政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針2932号  2013・4・18(木)

2013/04/18

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 2932号
□■■□──────────────────────────□■■□



        2013(平成25)年4月18日(木)



                       “ドロ舟”民主からまた脱走者!:古澤 襄

                        実績背景に安倍の圧勝:党首討論:杉浦正章

                       国民栄誉賞と文化勲章の「違い」:岩見隆夫

                          滅茶苦茶 中国の住宅投資規制:宮崎正弘

                                 通詞・伊藤鶴吉のこと:平井修一

                         話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第2932号
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━
“ドロ舟”民主からまた脱走者!
━━━━━━━━━━━━━━━


          古澤 襄
 
またドロ舟から脱走者だ−。民主党の室井邦彦参院議員(比例)が、離
党する意向を固めたことが17日、分かった。離党と会派離脱が認めら
れれば、民主党と自民党の参院での会派別議席の差は「1」となる。

安倍晋三首相のおひざ元で行われる参院山口補選(28日投開票)は、
自民党公認候補が優位に戦いを進めているため、今月末にも自民党が同
数に追いつき、一挙に逆転する可能性もある。

フジテレビが16日夜報じたところによると、室井氏は政策の違いなどを
理由に、民主党を離党する意向を関係者に伝え、今週中にも離党届を提
出する見通しという。

今年夏の参院選で改選を迎えるため、支持率が低迷する民主党では戦え
ないと判断し、他党からの出馬や地方選挙へのくら替え出馬も念頭に置
いているとみられる。

室井氏は兵庫県尼崎市出身で、自民党県議や、生活の党の小沢一郎代表
が率いた自由党の衆院議員を務めた経歴がある。野田佳彦内閣では国交
大臣政務官を務めた。

室井氏の事務所は17日朝、夕刊フジの取材に対し、「報道も見ていない
のでよく分からない」としている。

これによる民主党の打撃は極めて大きい。というのも、民主党は16日、
離党届を提出していた平野達男前復興相と川崎稔参院議員の除名処分を
決定し、参院での民主党会派は85人になった。室井氏を抜くと84人にま
で減る。

これに対し、自民党会派は83人で、参院山口補選で自民党候補が当選
すれば84人になる。民主党会派にはすでに離党届を提出した植松恵美
子氏が含まれており、いつ自民党が逆転してもおかしくない状況になる
のだ。

民主党は離党者が相次いでいるだけでなく、参院選をめぐる「野党共闘」
からも蚊帳の外に置かれている。橋下徹共同代表(大阪市長)率いる日
本維新の会からは選挙協力を露骨に拒まれたうえ、橋下氏に近い前原誠
司元外相らの引き抜き工作まで仕掛けられている。

こうした現状に、存在感の乏しい海江田万里代表や、これまで参院に強
い影響力を持ってきた輿石東参院議員会長に対して、党内の不満も強ま
っている。中堅議員は「海江田氏も輿石氏も辞任した方が、参院選を戦
いやすいんじゃないの」と語った。懲りない人たちというか…。(夕刊
フジ)>

2013.04.17 Wednesday name : kajikablog



━━━━━━━━━━━━━━━
実績背景に安倍の圧勝:党首討論
━━━━━━━━━━━━━━━


         杉浦 正章
 
民主の底流にダブル選挙への恐怖感

最後に最重要テーマで相手を追及して時間切れに持ち込む。まさに党首
討論技術の要だが、首相・安倍晋三はこの作戦を踏襲した。

民主党代表・海江田万里は見事に引っかかった。0増5減区割り法案で
完敗だ。アベノミクスでも実績を強調する安倍に、架空の論議で追及し
ても説得力はない。

従って安倍は支持率と同じ7割方勝った。総じてダブル選挙などに持ち
込まれてはかなわない民主党の及び腰と恐怖感が、追及の矛先を弱めた。

海江田との党論時間は25分間。海江田が質問すると倍くらいの時間を
取って安倍が答弁。海江田はいらついて「質問事項だけに答えて欲しい」
とクレームをつけ「答弁が冗長だ」と噛みついたが、時間はどんどん過
ぎる。ぎりぎりになって安倍が満を持したかのように0増5減の急所を
突いた。

「去年の党首討論で、当時の野田首相が『優先順位を考えましょう』と
言って、0増5減の優先を約束した。この場で政治を動かそうではない
か。国民の声は1票の格差是正を進めよだ。この声に私たちは応えてい
く責任がある」と噛みついた。

急襲を食らった海江田は「当時の安倍総裁がした約束は定数削減だ。0
増5減だけではない。0増5減だけでは、また違憲の状況になってしま
う。定数の削減をやると、この国会でやるということを言ってください」
と言い返したが、事実に反する上に時既に遅しで時間切れ。

安倍の作戦は周辺によると事前に相当練ったものであったようだ。新聞
も0増5減先行処理を主張しており、世論のバックアップのある問題だ。
海江田は苦し紛れに事実に反する答弁でその場をしのぐしかなかったの
だ。

つまり昨年11月の首相・野田佳彦の「やりましょう」答弁は明らかに
解散の前提となる0増5減の先行処理を意味しており 、定数削減に主眼
を置いたものではなかった。それを海江田は「定数削減を言ったもの」
と言い募った。

