政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針2951号  2013・5・10(金)

2013/05/10

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 2951号
□■■□──────────────────────────□■■□



        2013(平成25)年5月10 日(金)



                                「中国の夢」は「投票」:宮崎正弘

         沖縄全体の奪取を狙う中国の露骨な意図:古澤 襄

            対米宣伝工作で安倍は韓国に完敗した:杉浦正章

                         北朝鮮への抑止力ゼロの日本:古森義久

                                スッピン女にゴミ出し男:平井修一

                      話 の 福 袋
                    反     響
                    身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第2951 号
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━
「中国の夢」は「投票」
━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆◇◇ ◆◇◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成25年(2013)5月10日(金曜日)
   通巻第3939号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 「中国の夢」は千差万別の筈であり、国民の其れは「投票権」
  言論の自由のない国に、上から押しつけられる「夢」は「幻想」
********************************

「中国夢」は習近平がいうには「愛国主義による中華民族の復興」
李克強首相は「きれいな空気を吸い、安全な食品を食べ、水道の水がのめ
ること」

ネットに現れたパラノイア的ネチズンの「中国夢」は「日本民族殲滅。中
国空母のハワイ給油寄港。沖縄奪還(琉球回復)」であるそうな。

ところが政府批判の或る中国人はこう言う。「中国の夢? 軍人にとって
のそれは、動く空母、落ちない戦闘機、弾倉の外れない機関銃じゃないか」

さて世界的に著名な中国人芸術家のアイメイメイ(文未未)はドイツのメ
ディアから取材を受けて、「中国の夢、それは簡単さ。国民が投票権を得
ることだ」と答えた。「人権が守られるというなら誰にも発言できる権利
があるから」。

米国在住の人権活動家、魏京生は米国メディアの取材に答えた。

「中国夢? それぞれが個性的な夢を抱いているはずで、生活が豊かにな
り、各種の権利が補償される制度。つまり言論の自由を実現することであ
り、各自が投票権をもつのは当然ではないか。国民を抑制し、一部の特権
階級だけが富むという異様な現状は投票権を国民の全てがもつと簡単に覆
せるからね」

(註 文中の「アイメイメイ(文未未)」の「文」は鍋ぶたをとって、草冠)
   □   ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)日本国体学会では、これまで「国体文化講演会」を開催し
て参りましたが、本年からリニューアルを図り、「国体の核心に迫る、まっ
たく新しいシリーズ講演会」として、「国体」研究の最前線に立つ若手研
究者を講師として招聘したいと考えています。

来る5月31日の第35回国体文化講演会では、気鋭の神道研究者である菅浩
二先生(國學院大學神道文化学部・研究開発推進機構准教授)をお招きし
て、「戦時経済論と記紀神話解釈―難波田春夫の国体論」と題して講演を
行って頂きます。

「皇道経済学」を掲げ『国家と経済』を著した経済学者・難波田春夫は何
を考えていたのか。

神道研究者の立場からその国体思想を解き明かして頂けると存じます。是
非ともお気軽にご参加下さい。

               記

日時  平成25年5月31日(金)18時15分開場(18時30分開会)

会場  学士会館302号室 (昨年と会場が変わっております。ご注意下
              さい)
     http://www.gakushikaikan.co.jp/info/access.html
(都営三田線/都営新宿線/半蔵門線 「神保町」駅A9出口徒歩1分
 東京メトロ東西線 「竹橋」駅3a出口徒歩5分)
協力費  千円
主催   日本国体学会(東京都武蔵野市関前5-21-33)
電話0422-51-4403 FAX0422-55-7372
Eメール kokutaigakkai@kokutaigakkai.com
          (金子宗徳)



  ♪
(読者の声2)貴誌前号にでた「PB生」様の「ベトナムではほぼ100%売春
をもちかけてくる」・・・

今は変わりました。そういうことはいまやないです。手古希だけですね。
LOL 但し、ホンダガールはホーチミン3区、10区に沢山います。バイクで
走っていると囲まれます。

1区は公安が見張っているのでほぼいません。1区にいるのはレディボーイ
でレディボーイは頭が目茶良い人種なので旅行者は酷い目に遭う可能性が
高いので誘いに乗らない方が良いです。iphoneなんてとられた話しよくき
きますのでご注意。

またハノイにはほとんどホンダガールはいません。これは首都ということ
で取り締まりがきついということですが、私は冬は寒い気候のせいでもあ
るのではとおもっております。

今回は私も4月末カンボジアのシアヌークビル、プノンペンに行ってまい
りました。

まずプノンペン・ナウはマッサージひな壇のあるホテルは数個になってし
まいました。カジノホテルもナーガホテルとちょぼちょぼです。

ひな壇ホテルでは売春が行われているはずですが、もはやプノンペンはそ
ういう風俗の街ではなくなっています。但し在住者によると、西洋人のペ
ドフィリアがまだかなり潜んでいるそうで、暗闇のなかではまだ色々とコ
ネとアクティビティがあるのでしょう。

なにしろ貧困を感じる街ですからね。プノンペン(カンボジア)はインド
シナ半島で一番治安の悪い町なのではないでしょう(私は4月後半でイン
ドシナ5カ国回りました)。フンセン政権によってUNTAC時代の少女売春の
時代よりはずっとよくなったもののまだまだです。

