政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針2881号  2013・2・17(日)

2013/02/17

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 2881号
□■■□──────────────────────────□■■□



        2013(平成25)年2月17日(日)



                                  中国改革開放の陥穽:渡部亮次郎

                          TPPだけか農水大臣:山堂コラム 458

                                 戦時国際法と戦争犯罪:加瀬英明

                               吉原遠望・南千住を歩く:馬場伯明

                             「独裁」は最悪のレッテル:平井修一

                         話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第2881号

                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━
中国改革開放の陥穽
━━━━━━━━━


    渡部 亮次郎

日中平和友好条約が締結された直後だから1978年秋のことだ。外務大臣
秘書官であるわたしのところへ中国共産党の大幹部から話が来た。「個
人的にウランを日本の電力会社に売り込みたいから適当な会社を紹介し
て欲しい」と。

私は仰天した。仮にも国家のエネルギー資源を中国共産党幹部が「個人
的」に差配することなんてあるのか。中国の共産主義はどうなってるん
だ。「私腹を肥やす」が日常茶飯事になってるのか。

それから間もなくトウ小平が経済の改革開放政策を始め、今日、の経済
の格差拡大、大贈収賄国家の出現を見ることになった。

改革開放(かいかくかいほう)は、中華人民共和国のトウ小平の指導体
制の下で、1978年12月に開催された中国共産党第十一期中央委員会第三
回全体会議で提出、その後開始された中国国内体制の改革および対外開
放政策のこと。初訪日を果たしたトウ小平ガ帰国して直後だった。

毛沢東時代の大躍進、文化大革命で疲弊した経済を立て直すため、現実
派のトウ小平は「4つの近代化」を掲げ、市場経済体制への移行を試み
る。

基本原則は先富論に代表されるように、先に豊かになれる条件を整えた
ところから豊かになり、その影響で他が豊かになればよいという考え方
である。

これはそれまでの絶対平等主義(ネガティブウェルフェア)を切り離し
た象徴といえる。これに則り、農村部では人民公社が解体され、生産責
任制、すなわち経営自主権を保障し、農民の生産意欲向上を目指した。

都市部では外資の積極利用が奨励され、広東省の深セン、福建省のアモ
イなどに経済特区が、上海、天津、広州、大連などの沿岸部諸都市に経
済技術開発区が設置される。

華僑や日欧米資本を積極的に導入することで、資本や技術の移転など成
し遂げる一方、企業の経営自主権の拡大などの経済体制の改革が進んだ。

改革開放政策は、しかし同時に中国社会に大きな矛盾を生み出した。農
村部と都市部、沿岸部と内陸部における経済格差が拡大し、官僚の汚職
や腐敗が一層深刻なものになった。

インフレや失業も目立つようになり、共産党に対する不満は高まってい
った。1989年には天安門事件が発生、改革開放は一時中断することにな
る。

北京大学の張維迎教授は「最初の15年間は価格自由化に終始した」と分
析している。

1992年以降、再び改革開放が推し進められ、経済成長は一気に加速した。
しかし、都市と農村、沿海部と内陸部の地域格差は深刻化し、とりわけ
農民の不満が高まった。

社会主義市場経済体制のもとで、江沢民・朱鎔基政権は格差是正と一層
の経済改革に取り組むことになる。格差是正のための西部大開発、国営
企業改革に伴う失業者の増大、民工潮、三農問題といった新たな問題も
発生した。

このような問題を抱えながらも、表面的には今や中国経済は「世界の工
場」と呼ばれるまでに成長し、生産大国としてだけではなく、米欧日に
次ぐ第4の市場としても期待されている。2001年には、悲願だったWTO加
盟を果たす。

しかし経済は資本主義(自由)でも、それを監督する政治は共産主義で経
済活動を抑制する。そのため猛烈な贈賄と収賄が構造的に展開されるこ
とになる。

共産党の抑制的指導を打破する為には政治体制の大変革=政治の民主化
の確立が不可欠なのだが、共産党は自己の消滅を認めるわけにはゆかな
いから経済を「虐める」。経済はそれを賄賂で打開する以外に無い。

中国共産党は格差是正策などは打ち出すけれども汚職根絶策は打ち出せ
てない。「死刑」による見せしめだけだ。根絶できるはずがない。政治
も改革開放をする以外に策は無い。政治の改革解放をすれば共産党の存
在意義が無くなる。汚職国家は共産党が消滅するまで続く。当に改革開
放の陥穽(おとしあな)である。

2002年からの胡錦涛政権は2020年のGDPを、2000年の4倍にし(年平均
7.2%成長)、中進国となる戦略を打ち出し、さらに全面的な「小康社会」
を建設することを新たに目標に掲げた。

「小康」とは、いくらかゆとりがあることを指す中国語で、ここでは、
衣食がなんとか間に合う状態から、さらに生活が向上し、衣食が足りた
状態に達することを指す。沿岸部だけでなく、内陸部の経済水準を引き
上げることが狙いである。

2004年には、私有財産権保護を明記した憲法改定案が全人代で採択され、
株式制度、企業統治制度など、国有企業の改革のための政策も打ち出さ
れている。

また、2007年の全人代では、私有財産の保護を明記した物権法、国内企
業と外資企業の所得税率の格差を是正する企業所得税法が採択された。
2008年の北京オリンピックや2010年の上海万博開催も実現した。

中国政府は1978年経済体制の改革を決定すると同時に、対外開放政策も
計画した。1980年から順次、広東省の深セン、珠海、汕頭、福建省のア
モイ及び海南省に5箇所の経済特区を設置した。

1984年にはさらに大連、秦皇島、天津、煙台、青島、連雲港、南通、上
海、寧波、温州、福州、広州、湛江、北海の14沿海都市を開放した。

1985年以降、長江デルタ、珠江デルタ、?南トライアングル(アモイ・泉
州など)、山東半島、遼東半島、河北省、広西チワン族自治区を経済開
放区として沿海経済開放地帯を形成した。

1990年、中国政府は上海浦東新区の開発と開放を決定し、一連の長江沿
岸都市の開放をさらに進め、浦東新区を竜頭とする長江開放地帯を形成
した。

1992年以降は辺境都市や内陸の全ての省都と自治区首府を開放した。さ
らに一連の年に15箇所の保税区、49箇所の国家級経済技術開発区と53箇
所のハイテク技術産業開発区を設定している。

このように中国は沿海、沿江、沿辺、内陸地区を結合して全方位、多次
元、広領域の対外開放構造を形成している。対外開放地区ではさまざま
な優遇政策を実施し外向型の経済、輸出拡大、先進技術導入などの面で
大きな役割を果たしている。

わたしにいわせれば、これらは「仏造って魂入れず」。格差益々拡大。
汚職増加、時たま偽の飴玉をしゃぶらされて人民の不満は募るばかりだ
ろう。畏友加瀬英明のいう「五輪を主催した全体主義国家は9年後に崩
壊する」に説得力が出てきた。

『ウィキペディア(Wikipedia)』2013・2・16



━━━━━━━━━━
TPPだけか農水大臣
━━━━━━━━━━


   山堂コラム 458

去年秋の自民党総裁選に立候補したが半端人足の参議院議員だから圏外
だった林芳正。このまま小選挙区が続けば永遠に半端人足のまま。総理
にはなれんだろう。

中選挙区だったら安倍晋三と同じ選挙区で堂々の当選。実際のところ親
父や祖父の時代には仇敵同士ながら安・林で棲み分けしていた代議士稼
業。

今度の第二次安倍内閣では農水大臣に入閣した。晋三による懐柔人事の
色合い濃厚だが、このポスト――難題は山積している。まずはTPP。
それよりオラが注目しているのは諫早干拓事業の処理だ。

大手メディアは最近あまり伝えないが、諫早湾干拓事業の争いが再燃し
ている。同干拓地を巡る長崎県入植者農民と有明海隣接県の漁民との争
い。話は複雑なのだが端的に言えば長崎県対福岡・熊本・佐賀3県の争
い。

諫早湾干拓工事が完成して13年たった平成22年。福岡高裁が「堤防の排
水門を開けて5年間調査」の判決を下した。当時の菅総理が上告しなか
ったのでこの判決が確定。裁判に訴えていた漁民側が勝利の雄叫びをあ
げたが・・・それも束の間、今度は入植者側の長崎県が猛反発。有明海
ヘドロ紛争が再燃した。

諫早湾干拓事業は有明海諫早湾の北部を全長7キロの潮受堤防で閉め切っ
て干拓地にするという長崎県の要請。これを受けて農水省が始めた事業。

平成9年に完成。かかった事業費は当初計画の1350億円の倍近い2530億
円。完成時のあのギロチン堰防が次々と水飛沫を上げて閉まっていく
光景は誰しもが覚えている。

農水省は2500億円の国費を注ぎ込んでつくったこの干拓地の農地(940ヘ
クタール)を長崎県の農業振興公社にたったの51億円で払い下げし、そ
の農地の一等地に当時の知事(金子)や農水次官(谷川)らの縁者が入
植したと県議会の百条委員会で問題になった。

こうしたエグイ話こそ、自民党がやってきた公共事業なるものの実態を
端的に語る。なあに本当に濡れ手に粟で儲けたのはゼネコン17社をはじ
めとする土建屋と天下りした腐れ役人だけどな。

この諫早湾干拓事業。豊饒だった有明海の水産資源に大打撃を与えた。
ギロチン堤防で河口を塞いだので海水が腐って魚介類が死滅。漁師はあ
がったり。隣接県が怒るのは当然。

詳しい争いの経緯は割愛するが、漁民が「締め切った潮受堤防を開門す
る」訴訟を起こし、菅時代にその判決が確定したというわけ。

問題は福岡高裁判決が確定したあとの農水省の対応である。菅のあとの
野田内閣。鹿野農水相が地元の説得に乗り込んだが、当事者の双方から
罵声を浴びせられてすごすごと引き返す有様。所詮は山形チンカンチェ
ン、ムツゴロウのことは分からん。