しかし野田答弁後に民主党は0増5減法案を成立させており、海江田答
弁の矛盾はすぐに露呈する。海江田の嘘はすぐにばれてしまったのだ。

アベノミクスを巡るやりとりも実績対架空の論理で海江田は追及し切れ
なかった。「大変な劇薬を日本は飲んだ。副作用、あるいは落とし穴が
ある」と迫った海江田に対して安倍は、「副作用と言うが、何もしなけ
ればリスクがないと思っていたら大間違いだ」と逆襲。

さらに「3カ月で4万人の雇用を生み出した」「東日本大震災復興対策
の原資となるJT株の価格が上昇し4700億円に増えた」と切り返した。
安倍から「日本をおおっていたどんよりした空気が変わった」と言われ
ては、海江田も返す言葉がない。

要するににアベノミクスが成功するかどうかが判明するのはまだ先であ
り、何ら打つ手もなかった民主党政権の実績欠如を背景にしていては何
を言っても説得力がないのだ。概して海江田の追及は官邸が作った想定
問答の範囲を出ず、常識的であったのが安倍に余裕を持たせてしまった。

とりわけ注目すべきは底流にダブル選挙への警戒心が野党側にあったこ
とだ。自民党筋によると安倍は16日の自民党役員会で冗談めかして「党
首討論はやるが、解散はしない」と奇妙な発言をしている。明らかに永
田町に流れるダブル選挙説を意識して野党をけん制したものだ。

支持率70%を越える首相にダブル選挙をやられては民主党は壊滅的な打
撃どころか消滅だ。永田町の筋書きは野党の反対で参院で否決された区
割り法案を、衆院で再議決して解散するという説だ。これがまことしや
かに流れているのだが、実際にはまず97.5%ない。しかしけん制には
なる。

安倍は民主党には水に落ちた犬を叩く戦術を採ったが、維新とみんなに
対しては様変わりの協調路線。一方で維新共同代表・石原慎太郎もみん
なの党の渡辺喜美も対決姿勢は全く見せなかった。渡辺に至っては「安
倍内閣は長期になる予感を持っている」とまで持ち上げた。

しかし石原は改憲に否定的な公明党代表の山口那津男が傍聴しているに
もかかわらず「公明党の党首は改憲は国民的課題ではないと発言してい
るようだが、この問題を乗り越えない限り、日本も自民党も再生しない。
あえて忠告するが、必ず公明党が足手まといになる」と敵意丸出しの主
張。


あまりの暴言に自民党席から「失礼だ」とヤジが飛んだほどだ。高齢で
こらえ性がなくなった老人性短絡症そのものを露呈して、「政治家では
ない」(自民党副総裁・高村正彦)ことを証明する一幕であった。

         (政治評論家)<2013年04月18日>



━━━━━━━━━━━━━━━
国民栄誉賞と文化勲章の「違い」
━━━━━━━━━━━━━━━


          岩見 隆夫

勲章に私たちの世代が関心が薄いのは、時代のせいである。もともと国
家、社会に対する功労者を表彰して、国家から与えられる記章のことだ
から、関心があって当然のはずだが、そうでもない。

戦前、軍国少年のころは、金鵄勲章がすべてだった。武功抜群の陸海軍
の軍人・軍属に与えられるのだが、それだけが燦然と輝いていて、ほか
は目に入らない。当時から文化勲章もあったはずなのに、知らなかった。

とにかく、不幸なことに、勲章イコール武勲のイメージが刷り込まれて
いたから、敗戦とともに金鵄勲章も軍隊も消えてしまうと、勲章という
言葉自体、使いたくない、という意識が先に立ったのだと思う。関心が
薄いのは仕方のないことだった。

しかし、〈勲〉がつかない賞一般は、戦後あらゆる分野に広がって、値
打ちはピンキリだが、悪いことではない。今回、長嶋茂雄さんと松井秀
喜さんのダブル受賞で大ニュースになった国民栄誉賞も勲章の一つであ
る。あまりセンスのいいネーミングとは思えないが、それはいいとして。

表彰規定によると、対象は〈広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を
与えたもの〉とされ、首相が適当と認めれば授与される。首相の専権事
項であることから、しばしば政治的な利用疑惑が取りざたされてきた。
本誌も先週号で、

〈唐突! 国民栄誉賞W受賞は「春の値上げ隠し」だ〉

と書いている。安倍晋三首相にそんな意図があったかどうか、証明のし
ようがないが、確かに唐突感とセット授与への違和感が残った。

そこで、歴代首相と受賞者の一覧表を作ってみた。

▽福田赳夫=王貞治(プロ野球選手)、古賀政男(作曲家)

▽中曽根康弘=長谷川一夫(俳優)、植村直己(冒険家)、山下泰裕
(柔道選手)、衣笠祥雄(プロ野球選手)

▽宇野宗佑=美空ひばり(歌手)

▽海部俊樹=千代の富士(大相撲横綱)

▽宮沢喜一=藤山一郎(歌手)、長谷川町子(漫画家)、服部良一(作
曲家)

▽橋本龍太郎=渥美清(俳優)、吉田正(作曲家)

▽小渕恵三=黒澤明(映画監督)

▽森喜朗=高橋尚子(マラソン選手)

 ▽麻生太郎=遠藤実(作曲家)、森光子(女優)

 ▽鳩山由紀夫=森繁久彌(俳優)

