政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針2879号  2013・2・15(金)

2013/02/15

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 2879号
□■■□──────────────────────────□■■□



        2013(平成25)年2月15日(金)



                         大革命の前夜、反乱恐れる習政権:石 平

                   中国 本当に「0・62」なら革命が近い:宮崎正弘

                            北核実験 北京の反対の裏側:古澤 襄

                               最近気になる政界三題噺:杉浦正章

                                米国は日本の番犬サマ:渡部亮次郎

                         話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第2879号

                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━
大革命の前夜、反乱恐れる習政権
━━━━━━━━━━━━━━━

 
            石 平
 
習近平新体制は変革を断行できるのか?「革命前夜」のような雰囲気を
指摘する声も(AP)

中国では今、『旧体制と大革命』という本が広く読まれている。アレク
シス・ド・トクビルという19世紀のフランス歴史家が書いた本で、そ
の内容は、フランス大革命の特徴や原因に対する考察である。

中国で読まれるきっかけを作ったのは、共産党政治局常務委員の王岐山
氏である。昨年11月末、彼がある会議の席上でその購読を薦めて以来、
この本は、にわかに脚光を浴びることになった。新聞や雑誌は盛んにそ
の内容を取り上げて紹介し、書店での売り切れが続出するほどの人気ぶ
りである。

19世紀のフランス人の書いた本が中国でそれほどの反響を呼んだのは、
王岐山氏の推薦以外に、より深い理由があると思う。それについて、先
月18日付の人民日報(海外版)の掲載論評が明快な説明をしている。

論評曰(いわ)く、中国国内の現状が大革命前夜のフランスのそれと類
似しているからこそ、本書は中国で大きな注目を集めた、ということで
ある。

今の中国と当時のフランスがどう類似しているかについて、論評は次の
ような分析を行っている。

(大革命前の)フランスでは、貴族たちが憎むべき特権にしがみつき、
人民の苦しみにまったく無関心で自分たちの独占的な利益の維持だけに
汲々(きゅうきゅう)としていた。それが、「旧体制」につきものの
「社会的不平等」をさらに深刻化させて大革命の発生を招いた。

同じように、今の中国では貧富の格差が拡大して社会的不公平が広がり、
階層間の対立が激化している。このような状況下では、「民衆の不平不
満が増大して社会が動乱の境地に陥る危険が十分にある」というのであ
る。

この論評とほぼ同じ視点から、『旧体制と大革命』の「中国にとっての
現実の意義」を論じる学者や新聞紙は他にも多数ある。

どうやら中国のエリートたちがこの本を読んで連想しているのは中国で
の「革命」のことであり、彼らの心配事はやはり、フランス革命のよう
な「大革命」の嵐がいずれ中国の大地で吹き荒れてくるのではないか、
ということである。

今の時代、当のフランスにしても同じ先進国のアメリカや日本にしても、
もし誰かが「この国で革命が起きるぞ」というなら、それは単なる冗談
として一笑に付されるだろうが、中国の場合、革命や動乱の発生はむし
ろ現実味のある可能性として意識されている。

現に、国家主席の胡錦濤氏は昨年11月開催の党大会で「国が滅びる」こ
との危険性に厳粛に言及しているし、この危機感を受け継いだ習近平政
権は今、民衆の不満を和らげるための「腐敗撲滅運動」の推進に全力を
挙げている。

彼らはやはり、下からの反乱と革命による「亡国」を恐れているのであ
る。ちなみに、共産党規律検査委員会の新しい書記として腐敗撲滅運動
の先頭に立っているのは、『旧体制と大革命』の推薦者の王岐山氏その
人だ。

もちろん、「上から」の撲滅運動の推進で共産党幹部の腐敗が根本的に
抑止されるようなことはまずないと思う。腐敗の温床はそもそも共産党
の敷く一党独裁の政治体制そのものであるから、いわば「旧体制」にメ
スを入れない限り、腐敗の蔓延(まんえん)は永遠に止まらない。

そうすると、「大革命」の発生という「悪夢」は常に、この政権につきま
とってくるのである。

結局、「上からの変革」を断行することによって一党独裁体制に自らの
終止符を打つのか、それとも「下からの革命」によって国が滅ぼされる
運命を迎えるのか、それこそが今後の習近平政権に迫られる究極の二者
択一なのである。

                  ◇

【プロフィル】石平(せき・へい)=1962年中国四川省生まれ。北
京大学哲学部卒。88年来日し、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修
了。民間研究機関を経て、評論活動に入る。『謀略家たちの中国』など
著書多数。平成19年、日本国籍を取得。

 2013.02.14 Thursday name : kajikablog



━━━━━━━━━━━━━━━━━
中国 本当に「0・62」なら革命が近い
━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成25(2013)年2月15日(金曜日)弐
      通巻第3879号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国のジニ係数が本当に「0・62」なら、革命が近い
  GDPの48%を占める不動産投資、天も懼れぬ不公平な分配
********************************

中国は「革命前夜」の様相を示してきた。

それゆえに軍事的緊張を意図的に作り出す習近平政権の裏の狙いは国民
の不満の行き先を「日本が悪い」とすり替える壮大な陰謀である。

冷静な報道で知られる英紙「フィナンシャル・タイムズ」には中国語版
がある。その華字版がこう表現した(2月14日付け)。

「軍事対峙増加中日擦槍走火風険」(軍事的対立関係は日中間の軍事衝
突に陥る危険性が増している)
 
なにが矛盾か?

6億5000万人の農民がいよいよ政府への怒りを露わにしていることだ。
政府を敵と農民が明確に認識しはじめた事実は、歴史の転換点である。

農民プロレタリアートが権力に敵対するのだ。ネットでは習近平は「ラ
ストエンペラー」と呼ばれている。「この共産党王朝は彼で最後だ」と
いう意味である。
 
不公平きわまりない分配、その典型例を「ウォールストリート・ジャー
ナル」が中国の不動産取引の実態のケースを検証し、克明に伝えた(2
月15日付け)。

四川省成都で養魚場を営んでいた女性は、土地の収用に反対していたが、
度重なるマフィアの嫌がらせに嫌気し、とうとう土地を手放した。2010
年12月だった。補償金は一平方メートルあたり、僅か9元だった。

地方政府は、この土地に高級マンションを建設するとして、業者に転売
した。一平方メートルあたり640元。なんと70倍強。差額は地方政府の懐
に入った。

土地を買ってマンションを建てた業者は、高級住宅を売り出して一平方
につき690元という値段をつけた。この土地の価格取引はデーベースに記
録されていると同紙は伝えた。


 ▼ジニ係数が0・62だと、革命による政府転覆は近い

四川省成都にある西南財経大学が調査した結果「ジニ係数」は0・62だっ
た。

ただちに中国国家統計局は反論し、中国のジニ係数は0・43と訂正したが、
誰も信用しなかった。

なにしろ「あれは誰も信用していない」と発言したのは李克強(次期首
相)その人であり、この醜態的発言をウィクリークスが暴露した。 中国
のジニ係数は異常値であり、「一般的には0・4だと暴動が頻発し、 0・5を
越えると革命がおこる」が、すでに「革命水準」を超えて中国のジニ係
数が0・6を越えているのだから、今後どうなるのか?

