政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針2952号  2013・5・11(土)

2013/05/11

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 2952号
□■■□──────────────────────────□■■□



        2013(平成25)年5月11 日(土)

 
 
                                     中国人は鬼である:Andy  Chang

                        来週の日本株は高値もみあい予想:古澤 襄

             中東は他人事ではない 朝鮮半島は!:西村眞悟

         国土交通大臣は信仰に目覚めよ:尖閣:MoMotarou

                            「女は売り物」今も変わらず:平井修一

                      話 の 福 袋
                    反     響
                    身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第2952 号
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━
中国人は鬼である
━━━━━━━━
  

   Andy  Chang 


中国人に人間性はない。中国人と交渉するとき、相手が道徳や社会ルール
を守ると思うな。私はいつもこう言ってきた。ところが今回の台湾旅行で
は中国人の口からこの警告を聞いたのである。

袁紅氷と言う中国人の作家、思想家がいる。内蒙古に生まれた漢人で、天
安門事件のリーダーの一人。94年に共産党によって貴州に放逐されたが、
2004年にオーストラリアに亡命し、今では台湾で中国の台湾併呑計画につ
いて警告を発している人である。

著書に「台湾大劫難(台湾の大災難)」や「被囚禁的台湾(牢獄に入れら
れた台湾)」がある。中国共産党と中華民国の国民党が合作して台湾併呑
はすでに進行していると警告しているのだ。

今回の台湾旅行で袁紅氷と台湾の現状を討論する機会があったが、その席
で袁氏は中国人は鬼であると喝破したのである。以下は袁紅氷の話である。

●毛沢東の文化革命

中国4千年の歴史にはいたるところに極悪非道な大虐殺が記載されている。
しかしこれらの凶悪犯罪は今日の中国政府の非人道な大虐殺、たとえば法
輪功信者の屠殺に比べたら何でもない。

生きた人間の臓器を取り出して販売し、銃殺してから家族に銃弾の費用を
要求する今の中国人の凶悪ぶりは、古い歴史を見る必要などなく、彼らが
やっている現在の行為を見るだけでよい。

残忍な現在の歴史とは毛沢東の文化革命からである。記録によれば文化革
命で中国人の7千万人が餓死したと言われる。実際にはそれより多かった
かもしれないが、当時の中国の人口は5億と言われていた。

5億人のうちの7千万人、或いはそれ以上が餓死したのだ。毛沢東は実に人
口の14%以上を餓死させたのである。

だが4億の人間はどうやって生き延びたのか?彼らは餓死した人間を喰っ
て生き延びたのである。人が人を食って生き延びた、それが今の中国人で
あり、指導者たちである。

仏陀が言ったように、人間が人肉を喰らえばたちまち人間性を失って鬼に
なる。今の中国人、今の指導者層はみんな鬼だ。毛沢東の文革で地方に放
逐されて生死極限の暮らしを生き延びた彼らに人間性など少しもない。

中国の脅威を恐れるあまり思考力を失った台湾人、正直すぎる日本人やお
人よしのアメリカ人も、中国人と交渉する時には彼らの口先を信用しては
ならない。中国人には世界に通用するルールや孔孟の道徳などもとからな
いと知って対応すべきだ。

彼らは人が人を食う世界で生きてきたのだ。悲しいことに台湾人は中国人
と合理的、平和な話し合いで問題を解決できると思っている。台湾を併呑
するのに理屈やお情けなどかけらもないことを肝に銘じるべきだ。

●習近平と中国共産党の指導者層

彼の話ですぐに思い起こすのは習近平のことである。習近平は正に文化革
命の被害者で、10歳のときすでに洛陽の南にある工場で働き、 15歳の時に
は陝西省の人民公社に飛ばされ、洞穴に住んでいた経歴を持つ。

彼がどのようにして今日の地位までのし上ったかを考えれば、彼の経歴に
人情や容赦などかけらもないと知るべきだ。

習近平は子供の頃から苦労して来たのに、中国の最高指導者となった彼に
は中国の貧民層を解放するとか、人民の生活向上に努力するといった発言
は見られない。彼の言う「中国の夢」とは中国が世界の覇権国家となるこ
とだけである。

彼と同じく中国の指導者たちは、なりふり構わず近親関係や人脈を使って
おのれの栄達を図り、権勢を得たものはあらゆる手段で金を集めることに
奔走し、子弟を国外に出す事しか考えない。

口先だけの愛国思想や共産主義、民主主義などはない、私利私欲を丸出し
にした我利我利亡者である。中国の官僚は上から下まで、程度の差はあれ、
個人の栄達と金銭蒐集に狂奔する鬼畜の世界である。

●凶惨シナに叩頭する台湾人

袁紅氷はオーストラリアに亡命したが、台湾がシナ人に併呑されることを
憂え、最近は台湾に住んで台湾人に啓蒙書を出し、各地で講演して台湾人
に警告を発している。

しかし台湾人の政党を自任する民進党には、中国に媚を売れば政権をとれ
るという中国の甘い宣伝に騙されるものが多く、数人が中国詣でをして中
国との関係を深めようとしている。

謝長廷が中国を訪問したあと、民進党は台湾独立を止めて中国に接近すれ
ば次の選挙で国民党に勝って中華民国の政権をとれると言い出した。袁紅
氷は謝長廷が中国に買収された、台湾は既に滅亡の道を歩き始めていると
警告しているのだ。

人肉を喰って生き延びた中国人に媚を売って、中国人のお情けで政権を取
れると言って憚らない謝長廷は売国奴である。民進党は謝長廷を追放でき
ないばかりか、賛成するものさえいるのだ。

袁紅氷は人肉を喰って鬼畜となった中国人は、台湾人の奴隷根性を嘲笑し
利用して数年内に台湾を併呑してしまうだろうと警告している。

●凶惨シナ人の本性

人肉を喰らい、生死の極限を生き延びた中国人にとって、権力を恐れ、権
力に媚びる台湾人や、過去の富国強兵を忘れず、飽食に飽きて痩せる事に
専念する肥ったアメリカ人を手玉に取るのは容易な事だろう。人間性を失
った中国人と交渉するのに世界のルールや道徳などあるはずがない。

袁紅氷の話聞きながら思い出したのは、「風とともに去れり」のスカーレ
ット・オハラだった。荒廃した荘園に立った彼女は泣きながら天を向いて
「May God be my witness; I will never be hungry again」と誓ったの
だった。二度と餓えることはせぬと誓ったスカーレットにはまだ神を信じ
る心があったが、人肉を喰らった中国人には神佛など存在しないのだ。

[AC通信:No.443](2013/05/07)



━━━━━━━━━━━━━━━
来週の日本株は高値もみあい予想
━━━━━━━━━━━━━━━

 
           古澤 襄
 
次女がロイター・マーケッテング部に在籍していたこともあって、ロイター
・マーケットチームの分析には、とくに関心がある。ロイター経済情報は、
おそらく世界一であろう。
 
