政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針2958号  2013・5・17(金)

2013/05/17

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 2958号
□■■□──────────────────────────□■■□



        2013(平成25)年5月17 日(金)

 

           隣の小舅 いちゃもん国家から離脱せよ:杉浦正章

                        政府 北朝鮮の出方を見極めへ:古澤 襄

                                   人格を疑う橋下発言:川原 俊明

                          イランへの経済制裁の抜け道:宮崎正弘

                               岡本綾子の「私の履歴書」:馬場伯明

                      話 の 福 袋
                    反     響
                    身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第2958 号
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━
隣の小舅 いちゃもん国家から離脱せよ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                                        杉浦 正章

諸悪の元凶が韓国のマスコミにある
 
「隣の小舅(こじゅうと)はやかましい」というが、韓国政府の“偏狭さ”
にはほとほとあきれかえった。

内閣官房参与・飯島勲の訪朝に難癖をつけるかと思えば、首相・安倍晋三
が試乗した自衛隊機の番号731 を戦中の七三一部隊に関連づけて文句をつ
ける。まるで“いちゃもん国家”の様相だが、その根底にはマスコミに頭
が上がらない韓国政府の体質がある。

マスコミ報道が先行して、これにいちいち同調する。悪く言えばこびを売
る。そして外交に反映させる。観察すればするほどそのパターンの繰り返
しだ。

韓国の新聞は、世界のマスコミの中でももっとも感情的で公平感に欠ける
傾向を特色とする。まさに葦の髄から天井を覗くような報道ばかりである。
それも曲がった葦の髄だからろくろく覗けない。

これで良く読者の信頼を得られるかと疑問を持つが、韓国の民族性がこれ
を支えているということなのであろう。

最近あきれかえったのが首相・安倍晋三の自衛隊機試乗への報道だ。練習
機の機体の番号が731 であることに難癖をつけて、夕刊紙・文化日報が何
と「生体実験の名誉回復狙う。軍国主義の亡霊を呼び覚ますのか」と報じ
た。戦時中に日本の陸軍に存在した研究機関のひとつ満州第七三一部隊に
こじつけたのだ。

人体実験をしたとうわさされる部隊だが確たる証拠はない。驚いたのは一
応まともな中央日報までが「731 まで動員した首相・安倍晋三の極右妄動」
と報じた。韓国の民度は高学歴でもありそれほど低くないと思うが、この
報道に民衆が踊らされるかと思うとりつ然とする。
 
問題は政府の反応だ。駐日大使・ 申?秀(シン・ガクス)が「731 部隊
の被害者がどう受け止めるか日本側は考える必要がある」と発言したのだ。
あきらかに国内の報道に配慮した発言であろう。しかし満州の731 部隊が
韓国民を「被害者」にしたなどという事実は聞いたことがない。

大使はもう少し歴史を勉強した方がよい。そもそも日本に滞在していて、
国情をつぶさに見ている大使ともあろう者が、安倍がいまどき731 部隊な
どを意識した行動をとるわけがないことを理解できないのであろうか。

大使の発想で言えば9・11 テロがあったからスーパーカーのポルシェ911
は名称を変更しなければならないことになる。外交官として恥ずかしくな
いかと言いたい。 

また成功裏に終わろうとしている飯島訪朝についての報道ぶりは「米韓は
もちろん、中国まで北朝鮮に制裁を加えている状況で国際協調を破った」
と朝鮮日報が断ずれば、東亜日報は「北朝鮮に対する強力な制裁措置が取
られている中、日本の突出した行動により、北朝鮮に状況判断を誤らせる
可能性がある」と批判。

朝鮮日報に至っては「7月の参院選をにらみ安倍首相が勝負に出たとの見
方も出ている」と邪推。安倍はアベノミクスで勝負しているのであって、
北で勝負などするわけがない。

そして韓国政府はやはりこうした“新聞様”の論調を反映して飯島訪朝批
判だ。外務省の報道官・趙泰永(チョ・テヨン)は16日の記者会見で、
「日米韓の連携はもちろん、国際社会が北朝鮮への対応で緊密に連携する
ことが重要で、その意味では今回の訪問はためにならない」と正面切って
批判した。

さすがにカチンときたか官房長官・菅義偉は、午後の記者会見で「言って
いる意味があまり分からないというのが率直なところだ」と不快感を表明。
日米韓の協調を阻害するという懸念についても、「常識的にみて、国と国
の関係だから、そこは当たらないと思う」と反論した。

さらに報道官が、「日本側から遺憾の意の表明があった」と述べた点につ
いて「外務省の高官同士の話だろうし、本当に言ったかどうかは分からな
い」と疑問を呈した。温厚な菅にしては珍しい反論だが、よほど腹に据え
かねているであろうことが分かる。まさに日韓関係は亀裂が生じた状況だ。

一方で、中国は飯島訪朝について洪磊報道官が16日、「朝鮮半島の緊張
した情勢を緩和し、平和と安定に役立つことを希望している」と述べ、肯
定的に評価している。

中国にしてみれば世界的な北朝鮮批判の中で飯島訪朝をほっとした感じで
受け止めているに違いない。めずらしく大局観のある判断をしている。米
国も北朝鮮政策特別代表・デービースが不満げだが、「日本無視」で事を
進めればこうなることを“学習”したことはよいことだ。

とにかく一連の問題で韓国の偏狭さと、マスコミの「下司の勘ぐり」がま
すます露呈したことになる。日本も当分このやかましい“隣の小舅”とは
ほどほどの付き合いにとどめ、円安で経済の対韓逆転有利を維持してゆく
ことだ。

隣近所のいざこざにかかわずらうより、“いちゃもん”など無視して大き
く世界に目を向けた外交の展開が重要だ。世界の国々は大半が日本と友好
的である。       (政治評論家)<2013年05月17日>



━━━━━━━━━━━━━
政府 北朝鮮の出方を見極めへ
━━━━━━━━━━━━━


        古澤 襄
 
 訪朝している飯島勲内閣官房参与は、キム・ヨンナム最高人民会議常任委
員長らと会談したが、その内容は飯島氏が帰国して安倍首相に報告するま
で分からない。報告しても会談の機微にわたる内容は公表されないであろ
う。外交交渉には、そういう面がつきものである。
 
