政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針2939号  2013・4・25(木)

2013/04/25

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 2937号
□■■□──────────────────────────□■■□



        2013(平成25)年4月25日(木)



                             中国の靖国参拝攻撃の真意:古森義久

                      安倍政権、専守防衛から能動戦略へ:杉浦正章

                    韓国 アジアの劣等生に転落する危機:古澤 襄

                     朱容基の娘が中国銀行副総裁に就任:宮崎正弘

                             小説「楽園のカンヴァス」:馬場伯明

                         話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第2937号
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




━━━━━━━━━━━━
中国の靖国参拝攻撃の真意
━━━━━━━━━━━━


       古森 義久

日本が自国の戦没者に弔意を表することと、他国の領土をいま現在、武
力で占領すること(韓国の実例)や、新たな空母を配備すること(中国
の実例)とを同列におくというのだから、常識の世界を超えています。

そのうえに日本の一部の政党やマスコミが自国の政治家の先人への弔意
表明をあたかも他国への軍事攻撃であるかのように、ネガティブに語る。
しかも中国や韓国の法外の誹謗を大々的に報じる。

狂っているという言葉をあえて使うしかありません。

そもそも靖国問題というのは中国や韓国が日本を骨抜きにするため、あ
るいは日本を単に叩くための政治的な加工品として登場してきたのです。

アメリカ側にもその中国などの不当な態度の陰にある真の意図を指摘す
る識者たちがいます。

<<中国の「靖国」攻撃 東シナ海交渉避ける口実>>

【ワシントン=古森義久】米国務省の元中国分析部長で現ヘリテージ財
団中国専門研究員のジョン・タシック氏 は17日、産経新聞との会見で日
中間の靖国問題や米国の対応について語り、中国側がいま靖国問題を日
米同盟へのクサビとして利用しつつあるという見解を明らかにした。

同氏はさらに、中国は靖国問題での日本攻撃でアジアでの優位の誇示を
狙い、日本側とは東シナ海の資源開発などでの交渉を避けるためにもこ
の問題を利用している、と述べた。

小泉純一郎首相やその後継者に靖国神社参拝の中止を強硬に要求する中
国の動機についてタシック氏は「米国と、アジアでの日本のような同盟
国とを離反させることは中国の年来の政策だが、日本に対してはいまや
靖国問題を操作し、利用して日米同盟にクサビを打ち込もうと画策して
いる」と指摘した。

同氏は、中国がいま米国各界に靖国問題で日本を批判することを促す動
きをとっていると指摘するとともに、クリントン政権時代には尖閣諸島
問題を使って日米離反を図ったものの成功しなかった、と説明した。

タシック氏は中国指導部が靖国問題で小泉政権に対決的な圧力をかける
ことのほかの目標として

 (1)中国やアジア諸国の国民にアジアでは中国こそが最優位に立つ
パワーであり、日本にいくらでも屈辱を与えられることを誇示する

 (2)中国が道義的にも民主主義の日本より上位に立つことを示し、
自国の道義性を誇る (3)靖国を理由とする首脳会談の拒否で東シナ海
の資源開発や領有権などでの本格交渉を避ける−ことなどをあげた。

 (3)に関しては「中国は東シナ海での排他的経済水域(EEZ)や
軍事問題をめぐる主張で日本に対して分が悪いため、交渉はできるだけ
避けたいのが本音で、靖国問題を口実にした会談拒否をその目的に利用
している」と説明した。

日本の対応については「中国の靖国非難は日本弱化戦略の一端であり、
小泉首相がたとえ中国に折れて、 参拝中止を言明しても、また中国側は
歴史認識、教科書、政府開発援助(ODA)問題、日米同盟強化策、台
湾問題など次々に新たな非難材料を持ち出してくるというのが米国の中
国専門家の大多数の見方だ」と述べ、

「小泉首相は中国の圧力には断固として反撃し、一定以上の日本糾弾に
は代償がともなうことを知らしめる一方、日本国内の異論には別個に対
応すべきだと思う」との見解を明らかにした。

米国の対応に関してタシック氏は「米国にとって日本は同盟国であり、中
国は潜在敵性国だから、靖国問題でも日本の立場を支持すべきだ。ブッ
シュ政権も基本的にはそういう姿勢だといえる。米国が日中間で中立の
第三者として調停するなどというのは間違いだ」と語った。

米国議会下院国際関係委員長のヘンリー・ハイド議員が小泉首相の靖国
参拝に批判を表明したとされることについては「確かに米側で日本軍と
実際に戦った世代には靖国参拝への反発があるかもしれないが、

小泉首相らは日本には戦犯とされた人でも死後はムチを打たず、国を守
ろうとしたほかの戦死者とともにその霊に弔意を表することに社会的、
精神的、道義的な深い理由や文化があることを説明して、理解を得るこ
とができるだろう」と述べた。

                  ◇

【プロフィル】米ヘリテージ財団 ジョン・タシック研究員(中国専門)

ジョージタウン大学卒業後、1971年から米国務省の外交官となり、中国
を専門とし、中国、香港、台湾に通算15年余り駐在した。92年には国務
省情報調 査局中国分析部長。2001年からワシントンの大手シンクタンク
のヘリテージ財団に入り、中国分析の専門研究員として現在にいたる。

http://komoriy.iza.ne.jp/blog/entry/3058739/



━━━━━━━━━━━━━━━━
安倍政権、専守防衛から能動戦略へ
━━━━━━━━━━━━━━━━


           杉浦 正章

安保環境の激変に抑止を強化

中国発と北朝鮮発の二正面の危機に直面して、安倍政権は戦後の安全保
障を支配した専守防衛の思想から離脱して、先制攻撃による国の安全保
障を可能にする機動的な能動戦略へと大きくかじを切ろうとしている。

安倍政権が年内に策定する新防衛大綱への自民党提言案には敵基地攻撃
能力の保有、集団的自衛権の行使、海兵隊機能の整備などが盛り込まれ
た。

首相・安倍晋三がこの提言を受け入れることは確実であり、日本は自縄
自縛の専守防衛からようやく離脱、世界に普遍的な安全保障概念を導入
することになる。

民主党政権が打ち出した「動的防衛力」という考えをさらに有事即応の
機動的なものへとに発展させる。

もともと自民党内には専守防衛では安全保障は確保出来ないとする空気
が濃厚であった。しかし歴代政権が維持してきた政策の大転換となり、
踏み切れない状態が続いた。

こうした日本の足元を見るかのように中国が尖閣へと触手を伸ばし、北
朝鮮は日本の都市を名指しで核攻撃をすると威嚇するなど日本を取り巻
く環境は一変した。

極東の新事態は相手の攻撃を受けて初めて必要最小限の軍事力を行使し
ていたのではとても生き延びられない情勢となった。

安倍政権は今そこにある危機への対応を迫られた。安倍も幹事長・石破
茂も早期対応が必要であるとの認識では完全に一致している。

石破は「北朝鮮からミサイルを撃たれて何万人が死んでからでは遅すぎ
る」として国民の生命財産を守る手段としての敵基地攻撃能力確保を強
調。第一撃甘受という受け身の姿勢を妥当としない方針を打ち出した。

