政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針2907号  2013・3・16(土)

2013/03/16

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 2907号
□■■□──────────────────────────□■■□



        2013(平成25)年3月16日(土)



                       穴だらけのミサイル防衛システム:古澤 襄

                                 今こそ腕力、突破力を:平井修一

                                 徳富蘇峰の見た支那人:樋泉克夫

                                  知日派ってなんだろう:前田正晶

                             溶けて流れりゃ、みな同じ:馬場伯明

                         話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第2907号
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━
穴だらけのミサイル防衛システム
━━━━━━━━━━━━━━━


                 古澤  襄
 
米国羽 44基の迎撃ミサイルを米本土に配備し、北朝鮮の弾道ミサイルを
迎撃する態勢をとった。ひるがえって北朝鮮のノドン・ミサイルの脅威
に曝されいる日本のミサイル防衛はどうなのであろうか。

平成10年(1998)小泉内閣が北朝鮮の弾道ミサイル開発を日本の安全保
障の脅威とみなして、『日本版弾道ミサイル防衛(BMD)』のシステム導
入を決定した。翌年の平成11年度から毎年1000億円から2000億円の予算
を計上し続けて、ミサイル防衛体制の構築と研究開発を続けている段階
である。

弾道ミサイル迎撃の方法としては?発射直後のブースト段階で破壊する
もの?発射後大気圏外で慣性飛行している段階で破壊するもの?着弾前
の再突入段階で破壊するものの3つに分けられるが、コストもかかり信
頼性も落ちる。100%迎撃成功というのはあり得ない。

一時話題となったイスラエルのアイアンドーム・システムは、ハマスの
ロケット弾を90%の確率で迎撃破壊して、韓国でもアイアンドームの導
入が検討されたが、ハマスのロケット弾は安物、低性能で誘導システム
のようなものは一切装備されていないから、北朝鮮の弾道ミサイルとの
比較は無意味ではないか。

弾道ミサイルを発射する側に比して、迎撃側のミサイル防衛システムの
方が更に極端な高性能化(相手の速度が極大化する)が要求され、技術
的な難易度は高くなる難点がつきまとう。

米国の弾道ミサイル迎撃能力を持つミサイルは開発のほかは、イスラエ
ルのアロー(Arrow)や、ロシアのS-300などが知られている。だが基本的
には相手国のミサイル発射基地を攻撃し、破壊するしかないというのが
現実であろう。

それでミサイル発射側も攻撃され安い固定基地を避けて、移動式ミサイ
ルの開発に力を入れている。北朝鮮のノドン・ミサイルは移動式型になっ
たといわれている。

弾道ミサイルの発射は早期警戒衛星によって探知される。その情報は、
アメリカ本土のMCS (Mission Control Station) または日本やドイツ、
韓国の米軍基地に配置されたJTAGS (Joint Tactical Ground Station) 
で受信される。

米イージスBMD艦は、アメリカ四軍の統合情報配布ネットワークIBSに接
続するための端末・JTT (Joint Tactical Terminal)が配備されており、
IBSで配布された早期警戒情報を受信する。

ミサイルの最終着弾の段階は、パトリオットPAC-3システムによって迎撃
する。しかし終末速度が極めて高速になる大陸間弾道ミサイル(ICBM)
や潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)では対応できないという指摘がある。
そこから相手国でミサイル発射の動きがあれば、先制攻撃をかける論が
出てくる。

現在、米軍にはイージスBMD3.6と呼ばれるバージョンが実戦配備されつ
つあるが、日本の海上自衛隊には、その日本版としてイージスBMD3.6Jま
たはJB1.0と呼ばれるものが開発されている。オリジナルのイージス
BMD3.6との主たる相違点は、IBS/JTTを搭載しないことである。

イージスBMD3.6Jは2010年度までにこんごう型護衛艦4隻に搭載され、こ
んごう型はミサイル防衛能力を獲得した。これにより、2隻の作戦配備艦
で南西諸島を除いた日本全土を防衛できることになった。

しかし相手国からの第一撃を半減できても、200基あるといわれるノ
ドン・ミサイルの波状攻撃を受けたら壊滅的な被害を受けるのは避けら
れない。平和憲法でみずからの手足を縛った日本だから、ひたすら北朝
鮮の良識に期待し、神に祈るということなのだろうか。

2013.03.16 Saturday name : kajikablog



━━━━━━━━━━
今こそ腕力、突破力を
━━━━━━━━━━


    平井 修一

「揺り篭から墓場まで」は、第2次世界大戦後の英国における労働党の
社会福祉政策のスローガンである。この政策は膨大な財政支出をもたら
し、財政逼迫の「英国病」を招いた。

このため「小さな政府」を目指す保守党のサッチャー政権下で同方針の
転換が図られ、大胆な福祉支出の削減が行われた。しかし、経済は沈滞
を続け、財政赤字も解消されなかったという。

一旦船が傾くと元に戻すのは至難の業ということだろう。傾く前に対策
をとらないと大変なことになる。

今の日本では国民は「オシメに始まりオシメで終わる」。中負担、中福
祉というが、これから育とうという乳幼児、学童への支援は薄く、死を
待つばかりの老人への支援は手厚い。いびつであり、異常であり、愚か
しい政策でありながら、なかなか是正されないでいる。このままでは船
が傾く。

政治も人生も思うようにはいかない。人災に加えて人智を超えたところ
で大災害は起きるし、人間はなす術もなく死んでいく。こうなると神仏
などの加護を祈るしかない。

「開運グッズ」というのがある。伝統的には熊手、破魔矢、達磨、招き
猫、お札、お守りなどがあるだろう。ネットで検索したら、運を呼ぶゴー
ルド財布、玄関用ミニ風水鏡、パワーストーン、ペンダントなどがあっ
た。

そういえば20〜30年ほど前には健康にいいという「ライマブレスレット」
というのが流行した。猫も杓子も腕にはめていたものである。

開運グッズというか壮大な「開運施設」は大小の仏像などを含めた神社
仏閣だろう。スケールが大きい分、ご利益もありそうだ。正月三が日の
参拝客が300万人ほどという明治神宮、成田山新勝寺、川崎大師などはや
はりスケールが大きい。 

スケールと言えば奈良の大仏(東大寺盧舎那仏像)である。聖武天皇の
発願で天平17年(745年)に制作が開始され、天平勝宝4年(752年)に開
眼供養会(魂入れの儀式)が行われた。

のべ260万人が工事に関わったとされ、創建当時の大仏と大仏殿の建造費
は現在の価格にすると約4657億円だという。なぜこのような大プロジェ
クトを始めたのか。

<聖武が位に付いていた8世紀前半、すなわち天平時代の日本は決して安
定した状況にはなかった。天平9年(737年)には、当時の政治の中枢に
いた藤原武智麻呂・房前(ふささき)・宇合(うまかい)・麻呂の四兄
弟が、当時猛威をふるっていた天然痘(疫病)で相次いでこの世を去っ
た。

そのほかにも、天平時代は例年旱魃・飢饉が続き、天平6年(734年)に
は大地震で大きな被害があり、国分寺建立の詔の出る前年の天平12年
(740年)には九州で藤原広嗣の乱が発生するなど、社会不安にさらされ
た時代であった。

聖武による国分寺の建立、東大寺大仏の造立には、こうした社会不安を
取り除き、国を安定させたいという願いが背景にあったものと推測され
ている>(ウィキ)

閉塞感を打破し、国民の気分を一新し、経済を活性化させるには、強烈
な変革やイベントが必要ではないか。自主憲法を制定する、核ミサイル
を開発する、オリンピックを招致する、子育て支援を強化する、新エネ
ルギーを開発するなど、やるべきことは山積している。

チマチマやったところで効果はない。強引と非難されるくらいの腕力、
胆力、突破力が求められている。



━━━━━━━━━━
徳富蘇峰の見た支那人
━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆◇◇ ◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成25(2013)年3月15日(金曜日)
  通巻第3904号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
樋泉克夫のコラム樋泉克夫のコラム樋泉克夫のコラム樋泉克夫のコラム
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 875】         
  ――彼の地にては「人間程廉価のものは此れなく」・・・
  
「安東県より奉天・・・」(徳富蘇峰 『世界紀行文学全集』修道社 
昭和46年)


明治・大正・昭和の3代をジャーナリスト・思想家・歴史家・評論家、
時に政治家として生きた徳富蘇峰(文久3=1863年〜昭和32=1957年)は
伊東忠太の中国西南辺境調査旅行の1年前の明治39(1906)年の「6月1
日午後5時前、新義州より、小蒸気にて鴨緑江を渡」り、安東に足を踏
み入れる。