不動産価格はここ10年で100倍になりましたが、これと治安は別で、3月も
日本人がツクツクに強殺にあいました。在住者の話しによると、ナーガカ
ジノで大もうけ後、カラオケで大もうけも見せびらかして、カラオケ女が
殺人ツクツクへ連絡したとか。死者の名誉がかかわるのであくまで噂です。

夜は私でも緊張して歩いてしまう雰囲気があります。わたしは、外国人向
けカフェが立ち並ぶウエルシーな地域に泊まったのですがそれでも夜は危
いと感じました。

だから、ツクツクやモタサイに昼間話しかけられたときも決してめんどく
さくても無視はせずに、「3キュ、アイルウォークダウン」といって返事
しましたし、料金は明らかに大目を挙げました。念のため・・・目を付け
られないように。

シェムリップは3度位いきましたが、あの綺麗な河に死体が溢れていたん
ですか?現実とは恐ろしいですね。

今回はシアヌークビルで2泊しましたが、プノンペン、シアヌークビルの
道路状況は良くないです。またカンボジアでは警察=強盗と認識したほう
がいいです。

わたしは夜道をフラッシュ炊いてあるいていたら危うく警察にカメラを撮
られそうになりました。ヘルプウと叫んで隙をみて道路の向こう側に走っ
て逃げてなんとかカメラは無事でした。

あいつら(警察)は給料がすくなくて生活できないからと言い訳してます
が、とんでもないやつらです。警察がセキュリティーを悪くしています。
日本人観光地の5S(shopping security, sightseeing, seefood, sex)
のうち、シアヌークビルは3個以上足りたいですね。

タイのパタヤのほうがずっとましです。但し、ビーチは綺麗でしたが。前
回、シアヌークビルにいったときにビーチパラソルにいると売り子がくる
シャコをいっぱい食べたのですが、今回はたべませんでした。

理由は、前回食べたことをある日本人にいうと、内乱時には死体にシャコ
が群がっていたときいたので・・・・

光があれば陰がある。カンボジアに住むベトナム人は平均的に質が悪いで
す。

旅行者のベトナム人はよし。カンボジアでは特にベトナム人は警戒したほ
うがよい。少数民族になると、貧すれば鈍すで汚いことをするようになる
のでしょうか。

ところでシアヌークビルでバスのなかから奇妙なものをみました。それは
家畜の牛の群れなのですが、そのなかに一頭ほどよろめく牛がいました。
TV等でみたBSEの牛と同じ症状です。見間違いではありません。

これには私は怖くなってしまい、忘れられません。大丈夫なのでしょうか?
みなさまにご報告したいと思います。

最後に、マルハンジャパン銀行にあったわたしの口座からは毎月5ドル差
し引かれていて残金がありませんでした。

マルハンの説明では政府の政策(2年以上取引がないと口座管理料金をと
る)ということでしたが、あとで銀行関係者に聞くと、「そんなのは誰に
もわからない。おそらくマルハンがガメている」とのこと。

ああいうところに口座を作った自分がバカだった。しかし、噂どおりです
ね・・マルハン。ま・・損失はたかが1000円程度で問題なし。その後、懲
りずにSBIの北尾氏が90%投資をするというプノンペン商業銀行(ここは
各所に支店をみました)の本店(プノンペンタワー)に500ドル3年定期作
りました。利率は7.5%。ドル金利が7.5%ですからすごいですね。北尾さ
んって在日でしたっけ?

またモニポンとシアヌークビルブルボードの交点の韓国デベロッパーがやっ
ている42階建て高層ビルはまだ建設が中断しています。2008年くらいから
中断していますから、もう5年中断。

だめでしょ。鉄骨さびさびです。また、セントラルマーケット近くにある
カナディアンタワーにいってきました。26階に韓国証券取引所と協力して
作ったカンボジア証券取引所CMXが入っています。

面白かったのは、ドアの絵。CMX指数が鰻登りで上昇しています。これは
日本でやれば投資家に誤解をまねくということで、問題になるでしょうね。

カナディアンタワーからは埋め立てされた湖の跡地=更地がみえました。
また、首相官邸やプノンペン駅(現在、使用せず)。ある韓国人から首相
官邸は中国からプレゼントされたものと聞いたが、これは事実か?

フンセンはもっとプライドがある、強いカンボジア人=独裁者、のように
みえるが。誰かご存知でしょうか? フンセン首相は海南島出身だが、ベ
トナムに亡命し、ベトナム系ともいわれています。

彼がシナの建設した官邸なんぞに入りはずはないとおもうのだが。カネが
すべての人なのか。

シアヌークビルではベトナムのSIM(モビフォン製)でハノイへ電話可能
でした。これは驚きました。ずっと通じているわけではなくて、その後は
通じなくなりましたが。地図で確認すると、シアヌークビルとベトナム領
フーコック島はとても近いんですね。

ちかさを実感しました。なお、ビエンチャン(ラオス)からもタイのSIM
でタイへ電話可能です。

断片的なレポートでした。読み飛ばしていただいて結構です。
                        (RE生、ハノイ)


(宮崎正弘のコメント)海南島の緯度はハノイより南ですね。フンセンは
ベトナムの代理人の如く、同時に中国とバランスをとる遠交近攻外交。カ
ンボジアのマスコミを完全に抑えていますが、国民の信は薄いと見ました。