▽菅直人=なでしこジャパン(サッカー女子日本代表チーム)

▽野田佳彦=吉田沙保里(レスリング選手)

▽安倍晋三=大鵬(大相撲横綱)、長嶋茂雄(プロ野球選手)、松井秀
喜(プロ野球選手)

この制度、1977年八月、福田首相のもとで作られ、以来35年半の間、13
人の首相によって22人と一団体に授与された。うち芸能関係11人、ス
ポーツ関係(相撲、冒険を含む)10人と1団体で、変わり種は漫画家の
長谷川さんだ。

また、古賀さんら14人が既に故人で、大半が死去を機に受賞している。
授与歴のない首相も大平正芳、竹下登、小泉純一郎ら9人、在任期間を
合計すると16年になるので、この間該当者がいなかったとは思えない。

たとえば、俳優は長谷川、渥美、森、森繁の4人、歌手は美空、藤山の
2人だけだが、ほかにも栄誉賞にふさわしい人は何人かいたはずだ。と
なると、基準、選考はかなり恣意的で、時の首相の人気取り、あるいは
批判回避に利用されたのではないか、という疑惑がつきまとう。

結果的に賞の権威を落とすことになる。首相の諮問機関を設けるとか、
選考を厳しくする工夫をしたほうがいい。受賞者にとっても、そのほう
がありがたい。

日本の最高の勲章とされている文化勲章は、1937年に設けられたから76
年の歴史を刻んでいるが、審査は厳格で文部科学省に選考委員会がある。

それでも自薦他薦があり、しばしば政治家がかかわってきた。

以下の秘話は7年前、私が『毎日新聞』の政治コラムに書いたので、す
でに秘話でないのかもしれないが、文化勲章の権威のために、改めて紹
介しておきたい。

佐藤栄作首相の時、佐藤さんは昵懇の鹿島守之助さん(1896〜1975年)
に文化勲章が贈られるよう仲介の労をとろうとした。

鹿島さんは外交官のあと鹿島建設社長を長年つとめ、53年に参院議員
に当選、第一次岸内閣の北海道開発庁長官に就任している。66年には
鹿島平和研究所を設立、『日本外交史』34巻などを出版し、文化活
動にも精力的だった。

すでに文化功労者に選ばれ、学士院賞、勲一1瑞宝章を受けていたが、
加えて、ぜひとも文化勲章を、ということだったのだろう。

しかし、審査は厳しく、首相の仲介はうまくいかない。やむなく後継の
田中角栄首相に、

「引き続きやってくれ。頼む」

と申し送った。だが、田中首相が奥野誠亮文相らをせっついてもラチが
あかない。壁は宮内庁にあることがわかった。

某日、田中さんの命を受け、側近の後藤田正晴官房副長官が宇佐美毅宮
内庁長官を訪ねる。五三年以来の大物長官だ。鹿島授与を打診したが、

「それは、だめだよ」

「なぜです」

「ある人物の授与の決裁をお願いした時、陛下はこう言われた。『文化
勲章というのは、家が貧しくて、研究費も足りない。にもかかわらず生
涯を文化や科学技術発展のために尽くした。そういう者を表彰するのが
本来のやり方ではないのか』と。後藤田君、そういうことなんだ」

というやりとりになった。帰って報告すると、田中さんは、

「そうか、これはやめた」

とあっさりしていた。昭和天皇がひとつの枠をはめていたのである。

この話は、後藤田さんからオフレコの約束で聞いたが、すでに他界され
て8年、文化勲章の名誉のためにお許しいただけるだろう。

<今週のひと言>

大丈夫かな、内外いろいろと。

(いわみ・たかお=毎日新聞客員編集委員)

サンデー時評:013年04月17日

(サンデー毎日2013年4月28日号)



━━━━━━━━━━━━━━
滅茶苦茶 中国の住宅投資規制
━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆◇◇ ◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成25年(2013)4月18日(木曜日)
   通巻第3927号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 混乱と混沌と混迷。中国の住宅投資規制
  金融も引き締め、緩和、引き締め、緩和のジグザグ
********************************

「猫の目のようにかわる法律、いったいどうやって不動産投資を続ける
べきか」

「そこで離婚しちゃえば良いということが分かった。2軒目の住宅規制
から逃れられる」 

と言って、じっさいに天津では3月第一週に1255組の夫婦が離婚した(こ
の数字はその前の週の5倍。アジアタイムズ、4月18日)。

不動産転売利益にかかる税率が20%となる(従来は1−2%だった)。
その前に売却しようと激しい売り浴びせがあるかと思えば、北京と上海
では「4月1日から導入された? いやされていない」などと地方によっ
て施行日が異なり、税率も異なり、そのうえ2軒目からのマンション
購入の頭金がこれまでの60%から70%に引き上げられた。

また固定資産税の導入実験が上海と重慶で2010年から繰り返されてきた
が、重慶では豪華マンションのみに適用、上海では数件の不動産保有者
に適用と、これも実験の範囲がまちまち、税率も60・5%から1・2%の幅が
ある。

混乱がさらに深まっているのは金融規制緩和、規制強化のジグザグであ
る。不動産融資を厳しくした都市もあれば、緩めた都市もあり、中国の
住宅ローンと不動産市場の実態は混沌としている。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎ BOOKREVIEW ◆書評 ◇しょひょう ▼ブックレビュー
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国現地、現場にはりついて取材した成果が結晶
   習近平はおもったより手強い政治家だと警告する最新情勢分析
 
