政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針2880号  2013・2・16(土)

2013/02/16

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 2880号
□■■□──────────────────────────□■■□



        2013(平成25)年2月16日(土)



                         読者に「暴走老人」と言われて:岩見隆夫

             民主党改革案は野田前首相以外には優しい:阿比留瑠比

                        大戦後の未解決領土について:Andy Chang 

                        ソロスは円安で930億円を稼いだ:宮崎正弘

                                 文化大革命の毛沢東:渡部亮次郎

         毛を吹いて疵を求める(きしまぬ言語統制の三):上西俊雄

                         話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第2880号
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━
読者に「暴走老人」と言われて
━━━━━━━━━━━━━━


                 岩見 隆夫
 
物書きにとって、反響が割れるのは要注意である。テーマについて、当
方の記述に説得力が不足しているか、偏っているか、あるいは主張の分
裂がやむをえないケースか。

3回前の当コラム(744回)は、〈若宮前朝日新聞主筆に反論がある〉
という表題だったが、かなりのメール、ハガキをいただいた。

〈全面的に賛成です〉というご意見もあったが、次のおハガキに注目し
たい。

〈「岩見隆夫のサンデー時評」は引き際の時期ではないか。かつては、
自分の記者体験を回想しながらの記事に首肯(筆者注・うなずくこと)
するところもあり、楽しみ?にしてもいた。しかし、お年のせいか、
「暴走老人」に近づいてきたな、というのが近年の感想。

特に今回は『朝日』への対抗心もあるのか、若宮記事(私も全面賛成で
はないが)の理解は的はずれも甚だしい。戦争への道を回避する必要を
説いているのに、「敗戦の悲惨」を対置している。「おさらばしたあと
が心配」、それは無用。害をまくことの方が心配〉

とあった。宮城県大崎市在住の祇園寺則夫さん(無職、66歳)の投書で
ある。

744回を読んでいない方にはわかりにくいかもしれないが、〈おさらば
……〉は、私がコラムの最後で、〈『毎日新聞』の川柳欄に、戦争にい
けない老人ほど勇ましいという一句を発見して笑ってしまったが、高齢
者は勇ましいのではなく、おさらばしたあとが心配なのである〉

と書いたことに対するものだ。おさらばする前に暴走老人に近づいてい
るではないか、という祇園寺さんのお見立てである。

老人は当たっている(77歳)が、暴走かどうかが問題の核心と思われる。
私は高齢者(65歳以上)になってから考え方が急変したのではなく、年
を重ねるにつれ、日本人の呑気で他力本願的な平和思想は危なっかしい、
日本だけよければという一国平和主義も次第に通用しなくなっている、
という考えを強めてきた。総称すれば、平和ボケである。

憲法の条文がまるで平和のトリデのように錯覚している人がいる。平和
を守るのは憲法でなく国民の意思であって、意思はいまの日本人にきち
んと備わっているのだろうか。

若宮さんは戦争への道を回避する必要を説いている、と祇園寺さんが言
うのはその通りだが、いまその回避法が深刻に問われている。若宮さん
は日本人が侵略性のない穏健な平和愛好民族であることを国際社会に示
し、他国に刺激を与えないように気を配り、外交努力をすれば、戦争は
回避できるという考えのようだ。

その努力は必要だろうが、観念的、微温的な回避法であって、役に立た
ないとわかった時は、もはや取り返しがつかない、と私は思う。

日本は断固として日本人が守るという気概と具体的備えを示さないかぎ
り、〈ひよわな国〉として侮られる。侮られるほど、こわいことはない。

日本が島国であることが地政学的に有利で、侵略される可能性は極めて
小さいという思い込みが、平和ボケを誘発している面もある。しかし、
戦争は意外なきっかけで起きることを過去の歴史が教えているではない
か。

現に西アフリカのマリではフランス軍の軍事介入が続いている。過激派
勢力の拡大を恐れたマリ政府が、最新兵器を持つ旧宗主国のフランスに
支援を求めたからだというが、これは小型戦争だ。

なぜフランスが、と思うが、マリの隣国ニジェールで、原発大国フラン
スが使用するウラン燃料の3分の1をまかなっているという事情があるか
ららしい。

西アフリカの不安定化を避けたいフランスの気持ちはわからないではな
いが、それで局地的な戦争が起きる現実に目をおおうわけにはいかない。
マリだけでなく、隣国アルジェリアでも、テロ組織と政府軍の争いは
「目には目を」の状態になっており、今回の日本人十人の犠牲もテロ戦
争の巻き添えを食ったのだ。アルジェリア政府軍のヘリによる爆撃の犠
牲になった日本人もいたかもしれないという。それほど身近に戦争の脅
威はあるということだ。

◇断固避けるべきは両方 戦争開始と負け戦と

祇園寺さんは、戦争回避が大切なのに〈敗戦の悲惨〉を対置していると
いうが、対置ではない。まず戦争回避に万全を期すことは言うまでもな
いが、それでも巻き込まれた時は〈敗戦の悲惨〉だけは断固避ける、と
いう一連のものである。

戦争回避だけを考えれば事足りるというほど国際情勢は生やさしくない。
私たちは六十八年前の無条件降伏がいかに残酷な結果をもたらしたかを
知っている。二度と繰り返してはならないのは、戦争の開始と、しかし
万一開戦になった場合の負け戦の両方である。

祇園寺さんは1946年生まれと思われるが、その年私はまだ満洲にいて負
けた国民の痛苦を味わった。痛苦だけでなく、多くの人が極寒の満洲と
シベリアで死んだ。中国人にもらわれた子供も少なくなく、のちに中国
残留孤児と呼ばれたが、これほど残酷な人生があるだろうか。

メールには、〈もし日本の力が弱小と判断された時、中国が尖閣諸島に
上陸を強行しないと誰が保証できるのでしょうか。自分の国は自分たち
で守る気概のない国を、一体誰が体を張って守ってくれるでしょうか。

日本と同盟を結んでいる米国は、それが自国の利益になるからそうして
いるのであって、ボランティアで日本を守っているのではありません
……〉(滋賀県守山市、屋比久英夫さん)

という指摘もあったが、同感である。

私のコラムは『朝日』への対抗心も、と祇園寺さんは勘繰っているが、
どうぞ問題を矮小化しないでいただきたい。老齢の身にそんな意識はみ
じんもなく、論者が『読売』『産経』『毎日』の方でもまったく同じこ
とである。
.
(いわみ・たかお=毎日新聞客員編集委員)

                 サンデー時評:2013年02月13日



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
民主党改革案は野田前首相以外には優しい
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


             阿比留 瑠比

遅ればせながら、民主党の改革創生本部(本部長・海江田万里代表)がこ
のほどまとめた党改革案(たたき台案)を入手し、目を通しました。そこ
には、次のような言葉が列挙されていました。メディアも有権者も繰り
返し指摘してきたことをおおむねなぞったような内容です。

「マニフェストは一貫性・現実性を欠くものとなった」「政権運営戦略
が稚拙・未熟」「決められない政党との印象を残した」「政治主導を履
き違えて官僚との意思疎通を欠き」「政党のガバナンスが未熟」

「権謀術数や無責任というイメージを植え付けた幹部たちの行動も大き
なダメージとなった」「けじめのある人事にならず、人事のたらい回し
も見られた」「物事の決め方を議論する姿は統治能力のなさを印象づけ
た」……

とまあ、いろいろな反省が散りばめられており、「なんだ分かっている
じゃないの」と思う部分も多々ありましたが、同時に、どうしてこんな
に菅直人元首相に優しいのかなあ、とも正直感じました。

私の個人的感想では、初代首相がルーピーで、二代目がペテン師だった
時点で、国民はもう民主党を見離していたという気がするもので。
ちなみに、この改革案は衆院選大敗の理由について、

「『普天間』、『政治とカネ』、『消費税発言』から、解散時期の見定
め等、トップによる失政の連鎖が続き、期待外れの政権というイメージ
を与え続けた」

と総括しています。それはまあその通りではありますが、なぜか野田佳
彦前首相以外は名指しを避けているところが気になります。もちろん、
先の衆院選時の責任者は野田氏なのは事実ですが、なんか野田氏にばか
り責めを負わせている印象もあります。例えば、

「野田総理は解散時期を見誤った」「野田総理を前面に出す選挙は間違
いであった」
2013/02/13 12:53
 
などの記述があります。今回の選挙結果について、民主党内ではよほど
野田氏への怨嗟の声が強いのでしょうね。それも無理がない部分はあり
ますが、外野としては「野田政権に至る前にもう民主党はボロボロだっ
たろうに…」という気もします。これでは野田氏も針のむしろ、居たた
まれないでしょうね。

そして、民主党が今日の窮状に至った原因は、野田氏よりも鳩山由紀夫、
菅直人両元首相や小沢一郎元幹事長、さらには現在も素知らぬ顔で参院
議員会長の要職に居座っているガイコツ仙人の罪の方が大きいのではな
いかという疑問が残ります。

そこをきちんと踏まえない反省や総括であれば、結局、あんまり意味は
ないのかなと。まあ、反省だけならサルでもできるそうですから、どう
でもいい話かもしれませんが。
 
http://abirur.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━
大戦後の未解決領土について
━━━━━━━━━━━━━


       Andy Chang 

前の記事で尖閣諸島問題でカイロ会議を持ち出すのは中国側に不利にな
るから日本政府が先に声明書を出すべきだと書いた。もともとカイロ会
議やポツダム会議の声明は法的効力を持たない。中国がこれを持ち出す
なら逆襲すればよいのである。大戦後の領土問題で法的効力を持つのは
サンフランシスコ平和条約だけである。

     サンフランシスコ平和条約(SFPT)で日本が主権を放棄した領土の
多くが未解決のまま現在に至っている。これを解決するのはアメリ    
カを主とする署名国の責任である。

尖閣諸島や台湾の独立などでアメリカはいつも「領土主権問題について
アメリカは主張を持たない、しかし中立でもない」といった曖昧政策と
取り続けている。明らかに卑怯であるが、アメリカの権威が失墜してい
る証拠でもある。

領土問題はアメリカ一国が解決するには責任が大きすぎるかもしれない。
しかしアメリカが率先して署名国に呼びかけ、合同で解決する必要があ
るし、諸国連合なら効力は十分だ。

東南アジア諸国は横暴な中国やロシアと不毛な二国間交渉で領土問題を
解決せず、東南ア諸国が連合してアメリカ及び署名国に解決を要求すべ
きである。東南ア諸国もSFPTの署名国である。

