国者がいた。なぜか? 日本を一等国に
しようとして、精神も充実していたからだ。今は国を利用しようという
“生活議員”が国にも地方にも、与野党にもたむろしている。三島由紀夫
が忌み嫌ったことは後者の姿勢である。

橋下、石原氏には程度の差こそあれ、それがある。橋下氏は未熟なところ
も多々あるが、今回の問題については「なぜ日本だけが?」という問題提
起をした。これこそが慰安婦問題の「主要矛盾」である。

問題をその他の片言隻句にすり変えるべきではない。歴史認識において石
原氏がはるかに優るが、茲は、我が国における一大反撃のときと思い、国
家をあげて反撃に体制・仕組みをつくるべきだ。

この問題を、参議員選挙のためにと、姑息な収斂に回るべきではない。少
なくとも民間レベルでは、明確な言葉を持って彼らを応援すべきであろう。

もうひとつの主要矛盾がある。

それはいま騒がれている問題は、そもそも戦争あったればこその問題だ。
ならば、戦争全体の歴史を通観して語らねば複雑系は解らない。

前記のことを踏まえ、戦争関連でいえば、

  1、彼らは日本が呼びかけた、国家としての近代化を拒否した国である
こと。

 2.前項の関係でもあるが、我が国は中朝鮮と相計って、西欧帝国主義
に対峙しようと呼びかけたが、我が国の意図を理解しようともせず、それ
どころか
 彼らはこともあろうに、植民地帝国主義の外国勢力と手を結び、日本に
歯向かおうとしていた(有色民族の裏切り)。

蒋介石政権はアメリカを利用し(=日本との戦争を“アメリカにやらせる”)、
朝鮮は、何とシナとロシアに助けを求めた。

昭和18年6月、アメリカはデンヴァーの世論調査所の調査結果によれば、
意見の6割までもが、「日本人はいつまでたっても、常に戦争を始める国
民だ」と見ていると、こういうことが報道されている。比較的公正な意見
は1割程度。これも宋美齢らによる日本を悪者とみる対アメリカ人プロパ
ガンダが大きく影響しているのだろう。(当時の外務省も今と同じく、殆
ど何もしていなかかったのだろう)

朝鮮の態度は身の程知らず・・・語るにしのびない。同じアジア解放戦争
の共犯であるにも関わらず、白人に共犯者のレッテルをはられると、白人
側に寝返った裏切り者であるとは、安濃豊氏の言葉。

「西洋帝國主義国の植民地と違い、日本の朝鮮統治は、未開の地に慈愛を
もって当たるものであるといった西郷隆盛の理念が基底にある・・・我が
国の“アジア主義”は、西洋の帝國主義とは違う」(石部勝彦氏)の言葉
も真実であろう。

 <彼らは戦勝国ではない!>

両国は日本が戦った直接の相手国ではない。しかし彼らは、戦勝国(連合
国)気分で、様々な勝者特権を振りかざして今に至る。

それは偏った、狂ったとしか言いようのない 歴史的ルサンチマン のは
け口として、ひたすら日本を標的にしているのである。アメリカも、アメ
リカ人の無知をいいことに、これを利用している。

今後の日本の対応として総合すると、

  1.日本は壮大な歴史を語れ・・・歴史の、世界の「主要矛盾」にこそ
目を向けるべき。それにより、彼らのポイント攻撃(矮小攻撃)を撃破せ
よ。

(ポイントのみで対応すると、圧倒的な情報シャワーで相対化され、立場
が不利になることもある。今までがその歴史である)

   2.無いこと(軍の強制性)は「無い!」と明確に断言せよ!

 3.吉田清治の名前をもっと天下にさらすべき

 4.日本人特有の「些事対応に熱心」から脱却せよ。この姿勢は今と変
わらない。

「状況適応主義」 「対症療法」に通じる。・・・・「巨視」に目を向け
よ。

  5.中韓は、共にウソ情報を世界中にばら撒き、不安定な自らの国を支え
ようとしている。それが止まず、ますます増長を加えてきたのは、“ある
時期”からであることに注目すべきである。

そこに「政治性」があることを見抜くべきである。ところが、それを見抜
けない過去政権の「事なかれ主義」「後回し主義」が禍して彼らを増長さ
せた。彼らは“反撃しない日本の弱さ”を、そこに見たのである。

そして、彼らは日本をして「世界の特殊異端性狂国家」という印象操作を、
堂々と繰り返している。 堂々と!・・・・だある。


 6.橋本氏の意図をあまり矮小化しないほうがよい。

彼の歴史認識は貧弱だが、弁護士精神である秤の精神で「なぜ日本だけが
一方的に」を問題提起している。風俗発言は言葉の弾みだけのこと。

橋本氏は歴史認識が乏しいならば、事前に石原氏、平沼氏、西村氏らに教
えを請うてから発言すべきである。

こんなところで、地方議員としての国際性の乏しさを発揮することなかれ。

元慰安婦との会見も、また安直な反応を示して、動議を醸すのではないか
と、正直危惧する。
他にも言いたいこともありますが、皆様の言いたいことをまとめてみまし
た。 以上 



━━━━━━━━━━━
浸透目覚しい韓国ロビー
━━━━━━━━━━━


      前田 正晶

先週、アメリカから出張中の親しくしているビジネスマンと歓談した際に、
珍しく意見が合わないことがあった。この人物はオレゴン州に住んでいる。
鳩山元総理をワシントン・ポストが"loopy”と形容した際に「このことを
知っているかと」と問い合わせたところ、「ご存じのように私は西海岸に
住んでいるのです。ワシントン・ポストを読んでいませんから知りません」
と答えてくれたことがあった。