前述のような不公平な土地の収用は全国的規模で行われており、土地買
収と土地転配との差額は日本円で24兆円前後と見積もられる。不動産
投資はGDPの48%を占める。

富の偏在は、高級幹部の資金海外隠匿に繋がり、共産党幹部は海外へ逃
げる準備に余念がない。革命が近いからである。
 
一学年700万人と見られる中国の大学新卒者にまったく就労チャンスがな
い。

よほどの優秀な学生しか外資系に入ない。国有企業にはコネがないと入
れない。多くは親のすねをかじるか、アルバイトで糊口をしのぎ、マン
ションの地下室の共同ベッド生活(これを蟻族、モグラ族という)。

まさに、この現象は学生のプロレタリアート化であり、少数の金持ちだ
けが冨を独占し、国家を支配するという構図はマルクスの分析通りであ
り、もはや中国共産党の正統性はない。学生が主体となるプロレタリア
ート革命がおこる懼れが強まる。

 さて。

実態として「中国のGDPは実質的にマイナスとなっており、表向きの
発表と実態とは巨大に乖離している。最近は貨物輸送量で計るという方
法があるが、アメリカの学者は偵察衛星による光の量が決めてである」
と専門家はいう。

つまり光の量が低いのはモノが動いておらず、あちこちに在庫が貯まっ
ている証拠であり、くわえて大気汚染が凄まじく、全土が「アラル海化」
(湖が砂漠化)するという恐怖のシナリオが日々進んでいる。

すでに中国から「直接投資」として流れ出したカネは2011年が652億ドル、
12年が688億ドル。このうち56%が一度香港へ送られ、そのごケイマン、
バージン諸島へ流れ込んでいることが判明している(間接投資は含まな
い)。

それなのに中国へまだ進出を続ける日本企業。あのヤオハンの教訓がま
ったく生かされておらず、日本企業は最終的にいかなる撤退劇を演じる
のか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)新聞・テレビといった大手メディアは以前から偏向報道
の傾向が強いですが、とくに「アジアでは〜」といった場合、ほとんど
が中韓のこと。

青山繁晴氏によると、経団連の米倉会長が安倍総理(総理就任前の話です)
の改憲論について「周辺諸国を困らせて・・日本経済を駄目にする」と
言ったところ、安倍氏に「その周辺諸国はどこですか?」と逆襲され、
本音は中国なのでしょうが、そうも言えず「そりゃ例えばフィリピンと
か」。

「フィリピンはむしろ日本の改憲を歓迎しているんです、中国に困って
いますから」と追い込まれた米倉会長、安倍氏を逆恨み、ネチネチと安
倍批判を続けたという。

こんな話は大阪の番組でしか紹介されなかったのですが、年明けから風
向きが変わってきたようです。

韓国国家ブランド委員会の資金が尽きたのか、東京の番組でも韓国に対
し遠慮ない番組作りがでてきました。

1月にはTBSの朝の番組で韓国経済の実態を紹介、ネットでは「あの
TBSが!」と話題になりました。

GDPの76.5%が10大財閥が占め、好調なのは大企業のみで貧富の差が
拡大。「皆が韓国企業に対して『おかしい』と思い始めた」、現代(ヒュ
ンダイ)自動車の例では「誇大広告を出していたことがアメリカ政府の調
査で分かった」と燃費のごまかしを指摘、さらにヒュンダイのロゴがホ
ンダそっくりなのは「アメリカでは燃費がいいのは日本車という定説が
あるから」。

アメリカの広報会社の調べによれば韓国の企業信頼度は先進26カ国中で
最下位、韓国への観光客も激減。これは事実で大手旅行会社2月のソウ
ル行き予約は半減、デルタ航空(旧ノースウェスト)は成田〜ソウル便を5
月末をもって運休するほど。
http://www.j-cast.com/2013/01/25162806.html?p=all

2月11日放送のテレビ東京「未来世紀ジパング」では「日本人が知らない
衝撃の韓国〜その光と影」として韓国の超格差社会の実態を放送しまし
た。
http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/backnumber/20130211/

韓国といえばサムスン、ニューヨーカーにテレビブランドを訊くとソニー
・パナソニック・シャープ・サムスン。

「サムスンはどこの国の会社?」と尋ねると日本という声も多数。番組
では紹介されていませんがサムスンの戦略は展示会や広告で絶対に韓国
色を出さないこと。

広告で相撲・桜・富士山など日本イメージを使ったことは有名です。タ
イにいた頃もサムスンを日本企業と思っている人がいました。

それでもサムスンのマーケティングはたいしたものです。

とあるホテル、最新の3Dテレビなどサムスン製品を体験できる部屋が
あり、その製品はサムスンが無償で提供。人気も上々だという。

さらに他の部屋全室の液晶テレビも特別価格で提供、ホテルは経費を抑
えられサムスンは広告効果が大きく、どちらも満足する戦略です。バン
コクでも新しいホテルや改装して液晶テレビに置き換えたホテルのテレ
ビではサムスンが圧倒的でした。

しかし、そんなサムスンも定年は40代ですから韓国の企業戦士は生き残
りに必死でしょう。番組では「38線 45定 56泥」という言葉を紹介。
38歳で早期退職、45歳で定年、56歳まで会社に残れば給料泥棒、という
言葉です。

韓国の退職年齢は58歳といいますから本当に過酷な社会です。番組では
ソウルの高級住宅街とされる江南(カンナム)区にあるスラム街を訪れま
す。日本では昭和30年代に見たような記憶がありますが、今の日本にス
ラムはありません。

似たような環境といえば古い公営住宅に外国人ばかり住んでいる地区、
それを数段劣化させた、そんな感じです。

韓国では高齢者の貧困率世界一、さらに高齢者の負債が年収の2倍。年金
も2〜3万円ほどで7割以上は受給資格がないという。

http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPTK816593420120724

自殺率が日本より高く、出生率は日本より低い韓国、楽しい学園生活も
なく受験勉強に明け暮れた先が就職難。ソウルの名門大学卒でも正社員
になれるのは30%ほど、全体では大卒の10%くらいしか正社員になれな
い。

まさに金持ちと貧乏人だけの国、中間層がいなくなったら高級品・奢侈
品と低価格・低品質のものしか売れなくなります。アメリカがすでに二
極分化しつつありますが、製造業が衰えることの怖さを身近に感じるこ
ともあります。

アメリカで日本製の爪切りが人気だというブログ記事を読んで驚きまし
た。

現在のアメリカの安い爪切りはすぐにメッキが剥がれ切れなくなるとい
う。日本ではそんな低レベルの爪切りはありません。それどころか30年
以上前にもらったアメリカ製の爪切り、いまだによく切れます。

タイにいた頃、中国製の家電製品はだいたい3ヶ月から半年で壊れました。
日本製の家電製品を現地調達(中国製)の100ボルト用の変圧器につないだ
ら、たちまち煙が出てトランス・コンデンサーがやられました。修理に
来た日本人、変圧器は日本のメーカー品以外は使っちゃダメ。安かろう
悪かろうの典型です。

TPPを推進したい経団連、労働力の自由化などしたら日本から中間層
がいなくなり、しまいには購買層もいなくなってしまいます。

日本の自動車産業が日本国内で自動車が売れないと嘆いても、非正規雇
用を増やし、若者が自動車ローンすら組めないようにしたことは忘れて
いる。経営者が新自由主義という自分の会社さえ儲かればいいという金
の亡者になった結果なのです。