ところでベトナムの「ホンダガール」って何ですか? 街娼のこと? 小
生の連想ではバイクで配達される売春婦あたりですが。。。。

いまから40年前、サイゴンで「ホンダ」というのは、交通事故のことでし
たが、いまは「バイク全般」(川崎でもスズキでも中国製でも、なんでも)
を「ホンダ」と言うようですね。しかも往時はやった中国製は下火、なに
しろ安くてもすぐに壊れるので、ベトナム人は日本製バイクにしか乗らな
い由でした。
    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 903】      
   ――「いかになんでも不愉快になって了う」(里見の下々)
          『満支一見』(里見トン 春陽堂 昭和8年)


監獄ときたら、やはりモノの順序として次は骨董品ということになろうか。
ある日、里見は骨董品街で有名な瑠璃廠に出向いた。

そこで里見は、「もともと古道具屋で、売り手が支那人で、買い手が他国
人と来たら、謂わば三拍子揃ったようなもので、吹っかける方があたりま
えだ、と誰でも考えるだろうし、私もその点は重々斟酌しているのだが、
ものには凡そ程というものがあるべきだ」と、覚悟の程を披瀝する。だが、
そんな斟酌は吹っ飛んでしまった。

「・・・こっちで、3円ぐらいなら、と思って聞いた古時計を300円と云っ
たり、10円までならば、と思う土中物を500円と吹っかけたり、てんでお
話にならない馬鹿値で、全く上顎と下顎のぶつかり放題、出たとこ勝負の
あてずッぽうでやらかすのだから、いかになんでも不愉快になって了」っ
た、というわけだ。

「値段は、いかに出鱈目でも、結局売り手の勝手で、文句のつけようはな」
く、日本だって同じような事情だが、「あくどさに於て、気の長さに於て、
自惚れの強さに於て、所詮比較にならないものがある」。加えて品物選び
をする客に、まるで万引きでもするかのような猜疑の態度で応じる。その
態度が「癪にさわること夥しい」。

だから、「商売上手は支那人の国民性と云われるくらい、全世界に名だた
るものだが、少なくとも瑠璃廠の古道具屋で吾々がうけた客扱いを以って
云うなら陋劣至極なものだ」と結論づけた。

だからインチキ物をつかまされることも、暴利を貪られることも、だいい
ち買い物をせずに済んだのだから、「それを思えば、かしこの番頭さんた
ちよ、多謝! 多謝!」ということになるわけだ。

北京郊外への小旅行に出かける列車でのことだ、「通路一面、薄汚い支那
人が座り込んでいようという有様で、全く足の踏みどもない」が、混雑の
中を「背を押し、膝を起させて、纔に片足を容れるに足るだけの床を、次
から次へと割り出して」先に進んだ。

暫らくすると列車警護の兵士と別の兵士との間で座席争いがはじまり、里
見の前に「六尺近い大男の、猛ったのが立ちはだかることになった。

口角の泡は、文字通り霧を生じ、雨と変じて降りかかってくる。だんだん
に身を退こうとすると、(案内者の)S氏が、二三人おいた彼方から手を
振ってみせて、だいじょぶ、だいじょぶ、支那の喧嘩はどんなにひどくなっ
ても、めったに手出しするようなことはないから、と宥めるように云って
くれる。――このうえ側杖をくってたまるもんじゃない」。

「支那の喧嘩というやつは、S氏が云う通り、成程手は出さないが、その
代わりなかなか埒もあかず、発車間際から。かれこれ一時間も続いたろう」。
里見にとって、喧嘩見物は暫しの退屈しのぎとなったらしい。

喧嘩が収まる頃合いを見計らったかのように、今度は客車の一角が厨房に
化ける。

「客車のなかには、鉄製の、丈二尺あまりのストオヴがあって、寒さの心
配だけは要らないのだが、そのあたりにいくらか身動きの余地が生じた頃
から、一人の薄汚い支那人がちょこまかし始めたと思うと、忽ち化して、
それは、竈となるのだ。

棚の上からの箱からは、鍋が出る、包丁が出る、飯櫃が出る、葱が出る、?
包の肉が出る、卵が出る」。客車の一角が一瞬で厨房と化す。
さすがの里見も、「手品使いの早業だ」と唖然・・・呆然。
《QED》    
 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
沖縄全体の奪取を狙う中国の露骨な意図
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
              古澤 襄
 
沖縄県の日本帰属の正当性を否定する中国の学者論文を”妄言”で片付け
るのは簡単だが、この筋違いの論文は中国共産党の機関紙「人民日報」に
掲載された。そのことを日本政府としては厳しく糾弾すべきで、単なる抗
議で済ますべきではない。謝罪を求めるべきであろう。
 
産経新聞は[主張]で、「人民日報」の沖縄論文は筋違いの妄言で看過で
きぬ・・・指摘した。人民日報の論文は、尖閣だけではなく、沖縄全体の
奪取を狙う中国の露骨な意図が透けてみえる。中国側の政治的な意図には、
日本はすばやく反撃しなければならない。沖縄県民の不安を払拭するため
にも、ためらうべきではない。
 
在日米軍の基地が沖縄に集中していることに、県民が抗議行動をしている
のは民意としてやむにやまれぬものだ。それを沖縄に野望を抱く中国が利
用しようとしている。卑劣な試みではないか。
 
そのことを見分けて、中国に素早く反撃することが、いま一番必要なこと
だ。後手に回ることを怖れる。
 
<開いた口がふさがらないとは、まさにこれをいう。中国共産党の機関紙
「人民日報」が尖閣諸島(沖縄県石垣市)に対する中国の領有権を主張し、
沖縄県の日本帰属の正当性をも否定する学者の論文を掲載した。
 
