政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針2961号  2013・5・20(月)

2013/05/20

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 2961号
□■■□──────────────────────────□■■□



        2013(平成25)年5月20 日(月)

 

                              日本維新の会の支持が急落:古澤 襄

                     安倍は“橋下三百代言”と一線を画せ杉浦正章

                         安倍首相は『大宰相』の可能性:宮崎正弘

                                            反撃の時はいま:濱田  實

                                             女のおしゃべり:平井修一

                      話 の 福 袋
                    反     響
                    身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第2959 号
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━
日本維新の会の支持が急落
━━━━━━━━━━━━


      古澤 襄
 
各紙が世論調査を実施したが、いずれも日本維新の会の支持が急落、橋下
徹共同代表(大阪市長)の慰安婦発言で党勢の失速を示す結果が浮き彫り
となった。
 
維新離れした層の行方だが、支持政党の内訳でみると自民党やみんなの党
には流れておらず、支持政党なしの無党派層が増えている。
 
<毎日新聞は18、19両日、全国世論調査を実施した。旧日本軍の従軍慰安
婦制度が「必要だった」とした日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)
の発言について71%が「妥当でない」と回答し、「妥当だ」の21%を
大きく上回った。

維新の政党支持率は前回調査(4月20、21日)の7%から4%に急落。
参院選比例代表で維新に投票するとの回答も前回の11%から5%に半減
し、橋下氏の発言による党勢の失速を示す結果となった。
 
橋下氏の発言の評価を男女別で見ると、男性の70%、女性の72%が
「妥当でない」と回答し、性別に関係なく反発が強かった。
 
 ◇安倍内閣支持、横ばい66%
 
安倍内閣の支持率は前回から横ばいの66%。歴史認識問題では安倍晋三
首相や自民党の高市早苗政調会長の発言が野党などから批判されたが、自
民党の政党支持率も38%(前回39%)とほぼ変わらなかった。
 
維新の支持率は昨年12月の衆院選直後の世論調査で民主党を上回って以降、
自民党に次ぐ2位の座を守ってきたが、半年ぶりに陥落した。男女別では
男性6%(前回10%)、女性2%(前回5%)となり、女性の維新離れ
が特に激しい。ただ、他党の支持率も民主5%、みんな4%、公明4%、
共産2%と横ばいで、支持政党なしの無党派層が4ポイント増の36%と
なった。
 
参院選比例代表の投票先でも、質問を始めた2月から3カ月続けて維新が
2位だったが、今回は民主、みんな両党の6%を下回る4位に後退した。
自民党は前回比3ポイント減の41%だった。
 
参院選後は憲法改正での自民党と維新の協力が取りざたされる。世論調査
では、改憲へ向けて両党が連立政権を組むことへの賛否も質問。反対が過
半数の58%で、賛成は32%にとどまった。安倍内閣の支持層でも53
%が反対と回答した。(毎日)>
 
2013.05.20 Monday name : kajikablog



━━━━━━━━━━━━━━━━
安倍は“橋下三百代言”と一線を画せ
━━━━━━━━━━━━━━━━


           杉浦 正章 

沈黙すれば世界は「同根」と見る
 
三百代言という言葉がある。詭弁(きべん)を弄(ろう)する弁護士の別
称である。明治前期に資格がないまま訴訟や裁判の弁護を引き受けた者を
称したのが始まりで、その基本は訴訟で勝てば良いのだ。

勝つためにはあらゆる弁舌を駆使してしゃべりまくる。しゃべりまくるこ
とによりサギをカラスと言いくるめるのが手法だ。その本質をそのまま露
呈しているのが維新共同代表・橋下徹だ。

その品性の下劣さは筆舌に尽くしがたい。なぜなら自ら最初の発言を、日
がたつにつれて巧妙に歪曲化し、あらぬ方向への論議の誘導をこころみて
いるからだ。三百代言に素人はだまされるが、本物の政治家の目はごまか
せない。

自民党幹事長・石破茂は「国政に影響力を持つ党の党首であり、大阪の首
長だ。自分がどういう立場でいるのか、それを聞いた人がどう思うのか。
公人として十二分な配慮が必要だ」と見切っている。

橋下は、筆者が最初に指摘した「米軍の風俗活用特例発言の違法性」だけ
は言い逃れられないと思ったか、「国際感覚がなかった」と言い訳した。
橋下の言わんとするところは「風俗」が英語では売春業に翻訳されること
を知らなかったというが、これがまず第一の詭弁(きべん)だ。

国際感覚の問題ではない。発言の流れが一番重要なのだ。普天間基地の司
令官に米兵の性犯罪をなくす方策を語り「もっと風俗業を活用してほしい」
と発言すれば、後講釈のいかんを問わずに「買春」の勧めだ。いみじくも
“遣り手婆(ばばあ)”と筆者が表現したとおりだ。

花街の遊郭で「旦那、いい娼(こ)がいますよ」と耳元でささやいたあれ
だ。したがって司令官が買春をそそのかされたと思うのは当然だが、口に
するのも汚らわしいと思ったか、橋下が発言するまでは表に出なかった。

自らの発言ですべてを暴露しておいて、あとから言い訳をする。しかも
「合法的風俗と言った」と主張するが、インチキの“後付け”であること
は見え透いている。

あの脈絡は「海兵隊の性的な欲求不満を買春させて解消させよ」というも
のに他ならないのだ。三流裁判官でも「有罪」判決を下す。
 
第二の詭弁(きべん)は「猛者集団にやっぱりどこかで、そういうことを
させてあげようと思ったら慰安婦制度っていうものは必要」と言う下りを、
あらぬ方向に置き換えようとしていることだ。

あらぬ方向とは「世界各国、そして米国も同じだ。日本だけが性奴隷を活
用した特殊な国と非難するのは違う」という発言だ。これは慰安婦制度の
容認という女性の人権を蹂躙した発言を、「他の国も同じではないか」と
置き換えることにより、視点をそらそうとしていることに他ならない。

視点をそらせて、低俗なるナショナリズムを刺激して、自らの同情を買お
うとする“根性”が見え見えで、浅ましい限りである。 

最後の詭弁(きべん)は19日共同代表・石原慎太郎に「発言の趣旨が曲解
して伝わり、党に迷惑をかけて申し訳なかった」とマスコミのせいにして
いることだ。筆者はテレビの発言と新聞の発言をつぶさに比較したが、こ
んどばかりはこじつけ記事は見当たらなかった。

発言はこじつけるまでもなく、そのままナマで報じただけでインパクトが
あるものであったからだ。「曲解」し続けているのは本人であり、マスコ
ミではない。これまで散々マスコミを利用して、都合が悪くなるとマスコ
ミのせいにする。三流政治屋そっくりだ。