  ♪
近藤大介『対中戦略 無益な戦争を回避するために』(講談社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

全体として、じつに面白く、また内部情報満載で有益である。かつ情報
がユニークである。新皇帝の習近平を無能とみなさず、むしろ有能で
「毛沢東の復活」を模索するしたたかな権力者と捉えているポイントが
まずもって独創的である。

新皇帝の周囲を囲んだ「無能」な常務委員、とくに劉雲山、愈正声、張
徳江、張高麗の四人は江沢民にごまをすってなりあがって者ばかりだが、
この人事は反日暴動を演出した江沢民の陰謀であることを、時系列に経
過を追うことで追求している。

反日暴動によって共青団の一斉後退は、奥の院の陰湿な権力闘争で胡錦
濤が土壇場で江沢民に大敗したことを意味するという。

そして薄煕来失脚も、共青団の大幅な後退も「習近平の漁夫の利」だっ
たと捉え直し、つぎに習近平は江沢民、曾慶紅ら「恩人」らの排除にも
取りかかったのだ、と分析する。

兄貴分だった薄煕来が「邪魔な存在」であったことは評者も同意見で、
だから薄失脚は習にとっては幸運だったと言える。

ただし習政権を誕生させた最大の功労者にして恩人の江沢民と曾慶紅を
習が本気で排除するとは思えない。いや、もし習がそれをやれば、意外
にも習近平は端倪すべからざる政治家の技量を発揮することになる。

軍事委員会のなかで、ただひとり留任した呉勝利を海軍戦略の立案実践
者として捉え、習近平が頼りにしていること。また福建省時代からの子
分、劉賜貴を「国家海洋局長」に抜擢したことを特筆している。このふ
たりは軍人脈の中で、もっとも習近平に近い存在であるという。

もうひとつ、本書がユニークなのは、今後日本が育て、かつ「親日派」
として重視するべき政治家を一覧し、李源潮(国家副主席)、王洋(副
首相)、劉延東(副首相)ら次期常務委員候補の列にくわえて、孫春蘭
(天津書記)、胡春華(広東省書記)張春堅(新彊自治区書記)らをあ
げ、具体的に日本との過去のコネクション、人脈などを丁寧に解説して
いる個所だ。

中国のアキレス腱は環境、汚職、毒入り食品、賄賂、国有企業優先など
様々だが、これらを十五のカテゴリーに分けて「中国の弱点をせめる」
方法を提唱しているあたりも、本書が実にユニークなポイントだろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 樋泉克夫のコラム  樋泉克夫のコラム  樋泉克夫のコラム
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
 樋泉克夫のコラム
 @@@@@@@@

【知道中国 892】           
――「かくも広い土地をよくもこう万遍なく開墾したものだ」(長谷川の上)
「哈爾賓直行」(長谷川如是閑 『世界紀行文学全集』修道社 昭和46年)
 

 ▽
明治・大正・昭和の三代を“筆一本”のジャーナリストとして生きた長
谷川如是閑(明治8=1875年〜昭和44=1969年)がハルピンを訪れたのは、
昭和3(1928)年秋。張作霖爆死から4ヶ月ほどが過ぎていた。

「哈爾賓直行」は、「WRK兄」に宛てた手紙の形式で綴られている。

「大連から汽車が北上するに従って、車室からの眼界は次第に広濶とな
って、ついに渺茫たる平野が展開されますが、それが悉く見事な耕地で、
何処まで行っても、満州の果てまで行っても同じです」と説き起こし、

「実に、漢民族なるものは、アフリカに於ける大蝗群が、その通過する
所を草の色さえ止めない荒野にするのと正反対に、漢民族の通過する所
は、如何なる荒野も忽ちにして田園となり都会となります。

蒙古の曠野に鉄道が敷かれると、まだ開業のしていないうちから、危険
を保障されない建築列車に便乗を求めて、柏餅のような布団を背負った
無数の支那人が角砂糖に蟻がついたように、その列車にシガミついて、
茫漠たる曠野に侵入するのは、兄も親しく目撃された通りです。

全く根だけの棲家に過ぎないその曠野は、これら支那人に侵入されると、
忽ちにして豊穣なる高粱畑、大豆畑と化し、それらの集散する所に忽ち
繁華な都会が現れます」と、移動・移住を繰り返しながら自らの生存空
間を拡大してきた漢民族の持つ生まれながらの性質に言及する。

「茫漠たる曠野に侵入」し、忽ちにして「悉く見事な耕地」に変え「繁
華な都会」を出現させる過程こそ、大室幹夫が『劇場都市』(ちくま学
芸文庫 1994年)で説く「シナ化sinicization」ということになろう。

大室が描き出した「歴史的な図式」に拠れば、「シナ化は黄河流域のい
わゆる中原地方から南および南西、南東の方向へ向って展開され」、
「シナ化とはこれら南方地域の漢−シナ人の植民地化colonizationの過
程にほかならず」、「それは具体的には城壁都市の建設によって表出さ
れ」、それゆえに「シナ化とは端的に都市化urbanizationである」とい
うことになるわけだが、長谷川が歩いた満蒙は「黄河流域のいわゆる中
原地方から南および南西、南東の方向」に当らない。

にもかかわらず、「シナ化sinicization」という現象は起こっていた。
怒涛のような漢族の流れは、やはり全方位だ

「最近には、満蒙一体に流れ込む――文字通り流れ込むというより外適
当な表現はありません――支那人の数は一年百万にも上るそうです」と、
「シナ化sinicization」の凄まじい実態を綴る。(「満蒙一体」は「満
蒙一帯」では?)