その後、1ヶ月ほどをかけ奉天(現在の瀋陽)、大連、旅順、営口、山海
関、天津、北京を旅したが、中国の人と社会への視線は、佐佐木信綱の
ノー天気旅行とは大いに違って鋭く、そして醒めていた。

先ず「安東県にて、二三の支那商店を訪い、種々談話を試み」る。する
と日本の「軍政の為に、其の身体、財産の安寧を保持したる」を「彼等
が最もも感謝する」。だが衛生やら道路補修・建設など現在でいうとこ
ろのインフラ整備に彼らは感謝していない。

そこで蘇峰は、「固より彼等が本音を吹くや否やは、知らざれども」と
ことわりながらも、「何れにしても支那の役人を信ずるよりも、日本の
役人を信じ候丈は、間違いなきに似たり」と綴る。

奉天では清朝廷室の宝物蔵の文溯閣を見物し、膨大な古今の貴重な文物
に接しながら、その数の多さと保存状態の悪さに閉口し、「総じて支那
にては、流石に四億余の人口ある故にや、人間程廉価のものは此れなく」

と呆れ果てる一方で、「斯かる宝物庫や何やを見物するにも、役人やら
油虫やら、ぞろぞろと左右前後より取り捲き、?々、喋々の奇声を発し、
且つ名状す可らざる奇臭の包囲攻撃には、閉口中の大閉口にて有之候」
と記した。

安奉鉄道の車窓からの眺めを、「前面には、大いなる巌石の矗立するあ
り。其の下に小川あり。川堤には、幾株の老柳あり。其の川畔に、一人
の村童が、長竿を揮うて、豚や、犬や、驢馬や、山羊や、殆んど許亜
(ノア)の方舟の乗客とも思わるる、各種の動物を、一隊として半は川
に飲い、半は川原の草に臥さしめつつある光景は、油画以上と存じ候」
と記しているところをみると、蘇峰も文人の片鱗をみせ“支那趣味”を
満喫しているようだ。

ところが「南満洲鉄道の最終点たる昌図」の付近にも馬賊が「日夜出没
しつつあ」ることを同地の役人から聞き及び、道すがらの情況を思い起
こしながら、「左もある可し」と納得する。

戦争が終ったとはいえ社会の混乱は収まらず、馬賊の跳梁跋扈が続いて
いたということだろう。名前は馬賊と恐ろしげだが、元を糺せば喰いっ
ぱぐれの貧窮農民が少なくないのだ。

「廉価」な人間が生きるために武器を持って徒党を組み、同じく「廉価」
な人間を襲う。馬賊も勢力を伸ばし多くの私兵を抱えれば張作霖のよう
に軍閥となり大将軍へ。敗残の馬賊は元の農民に戻るか、はたまた乞食。
「人間程廉価のものは此れな」いのである。

旅の終わりの北京では、「何れを見ても零落、荒廃の感は免れ不申候。
支那人は、不思議なる人種に候。精々念を入れて作り候得共、愈よ作り
上げたる後は、丸で無頓着に候。而して其の無頓着さ加減の大胆なる、
只管呆れ入るの外無御座候。

或る人は、北京の新修道路も、3年後には、依然旧時の荒廃たる可しと、
予言致し候。併し小生は、切に其の予言の適中せざらんことを祈り候」
と。彼らの新し物好き、移り気の激しさ見抜いている。

北京散策後、その物情騒然とした情況から清朝崩壊の近いことを推測し
た。

「予は北京の皮相を見たる迄に候得共、何となく北京即今の情態は、此
儘にて永遠に持続す可きものにあらざるが如く感じ」、「要するに清国
は、目下過渡の期にあ」る。

そして「国民的統一をなし、国民精神の発揮と与に、文明諸国共通の生
活思想に加入し、茲に一大強国となるを得可き乎。否乎」との「多くの
疑問中にて、最も大なる疑問」を呈した後、「之を解釈するの責任は、
固より清国人士のうえにある也」と結論づけた。

断固として異議ナ〜シ。
《QED》


(宮崎正弘のコメント)安東は現在の丹東、日本人が終戦までに数万人
居留しており、銭湯も四軒あったとか。遼寧省の裏玄関、営口は現在大
発展の最中、この旅行記とは隔世の感がありますね。
  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)『中国特快新聞』(3月14日付け)の報道に拠れば、見
出しに「湖北省で長距離バスが橋から落下、 14人が死亡 」とあり、「湖
北省荊州市の長江大橋で、武漢市から鶴峰県に向かう二階建ての寝台バ
スが橋の欄干を乗り越えて長江江岸の緑地帯に墜落、14人が死亡し、8
人が怪我をした」由です。

18メートルの高さから落下した事故現場には座席やガラス片、衣服や布
団、書籍や食べ物などが散乱していたそうですが、日本でも中国人運転
手のバスが事故を起こし、大問題となった。こういう交通モラルの低い
国を旅行されて危なくないですか?
   (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)ですから深夜バスには乗りません。雲南省で、
その昔、寝台バスが安いといって乗っていた日本人のバックパッカーの
若者ふたりが事故に巻き込まれ死亡したこともあります。

ま、新幹線だって危ないですし、湖北省武漢といえば、泥濘の湿地帯が
多く、あそこで地下鉄工事をしていますが、地盤沈下、落盤事故も予想
されますので、次に武漢へ行っても地下鉄には乗らない心算です。



  ♪
(読者の声2)日本の外交といえば米中韓しかないようなメディアの報
道がほとんどですが、4月末からのGWには安倍総理がロシアと中東を歴訪
する資源外交との報道もあります。

そのロシア、シェールガスの開発などにより資源価格の低下が予想され
る先行き、日本になにを求めているのか。「ロシアの声」に興味深い記
事がありました。

一部引用します。

『露日、利益と帰結』
 http://japanese.ruvr.ru/2013_03_13/107806720/

元ロシア経済発展相のアレクセイ・ルハチェフ氏は「ロシアの新聞」か
らのインタビューのなかで、ロシアのビジネスモデルが日本ととりうる
唯一正しい相互関係について、原料輸出からより深化させた形の加工製
品へ移行することだと語った。

炭化水素燃料の採掘が一層困難さを増し、高額になっていることを考慮
すると、ロシアは日本にエネルギー燃料を輸出する代わりに日本のイノ
ベーション技術を入手し、その省エネ分野の経験に学ぶほうがずっと利
にかなっている。(中略)「近代化」センターのアナリスト、アントン・
バルバシン氏の見解をご紹介しよう。

「太平洋地域における主要なプレーヤーの中国に対する『抑止』はます
ます明確になっている。こうした状況でロシアは活発な、そして第1に
プログマティックな立場を発揮すべきだろう。

露中関係がいかに『戦略的』なものであったにせよ、経済関係では単に
中国の対露輸出がますます拡大だけに終わってしまう。ロシアは大きな
太平洋地域のプレーにおいて他のプレーヤーらを当てにすべきだ。

ロシアへは中国などからよりもまさに日本、韓国からずっと巨額の投資
とずっと新しい技術が入るはずだ。」

「日本はロシアにとってこの地域(極東と東シベリア)における最大の経
済パートナーのひとつである。このためロシアはなによりもまず日本か
らの直接投資に関心がある。これは単なる金融上の流入にとどまらず、
技術、経営のノウハウ、原則などを学ぶことも含まれる。」

ロシアの中国に対する警戒感と日本に対する期待がうかがえます。中国
の資源外交が世界中から資源を奪い尽くすものだとすれば、日本の資源
外交は持続可能性を高めるものであるはず。日本のこれまでの省エネ・
リサイクル・イノベーションといった取組みをロシアが大いに評価して
いるものだとも言えます。

「ロシアの声」を読んでいると日本のメディアでは報じられない日本の
外交が見えてきたり、日本がロシアからどのように見られているかがわ
かり面白いものです。記事の見出しだけですが

 ・日本、ASEAN諸国との軍事協力強化に踏み切る
 http://japanese.ruvr.ru/2013_03_13/107788642/
 
・日本、中国地図製作庁職員が尖閣諸島に上陸した場合、逮捕を宣言
http://japanese.ruvr.ru/2013_03_13/107782034/
 
・日本、自衛隊の次世代監視機を完成させる
http://japanese.ruvr.ru/2013_03_12/107737718/

この見出しだけでも、いかに国境警備・国防を重要視しているかがわか
ります(というか、普通の国ならあたりまえですが)。

自衛隊の「次世代監視機」とあるのは海自の対潜哨戒機P−3Cの後継
となる川崎重工P−1です。アメリカ海軍ではP−3Cの後継としてB
−737を改造したP−8を開発、昨年には厚木にも飛来しています。

P−1が4発に対し、P−8は双発。大きさはほぼ同じですが、低速で
の長時間哨戒任務には複数のエンジンを停止して低速飛行できる川崎P
−1が有利。双発にすれば、そのまま旅客機にできそうです。