米韓FTAで韓国はアメリカ向けの輸出が増えると思っていたらアメリ
カは韓国メーカーの家電製品に反ダンピング関税をかける始末。

自動車ではアメリカ製日本車が韓国でシェアを伸ばし、昨年の韓国カー
・オブ・ザ・イヤーにはトヨタ・カムリが選定され、現代自動車のメン
ツ丸つぶれ。

三橋貴明氏は新自由主義経済を焼畑農業にたとえていましたが、TPP
など経済の持続可能性を破壊するものでしかありません。TPPなどな
にひとつメリットがないのにTPPを推進せよ、という新聞各紙(産経含
む)、いったい何を考えているのでしょう。(PB生、千葉)


  ♪
(読者の声2)今後の北朝鮮の核武装強化の行方を決めるのは米国政府
の動きです。米国政府の核武装に関する方針は首尾一貫して核武装前に
は圧力をかけてやめさせようとするが、いったん核武装をすると、是認
するというものでした。

インドとパキスタンに対する対応もそうでしたが、北朝鮮に対しても小
泉政権が北朝鮮融和策をとろうとすると大反対したが、北朝鮮の核実験
成功後はテロ支援国家の指定をはずし、さらに北朝鮮に対して厳しい姿
勢を取ろうとした第一次安倍政権の方針に猛反対して政権崩壊の端緒と
しました。

では、今回はどうするのか。いままでの原則を堅持するのか、それとも
いかが何でも北朝鮮はべつであるとするかが今後の行方を決定します。

単純に北朝鮮だけを見たら、前者の可能性が高いと考えますが、北朝鮮
プラス中国の脅威を考えると今回は例外的な方向転換があるかもしれま
せん。

少なくともこれだけは言えます。米国政府が北朝鮮に対して断固たる姿
勢を取り続けることを当然のこととして、それを前提にして議論をして
いるマスコミの論者たちは全く分かっていない。

万一、米国政府が、今回に限り強硬策をとるのなら、その背後により大
きな要因が必ずあります。それを見る最初の試金石が、テロ支援国家の
指定です。(ST生、千葉)
 


━━━━━━━━━━━━━
北核実験 北京の反対の裏側
━━━━━━━━━━━━━


              古澤  襄

中国が北朝鮮の核実験を阻止しようとしたのは間違いない。中国問題専
門家は、今回の核実験の「タイミングの悪さ」こそ、中国政府の反応の
理由だと指摘している。

尖閣問題の緊張化によって、中国の戦略は日本を孤立化させることに主
眼がある。米国内の世論も日中戦争に巻き込まれることを警戒する論調
が生まれている。

そのような微妙な時期に北朝鮮が暴走すれば、日米韓の連携がよりいっ
そう強化されるきっかけを作り出してしまう。おまけに極右政権と名指
しで非難する安倍政権が、防衛予算を増やす口実を与えることになる。

”親の心を子は知らず”で北朝鮮は中国の制止を振り切って核実験を強
行した。中国にとって、いいことは何一つない。それでも米韓軍の緩衝
地帯として北朝鮮に対する援助は続けなくてはならない。

国連でも過度な制裁には反対せねばならないから、暴走・北朝鮮には手
を焼くことになる。

<【大紀元日本2月14日】北朝鮮が12日に行った3度目の地下核実験に
ついて、中国政府は「断固反対」や「厳正な申し入れ」と従来よりも厳
しいコメントを繰り返した。だが、中国問題専門家は、今回の核実験の
「タイミングの悪さ」こそ、中国政府の反応の理由だと指摘する。

このような指摘は、在米政治評論家の陳破空氏が米政府系放送局ラジオ
・フリー・アジア(RFA)の取材を受けた際にしたもの。

北朝鮮の暴走は、日米韓の連携がよりいっそう強化されるきっかけを作
り出し、オバマ政権の「アジア回帰」にも拍車をかけることになる。米
国がアジア太平洋地域でミサイル防衛システムの構築に注力し、日米韓
同盟の軍事的基盤も増強される局面につながる。

こういったことは、「北京政権にとって甚大な災いだ」と陳氏は指摘し、
北京が北朝鮮の核実験を怒る理由はここにあるとの見方を示した。

さらに、中国は日本と尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権をめぐり係
争中である。先月の北朝鮮制裁の国連決議案に中国が同調したのも、米
国に歩み寄りの姿勢を見せることで、尖閣問題で有利な立場を手に入れ
ようとする目論みが指摘されている。

これらの「努力」も北朝鮮の度重なる「裏切り」で徒労となり、領有権
争いの最中という「タイミングの悪さも北京政権を立腹させている」と
陳氏はみている。

北朝鮮の核実験場は同国北東部にあり、中国との国境から100キロほ
どしか離れていない。核実験による「人工地震」は中国の吉林省や国境
付近の中国側住民も感じていたという。

だが、中国の環境保護部(省)は実験翌日の13日にも、「わが国の環
境と国民の健康への影響は確認されていない」と声明を出し、仮に放射
性物質が漏れ出したとしても「主に南東に拡散するため、今のところ、
わが国に影響を及ぼす可能性はない」と早々と結論づけ、核実験の重大
性をぼかした。

国民が核危機にさらされ、敵対同盟の強化にもの申すこともできない立
場に回された北京政府について、陳氏は「自業自得だ」と一蹴。北朝鮮
の核関連技術の発展や設備・原料の調達は中国の援助と切り離すことが
できない。

北朝鮮からイランに濃縮ウランなどが渡ったことも公海経由ではなく、
中国の領土と領空を通っていると陳氏。「北京の黙認や助長がなければ、
北朝鮮からイランへの核技術の拡散はありえないことだ」

さらに、国際社会が北朝鮮を覆った経済制裁の網にも、中国という大き
な抜け道があった。韓国中央日報の昨年7月の報道では、過去30年間、
中国は北朝鮮に1000億ドルの援助をしてきたと伝えている。

「北京ルートの抜け道で、平壌は燃料・食糧・軍備を仕留めた」とみる
陳氏は、中国政府が撒いた種が、自らにも燃え広がりかねない火種になっ
ていることを非難した。(大紀元)>

2013.02.14 Thursday name : kajikablog 



━━━━━━━━━━━
最近気になる政界三題噺
━━━━━━━━━━━


          杉浦 正章

「馬糞」と「大錯誤」と「雪解け」と

最近気になる政治の動きは「馬糞の川流れ」と「時代大錯誤」と「日韓
雪解け」だ。個別に解析してみる。

【馬糞の川流れ】

馬糞(まぐそ)が川に流されるとバラバラになって、1つに戻る事は出来
ない。これを称して「馬糞の川流れ」という。自民党副総裁の金丸信が
派閥について言った言葉だが、今の民主党がそっくりだ。

その馬糞が、馬糞にすり寄るという現象が起きた。代表・海江田万里が
予想通り生活の党代表・小沢一郎に大接近しているのだ。

海江田は11日小沢の地元盛岡市で記者団に「小沢氏には平野氏の当選に
向けてお力添えをお願いしたい」と語ったのだ。前復興相・平野達男の
参院選3選に向け、岩手を地盤とする小沢の選挙協力を求める考えを示
した。

かねてから小沢と海江田の仲は極めて親しい。小沢は11年の代表選挙で
は海江田を応援しているし、衆院選後の首相指名選挙でも参議院での生
活の党の投票先を海江田一本に絞った。小沢は新年から自公政権に対抗
するため野党の一本化を提唱しているが、実態は笛吹けど踊らずだ。