安倍も2月の段階では敵基地攻撃の必要を認めながらも、「現段階では
考えていない」と述べるにとどまっていたが、22日の国会答弁では大き
く踏み込んだ。

具体的な手段を含めて敵基地攻撃能力確保を明言したのだ。安倍は「敵
基地攻撃について言えば、Fー35Aにその能力がある。検討しなければな
らない」と次期主力戦闘機として逐次42機の導入が決まっているFー35A
を使う可能性に言及した。

専門家によると同機をプラットホームとして敵基地を攻撃することは十
分可能である。Fー35Aはステルス機である。米国でやはりステルス機の
Fー22編隊と76年に運用開始されたFー15編隊とが模擬訓練の遭遇戦を展
開したところ、Fー15はFー22が通り過ぎるまで分からなかったという。

Fー35Aは同水準の性能を持ち、北は言うに及ばず中国の戦闘機にも「圧
倒的な優位性を保つ」(前防衛長官・森本敏)という。

中国国営中央テレビによると国家主席・習近平がロシア訪問を前に、ロ
シアから最新鋭戦闘機Su-35を24機購入する合意文書に署名したと伝えた
が、専門家の間では「Su-35もFー35Aの敵ではない」とされる。敵基地攻
撃は戦闘機だけでなく巡航ミサイルや弾道ミサイルも使ったものとなる。

もちろん当面は米軍との共同作戦となる。北も中国もミサイル防御能力
に欠けており、併用すれば効果は絶大となる。敵基地攻撃に関する政府
の見解は古く、56年の首相・鳩山一郎の国会答弁で「敵基地を叩くこと
は法理的に自衛の範囲に含まれ、可能である」という方針が確立されて
いる。

米国の艦船や米本土に対する北のミサイル攻撃などを、日本が防御する
集団的自衛権については、国連も認める世界の常識であり、これまで自
粛してきた方がおかしい。改憲が必要との見方があるが、時の政権の三
百代言の内閣法制局の見解を首相が変えれば済むことだ。

敵基地攻撃も集団的自衛権も即時の対応には間に合わないが、戦時とい
う緊急事態が発生すれば政府は国内世論からも米国からも“超法規”の
対応を迫られよう。

自衛隊に海兵隊機能を持たせることは石破のかねてからの持論である。
現状では占領された孤島を奪還する能力は自衛隊には乏しく、敵前上陸
を可能とするにはどうしても海兵隊機能が必要だ。

こうして「安倍・石破安保路線」の上に防衛政策は大転換する流れとなっ
た。かつて秋葉原の暴漢のような国が別々に二つも存在するのだから、
近ごろ幼稚園でも備えている刺股(さすまた)ぐらいは供えるべきだと
書いたが、核攻撃まで明言されては刺股ではおさまらない。

暴漢がピストルを撃って暴れ出す前に少なくとも電流が流れると、全身
の筋肉が硬直したようになって身動きが取れなくなるテーザー銃くらい
の備えは必要だ。国民の生命財産を守るためにはおさおさ準備を怠るべ
きではあるまい。

半狂乱のような国々には、日本を攻撃すればこうなるという姿を見せて
おくことが抑止力として機能するのだ。

       (政治評論家)<2013年04月25日>



━━━━━━━━━━━━━━━━━
韓国 アジアの劣等生に転落する危機
━━━━━━━━━━━━━━━━━


            古澤 襄
 
韓国の中央日報は【社説】で「墜落する韓国経済に翼はない」と厳しく
批判している。韓国民の期待を背負って、初の女性大統領を生んだ韓国
だが、アベノミクッスのような大胆な経済政策を打ち出せないでいる。

それどころか新政権発足後、韓国経済が急転直下で墜落するかも知れな
いという危機感に襲われている。中央日報は「経済環境の悪化と政府の
無対策が重なりながら韓国経済はいまや特有の挑戦精神と活力まで失っ
ている」と批判した。

<今年の韓国の経済成長見通しがますます暗くなっている。

アジア開発銀行(ADB)はこのほど韓国の今年の成長率見通しを昨年
10月の3.4%から2.8%に大幅に引き下げた。これは日本を除くア
ジアの国内総生産(GDP)上位11カ国のうち下から2番目だ。

今年のアジア経済圏の平均成長率は6.6%に達する。アジア圏で成長
率が韓国より低い国はシンガポール(2.6%)だけで、昨年の1人当
たりGDPが5万1162ドルと韓国の2万3113ドルの2倍を超える事実上
の先進国だ。

一時成長神話の主役だった韓国が1人当たり所得2万ドルの敷居を越え
るやいなやアジアの劣等生に転落する危機にさらされているのだ。 

国際的な会計コンサルティング会社であるアーンスト・アンド・ヤング
は今年の韓国の成長率見通しを1月に発表した3.3%から2.2%と
3カ月で1.1ポイントも下げた。

政府が先月税収不足を補填するための追加補正予算の必要性を強調しな
がら出した2.3%よりも低い数値だ。新政権発足後、韓国経済が急転
直下で墜落するかも知れないという警告だ。 

経済状況がこのように厳しくなっているが政府はこれといった対策を出
せずにいる。追加補正予算案を提示したが税収確保次元の生ぬるい措置
にすぎず、不動産対策も冷えきった住宅景気を回復させるには力不足だ。

円安の空襲に輸出は萎縮し、消費と投資は停滞と退歩を繰り返している。
このように輸出と内需が一度に不振となれば成長が止まり働き口が不足
するのは当然のことだ。 

この渦中に韓国銀行は政府の景気対策に反対し、政界は企業の投資を萎
縮させるあらゆる経済民主化立法に熱を上げる。政府自らも税務調査強
化と新たな規制拡大で企業を圧迫し、同時に投資と雇用を増やせと脅す。
これでも経済が生き返るならばそれこそ奇跡に違いない。

経済環境の悪化と政府の無対策が重なりながら韓国経済はいまや特有の
挑戦精神と活力まで失っている。経済状況が悪化するのはもちろん「ま
たやってみよう」という覇気と意欲まで消えていっているのだ。こんな
ようでは所得2万ドルの入口で低成長構造が固定化される懸念はますま
す大きくなる。 