●SFPTにおける未解決領土

SFPTの第2条に明記された領土案の問題点は以下の通りである:

 2(a)、日本は朝鮮の独立を承認し、済州島、巨文島、及び欝陵島を
放棄したが、日本は竹島(独島)を放棄していない。

 2(b)、日本は台湾澎湖の主権を放棄したが、中国に返還したのでは
ない。

 2(c)、日本は千島列島と樺太一部の主権を放棄したが、北方四島は
この範囲に入っていない。
 
2(f)、日本は新南群島(Spratory)及び西沙群島(Paracel)の主権
を放棄したが、領土の帰属を明記していない。

日本はこれまで北方四島の返還を巡ってロシアと交渉し、竹島問題で韓
国と交渉し、尖閣諸島で中国と論争を繰り返している。台湾人は中華民
国に統治され中国の脅威に晒されている。南シナ海の諸群島は中国の勝
手な領土占領で諸国ともめている。

東南アジアの領土紛争についてアメリカはいつも意見を持たない(no
position)と言いながら、平和な解決を望むと言って傍観している。だ
がこれらの領土問題は中国とロシアの覇権拡張によるもので、二国間交
渉で解決出来ないのは明らかである。

●政策と民間運動

領土問題は外交部の仕事だが、外交部だけでなく首相または大統領が率
先してやるべき仕事でもある。だがアメリカの大統領が曖昧政策を取れ
ば進捗しない。

国がやらないときは政治家が動員して国会に働きかけ、国会で法案を提
出して政府を動かすべきである。政治家が動かなければ民間運動で政治
家と国会を動かす。

諸国連合の構想は古くからあった。大東亜共栄圏は戦争の終結と共にな
くなったが、おかげで東南ア諸国が独立を果たす事が出来たのは事実で
ある。

20年前にできたASEANはアジア諸国の経済合作である。そしてAPECは環太
平洋の経済合作である。経済合作でなく、平和と安定の構想もある。最
近になって安倍晋三首相が提案したダイアモンド構想とは環太平洋と中
国の平和と海洋秩序を目指すものである。

これと似たように、私が提案した東南アジア平和連盟(PASEA)は民間運
動で未解決領土の解決を促す構想である。なぜ民間運動かというと、政
府間の連盟はいつも強引な中国やロシアの妨害や、各国のサヨクメディ
アなどの妨害によってなかなか実現しないからである。

曖昧政策を取り続けるアメリカ政府を動かすにはアメリカ国会に働きか
けて国会から政府を動かすのが得策だからである。

●台湾の独立問題

だけども民間運動はなかなかできない。私がPASEAを提案して三年になる
けれど、台湾でいろいろな人に会って話しても彼らの興味は台湾だけで、
国際観のある民間運動などをやる人材はいない。

台湾人は国を持たない、SFPT条約によって未解決領土になった台湾澎湖
は、中国大陸から亡命してきた蒋介石政権に統治されている。台湾独立
とは中華民国を倒すことであり、革命とは流血だと脅かされると民衆は
動かない。

そ台湾人は長年の恐怖統治のため政府に反対できない。しかし革命が流
血を伴うとは限らない。私の提案したPASEAとは諸国連合で行う政治運動
だから無血革命である。それなのに台湾や日本では私の記事に賛成する
読者はいても行動を起こす指導者がでない。

●東南アジア連盟は政治家でも民間でもよい

私のような海外に住む台湾人は独立運動に行動することはできず、参考
意見を提供するだけで、実際行動はリーダーの出現を待たなくてはなら
ない。台湾の政治家は国際観がないから独裁政府に抗議するだけである。
台湾以外の国から始めるほうが望ましい。

PASEA構想は日本や他の国の首相でも政治家でもよいが、リーダーの出現
を待つほかはない。安倍首相がダイアモンド構想の実現を提案してアメ
リカを含む東南ア諸国が中国やロシアの脅威を恐れず、未解決領土の問
題に取り組むことを期待している。



━━━━━━━━━━━━━━
ソロスは円安で930億円を稼いだ
━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成25(2013)年2月15日(金曜日)
      通巻第3878号  <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 さすが世界一の投機家、ジョージ・ソロスは円安で930億円を稼いでい
たゾ
   アベノミクスでドル高、円安の本格化に便乗
********************************

アベノミクスの登場で、日本の通貨当局が市場に1円の介入もしていな
いのに急激に円安状況となり、あれよあれよという間に1ドル=77円が、
94円となった。気分的な希望、期待に世界の投機資金が便乗した。

稼ぎ頭は、かのジョージ・ソロスだった。

彼が稼ぎだしたのは930億円と見積もられる、とウォールストリートジャ
ーナルが伝えた(14日付け)。

ということは、ソロスは、この辺で円安の下限と見極めたか、ポジショ
ンを変更したようで、世界為替市場での円安傾向は頭打ち、ドル高へ傾
斜の気配を見せた。

同日、ワシントンの議会指名公聴会で証言したルオ次期財務長官は「ド
ル高を維持する」とした。
 
筆者はことしのダボス会議でジョージ・ソロスが次の発言をしているこ
とに注目してきたが、彼の迅速な手じまいには驚かされた。

ソロスは、世界経済全般を論じて「財政緊縮を現時点で採用するのは誤
った政策であり、今後1、2年は非常に緊迫した状況が続くだろう」と
したが、続けて「通貨戦争に各国が再度突入するリスクが存在し、これ
は欧州中央銀行(ECB)の行動様式を変えることにつながる危険がある。
主要国はそのような対立を回避するための合意を築く必要がある)。

また円相場の動きについて「日本銀行の政策が本物であることに起因し
ている」としてソロスは、「日本当局が円相場をどこまで押し下げるこ
とができるかは米国がどの程度まで容認する意向であるかによって制限
されるだろうと」と予測したのだった。

ソロスは痛いところーーアベノミクスのアキレス腱ーーを突いた。そう
だ、日本には米国の圧力が左右するという目に見えない暗渠がこの先に
横たわっているのである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌前号の中国分析記事中、「習近平の軍事はやっぱり
劉源」とあって、誰だろう、こういう予測をしていた人がいたと思い出
したのです。

そこで本棚から貴著の『中国を動かす百人』(双葉社)を取り出して、
「『太子党』は三派に分裂」という項目を開いたら、こうあるじゃあり
ませんか。
 (引用開始)

「習近平を囲む劉源派と胡耀邦の息子(胡徳平)派が太子党の勢力を大
きく分ける。

習近平は兄貴分だった薄煕来を失って一時は悄然となったという。これ
は中枢の権力闘争で、胡錦涛率いる共青団のセクト争い上の勝利という
解説が多い。

習近平にとって同じ太子党のライジングスターであり、一方はカリスマ
性に富んだ薄煕来は潜在的ライバルであり、その失脚は将来のナンバー
2を未然に消したという意味では、むしろ歓迎するべき事態だった。

習のまわりを囲む忠臣集団のなかで、軍で台頭めざましいのは劉源(上
将。総後勤部政治主任)である。

劉は毛沢東の最大の政敵だった劉少奇の息子である。習近平の父親は劉
少奇派であり、毛沢東ににらまれて文革で痛めつけられた。そういう親
をもつ文脈でも、また習と劉は幼友達であるという文脈でも、これから
の中国では強い朋友となるだろう。(中略)

彼らは胡錦涛・温家宝の「保八路線」(経済安定化)を「軟弱であり、
危機を目前にして対策がのろく、無作為である」と批判する一方、自分
の親たちを失脚させた紅色政権(共産主義ドグマの独裁)には批判的で
ある。

したがって「新民主主義」なるものが「共産主義」ドグマの桎梏から超
越できる新しい哲学的概念であると自画自賛し、また中国共産党の合法
性も同時に主張する。

論理構造は支離滅裂としか言いようがないけれども、その論理的矛盾に
はかまわず、新しいドグマを提唱しているところに特徴がある。その矛
盾の最たるポイントは、太子党のなかでも文革で失脚した親をもつグル
ープをかばう点である。事実、劉源らは薄煕来を失脚直前まで支持した」
(宮崎正弘『中国を動かす百人』、双葉社から引用)。

なるほど、この貴著の文章を読んで、改めて劉源登場の背景が分かりま
した。(YU生、京都)


(宮崎正弘のコメント)薄煕来事件のあと、しばし鳴りを潜めていた劉
源が発言を始めたことは要注意です。



  ♪
(読者の声2)日銀白川総裁が任期切れまでに辞任表明し、次は誰かと
下馬評がさかんですが、どうやら黒田アジア開銀総裁が、最有力という
情報が流れています。先生の見通しはいかに?(TY生、世田谷)


(宮崎正弘のコメント)官界人事情報に疎い小生としては、まったく分
かりませんが、その情報通りとすれば、「白が黒になるだけ」では? 
また人事観測はこの段階で有力視されると、たいがい観測気球に使われ
るだけで、隠れた本命か、ダークホースがいるんじゃありませんか。



  ♪
(読者の声3)1999年4月6日 発行のデアゴステイーニ社の「週刊ム
ービー No57」に所謂「でっち上げ南京事件が無かった」のを傍証す
るような映画があるらしいので、ご報告いたします。

それは、1938年東宝制作 解説 徳川夢声 題名「南京」掲載された文
章をそのまま写します。

「前作「上海」で長編記録映画の金字塔を打ち立てた東宝映画文化映画
部が、今度は陥落直後の南京へ撮影スタッフを派遣し、戦争の爪痕や現
地住民の状況をフィルムに収めたドキュメンタリー。

城内の左手に中国の戦闘機が逆立ち、広い中山路は民家の家財がむごた
らしく散らばっている。軍官学校の壁には、一度去ったらここに来られ
るかという悲痛な落書きがあった。貴重な映像記録といえる1作」
如何なんでしょうか?