出し抜かれた韓国はワーワー、キャンキャン騒いでいるが、菅官房長官は
「何を言っているのかわからない」と無視してみせた。韓国が反日態度を
とっているかぎり飯島情報を詳しく教える義理はない。無礼な態度を改め
る方が先決ではないか。
 
政府内からは、北朝鮮が国際社会で孤立を深めるなかで、日本との対話に
応じるメッセージではないかという見方や、日米韓の連携にくさびを打ち
込もうとしているのではないかなどという指摘が出ている。
 
飯島氏に対する北朝鮮の厚遇は、日本側の想定を超えた面がある。日米韓
の連携にくさびを打ち込もうとしているのは間違いないが、拉致問題をか
かえる日本としては、北朝鮮が日本との対話に応じるなら、受けて立つ柔
軟な姿勢も必要であろう。
 
それはまた、北京との対話の道にも通じる。硬軟とりまぜた、したたかな
外交を日本はとる必要がある。
 
<北朝鮮を訪れている飯島勲内閣官房参与がキム・ヨンナム最高人民会議
常任委員長らと会談したことについて、政府内からは、日本との対話に応
じるメッセージではないかという見方も出ており、政府は、アメリカや韓
国との連携を重視しながら、今後の北朝鮮の出方を慎重に見極める方針で
す。
 
小泉元総理大臣の政務秘書官を務めた飯島勲内閣官房参与は、今月14日
から、北朝鮮の首都ピョンヤンを訪れています。

 飯島氏は、キム・ジョンウン第1書記の側近の、朝鮮労働党のキム・ヨ
ンイル書記と会談したのに続き、16日は国際的な首脳会議で北朝鮮を代表
して参加するキム・ヨンナム最高人民会議常任委員長と会談しました。
 
会談では、拉致問題などを巡って意見が交わされたものとみられますが、
北朝鮮内で序列の高い要人が会談に応じていることについて、政府内から
は、北朝鮮が国際社会で孤立を深めるなかで、日本との対話に応じるメッ
セージではないかという見方や、日米韓の連携にくさびを打ち込もうとし
ているのではないかなどという指摘も出ています。
 
こうしたなか、外務省の杉山アジア大洋州局長は、日本を訪れているアメ
リカ国務省のデイビース特別代表と会談し、飯島氏の北朝鮮訪問について
説明しました。
 
デイビース氏は、飯島氏の訪朝について、日本側から事前に説明を受けて
いなかったとしていますが、会談のあと、「実りある会談だった。拉致問
題は、アメリカとしても重視しており、日本国民に寄り添って解決に向け
て進めていきたい。飯島氏の北朝鮮訪問については、引き続き詳しい情報
を求めていきたい」と述べました。
 
また、政府は、外交ルートを通じて、韓国側に対しても飯島氏の北朝鮮訪
問について説明しました。
 
政府としては、各国が国益を考慮し、独自の外交を展開するのは当然だと
しながらも、アメリカや韓国との連携を重視しながら、今後の北朝鮮の出
方を慎重に見極める方針です。
 
■各国揺さぶるねらいか
 
キム・ヨンナム最高人民会議常任委員長は、北朝鮮を代表して外国の首脳
と会談することが多い最高幹部の1人です。また、キム・ヨンイル書記は、
朝鮮労働党の国際部長で、外交政策の中枢に関わっています。
 
両者は、日朝両国の外務省ルートでの協議における北朝鮮側の代表より指
導部内での地位が高く、拉致問題についてある程度突っ込んだ話し合いを
できる権限を持っているとみられ、キム・ジョンウン第1書記に直接話が
できます。
 
北朝鮮としては、飯島参与が訪問してきたのは、安倍政権が対話に積極的
な姿勢の表れだと受け止め、ハイレベルの人物を会談相手に出すことによっ
て、日本との対話に弾みをつけたいものとみられます。
 
一方、北朝鮮は国営メディアを通じ、飯島参与の訪問を繰り返し伝えてい
ます。
 
核実験などを受けて、日本、アメリカ、韓国、さらには北朝鮮の後ろ盾と
なってきた中国もが制裁措置を取り、圧力を強めてきただけに、北朝鮮と
しては、飯島参与の訪問を積極的に伝えることで、「国際社会は一枚岩で
はない」と主張し、関係国を揺さぶるねらいがあるとみられます。(NH
K)>
 
<【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙泰永(チョ・テヨン)報道官は
16日の定例会見で、飯島勲内閣官房参与の訪朝について、「北朝鮮への
対応で韓米日はもちろん国際社会が緊密に協調体制を維持することが重要
だ。そうした意味で飯島氏の訪朝はプラスにならない」と述べた。
 
韓国政府が日本の要人による秘密裏の訪朝を公に批判するのは異例のこと
だ。日本が14日、韓米などへの事前通告なしに飯島氏を訪朝させたこと
が明らかになり、北朝鮮政策での韓米日の連携に亀裂が生じかねないとの
懸念が広がっている。
 
趙報道官によると、日本政府は15日、飯島氏の訪朝について韓国側へ説明
し、説明が遅れたことに遺憾の意を示したという。韓国政府は、北朝鮮と
の急接近を控えるよう日本側に「速度調節」を要請したとみられる。(聯
合)>
 
2013.05.17 Friday name : kajikablog


━━━━━━━━━
人格を疑う橋下発言
━━━━━━━━━


   川原 俊明

「戦時中の慰安婦容認」「沖縄駐留米軍に風俗店活用を」、これらの
言葉が大阪市長たるものの口から出た発言かと耳を疑いました。まさしく
日本の恥です。

いやしくも政治家たるもの、国民あるいは住民を代表する責任ある言動を
とるべきです。政治家に愛想が尽きました。

21世紀になり文明もますます進化してきました。日本も男女共同参画社会
を唱えるくらい成熟社会に入ってきました。

男性も女性も平等でなければなりません。男女が互いを尊重し合い補い合
う社会を実現しなければなりません。これも教育によって、次の世代につ
なげていく必要があります。

ところが教育の重要性を説き、教育委員会すら切り捨てようとする橋下大
阪市長が、女性の人格を無視した言動を平気で公言するのは、人格的にか
なりの低レベルだと評価せざるを得ません。橋下発言は、国民や住民に対
する背信行為です。