さらに大きな問題は新政権がこのような危機状況に対し全く危機意識を
持たないでいるということだ。

現在の韓国経済の不振は急速な人口高齢化と新たな成長公式の不在とい
う構造的な沈滞要因と対内外経済環境の悪化という景気循環的な沈滞要
因が重なったものだ。これを克服するには中長期成長戦略と短期的な景
気対策を同時に講じる必要がある。

しかし新政権は新成長戦略に対する下絵どころか現在の経済状況に対す
る総合的な診断さえ出せずにいる。経済に対する青写真なくして「大統
領選挙公約」だけを繰り返し言っているので成長戦略と対策もないのだ。
(中央日報)>

2013.04.24 Wednesday name : kajikablog



━━━━━━━━━━━━━━━━
朱容基の娘が中国銀行副総裁に就任
━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆◇◇ ◆◇◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成25年(2013)4月25日(木曜日)
   通巻第3931号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国金融界上層部も小幅に更新か
  朱容基の娘、朱燕来は中国銀行(香港)の副総裁に就任
********************************

太子党の周小川は中央銀行総裁に居残った。したがって日銀総裁のよう
に「白」から「黒」になって金融政策が180度変った日本のような変化は
のぞめないだろう。

太子党企業への融資継続、国有企業が破綻しないように優先的かつ選別
的な金融特殊緩和政策をおこなうだろう。

トウ小平の最大の政治ライバルだった陳雲は改革開放に反対し、中国経
済は規制をかけて「鳥かご」のなかでの規制緩和をすれば良いと言った。
陳雲は経済学者でもあった。

その陳雲の子、陳元は政治協商会議副主席だが、近く「国家開発銀行」
総裁になる可能性が高いと多維新聞網(4月24日)が伝えた。

辣腕首相としてならした朱容基の娘は朱燕来である。

彼女はカナダ留学後、カナダのロイヤルバンクを経て、帰国後、中国銀
行に入行した。政協商会議委員でもある。

このたび中国銀行(香港)の副総裁に就任することが本決まりになった。

中国銀行は、中国4大国有銀行の第3位。香港では現地法人として、香
港ドルの発券もおこなっている。

余談だが、その香港に北京の公安局長が突然出現し、香港警察総部なら
びにワンチャイ署を訪問した。北京の公安とは管轄外であり、なにゆえ
に北京から香港へ飛んできたのか、香港もマスコミが話題にしている。

従来的発想で言えば、党幹部の香港訪問が予定されているための治安対
策の下打ち合わせ。或いは香港のマネー・ロンダリングの捜査の最終段
階にひっかかる党幹部がいるのか、その目的が曖昧なだけに様々な憶測
を呼んでいる。

そしてCIC(中国国富ファンド)のトップに就任が予定されていた郭
樹清は逆に就任を断った。郭樹清はモンゴル系、建設銀行CEOを経て、
中国商圏監査委員会主席を務めている。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)中国の漁業監視船の領海侵犯と閣僚の靖国参拝に関連し
て、24日の参議院予算委員会での民主党議員の質問が、あまりに韓国・
中国よりの発言で呆れてしまいます。

テレビ中継はなかったようですが、平気で嘘をつく民主党議員の質問に
対し、動画サイトやフェイスブックのおかげで、メディアの編集権とい
う名の「報道しない自由」に風穴が開いたことが実感できます。

参議院による動画は48分間。冒頭の、中国船の領海侵犯が閣僚の靖国参
拝のせいだ、とも取れる徳永エリ議員の質問に対する麻生副総理の発言
が面白い。3分10秒あたり、昭和27年4月28日、日本が独立した日に、祖
父に連れられ靖国参拝したという。
http://www.youtube.com/watch?v=82EKIzR9BGk&feature=player_embedded

安倍晋三のフェイスブックには秘書からの投稿。『本日行われた参議院
予算委員会で、民主党の徳永エリ議員より「閣僚の靖国参拝について、
日中、日韓関係が悪化した事に拉致被害者家族が落胆している」との発
言がありました。(その後の古屋大臣、安倍総理からの「一体誰が落胆し
ているのですか?」との質問には一切お答えいただけませんでした)

こういう議員の発言が日本の外交力を弱める一因になっているのではな
いでしょうか。非常に残念です。

放送が無かったため、YouTubeにアップされている動画を紹介させていた
だきます』
http://www.facebook.com/abeshinzo/posts/344405325682917

面白いのが安倍晋三(秘書)の発言。

『国民の皆様に民主党の実態を見て頂きたいと思います。シェア宜しく
お願いします。もう民主党は社民党化してます。というか北朝鮮労働党
の友党だった社会党でしょうか。恐らく、テレビニュースでは報道しな
いであろう民主党の醜態をYOUTUBEでご覧ください』。
動画は7分弱。
http://youtu.be/0c_8D8ih5F4

中国・韓国はいわゆる「歴史認識」カードが無効になったことにまだ気
づいていないのでしょうか。韓国の外交部長官の訪日中止にしても、韓
国側は「閣僚の靖国参拝で日韓外相会談が中止になった」としているの
に対し、菅官房長官は「具体的な日程は決まっていなかった。中止になっ
たことも聞いていない」とまるで相手にしていません。

2月に韓国を訪問した麻生副総理、朴槿恵大統領との会談では「日の丸」
なしの非礼でしたが、会談では「歴史認識」問題についてもずいぶん突っ
込んでいるのですね。4月23日の韓国中央日報の記事に会談の詳細が報じ
られています。

「朴大統領の就任日に麻生副総理が詭弁、第一歩からこじれた韓日関係」
http://japanese.joins.com/article/789/170789.html?servcode=A00&sectcode=A10

『日本政府の使節団代表として訪韓した麻生副総理は就任式当日午後3
時から青瓦台(チョンワデ、大統領府)で25分間、朴大統領と会談し
た。複数の消息筋によると、当時の状況はこうだ。挨拶の言葉を交わし
た後、朴大統領が先にこう述べた。「韓日間の真の友好関係構築のため
に歴史を直視し、過去の傷がこれ以上悪化せず治癒するようお互い努力
しよう」。

すると麻生副総理が突然、米国の南北戦争を取り上げた。

「米国を見てほしい。米国は南と北が分かれて激しく戦った。しかし南
北戦争をめぐり北部の学校では相変わらず“市民戦争”と表現するとこ
ろがある一方、南部では“北部の侵略”と教える。このように同じ国、
民族でも歴史認識は一致しないものだ。異なる国の間ではなおさらそう
だ。日韓関係も同じだ。それを前提に歴史認識を論じるべきではないだ
ろうか」。