ではどこまでも続く耕地を、彼らはどうやって耕すのか。

長谷川は「高粱畑を耕す農夫等は、例の蒲団と大きな煎餅のような烙餅
とを携えて、あの高粱畑に、昼は耕して夜は寝てどこまでも行くのだか
ら、あの曠野がベルリン、パリまで続いていても少しも閉口はしないわ
けだよ」との「支那通」の話を紹介した後で、「成程、夜になると家に
帰ることにして居る日本人の量見では、満州の経営はとても覚束ないこ
とでしょうが、漢民族はかくの如くにして、満州一帯に、中央支那の文
明を拡大させて行きつつあります」と記す。

さらに「この満蒙の大地域は、人類中の蜂や蟻にも比ぶべき、恐るべき
労働能力と、ユデア人にも増した恐るべき商業能力とをもった支那民族
の自由自在に活躍し得る天地たらんとし」ながら、「ヨーロッパのあぶ
れもの」によって「アメリカがあれだけのものになったのを見ると、ヨー
ロッパ人に比べれば、労働そのもの、商業そのもののような支那人によ
って、この満蒙がどんなものになるだろうかを考えると、私は全く毛穴
のうずくほど興味を感じます」と、満蒙の将来が一筋縄ではいかないこ
とを危惧するのであった。《QED》

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

♪(読者の声1)『金本位制について』わたしは世界の田舎(ベト
ナム)にいるので宮崎先生の「世界は金本位性に向かっている」はまだ
読ませていただいていません。題名だけみて「うーーん???」となっ
ていたのですが、本日の先生のご回答を読ませていただいて「金本位性
復活シナリオ」を本気でとなえているのではないことを知り、納得しま
した。

これだけの世界貿易量があるなかで金本位性なんて復活するわけ
がないからです。日本は金備蓄などを増加すべきだというご意見と察し
ました。いずれ読ませていただきます。インドの金購入はすごいですね。
おかげでインドは貿易赤字です。

昨昨晩金が1333ドル程度まで急落しましたが、チャートでは1200か1000
ドル位までの金安を期待しています。 1000ドルまで下がったら大喜びで、
バンコクまで行ってヤワラーの金行で100グラムのバーを何個か買えれば
良いなと夢想しています。ところで日本の貴金属店は昨日は金買いたい
お客さんで大混雑だったようですね。金を買いまくっていたポールソン
のファンドは大変でしょう。  (R生)


(宮崎正弘のコメント)日本でも昨日は異常現象、金の売り場に長い列。
三時間待ちです。銀座の田中貴金属店では。皆、金を買いに来ている。
これは一種パニック買い。1974年のオイルショックのときにトイレット
ペーパー、石けんに長い列ができた、あのパニック買いに似てませんか?

金はおそらくあと100ドルは下げ、1200ドル近辺まで下落を続けるでしょ
う。



  ♪
(読者の声2)貴誌書評で紹介された、室谷克実『悪韓論』(新潮新書)、
書名が秀逸です。

昨年来の韓国は竹島問題、天皇陛下侮辱発言、慰安婦少女像問題、対馬
の仏像泥棒事件とさすがに日本人の忍耐も限度でしょう。仏の顔も三度
までといいますが、韓国人にはそれがわからない。

中国と手を取り、かさにかかって日本を侮辱する。そんな韓国ですが不
動産不況は深刻のようで、中央日報にこんな記事があります。「韓国、
不況強打…景気低迷で空室率90%のオフィスビルも」 
http://japanese.joins.com/article/555/170555.html?servcode=300&sectcode=300

昨年8月に竣工したソウル・汝矣島(ヨイド)のある大型オフィスビル
は夜になると幽霊ビルになる。55階建ての超大型先端ビルだが、竣工し
て半年を過ぎたいまでも90%以上が空いているためだ。近隣の不動産仲
介業者関係者は、「往来する人がなく雰囲気がとても寂しい」と伝えた。

ほぼ同じ時期に建てられた近くの29階建てビルの事情も似ている。今
年初めに企業2社が入居したが依然として延べ面積の80%程度は空の
ままだ」(以下略)。ソウルではKorail(韓国鉄道公社)による龍山開発事
業も失敗、鉄道公社が債務危機という記事もありました。

http://japanese.joins.com/article/426/169426.html?servcode=300&sectcode=300
日本は韓国が今後どうなろうと関わるべきではありませんね。
  (PB生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)中国はいたるところ鬼城(ゴーストタウン)で
すが、ソウルでもそうだとは!