今まで南京に関して、このような記録フィルムがあるとは寡聞にして聞
いたことがありませんでした。あのでっち上げを否定する傍証にならな
いものかと、思い投稿いたします。

旧聞に属すような情報でしたら、申し訳ありません。(SAKURA)



  ♪
(読者の声4)貴誌前号の投書「SJ生、静岡」氏のモンゴル帝国論大変
面白く読ませて頂きました。

私も予々アジアの歴史は中国の歴史で語られるのに疑問をもっていまし
た。

モンゴルは中国(シナ)を席巻植民地にして元を打ち立てやがて中国で
敗退してもモンゴル帝国は微動だにしなかったわけですが、その部分が
語られない。

語るべきはジンギスカンの後裔であるモンゴル人なのか。研究はこれか
らということですか。(SF生 岡山) 


(宮崎正弘のコメント)この方面の第一人者は宮脇淳子さんです。近年、
沢山の著作を矢継ぎ早に発表されていますので、是非ご参照あれ。
 


  ♪
(読者の声5)貴誌前々号にでた藤井厳喜説:史上「ランドパワーはシ
ーパワーになった例はない」に関して、「SJ生、静岡」様からも貴重
なご意見が寄せられました。

私はこの問題を別の視点で考えてみました。

それは、兵法のコツが「相手の意表を突く」ことにあるからです。歴史
上、過去を打破した例は、アレキサンドロス大王が「解いたものがアジ
アの王となる」という預言のあった「ゴルディアスの結び目」を一刀両
断した故事があります。

ナポレオンもそれまでにない兵力の一点集中突破戦法で既存の布陣法で
展開した敵を打ち破りました。

とくに現代は革命的な兵器である長距離核ミサイルが出現しました。こ
れは核保有国の軍事力を世界的に展開することを可能にしており、過去
の歴史、大家の地政学の説がストレートには通用しなくなっていると思
います。

米国のジョークに、「バックミラーを見て運転してはならない」があり
ます。「歴史に学ぶが、とらわれるな」ということでしょう。

我々は過去を学ぶにせよ、中共の世界戦略を頭から軽視せず最悪に備え
て用心すべきです。(東海子)


(宮崎正弘のコメント)その中国が「歴史を鏡とせよ」なんてダジャレ
を飛ばしているのはお笑いです。



━━━━━━━━━
文化大革命の毛沢東
━━━━━━━━━


    渡部亮次郎

1972年9月、日中国交正常化の際、毛沢東はまだ健在だったが、訪中団で
面会できたのは首相田中角栄、外相大平正芳、官房長官二階堂進の3人だ
け。通訳や随員も不可。もちろん記者団にも姿を晒さなかったから私も
見なかった。

私はその6年後、こんどは外務大臣秘書官として訪中したがその前の1976
年9月9日に毛は82歳で死んでいたので、面会したのは毛主席紀念堂に
飾られた遺体であった。

ところで1966年5月16日の「通知」(5・16通知)や同年8月の中共8期11
中全会(中国共産党第8期中央委員会第11回全体会議)での「中国共産党
中央委員会のプロレタリア文化大革命についての決定」(16か条)で文
化大革命の定義が明らかにされた。

だが実態は、失脚者毛沢東が引き起こした権力奪回闘争であった。大躍
進政策の大失敗により国家主席を辞任して以来、危機感を深めた毛沢東
が、劉少奇国家主席やトウ小平らから権力を取り戻すために仕掛けた大
規模な権力奪還闘争に過ぎない。略称は文革(ぶんかく)。

「政治・社会・思想・文化の全般に渡る改革運動」のはずが、実際には
ほとんどの中華人民共和国の人民を巻き込んだ粛清運動として展開され
た。

結果的に約1,000万人以上(異説では3,000万人)と言われる大量虐殺と
それに伴う内戦へと発展、国内は長期間にわたる混乱に陥った。

始めは毛沢東指示の下、国家主席劉少奇からの政権奪還を目的として林
彪の主導により進められた。

林彪の毛沢東暗殺失敗に伴う国外逃亡時の事故死後は、毛夫人江青ら
「四人組」に率いられて毛沢東思想にもとづく独自の社会主義国家建設
を目指したが、実質は中国共産党指導部における大規模な権力闘争に大
衆を巻き込んだ大粛清であったに過ぎない。

共産党指導部に煽動された暴力的な大衆運動によって、当初は事業家など
の資本家層が、さらに学者、医者などの知識人等が弾圧の対象となった。
尖兵実働隊が紅衛兵(男女)だった。

その後弾圧の対象は中国共産党員にも及び、多くの人材や文化財などが
甚大な被害を受けた。これによって中国の経済発展は20年遅れたと言わ
れている。一般の革命とは一線を画すクーデターだった。

1966年から10年にわたって吹き荒れた中国の政治混乱の背景には、

(1)1949年の中華人民共和国の建国以来、中国の社会主義建設が不調であ
ったこと

(2)建国の指導者毛沢東が政治的に失脚していたこと

(3) 中ソ対立など国際的な社会主義運動の対立 などがある。

1965年11月10日、姚文元は上海の新聞「文匯報」に「新編歴史劇『海瑞
罷官』を評す」を発表し、毛沢東から批判された彭徳懐を暗に弁護した
京劇『海瑞罷官』を批判して文壇における文革の端緒となった。

1966年5月北京大学構内に北京大学哲学科講師で党哲学科総支部書記の聶
元梓以下10名を筆者とする党北京大学委員会の指導部を批判する内容の
壁新聞が掲示されて以来、次第に文化大革命が始まった。

8期11中全会以後、中国共産党中央は麻痺し、陳伯達・江青らの文化革命
小組がそれに代わった。文化大革命について最もはっきり述べているの
は1969年4月の第9回党大会における林彪の政治報告である。

江青をはじめとする四人組は毛沢東の腹心とも言うべき存在であり、四
人組は実は毛沢東を含めて「五人組」であったとする見方もある。

原理主義的な毛沢東思想を信奉する学生たちは1966年5月以降紅衛兵と呼
ばれる団体を結成し、特に無知な10代の少年少女が続々と加入して拡大
を続けた。

実権派(「走資派」とも呼ばれた)と目されたトウ小平や劉少奇などの
同調者に対しては、徹底的な中傷キャンペーンが行われた。批判の対象
とされた人々には自己批判が強要され、「批闘大会」と呼ばれる吊し上
げが日常的に行われた。

実権派とされた者は三角帽子を被らされ町を引き回されるなどした。吊
し上げ・暴行を受けた多くの著名な文人名士、例えば、老舎、傅雷、翦
伯賛、呉晗、儲安平らは自ら命を断った。

極端なマルクス主義に基づいて宗教が徹底的に否定され、教会や寺院・
宗教的な文化財が破壊された。特にチベットではその影響が大きく、仏
像が溶かされたり僧侶が投獄・殺害されたりした。

毛沢東の1927年に述べた「革命とは食事に客を招くことではなく、上品
で温順でつつましやかなものではない。革命は暴動だ。一階級がもう一
つの階級を打ち倒す暴力なのである」という言葉がスローガンとなって
多くの人々を動かし暴力に走った。だが、中華人民共和国政府はこの事
に対する、明確な説明あるいは謝罪を行っていない。

1973年8月から1976年まで続いた林彪と孔子及び儒教を否定し、罵倒する
運動は後に判明したところによれば、孔子になぞらえて周恩来を引き摺
り下ろそうとする四人組側の目論見で行われたものであった。

毛沢東は「日本共産党も修正主義打倒を正面から掲げろ」「日本でも文
化大革命をやれ」と革命の輸出的な意見を述べた。日本共産党は「内政
干渉だ」として関係を断絶した。その後1998年に日本共産党と中国共産
党は「誤りを誠実に認めた中国共産党側の態度」によって32年ぶりに関
係を修復した。

評論家の大宅壮一は幼い紅衛兵が支配者に利用されて暴れているようす
を「ジャリタレ革命」と批判した。この最中の1972年9月、田中角栄首相
は特別機で北京入りし、日中国交正常化を成し遂げた。

同行した私は天安門広場に残された佐藤前政権非難のたて看板多数を目
にした。北京は敗戦直後の東京を想像させた。チップは取るはずが無い
という日本外務省の説明は嘘。ソヴィエトの建てたホテッルは湯が出な
くて苦痛だった。

そうした矛盾を何とかしようと周恩来首相やトウ小平は現実路線を採ろ
うとしていたが、これを毛沢東は修正主義として非難。世の中を知らぬ
青少年に倒させようとしていたのである。トウは「下放」されていて現
れなかった。

1976年には、文革派と実権派の間あって両者を調停してきた周恩来、こ
の混乱の首謀者であった毛沢東が相次いで死去し、新しく首相となった
華国鋒は四人組を逮捕した。

翌1977年8月、中国共産党は、1966年以来11年にわたった文革の終結を
宣言した。1981年には四人組と林彪グループに対し、死刑から懲役刑の
判決が下された。

トウが復活して1978年8月、日中平和友好条約が締結され、日本の資金と
技術が驚異的な経済の改革・開放を可能にし、北京オリンピックを可能に
した。だが、全体主義国のオリンピックはいずれも9年後に国を滅亡させ
たと不気味な分析を突きつけられている。

1981年6月に中共11期6中全会では、文化大革命は「指導者が誤って発動
し、反革命集団に利用され、党、国家や各族人民に重大な災難をもたら
した内乱である」としている。

文化大革命期間中の中華人民共和国では大学が1972年頃まで閉鎖され、
再開後も入学試験は行われず、青年は農村に下放された為、専門知識を
持つ人材の育成は大きく遅れた。

1954年生まれの中華人民共和国前駐日大使の王毅ら、中華人民共和国の
指導的人物に若い世代が多いのもこれが原因である。紅衛兵、吊るし上
げられた人の相違を問わず現在の中国を無批判に評価している人物は少
ないと推測される。

公式コメントでは、「わが党が犯した最大の過ちである」と認識、謝罪
した。毛沢東についても、「七分功、三分過」と言うトウ小平の発言が
公式見解のようだ。

2006年5月、文化大革命発動から40周年を迎えたが、中国共産党から「文
化大革命に関しては取り上げないように」とマスコミに通達があった為
に、中華人民共和国内では一切報道されなかった。この様に「文化大革
命」に関しては中華人民共和国内のマスコミにとって触れてはいけない
政治タブーの一つとなった。

紅衛兵は、「赤は革命の色であるから赤信号で止まるのはおかしい。赤
信号で進んで青信号で止まるべきだ」と主張した。この案が却下される
にあたっては、なんと周恩来が動いたとの説もある。

他にも、「道路の右側を通行するのはアメリカ帝国主義的であるから左
側通行にすべき」との主張もあったが、帝国主義においてアメリカの先
生的存在であるイギリスが左側通行との理由で取り止めになった。
 
当時まで粛清されずに生き残っていたかつて富農や官僚だった者が批判
・迫害され、吊し上げや殺害が盛んに行われた。ついには毛沢東の父が
富農だったことを批判する壁新聞が出た。
 