日本維新の会もみんなの党も総スカンである。民主党内も小沢に対する
感情はバラバラだ。旧社会党系の前幹事長・輿石東は小沢と一緒にやり
たがっているが、同じ社会党系でも菅直人は首相時代に“小沢潰し”に
専念しており、とても一緒にやっていける雰囲気には無い。

前首相・野田佳彦や前原誠司ら松下政経塾系は、小沢復帰と聞いただけ
でアレルギーが生じる。肝心の幹事長の細野豪志も、とても受け入れる
姿勢では無い。

こうした中で生じたのが“ 輿石の乱”だ。輿石は公正取引委員会の委員
長の人事案を巡って、事前報道を理由に、拒否する考えを表明。今後日
銀総裁人事など国会承認人事案件の処理に混迷を来すと予想された。さ
すがに「何でも反対野党」への転落を危惧する執行部の巻き返しで“平
定”される結果となった。

しかし、小沢にとっての生きる道は民主党の復帰か民主党に手を入れて
分裂、再編を促すかしかあるまい。人の良い海江田は小沢にとって、も
ってこいのターゲットなのだ。「お力添えを」と擦り寄ってくる海江田
を利用して、まずは参院選の選挙協力を手始めに、陰に陽に働きかけて
行くのだろう。しかし馬糞の大同団結はない。

【時代大錯誤の石原質問】 

80歳の婆さん芸者の流し目のようで薄気味悪かったのが12日に行われ
た日本維新の会共同代表・石原慎太郎の代表質問。

「浦島太郎のように戻った暴走老人。この質問は国民への遺言だ」と宣
うて、質問でなく持論を展開したのは予想通りだったが、首相・安倍晋
三へのすり寄り姿勢が鮮明に出た。与党質問でよく自分の意見を述べま
くるる議員がいるが、これは首相を休ませるためのごますり質問だ。そ
れとそっくりだった。

加えて焦点の靖国参拝問題で「首相は参拝に行かなくて良い」と表明し
た。これは明らかに安倍を窮地に陥らせないための配慮である。もとも
と安倍は首相在任中に靖国参拝をして、対中、対韓関係をぶち壊したく
ないのが本音だ。

だから自民党総裁就任直後の昨年10月、秋季例大祭に合わせて慌てて参
拝を済ませたのだ。春季例大祭にはまず参拝をしない。

それとは逆に石原はなんと天皇陛下の参拝を要求した。「天皇陛下は国
民の象徴というだけでなく、祭祀(神道)を司っている。むしろ天皇陛
下に靖国神社参拝して欲しい」と述べたのだ。これは天皇の意思などは
全く無視した要求だ。

昭和天皇が靖国参拝を中止したのはA級戦犯が合祀されたことが理由であ
り、今上天皇も受け継いでいるのだ。それを無視する発言は不遜極まり
ない暴言であり、まるで傍若無人の「石原天皇」による今上天皇への
“指示”としか言いようのない発言だった。思い上がるのもいい加減に
せよと言いたい。

加えて石原は自らが中国を「シナ」と呼ぶことについて「中国は山口県、
岡山県、広島県のことを言う。シナはシナで良いじゃないか」と愚にも
つかない理屈を並べ立てて正当化しようとした。しかしこれは世代の変
化を巧みに利用した欺瞞と詭弁に過ぎない。

戦前「シナ」の呼称は明らかに中国を蔑視した表現であった。日本人は
優越感を持って「シナ人」と呼んでいたのだ。それを知りながら、そし
て自らも蔑視の意味も込めながら「シナ」と呼び、その呼称の正当性を
理屈づけるのは、男の風上にも置けぬ卑怯な言動である。

【日韓雪解け】

何やら日韓関係が、北朝鮮の原爆実験を契機に雪解けムードを呈し始め
ている。安倍は大統領・李明博と電話で約20分間協議し、国連安全保障
理事会での新たな制裁決議に向けて両国が連携していくことで一致した。

国内の汚職捜査の手が自らの親族に及びそうな状況から、国民の目をそ
らすために行った昨年9月の李による竹島上陸後、日韓両国の首脳が正
式に協議するのは初めてだ。

しかし安倍は基本的には李を相手にしていない。25日に大統領に就任す
る朴槿恵への大接近を展開しようとしている。韓国政府は通常大統領就
任式典には各国大使を招いているが、安倍は副総理・麻生太郎を特使と
して派遣することを考慮している。外相・岸田文雄も同行させる予定だ。
これに加えて元首相・森喜朗も出席する。

こうした積み上げを経て安倍は就任間もない朴槿恵と早期に会談し、李
のぶち壊した日韓関係を正常な軌道に乗せようとしているようにみえる。

(政治評論家)<2013年02月15日>



━━━━━━━━━━
米国は日本の番犬サマ
━━━━━━━━━━


     渡部 亮次郎

椎名悦三郎(故人)と言う興味のある政治家がいた。

外相時代は、戦前の朝鮮支配に関して野党から「深く反省しているとは
どういう意味か」と問われ「シミジミ反省している、という意味でござ
います」と答弁した。

日米安保条約上のアメリカ軍の存在意義を問われて「米軍は日本の番犬
です」と答弁し、驚いた質問者が「米国を番犬とは何事か」と難詰する
と、

平気な顔をして「失礼しました。それでは、番犬サマです」ととぼけた
答弁をしたことで知られる。これだけ聞くと問題発言のようにも聞こえ
るが、全体を通して聞けばそれほど問題発言ではない<(第51回国会
(1966年3月)の議事録)>。

特に、平気な顔をして「失礼しました。それでは、番犬サマです」とと
ぼけた答弁をしたとにはなっていないのである。第51回国会(1966年3月)
の議事録とは昭和41(1966)年3月18日(金)午前10時すぎから開かれた衆
議院外務委員会でのことである。


○椎名国務大臣(外務大臣) 核兵器のおかげで日本が万一にも繁盛して
おりますというような、朝晩お灯明をあげて拝むというような気持では
私はないと思う。

ただ外部の圧力があった場合にこれを排撃するという、いわば番犬――
と言っちゃ少し言い過ぎかもしれぬけれども、

そういうようなものでありまして、日本の生きる道はおのずから崇高な
ものがあって、そしてみずからは核開発をしない。そして日本の政治の
目標としては、人類の良識に訴えて共存共栄の道を歩むという姿勢でご
ざいます。

ただ、たまたま不量見の者があって、危害を加えるという場合にはこれ
を排撃する、こういうための番犬と言ってもいいかもしれません、番犬
様ということのほうが。

そういう性質のものであって、何もそれを日本の国民の一つの目標とし
て朝夕拝んで暮らすというような、そんな不量見なことは考えておらな
いのであります。

○岡良一委員(日本社会党) しかし大臣の先ほど来言われたことは、核
兵器を神の座につけると言ったのに対しあなたはお灯明と言われたが、
核兵器に日本の安全を依存せざるを得ないということを認められておる。
したがって、依存しておる、こういうことだけは間違いはないのでしょ
う。

○椎名国務大臣 遺憾ながら現実の世界においては依存せざるを得ない、
こういうことであります。

<驚いた質問者が「米国を番犬とは何事か」と難詰すると、平気な顔を
して「失礼しました。それでは、番犬サマです」ととぼけた答弁>した
というから議事録を最後まで再三通読したが、遂に発見できなかった。
いずれにせよ伝説は作られて行くもののようだ。