こうした事が指摘できるにもかかわらず維新は18日、大阪市内で橋下や
幹事長・松井一郎、政調会長・片山虎之助ら幹部が「橋下氏の発言の撤回
には応じられない」との点で一致した。橋下は19日「選挙に不利になると
いうなら維新の皆で僕を引きずり降ろせばいい。僕から辞めることはない」
と開き直っている。

石原も「参院選に出よ」と国政への転身まで進めている。これはまさに三
百代言ペースが維新内部でまだ続いている事を物語るものである。維新の
自浄努力が全く発揮されない事を意味しており、参院選に向けて致命傷に
なる誤判断である。
 
問題は発言が国際問題に拡大しており、これに対する政府の対応がありき
たりである点だ。各国で右翼国粋主義的傾向のある維新の方向を、首相・
安倍晋三の右傾化傾向とダブらせて批判の対象になり初めていることだ。

米議会や新聞報道、識者の発言などにその傾向が出てきた。民主党代表・
海江田万里も同様のとらえ方をしているが、海江田は何を言っても負け犬
の遠吠えだから言わしておけばよい。だが国際的な反応を放置すべきでは
ない。

韓国大統領・朴槿恵は狡猾にも「日本は何度も傷をうずかせ、韓国民を刺
激している」と日本全体の責任に置き換えている。中国や米国の反応も同
様の傾向がある。

一政治家の発言を、しかも日本の世論や政界から袋叩きに遭っている政治
家の発言を、日本の「右代表」扱いされてはたまらない。安倍は橋下と親
しいからといって、沈黙を維持すべきではない。橋下発言とはっきり決別
する方向を打ち出さなければ、国益を阻害すると心得るべきだ。

どうせ維新などは参院選惨敗必至であり、自民党が維新票を獲得するため
にも、この際橋下を切り捨てるしかない。それにしても橋下を褒めそやし
てきた評論家やコメンテーターの顔が見たい。

        (政治評論家)<2013年05月20日>



━━━━━━━━━━━━━━
安倍首相は『大宰相』の可能性
━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆◇◇ ◆◇◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成25年(2013)5月20日(月曜日)弐
    通巻第3945号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「安倍首相は『大宰相』の可能性――右傾化批判一転、米で好評価の兆し」
(産経)
  英国メディアは安倍首相を「スーパーマン」とYENマークで表紙に
*********************************

 産経新聞が伝えた(5月20日付け)。
 「安倍首相、大宰相の可能性――右傾化批判一転、米で好評価の兆し」

米国が懸念するのはリベラルなメディアが繰り返し「ナショナリスト」を
いう語彙を多用して安倍首相を戦前の軍部と同レベルの印象を与える情報
操作だが、背後に特定のくにぐにのマスコミ工作がある。とくに米国は依
然として日本を属国もしくは保護領扱いしているので、パワーの突出を好
まない。

「ナショナリスト」は日本ではやや肯定的に使われるが、欧米ではやや否
定的なニュアンスがある。ならば適切なる語彙に何を用いたほうが良いか?
「愛国者」である。

ところが日本では愛国者が否定的意味合いを含めて用いられるため、欧米
と日本に認識のギャップが生じている。

さて英誌『エコノミスト』(2013 年5月18 日号)の表紙デザインをみて
驚かされた。

空飛ぶ謎の飛行物体を見て、「あ、鳥だ」「いや飛行機だ」「違うあれは
スーパーマンだ」という定番の科白が「あれは日本だ」と置き換えられ、
スーパーマンのコスチームを着た安倍首相の胸元、「S」のマークがYE
Nの[Y]である。

そしてこういう説明がある。「アベノミクス、ナショナリズム、そして中
国への挑戦」。

同誌はかく曰く。

「6年前に石もて追われるかの如く退陣した安倍と、いま就任以来数ヶ月の安
倍とは別人である」。

「安倍は健康を回復し、日本の国際的地位を回復するプログラムを実行に
移し、株価は55%回復し、GDP成長は第一四半期に3・5%上昇し、内
閣支持率はなんと70 %だ」

「かれの試みはいまだ道半ばだが、安倍は大宰相に確実になるだろう(w
ill surely be counted as a great 
prime minister)。

驚き桃の木、あの辛口の対日論調で有名だったエコノミストが評価を前向
きに変えているのだ。

しかし、将来の疎外要因をつけくわえると、として同誌は追加分析を行う。

「アベノミクスにとって2つの懸念材料は第2四半期の経済成長が低下し、
消費税の導入を遅延せざるを得ない状況の到来と、TPPをめぐっての電
力、製薬、農業団体、とりわけロビィからの妨害である。

中国との確執は、尖閣から沖縄へと論議が発展し、日本は自衛隊を国防軍
に呼び換えようと安倍が呼びかけ、また閣僚の靖国参拝が続いているが、
こうした日本ではまだ少数派の対米不満組と中国への強い姿勢の維持をす
る主張が(国際的には)ナショナリストと認識されることであり、それよ
りも経済の繁栄を確固たるものとするべきであろう」


 ▼景況感の好転は何によってもたらされたのか?

たしかに経済方面での安倍政権の政策発動による株価の躍進ぶりは現時点
では高く評価できる。

なぜ日本が急速に回復軌道に復帰できたかは、第一に安倍政権誕生という
明るい展望のもと、株高、円安、外国人投資家の市場への本格参入である
が、気分が陽転して経緯がなによりも重要である。

安倍は最初に「財政出動」で10兆円余の補正予算を組んで、景気を刺激し
た。つぎに『3本の矢』を発表したが、同時に『失われた20 年』の元凶と
されてきた日銀総裁を入れ替え、成長型重視、金融緩和に踏み切らせた。

英誌『エコノミスト』は、この間の分析を詳細に書いており、安倍の『3
本の矢』なるは、藩祖・毛利元就の遺訓であり、3人の兄弟は堅く団結せ
よという毛利家の家訓となって明治維新へと繋がった。

安倍の選挙区である長州は日本歴史の重要なタイミングで重大な役割を果
たしており、安倍首相は、そのことを明らかに踏まえている」。

したがって安倍がチェアをつとめるいくつかの諮問委員会の決定に注目す
るのである。

しかし「日本のかかえる財政問題は既にGDPの240 %に達する累積赤字、
しかも医療保険、介護、年金がGDPの26・1%、すなわち124兆円に
も膨れあがっており、これからは増税と予算削減というディレンマの克服
が政治課題となるだろう。老齢化する人口動態の一方で、消費税率を2014
年から15年にかけて10%に倍増する二重の難題がある」