川崎は輸送機のC−2も開発中ですが、エアバス社が開発中の輸送機よ
りも低コスト・高性能のすぐれもの。日本の航空機産業はいつのまにか
ボーイングやエアバスと同等、あるいは凌ぐほどの機体を完成させてい
たのですね。(PB生、千葉)




━━━━━━━━━━
知日派ってなんだろう
━━━━━━━━━━


    前田 正晶

かのコロンビア大学のジェラルド・カーティス教授は、所謂知日派の最
先端におられる方でしょう。一方、かく申す私はいわば「知米派」に入
るかも知れません。だが、「それがどうした」です。

Wikipediaも検索しましたが、私にはカーティス教授の業績は立派だと解
りました。だが我が国の政治と政界のどの部分を詳細にご承知で、どの
階層の日本人とおつきあいがあって色々と仰せになっておられるのかは
解りませんでした。

私もこれまでに何度も教授ほど学問的権威がなくても、ビジネスやそれ
以外の分野で所謂知日派というレーベルを貼られている方が言うことを
聞く機会がありましたが。だが、遺憾ながら非常に浅薄で(我々はskin
deepなどと言いますが)笑わせて貰えました。

お恥ずかしながら、私を知米派と言ってくださる方もあれば、アメリカ
のことしか知らない奴などと批判する向きもあります。だが、私がこれ
までに書いてきたものの中で、アメリカを手放しで褒めたものはほとん
どありません。たとえ褒めても、それは貶す前の導入部でした。

その私にしたところで、アメリカの紙パルプ業界の大手2社に合計22年半
在籍しました。そして、物理的には全米50州中の20州しか空港の外の街
にまで出て経験はありません。

また、1972年以降でアフリカ系アメリカ人と膝つき合わせて語り合った
経験は皆無です。それどころか、所謂「プーア・ホワイト」などとは出
会ったことがありません。

NYのハーレムやシカゴの黒人街等の危険区域には行ったことなどありま
せん。上場会社にしたところで、本社組織の管理職以上にはアッパーミ
ドルかそれに準ずる階級の者にしか会えません。工場には地方採用の人
たちが多いのですが、彼らと親しくつきあっている時間はごく限られて
いました。

それでも、私は普通の我が同胞よりはアメリカのことを知っています。
だが、正直に言えば、到底「良く、深く知っている」とは言えない程度
でしょう。限られた経験と知識で語っても、知らない方からすれば「良
く知っている」事になってしまうのでしょうか。恐ろしくも、また危なっ
かしいことではありませんか。

すなわち、知日派や親日派がどれだけ我が国を知り、相互の文化の違い
と思考体系を認識しておられるかには、私は率直に言って大いに疑問が
あると思っております。古くからの表現で「群もう(目の不自由な方の
こと、念のため)象を撫でる」と言われていますが、尻尾を掴んでいる
のか、鼻なのか、耳なのかも解らずに「日本とは」か「アメリカとは」
と言っているだけではないかと、常に自戒しておりました。

私の場合はアメリカの大手企業のいわば日本駐在員で、何と彼らの中に
溶け込み、彼らの一員として対日輸出で担当分野の#1シェアー・ホール
ダーとなろうと奮励努力してきました。

しかし、この難しい市場で信頼関係を構築し、地盤を固め、同国の競争
相手を蹴散らしていく過程で、何度も何度もアメリカ人の同僚や上司と
衝突しました。彼らとて営業成績を挙げねばならないとの物理的且つ精
神的な負担は、私と同等ないしはそれ以上です。

時にはお互いに火花を散らさんばかりに論争もします。しかし、その際
には彼らが結託して庇い合うのです。それは当然でしょう。逆の立場で
あれば、私も同胞を守るでしょう。

話がやや本筋から逸れたかの感がありますが、知日派であろうと何だろ
うと、彼らは自分の国を守る方向に進みます。二者択一でしかものを考
えられないのですから、当然の成り行きです。


言いたかったことは「知日派だから、日本側に立ってくれるだろう」な
どと甘い期待をしてはならない点です。彼らは「君は何処の国から給与
を貰っているのか。その点を弁えてものを言え」という表現で攻めてき
ます。すなわち、彼らが我々の味方だなどと思わないことです。

色々と申し上げましたが、偽らざるところでは私は留学したことも、駐
在の経験も、アメリカで暮らしたこともありません。初めてアメリカに
行けたのは会社を変わった1972年8月で、39歳の時でした。それでも何と
かなったのは、多少とも言葉ができたからでしょうか。

全てはその時にそこから知り始め、彼らの中で業務を円滑に進めるため
に、止むを得ず文化の違いを学び始めたのです。ですから、この程度の
知識と経験で偉そうなことを言って良いのかな、という不安がありまし
たし、今でもあります。


さて、皆様。知日派や親日派を信用し且つ信頼しようと思われますか。



━━━━━━━━━━━━
溶けて流れりゃ、みな同じ
━━━━━━━━━━━━


       馬場伯明

健康食品やサプリメントの新聞TV広告(CM)を見ていると腹が立ってくる。
有名人が「体調がいいんです。ほら!」と不健康な人に押し売る。

広告(CM)に乗せられ、すぐ買う人も多い。ところが、購入し摂取した
が大した効能がなく、がくっと来る人も少なくないらしい。

しかし、安易に信じる方が悪いのかも。「♪泣いた女がばかなのか 騙
した男が悪いのか」ある友人は各種の商品を毎月3万円以上も購入してい
るという。健康は貴重な価値であり一方で大きな不安の種なのだ。

「変な錠剤はいい加減に」と息子らに言われ、内心疑問はあるが「効く。
体調もいい」と強がりを言ってしまい、後で反省し落ち込む人もいる。

以下、身近な事例を検討する。朝日新聞(2013/3/6)の全面広告:協和
発酵バイオ(株)(以下「協和」)の「(リメイク)オルニチン」だ。

島原市出身のキャスターの草野仁さん(69歳)が登場する。(なお、私
は、協和や草野さんへの個人的な恨みなどは、もちろん、一切ない)。

「しじみの健康成分である遊離アミノ酸のオルニチンを世界で初めて発
酵法により量産に成功した」(協和)。次に草野さんの言葉を抜粋する。

「以前、調子を崩した同僚が、しじみ汁を3ヶ月間飲んで元気を取り戻し
たのを目の当たりにしたこともありました。そして自分がオルニチンを
飲むようになった今、その絶対的な魅力を改めて感じています」

「朝からリズム良く、ハードな撮影も元気いっぱい。若手の方から『草
野さんが一番元気ですね』って言われました。まさにオルニチンの力で
す。負ける気がしませんね」

毎日、朝食後に6粒。この習慣は3年間一度も欠かしたことがなく、今で
は家族みんなでオルニチンを飲んでいるという。

「周りの人にも100%自信を持っておススメできます。これは間違いあり
ません」それいけ、どんどん!向かうところ敵なしである。

「協和発酵バイオのオルニチンなら1粒でしじみ約300個分相当(のオル
ニチン)が手軽に摂れます」(協和)。6粒で1800個分、すごい。

草野さんの摂取歴はまだ3年らしい。「飲み始めて2、3日で何かが違って
きたというか、いい実感があったんですね。今ではオルニチンが自分の
身体を後ろからしっかり支えてくれている、という感じで安心できます」

「えっ2、3日で、ほんと?」と疑う。だが、草野さんのオールバックの
黒髪に端正な顔、その穏やかな表情が私の疑義を消し去るかに思える。

それでも、この広告(CM)を細かく見ていたら、次のことに気付いた。

 (1)「効能がある」とは一言も言わない。「効能がある」と思わせる
巧妙な洗脳を仕掛ける。両手をパ〜ン、猫だましのようでもある。「思
いたったら今すぐお電話で」とあり「おれおれ詐欺」の口上にも似てい
る。

 (2)同年齢層の有名人では随一の元気者である草野仁さんを広告塔と
して利用している。草野さんもその仕掛けに乗り、いわば共犯に近い。

 (3)しじみ汁で元気を取り戻した草野さんの同僚を持ち上げる一方で
おとしめる。「1粒でしじみ300個分」と大きく標示し「しじみ汁より
(リメイク)オルニチン(が優れている)」と購入者らを暗示にかける。

山盛りの300個のしじみには「この写真はイメージです」、オルニチン3
粒の写真には「しじみ由来ではなく」と極小文字で言い訳をしている。

 (4)しじみ汁の同僚の体験談は事実であろう。しかし、当然とは言え、
協和と草野さんは紙上で延々と商売(儲け話)だけを追い求めている。

 (5)しじみ汁に20個のしじみが入っているとすれば、オルニチンの1
日の(指定)摂取目安が6粒だから、しじみ汁90杯(300個÷20個/杯×6
粒)、しじみ1800個分になる。驚きである。