因みに、ワシントン・ポストは東海岸ホワイトハウスがあるワシントンDC
地区の新聞で、アメリカのAAM(Alliance of Audited Mediaで、元はアメ
リカABC)の発行部数でトップ3にも入っていないのである。

私は日米の景気回復の現状を話し合った後で、何気なく目下大きな話題と
なっているXX婦問題に触れて「これは一部の心なき日本人のでっち上げも
手伝っており虚構である。そこに韓国が付け入っているだけ。強制連行等
なかった」と解説した。

するとどうだろう。彼は極めて懐疑的な表情を見せて「それはどうだろう」
と言ったのである。彼の穏やかな反論を聞いていると、どうも韓国の韓国
系アメリカ人をも動員したロビーイングと悪意に満ちた宣伝活動が西海岸
にまで及んでいるようで、彼ほどの良識ある穏健な保守派までが、我が国
に非があるか如くに思わせられていたのだった。

これは由々しきことで放置しておけないと、できる限り穏やかに強制連行
などなかったし、その点はすでに明らかになっていると説明したしかし、
この懇談会は年に一度の彼の出張の機会を捉えての親しい間柄での夕食会
を兼ねていたものであり、お互いに論戦を控えてその辺りまでで話題を変
えた。

しかし、私は彼のような知識階級に属する大企業の管理職が、あのように
この一件を見ていたという事実に驚かされた。これは韓国の宣伝勝ちとい
うこともあるだろうが、我が国の対抗措置が不十分なのではないかと思わ
ざるを得なかった。

以前にも「嘘も百般繰り返せば本当のようになる」と言ったが、どうやら
本当だと思わせられている人がアメリカには本当にいるのだと痛感させら
れた。これは彼一人と語り合っただけのほんの一例に過ぎないが、アメリ
カでは我が国に謝罪を求める動きすらあるようで、この事態は寒心に堪え
ない。

そこで、私のより多くのアメリカの友人・知己や昔の同僚たちに尋ねてみ
ることを考えてはいるが、妙に弁解めいたことを言えば真実を隠そうとし
ていると採られかねないと危惧するので、表現を良く練り上げねばならな
いと熟慮している次第。



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎インド洋にもレアアース泥 東大発見、海洋に広く存在か

ハイテク製品に欠かせないレアアース(希土類)を高濃度に含む海底の泥
を、インド洋東部で東京大の加藤泰浩教授(地球資源学)らの研究チーム
が発見した。レアアース泥が太平洋以外で見つかったのは初めてで、世界
の海洋に広く存在する可能性が出てきた。

海底のレアアース泥は、同チームが日本の排他的経済水域(EEZ)内の
南鳥島沖などで発見し、資源化を目指している。海洋に普遍的に存在すれ
ば、レアアースの世界産出量の9割を占める中国の影響力が将来的に弱ま
る可能性がある。
 
新たに見つかったのはインドネシア・ジャカルタ西方沖約1千キロのオー
ストラリア領周辺海域。国際共同研究などで採取された掘削試料を分析し
たところ、水深5600 メートルの海底下75 〜120 メートルの場所に最高
1113 ppm、平均約700 ppmのレアアースを含む泥の層があることが
分かった。
 
太平洋と比べて深い場所にあり採掘は難しいが、濃度は東太平洋とほぼ同
等で中国の陸上鉱床の数倍。特に希少なジスプロシウムなどを豊富に含む
という。
 
レアアース泥は、地下深部のマントルが上昇する中央海嶺(かいれい)か
ら噴出する酸化鉄などが海水中のレアアースを吸着し、周辺に堆積して形
成される。今回の発見場所では、中央インド洋海嶺などの活動に伴い堆積
したとみられる。

加藤教授は「太平洋だけの特殊な泥ではないことが分かった意味は大きい。
他の海域で開発可能な鉱床が見つかる可能性がある」と話している。

産経新聞 5月19日(日)7時55分配信 



 ◎米国竜巻、威力は広島型原爆の8〜600倍超

【ニューヨーク=加藤賢治】AP通信は21日、オクラホマ州で20日に
発生した竜巻が放出したエネルギーについて、複数の気象学者の解析に基
づき、広島型原爆の8倍から600倍以上に達すると報じた。

米海洋大気局の研究員によると、この規模まで竜巻が発達するのは全体の
1%未満だが、毎年約10個は発生するという。(2013年5月22日11時41
分  読売新聞)〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎ すでにご存じでしょうが、念のためにご覧にいれます。

【中国の日本解放工作 最終目標は日本占領と天皇陛下の処刑】?中国共
産党「日本解放第二期工作要綱」全文 
http://www39.atwiki.jp/civil_defense/pages/75.html … 
http://twitpic.com/92ddwc 

坂元 誠 拝 sakamoto@e-mail.jp

 ◎本気か?クールジャパン政策


中村 伊知哉 | 慶應義塾大学 教授
2013年5月22日 7時39分

政府・知財本部では、今期政策の審議が大詰めを迎えている。私がコンテ
ンツ専門調査会の会長を務めるようになった4年前から、いわゆるクール
ジャパンは知財政策の柱となっている。

マンガ、アニメ、ゲームに代表される現代流行文化=ポップカルチャーを
核としつつ、ファッション、食、伝統工芸、観光など経済・文化全般にわ
たるソフトパワーを発揮する。特に海外市場を取り込むことがミッション
だ。
 
しかし、取組は十分ではなかった。海外から評価されているポジションを
日本は活かせていない。経済的にはコンテンツは成長産業どころか縮小傾
向にあり、アニメの制作現場の悲惨さは笑えないギャグネタだ。