安倍の言う『戦後レジームの克服』は『強い日本』「美しい日本を取り戻
せ」という政治スローガンに結実し、国防軍、憲法改正、など愛国的情念
が吹き出たのは安倍の個性、性格、そして祖父岸信介からの伝統でもある
が、主として中国の勃興と挑戦が原因でもあり、これらのテーマへ安倍政
権が挑戦するのは参議院で自民党が圧勝してからのことである」としてエ
コノミスト誌は締めくくった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎ BOOKREVIEW ◆書評 ◇しょひょう ▼ブックレビュー 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 保守主義を政治次元とは異なる位相から裁断する西部節
  保守反動と呼ばれた70年代から、いまや保守の捲土重来時代

  ♪♪
西部遭『保守の辞典』(幻戯書房)
@@@@@@@@@@@@@@

 保守主義をいかに定義するかは、各人各様だろう。評者(宮崎)にとっ
てのそれは、たとえばエドモンド・バークとか、ハイエクとか、ピムが書
いた『保守主義とは何か』(ペンギンブックス)だと思ってきたが、日本
の保守論壇に新古典が現れた。
 
「保守」を自ら名乗る人が近年は輩出している。70年代は『保守反動』
と、尾ひれに『反動』が付いていたから思想ならびに政治状況は様変わり
である。

世の中がかわって、70年安保で左派が敗退したあとも、左翼の職業活動家
らは「公害」や市民、福祉、反原発などに姿を隠して逼塞しているが、論
壇で活躍する左翼人士の影響力はきわめて薄くなった。

世間では「体制保守」「生活保守」「真性保守」と3つのカテゴリーわけ
がされているようだが、さて本書の著者である西部さんには、そのどれも
当てはまらない。既存の定義から大きくはみ出して、保守主義を異次元で
捉えている。

本書は一種華麗な箴言集であり、レトリック的な辞典である。

「伝統が重要なのは、その判別作業の基礎となってくれるからに他ならな
い。歴史的経験とは、人々の言語的葛藤における成功と失敗の積み重ねの
ことである」(25p)

TRADITIONALの語彙はアメリカでは否定的に使われ、英国では
肯定的に使われているという。

このニュアンスの差を本書ではじめて知った。歴史のスパンの違いだろう。
西部流の箴言は続く。

「無知な町の住民が社会を占拠した、それが現代の風景である。『怪物』
たる資本主義的産業が矢継ぎ早に産み落とす商品が、その夥しい数の住民
たちに、民主主義の名において満遍なくばらまかれた。それをさして近代
化と呼ぶのが現代人の流行」(96p)。

「環境汚染の最大因が、その汚染を文明の進歩とみなす近代主義の精神と
態度にこそあるという認識から、その反工業主義が起こった」(100p)

「対米属国の敗戦日本においても顕著な、歴史観なき自由主義はリベティ
ニズム(放蕩)にすぎない。放蕩者の群れは、自分らの招来した心理と制
度の無秩序の前で『恐れ慌てる』のあまり、大敗走を起こす。そして疲れ
切っているのではないとしたら、絶対者を僭称する狂人にすがりつく」
(166p)
 そうでした。小泉に、民主党のハトやカンにすがりついて絶望した。

「日米同盟を今後とも軍事、外交の重要課題とすることに私は反対しない。
反対しているのは、ありもしない同盟を偽装するところから軍事・外交を
論じる、という倒立した論理にたいしてである」(215p)

「戦後の日本人は『平和と民主』の空文句に自分らの精神をあずけ、ただ
ただ堕落の一途を辿るだけであった。おまけにその堕落を進歩と自賛しつ
づけた」(252p)

「社会が水平化、平均化、画一化の大量減少によって彩られるようになれ
ば、政党間の壁が溶解する。それにつれ、得票にめざといポリティシアン
(政治屋)たちは、国柄と国益を護るというステーツマンシップ(政治家)
の本分をかなぐり捨てて、政党間の利害や観念をめぐる微差がもたらす世
論人気の動向に反応して、政党間をあたふたと移動したり、新党結成にや
みくもに走ったりする」(288p)

あまりにも鋭利な箴言だらけなので、一気に読める本ではなく、全体で44
の語彙に別れている。

急いで読む本ではないので、毎日4つの項目づつを読んだ。だから読了す
るに2週間近くかかった。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)従軍慰安婦問題の論点整理 −言論戦には、事実確定、理
論構築、戦略策定が必要だ

5月中旬現在、今のところトーンダウンしているが、安倍首相は先の大戦
の位置付けと従軍慰安婦問題に関する河野談話の見直しについて迷走し、
一方で橋下大阪市長は後者について米海兵隊による沖縄の婦女暴行事件に
まで広げて過激発言を行っている。

これによって日本に対し、これまでの中国・韓国のみならず、米国を中心
に国際社会から懸念が寄せられている。

◆事実関係の論点◆

従軍慰安婦問題に関しては、先ず以下の各論点について可能な限りの事実
関係の確定と、そのデータベース化が必要だ。

●BC級戦犯として軍人および民間人が処分された、インドネシアのスマ
ランの慰安所等に於けるオランダ人女性等への売春強制は、局地的・個人
的な犯罪として以下と峻別可能か。

●その他の地域で、軍自体による強制は在ったのか。

●その他の地域で、民間業者による強制について、軍の黙認が在ったのか。

●その他の地域で、慰安婦の親等による強制について、軍の黙認が在った
のか。

●上記各項について、もし在ったとすれば、組織的なものか、兵員の個人
的なものか。

●当時の他国による戦地および母国での慰安婦制度または、それに準じる
ものの状況

●当時の他国による戦地および母国での慰安婦制度等に於ける強制性の有


韓国・中国は、戦前日本に支配されたり国土で戦った劣等感や怨嗟から、
この問題に固執する。

一方、米国は、日本が道徳的に悪でなければ、先の戦争で2発の原爆を落
とし市民を大量殺戮した事を肯定出来ず、自我のバランスが保てない。今、
日本は、主にこの3国に対して、国際世論を味方に付けるべく言論戦を戦
う図式になっている。