1杯のしじみ汁は3カ月で効能があったという(草野さんの同僚の事例)。
オルニチンは遊離アミノ酸なので6粒飲んでもタンパク質にはならない。
摂取過剰だ。大半は体内を通過し流れ出るのではないか(推測)。

でも無害だから「過ぎたるは猶及ばざるがごとし」ではない。一つだけ
うまい話が残る。協和と草野さんのもとには購入者の支払金が「溶けて
流れる」ことはなく、確実に蓄積される。

オルニチンの広告(CM)の今後などについて、私なりの意見を記す。

 (1)1日6粒は「♪溶けて流れりゃ、みな同じ」、摂取過剰と思われる。
協和による摂取目安の科学的なデータによる説明が必要である。(同社
の基本方針には、「安全と健康を科学的観点から配慮して・・」とある)

 (2)協和はオルニチンの効能の数値を公表すべきだ。効能不明ならば
効能があるかのように人心を惑わす広告(CM)はすぐ中止すべきである。

 (3)草野さんはCMを降板した方がいい。長崎県出身の歳が近い先輩と
して恥を晒してほしくない。個人ではお飲みになればいい。ただ、1粒が
しじみ汁15杯分相当だから1日1粒を少し齧るだけでいいはずだ(笑)。

好きな俳優の三國連太郎(90歳)がヒアルロン酸「皇潤」のCMに出演し
たので大いに失望した。その後CMから消え「足腰が弱くなった」
(ZAKZAK 2012/9/6)と。CM降板とともに皇潤の効能も消えたのか。

 (4)健康食品やサプリメントの飲食・摂取については、公私の専門機
関の情報、効能の数値、類似品の情報などを見極め、慎重に選択の判断
をすべきである(正しい判断は難しいだろうな・・)。

しかし、「蓼(たで)食う虫も好きずき」だ。自由主義経済の世であり
(否定的な)私などがこの商品販売を止めさせることはできない。

ところで、このように書いて来れば、「お前は偉そうなことを言ってい
るが、何を喰っているのだ」と追及されそうだ。自分のことを記す。

 (1)今まで健康食品やサプリメントを摂取したことはない。酒は毎日
だが普通の食事である。

 (2)定期健康診断や各種のがん検診の数値は許容範囲。ただ、BMI:
25.5(177cm・80kg)太目と判定されている。不本意。

 (3)大衆薬を含め、薬を定常的に飲んだことはなく、今も飲んでいな
い。鼻風邪に「ルル」3錠、痛飲後の「正露丸」2錠を年に2、3回必要と
する。

 (4)これまで医療機関等に入院したことはない。

 (5)テニスを週に1日。ゴルフは月に1ラウンド〜。DRは飛ぶ方で、直
近のスコアは88である。

幸いに今は元気者。長生きして逝った父(94歳)と母(93歳)に感謝す
る。だが、元気者という長所は欠点と裏腹である。不健康な他人の悩み
や痛みに寄り添い理解する能力に欠けている。自省が必要だ。

2013/3/9(土)久しぶりにTBS「世界ふしぎ発見」を見た。スイスのサン
モリッツなどの珍しい風習を紹介していた。草野さんは相変わらず黒々
とした立派な髪だったが、目尻や頬の張りが衰えたようにも感じられた。

バリバリ仕事を続けるために、草野さんは、メイクで補うよりも、やは
り(リメイク)オルニチン6粒の継続摂取を選択するのだろうな。草野さ
んならば、セサミンや皇潤でも確かな効能がありそうだけど・・・。

本稿:拙文では、企業等による健康食品やサプリメントの姑息な仕掛け
広告(CM)と、世間の人たちの安易な飲食・摂取の傾向に対し、正論の
警鐘を鳴らしたつもりである。

が、少し言い過ぎたか。そう、曖昧なことには「持ってけ、泥棒!」の
余裕で、他人を理解し、寄り添い、おおらかな気持ちで日々を過ごすの
が「長生きの秘訣!」と、誰かが言っていたなあ・・・。

ん、あれれ!今後の自分の生きる姿勢が、何か、腰砕けになってしまっ
たような・・・。(2013/3/16 千葉市在住)



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎ 3.2兆円の経済効果=農業生産は3兆円減―政府のTPP試算

政府が環太平洋連携協定(TPP)に参加した場合の影響を分析した試算が
15日、分かった。複数の政府関係者が明らかにしたもので、貿易の自由
化に伴う輸出拡大や内需刺激で、国内総生産(GDP)を0.66%押し上げ、
3兆2000億円の経済効果を見込む。

コメなど主要な農産品の関税を撤廃すれば、農業部門の生産額が3兆円減
少するとみられるが、輸出拡大などが農業でのマイナス効果を相殺する
とした。

安倍晋三首相が15日、TPP交渉へ参加表明するのに合わせ、政府試算を公
表する。

政府はこれまでに、米国、豪州など9カ国によるTPPに参加した場合、GDP
が2兆7000億円増加するとの内閣府の試算を公表している。 

時事通信 3月15日(金)9時45分配信 



 ◎“値上げの春”アベノミクス副作用 円安直撃も 脱デフレへ期待

景気浮揚を狙う安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」に伴う円安で、
輸入品の値上げが相次いでいる。食品のほか、海外ブランドなどの高額
品にも影響が広がる。輸出企業には追い風の円安も、家計にとっては思
わぬ負の側面だが、中期的には賃上げ効果も加わり、脱デフレにつなが
るとの期待もある。

「価格転嫁も考えなくては」。14日に食パンの新製品を発表した敷島
製パンの根本力執行役員は、厳しい台所事情を吐露した。農林水産省は
4月から、製粉会社などへの輸入小麦の政府売り渡し価格を平均9・7
%引き上げる。パンや麺類メーカーには、「(企業努力では)吸収でき
ない」(根本氏)と痛手だ。

同様に円安、穀物高のダブルパンチなのが食用油。日清オイリオグルー
プは4月1日出荷分から、代表的な食用油価格を約10%引き上げる。上
げ幅は家庭用が1キロ当たり30円以上、業務用が1斗缶(16・5キロ)
当たり500円以上。

水産品も、はごろもフーズが、「シーチキン」ブランドの缶詰16品目の
価格を5月1日から2・2〜6・1%引き上げると発表。特売の常連品
の値上げに、大手スーパーは「他メーカーを増やすことも検討する」と
するが、他社の値上げ追随も予想される。

株高で富裕層の消費が堅調だった高額品は、高級ブランドの「ルイ・ヴィ
トン ジャパン」が2月半ば、バッグなどの一部商品を平均約12%値上
げしたのに続き、ティファニーも4月10日から、ジュエリー類などを平
均約10%値上げする。

円高で好調だった海外旅行も、「一部でホテル代が上昇」(楽天トラベ
ル)したほか、「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)とともに為替
動向も注視しないといけない」(中堅旅行会社)状況。

光熱費も、燃料輸入価格の上昇を受け、4月から電力・ガスの大手14社
が一斉値上げする。関西、九州電力は、原発停止による火力発電の燃料
費増加で電気料金の基準になる原価改定の本格値上げも申請しており、
負担は大きい。

円相場は、昨年11月16日の衆院解散日の1ドル=81円11〜13銭から、19
%近く下落した。日銀によると、輸入物価は昨年10月まで6カ月連続
で前年割れが進んだが、昨年11月以降はプラスに転じ、今年2月は13・
2%増で2けた増になった。

第一生命経済研究所の熊野英生・首席エコノミストは「輸入物価の上昇
は想定以上のスピード」としながらも、「アベノミクスが進む中で当然
生じる摩擦。この副作用を首相が要請する賃上げ効果で相殺できれば、
デフレ脱却に向けた動きが始まる」と指摘する。

政府と日銀が目指す2%の物価上昇率目標は、変動の大きな生鮮食品や
エネルギーを除く消費者物価指数(CPI)などで判断するとみられる。
だが、2月の消費動向調査では、1年先の物価上昇を予測する消費者が
約7割に達しており、消費者心理が先行する形で、物価上昇につながる
との期待が強まっている。

産経新聞 3月15日(金)7時55分配信 



 ◎首相、TPPへ奔走…決断にのけぞった麻生氏

 安倍首相が15日、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加を表明
した。決断までの舞台裏を追った。