農水省は民主党政権でも自民党政権でも裁判の確定判決通り「5年間の
開門調査」を実施する気はまったくなし。3権分立なんぞハナから無視。

国会だって一票の差問題で司法を無視してるじゃん。ましてや自民党政
権が復活して公共工事はバンバンやると総理自らが言ってるじゃん、だ
で。

林農水大臣も就任後諫早湾の地元を訪れた。しかし長崎県を開門で説得
することは出来なかった。いやする気がなかったか?それどころか農水
省はさらなる240億円を追加して農業用淡水化工事を進める――反対する
隣接漁民には漁業補償金を上積みする――と、とにかく姑息な手で開門
を先送ることだけを検討している。

魚を獲る漁業から補償金を獲る魚業へと、せっせせっせと誘導する農水省
――いつから土建省になったのやら。そんな役人が跋扈する農水省で、
役人の言いなりで諫早問題に取り組もうとすれば政治家として鼎(かな
え)の軽重を問われるは必至。

いまは半端人足の林(リン)ちゃんだが、将来の総理の器かどうか、見
る者は見ている。(了)



━━━━━━━━━━
戦時国際法と戦争犯罪
━━━━━━━━━━

 
     加瀬 英明

私は昭和11(1936)年の生まれで、最初に社会で仕事をしたのは大学生の
ときでした。まだ20歳になったかならないかくらいの頃でした。

この講座では一流大学教授が講義をされていますので、みなさん堅苦し
い思いをされたことでしようが、私は10代の終わりから仕事をしてきた
ので、堅苦しい人生を送ってこなかったという思いがありません。そこ
で、ざっくばらんなお話をしながら、今日のテーマを取り上げていきた
いと思います。

私は慶応大学の学生のときから物書きでした。当時、映画会社「東宝」
とシナリオのお助いをする契約を結びました。当時の大学卒の初任給が
9000円くらいでしたが、毎月20,000円をいただいて、高峰秀子さんの御
主人の映画監督の松山善三さんとか、脚本家の井出敏郎さんなどの仕事
を手伝いました。

一番始めにかかわった仕事が、雑文書きと活動屋(当時は映画のことを
活動写真と呼びました)というわけです。

月刊誌《文芸春秋》に、評論家という肩書きをいただいて書くようにな
ったのが28歳のときです。30歳のときに、東京放送(TBS)が出資し
て百科事典「エンサイクロペディア・ブリタニカ(Encyclopedia
Britannica)」というと大英百科事典の最初の外国語版をつくるという
ことで、私は初代編集長を勤めました。

いろいろなことをしました。私は日本の外交にも深く関わってきました。
41歳のときに、福田赳夫内閣が発足して、総理から第1回福田・カータ
ー(米大統領)会談のお膳立てを手伝ってほしいと言われて、首相特別
顧問として福田首相一行がワシントンにはいる前の日に現地入りして、
ホワイトハウス、国務省、国防省、議会などをまわり、日米首脳会談の
詰めを手伝いました。

最後に同じ肩書きをいただいたのは中曽根内閣のときで、ロン・ヤス会
談と呼ばれた中曽根総理と、ロナルド・レーガン米大統領との交渉の裏
方のお手伝いをしました。

 1 戦艦ミズーリ

今日は、なにからお話しようかなと思っていましたが、このテキストの
表紙の写真からお話をはじめようかと思います。

この写真は、日本国にとって屈辱の日である昭和20(1945)年9月2日に、
東京湾に浮かんだ敵艦ミズーリ(Missouri)号の艦上で、我が家族にと
ってこれほどの屈辱の日はありませんが、日本が降伏文書に調印したと
きのものです。

前列にいるのが、日本政府の全権の重光葵(しげみつまもる)外相と、
大本営代表の梅津美治郎(うめづよしじろう)陸軍大将の2人です。正
面には、敵将マッカーサーが立っています。この写真の2列目の右から
2番目に立っているのが、私の父親です。当時42歳でした。

米国によって戦争を強いられて、日本が追いつめられて存亡を賭けて、
やむなく立ち上がったのは、みなさんもご承知の通り、昭和16(1941)年
12月8日のことでした。私はこの日が我が民族の誇るべき日であると、
確信しています。

開戦時、私の父は、東郷茂徳(とうごうしげのり)外務大臣の秘書官、
および日米交渉を主管して交渉の指揮をとった北米課長と、イギリス帝
国課長を兼任していました。

ミズーリ艦上の降伏調印式のときも重光全権の随行員としてお供をしま
した。重光外相がマッカーサーの前に進み出て、降伏文書に万涙をのん
で署名したとき、わきに立っていたのが私の父です。
 
この日の午前4時半、降伏文書に調印するために随員を含めて外務省、
陸海軍の11名が、暗いなかを首相官邸に集まりました。そのときの首相
が東久邇宮稔彦王(ひがしくにのみやなるひこおう)です。

東久邇宮首相の短い挨拶があり、全員で水盃で乾杯をしたうえで、5時
半に乗用車に分乗し、一面焼け野原だった東京を抜け、同じく見渡すか
ぎり焼け野原となっていた横浜にはいり、焼け野原の中にポツンと残っ
ていた横浜県庁の応接室で、しばし休憩をとりました。

そして、横浜の埠頭まで移動して、そこで待機していた米軍の駆逐艦に
移乗してミズーリの舷側まで行き、ミズーリのタラップをあがって、式
場に着いています。

みなさんもミズーリ艦上の、あの今見ても屈辱的な降伏調印式の写真や
映像を御覧になった方が多いだろうと思います。重光全権、それから私
の父と2人の外務省の随員がいます。外務省員は、モーニングにシルク
ハットをかぶっています。最高の礼装です。

ただ、たったひとり、大田三郎という随員が、戦災ですべてを焼け出さ
れてしまったもので、モーニングが間に合わずに、仕方なく真っ白な背
広の上下を着ています。

私の父も戦災で家を焼かれていたのですが、モーニングは残りましたも
のの、シルクハットを焼かれてしまったので、人から借りたのですが、
ブカブカで、艦上で風が強く飛びそうになって、しばしば片手で押さえ
ています。

一方、わが国の陸海軍軍人は、略装の軍服です。軍人が正式の服装をす
るときには、いまの警察官のような、固いツバがついた帽子をかぶりま
す。ところが当日の軍人たちは、戦闘帽です。海軍にいたっては、カー
キ色の戦闘服です。

どうして外務省の一行が正装のモーニングを着ているのに、軍人は略装
だったのでしょうか。みなさんの中で答えられる方はおいででしようか。
いままでこの写真や映像を見て、不思議に思われた方は、おいででしよ
うか。おいでにならないのかもしれません。

どうしてかというと、重光全権ら外務省の一行は、畏れ多いことですが、
天皇陛下を代表する立場でした。外務省の一行は敵に対してではなく、
陛下に対して敬意を表して礼服を着たのでした。けれど軍人は、軍を代
表していました。仇敵に敬意を払いたくなかったので、略服を着ていた
わけです。

ミズーリ艦上に立った重光外相は、この13年前に中国公使(こうし)と
して、上海に赴任していました。当時の日本は中国に「大使(たいし)」
は送っていません。世界の主要国から日本には大使が派遣されてきてい
ましたが、日本から「大使」を送っていたのは、英国、ドイツ、イタリ
ア、米国、ソ連などの大国に対してだけでした。二流国だった中国には
「公使」です。

その上海の日に、野外で天皇誕生日の祝賀式典がありました。天皇誕生
日は、昭和時代ですから5月です。この式典会場で、国歌君が代が吹奏
されたので、重光公使らが壇上で立っていたところ、不逞朝鮮人が爆弾
を投げました。

壇上にいた陸海軍司令官と、重光公使全員が、爆弾が足下に転がってき
たのがわかりました。けれど当時の日本人ですから、国歌の吹奏中に、
まさかうろたえてこれを避けるわけにいきません。直立不動の姿勢のま
までいました。

爆弾が爆発をして、重光公使は片足を失いました。ミズーリ艦上に立っ
たときの重光全権は、片足が義足です。

私は重光さんに晩年まで可愛がられました。よく存じ上げて、いろいろ
話を伺う機会がありました。重光さんは私の父とミズーリの艦上に立っ
たときのことを、次のように述懐されました。

「あの日、敗れたという屈辱感よりも、日本が今度の戦争で多くの犠牲
を払ってアジアを数世紀にわたった白人・西洋の植民地から解放したと
いう高い誇りを胸に抱きながら、ミズーリ号の甲板を踏んだ。」


 2 人種の平等を実現した日本

日本は敗れました。しかし、その結果、アジアの諸民族が解放されまし
た。その高波が、アフリカ大陸も洗い、次々と新しい独立国が誕生しま
した。数百年にもわたって続いた西洋の苛酷だった植民地支配を、日本
が終止符を打ったのです。

いまから70年前に、東京で「大東亜会議(だいとうあかいぎ)」という
有色人種はじめての世界サミットが催されました。日本からは、東条英
機首相が出席し、満洲国からは張景恵(ちょうけいけい)総理、中国は
南京国民政府の汪兆銘(おうちょうめい)院長、タイ(タイは戦争前か
ら独立国でしたが)のワンワイタヤーコーン親王殿下、フィリピンのホ
セ・ラウレル大統領、ビルマはバー・モウ総理大臣、チャンドラボーズ
・インド仮政府首席などが一同に会しました。そして、人種平等の世界
をつくることを高らかに宣言しました。

先の大戦は、「軍国主義国日本と、民主主義国だった米国が戦って、米
国がファシスト日本を打倒した」という話をお聞きになってきた方も、
きっとおいでのことと思います。そんなことは、まったくの嘘です。

私達が戦った米国は、同じ国民である黒人を、法的に差別していました。
米国の南部諸州では黒人は一切投票することができませんでした。私は
1950年代末に米国に留学をしましたが、当時の米国では、黒人と白人は、
公衆便所から食堂、列車やバスの座席や水飲み場まで、あらゆるところ
に差別がありました。ニューヨークやワシントンでは、1960年代にはい
っても、白人が使うレストランに黒人が入るということはありえないこ
とでした。