旧思想・旧文化の破棄をスローガンとする紅衛兵らにより、明王朝皇帝
の万暦帝の墳墓が暴かれ、万暦帝とその王妃の亡骸がガソリンをかけら
れ焼却されたという。
 
1967年、劉少奇夫人の王光美はピンポン玉のネックレスを首からかけさ
せられブルジョワと非難された。

寝室に毛沢東の肖像を飾っていた新婚夫婦は「主席の前でセックスをした」
と非難された。夫婦は「その時は電気を消していた」と反論した。 

毛沢東に忠誠を捧げる意味から、「毛沢東語録歌」にあわせて踊る「忠
の字踊り」が強制され、踊らなかったら列車に乗せてもらえないことが
あった。また豚の額の毛を刈りこんで「忠」の字を浮き上がらせる「忠
の字豚」が飼育された。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毛を吹いて疵を求める(きしまぬ言語統制の三)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                上西 俊雄

[はじめに]

チャンネルをいろいろ切替へてゐたら大河ドラマの2囘目で和歌の朗誦
の場面であった。紅葉とあるところを音で kaue`u と讀んだので興ざめ
してやめた。ローマ字は歴史的假名遣の擴張ヘボン式による轉寫。逆ア
ポストロフィは語中のハ行音。au は autumn の、eu は Europe のそれ
のやうに發音する。これは語中のハ行音の介在を排除しない。あとで調
べると、

<みこころの あかきほどにや 紅葉の 色も千入に みゆる一枝

mikokorono akaki hodoniya momijibano  iromo chishi`oni 

miyuru hitoeda>

と讀むところではないかと思ふ。千入(ちしほ)は幾度も染めることで
血潮に通じる。

紅葉の訓はモミヂだからモミヂバと讀むのは難しいといふ人もあるけれど、
訓といふのは、さう窮屈なものではあるまい。しかしどちらでもよいと
なれば、日本語はなんと難しい言語であるかとなるかもしれない。

訓に幾通りもあるのは當然としても音の場合も必ずしも簡單でない。日
本といふ語でも nihon と nippon とぶれてゐる。NHKは日本人を 
nippnzhin といふ。安倍首相は日本銀行を nippon ginkau といひ、
nihon ginkau とは言はないやうだ。

麻生さんは nihon ginkau といってゐた。長谷川如是閑だったと思ふが
この問題について nippon といふことは日本語にはないことであったと
書いてゐたのを讀んだ記憶がある。

平成21年10月22日に開かれた九州山口世界遺産のシンポジウムでは八幡
製鐵所も對象に含まれてゐた。懇親會で外國の人から yawata か yahata 
かどちらなのだと質問されたときは、擴張ヘボン式なら ya`ata とする
こと、逆アポストロフィはハ行假名に對應する父音でア段で兩唇半母音
として實現されるが、切れ目が意識されると呼氣として實現されると説
明した。

日本語は音が決まってゐないから正書法がないと、NHKで言ってゐた
けれど、ローマ字で日本といふ語を書く場合のことを考へてみれば、さ
う言ひたくなることは解らなくはない。しかし、ジヂをジとし、ズヅを
ズと決め附けたのは行き過ぎであった。

2847號で魚網の砂濱に投じる影にたとへて五十音圖のことを説明したが、
影では重なってもジとヂ、ズとヅがそれぞれ別の系統につながるもので
あることは、網の本體にもどってみれば解ることだ。


[minimal pair]

2863號で minimal pair といふことに觸れてギムソンの始めた方法と書
いたけれど、名稱はともかく方法自體は古くから知られてゐたのだと思
ふ。この方法で英語を教はったのは、ギムソンの英語音聲學入門の初版
がでる7年以上も前だ。

竹林先生の譯が出たのは、初版が出てから更に20年もあとのことで、丁
度ギムソン教授を訪問したときに翻譯の許諾をもとめる竹林先生の書簡
が屆いてゐたことは教授が机の抽斗より出してみせてくれたので覺えて
ゐる。

英語教育では minimal pair といふのは語のレベルでも、つまり、sheep 
と ship の違いのやうな場合にもいふやうであるが、筆者の關心は、sh 
と zh のやうな單音の場合。

少し英語のことに觸れる。前囘(2863號)の最後で觸れた backing of
`a' after /w/ rules は minimal pair といふ考へ方からすれば 
backing でなく rounding とあるべきところ。

backing とは母音梯形(母音臺形といふのかと思ったら手許の辭典では
母音不等邊四畫形であった)といふ名前で知られる母音の配置圖では右
下の位置つまり奧舌母音の方向にずれること。rounding とは 
lip-rounding で圓唇で發音すること。/w/ が圓唇化を伴ふことは見やす
いところだ。

rounding といふのは前舌母音の a には働かない。實は英語の a の音價
は今より奧舌寄りであったので圓唇化が起きた。おそらく當時にあって
は圓唇を伴ふかどうかは minimal pair に近いものであったのだ。

しかし want や quantity のやうな例が多いので、19世紀後半に英語
に入った swastica のやうに、歴史的には /w/ の影響を受けなかった語
についても pot の母音で發音する人も出てきた。

以上、ギムソンが backing と呼ぶ所以についての説明。 なほ、梯形を
意味する英語は英國では trapezium 米國では trapezoid と異なる。

quango (quasi-autonomous non-govermental organization) といふ語を
特殊法人と譯して收録したのは表音小英和が恐らく最初。新語であり、
velar で閉じてもゐたので、backing は生じないとみた。

ロンドンから歸朝したばかりの東京外國語大學教授齋藤次郎氏に表音小
英和を獻じたときの感想はBBCで問題になってゐたホットな語が收録
されてゐたこと及び發音がBBCの結論と一致してゐることに驚くとい
ふものであった。

The Second Barnhart Dictionary of New English (1980)ではbacking 
を認めた發音。表音小英和の後で出た研究社の大英和辭典第5版にも出
てないので、日本でこの語を2番目に收録したのは研究社のリトル英和
辭典第4版といふことになる。

恐らくBarnhartによったのだと思ふが園唇音。編者の竹林先生に電話し
たところ直ちに誤りを納得、現在では backing のない發音で記載されて
ゐるはずだ。

母音梯形のほかによく見る圖は調音のときの口を横からとったレントゲ
ン寫眞によるもので、齒、口蓋、舌の形状を模式的に示したもの。舌は
レントゲンでは寫らない。銀の鎖をのせて撮影するのだといふのは大西
雅雄先生に教はった。

大西先生の年賀状は歴史的假名遣。日本音聲學界の會報も題字は正字體
であった。音聲學者として戰後の國語政策は納得できないものであった
のだと思ふ。

大西先生作成の圖は掛圖になったりしたのだと思ふ。轉載の許諾をもと
めてきたのを斷ったことがあると聽いた。ああいふ圖の著作權のことま
で考へたことがなかったが、最近見かけることがないのはさういふ事情
もあるのだらうか。

表音小英和はペーパーバックの表紙にこの圖をのせて子音の發音を網羅
した。圖はギムソンの英語音聲學入門より借用し、あとで了解を得た。
この圖のことを英語でどういふのかと竹林先生から電話で問合せを受け
たことがある。ギムソンに訊ねて mouth diagram と答へたのだった。

minimal pair は同じ圖になる。つまり有聲音無聲音は一緒になるのだ。
表音小英和では發音記號でなく、その音を含む單語そのもの、なるべく
繪になるやうなものを家人に選んでもらった。


<key, gear; cock, god // 發音記號 k で表されるものに前舌母音の前
と奧舌母音の前とかなり異なるものであるため、2つの圖がある。


top, day; tree, dream // tr, dr と續く場合の t, d の發音はかなり
異なる。

sketch, bridge// 語末。今なら church, judge と語頭の例を擧げた
ところ。

thief, though

baby, pipe

fox, voice

sun, zoo

ship, measure// measure の子音が zh>

他にl, r, n の圖(l には dark l と clear l の2つの圖)があるが、
これらは minimal pair を成さない。m および ng の圖は缺落。

國際基督教大學の夏季言語學研究會といふのに表音小英和持參ででかけ
てみたら、口型圖を載せた本が少いから、この表紙だけで一册の本の價
値があると言はれた。社内では不評であった。

a が w の後で backing することを『現代英語教育』昭和52年2月號の
「英語の振り假名」では

a → o / w-

のやうに書いた(短母音を示すブリーヴは省く)。保科孝一なら o に發
音される a なら o と書くべきだとするところ。ここに厄介なのは、w 
の後の o は u のやうに發音されることが多いこと。實際、

o → u / w-

といふ規則を追加した人もあった。m n v w などと u が竝ぶと縱線
(minim)が多くて判讀が難しい。さういふ場合の u は o と書くことが
行はれた。some son love wonder などのo が u のやうに發音されるの
は元來 u であったためで、表音小英和では o に dot を冠して u の異
體字であることを示した。


[假名の成立]

さて、日本語のことに戻る。今になって氣がついたのは minimal pair 
を我等が先祖が發見してゐたといふことだ。さうでなければ假名文字の
成立はなかった。

サトウの論文をファクシミリ版のコピーでみると、手といふ漢字が假名
ヲの起源だとあった。乎とあるべきところの誤植だ思ったけれど、單に
コピーの精度が惡かったためであった。

濁點の有無はもちろん、濁點なのか半濁點なのか解るものではない。東
洋文庫までサトウの書込みのある拔刷を見にいったりした。そもそも筆
で書く場合は點は附さないのが普通であったのではないか。

「わが庵は都の辰巳しかぞ住む世を宇治山と人はいふなり」といふ喜撰
法師の歌では宇治(ウヂ)は憂し(ウシ)との掛詞。喜撰法師は平安初
期の人とされてゐるから假名文字の成立時と同時代か、違ふとしても遠
く隔たってはゐなかっただらう。

だからヂジの音は假名の成立時から近かったはずだ。しかし、それを同
じとせず、それぞれにチもしくはシと同じとされやうとも二つを區別す
る方を選んだのだ。さうすることによってはじめて正書法が可能になっ
たのだ。實際、清濁が必ずしも一定しないのは、難しいをムツカシイと
いふ人があることによってもあきらかだ。

ネットで入手した金花糖主人作成の萬葉假名表によれば、ジは自士仕司
時盡慈耳餌兒貳爾でヂは遲治地恥尼泥であり、ズは受授殊聚儒孺で、ヅ
は豆頭逗圖弩。手元の『大字典』で呉音ヂを確認できたのは遲治地、尼
は漢音ヂ、泥は呉音ナイ漢音デイでとある。