少なくとも次の選挙では、圧倒的多数の女性は橋下市長を支持しないでしょ
う。常識的な男性もまったく支持しません。

また橋下発言を擁護する石原前都知事、ならびに松井大阪府知事は人間失
格です。彼らが率いる政党は、賞味期限切れどころか政治の世界から退場
処分が必要です。一日も早く。

私は、大阪府民として、こんな首長しか選択できなかった大阪市民や大阪
府民に改めて言いたい。選挙は人気投票ではないのだ、ということを。

橋下発言によって、またしても世界が日本を異様な国として評価されてし
まいます。同盟国アメリカからも早速非難が来ています。非難を受けるの
は当然です。

今回の橋下発言は、日本人そのものの評価を下げてしまいます。実にばか
げた発言です。

結局、損失を被るのは日本国民なのです。(弁護士)



━━━━━━━━━━━━━
イランへの経済制裁の抜け道
━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆◇◇ ◆◇◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成25年(2013)5月17日(金曜日)
    通巻第3943号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 イランへの経済制裁の抜け道は中国の石油買いとトルコなどのゴールド
決済
  米国下院外交小委員会は「対イラン向けの金の輸出も差し止めよ」
*********************************

イランへの経済制裁は欧米ならびに多くのくにぐにが協力しているため、
効果が上がっているかに見える。

イランの石油が輸入できないため、日本ではガソリン代金が高騰している。
ところが中国はイランからの石油輸入を減らしただけで禁輸措置を講じて
はいない。

ザル法といえる。

5月15日の米下院議会公聴会でブラッド・シーマン下院議員(民主、カリ
フォルニア)の質問に答えたデービッド・コーヘン財務次官は「イランへ
の不正送金を含め、銀行への凍結、送金禁止措置などはイランならびにイ
ラン系銀行合計28機関になされている」とした。

イランは通貨が国際的にも地域的にも決済手段として使えなくされている
ため、スワップ、バーター取引が出来ない。銀行間の信用状(LC)の開
設もイラン銀行28行が凍結されていては、国際業務が不能となる。

抜け道があった。トルコはイランからの石油輸入代金に金塊をもってあて
た。通貨が駄目なら経済史最古の武器はゴールドだったことを思い出した
のである。

デービッド・コーヘン財務次官は追加措置を「この金塊に関しても禁輸事
項に加えるべきかを検討している」と議会証言している。

現在のイラン制裁ではイラン政府の金購入にのみ、禁止が謳われていても、
石油輸入代金を金塊で代替することまで禁じてはいないからである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌に投稿される御意見は有益なものが多いのですが、情
報をもう少し簡潔にしていただきたいと思います。少々長すぎます(失礼)。
ビジネスでも同様と思いますが、簡潔であることはきわめて重要です。

学生のとき読んだパスカルの『パンセ』には、「今日は時間がないので長
い手紙になった、 今日は時間があるので短い手紙になった」という趣旨
のパートがありました。然りと考えます。(広ノボ)


(宮崎正弘のコメント)パンセの名言、肝に銘じたいものです。文章は書
くより削るほうが難しいとも言いますから。



  ♪
(読者の声2)前号の「R生、ハノイ」氏のホーチミン市でのバイクの罰
金の件ですが、昨年のホーチミン市ではノーヘル・あるいは信号無視の取
締りなのか毎日5〜6人が捕まっているのをみかけました。

日本の警察でも飲酒運転など「取締り強化月間」のようなものがあります
が、ホーチミン市でも定期的に取締り強化月間があるのかもしれません。

ですから青山氏の発言が必ずしも昔の話とは限らないのではないでしょう
か。バンコクでも以前はこんなクソ暑い街でヘルメットなどかぶっていら
れるものか、と誰もヘルメットをかぶらなかったのに、いまではほぼ100
%ヘルメット着用です。バイクタクシーを利用する時も必ずヘルメットを
渡されます。地方ではノーヘルでまったく問題ないのですが。

「ホーチミン市はベトナムの香港」というハノイのバンカーの意見には納
得、ドンコイ地区などバンコク中心部よりも高級車が多い印象でした。

東南アジアで日本車といえばほぼ現地生産のものばかりですが、ホーチミ
ン市では日本やタイ・インドネシアなどでは見たこともない欧州生産や北
米生産のトヨタ車が多くて驚きでした。ベトナムが左ハンドルということ
もあるのでしょうね。(PB生、千葉)



   ♪
(読者の声3)牛肉についてですが、今週の『週刊新潮』で米国産牛肉他
米国産食品の危険性を取り上げています。

本誌は未見ですが、見出しは強烈。
 http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/newest/

TPP交渉に深刻な懸念 中国産に気を取られるあなたの食卓に米国産
「危なすぎる食材」とあります。

▼日本人視察者が目を疑った「肉牛」飼育現場は糞尿まみれ▼米国産「牛
肉」輸入禁止24年で欧州はホルモン依存症ガンが減少▼カリフォルニア産
オレンジに強烈なる「防カビ剤」▼アメリカ名門大学で「養殖サーモンは
年に6回まで」のレポート▼日本で認可されていない「食品添加物」2200
種類がやってくる▼袋を開けたらカビだらけだった「カリフォルニア米」
の有害性▼米通商代表部が「大腸菌付着に問題なし」と冷凍フライドポテ
ト  

アメリカの食肉生産事情を描いた本を読んでからはアメリカの肉は食べら
れません。

アメリカの食肉生産は100年以上も前から食肉処理場で出る廃物(内蔵・糞
尿etc)を再利用して他の家畜のエサにするというものです。卵を産まなく
なった廃鶏やオスのヒヨコ、道路上の轢死動物、不要になったペット、す
べてまとめてタンパク質に加工する。

安い肉には安いエサ、牧場で草を喰む牛どころか、廃棄物の寄せ集めのエ
サで育てられた肉など怖くて食べられません。

さらに女性ホルモン添加のため欧州では米国産牛肉は輸入禁止。それでも
加工食品や蛋白加水分解物などに姿を変えて多くの食品に入り込んでいる
のでしょう。

カンボジアで見たという「よろめき牛(へたり牛)」はアメリカでも数多く
報告されていますが、アメリカは食肉マフィアがすごいですからBSEと認
定されることはまずありません。自社で日本向け牛肉の全頭検査を行うと
いう申し入れをしたパッカーもありましたが申し入れはアメリカ政府によ
り却下でした。(PB生、千葉) 


(宮崎正弘のコメント)ベトナムもさりながら、カンボジアは90%近く
がトヨタでしたね。あれも驚きです。プノンペンの高層ビルは中国と韓国
資本がしのぎを削っていましたが。。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 三島由紀夫『文化防衛論』をめぐるシンポジウム
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
 三島由紀夫『文化防衛論』をめぐって長時間のシンポジウムが行われます

 当日はゲストに松本徹(三島文学記念館館長)と冨岡幸一郎(鎌倉文学
館館長)も参加されます!

