政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針2861号  2013・1・28(月)

2013/01/28

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 2861号
□■■□──────────────────────────□■■□



        2013(平成25)年1月28日(月)



                                朝鮮半島も中国領だ! :古森義久

             アベノミクスを国際公約=ダボス会議で説明:古澤 襄

                   日本のアジア重視劇的転換外交を評価:宮崎正弘

                            アフリカは「希望の大陸」か:平井修一

                             乃木将軍とステッセル将軍:伊勢雅臣

                         話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第2861号
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━
朝鮮半島も中国領だ! 
━━━━━━━━━━


     古森 義久

中国が北朝鮮の崩壊に対してどうするか、という研究の報告です。中国
は伝統的に朝鮮半島を自国領のようにみなしているというのです。

<北朝鮮奪取を目論む中国の野望 軍事介入で朝鮮半島の統一を阻止?>

現実には、北朝鮮は金日成氏が死んでも、その息子の金正日氏が倒れて
も、崩壊はしなかった。だが、その可能性は常に米側の政府内外の関係
者の間で はひそかに語られてきた。

だから北朝鮮の崩壊にどう対応するかは米国歴代政権の政策課題ともなっ
てきた。

まず起きないだろう事態であっても、もしも万が 一、起きたらどうする
か、という危機管理のシナリオづくりである。米国議会でも同様だった。

今回の上院外交委員会の報告もそんな背景から作成されたわけだ。

■中国は領土を主張し軍事介入する

その報告書を入手して、内容を点検してみた。報告書は中国の極端な領
土的野心をいやというほど描き出していた。その点は、この報告を受け
た米国議会の議員たちにとっても十分にショッキングだと言えよう。

なぜなら、同報告によれば、従来の米国議会の認識として「朝鮮半島の
統一と言えば米国議会ではドイツ統一を連想し、東ドイツが崩壊して西
ドイツが その版図を拡大し、統一を果たすという展開が朝鮮半島にも適
用されるだろう、という考え方が最も一般的だった」というからだ。

だが、この報告は、上院外交委員会として の独自の調査に米国や韓国の
多数の専門家からのインプットを大量に加え、朝鮮半島の統一は決して
そうはならないという見通しを提示するのだった。

同報告の主要点を箇条書きにすると、以下のようになる。

 ・中国は年来、北朝鮮の領内の一定地域は歴史的に中国領土だったと
いう認識から、北朝鮮の政府あるいは国家の崩壊という事態に際して、
朝鮮半島内部に自国の主権を適用するという態度を取る可能性が十分に
ある。

 ・中国政府当局者は、いまの北朝鮮領内や韓国領内の一定地域までが
中国版図だったことを示す歴史的資料を今後の領有権主張の根拠として
いく慣行を明らかにしている。この点は中国の南シナ海や尖閣諸島を含
む東シナ海での主権主張と共通している。

 ・中国は北朝鮮が崩壊し、韓国がその領土を継承する場合、韓国と同
盟関係を保つ米国が軍隊を旧北朝鮮領内に駐留させる見通しが強くなり、
その事態は中国周辺だけでなく東アジア全体の不安定につながると考え
ている。(つづく)

http://komoriy.iza.ne.jp/blog/entry/2987827/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アベノミクスを国際公約=ダボス会議で説明
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


              古澤 襄

スイス東部のダボスに世界各国からおよそ2500人を集めて開かれたこと
しの「ダボス会議」だったが、安倍晋三首相が掲げる「大胆な金融緩和、
機動的な財政政策、成長戦略」を組み合わせた「アベノミクス」に世界
の関心が集まった。

経済の低迷に喘ぐEU各国からみれば、デフレからの脱却を目指す金融
緩和の強化策や、アベノミクスの新たな成長戦略などに高い関心が集ま
るのは当然であろう。多くの欧米の専門家らからは「日本経済が長期的
な低迷から抜け出すために必要な政策だ」などと評価する声がでた。

その半面、金融緩和の強化策をめぐっては、ドイツのメルケル首相が
「為替レートの政治的な操作に関心が集まっている。今は日本に懸念が
ある」と述べ、為替相場を意図的に円安へと誘導する政策にあたりかね
ないと懸念を表明している。

会議に出席した甘利明経済再生担当相は「政府と日銀が目標を共有し歩
んでいくことは世界標準から全く逸脱していない。政府は為替レートに
一切言及しない。市場が決めることだ」と反論した。

<【ダボス時事】甘利明経済再生担当相は26日、世界経済フォーラム年
次総会(ダボス会議)のパネル討議で演説し、安倍晋三首相が掲げる
「大胆な金融緩和、機動的な財政政策、成長戦略」を組み合わせた「ア
ベノミクス」を説明した。