政治的にも活用できていない。海外の若い世代にとって日本はソニーやト
ヨタよりもピカチュウやドラえもんだが、そのソフトパワーを外交に活か
せてはいない。
 
クールジャパンは10年前にダグラス・マッグレイ氏が記した論文「Japan’
s Gross National Cool」がキッカケであるし、ソフトパワーを提唱した
ジョゼフ・ナイ ハーバード大教授が日本はポップカルチャーの力を活か
すべきと提言するなど、この流れは日本が自己評価して進めたというより、
海外からの発見が先行したものだ。国内的には及び腰だった。
 
安倍政権が誕生し、この認識は改まったかに見える。知財本部とは別に
「クールジャパン推進会議」が編成され、ソフトパワーを活かす方策を考
えることになった。コンテンツが一つの政策ジャンルになって20年近くたっ
て、政府は一段と高いギアに入れることにした。
 
しかし、下手をすると、歌舞伎や華道や佐渡おけさを海外に紹介するとい
う懐かしい政策に陥りそう。事実、そうした雰囲気も漂っていた。政府も
より日本が強みを発揮できる政策を求め、更に「ポップカルチャー分科会」
を置いて海外への発信策を練ることにした。
 
私がその議長を務め、4月30日には「飛び出せ、日本ポップカルチャー。」
と題する提言をとりまとめた。キーワードは、「みんなで」「つながって」
「そだてる」。「参加」(短期)、「融合」(中期)、「育成」(長期)
の三策を講ずるというものだ。
 
インターネットで多言語発信し、内外でイベントを開き、交流できる場や
特区、さらには「聖地」を形作る。一流のクリエイターやプロデューサを
育てる。子どものポップな創造力と表現力を育み、誰もがアニメを作れて
作曲ができるようにする。といった施策を念頭に置いている。特に、「政
府主導ではなくて、みんな」で推進するという視点を強調した。
 
これを具体化し、成長戦略につなぐことができるか。政府の本気度が問わ
れている。 

難問である。クールジャパンやコンテンツを話題にすると、「そんなの国
のやることかよ!」という声が必ず飛び交う。マンガ、アニメ、ゲームの
海外人気が認知されたとはいえ、未だサブカル扱いなのだ。
 
そう、国のやることだ。これは特定産業の育成策ではない。コンテンツを
支援するのは、外部効果が大きいからだ。コンテンツ産業の売り上げを伸
ばすというより、コンテンツを触媒として、家電や食品や観光などを含む
産業全体、GDPを伸ばすことが狙い。むろん、ナイ教授のいうソフトパワー、
つまり文化の魅力で他国を引きつける政治学的な意味合いもある。
 
ただ、カネの使い方は要注意。コンテンツ政策への風当たりは、「予算」
に向けられる。間違った業界にカネが流れ、ダメやヤツを温存してしまう。
あるいは、かつての「アニメの殿堂」のように、コンテンツやヒトではな
くハコに回ってしまう、といった批判だ。
 
私も産業保護の補助金には反対だ。それよりも、支援措置として発動する
なら、アナウンス(旗振り)、規制緩和(電波開放や著作権特区)、減税。
それで民間の自主的行動にインセンティブを与えることではないかと考え
る。そして、ハコよりヒトだと考える。
 
だが、インフラ整備(デジタル環境)や人材育成(教育)にはカネをかけ
てよかろう。道路予算の1割を文化と教育に回せれば、状況はたちどころ
に変わる。地方高速道の車線を増やすより、知財の生産力を高める政策に
重点投資してもバチは当たるまい。
 
しかも、日本の文化予算は他国に比べかなり低い。文化予算/政府予算は、
日本が0.13%なのに対し、フランスや韓国は1%近くある。文化政策のプラ
イオリティーを全政策のどのくらいに位置づけるか、を考える機会であろ
う。
 
それは、予算にしろ規制緩和にしろ、どこにどう政策資源を配分するかの
「目利き」が国民から信頼されていないせいもあろう。コンテンツのよし
あしを政治家や官僚が判断できっこない、という指摘はごもっとも。審議
会のような権威の集まりも白眼視されがちだ。
 
私はかねてから日本に「文化省」を作るべきだと主張している。文化、知財、ITに関する政策の司令塔を創設して文化立国を明確にする。だが、ことポップカルチャーのような「みんな」が作り上げる文化の施策は、「みんな」が考えるのがいい。参加型の政策が欲しい。できるか。それを含めて、国としての本気度が問われている。
 
20年前、政府にコンテンツ政策を打ち立てようと企てた研究会の事務局を務めていた時、ある委員の発言が今も耳に残る。「こういう政策は、本気で100年やり続けるか、何もやらないか、どちらかだ。」私は、「そうだ、政府は本気で100年やり続けろ。」と言いたい。




━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)頂門の一針の常連である杉浦正章さんの文章には、常々とても政局
観に長けていると感じます。その一方で、その政治観には度々首をかしげ
てしまいます。

野田政権時代、野田元総理を評価していたあたりから、なんだかおかしい
と思っておりました。民主党政権自体、とても評価するに値しないと思い
ますが、どこがまともな総理だったのかさっぱり理解できませんでした。

また、石原慎太郎氏には感情的ともいえる『暴走老人』だの『極右』など
というレッテル貼りばかりです。主義主張が異なるのは分かりますが、そ
れならばもう少しまともな政治観をもってほしいと思います。

とりわけ2,954号の下記の部分には驚きました。

<BBCと読売が世界22か国で実施した好感度調査で日本は58%の支持を得て
‘世界に良い影響を与えている国家’1位だ。中国は5位。韓国などどこにある
か分からない。平和憲法が貢献していることは間違いない。「孤立
と侮蔑」は石原本人が対象なのであって、日本ではない。>