ところが、日本がアジアを解放した結果、アフリカでも次々と独立国が
生れました。そうなるとアフリカの外交官が、ワシントンやニューヨー
クの国連本部にやってきましたが、差別するわけにゆかない。こうなる
と当然のことですが、米国内の黒人も黙ってはいません。

1950年代末に、米国内でマーチン・ルーサー・キング牧師が率いる公民
権運動がはじまりました。これが60年代になって実を結びます。それま
ではアメリカの多くの州で、白人と黒人が性的な関係を結ぶことが犯罪
とされていました。まして結婚などは、認められませんでした。

最後の3つの州で、白人と黒人が性的な関係を持つ、あるいは結婚する
ことが犯罪とされなくなったのは、昭和42(1967)年のことです。

第2次大戦後までは、黒人が米国の野球のメジャーリーグでプレイをす
ることも考えられないことでした。ゴルフ場で、キャディは黒人でした
が、黒人がゴルフを楽しむなんていうことはありえません。テニスも白
人だけのものでした。

メジャーリーグで黒人がプレイできるようになったのも、タイガー・ウッ
ズがプレイができるようになったのも、ウイリアムズ姉妹という黒人の
テニスプレイヤーが活躍していますけれど、日本が先の大戦を戦って、
人種平等の世界を作ったからです。

黒人のオバマ大統領が登場したのも、先の大戦で日本国民が大きな犠牲
を払って、人類の長い歴史の果てに人種平等の理想の世界を作り出した
からです。これは、私達がおおいに誇るべきことです。


 3 条件付き降伏

さて、ミズーリ号に戻りましよう。日本は連合国が発したポツタム宣言
を受諾して降伏しました。日本の多くの方は、「日本が無条件降伏をし
た」という嘘を信じ込まされていますが、日本は無条件降伏などしてい
ません。「ポツタム宣言を受諾して降伏」したのです。

ポツダム宣言(The Potsdam Declaration)は、昭和20(1945)年7月26日
にアメリカ合衆国大統領、イギリス首相、中華民国主席の名において日
本に対して発せられた全13か条からなる宣言です。その第5条には次
の文があります。

五 われらの条件は左の通りである。われらはこれらの条件より離脱す
ることはない。それ以外に条件は存在しない。われらは遅延を認めない。

(5) Following are our terms. We will not deviate from them. There
are no alternatives. We shall brook no delay.

要するにここには、「この条件から外れるようなことは、絶対にしない」
と書いているわけです。つまりポツタム宣言は、条件付降伏を求めてい
た、ということです。

第7条には、「日本国の領域内の諸地点は、われらのここに指示する基
本的目的の達成を確保するため、占領されるべし」とあります。つまり、
日本全国を占領することはしない。「諸地点」です。

日本がわれわれの要求している条件を達成するまで、連合国側は、「い
くつかの地点を占領」するといっています。日本全土を占領するとは、
どこにも書いてありません。アメリカが日本全国を占領したというのも、
重大なポツタム宣言違反です。

第10条には、「われらの捕虜を虐待した者を含む、一切の“戦争犯罪人”
に対して、厳重な処罰を加える」と書かれています。「戦争犯罪人」と
いうのは、それまでの戦時国際法によれば、たとえば非戦闘員を殺すと
か、一般市民への略奪を行うとか、あるいは女性に対して乱暴をはたら
く、あるいは降伏して捕虜となった者を虐待するなどの「戦場犯罪」を
意味します。

それまで、国家の指導者に対して、戦争犯罪人として責任を問うたこと
は人類史上には1度もありません。ですから日本がポツタム宣言を受託
したときには、当然のことながら「戦争犯罪人」というのは、戦場犯罪
をおかした、つまり「戦場犯罪者」を罰するのだと信じたのです。

さらに最後の第13条では、「全日本国軍隊の無条件降伏」を要求してい
ます。書いてあるのは、「日本軍の」無条件降伏です。日本国としての
無条件降伏は求めていません。

第一、最初の方で、「われらの条件は左の通りである。われらはこれら
の条件より離脱することはない」と宣言しているのです。そう宣言しな
がら、日本全土を占領し、極東軍事裁判を行っているのですから、連合
国による日本占領は、ポツタム宣言の重大な違反だということになりま
す。

当時、もちろん私の父親も、日本政府として、進駐軍の振る舞いが明ら
かなポツタム宣言違反であるとして、マッカーサー司令部に厳重な抗議
を行っています。

そうしますと、「お前たちがそう言うなら、天皇を捕らえて戦争犯罪人
として裁く。天皇制もこれを保障しない」と言うわけです。天皇を人質
にとられてしまって、グウの音も出なかったのです。

国際法への重大な違反を犯したというのは、ポツタム宣言違反からはじ
まったものです。今日皆様に、記憶していただきたいのは、「日本国は
無条件降伏を行っていない。日本国軍隊のみが無条件降伏をした」とい
うことです。

日本の大新聞をはじめとして、多くのメディアは平然と、「日本が先の
戦争で無条件降伏をした」と書いています。それは明らかな「嘘」です。
そういう「嘘」を書くような新聞やテレビなどは、お読みになったり、
ご覧にならない方が良い。今の日本では、人々が深く考えることを止め
てしまって、大新聞やテレビのいうことを鵜呑みにしてしまっています。

私は今の日本を悪くしてしまっている3つのスクリーンがあると思って
います。第1がテレビのスクリーンです。テレビ放送を1年間止めたら、
この国は素晴らしい国に生まれ変わると思っています。

みなさんは今日、お帰りになったら、テレビに粗大ゴミの札を貼って処
分された方が良い。2つめはパソコンのスクリーンです。これも害毒で
す。3つめが、携帯電話のスクリーンです。

私はこの3つのスクリーンが、日本を悪くしていると思う。そうしたス
クリーンよりも、できるだけみなさん、藤岡先生の著書とか、そういう
良い本をお読みになったほうが、ためになると思います。


 4 非常識な遡及法(そきゅうほう)

マッカーサーは、進駐してきますと、9月11日に、39人の日本の指導者
たちを戦争犯罪人容疑者として指名して逮捕しました。それがどのよう
な罪に問われたのかといいますと、

「平和に対する罪」、もうひとつが

「人道に対する罪」というものです。

「平和に対する罪」、「人道に対する罪」というものは、逮捕の直前ま
では、世界にそんな罪は存在すらしていませんでした。法律というもの
は、それまでなかった法律をつくり、前にさかのぼって人を逮捕したり
はできないという鉄則(法律不遡及の原則)があります。

たとえばいま急に、「東京都内で黒い革靴を履いている者は、懲役10年
に処する」という法律ができて、過去10年か、20年にさかのぼって適用
して捕らえて罰するとなったら、これはたいへんなことです。それと同
じことを、米軍は日本に対して行いました。

「平和に対する罪」、「人道に対する罪」と聞いたとき、逮捕された人
たちもびっくりするし、日本政府も、それが何を意味するものなのか、
まったくわかりませんでした。

翌年5月3日に、39人のA戦犯容疑者が28人に絞り込まれて、正式に容疑
者とした東京裁判がはじまりました。裁判は2年半にわたって行われま
した。東京裁判は、まったく違法な裁判です。なぜなら戦時国際法には、
国家の指導者を裁くという発想自体、まったくないからです。

東京裁判がいかにいい加減で不法なものであったのかは、まず日本がは
たらいたとされる悪事のみが裁かれて、連合国側が行った東京大空襲
(昭和20年3月10日に、10万人の老若男女が殺されました)や、広島長
崎への原爆投下による無辜の市民の虐殺、それこそ戦争犯罪ですが、そ
れらはすべて不問に付され、日本が行ったとされる非道についてのみが
裁かれたという点でもあきらかです。そして東京裁判では、7人の国家
指導者が、絞首刑に処せられるという、リンチが行われています。


 5 民族の勝利

日本は先の大戦中に、長い間西洋の植民地であった諸国を、植民地から
解放しました。まず米国の植民地のフィリピンを解放しました。次いで
英国の植民地だったビルマを解放しました。

またインドネシアについては、日本は昭和20年9月に独立を実現するこ
とにしていました。ところがその前の8月15日に日本が力つきて降伏し
ています。そのときのインドネシアの独立の指導者が2人いますが、モ
ハマッド・ハッタ(Mohammad Hatta)が先輩で、スカルノ(Sukarno)が
後輩にあたります。デヴィ夫人のご主人です。

ハッタとスカルノは、日本が降伏してしまったので、急いでインドネシ
アの独立を自分たちだけの手で宣言しようとしました。これに対して、
日本のインドネシアにいた軍司令官が強く反対しました。

というのは、インドネシアが独立宣言を強行すれば、連合国が日本に報
復として、天皇陛下の玉体に危険がおよぶことを心配したからです。司
令官は、ハッタとスカルノを強く説得しましたが、ハッタとスカルノの
は、8月17日に、日本が降伏をした2日後に独立宣言を強行しました。

いまでもジャカルタの中心に、ムルデカ広場があります。「ムルデカ」
は、インドネシア語で「独立」をいいます。そこにはインドネシア独立
宣言文が刻まれた大きな石碑が建っています。

その両側にハッタとスカルノの銅像も建っています。この独立宣言文は
短いものですが、最後の日付は、西暦でいいますと1945年8月17日です
が、インドネシアはイスラム国ですから、まさかキリスト教歴である西
暦を使うはずがありません。ならばイスラム暦を使ったのかというと、
これも使っていません。では何を使っているかというと、日本の皇紀で
す。

なんと皇紀を使って、2605年8月17日と刻まれています。

スカルノはこれについて、「我々は日本に感謝するために、日本のイン
ペリアル・カレンダー、皇紀を年号として用いた」と書いています。ジ
ャカルタにおいでになりましたら、是非ムルデカ広場に立ち寄られて、
独立記念碑を御覧いただきたいと思います。

日本がインドネシアを占領していたとき、インドネシアの将来のために
「インドネシア国軍」を作りました。これは「郷土防衛隊」という名稱
でしたが、インドネシアでは頭文字をとって「PETA」、ペタと呼ば
れています。

私はインドネシアと親しくて何回も通いました。むこうに行きますと、
当時のPETAの軍人たちが私のホテルに40人、50人と夫婦で集まって
きて、みな歌詞カードを持って、何をするのかと思うと、日本の軍歌を
次々と合唱してくれるのです。