政府が国際舞台でアベノミクスの詳細を明らかにしたのは初めて。財政
健全化との両立を含め「国際公約」となった形だ。これに対し、出席し
た国際機関首脳らは理解を示した。

甘利氏は、アベノミクスの第1弾として策定した緊急経済対策で実質G
DP(国内総生産)を2%押し上げる効果を見込むことや、政府・日銀
の連携強化と2%の物価目標導入など、安倍政権発足後の成果を強調。
さらに、成長戦略では「実行に政府が明確に関与する」と力を込めた。

一方、「中長期的に持続可能な財政を実現していく」と言明し、従来の
財政再建路線の維持を約束した。

討議では、経済協力開発機構(OECD)のグリア事務総長が「日本が
大胆な金融緩和に踏み切ったことを支持する」と歓迎。国際通貨基金
(IMF)のラガルド専務理事は「財政健全化に加え、金融緩和を合わ
せることが成長につながる」と指摘した。

カナダ銀行(中央銀行)のカーニー総裁も「フレキシブルなインフレ目
標は先進国なら実施していることだ。甘利氏の言っていることは全く正
しい」と語った。 

また、円安誘導や日銀の独立性侵害を懸念する意見に対し、甘利氏は
「政府と日銀が目標を共有し歩んでいくことは世界標準から全く逸脱し
ていない。政府は為替レートに一切言及しない。市場が決めることだ」
と反論した。(時事)>

<世界各国の政治や経済界のリーダーが一堂に会する世界経済フォーラ
ムの年次総会、いわゆる「ダボス会議」が27日、閉幕します。

会議では日本の安倍政権の経済政策に高い関心が集まり期待が寄せられ
る一方で、円相場の意図的な誘導にあたりかねないという懸念も示され
ました。

スイス東部の山あいの町、ダボスに世界各国からおよそ2500人を集
めて開かれたことしの「ダボス会議」は27日、閉幕します。

会議では、安倍政権が掲げるデフレからの脱却を目指す金融緩和の強化
策や、新たな成長戦略などに高い関心が集まり、欧米の専門家らからは
「日本経済が長期的な低迷から抜け出すために必要な政策だ」などとい
った期待の声が寄せられました。

一方で、金融緩和の強化策をめぐっては、ドイツのメルケル首相が「為
替レートの政治的な操作に関心が集まっている。今は日本に懸念がある」
と述べ、為替相場を意図的に円安へと誘導する政策にあたりかねないと
懸念を表明するなど、波紋も広げました。

また、会議では、ことしの国際情勢を見通すうえで、沖縄県の尖閣諸島
を巡る日本と中国との対立についても、欧米の参加者から高い関心が寄
せられたということです。

このほか、会議では、直前にアルジェリアで起きた人質事件についても
議論され、イギリスのキャメロン首相は、ことし6月に開かれるG8サ
ミット=先進国首脳会議でテロ対策を中心的な議題にする考えを示しま
した。(NHK)>

2013.01.27 Sunday name : kajikablog 



━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本のアジア重視劇的転換外交を評価
━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成25(2013)年1月28日(月曜日)
      通巻第3868号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 米国の左翼メディアはまだ「従軍慰安婦」で日本を貶めているが
アジアの知的メディアは日本のアジア重視劇的転換外交を注目し評価
********************************

「日本は数十年にわたって自ら課してきた平和主義から脱しようと動き
始めた」(アジアタイムズ、2013年1月26日)。この場合、英語
のニュアンスの「平和主義」は「敗北主義」と訳した方が良いかも知れ
ないが、その議論はここでは措く。

アジア太平洋、それこそ豪州からインドネシア、インドを含む広範なア
ジア地域において、日本は中国の台頭に、アジア諸国との連帯を模索し
始めているとアジアタイムズが好意的に観た。

ニューヨークタイムズなど米国の左翼メディアはまだ「従軍慰安婦」で
日本を貶めているが、中国、韓国の方をもつ反日家ジャーナリストの巣
窟として、いまや同紙を評価する知識人はいなくなった。

アジアの知的メディアは日本のアジア重視劇的転換外交を注目し評価し
ている。

「しかも安倍は長き平和主義の象徴だった憲法の改正を謳い、米国の同
盟再構築を唱え、アジア諸国に共通の認識となった中国海軍力の脅威に
構える」とアジアタイムズが続けている。

たとえば日本はカンボジアと東チモールにも軍事関連物資の援助を開始
し、豪州にはハイテク防衛システムの技術を、ベトナムには潜水艦の供
与も試みる可能性がある、と同紙は続けた。

伝統的に日本は首相が替わる度に米国へ挨拶に出向いたが、安倍晋三は
米国より先にベトナム、タイ、インドネシアを歴訪したという積極的外
交姿勢への転換は重要なターニング・ポイントだと指摘した。