平和憲法が世界に良い影響を与えるのに貢献していると本気で思っている
のでしょうか。どこかの左翼の主張と変わりありません。よく日本国憲法
を上記のように、『平和憲法』などと誇らしげに語る人を見かけます。お
隣韓国の憲法第5条にも『大韓民国は国際平和の維持に努力し、侵略戦争
を否認する。』と謳われておりますが、これは平和憲法にならないのでし
ょうか。そんな韓国は半世紀以上戦争状態にあります。

平和憲法があるから世界に良い影響を与えられるなどと誇らしげに云って
いるのは杉浦さんみたいな日本人だけです。それこそ孤立と侮蔑の対象と
なりかねません。

ちなみに、一般の韓国人で日本の憲法第9条の存在を知っている人は皆無
です。それは日本人が韓国の憲法第5条や他の国の憲法のことを知ってい
る人がほとんどいないのと同じです。世界のどこの国の人も他国の憲法を
知っている人はほとんどいないのではないでしょうか。

安易に平和憲法が世界に良い影響を及ぼしているなどと思い上がらないほ
うがいいと思います。

以上のように、せっかくの鋭い政局観が、読み進めていくうちに、台無し
になることが度々見かけられるのが残念です。(室 佳之)


 
 2) ここに外務大臣園田直が居ないのは「ウィキペディア」の穴であり、信頼
> 度を甚だ傷つけるものだ。

ウィキペディアの「特別攻撃隊」の「元特攻隊員の著名人」の項目は以下
のように記述されていて、園田直さん正しく記述されていますよ。鶴田浩
二は削除されています。

元特攻隊員の著名人

吾妻兼治郎(イタリア在住の彫刻家、作品がヴァチカン美術館の東洋人初
のコレクションになる。)
井出定治(牧師)
内村健一(天下一家の会会長)
蔦文也(元池田高校野球部監督)
黒尾重明(元東急フライヤーズ投手)
佐野浅夫(俳優・3代目水戸黄門)
島尾敏雄(作家)
千玄室
園田直(元内閣官房長官・外務大臣・厚生大臣)
田中六助(元衆議院議員)
蓼沼謙一(元一橋大学学長・元日本労働法学会代表理事)
田英夫(元参議院議員)
西村晃(俳優・2代目水戸黄門)
菅佐原英一(俳優)

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/特別攻撃隊

どうもウィキペディアの信ぴょう性を勘違いされているようですが、おか
しいと思ったらご自身で修正できますよ。私の想像では、頂門の一針を読
まれたどなたかが修正されたのだと思います。(荒木純夫)

主宰者より:お調べのうえのご指摘、まことにありがとうございました。



 3)パナソニックも「レッツノート」の名称のパソコンを製造販売して
いる。私は、殆ど、このシリーズのお世話になってきた。全てハードディ
スクドライブ(HHD)搭載製品だが、ソリッドステートドライブ(SSD)に
置き換え(この作業を「換装」と呼ぶらしい)ようと、手持ち製品の内、
一番新しい機種から順次、換装をしてきた。Y7、W4、Y2の3機種だ。
あとR1の一機種を残すのみとなった。

とても快適な使い勝手となった。処理スピードは向上し、データの記憶要
領も、倍増した。いいことづくめだ。

携帯電話の不具合は、「修理なしで、取り替え」が当たり前で常識だとか。
安かろう悪かろうの国々が作る製品だけに、この欧米流製品製作術が浸透
していったのだろう。とても、日本では出来ない芸当だったが、教育の荒
廃とモノ作りが空洞化してしまった現在、異国を笑ってもおれないのが現
状だ。

そのなかにあって、携帯電話の修理店が増えていると聞いた。頑張って欲し
いものだ。町内のあちこちに、ちょうど昔の時計屋さんのようにガラス越
しに修理風景を子供達も見ることが出来れば、モノ作りが復活できて理科
系への興味も湧いてくるかもしれない。だいいちモノを大切にする心も醸
成できるかもしれない。いいことづくめだ。(酒井 富雄)   



 4)旧宮家には「元皇族」と「元皇族男系子孫」がいます。1947年10月
14日の皇籍離脱前に皇族として生まれた方が「元皇族」、皇籍離脱後に生
まれた方が「元皇族男系子孫」です。「元皇族男系子孫の男子とその家族」
の宮家を復活・創設すべきです。

復活する宮家が賀陽宮家、久邇宮家、朝香宮家、東久邇宮家、竹田宮家で
す。長子以外の方には「〇〇王家」を創設していただきます。三笠宮殿下
の長子の宮家が「寛仁親王家」であるようにです。

旧宮家の方々は全員が天皇陛下の8親等以内です。皇族男子が減っていく
皇室に何より必要なのは、親戚づきあいをしている旧宮家の方々が皇族に
なって皇室活動を支えてくれることです。(まこと)



 5)引用:♪ 朝鮮の態度は身の程知らず・・・語るにしのびない。同
じアジ
ア解放戦争の共犯であるにも関わらず、白人に共犯者のレッテルをはられ
ると、白人側に寝返った裏切り者であるとは、安濃豊氏の言葉。「西洋帝
國主義国の植民地と違い、日本の朝鮮統治は、未開の地に慈愛をもって当
たるものであるといった西郷隆盛の理念が基底にある・・・我が国の“ア
ジア主義”は、西洋の帝國主義とは違う」(石部勝彦氏)の言葉も真実で
あろう。 引用終わり♪

感想:日本の朝鮮併合の目的は、ロシアの南下を防ぐための正当な自衛用
の植民地です。大体本国の危険をかけて超大国と経済植民地を争う国はあ
りません。日本の朝鮮統治は善政ですが、それが目的ではありません。第
三次元寇の予防です。勘違いしている主張が多いと思います。(東海子)