 ◆盟友

1月、首相官邸の執務室。首相は、盟友の麻生副総理と向き合い、2月
の日米首脳会談直後にTPP交渉参加を表明すると伝えた。

のけぞった麻生氏は「首相がそう言うなら……(支持する)」と答える
のが精いっぱいだった。

麻生氏は、TPPを国論を二分するやっかいな問題とみて、昨年、民主
党の野田政権に片づけてもらおうと動いたことがある。衆院選の最中の
12月、麻生氏は当時の野田首相に電話し、「TPPをやってくれ。それ
があなたの最後の仕事だ」と迫った。

「参加表明したら、私を支持してくれますか」と問い返す野田氏に、麻
生氏は「選挙をやってるんだから、批判するに決まってるだろ」と素っ
気なかった。結局、野田氏は参加表明を見送った。

首相の懐刀の菅官房長官も、参院選前の交渉参加表明には慎重だった。
自民党は、衆院選で農業団体の力を借りて当選した議員が増えた。

TPPに反対する全国農業協同組合中央会(JA全中)の意向に背けば、
参院選でしっぺ返しを食らうことが懸念された。

首相は、「参院選後の方がいい」と進言する菅氏を、「農業団体は反発
するだろうが、参院選までに必ず求心力を取り戻すことができる。関係
修復の時間を作るためにも、早く表明した方がいい」と説得した。菅氏
も首相の熱意に折れた。

読売新聞 3月16日(土)9時14分配信 



 ◎『遂に始動し始めるアベノミクス』 一、二本目の矢は奏功するか

                          山崎和邦

(1)大胆な金融政策

(2)機動的な財政政策、この二つでデフレ脱却とインフレ目標に効かく
か?

効く。確実に効く。市場はそれを知っているからこそ高いのだ。

「効かない」という意見を言う学者や評論家がいるが、彼らは今までに
起きた事実を見てこなかったからだ。現に、「失われた13年」(1990年〜
2003年)の期間に、膨大な不良債権を抱えながらも、財政出動でデフレ
を止めて景気を回復させ、平均株価を6割上昇させたという事実が3回
あった。

その13年間の財政出動の経過をグラフ化して、日経平均グラフと景気動
向指数のグラフ化とを重ねて見ればバカにでもわかる。しかも3回目は
「ITバブル」というオマケまで附いた。

「効かない」というバカなことを言う評論家や学者のもう一つの型は、
彼らの出身母体が大蔵省か銀行だからだ。言わば、彼らの国債の買い入
れの大口取引先だ。その出身母体の影響を受けて話している。

では、なぜ、その3回とも景気も株も短期で終わって、中途挫折してデ
フレ脱却まで行かなかったのかと言えば、訳は簡単だ。日銀が途中で金
融政策を転換したからだ。その全回が既述の可虐趣味の三重野元総裁と、
優柔不断で前言撤回の常習犯の速水元総裁であった。

日銀に、勝手にそれをさせないために今回は文書化させた。いわば“イ
ンフレ嫌いな日銀”に一札入れさせたのだ。よって確実に効く。

今まで半世紀、日銀が最も嫌ってきたのはインフレと政治介入であった。

「1本目の矢」と「2本目の矢」は確実に効く。既に効果は出始めている。

単なる金融緩和、しかも今までのような中途で中止してしまうようなや
り方ではインフレは起こせないが、クルーマンが10年も前から説いてい
たようにインフレターゲットを定めて目的的に遂行し、財政政策を併用
し、しかも成長戦略を本気で進めれば確実に効く。

今までの日本はその二つ(目的的な金融緩和と財政出動)を同時に行っ
たことは一回もなかった。今回は違う。それを疑う人は経済学の基礎を
知らないか、または知っていても現実の経済現象を見てこなかった人だ
ろう。

安倍さんは自分が副官房長官と官房長官と総理の時代に、日銀の政策転
換で3回懲りた経験がある筈だ。筆者の原体験と通ずるものがある。今
度はそれをさせまいと、安倍さんは今までの3回から学習したのだ。

日銀総裁・副総裁の人事は、今回は最適人事だと筆者は思うが、それは
やや過激な日銀非難の浜田宏一博士を含めたブレーンの知恵でもあろう。   

?山崎 和邦

慶應義塾大学経済学部卒。野村證券、三井ホームエンジニアリング社長
を経て武蔵野学院大学名誉教授に就任。投資歴51年に及び野村証券時代
の投資家の資金を運用から自己資金で金融資産までこなす。 

Mail-Magazine 『金融經濟マグ』平成25年3月15日号 毎週金曜日配信 

〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎北朝鮮の移動式ミサイル、米本土を射程 

米統合参謀本部副議長は、北朝鮮の移動式新型ミサイルが「恐らく米国
(本土)が射程圏」と述べた。

2013/03/16 08:28   【共同通信】

〔情報収録 − 坂元 誠



 ◎韓国、竹島質疑を「報じるな」 日本記者団に

【ソウル共同】韓国の外交通商省当局者が15日夕に行われた尹炳世外交
通商相と日本メディアとの会見後、島根県・竹島の領有権問題に関する
質疑応答がなかったように報道するよう記者団に求めた。記者団は拒否
したが、一時押し問答に発展した。

尹氏は会見で、竹島関連の質問に「どのように日韓間の信頼関係を構築
するかが最も大事だ」と語るにとどめた。

会見終了後、当局者が記者団に「韓国では朴槿恵政権が発足したばかり。
この問題に触れることは両国にとって良くない」と報道自粛を要求。記
者団が「質問の事前通告も済ませてある。応じられない」と拒むと「報
道は絶対に認めない」と反発した。

2013/03/15 23:08   【共同通信】

〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎<JR>16日ダイヤ改正 「はやぶさ」世界最速に並ぶ

JRグループは16日始発から全路線でダイヤ改正を実施する。東北新幹
線の「E5系」(はやぶさ)が時速320キロで営業運転を開始し、フラン
スのTGVと並び世界最速となる。


82年6月開業時の最高速度は210キロだった。東京−新青森間は従来より
11分短縮され、最速2時間59分で結ばれる。最速運転を行うのは宇都宮
−盛岡間で、10両の単独編成で運行する。

秋田新幹線は新型車両「E6系」(スーパーこまち)がデビューし、秋
田と東京駅で一番列車の出発式が行われる。最高速度は25キロアップの
300キロで、東京−秋田間は最速3時間45分となる。

一方、82年11月の上越新幹線開業以来30年間走り続けてきた旧国鉄最後
の「200系」が定期列車から姿を消す。ラストランは15日午後8時12分東
京発新潟行き「とき347号」で、その後は臨時列車として4月14日まで運
行する。

関東の大手私鉄もJR東日本と同時にダイヤ改正を行う。

毎日新聞 3月14日(木)21時14分配信 



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━



 1)私とても、ISD条項を知らないで論じている訳ではありません。

>訴えられた国は(まず負けるので)、当該企業に法外な弁償を行なう
か、或は法を変えるなどの措置をとらなければならなくなるようです。
すでにカナダなどでそのような例は発生しているそうです。

と言われたことも承知しております。野田前総理が「ISD条項には国内法
で対抗する」と答弁して笑われたところも見ておりました。

しかし、私はもとより法律論には疎いのですが、必ずしも宮崎さんが危
惧されておられるようではなかった先例があると、テレビで所謂有識者
が語ったのも聞きました。何れが結論なのでしょうかを知りません。

そこで、暴論との誹りは甘んじて受けますが、ビジネスマンでしかなかっ
た私はこの点には触れられるほどの知識がなく、純粋に対日輸出に22年
携わってきた経験から、対日輸出は容易ではないと言っております。

すなわち、関税が撤廃されたくらいでこれほど難しい市場に雪崩を打っ
て参入し、自社の“risk and account”で攻め込んでくるアメリカ及び
その他の外国の企業がどれほど成功するかを見ていたい気がします。

保険や医療の問題は私の守備範囲外ですから、論じる資格もないかと思
います。

農産品はすでに入っているようです。だが、生ものを見込みだけでリス
クを取って金利・在庫費用・為替の変動の負担をものともせずに売り込
んでくる(輸入する)企業があるのかなと、密かに悩んでおります。

我が国は何事にも大雑把なアメリカとは異なっています。味と好みが厳
しい市場なのです。米だって所謂外米が安くなったとしても、厳しい消
費者が買うのかなと心配しています。

ISD問題はその市場参入後に発生するのでしょうが、そレに対する事前・
事後の対応は安倍政権の課題だと思っております。現在までこの点が深
く討論されていない気がします。妄言多謝。(前田 正晶)



 2)私は日本が強いとは思っていない:前田 正晶

これまでの私の論点を整理して加筆すれば以下のようになる。

 *関税が撤廃されたからと言って、この進出と地盤の確立が難しい国
に農産物を始めとして、世界各国がどっと進出し、成功するのか。いや、
そうとは簡単に行くまい。

理由は国産品の高度な品質、安全で清潔、規格外品が少ない品質管理、
労働力の質の高さ、整った流通機構等々に馴れた国民(=消費者)が、
何処まで直ちに輸入品に食いつくか。輸入者は国内の専門業者かあるい
は外資が出先機関を設けて挑むのかをも考えて貰いたい。