 ▼アジア援助の中味が戦略的にシフトしている

タイには日本企業およそ8000社がすでに進出しているが、むしろ中
国に出遅れていた中小企業のタイ進出をこれからも奨励する。

事実、安倍はバンコックでインラック首相と会見し、同国のインフラ整
備に貢献したいとしてバンコクと地方都市を結ぶ新幹線の売り込みにも
積極姿勢を示したほか、原発、チャオプラヤ河流域の治水対策への協力
を申し出た。

日本とタイは、これからも貿易、投資の拡大を目指し、洪水対策、鉄道
建設、人工衛星、情報通信分野でも協力を約束した。

とくに新幹線はタイにとっての大事業である。総額1兆円のプロジェク
トは国際入札を行う。

最大の競合相手は廉価新幹線で押す中国である。

アジア太平洋の国々と「戦略的関係を深めることが地域の安全保障と安
定に寄与し、それは日本の国益に繋がる」と安倍首相は行く先々で演説
した。

ベトナムへ赴いた安倍首相は中国の海軍の横暴に対応するには、ステル
ス型潜水艦を所望しており、もし日本がこれをベトナムに供与するとな
ると、「劇的な変化」である。ベトナム訪問に際して、安倍は潜水艦供
与を明言した形跡がないが、原発の供与は公約している。

ほかにインドと日本は海上保安庁同志の合同訓練を実施したおり、豪州
とは09年以来、日米豪参加国による安保対話が進んでいる。

まさに日本は「敗北主義から脱皮、劇的な変化」に移行したというアジ
アタイムズのリチャード・ヘイダリアンの指摘は正鵠を射ているだろう
(ヘイダリアンは中東専門家)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 854回】        
 ――事実は小説より奇なり・・・「偉大な中華民族」の現実(6)
   『毛沢東が神棚から下りる日 中国民主化のゆくえ』(堀江義人、
平凡社。2013年)

1944年に台北で生まれた著者は、朝日新聞の北京・ウランバートル支局
長、上海支局長を務めている。同紙中国報道を最前線で支えてきたわけ
だ。

著者は「現代中国の原点は毛沢東時代にある――本書はこの視点から毛
沢東と?小平の時代を検証し、民主化のゆくえを展望したものだ。

江沢民、胡錦濤の時代も?路線の延長にあった」と自らの視点を明らか
にし、金権腐敗独裁一途の共産党による有形無形の嫌がらせや弾圧に抗
す一方で、「人権も尊厳もなく、ただ虫けらのように生きてき」たゆえ
に「統治されることに慣れきっている」中国人の無関心と非協力といっ
た劣悪な環境にもめげず、共産党に敢然と異議を唱え社会変革を訴え続
ける有名無名の老若男女に取材し、その言動を追い、彼らの著作などを
引用し、「中国民主化のゆくえ」を探っている。

著者は数多くの“民主派闘士”に接触し、現在の中国、共産党、中国人
に対する彼らの考えを引き出している。そのうちの一部を引いてみると、

■「中国は世界で最も拝金主義にまみれた国」

■「人を資産階級と無産階級に分けたマルクス・レーニン主義は間違い
だ」

■「1939年以降、共産党は日本軍との大きな戦闘に加わらず、解放区と
武力の拡大のみに力を入れた。民族存亡の危機に日本人を打たず、そろ
ばんを弾いて勝利の果実を摘み取ったのだ」

■「毛沢東、劉少奇、周恩来、朱徳は、政治面での反封建は徹底してい
たが、思想面では孔孟思想の影響が残っていた。彼らには封建思想の残
余を一掃できなかった」

■「(天安門事件の活動家で)海外に出た連中は口論ばかりで収拾がつ
かない。彼らは実権を奪ったとしても、共産党より民主的な政権には到
底なりえなかった」

■「(最近の)青年の民族主義情緒が気がかりだ。批判されたら敵とい
う心理なら、世界は敵だらけになる。心理的に緊張していすぎる。アヘ
ン戦争以後の後遺症であり、『敵が反対するなら賛成』という毛沢東の
影響でもある。一方で少し豊かになると、金持ち心理が芽生え威張り散
らす。発展途上国にとって民族主義はマイナスになる」

■「中国、とくに都市では、路上で人が急病で倒れ、車がひっくり返っ
てけがをしても、通行人は取り囲んで眺めるか、時には楽しむものはい
ても、手を差し伸べて、助けようとする人は極めて少ない」
 
どれもこもれも“正論”だろう。だが空恐ろしいのは最後の一文だ。

じつは「80年前の魯迅の雑文『経験』」の一節なのだ。ならば中国は80
年前に戻ってしまった。あるいは中国人の意識構造は根底で進歩も変化
もなかった。いや、悪癖が復活したとでもいうのか。
 