横路ながら質問に立った岡 良一氏とは石川1区(当時)選出のお医者さん
だった。たしか作家五木寛之さんの岳父だったはずだ。医者を開業しな
がら金沢市会議員、県会議員をへて社会党の衆院議員になった。1度の落
選を経験したが6回当選した。

椎名の父の後藤広は、小学校の教師から岩手県水沢町(当時)の助役を
経て、岩手県議会議員となり、更に水沢町長を10年間務めた。悦三郎は
錦城中学(現・錦城高等学校)、旧制二高卒業後、東京帝国大学入学。

同時に後藤新平の姉の婚家である椎名家に養子入りする。椎名家は、蘭
学者の高野長英(幼名、悦三郎)の血筋にあたった。ウィキペディアの
後藤新平の項目では椎名が血の繋がった叔父のように書いているが、こ
こでは血は繋がっては居ない。

東大卒業後、1923年に農商務省に入省。農商務省が農林省と商工省に分
離した後は、商工省に移り、岸信介の下、満洲国統制科長、産業部鉱工
司長を歴任する。

日本に戻り、商工省産業合理局長、商工次官、軍需省陸軍司政長官兼総
動員局長として戦時下物資が窮乏する中、物資統制、調整に数々の実績
を上げた。商工大臣・軍需次官であった岸信介を支え「金の岸、いぶし
銀の椎名」と称された。1945年、終戦と共に退官する。

岸信介の誘いで、1955年の第27回衆議院議員総選挙に日本民主党公認で
立候補し当選する。当選1回ながらも商工省出身で産業界に人脈があるこ
とを評価されて経理局長に就任する。

出身地の岩手2区(当時)からの初出馬、初当選だったわけだが、大変な買
収選挙を展開したと見られ、総括責任者が何年か後まで逃走し、私が岩
手に在任中にとうとう逮捕され、関連して椎名夫人も逮捕された。この
とき私はNHK記者として盛岡放送局にいた。

NHK水沢通信部の記者が其処をフィルムでテレビ撮影したところ、夫人が
記者にツバをかけた、とその記者が私に語った。選挙とはそういうもの
で、代議士の代わりに家族や周辺が犠牲になる。

当選2回で岸信介内閣で内閣官房長官に就任。内閣のスポークスマンであっ
たが、記者会見では「細かいことは総理に聞いてくれ」とおとぼけを発
揮する一方で日米安保条約改定で岸を支えた。

岸退陣後、岸派は分裂。椎名は福田赳夫を徹底的に嫌いだったから、川
島正次郎、赤城宗徳らと行動を共にした。「赤城・川島派」の一員だった。

選挙区の岩手で自民党県連会長を引き受けたのはこの頃で、私は県政記
者クラブの一員として一杯ご馳走になったことがある。宴たけなわとなっ
て、やおら踊りだした踊りが野糞踊りだったので、度肝を抜かれた。そ
れから間もなく私は東京へ転勤し、政治記者となった。

椎名の人となりは、ものぐさとして知られる一方でカミソリともいわれ
るものであった。座右の銘は「菜根譚」の中から「不如省事(事を省く
にしかず)」を見つけた「省事」。

物事を処理する時は、些細で煩雑なことはなるべく切り捨てて、根幹を
成す部分を簡単明瞭に掴むことが大切である、枝葉末節にこだわり大切
な根本をおろそかにしないということを人生訓とした。

自身が語ったところでは役人時代は、決裁の印鑑を部下に預けていたそ
うである。それで居て「いぶし銀の椎名」と呼ばれた事は、判断が的確
で部下の厚い信頼を勝ち得ていたことを物語る。

池田勇人内閣で、自民党政務調査会長、通商産業大臣、1964年には池田
内閣最後の組閣で畑違いの外務大臣に就任した。その時、マスコミから
は奇想天外人事と評された。本人も「何でこんな人事を考えやがったん
だ」と難色を示していた。

しかしこの人事は、韓国との国交正常化の困難を予知した幹事長前尾繁
三郎の強い推薦によるものであったとされる。

佐藤栄作内閣でも外相再任となり、日本国と大韓民国との間の基本関係
に関する条約(日韓基本条約)の締結に向けて韓国側と交渉。さらに批
准をめぐる「日韓国会」で政府を代表し答弁に立ち「名外相」と言われ
る。

日韓基本条約の締結問題については池田内閣当時から実力者河野一郎が
担当大臣をしており、元秘書だった宇野宗佑代議士(のちに総理)が黒衣
となってしばしば渡韓し実際の交渉に当っていた。

私はその結果を河野から聞きだし、NHKで外務省を担当していた島桂次
(のちに会長)に報告すると大変喜ばれた。

韓基本条約の批准国会では私が衆院本会議番だった。自民党を指揮する
幹事長は田中角栄。幹事長、採決は何時やるんですか、あなたは昨日は
今日やるといったでしょう。キミ、昨日の話を今日しちゃいかんよ。東
大出の幹事長番は秀才記者だけにノイローゼになった。

1972年7月、田中内閣が発足し、椎名は同年8月に自民党副総裁に就任し
た。しかし、田中内閣は、経済政策に失敗したことと金脈問題のため退
陣を余儀なくされる。

田中の後継をめぐり、椎名は大平正芳、福田赳夫といった大派閥の領袖
ではなく、少数派閥の三木武夫を新総裁に選出した(椎名裁定)。この
裁定は三木自身が「青天の霹靂だ」と語ったように驚きをもってむかえ
られた。

しかし私は三木自身が青天の霹靂だとは実は思っていなかったはずだと
思う。田中が後継者に椎名を推そうと考えて居ることを知った元総理佐
藤栄作が田中を諭し、引退後、自分が金銭的に世話になっている親戚筋
からの要請で早くから三木を推薦していたフシがる。

椎名は三木内閣でも副総裁に留任。更に「三賢人の会」の一人である灘
尾弘吉を党総務会長に推挽し、三木内閣を通じて党改革に取り組もうと
するが、1975年(昭和50年)4月には早くも三木との間に党改革・近代化
をめぐり亀裂が生じる。

ロッキード事件や独占禁止法改正、党内改革をめぐり、椎名の三木首相
への不満は嵩じ、「三木おろし」へと繋がっていく。1976年(昭和51年)
椎名は田中、福田、大平と三木退陣で一致し、8月24日挙党体制確立協議
会(挙党協)を結成。

三木は9月に内閣改造、党役員改選を経て12月5日の任期満了にともなう
第34回衆議院議員総選挙で敗北し退陣を余儀なくされた。後継は密約に
より、椎名が一番嫌いな福田赳夫になってしまった。

それから2年後の1979年(昭和54年)9月30日死去。享年81。

<椎名 素夫さん(しいな・もとお=元参院議員)が2007年3月16日、肺
炎で死去、76歳。葬儀は近親者で済ませた。近く関係者で「偲(しの)
ぶ会」を行う予定。喪主は妻秀子さん。自宅は公表していない。

自民党副総裁を務めた故椎名悦三郎元外相の次男。79年に衆院旧岩手2
区から立候補し初当選。4期務めた。

92年参院選でくら替え当選。その後、同党を離れて「無所属の会」を結
成、代表に就任した。知米派の論客として知られ、03年に日本人とし
て初めて米国務長官特別功労賞を受賞した。>Asahi Com 3月23日。

親子2代に亘って小沢佐重喜、一郎父子にはじかれ続けた人生だった。文
中敬称略 


 
━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎またまた、JOCが、疑惑を招くような決議を見せていますね。(坂元)

