政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針2910号  2013・3・27(水)

2013/03/27

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 2910号
□■■□──────────────────────────□■■□



        2013(平成25)年3月27日(水)



             北朝鮮に近い僧侶動く 朝鮮総連本部の落札:古澤 襄

                           お金の使い方に表れる品格:櫻井よしこ

                       仲井間は普天間移転の原点に戻れ:杉浦正章

                                       はんぐると移民:MoMotarou

                                台湾人の中国恐怖症:Andy Chang

                         話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第2910

                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
北朝鮮に近い僧侶動く 朝鮮総連本部の落札
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                古澤 襄
 
<公安当局が「対日工作拠点」とみる在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)
中央本部の土地・建物が26日、落札された。落札したのは宗教法人最
福寺(鹿児島市)で、同寺の池口恵観法主(えかんほっす)(76)は何
度も訪朝、総連首脳とも親交があり、公安関係者は「北朝鮮に近い人物」
とみている。

北朝鮮は総連首脳だけでなく、政府高官も池口氏に中央本部維持への助
力を要請しており、存続に向けた水面下の活動は「貸与」という形にな
りそうだ。

■29日にも売却許可

「今まで中央本部にいた方を追い出すということではない。(一部を)
貸すのはいいのではないか。総連側と今後、話し合いをすることになる」

池口氏は会見でこう話し、総連への貸与に前向きな姿勢を示した。約45
億円という高額落札だが、資金については「ある程度のメドは立ってい
る。総連側からお金が入ることはありえない」と述べた。

民事執行法は債務者である総連の買い受けを禁止している。また、最福
寺が総連から資金提供を受けていれば売却は許可されない。最福寺が自
己資金で落札すれば、総連と賃貸契約を結ぶことができる。

東京地裁は29日、こうした問題がなければ売却を許可する。整理回収機
構など利害関係者は不服があれば1週間以内に東京高裁に執行抗告がで
きる。高裁で審理されれば、その間手続きは停止される。

売却許可決定が確定した場合、地裁は1カ月以内の代金納付期限を指定。
納付後、地裁が差し押さえている中央本部の土地・建物の登記は移転さ
れる。総連への貸与の可能性が高く、手続きはスムーズに進むとみられ、
最短で1カ月程度で最福寺の所有となる。

最福寺関係者によると、池口氏は競売開始前に総連の許宗萬(ホ・ジョ
ン・マン)議長からたびたび中央本部の物件購入を依頼されており、公
安関係者は「総連がうまく死守したという感じ」と指摘した。

池口氏とはどんな人物なのか。最福寺関係者によると、安倍晋三首相
(58)と親交があるほか、政財界や芸能界、スポーツ界に幅広い人脈を
持ち、多くの著名人が師事している。

一方、平成21年から5回訪朝し、23年には北朝鮮に「金日成主席観世音
菩薩像」を寄贈した。昨年4月には金日成主席の生誕100年を祝う行事に
出席するため平壌入り。北朝鮮から勲章を授与されていた。よど号ハイ
ジャックグループとも交友があり、訪朝時にメンバーと会談したことも
ある。

こうした経緯から、公安関係者は「北朝鮮に近い人物」とみている。

池口氏は会見で、中央本部の物件に関心を抱いたきっかけについて「北
朝鮮上層部の話」を挙げた。訪朝の際、最高人民会議幹部から競売を回
避するため「中央本部は大使館。なくなると日本と敵対関係になるから、
日本政府に話してほしい」と依頼されたという。

また、中央本部が靖国神社の近くにあることも挙げ、「中央本部を民族
の融和と英霊の慰霊の拠点にしたい」とも語った。

■「いわくつき物件」

公告によると、中央本部の土地は約2390平方メートルで、地上10階、地
下2階建ての延べ床面積は約1万1740平方メートル。JR飯田橋駅から
徒歩約4分の好立地にある。

ある不動産大手の担当者は「普通の売買なら、大手不動産会社がマンシ
ョン建設用地としてのどから手が出るほど入手したい場所」という。鑑
定評価による売却基準価額約26億円に対し落札額約45億円が適正かにつ
いては「いわくつきの物件なので判断のしようがない」と話した。

朝鮮総連は昭和61年からここに中央本部を置く。公安当局によると、現
在は事務総局、宣伝広報局、国際統一局など7局に加え、民族圏委員会
や祖国訪問事務所といった部署がある。

外交窓口の役割を担う一方、総連内部の非公然組織が日本や諸外国から
の拉致をはじめとした工作活動を行ってきたとされ、公安当局は「対日
工作拠点」との見方も示す。

警察当局が捜査した2児拉致事件では、19年に警視庁公安部が総連の徐
萬述(ソ・マン・スル)議長(当時)や許議長ら3首脳に参考人として
出頭要請。総連は「対応するに値しない」と出頭拒否を表明した。3首
脳は事件当時、総連で組織指導統括の局長や、対外活動担当の部長職な
どを務めていた。

中央本部は、13年に朝銀東京信用組合の旧経営陣らによる信組資金の
不正流用事件で、警視庁が朝鮮総連の元財政局長らを逮捕した際に家宅
捜索されている。(産経)>

2013.03.27 Wednesday name : kajikablog



━━━━━━━━━━━━
お金の使い方に表れる品格
━━━━━━━━━━━━


      櫻井よしこ

春闘で軒並み満額回答が出されている。裾野が広く経済全体に大きな影
響を与える自動車業界では、大手10社中マツダを除く全社が満額回答だ。
円安の影響もあるが、安倍晋三首相の経済界に対する賃上げ要請がきっ
かけになっているのも確かであろう。

国内需要も中国市場も低迷する中での賃上げはかなりの負担だとの分析
もあるが、一連の満額回答の背景に日本的経営の精神があるのではない
かと思えてならない。

日本にも高額の年収を手にする経営者は存在する。例えば大東建託の多
田勝美前会長の8億2300万円、タカタの故高田重一郎前会長の6億9500万
円(ビリオネア・リサーチグループ、2011年8月4日)などだ。

ちなみに、同年、日産自動車のカルロス・ゴーン社長は年収9億8200万円、
ソニーのハワード・ストリンガー会長は8億6300万円を得ていた。

こうした高収入の経営者は、しかし、日本ではむしろ例外的で、日本企
業の社長報酬は一般社員のそれの20倍以内にとどまっているのが通常の
ケースだという(「アメリカの格差、日本の格差」プロトピックス、09
年7月号、西浦道明)。

日本と対照的に、米国の社長と一般社員の年収の差は275倍だと紹介され
ている。こんな数字をたどるうちにブッシュ政権の国務副長官を務めた
ゼーリック氏は政権入りする前、ゴールドマン・サックスで得ていた年
収が当時の為替レートで69億円だったのを思い出した。

日本は格差社会だといわれ、年収200万円以下の人が増えているのも確か
だが、経営者と社員の格差は、国際社会の水準で見れば大きくはない。
こうした点は、日本式経営の長所の一つだといってよいのではないか。

同じアジアの大国である中国が、類例のない格差社会であるのはすでに
広く認識されているが、その詳細を見てみよう。中国の国民1人当たりの
所得は5400ドル(1ドル100円換算で54万円)である。その国で、政府要
人中の要人、温家宝前首相の一族の蓄財は27億ドル(2700億円)だった。
桁違いの格差と腐敗である。

驚く数字はまだある。中国共産党8200万人の懐に入る賄賂が年間約80兆
円とみられているのだ。日本の一般会計予算92兆円に迫る信じ難い額の
不正なお金があって初めて、温家宝氏をはじめとする信じ難い額の蓄財
が可能になっているのだ。