 奴隷制廃止をめぐり繰り広げた内戦と植民地支配のための侵略行為を同
一視する詭弁だった。その瞬間、朴大統領の表情は険しくなったという。
朴大統領は「特に両国の指導者が慎重な言葉と行動を通じて信頼を構築
することが重要だ」と短く応酬した。

にもかかわらず、麻生副総理は朴大統領よりはるかに多くの時間を使っ
て自身の挑発的発言を続けた。

  政府当局者は「麻生副総理は就任祝賀使節ではなく、あたかも『日本の
歴史観は韓国とは違うということを韓国が先に認めてこそ、対話も可能
だ』と訓戒しに来たようだ」と伝えた。

 朴大統領の怒りは4日後に表面化した。朴大統領は三一節(独立運動記
念日)の演説で、「加害者と被害者という歴史的な立場は千年の歴史が
流れても変わらない」と異例にも強いトーンで日本を非難した。麻生副
総理との会談当時に同席していた尹炳世長官も「韓国の外交優先順位は
米国、中国、日本・ロシア」(2月27日)とし、外交修辞では異例にも
直接的な表現を使った。

外交消息筋は「就任式で欠礼を見せた麻生副総理がまた靖国参拝という
“事故”を起こし、韓国外交部では忍耐の限界を超えたと判断したよう
だ」と述べた』。 麻生副総理、なかなかいい仕事ぶりです。この調子で
ゆすり・たかり・ストーカーの韓国と縁が切れるなら万々歳ですね。
  (PB生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)朴大統領の娘だから、と期待していたのですが、
就任以来の言動に日々がっかりしてしまいますね。



━━━━━━━━━━━━
小説「楽園のカンヴァス」
━━━━━━━━━━━━


       馬場 伯明

美術作品を観るのが好きだ。美術館へ出かけ、美術展などにも、まあ、
行く方である。近年、よかった美術展などを記す。

「エル・グレコ展(2013)」「マウリッツハイツ美術館展(2012)」「ボ
ストン美術館日本美術の至宝特別展(2012)」「リヒテンシュタイン華
麗なる公爵家の至宝(2012)」「北京故宮博物院200選(2012)」

「大英博物館古代ギリシャ展(2011)」「オルセー美術館展ポスト印象
派(2010)」「皇室の至宝(御即位20年記念特別展)2009」「フェルメー
ル展(2008)」「プライスコレクション若冲と江戸絵画(2006)」など。

故郷の「長崎県美術館」「野口弥太郎記念美術館」「雲仙ビードロ美術
館」は常連(リピーター)。「日展」「独立美術展」「光陽展」なども
毎年観る。

美術展では分厚いカタログ(解説書)を買う。「そんなもの買うて、あ
とで、見るの?」とよく言われる。だが、趣味の違い、「持っている」
という満足感もある。なお飽きずに美術館や美術展に通っている。

原田マハの「楽園のカンヴァス(La toile du paradis)」(2012・新潮
社)を読んだ。キュレーター(*1)資格者が書いた絵画小説である。新
聞などの書評には触れず、先入観を持たず、一気に読み終えた。【(*1)
学芸員の中でも企画を担当する権限を有する人】

ニューヨーク近代美術館(MoMA)所蔵のアンリ・ルソーの最後の大作と
なった「夢」(204.5x299cm・1910)を巡るミステリアスな小説。深く静
かな感動を覚えた。読了後、新聞やWEBの書評に目を通した。 

www.asahi-net.or.jp/~wf3r-sg/ntharadamaha2.html 

「読書のおと『原田マハ作品NO2』・『楽園のキャンヴァス』」から抜粋
し、抄録させていただく。 

《 ピカソにも大きな影響を与えたとされる画家、アンリ・ルソー。その
ルソーの大作「夢」そっくりの幻の作品「夢を見た」。果たしてそれは
真にルソーの作品か、贋作なのか。真贋をめぐる、絵画ミステリー。

ニューヨーク近代美術館に勤めるアシスタント・キュレーター、ティム
・ブラウンに、スイスの伝説的なコレクター:コンラート・バイラーか
ら突然招待の手紙が届く。

スイスで彼の前に、気鋭のルソー研究者オリエ・ハヤカワと、バイラー
秘蔵の幻の大作「夢を見た」が・・。オリエとティムの2人にバイラーが
告げる。「ある物語を毎日1章ずつ読み、この絵の真贋を判定して欲しい、
2人の内の勝者にこの絵を(無償で)譲渡する」と。

17年前の出来事の回想としてティムとオリエの物語が進み、90年前のア
ンリ・ルソーと洗濯女ヤドヴィガの物語が作中作として進む。

本書は、物語の面白さだけでなく、二重構造の物語を通じていつの間に
かアンリ・ルソーやパブロ・ピカソという画家に読者を親しませるとこ
ろも、じつに心憎い仕業である。

NY近代美術館(MoMA)勤務とキュレーターの経験がある原田マハが初め
てその経験を(存分に)活かした作品。お薦めの一冊!》(抄録終わり)

原田マハの著作はこれまで「カフーを待ちながら」1冊しか読んでいない。
千葉市中央図書館で、他の作品を検索したら、何と25冊すべて貸出中。
すごい人気である。「ジヴェルニーの食卓(2013/3集英社)」と「さい
はての彼女(2013/1角川書店)」を予約した。

自宅の書棚から古い美術全集を取り出した。「現代美術全集Vingtans 
ルドン/ルソー(1971)A4版152頁」だ。ルドンの作品は32点。ルソーの
作品は41点収録されている。

全集の帯には「孤独で純真無垢な魂が築いた比類なく美しい幻想の世界
・・・近代芸術の上に不思議な妖しさを投じている・・・傑作集」とある。

1995年秋、私は、独・仏などへ出張した。土曜日、仕事の合間に、オル
セー美術館(パリ)へ行き、午後の3時間、ゆっくり鑑賞した。ルソーの
「戦争」(114×195cm)と「蛇使い」(169.0×189.5cm)も観た。

じつは、この2点は1973年に印象派美術館訪問時に観ていた(と思う)。
そして、2010年「オルセー美術館展ポスト印象派」東京で再々会した。

だが、「夢」は観たことがない。ニューヨークに行ったときは、残念な
がら、NY近代美術館(MoMA)を訪れる時間がとれなかった。

42年前!の古い「美術全集」。解説者の宮川淳氏が、作品「夢」につい
てルソーの説明文と友人である詩人アポリネールの詩を引用している。

《 長椅子の上で眠るこの女は、蛇使いの楽器の音を聞きながら、この
森の中に運ばれた夢を見ています。これが絵の中に長椅子がある同期を
与えます(ルソー)。

美しい夢の中でヤドヴィガ(*2)は/  (*2)「夢」のモデルの女性
やさしく眠り込んで/
心の正しい蛇使いが奏でる/
ミュゼットの音をきいた/
花の上で月が/
緑なす木々を映し出しているあいだ/
陽気な楽の音に/
野獣や蛇が耳をかたむける/(アポリネール)》(引用終わり)