レスリング除外候補のワケ 歴史とロビー活動に負けた?
  a.. スポニチアネックス a.. 2013年02月13日07時11分
 
2020年夏季五輪でレスリングが排除れる可能性が大きくなった。国際
オリンピック委員会(IOC)が12日にスイスで開いた理事会でレス
リングを、五輪での実施が確定する「中核競技」25競技から除外する
ことを決めた。

理事会では、無記名の投票を繰り返し中核競技から外れる1競技を決め、
レスリングは近代五種との決選投票で敗れた。

なぜ近代五種ではなかったのか、明確な回答はない。しかし、この競技
は「近代五輪の父」クーベルタン男爵(フランス)の肝いりで1912年の
ストックホルム五輪から導入。歴史を重んじる欧州の理事は排除に消極
的だったと言われる。

次に整理対象となっていたのがテコンドー。しかしホッケー、カヌーと
いった他の候補も含めて中核競技にとどまった。テコンドーについては、
韓国の朴槿恵次期大統領が訪韓したIOCのロゲ会長に存続を直訴した
という報道がある。そうしたロビー活動が奏功した可能性もある。 
吉田沙保里ら五輪招致を祈願 東京丸の内で新春イベント

 

 ◎ 米高官、極秘訪朝3回 11年末以降 日本は疎外
 
米政府高官が2011年11月から昨年8月にかけて少なくとも3回、平壌で
北朝鮮の政府高官と極秘に接触していたことがわかった。米政府から日
本政府に対して公式な説明はなかった。

北朝鮮の3回目の核実験を受け、日米間の緊密な連携が求められている
が、同盟国・日本でさえ共有できない「情報の壁」が浮き彫りになった。

日米韓の政府関係者らが明らかにした。11年11月、米領グアムの空軍基
地を出発した米軍機が横田基地でブルドーザーなどの重機を積み込み、
平壌に向かった。米太平洋軍関係者らが搭乗していたとみられ、北朝鮮
側と朝鮮戦争当時に行方不明になった米兵の遺骨捜索と収集方法につい
て協議したという。

12年4月7日と8月18〜20日には、それぞれ米軍機がグアム基地と平壌
間を往復した。搭乗者は米国家安全保障会議(NSC)のセイラー朝鮮
部長と、国家情報長官室のデトラニ北朝鮮担当主任(昨年5月に離任)
とみられる。北朝鮮の張成沢(チャンソンテク)国防副委員長らと面会
し、金正日(キムジョンイル)総書記死去後の政策などを探ったとされ
る。

朝日新聞デジタル 2月15日(金)8時11分配信



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)確定申告に行ってきた:前田 正晶

2月14日、新宿区の「無料申告相談会」の会場、大久保地域センターに09
:10に到着した。09:30から開始でも貰った受付番号は#14と想定内だっ
た。

私は毎年この税理士会が出向いてくれる相談会を頼りにしている。それ
は郵送されてくる「確定申告の手引き」が税務署員にだけ理解できるよ
うに書かれているからではなく、生来の粗忽者が犯した転記ミスや計算
誤りなどを先生方に発見して頂き、合格となればその場で接受願って終
わりにしたいからである。

今回もその心算で第一と二表の下書きを持参して、申告書の第一表は空
欄にして順番の到来を待っていた。すなわち、誤りがなければ例年通り
にその場で記入して接受して貰おうとの作戦だった。そして10:30分に
なって漸く順番が回ってきた。

ところが、第二表が無事に記入できていると解るや、敵もさる者で第二
表の記入ができている相談者はパソコン、すなわち“E-Tax”の方にお回
りくださいとなるシステム?になっていた。

ここでミスしそうな数字を沢山打ち込まされるのはイヤだと思えば、そ
れも税理士さんがやってくださるのだった。しかし、ここの順番待ちも
長く、終了した時にはすでに11:30近かった。私の試算とPCの計算があ
っていたのは「流石、コンピュータ」と感心した。

しかし、ここでは25年度分からのE-Tax転向に備えて、ID(利用者識別番
号)とパスワードを設定して頂けてしまった。有り難いことではないか。

しかし、会場での流れを見ていれば、PCに回されるのは例外的な少数で、
大半の高齢者は長い時間税理士の先生方の前に座ったままで、何か記入
しする素振りはない。確かに不慣れな高齢者には荷が重いだろう。であ
れば、極力E-Taxに回して省エネにされたいのだろうと納得して帰ってき
た。



 2)韓国式立礼、2878号のPB生氏と同じく、違和感を覚えます。日
本の文化を守るために文化防衛庁を創設してもらいたい。神社仏閣の神
像仏像の盗難を防ぐためにも文化防衛庁が必要です。

日本は韓国に侵蝕されています。小学3年生の国語教科書の最初に出て
くる話が韓国民話です。「ここって、日本ですよね?」。(まこと)
http://csakura.sblo.jp/article/45224623.html



 3)週刊誌によれば中国は:前田 正晶

WILLの花田式に言えば「週刊新潮」と「週刊文春」はともに2月21号の
トップに“事態は冷戦を越えた!中国人の9割は「日本と戦争」「東京空
爆」”、“これが真相だ!中国からの「宣戦布告」”と掲げていたのは
注目に値する。その内容までここに掲げるまでもないだろうが、中国が
如何にも本気であると思わせられかねない特集である。

中国が何処まで本気であるかないかは別にして、隣国がそういう態勢を整
えつつあるのであれば「平和憲法護持」を叫ぶ集団などは中国がこれ以
上、レーダー照射どころではない次元にまで進んだ場合には、「我が国
は第九条がある」と言っていれば事が済むと本気で思っているのかと尋
ねたくなる。今や少数党になってしまった媚中の大御所などは何と仰せ
られるのか、伺ってみたいと思ってしまう。

それはそれとして、憲法死守派の方々には是非取りあえずこの二誌をお
読み願って、万一どころではなく最早「百に一つ」とでも形容したい事
態が生じたならば、如何にして国を守るべきかをお聞かせ頂きたい。

私でさえ、尖閣を巡る事態を見ては、中国は無防備だと思われかねない
我が国を襲うことを本格的検討の段階に入っていたのではないかと疑わ
せられている。安倍総理のオバマ大統領との首脳会談では、この件に何
処まで具体的に踏み込んで行かれるか、期待したいと考えざるを得ない
のだ。



 4)●中国海軍フリゲート火器管制レーダー照射事件

http://obiekt.seesaa.net/article/320827821.html

レーダー照射したジャンウェイ?級(053H3型)フリゲート「連雲港(リ
ェンユンガン)」 の5種類のレーダーの写真図解と最も可能性が高い
343GA型火器管制レーダーの拡大写真などが収録されています。

●田原総一朗:中国軍レーダー照射問題の背後にあるお粗末な民主党外交

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20130213/340121/?ml

これまで公表されていない興味深い事実がそこで明らかにされています。
(品川 阿生居士)



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


署名なき投書は採用しません。必ずご本名を記した上にハンドルネーム
か「匿名希望」かを書いて下さい。

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp


読者:5149人

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/02/16

    悩み、苦しみ、落ち込んだ精神状態からいち早く脱出するコツは、とらわれている心そのものを捨て去ることである。仕事の失敗、失恋の痛み、人間関係のこじれ……悩み、苦しむ理由はさまざまであろうが、その悩み以外の、目前の身近なことに集中することである。 