そろばん勘定で「摘み取った」「勝利の果実」を手放すことなく、つい
には中国を「世界で最も拝金主義にまみれた国」にした共産党に対する
著者の批判は、極めて“アサヒらしからず”と評価したいが、「少し豊
かになると、金持ち心理が芽生え威張り散らす」中国人を民主で救える
とする思い込みの強さは、やはり“アサヒそのもの”といっておこう。
 
ところで毛沢東、劉少奇、周恩来、朱徳、トウ小平らがにこやかに握手
を交わす写真を挙げ、著者は62年当時の共産党首脳の関係を語ろうとす
るが、写真解読の専門家の一部には団結を装うために後日に作り上げら
れた偽造写真との見方が強い。

自らの主張の論拠に疑惑のある写真を説明もなく使うとは・・・流石に
「珊瑚事件」のアサヒだ・・・感服。
《QED》


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)アルジェリアで起きたイスラム武装勢力による人質事件
はアルジェリア軍の強行突破により終息したが犠牲者は日本人10名、フィ
リピン人8名、英国人3名、米国人3名と報道(15日現在)と報道されて
いるが、なぜか武装勢力側の犠牲者数は公表されていない。

今回の事件で日本人犠牲者数が最多だった理由は何か。

人質を取った武装勢力側に立って考えてみれば明瞭である。何しろ日本
という国は「人命は地球より重い」と言っているではないか。であれば
身代金を最大化できる人質は日本人以外にあり得ないではないか。

今回の武装勢力側の誤算は人質解放交渉に移る前にアルジェリア軍に攻
撃され自滅してしまったことだろう。

さて、そもそもアラブの春と持て囃し、独裁国家が民主国家へ変身した
かの如きマスコミの錯覚が間違いだろう。アラブの春のドミノはチュニ
ジア、エジプト、リビアと伝播したが今やシリアで頓挫しているだけで
なく、ドミノが通過した3国は相変わらず混乱が収まらずイスラム武装
勢力の温床と化しているのではないか。

とくにリビアのカダフィ大佐を殺害しリビアを解放したという主張は間
違いである。偉大な指導者カダフィ大佐は「緑の書」で自身の国家観を
明確化し、多数の部族からなる自国の統治原理を欧米型の代表民主主義
ではなく、部族原理を基本とした独自の社会民主主義に置いた。

豊かな石油収入を活用して、カダフィ大佐は教育に力を注ぎ、自国民の
識字率を格段に向上させ、また女性の地位向上にも努力した。かくて国
民の支持も高かったカダフィ大佐を欧米の傀儡勢力が倒してしまった結
果何が起きたか。

リビア軍の軍人は近隣諸国から集まった傭兵が主体だったが、カダフィ
大佐という玉の緒が切られて、傭兵たちは玉と散った結果、彼らは与え
られていた豊富な武器と共にアルジェリアをはじめ近隣諸国へと潜入し
イスラム武装勢力と化したのである。

回の人質事件も本を正せばカダフィ大佐の殺害に端を発していると言え
るのではないか。

「アラブの春」は今や「アラブの砂嵐」と化し、北アフリカ諸国から中
東諸国にかけて、猛威を振るうことになるだろう。(ちゅん)


(宮崎正弘のコメント)カダフィの亡霊が砂漠を席巻している構図です
か。カダフィの近代化はイランのパーレビ、イラクのサダムフセインに
似ています。エジプトはムバラク以後、ひどくなりました。チュニジア
もシリアも無政府状態。アラブの春の結果です。



  ♪
(読者の声2)フランスの部隊のマリへの派遣は、当初世界各国で批判さ
れていますが、この度のアルジェリアでの惨劇の後、称賛されるように
なりました。

アルジェリアでの惨劇で得をしたのは、フランス政府と今後日米欧の企
業が進出をためらう中で北アフリカでのプラント建設で漁夫の利を得る
であろう中国系企業でしょう。

マリという国名を聞いて今から20年ほど前に週刊新聞紙 The
Economist に掲載されたマリに関する特集記事を思い出しました。
 
(1)マリの経済・社会・農業をダメにしたのは、米国政府の農業援助
と欧米の自国の農業保護政策である。米国政府の援助で農業地帯から都
市への道路が建設され、農業地帯には米国政府の援助により商業作物が
栽培され、欧米に輸出される。その結果、自国民が食べる食物は、欧米
の農業保護政策により、安い価格で輸入できる小麦等にとってかわられ
る。

マリの農民が栽培している食物用の作物は採算が合わなくなり、作られ
なくなる。その結果、農村の貧困と飢餓が起きる。アフリカの飢餓をな
くす一番良い方法は、欧米諸国が自国の農業保護をやめ、農産物価格を
上昇させ、開発途上国の農業を採算が取れるようにすることである。