この作品は小説(fiction)なのにドキュメンタリーと思えてしまう。ど
こまでが真実なのだろうかと見紛う鮮烈な現実感がある。こころにくい
表現力である。

NY近代美術館(MoMA)に勤務したことがあるというキュレーター資格を
持つ原田マハの面目躍如ということだろうか。

作中、オリエ・ハヤカワ(早川織江)は倉敷市の大原美術館勤務という
設定だ。若い頃倉敷市の製鉄所に10年以上勤務し、顧客や友人・知人ら
を延べ20数回この美術館に案内した。割合、詳しい。

久しぶりに倉敷へ行ってみようか。美術館の2階の展示室の隅に静かに座
っている監視員の織江さんに会えるかもしれない。

「楽園のカンヴァス」の冒頭に出て来る大原美術館のシャヴァンヌの作
品「幻想」の鑑賞のツボを尋ねてみたい。裸婦の透き通った白い背中、
ペガサスと裸の少年の関係、寓意は?264.0×147.6cmの大版である。

でも・・・あ、そうか、織江さんはいないかも。彼女はすでにニューヨー
クのティム・ブラウンのところへ行ってしまったのか?

NY近代美術館(MoMA)の「夢」の前に立ち、2人で幻の「夢を見た」につ
いて楽しい議論を続けているのかもしれない。

それなら、追っかけて、ニューヨークへ飛ばなきゃ・・・。

                           (2013/4/25 千葉市在住)



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎<上海モーターショー>日本勢が反転攻勢 現地生産本格化

【北京・井出晋平】 18カ国・地域から約2000社が出展した自動車展示
会「上海モーターショー」(29日まで)が上海市内で開かれ、世界一の
新車市場である中国でのシェア拡大を目指す日米欧や韓国など大手メー
カーは、最先端のエコカーや中国人の好みを取り入れた最新型車を競っ
て披露。

中でも沖縄県・尖閣諸島問題による日中関係悪化の影響で販売の苦戦が
続く日本の各社は、高級車の現地生産化による中国経済への貢献なども
アピールし、巻き返しに躍起だ。

「中国に根付いた『中国トヨタ』として、発展の役に立ちたい」。トヨ
タ自動車の内山田竹志副会長は一般公開に先立つ20日、中国拠点で開発
を進めるハイブリッド車(HV)の試作車を前に、中国市場に最新技術
を投入する方針を強調した。

トヨタは今回、80年以降に生まれた中国の一人っ子世代向けの試作車や、
年内販売予定の新型小型車「ヤリス」(日本名・ヴィッツ)も公開。さ
らに、高級車ブランド「レクサス」の現地生産化を検討していることも
表明し、中国重視の姿勢を訴えた。

中国市場で日系首位の日産自動車は、中国のデザインセンターが中心に
なって開発した試作車を公開。ホンダも、中国市場向けの試作車のほか、
中型セダン「CRIDER(クライダー)」(中国名・凌派)などを披
露。高級車ブランド「アキュラ」を現地生産する計画も発表し、雇用拡
大や最先端技術の投入で中国経済に貢献する方針を打ち出した。

マツダも、日本などで売れ筋の新型「アテンザ」など2車種を年内に中
国市場で販売するほか、現地生産も開始すると表明。中国での車作りを
拡大する「現地主義」を前面に出し、尖閣問題によるイメージ悪化の払
拭(ふっしょく)に力を入れた。

中国の新車市場は、12年の販売台数が約1931万台と4年連続で世界一。
今年1〜3月期の販売台数も前年同期比13・2%増と2ケタ増の伸びを示
し、13年は販売台数が2000万台を突破すると見込まれている。

「自動車メーカーにとって最重要市場」(アナリスト)だが、日中摩擦
の影響の長期化で、日産が1〜3月期に15・1%減となるなど、日本車の
販売は落ち込んだままだ。

中国自動車工業協会によると、1〜3月期の日本車の合計シェアは前年
同期比4ポイント減の13・4%と低迷。外国メーカー首位の座から転落。
代わってトップに立ったドイツ車(シェア18・7%)に大きく水をあけら
れた。

「中国市場での販売が自動車メーカーとしての将来を左右する」(山内
孝マツダ社長)と考える各社は、尖閣に伴う顧客の敬遠ムードが収まれ
ば、日本車人気が回復すると期待。マツダが今年の中国での販売目標を
前年比7%増の20万台に設定。日産が6%台(昨年実績)のシェアを将
来的に10%台に引き上げる計画を進める。

中国政府は、深刻化する大気汚染対策として、HVなどエコカー購入へ
の補助策も検討。実現すれば、環境技術で優位な日本勢に追い風となり
そうで、トヨタなどの巻き返しぶりが注目される。

毎日新聞 4月23日(火)21時46分配信 



 ◎<安倍首相>「脅かしに屈せず」 靖国参拝で中韓反発に

安倍晋三首相は24日の参院予算委員会で、中国や韓国が閣僚の靖国神
社参拝に反発していることについて「国のために命を落とした英霊に尊
崇の念を表するのは当たり前だ。わが閣僚はどんな脅かしにも屈しない。
その自由を確保している」と述べた。

野党からの批判に対しても「(海外からの)批判に痛痒(つうよう)を
感じず、おかしいと思わないほうがおかしい」と反論した。民主党の徳
永エリ氏への答弁。

21日に靖国参拝した麻生太郎副総理は参院予算委の答弁で「世界中で、
祖国のために命を投げ出した人に政府が敬することを禁じる国はない」
と答弁。
古屋圭司国家公安委員長も「国会議員として、国のために命をささげた
英霊に哀悼の誠をささげるのは当然だ」と強調した。

一方、来日中のバーンズ米国務副長官は24日、首相官邸で加藤勝信官房
副長官と会談し、閣僚の靖国参拝について日本政府の考え方をただした。
会談はバーンズ氏が呼びかけたもので、麻生氏らの靖国参拝に中国や韓
国が反発していることを踏まえた対応とみられる。

毎日新聞 4月24日(水)20時39分配信 



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)靖国神社参拝にクレームをつけるのは不当な干渉であると思う:
前田 正晶

靖国神社参拝をした自民党・高市早苗政調会長が「自国のために散った
方を祀る神社に参拝して敬意を表するのは当然。他国にそのことを云々
する資格はない」という意味のことを言っていた。至極当然なことを言っ
たまでだと思う。