沖縄について「明・清両朝の時期には中国の藩属国だった」としながら、
その後「独立国家だった琉球を日本が武力で併合した」とし、「未解決の
問題だ。改めて議論する時期が来た」と論じている。妄言以外の何物でも
ない。
 
沖縄県はまぎれもなく日本だ。沖縄の一部に基地問題をめぐって「独立論」
もくすぶる中、一党独裁政権の見解を反映する人民日報が「未解決」と断
じたことは重大だ。軍事力を背景に尖閣の奪取を狙って、沖縄全体を国際
社会向けの「世論戦」の材料にする揺さぶり戦術の可能性もある。
 
菅義偉官房長官が「全く不見識な見解」と中国に抗議したのに対し、回答
は「研究者が個人の資格で執筆した」と極めて不誠実だった。中国政府は
謝罪すべきだ。
 
沖縄県について中国と台湾は、日本領土として公式に認めていない。沖縄
県の地位を中台が問題にするのは、日本が受諾したポツダム宣言に「日本
国の主権は本州、北海道、九州、四国並びに吾等の決定する諸小島に局限
せらるべし」との一節があったためだ。
 
連合国の一員であり、かつての宗主国を関与させずに日米間で沖縄返還を
決めたことへの反発がにじんでいる。
 
中国で、沖縄の地位を未確定とする学者の論文は以前にも発表された。沖
縄は台湾や尖閣とともに日本に奪い取られた、との一方的な言論も少なく
ない。
 
この問題は5年前、米上院軍事委員会の公聴会でも取り上げられた。当時
の米太平洋軍司令官は中国側の思惑に関し「中国海軍高官から、ハワイを
境に米中が太平洋を東西に分割管理してはどうか、と提案された」と証言
した。
 
中国にとって沖縄は、台湾−フィリピンへと延びる事実上の対米防衛ライ
ン「第1列島線」の起点として重要な意味をもつ。中国海軍艦船の沖縄近
海での航行が常態化しているのもこのためだ。
 
今回の人民日報の論文からは、尖閣だけではなく、沖縄全体の奪取を狙う
中国の露骨な意図が透けてみえる。「世論戦」ではすばやく反撃しなけれ
ばならない。(産経・主張)>
 
<<中国と沖縄…「朝貢」踏まえくすぶる分離論 毛沢東以前に先祖返り
>>
 
<中国政府は、国交正常化前の沖縄返還問題にさかのぼって、沖縄の日本
帰属を支持してきた。明清二代の王朝が琉球王国の朝貢を受けてきた歴史
を踏まえ、歴代の中国では沖縄の分離を模索する議論がくすぶってきたも
のの、今回の論文は新中国成立後の既定路線を踏み外す内容といえる。
 
中国共産党機関紙「人民日報」(8日付)の掲載論文は、明治政府による
沖縄県設置を「琉球王国の併呑」と批判し、沖縄の地位を「歴史的な懸案
であり、未解決の問題」とした。
 
これは、反米主義の立場から、米軍基地撤去の要求とならび、沖縄の本土
返還の訴えを「日本人民の正義の闘争」と支持した毛沢東の外交談話(1
964年1月)から離れた主張だ。
 
研究者によれば、新中国の首相を務めた周恩来は、早くも51年8月の声
明で沖縄、小笠原への米国の統治を批判し、「これらの島嶼(とうしょ)
が過去、どんな国際協定の下でも、日本を離脱すると規定されたことはな
い」として、沖縄への日本の主権を明確に認めていた。
 
沖縄の法的な地位を「未定」と論じ、中国の影響力拡大をもくろむ論文の
視点は、新中国と敵対した蒋介石の主張にむしろ近い。
 
第二次世界大戦下の43年11月、中国の最高首脳だった蒋介石は、カイ
ロ会談で米大統領のルーズベルトと琉球の帰属を協議。中国による琉球統
治を打診されたのに対して、蒋介石は「米中の共同管理」による統治を提
案した。
 
こうした蒋介石の主張は、戦後の台湾に持ち込まれ、72年の沖縄返還を
前にした台湾・外交部の抗議声明は、「琉球群島の将来の地位は未定」と
主張していた。今回の論文を含め、この数年中国で高まった沖縄への強硬
論は、毛沢東以前への先祖返りともいえる。(産経)>
 
2013.05.10 Friday name : kajikablog 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
対米宣伝工作で安倍は韓国に完敗した
━━━━━━━━━━━━━━━━━


            杉浦 正章


活発なロビー工作、マスコミ対策を復活させよ

豊富な宣伝工作費を背景に議会やマスコミ対策を進めている韓国の対米外
交に日本外交完敗の構図が生まれている。大統領・朴槿恵の訪米は対日け
ん制で大成功に終わったが、その背景にあるものを考え直さなければ、こ
の敗退は継続する。

安倍は対米外交重視を唱えながら、かつて自民党全盛期に行ってきたよう
な対米工作なしに、いきなり歴史認識などで強硬発言を繰り返し、ホワイ
トハウス、国務省、議会や米主要マスコミ全紙の異例の反発を広げている。

自民党も政府ができない部分を補う工作をすべきだが人脈がいない。小選
挙区制で外交など票にならないから人材が育たないのだ。このままでは米
中韓の対日包囲網ができかねないことを肝に銘じた方がいい。