例えば国内の業者が、国内の流通機構等を破滅に追い込みかねない輸入
品が「安いから」の一点で輸入して、国産品を下回る安値で打って出る
のか。そういう事態を起こすのには相当な勇気が要るのではないか、と
思うのだが。リスクをどのように計算するかだ。

 *輸出入業務とはそう簡単なものではない。月並みな手順を言ってみ
よう。年間を通しての定期的輸入を海外のサプライヤーと契約し、値決
めをする(交渉は容易ではないかも)。その商品ないしは原料の仕向先
または自家消費かを決める。

発注し納期を指定する。船会社と契約ないしは指定する。通関業者と契
約し、倉庫とも契約し、国内輸送機関も手配する。在庫を何ヶ月分持つ
かも決める。金利と倉庫代は少額ではない。誰が負担するのか?為替レ
ートを予測して決めておくのだが、これは容易ならざる課題だ。読み間
違えれば大損が出るから。

 *海外のサプライヤーがどれほど輸出業務に精通しているのかを見極
めねばならない。海外での天候や生産上のミスがあれば、所謂「ノン・
デリ」で約束通りに船積みされてこないことはある。空白期間が生じる。
海外のサプライヤーは案外簡単に”force majeure”=不可抗力を宣言し
て、契約があっても出荷しないことがある。

次は輸出入の初歩的常識だ。クレームが発生した時を想定して契約条項
に盛り込む配慮も必要だし、契約を支配する法律が何れの国のものに準
拠するかは概ね輸出国になっている。この辺りがISDの出番だろうか。

また海上輸送中に海難事故が起きた時などは面倒だ。B/Lの裏面の約款に
はコンテイナー一本当たり20ドルなどと記載されているかも知れない。
屁理屈では「裏面を読んだら、誰も輸出入などしない」と言うほど、船
社は責任回避の態勢を整えている。

我が国では税関の検査が法律に則って極めて厳重であることをも忘れて
はならない。だが、TPPに加盟する頃には少しは変わっているかも知れな
い。外国のサプライヤーがこういう事情を何処まで承知して対日輸出を
する気かなと思っている。外国の会社が日本で日本人社員を雇っても、
こういう面の問題に対処できないと、ややこしい事態になるかと危惧す
る。

私は経験上、対日輸出は大変だという根拠はこの辺りだ。但し、実務か
ら離れて19年が経っているので、現在では少しは改善(緩和?)された
かと考えているのだが。



 3)輸出入業務に改善は、依然とありませんから、TPPは、いろい
ろな困難をTPP加盟という一言で、一気呵成に無し崩すという仕掛け
になっている。業を煮やして一気に攻め込むための方便だから、「突っ
込まれてパーにされるプラン」TPPです。

「今は、ラストチャンスだから、一日でも早く交渉に参加しなければな
らない(昨日の安倍氏)。」 という、外交下手な弱音コトバが飛び出し
ていた。このコトバ、交渉相手国から参加拒否と取り付けるための布石
であって欲しいものだ。

16日朝NHKのニュースで並んでいたコトバは次のとおり。「遅かれ早
かれ、こういう時代が来るはずだったのだから、抵抗してもムダ」「国
内生産品のマーケットも広がるきっかけにもなる」「郵貯資金を巻き上
げる」

抵抗してもムダであれば、沖縄の被害女性達にも、その理屈が通るとで
も思っているのだろうか? 最終的には負け惜しみだけ強くて自助努力
のない国民だ。尖閣だろうと竹島だろうと乗っ取られたところで彼らに
は援助の手は不要、なぜなら自重大好き国民だから、と思われるだけ。

国産品マーケットが海外に広がるとは言っても、外国の需要家は富裕層
であって、向こうの大多数の国民から見れば怨嗟の的でしかない。 ゆ
うちょ資金を巻き上げるのは、当然の目標だった。外交巧者であれば、
参加交渉に参加はしても、「交渉参加を表明(新聞見出し)」ではなく、
あくまでも”参加交渉に参加を表明”であるべきものを、ここだけ巧み
な新聞見出しに、踊らせれている。

ついでに言えば、休日ともなればテレビの保険セールス・コマーシャル
が多い、事故は自爆(自損)事故のみで、被害者交渉相手側との交渉風
景は流れない。安い保険料での交渉だと、被害者は過酷な対応を迫られ
る、そんな場面が見えていない、過酷はフクシマでたくさんだ。ゆうち
ょ資金も、そのようにして巻き上げられる。       (酒井 富雄)



 4)アメリカに絞って考えてみました:前田 正晶

>国産品マーケットが海外に広がるとは言っても、外国の需要家は富裕
層であって、向 こうの大多数の国民から見れば怨嗟の的でしかない。

Good pointだと思います。富裕層は多くても全体の5%。それが90%の富
を抑えているとNYで騒ぎがありました。そこを狙うものを持って行かな
いと・・・。

日本の製品(家電製品や自動車)は確かに品質が安定しているので信頼
されていたでしょう。だが、在職時には多くの非耐久消費財をアメリカ
で為替の利点を活かして買っていました。

だが、動かし方を知らない車を買う訳もなく家電も買いません。後はア
メリカ以外で作られた衣料品や雑貨類を買いました。だが、Made in
Japanに出会ったことは記憶にありません。

その家電製品も携帯電話等も(何時まで続くか不明な感がある)サムソ
ンやLGに席巻されています。自動車は街角に立ってみていれば「へー、
アメリカも自動車を作っていたんだ」というのが偽らざる感想。

こういう状況下で何を新たにより沢山売る、売れるというのでしょうか。
それとも、韓国勢を押し返して失地を取り戻せるのだったならば、マイ
ナスをゼロに戻しただけかなと危惧。だが、アベノミクスで今週は為替
が96円台にはなっても、何が増える可能性があるかという解説もなくて、
ただ何兆円のメリットがあると言われても。

一方、攻め込まれる方では言葉足らずでした。

>例えば国内の業者が、国内の流通機構等を破滅に追い込みかねない輸
入品が「安いか ら」の一点で輸入して、国産品を下回る安値で打って出
るのか。そういう事態を起こすのには相当な勇気が要るのではないか、
と思うのだが。リスクをどのように計算するかだ。

と言っただけでは不十分で「国内の農業等の分野や各分野の国内の流通
機構とそこに携わる業者を破滅に追い込む危険性が見える」とすべきで
した。そんなことをすればJAだの何のが許さないでしょうし、輸入しよ
うとするのがどういう会社か知りません。

だが、米や農産物しか輸入しない会社があるのでしょうか。誰が輸入す
るのでしょうか。普通の商社だったらJAの系統とも一般的に取引がある
のではないでしょうか。

先ほど、みのもんたの番組で「優秀なアメリカのドクターが入って来て
混合診療をすれば云々」と医療分野に生じる可能性がある危険を論じて
いました。だが、そんな腕の良いアメリカ人のお医者様が、日本語を自
由自在に操って診療するのでしょうか。

その昔に、「君は『おなかがしくしく痛い』を英語で表現できるか」と
尋ねられて絶句したことがありました。反対にアメリカ人のお医者様が
そういう訴えに対応するのでしょうか。

疑問点はアメリカで多額の報酬を得ている勤務医か開業医が、わざわざ
日本に出てくるのでしょうか。私は日本のお医者様が進出してくる医療
機関に抜かれることの方が問題だと思うのです。

私は1985年にシアトルで受けた交通事故の被害者として、アメリカ式医
療は我々には不向きだとの結論に達しました。粗雑と言うよりも「彼ら
の大きな体とあの強靱な骨格をベースにして設計」されていますから、
私の場合には見落とされた患部かが多かったので、帰国後塗炭の苦しみ
を味わいました。しかも、Safecoの保険の不親切さには怒り狂いました。

救急病院では私が持っていた旅行者保険ではなく、車の持ち主だった当
時の上司の保険の対物・対人を使いました。肋骨2本骨折、頸椎の2と3番
捻挫、顔面打撲で最初の提示額が2,000ドル(為替は220円だったか)で、
保険はアメリカ国内の医療費のみカバーという凄さ。但し、これは一旅
行者の経験ですから、アメリカに住んでおられる(おられた)方の経験
を聞くべき問題でしょうが。

賛成したり反対したりする国会議員と安倍総理は、こういう実態を全部
突き止めておられると希望的に考えています。



 5)私には自分の意見を的確、かつ論理的に書くという能力がないよ
うで、前田氏には私の不安を理解して頂けていないようでした。 B to B
の特殊な業界の例を語って頂かなくとも、GMやフォードの無理やりの国
内参入の顛末は、普通の庶民でもよくわかっています。