まさに、あの記事の内容が悪い方向で的中しています。ただ一つの救い
は、遅まきながら世界中で農産物価格が上昇していることです。ところ
で、推理小説の世界では、利益を得た者が犯人とされることが多いので
すが、今回のアルジェリアでの惨劇でそうなら、第二の通州事件ともい
えます。

 (2)貴誌通巻第3867号(読者の声1)でSJ氏がロシアにとって
「広大なシベリア」の重大さを指摘されましたが、これは慧眼です。
1990年代に米国の投資家の間で沿海州の土地を買うことが流行しました
が、あれは大儲けとなっていることでしょう。

二束三文の価格で買った土地が、中国人の進出で都市化が進む中、値上
がりしているのではないのでしょうか。私は、土地価格がどうなってい
るのか確認していませんが、そのように推測いたします。
(ST生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)ナホトカのチャイナタウンは幽霊屋敷、中国人
経営のホテルががらんどう、これらはロシアが突如、中国資本を排斥し
た結果でした。ウラジオの現状は、いま分かりません。どなたか直近で
ウラジオへ行った人のレポートを待ちたい所です。



  ♪
(読者の声3)左翼かぶれは子供の時に一度は罹るハシカのようなもの、
という人間は多いでしょう。私自身も中学・高校時代など当時の社会的
風潮からも左翼的考えに毒されていたように思います。

それでも学校教育では任那に日本府があり、慰安婦問題も南京大虐殺も
なく、第二次大戦では日本の版図が東南アジアから南洋諸島まで赤色で
記され、それ以前はタイを除いてすべて欧米の植民地であり、日本の侵
略などといった言葉はありませんでした。

ですから日本は戦争には負けたが悪い国だったという考えはなかった。

1960年代、祝日にはどこの家も日の丸を掲揚していたのに1970年代には
激減したように思います。

2010年に尖閣諸島で中国漁船が衝突した事件のビデオを公開した元海上
保安官の一色正春氏、一世代も年下ですが、彼も若い頃は共産主義的な
考えだったという。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/36894?page=3

『私自身はもともと共産主義的な考えだったため、人類が皆平等で、国
境もなくなって世界が平和になればいいと思っていました。しかし、色
々な国を訪れるうちに現実はそんなものではないと知ったのです。

学校教育では日本が悪い国だと教えられましたが、例えばインドネシア
へ行くと「第2次世界大戦後のインドネシア独立戦争の時、何百人もの日
本兵がここに残ってオランダと戦ってくれた」という話をされる。

そんなことは教科書で教わらなかったわけです。色々とそうした話を聞
くうちに、日本が極悪非道な国家ではないと気づくようになった体験は
大きかったです。外国に出ることが全てではないですが、日本の中にい
ると外が見えないですよね。

以前アラブ人と話した時に「なぜ日本はあんなに米国にペコペコするの
か。日本は日露戦争にも勝利したじゃないか」と言われ、改めてハッと
させられました。東南アジアの国を訪れると「旧日本軍がいたころは良
かった」と話す人もけっこういるんですよ。

もちろん全てにおいて日本が良かったとは言いませんが、このように両
方の意見が存在しますから、一方に偏らずどちらにも耳を傾けることが
大事だと思います。』

若い世代はネットでさまざまな情報に接するためまともな人が増えてい
る印象ですが、団塊の世代では死んでも治らないバカが害毒を振りまい
ている。中国に媚びへつらい「尖閣に領土問題が存在する」という宇宙
人、韓国に魂を売ったのか「赤旗」で安倍政権を批判する加藤紘一。
「隠れ左翼」だと思っていたら正真正銘の左翼でした。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130126/stt13012618000004-n1

朝日新聞を定年退職の元主筆、若宮啓文、わかみやではなく「バカ宮」
だろう、と検索すると本当に 「アカヒ新聞主筆バカ宮は支那へ帰れ!
マスゴミ殲滅デモ」という動画がヒットしました。

「朝日新聞の葬式は国民が出す」というデモ、これは「安倍の葬式はう
ち(朝日新聞)で出す」という若宮の思いあがりもはなはだしい発言への
反発でした。

安倍政権に対する国民の期待は安倍総理の行く先々での大歓声で明らか、
大相撲の表彰式でも場内からはものすごい歓声でした。

デフレ脱却への期待はさっそく始まっています。

近所の大手スーパー、競合店との不毛な安売り競争、食パン一斤57円ま
で下落していたのが、年明けには63円まで上昇、100円均一がメインの生
鮮コンビニも惣菜を中心に100円以上の商品の品ぞろえを強化しています。

日経平均株価の週足は11週連続上昇で1971年以来42年ぶりとなる上昇ぶ
り。昨年5月のベトナムでは米ドル預金の金利が5%台、ベトナムドンで
は9%前後、中国では一年もので3%以上、タイでは2.5%前後でした。