従軍慰安婦問題に関して、日本としては、前述の事実確定に基づく理論構
築、続いて戦略策定が必要である。

◆安倍政権に戦略は有るか◆

この問題に加え、安倍政権は、主要閣僚によるA級戦犯合祀の靖国参拝等
により、結果的に国内外に向け東京裁判(極東軍事裁判)史観への異議申
し立てを示唆している。

日本にも言い分があり、主張すべきは主張して行くべきだ。

しかしながら、言論戦は形を変えた戦争であり、今回の件は先の大戦の焼
き直しとも言える。

先の大戦で日本は、情勢判断、体制構築、戦略策定、統制の何れをも欠き、
ABCD包囲網の前に敗北した。

日本の戦国時代や史記列伝、三国志に照らすなら、東京裁判史観と従軍慰
安婦問題の内、日米間の機微に渡る部分については別枠として位置付け、
先ず中韓、米中を分断離反させ、米、韓、ロシア、インド、ASEAN諸
国等で中国包囲網を築き、その牙を抜いた後で異議申し立てを行ってゆく
のが、基本的戦略としては常識的な線だろう。

もちろん、一気に日米間の機微にまで踏み込む選択肢もある。民間には、
事実関係を整理した上でなら、緻密に国益を計算せずとも自由な主張が許
容されてよい。あるいはこれは、地方の首長や野党の党首についても、あ
る程度までなら当て嵌まるかも知れない。

しかし、政権は国益を踏まえ、勝てる戦いをしなければならない。孫子に、
戦いの要諦は、天の時、地の利、人の和とある。迷走は下策であり、それ
を採れば必ず負ける。

安倍首相には、何れにせよ勝てる戦略の選択と、ぶれない姿勢が必要であ
る。(佐藤鴻全)



  ♪
(読者の声2)関西の愛読者の皆様へ、石平さんの講演会の御案内です。
弘志会(5月例会)講演案内
                  記
日時:   平成25年5月25日(土) 14:00〜17:00
内容:   1400〜1500 講演 :評論家、拓殖大学客員教授 石 平  
      テーマ:「中国の経済・政治情勢と日中関係」   
       1500〜1520 質疑応答     1530〜1700 懇親会
     場所:   たかつガーデン(大阪府教育会館)「ローズ」会
           議室 (3F)
      TEL:06(6768)3911   

〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町7番1号 
 地下鉄千日前線(又は谷町線)谷 町9丁目下車5分 
会費:   4,000円程度(懇親会費を含む。講演のみは1,000 円)ただ
し、学生は無料 
主催及び申込: 弘志会 幹事 福井成範
                           fukuima@tree.odn.ne.jp  
                       TEL090-3090-5452



━━━━━━━
反撃の時はいま
━━━━━━━


   濱田  實

橋本発言の波紋を観察するに、相変わらずマスコミの偏向もさることなが
ら、島国根性から抜け出れない政治家、保守側の貧相な言葉遣いに呆れる。

なぜ、海外からの攻撃に対して、すぐ安直で瑣末な議論・説明に乗ってし
まうのか!瑣末な説明は、いくら巧みに言っても、それは彼らの土俵上で
の言い訳にしか受け取られない。それでは相対化されてお仕舞い。いつま
でもこの西高東低の構図は変わらない。

もっと大局を見るべきではないか。もっと巨視的歴史を語れ。大東亜戦争
の意義を堂々と語れ(政治家はそうはストレートにはいかないだろうが、
民間は隠すことはない)。

中韓両国の、問題点と異質を徹底的に世界に発信せよ。ついでにチャイナ
(中国という呼び名も止めるべき)の弱点は何か。

非近代文明国家、いびつな科挙社会の残滓、非民主主義独裁国家、異質な
中華思想、近代の歴史で誇れるものが Nothing の国家 国家スキームは
古代社会と変わっていない・・・・日本語という借り物で成り立っている
エセ近代国家・・・人のいのちを、 いのちと思わない国 ・・・・歴史
捏造国家・・・・いくらでもある。

科挙ということでは、かつて毛沢東は下放運動で科挙官僚、知識人の一
斉放逐を行った。しかし、いつも間にか同じ構造が復活しているのが今
のチャイナではなかろうか。

韓国はどうか。

典型的なチャイナの隷属国家、小中華主義が隷属(奴隷)国家の証拠、 
歴史捏造国家、日韓併合時の最貧相な国家はどこか?

世界にも稀なコンプレックスの塊、日本の批判、日本を辱めることでか
ろうじて成り立っている惨めな国家・韓国・・・幾らでもある。

近代はおろか、この国には建国以来、世界に誇るべき歴史はチャイナと
同じく Nothing である。子供たちに、まともな歴史の事実を教えたら、
国がもたない。

若者はみな自国を軽蔑し、世界に散って行くだろう。ゆえに、彼らは日
本というオメデタイ国を未来永劫、辱めることによって、エセ国家を温
存しようとしているのである。(偏った)文化的優越意識・・・ヴェト
ナム参戦で侵した厖大な性犯罪、今でも世界に対する多数の売春婦プロ
バイダー/この方面のチャンピオン⇒「ほっかむり」、

両国に共通することは、共に「世界のガン」的存在、・・・・情けない
民族に成り下がっている(ただし、立派な人たちも居ることは忘れては
ならない)。

さらには、慰安婦問題も南京問題も、ある時期、一斉に社会問題化され
たということ。しかもその先導役を果たしたのが反日日本人であること。

(いま進行中の「夏淑琴裁判」も、火付け役は原告代理人となっている
日本人弁護士H.Yとその左翼グル−プである)

日本は、こんな低劣国家と一緒にされてはかなわない。もっと言挙げし
て、怒らねばならない。(沈黙の弊は皇室問題でも現れている)。 

これだけ歴史の材料がありながら利用せずに、隣国からちょっと批判さ
れると、すぐうなだれて、真面目に、誠実に言葉を返そうとする、
これだけで負けである。なんという、この人の良さ、オメデタさ!

日本人はサッチャーの教訓を全く学んでいない。敗戦国といえども情け
ない。⇒「イギリスはインドに文明の光を与えたのです!」(サッチャー)
・・と。 あまりの堂々たるスピーチに、インド人ジャーナリストは何
も言えなかったという。

なぜ日本に、それができない! コンフリクトが怖いのだろう。この腰
抜け日本人こそが占領軍に魂までも奪われた、なれの果ての姿ではない
か。

「大東亜戦争」の意義を忘れたか!