TPPという、どうも状況的にみて参加国によって日本をカモにしようとし
か考えていない経済協定の交渉は、特定の産業分野の自由貿易の促進の
ためのものではないとしか見えないのです。

もちろん、TPPによって売り上げと利益の増加を望める「日本企業」はた
くさんあるでしょうーーといっても、東証1部上場の主だった巨大企業
の株主構成も考えてください。金融も含め、軒並み外資比率は4割前後
になっています。

まず、オバマ大統領はTPPを米国の輸出促進政策としか呼んでいませんし、
昨日のシンガポールの発言は、日本の加入のために7月に追加会議を行
い、9月で終了しましょうと言っています。

昨年まで日本の推進派の評論家さんたちが言ってたのと違い、バスは日
本が乗ってくるのを待っていたとしか思えません。既に議論済みの案件
は蒸し返さないように念書を取るとも言ってます。

米国と日本で参加国のGDP合計の9割を占め、豪州を含めて9割5分、米
国は輸出増大策と言ってるのだから、どこが買わされるのか、明らかで
すーー金融もさることながら、国土強靭化の公共事業などの政府調達な
んて、非常に美味しそうでしょうね。

しかも、TPPには人の移動、つまり労働市場の開放も謳っています。かね
てから、ことあるごとに米国のNECやらシンクタンクが執拗に日本は移民
政策をとれと御託宣を述べておられます。経団連の米倉会長も日本はど
んどん移民をいれるべしと有難くもご提言なされています。

看護士、介護士を始め、多くの資格制度も、いまある歴史的必然から構
築された精緻な体系が「成長」とか「改革」、「開国」というような胡
乱でデタラメなスローガンの元に崩されるのかもしれません。

なにもわからないなか、このような協議に参加することを、冷静に見て
おれというほうがおかしくないでしょうか。

交渉参加に際しては、途中離脱はしませんという一筆もとられるのでは
なかったでしょうか。締結・批准はもう、この交渉参加で決まっている
ようなものでしょう。オバマ大統領が米議会から交渉権を付与されてい
なくとも、もう締結内容のあらましも定まり、議会での決議の仕込みも
済んでいてもおかしくありません。

交渉参加が野田民主党政権ではなく、安倍政権でなされたということが
私には一抹の救いのように見えます。USTRとやりあった橋本首相と自民
党のその後を思うと、絶対に安倍政権を支持したいと思います。「みず
ほの国を守る」、「国柄をまもる」という言葉を信じるしかありません。

子供の頃、小野田少尉という不可思議な人がフィリピンから帰国すると
いう出来事がありました。もう90歳を超えておられると思います。世界
史上もっとも勁(つよ)く、優れた軍人だったと今の私は考えています
が、あの方が帰国後間もなくブラジルに移住されたことを思い起こしま
す。

私は、祖先からずっと暮らしてきた、この美しい日本で老いて死んでい
きたいと願っていますが、もし万万が一、日本が経済地域のようなもの
に成り下がると予感した時には、美しい夢を見ていたのだと自分に言い
聞かせ、家の墓を始末し、祖先の骨粉をひとつかみ持って、静かにこの
国から去らなければいけないかもとも、考えます。不自由な外国語で考
え、話し、暮らす方がまだいっそ清々しい...

頂門の一針3月14日の「反響」に投稿した(匿名希望)



 6)旧皇族の皇籍離脱は宮内府(現宮内庁)告示によるものでしたか
ら、皇籍取得も宮内庁告示で可能であると考えられます。「1947年10月
14日に皇籍を離れた旧皇族の男系子孫で、皇太子と同年齢以下の男子及
びその家族は皇族になる」という告示です。先ず、宮内庁長官の交代が
必要です。(まこと)



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


「オレンジ」の輸入自由化で「みかん」農家が全滅すると前途を悲観し
て自殺した農家がいた。だけど入ってきたのは「みかん」ではなく「オ
レンジ」だった。学校で「みかん」を「オレンジ」たと教えて罪である。

アメリカでは「みかん」を「オレンジ」とは呼ばない。テレビを見なが
ら皮を剥けるから「テレビフルーツ」という。

輸入される「外米」は長粒種」で日本人向けの「ご飯」にはならない。
「ご飯」は短粒種だ。TPPに「疝気」を病むことはない。中国承認と同様
「世界の流れ」なのだ。中国を増長させないためのTPPであり「オスプレー」
であることに気づかなければならない。


署名なき投書は採用しません。必ずご本名を記した上にハンドルネーム
か「匿名希望」かを書いて下さい。


ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp


読者数:5165人

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/03/17

    相手のことをどうやって祈ってあげればいいんですか、ということになるかと思うんですが、ちょっと一例を書いてみると、例えば「△△さんがこのように納得してくれたらいいな」なんて思っている場合は、例えば、「△△さんが心から喜び納得し、満足して、幸せになっていただけますように」と祈るのが良いんじゃないかと思います。

  • 名無しさん2013/03/17

    生活保護もらってエアコン付きの部屋で快適な生活をし、高価な香水付けて闊歩している在日中国・南北朝鮮人の女ども。

    安月給の為エアコン無しの部屋で窓を開け扇風機で熱風地獄の純日本人家族。冬は寒さで肩を寄せ合い厚着して寒さを凌ぐ純日本人の家族。国民の血税を在日の生活保護に使うのは絶対阻止。

  • 名無しさん2013/03/17

    元明天皇から元正天皇への皇位継承を女系継承だというデマを平気で流す女系雑系論者達。「皇位継承」とは、身位の継承である。「系」とは血の系統を表す言葉。元明天皇も元正天皇も「男系」に属する女子であり、「男系女子 → 男系女子」への継承であったので、男系継承は守られている。

  • 名無しさん2013/03/17

    朝鮮進駐軍:在日朝鮮人は日本と戦争をした事実は無いにもかかわらず、終戦と同時に「朝鮮進駐軍」を自称し、日本各地において婦女暴行、暴行、略奪、警察署の襲撃、土地・建物の不法占拠、鉄道の不法乗車等、横暴の限りを尽くした。

  • 名無しさん2013/03/17

    地方分権は、日本全体で考えなければならない安全保障やエネルギー問題、経済対策を推進するうえで、足かせになるのではないのか?

    場合によっては、国と地方が対立することによる混乱を招く恐れがあることが懸念される。地域によっては、反日勢力に支配されかねない。

  • 名無しさん2013/03/17

    http://sankei.jp.msn.com/life/news/130317/trd13031707080000-n1.htm地方公務員の駆け込み退職 1800人超 混乱繰り返す懸念も

  • 名無しさん2013/03/17

    ねぇ皆さん。提案なんですが、もう地方の言いなりになるのはやめませんか?

    地方分権って言葉が適切なのかどうかはわかりませんが、このままバカな地方の政策を鵜呑みにしても良い事なんて何も無いと思うんですよ。 生きてる事がアホくさくなりますよ。

  • 名無しさん2013/03/17

    大学生の就職難の一つは、日本の政治と経済にもぐりこんだ在日工作員が、異常な半島大陸優遇の政策を推し進めた結果なんだぞ!

    通名でなりすまし日本人を全部支配層から排除する。この結果だということを、日本人の大学生は気がついてきてるか?怒れよ、まずセンター試験のハングルから。

  • 名無しさん2013/03/17

    不文律を文言で変更できるって時点で、不文律の意味わかってない。

    女性宮家は脳内妄想でしょ?

  • 名無しさん2013/03/17

    伏見宮系の旧宮家は正統な男系だ、現に皇室は伏見宮が源流。伏見宮は、孝明天皇が譲位提案を、明治天皇が永世皇族を望み伏見宮系に皇女を嫁がせ、昭和天皇も伏見宮系の東久邇宮に皇女を嫁がせた。伏見宮家は“今上陛下の祖” 。

  • 名無しさん2013/03/17

    そもそも日本が真の「自主独立」 とか「対米自立」を得るためには 先ずは反日三国家、中国、韓国、北朝鮮の脅威を排除し更にロシア の脅威にも対処する必要があるわ けですがそれには米国との連帯が 不可欠なわけです。



    だからこれら特亜3国およびロシアの脅威を排 除する以前に非現実的な 「自主独立」とか「対米 自立」などとほざいてる連中は例外なく全員、実質的に隠れ親中派や隠れ 大東亜共栄圏主義者及び 反日工作員、即ち売国奴 なわけです。

  • 名無しさん2013/03/17

    世界史的に見れば、日本は19世紀にいきなりアジアの隅っこに現れたと言っても過言で無い。開国したと思いきや、強力な中央集権国家になって、清国や、強国ロシアを下してしまう。国際連盟ではTOP5にまでなったのだ。

  • 名無しさん2013/03/17

    現在の首長独裁制度のままで地方分権なんて進められたらたまらんもんがありますね。

  • 名無しさん2013/03/17

    パチンコは賭博じゃない?