彼らがそのうち約10兆円を毎年海外に送金していることも統計から読み
取れるのだが、それは何を意味するか。

温家宝氏も胡錦濤前国家主席も、凄まじい経済格差を放置すれば中国共
産党下の中国は崩壊すると語っている。彼らは本気で国民の蜂起、つま
り革命を恐れているのである。その恐れがどれほど強いか、習近平政権
の常務委員、王岐山氏が昨年12月に出した全共産党員への指示から読み
取れる。

王岐山氏はフランスの思想家トクヴィルの『旧体制と大革命』を読むよ
うにと指示したのである。これは腐敗と特権に凝り固まったフランス貴
族が国民から見放された結果、血の革命が起きたことを指摘した書であ
る。毎年10兆円規模の海外への送金は、万が一海外に脱出しても十分豊
かに暮らしていくための準備金と考えてよいだろう。

お金の使い方、使われ方こそ、その人、その社会、その国家の性格を最
も正確に表現する。デフレ脱却を目指して今年の春闘で経営者も社員も
富を少しずつ分かち合い、その循環を裾野に広げていく日本的経営を大
事にしたいものだ。

こうした中、安倍政権がTPP交渉参加を表明。日本的経営とTPPは相いれ
ないという意見があるが、必ずしもそうではないだろう。日本の経営の
特長は、その優しさに加えて、本来、資金調達や雇用形態なども非常に
柔軟だったことを忘れてはならない。(週刊ダイヤモンド)

2013.03.26 Tuesday name : kajikablog 



━━━━━━━━━━━━━━━
仲井間は普天間移転の原点に戻れ
━━━━━━━━━━━━━━━


         杉浦 正章

マスコミの感情論に流されるな

もともと沖縄県知事・仲井間弘多は、焦点の普天間移転に賛成であった。
それがなぜ豹変したかと言えば、一にかかって愚かなる鳩山由紀夫の
「海外、最低でも県外」発言にある。これを活用する形で仲井間は10年
に再選を果たしたのだ。

しかし、極東情勢は尖閣問題と北の核実験で急変しつつある。日米安保
体制に揺らぎが生ずることはいまや危険極まりないものとなっており、
一自治体の長であっても、大局を見逃してはならない。

原点は普天間の危険から住民を守ることにあったはずだ。仲井間は要求
を拡大せず、感情論でなく時代を見据えた対応を取るべきであり、すべ
てを「鳩山以前」に戻して、埋め立てに同意すべきだ。

防衛省が22日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う公有水面埋
め立てを沖縄県に申請した。これを受けて仲井間は今後10か月前後で容
認かどうかの結論を出す。

仲井間は県外移転を主張しているものの、即座に反対の発言はせず、
「内容をチェックして判断するには8カ月から10カ月かかる。それを経
て承認するか、しないかということになる」と一応賛否には踏み込まな
い姿勢を示している。

だが、現実には仲井間は身動き不能状態に置かれているのであり、いか
に鳩山の“放火”が罪深いものであるかを物語るものとなっている。

しかし、仲井間は本当の政治家ならここは原点に立ち返る努力をすべき
時である。原点とはまずそもそもの仲井間の立ち位置は普天間移転で当
選してきているのだ。

2006年の沖縄県知事選挙に、自民・公明の推薦で当選。2010年11月の知
事選は、自民党、公明党・みんなの党の推薦を受け当選している。支持
母体が長年普天間移転で沖縄に根回しを続け、民主党政権が打ち壊さな
ければ、知事も国も移設容認寸前までいっていたはずの話しなのである。

2008年に米軍兵士が暴行・強姦容疑で逮捕された事件でも、仲井間は普
天間移設計画には「全く影響しない」と語っているのだ。

仲井間の当初の判断の背景には、明らかに沖縄全体の負担減があった。
なぜなら普天間移設構想は人口密集地から少ない地域への移設であり、
沖縄の悲願でもある。移設と連動して海兵隊の一部のグアム移転が進め
られ、加えて嘉手納以南の米軍施設の統合整理が実現する。

浦添市の牧港などの先行返還も期待される。紛れもない負担減が沖縄全
体で実現するのであり、大きな利益となるものだ。繰り返すがそれをぶ
ちこわしたのが無責任極まりない鳩山発言である。これが感情論を呼び
起こし、マスコミに付け入る隙を作った。

もともと現地の琉球新報と沖縄タイムズは、住民への“扇動競争”で生
き延びてきている。元防衛相・小池百合子が26日、「戦っている相手は
沖縄のメディア。むしろ沖縄のメディアの言っていることが本当に県民
をすべて代表しているとは、私ははっきり言って思いません」と述べて
いるが、まさに勇気ある至言だ。

これに朝日新聞が加わっている。その論調は感情論をかき立て、日本の
よって立つ基盤である日米安保体制などは眼中にない。

著しい例が23日付の朝日社説だ。これこそ感情論の権化のような稚拙な
社説であった。さわりを紹介すれば「安倍政権は米国への配慮を重ねな
がら、沖縄の人々の心情を軽視しているとしか思えない」と感情論を臆
面もなく打ち出した。

加えて「政府の小手先の対応で県民が容認に転じるとは考えにくい。知
事が『ノー』と言ったとき、その責任を、首相は自ら取る覚悟はあるの
か」と開き直りの恫喝だ。怒りを臆面もなく前面に出しているが、そこ
には説得力がない。

なぜないかと言えば、あえて触れない重要ポイントがあるからだ。尖閣
や北の核実験をめぐる極東の危機、かつての仲井間の容認論、民主党政
権の大失政、普天間自体の危機的状態の解決策、嘉手納以南の返還の利
益、漁協など地元の賛成論など都合が悪いものには一切触れていない。

失敗したときの首相に退陣を迫っているが、朝日は原発ゼロを煽ったも
のの、総選挙で有権者が逆の原発容認の選択をしたことをあいまいのま
ま放置している。その責任を取って社長が辞任したかと言いたい。

要するに、沖縄は地政学上の軍事要衝なのであり、何をしでかすか分か
らない隣国が複数存在する限りにおいては、自治体の長も住民も甘受せ
ざるをえない宿命を負っている。

一朝有事の際に本土から出撃していては間に合わないのである。国家あっ
ての自治体であり、いまこそこれを直視しなければならない時なのであ
る。

72歳の仲井間は軽い脳溢血を起こしたり、胆石の手術をしたり、その心
身の疲労は耐えがたいものがあるのだろう。立場は同情してもあまりあ
る。

しかし、自ら選んで知事に再選された以上は、矮小(わいしょう)な感
情論を排して中央の政治家でも困難な大局的な判断をすべき時だ。

まず最初に原点の「普天間移転ありき」の判断でことを一歩前進させ、
歴史に名をとどめるべきである。国と自治体の将来に向けて私利私欲な
しの“最後のご奉公”をするときだ。

    (政治評論家)<2013年03月27日>



━━━━━━━
はんぐると移民
━━━━━━━


   MoMotarou

(朝鮮)民衆は清国派を支持していたらしい。金玉均らは日本に亡命し
た。のちにこの人は上海で暗殺され、売国奴として朝鮮で遺体が八ツ裂
きにされたといわれる。「国民の歴史」西尾幹二

                ★

「この情報は日本側の怒りを買い、日清戦争の原因の一つとなった。福
沢諭吉は金玉均の暗殺を契機に朝鮮に絶望し、アジアの共闘はありえな
いと悟り、「脱亜入欧」すなわち日本一国の近代化路線に転回していく。」
(同上)

この前まで「税金を払っているのだから参政権をくれ!」という声が大
きかった。今後しばらく音無しくなるだろう。
 
■日本は一日にして成らず。

在日ハングル人に申し上げたいのは「一体日本に何年居るのだ」という
事です。強制連行で連れてこられたと捏造をして50年100年であります。

しかし日本民族は”一万有余年”この日本列島に住み続け改善し維新し
てきました。我が国の「その快適さ」は昨日今日出来たものではありま
せん。50年100年で「大きな顔」をされては困るのであります。