インドネシアでは、毎年8月17日になると、インドネシア独立記念祝典
が行われます。この式典はPETAの軍服、これは日本の軍服と同じで
すが、その軍服を着て、日本刀を吊った将校たちが出てきて、インドネ
シアの国旗を掲揚するのに当たって、敬礼するところからはじまります。
そして毎回インドネシアの若い女性たちの合唱団が、必ず日本の『愛国
の花』などの愛国歌をメドレーで合唱いたします。

私は映画に関わってきましたが、最近になって作ったのは、『プライド』
という東映の東条英機大将と東京裁判のインドのパル判事を主人公にし
た映画です。映画の原案も題名も、私のものです。

その次には、私の古巣の東宝から「ムルデカ」というインドネシアの独
立の映画を作りました。これは日本の軍人たちが、インドネシア国軍を
養成し、日本が戦争に敗れると、インドネシアにいた日本兵士2000人以
上が、インドネシアの独立のために命を捧げる覚悟をして、インドネシ
ア独立軍に加わって戦い、千人以上が戦死され、戦死された方が、イン
ドネシア国軍の英雄墓地に埋葬されているという物語を映画化したもの
です。

私はその映画の中で、主人公は実在の日本人青年将校がモデルですが、
敗戦後に故国に新妻を残してインドネシアに残留し、インドネシア人と
一緒に戦って、独立軍が最後の勝利をおさめたところで、インドネシア
の恋人と喜んでいるときに、オランダ兵に狙撃されて恋人の腕の中で息
をひきとる。私はこのときのインドネシアの恋人に、こういうセリフを
書きました。

主人公は「タケオ」という名前ですが、「タケオ、死なないで!日本は
国家として戦争に敗れたけども、民族としては勝ったのよ!」私はジャ
バ島のロケに立ち会いましたが、このセリフを聞いて、涙が溢れました。

私は先の大戦に、国としては残念ながら敗れましたが、民族としては日
本が先の大戦に勝ったと信じています。

もし日本が日露戦争に勝つことなく、先の大戦にあれだけ大きな犠牲を
払って戦うことがなかったとすれば、まだ世界の大半が驕る白人・キリ
スト教徒の泥靴のもとに踏みにじられて、植民地として苦しんでいたは
ずです。

ミズーリの艦上のことですが、日本は敗れたといっても、重光全権も、
私の父親も、日本がアジアを解放するという戦争目的を達した、民族の
宿願を果たしたのだという誇りを持って、甲板を踏みました。私はその
誇りをよく理解することができます。


 6 東京裁判という茶番

東京裁判で日本が侵略の罪で裁かれていた、ちょうどそのときに、フラ
ンス軍が、日本が解放したベトナムを、もういちど植民地にしようとし
て戻ってきて、ベトナムの独立軍と戦っていました。

ベトナムは、戦前は「フランス領インドシナ(仏印)」と呼ばれていま
した。

インドネシアでは、オランダ軍だけでは兵力が足りなかったので、英国
の援けを借りて、英国とオランダの連合軍がインドネシアに侵攻して、
インドネシア独立戦争が戦われていました。

日本を侵略の罪で裁いていた連合国が、その同じときに、アジアで侵略
戦争を戦っていたわけです。

東京裁判については、日本の多くの国民が「あれは日本が悪事をはたら
いたから当然のむくいとして裁かれた」と思っていますが、東京裁判は
ペテンでした。

インドのラダ・ビノード・パル (Radhabinod Pal)判事が、日本無罪論
を判決書として書きました。11人の東京裁判の判事の中で、3人が反対
意見を書きました。その中で、完全に日本は無罪だと説いたのは、イン
ドのパル判事でした。

この11人の判事の中で、国際法を知っていたのは、パル判事だけでした。
あとは全員が国際法に関して素人ばかりでした。もうひとり、オランダ
のベルナード・レーリンク(Bernard Victor Aloysius (Bert)
Röling)という若い判事がいて、この人も日本が一方的に悪かった
のではなかったという反対意見を書いています。

レーリンクは、回想録を残しています。その中で、帝国ホテルにみんな
が泊っていて、市ヶ谷の法廷にバスで行くとき、毎日、連合国の壮大な
戦争犯罪の現場、つまり東京が焼け野原だったのを往復のバスの中から
見て、「これほど気の重いことはなかった」と書いています。

そして日本が先の大戦を戦った一番の理由として、「白人諸国が日本人
をはじめ有色人種に対して理不尽な人種差別を行ったことであった」と、
日本のを擁護しています。

もうひとりが、フランスのアンリ・ベルナールという判事がいました。
非常に滑稽なことですが、東京裁判は、英語と日本語で行われていまし
た。同時通訳が行なわれて、英語で話すと日本語、日本語で話すと英語
にする、という仕組みになっていましたが、ベルナール判事は、ひとこ
とも英語がわからなかった。さぞかし忍耐強い人だったのだろうと同情
しますが、何が語られているのかまったくわからないまま、壇上にいた
わけです。

ベルナールも回想録を書いています。自分は毎日、法廷がひらかれてい
る間は、何を言っているのかまったくわからず、2日後にフランス語へ
の翻訳をフランスの代表部が作ってくれたのを読んで、ようやく何が行
われていたのかを解していた。ベルナール判事も日本が一方的に悪かっ
たのではないという少数意見を出しています。

占領下では、マッカーサー司令部が、厳しい言論統制を行っていました。
ですからパル判決書も発表されませんでしたし、ベルナール判事、レー
ディング判事の判決書も公表されることがありませんでした。

朝日新聞は、ほんとうに酷い新聞です。東京裁判が開廷した2年半後に
東条大将以下7人が犠牲となって絞首刑に処せられたとき、朝日新聞は
社説に、「この裁判は、きわめて公平に行われ、東条大将以下の処刑も、
そこには報復の意図がいささかもない厳粛なものであった」と、書いて
います。

同じ日本人が、よくはずかしげもなく書いたものだと思います。けれど
当時はそれを朝日だけではなくて、毎日も読売も、よくここまで卑屈に
なれると思うような記事で埋まっていました。

「戦争犯罪人」は、A級、B級、C級に分けられていました。B級、C
級でも1000人以上が処刑されています。これは捕虜を虐待したとか、
捕虜を処刑したとか、いろいろありますが、このBC級裁判も、公正な
ものだったか、きわめて大部分が疑わしいものです。報復、復讐のため
に行われたものです。

しかし、戦後、米国は日本を占領して徹底的な洗脳を行いました。対米
戦争は3年半あまりしか続いていないのに、日本に対する占領は、その
2倍の時間をかけています。これも、異常なことです。


 7 準備されていた対日戦争

日本が降伏したときに、日本は全土が占領されるなどとは夢にも思いま
せんでした。占領期間も、まさか6年を越すような長いものにはならな
いと思っていました。ところが天皇陛下を人質にとられていましたから、
日本としては、なにひとつ、表立ってこれに抗議することはできません
でした。

先の戦争ですが、これは私は「日本はやむにやまれず立ち上がって、自
存自衛のために戦った」と申上げましたけれど、私は、当時マッカーサ
ー元帥のもとで日本の占領にかかわった40〜50人の中心人物や、ワシン
トンのトルーマン政権の幹部などとインタビューを行って、本や論文を
書いています。

これは公開された文書で既に明らかになっていることですが、ルーズベ
ルト政権は、真珠湾攻撃の1年半前から国務省に極秘の研究班を設けて、
私はその研究班の人から話を聞いていますが、日本と戦って日本を屈伏
させたあとで、日本をどのように処理すべきか研究をはじめています。

アメリカは開戦前にはすでに日本と戦うことを決めていました。ルーズ
ベルト大統領は、蒋介石政権から巨額のお金をもらっていました。この
やり方は、いまの中国と同じです。対米工作のために、厖大な金額の
「バラマキ」をしています。これは蒋介石政権が行った手口と、まった
く同じものです。

ルーズベルト大統領は、対米戦争がはじまる昭和16年の春から、蒋介石
政権に爆撃機と戦闘機を供給して、これを米国の陸軍航空隊の現役パイ
ロットに操縦させて、飛行機の機体に蒋介石政権の青天白日のマークを
塗り、爆撃機150機で東京、横浜、京都、大阪、神戸を奇襲爆撃して、い
っきに焼き払う計画をたてていました。

戦争がはじまる前の昭和16年5月15日に、米国軍部が提出した作戦計画
に、ルーズベルト大統領が承認の署名を行ない、そこにコメントも書い
ています。「JB (Japan bombardment)計画」という極秘計画です。

ところがその前に、ヨーロッパで、ヒットラーとチャーチルが死闘を続
けていて、ヒットラーがヨーロッパ全土を占領し、イギリスが孤独な戦
いを続けていた。

イギリスを守るために、チャーチルから米国に、急遽爆撃機を回してほ
しいということになり、アメリカは対日奇襲爆撃を行うために蒋介石政
権に渡すことになっていた爆撃機を英国にまわしてしまったもので、こ
の卑屈きわまる計画は実現しませんでした。

私は、米国屋でもありますし、英語屋でもありますが、いまでも白人た
ちが私達日本に対して抱いている憎しみは、たいへんに強いものがあり
ます。

なぜかというと、彼ら白人たちが数世紀にわたってこの地球を支配して
いた体制を破壊したのが日本だからです。アメリカのエリートたちは、
いまでも執拗にその憎しみを潜在的に抱いている人たちが多いものです。
そういう彼らをうまく操りながら、日本の安全と繁栄をはからなければ
なりません。

ルーズベルト政権は、日本がのさばってきたから、ここで日本を叩き潰
してやろう、つまり、日米戦争が始まる前から、日本を打ちのめして、
日本を無力化させる極秘の計画をすすめていました。