また呉音ヅを確認できたのは豆頭逗圖、弩は漢音ド呉音ヌとある。これ
らについて新しい辭書で調べてみると『大字典』で呉音ヂとあるものは
すべて呉音ジに、また呉音ヅとあるものはすべて呉音ズに改められてゐ
る。

呉音においてジとヂ、ズとヅは別の音であったはずだけれど、これはど
う考へるべきなのか。ジがヂと同じ音を表すやうになったといふことか
らすると、呉音ジとあるのは呉音ヂと讀むべきなのか。

役所の威令のいきわたってゐること眞におそるべきものがある。漢和辭
典がかうであってみれば、鄰國との外交文書を讀みこなすやうな人材育
成もおぼつかない。尖閣周邊は「海防對象外」との明王朝公式文書記載
を石井望長崎大准教授が發見するまで外務省中國課が知らなかったのも
當然だと思はれる。

先日のセンター試驗問題をみると古文も漢文も必修とみてよい。なぜ假
名字母を制限し、漢字の字體や讀みを制限し、古文や漢文の學習に二度
手間をかけさせるのか。

言葉は生きてゐるから、音が基本であれば表記は動かざるを得ない。そ
れでは困るからと拘束衣を着せたのが、戰後の表記改革であった。斯く
拘束衣を着せたからには、英語における a の backing のやうな説明は
不要になったかといへば、そんなことはない。

露伴の昭和2年の文章をみると、戰後の方式と違ってオホはオウと書く
ことにするつもりであったらしい。まづそのところを引く。

<「おう」を「おお」と讀めといふのは松田を竹田と呼ぶことになって
怪しかることである。間違ひである。いったい「おう」と書いて「おお」
と讀ませようとする料簡の奧には音便のことが存するのである。音便で
は「おう」を「おお」と讀むことも多い。

しかしそれはさう教育されてゐるからさう讀むのである。それなら同じ
手數で「おほ」を「おお」と讀ませるやうに教へておいたらよい。「お
う」を以て「おほ」に變へるには及ばない。>

似たやうなことを Ernest Satow が書いてゐる。拙譯で示す。

<もっとも適切な例は oho-(大)で始まる地名の場合で、これは長音の 
o で發音されるので、表音方式では長音符かもしくはシルコンフレック
スを冠した o で表す。

しかし、そのやうな字母のあるフォントは少ないので特注しなければな
らないし、また書くときにアクセントを附す人も少ない。

かくして日本第二の都市の名は Osaka と綴られ、日本における初期基督
教の歴史において有名な長崎に近い町の名は Omura で、九州の一地方の
名は Osumi となった。これらはすべて本當は長音の o なのだ。

さらに、一方が長音の、他方が短い o を有する島や姓の場合にどちらも 
Oshima とか Oyama と書くしまつだ。もし、提案された便法通りに長音
の o は二重の o で表すなら good や brood の oo のやうに讀まれる危
險がある。

少くとも英語を話す人々の場合はさうだ。發音規則をさだめて覺えても
らふべきではあるけれど、さういふことをするのであれば、わざわざ我
々が新規に發明したことについての規則でなく假名遣についての規則を
覺えてもらへばよいではないか。>

海外での事件、邦人の名前をいふのに、ローマ字で o となってゐるため
か、二通りに讀まうとすることがある。表記のことだけでなく、目的語
はヲ格だと教へて、通行人を切り附けるなどといふ表現を流行らせるこ
とも拘束衣だと思ふけれど、ローマ字の場合もヂジヅズの場合も情報の
劣化を招いただけであった。かういふことを毛を吹いて疵を求めるとい
ふのではないか。



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎泥沼産む“橋下遺産”でのしかかる借金 私立高無償化、給食…

 14日発表された大阪府の25年度一般会計当初予算案。生活保護扶助
費など社会保障関連経費は年々増え続け、財政を圧迫している。

その上に重くのしかかるのが「私立高授業料無償化」や「中学校給食」
など橋下徹前知事の“遺産”だ。大幅な税収の回復が見込めない中、貯
金の取り崩しや借金に依存する悪循環から抜けきれず、府の借金は過去
最高の約6兆4千億円に膨れあがる見込みだ。

自由な進路選択の機会を提供することを目的とした現行の私立高授業料
無償化制度は橋下前知事が23年度にスタート。25年度は1〜3年まで3
学年すべてがそろうため過去最高の約228億円に。原則として今後も毎年
同額が必要になる。

また、中学生の学力や体力の元となる食を充実させ、大阪の教育力向上
につなげようと23年度から始めた給食施設整備費助成の負担も重い。27
年度までに市町村に246億円の助成を行う計画で、25年度は約35億円を計
上。府は28年度中に大阪、堺両政令市を除く府内全市町村で実施率100%
をめざしている。

府が昨年2月施行した財政運営基本条例は収入の範囲で予算を組むと規
定するが、税収だけで賄うのは現実的に不可能だ。

そのため、府はこれまで国から配分される地方交付税に頼ってきたが、
25年度の交付税は減額され、24年度当初比147億円減の2553億円に。府は
歳入不足を補うため“貯金”にあたる財政調整基金から401」億円を取り
崩した。ただ、それでも足りず、臨時財政対策債も同比200億円増の3100
億円の発行を余儀なくされた。

国は臨財債を将来の交付税で補填するというが不透明な状況だ。しかし、
府は背に腹は代えられないのが実情で、臨財債を発行し続ける悪循環に
陥っている。 産経新聞 2月15日(金)0時58分配信 



 ◎ 火災で航行不能のクルーズ船、トイレがあふれ食料配布でトラブルも

(CNN) 乗客乗員4200人あまりを乗せたクルーズ船「カーニバル・
トライアンフ」が、メキシコ湾を航行中に火災を起こして航行不能にな
った事故で、運航会社のカーニバル・クルーズラインは13日、同船がア
ラバマ州モービルの港に曳航されると発表した。

同運行会社によると、トライアンフは10日午前、米テキサス州ガルベス
トンに戻る途中でエンジンルームから出火し、メキシコ北部のユカタン
半島沖約240キロの地点で航行不能になっていた。

カーニバル社は船の到着に備え、100台近いバスを手配し、ニューオーリ
ーンズのホテルに1500室を超える客室を予約。また、出発地に近いヒュー
ストンまで乗客を届けるため、チャーター機を複数手配したという。

だが船内の状況は混乱しているようだ。ある乗客の家族によれば、乗客
は食料などをもらうための行列に最大で4時間も並ぶ羽目になったほか、
早い者勝ちで配布が行われたため、列の最後尾にいた人はパンと調味料
しかもらえなかったという。乗客の間では配布をめぐって口論も起きた。

また、トイレは一部しか機能せず、待ちきれない人は医療用ゴミ袋を使
って用を足しているという。

乗客らによれば停電によって船の排水システムが動かなくなり、下水が
廊下や客室にあふれ出す状態に。空調設備も動かなくなり、乗客は涼し
い空気を求めてデッキに出ているという。

カーニバル社の客船が火災を起こしたのはこれが初めてではない。2010
年にも別の船が太平洋上でエンジン室から出火。トイレがあふれるなど
「今回とまるで同じ状態だった」と、この時の乗客は言う。

カーニバル社は事故を起こした船の乗客に料金を全額返金するほか追加
で500ドル、帰りの交通費などを負担。無料で別のツアーに招待するとし
ている。だがある乗客の家族は「2度と同社の船に乗る気にはならない
だろう」と語っている。

CNN.co.jp 2月14日(木)12時19分配信 



 ◎アジアで原発新設100基 日韓ロ、受注競争が加速 20年で50兆円市


2013/2/15 14:01 ニュースソース 日本経済新聞 電子版

アジアで原子力発電所の建設が急増し、今後20年間に約100基増える見通
しだ。中心は中国、インド、韓国で新設計画の9割を占める。

経済発展に伴う電力需要増に対応するためだ。日本企業にとっては原発
関連の輸出機会が広がる。同様にアジアへの原発輸出を目指す韓国やロ
シアなどと官民を挙げた受注競争が加速しそうだ。

各国のエネルギー計画などをもとに日本経済新聞が集計した。中国は
2020年までに 56基を新設し、発電能力を8000万キロワットと現在の9倍
に増やす。総発電量に占める原発の割合を現在の約1%から10%まで高
める。

インドは18基を造り、原発の発電能力を50年には4700万キロワットと現
在の11倍強にする。韓国は19基を新設し、30年までに原発比率を約3割
から59%に高める。ベトナムは30年までに合計14基を新設する計画だ。

日本は福島の原発事故を経て原発政策を見直しているが、アジアでは原
発新設の姿勢が際立つ。和光大の岩間剛一教授は「電力需要の増加、温
暖化ガスの削減、再生可能エネルギーの能力不足」の3点を理由に挙げ
る。

経済協力開発機構(OECD)によると、世界の発電量は35年に30兆キ
ロワット時を超え、08年より8割も増える。その大半はアジアを中心と
する新興国だ。太陽光や風力など再生エネは発電コストが高く、今の技
術では安定した発電を見込めない。岩間氏は「少ない燃料で大規模発電
ができる原発は新興国にとって魅力的だ」と指摘する。

原発1基の新設費は5000億円程度で、100基だとアジアは50兆円規模の市
場となる。欧州企業と組み世界市場で先行する東芝や三菱重工業などの
日本の原発メーカーは輸出機会が広がる。

韓国やロシアも技術開発に力を入れ、原発輸出を積極化している。ベト
ナムではロシアと日本、フランスなどによる受注競争の結果、第1期
(2基)をロシア、第2期(2基)を日本が受注。第3期は韓国が受注
を目指し首脳会談などで攻勢をかけている。

安倍晋三首相は1月、ベトナム、タイ、インドネシアを訪ね原発などイ
ンフラ輸出を促す考えを示した。外務省は原発輸出を視野にインドと原
子力協定の締結に向け交渉を続けている。経済産業省はサウジアラビア
と原発輸出の協議を始めた。

新興国とは対照的に欧米では原発新設の動きは目立たない。米国は昨年、
34年ぶりに新設計画を承認したが、シェールガスなど安価な天然ガスの
増産を見込めることもあり原発は基本的に現状維持の方針。

送電網で電力の域内融通が利く欧州は再生エネに軸足を移しており、ド
イツは22年末までに原発を順次閉鎖する。原発推進国の仏も75%の原発
比率を25年までに50%に下げる方針だ。

各国の原発政策に温度差が出るのは国内の資源の有無など様々な要因が
絡む。アジアなどでの原発新設を踏まえ、国際原子力機関(IAEA)
は「世界的に原発の安全性を高めることが不可欠だ」としている。 
(2013年2月15日 N.H.採録)