■高学歴・技術者の日本到来

その昔半島から日本にきた朝鮮人は知識人であったり、政治的亡命で逃
れた人々でありました。また豊臣秀吉が連れて帰った陶工は、半島では
非常に身分が低かったのです。日本では彼ら技術集団を大変大切にしま
した。"強制連行された"という人々とは「レベル」が違っておりました。

■自立できない国

日清戦争の結果、朝鮮は独立を"棚からボタ餅的に"得ました。しかし、
既に一国では国を維持できなくなっておりました。ロシアにつくか、ま
たシナにお願いするか国内では揉めていたようです。結局、伊藤博文を
テロで暗殺したために「併合」の憂き目に会います。

■お荷物国家

ご存知の通り、伊藤公は併合には反対でした。理由は、台湾統治で苦労
していたからです。「内地と同じように」という明治天皇のご意向もあ
り、ともかくインフラの整備に大変な資本と人材が必要だったのでした。
更に朝鮮併合となると日本国の財政が持たないと危惧したからでありま
す。

■国内より半島を優先

先般の中山成彬議員の委員会質問は、国内の発展を遅らせても朝鮮半島
に資本投下した様子を明らかにしたものでした。実際、国内では木造の
校舎も、朝鮮では洒落た西洋建築で建てられておりました。「日本」が
建築したのであり朝鮮人が建てたのではありません。

■ハングル半島は君たちのものだ。

最早両ハングル国家も片や経済大国で、もう一方は軍事強盛大国であり
ます。いつまでも我が国の貴重なお金(税金)を当てにしていては見っ
とも無いでしょう。さっさと「地上の楽園」を建設して下さい。 日本
に来るな!(笑)

高山正之さん曰く、「誰も邪魔しないのに民族統一出来ない不思議な国」

◎追記:「朝鮮併合」を検索すると「韓国併合」と出てくる。ウィキペ
ディアでも書き直されている。恐ろしい情報工作・捏造だ。韓国の謀略
工作の前には民主党政権や日教組など「赤子の手」を捻るぐらいに簡単
だったろう。義務教育にも当然のごとく手を突っ込んでいる。余りに鮮
やかな手口だ。

我が国の国政事情を良く知っている人間が絡んでいたと思われても仕方
がない。竹中平蔵氏(小泉政権で経済財政政策担当大臣、金融担当大臣、
総務大臣などを歴任)が韓国の李明博大統領の政策顧問になっていたの
と関係がないわけではあるまい。恐ろしい事だ。安岡正篤先生の「謀略」
(下記↓)をシミジミと読み返した。

■ 謀略
  「スパイの一番大きな目的は、相手国の国策を誤らせる事にある。
(中略)とにかく大東亜戦争で日本は国際謀略というものに引っ掛かっ
て敗北した。謀略に対して暗かったという、日本の不明がある。決して
物量に敗れたとか何とかというような簡単なものではないということを、
諸君達は知っておいてよろしい」         ---安岡正篤;「続人間維新」
より
         関西師友協会 http://www.siyukai.org/



━━━━━━━━━━
 台湾人の中国恐怖症
━━━━━━━━━━


     Andy Chang 

台湾人は半世紀以上も独立運動を続けてきたけれども独立建国ができな
い。しかも最近は独立を忘れたように見える。半世紀たっても独立でき
ない理由はみんな中国恐怖症にかかっているからである。何でも中国と
中華民国のゴキゲンを気にするから何も出来ない。

台湾の指導者、論客、識者などが揃ってオオカミ少年のように中国が攻
めて来る来ると言い、中国と中華民国の二国論を唱え、台湾の存在が希
薄になっている。台湾は中華民国ではない。

中華民国と中国は統一したがっているのに台湾人の指導者が中華民国を
支持している。民衆が中国を恐れるのはオオカミ少年のせいである。

●中国という枠

「國」という字は、四角な囲いの中に「或」と書く。台湾人は中国と呼
ぶ囲いの中で、或いはこれ、或いはあれと論争している。だから台湾と
呼ぶ国が出来ない。台湾人は中国と呼ぶ枠にガッチリ嵌められている。

中国の枠の中の台湾人は、中華民国亡命政権に統治され、亡命政権だと
言いながら中華民国を自分の国のように思い、本気で打倒する気がない。
口先で台湾建国と言いながら、中華民国の選挙体制を捨てて革命運動を
起こす気概がない。つまり台湾人の枠は2つもある。

独立は革命だ、中国が攻めて来るとシナ人が言えば、台湾人は革命をや
めて、代りに民主人権と叫ぶ。中国と呼ぶ枠の中に民主も人権もないの
を知りながら台湾は民主国家だという。

革命が恐いから選挙で中華民国を倒せば名義変更が出来るとオオカミ少
年が言ったから、民衆が従う。民衆には本気で革命をする智恵も勇気も
ない。

●現状維持とは中国が攻撃しないこと

メディアは毎日のように台湾のニュースでなく中国のニュースを報道す
るから、民衆は洗脳されて中国の意向ばかり考えるようになる。現状維
持といえば中国が攻撃しないことだと皆が思っている。現状維持とはオ
オカミがやって来ないことだ。

ところが世界の目から見れば、台湾の現状は台湾が中国の一部のように
なっていることだ。中華民国を承認する国家は23カ国しかない。バチカ
ンの法王就任式では中国が中華民国と断交することを要求したという。
世界が認めない中華民国を台湾人だけが認め、中華民国の選挙に熱中し
ている。井の中の蛙と同じだ。

台湾の中国投資が増え、軍隊は無力化し、馬英九政権は徴兵制度をやめ
て募兵制にするという。軍の機密は中国に筒抜けの状態である。アメリ
カが最新武器を提供すればまもなく中国に渡って機密が盗まれる。

アメリカが統一に反対だから辛うじて台湾が存在しているようなもので、
台湾人は中華民国を自分の国と思うようになってしまい、中華民国は中
国の属国化してしまった。そして民進党の内部には国民党スパイが一杯
いるだけでなく、中国の走狗さえいるのが現状である。民進党の外の独
立運動の派閥にも国民党スパイや中国スパイがたくさん居る。

●中国と比べる為の人権と民主

台湾は民主国家だと主張する人が多いが、彼らの主張は中国の非民主、
独裁と比べるための民主である。台湾に民主、人権があるなら陳水扁が
無実の罪で監獄に入れられ、今では廃人同様になってしまったような残
酷物語はありえないはずだ。

台湾では民主人権を主張して中国が独裁であることを強調するだけで満
足している。台湾には民主も人権もないが、中国に比べた自由があると
威張っている。だから台湾が独立できなくてもチベット、東トルキスタ
ン(新疆)の独立運動を応援する。自分の尻に火がついているのに対岸
の火事を見て手を叩いているようなものだ。

まだある。台湾人の論壇では?台湾を永久中立国にしよう?と提案する人
が居てかなりの賛成があった。またある人は「台湾語は文字表現が難し
いから英語を公用語にして小学校から英語教育を始めよう」と提案する
人もいて、これも多くの賛成者が居た。台湾国が無いのに永久中立だの、
英語を公用語にするなどを討論して得意がるより、中華民国を倒す方法
を討論すべきである。

●台湾人の覚醒と覚悟

台湾人は中国の枠から出なければ自由になれない。中国の枠は二つもあ
って、一つは中国と呼ぶ大きな枠、その中にもう一つの中華民国と言う
枠がある。「國」ではなく「回」になったのだ。