日本でもかつては定期預金金利が5%以上が当たり前だった時代がありま
すが、若い人には信じられないでしょうね。

韓国では円安ウォン高を警戒しているようですが、1997年のアジア通貨
危機の時には100円=1000ウォン。現在は100円=1165ウォン程度ですか
ら、まだ円高といっていい水準です。

ただし物価を見ると日本がデフレだったのに対し韓国はインフレでおお
むね5割ほど高くなっています。100円=1000ウォンまでウォン高になれ
ば交通費以外は日本のほうが安いかも。

民主党政権が円高を放置していなければ家電業界の大赤字もなかったで
しょう。

リーマン・ショック時には1ドル=110円レベルですから、1ドル=90円は
まだまだ調整なかば。円安で輸入物価が上昇すると騒ぐマスコミもあり
ますが、1979年のイラン革命に端を発する第二次オイルショックではガ
ソリン1リットル180円でした。

食料品の価格がほとんどの商品で30年前よりも下がり、衣料品など数分
の一に下落しているのに新聞・雑誌は一貫して値上げしてきました。と
くに新聞は文字が大きくなり情報量は激減、海外の新聞が政治・経済・
スポーツといった項目ごとに10ページから20ページを割り当てていて、
時には100ページにも及ぶのに日本の新聞はペラペラ・スカスカ、値段だ
けは高い。

数年以内に何社か潰れるでことでしょう。

テレビでは韓流ゴリ押し反対デモに対し、「嫌なら見るな」といったフ
ジテレビの視聴率低下に歯止めがかからず、「民意」は正直なものです。
安倍政権にケンカを売った朝日新聞の今後が見ものですね。
  (PB生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)拙著『朝日新聞のなくなる日』(ワック)も是非。



━━━━━━━━━━━━━
アフリカは「希望の大陸」か
━━━━━━━━━━━━━


       平井 修一

日本の商社からなる日本貿易会の「2013年1月号月報」に朝田照男・日本
貿易会 副会長/丸紅社長が「注目される2つのフロンティア」という以下
の記事を書いている。

<2013年は、残されたフロンティアともいうべき「アフリカ」と「メコ
ン」の2つの地域に注目したいと思います。

アフリカは高い潜在力が見込まれる「希望の大陸」です。成長率上位20
ヵ国を調べてみると、小国を除けばその半分は同地域の国々が占めます。
生産年齢人口(15−64歳)の比率が高まる人口ボーナスを2050年にかけ
て享受できる見込みであり、成長の天井に達するまでには時間的余裕が
ありそうです。

資源の観点からも、石油・天然ガスの他、マンガン、クロム、コバルト、
白金族などの存在は魅力的です。

また、2013年6月に、わが国主導の第5回アフリカ開発会議(TICAD V)が
横浜で開催されることは大変意義深いことです。ここでは民間投資の拡
大が重要テーマとして議論される予定であり、アフリカへの進出が加速
する足掛かりとなるでしょう。

一方、メコン川流域地域は、まさにテイクオフしようとする「アジアの
翼」です。(中略)

これら2つの地域が持続的な成長のステージを着実に歩むためには、多く
の課題を解決しなくてはなりません。資金面ではわが国政府の支援が必
要となることはいうまでもありません。

また、市場経済システムの導入や投資環境の改善に向けた法整備など相
手国の自助努力も求められます。市場獲得をめぐって他国との競争が激
しくなる中、われわれ商社としては積極果敢に橋頭堡ほを築き、伸びゆ
くフロンティアの果実を最大限獲得できるよう取り組んでいきたいと考
えます>

これを読んで、深田祐介の「日本商人事情」(昭和53年、週刊ポスト連
載)を思い出した。深田はこう書く。

<戦後の貿易戦争においても「学徒動員」が行われたのではないか、私は
そう思っている。昭和23年の学制改革以来、大学卒業生の数は戦前とは
比較にならぬ圧倒的な勢いで増えていった。

ときあたかも高度成長期を迎え、これらの新卒業生は膨張する一方の企
業に大挙して流れ込んだ。企業の方はといえば、技術革新と設備投資の
集中したおかげで組織はふくれあがり、新設したポジションの権限は若
手にまかさぜるを得ない状態にあった。

動員された人たちの多くが入社後、年を経ずして大きな権限を与えられ、
第一線に立ち、大量に海外へ送り出される、そういうことになった>

29歳の若さで単身、アフリカのザイールの駐在員になって、悪戦苦闘し
た者もいるが、泥にまみれて這いずり回った苦労を笑い飛ばしているこ
とがイケイケドンドンの高度成長時代を感じさせる。当時からアフリカ
はフロンティアであった。