為替市場でドル/円が100円の節目を超えたことで、常識的には過熱感
が意識されやすい状況となった。輸出産業はわが世の春を謳歌しているが、
輸入産業にとっては苦難の状況が続いている。
 
しかしロイターは、短期的には過熱感が意識されやすいが、「世界景気の
先行き不透明感は後退しつつあり、海外投資家、個人などの買い意欲は旺
盛。6月中旬にも明らかになる安倍政権の成長戦略への期待も相場を下支
えしそうだ。株価は調整があっても一過性との見方が市場の大勢を占めて
いる」と強気の見方を示している。
 
<(東京 10日 ロイター)来週の東京株式市場は高値もみあいとなり
そうだ。
 
為替が1ドル100円を超える円安に進み、企業業績の先行き上振れ期待が
強くなっている。海外投資家、個人などの買い意欲は旺盛で需給面の不安
も乏しい。
 
緩和マネーの市場流入は継続するとみられるが、これまでの急速な上昇で
過熱感も意識されやすい。日経平均は1万5000円の手前で小休止を交えて
値固めの展開が予想される。
 
日経平均の予想レンジは1万4300円─1万5000円。
 
各国中央銀行の緩和策による流動性相場が続くとの観測から、高いリター
ンを求める資金が日米欧の株式市場に流入している。中でも日本株の上昇
率が際立っており、海外投資家の注目度は高い。
 
「パフォーマンス競争に負けないために日本株を買わざるを得ない状況だ。
円安による目減りを防ぐため為替ヘッジをかける海外勢も多く一段と円安
が進む。株高と円安が同居する構造は崩れにくい」(三菱UFJモルガン
・スタンレー証券シニア投資ストラテジストの吉越昭二氏)とみられてい
る。
 
2013年3月期の決算発表は10日でピークを越えたが、為替市場でドル/円
が100円の節目を超えたことにより、輸出企業を中心に早くも業績予想の
上振れ期待が出ている。
 
自動車、電機大手の2014年3月期想定レートは1ドル90―95円に集中して
いる。100円付近の円安水準が続けば、4―6月期決算が発表される7月
下旬以降には上方修正ラッシュとなる可能性もあり、市場には楽観ムード
が広がっている。 

一方、短期的には過熱感が意識されやすい。
 
4月2日の直近安値(1万1805円78銭)からきょうの高値(1万4636円
81銭)まで23%もの上昇を記録している。終値と25日移動平均線(1万
3533円01銭=10日)とのかい離は7.9%まで拡大した。

「7―8%までかい離が広がるといったんは調整するケースが多い。国内
機関投資家の戻り売りも出やすい水準だ。中長期の株高基調は不変だがス
ピード調整は必要だろう」(岡三オンライン証券チーフストラテジストの
伊藤嘉洋氏)という。
 
世界景気の先行き不透明感は後退しつつあり、海外投資家、個人などの買
い意欲は旺盛。6月中旬にも明らかになる安倍政権の成長戦略への期待も
相場を下支えしそうだ。株価は調整があっても一過性との見方が市場の大
勢を占めている。
 
主なスケジュールでは、15日に3月第3次産業活動指数(経済産業省)、
16日に1─3月GDP1次速報(内閣府)、17日に3月機械受注(内閣府)
が発表される。

海外では13日に4月中国鉱工業生産、16日に4月米住宅着工件数、17日に
5月米ミシガン大消費者信頼感指数速報値などの経済指標が発表される。
(ロイター)>

2013.05.10 Friday name : kajikablog 



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
中東は他人事ではない、ましてをや、朝鮮半島は!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         
                  西村 眞悟
 
 5月3日、国際新聞編集者協会(IPI)は、シリア内戦を取材中に殺さ
れたジャーナリストの山本美香さん(45歳)に、「ワールド・プレス・フ
リーダム・ヒーロー賞」を授与すると発表した。  

 山本美香さんは、昨年8月20日、シリア政府軍の銃撃により9発の銃弾
を受け殺された。反政府「自由シリア軍」スポークスマンが発表した。
 
このシリア内戦の激化によって、シリアとイスラエルの兵力引き離しの為
にゴラン高原に駐留していた我が自衛隊部隊は、本年1月に同高原から撤
退して帰国した。
 
昨年末の総選挙前に野田内閣がゴラン高原の治安が悪化したとして部隊の
撤退を決め、安倍内閣がその撤退を実施したからだ。
 
つまり、駐留が必要ない安全・平穏な時に駐留し、駐留が必要な不穏なと
きに撤退したわけだ。事実、国連がゴラン高原における各国駐留部隊の強
化を決定した矢先に日本部隊だけ撤退した。
 
これ、国際社会の中で、日本だけ恥ずかしいことをしたのだと、前に書い
た。
 
我が国政府は、野田から安倍内閣、民主党から自民公明内閣に変わっても、
こういう恥ずかしいことは同じ内閣のように続けたのであるが、ジャーナ
リストは、危険になれば行かねばならない。だから行った。そして、その
職務中に山本美香さんが殉職した。
 
受賞の報に接し、改めて、彼女の死を悼む。
 
さて、このシリアとイスラエルであるが、5月3日、イスラエル軍は、シ
リアのダマスカスにある軍事研究施設をミサイルで爆撃、破壊した。
 
シリアのアサド政権がイスラエルと敵対関係にある過激なテロ組織である
ヒズボラに高性能の武器を供与することを阻止する為である。
 
この危険が具体化する前に危険の芽を摘むというイスラエルの行動には、
一貫性がある。
 
かつて、イスラエルは、イラクのサダム・フセイン政権が建設中の核施設
を空爆で破壊し、シリアの核施設も空爆で破壊している。従って、イスラ
エルのネタニヤフ首相は、次に、イランが建設中の核施設を空爆するであ
ろう。そうしなければ、完成した原子爆弾はイスラエルに落とされるから
である。
 
今、イスラエルのネタニヤフ首相は、上海を訪問中であるが、日常業務の
ように、軍にダマスカス爆撃のゴーサインを出して国外に出ている。
 
敵の武器庫を破壊することは、既にイスラエル軍のROE(交戦規定)に
定められた事項である。自衛権の行使であるから当然であろう。
 
我が国のように、法が整備されていないから敵基地攻撃はできないという
軍と警察を混同する発想は全くない。ネタニヤフは、首相である限り法で
明確に禁止されていない限り何でもできると思って事実それをしている。
 
なお、現在、ネタニヤフ夫婦は、上海で70年前にヨーロッパから逃れて
きたユダヤ人が造った喫茶店を訪れて感慨にふけっている。そして、上海
の中国人に親切にしてもらったユダヤ人同胞に成り代わって中国人に感謝
している。
 