安倍がオバマにそっぽを向かれた記者会見は記憶に新しいところだが、こ
れに対して朴の訪米は下にも置かぬ扱いであった。オバマとの会談では恐
らく事前に調整済みであったであろう歴史認識を朴がもちだし、これが公
表された。

「東北アジア地域の平和のためには、日本が正しい歴史認識を持たなけれ
ばいけない」と日本を名指しで批判したのだ。8日の上下両院合同会議で
の演説では、「歴史に目をつぶる者は未来を見ることができない」と発言
した。明らかに日本を念頭にした発言だが、議場から拍手がわいた。

筆者がかねてから指摘しているように安倍もできなかった議会演説は、活
発な韓国の米議会に対するロビー工作の成果であろう。日本は佐藤政権時
代に沖縄返還、繊維交渉という重大マターを抱えて政府・自民党一体のロ
ビー工作が展開された。

それが年月を経るに連れて下火となり、田中真紀子の愚かなる外交経費削
減策や鈴木宗男の経費の使途を巡る攻撃がとどめを刺し、外務省の広報文
化予算は10年間で33%も減った。外交官はやる気をなくし、事なかれ主義
が横行しているのが現状だ。
 
これに対して韓国は外交筋によると「議会にもマスコミにもジャブジャブ
使っている」という。とりわけ対マスコミ工作が韓国外交官の“使命”と
なっているという。

安倍が発言する度にニューヨークタイムズやワシントンポストの有力記者
を「食事しませんか」と誘い出し、日本の理不尽さを訴える。これが急速
に米国に台頭している従軍慰安婦問題や歴史認識での対日批判となって現
れている側面があるのだ。

安倍の「侵略の定義」発言も、「侵略の否定」とばかりに、宣伝工作を行っ
たようだ。それにしても米紙の安倍批判は異常なほどである。

ニューヨークタイムズは1月3日の社説で安倍の右傾化を厳しく批判した
が、これに先立ち年末にはオバマ政権が日本政府に対して非公式に、旧日
本軍の従軍慰安婦の強制連行を事実上認めた「河野談話」など過去の歴史
認識の見直しに関して慎重な対応を求めていたことがリークされている。

ニューヨークタイムズは明らかに米政府の意図的な個別ブリーフによって
社説を書いたに違いない。同紙を“関節外交”に使うことは良くあること
だ。
 
とりわけ激しい論調は麻生太郎ら三閣僚と、過去最多の超党派議員による
靖国参拝から始まり、米主要紙は安倍袋叩きの様相を示した。ニューヨー
クタイムズは4月23日、「日本の不必要な国粋主義」と題する社説で靖国
参拝について「北朝鮮の核問題を協力して解決すべきときに日本の方から
中韓両国の反感をあおったのは著しく無謀な行動だ」と批判した。

ワシントンポストも同月27日、安倍が「侵略の定義は国際的に定まってい
ない」と発言したことについて「歴史を直視していない」と批判する社説
を掲載した。またウォールストリートジャーナルも7日やはりこの発言を
とらえて、「韓国および中国当局者は、怒りをもって反応したが、もっと
もなことだ」と論評した。
 
このように米紙が一致して、「安倍批判、中韓支持」の論調に至ったこと
は由々しき事態である。日本の主張など全く反映されていないのだ。米議
会調査局に至っては報告書で安倍を「侵略の歴史を否定する修正主義者」
と断じた。

新聞が報ずる度に大使や総領事が抗議したり、反論を投稿したりしている
が後の祭りだ。韓国外交官のせせら笑いが目に見えるようである。

安倍は9日中国共産党機関紙の人民日報が沖縄の領有権は中国にあるとの
立場を示唆した論文を掲載したことについて「日本の立場を世界に発信し
なくてはいけない」と発言したが、問題はどう発信するかだ。中国の明ら
かなる対日挑発というか“おちょくり”に対抗して、「世界に発信」する
態勢ができているのかと言いたい。

沖縄領有論文などは米極東戦略を直撃する発想であり、対米宣伝工作の絶
好の材料だ。また戦後いかに日本が中国と韓国の経済成長に貢献してきた
かなど主張すべき材料は山ほどある。

韓国の「恨みの文化」を反映した執拗な民族性が、政権が代わる度に歴史
認識を繰り返し、70年たってもまだおさまらない現実をどう訴えるかも重
要だ。

軍律が世界一厳しい日本の軍隊が売春婦の強制連行することなどあり得な
い。トラックで売春業者が女を満載して、転戦する部隊を追いかけ回した
のが実情だ。

対米宣伝戦に政府・与党挙げて取り組むときだ。安倍は侵略の定義につい
て8日も「学界的に明確に定義がなされたかについては、そうではない」
と発言して、全く撤回する気のないことを明らかにしたが、それはそれで
よい。


しかし米国のマスコミに丁寧に説明しなくてはならない。ここは大幅な予
算の投入、官邸機密費や人材の投入も含めて、対米宣伝策を根底から練り
直すときだ。    (政治評論家)<2013年05月10日>