又、2938号では産経の古森義久氏が下記のように言っておられました。

>「日本人が日本国内で戦争で亡くなった先祖の霊に弔意を表すことに
なぜ外国が禁止を命じる資格があるのでしょうか。日本の首相だろうが
閣僚だろうが、一般市民だろうが、先人の霊を弔うことはそれぞれの心
の問題です。個人の内面の自由です。外国の政府から指示される事物で
はありません。日本政府が中国や韓国やアメリカでの祖先の霊への弔意
方法を命令するなど、考えられません。(後略)」>引用終わる

と主張しておられる。誠にご尤もである。

閣僚や議員団の靖国神社参拝を理由に、韓国外相の岸田外相との会談の
キャンセルや高村副総裁の訪中中止にさせる外交姿勢は到底正常な神経
から出た行為とは認めがたい。穏やかに看過すべき事ではない。

私は我がマスコミは何らかの協定があるのか、わが国と外国の何れにも
与せず飽くまでも中立の立場でこの問題を報じるのが正しい姿勢とでも
認識しているのか、または中国からの指示に従って中国政府の報道官や
外務省に言う通りを報道し一切の批判的言動を慎むようになっているの
か知る由もない。

だが、マスコミの中国と韓国の我が国に対する筋道の通らない一方的な
内政干渉を一言の注釈も加えずに、唯々諾々と報じている姿勢を情けな
いことだと思って眺めている。余りにも根性がないのだが、それで両国
の歓心が買え取材させて頂いているとしか思えない。

矢張り彼らは偏向した教育で育ち「日本は侵略戦争をした悪い国で、中
国や韓国にオブリゲーションがあるので仕方がない」とでも思い込まさ
れているのだろうかと疑ってしまう。

今日までの我が国の抑制された外交姿勢は、それが国際的にも相手国が
受け入れるべき正当なものか、あるいは唯単にわが国が真に弱気なのか、
または控えめに節度ある礼儀正しさを堅持しているものか、あるいは国
際的紛争に発展させない気配りか、憲法を遵守しているのか、到底私に
は解らないことだ。

だが、何時までも真っ向から反論もせずに堪え忍んでいるだけで、「対
話の用意はある」程度の意思表示では、彼らには何が言いたいのか読め
ないのではないかとすら思う。私は彼らも英語圏の思考体系と同じで
「言われていないことを察して反応する」人種ではないと思うべきだと
言いたいのだ。

安倍政権はアベノミクスを推進し続けるのは当然として、もうそろそろ
自重の衣を脱いでその下にまとってあった「アベノフォーリンポリシー」
を明らかにして立ち上がって貰いたいと念じている。以上



 2) たまたま広げたページですが、なんとなく状況が似てきている
ようにい想います。紛争は無いと思うのですが、尖閣北朝鮮韓国とのつ
ばぜり合いがあるのでしょうか。

「サッチャー回顧録」より 1982-1983ごろの状況

(転載)
この時は、われわれが何の示唆もしなかったにもかかわらず、国民は、
われわれが経済政策で示した決意と、フォークランド危機への対処に示
した決意との問に、つながりがあることを見極めていた。

イギリスの評判を回復するための仕事の一つは、低下した経済力を上向
かせることである。そしてもう一つは、われわれが独栽者の前に屈する
ような国民ではないことを明示することだった。ほとんどフォークラン
問題に対処することに終始したこの時期の緊張から脱するにしたがって、
この三年間に達成されたことを国民が高く評価し始めていることに気が
ついた。

私は演説のなかでこの成果に注意を促し、野党がわれわれに強要した政
策に従っていたならば、このうちのどれも実現できなかっただろうと指
摘した。  (MoMotarou)


 
 3)地震学者のロバート・ゲラー氏は東大教授だが関東では余り知ら
れていないらしい。関東、関西どちらにも長年、暮らしてきた者には地
域別の知名度の区別はつかないが、このゲラー教授、関東では放映され
ない《たかじん のそこまで言って委員会》に時々出てきて、「地震は予
知できない」「御用学者は本当のことを言え」「NHKは嘘ばっかり 流す
な」と憤っている。

《委員会》はYouTubeに毎週アップ されるが、読売テレビが著作権をも
っていて、しょっちゅう削除しまくっている。それでも追いつかないの
か、宣伝のためか、大部分?は放置されていて見ることができる。

ところが、ゲ ラー教授が「立て直すオッサン大賞」に選ばれた3月末の
放送分はおそらく著作権以外の理由もあるらしく再生できない。

そこで、《ロ バート・ゲラー教授「地震は予知 できない! "想定外"と
いう茶番劇」》(これはYouTubeで再生可)の 内容と合わせて、ゲラー
教授の話をまとめてみると:

◆地震は直前 の予知も長期的予測もできない。

確立された 長・短期の地震予知の学問的理論はない。地震学者はみな予
知できないことを知っているが、それを認めると研究費(年額100億円)
が下り ないのでテレビカメラの前では「大変困難」と言うにとどめてい
る。

「大変困 難」でも3.11以前から御用 学者がやり続けてきた長期(30年)
予測によ ると大地震の発生確率は福島で0.00%!東海地震 は87%!

87%という精度 で70年代以来、予 測されっぱなしの東海地震は待てど
暮らせど?やって来ず、その間、奥尻、阪神淡路、新潟、東日本と外れ
っぱなし。

これは「想定 外」ではなく、想定できないものを想定してきた結果であ
り、「科学の敗北」ではなく「ある学説の敗北」。普通これだけ外 せば、
その学説は放棄される。普通これだけ外せば御用学者は御用から外れる
はずだが、責任を問われた者は一人もいない。

◆地震に前兆 現象がないこと(=直前の予知が出来ないこと)も証明済
みで、「地下・海底プレートの復元現象が地震の原因」も科学的根 拠が
ない!

日本人なら誰 でも容易に図示できるあの地震発生メカニズム、つまりプ
レートの下に別のプレートが沈み込み、上側の端っこが引きずり込 まれ
て...というあのア レまでが検証できないただの仮説! 

沈み込みによ りエネルギーが溜まったプレート境界で、御用学者が望む
ように地震前に「ゆっくりした滑り」が生じるのなら、3.11前に観測さ
れ ていたはず。

日本には世界 最高密度のGPS地殻変動観測 網があるが、御用学者の希望
に反していかなる前兆現象も観測されたためしがなく、地震の前兆はア
マチュアによる観測現象 (ナマズの異常行動、隣家のワンちゃんの大鳴
きetc.)以外、再現 性ある前兆現象は存在しないことを世界に証明して
しまった!