 6)橋下発言の影響を考えると:前田 正晶

私は最早この橋下大阪市長の発言と一連の弁明について論評する気はない。
だが、不思議で仕方がないのが、戦時中のあの頃に戦場で何が起こってい
たか知る由もない年齢層の方々が大勢現れて色々と論じておられることで
ある。

あの奇妙なことを引き起こしたのは吉田某であり朝日新聞であるとあれほ
ど明快に指摘されているのにその元を絶つ動きがなく、韓国だのアメリカ
の報道官が言ったことを採り上げてはさも大事件を引き起こした大阪市長
の大罪の如くになっている点だ。

此処で英語というものは厄介なものだとつくづく思わせてくれたことを採
り上げてみよう。20日の昼頃のTBSで杉尾という解説員が「アメリカの報
道官が“outrageous”であり“offensive”だと言った」と騒いで見せた。

彼は後者が「攻撃的」という意味で非常に厳しい批判なのだと解釈して見
せた。私は「なるほど、そう採って騒ぐのか」と勉強になった。

私は最初にあの報道官が橋下発言を批判した場面が流されてあの二つの言
葉を使っているのを聞いて、それほど厳しく真っ向から批判したとは解釈
してはいなかった。だが、ある程度は怒っているなとは理解していた。

即ち、二つ単語には確かに厳しい意味があるが、日常的に使われることが
あるので、「アメリカも非常に怒っているような大変な事態だ」とは思わ
なかったのである。

例えば、“outrageous”を仲間内というか仕事の話の中では「彼奴はそん
な乱暴なことを言ったのか」などと言いたい場合に“outrageous”が出て
くることはあると思う。

ジーニアスに最初に出てくる「著しく常軌を逸した、突飛な、あきれるほ
どの、無礼な、恥知らずの」という意味はあるのは確かだが、軽い意味で
も使うのである。“That’s outrageous.”=「それは乱暴だな」のよう
に。

“offensive”にしたところで、ジーニアスには「いやな、不快な[to]、
苛々させられる」と先ず出てくるように普通にそういう意味で使っている
ので、杉尾が考えたような「攻撃」=offenseの形容詞形で使ったのでは
ないと思っていた。「不快」なのは確かだろうが。

大体からして“offense”には[法律上の]罪(crime)という意味があって
「犯罪行為」を“criminal offense”と表すのだが、あの報道官の発言に
はそこまでのニュアンスはないのではないのだろうと考えた。

長々と述べたが、私の第一印象は「英語の解釈は案外面倒な物だ」という
ことだった。だが、あの報道官の発言はそれほど深刻な批判か非難ではな
かったと考えたにも拘わらず、マスコミ側では文字通りに厳しい方に解釈
したのだろうかと認識している。

どちらの解釈が正しいのかは解らない。だが、公式の席で報道官が使った
以上、悪い意味に解釈すべきだったのかも知れない。

しかし、何れにせよ、橋下大阪市長は発言のタイミングと場所が不適切で
あったのは間違いあるまい。最早その内容が適切であったか否かの段階は
終わって、如何に収束させるかを石原代表とともに真剣且つ深刻に考えね
ばならないところに追い込まれてしまったのではないか。


 7)私も杉浦正章さまの2954号の

「BBCと読売が世界22か国で実施した好感度調査で日本は58%の支持を得て
‘世界に良い影響を与えている国家’1位だ。中国は5位。韓国などどこ
にあるか分からない。平和憲法が貢献していることは間違いない。「孤立
と侮蔑」は石原本人が対象なのであって、日本ではない。」

にはびっくりしました。室様のご意見に全面的に同意です。

日本以外の国(私はドイツ在住)では9条の存在を知っている人は皆無で
す。日本人(特にいわゆる左翼と朝日新聞愛読者)が日本の平和は9条が
守っている、と本気で信じているのにはあきれます。

4月半ばから1ヶ月日本に滞在しました。日本は本当にいい国です。好か
れる国No.1になるのも無理ないです。食べ物は美味しいし、人情が暖か
い。何よりも人々が笑顔で働いているのが印象的でした。

何を聞いてもみんな笑顔で自分の仕事を一時中断して教えてくれます。靖
国神社から千鳥が淵、桜田門、東京駅まで歩きました。桜はあいにく終わ
っていましたが、なんて美しい国だろうと思いました。

ついでに言いますが、左翼、朝日、と韓国人が常々言っている

「ドイツ人は謝ったが、日本人は「戦争犯罪」を謝っていない、という主
張は誤解です。ドイツ人は謝っていません。いつも「ナチスがドイツ国民
の名において行った犯罪」と言って逃げているだけです。あたかもドイツ
人はナチスとは関係ないごとく。。。

ナチス政権は80〜90%のドイツ人の熱狂で成立した政権です。

日本人はユダヤ人を迫害したことはありません。でもドイツ人にとって日
本人も同じ犯罪を犯した、と思うほうが都合がいいので、執拗に朝鮮、中
国寄りの見方をし、メディアで「反日」をたれながしております。それに
対して日本大使館も日本人も過去には反論しなかったようです。

安倍政権になって「何も言わないおとなしい羊」の日本人が変化したのは
いいことです。先の韓国大統領の「歴史云々」はそっくりそのまま韓国に
返したいです。

民主党政権の中韓にペコペコの姿勢は見ていて恥ずかしいです。「国家の
品格」がありません。

「反日」なのはアジアでこの2カ国だけです。中韓は日本が謝ろうが何を
言っても「反日」で難癖をつけるのですから、もうほおっておいたらいい
と思います。(茶々)