━━━━━━━━━━━━━
北朝鮮への抑止力ゼロの日本 
━━━━━━━━━━━━━


        古森 義久

アメリカ国防総省の北朝鮮軍事力報告の最後です。
 
北朝鮮が日本をもいざというときの軍事攻撃の標的とみていることは確実
だというのです。
 
では日本はその「いますぐ、そこにある危機」に対する防御策があるのか。
 
軍事的にはゼロだといえます。
 
日本ビジネスプレス「国際激流と日本」からです。
 
原文へのリンクは以下です。
 
 http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37734
 
国際激流と日本
 
今こそミサイル防衛の真剣な見直しを
 
米国防総省が明記した北朝鮮の日本への脅威
 
           =======
 
 ・北朝鮮は2009年7月に日本海に向けて合計7発のスカッドミサイルを発
射して、日本をも攻撃できることを誇示した。
 
 以上のように北朝鮮が日本を少なくとも潜在的な敵だと位置づけているこ
とは明白なのである。米国の国防総省がそう認定しているのだ。しかも北
朝鮮が日本をいざ攻撃する、あるいは攻撃するぞと威嚇する、その最大の
手段は弾道ミサイルであることも明白だと言える。
 
北朝鮮のミサイルに対する抑止力を持たない日本
 
その弾道ミサイルは移動可能な発射台が多くなっているとはいえ、米軍の
偵察能力により日ごろの所在位置は判明している。

しかも最近の人工衛星の機 能向上により、実際に発射の準備が始まれば、
その探知はさほど難しくはない。つまり日本への弾道ミサイル発射の準備
が開始されれば、即座に探知できる能力 は日米同盟側にはあるというこ
とである。つまり日本も察知できるわけだ。
 
しかし日本側にはミサイル防衛網があるとはいえ、もちろん盤石という状
態からはほど遠い。攻撃は最大の防御とよく言われるが、北朝鮮のミサイ
ルが 稼働され、日本に向けて発射される直前に破壊ができれば、日本の
防衛という観点からは理想である。

日本側がいざという場合には北朝鮮のミサイルを破壊でき る能力を保持
することが北朝鮮に知られていれば、北は実際のミサイル発射を抑制して
しまうこともあり得る。
 
 だがいまの日本にはその目的のための抑止力の手段は何もないのである。
北朝鮮の弾道ミサイルを破壊できるミサイルも、爆撃機も、日本は保有し
ていない。保有を許されてもいない。その理由をさかのぼれば、結局は現
行憲法による制約ということになろう。
 
 米国の国防総省報告が明らかにした北朝鮮の日本に対する軍事脅威は、期
せずして日本固有のそんな課題をも提起したのである。(終わり)

http://komoriy.iza.ne.jp/blog/entry/3071758/


 
━━━━━━━━━━━
スッピン女にゴミ出し男
━━━━━━━━━━━


      平井 修一

早朝にゴミ出しに行くと近所の奥さんに出会うことがある。彼女らはほと
んどがジャージーとかスウェットの部屋着に上着を引っ掛けて、髪はひっ
つめ、顏は化粧っ気なしのスッピンで、ゴリラに近く、オスかメスかも判
然としない。

自宅からゴミ置き場までは100mくらいで知り合いには合わないだろうか
ら素のままでいいと思っているのだろう。

ところが9時ごろに散歩で幼稚園の前を通ると、奥さん連中はしっかり化
粧して服装もそこそこオシャレである。みんなそれなりに女になっている。
そこに居るのは知人が多いし、競争心も働くのだろう。

化粧したり着飾ったりしなければ男女の違いはほとんど分からない。僕ら
が犬やサルを見ても雌雄が分からないのと同じで、人間も基本的に外見は
同じである。

美しく見せたいというのは女の本能なのか。1980年頃に化粧のケの字もな
かった中国に行ったが、女も男も皆人民服だった。美女なんて一人もいな
かった。今はどうなのだろう。

北京出身の呂暁玲さんは中国語講師で東京在住。ブログで「中国の化粧事
情」をこう紹介している。

<中国では昔(つい10年前程?)化粧といえば、サービス業や正式の場合
以外に抵抗感がある人が圧倒的に多かったです。その時代は、何も飾らず
に素顔の女性が一番美しいという「自然美」を尊ぶ考えが一般的でした。

日本に来たばかりのとき、町を歩いていると、年齢に関わらずほとんどの
女性がきれいに化粧をしていて美しく思いました。中国語で「入郷随俗」
(郷に入っては郷に従え)という言葉があり、自分の中でも化粧をするこ
とに対する感覚がどんどん変わっていくわけですね。

何年前かの出来事ですが、北京の里帰りがきっかけで何年ぶりかに古い友
人(同級生の女性)と会いました。

日本では日常的な化粧という程度だったと思いますが、会ったとたんに、
その友人から「あら、どうしたの?この顔!これからお見合いに行くの?」
とびっくりしていた様子が印象が残っています。「長い知り合いですから、
そんなに正式に化粧しなくても」と文句さえ言われました……

しかし、最近帰国前になりますと、よく友人たちから、「ついでに日本の
化粧品を買ってきてくれませんか?」というお願いが増える一方です!や
はり、今の中国では美意識が急速に変化していると感じられます>

矢野経済研究所によると、中国化粧品市場は経済成長に伴う国民の可処分
所得の増加や、美容意識の高まりなどを背景に、2007年以降、年10%以上
の伸び率で急拡大している。2011年見込みの同市場規模は、前年比10.8%
増の1122億元(ブランドメーカー出荷金額ベース)。2012年以降も10%以
上の高成長を続けると予測している。

1122億元は現在のレートで1兆7911億円である。同じく矢野経済研究所に
よると2011年度のわが国の国内化粧品総市場規模は前年度比99.3%の2兆
2710億円と微減しており、やがては中国市場に追い抜かれるだろう。