  ♪
(読者の声3)貴誌通巻第3926号に掲載いただいた(読者の声2)で一
つ書き漏らしたことがあることに気づきました。

貴誌通巻第3925号(読者の声1)に「R生、ベトナム」氏が書かれた内
「内閣に法案提出権がないことは重大でしょうか? わたしとしては内
閣のなかには国会議員が多数いるということが予定されているだけのこ
とと解釈します」の内「内閣のなかには国会議員が多数いるということ
が予定されている」の部分です。

私が問題としているのは、総理大臣または国務大臣が自身が国会議員で
あるという個人の資格で内閣の代わりに法律案を議会に提出するという
姑息な手段をとれば内閣に法案提出権がなくても政権運営ができるか否
かではありません。

明確に違憲であるにも関わらず政府が法律案を議会に提出するというこ
とが日本国憲法発効後も日常行われ続けていて、それを法曹界の人たち
も、法学者も、マスコミも全く問題としていない無神経さ、無見識、不
勉強です。

姑息か、正常かの議論はさておき、解決策があるか否かということでは
ありません。

こういう議論のすり替えを自分自身すら気づかずにしてしまうようにな
ってしまうほど論理的な思考力の訓練が日本の初等教育・中等教育での
社会科教育で欠如しています。

数学や物理では筋道だった思考を行わないと、解決策がみつかりません。

したがって、否応なしに筋道だった思考をせざるを得ません。ところが
社会科ではインチキが通ってしまっています。

だからこそ、大学入試では数学や理科を必須とすべきと考えます。
                           (當田晋也)
 
 

  ♪
(読者の声4)貴誌前号にでた『日本国憲法では内閣に法案提出権がな
いという見解』について。

まず最初に誤解を解いておきます。私は「内閣に法案提出権は当然ある」
という見解です。そもそも国務大臣の半数以上は議員の資格を有してい
るのでその資格で法案を提出可能ですし、専門的な行政を行い、専門技
術的な情報が入りやすい内閣に法案提出権があるのは当然かと思います。

三権分立からも、立法の核心は審議・議決にあり立法権を侵害する恐れ
はないというのが理由です。現在の日本はこういう見解の下に運用して
いると理解しています。

私の質問が不明瞭であり、その点で申し訳ないと思っています。

『「主権にも色々な意味がある」のではなく、主権という明確な意味の
存在する政治学用語を流用ないし誤用して他の意味に使っているケース
が多々あるということです。

WIKIによると以下のごとくです。

「主権」概念の内容については、一般的には、国家の最高独立性を表す
概念で、最高権、統治権、最高機関の地位のおおよそ三つの基本的意義
がある。日常的な意味は「至上であること」ないし「最高であること」
であるが、長い歴史を有する多義的な概念で、論者によってさまざまな
意味が盛りこまれることがある。
主権概念の詳述は以下。

最高権(対外主権)「国家が外に対して独立している」ということが、
「主権」の内容として語られる。国家は互いに平等であり、その上に存
在する権威はないため、「最高独立性」といわれることもある。近代国
家である以上、対外的に独立していなければならず、逆に、対外的に独
立していない場合は、それは国家ではない(国際法上の国家の要件が欠
缺している)ということになる。

統治権(対内主権)「国家が内に対して最高至上である」ということが、
「主権」の内容として語られる。近代国家においては、国家は、自らの
領土において、いかなる反対の意思を表示する個人・団体に対しても、
最終的には、物理的実力(physische Gewalt)を用いて、自己の意思を
貫徹することができる。

この意味で、国家は対内的に至高の存在であり、これを「主権的」と表
現するのである。この意味で用いる場合には、「主権」という語は、領
土に対する統治権、即ち「領土高権」とほぼ同じ意味内容を持つ[2]。

最高機関の地位(最高決定力)ある国家のうちで、「国政の在り方を最
終的に決定する最高の地位にある機関は『誰』なのか?」あるいは「実
際に最終的に決定する『力』を持っているのは『誰』なのか?」という
帰属主体の問題も「主権」の問題として語られる。

有名なプープル主権(souverainet!) du peuple)論とナシオン主権
souverainet!)nationale)論については、プープル主権論は人民主権説に
相似し、ナシオン主権論が国家主権説に相似。プープル主権においては、
具体的なプープル(peuple、人民)こそが主権者であり、具体的な人民
の具体的利益こそが政治に反映されるべきであり、命令委任は肯定すべ
きと考えられることになる。

これに対して、ナシオン主権論は、抽象的なナシオン(nation)、人格化
された国家が主権者であり、ナシオンが授権した代表者はナシオン(の
利益)を代表するのであるから(「純粋代表制」という)、選挙民によ
る命令委任は否定すべきであると考えられることになる。

「主権」の概念の原型は、ローマの法学者ウルピアヌスの「元首は法に
拘束されず」(princeps legibus solutus est)、「元首の意思は法律
としての効力を有する」(Quod rincipi placuit、legis habet
vigorem)

との法解釈に遡る。ローマ法以来の明確な概念論の歴史があるのですね。
勉強になりました。我が邦は国民主権なのです。

以上は日本の司法試験の基礎的な知識であり、頭の訓練にもならないか
もしれません。私は早稲田法卒(東

大卒では断じてありません)なのですが、学生時代を思い出しました。
バカなのでこの程度でも良い頭の訓練になります。私は伊藤真(東大法
卒です)などとは一切関係ありません。かれは南京事件についてサヨク
的な発言をしていますが、わたしはいうまでもなくみなさまと同じ見解
であります。

しかし、法曹界にいるまともな方々とはどなたのことなのか・・・ご教
示いただきたいものですね。東大卒で明治時代の方?(冗談LOL)