 8)橋下発言について、昨夜 真面目に考えてみました。今は内輪で、
些細なことで議論、言い争いをしているときではありません。

本質的な問題提起を行い、橋下氏他関係者に我々の声を正しく届ける時で
す。

細部に囚われることなく「主要矛盾」を抉り出し、国内外に堂々と発信す
べきことです。 

橋下氏が目下の注目される当事者なら、本人とその周辺関係者に理解して
もらわなければなりません。

大阪の皆様、このメッセージをすぐ橋下市長に、できれば直接届けてくだ
さい。単にファックスのみでなくて、市庁舎に体を運んで

届けてください。重複してもいいです。ご協力いただいた方は御一報くだ
さると有り難いです。
相手の受け取り方も違いますのです。

今や能書きをネットで言っているときではありません。彼等が国内外のマ
スコミ、その他関係者と直接コンタクトするのですから、我々の
レベルで声を伝えなければなりません。

橋下氏にしても、彼なりのレベル、彼の知識の範囲でしか対応できないのです。



平成25年5月20日
橋下市長 殿

貴台のご奮闘、お疲れ様です。日頃は頼もしく思いながら応援しております。

早速ですが、慰安婦発言に関して御意見を差し上げます。これは批判では
ありません。 



1.橋下発言についてどう思うか?

市長が訴えておられる一番大事な主要矛盾は「なぜいつまでも“日本だけ
が”この問題で標的にされるのか?」だと思います。
その他のことは無視してよいと思います。

本当は、このことは、橋下市長が言うことではないのです(2項参照)。

三島由紀夫氏の自決は、単なる文学死ではなく、民族の尊厳を把持せんと
する体を張っての表現でもありました。即ち自主憲法制定、憲法改正を断
行する勇気もなく、自衛隊体験入隊に及んでも大和魂の欠如を見るなど、
民族の将来を危ぶみ、子や孫に申し訳ないという潜在的な想いが在ったも
のとみます。

橋下市長の本当の想いまでは存じませんが、「なぜ日本だけが?」という
想いのなかには、三島氏の感じた“歯がゆさ”と、そこに至る過去の、民
族の尊厳維持に無関心だった為政者に対する反目・軽蔑の気持ちもあった
のではないでしょうか。

2.なぜ、情けない日本に?

・こういうことは本来ならば、学者の責任です。体を張ってウソを暴き、
外国を説き伏せる努力をして、韓国によるウイルスの如き 汚染情報の垂
れ流しを防ぐべきでした(もちろん秦教授のような、日本の汚名を晴らそ
うと努力された危篤な学者もおりました。 そういう学者には感謝あるの
みです)。

・加えて、汚染情報を知りながら、何の行動も起こそうとしない政治家が
たむろしていた事実にも触れないわけには行きません。 (今回の橋下市
長は、そういう単なる生活議員と違い、勇気をもって問題提起した稀な政
治家であると、高く評価します)

・さらに言葉を加えると、それは「パンのみ」にしか興味を示さない日本
特有の「経済主義」があったことです。それは今でもまだ 続いています。
経済主義とは“痩せたソクラテス”とは逆の“太った豚”の世界です。 

その姿は決して世界の「尊敬の対象」にはなりません。よく外国人相手の
アンケートで「日本人評価」が一番、二番とかいって 満足する日本人が
おりますが、それは、経済的世界貢献、平和希求国家、優しさ、親切さ、
清潔、アニメ文化・・の類の評価であって<本当の、文明次元における正
当で正真正銘の日本評価ではありません>。 


・橋下氏に反目する議員たちは、国家の尊厳よりは、派閥次元の争いに汲
々としているようです。彼らは村八分の世界に生きており、本当の自己も
なく絶えず集団でしか行動できません。こういう単細胞(シーラカンス)
人間は、これからの時代、生き延びれない。

・このメリハリのない対応は、常に too late となって、時間が経って
から慌てること(現状が証明)。その間に、大きく国益が 損なわれ、さ
らには優れた民族的特質までもが、性狂民族として蔑まれるという結果を
引き起こす。それでもまだ、憤らない日本人が多いということは、既にし
て、日本人は外国勢力の「精神的奴隷」と化していることであります。

それはまさに三島由紀夫 氏が予言したところの「のっぺりとした(何の
反応も示さない)」日本の情けない姿でもあります。そこには志もない、
まして愛国心 とは無縁の精神です。ただ生きていて、楽しい生活ができ
ればよいという、腑抜けの精神です。

・民主党、共産党などに至っては話にもなリませんが、みんなの党・渡辺
党首にしても、民族の尊厳問題が理解できないということは、党首の器で
ないことを意味します。人材が払底しているいい例です。この政党も早晩
潰れてなくなるでしょう。

3.どうすれば、正当評価の日本に?

・あらぬ国家侮辱に対しては、毅然と対峙する文明的決意の姿勢を見せる
こと。

4.私から見える、関係国ならびにマスコミの反応

・主要矛盾を“敢えて隠し”、従属矛盾にばかりを突く戦略戦術をとって
いること。

・日本国(占領)憲法の制定思想と同じく、「日本をのみ、世界でも特殊
で異常な性狂国家」という世界的規模の「印象操作」を
 公然と行っていること。

・中韓両国はもちろんのこと、アメリカを筆頭に、戦後の国際利権を把持
しようという意味での国際連携のスキームが見えること。

・特に日本のマスコミは、この図式が見えないか、あるいは外国の対日工
作の徒と化していること。

5.橋下市長に強く望むこと

?このヒートした問題で、いま引き下がらないでいただきたい。子や孫へ
のツケ(慰安婦問題のみならず、南京問題、巨大財政赤字、官僚支配の打
破など)を清算する勇気ある提言をして行くのが、日本維新の会であると
いうことを、自信をもって進めていただきたい。

*アメリカで「安倍首相大宰相!」の評価が出始めたとあります。それは
尖閣問題も含めて堂々と対峙しようという姿勢への評価でしょう。世界は、
そういうことをジッと見ているのです。橋下市長に対しても同じです。