ベースボールの試合で中華民国の旗が翻っただけで台湾人は大喜びする
が、中華民国の旗を掲げて嬉しがるのはシナの枠に嵌まって喜ぶことだ。
それより中華民国を倒す事を討論すべきだ。中国の囲いから出ること、
中国意識を捨てることが一番大切である。

その次に選挙を止める決心と覚悟が大切である。選挙で勝つ見込みはゼ
ロに等しい。選挙に勝っても中華民国を倒す事は出来ない。選挙に嵌ま
るのは永久に中華民国の奴隷に甘んじる事である。この覚醒と覚悟が今
の台湾人には大切である。

台湾が独立建国を果たすには、私がPASEA構想で提案したように、東南ア
ジア諸国と連合してアメリカの国会にSFPTの未解決領土の解決を呼びか
ける東南アジア平和連盟を結成すること、これこそ平和的解決であり、
諸国連合となれば中国が台湾だけを目標としてを攻撃することもない。
アメリカのアイマイ政策が台湾人の決心を鈍らせている。諸国が連合す
れば勇気が出るだろう。

アメリカには日米安保、台湾関係法などがあり、最近はアジア回帰を言
い出した。アメリカの平和維持は東南ア諸国の合作が必要である。地図
を見ればわかるように、台湾は太平洋の第一連鎖の中心に位置している。
さらに安倍首相の提議したセキュリティ・ダイアモンド構想と私の三年
来のPASEA構想は同工異曲である。

台湾人は中国に押さえつけられた現状維持や、体制内改革などに縛られ
ず。諸国と合作することが独立建国の近道であることを理解すべきであ
る。(在米台湾人 地球物理学者)



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎防衛相 与那国島への部隊配備に理解を

小野寺防衛大臣は、閣議後の記者会見で、日本の最も西にある沖縄県の
与那国島への陸上自衛隊の「沿岸監視部隊」の配備を巡って、地元との
調整が難航しているものの、配備の必要性について理解を得られるよう
努力する考えを示しました。

防衛省は、中国の海洋進出の活発化などを念頭に、南西諸島の防衛態勢
を強化するため、平成27年度末までに、日本の最も西にある沖縄県の
与那国島に、陸上自衛隊の「沿岸監視部隊」を新設して配置する方針で
す。
しかし、防衛省によりますと、地元の与那国町から、部隊の受け入れの
見返りとして10億円の支払いを求められているということで、調整が
難航しています。

これについて、小野寺防衛大臣は記者会見で、「もともと与那国島への
自衛隊の配備は、与那国町の町長や町議会から要請があって検討を始め
たものだ」と述べたうえで、「地元の理解を得る努力が必要だが、理解
が得られないのであれば、計画全体についても検討していくことになっ
てしまう」と述べ、配備の必要性について理解を得られるよう努力する
考えを示しました。【NHK NewsWeb】 3月26日 15時4分

〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎韓国、日本の公使に抗議 朴政権で初、肯定的評価も

【ソウル共同】韓国外務省は26日夕、日本の高校教科書検定で竹島
(韓国名・独島)を日本領と明記した教科書が合格したことについて、
在韓日本大使館の倉井高志総括公使を呼び抗議した。

朴槿恵大統領は2月の就任後、演説などで日本に「歴史を正しく直視し、
責任を取る姿勢を持たねばならない」と強く求めてきたが、日本の措置
に直接的な抗議をしたのは政権発足後初めて。

一方、韓国政府内では、従軍慰安婦が日本軍に連行されたと明記した教
科書が合格したとして「(韓国から見て)進んだ部分が相当ある」(政
府当局者)と肯定的に評価する声もあり、今後の対日姿勢が注目される。
2013/03/26 19:23   【共同通信】

Twitter上での反応
----------------------------------
Save our Nation! ?@gutmak7分韓国、日本の公使に抗議 朴政権で初、
肯定的評価も - 47NEWS(よんななニュース) 
http://www.47news.jp/CN/201303/CN2013032601002375.html … これは、
韓国の邪な意図を粉砕するための絶好の機会!首脳レベルの切り札に好
適!民間でも活用! #JpnSO @billabac @kantei

---------------------------------

〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎講談社の女性誌「グラツィア」「グラマラス」休刊

講談社の女性誌「Grazia(グラツィア)」と「GLAMOROUS(グラマラス)
が、7月6日に発売する2013年8月号をもって休刊することがわかった。同
社は2誌の休刊決定を機に、将来的な雑誌の役割を見据えた「新しい雑誌
ビジネス」の開発に取り組むため、新雑誌研究部を立ち上げるという。

1996年に創刊された「Grazia」は、「ワーキングマザーがいちばん楽し
い!」をテーマに30代ミセスのライフスタイルを提案。順調に部数を伸
張した時期もあったものの近年はその数が減少し、昨春のリニューアル
でも期待した成果を上げられなかったという。

一方、20代後半の女性向けファッション&ビューティ誌「GLAMOROUS」は
2005年に創刊され、安室奈美恵や平子理沙、長谷川潤などをカバーガー
ルに起用して「辛口カジュアル」を発信。最近では「グラ男(R)」(=グ
ラッとくるグラマラスな男)と命名したグラビア企画を組み話題を集め
ていたが、市場規模の拡大には至らなかった。

なお、「Grazia」と「GLAMOROUS」以外に同社が手がける「with(ウィズ)」
と「ViVi(ヴィヴィ)」、「VOCE(ヴォーチェ)」、「FRaU(フラウ)」
の女性誌4誌は、誌面のさらなる強化をはじめ、デジタルコンテンツ開発
や通販(eコマース)、商品化ライセンスといった多面的展開を拡充して
いく予定。

講談社は「読者のみなさまへ」と題して公式サイト上に発表した文書の
中で、「これまでGrazia、GLAMOROUSを応援してくださったことに、心よ
り感謝申し上げます」と掲載している。

Fashionsnap.com 3月26日(火)18時5分配信 




 ◎出版社、書店、取次不況の実態…新刊の7割が返品、コンビニでも雑
誌売れない

昨年12月に自己破産した武田ランダムハウスジャパンのHPより 

クリスマス商戦真っただ中の2012年末、取次(出版物の卸業)から送ら
れてくる大量の本が店頭を賑わせている書店宛てに、突如2枚のファック
スが流れてきた。「武田ランダムハウスジャパン 対応のご案内」。そ
こには、同社の自己破産申請に伴う、書店における商品の取り扱い方法
などが記載されていた。

12年12月14日、武田ランダムハウスジャパンの破たんの報が出版業界を
駆け巡った。久々に知名度の高い出版社が倒産に至った。同社はもとも
と、講談社とアメリカの出版社・ランダムハウスとの合弁会社「ランダ
ムハウス講談社」として設立された出版社。

その後、ランダムハウスの経営不振により、両社の合弁が解消される際
に、社長の武田雄二氏が全株式を引き取り、10年に武田ランダムハウス
ジャパンとして再出発していた。しかし、年商13億円を叩き出すような
業績のピークはとうに過ぎ、業績は悪化し、今回の措置となった。

少しずつ中小の出版社が廃業に追い込まれていく中で、いよいよ大手も
安穏とはしていられない状況が来ていると、業界は騒然としている。あ
る出版社の営業幹部は次のように言う。

「主婦の友社が、どうも厳しいようだ。大日本印刷が親会社である以上、
潰れることはないだろうが、決算も赤字で、すでに10人以上もリストラ
されているほか、経費の25%削減など経営改善を求められているらしい。