その70年前に、数万のユダヤ人を特別列車を仕立てて満州に入れてナチス
ドイツから逃し、上海に居住区を造るために尽力したのは誰か。それは、
東条英機関東軍参謀長、樋口季一郎将軍、外交官杉原千畝らの日本人であ
る。
 
ところで、イスラエルは今まで果敢に危険の芽を摘んできた。従って、イ
スラエル周辺国には、核を保有していないから、イスラエルは核攻撃の危
機に晒されていない。
 
しかし、我が国は、ゴラン高原撤退に象徴されるように、憲法前文と9条
のお陰で何もしてこなかった。
 
その結果、我が国は核保有国に取り囲まれており、それらの国は、我が国
に核ミサイルの照準を当てて実戦配備している。このような国は地球上に
我が国しかない。
 
しかも、北朝鮮が、2日前までミサイルを発射しかけていたにもかかわら
ず、何の関心も示した形跡がなくうち過ぎた。米韓合同演習は、他人事の
ように報道されただけだった。
 
安倍内閣!発足以来、ゴラン高原撤退から今まで、中東情勢どころか朝鮮
半島情勢を他人事にように眺めていることにかけては、君らの内閣は、民
主党内閣と変わらんではないか。
 
イスラエルを見習うべし。また上海まで来て支那人に感謝しているネタ二
ヤフ夫妻に、堂々と歴史の真実を伝えるべきだ。それを続けさえすれば、
中韓だけが騒いでいる村山富市談話など、消えてなくなる。
 
2013.05.11 Saturday name : kajikablog



━━━━━━━━━━━━━━━━━
国土交通大臣は信仰に目覚めよ:尖閣
━━━━━━━━━━━━━━━━━


           MoMotarou

名高いギボンの『ロ−マ衰亡史』という名著があります。彼はその中でつ
ぶさにローマの衰亡の史実を検討して、その結論の一つとして、民族とは
何ぞや。民族とは精神であるということを論断しております。(安岡正篤)

           ★

公明党が国土交通大臣に成っているのか違和感がありましたが、やっと意
味がわかりました。

【ch桜 尖閣防衛】驚愕!官邸に隠れて行われた官僚の日米分断・利敵行
為(米海兵隊将校参加阻止)
 http://youtu.be/jMGRT_1XwhM

今回(4月23日)桜船団が尖閣諸島に「漁」出かけました。その船には、
在沖縄米軍海兵隊外交政策部次長が乗り込む予定でしたが、急遽呼び戻さ
れた。以下その概要をch桜から転載します。

(転載開始)
公開日: 2013/05/02 チャネル桜

先日行われた「第13回 尖閣諸島漁業活動」では、実は在沖縄米軍海兵隊
外交政策部次長の職にあるロバート・D・エルドリッヂ氏も参加する予定
であった。

むろん休暇を取り、個人としての参加ではあったが、日米関係に精通し、
「トモダチ作戦」の立案者として知られる氏が集団漁業活動に参加するこ
とには大きな意義があったのだが、当日、那覇空港で緊急連絡が入り、氏
は石垣島に渡ることを断念したのである。

これは、海上保安庁が事前に提出させた漁業活動参加者名簿をチェックし、
霞ヶ関経由で在沖米海兵隊に「御注進」に及んだものであることは明かで
あり、さらに驚愕すべきは、この事実を官邸サイドは全く把握していなか
ったと言うことである。

つまり、官僚が政治家をスルーして尖閣防衛活動を阻害したわけであり、
重大な利敵行為にあたると言える。かねて問題視されてきたチャイナ・ス
クールなどの売国勢力が、安倍政権下でも依然跳梁跋扈しているという事
実について、改めて指摘しておきます。
(終)


■扇千景元国交相の対応と民主党の”それ”

わがMOMO放送局youtube版でアクセスの多いのは「2001年不審船対応」
です。この時北朝鮮の船を射撃し自爆に追い込みました。国土交通大臣は
扇千景さんでした。

職務規定に沿ってとは云え大臣も許可は出していたはずです。そして映像
を直ちに公開するよう指示し、北朝鮮が謀略プロパガンダ放送を始める前
に世論に事実を知らせました。

民主党政権下の例の尖閣諸島における「中国船当たり屋」事件とはまった
く違っておりました。

また今回のch桜漁船団の"漁労"は違法の行為ではありません。共同通信
の動画で中国船の航行妨害の様子を見ました。どういう訳か我が国の巡視
船は我が国の漁船を守るのではなく、逆に漁船の航路の前に巡視船が割り
込み、我が国の船の航路を変えさせようとしたしたことです。

中国船の航路を変えさそうとするのが筋であります。我が国の領海であり
ます。

どうも巡視船の行動が可笑しいなぁと思っていました。なんと!今まで担
当していた海上保安官を全部入れ替えていたそうです。外務省の暗躍も感
じます。海保は事実上、動けない海自の代わりを行っており、隊員に汚名
をきせるべきではありません。

国土交通大臣(海保管轄)を更迭せよ。親中国韓国の大臣では国土と国民
の安全は保障されない!

■だから「幸福の科学」に嗜(たしな)められる

ある日の新聞広告に、「幸福の科学」が「日蓮の精神を忘れたのか」と"
霊言"を載せていました。最近は数々の愛国政治家送り出してきた「生長
の家」も始祖(谷口雅春)の日本礼賛の書を封印したりしております。戦
後教育の結果でしょう。中国での信者獲得のためでもあるのでしょうが残
念ですね。

 第二の日蓮よ現れよ!

 お勧めサイト
 ・杜父魚(かじか)文庫ブログ
  「”脱原発”に逆行したスウェーデン 古澤襄」 
  http://blog.kajika.net/?eid=1003535
 ・ch桜討論310回【守るぞ尖閣】中国の尖閣直接侵略が始まった!
[桜H25/5/2]
  沖縄県民4名参加
  http://youtu.be/cpyn9Ozuhmo 
 
 ・「ウエスト博士「天皇陛下にお仕えしたい」「あれは憲法でない」
   「靖国でなくアーリントンとは何事か」」
   http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5048.html
 *「外務官僚の背骨」渡部亮次郎 −ハンディキャップ国家論
  http://momotarou100.iza.ne.jp/blog/entry/485200 
 *【民族の第−義は精神である】 安岡正篤
  http://momotarou100.iza.ne.jp/blog/entry/2629583/
 ・ 電脳筆写「こころは超臨界」
   http://blog.goo.ne.jp/chorinkai 
 ・「国民自重の心」小泉信三」
  http://momotarou100.iza.ne.jp/blog/entry/470460/

     ★     ★     ★  

■ 謀略
  「スパイの一番大きな目的は、相手国の国策を誤らせる事にある。(中
略)とにかく大東亜戦争で日本は国際謀略というものに引っ掛かって敗北
した。謀略に対して暗かったという、日本の不明がある。決して物量に敗
れたとか何とかというような簡単なものではないということを、諸君達は
知っておいてよろしい」