?この問題は、そもそも学者不在、歴代政権、政治家による 「対症療法
政治」「先送り政治」の積み重ねで起きたものであること。
そこには、官僚、マスコミの責任も厳然として在る、ということを、声を
大にして言っていただきたい。

*橋下市長は、?、?をうまく活用して、孤立しないようにしていただき
たい。自分は過去の“不作為”による“火の粉”を吹き払おうとしている
のです! 私なりの大和魂の発露です!と、堂々と言えばよいと思います。

?歴代政権の延長というものの、安倍自民党政権はまだ強い意識と、勇気
を示すところもあるので、うまく連携して、日本の建て直しにご努力いた
だきたい。

?いま、つまらない未熟な舌禍を起こしては、今までの努力が泡になる。
歴史的知恵は、石原氏、平沼氏らの知恵も借りながら、うまく党運営を進
めていただきたい。そのうえで来る参議員選挙後は、民党とも連携して、
憲法問題などを処理していただきたい。怪しげな政党を斬るとも、念頭に
置かれて・・・

?最後に、いつも国内のみならず、“世界”という視点も見据えていただ
き、発信いただきたいこと。

*中韓に対しても、いつまでも自己中心のプロパガンダばかりやり続けて
いると、世界から孤立して、面目を失い、「想定外」の結果を引き起こし
ますよ(そのときは、もう遅い。国家の信頼を取り戻すことができない)
・・・・という文明次元のわかりやすい言葉で、うながしてください。繰
返しでいいです。

?韓国元慰安婦との会見
慎重に、言質を取られないように・・・・くれぐれも慎重に、余計なこと
は言わずに、長い歴史という観点から・・・(韓国マスコミ、朝日新聞他
に利用されないように・・・)

?今回のことと直接、間接の関わりがありますが我が国の歩みは大きな意
味で、西欧列強の餌食にならないようシナ・朝鮮と日本とが一緒になって
近代化に努力しましょう・・・・ということに尽きるものであった。

それを頑なに拒み、自ら 中華、小中華思想を振りかざし自ら too late
 の状況をつくり出したのが、シナ朝鮮ではなかったか・・・その意味で
日本は孤立し、挙句の果ては、あろうことか両国が植民地帝国主義国に助
けを求めた結果、不幸な事態が起こった。

様々な問題も、その延長のなかで起こっている。日本はひらすら自己努力
で近代化、再建に努めてきた近代150年の歩みであった。

その間の、西洋白人諸国の人種差別は徹底したもので、現実的にはそれも
資本主義発展の一過程といって済まされない「悪魔のような人種差別」と
闘ってきたのも日本である。

その日本に対して、近代化への苦労も理解しようとせず、韓国側の歴史捏
造と日本民族に対する尊厳のなさは赦せない。

あなたたちは李氏朝鮮時代の暗澹とした原始社会をご存知か? 今韓国が
世界中に売春婦を輸出していることをどう思うか?それらを糊塗しようと
いうのが韓国に狙いではないか! そのうち天罰を喰らうと思わないか!?

「軍隊の強制」はなかったのでよ!

韓国の経済的奇跡は、日本を無視して、在り得なかった。はっきり言いま
しょう。日本は最大最高の「恩人」と思いませんか?・・・・と。

こういうことをしっかり頭に入れて、ときには小出しでもいいので、反応
を試してみてください。

特にインテリ層に対しては、彼らの 肺腑をつくようなキーワードを出し
てみてください。何も言えなくなります。


以上、よろしくお願い申し上げます。

 東京都国分寺市  濱田 實拝



 9)小判鮫のように商売で軍隊に付き従った売春婦がいつの間にか「従
軍慰安婦」になり、それが遂に政治謀略宣伝で「性奴隷」になるに及んで
黙って居られず一言挟んだのが橋下発言であり西村発言でなかったのか。

どちらも不用意な発言部分はあるが、本旨は正直で当たり前の内容でない
のか。

ところが、みんなの党の渡辺代表は、維新の会との参院選での選挙協力の
解消を表明し、維新の会自体も西村発言に本人の弁明を聞かずに除名した。
自民党や公明党はそ知らぬ顔である。

みんなの党といい、維新の会といい、そしてそ知らぬ顔の自民党と公明党
といい、本論の「従軍慰安婦」、[性奴隷」の誇張粉飾宣伝の謀略問題に
ついてきちんとした態度を示さないで逃げ腰で「臭いものに蓋」的な対応
をしていることは、政治謀略宣伝の本拠に変な自信を持たせて喜ばすだけ
の政治的には低脳に属す行動である。非難されているが実は橋下徹氏や西
村眞吾氏がよほど立派である。(品川 阿生居士)



  10)人名表記は何時か何処かで統一する方が良くはないか:前田正晶

全日本男子バレーボール監督に日系人のゲーリー・サトウ氏が就任した。
私には最早、このような人名のカタカナ表記を批判する気力は十分は余り
残ってはいない。これは恐らくアルファベット表記では Gary Satoさん 
のことだと思う。

そこで先ず私の失敗談。1980年代にサン・フランシスコの営業所長の
自宅を訪問した時のことだった。双子の男の子の1人の Gary が見当たら
なかったので、不覚にもそういう発音だと信じ切っていた「ゲーリーはい
ないのか」と居合わせた親戚の人に尋ねた。すると「この家にはゲーリー
という名前の者はいないが」と切り返されてしまった。

しまったと思って Gary  を色々な(そんなに沢山ある訳はないが)読み
方で言い直していると「ゲアリー」がヒットして「今日は大学の寮にいる」
という返事が返ってきた。そこで、漸く「ゲーリー」という発音でないと
解った。これは恐らく「ゲーリー・クーパー」=Gary Cooper から来たも
のであろうが、私も何ら注意することなくゲーリーと言ってしまった。