本当の歴史を知らないと、ただ戦時国際法がどうだこうだとか、小さな
木ばかり見ていると、肝心の森をみることができません。

さて、では先の大戦がどうして日本に強いられてしまったのか、次の講
義の機会に説明したいと思います。



━━━━━━━━━━━
吉原遠望・南千住を歩く
━━━━━━━━━━━

       
      馬場 伯明

2013年2月9日(土)10:30「江戸歴史散歩の会」に友人2人と参加し常磐線
南千住駅から千住大橋まで、江戸の町の歴史を求め歩いた。約7km。

「・・散歩の会」の代表者は榎本民夫さん(東京都稲城市矢野口542)。
HPはこちら。 http://www.asahi-net.or.jp/~jt7t-enmt/ 参加15人、リ
ーダーは若い人だ。夫婦、女性のペアや若い人もいた。この日のコース
は次のとおり。

午前】回向院→小塚原刑場跡→泪橋→永久寺→大関横丁→浄閑寺→日本
堤跡→三ノ輪(昼食)。

【午後】公春寺→円通寺→素盞雄(すさのお)神社→千住大橋→橋戸稲
荷→奥の細道矢立初の碑→やっちゃ場→稲荷神社→千住大橋:15:00解
散。

リーダーはiPadを手にユーモアを交えわかりやすく説明をしてくれた。
私たちは「金魚のフン」のように後ろを歩けば自然に江戸の町の歴史巡
りができてしまう。

会の常連であるM君が適宜デジカメで写真を撮る。誘われたN君と私はも
っぱら聞き役でリーダーを追う。詳しくはWEB等でご確認いただきたいが、
私がとくに見入った場所をいくつか紹介する。

【小塚原刑場跡】:(回向院・延命寺):寛保元(1741)年、刑死者の
菩提を弔うため地蔵(「首切り地蔵」と呼ばれた)を建立。明和8(1771)
年、杉田玄白らが刑死者の腑分けに立ち会った。

吉田松陰(後に移転)、橋本左内、高橋お伝、鼠小僧次郎吉、・・の墓
が並ぶ。(合掌)。累積20万人が刑死とも。(1/3が「冤罪」とも言われ
る)。

【日本堤(跡)】:徳川家康が、下谷・浅草を隅田川の洪水防災工事と
して、今戸から三ノ輪まで山谷堀沿いに築いた土手。諸大名が工事を分
担したことから「日本堤」の名称となった。この堤の先に吉原が移転し、
(新)吉原通いの道として、一躍有名になった。(その面影が残る跡を
歩く)。

散歩の会」の資料に、歌川広重の浮世絵、「名所江戸百景『よし原日本
堤』」があった。日本堤から遠望する吉原の常夜の灯りと空飛ぶ雁。そ
れに月夜の日本堤を心うきうき吉原へ向かう人(男)の群れ・・。

【浄閑寺】:安政2年、大震災で犠牲になった吉原の遊女らを供養する
「新吉原総霊塔」がある。「生まれては苦界(くがい)死しては浄閑寺」。

【円通寺】:延暦10(791)年、坂上田村麻呂の創建と伝わる。慶応4
(1868)年5月15日、上野戦争の彰義隊戦死者2百数十体を埋葬。「死節
の墓」がある。弾の貫通痕がある上野東叡山の黒門がここへ移築されて
いる。

都電荒川線終点「三ノ輪橋」の商店街の(有名な)蕎麦屋:砂場総本家。
で昼食をとった。大きなエビ天が特徴。まあ、うまい。 

商店街の古書店で背表紙の「吉原」の文字が目に入り「吉原御免状」
(文春文庫・昭和61)を買った。著者は隆慶一郎(大正12年〜平成元年)。
66歳没。420頁の長編だが100円。2/10〜11で一気に読んだ。

Wikipediaより:《 ・・宮本武蔵によって育てられた後水尾天皇の落胤
・松永誠一郎は、自由の民・傀儡子(くぐつ)によって営まれる色里・
吉原を守り、神君・徳川家康から下された吉原御免状(の廃棄)を狙う
老中酒井忠清とその手先裏柳生(一族)との間で死闘を繰り広げる。》

偶然この本に出あったのも何かの因縁だ。隆氏は著名な脚本家。映画
「にあんちゃん」や「陽のあたる坂道」など多くの脚本がある。本小説
は満を持しての老練な処女作である。

「主人公は後水尾天皇の落胤」「宮本武蔵が熊本で育てた」「徳川家康
の晩年は影武者」「明智光秀は生き残り家康の軍師(天海僧正)に」

「裏柳生一族と吉原(傀儡子)の暗闘」「柳生十兵衛は決闘で敗け死亡」
など、奇想天外な発想と筋立てだ。読者サービス満点の時代小説である。

吉原のしきたりの言葉のていねいな解説もある。花魁(太夫)との「初
会(しょかい)」から「裏」、「馴染(なじみ)」。客は3回目の登楼
(馴染)で初めて寝所を共にする。

挿入の川柳も面白い。「初会には壁に吸附くほど座り」「裏の夜は四五
寸近くに来て座り」「三会目心の知れた帯を解き」「三会目(縮ちぢみ)
織るてふ談(はなし)まで」。うまい。でも解説なしでは意味がわから
ない。

童貞の主人公(松永誠一郎)とNo1花魁(高尾太夫)の馴染の夜の描写は
絶品(!)である。「隆さんは見てきたような嘘をいい」とでも言うべ
きか。その「おしげり(お陰雨リ)」からさわりを1/10ほど抜粋する。

《 高尾は誠一郎の左側にいる。誠一郎の手をそっと己の乳房に導く。
桃色の乳首がぴくんと慄えた。「あ」。微かな声が、高尾の口から漏れ
る。

長襦袢の前が完全に割れ、高尾の秘所が露わになった。桃色に艶々とし
た突起がむっくりと割れ目をつき破るようにして覗いている。すべてが
美しかった。「ああっ」。誠一郎はその場所が痙攣するのをはっきりと
感じ、同時に馥郁たる香りを嗅いだ。

いつか、誠一郎は高尾の上にいた。不意に高尾の体の奥を、大きな戦慄
が通り抜けた。「あれ」。高尾は呻き、大きくそり返る。「あ、あ、あ
れ」。誠一郎にしがみつく。高尾のそこが、別の生き物のように、勝手
に収縮と弛緩を繰り返しはじめる。

最後に、今まで以上の大波が来た。それは深々と侵入し、怒涛となって
大きく崩れ、白い泡沫となって散った。「うれしゅうありんす」。

誠一郎は、新たな力をとり戻し、膨張してゆく。「あれ」。高尾は目を
瞠いた。いつか、さっきと同じ律動が、高尾の身体をゆるやかにもち上
げはじめていた・・・・。 》(「抜粋」終わり。212〜222頁に詳述)

いやはや〜〜、少し「吉原」への寄り道が過ぎたか。「江戸歴史散歩の
会」の原点に戻る。この日の終着点は千住大橋、15:00過ぎ。ここからは
日暮里に住むM君が近所のお寺などを案内してくれた。

富士見の坂から諏方(訪)神社。境内には神輿の蔵が並ぶ。下れば谷中
銀座、商店街の賑わいには驚いた。テレビなどで人気の「肉のすずき」
の店の前にはメンチカツを買い求める20人ほどの行列があった。

酒好きの3人は日暮里の居酒屋で16:00過ぎから夜中まで、江戸の歴史談
義や人生の諸々の反省譚で、あちらこちらへ行き戻り、クダを巻いた。
ビールのジョッキを荒く傾け、その後薩摩白波や黒霧島の芋焼酎2本が空
になった。

江戸の歴史と人生の勉強をしたつもりになり、ふくれた腹と火照る頬そ
のままに、深夜の電車に神妙に乗り込んだ。N君は東京の西の家まで無事
に帰りついただろうか。(2013/2/16千葉市在住)

(追記)

「江戸歴史散歩の会(代表:榎本民夫)」の町歩きに参加希望の方は、
こちらのホームページを開き代表に連絡してください。次の日程なども
あります。http://www.asahi-net.or.jp/~jt7t-enmt/

 

━━━━━━━━━━━━
「独裁」は最悪のレッテル
━━━━━━━━━━━━


       平井 修一

産経新聞の黒田勝弘・ソウル駐在特別記者が「『極右言論人』は忙しい」
と書いている(203年2月11日)。

それによると政治的な右側勢力のレッテルは、保守→右派→右翼→極右
だろうという。それなら左側勢力は、福祉左派→容共左派→反日左翼→
極左ではないかと小生は思う。

それぞれの違いがはっきりしているわけではない。右の色、左の色とい
うのはあるだろうが、粘土のようにまぜこぜになっていることもあるし、
空気次第でカメレオンのように色を変えることもあるだろう。

米国では右側が共和党で個人の自主独立を重んじ小さな政府を、左側は
社会福祉・所得の再分配を重んじ大きな政府を標榜するようだが、国民
は時と場合によって支持政党を選んでいたりする。はっきりしているわ
けではない。

日本も右側は概ね自民党、左側はこの前までは民主党だったが、左側は
今では大体が弱小諸派に分裂しているようである。これまた支持政党が
はっきりしているわけではなく、無党派層に左右されることが多い。

右にせよ左にせよ、世界的に見て自由、民主、人権、法治を価値観とす
る国では基本的に穏健であり、日本でもそうではあるが、極右と極左は
暴力・武力を含めた非合法的手段や戦争・戦闘を厭わない。「正義のた
めには何でも許される」と思っている。強圧的な独裁政治もその一つだ。

多民族、多部族、多宗教など価値観が多様な人々を国家としてまとめ上
げるためには独裁政治が便利である。独裁者は圧倒的な武力を背景に、
文句を言う者や反対する者は強制収容所に監禁するか殺せばいい。政治
的なレッテルで「独裁」は最悪である。


ちょっと資料は古いが、米外交専門誌「Foreign Policy」電子版(2010
年版)に「独裁者ワーストランキング」というのがある。それによると
ワースト10は――

1位 北朝鮮      金正日総書記 
2位 ジンバブエ    ムガベ大統領 
3位 ビルマ      タン・シュエ議長 
4位 スーダン     バシル大統領 
5位 トルクメニスタン ベルディムハメドフ大統領 
6位 エリトリア    イサイアス・アフェウェルキ大統領 
7位 ウズベキスタン  カリモフ大統領 
8位 イラン      アフマディネジャド大統領 
9位 エチオピア    メレス・ゼナウィ首相 
10位 中国       胡錦濤国家主席 