         ---安岡正篤;「続人間維新」より
         関西師友協会 http://www.siyukai.org/



━━━━━━━━━━━━━
「女は売り物」今も変わらず
━━━━━━━━━━━━━


        平井 修一

宮本常一の「女の民族誌」にはこうある。

<元来貧しい家の女が身を売るということは、もとは極めてありふれたこ
とであったという。男の子は売り物になりにくかったし、売っても安かっ
た。

そこで愛媛県の山間地方では、貧しい家に男の子が生まれたときは喜ばれ
なかったが、女の子が生まれたときは、「姫が生まれた」と喜んだという。
10歳あまりに成長すれば女郎屋などに売ることができたからである>

ずいぶんと残酷な話だが、現実はそうだったのだろう。

日本で女性が金で売買されるようになったのはいつ頃からなのか。おそら
く遊郭が発展した江戸時代には大いに普及していただろう。

よく言われるように売春は最古の職業で、日本でも万葉集の時代から都市
部で売春は行われていたが、中世後期の室町期以降の「浮かれ女」(うか
れめ)「遊び女」(あそびめ)「白拍子」(しらびょうし)などが男相手
の商売として生まれた。

これは歌や舞が仕事で、「性は恋愛感情によるもので、売春目的ではなかっ
た」というが、建前上はそうであっても実際には売春は行われていたろう。

産業としての売春は、安土桃山時代に豊臣秀吉が大坂道頓堀において、遊
女を一箇所に集めた遊郭を作って以降発展し、江戸時代には吉原(江戸)、
島原(長崎)、新町(大坂)は三大遊郭と呼ばれるほどに隆盛した。

女性を集めて遊郭や芸者屋に斡旋していた商人が「女衒」(ぜげん)と呼
ばれるようになったのは元禄時代(1688〜)からで、地方の女衒が貧しい
家の親や兄などから10代前半の少女を買う。それを都会の女衒に売り、都
会の女衒はその女性を遊郭などに売った。彼らは誘拐などで女性を集める
こともあったそうだ。

女衒は「女見」(じょけん)とも言われた。掘り出したばかりのイモのよ
うな少女を鑑定するのだからそれなりのノウハウが必要だ。風来山人の
「細見嗚呼御江戸(さいけんああおえど)」(1774:安永3年)によると、
女衒は少女の目鼻から爪の先、指のそりよう、歩みぶりまで注意して、そ
の後に値段を決める。鑑定の評価として極上、上玉、並玉、下玉という格
付けがあった。

女衒から親などに渡された代金は売られた女性の前借金になり、遊郭で5
年とか10年の年季奉公を勤めて返済していくのだが、借金を重ねることが
多いためになかなか足を洗えなかったようだ。

実際、娘たちはいくらで売買されたのか。飢饉で口減らしをしたいなど売
り手が多ければ安かったろうし、人手不足の時は高かったろう。井原西鶴
の「本朝廿不孝」には貞享4年(1688)、吉野の貧しい娘(16)が島原の茶
屋に身売りし、20両で年季が10年だったという。

新井白石の「折たく柴の記」には正徳元年(1711)に幼い姉妹が遊郭に
105両で売られた話がある。仕込みに費用が掛かるからということで、父
親が受け取ったのは7両にすぎなかったという。

これが高いか安いかは分からないが、貧しい親にとってはありがたい収入
だったようだ。

明治5年(1872)11月、芸娼妓解放令が出された。これにより女衒による
遊女の人身売買は規制されることになったが、娼婦が自由意思で営業して
いるという建前になっただけで、前借金に縛られた境遇という実態は変わ
らなかった。

戦後の1946年(昭和21)、日本の占領政策を担当していたGHQは公娼廃
止指令を出し、女給による売春を行う赤線を除いて遊郭は廃止されること
になった。また、売春防止法が1956年(昭和31)5月に公布、1958年(昭
和33)4月に施行され、これによって赤線も廃止されることになった。

これらにより業者や玄人による売春は影をひそめたが、個人営業の素人に
よる売春は逆に広まったのではないか。また、前借金による事実上の人身
売買も水面下では行われ、それは現代でも続いているようである。産経
(2013.2.9)がこう報じている。

<女性たちを“売春人生”にひきずり込む獣の如き手口

「お兄ちゃん、寄ってってえ」。年配の女性が客を呼び込む傍らで、座椅
子に座った美女が妖艶な笑みを浮かべ、ひらりひらりと手を振った。旧遊
郭として知られる大阪市西区の繁華街、通称「松島新地」で1月、女性に
売春をさせていたスカウトグループの男らが、売春防止法違反などの容疑
で大阪府警に逮捕された。

風俗嬢に暴利のヤミ金融を紹介し、がんじがらめにして売春宿に送り込む
――。こんな極悪手口を得意とし、大阪を中心に暗躍していたスカウトグ
ループに捜査の手が入ったきっかけは、「返しても返しても借金が減らな
い」と悲嘆した女性たちのSOSだった・・・>

まあ、人身売買は問題だが、廓のように風俗産業を特定区画に“隔離”す
るのはいい知恵ではないかと小生は思う。「風俗特区」と言うのか、その
方が趣があっていいのではないか。風俗産業が街中に氾濫するよりは風紀
上もいいと思うのだが・・・(2013/05/11)



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎総務省によると、昨年10月1日時点で、65歳以上の高齢者の人口
は初めて3000万人を超え、総人口に占める割合(高齢化率)は24.1%
と過去最高を更新した。1990年に12.1%だった高齢化率は12年間で倍
になり、全都道府県で65歳以上の人口が14歳以下を上回っている。

高齢化に一段と拍車がかかるこの国に生きる私達は、一般的に、死はどこ
か他人事、まだまだ先のことと受け止めがちではないだろうか。そんな思
いを胸に、京都市伏見区の社会福祉法人「同和園」附属診療所長で医師の
中村仁一氏を訪ねた。中村氏が主宰する京都の市民グループ「自分の死を
考える集い」は今月18年目を迎えた。

特別養護老人ホームの常勤医として多くのお年寄りの死を看取ってきた中
村氏は、「今の日本人には『老・病・死』を自分で引き受ける覚悟がない」
と指摘する。

老も病も死も逃げられるものではない。しかし、現代人は医療に対する過
度な期待を持ち、本来は一方通行であるはずの老いを、病気にすり替えて
回復を期待する。高齢化社会の只中にありながら「老いが受容できなけれ
ば、死が受容できるはずがない」と同氏は語る。

アベノミクスの3本の目の矢「成長戦略」では、「健康」を成長戦略の柱
の一つに据えている。「単なる長生き」ではなく「健康長寿」社会の実現
を目指すという。

現代の価値基準は「健康」「若さ」「生産性」にあり、この基準に照らす
ならば、生産に参加できなくなった老人や病人は劣った者として排除され
る。ゆえに、中高年にはいつまでも若く元気を保つという無言の圧力がか
かってくる。情報の洪水が、さらに健康不安を掻き立てる。