しかし、Wikipediaで Gary Cooper を検索すると「ゲイリー・クーパー」
となっていた。余談だが、「ゲーテとは俺のことかとギョエテ言い」とい
う川柳?があったような記憶があるが。さらに Gary Satoさん は「ゲー
リー・サトウ」となっている。

面白いことに、似たようなスペルの女性の名前(下の名前ではない、念の
ため)Mary  は「メリー」と表記されることが多いが、「メアリー」もか
なり多く見られるのだ。だが、「ゲアリー」には余り出会ったことはない。
何故だろう。Sarah も「サラ」が一般的だが、時たま「セーラ」もある。
実態は後者が近いようだ。

私は批判する気は失せたと言ったが、人名である以上、失礼にならないよ
うに何時か何処かで統一する方が良いのではないかと提案したいのだが。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

 
PCが言うことを聞かない。腹が立つから編集が進まない。
原因がつきとめられない。PCを新しくしたからか、転居にともなう回線の
接続状態の問題惹起なのか。血圧の上がることで、健康によくない。

そういう場合は休刊しますから、あしからずお許し下さい。

読者:5192人

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/05/23

    マスコミやってると、様々な裏情報に接するが、日本が半ば在日に乗っ取られているのは間違いないよ。 

    犯罪界、宗教界、政界、芸能界(笑)と至るところ在日が主導権を握っている。 

    在日が裏で操っている創価学会=公明党だけには、絶対に投票したり献金したりすべきではないね。 

    でも、政治家の秘書として統一教会信者が百人以上も入り込み、 

    さらに朝鮮総連からも賄賂がいってるんで、政治家がこの問題で動くこともないだろう。 

  • 名無しさん2013/05/22

    東海子はこれを読め↓

  • 名無しさん2013/05/22

    ▼「カルマの法則」とは?





    皆さん「カルマの法則」ってご存知ですか?



    別の言葉で「原因と結果の法則」ともいえるでしょう。



    昔の日本人は「因果応報」なんて言葉を使っていました。





    たとえば、平社員のAさんは、B課長が嫌いで、悪口ばかりいって

    ました。(原因)



    08年、リーマンショックの影響で、会社の経営が苦しくなった。



    B課長に、「リストラ命令」が下されます。



    B課長がまっさきにリストラしたのは、当然Aさんでした。(結果)





    これは、原因と結果が、一直線につながっていてわかりますね。



    しかし、「カルマの法則」は、こういう直線を描かず、回りまわって報

    いを受けることがあるというのです。





    そんなことあるんかいな。



    私もわかりません。



    しかし、モスクワ在住日本人を恐怖させた一つの事件をとりあげま

    しょう。





    ▼恐怖のカルマの法則???





    ロシア人のAさん(女性)は、某日本企業に勤務していました。



    性格がよく仕事もできるため、日本人の上司から頼りにされてい

    たのです。



    Aさんには、幼馴染のBさん(女性)という友達がいました。



    Bさんが仕事を探していたため、Aさんは彼女を上司に勧め、やと

    ってもらいました。





    昔ながらの親友と同じ職場で働けるって、いいものでしょうね。



    ランチを一緒に食べたり、一緒に帰ったり。



    仕事の後飲みにいったり。





    さて、Aさんは結婚していました。



    Bさんは結婚していなくて、彼氏もいませんでした。



    二人は大の仲良しだったので、土日はAさん、Aさんのダンナ、B

    さんで過ごすことが多くなっていきます。



    モスクワのロシア人は週末に郊外のダーチャ(別荘)に行きます

    から、その時Bさんもついてくる。



    Aさんは幸せでした。



    仕事にいけば、親友がいて楽しい。



    かえってくれば、いいダンナがいて幸せ。





    ところが、その幸せは一瞬にして崩壊してしまいます。



    なんと、ダンナと一番の親友Bさんが不倫関係になった。



    しかも、Bさんは、ダンナさんの子を妊娠したのです。



    Aさんのダンナさんは、Bさんのところに引っ越しました。





    Aさん、人生の中で(両親以外に)「二人大切な人をあげろ」といわ

    れれば、「1番ダンナ」「2番Bさん」と答えたでしょう。



    その二人に裏切られたのです。



    Aさんの衝撃はあまりに大きく、仕事をやめることにしました。





    しかし・・・。



    ホントに不幸になったのは、Aさんの元ダンナとBさんだったので

    す。





    Bさん妊娠9ヶ月。



    おなかの大きな彼女は、バス停でバスが来るのを待っていまし

    た。



    モスクワのバス停は歩道にあり、車道より1段高いのです。



    だから、普通安全。





    しかし、バス停にトラックが突っ込んできて、彼女は即死しまし

    た。



    その場にはたくさんバスを待つ人がいたのに、亡くなったのは

    Bさんだけだったのです。



    あたかも彼女を狙ってトラックが突っ込んできたかのように・・・。



    もちろん、おなかの赤ちゃんも亡くなりました。





    Aさん、ダンナさん、Bさんの裏事情を知っていた日本人、ロシ

    ア人たちは、「これはカルマか!?」と戦慄したのでした。



    私にはよくわかりませんが。



  • まことちゃん2013/05/22



    「PCが言うことを聞かない。」との事。

    具体的な事を書いていただければ、的確なアドバイスができると思います。

    まことちゃん宛で書いてくださいね。





  • ACB2013/05/22

    一日一歩三日で三歩 三歩歩いて二歩下がる

    人生はワンツーパンチ 汗かきべそかき歩こうよ

    あなたの付けた足跡にゃ きれいな花が咲くでしょう