日本貿易振興機構(ジェトロ)がアフリカに進出している日系企業に対
し「アフリカへの進出動機」(2012年度)を聞いている。それによると
「市場の将来性」が68.2%で最も多く、続いて「市場規模」(42.7%)、
「天然資源」(22.3%)であった。

前回調査(2007年度)と比較すると、上位3項目に変化はないが、「日本
のODA」が前回より低下し、一方で「収益性」が前回より増加した。

地域別にみると、いずれの地域でも「市場の将来性」が最も多かった。
それに続く動機は、北・西・南部アフリカでは「市場規模」だったのに
対し、東アフリカでは「日本のODA」が2番目に多かった。ケニアでは円
借款で発電事業、港湾整備などを受注した例がみられる。

「市場規模」では、人口1億6000万人を超える「ナイジェリア」で半数以
上の企業が進出動機として挙げた。また、アルジェリア、リビア、ニジ
ェール、ザンビア、モザンビークに進出する企業の半数以上が「天然資
源」に期待している(注)。

この「日本商人事情」の単行本は昭和54年に発行されたが、上前淳一郎
の解説も読ませる。

<深田さんは「われわれも15年戦争を戦ったのだ」という表現を好ん
でする。15年戦争とは氏や私などの父親の世代が経験した戦争のことだ。
それに敗れたあと、こんどは息子の世代が、貿易戦争という新しい15年
戦争をやった。

この15年とは、高度成長が始まった昭和35年から昭和50年ころまでと思っ
ていい。苦闘のすえ、日本が2度目の15年戦争に勝ったことは、あらた
めていうまでもない>

今、日本は“失われた”と言われる「15年戦争」で悪戦苦闘している。
かつては「追いつけ、追い越せ」だったのが、今は新興国から追い上げ
られており、「2度目の15年戦争」のような明るさ、陽気さは影をひそ
めているようだ。アフリカの政情不安やテロも心配の種だ。

アフリカの発展を願うが、果実を享受するまでにはまだまだ長い道のり
があるだろう。「希望の大陸」への道は遥かなりと言わざるを得ない。
・・・

注)ジェトロの「在アフリカ進出日系企業実態調査」(2013年1月23日発
表)は在アフリカ進出日系企業333社(回答企業数168社、有効回答率
50.5%)にアンケートしたものだが、アフリカ・ビジネスにおける過去5
年間の業績では、51.6%の企業が「改善した」と回答。今後の対アフリ
カ・ビジネスの重要度についても、67.3%の企業が「増す」と回答して
いる。

事業展開の方向性では、58.7%の企業が「進出国内でのビジネス拡大、
新規投資を予定・検討中」。また、約3割の企業は「アフリカ内の他国へ
の進出を予定・検討中」と回答。今後、事業拡大を検討している有望分
野として、「消費市場」「農業開発」「通信」「医療」「環境技術」な
どが挙げられた。

「政治的・社会的安定性」「規制・法令の整備、運用」や「雇用・労働
の問題」などは引き続き経営上の課題であり、厳しいビジネス環境に置
かれている状況は不変である。



━━━━━━━━━━━━
乃木将軍とステッセル将軍
━━━━━━━━━━━━


      伊勢 雅臣

■1.日露友好の写真

不思議な一葉の写真がある。日露戦争中、日本軍とロシア軍の幹部が仲
良く肩寄せ合って並んだ記念撮影である。あまりにも自然に親しげにし
ているので、あたかも同盟国どうしの軍事演習での記念写真かのように
見えるが、それは違う。[1]

水師営の会見写真: http://blog.jog-net.jp/201301/article_5.html

これは両軍合わせて約8万7千人もの死傷者を出した旅順攻囲戦でロシ
ア軍が降伏した後の水師営(すいしえい)の会見での記念写真である。
通常、降伏した側は帯剣は許されないが、明治天皇からの「武士の名誉
を保たしむべき」との聖旨を受けて、ステッセル将軍以下、軍装の上、
勲章をつけ帯剣していた。

同地にはアメリカの従軍映画技師もいて、この会見を映画撮影したいと
申し入れていた。しかし、乃木希典(のぎ・まれすけ)将軍は敗軍の将
にいささかも恥辱を与えてはならないとこれを許さず、この一枚の記念
写真だけを認めたのである。

会見の模様は、この写真とともに全世界に報道された。武士道精神に基
づく乃木のステッセルへの仁愛と礼節にあふれた態度は、世界を感銘さ
せた。世界はわずか5ヶ月での旅順要塞の陥落に驚愕し、またこの会見
に感嘆した。

この6年後、乃木はイギリス国王戴冠式に参列される東伏見宮依仁(よ
りひと)親王に東郷平八郎とともに随行してイギリスを訪問したが、イ
ギリスの一新聞は「各国より多数の知名の士参列すべきも、誰か東郷、
乃木両大将とその光輝を争いうる者があろう」と報じている。