一方、年を取るということは生きる条件が日を追って悪くなることを指す。
老いるとは健やかでなくなることだ。中村氏は「若さや健康のみを重視す
る価値観からの脱却が必要」であり、生産に参加するから尊いのではなく、
どのような状態でも、生きているということには使命があり、存在意義が
あることを忘れないようにすることが大切だと語る。

医療保険制度の財源を支える労働人口が減少する一方で、高齢化で受益者
は増えているため、医療費は膨み、健康保険制度は財政破たんの危機にあ
る。日本医師会はTPP(環太平洋連携協定)参加によって国民皆保険は
崩壊すると訴える。

医療を受ける側にも問題がある。老化は治るものではないが、病院に行っ
て病名を付けてもらうと、そのうちなんとかなると考え、「お年寄りは医
者の飯(メシ)のタネ」になっている。ただ「病名がつこうが、つくまい
が、本人自身が治せないものは医療も治せない」と中村氏は言う。病気を
治癒に導くのは、自分自身であり、自然治癒力だということを忘れてはな
らない。医療や薬はあくまでも脇役で主役は患者だ、と。

戦前の「鴻毛より軽い命」が戦後の「地球より重い命」へとコペルニクス
的転回を経て、日本人は日常生活の場面から死を消し去った。かつては身
近だった「死」は施設や病院など隔離空間に閉じ込められ「死の外注」が
進み、死が日常の場面から追いやられた。

「死が非日常化されたため、本来自然であるはずの現象が、今や不安や恐
怖の対象になってしまっている」と中村氏。医療現場でも実際に「自然死」
を見たことがない医者が増えている。現在、日本人の在宅死は2割ほどで、
残る8割は病院などの施設で最期を迎えている。若さや健康を価値基準と
する社会に、医療への過剰期待も加わって、老も病も、場合によっては死
もコントロールできるという幻想につながる。

「生老病死」は仏教で四苦と言われるが、この場合の苦は苦痛ではなく
「ドゥフカ=思い通りにならないこと」を表す。年を取れば身体的に様々
な不都合・不具合が起きてくる。何とかしてくれるとの期待から、医療に
すがる人が多いが、「生老病死」は本来思い通りにならないのがあたりま
え。死にこだわるのではなく「死を視野に置いて今を生きることの重要性」
を中村氏は説く。

死ぬところから現在を見て、今の生き方を点検し、必要であれば修正を加
える──。今を修正しながら年を積み重ねれば、最期に目をつぶる瞬間、
後悔することが減るだろう。

さらに、老いや死に「あたりまえの日常性」を回復するためには、身近な
人の死から目をそむけず、逃げず、よく見ておくことが必要だ、と中村氏
は言う。(東京 10日 ロイター)2013年 05月 10日 16:28 JST

〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎本部ビル再入札へ 総連、どう動く 関係者が競売参加か 文京区へ
移転も有力

最福寺が朝鮮総連の中央本部ビル購入を断念したことで、少なくとも再入
札が行われる夏までの間、総連側が本部ビルの使用を継続する見通しになっ
た。だが、再入札の結果次第で、再び立ち退きを迫られることも予想され
る。総連側はどう動くのか。

「総連の許宗萬議長ら幹部は、北朝鮮本国から総連本部を『死守せよ』と
命じられている。(再入札でも)総連に近い関係者に入札参加を促すなど、
メンツをかけ水面下での動きを続けるはずだ」と北朝鮮専門のインターネッ
トニュース「デイリーNK」の高英起(コウ・ヨンギ)東京支局長は分析
する。
 
最福寺の池口恵観法主は入札について総連側からの依頼や接触を否定して
いるものの、総連側は第三者による落札を阻止しようと、傘下の商工会幹
部に入札を要請。実体のないペーパー会社を設立し競売に参加する案を検
討していたことが公安筋の調べですでに判明している。
 
本部ビルはJR飯田橋、市ケ谷駅の間で靖国神社に近い好立地。マンショ
ン需要などが見込めるため、デベロッパーなど第三者の手に渡れば、立ち
退きを要請される可能性が高い。
 
公安関係者は「総連は再入札の落札者に賃貸契約を持ちかけるだろうが、
最福寺の例からしても、落札者はおいそれと『貸す』とはいえないはずだ」
と指摘する。
 
立ち退きを迫られた際の移転先として公安関係者が有力視するのが、東京
都文京区白山にある地上13階地下1階建てビル「朝鮮出版会館」だ。同ビ
ルは有限会社「朝鮮出版会館管理会」が平成13年から所有。北朝鮮の核・
ミサイル開発を支援しているとされる「在日本朝鮮人科学技術協会」など
複数の関係組織が入居し、不正輸出事件に際し、警視庁から家宅捜索を受
けたこともある。
 
総連は都内に二十数カ所の拠点を所有するが、「同ビル以外はいずれも一
軒家や小さなビル。中央本部の約100人の職員を収容できないとみられる」
というのが有力視の理由だ。「すでにビルの一部のスペースを空け、移転
準備を進めているとの情報もある」(公安関係者)という。
産経新聞 5月11日(土)7時55分配信 


 ◎【参考情報】
Mak Sakamoto
日本経済新聞 電子版 @nikkeionline 10分
シリア化学兵器使用に「強力な証拠」 米国務長官
http://s.nikkei.com/18zSNea 
概要を表示
シリアの化学兵器使用「強力な証拠ある」 米国務長官
www.nikkei.com 
【ワシントン=吉野直也】ケリー米国務長官は10日、内戦状態が続くシリ
アのアサド政権が反体制派に使用した化学兵器の「強力な証拠がある」と
明言した。2年を超すアサド政権による弾圧で「7万〜10万人が犠牲

みいちゃん @keiko0753 3分
韓国報道官のセクハラ強姦事件、米国全土で大騒ぎに!!!! 大手メディア
がトップニュースで報じる

「報道官がレイプして逃亡なんて前代未聞」「歴史認識がーと言ってる日
に強姦。これで米韓首脳会談も失敗」 
http://www.news-us.jp/article/360397150.html …
Takaさんがリツイート
2013年5月11日 - 10:25

Mak Sakamoto
朝日新聞官邸クラブ
@asahi_kantei
【ハフィントンポスト】【全文掲載です】安倍首相、ハフィントンポスト
参加へhttp://huff.to/18vqPAh @HuffPostJapanさんから
2013年5月11日 - 10:14

安倍首相 ハフポスト参加へ
www.huffingtonpost.jp 
安倍晋三首相がハフィントンポスト日本版にブロガーとして参加すること
が5月9日、決まりました。 安倍首相は同日午後、ハフィントンポスト
米国本国版の創立者のアリアナ・ハフィントンと首相官邸で会談。日本が
抱える様々な問題について議論を重ねた結果、ブロガー参加を快諾しまし
た。

Mak Sakamoto
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 @WSJJapan 11分
外為市況10日 ドル全面高、円急落が手掛かり http://on.wsj.com/12k04LJ 
jp.wsj.com 

10日の外国為替市場では、ドルが主要通貨に対し大幅高。円に対して前日
1ドル=100円00銭を突破したことが手掛かりとなった。 Want to see
more from WSJ Japan?