 ◎シェールガス輸入で1兆円保証=LNG調達コスト削減を支援―茂木経
産相

茂木敏充経済産業相は15日の閣議後記者会見で、価格の安いシェールガ
スの開発・輸入など民間プロジェクトに対し、総額1兆円の債務保証を優
先的に行う方針を明らかにした。

2011年3月の東京電力福島第1原発事故以降、火力発電所の燃料費が膨ら
んでいる上、円安の進行で液化天然ガス(LNG)の輸入価格が上昇する懸
念もある。政府は今回の支援で、LNGの調達コスト削減を図る考えだ。

シェールガス調達に対する債務保証は、茂木経産相が18日の産業競争力
会議で示すエネルギーコスト低減策の一環として検討されている。経産
相は会見で「天然ガスの国際市場は未成熟で(価格の)地域間格差が存
在する。

輸入価格の引き下げ余地はある」と語り、債務保証を行うことでシェー
ルガス関連プロジェクトが活発になれば、価格の下落につながるとの考
えを示した。 時事通信 2月15日(金)12時50分配信 



 ◎地下鉄九段下駅の“バカの壁”撤去 都営・メトロ乗り換え時改札
不要に
 
東京都交通局と東京メトロは15日、地下鉄九段下駅(千代田区)で一
昨年から進めていた都営新宿線とメトロ半蔵門線のホーム間の壁撤去が
完了し、3月16日から乗り換え時の改札が不要になると発表した。

ホームは隣り合っているがこれまで壁のために必ず階段を上って改札を
通過しなければならず、猪瀬直樹知事が“バカの壁”と呼んで撤去を提
起。約12億円(都負担約5億円)をかけホーム約200メートルのうち約90
メートルの壁を取り払った。

同時に都営新宿線岩本町駅とメトロ日比谷線秋葉原駅(同区)の乗り換
え割引適用も始まり、定期代は15%引きに。都営三田線・大江戸線春日
駅とメトロ丸ノ内線・南北線後楽園駅(文京区)、都営新宿線・メトロ
南北線市ケ谷駅(千代田・新宿区)では、両社の構内の通過が可能とな
る。

猪瀬氏は15日の会見で「全て経営統合に向けた一里塚にすぎない」と強
調。一元化への工程表を作るため「社外の専門家を含めたワーキングチー
ムを作った」と明らかにし、「緻密な移行過程を提示できるようにした
上で、国との(経営一元化)協議を再開したい」と述べた。

産経新聞 2月15日(金)22時35分配信



 ◎山崎和邦が日銀総裁の後任を分析!【金融経済まぐ】

山崎 和邦

慶應義塾大学経済学部卒。野村證券、三井ホームエンジニアリング社長
を経て武蔵野学院大学名誉教授に就任。投資歴51年に及び野村証券時代
の投資家の資金を運用から自己資金で金融資産までこなす。 
『山崎和邦の投機の流儀』2/11号より抜粋 

5日に白川さんが突然辞任を表明した。夕方のニュースを聞いた時はド
キっとしたが、「政府にこんな圧力を掛けられたら、とてもやって行け
ない」というような、そんな子供じみたことは言わなかった。白川総裁
は4月の任期切れの前に、3月19日に、二人の副総裁を決める日が来る
から、その日に同時に総裁も決める方がいい、という理由で辞任した。

甘利さんが賢明にも援護射撃の形をとり、「後任のことを慮った爽やか
進退だ」とフォローした。白川さんの深層心理は知らないが、政治は斯
くあるべきものだろう。

下手な中途退任劇を演ずれば、他国は「中央銀行と政府との不仲」を心
配して株を売って来るところだった。三重野総裁時代にはそれがあった。
素人の民主党なら、特に鳩山・菅ならそういう失態を演じた恐れもある。

白川さんはマシな方だと本稿では言ってきたが、引き際も聡明だったの
ではなかろうか?後任者は無理難題を背負わねばならない、気の毒だ、
と思って退くのだろう。

前回は自民党の出してくる候補に民主党が片端から反対して総裁が決ま
らずに空白期間があった。どこの国に中央銀行の総裁が不在だという国
があろうか?

「反対するための反対」こればかり繰り返してきた二大政党だった。

総裁・副総裁の人事を、2月15日に政府案を国会に提出することになっ
ている。金融政策と財政政策の呼び声だけで上昇して来た株価は、15日
の総裁人事案で「材料出尽くし感」で小天井を付けて“一足遅かった節
分天井”となるのか?

或いは「いよいよ1本目の矢は弦を放れた!」ということで再騰するの
か?

どちらもあり得る。今のところは前者であろう。それが決まるのは寸前
の場味(ばあじ)と外部材料によるとしか今は言えまい。ただ、いま言え
ることは、整理にしても15日(金)では日柄が不十分だということだけ
である。

整理局面で注目するのは、内部要因では(1)値幅、(2)整理中の累計出来
高、(3)日柄、である。

人のことばかり論評することが本稿の趣旨ではない。それでは山崎、お
前の考えはどうなんだ? と問われればこう言いたい。

日銀総裁には7つの条件がある。

 (1)市場との対話ができる人(代々のFRB議長を見習え)

 (2)日銀の生抜きでない人(代々、日銀生抜きの総裁が大失敗をした例
が多い)

 (3)日銀という大組織を経営できるリーダーシップを持っている人
 
 (4)博士号を持っている人(海外の中央銀行総裁は皆そうだ)

 (5)英語ができる人(海外の中央銀行や財務省と直接に電話会議ができ
る人)
 
(6)できれば、育った家庭環境が実業家か自営業者であること、且つ
(7)大分県出身者でない人

市場との対話とか、為替相場や株式市場とか、物価つまりインフレ・デ
フレ、というようなことに関する感覚は、サラリーマン家庭の育ちでな
い方がいいかもしれない。

例えば今の白川さんは、歴代総裁に比べればマシな方だと本稿では何回
も述べて来たが、彼の実家は実業家であるし、03年に就任して、イザナ
ギ景気以来の長期景気と、株価2.5倍を主導した福井総裁は、自営商店の
坊ちゃんだった。

 (7)大分県出身者でない人というのは、今まで大失敗をやって日本経済
を壊破してきた三大悪総裁は、三人とも日銀生え抜きで大分出身だった。
井上準之助・一万田尚人・三重野康、である。

三重野が、バブル最中に就任した時に、我々はゲンを担いで、「2度あ
ることは3度あると言うから、また大分出身だから用心すべし」と本気
ではないが語り合っていたら、史上最悪の総裁になってしまった。

?では、この7つの条件の大部分にかなう者はいるか?

いる。6人ほど挙げよう。例えば竹中平蔵氏、彼は、ハード・ランディ
ングを強いて、多くの銀行を潰したし、悪行三昧を尽くした腹黒い、悪
い奴と思われている節もあろうが、竹中平蔵氏は、7条件のうちの6つ
は満たす。後の一つは不詳であるが彼が総裁になれば、悪い意味でもプ
ライズにはなる。

常識的には武藤氏が一番安定感あるが、以前に一度断られているからど
うだろうか?

岩田規久男氏、彼は今、学習院大学の教授をしているが、日銀の金融政
策は誤っていると長く言い続けて来た、尊敬すべき人だと筆者は思って
いる。

穴株としては、丹後氏(小泉時代の秘書官だった彼だ)。

または、サプライズなら勝氏(勝海舟の末裔だという噂もあるが違うら
しい。そんなことはどうでもいい)。彼は85年のプラザ合意の際の円急
騰の際に介入した人で、為替相場に詳しいとされている。子供の頃にド
イツで育ち、ドイツ語はもちろんのこと、英語も含めて数カ国語に堪能。
これは穴株的存在だが適役だろう。一部に悪人説もある。ヤリ手は誰で
も批判を受ける。

「みんなの党」からは浜田氏を挙げる。彼は日銀の誤りを長く説き続け、
教え子の白川氏にも話してきたらしい、筆者が敬意を以て著作は全部読
んできたし、今の自民党の政策に賛成する最右翼だが、本人にやる気が
ない。

彼は脳外科の手術を受けたが、頸椎が故障して階段を上がるにも苦労す
ると自分で言っている。日銀の旧館は、明治時代に辰野金吾がイングラ
ンド銀行の外観デザインを模して作った美観のある建築物だが、内部に
エレベーターがないのかもしれない。

?彼を除いてもこのとおり人材はいる。心配ない。   

〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎米国、北朝鮮にさらなる挑発行為行わないよう求める

[ワシントン 15日 ロイター] 米国務省のヌランド報道官は15日、
北朝鮮が追加の核実験を計画しているとのロイター報道を受けて、「さ
らなる挑発行為」を控えるよう求めた。

中国、北朝鮮の両政府首脳レベルに直接接触のある関係筋によると、北
朝鮮は年内に最大2回の追加核実験を実施する用意があると中国に通達
した。【ロイター】 2013年 02月 16日 03:43 JST

〔情報収録 − 坂元 誠〕




━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)2879号の杉浦正章氏の論文に関して2点コメントです。

 ・金丸信の「馬糞の川流れ」は当時の社会党・公明党・社民党(社公
民)の野党共闘を指したものです。時間が経てばバラバラになる、と解
釈されたはずです。派閥ではありません。

 ・「シナ」の呼称は、蒋介石が終戦後に蔑称だと言い出し、外務次官
通達で自粛するようになったはずです。戦前ではない。

 ・昭和天皇が靖国ご親拝をお取りやめになったのは、A級戦犯合祀の
為、ととられる元となった「冨田メモ」は、真に受けない方がいいので
はないかと思う。メモだから主語がない、文章になっていない、など。
                       (神奈川TM)



 2)「米国は日本の番犬サマー椎名悦三郎」は大変面白かったです。
東大出の田中角栄記者番ノイローゼも愉快でした。いろいろな豪傑がい
た時代があったのですね。またご紹介くだされば勉強になります。

最近テレビも雑誌も物足りないと思っておりました。しかし、このよう
な多彩な人物がどうして出てくるのでしょうか。やはり松下政経塾では
無理ですね。(桃太郎)



 3)YM氏と語り合った:前田 正晶

暫くぶりに彼と気楽に語り合った。テーマは「アベノミクスの効果が現
れるのは未だ先のことだろう」だった。

彼は安倍政権誕生後の株価の上昇と円安傾向は歓迎するが、多分に3年有
余の無為無策だった民主党政権が終わった安堵感と安倍政権への期待感
で好転しただけであって、本格的な景気回復はまだまだ先のこととの、
従来からの「最短でも2年先説」を変えていなかった。