現在の状況を見ると、北朝鮮は2012年、金正日の三男である金正恩が最
高指導者の地位を継承した。ジンバブエは引き続き経済が混乱している。
ビルマ(ミャンマー)は民主化と国民和解、経済改革を推進中だ。

スーダンのバシル政権はイスラム原理主義政権であり、テロ支援国家の
指定を受けて経済制裁が続いている。トルクメニスタンはベルディムハ
メドフ大統領政権の下で、教育分野の重視、衛星放送やインターネット
の普及等の新しい政策が取られ、一部政治犯の恩赦も行われた。

エリトリアでは暫定政府が事実上の一党独裁制のもと統治を継続してい
る。ウズベキスタンではカリモフ大統領支持勢力が議会を支配している
が、近年は豊富な天然ガス関連の投資を多く受け入れており、比較的好
調な経済成長を遂げている。

イランの最高指導者はアリー・ハーメネイー。アフマディネジャド大統
領は最高指導者の専権事項以外で、執行機関たる行政府の長である。核
開発計画により国連安全保障理事会はイラン企業への制裁を決議してお
り、国際社会におけるイランの経済的孤立性は強まっている。

エチオピアではメレス・ゼナウィ前首相の急逝を承け、ハイレマリアム
・デサレン首相が2012年8月に就任した。

中国では2012年11月の第18回党大会を以て胡錦濤・温家宝ら第4世代の指
導者は引退し、11月15日に開催された第18期1中全会において習近平が党
の最高職である総書記と軍の統帥権を握る党中央軍事委員会主席に選出
された。

以上のような独裁国家が穏健な国に変わるのは容易ではないだろう。独
裁というタガが外れたために、民主化運動「アラブの春」による混乱が
落着く兆しも見られない。


 
━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎<レーダー照射>証拠開示を見送る方針…日本政府

政府は15日、中国海軍の艦船が海上自衛隊の護衛艦などに射撃用の火器
管制レーダーを照射した問題で、自衛隊が収集した証拠の開示を見送る
方針を固めた。

断定の根拠だった電波の周波数などを公表すれば、「日本の情報収集能
力を明かすことになる」(防衛省幹部)と判断した。米国が照射を認め、
「中国の挑発行為」との日本の主張は国際社会で一定の理解を得られた
ことも背景にある。

小野寺五典(いつのり)防衛相は9日に証拠開示に前向きな意向を示し
たが、その後、「中国が(照射を)認めることは多分ない」と慎重姿勢
に転じた。防衛省内では、レーダーの様子などを撮影した映像や写真を
公開しても効果は薄いとの見方が多い。

一方、日本政府は米国に証拠の内容を説明し、国務省のヌーランド報道
官は11日の記者会見で支持を表明。日本政府高官は「相手がおかしなこ
とをしない限り、こちらも公表しないということだ」と中国をけん制し
た。

政府は今後、日中防衛当局のホットライン設置を含む「海上連絡メカニ
ズム」をめぐる日中協議を急ぐ。毎日新聞 2月16日(土)2時31分配信 



 ◎北朝鮮よ!中国東北部でアヘン戦争を起こすつもりか―中国
      
2013年2月14日、中国のジャーナリスト・王錦思(ワン・ジンスー)氏は
「北朝鮮は中国東北部でアヘン戦争を起こすのか?」と題した記事を掲
載した。以下はその内容。 

海にも面していず、薬物の生産地でもない中国東北3省が、深刻な違法薬
物汚染地帯になっている。隣国のロシアや韓国は薬物を密輸してはいる
が主要生産地ではない。

ただ、北朝鮮は1990年代から大規模な薬物の生産に取り組んでいる。東
北3省をむしばんでいるのは明らかに北朝鮮製の違法薬物・覚せい剤だ。 

韓国メディアによると、2010年に中国当局が押収した北朝鮮製の覚せい
剤は末端価格で6000万ドル(約55億8000万円)に達している。このため、
中国と韓国は水面下で合同捜査を行っている。

2011年6月、中国国家禁毒弁公室常務副主任で公安部禁毒局局長の劉躍
(リウ・ユエ)氏は「東北3省で摘発された合成麻薬使用者は全体の70%
を占めている」と語っている。合成麻薬とはアヘンなどの伝統的な麻薬
に相対する化学合成された薬物で、主なものは覚せい剤だ。 

ここ数年、北朝鮮製の覚せい剤が大量に中国東北部に出回っている。そ
の被害を最も多く被っているのは国境沿いの住民たちだ。北朝鮮と密接
な関係にある吉林省延辺朝鮮族自治州を例にとると、延吉市が把握して
いる薬物使用者の数は1995年の44人から2010年の2090人へと47倍にも増
えている。

薬物使用者の低年齢化も顕著になっている。1996年以前の薬物使用者の
平均年齢は40歳前後だったが、現在では63%の薬物使用者が17歳から35
歳までの年齢で、最少年齢は14歳にも満たない。同時に薬物汚染はあら
ゆる層に浸透し、役人や小中学生にまで広がっている。 

北朝鮮製の覚せい剤は東北3省で消費されるだけでなく、中国各地や韓国、
日本、ロシアなどの国にも流れ込んでいる。つまり、中国東北3省が覚せ
い剤の国際中継地になっているのだ。 

韓国メディアによれば、北朝鮮の中国における覚せい剤の密輸は「3−3
−3制」という手口をとっている。9〜10人の密輸グループのうち、3人が
北朝鮮人で覚せい剤を中朝国境まで運ぶ。次に朝鮮族の中国人3人が東北
3省での輸送を担当し、韓国人3人に覚せい剤を渡す。韓国人はこれを韓
国や日本に密輸するのだ。(翻訳・編集/本郷) 

●王錦思(ワン・ジンスー) 

林省出身、北京在住のジャーナリスト。北京大学でメディア学を専攻。
日中歴史問題や抗日戦争史を研究課題としている。著書に「日本行、中
国更行」。11年3月に日本で「中国『反日』活動家の証言」を出版。 
【Record China】 配信日時:2013年2月16日 18時13分

〔情報収録 − 坂元 誠〕 



 ◎「紅衛兵向け中国地図でも尖閣は日本」 返還時、米CIAが報告


【ワシントン=佐々木類/sankei.jp.msn.com】米中央情報局(CIA)
が、沖縄県の尖閣諸島をめぐり、「領土問題は存在しない」 とする日本
の主張を裏付ける内容の報告書を作成していたことが27日明らかになっ
た。

報告書は、日米両政府が沖縄返還協定を調印する直前の1971年5月に作
成。当時の中華民国(台湾)が、 米国の尖閣諸島を含む沖縄の施政権に
注文をつけたのを受け、CIAが調査を行ったもので、米ジョージ・ワ
シ ントン大国家安全保障記録保管室に保管されていた。

66年に刊行

報告書は、中国で文化大革命の担い手だった紅衛兵向けに66年に刊行さ
れた地図を例に挙げ、「尖閣諸島は 中国の国境外に位置しており、琉球
(沖縄)列島、すなわち日本に属していることを示している」と指摘。
67 年8月に北京で刊行された一般向け地図帳でも「尖閣諸島は琉球列島
に含まれる」と表記されていると報告して いる。

台湾でも「尖閣海域が中国側の境界内にあると表示する地図はなかった」
とした上で、旧ソ連や無作為に抽出 した欧州の地図にもそうした表記は
ないとした。

報告書は、「尖閣海域に埋蔵資源の存在が明らかになった後、中華民国
が領有権を主張し、これに中国共産党 政権が続いて問題を複雑化させた」
と指摘。

歴史的にも国際法上も日本固有の領土であるとする日本の主張につ いて
「説得力があり、尖閣諸島の領有権の根拠を示す責任は中国側にある」
とし、「尖閣諸島への中国のいかな る行動も、米国を日本防衛に向かわ
せるだろう」と結論付けた。

台湾は改竄

これとは別に、都内の財団法人「沖縄協会」の調べによると、台湾当局
は71年、中学2年生向け地理教科書「 中華民国国民中学地理教科書」
で、領土境界線を“改竄”し、尖閣諸島の呼称を「釣魚台列島」に改め
ていたこ とが判明している。

70年の教科書では「琉球群島地形図」で、同諸島を「尖閣諸島」と明示
し、台湾との間に領土境界線を示す 破線を入れ日本領としていた。だが、
71年に呼称を「釣魚台列島」に変更、破線を曲げて沖縄県与那国島北
方 で止め、領有権の所在を曖昧にしていた。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/...1580008-n1.htm


尖閣帰属、日本の主張に説得力=米CIAの71年報告

【ワシントン時事】米中央情報局(CIA)が1971年、沖縄県・尖閣諸
島(中国名・釣魚島)について、 固有の領土だとする日本の立場は、日
本だけでなく中国や中華民国(台湾)で公刊されている地図の表記によっ 
ても強く裏付けられているとする報告書をまとめていたことが22日、分
かった。

報告書は「日本の主張には説 得力があり、(尖閣の)所有権の根拠を示
す責任は中国側にあるとみられる」と結んでいる。

CIAはまた、同時に作成した覚書で、尖閣周辺海域の埋蔵石油という
「釣り餌」がなければ、日本、中国、 台湾の間の領有権論争は決して起
こらなかっただろうと指摘。領有権を主張する台湾と中国国内の声は、
68年 以降に資源が眠っている可能性が判明してにわかに高まったとの
見方を示した。

報告書と覚書は71年5月作成。米ジョージ・ワシントン大学国家安全保
障アーカイブ(NSA)が公開した 、機密指定を解除された文書の中に
あった。米国の公式の立場を示すものではないが、米政府内で中国側の
主張 の正当性に疑義を呈する見方が根強かったことを浮き彫りにしてい
る。

報告書は尖閣に関し、66年に中国で文化大革命の担い手である紅衛兵向
けに刊行された地図帳掲載の地図で は、中国の国境外に位置しており、
「琉球(沖縄)、従って日本に属することを示している」などと指摘。