日本の国土の110倍の植民地化された諸国を解放したのは、どこの国か! 
かつてバンドン会議宣言で「日本は独立の母」と称賛されたことを忘れ
ている、なんともオメデタイ国である。

かつてアジア、アフリカなど、植民地時代 60数カ国あった世界が、い
まや192カ国に増えている。この事実はいったい何か? 黒人オバマ氏が
アメリカ大統領になれたのも、遠因は日本の「人種差別撤廃」の呼びか
けと解放戦争あったればこそではなかったか。有体にいえば、そういう
ことである。

もちろん戦争を手放しで喜ぶわけには行かない。戦争は人間社会の迷い
と迷いのぶつかり合いである。勝者も敗者もないともいえる。同時に敗
者であり、勝者であるともいえる。戦争には負けたが、こと植民地(被
人種差別)解放戦争では勝利したということもいえる。

歴史を紐解けば、当時、西洋白人国家の“人種差別”は酷かった。カラー
ドピープルは人間ではなかった。それは会田雄ニの『アーロン収容所』
を読めばよく解る。

日本の兵隊も白人女の前でさえイエローモンキー(=単なる動物)だっ
た。この人種差別・白人中心主義の状況を打ち砕くには、矛盾論でいえ
ば、日本の軍国主義も必要であったという意見もある(くらいである)。

だからといって、単純に聖戦だというほどの心臓はない。しかし人間、
一寸の虫にも五分の魂という矜持だけは失ってはいけない。最低の精神
論まで放擲すると、日本人が人間でなくなる。

大きな歴史を鳥瞰するなかで、壮大な人類進化のパノラマ劇が浮かんで
こないだろうか。 

日本人は何をうろたえている!うろたえることは、英霊310万柱に対して
「あなたたちの死は犬死だった」と言うに等しい。なぜ素直にそう受け
取れないのか。

大変悲しい戦争ではあったが、しかし小国日本がアメリカ帝國主義国と
相まみえて互角に戦ったという事実は否定できない。

歴史の真実だ。この歴史的事実は未来永劫語り継がれ、消え去ることは
ない。世界文明の公共財となって行くだろう。その偉業は中韓両国には
ない。

彼らは、世界史における日本の偉業を思い浮かべる度、世界史における
歴史のパラダイムチェンジに自ら参画できなかった祖先の不甲斐なさを
思う。

学問的な人間ほどそこにアンブバレントな屈折した感情が伴う。その感
情をぶつける相手が、何でも(もの言わぬ)日本だとすれば、彼らの心
根もさもしいが、言ここに至っては犯罪と断ずるべきではないか。下記
を読んでも彼らの“情報隠し”は隠微であり徹底している。日本人はな
ぜ黙っている!

どなたかが紹介くださった、 「朝鮮日報」日本語電子版にある「『ヨー
コの話』、米国で教材採択校が増加」というタイトルの記事が目に入っ
た。読んで驚いた。

そこで読者のために「ヨーコの話」を朝鮮日報の記事から紹介する。「米
国の小中学校で、日系米国人のヨーコ・カワシマ・ワトキンズ氏(83)
が1986年に出版した自伝的小説『ヨーコの話』(原題: 『So Far
from the Bamboo Grove』)を再び教材として採択する動きが広がってお
り、在米韓国人たちの間で対策を求める声が出ている」という。 

「同書は、日本の敗戦が濃厚になった1945 年、日本人高官の娘が家族と
共に韓半島(朝鮮半島)を離れ日本に引き 揚げるまでの体験を描いた小
説で,朝鮮人たちが帰国する日本人に強姦(ごうかん)や暴行を繰り返し
ていたとの内容が描かれている」からだ。

その本は米国の小中学校で教材として使用されたが、在米韓国社会で使用
禁止運動が起こり、一時、同本を 教材に使用する学校が減少したが、こ
こにきて再び増加する傾向が出てきたというのだ。

戦前日本の政治家には本ものの愛国者がいた。なぜか? 日本を一等国に
しようとして、精神も充実していたからだ。今は国を利用しようという
“生活議員”が国にも地方にも、与野党にもたむろしている。三島由紀夫
が忌み嫌ったことは後者の姿勢である。

橋下、石原氏には程度の差こそあれ、それがある。橋下氏は未熟なところ
も多々あるが、今回の問題については「なぜ日本だけが?」という問題提
起をした。これこそが慰安婦問題の「主要矛盾」である。

問題をその他の片言隻句にすり変えるべきではない。歴史認識において石
原氏がはるかに優るが、茲は、我が国における一大反撃のときと思い、国
家をあげて反撃に体制・仕組みをつくるべきだ。

この問題を、参議員選挙のためにと、姑息な収斂に回るべきではない。少
なくとも民間レベルでは、明確な言葉を持って彼らを応援すべきであろう。

もうひとつの主要矛盾がある。

それはいま騒がれている問題は、そもそも戦争あったればこその問題だ。
ならば、戦争全体の歴史を通観して語らねば複雑系は解らない。

前記のことを踏まえ、戦争関連でいえば、

  1、彼らは日本が呼びかけた、国家としての近代化を拒否した国である
こと。

 2.前項の関係でもあるが、我が国は中朝鮮と相計って、西欧帝国主義
に対峙しようと呼びかけたが、我が国の意図を理解しようともせず、それ
どころか
 彼らはこともあろうに、植民地帝国主義の外国勢力と手を結び、日本に
歯向かおうとしていた(有色民族の裏切り)。

蒋介石政権はアメリカを利用し(=日本との戦争を“アメリカにやらせる”)、
朝鮮は、何とシナとロシアに助けを求めた。

昭和18年6月、アメリカはデンヴァーの世論調査所の調査結果によれば、
意見の6割までもが、「日本人はいつまでたっても、常に戦争を始める国
民だ」と見ていると、こういうことが報道されている。比較的公正な意見
は1割程度。これも宋美齢らによる日本を悪者とみる対アメリカ人プロパ
ガンダが大きく影響しているのだろう。(当時の外務省も今と同じく、殆
ど何もしていなかかったのだろう)

朝鮮の態度は身の程知らず・・・語るにしのびない。同じアジア解放戦争
の共犯であるにも関わらず、白人に共犯者のレッテルをはられると、白人
側に寝返った裏切り者であるとは、安濃豊氏の言葉。

「西洋帝國主義国の植民地と違い、日本の朝鮮統治は、未開の地に慈愛を
もって当たるものであるといった西郷隆盛の理念が基底にある・・・我が
国の“アジア主義”は、西洋の帝國主義とは違う」(石部勝彦氏)の言葉
も真実であろう。

 <彼らは戦勝国ではない!>

両国は日本が戦った直接の相手国ではない。しかし彼らは、戦勝国(連合
国)気分で、様々な勝者特権を振りかざして今に至る。

それは偏った、狂ったとしか言いようのない 歴史的ルサンチマン のは
け口として、ひたすら日本を標的にしているのである。アメリカも、アメ
リカ人の無知をいいことに、これを利用している。

今後の日本の対応として総合すると、

  1.日本は壮大な歴史を語れ・・・歴史の、世界の「主要矛盾」にこそ
目を向けるべき。それにより、彼らのポイント攻撃(矮小攻撃)を撃破せ
よ。

(ポイントのみで対応すると、圧倒的な情報シャワーで相対化され、立場
が不利になることもある。今までがその歴史である)

   2.無いこと(軍の強制性)は「無い!」と明確に断言せよ!