また、神保町にある別の出版社は親会社から売りに出されてしまってい
るとも聞いた。来年からは出版計画もシビアになるようだ。

それに、ある講演会で、新人物往来社の飯田日出男社長が下期の出版計
画を3割減らしたと話していた。その理由は、本が売れないからだという。

今後はもっと売れなくなるとも付け加えていた。その後すぐに、親会社
の中経出版との合併を発表した。こうした業界の先を見越しての合併だ
ろう。飯田社長が言う通り、12年は本当に本が売れなかった。新刊書籍
が6〜7割返品されるのも当たり前になってしまっている……」

また、別の出版社の営業担当者はこう話す。

「ある統計では、出版社の倒産件数が最も多かったのは09年。その後は
減少し、11年に起きた大震災の年でも、大きな出版社の倒産はなかった。
だが、今年はまた少し増えている。日本出版社の自主廃業が目立ったと
ころだ。

これは氷山の一角で、資金繰りで頭を悩ます中小出版社の経営者は多い。
後継者もおらず、会社を売りたいと考える経営者も増えているようだ」

これまでも出版不況と言われて、「本が売れない」「本が売れない」と
業界は嘆き続けた。だが、それでも当時はまだ余裕があり、どこか他人
事のようでもあった。しかし、現状を語る、前出の出版社営業担当の表
情は硬く、余裕すら見受けられない。まさに崖っぷちの状況にあるのだ。

出版界の統計データを調査する出版科学研究所によると、今年1〜10月期
までの書籍・雑誌の推定販売額は前年比3.2%減の1兆4578億円と、大震
災の影響で落ち込んだ11年の実績を下回るかたちで推移している。

落ち込み幅は書籍よりも雑誌のほうが大きく、書籍は同2.3減、雑誌は同
3.9%減ほど。11月期、12月期が11年と同水準で推移したとしても、12年
は1兆8000億円には届かず、1兆7000億円台に落ち込むことが予想されて
いる。しかも、3年後には1兆4000億円台にまで減少することまで予測さ
れている。

同研究所の統計データや出版社の状況からみると、最も深刻なのが雑誌
だ。東日本大震災の影響で11年は前年比6.6%減と大幅にマイナスとなっ
たうえ、9843億円とついに1兆円の大台を割った。その年よりも、12年の
実績は悪いのだ。出版社と取次との仕入れ部数の交渉でも、削減され続
けている雑誌は多いようだ。

ある雑誌出版社の営業担当者は嘆く。

「まず雑誌は、コンビニエンスストアでさえも売れなくなった。当然、
書店でも売れていない。増数したくても、配本する書店が見当たらない
という状況だ。アマゾンなどのネット書店くらいしか、もう配本が増え
る要因はないのかもしれない。

それに、売れないからといって、ある大手取次会社のように雑誌の返品
上限を決めて、書店ごとの返品数に応じて、次からの入荷部数を削ると
いうやり方は、手荒い気がする。確かに、この取次は主要取引書店をラ
イバルの会社に奪われてしまったにもかかわらず、仕入れ部数は多いし、
返品も多かったのだけど……」

だが、利益が出ない苦境に立つのは出版社ばかりではない。取次も窮地
に陥っているのだ。例えば、中堅取次のひとつである太洋社がリストラ
を発表した。60人ほどの希望退職者を募ったうえ、本社を東京・秋葉原
に移し、物流機能も埼玉の戸田地区に集約させるというもの。

また、11年には栗田出版販売という業界4位の取次が本社の移転と同時に、
社員のリストラを行っている。出版社、取次、書店が1冊の本をレベニュー
シェアする出版界では、取次の取り分は7%と薄利なため、ある程度の売
り上げ規模を維持しないと存続できない。

「太洋社のリストラには社員の25%程度、およそ50人が募集に応じたよ
うだ。中堅どころの課長クラス以上がほとんどいなくなる。本当にこれ
でもつのだろうか? 

それに同社の専務が反発を買うような発言をしたため、書店がトーハン
に帳合変更(取引を変更すること)する動きがみられる。取次の生命線
は書店の販売力。このままではどんどん疲弊していくだろう。それと、
業績不振を社員のせいにするなど、問題は社長自身にもある」(大手出
版社営業幹部)

「明文図書という法律・経済の専門取次が、12月にも自主廃業するので
はないかという噂が出た。慌てた同社は11月に『今後の事業方針につい
て』と題した文書を取引先に送付した。

そもそも、事業譲渡を模索していたようだが、それが破談となってしま
い、今回の噂につながったという。いずれにせよ、経営者自身に事業継
続の意思が薄いように思える。やはり、事業規模の小さい取次の経営は
苦しいのだろう」(別の出版社営業)

そして、出版社や取次よりも深刻なのは書店。閉店するのは中小の地場
書店が多く、年間で1000店前後が減少しているという。ここでは書店の
苦境に多くは触れないが、書店店頭の売上データをみていても、前年割
れが続いている状況だ。

出版社、取次、書店は業界3者といわれ、1冊の本で一緒に飯を食ってい
く仲間だった。しかし、昨今では、それが困難になってきている。その
ひとつの証左が、大日本印刷による書店や出版社への投資である。

もう、業界3者外から資金を注入してもらわなければ、商売できなくなり
つつあるのだ。それは1冊の本の利益配分にも問題があるのだろうし、そ
の利益配分に合わせた各社の仕事の仕方にも問題があるのだろう。

出版業界でも取次会社主導の返品減少によりマージンがアップする制度
など、生き残りの施策を模索している。だが、その手法もまだ手探りで、
大きな成果が得られているとは聞こえてこない。「本当に本が売れない
時代」は、もうそこまで来ている。年度末に売上の帳尻を合わせるよう
な企業のお遊びなど、やっている暇はもうない。
(文=碇 泰三)
Business Journal 1月5日(土)8時21分配信



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━



 1)ギブスが外れて、ご快癒に向かわれているとのこと、ほっとしてい
ます。 昭和天皇はご生涯にわたって、1度たりともお転びになられま
せんでした。 旧著から、昭和天皇について書きましたものを抜き出し
ますが、ぜひご参考にされて、これからは昭和大帝になられたおつもり
で、歩いて下さい。

昭和天皇、皇后が昭和46(1971)年2月から10月まで、デンマーク、ベル
ギー、フランス、イギリス、オランダ、スイス、西ドイツのヨーロッパ
7ヶ国を行幸啓された。このときにはまだ直航機がなかったので、お召
し機がアラスカのアンカレッジ空港に給油のために降りた。

すると、アメリカのニクソン大統領が歓迎のために、ワシントンからわ
ざわざやってきた。天皇は堵列した陸海空、海兵隊4軍の儀仗隊を親閲さ
れた。 私はテレビに映ったその場面を、アメリカから来た友人と帝国
ホテルのバーで偶然にみた。

昭和天皇の歩き方が、おぼつかなかった。友人が私に「あれは『カブキ
・ウォーク』のようにきめられた『天皇ウォーク』なのだろうか」と質
問した。私は否定した。

その後に、赤坂見附駅から地下鉄に乗ったところ、入江相政侍従長と会
った。侍従長の官舎が赤坂にあった。私と同じく浅草まで行くというこ
とだった。昼間だったので空いていた。隣に座った。

私は入江氏ほど優雅にお辞儀をする人を知らない。京都の古い公家の出
身である。 私は天皇がアンカレッジで閲兵されたのを、アメリカの友
人とテレビでみたことを話して、「もしかすると、陛下のお眼鏡の度が
合わないのではないでしようか」とたずねた。

すると、入江侍従長が背筋を伸ばして「いや、そんなことはございませ
ん。お上は東宮様のころから足をお滑らせになられたり、お転びになっ
たことは、1度もございません。あのころの日本ですから、もし摂政宮や
天皇がお転びになられたとしたら、日本国民が日本の前途に不吉なもの
をみたでしよう。だから一歩一歩に全責任を籠めてお歩きになっている
うちに、あのようなお歩きかたになられたのです」と、私を窘めるよう
にいった。 (加瀬英明)