 三島由紀夫研究会主催 「文化防衛論」シンポジウム
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

          記
時       平成25年5月25日(土)
午後1時〜午後5時50分(途中コーヒーブレーク・トイレ休憩あり)
所       ホテル・グランドヒル市ヶ谷 西館3F「ペガサスの間」
*(新館左手にある旧館です。ご注意ください。
会費      三島研会員 1,000円
一般      2,000円
  
 <<プログラム>>
1300−1310 「このイベントの意義」 玉川博己(三島研究会代表幹事) 
 1310−1410 第一セッション
・菅谷 誠一郎   「文化防衛論の描く戦前と戦後」
 司会とコメント  宮崎正弘

1410−1420 珈琲ブレーク

1420−1520 第二セッション
・佐々木 俊夫  「文化防衛論と国防思想」
 司会とコメント  藤井厳喜(政治学者)

1520−1620 第三セッション
・浅野 正美   「天皇と文化防衛論」
 司会とコメント  西村幸祐(評論家)

 1620−1630 休憩
 1630−1730 全体討論(松本徹、冨岡幸一郎氏らも参加)
 
各セッションの基調報告終了後、聴衆の皆様からの質疑応答の時間を取り
ます。ぜひ活発な意見、質問をご発言ください。予約は不要です。

なお、シンポジウム終了後、ホテル内の「オリオン」にて懇親会を開催い
たします。

(別途会費5,000円を申し受けます。どなたでも参加できます。ただ
し懇親会のみ事前申込みが必要となります。出席希望の方は、下記事務局
までメールか電話でご連絡ください。席はまだ少し余裕があります)。
 三島由紀夫研究会事務局 090-3201-1740
Eメール  yukokuki@mishima.xii.jp



━━━━━━━━━━━━
岡本綾子の「私の履歴書」
━━━━━━━━━━━━


       馬場伯明

日本経済新聞の最終面(文化欄)には人気の「私の履歴書」の連載がある。
1956(昭和31)年3月1日から始まり57年を超える長寿の読み物である。

2013/5/15現在掲載者総数は764人(765回・松下幸之助:2回)。当初は1
ヶ月に29〜13人。その後1人1ヶ月が定着している。

岡本綾子(62歳。以下「岡本さん」)が2013/5/1から「私の履歴書」に登
場した。ゴルファーでは、ジャック・ニクラウス(2006/2)、青木功
(2010/2)に続く3人目だ。

連載はすでに5月半ばにさしかかった。文句なしにおもしろい。毎朝引き
込まれてしまう。「だんだんよくなる法華の太鼓!」だ。

新聞の性質上対象者は経済界の人が多い。男性総数724人、内男性スポー
ツ競技者25人。女性総数40人、女性スポーツ競技者は岡本さんが第1号で
ある。(このお宝♪読まなきゃ、損々〜)

岡本さんの顕著な成績は知られている。今回の「私の履歴書」では本人が
初めて語る話もあるようだ。前半で私がおもしろいと感じとくに注目した
のは、樋口久子(67歳。以下「樋口さん」)とのやり取りである。

樋口さんは斯界の重鎮である。ゴルフの成績も凄いが日本の女子プロゴル
フ協会を率い、(前)会長として低迷していた協会の再建を指揮した。そ
の功績は絶大なものである。

岡本さんは、先輩の樋口さんに少し甘えながらも、ちくちく絡み、意識し
ながら書いているように思われた。いくつかを抜き書きする。

「(マージャンでは)樋口さんとも卓を囲んだ。考える時間がちょっと長
い樋口さんに『プレーはちゃっちゃやるのに、マージャンは遅いわ』と軽
口をたたいたこともある。(5/12)」

「プロテストの再挑戦は(1975年)10月18日。樋口久子さんに初めて会っ
たのはその前日のことだ。名前を聞いたことがある程度だったが、澄んだ
目は眼光鋭く、一目見ただけで『あっ、この人は違うな』と思った。
(5/10)」 

岡本さんは端から樋口さんを強く意識していたことがわかる。しかし(樋
口さんの)「名前を聞いたことがある程度だったが」とは恐れ入るなあ。

「プロ初優勝は(1975年)11月15日、美津濃トーナメント〈千葉〉である。
私は樋口久子さん、大迫たつ子さんと最終組でプレーした。その試合はギャ
ラリーもロープ内に入れ、ケガで欠場した小林法子さんが樋口さん、大迫
さんと並んで、私の5、6歩先を歩いていた。

すると樋口さんが聞こえよがしに、2人に『岡本って、飛ぶ、飛ぶと言わ
れるけど(大迫)たっちゃんより飛ばないじゃん』。これも駆け引きの一
つなのだろうが、ちょっとびっくりした。(5/11)」

「ホールアウト後、『握手するところを撮らせて』と言われたが、樋口さ
んはカメラマンに向かって『嫌よ、なんで握手しなきゃいけないのよ』。
結局、握手を交わすのだが、あの言葉は強く印象に残っている。(5/11)」

数年後。「ドライバーショットは、飛ばし屋の大迫さんより10ヤード先に。
女王の樋口久子さんと一緒に回ると、最低30ヤードは先を行った。彼女の
ランで転がったボールを、キャリーで越す。(5/14)」状態になった。

ふんふん、岡本さんの「言うた者(もん)勝ち」である。樋口さんは今頃
種々公開されても苦笑するしかない。反論する術がない。「私の履歴書」
が今後回ってくるかどうかもわからないし・・。