Mak Sakamoto
【Twitter草紙】 − 「過剰避難」を敢行した行政、その行政に余計な危
険思想を吹き込んだのは何奴じゃ。「放射能許容限度値を恣意的かつ極度
に低く設定」した御用学者連中も咎められるべきであろう − 
Sudoku Smith@SudokuSmith
この件について大半のマスコミは無視を決め込んでますね“@ryoko174: 
震災関連死は大震災後の1年半で2681人、その後の半年間で7名.. しかし
宮城岩手より震災被害が軽度だった福島が全犠牲者の過半数を占めており、
過剰避難の痛ましい実害と言えそうです。
2013年5月11日 - 9:32
@SudokuSmith @ryoko174さんへ返信する
...
See More

Mak Sakamoto
【Twitter草紙】 
ことりん @Braveymithra 1時間
「日本は韓国に対してIMFとODAを通して700億ドル以上払っている。
日本人はどれだけバカなのかと不思議に思うね」>安部晋三の描かれた旗
を切り裂く韓国人 〜海外の反応〜 
http://overseasreactionch.blog.fc2.com/blog-entry-140.html … …

舞鶴の岸壁父 @denden1980 1時間
@Braveymithra これは韓国の国家機密。国民の99%は知らないし、
日本の国民も経済援助だけでなく、戦前、戦後のインフラ整備も知らない。
知らせると反日政策が持たないから。
大和魂さんがリツイート
2013年5月11日 - 8:28

安部晋三の描かれた旗を切り裂く韓国人 〜海外の反応〜|海外の反応ちゃ
んねる
overseasreactionch.blog.fc2.com 
「ニュース」<!--antennash,ct,124,antennash-->に関するページです。
安部晋三の描かれた旗を切り裂く韓国人 〜海外の反応〜 のページ
・  
〔情報収録 − 坂元 誠〕



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)「頂門の一針」にも頻繁に転載される「宮崎正弘の国際ニュース・
早読み」は内容ゆたかで面白いが、宮崎さんの中国語の“実力”にはかね
てから疑問をもっていた。過去にときどき、おかしな記述があったのであ
る。

今回、いい実例があったので指摘したい。

5月10日の「中国の夢」について書いたコラムで宮崎さんは≪世界的に著
名な中国人芸術家のアイメイメイ(文未未)≫と書いたあと、漢字につい
て≪(註 文中の「アイメイメイ(文未未)」の「文」は鍋ぶたをとって、
草冠)≫とダメ押しで書いている。

がっくり。

「未」の北京語音は、「メイ」ではない。「ウェイ」である。「アイウェ
イウェイ」が正しい。

中国語をふつうに使えるひとなら絶対に書かない、「アイメイメイ」など
というフリガナをなぜ振ったのか。

ゴーストライターが書いたか、宮崎さん本人が中国語のしゃべりがかなり
いい加減かの、いずれかである。

もちろん、中国語のしゃべりが多少下手でいらっしゃっても、中国の現状
を的確にフォローしておられる宮崎さんの眼力への敬服がゆらぐものでは
ないけれど。

ちなみに、「艾未未」の「艾」は日本語音読みは「がい」。メールにも使
える漢字である。わざわざ「文の鍋ぶたが…」と説明するには及ばない。

(足立区・泉 幸男)



 2)このところ記憶力減退、スタミナ切れでしょうか。同じ注意が複数
のチャイナウォッチャーからも寄せられました。勘違いですね。次号(1
4日付け)で訂正します。ご指摘有り難う御座います。 (宮崎正弘)



 3)米国の景気回復は本格的と見ているようだった:

偶々、ある銀行の営業第一線にある担当者のある商品のセールス・トーク
を聞いた。YM氏は反論するだろうと思ったが。

そこには「アメリカも景気は住宅等を先頭にしてすでに回復軌道に乗り、
輸出も復調するだろう。米ドルは08年のリーマンショックの頃の底を離れ
本日(10日)は100円を超えた。

アメリカにはインフレ傾向も見えると言う。FRBはドル札を刷りまくって
いるという。黒田新日銀総裁も2%を目指すと明快に言った。

私にはこのままドル高が進んで何れは110円までは行くだろう」という予
測の下に顧客に推薦している方針のように聞こえた。

私は素人が為替相場の予測などが出来る訳がないと信じているが、見せら
れた資料では傾向線は明らかに110円まで行きそうな形をしていた。

「100円の線を越えるのにあれほど時間がかかったのだが、そこを突破し
た以上ドル高が続くのではないか」と言われれば、傾聴する以外なかった。

さて、どうする東京電力他の電力会社と輸出依存の大手製造会社と安倍内
閣。頼みますよ。銀行預金を紙くずにしないで下さいよ。


沖縄は中国領土だと:

私は近年、ないしは尖閣問題が喧しくなった民主党政権当時に、何人かの
所謂評論家・専門家・学者が「中国は何れ沖縄が中国のものと言い出すの
では」と予測したのを聞いた記憶がある。

私にはこの予測が単なる与太話とは聞こえなかったのが恐ろしかった。即
ち、何処かに「中国の属国になれば・・・」と名言(迷言でも良いが)を
吐いた有名な政治家がいたほどだから。

尖閣問題で見せた彼の国の計画的と考えられる領土問題への先手必勝式で
高圧的な対処方式を考えれば、私は見たくもない夢物語的に「漁業船団と
監視船を送り込んで沖縄に接近を図り、此処で一悶着起こして次なる最終
的な目標に向かって徐々に進んでくるだろう」となるのではないかと心配
している。

それは、中国が今更尖閣や他の沖縄県下の島を略奪する経済的なメリット
が大きいとは考えられないからだ。そこで、こういう威嚇的領海侵犯を続
けて我が国を圧迫し、何時かは譲歩させて広範囲な面での経済的・軍事的
・外交的交渉を有利に展開できる下地を作っておく魂胆なのだろうと考え
ている次第だ。

しかも、我が国は外交交渉では論争と対立を回避するようで、常に「冷静
な対応」を旨として真っ向から自国の主張と論旨を展開するのが極めて希
であると思っている。米欧人の、イヤ中国や韓国も含めて良いだろうが、
「これを言うことで失うものがない」という類いの強硬な論争を挑んだの
を聞いた記憶がない。見えざるところでやっておられるのだったらお詫び
せねばなるまいが。