    悩みとは、人の内面を成長させ、また強運人生を呼ぶ糧にもなる。





    今の一瞬に体と心を動かして激しく集中するとき、五体からは一切の迷いがとり払われ、不安はかき消え、内から己の生命力の湧きあがりと充実とをおぼえるはずだ。それは、雑念だらけの瞑想を何年か続けたあげく時折体験するかすかな無の境地を、はるかにしのぐ無我の心境でもある。

  • 名無しさん2013/02/16

    創価学会はフランス政府にも公式にカルト集団と認定された反社会団体です。

  • 名無しさん2013/02/16



    〔在日特権で廃止すべき事〕 通名使用不可 生活保護中止 年金中止 犯罪防止指紋捺印推進 所得税・相続税・資産税等税制優遇廃止 大検免除廃止 外国籍のまま公務員就職廃止 朝鮮大学校卒業者の司法試験1次試験免除廃止 公務員就職禁止(特に教員は在日帰化人含め、採用不可)





     生活保護 在日朝鮮人なら「領事館や総連に親戚がいるか」を聞いて審査OK合格◎

    日本人は息子家族や扶養できる親戚の所得調査が入り100%不合格×(市町村に収入調査入る)

  • 名無しさん2013/02/16

    我々が知ったことは、「我が国と他の国では価値観が違う」という当たり前のレベルを遙かに超えた「違いすぎて話にならない」という重大な事実である。



    理想と現実のギャップは何処にもあるが、我々日本人は、どんなに悲惨な現実を前にしても、そこから理想への道を模索しようとする。少なくとも「そうしたポーズ」だけは取る、それだけは失うまいと努力する。



    ところが、多くの国では理想など書面の上にあるだけであり、現実の巧みな運用だけが評価される。勝てば全てが許される。徹底的な勝者の論理が罷り通っている。それは我々の理解を超えたレベルのものである。理想など現実運用に利用するための看板でしかない。彼等の信仰心が、時に常軌を逸しているように見えるのは、そうしたギャップに耐えきれなくなるからだろう。



    政治の話、経済の話、大きな話はさておいて、単なるスポーツに限っても、我々日本人が世界大会、オリンピックに描いてきた理想、その実態は今や金の前に屈している泥だらけの偶像に過ぎない。



    スポーツマンなら、まさかメダリストならと言葉を失うようなことが山のように出て来る。避けがたい話ではない、瞬間的な発作的な犯罪ではない。用意周到な、極めて陰湿な犯罪に手を染め、買収に易々と乗る、むしろ買収を欲している輩が次々と出て来る。そこから利を得ようとする政治家ではない、企業家でもない、公正であるべき審判が、かつてはその競技に携わっていた元選手が、金のために配点を動かしている。そんな現状に、我々日本人は如何に学ぶべきか。何を世界に学ぶべきか。

  • 名無しさん2013/02/16

    ◆道州制は「琉球独立」への道



    道州制とは、都道府県を廃止し、全国を10程度の道や州に再編するものです。



    自民党の「道州制基本法(案)」には、その区割りは明記されていないものの、北海道、東北、北関東、東京、南関東、中部、関西、中国、四国、九州、沖縄という区割りが想定されています。



    東京を単独にするのか、中部を東海と北陸に分けるのか、中国と四国を統合するのか等、瑣末な議論はあるものの、沖縄が単独で州として設定されことは確実と見られています。



    内閣総理大臣の諮問機関である地方制度調査会が発表した答申では、「北海道及び沖縄県については、その地理的特性、歴史的事情等に鑑み、一の道県の区域のみをもって道州を設置することも考えられる」とあります。(2006/2/28 地方制度調査会「道州制のあり方に関する答申について」)



    更に、2008年の自民党の道州制推進本部(谷垣禎一本部長)と道州制推進委員会(佐田玄一郎委員長)が合同で示した道州ブロックの区割り4案では、沖縄は4案いずれも単独州に設定されています。(2008/5/30 琉球新報「道州制、4案とも沖縄単独州」)



    「地域主権」と「道州制」によって、沖縄州に「主権」が分譲されれば、沖縄州は強力な自治権限を獲得すると共に、「琉球独立」運動と一体となって、沖縄の日本からの独立に拍車をかけることになるでしょう。



    そもそも、「沖縄独立」を最も強く願っているのは中国です。



    矢内筆勝党首も、中国が「琉球独立」運動の手助けをし、米軍が撤退した後には人民解放軍が進駐し、中国の「琉球自治区」として統治しようと画策していることを指摘しています。([HRPニュースファイル150]「琉球独立運動」の危険性⇒http://www.hr-party.jp/new/2012/18234.html



    尖閣・沖縄に「国難」が迫る最中、こうした「国家解体」に繋がりかねない「道州制」は極めて危険性が高いと言えます。



    ◆地域間格差が激しくなる「道州制」



    また、道州制は、地方への「課税自主権の付与」を掲げています。



    一見、国から地方への大幅な税源移譲は、地方にとって「得」になりそうに見えます。



    確かに、首都圏などの一部の大都市は「得」するでしょう。しかし、地方の多くの都市が「損」することは明らかです。



    国家は国税の一定割合を「地方交付金」として、地方自治体の財政状況に応じて分配しています。これは、地方の財政状況を平準化し、「地域間格差」を調整するための機能を有しています。



    普通交付税の交付を受けていない「不交付団体」は年々減少傾向にあり、平成24年度は1都54市町村に過ぎません。(総務省「平成24年度不交付団体の状況」)



    すなわち、多くの市町村が「地方交付金」によって財政が賄われているのですが、地方への税源移譲がなされてしまえば、「税の再分配機能」が失われ、「豊かな自治体はより豊かに、貧しい自治体はより貧しく」なります。



    全国町村会も「道州制」導入反対に向け、反対攻勢を強める行動計画をまとめるなど、波紋が広がっています。(1/3 信濃毎日「全国町村会、『道州制』導入反対で行動計画」)



    ◆「国家解体」に繋がる「道州制」



    また、「道州制」や「地域主権」の下では、国家レベルの外交・安全保障政策が遂行できなくなる危険性が非常に強くなります。 



    例えば、沖縄州が「米軍基地の退去」「自衛隊基地の退去」を決定すれば、日本の国防機能が弱体化することは避けられません。



    また、国家の機能が分散されてしまえば、大規模災害があった際、単独の道州で対応せざるを得ず、迅速かつ大規模な救援活動が取れなくなることも懸念されています。



    そもそも、「主権理論」を確立した中世フランスの政治思想家ボダン(Jean Bodin)は、「主権は最高にして唯一、国家の絶対的かつ恒久的、不可分にして不可譲という属性を持つ」と述べています。(堀江湛著『政治学・行政学の基礎知識』一藝社,2007)



    安倍首相は「主権を分割する」という近代国家、明治維新に逆行する「道州制」「地域主権」の危険性を知り、「道州制基本法」提出を取り止めるべきです。



  • 名無しさん2013/02/15

    【まとめ】朝鮮学校はなぜ生まれたのか【正しい経緯】

     

    『在日朝鮮人は日本の公民ではなく朝鮮の在外公民であるから、朝鮮にのみ忠誠を尽くす』

     『一時的に居住しているだけの日本の教育を受ける必要はなく日本の教育を拒否する』

     『汚らわしい日本の援助金も介入に繋がるから断固拒否する』

     『日本の関与を排した学校を作り、朝鮮独自の教育を行う。日本語など覚えなくて良い

     『数年後には在日朝鮮人全員は朝鮮に帰還するのだ』

     ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

     終戦直後、在日朝鮮人一世たちがこう大々的に宣言して生まれたのが朝鮮学校。

     従って日本政府は「非国民」である在日朝鮮人に日本国の教育の義務が無い特例を与えたのだ。

     日本政府は1銭も出さないという約束で誕生したのが朝鮮学校。

     だからこそ義務教育拒否・文科省の指導拒否で、デタラメな教育やりたい放題だった朝鮮学校。

     

    ところがいつの間にか、

     『日本の補助金を貰えないのは差別だ』

     『日本の大学に入れないのは差別だ』

     とほざくようになった在日朝鮮人ども。

     教育の義務を受け付けないのだから権利があるはずがない。

     日本国籍拒否の非国民の民族学校に公金を補助する国家は世界のどこにもない! 