「(77年4月、ワールドレディスの18番で)私はアプローチを1メートルほ
どに寄せパー、樋口さんは3パットのボギーだ。樋口さんがパーパットを
外して優勝が決まった瞬間、私は思わずガッツポーズをした。

ところが翌日の新聞に写真が載ると非難囂々。『人のミスを喜んで』とプ
ロ仲間やマスコミにたたかれた。・・・弁解するとよからぬ方向に行きそ
うだから、傷ついたけどぐっと我慢。(それ以降)私は余計に喜怒哀楽を
出さないように心がけた。(5/12)」

無口で口下手の岡本さん。一匹(♀)狼になるっきゃないと、そこで深く
自覚し、米国行きを決意したのではないか。

「この年(1981年)は28戦して・・・10月の山陽クイーンズ(岡山)のプ
レーオフ優勝まで8勝を積みあげた。獲得賞金3233万円余り。日本の女子
プロ初の3000万円プレーヤーになり、初の賞金女王のタイトルをつかんだ」
(5/14)

ところで、山陽クイーンズは私の勤務会社がスポンサーの1社となり、そ
の関係会社が所有する赤坂カントリークラブ(岡山県)で開催された。

岡本さんを追いかけた。1番ホール。堂々たる腰(お尻)だ。間近のギャ
ラリーから驚きの声が洩れた。「ぼっけえ、きょうてえ。でっけえ。(と
ても、怖い。大きい)。(日焼けで)顔も真っ黒けのけえ」。

2番ホールは打ちおろしの右直角ドッグレッグの400ヤード。ショートカッ
トの豪打・・。高い松林の上空からボールがグリーン際へ落ちてきた。

17番は谷越えホールで561ヤード。緩やかな左へS字状の打ちおろしの名
物ホール(パー5)である。岡本さんは2オン(同然)で楽々バーディ。

当時のクラブはパーシモン(木製)でボールは糸巻きなのに桁外れの飛距
離だった。18番ホールのプレーオフで吉川なよ子の連覇を阻んだ。

この大会には磯村まさ子という長身で美人の選手がいた。21歳、170cm。
プロアマ戦で同伴した会社の幹部が「女子プロには『◎』のような人が多
いが彼女で変わる」と嬉しそうに言った。だが、磯村さんは早目に結婚し
大成することなく第一線から消えた。

世界中で最も美しいと言われた岡本さんのスイングである。安定した土台
で、ゆったりしたテイクバックからフィニッシュまでまったく力みがない。
しかし、鋭い腰の切れでヘッドが走りボールはぐ〜んと飛んでいく。

功成り名を遂げた岡本さんだが、今は生まれ故郷の東広島市(旧安芸津町)
の終の棲家に愛犬と同居し、野菜を作り「半農半ゴルフ」の日々だという。
その合間に後輩の女子プロらを教えているらしい。

今、女子プロゴルフ界で岡本綾子門下生が話題になっている。岡本さんの
教えを受けた女子プロが、次々と優勝しまた上位に食い込んでいる。直近
の5/12にも森田理香子が3日目首位、最終3位になった。

秋に広島へ行く。目的は、仲間と旅行、広島カープ応援、本誌投稿者(故)
中村忠之さんの仏前へのお参り。本稿の縁で、岡本さんにワンポイント助
言を貰えたら最高だが! 即、畑仕事を精一杯手伝わなきゃ(笑)。

私はゴルフ歴約40年。長いのが取り柄だ。公式ハンディキャップは最高で
12。80未満のスコアも何回かは出した。20年前にグロス39:38でホームコー
スのハンディ戦のコンペで優勝したこともある。

ところがトホホ! 昨日5/14はあるコンペで、岡本さんの真似でゆったり
振ろうとしたが、成績はメタメタ。じつは、これまでも何回も何回もそう
してきたのだ(笑)。次の5/26の長崎県でのコンペで再挑戦したい。

岡本さんは右打ち(ゴルフ)であっても、優勝ボールはギャラリーへ黄金
の左腕(ソフトボール)で投げていた。今回、「私の履歴書」という直球
を「さあ、どうしますか」と広い世間へ投げ込んできた。

「樋口さんからは『行きたいなら行ったほうがいい。後悔するから』と後
押しされた。(5/15)」樋口さんは米ツアー本格参戦を応援してくれてい
たのである。

しかし「(1981年)10月に協会に休会届けを提出すると『アヤコは日本を
捨てた』とマスコミに取り沙汰され、すったもんだ。(5/15)」となる。

ともあれ「私の履歴書」のアウトコース(5/1〜5/15)は終了した。さあ、
米ツアーのインコース(5/16〜31)ではどんな「ショット」が飛び出すか、
後半月、興味しんしんである。

「私の履歴書」の場は岡本さんの晴れ舞台である。岡本さん、がんがん、
飛ばしてください。(2013/5/15千葉市在住)



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎米国務次官補に知日派の人事 NHK NEWS web 5月16日 8時58分

アメリカのオバマ大統領は、東アジア外交を担当する国務次官補に知日派
として知られるホワイトハウス国家安全保障会議のラッセル・アジア上級
部長を指名すると発表し、日米同盟重視の姿勢を示した人事と受け止めら
れています。

オバマ大統領はことし1月に退任した東アジア・太平洋地域担当のカート
・キャンベル前国務次官補の後任に現在、ホワイトハウス国家安全保障会
議のアジア上級部長を務めるダニエル・ラッセル氏を指名すると発表しま
した。

ラッセル氏は1985年、国務省に入省した外交官で、2005年から大
阪・神戸駐在の総領事、2008年から国務省の日本部長を務めるなど、
日本関係のポストを歴任したほか、90年代にはソウルに駐在し米朝枠組
み合意の交渉にも携わった経験があります。

4年前のオバマ政権発足に伴い、国務省からホワイトハウス国家安全保障
会議の日本・韓国担当部長に転出し、おととし4月、現在のアジア上級部
長に昇格しました。

前任のキャンベル前次官補は、クリントン前国務長官とともにオバマ政権
のアジア重視政策を推進した中心人物で、日米同盟の重要性や課題に精通
した政権きっての知日派として知られていましたが、その後任にもラッセ
ル氏が指名されたことで、引き続き日米同盟重視の姿勢を示した人事と受
け止められています。

ラッセル氏は議会上院で指名が承認された後、正式に国務次官補に就任し、
北朝鮮の核問題や地域で影響力を増す中国への対応など、難しい課題に取
り組むことになります。  (採録 N.H.)