今回はアメリカにどうやって接近したのか、あるいは事前に了解でも取り
付けたのか、朴大統領はアメリカまで行って我が国の「歴史認識」云々す
るまでの無礼さを発揮した。だが、我が国で有り難がっているNY Timesも
ワシントンポストからも妄言と批判されたとは聞いていない。

韓国が我が国よりもロビーイングが巧妙だと一部のマスコミが言っている。
マスコミも外野のようなことを言っている時期でも時代でもあるまい。
「政府が弱い、言うべきことを正々堂々と言え」くらいの援護をしたらど
うだ。このまま放置すれば国難にもなるかと、私は密かに憂いている。

菅官房長官が記者会見で人民日報に抗議して済む事態かどうか、政府(特
に外務省)は毅然んとしてこの暴挙に対応する姿勢を見せて貰いたい貰い
たいものだ。外交ルートを通じた抗議で中国や韓国が揺らいだ例があった
か。(前田正晶)



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


転居して、すでに4日経つが、荷物の山は半分しか消えていない。居間が
現場である。11日は雨で散歩もならずだが、気が滅入るだけだ。早く普通
になりたいものだ。

大統領に随行して訪米中だった韓国の大統領報道官がセクハラを理由に突
如解任された理由はセクハラと報道されたがどうも真相は強姦らしい。な
んで真実をかくすのか。

産経抄(11日)はそれをしっているのか、いないのか。
,
<寝て起きたら、1ドルは100円を超えていた。忘れもしない野田佳彦首
相(当時)が党首討論で、安倍晋三自民党総裁に「衆院を解散してもいい」
と宣言した昨年11 月14 日は79 円台だった。それから6カ月足らずで100
円を突破すると予想した「経済のプロ」はほとんどいなかった。 

▼株高は円安よりも劇的に進み、きのうの日経平均株価は「解散宣言」日
から70%もあがっている。自民党が野党時代には大胆な金融緩和に批判
的だったどこかの経済紙が、いつのまにか熱心にアベノミクスの旗を振っ
ているのはご愛嬌(あいきょう)だが。
 
▼落ちぶれかけた一家が当主交代で再び隆盛になり始めると、隣人は面白
くないらしい。アベノミクスによる円安を中国と韓国はそろって批判して
いるが、難癖をつける材料としてまたもや「靖国」と「歴史認識」を持ち
出してきた。
 
▼韓国の朴槿恵大統領は、オバマ米大統領に「北東アジアの平和のために
は日本が正しい歴史認識を持たねばならない」と訴えた。才媛の誉れ高い
彼女だが、世界のどこにも「正しい歴史認識」などなく、国や民族ごとに
「自分たちが正しいと思っている」歴史認識しかないのが、おわかりでな
いらしい。
 
▼しかも米議会の演説でも日本批判のくだりを挿入する念の入れようであ
る。最近の日韓関係の悪化は、昨年8月に前任者の李明博大統領が、竹島
に強行上陸したことがきっかけだったのをすっかりお忘れのようである。
 
▼人を呪わば穴二つ。朴大統領とともに訪米中だった報道官は、「不適切
な行為をした」という前代未聞の理由で更迭された。在米大使館の実習生
にセクハラ行為をしたのだという。隣人の悪口をあれこれ言う前に、身内
をしっかりしつけるのがリーダーのイロハである。>
 
読者:5183人

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp


◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/05/11

    http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1203/22/news010.html

     

    「やらせライタ」ーに困っている……とあるラーメン店の話

     

     「本業以外の雑務が増えてやりにくい。昔はこんな気を遣う必要なかったのに」――。

     

     過日、20年来の付き合いとなるラーメン店の店主が筆者にこんな愚痴をこぼした。本業とは、もちろん丹誠込めて作る自信作のラーメンのこと。本業以外とは、頻繁に入る取材依頼やインターネット上の口コミ対策を指す。頑固職人でもある店主の悩みを聞くうち、現代社会の歪んだ一面をみた。

     

    やらせライターの手口

     

     冒頭に登場したラーメン店は、JR駅の近くにある小さな店だ。戦後まもなく店を興した先代の跡を継ぐ形で、二代目が切り盛りしている。

     

     本コラムの別稿でも記したが、筆者は他人から好みを押し付けられることも、また、自分の嗜好を強要することも大嫌いなので、この店の名前や味の傾向にも触れない(関連記事)。ただこの店の一番のウリは、長年の修業と自らの研究を重ねた味で、化学調味料や食品添加物を使わない“昔ながらの味”であることを記しておく。

     

     初代の味を進化させた現店主のもとには、先代からの客のほか、最近のチェーン店化した有名店の味を嫌う客が徐々に増え始め、最近は行列ができることも珍しくない。二代目によれば、こうした傾向が見え始めたときから“本業以外”の雑務が増え始めたのだという。

     

     1つ目は、ラーメンに関する著述を専門にするライターや媒体の取材依頼が増えたこと。店を大きくすることに興味のない二代目は、ことごとく取材を断わってきたが、「それでもしつこく依頼が入る」と嘆く。

     

     しつこく、というところにご注目されたし。

     

     こうした取材陣の中には、「週刊誌や専門媒体向けに確実に掲載させるので、取材料金を払え」とズケズケと口にする輩が存外に多いのだとか。その料金は、5万円から中には10万円程度を提示されることがあるという。もちろん、ラーメン以外の料理にも、この種の“いわくつきライター”が多数存在する。やらせライターと言い換えることもできる。

     

     グルメ志向の高まりとともに、週刊誌やその他媒体がこだわりの店や行列のできる店を特集するニーズが上昇傾向をたどっていることも、こうした輩を助長させている側面もある。

     

     「以前なら、怒鳴ってお引き取り願えれば良かったのだが」とは先の二代目店主。しかし最近はこうしたやり方が思わぬ副作用となっているというのだ。

     

    無視できない口コミ

     

     思わぬ副作用とは、インターネット上の口コミだ。

     

     こうしたライター陣のあまりにも非礼な振る舞いに対し、店主は怒鳴った。しかし「あることないことをネット上でさらされてしまった」というのだ。ライターの多くはTwitterやFacebookなどのアカウントを持ち、かつ多くのフォロワーを有しているので、ネット上でその“ウソ”が広がった

     

     ちなみに筆者が某ライターのTwitterをチェックしたところ、やはり“ネガティブ”な発言が並び、これに呼応した向きがリツイートを繰り返していた。

     

     当該のライターとは会ったことはないが、以前から「やらせ」の評判を聞いていたこともあり、どちらの言い分を信じるかと言われれば、即座に店主を取る、という次第。

     

     当然のことながら、店主は新規のお客さんには気を遣っている。丹誠込めて作ったラーメンを多くの人に食べて欲しい、というごくごく当たり前の感情を持っているからだ。

     