大学で頭使わなくても社会にでて頭使うことは山ほどあるじゃないです
か。わたしは早稲田中退だろうが、高卒だろうが利害関係なしで議論す
るならば関係なし。要は、本を読む人間か否かです。但し企業で雇用す
るのならば真面目さ(日本特有の平均さがカイシャには必要)の尺度と
してみますが。
  (R生、ベトナム)



━━━━━━━━━━
通詞・伊藤鶴吉のこと
━━━━━━━━━━


    平井 修一

小生の父(大正9:1920年生)は頭が良かった。家は自作農とは言え余裕
がないから尋常高等小学校どまりだったが、本来は東大や早大あたりま
で進学してもおかしくなかった。12人きょうだいの次男坊だから自立す
るしかないので、職業軍人になった。

終戦後は農業・平井家の入り婿になったが、平井家では父の頭脳を大層
評価し、「やがては町長にしよう」と目論でいたそうである。

ところが父は女癖が悪かった。もてたのだ。独身時代ならともかく、婿
さんになってからもトラブルが絶えなかった。50歳で畜妾もした。

頭が良かったことや達筆だったことなどは小生には遺伝しなかったが、
助平は遺伝した。助平でも小生がトラブルにならなかったのは女から惚
れられなかったからである。けがの功名みたいなものだ。

ところで小生は中学生の頃から英語の達人になりたいと思っていた。東
京外語大学と上智大学の米語科を受けたが、1969年のことで、東大入試
が中止されたために、優秀な奴らがこの二つの大学にも応募してきた。
結局小生は不合格になったのだが、まあ、その程度の能力だったのであ
る。

辛うじて横浜市立大学に潜り込んだが、商学部だったこともあり英語と
は縁が薄くなった。それでも英語への関心はずっと続き、時々月刊誌
『ENGLISH JOURNAL』なども読んでいた。英語力で出版社へ就職もできた。

こうした経緯から昔から通訳者・翻訳者には敬意を表してきた。仕事で
も翻訳でずいぶん稼がせてもらった。小生は音感が悪いのか通訳の才能
はなかったが、翻訳は海外旅行業界では評価され、米国大使館からの仕
事も多かった。

なぜ評価されたのか。「世はいかさま」というが、翻訳臭を完全になく
して完璧な日本語にすると誰も原文にあたらないことを発見したのであ
る。翻訳が難しいところは「まあこういうことだろう」と処理した。精
査すれば90点でも、完璧な日本語だから120点をくれる。いかさまは一度
もばれなかった。

通訳者・翻訳者を昔は通詞(つうじ)と言った。ウィキによれば「通詞
は江戸幕府の世襲役人で公式の通訳。ポルトガルとの南蛮貿易の際の通
訳に始まり、オランダ貿易や中国貿易などを担当した。

通辞、通弁、出島役人などとも言う。蘭学などが彼らによって日本に入っ
てきたように、西洋文化受容の受け皿となっていた」。

「受け皿」としてばかりではなく、外国に対する日本の紹介者でもあったろう。

イギリスの旅行家イザベラ・バードの「日本奥地紀行」(“Unbeaten
tracks in Japan”1880年刊)には「イトー」という青年通詞が登場する。
通訳ガイド兼添乗員兼執事として明治11年(1878)6月から9月にかけて47
歳のバードが敢行した東京から北海道までの旅行に同行した。

この青年については永らく気になっていたのだが、イザベラ・バード研
究の第一人者である京都大学教授の金坂清則氏がこう記している。

<イトーは本名を伊藤鶴吉といい、その後も長く通訳ガイドとして活躍
した。逝去に際しては、「通訳の名人」「通弁の元勲」などと称賛され
た。日本を訪れた著名人が彼の世話になっていた>(「I・バードと山
形の旅」山県新聞2000年9月6日)

調べてみると、伊藤は神奈川県三浦郡菊名村出身、安政4年12月17日−大
正2年1月6日(1858年1月31日−1913年1月6日)。横浜で外国人から英語
を習い、通訳となる。イザベラ・バードと出会った時は満20歳だった。

日本初のガイド組織「開誘社」の設立に参画、さらに「横浜通訳協志会」
会長となり当時の通訳の第一人者として国賓の通訳を務めるなど活躍し
た。胃がんのため横浜の自宅で逝去、享年57。

伊藤はバードとの旅行を終えた後、9月14日、函館で別れるが、彼女はそ
の時のことをこう書いている。

<とうとう今日は伊藤と別れたが、大変残念であった。彼は私に忠実に
仕えてくれた。彼を通して私は、たいていの話題なら、他のいかなる外
国人よりもずっと多くの情報を得ることができた。

彼は、いつものように私の荷物をつめる、と言ってどうしてもきかず、
私の身の回りの品物をすべてきちんと片付けてくれたのだが、彼がいな
いと、もうすでに私は困ってしまっている。彼の利口さは驚くべきもの
がある。

伊藤は去る前に、私に代わって室蘭の長官宛に一通の手紙を書いてくれ
た。人力車の使用その他の私に親切にしてくれたことに対する礼状であ
る>

「これが伊藤についてのバードの最後の記述である。最後までバードを
気遣う伊藤の気持ちが伝わって来るようだ」(白神りゅうやの旅と小説)。

仕事とはいえ伊藤は過酷な旅行にあって献身的にバードに尽くした。業
者からリベートを取るといった抜け目なさ、「いかさま」はあったが、
通訳案内業としては合格点以上だろう。