 ◎アジア系女性記者が米国務省会見で「憲法改正」質す

やりとりを聯合ニュースや東亜日報が報じる 

http://www.j-cast.com/2013/05/08174652.html?p=all

シナかアジアだろうとおもったが、詳しいやりとりを報道した国の記者だ
ろう。

朝鮮人が喧嘩するときは、まわりを巻き込んで、相手の悪いことを言い募
り、まわりを説得して、皆で相手をやっつける、という戦法。まさしく、
それ。 日本もやられっぱなしで今まで来たが、猛反撃して相手の10枚
くらい上をいくようにしなくては、戦前と同じになってしまう。(情報収
録:中山)


◎シナだけでなく韓国産食品が日本人の食卓に深く静かに浸透中・・・

http://ameblo.jp/kiyosiro-e/entry-11531642746.html?__from=mixi

 もっと詳しい食品表示を望む。国民の健康は日本の国益。 アメリカは
韓国からの海産物にノロウィルスが入っているので輸入禁止。人糞をその
まま野菜や海苔栽培に。 (情報収録:中山)



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)皇室に必要なのは宮家です。「そもそも宮家(皇族)とは何か? 
わかりやすく言えば、天皇家が断絶の危機にあるとき、代わりに次の天皇
を即位させる『家』のこと」。「『皇族』の誕生」。(まこと)
http://www.tanken.com/miyake.html

 
 2)(宮崎正弘のコメント)体内矛盾を対外矛盾にそらす。独裁者の常
套手段ですが、日本もそれで「黒船」、あるいは日本版のパールハーバー
待ちになります。故片岡鉄哉氏は、「黒船待ちの日本」という本を書かれ
ましたが。。。

ところで円安で韓国、中国が悲鳴をあげたばかりか、フィリピンは出稼ぎ
の送金額が目減りして、タイでも猛烈なインフレで庶民の生活苦。日本で
も輸入があまりにも多いので貿易赤字、ガソリン、電気高騰、つぎはスー
パーの物価暴騰となりそうです。

しかし小生は円安がもう少し進んだほうが良いと思います。理由は優先順
位。つまり日本人の雇用を確保するには工場を国内にもどす、これ以上海
外へでる可能性を防ぐ最良の手段は通貨安だからです。

上記は宮崎正弘メルマ(5/16)からの引用(内容の詳細にとらわれないで
ください)ですが、ここには円安を日本の立場で、巨視的に「どうみるか」
というヒントがありそうです。

彼は雇用を確保する、という目で円安をとらえています。<主要問題の捉
え方>の一例として紹介しました。

さて、橋下氏の慰安婦発言ですが、これに対して、さっそく内外から「橋
下叩き」の意見が出ています。想像したとおりですが、これも冷静にみる
必要がありそうです。

マスコミの報道を眺めると、これでまた参議員選に向けて 「橋下旋風」
「日本維新の会旋風」が再度、起こったように見れます。この旋風は選挙
まで続くでしょう。マスコミが乗った“お陰”です。維新の会はマスコミ
に感謝?です。

さて橋下氏の発言をどうとらえるか?ということ。

産経の“大筋正しいものの、舌足らず” という記事が、問題の現象的な
本質をついていると思われます。

しかし、橋下発言の現象的な面と、片言節句だけをとらえて騒ぐのは大人
気ないとも思われます。保守のなかにも、ここぞとばかり重箱の隅をつつ
く発言も見受けられます、一方 さすがというか、冷静に分析する意見も
見られます。

社会を揺るがす問題には、必ず原因と結果があります。その因果関係をき
ちんと見定めて発言することが肝要です。

橋下氏がなにゆえ、大改革を唱えて大阪維新の会を創ろうとしたのか? 
それは“誰も言わない霞ヶ関支配”に対する反発、つまり“何かがおかし
い!”ということにありました。

それは何事も“お上第一”で、奴隷のように口をつぐむ日本人的体質に対
する批判も含まれるかもしれません(彼が少々傲慢になるのも仕方がない、
彼にはその資格があるのでしょう)。

石原慎太郎氏が彼に接近したのも、この共通項(=日本社会の主要矛盾)
があったからです。これを見逃すと、80歳と43歳との握手の本質は見えま
せん。

ではなぜ今、橋下氏がこの問題発言をしたのか? 必ず何かあった筈。そ
れはずしも瞬間風速の発言とも思われません。じっと考えていたのでしょ
う。

先日、同志とのある昼食会がありました。ここで「日本国憲法は“差別憲
法”だ。保守はこの認識がないから、憲法論議でも左翼を打ちまかすこと
ができない」と。

つまり「諸国民には原爆、ミサイルを保有し、世界を威嚇している国もあ
るのに、なぜ日本だけが彼らの公正と信義を信頼せねばならないのか!?
それは“日本民族だけが獰猛で危険だ”という日本封じ込め以外の何もの
でもない。占領軍圧政下で作られた憲法を後生大事に有り難がっているの
が、左翼であり、かなりの数の政治家どもである!と。

これは実に納得の行く説明で、みな首を縦に振りました。この論理は大変
有効です。徹底的に利用して行きましょう。ここを突けば左翼は何も言え
ません。

もっとも「そのとおり、日本民族こそもっとも危険な民族なのです!」と
切り返してくるかもしれませんが・・・・。そう、実は慰安婦問題も南京
問題も、これと同じ構図、言論空間で日本国が未だ“縛り”を受けている
のです。

橋下氏は、若いながらも、直観でそのことを考え、疑問に思ってきたので
はないでしょうか。勿論、歴史認識において一知半解もありますが・・・
・この一知半解は保守の間でも多々ある・・・・彼だけを批判できません。

つまり最大の「主要矛盾」は何かを抑えて議論すれば、理性の経路にそっ
た議論もできると思います。どうでもいいことは、脇におくことです。問
題はこれを機に、日本をバカにし、徹底的に辱めてきた関係国のプロパガ
ンダの裏事情とドス黒い歴史を、この際一気にばらすことです(勿論“巧
妙に”です)。これで日本維新の会には、また風がめぐってきました。大
いに、この「主要矛盾」を国民に知らしめましょう。