「改革開放前、中国ではメイクをする女性は非常に少なかったが、経済が
発展した昨今では、メイクをする女性たちも急激に増えている。中国が近
い将来、日本を抜いて化粧品大国になる日もそう遠くはない」(サーチナ)

話を戻すと、スッピンでのゴミ出しは知り合いと会う危険性はある。その
ためだろうか、各種アンケートによると、夫が実際に手伝っている家事の
一番は「ゴミ出し」だという。

その理由は、ゴミ出しは出勤途中に「ついで」にできる家事だからだとい
うが、奥さんがスッピンではゴミ出しをしたくないからではないか。かく
して亭主は左手にバッグ、右手にゴミ袋をもって職場へ向かうのである。

昔は「男は敷居を跨げば七人の敵あり」と言った。男が社会で活動すると
きは、いつも多くの競争相手や敵がいて、いろいろと苦労があるというた
とえだが、家を出て最初の仕事がゴミ出しではちょっと力が入らないので
はないか。

「朝は忙しいの! 化粧している時間がないのよ。ついでなんだからゴミ
出しくらいしてよ」と奥さんから言われれば旦那はやらざるを得ないが、
あまりいい恰好ではないなあ。やがては中国でもそういうことになるのだ
ろう。



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎福岡市、最長47年随意契約 市OB複数在籍の業者も

元し尿収集業者の転廃業対策として、福岡市が外郭団体に対し、清掃業務
などを特定業者と随意契約するよう要請していた問題で、下水道事業でも
市内の5業者に22〜47年間、下水処理場などの運転管理を随意契約で委託
していることが分かった。

昨年度の委託総額は約19億5600万円に上り、うち1業者には複数の市OBが
役員として在籍している。また、市が38年前、市内の別の転廃業者が県事
業を受注できるよう県に要請し、今も随意契約が続いていることも判明し
た。
 
これらの6業者は、下水道が普及した1960年代以降、転業や廃業した元し
尿収集業者。
 
うち5業者は環境局が道路下水道局に働きかけ、「中部水処理センター」
(同市中央区)など4カ所の下水処理場の運転管理業務などについて随意
契約を結ばせている。
 
環境局が旧衛生局時代の66年、転廃業者の失業対策として、道路下水道局
の前身の土木局に求めたのが始まりとされる。委託期間が最も長いこの業
者は現在数百人規模の社員を抱え、市OBが社長、顧問、常務を務めている。
 
また旧衛生局は75年、県に対しても現「御笠川浄化センター」(博多区)
の管理運転業務を転廃業者に委託するよう要請。センター管理者が県から
外郭団体に変わった今も随意契約が慣例となっている。昨年度委託額は5
億7100万円だった。
 
転廃業者の失業対策については、国が75年、激変緩和策として自治体が業
者に業務委託できるなどとする特別措置法を施行。同時に優遇措置の終了
時期を明記した合理化計画の策定も求めていたが、市は現在まで策定して
いない。環境局は「特措法の10年前に独自施策を始めており、終了時機を
逸したまま前例踏襲で続けてきた」と説明する。
 
市民オンブズマン福岡の児嶋研二代表幹事は「漫然と優遇措置を継続し続
けていることは驚き。転廃対策に絡む随意契約はゼロベースで見直すべき
だ」と話している。

西日本新聞経済電子版 5月10日(金)11時4分配信 



 ◎高校無償化に所得制限=年収900万円などで検討―文科相

 下村博文文部科学相は10日の閣議後記者会見で2014年度以降、高校授業料
無償化に所得制限を導入する方針を明らかにした。文科相は導入の基準と
なる年収について「800万円、900万円などでシミュレーションしており現
時点で決定していない」と述べた。

 文科省幹部によると、所得制限の基準を年収900万円以上とした場合、全
体の4分の1程度の世帯が対象となり、1000億円前後が浮くという。浮いた
財源は低所得世帯への給付型奨学金とするほか、私立高校への授業料軽減
策の拡充に充てる。 

時事通信 5月10日(金)12時2分配信



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)>距離にすれば1Kmにも達しませんが引越しは引越し、 >運送屋に20
万円も払いました。私も1kmにもみたない距離を引越しした経験がありま
すが、それくらいはかかりますよね。片付けを焦って、腰にでもきたら大
変です。ゆっくりと新居のこしらえをしてください。(高垣信夫)


 2)大分以前に前駆症状が解らなかったと書いて何方かは失念しました
が、「自覚症状はあるはず」とお叱りを被ったことがありましたが、性懲
りもなく経験談を一席。

何か前駆症状があったか:

女優の天海祐希が軽度の心筋梗塞を発症したとかで舞台を降りたので、マ
スコミが大騒ぎである。しきりに前駆ないしは自覚症状の有無を採り上げ
ている。

2006年1月に、想像は言うに及ばず予想だにしなかった生命の危機とも言
える急性心筋梗塞の経験者として、その時を思い出してみる。告白すれば、
倒れた後では「梗塞」という漢字が出てこなかったほど厳しい状態だった。

 しもあれが前駆症状だったとしたら、3〜4日前から何となく目の焦点が
合わない感があり、これは老眼が進んだためだろうと決め込んでいた。

それと82 cmだとばかり思い込んでいたズボンのウエイスト(waist)が84
cm以上になっていて不思議だと思ったが、多分食べ過ぎだろうと自分に言
い聞かせて正当化した。