 2)【阿生耄見】

★ロシアを訪問した習近平中共主席が23日、モスクワ国際関係大で講演
し「(中ロ両国は第2次世界大戦の勝利で得た成果と戦後の秩序を守ら
なければならない」と述べた。
「尖閣問題で日本けん制 習近平氏、「戦後の秩序守る」
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201303240051.html

火事ドロ戦勝国の後継政権のロシアと棚ボタ戦勝国の占奪政権の中共は、
どちらも本当の意味での戦勝国でない。どこでも政治家、とくに全体主
義国家の指導者の発言は誇大であるが、「第2次世界大戦の勝利で得た
成果と戦後の秩序を守らなければならない」は単なる空念仏の宣伝文句
に過ぎない。

このような手合いを無理を押して天皇陛下に会わせた日本の政治家(複
数)に、改めてこの次第を問い糾す真っ当なジャーナリストはいないの
か。

★沖縄で普天間の移設に加えてまた軍事施設で新しい「迷走」が始まっ
た。小野寺五典防衛相は26日の記者会見で、与那国島(沖縄県与那国町)
への陸上自衛隊沿岸監視部隊の配備計画について「地元の理解が得られ
ない状況なら、今後、全体計画も含めた形で検討していく」と述べ、町
側との用地取得交渉が折り合わない場合、計画を見直す可能性に言及し
た。
「地元の「迷惑料」要求で迷走…陸自与那国配備見直しも」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130326/plc13032612440017-n1.htm

ことの発端は、与那国町が「迷惑料」として新しく10億円を要求したこ
とに始まる。尖閣では全国から18億円の醵金が寄せられたが、それとこ
れでは話が全く別である。苦々しいかぎりだ。

★石原慎太郎氏が先月27日に入院してやがて1月になる。依然「面会謝絶」
のままである。これについて、以下のような記事が出ている。

政治家の病気は、どの場合も情報は強く閉鎖される。状況が深刻であれ
ばなおさらである。

俄か作りの日本維新の会の共同代表の一人として、古手の国会議員と橋
下氏ら関西派とのかすがい役の石原氏の役割は、日本維新の会にとって
大きい。

「石原慎太郎「本当の病状」はこんなにヤバい(1)深刻な発病歴との
関係は?」
http://news.livedoor.com/article/detail/7533394/

週刊朝日の最新号4月5日号の中吊り広告では、「石原ファミリーの落日
 父・慎太郎は維新で居場所なし、病室では「船旅に出たい」と愚痴る
日々 長男・伸晃は“サボり疑惑”で権威失墜/三男・宏高は選挙違反
疑惑で“ピンチ”」と出ているが、どうだろう。

「暴走老人」が「面会謝絶の老患者」になったのでは、これが続けば日
本維新の会も「馬糞の川流れ」になるかも知れない。(阿生居士)



 3)歯が弱って、こりゃあ弱った:平井 修一

歳をとると普通は歯も弱くなる。しかし、母方の祖父母はとりたててケ
アをしていなかったが、高齢になっても歯はずいぶん丈夫だった。ビフ
テキを食べやすいように切って出したら「バカにするのか」と激怒した
ほど丈夫だった。生活習慣とか体質が相当影響しているのだろう。

歯と言えば小生の両親もずいぶん苦労していたことを思い出す。

両親は実に仲が悪かった。父は55歳で肺がんで片肺を取ったが、病院の
付き添いは「わがままを言うようだが、母さんだけはやめてくれ」と言
っていたから、夫婦関係は冷え切っていた。

父が愛人を囲っていた50歳くらいからはほとんど口をきかなかったよう
で、小生が16歳の頃だから昭和42年(1967)、両親は50歳目前だったが、
父は母をバカ呼ばわりし、母は父を無視していた。たまに口をきけば喧
嘩になったから、ほとんど会話は途絶えてしまった。

父は満61歳で亡くなったが、55歳くらいでほとんど歯を失い、上下とも
入れ歯だったと記憶している。固いものは食べられず、繊維質のものは
噛み切れなかった。だからゴボウのささがきはとても食べられず、切羽
詰まって母に「食べやすいように薄く斜めに切ってくれ」と頼みたくはな
いが頼んだものの、母は受け付けなかった。「けんちん汁のゴボウはさ
さがきに決まっている」とけんもほろろだった。母は意地悪をした、復
讐したのである。

夫婦愛のまったくない、憎しみと相互無視だけの夫婦だった。父への復
讐、うっぷん晴らしとして母は散財した。家に呉服屋が頻繁に出入りし
ていた。

父は糖尿病も患っていたが、父のために食事療法を考慮する母ではなかっ
た。もし母と父が円満なら、父はもう少しは長生きしたかもしれない。
愛情のない家庭、憎悪と無視に満ちた家庭というのは療養には向かない。

ところで小生も60を超えてから急速に歯が弱ってきた。今、奥歯はほと
んどないから、固いものは噛み切れない。

ビフテキはダメ、イカの刺身もダメ、ゴボウはもちろん竹の子も薄切り
でないとダメ、リンゴやナシも食べられなくなった。「柿ピー」は好物
だったが、ピーナツは全く受け付けなくなった。煎餅は唾液で柔らかく
しないと食べられない。

医学博士の鴨井久一・日本歯科大学名誉教授がこう書いている。

<加齢は運動能力や免疫力、記憶力の低下など、身体の様々な部分に変
化を及ぼします。口腔も同様で、変化として顕著なのは、残存歯の減少
です。

成人期には親知らずと呼ばれる大臼歯を除くと28本あった歯が70歳代後
半には平均で10本以下まで減少してしまいます。一般的に20本以上の残
存歯があれば、ほとんどの食べ物を噛みくだくことができ、美味しく食
べられると言われていますが、実際は60歳前後から平均で20本の残存歯
が保たれていない状況です。

このことから、残存歯が20本を下回る60歳前後からは、摂食に何らかの
不都合が生じ、摂食量を減少させる可能性があり、知らぬ間に低栄養を
まねくことがあるのです>

小生の歯は上が10本、下が14本の計24本残っているが、喪失するばかり
だからいずれは総入れ歯になるのだろうか。加齢とはずいぶんと残酷な
ことで、QOL(生活の質)は低下する。いいかげんなところでオサラ
バしたほうがいいのだろう。




 4)ギブスがとれても、クシャミでもすれば胸が痛くなる・・・私も
経験しました。

打ち身が残るためです。最初は薬局でサロンシップを買って貼っていま
したが、薬局が病院から処方箋を持ってくれば、大幅に安くなると教え
てくれました。

いまでは、わが家にはサロンシップを常時5袋置いてあります。肩こり
にも使っています。便利なものですよ。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


配信再開を機に、加瀬、古澤の両氏をはじめ実に沢山の方々から祝いの
お言葉をいただきました。ここで御礼を申し上げます。

署名なき投書は採用しません。必ずご本名を記した上にハンドルネーム
か「匿名希望」かを書いて下さい。


ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp


読者数:5167人

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/03/28







    http://www.narinari.com/Nd/20130321045.html



     













     これはステキな出来事ですね!

     











     「コウノトリ」さんが赤ちゃんを運んで来てくれたみたいな出来事ですね〜。

     









     「桃太郎」「かぐや姫」みたいですね!

     











     きっと、この方々は仲の良いステキなご夫婦で、そのご夫婦の高い波動に引き寄せられてきた魂がいて、

     「この夫婦のところに転生したい!」と選んで生まれてきたがったのですね!