「維新の会こそが、今までのタブーを吹き払い、主要矛盾を国民に訴える
ことのできる唯一の政党なのです!」と堂々叫べばよい。

自民党は安倍政権の着実な進め方(アベノミクスなど)、中韓両国に対す
る適切な先手対応などを堂々とアピールすればよい。維新の会と水面下で
手を握ってやればよい。民主党は・・・・・風前のともしび。今のままで
は、社民党並になるのではないか・・・・・共産党・・・・語るに及ばず。
みんなの党・・・今回の橋下発言に対しても「主要矛盾」を読めない弱点
がありそう。特に党首はもっと勉強して欲しい。以上 (濱田 實)



 3)検証!朝日新聞(NYT)マッチポンプ「従軍慰安婦」報道
http://blogos.com/article/62387/?axis=b:113
「橋下氏の従軍慰安婦に関する発言が大騒動になっております...」

マスメディアのニュースとどう接するかということを、この記事自体とあ
わせて考えさせられます。この前の猪瀬都知事の「失言事件」も、タイミ
ングからすると安倍氏のトルコ訪問と原発プラント売り込みへの妨害工作
だったのかもと思います。

「従軍慰安婦」では、火付け役だったという朝日の記者の名前と顔写真が
ひと頃ネットで流れてましたが、この記者の韓国人義母が韓国で「慰安婦
として糾弾団体に入会したら日本から慰謝料がとれる」として金を集め、
詐欺罪で捕まったという話には唖然とさせられました。

「南京事件」とあわせ、日本国民として朝日新聞自体に集団訴訟が起こせ
ないものかと憤りを感じます。もしそういう動きがあれば、寄付は惜しみ
ませんーーもっとも、本当にそういう動きが出て来ると、それに乗じた詐
欺がでてくるかもしれませんね。(匿名希望)



 4)搬送」は物について言うのだと、どなたかが書かれていましたが、
胸のつかえが下りた気分です。

救急車等が人を「搬送 する」とは奇妙な表現が流行りだしたと思ってい
たら一挙に定着してしまいました。

これは春闘で「輸送」 機関がストをしなくなってからのことなのか?ス
ト前夜に企業が賃貸布団を借りていた頃は、救急車は大和言葉で、人を
「運ぶ」と言っていたように思います。

そのうち「搬入」「搬 出」も人について使われるようになるのかも...

・どうしようもなく定 着してしまったのが、「マイカー」「マイホーム
(または)我が家」。

「バスはここまで、こ れより先はマイカーで」とは「ユア マイカー」
で行けの意味。ついでに、いつぞやの車の広告に「ザ マイカー」という
のもありました。

「被災者には一ヶ月ぶ りの我が家です」も「被災者の我が家」つまり
「彼らの我が家」。でも海外赴任者が帰国しても本人ですら「二年ぶり我
が国です」とは言わない。

・「リスクをとる」は 英語使いの人たちにまで蔓延。

takeは「取る」の他に「食 べる」「購読する」...といろいろの意味があ
ると習ったはずが、カタカナ英語で「リスク」なんて言わずに、「危険」
と訳しておけば「冒す」と訳さざるをえなかったものを...

ただ驚くべきは「リス クをとる」という人たちは例外なく、きちっと
「危険を冒す」という意味で文脈上、誰ひとり間違わずに使っていること。
これはどうしたことか、とにかく凄い!(流 れ雲)



 5)先日も述べましたように、文化放送金曜日朝6:10からのコメン
テーターは、井筒映画監督さんでした。ほとんどの場合、氏のおっしゃる
ことに反発を感じるのですが、今朝は珍しく同感でした。

氏の発言「自民党内に、憲法改正の国民投票法案の投票権年齢を、18才に
引き下げる意見があるそうだが、今の若者はものすごく幼稚化しているの
で、引下げるのではなく、25才ぐらいに引上げるべきだ」(剛)



 6)かくして夢の時代がやってくる:前田 正晶

週刊新潮に連載されていた楡周平の「考えない葦」が5月23日号で最終回
となった。これがその見出しだ。この連載を興味深く読んでいただけに一
寸残念な気がする。

此処に採り上げた最終回では、我が国の雇用の実態が、と言うか会社世界
での働き方とでも言って良いだろうが、時代の変化に呼応してどのように
変化していくかを論じていると読んだ。簡単に言えば面白かった。

詳説は避けるが、彼が予想する雇用と仕事の変化は(来たるべきシステム
はか?)、私がこれまでに何度も繰り返し述べてきた個人が主体で、個人
の能力(優劣と学歴等)を基本に置いたアメリカ式に限りなく近く付いて
いくことなのである。

彼自身がアメリカの会社の日本法人(=所謂外資系)にいたと言っている
だけに、アメリカの会社の組織や人事等の記述は正確であると思う。そし
て彼は政府が取り始めている政策を推進すれば、IT化の限りない進展等々
の多くの変化を考慮して、我が国の会社がどう変わっていくかを予測して
見せていた。

なるほどと思わせられる点が多かった。しかし、彼の経験は「外資系」の
ものであり、私が勤務してアメリカ本社と同じと言うか、本社の事業部を
代表して東京営業所で仕事をしている形態とは明らかに違うものであると
言いたいのだ。

すでに何度か述べたが、WのJapan Limitedは言うなればアメリカ大使館の
内部と同じと思って頂きたい。そこでは当然だがアメリカのコピー用紙は
"Letter size”で215 mm×279 mmであり、我が国の縦長のA4判の210 
mm×297 mmとは違うし、W社では経費伝票までも本社と同じフォーム
で英語でしか記入できないのだ。

アメリカの組織では「営業・総務・経理・人事・製造・法務等々全てを管
轄し権限と責任を持つ"general manager”(GM)が各人と話し合ってその
仕事と責任の範囲を決めて合意の上で"Job description”を作り、それに
従って仕事を進めていく仕組み」になっている。そしてその目標に向かっ
て自分のやり方で突き進む。