彼の根拠の最大の点はアメリカの失業率で、6%台に下がって初めて景気
回復が本格化したと言えるので、現在の高止まりでは不況脱出とは言え
ないという。

しかし、彼は遺憾ながら我が国よりもアメリカの方が未だ良いと言える
のだが、それは一にかかって合法・非合法を問わずアメリカの人口が増
え続けていることにあるという。

確かに、南米、アジア諸国等からの流入人口は増える一方で、何時の間
にか3億を遙かに超えていたが、我が国は誰もが懸念するように減少傾向
が止まっていない弱点がある。

実は、今日15日は彼の希望もあって某商社が東京ビッグサイトで開催し
たフェミリ−・フェアーを案内したのだった。彼にはこの商社がアパレ
ルとともに注力している食料品を購入する狙いがあったのだ。

だが、彼の判定では「このフェアーでは日本国内では安値ではあっても、
食料品の価格はアメリカと対比すればまだ割高である」とのことだった。
それは当方も経験上否定はしないが、最早社費でアメリカに行くことも
なくなった年齢では、このファミリー・フェアーでの値段は捨てがたい
のである。

彼は「依然としてデフレ傾向が残っている我が国では、如何に安倍総理
が経団連に要請しようとも現在の景況下では、経営者たちは容易に賃上
げを肯んじないだろう。

もしも引き上げるとすれば、その分だけ社員を減らさねばならない企業
が多いだろう。また設備投資が活発化しないのは、内需が伸びない以上
鉄鋼等の素材産業が活性化しないだろう。また円安で輸出が回復しても、
エネルギー・コストの高騰があっては、その効果も相殺されかねない」
と述べた。これは悲観論と言うよりもごく普通の正論だとの結論で終わ
りにした。



 4)天皇、皇后両陛下は14日、皇居・宮殿で、平成23年から25年にか
けて国際平和協力隊員としてゴラン高原、ハイチ、南スーダン、東ティ
モールに派遣された自衛隊員らと懇談された。

主要紙の報道は、つぎのとおりであるが、ある知人からの注意によると、
朝日新聞と毎日新聞の記事では、両陛下について敬語が使われていない
ことが判明した。なお、読売新聞とNHKには調べたが該当するニュースが
見あたらなかった。

両陛下、国際協力の自衛隊員らねぎらわれる  産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130214-00000573-san-soci

両陛下、PKO参加自衛官と懇談 日本経済新聞

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1402W_U3A210C1CR8000/

両陛下、PKOから帰国の自衛隊員らと懇談 朝日新聞

http://www.asahi.com/national/update/0214/TKY201302140269.html
<両陛下>皇居・宮殿でPKO隊員ねぎらう 毎日新聞

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0214/mai_130214_2757948343.html

(品川 阿生居士)




 5)引用開始
>「平和憲法護持」を叫ぶ集団などは中国がこれ以 >上、レーダー照射どこ
ろではない次元にまで進んだ場合には、「我が国 >は第九条がある」と言
っていれば事が済むと本気で思っているのかと尋 >ねたくなる。今や少数
党になってしまった媚中の大御所などは何と仰せ >られるのか、伺ってみ
たいと思ってしまう。 引用終了

わたくしも伺ってみたいとは思いますが、その前に、週刊誌如きに載る
情報の真贋というか、まともに取り合う価値があるかをお考えいただき
たい。

共産中国から漏れてくる情報はコワモテ気味のものが多いということは
何を意味するか?。取りようは人それぞれでしょうが普通に考えれば、
弱い犬ほどよく吠える。或いは、余程困っている、と考えるのが筋だと
思います。

戦争になったら大変だ。これは素直に理解します。でも、だからといっ
て逃げ腰になることはない。毅然と対応すべきです。

余談として、もし開戦に及べば、真性の軍事専門家であれば常識的に弁
えている知識として、以下のことが挙げられます。

空中ではAWACSの運用で、レーダー上で相手からこちらが見えないのに、
こちらからは相手が丸見えとなり、相手戦闘機のミサイルが届かない距
離から射撃できる長距離スパローミサイルや、水平線の彼方である20km
も先から放てるアスロック魚雷がある。だが、中共側はいずれも所有し
ていない。戦う前から帰趨は見えている。

もうひとつ参考までに、中共の戦闘機も軍艦もソ連生産品か、そのコピー
品である。過去に米国とソ連の代理戦争が3つあり、その結果を示すと下
記の通り。

 1,朝鮮戦争はF86セイバーとミグ17が主力で、双方の対戦成績は概ね
<6:4>程度だった。

 2,ベトナム戦争ではF4ファントムとミグ21が主力だが、双方の対戦
成績は概ね<8:2>程度だった。

 3,第二次湾岸戦争ではF15とF18に対しミグ27が対抗したが、双方の
対戦成績は概ね<10:0>程度だった。

この程度のことは軍事専門家(中共軍の将校も)なら判っていますし、
百歩譲ってプロが知らなければ、真性のバカ。(toku3)



 6)環境主義者も反原発から転向しつつある? :

今年のサンダンス映画祭 (Sundance Film Festival) にロバート・ストー
ン (Robert Stone) 監督の作品 “Pandora’s Promise” (パンドラの約
束)が発表された。もともとは反原発派の環境主義者だったのであるが、
この作品は一転して、「多くの環境主義者は過去何十年もの間、反核を
正義としてきたのであるが、その恐れていた技術こそが人類にとってお
そらくは最大の希望だと信じるようになってきた。」ということを訴え
る内容(作品紹介より)です。
http://www.sundance.org/festival/release/2013-sundance-film-festival-announc
es-films-in-premieres-and-documentary-pr/

2050年までには、世界のエネルギー消費量が現在の3倍にもなろうとし
ていることを考えると、化石燃料によるCO2排出量は膨大なものとなる。
温室効果ガスを出さない核エネルギーを見直さなければならない。

核の専門家にインタビューをしてきて、自分のいままで信じてきたこと
は、全くの間違いであったことに気付いた、などと語っています。

適切にコントロールすれば、核はもっともクリーンで、廃棄物を出さず、
又資材消費が少なく、安全である、ということも語っています。このよ
うに過去の間違いを素直に改めて欲しい人が沢山いますね!

京セラの稲盛和男会長は、昨年外国人特派員協会での記者会見で、「な
んとか原発なしで高度な文明を維持していければいいのですが、現在の
科学技術ではそれは不可能だと思っています。必要悪として、どうそれ
をコントロールして使っていくかということに力を入れなければならな
いと思っています。」と述べました。

マスコミなどで脱原発一色の状況下での発言としては、評価できる内容
かもしれません。しかし、本当はこれは間違った発言です。

最も安全で、環境負荷の少ない原発は、「必要悪」どころではなく、
「必要善」というより、これからの時代に最も活用しなければならない
エネルギー源なのです。

「放射能と原発問題―常識のウソが国を滅ぼす」(中略)には、なぜ原発
が一番安全なのか、環境にやさしいのか、裏付け資料がバッチリ載って
います。

(中略)『原発ゼロで日本は滅ぶ―“非科学”福島セシウム避難の国家犯
罪』(中川八洋・高田純共編)(オークラ出版)は、お薦めです。是非
お読みください。(以下省略)

 【平成25年2月14日 「史実を世界に発信する会」事務局長 茂木弘道】
のメールより、N.H.採録) 



 7)韓国外国語大学ロシア語科カン・トクス教授「韓国人のルーツは
サハ共和国辺境に住んでいるエベンキ(エヴェンキ)人」。ソウル大イ
・ホンギュ教授「韓国人は北方モンゴロイドのエベンキ族と南方原住民
の血が混ざって形成された民族」。

韓国とロシアのユーラシア文化フォーラムの発表「朝鮮民族とツングー
ス系の代表民族であるエベンキ、エベン族とは共通の風習、歌、言葉な
ど同じ」。

エベンキ族と朝鮮民族の共通点「〇神話:檀君神話(朝鮮民族の神話)
の起源がエベンキの神話と同じ熊と混血して生まれた祖先。〇文化:韓
国で最も有名な民謡アリランのルーツがエベンキのアリラン・スリーと
言葉・節回しが酷似。朝鮮語ではアリランの単語に意味がないが、エベ
ンキ語にはアリランに意味がある。

〇宗教:草墳(埋葬文化)もエベンキがルーツ。朝鮮の神社にあたる、
棒を立てたソッテがエベンキと共通。ソッテはエベンキ族と朝鮮半島だ
けで見られ、中国や日本にはない。」

エベンキと朝鮮のソッテは、森を大事にする日本の神社とは全く異なる
ものです。半島の朝鮮人の祖先「ツングース系エベンキ族=穢(ワイ)
族」は朝鮮半島の新参者で、北方から半島へ流入してきた狩猟民です。
農耕や牧畜をしていた民族ではありません。

エベンキ族は、高句麗や百済とは文化的にも遺伝的にも無縁の民族です。
遊牧をしなかった朝鮮民族が遊牧民族と同じように馬肉を食べないのは
(2876号・反響4)、高麗がモンゴル民族の元の属国であった影響である
と思われます。(まこと)



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


16日の東京湾岸は夜明けまえから台風並みの北西の風が吹いている。マ
ンションの玄関をでたら約30m,通りまで飛ばされそうだった。しかし猿
江公園は沢山樹木が植えられているためかそんな事は無かった。

雨にも負けず風にもまけずといえば宮澤賢治を思い出すが「夏の寒さ=冷
夏)をしらず「冬」と校正して誤植したインテリ女性を思い出す。イン
テリでも宮澤賢治を知らない人や冷夏=冷害をしらないひとのいるのがこ
の世である。

署名なき投書は採用しません。必ずご本名を記した上にハンドルネーム
か「匿名希望」かを書いて下さい。


ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp


読者数:5150人

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>
135-0001江東区毛利1-8-1-901

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/02/17

    794年に平城京(=奈良)から平安京(=京都)に遷都して、ここから国風文化が始まり、武家の幕府の際にも、室町時代は京都に幕府を置いたので、ここから独自の文化が始まった。いずれも京都が鍵となっている。

     

    円満具足(=すべて備わっていること)せる平和と喜びと幸せに満ちた国を作りたい。

  • 名無しさん2013/02/17

    平沼赳夫氏に小選挙区制廃止の要望メールを送ったら、「賛成です。我々は中選挙区制を主張してます。」と返事が。維新の会は中選挙区制で一致?