 3.吉田清治の名前をもっと天下にさらすべき

 4.日本人特有の「些事対応に熱心」から脱却せよ。この姿勢は今と変
わらない。

「状況適応主義」 「対症療法」に通じる。・・・・「巨視」に目を向け
よ。

  5.中韓は、共にウソ情報を世界中にばら撒き、不安定な自らの国を支え
ようとしている。それが止まず、ますます増長を加えてきたのは、“ある
時期”からであることに注目すべきである。

そこに「政治性」があることを見抜くべきである。ところが、それを見抜
けない過去政権の「事なかれ主義」「後回し主義」が禍して彼らを増長さ
せた。彼らは“反撃しない日本の弱さ”を、そこに見たのである。

そして、彼らは日本をして「世界の特殊異端性狂国家」という印象操作を、
堂々と繰り返している。 堂々と!・・・・だある。


 6.橋本氏の意図をあまり矮小化しないほうがよい。

彼の歴史認識は貧弱だが、弁護士精神である秤の精神で「なぜ日本だけが
一方的に」を問題提起している。風俗発言は言葉の弾みだけのこと。

橋本氏は歴史認識が乏しいならば、事前に石原氏、平沼氏、西村氏らに教
えを請うてから発言すべきである。

こんなところで、地方議員としての国際性の乏しさを発揮することなかれ。

元慰安婦との会見も、また安直な反応を示して、動議を醸すのではないか
と、正直危惧する。
他にも言いたいこともありますが、皆様の言いたいことをまとめてみまし
た。 以上 



━━━━━━━
女のおしゃべり
━━━━━━━


     平井 修一

散歩道沿いにあるモダンな大邸宅は学校法人○○学園のオーナー(理事長)
の家である。同学園は幼稚園・小学校・中学校・高校を持っており、理事
長は世襲で現在は3代目のようだ。この家の奥さんとは毎朝のように顔を
合わす。家の前は桜並木で毎朝、ホウキを持って掃除しているのだ。65歳
くらいかもしれない。

若い時はスマートでかなりの和風美人だったが、今はただの小太りのオバ
サンである。邸宅は黒塀に囲まれており、ここ10年ほどはご主人を含めて
家族の出入りを見たことがないので、事情があって一人暮らしをしている
のかもしれない。敷地内にはマンションもあり、とても裕福そうだ。

お金持ちの奥様らしくなく、彼女はしばしば普通の年輩者と路上でおしゃ
べりしている。散歩の往路でおしゃべりしているのを見るが、復路でもま
だおしゃべりしており、20〜30分はおしゃべりしているようだ。今朝は77
歳のおじいさんとおしゃべりしていた。

何を話しているのか知らないが、どうでもいいことなのだろう。彼女にとっ
ても相手にとっても暇つぶしだろう。彼女はいつもエプロン姿であり、今
ではおしゃれして外出する姿はほとんど見ないから趣味もなさそうだ。暇
を持て余し、家ではおしゃべりの相手がいないので淋しいのかもしれない。

15年ほど前に町内会の婦人部で一緒に活動したことがあるカミサンによる
と、彼女は会議の後の懇親会ではヂヂイ連中から随分もてたそうである。
しかし、オツムの方はぱっとせず、よく言えば良家のお嬢様のようにおっ
とりしていたそうである。悪く言えば「ちょっと足りないんじゃない」と
いうことだ。

おしゃべりと知性・教養は関係するか。どうもおしゃべりは女性の本能で、
知性・教養は関係ないようだ。「女のおしゃべり」で検索したら面白い指
摘があった。

   ・相手が聞いていようがいまいが、理解していようがいまいが関係な
い。

  ・自分の言いたいことが自分の口から出ているだけで満足。

  ・話のつじつまがあっているかいないかなど、はなから問題ではない。

  ・だからいつまでも話は続けていられるし いつでもどんな時でもいと
も簡単にやめることができる。
 
 ・聞くほうも聞くほうで話のつじつまなどあっていなくても全く気にな
らない。

「しゃべることこそが、女そのものなんです。人間が呼吸をするのと同じ
で、女はしゃべっていないと死んでしまいます」というコメントもあった。
まるで泳がないと死んでしまうサメみたいだ。

男はコミュニケーションの手段としておしゃべりをする。テーマに従って
おしゃべりをし、一応は結論を出してから他の話題に移る。ところが女に
とっては結論なんてどうでもいいのである。しゃべることは手段でなく目
的そのものなのだ。しゃべっていればいいのである。

カミサンと話していると、突然、まったく別の話になることが多い。小生
は面食らう。「何でそんな話になるのか、脈絡がないじゃないか」と問え
ば、「だって急に気になったんだもの」と言う。もう話にならない。話し
ても無駄、ということになるから夫婦の会話はなくなるのだ。

カミサンによると男でもものすごいおしゃべりがいるそうである。大体が
偉そうにしゃべり、女もうんざりするほどだという。

「私の知っているおしゃべり男の特徴としてはその場を仕切りたがる、中
心になりたい、注目されたいという感じの人が多いように思います。しゃ
べることによって自分の存在をアピールしているように見えますね」との
コメントもあった。

そういう感じなのだろう。それなら多分嫌われるだろう。小生は必要最小
限のことしかしゃべらないし、しゃべれない。話すのは苦手で苦痛だから、
もっぱら聞き役だが、近年では聞くのも億劫になってきた。その一方で書
くのは昔から好きで、ブログで暇つぶしができるのは実にありがたいと思っ
ている。



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎インド洋にもレアアース泥 東大発見、海洋に広く存在か

ハイテク製品に欠かせないレアアース(希土類)を高濃度に含む海底の泥
を、インド洋東部で東京大の加藤泰浩教授(地球資源学)らの研究チーム
が発見した。レアアース泥が太平洋以外で見つかったのは初めてで、世界
の海洋に広く存在する可能性が出てきた。

海底のレアアース泥は、同チームが日本の排他的経済水域(EEZ)内の
南鳥島沖などで発見し、資源化を目指している。海洋に普遍的に存在すれ
ば、レアアースの世界産出量の9割を占める中国の影響力が将来的に弱ま
る可能性がある。
 
新たに見つかったのはインドネシア・ジャカルタ西方沖約1千キロのオー
ストラリア領周辺海域。国際共同研究などで採取された掘削試料を分析し
たところ、水深5600 メートルの海底下75 〜120 メートルの場所に最高
1113 ppm、平均約700 ppmのレアアースを含む泥の層があることが
分かった。
 