そして、1年後に再びGMと各人がその項目別に回顧して成績を判定して、
来年の雇用を継続するか否かに始まって、年俸を決めていくのだ。さらに
各人の仕事の内容が他人と重複することなど基本的にあり得ないのだ。

此処までの結論にジャンプすれば、故に我が国では考えられないような過
剰な負担となる仕事を担当し、少人数の組織が成り立つのである。

故に、少人数は精鋭でなければ成り立たないし、新卒が入ってきて明日か
らでも戦力となり得ることは先ず不可能である。だから、即戦力の中途採
用となるのだ。

極論的に言えば「新卒者は何処か中小企業に行って腕を磨いてから大手の
特定な"Job”=仕事に挑戦せよ」か、「在学中にアルバイトを十分に経験
して明日からでも使えるというところを立証してみせる」か「ビジネスス
クールに行ってMBAを取得してから応募せよ」となる。

楡周平の未来の予測の内容を批判しているのではない。「彼の言うことの
行く手にはこういう文化の違いという難関が控えているのだ」と言ってい
るのだ。自分自身、外資系に勤務した経験がないのだが、聞いた限りでは
組織というか採用形態等は我が国のシステムに近いか、日米の中間点に近
いように思う。日本式に巧みに変換してあるようだ。

此処で一気に結論だが、「アメリカ式にせよ日本式にせよ、各人に向き不
向きがあり、向いていない方に身を投じれば結果が出ないだろうし、そも
そも文化が異なる国のシステムを採用することが即コスト・パフォーマン
ス等々のの改善になり得るかも疑問である」と思う。

自分の例を挙げておくが、これは自慢話ではなく、アメリカ式では個人の
負担が日本では考えられないほど過剰になるという意味で言うのだ。リタ
イヤーした時には年間1億ドルの売上高を秘書1人の指導と協力の下になん
とか達成できていた。これを最終製品となった場合の円建て換算にすれば、
為替レートを無視しても優に120〜130億円にななる。

アメリカのシステムではそこまでできるように創意工夫し、努力してなん
ぼの世界なのだ。因みに、私の後任となったマネージャーは私よりも遙か
にやり手で、これを300億円にまで引き上げた。これが日米韓の企業社会
の文化の違いの産物なのである。

それはその取扱商品によるのではないかと言われそうだが、そういうこと
を論じているのではない。こういう個人の力に依存するところが極めて大
きいシステムが、我が国に向くかということと「給与に見合わない結果し
か出せない者は当然のように追い出されるシステムが我が国の社会通念に
合うか」ということだ。


 7)4月のマイナス16.5%は果たして"bad news”か:前田 正晶

産経が4月のアメリカの住宅着工が対前年同月比で(季節調整値で)マイ
ナス16.5%と報じていた。これは3ヶ月振りであり、11年2月のマイナス
17.9%以来の大幅減だった由。

これは悪いニュースで、アメリカの経済のバロメーターが自動車の販売量
と住宅着工である以上、果たして回復軌道に乗っていたのかどうかという
疑問が出てくるからだ。

此処までは一般論で、紙パルプ産業界にとっても余り芳しくないことだ。
即ち、パルプと紙の原料となる木材チップは丸い原木から四角い製材品を
切り出した後に残る三日月型の周囲(英語はwane)を潰して(残渣チップ
等とも言う)できるのだから。住宅が沢山建てば建材の需要が増えて結果
的にチップが沢山で来るので,価格が下がる可能性も出てくる。

しかし、着工が減少すればチップが出てくる量も比例して減るので供給不
足から値上がりもあり得るのだ。紙・板紙の需要が不振の折から、チップ
の値上がりは悪材料だ、供給不足は兎も角として。また、供給過剰で値下
がりしても、紙そのものの需要が回復してくれなければ何の効果も出てこ
ない。難しいものだ。

今朝のニュースをそういう視点から読んでいた。結論としては、何れにせ
よ「悪いお知らせ」なのだ。



 8)日本維新の会の橋下共同代表の次の反論を支持したい。(N.H.)

橋下氏 アメリカの批判に反論  NHK NEWS WEB 5月17日 12時8分

日本維新の会の橋下共同代表は、インターネットの簡易投稿サイト・ツイッ
ターで、いわゆる従軍慰安婦の問題などを巡るみずからの発言をアメリカ
側が批判していることに関連して、「日本の慰安婦だけを取り上げて、日
本だけを特殊な人種と批判するが、これは違う」などと反論しました。

いわゆる従軍慰安婦の問題などを巡る日本維新の会の橋下共同代表の発言
について、アメリカ国務省のサキ報道官は「異常な発言で不快だ」と述べ
るなど、アメリカ側から批判が出ています。

これに関連して橋下氏は、みずからのツイッターの中で「確かに日本がや
ったことは悪い。揺るぎない事実だ。戦場での性の対応策として、女性を
活用するのは言語道断だ」と述べました。

そのうえで、橋下氏は「アメリカの日本占領期には、日本人女性を活用し
たのではなかったのか。アメリカも世界も、日本の慰安婦だけを取り上げ
て、日本だけを特殊な人種と批判するが、これは違う」と反論しました。

そして、橋下氏は「日本の慰安婦活用を正当化するのは許されないが、日
本だけを特別に非難するのはアンフェアだ。アメリカはフェアを重んじる
国で、人権を尊重する国だろう。そうであればアメリカも、戦場の性の問
題として、世界各国の態度、ふるまいをきちんと検証すべきだ」などと述
べました。  (採録 N.H.)


━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

 
弁明者は弁明すればするほど不利になってゆくのが世の習い陀。この世は
法廷ではない.橋下は弁護士ではあるけれど人生の経験においては不足だ。
ますます不利になって選挙では負ける。

読者:5189人

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp


◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/にまねかれて


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • ACB2013/05/18

    橋下徹共同代表 煙幕 尹昶重元報道官

  • 名無しさん2013/05/18

    http://cokubou.com/archives/28104368.html

    正直、橋下の意見は正論だよな。

  • 名無しさん2013/05/17

    もし、富士山が噴火したら・・・。政府がそんなシュミレーションを立て、国主導での対策を本格化させる模様です。



    政府から南海トラフ地震の衝撃的なシュミレーションが発表され、国内での注意喚起があいついでなされました。被害額220兆円という試算には誰もが息をのみました。