その後、バードは1894年(63歳)から1896年(65歳)まで毎年来日した。
1901年(70歳)には6か月にわたりモロッコを旅行している。旅行作家と
は言え、すさまじい行動力だ。1904年10月7日、病没、享年72。



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎  経済効果「夏越えれば実感」 首相、賃金上昇めぐり

安倍晋三首相は18日朝の日本テレビ番組で、経済政策「アベノミクス」
による賃金上昇などの効果について「夏を越えればだんだんと実感して
いただけると思う」と述べた。

同時に「金融政策で経済を引っ張っていく場合、給与に影響が出てくる
のは1、2年後だが、それを早めるために大胆な財政政策をやって政府
もお金を流していく」と強調した。

成長戦略の一環として、現行法が最長1歳6カ月まで取得可能としてい
る育児休業を、子どもが3歳になるまで取れるよう見直したいとの意向
も示した。【共同通信】013/04/18 10:00 

      〔情報収録 − 坂元 誠〕



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)2931号で (前略)英語が達者なはずのある投稿者の方が、bath
roomを文字通り「風呂場」と翻訳されて、「知らなかったんですか?」と
大変驚いたこともあります。 (荒木純夫) 様◇ 1991年11月25日第1刷別
宮貞徳著「翻訳はウソをつく」は途轍も無く面白い本です。(佐藤雄一)



 2)パチンコ台のサブリミナル効果を禁止していただきたい。「パチ
ンコはやる方が悪いのか 〜怖いサブリミナル効果〜」。(まこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/wood72046/34141385.html



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


署名なき投書は採用しません。必ずご本名を記した上にハンドルネーム
か「匿名希望」かを書いて下さい。

読者:5174人

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp


◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/04/18

    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130418/dms1304181545014-n1.htm【沖縄の風】地元では報道されないオスプレイ反対派の実力行使

  • 名無しさん2013/04/18

    地方分権は国民的議論も全くないのに、そりゃ無理でしょ。つまり、国民が必要性を感じてない。

  • 名無しさん2013/04/18

    http://www.tamanegiya.com/hirasawakatuei22.4.8.html日本の癌・朝鮮人の米櫃であるパチンコ



  • 名無しさん2013/04/18

    夕刊フジの記事のリンクを貼り付けますね☆

     













    >「または、北朝鮮内部でクーデターが起こりそうなのでしょうか? 金正恩の行動は、北朝鮮内部にも見せ付けてパフォーマンスしているようにも思えますね〜。

     

    内部割れをおこしているのかな〜。」

     



    ・・・について。

     













    ミサイル撃たれるぞ、などと騒がれている頃から、私はそういう気がしていました。

     













    実際は撃たないだろうな〜と。

     















    金正恩は、もし自分が本当にミサイルを撃って命中させでもしたら、即どこかから殺されるだろうことくらいは分かっているでしょう???・・・と私は思っています。

     















    緊張状態が続いていることはたしかですが、実際は撃たないだろうな〜という気がしていました。

     















    アメリカも今はオバマ大統領なので、彼は出来るだけ戦争を回避しようとしてくれるため、アメリカから北朝鮮を攻撃することはなさそうだしな〜と思っていました。

     













    ネット上にはいろんな情報が行き交っていますが。

     













    北朝鮮の内部で仲間割れしかけていて、クーデターが起こりそうな緊張状態が内部で続いていて、その内部向けに金正恩はパフォーマンスをしているのだろうという感じがします。

     















    そういう解釈をしている方もいる様子で、似た内容の記事を見つけたので、以下にリンクを貼り付けます。

     











    「正恩氏、北ミサイル威嚇の真の狙いは“反乱軍”の粛清か-」 夕刊フジ(2013年4月16日17時12分)

     





    http://news.infoseek.co.jp/article/16fujizak20130416012



     













    ・・・北朝鮮より、富士山噴火やフォッサマグナの大地震のほうが要注意かも! 





  • 名無しさん2013/04/18

    誰もが「おかしい」と感じるほど、大きな地震が増えています。



    昨日など、三宅島、続いて宮城県で立て続けに発生した震度5強、5弱の地震に、多くの人が肝を冷やしました。



    三宅島の地震では怪我をされた方も心配ですが、何よりも怖いのはこの島が富士火山帯に属すること。富士、箱根、伊豆諸島などの火山群が活動期に入っていることは明らかなため、富士山もしくは箱根山の噴火を多くの人が本気で心配しています。また、富士火山帯に沿ってのびる相模トラフや、これと接する南海トラフへの影響も気になります。



    富士山が本格的に噴火したならば、いったいどれほどの人的被害が出るか想像もつかず、経済的損失は数兆円にのぼるといわれています。



  • 名無しさん2013/04/18

    パチンコは脱税、と拉致被害者の敵である。

    黒ラブ

  • 名無しさん2013/04/18

    http://www.news-postseven.com/archives/20130417_182419.html地下水湧出、マグマだまり10km上昇で富士山の噴火近づくか

  • 名無しさん2013/04/18

    http://pika2.livedoor.biz/archives/4438205.htmlなぜフランス人は雨が降って傘を差さないのか?