太平洋と比べて深い場所にあり採掘は難しいが、濃度は東太平洋とほぼ同
等で中国の陸上鉱床の数倍。特に希少なジスプロシウムなどを豊富に含む
という。
 
レアアース泥は、地下深部のマントルが上昇する中央海嶺(かいれい)か
ら噴出する酸化鉄などが海水中のレアアースを吸着し、周辺に堆積して形
成される。今回の発見場所では、中央インド洋海嶺などの活動に伴い堆積
したとみられる。

加藤教授は「太平洋だけの特殊な泥ではないことが分かった意味は大きい。
他の海域で開発可能な鉱床が見つかる可能性がある」と話している。

産経新聞 5月19日(日)7時55分配信 



 ◎「金第1書記に要求伝達」=北朝鮮要人が飯島氏に

北朝鮮を訪問し、要人と会談した飯島勲内閣官房参与に対し、北朝鮮側が
「日本政府の意向は金正恩第1書記に伝える」と約束していたことが19日、
政府関係者の話で分かった。飯島氏は日本人拉致被害者の即時帰国などを
要求しており、政府は北朝鮮側の反応を注視しつつ、対応を検討する方針
だ。
 
飯島氏は14日から4日間、平壌を訪問。北朝鮮ナンバー2の金永南最高人民
会議常任委員長らと会談した際、拉致被害者の帰国に加え、真相究明と実
行犯の引き渡しを求めた。 

時事通信 5月19日(日)15時0分配信 


 ◎ 中国党機関紙元副編集長「北朝鮮は崩壊する」「中朝の不信大きい」

中国共産党の幹部教育機関、中央党学校の機関紙「学習時報」の元副編集
長、トウ聿文氏は20日付の韓国紙、中央日報とのインタビューで「北朝鮮
はいずれ崩壊する」と言明、

中国は韓国と協力し南北統一を促進しなければならないと主張した。トウ
氏は2月に英紙に「(中国は)北朝鮮を切り捨てるべきだ」と寄稿したこ
とが問題になって解任されている。

トウ氏はインタビューで、中国は南北統一のため、中朝友好協力相互援助
条約に基づく北朝鮮との同盟関係を「正常な関係」に改めるべきだと主張。
その上で、中国が米韓との秘密交渉を通じ、(1)統一後の朝鮮半島非核
化(2)米軍撤収(3)金正恩第1書記ら指導部の中国への亡命保証−を
取り付けるよう呼び掛けた。

金第1書記が就任後に中国を訪問していないのは、北朝鮮の核放棄を求め
る中国が拒否しているためだと指摘。中朝間の不信は「中国と米国、中国
と日本との間の不信より大きい」などと述べた。(共同)【産経ニュース】 
2013.5.20 10:46

〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎衆参対等合併で一院制に…維新の参院選公約原案

 日本維新の会が夏の参院選で掲げる公約の原案が19日、明らかになった。
 
憲法改正について、衆参両院の対等合併による一院制実現や道州制の導入、
天皇を元首と位置づけることなどを盛り込んだ。地方分権を強化するため、
道州などの地方自治体が、国の法令と異なる内容の条例を制定できる「上
書き権」を認めることも明記した。
 読売新聞 5月20日(月)7時35分配信


━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)頂門の一針の常連である杉浦正章さんの文章には、常々とても政局
観に長けていると感じます。その一方で、その政治観には度々首をかしげ
てしまいます。

野田政権時代、野田元総理を評価していたあたりから、なんだかおかしい
と思っておりました。民主党政権自体、とても評価するに値しないと思い
ますが、どこがまともな総理だったのかさっぱり理解できませんでした。

また、石原慎太郎氏には感情的ともいえる『暴走老人』だの『極右』など
というレッテル貼りばかりです。主義主張が異なるのは分かりますが、そ
れならばもう少しまともな政治観をもってほしいと思います。

とりわけ2,954号の下記の部分には驚きました。

<BBCと読売が世界22か国で実施した好感度調査で日本は58%の支持を得て
‘世界に良い影響を与えている国家’1位だ。中国は5位。韓国などどこにある
か分からない。平和憲法が貢献していることは間違いない。「孤立
と侮蔑」は石原本人が対象なのであって、日本ではない。>

平和憲法が世界に良い影響を与えるのに貢献していると本気で思っている
のでしょうか。どこかの左翼の主張と変わりありません。よく日本国憲法
を上記のように、『平和憲法』などと誇らしげに語る人を見かけます。お
隣韓国の憲法第5条にも『大韓民国は国際平和の維持に努力し、侵略戦争
を否認する。』と謳われておりますが、これは平和憲法にならないのでし
ょうか。そんな韓国は半世紀以上戦争状態にあります。

平和憲法があるから世界に良い影響を与えられるなどと誇らしげに云って
いるのは杉浦さんみたいな日本人だけです。それこそ孤立と侮蔑の対象と
なりかねません。

ちなみに、一般の韓国人で日本の憲法第9条の存在を知っている人は皆無
です。それは日本人が韓国の憲法第5条や他の国の憲法のことを知ってい
る人がほとんどいないのと同じです。世界のどこの国の人も他国の憲法を
知っている人はほとんどいないのではないでしょうか。

安易に平和憲法が世界に良い影響を及ぼしているなどと思い上がらないほ
うがいいと思います。

以上のように、せっかくの鋭い政局観が、読み進めていくうちに、台無し
になることが度々見かけられるのが残念です。(室 佳之)


 
 2) ここに外務大臣園田直が居ないのは「ウィキペディア」の穴であり、信頼
> 度を甚だ傷つけるものだ。

ウィキペディアの「特別攻撃隊」の「元特攻隊員の著名人」の項目は以下
のように記述されていて、園田直さん正しく記述されていますよ。鶴田浩
二は削除されています。

元特攻隊員の著名人

吾妻兼治郎(イタリア在住の彫刻家、作品がヴァチカン美術館の東洋人初
のコレクションになる。)
井出定治(牧師)
内村健一(天下一家の会会長)
蔦文也(元池田高校野球部監督)
黒尾重明(元東急フライヤーズ投手)
佐野浅夫(俳優・3代目水戸黄門)
島尾敏雄(作家)
千玄室
園田直(元内閣官房長官・外務大臣・厚生大臣)
田中六助(元衆議院議員)
蓼沼謙一(元一橋大学学長・元日本労働法学会代表理事)
田英夫(元参議院議員)
西村晃(俳優・2代目水戸黄門)
菅佐原英一(俳優)