  • 名無しさん2013/02/17

    意外に思われるかもしれないが、いまダチョウが

    「人類を救う鳥」として注目されている。



    ダチョウの抗体が花粉症やノロウイルス、

    新型インフルエンザ、アトピーなどを撃退する

    働きがあると分かってきたからだ。



    神戸にダチョウを飼っている牧場がある、という話を聞き、

    私は少なからず興奮を覚えた。



    初めて動物園でダチョウを見たのは小学生の時。

    「こんな大きな鳥はマンションでは飼えないなぁ」と思い、

    手の届かない遠い存在だと思っていたからだ。



    「牧場は儲かっていないみたいだから、

     もうすぐ閉めるかもしれない」

    という話を聞き、私は翌日から牧場通いを始めた。



    鳥は人生最大の趣味とはいえ、私も研究者だ。

    ダチョウの行動を観察し、いままで誰も気づかなかった

    規則性を発見して、論文にまとめようと考えていた。





    ところが、である。



    ダチョウはそれまでの私の鳥に対する知見を覆す

    常識破りの鳥だった。 





    そもそも彼らに規則性はない。

    いつも何も考えず右へ左へ動き回っている。

    いきなり崖の頂上へ駆け上がったかと思うと、

    パニックになり、足がすくんで動けなくなる。

    そんなダチョウを何羽助けたか分からない。



    また、一般的に鳥はきれい好きである。

    毎日せっせと毛づくろいをし、

    寝る前に水浴びをする鳥も多い。



    体を清潔に保つことが、

    病原菌から身を守ることを知っているのだと思う。



    ところが、ダチョウは違う。

    体の汚れは全く気にしない。



    汚れたら汚れっ放し。

    糞を付けたまま走り回っていることもある。

    しかしそれでもダチョウの平均寿命は六十年。

    破格の生命力である。



    彼らは暇になると隣のダチョウの羽をむしりとるが、

    そこにもなんの意味もない。

    されているダチョウも何も気にせず餌を食べ続けている。



    そこに血の匂いを嗅ぎつけたカラスが現れ、

    餌だと思い、ダチョウの肉を喰い千切る。



    獣医として縫合手術が必要だと思うくらいの重傷でも、

    消毒をすれば三日後には皮下組織が復活し、

    一か月後には新しい皮膚が再生する。



    私はダチョウの傷口の組織を大学に持ち帰り、

    顕微鏡で調べてみた。



    なるほど、他の動物よりも細胞の動きが速かった。

    また傷口から感染症になることがないのだから

    免疫力も相当強いのだろう――。



    ここで私は研究の方針を大転換した。

    行動生物学的な成果よりも、

    ダチョウの抗体を利用できないかと思ったのである

    (そこに至るまでに実に五年の歳月を費やしたのだが……)。





    原始的な生物から人間を含む哺乳類まで、

    体の中に異物が入ると、これを除去しようとする

    タンパク質の分子をつくる。これを「抗体」という。



    一方、異物のことは「抗原」と呼ぶ。



    当初、ダチョウからこの抗体を取り出すために、

    実験の都度ダチョウ一羽の命をいただくなど相当苦心した。

    そして、ある時から卵に着目し始めた。



  • 名無しさん2013/02/17

    自民党は、直ぐにやらないといけないこと(拉致・領土)を参院選と天秤にかけ、やらなくてもいいこと(道州制)を急いでいる。どこを、誰を見ながら政治をしているんだろう。

  • 名無しさん2013/02/17

    おはようございます♪〜(^0^ ) 今朝 NewSを…河野さん 韓国に行かれて会談(°□°;) 『日本も歴史を見直し反省すべき〜』韓国は天皇陛下を侮辱の言葉 まだ謝罪が無い! 慰安婦問題は 有り得ない☆ 何を反省するの?

  • 名無しさん2013/02/17

    今、日本に必要なのは政治の世界でも企業でも、広報と営業の力です。大学に世界に通用する広報力、営業力を要請する専門のコースを創設し人材を育成すべきです。中国や韓国が平然と嘘を世界中に広報しまくってる現在、日本は戦略的に正しい情報を世界中に広報できてるでしょうか?専門の機関を作り、効果的な広報活動の実現を目指すべきです。企業においても同様で最高品質を持ちながら、業績が上がらないのは広報、営業の戦略の無さが原因です。広報、営業の人材育成と世界中に日本企業のネットワークを構築できる様に政府も後押しし、ODAなど他国への援助の際は何に使われるかわからない金銭ではなく、日本の企業の技術によってできる物を援助するべきだし、日本企業進出の条件なども含めた両国の発展、友好に結びつく事だけに限定すべきです。







    河野洋平はどこまで売国ですか?勝手に韓国に行って「日韓基本条約の協定に賠償は入っていない」とか「日本は軍事力を背景に韓国の独立を奪った」とか言って、「日本は反省するべき」とほざいたようですね!こいつの売国談話のせいで、アメリカでは日本人の子供たちが酷いイジメに遭っていることを知らないのか!1910年から終戦までに、日本人の血税で、今のお金で約63兆円を朝鮮半島に注いだのです!しかも、日本は戦争で朝鮮なんかに負けたわけでもないのに、日韓基本条約で莫大なお金を払わされ、8兆円規模の資産も放棄させられた。韓国はその莫大な資金を慰安婦に一切払わずに全部使い込んだくせに、よくもずうずうしく日本に金をたかるものだ!韓国人がどれだけ残虐なことをしてきたか、河野洋平は知るべきだ!

     ・戦後、朝鮮半島では日本女性は強姦され、博多の二日市保養所で何百人もの女性が麻酔無しで堕胎手術を受け、性病に苦しんだ。

     ・日本国内では、朝鮮進駐軍が4000人以上の日本人を略奪・強姦・虐殺して暴れまくった。

     ・竹島では、不法侵入した韓国人達に3929人もの日本人が人質にとられ、44人が死傷した。

     ・ベトナム戦争での韓国軍による民間人大虐殺の約82%は韓国人が虐殺した。韓国軍は民間人を集団強姦し、生きたまま井戸に落として手榴弾を投げ入れたり、トンネルに追い詰めて毒ガスを注入したり、無差別に銃撃して民間人を大虐殺した。強姦されて出来た混血児(ライタハン)は2万人以上。戦争で民間人に初めて化学兵器を使って虐殺したのも韓国軍。韓国軍は一切、謝罪も賠償もしていない。それなのに、河野のような無知な売国奴がいるせいで、日本国民は無実の罪で世界中から白い目で見られるのです!竹島での日本人虐殺行為も含めて韓国が日本に謝罪・賠償すべき!!先生、河野や鳩山のような売国奴を何とかしてください!!

     











     ■パチンコ全面広告中止=市営地下鉄ボディー―大阪

     時事通信 2月14日(木)18時6分配信

     



     

    これを見習うべきです!

     パチンコ店のCMを全面に施したバスが町中を走っているなんて、恥です!

     パチンコ業界からの圧力は相当なものになるでしょうが、巨悪に打ち勝ち世の中を正すのが政治家の本来あるべき姿だと思います。

     勿論、良識ある国民は悪に立ち向かう政治家を見殺しにはしません。

     







    さっさと、領海侵犯法を作るべき

     遅い 



  • 名無しさん2013/02/16

    新年に、伊勢神宮へ初詣に行きました。 



    ヤマトタケルの神話の時代へのロマンと、何かとても懐かしい感じがして、伊勢神宮と熱田神宮が大好きでした。



    どれほど好きだったかと言うと、熱田神宮には10代後半の頃から週に2回ほどのペースで、家から片道1時間半〜2時間かけて自転車で通っていたほどです。

    それは運動不足を解消するという意味もありましたが、目的地の設定はいつも熱田神宮でした。



    伊勢神宮には正月の三日深夜にバイクで出発し、誰もいない超早朝に一人静かに参拝するのが好きで、何年間か続けていました。



    伊勢神宮に行ったのは1月4日だったと記憶しています。

    いつもとは違い車で行き、夕方に到着した頃には、雨が降り始めていました。



    オマケに駐車場は参拝者の車が長蛇の列で並んでいて、安易な覚悟で参拝できる状況ではないと思いました。

  • 名無しさん2013/02/16

    すでに皆さんご存知でしょうけど、ロシアに落ちた隕石。

     

    いきなり何も無い空からあんなものが降ってきたら、かなり驚きますよね。

     

     

     





    NASAの推定では、大気圏突入前で、直系15メートル、重さ7000トンということですから、映像ではっきりと観測できたものとしては、最大級の隕石では無いでしょうか。

     

     

     

    奇しくも今日の朝は、直系45メートルの小惑星が、地球から、地球2個分ほどはなれたところを、無事に通過したばかりです。

     

    これ、逆じゃなくて、本当に良かったと思います。

     

    この大きさの隕石でも、上空で3回爆発したらしいですが、その時の温度が2500度だったと解析されています。そして、被害は州都チェリャビンスク市を中心に半径約100キロと広範囲におよんでいます。1200人以上の人が、衝撃で割れたガラスなどで負傷しているようですから、凄まじい破壊力です。

     

    そして、最後は、氷結していた湖に突っ込んだようですが・・。

     

















    本当に、人のいるところに直撃しなくてよかったですね。

     

    そして、小惑星と逆にならずに、本当によかったです。

     

    万が一、今回の小惑星がぶつかった場合は、東京都の半分くらいの面積が壊滅すると試算されてました。

     

















    すっかり、ロシアの隕石落下に話題をさらわれた感じの小惑星接近ですが、本当は、1990年代に宇宙観測が常時行われるようになって以来、最大の大きさと最短の距離といわれる危機一髪のものだったようです。

     











    小惑星飛来に関する話を、昔聞いたことがありますが、実際に今後あり得る話だというのを、今回のふたつの出来事によって感じました。

     

    もちろんNASAが発表するまでもなく、今回のロシアの隕石落下と小惑星接近は単なる偶然の一致で、物理的な因果関係はまったくないと思います。

     

    しかし偶然に見えても、不思議な現象に意味があったりするものです。

     

    このような小惑星が、いや、もっと大きなものだって、このままでは近い将来こないとは言えないよという警鐘のような気がしたのは、私だけでしょうか。

     

    その奥にある意味は、人間が地球を大事にして、一日も早く戦争がない平和な世界を作ることであるからかもしれません。

     

  • 名無しさん2013/02/16

    杉浦正章氏の書かれる論文の胡散臭さは矢張り、みんなが感じているんだね。