     





     これは、この子供は高い波動の階層から転生してきた魂だと確信しています。

     





     救世主だったりして。。。そんな気がします。

     





     ミラクルが起こったのですからね。

     











     「神に不可能は無い」ので、本当に「このご夫婦、母親のところに生まれたい」と天界で魂が待機して決めたときは、神が出産も見守りますから、こういうミラクルは起こります。

     













     欧米人の白人女性で44歳というと、老けるのが遅い日本人女性では50歳以上と同じくらいの肉体の状態だと思いますヨ。

     

     ・・・だから、なおさら私はビックリしてしまいました〜。

     











     日本人女性は老けるのがとってもゆっくりですからね。

     











     欧米人の白人女性は、12歳でもう色気たっぷりの大人で、日本人女性の20歳くらいの状態だと思います。

     

     

      白人女性が20歳ごろは、日本人女性の25歳以上、20代後半くらいの状態、白人女性が25歳ごろは、日本人女性の40歳くらいの肉体の状態だと思います。

     







     

      

      白人女性が44歳で初産は、ニューヨークではよく聞きます。

     





     ニューヨークで、アメリカ人で初産の高齢出産は、40代からですよ。

     











     周りでもそういう方々の話はよく聞きます。

     











     これも、ニューヨークに来て私がビックリしたことの一つです。

     











     よく、日本にいる私の周りの独身の友人知人女性たちは、30代から「私は子供を産まないかもしれないな〜」とか言う場合が多かったですし、

     

     周りの年上の知人たちは、私がまだ20代の時からすでに、「早く子供を産んでおきなさい! 産んでおいたほうが良いよ」とか言う人々が多かったですよ。余計なお世話ですね〜。(うちの親や祖父母、親戚などは何も私に余計なことは言わないですよ。一度も何も言われたことがありません。)

     

     親でも言わないようなことを、なんで他人が言うのだろうか?と、日本に帰る度に、その彼らの「洗脳されている状態」を不気味に思っていたものでした。

     











     このように、日本の中では、周りの人々や本人の意識が、「女性は早く子供を産んでおくほうが良い」というものがとても強いです。

     



     ご本人もそう思い込んでいる日本人女性も多いです。

     



     周りに言われて、本人もそう思っていて、全体的にどこかからの意見をそのまま鵜呑みにしていて、「洗脳されている状態」です。

     



     それを見聞きする度に、私は、「それは、正しいんですか?自分で決めたらいいことでしょう?なんで自分で決めないのですか?」と、思っていました。

     





     これも私が海外に出てから、「ああ、日本の中のほうがおかしいんだ〜!余計なお世話ばっかり。出産は個人が決めることなんだから、放っておけばいいのに!」と気がついてビックリしたことの一つなのです。

     













    「女性自身、ご夫婦自身で、子供を持つか持たないか、持つとすればその時期を自分で選んでいい」のです。

     











     出産年齢を若くすることよりももっと大事なことは、天界から高い魂に子供として来てもらえるように母体となる母親(女性)の意識の波動を最高潮に高め続けて、ご夫婦で仲良く保って2人で意識を高めて波動を高くしておくことです!

     











     母親の波動にマッチした魂が引き寄せられて子供としてやってきますから、母親(女性)の魂の波動の高さが特に大事なのです。

     













     ご夫婦の意識の波動を高く保ち続けていれば、この記事のようなミラクルは起こりますよ。神に不可能は無いのです。

     











    「女性自身とご夫婦で意識を高めて保って、波動を高くしておいて、天界の高い階層から子供の魂をこの世に引き寄せる」という法則、これも本当は、女性が知っておいたほうが良い情報だと思っています。(知っている人は少ないのかな〜???)

     



     できれば、これからの世の中は特に、「救世主」を呼び寄せる高い意識の女性が増えてほしいな〜と、思います。

     

     誰か〜!キリストの魂を呼び寄せてくださいね!

     









     それと、「待望の子供」を、待望の時期にこの世に呼び寄せることです。

     

     妊娠した時に、「産もうかな、どうしようかな、でも欲しくないしな、要らないしな、おろそうかな。」と、もんもんと考えた末に「やっぱり産もう」と改心して産むと、それなりの階層から魂を引き寄せて産んでしまうから、そういう心境は女性はやめておいたほうが良いです。産んでから後悔します。

     











     あとは、女性の肉体の老化を遅らせる秘訣として、「お酒を飲まない」ということも効果が抜群ですよ〜!

     



     ニューヨークで、周りでお酒をよく飲む女性と、お酒を全く飲まない女性と両方いて、生活習慣の差が激しいのですが、同じ日本人女性でもお酒を全く飲まない女性のほうが見た目も肌のつやも若いのです。見た目が5歳〜10歳くらい違います。

     







     これに気がついて調べてみたことがありますが、やはり、お酒をよく飲むと、女性は老けるのが早くなるそうです。老化が人一倍早く進むそうです。

     

    (皆様も、気になる女性は調べてみてくださいね♪)

     









     

      高齢出産をちらっと考えている女性は、お酒を飲まない習慣を続けると良いかもしれませんね。

     





    ・・・じつは、私の周りの先輩(仕事仲間)の日本にいる日本人女性たちは、皆さん、40代以降の高齢出産ばかりなのです。みんなお酒を飲まない方々ばかりなのですよ。5人ってものじゃないですよ。もっと大勢です。

     



     そして、彼らの周りもその情報が回っていますから、皆さん、40代で結婚して40代で初産ばかり、増えているのですよ。

     



    「先輩がそういう方が多いから、”まだあなた、大丈夫よ。あせる必要ないわよ。仕事を続けても大丈夫よ。”と励まされて、私も40代で産んだよ」という知人もいます。この方もこの先輩の方もお酒を飲みません。

     







     それで、「ああ、女性はお酒を飲まない方は、40代以降の初産でも、今の日本では大丈夫なのだな〜」と、気がついたのです。

     









     あとは、周りで50代でも若い女性がいるのですが、彼女が何を食べて何を飲んでいるのか気になって真似をしています〜!!!

     

     彼女はお酒を全く飲まないのです! やっぱりな〜。これは正しいっ! 

     

     

      そして彼女は、毎朝、紅茶を飲んでいます! コーヒーを飲まないそうです。

     



    (私はコーヒーが好きなので、がっかり。。。)

     





     それ以来、私も紅茶をよく飲むようになりました☆

     









     ・・・まとめると、私の伝えたいことは、女性の皆さん、周りの余計なお世話に踊らされないで、影響されないで、マイペースで生きて、選んで、決めてくださいね!ということです。

     



     本当に神が欲したら、ミラクル出産は起こるものですから。

     





     けっしてあせらないでください。あせるのは、物質的なこと(肉体年齢とか)ばかりに気をとられていることですよ。

     





     待望の子供だけ引き寄せてください。産まないかどうしようか迷って低い階層から魂を呼び寄せないことのほうが大切です。 

  • 名無しさん2013/03/28

    社員の育成で悩んでいます



     これからの時代は、ハイテクノロジーが進んでいけばいくほど、人間のヒューマンなコンタクトであるハイタッチの重要性が高まってくると言えます。つまり、これからは、「ハイテク、ハイタッチ」の時代であり、天下をとっていくのは、「ハイテク、ハイタッチ」両方を兼ね備えた人間なのです。



     インターネットやパソコンといったハイテクは得意でも、ハイタッチの部分が未熟というのでは、これから先、会社を支えていくことはできません。どんなにハイテクが進んでも、やはり「企業は人なり」なのです。



     この大法則を決して忘れてはなりません。今後は、ハイタッチの部分に優れた人材をいかに育てていくかが、企業の死活を握るといっても過言ではないでしょう。



     今の若手社員がキレやすいのは、ゲームやインターネットの影響が多分にあると言われています。ご承知のように、パソコンの世界は日々バージョンアップを繰り返し、それにつれて反応が格段と早くなってきています。インターネットでもアナログ回線からISDN、さらには光ファイバー通信へと飛躍的に通信速度がスピードアップしつつあります。