台湾 でも「尖閣海域が中国側の境界内にあると表示する地図はなかった」
とした。また、ソ連や無作為に抽出した欧 州などの地図にも、尖閣が中
国側に属するとの表記はないとしている。

一方、78年4月の国家安全保障会議(NSC)によるブレジンスキー大
統領補佐官(国家安全保障担当)宛 て覚書は、「日本を傷つける行動を
取らないと同時に、争いの種になる恐れのある日中間の領土問題への関
わり を避け続けることがわが国の利益になる」と強調。

尖閣は日本の施政権下にあると認める一方で、帰属に関し特 定の立場を
取らないとするあいまいな政策を、米政府が70年代から一貫して採用
していることを示した。(2 012/09/22-17:49)

〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎●●◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇写真情報網◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*******週刊AWACS 2013年2月17日********

馬肉騒ぎは益々拡大している。馬肉を牛肉と偽って販売されていたと言う
が、きっと食べても分からなかったのだろう。分からないほど味覚音痴
なのではあるまい。中国では豚肉を羊肉にする粉があるので、馬肉を牛
肉にする粉も存在するのであろう。昔、ビーフ100%の某バーガーに別の
動物の肉が入っているとの噂があったが、馬肉はなかった。馬肉バーガー
なら唸声は是非食べてみたいが・・・。

では、今週号をお楽しみください。
http://datefile.iza.ne.jp/blog/entry/3003337/

2013/2/17  唸声 



 ◎【政治】【土・日曜日に書く】 ワシントン支局長・佐々木類 国
際社会と共に尖閣守れ

「日本が危機をあおり、中国のイメージに泥を塗った」「日本の完全な
捏造(ねつぞう)だ」。中国海軍艦艇による海上自衛隊護衛艦への射撃
管制用のレーダー照射について、中国外務省の華春瑩報道官が記者会見
で発した言葉だ。面の皮が厚いとはこのことで、高飛車でしれっとした
顔の記者会見を見せられると、「鳴子のこけし」の方がよほど表情豊か
に見えてくる。

思い出すのは、2007年から08年にかけて起きた中国製冷凍ギョーザ中毒
事件だ。このときも中国外務省は、科学的見地から中国国内で毒がもら
れた可能性を指摘した日本側に、「中国側に汚水をまく行為だ」と責任
をなすりつけた。

後に、犯人は天洋食品を逆恨みした中国人元従業員と判明したが、日本
への謝罪は一切ない。

今回のレーダー照射で日本政府は、国際法上の戦闘行為に出た中国の極
めて危険な行動を明らかにした上で、領土保全に対する威嚇を禁じた国
連憲章違反であると問題提起する方針を示した。矢継ぎ早の外交攻勢だ。

中国軍が重要作戦と位置付ける「世論戦・心理戦・法律戦」という「三
戦」のお株を奪う最善手を打った。【産経ニュース】2013.2.17 03:09  

〔情報収録 − 坂元 誠〕



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)生命の危険を論じれば:前田 正晶

何時・何処で何が如何なる形で襲ってくるかは予想できない。

程度の差こそあれ、私は生命の危険は何処に行っても、何処にいてもあ
り得ると思います。現に我が家では父親は1937年(=昭和12年)に数寄
屋橋の交差点でタクシーに引っかけられて頭蓋底骨折(因みに、私は5歳
で弟は3歳)で、数日後に45歳で死亡。

かなり有名な交通事故でした。実弟は1964年に深夜に助手席に乗ってい
て、アメリカ兵の酒酔い・免許証不携行に中央線突破でぶつかられて顔
面を強打、鼻骨等を骨折し、生命の危機にさらされました。大学までサッ
カーで鍛えてあった強靱な体力で危機を乗り越えたと言え、会社復帰に2
年を要しました。

私は1985年10月シアトル郊外の片側三車線の道路を横切ろうとした際に、
第一列と二列目が「行け」と合図してくれたので進んだところ、第三列
目の女性が金曜日の17時過ぎで帰宅を焦って時速50キロで突っ込んでき
て、後部座席右側に座っていた私をドアを押しつけて吹っ飛ばしました。
肋骨骨折・頸椎捻挫・顔面強打で救急車で搬送。後に自律神経失調症と
神経性下痢で半ば廃人の如くなり、復活まで半年を要しました。

当日東京から飛来されたお客の常務さんと担当課長さんが入国手続き終
えた直後に、シアトル空港内の自社のハンガーにご案内し、そこから自
社のヘリコプター2時間飛んでワシントン州最南端の工場に着陸。

工場見学と重大会議を終えて、午後5時前にシアトル空港に戻り、そこか
ら直ぐ近くのホテルにお送りすべく、当時の本社のマネージャーが運転
するAudiで走っていました。

ぶつかられたのはホテルのほとんど玄関先でした。後1分ほどで仕事が終
わってシアトル市内のホテルに帰れるところでした。不運と言えば不運
です。

しかも、アメリカの警官の杜撰な事故報告書には被害者である私の名前
が記載されていませんでした。保険はマネージャーの保険の対人・対物
を使いました。これも失敗でした。

そして、救急車で搬送された救急病院では2〜3時間放置された後にX線写
真を撮ったのは良かったのですが、頸椎の捻挫を見落とし(これは最悪
であると我が国の名医に言われました)。

肋骨は2本折れていたのに1本だと言うし、これは自然治癒だから手当て
しないと宣告。しかし、重症は重症だから今夜はホテルではなくどこか
にホームステイする先を見つけろとまで言いました。私がアメリカの医
療を信用しない根拠はこれです。

我が兄弟は母親から「あなた方の父親を殺されただけでもう十分以上。
他人様を傷つける危険がある自動車の免許を取ってはなりません」と厳
命され、二人とも運転はしません。しかし、運転しないことは何ら身の
安全を保証しなかったのです。

個人的なことを縷々申し上げたのは、上記の例が示すように何時・何処
でどのような災難が襲ってくるかなどは予測できず、襲われた場合には
その場で当人が対応することなどは不可能に近いのです。

私の場合は旅行者保険は持参していましたが、それがブリーフケースの
何処に入れてあったかまでは頭が動いてくれませんでした。

しかも言葉が何とかなった外国で、日本男児の弱みを見せてはならんと
ばかりに気が張っていましたが、気力を維持できたのはX線写真までのこ
とでした。この事故にはこれから先半年間の、仕事復帰までの悪戦苦闘
があったのですが、それはまた機会があれば。



 2)相当シビアな言い方となりますが、税理士の無料相談にいらした
方は、翌年も参加です。間違っても困るので、一応、提出前に見て貰お
うという心得からかもしれませんが、間違ったら恐いという観念を払拭
させる仕組みが税制に備わっていない証拠なのかもしれません。仮に備
わっているとしても無知な納税者への啓蒙不足なのかもしれませんし、
実際の経験で、間違ったときに恐い思いをなさったのかもしれません。

国民全体で見れば失業者数が増え、生活保護が増えて稼ぎ手が少なくな
っているにもかかわらず無料税務相談は繁盛です。 各人レベルで見て
も、相談を毎年受けねばならぬほど複雑怪奇で、にわかには得心できぬ
仕組みを持ち続ける税金申告に困った上で、無料サービスにすがるとい
う図なのに、相も変わらず風物詩としてテレビに映し出します。

たとえてみれば、派遣切りで年末の無料炊きだしは、本来、減少傾向が
望ましいはずですが、こと無料税務相談に限っては逆のようです。毎年
減少傾向でない限り行政の失敗だと思うのですが、ますます繁盛で臨時
のプレハブ小屋まで作っていた時期もありました。たとい850円(東京都
の最低賃金)でもいいから料金制にすれば、少しは混雑解消になるかも
しれませんが、それもしませんし、運転免許証の様に各人の誕生日申告
なども容認して時期を通年にバラす工夫もありません。


二度と行かなくてすむほど簡潔簡便分かり易い申告の仕組み作りはせず、
「間違い易い箇所はここです」宣伝パンフの配布です。そのような箇所
については、税制の仕組みそのものについて、皆が間違う方向へ切り替
えてしまえばいいことなのに、しない。

例えば地方税の申告は税務署では受け付けないと説明するのではなく、
受けられる仕組みにすればよいだけのこと。23年分の申告内容を24年分
の申告書に記載しても、IT技術を駆使して、申告受付後に税務署側で
(みなし)組み替えをすればよいし、訂正申告の期限(たいていは1年
間)を撤廃すれば、当初の申告に、あまりこだわらなくなって、混雑場
所にまで出向く人も少なくなるはずです。

だいいち申告期限は、紙(申告書)の到着期限です。これも撤廃すれば、
この時期の混雑は減ります。必要なのは納付期限のはず。納付期限を厳
守しさえすれば紙の移動コントロールは、ルーズでいいはずです。納付
はコンビニで可能ですから混雑などもなくなります。要は、税務調査に
行くよってことを言われたら、慌てて整えておけばよいのです。当然、
無申告加算税も過少申告加算税も撤廃です。

ついでに言えば、任意の例えば便せん記載の紙での申告だって有効です。
昨年の申告書用紙に書き込んで提出しても申告は有効だし、当年の申告
用紙であっても、カラー刷り厚紙と単色刷り薄紙のセットの内、カラー
刷り厚紙を手許控えとして留め、単色刷り薄紙の方を提出したって申告
は有効です。これほどフレキシブルなはずだったのに、いつのまにか、
税務署に行ったら最後、パソコンの餌食となって四苦八苦します。

むしろ、カネを払う人、いわばお客様からカラー刷り厚紙の方を取り上
げて、みすぼらしい単色刷り薄紙を控えにしてしまう感覚が、いったい
ぜんたい、「誰のカネだと思っているだ」、などと怒鳴りたくもなるわ
けです。

イータックスは、森首相時代、超高速ネットワークインフラ整備及び競
争政策として5年以内に超高速アクセス(目安として30〜100Mbps)を可
能とする世界最高水準のインターネット網の整備を促進し、必要とする
すべての国民が低廉な料金で超高速ネットワークインフラを利用できる
ようにすることでした。その様なイージャパン構想(総務省所管)を受
けた国税庁版が「国税電子申告・納税システム」、略称 e-Taxだったの
です。