     だが、こうしたライターたちの影響力は、インターネット上では存外に大きい。中には、「店に法外なカネを要求して紹介記事を書いている」ことを知らない読者もある。純粋な気持ちでラーメン店を探す向きに対し、こうした輩がネガティブな情報を流している、という側面も確実に存在するのだ。

     

     本稿では、この二代目店主のことをあえて“頑固”と称しているが、この頑固という意味は、自分の仕事に妥協しない、という意味だ。決して、客に対して無礼な振る舞いをしたり、法外な料金を要求するような店主ではない。

     

     長年の付き合いのある店主からこうした話を聞いたあと、筆者は改めて“自分の舌は自分で作る”という思いを強くした。

     

     もちろん、ネット上で店の情報を探しだすのは便利な行為であり、これを否定するつもりは毛頭ない。だが、“作られた口コミ”、あるいは意図せざるネガティブ情報に左右される環境は、健全ではないと強く感じている。

     

  • 名無しさん2013/05/11

    とっても不思議な現象を発見。

     

     

     

    5月7日、フィリピン・ルソン島にあるマヨン山が午前8時(日本時間午前9時)ごろ噴火した。

     

    そして、7日の夜、今度はメキシコの首都メキシコ・シティの南東にあるポポカテペトル山の火口から、火山灰が3200メートルもの高さに噴き上がった。

     

    メキシコとは時差が15時間ほどあるから、日本だと8日の午前中になるのかな。

     

     

     

    この二つの火山は、いずれも活火山としてかなり活発なので、噴火自体はそれほど珍しくはない。

     

     

     

     

     

    そこでマヨン山だけど、これが成層火山で、日系人から「ルソン富士」とか「フィリピンの富士山」とか呼ばれている山だったのだ。

     

     

     





     

     

    えっ、これって富士山じゃないの、と思わず言いたくなるほど似ている。

     

















    夏の、まるで雪が無いときの富士山だよね。

     







    聞くところでは、富士山以上に完璧な美しい円錐の形を成しているとのことだ。

     

    たしかに美しい。 

     

     

     













    そして、もうひとつのメキシコのポポカテペトル山だけど、こちらも成層火山で、これがまた富士山にそっくりだったのだ。

     







     

     

     

     

    どう見ても富士山にしか見えないんだけど。

     











     

     

    こちらも、やはり、日系人や日本人からメキシコ富士と呼ばれるそうだ。

     

    まるで赤富士だよね。

     











     

     

    大爆発して、噴煙をあげているところ。 

     

     

     



    これがもし、本物の富士山でおきようものなら、災害規模は桁違いで、とんでもないことになる。

     

    どうにかこれでおさまってほしいよね〜。 

  • 名無しさん2013/05/11

    勉強も、やはり習慣にしないとダメなようです。小さいころからコンスタントにずっと続ける、そういう習慣が無い人、あるいは何かをやると、その分他のことをやらなくなる人は、それが習慣になっていて、その習慣からなかなか抜け出せないようです。

     

     

     

     だから、何かが変わったりしたときは、その良い部分を習慣にするように努力しないといけないです。そうしないと、油断するといずれまた、元に戻ってしまうのは目に見えてますからね。

     

     自分自身でも努力をしなければ、悪い習慣は心底から改まらないものです。 

     

     でも、見事に悪い習慣から抜け出して、良い習慣さえ身につけることができたら、きっと、人間の能力も実力も、どんどん身に付いていくのではないかと思います。

     

      

     

     人間のそれまでにつちかってきた習慣というものの恐ろしさ、そして、正しい習慣を身につけることの大切さを、ひしひしと感じるのでした。

     

     口だけにならないようにしたいですね。

     

     

     

      

  • 名無しさん2013/05/11

    民主党、共産党の連中よく見たか、お前たちが応援している、人肉食人チャイナ人、強姦文化、売春婦輸出でGDPの5%を稼ぐ朝鮮人、この2国人を早く国外追放せよ、最近神戸、大阪、京都関西地区で殺人や強姦、社会保険不正受給が多いのは、チャイナ人、韓国人が多いせいです、関西の経済団体がチャイナ人を増やせと叫んでいるらしいが、金さえ手にすれば良いとの考えは国を滅ぼす、えげつない商人が多いのは江戸時代からか、橋下さん、関西を掃除してくれ。黒ラブ

  • 名無しさん2013/05/11

    中国の膨張主義もここまで来たかとあきれ返る言いがかりである。



     8日付「人民日報」が沖縄県の帰属について、「未解決」とし、中国に領有権があると示唆する研究者の論文を掲載した。



     こんな誇大妄想的な暴論を、習近平政権の意向を忠実に反映する中国共産党機関紙が掲載した意図を怪しまざるを得ない。



     論文は、日清戦争後の1895年の下関条約調印の際、「台湾と(尖閣諸島を含む)付属諸島、澎湖諸島、琉球(沖縄)が日本に奪われた」と指摘した上で、「歴史的に未解決の琉球問題を再び議論できる時が来た」と主張した。



     菅官房長官が、「沖縄は歴史的にも国際的にも我が国の領土であることは紛れもないことだ」と述べ、論文が「中国政府の立場であるならば、断固として受け入れられない」と、中国側に厳重に抗議したのは当然である。



     沖縄への「領有権」主張は中国で反日デモのスローガンや一部学者の論文には登場していた。だが中国政府が領有権を主張したり、具体的な行動を起こしたりしたことはない。さすがに根拠がないことを認識しているからだろう。



     中国外務省の報道官は記者会見で論文に言及し、「学術界が長期間注目してきた問題だ」としただけで、領有権に触れなかった。



     中国政府は日本政府に対し、「研究者が個人の資格で執筆したもの」と説明したという。



     だが、今回の人民日報の論文を軽視するわけにはいかない。



     沖縄県・尖閣諸島を、国家主権や領土保全など絶対に譲歩できない国益を指す「核心的利益」の対象に初めて位置づけたのが昨年1月の人民日報だったからだ。



     その後、中国政府はこの言葉の使用を避けていたが、今年4月には、外務省報道官が公式に明言する事態となった。



     それから2週間足らずで今回の論文を掲載した背景には、尖閣諸島をめぐって対立する安倍政権に圧力をかけて揺さぶろうとする習政権の狙いがあろう。



     習政権は最近、日本の尖閣諸島に対する実効支配を切り崩そうと、尖閣周辺の領海に監視船を侵入させる示威活動を一段とエスカレートさせている。



     中国が示威活動と並行して、尖閣と沖縄を組み合わせた独自の主張を展開する宣伝戦に出てくることを警戒する必要がある。



     日本政府は中国の主張がいかに不当であるかを、国際社会で積極的に訴えていかねばならない。



    (2013年5月10日01時39分  読売新聞)



    沖縄の「領有権」 中国の主張は誇大妄想気味だ(5月10日付・読売社説)

    http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20130509-OYT1T01673.htm