     パソコンならバージョンアップをしたり、接続方法を変更すれば自分の思ったとおりに動いてくれるでしょうが、いったん高速化し続けるインターネットに慣れてしまうと、何かの事情でアナログ回線を経由したインターネット環境では反応が遅すぎると感じることでしょうし、だからこそ自分の思うようにスムーズ動いてくれることはありません。



     こうしたハイテクのスピードアップに慣らされた人間はどうなるでしょうか。自分の思ったような速さで反応しない人を見ると、ついイライラしてしまうものなのです。しかし、人間はコンピューターのようには簡単にバージョンアップしてくれませんし、キーボードを押すようには動いてくれません。心と言葉と理解と忍耐と行動がなければ動きません。



     時代の流れに遅れないように、ハイテクを追い求めるのは確かに必要なことですが、その反面、ハイテクばかりに目を向けている人は、肝心のハイタッチの部分が、ハイテクに反して劣化してしまうのです。パソコンやインターネットを駆使する若手社員がキレやすいというのも、実はここに原因があると言えます。ハイテクに凝った人間は、その日の気分や感情に左右されて、自分の思うように反応してくれない人に腹を立ててしまいがちです。こういう人間は、当然、人を動かすことなどできないでしょう。将来の幹部候補生としては不適格と言わざるを得ません。



     ですから、会社を将来背負っていく幹部候補社員として適性があるのは、ハイテクの専門技術に優れた人材よりも、人間の感情に訴え、人間の感情を動かすことのできる文学のある人材なのです。スペシャリストではなく、ジェネラリストでなければ会社の舵取りは任せられません。もちろん、ジェネラリスト兼スペシャリストであるに越したことはありません。しかし、よりどちらが大切かと言えば、繰り返し述べているとおり、ハイタッチのできるジェネラリスなのです。こうした人材を育てることこそが大切なのです。



     将来の幹部を育てようとお考えでしたら、ハイテクの教育を二割程度に抑えて、ハイタッチの教育を八割というようにお考えになられてはいかがでしょうか。



     こういう視点で若手社員を観察し、コミュニケーションを図っていけば、必ず逸材を掘り起こすことができます。逸材を見出すヒントは、高校、大学、社会で、クラブ活動、サークル活動の責任者だった人、生徒会、自治会の責任者だった人、大家族で長男、長女だった人、ボランティアなどで積極的に人のお世話をしていた人などです。



     なお、若手社員が人間関係でトラブルを起こしたり、お得意様からクレームをいただいたりした場合は、人間の心はキーボードを操作した時のように反応してはくれないものなのだということを、その都度、根気よく諭していくことも大切です。



     部下や従業員を動かすには、並大抵の忍耐力ではできません。自分の思うようには人は動いてくれないということを、きちんとわきまえた人でなければ、やはり、人の上には立てないものです。



     いったん人の上に立てば、どんなに鈍い人でも根気よく指導していかなけれけばなりません。ですから、「ハイテク二割、ハイタッチ八割」を心掛けて、素晴らしい人材をお育ていただきたいと思います。

  • 名無しさん2013/03/28

    将来に確かなビジョンを描き、強い念を持てば、二十倍は運勢がよくなる。要は本人のビジョンと、意志の強さが問題なのだ。意志の強さとは、幸福を確信し、素晴らしい未来を心に描き続ける、持久力と集中力にほかならない。運勢は自分が切り開いていく、という信念と意志が在れば、必ずその希望はかなえられるだろう。

  • 名無しさん2013/03/28

    尖閣問題を機とする日本の変化については、ワシントン・ポストが「日本はこれまで世界一の消極平和主義の国だったのがやっと(他国並みの)中道地点へと向かうようになったのだ」と強調した。 

     さらに、集団的自衛権の禁止が世界でも異端であることを説明し「これまでは中国との対決や摩擦を避ける一方だったが、日本国民はその方法ではうまくいかないことがわかったのだ」とも論じた。 

    中韓は、日本の右翼勢力が台頭しているかのようなメッセージを発信していますが、アメリカから見ると日本は普通の国家並なんですね。

    未だ混沌の部分はあるけれども、日本が世界一の消極平和主義の国を脱却し、政治的に進化していることを頼もしく思います。

     

     



    「混沌の中から、旭が生れる」。

  • 名無しさん2013/03/28

    http://blog.livedoor.jp/rbkyn844/archives/6403154.html

    秋田の女子アナがかわい過ぎ

  • 名無しさん2013/03/28

    http://matome.naver.jp/odai/2134676225852901601

    韓国・在日が日本を浸食している

  • 名無しさん2013/03/28

    http://matome.naver.jp/odai/2134676225852901601 

    韓国・在日が日本を浸食している

  • 名無しさん2013/03/28

    朝鮮総連の入札、整理回収機構の競売決定を受け昨年9月頃から民主党が動いていました。見返りは拉致被害の前進です。野田・前原・中井蛤の意向として整理回収機構や財務・外務省官僚に盛んに働きかけしていました。総連ビルで恩を売り、拉致問題で前進したと言う成果で衆議院選を戦おうとしました。



  • 名無しさん2013/03/28

    総連ビル、おそらくは多少の改修しただけで宗教施設として届け出、非課税処置を求めます。理由は別として決定されると、安倍総理の口利きだ、見返りに拉致だ、統一教会との癒着だ、と騒ぎ安倍総理は北とべったりと、在日左翼つまり総連系から攻撃始まり、安倍自民政権潰しに利用すると思います。



  • 名無しさん2013/03/28

    総連ビルの入札により、いろいろなことが確認取れます。最福寺の池口恵観住職の経歴から北朝鮮との関係、取り巻く政治家等、そして総連系関西商工会のMという資金源も見えました。反安倍による安倍批判も出ると思いますが、鳩山ポッポとも親密でロシア利権の方がはるかに怪しさがあります。



  • 名無しさん2013/03/28

    最福寺には、北朝鮮の初代指導者である金日成主席を尊敬する意味から金日成主席観世音菩薩が鎮座している。池口は北朝鮮に度々訪朝し、金日成生誕100年祭にも出席。 ★朝鮮総連本部落札(笑)



  • 名無しさん2013/03/27





    >>在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の土地・建物について、東京地裁民事執行センターで26日、入札結果が発表され、宗教法人「最福寺」が45億1900万円の最高価で落札した。 最福寺と朝鮮総連の関係は不明だが、最福寺のホームページによると、法主の池口恵観(えかん)氏は北朝鮮への渡航歴が複数回あるという。



    鹿児島市にある最福寺は、元プロ野球選手の清原和博氏や金本知憲氏、阪神の新井貴浩選手らアスリートが訪問していたことでも有名。護摩木をたいた火柱の前で経を唱える護摩行で修行を積んでいた。



    3人とも在日朝鮮や。

    この45億、パチンコマネーから携帯電話マネーがまかなったんやロな。







  • 名無しさん2013/03/27

    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130327/plc13032714440018-n1.htm朝鮮総連、本部競売回避で「政界工作」か 民主政権に働きかけ

  • 名無しさん2013/03/27

    「朝鮮総連に賃貸も」45億円で落札の宗教法人(読売新聞) 



    「民族融和の拠点として管理したい」、「中央本部を今のまま使いたい」と朝鮮総連側から賃借の申し出があれば、応じる意向 ★「修行や祈りの場として使いたい」ってどんな(笑)



    宗教施設にするのか、と思う。 宗教施設なら非課税だろうけど、どんな「祈りと修行の場」にするのやら。「反日道場」(笑) 

     

    宗教法人だからまさか賃貸料取っても非課税?