(四川省の大 地震を報じるNHKニュースを見 ていたら、この地域で交わ
る複数プレートのうち、前回のと同じプレートだか別のだかが動いた可
能性があると、確かに「可 能性」と言っていた。つまりプレートの動き
は確認できず、ゲラー教授が言うように(下記)データが集められない、
という ことらしい。

またNHKは地震発生の メカニズムを繰り返し解説してきたが、そのとき
にも「可能性」という言葉を使ってきたのかも知れない。しかし未検証
の一 つの仮説にすぎないと視聴者が理解するような説明はしていない。
だから皆、あのプレートの沈み込みが地震の原因だと信じ 込んでいる。)

話を元に戻すと、ゲラー教授は地震が前触れもなく、いかに予知不能か
を鉛筆の折れ方に喩えて説明する。両端を持って鉛筆を 折るとき、必ず
折れることは皆知っ ているが、いつどの部分でどのように折れるかは予
知できず、折れるまで折れる気配もなく、ある瞬間にポキッと小さな六
角 断面のまま折れたり、野球バットが 折れ飛ぶときのように細長い鋭
い断面を作って折れたり、折れ方もいろいろ。

◆地震に周期 性はない

UCLAが全世界の地 震調査を行い周期性なしと結論づけた。日本の学者は
都合の悪い研究結果は黙殺し、思い込み激しく周期的に起きると信じて
いる(その振りをしている)。

5世紀来の日本の大地震年表からも周期性は認められない。3.11以前のM
9級地震は千 年前の貞観地震に遡る。その間、M7〜8が何度
かあり、M9は平均して千年に一度と言えなくはない。しかし大地震が千
年の間隔をおいて2回あったというだけで、厳密に周期性ありとは言い
難 い。 

◆「活断層は 動き易く危険」に科学的根拠はない

地震の時にどの断層が動き、断層のどの部分が滑ったかというデータは
ない。将来の地震で活断層が動くのか、他の部分が動く のかは誰にも分
からない。野球の打 球に喩えるなら、地震は「イレギュラーであり、こ
の人はゲラーさんです」とは《委員会》の辛坊副委員長の「通訳」。そ
の ゲラー教授は「活断層にカツ!」と ダジャレを飛ばしながら、渋谷
の某公営テレビ局の《NHKスペシャル》をまじめに糾弾。

◆地震ハザー ドマップは危険

日本は地震国で、地震はどこでも起きる可能性があり、日本全国どこで
も危ない。従って科学的根拠もなく発生確率の高い順と して赤の濃淡で
色分けしたハザード マップは福島のように「想定外」とされる地域にと
ってはむしろ危険。敢えてマップを作るなら全土を薄赤にしなければな
ら ない。

だからまた東 海地方の浜岡原発だけを止めても意味がない。日本中の原
発の再稼働は厳格な基準で津波対策をやってから。

◆1978年施行の「大 規模地震対策特別措置法」を廃止せよ

この法律は大地震に前兆現象があり且つその探知ができることを前提に、
大地震発生が切迫したと判断!されたときに、政府が 警戒宣言を発令す
ると(政府にそん な判断をする蛮勇があるとの前提で)、当該地域の地
方政府は経済活動の停止を命じる等の特別の権限が与えられるというも
の。

これは気象庁の主導で御用学者 が科学的根拠のない前提を幾重にも積み
重ねて、族議員がそれに乗ってできた名目「議員立法」。 この法律を
廃止しない限 り、地震学者は真実を語れない。

気象庁も適用 される余地のないこの法律の適用のために、科学的根拠の
ない前提条件(前兆現象の出現)が充足されたか否か、虚構の確認 作業
を実践し、それをホームページに掲載している。 この法律を廃止しな
い限り気象庁は税金の無駄使いをやめられない。

◆気象庁ホー ムページは霞ヶ関文学

同ホームページによると:地震予知は必ずできるとは言えないが、それ
でも東海地震だけは「予知できる可能性がある」。なぜなら駿河湾周辺
だけは「科学的な観 測が十分に行われ、常時監視体制が整ってい」て、
その「観測網により前兆現象を捉えることができた場合のみ」予知が可
能 だから!

「それ以外の 地震については直前に予知できるほど現在の科学技術が進
んでいません」! 予知は観測・監視体制の問題だと言ったその舌の根
もカワカワゎ...

観測機器を設 置して常時監視により捉えようとしている前兆現象とは、
震源域のプレート境界の一部が「地震発生前に剥がれ、ゆっくりと 滑り
動き始めるとされる現象」。

前兆すべりの規模が小さすぎたり、沖合で発生した場合等、観測機器で
捉えられなかった場合、また前兆すべりが生じるとする 考え方が誤りで
あった場合(出 た!)や「前兆滑りの進行があまりにも急激で時間的に
余裕がない場合には、残念ながら情報発表がないまま地震発生に至る」。

で、 この前兆現象はどのくらいの確率で捉えることができるのかという
と、「残念ながら不明」だと! なら東海地震も直前に予 知できるかど
うかは「残念ながら不 明」となるはずが、これが霞ヶ関文学(竹橋マジッ
ク?)にかかると、「予知できる可能性がある」となる。前兆現象探知
の 確率もなにも、前兆現象など誰も見 たこともなく、その存在すら極
めて怪しいと分かっていながら! (流れ雲)



 4)1クラスあたりの児童生徒数の上限35人が「35人学級」の意味な
ので、1学年が36人の場合1クラスが18人になります。単純に考えると
男女9人ずつです。9人しかいないと、中心的グループから疎外される
と仲間外れになります。

いろいろなグループができるには、ある程度の人数が必要であると考え
ます。1クラスあたりの児童生徒数の上限が現在40人ですが、それでは
1学年41人の場合20人クラスと21人クラスになってしまいます。上限40
人でも少ないくらいです。(まこと)



 5)新聞と雑誌が対前年比でプラスに:前田 正晶

インターネットの関連で広告費の増加を採り上げます。不況下では広告
費は減少傾向が続き、特に我らが紙媒体(=印刷媒体)の衰退が顕著で、
これが印刷用紙を主体にした紙需要の減少の一因でした。Good newsの部
類でしょうか。

電通が集計したところでは、昨年のわが国の総広告費は5兆8,913億円で、
対前年比3.2%増となっていた由です。以下紙業タイムス社の週刊誌版
“Future”から引用しますが、

>総広告費は2008年の米国金融危機に端を発した世界同時不況を背景に
減少に転じ、08年(△4.7%)→09年(△11.5%)→10年(△1.3%)→11
年(△2.3%)と4年連続して前年実績を下回ったが、12年は東日本大震
災の反動増もあり、5年振りに前年実績を上回った。(後略)

とあります。12年の媒体別の広告費の増減率は以下のようになっていま
した。

マスコミ4媒体   +2.9%

     新聞    +4.2%  雑誌  +0.4%  ラジオ  −0.1
%  テレビ  +3.0%
衛星メディア    +13.7%
インターネット    +7.7%
プロモーション   +1.4%