それは、税務署の相談会場に置かれている様な電線同士で繋がった税務
署内でのパソコンではなく、納税者が納税者の自宅なり会社に居て、さ
まざまの情報交換や申告申請や届出がインターネットを介して国税本庁
のメインサーバーへ瞬時・即座に送り込んでいる世界をいいます(バッ
チ処理や媒体介在の交換でもありません)。

税務相談に立ち寄ったついでに税務署内で税務署内のパソコンに向かっ
て打ち込んでもイージャパン構想にはなりませんから、イータックスっ
て単なる入力代行業務の本人請負版なのかもしれません。

その上、今どきの税務署では、紙に記入したものを持ち込んでも、敢え
て何時間も立ちんぼでの申告書入力を強いられます。だから来年は行き
たくなくなり、従来の無料相談の繁盛(弊害?)が是正され、失敗が癒
やされるかもしれません。

構内イントラネット(LAN)を「イージャパン構想」のように呼ぶことは、
ちょうど復興予算が南の島の護岸工事に使われてしまっているようなも
のですから、これをイータックスの普及率算定計算に加えることはでき
ません、ネットを介した即座処理をしているわけではないからです。

それでも、イータックス普及率を常識では考えられない計算式で算出し
ていてみたり、しかも、ネット公開された普及率を鵜呑みにして引用す
る人も多く、間違いは次々と誤解の伝播の輪となって、無料相談会場の
パソコン広場を賑やかしております。本末転倒です。

ここまで書きましたが、毎年の無料相談では、納税手続きをすすめる方
々のお役に立てて気分も上々、それだけではなく、真摯なお姿と会話に
身の引き締まる思いを感じて今後1年間の頑張り気分もみなぎってきま
す、感謝です。

注:「e-Japan(イージャパン)とは、日本政府が掲げた、日本型IT社会
の実現を目指す構想、戦略、政策の総体。2000年(平成12年)9月21日、
森喜朗・内閣総理大臣が、衆参両院本会議(第150回国会)の所信表明演
説で、「E-ジャパンの構想」として初めて示した概念。」(Wikipediaか
ら)      (酒井 富雄)



 3)2880号・反響7)の「 韓国で最も有名な民謡アリランのルーツが
エベンキのアリラン・スリーと言葉・節回しが酷似。」を、「韓国で最
も有名な民謡アリランがエベンキのアリラン・スリーと言葉・節回しが
酷似。」と訂正させてもらいます。(まこと)



 4)幕末から明治にかけて、伏見宮家に生まれて久邇宮(くにのみや)
家を創設した朝彦親王(1824-91年)という皇族がいました。朝彦親王は
1862年に孝明天皇の信任を受けて国事御用掛の主席を、孝明天皇が崩御
される1867年まで務めていました。

朝彦親王は1852年から1859年までは天台座主に、1875年からは終身、伊
勢の神宮の祭主になっていました。仏教界と神道界の両方の頂点に立っ
た、珍しい経歴の持ち主です。

1882年には伊勢に神宮皇學館を創設しました。後の皇學館大学です。1886
年には大勲位を受けています。朝彦親王は天皇の藩屏としての皇族の役
割を全うしました。

現在男系子孫のいる旧5宮家のうちの旧4宮家が朝彦親王の王子の宮家
です。賀陽宮(かやのみや)家、久邇宮家、朝香宮家、東久邇宮家です。
賀陽宮家が長系なのは、朝彦親王が久邇宮を名乗る前に賀陽宮と名乗っ
ていたからです。

朝彦親王の孫の久邇宮良子女王が後に昭和天皇の御后になった香淳皇后
です。天皇陛下の母君が香淳皇后ですから、天皇陛下の母方の曾祖父が
朝彦親王になります。

朝彦親王の弟の能久親王の第一王子が竹田宮を創設しました。竹田宮に
も男系子孫がいます。明治天皇が地名から竹田宮と命名されました。竹
田には地下鉄烏丸線と近鉄京都線が交わっている竹田駅があります。
(まこと)



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


東京湾岸。強風は収まったが、17日は冷え込みが厳しい。それでも散歩で
30分ぐらいすると暖かくなる。歩くのは人間の基本かもしれない。

署名なき投書は採用しません。必ずご本名を記した上にハンドルネーム
か「匿名希望」かを書いて下さい。

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp


読者:5149人

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/02/18

    時事通信によると朝鮮中央通信で『日本にも総連幹部に対する措置や朝鮮学校無償化撤廃などの嫌がらせ(笑)などに対し対価を払わせる』と脅しともとれる発言をしています…ヤクザか(笑)!!在日全員帰せば(怒)!!北朝鮮の脅迫発言が暴力団以上…(-_-;)!!危険!!危険!! 





    豪に潜水艦技術供与 防衛省検討、中国にらみ連携 

    http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1504V_W3A210C1MM8000/?dg=1

     

    私は反対です。

     技術の安易に伝えるとどうなるか、今の世の中を見れば分かるでしょう?

     特にオーストラリアに技術が渡れば、どうなるか分かったもんじゃありません。

     その技術が知らないうちに他国に流れ出たり、シーシェパードが潜水艦に乗るようになったりと、冗談のような事が現実になる可能性だってゼロじゃありません。

     

    技術提供ではなく、潜水艦はきちんと我が国で製造し、それを安く売ってやればいいのです。

     シーシェパードの活動を何等押さえ込めない国に、信頼などもってはいけない。







    パチンコ自体はまぁ、玉を入れるとか、絵柄を揃えるという猿にも似た行為が好きな人もいるので、廃止までは望みません。

     しかし、換金行為は完全なる犯罪ですよ。

     なぜ法治国家でコレが見過ごされてるのかが理解不能です。

     換金だけ取り締まるべきです。

     

    ただでさえ在日による金儲けの手段となっています。

     「換金」による集客効果自体も元々の経営における収益の公算に入ってるのだとしたら、違法そのものですよ。

     (公算に入ってないわけ無いですけどね)

     

    いい加減に取り締まるべきです。

     テレビCMで堂々とパチンコを宣伝したり、深夜の番組で枠を持っていたり、国民を無駄なギャンブルに身を落とさせるような行為が続いています。

     換金により安易にお金が手に入る事から、高校生にもなると普通に学校を休んでパチンコする輩も日本全国に腐るほど存在します。

     道徳的にも、教育的にも、パチンコは究極の悪です。

     断固として、違法な部分の是正を求めます。

     

    パチンコが本当に好きなら、換金がなくても楽しめるはずですしね。

     何も問題はないはずですし、向こうも文句は言えないはずです。

     ただ、こういう問題が大きくなると、必ず業界側は抜け道を探し、作り出します。

     

    換金所を隠したり、遠くに配置したり、本当の質屋のような形を取ったり・・・

     警察OBの天下り団体の利権もきちんと清算して。

     安倍内閣の元では、悪は許さないと!!!

     

    本当はギャンブルなんて競馬とかだけで十分です。

     









    アジア観光特区ってなんですか?

     すごく不安です。

     アジアって言っても、通訳のために中韓国の留学生を条件緩和して雇用増やすって。

     中韓国向けのということでしょうか。

     領土問題でもめてる国に観光にきてください〜。ってバカだと思うんですが。

     レーダー向けてきたり、歴史捏造して謝罪を要請する国の人にきてください〜。ってなんで?

     もはや中国も韓国も経済状況悪化で商売の相手になりそうでは無くないですか。

     メリットは何ですか?

     反日の中韓国の観光客増加は治安の悪化になりせんか?

     ただでさえ、九州はバスも電車も中韓国語のアナウンスで掲示があり中韓国の属国みたいです。温泉地ももはや中韓国の保養地です。

     そのままどんどん流れ込んできて住み着いたりしないですか?

     大丈夫なんでしょうか?

     政治には詳しくないけど、すごく不安です。







    朝鮮総連副議長、再入国を容認する方向らしいですが・・・

     勿体無い・・・折角出て行ってくれてたのに!

     わざわざ犯罪国の人間を入国させるなんて・・・

     遡及させるのは難しいとしても、事態が事態です。

     人類最悪の核を行った国の人間を許すのですか?

     どこまで危機感がないのでしょう・・・

     

    今まで放置した結果、日本核を向けられる事になった。

     これから未来永劫、日本人は核の脅威に怯えて暮らす事になるのですよ。

     仮に北朝鮮で戦争が起きたら、指導者のボタン一発で核が飛んでくるんですよ・・・

     それとも日本は、北に気遣い、弱腰からこういう態度に出たのでしょうか。

     いい加減にしましょう。

     アメリカにも愛想つかされます。 







     韓国が窃盗仏像の返還拒否を正式決定

    韓国が節操仏像の返還拒否を正式に決定したようです。

     法治国家としてあるまじき決定を行なっています。

     

    「いつ始まるかわからない裁判が終わるまで返還しない」

     

    これを放置すると、ますます朝鮮人による窃盗が激化することが予想されます。

     韓国では身分詐称が容易なので、韓国人窃盗団は身分を偽って再入国するケースが多いので、なお問題です。

     このことについて即座の返還の請求と、海外マスコミでの韓国の悪劣外道な窃盗行為への批判、経済制裁と指紋押捺制度の復活を急ぎ行うべきと考えます。 





    通名廃止にしましょうよ(怒)!!通名って何時でも変えれるらしいですね…だから犯罪が減らない(怒)!!これから北朝鮮はもっと強硬になります!!在日朝鮮人が本国の命令で何をしだすかわかったものではありません…グアムみたいな事が起きる前に本国にお帰り頂きたい(怒)!!

  • 名無しさん2013/02/17

    すでに狂気の官庁ですよ、宮内庁は。

  • 名無しさん2013/02/17

    道州制は、外国人参政権と比べたら非常に危険な法案。日本が解体され外国勢力に乗っ取られてしまう危険性は外国人参政権の比ではない。道州制の危険性に比べたら外国人参政権など蚊に食われる程度の問題だ。いくら自民党や安倍晋三を応援してるからといって、ブレる行動や発言には断固抗議をするべき。