因みに、その時の体重は62 kgで知らぬ間に増えていた。身長五尺三寸で
は重すぎるのだった。これは反省材料だった。

今にして思えば、この二つ(三つ?)が前駆症状だったのかも知れなかっ
たが、その方面の警戒心皆無で知識皆無では、3〜4日前に警告されたとし
ても、どうにもならなかっただろう。

発症の2日前には商社マンとの昼食会があり、1日前にジムでウエイト・ト
レーニング、ウオーキング、ストレッチとフル回転だった。そして、当日
16日の朝に突如倒れたのだった。医師にはジムで倒れなかったのは奇跡に
近いと言われた。

しかも、当方は生まれてから喫煙したことがなく、アルコール類は1993年
末までの在職中には営業上ほんの一寸飲むだけで、リタイヤー後に2回ビー
ルをコップ1敗飲んだだけて急性アルコール中毒で失神して倒れたほど弱
くて、自分で出費してまで飲むことはなかった。

元々夜型ではないので夜間の外出は稀であり、麻雀は1976年、ゴルフは
1974年で止め(関係ないか?)、自動車の運転はしたことがないという安
全運転の人生だった。

71歳だった2005年秋までは高校時代の国体準優勝の仲間とフットサル興じ
ていても筋肉痛も起きないほど、1時間走り回っても何ともないほど、強
いのだと、勝手に信じていた。

しかし、後6日で73歳という日に心筋梗塞に襲われ、その瞬間には失神す
るほどの痛みと苦しさだった。救急車で搬送して頂いた国立国際医療セン
ター(当時の名称)で救われた。主治医と病棟長の両先生が判定された原
因は「アメリカ出張時の大量にして高脂肪・高タンパクの食事、在職中と
その後の仕事の高度のストレス、血液型がAであること」だった。

 現実には動脈硬化と80/150〜160の血圧ではあったが、A型が原因と聞か
された時は驚いた。それでは生まれつきなので何とも出来ないではないか
と思わずにはいられなかった。

 A型は俗には几帳面だの何のと言われているが、樫田先生は「A型は批判
的で攻撃的なので、そのためにストレスを生しるのだ」と解説して下さっ
た。これも不可抗力ではないか。

退院後は食生活を大きく改善して、何とか生きながらえている。それは
「塩分を6〜8 gram/日、脂肪抜き、少食、野菜優先、炭水化物を遠ざけ
る」等々で、非常に味気ない食事に耐えることだ。

ところで、天海祐希はA型なのだろうか。上記のどれかに当てはまる生活
をしていたのか。私は何れにせよ、これが危険信号と自覚するのは未経験
者には難しいだろうと思う。余程日頃からお医者様の言われる注意事項を
厳守することしかないような気がしているのだが。(前田正晶)



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


10日配信遅れの理由は大学病院での定期健診のためです。

明日からは午前中配信に努力します。

検診の結果は「脳梗塞の前兆はありません」でした。

読者:5183人

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp


◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/05/11

    日本でもっとも有名な神社と言えば、伊勢神宮とならんで、出雲大社の名前をあげる人が多いだろう。

     

     

     

    その出雲大社のご祭神の大国主の尊は、日本の神話に登場する神様のなかでも、特に親しまれている神様だ。

     

     

     

    その出雲大社、実は平成25年5月10日(金)が、60年ぶりの遷宮となった。

     

     

     

    記念すべき「本殿遷座祭」。

     

    5年前から続いてきた工事中は、仮の本殿にうつっていた大国主大神のご神体が本殿に戻られたのだ。

     

     

     





     

     

    興味深いのは、今年は伊勢神宮と出雲大社の日本を代表する二大神社が、そろって遷宮を迎えることだ。

     

    伊勢神宮は20年に一度、出雲大社が60年に一度なので、同じ年の遷宮は1953(昭和28)年以来60年ぶりとなる。

     

     

     

    これは、なにか、とても縁起がいい気がする。

     

    日本は、前回の昭和28年から4、5年後に高度経済成長の時代に突入し、戦後の混迷期から抜け出し、空前の躍進を遂げ、先進国の仲間入りを果たしている。

     

     

     

    60年後の今年はどうか。

     

    やはり、長期にわたるデフレによる低迷から脱去するべく、日本経済復活の兆しが、すでに株価などに現れている。 

     

    もちろん、本格的な景気回復はまだまだこれからだ。おそらく、数年はかかるだろう。

     

    もしそうなれば、国運隆昌という部分で、前回とまったく同じになりそうだ。

     







    ぜひ、そうなるように願いたい。

  • 名無しさん2013/05/10



    NEWSポストセブン

     宗教法人への課税 税務調査するだけで課税強化可能と専門家

     http://www.news-postseven.com/archives/20120222_89509.html

     

    NEWSポストセブン

     http://www.news-postseven.com/archives/20120505_104674.html

     売買される「宗教法人」ネットオークションで1億円の例も

     



     http://www.news-postseven.com/archives/20120428_104439.html

     宗教法人への優遇措置なくせば4兆円の財源生まれるとの試算

     

     http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/postseven-20130225-171312/1.htm

     非課税特権逆手にボロ儲け教団も 宗教法人優遇税制検討を指摘

     

  • 名無しさん2013/05/10

    お子さんがいらっしゃる方は全員、「”自分の”子供という所有の目で見るのではなく、神から一時的にお預かりさせていただいている別の魂だ」という意識、視点、価値観を大事にして育ててください。

      それに気がついていなければなりません。