因みに、インターネットの成長率は06年の27.8%を最高に、以下24.4、
16.3、1.2、9.6、4.1という具合で10年の9.6%以外は低成長でした。さ
らに、不振と見えた印刷媒体の低下傾向が12年には止まっていたのが印
象的でした。

資料: 紙業タイムス社刊 Future 1,679号



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


氷雨も東京湾岸では夜中にやんで25日は久しぶりの晴天。快適な散歩が
できた。とはいえ、昨日は屋内で段踏み詩かできなかったのに、25日朝の
空腹時血糖値は「100」ちょうど。ちょっと低めだった。


署名なき投書は採用しません。必ずご本名を記した上にハンドルネーム
か「匿名希望」かを書いて下さい。

読者:5174人

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp


◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/04/26

    もうすぐ5月だというのに、朝や夜など気温が低く感じますね。季節と実際の気温の落差にからだがついていかないのか、風邪を引いたり、体調を崩す人もいるようです。どうぞ、皆様もおからだにお気をつけ下さい。

     

     

     

     地震や事故などのニュースが、今年はやけに多い気がしますね。

     

     

     

     昨日24日はバングラデシュでビルが倒壊し、200人が死亡しました。負傷者は1000人を超えているそうです。

     

     同じ24日、アフガニスタン東部ラグマーン州でマグニチュード5.7の地震が発生し、少なくとも18人が死亡しています。

     

     

     

     23日は、チリで大規模な森林火災が発生し、住宅60棟以上が焼けています。

     

     また、これは事故ではないですが、中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区巴楚県で、23日午後、武装集団と警官らが衝突し、合わせて21人が死亡、2人が負傷、8人が拘束されたそうです。

     







     21日には、アルゼンチンで隕石落下とみられる閃光がカメラにとらえられました。

     

     また、アメリカのイリノイ州では嵐のあと、大洪水がおきています。

     







     そして20日は、M6.6の大地震が中国南西部の四川省で発生し、約200人が死亡しました。

     







     17日には、テキサス州の肥料工場で大爆発がおき、多くの死傷者が出ています。

     







     16日は、イラン国境沿いでM7.8の大地震がおき、パキスタンで35人が死亡しています。

     

     そしてまだ記憶に新しい、あのボストンマラソンの爆発事件もありました。

     

     

     

     13日にはバリ島で旅客機が海に突っ込む事故、またペルーでは、バスが谷底に転落し22人が死亡しました。

     

     

     

     日本でも、震度6弱だった4月13日の淡路島の地震から、14日の埼玉北部、福島県沖の震度4の地震。

     

     17日には三宅島で震度5の地震。同じ日、宮城県沖では震度5の地震。

     







     19日は千島列島でM7はじめ、千葉県東方沖でも震度4の地震がおきています。

     







     ちょうど淡路島の地震から、かなり大きい地震が連続しました。淡路島の地震をのぞけば、関東までかなり揺れました。やけに最近揺れるなあ〜という感じです。

     

     

     

     というように、なぜかこの2週間、日本では強めの地震が連続し、海外では大地震や爆発事故やテロなど、毎日のように大きな事故や事件が発生している感じでした。

     

     

     

  • 名無しさん2013/04/26

    重要。地方分権とTPPは相いれず、同時推進は不可能。地方自治侵害の例⇒給食食材の地産地消の条例も非関税障壁で訴えられる。農薬もBSE検査も基準緩和、遺伝子組み換え等も子供から守れない。



  • 名無しさん2013/04/25

    何も他人が書いた本を宣伝する積もりはないが、最近出版された新潮新書、元時事通信記者でソウル特派員を勤めた事のある室谷克実氏の『悪韓論』の一読をお勧めする。

    こんな国のかくも下品な国民に何一つ遠慮も卑下も要らない。

    彼らは自分たちがどうしても日本に適わない苛立ちの癒しに慰安婦問題、靖国問題を持ち出すのだ。

    安倍首相以下日本国民はこんなアホらしい難癖に取合う暇はない、超然無視すべきである。



  • 名無しさん2013/04/25

    公務員の自律的労使関係いらんな。法律で地方公務員の給料も全て決めればいいだけ。国で決めればラスパイなんて不要になる。

  • 名無しさん2013/04/25

    地方都市というのは、とかく色々な制限を受けるものです。 中には、市民の自由な発言権を奪い、自分に逆らうような発言をする人に対し恫喝を行う首長もいるようで、地方分権・地方自治は実に嘆かわしい状態のようです。

  • 名無しさん2013/04/25

    閣僚や議員が大量に靖国神社を参拝したことに中国や韓国が反発。これに対して安倍首相が真っ向から反論したことで、「全面外交対決」の様相を呈していました。



    中国は四川地震への支援を断ってきたばかりか、8隻もの大船団を尖閣諸島に送り込んできました。韓国は閣僚の日本訪問を取りやめ、激しい調子で日本非難を繰り返しています。



    両国とも、北朝鮮問題で揺さぶられ、黒田日銀の異次元緩和による円安で競争力を失いそうになり、ずいぶん焦っているともいいます。国内で体制への不満がわき上がったら、即座に反日を演出するのはいつものことではありますが、今回は「強い日本」が帰ってきそうなことへの恐怖もあるのでしょう。



    いずれにせよ不穏な情勢です。

  • 名無しさん2013/04/25

    中国全土で拡大中の鳥インフルエンザですが、ついに海を越えて感染が広がったようです。台湾ではじめて感染例が確認されたとのこと。



    この週末からゴールデンウィークを迎える日本からも、たくさんの人々が中国を行き来することが予想されています。空港などでは万全の体制を敷くと言っているものの、膨大な数の人を本当にチェックできるのかどうか。



  • 名無しさん2013/04/25

    まだまだやらねばならぬことが一杯あります。通名禁止、指紋押捺制度復活、帰化の厳格化、公務員の在日枠廃止などなど。そして、腐りきった反日メディアを解体!!



  • 名無しさん2013/04/25

    地方分権反対!日本の統治体制を立て直せ!

  • 名無しさん2013/04/25

    素晴らしい

  • 名無しさん2013/04/25

    NHKもテレビ朝日も通名報道だな。アルジェリアテロ事件ではあれほど実名報道に拘っていたのにね。

  • 名無しさん2013/04/25

    最西端・与那国に陸自配備、「迷惑料」巡り暗礁(読売新聞) Y!ニュース 

    町長曰く「金を貰わないと国賊ならぬ町賊になってしまう」馬鹿なのか?国防や国家主権より金か!これだから地方分権など認められないんだ!金欲しさに中国に国土を売りかねない。