     



    賭博に決まってるだろ

     子供でも分かることです

  • 名無しさん2013/03/17

    ありもしない慰安婦問題に何れだけの日本国の血税が流れた事でしょう?慰安婦問題は、巨大な詐偽事件です。慰安婦問題を騒ぎ広め蔓延させた反日工作に肩入れする輩を全て国会で証人喚問要求すべきです。在日朝鮮人の反日工作に立ち向かう姿を中山議員は国会で見せて下さいました。日本人は民意結集です。

  • 名無しさん2013/03/17

    大切なことは、父親が自分の上着を脱いで命と引き換えに助けた娘さんの今後の人生です。引き取れる親戚も近くにはいないようです。

    母親を亡くして次は父親を亡くすという、これでもか!という人生の試練が幼い少女に起こっています。



    しかし、老子が示されたように、コノ世は

    「下がり切った物事は、上がるしかない」

    という真理の絶対法則が貫徹しています。

    娘さんは、お二人の命を頂いてその分、自分の人生を強く生きてくれると私は信じます。



    私たちは、仕事や、他人との交友や、家族の問題で、自分の命を削るような悩み方をしますが、この娘さんのことを思いますと、まだまだ、もっと頑張れるのではないでしょうか。



    今回の暴風雪は、北海道に50年以上住む人でも経験したことが無いほどの強さだったようです。

    走る自動車が見る見るうちに2mほどの雪の中に閉じ込められています。やはり、地球が変化を始めてしまっています。

    私たちは、これに対処して行かなければ生けません。

    とにかく今年も、大きな竜巻や強風、異常降雨・・・・などの発生を感じています。このような想定の上で住居を考えることが大切です。



    今回の教訓は、雪で自動車が埋まり始めて停止すれば、とにかく自動車のエンジンを切って排気ガスの逆流を防止することです。このとき車内が酸欠にならないように外気が入るモードで切れば良いでしょう。

    排気ガスのために母子4名もの死亡者が発生しています。この教訓をムダにしては生けません。

    来年以降は、関東でも暴風雪が発生してもおかしくないほど、地球が変化を始めていると思っています。

    私たち人間が、地球のガン細胞に成ってはいないかを反省しなければ生けません。せめて、地球に感謝をして生きましょう。



    父親が自分の命と交換に娘さんを助けたように、地球も自分の肉体を破壊されながら、人間に「大切なこと」を懸命に教えようとしてくれているのではないでしょうか。

    異常気象は、地球の命の叫びかも知れませんね。



    生かして頂いて ありがとう御座位ます。

  • 名無しさん2013/03/17

    地方に予算の使い方は任せろ!と言うが、その予算の使い方が解らない地方が多いから、結局、復興予算を受け取っても瓦礫を受け入れる訳でも無く有効に使われていない!地方がそれなりの能力を持たなければそれこそ無駄!地方の能力試験をしてその能力により予算を振り分ければ!

  • 名無しさん2013/03/16

    朱子学も陽明学も、ともに儒教の流れを汲む学問であるが、その解釈・主張はだいぶ趣きが異なる。



     孔子が教えた儒教は、漢の時代に入ると訓詁学が主流を占めるようになった。つまり、教典の字句解釈、研究ばかりにエネルギーの大半が費やされるようになったのである。



     そうして、時代がさらに下がって宋代に至ると、そのような訓詁学を批判する四人の賢人が現れたのであった。すなわち周濂渓(しゅうれんけい)、程明道(ていめいどう)、程伊川(ていいせん)、張横渠(ちょうおうきょ)の四人である。



     「儒教の形式ばかり見ていないで、もっと奥にある真実を見なくてはならない」



     彼ら四人は、このように主張したのであるが、この四人の思想をまとめたのが朱子である。朱子は、のちの東京大学の前々々身・昌平坂学問所の教科書として取りあげられることになる『近思録』を著し、その中で、



     「人間は、学ぶことによって聖人に至ることができる」



     と主張した。



     これに対して、同じ儒教の流れを汲みながらも、陽明学の祖・王陽明が説くところはだいぶ違っている。彼はいう。



     「聖人はもともとある。我々の天性に内在しているのだ。だが、人の欲望がこれをおおい隠してしまっているため、表に現れない。だから、欲望をなくし続けて、眠っている聖人を出すことが大切なのだ。学問することで聖人に至るのではない。もともとあるのを引き出すのである」



     と。ここらあたりが、朱子学と陽明学との決定的な違いといえるだろう。

  • 名無しさん2013/03/16

    山本悟宮内庁次長(昭和55年/参議院内閣委員会)『日本の歴史、伝統というものから考えれば、男系の男子ということで世襲していくことを続けていくというのが適当ではないかという御判断になって現行制度が出来ている』とした。

  • 名無しさん2013/03/16

    90年前後に政治改革を選挙制度改革に昇華させたのは誰なんやろ。やっぱ学者なんかな。あの頃の改革論議を確認したい。「中選挙区制はいかん!」って言い始めたんは誰なんでしょう。

  • 名無しさん2013/03/16

    地方分権って、本当に正しいんだろうか。福島県知事の元で行われた、被曝データ隠蔽と、国の避難勧告の無視。選挙民のレベルが低いのであれば、地方分権は弊害が多すぎる。

  • 名無しさん2013/03/16

    皇統は男系を原則としているから親子継承にこだわらず何代もさかのぼって傍系から即位できるが、女系を容認すれば直系に固執することになるので、親子で継げなくなったときに危うい。男系でなければ傍系宮家は単なる他人となる。男系が維持できてこそ宮家というものが生きる。女性宮家は宮家ではない。

     

    天皇の存在しない国体などありえない。

     

    女系天皇は今後永久に親子での継承が続くことが前提だ。いずれ世継ぎ不在となり何代か遡ることも起こりえるだろうが、そうなれば危うくなる。宮家というのは男系を前提にしたもので、女系になれば傍系は単なる他人に過ぎない。女系容認の外国に日本でいう宮家は存在しない。宮家は男系継承を続ける叡智。



  • 名無しさん2013/03/16

    傍系である宮家も その後 600年の男系を維持されてきたのです。 それは何のためか? もちろん 皇室 皇統 を絶やさぬ為で。 そのことが、旧宮家の傍系としてのれっきとした正統性を証明しています。

  • 名無しさん2013/03/16

    在日韓国人の犯罪発生率が日本人の十数倍に上ること、犯罪者や密入国した韓国人の送還を韓国政府が受け入れないこと、摘発された密入国者を日本国内へ解放するよう韓国政府から要求されるなどの治安上の問題や、在日韓国・朝鮮人をとりまく生活保護費の予算捻出に苦慮していたのが日本。

  • 名無しさん2013/03/16

    「福祉国家」とは、社会正義の名のもとに、国民生活のあらゆる領域に侵入して干渉する体制のこと。それは、必然的にその国の倫理的・文化的な領域を頽廃させる。この結果、個人の節約や勤勉あるいは自立の美徳は溶解する。それ以上に無気力を昇進させる。(ヴィルヘルム・レプケ)

  • 名無しさん2013/03/16

    ふざけんな!゛(`ヘ´#) ムッキー  『在日外国人は母国に住む親戚まで扶養控除に取り所得税を0にできることを日本人は知るべき』 http://ameblo.jp/hourousya0907/entry-11206531430.html

  • 名無しさん2013/03/16

    もう覚えていない人も多いだろうけど、中選挙区制時代の群馬3区はとんでもない選挙区で、定数4を福田赳夫(→福田康夫)、中曽根康弘、小渕恵三という首相経験者と社会党書記長だった山口鶴雄が議席をわけあってきた。有力議員でもすぐに落選してしまう小選挙区制ではあり得ないことだ。



    ちなみに旧群馬3区で中曽根さんが1位当選できたのは1969年が最後で、その後はだいたい2位。4位の滑りこみ当選も2回ある。中選挙区制に問題があることも否定できないが、風だけで当選できてしまう小選挙区制と比べて支持者が政治家を育てるという側面があったことも否定できない。

  • 名無しさん2013/03/16

    地方分権が進んでしまうと、我々は在日に参政権を与えることにしましたって大阪あたりが言い出しそう。

  • 名無しさん2013/03/16

    オスプレイがチャイナを増長させないは、解るが。TPPがチャイナを増長させないとはどういう意味ですか。役に立たないのでは?

    黒ラブ