     「日本の教育」をまるでしてないのになぜ日本の納税者がカネを負担するいわれがあるのだ?

     なぜ本国(=北朝鮮)から補助金を貰わないのだ? 総連は金正日の葬式にピョンヤンに行ったときにカネを頼めよ、カスが! 虫が良すぎんだよ。

     矛盾もいいとこ! 詭弁もいいとこ! 恥を知れ! 情けなくて在日一世が墓の中で泣いてるぞ! 

  • 名無しさん2013/02/15

    創価学会は、在日朝鮮人二世と言われる池田大作が宗教を手段として日本支配を狙った反日カルト組織です。学会員を公務員・法曹その他各界に送り込み(=総体革命)、公明党は外国人参政権(過去に27回も法案提出)や人権救済法案等の売国法成立を図っています。学会員は直ちに脱会して下さい。

  • 名無しさん2013/02/15

    明日16日未明に地球に最接近する小惑星は、今宇宙に関するホットな話題になっている。

     

    地球の周りには、膨大な数の彗星や隕石、小惑星がいき交っているそうだが、このサイズの天体は、計算上では40年にひとつ接近し、1200年に一度の割合で地球に衝突するそうだ。

     







    最近では、1908年、ロシアのツングースカ大爆発が、小惑星ではないかといわれているが、このときはシベリアで樹木8000万本が、2000平方キロメートルにわたりなぎ倒されている。

     

    このときは、人がいない地域だったので良かったが、小さな国だと、滅んでしまいそうな破壊力だといえる。

     

     

     

    ところでロシアと言えば、本日15日早朝、西部ウラル地方チェリャビンスク州に隕石が落下し、その衝撃で割れたガラスの破片などで大勢の人々が負傷したというニュースがあった。

     

    隕石落下で負傷者が出るケースは、世界的にも極めて珍しいそうだ。

     

    その時の衝撃の写真や映像まである。

     

     

     

     

     

     

     

     вспышка над Челябинском  

     

     

     

    日本でも、今年の1月20未明、茨城県あたりに、隕石が落ちるのがとらえられたばかりだ。

     

    そのあと日本では大きめの地震が頻発したため、巨大地震のまえぶれかと言う人もいたらしい。

     

     

     











    今回の小惑星は、幸い、地球に衝突することは無いそうだけど、それにしても気象衛星「ひまわり」の、さらに内側を通過するそうだから、かなりの至近距離だ。

     

    もちろん、万が一衝突しても、45メートル程度の大きさなので、地球が滅びるようなことは無い。

     

     

     

    ただ、過去に遡ると、生物に破滅をもたらした小惑星も実際にあったと言われている。

     

    先月、カリフォルニア大学バークレー校の研究者らが、6600万年前の恐竜の絶滅と、メキシコのユカタン沿岸に幅180キロのクレーターを残した直径約10キロの小惑星の影響との関係を、いっそう強める研究結果を発表していた。その報告によると、地質学的な時間幅では、この2つの出来事はほぼ同時に起こったと言うことだった。

     

     

     

    いずれにしても、こんなに小惑星やら、隕石やらの話題が続くというのは、何か大きな意味がありそうな気がするけどね。

     

    さらに今年は、2つの大彗星も接近し、世間を賑わすだろうと言われている。

     







    「パンスターズ彗星」と「アイソン彗星」で、それぞれ3月頃と11月頃に明るくなるそうだ。

     







    良い意味だといいけどね。

  • 名無しさん2013/02/15

    王陽明も「人生万変と雖も、吾が元に應ずる所以は喜怒哀楽の四者を出でず」と云っている。如何に喜び、如何に怒り、如何に悲しみ、如何に楽しむかであって、人間が乾物のように無感動になることではない。(安岡正篤 先生)

  • 名無しさん2013/02/15

    国民の多くが「在日特権」のことを知らないことが大問題。



    「在日特権」を廃止しないで、税金上げるなんて、ふざけんな!

    っていう話だね。



    いやっ、野田佳彦が消費税増税にこだわったのは、在日特権を守る、もしくは強化するため?

    日本人から税金をとって在日朝鮮人にばらまくため?

  • 名無しさん2013/02/15

    奈良市環境清美部収集課の男性職員(42)(懲戒免職)が病気を

    理由に5年間で8日しか出勤していなかった問題が明るみに出たことで

    部落解放同盟には「部落解放同盟に入って部落民になりたい」

    という若者からの問い合わせが殺到している。



    これについて部落解放同盟の幹部は「部落民というのは希望してなれる

    ものではなく、先祖から受け継いだものだ。」と回答しているが、

    若者からは「先祖が部落民でないからといって部落民になれないのはおかしい。

    部落解放同盟は希望者が全員部落民になれるような社会制度を目指すべき。

    不当な差別は即刻やめるべき」として、希望を受け入れない幹部に反発している。





    出典:民明書房 「部落の闘い」 〜 差別の無い国を目指して 〜

  • 名無しさん2013/02/15

    道州制反対!道州制にしたら利己主義が顕著化すると思う!





    在日朝鮮人の悪行の累積は強制帰国で精算される。差別を盾に60年間搾取してきた朝鮮人!



  • 名無しさん2013/02/15

    自業自得、あまり良い意味では使われないのが一般的かもですが

     元々は

     

    自らの「業=なした事、行為、またはしなかった事実」に対して

     良くも悪くも、ふさわしい結果となるものだ、という仏教の教え。

     

    ちなみにこれを英語で言うと

     

    have it coming

     

    と訳すことがありますけど、この場合だと

     

    You had it coming

     

    と言った場合、当然の報いだ、という意味だけでなく

     身から出た錆、ざまぁ

     

    と言う意味合いがあるので本来の仏教用語としての自業自得ならば

     

    It serves somebody right

     

    の方がまだ良い気もしますが、こちらでも

     いい気味だ、ざまぁねぇし、みたいなニュアンスもあるので、まぁ

     どっちもどっち、かも。

     

    強いて言うなら right 適切な事 を serve 供給/受け取る

     なのでこっちがまだ良いかなとは思いますが、まぁ微妙(笑)

     

    本題。

     

    自分が敬愛するナポレオン・ヒル博士は著書で「思考は現実化する」と説いた。

     

    引き寄せの法則にしても、ようは同じようなものでつまりすべては

     

    自分の思考、イメージ、に対してふさわしいものが結果となる、

     例えどのような結果であろうとも、それはそれにふさわしい考え、行動を

     自分がしていたのだ、と。