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/特別攻撃隊

どうもウィキペディアの信ぴょう性を勘違いされているようですが、おか
しいと思ったらご自身で修正できますよ。私の想像では、頂門の一針を読
まれたどなたかが修正されたのだと思います。(荒木純夫)

主宰者より:お調べのうえのご指摘、まことにありがとうございました。



 3)パナソニックも「レッツノート」の名称のパソコンを製造販売して
いる。私は、殆ど、このシリーズのお世話になってきた。全てハードディ
スクドライブ(HHD)搭載製品だが、ソリッドステートドライブ(SSD)に
置き換え(この作業を「換装」と呼ぶらしい)ようと、手持ち製品の内、
一番新しい機種から順次、換装をしてきた。Y7、W4、Y2の3機種だ。
あとR1の一機種を残すのみとなった。

とても快適な使い勝手となった。処理スピードは向上し、データの記憶要
領も、倍増した。いいことづくめだ。

携帯電話の不具合は、「修理なしで、取り替え」が当たり前で常識だとか。
安かろう悪かろうの国々が作る製品だけに、この欧米流製品製作術が浸透
していったのだろう。とても、日本では出来ない芸当だったが、教育の荒
廃とモノ作りが空洞化してしまった現在、異国を笑ってもおれないのが現
状だ。

そのなかにあって、携帯電話の修理店が増えていると聞いた。頑張って欲し
いものだ。町内のあちこちに、ちょうど昔の時計屋さんのようにガラス越
しに修理風景を子供達も見ることが出来れば、モノ作りが復活できて理科
系への興味も湧いてくるかもしれない。だいいちモノを大切にする心も醸
成できるかもしれない。いいことづくめだ。(酒井 富雄)   



 4)旧宮家には「元皇族」と「元皇族男系子孫」がいます。1947年10月
14日の皇籍離脱前に皇族として生まれた方が「元皇族」、皇籍離脱後に生
まれた方が「元皇族男系子孫」です。「元皇族男系子孫の男子とその家族」
の宮家を復活・創設すべきです。

復活する宮家が賀陽宮家、久邇宮家、朝香宮家、東久邇宮家、竹田宮家で
す。長子以外の方には「〇〇王家」を創設していただきます。三笠宮殿下
の長子の宮家が「寛仁親王家」であるようにです。

旧宮家の方々は全員が天皇陛下の8親等以内です。皇族男子が減っていく
皇室に何より必要なのは、親戚づきあいをしている旧宮家の方々が皇族に
なって皇室活動を支えてくれることです。(まこと)



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

 江東区に関する限り予報は大はずれだ。雨は夕方からと言っていたのに
早朝から降りだして止まない。

今度の住まいは古いので共同アンテナにBSがついていない。南西の方向に
向けたBSアンテナ設置工事をしてもらっている。せめてベランダはある。

読者:5191人

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/05/21

    自分は重度のアトピー。

     子供の頃からいろんな検査を受けてわかった事は

     

    特定のアレルゲン、ではなく生まれつき皮膚が異常に弱いため

     なんにでも過剰に反応してしまう。

     

    もしこれが大昔なら

     &#25620;き壊し、ただれた皮膚を見た人は

     

    悪魔のノロいとかなにかのたたり、などと言われののしられ

     

    「お前(またはお前の先祖)の行ないが悪い」

     

    などと言われても、お祈りやまじないも効かず、

     責められるだけ責められて

     しかし自分が一番苦しい、

     

    そして何も変わらない

     

    などと言ったことになったのかも知れない、が

     幸い今は現代、21世紀。

     

    頭のいい偉い人たちのおかげで免疫のシステムが解明されたり

     皮膚を保護するお薬などが保険適用で安価でいただける。

     

    おかげで子供の頃は死にたいほど苦しい状態も

     今や快適。

     

    科学は進歩している。人類は凄い。

     

    努力や才能、そんなのはある意味、古代人のおまじないに等しい。

     

    アトピーも気合いやまじないで、治る事はあるのかも知れない、

     しかし自分に合った薬を服用すれば劇的な効果が出ることもある。

     

    数年前、久しぶりに爆発的な症状が出て、あまりの痛みに耐えかね

     別の皮膚科に行った、したら

     

    3日で全く症状がなくなった。

     

    自分の症状に合うものに出会う、この出会いだけは

     

    現代でも「奇跡」と呼べるものかも知れない。

     





  • 名無しさん2013/05/20



     

     遺伝子は、その家系のカルマのレコーダーみたいなものだというのは、そうですね。

     

     遺伝子、血には、家系のカルマも刻印されていますよね。

     



     でも、波動の似たような者同士が引き寄せあうので、良いカルマの遺伝子にご縁ができるのもそうでないのも、結局は自分の意識次第なのです。

     





     肉体的な特徴、「頭脳優秀な遺伝子」というのは、これは周りで見ているとあまり関係なさそうだな〜という印象があります。

     

     人間の能力には、それぞれ、ほとんど差が無いな〜と思っています。

     

     「意識の差」が、全ての原因だと思います。

     



     ご両親は社会的にさほどな結果を残さなかったしごくごく普通なのに、その子供だけがとびぬけて頭脳優秀というご家庭は、ちまたでもたくさんありますからね。

     



     「とんびが鷹を産む」という言葉が日本語にありますしね。そういうことはたまに起こります。

     

     これは、遺伝子では説明がつかないことですよね。

     



     ご両親が呼び寄せた、子供の魂が高い階層からやってきたのかもしれないですね。

     





     両親の育て方と意識のほうが、子供に多く影響します。

     

     頭脳優秀になるかどうかは、その家の環境の遺伝のほうが影響が大きいです。

     



     親が家の中で子供に見せている姿のほうが影響が大きいのです。

     

     つまり、親がいつも家で一生懸命努力して勉強し続けたり、仕事に没頭して生きていると、その子供は自然にその姿を当たり前だと思って育ち、自分も努力家になり勉強熱心になったり、仕事も一生懸命情熱を傾けるようになります。親に似てくるのです。

     





     頭脳優秀になるかどうかは、そのような、子供の頃からの習慣と積み重ねのほうが大きいです。

     

     1年や2年で急に追いつくことではないからです。

     



     頭の中で様々な情報が複雑に結びついていき、勉強にしても何にしてもそういう土台の上に、長い間の習慣の積み重ねによって、さらに頭脳優秀になっていきます。

     





     勉強だけではなく、芸術にしてもスポーツにしても、何の分野にしてもそうです。長年の努力の積み重ねと習慣、それを続けることのほうが大事です。

     





  • 名無しさん2013/05/20





    ...が、金持って逃げたか........。