その後、乃木はフランス、ドイツ、オーストリア、ルーマニア、トルコ
などを歴訪したが、ある欧州人は「彼がほとんど全欧州諸国より受けた
王侯に対するがごとき尊敬と希にみる所の賞賛」と形容している。


■2.「いかなる敵を引き受けても3年は支えることができる」

明治37年2月、ロシアが満洲を蚕食し、さらに朝鮮半島にまで侵出する
野望をあらわにすると、日本政府はこれ以上は座視できぬと国交を断絶
した。

5月、乃木は第三軍司令官に任ぜられた。3年前に師団長をしている際
に、部下が不祥事を起こしたために、潔癖な乃木は自ら休職していたの
だが、国家の非常時に、乃木ほどの人材を野に置いておく余裕はなかっ
た。

ロシアは長年の夢である不凍港を旅順に獲得し、そこに難攻不落の要塞
を築いていた。この旅順攻略を、第三軍は命ぜられた。

しかし、ロシア側は旅順要塞の防備について、徹底して秘密保持に努め
たので、参謀本部にもその内情は分からなかった。情報不足のまま、参
謀本部は旅順の敵兵力を約1万5千、火砲約2百門と見積もり、第三軍
は総兵力約5万と3倍以上なので、一気呵成に攻略できるものと信じて
疑わなかった。

しかし、実際にはロシア軍は総兵力4万7千、火砲約500門を備えていた。
しかも、ロシア側は6年もかけて近代的な大要塞を築いていた。旅順港
を二重、三重に取り囲む100mから200m級のほとんど樹木のないはげ山
の上に、強固なコンクリート壁に覆われた大小の堡塁と砲台をびっしり
と並べた。

堡塁は厚さ1〜2mのコンクリートで固められ、その前には幅6〜12m、
深さ7〜9mの壕が掘られている。さらにその外側には電流を通じた鉄
条網が張り巡らされ、地雷まで埋められていた。

クロパトキン陸相は「いかなる敵を引き受けても断じて3年は支えるこ
とができる」と自負したが、それも当然の大要塞であった。


■3.正攻法への転換

要塞攻略には正攻法と強襲法がある。正攻法は時間をかけて要塞の近く
まで塹壕を掘り進め、じっくり攻めていく。強襲法は塹壕など掘らずに、
犠牲を覚悟で一気に攻める。

大本営は第三軍が速やかに旅順を攻略し、満洲の主戦場に駆けつけるこ
とを命じていたので、第三軍は強襲法をとらざるをえなかった。

明治37(1904)年8月19日、第1回総攻撃が開始された。2日間、二百余
門で砲撃を行ったが、堡塁はほとんど無傷であった。最も大きな砲が口
径15センチだったが、その弾は1〜2mの厚さのコンクリートに空しく
跳ね返された。

3日目には砲弾が不足してきた。大本営は要塞攻撃に十分な砲弾を第三
軍に供給できていなかったのである。その中でも第三軍は突撃を繰り返
し、主要な二つの堡塁を落とした。しかし、24日、とうとう砲弾が底を
ついて、乃木は涙をのんで、攻撃中止を命じた。総兵力5万中、約1万
6千人の死傷者を出した。

これを見て、乃木はほとんどの部下の反対を押し切って、断然、正攻法
に切り替えた。堡塁の近くまで塹壕を掘り進め、そこから攻撃する。局
地的攻撃では4つの攻撃目標のうち、3つの堡塁を落とした。

9月14日には、28センチ榴弾砲が到着した。占領した堡塁を大本営の技
術関係者が研究して、1〜2メートルのコンクリート壁を打ち破るには、
これしかないと、結論を出したのである。

10月26日、第二回総攻撃が行われた。28センチ砲18門が約2千発の砲弾
を叩き込んだが、命中率はそれほど高くはなかった。31日にはまた砲弾
不足に陥り、乃木はまたしても攻撃中止を命ぜざるを得なかった。

しかし、この攻撃で新たに2つの主要堡塁を落とし、包囲網を狭めた。
また日本側は死傷者3800人と大幅に減り、ロシア側は4500人と日本側よ
り損害が大きかった。乃木の戦略転換は確実に効果をあげていた。


■4.激戦につぐ激戦

11月26日、第三回総攻撃が開始された。今回は地下道を掘って堡塁の地
下から爆破する戦法が初めて試みられた。日本側は爆破口より突進した
が、ロシア軍の反撃も凄まじかった。

同日夜、目印として白襷(たすき)をかけた3千人の白襷隊が、夜襲を
かけた。ロシア軍も機関銃、手榴弾などで必死に抗戦し、これを退けた。
しかし白襷を血染めにして抜刀して襲ってくる姿に、ロシア側は「(精
神的に)屈服した」と記録に残している。

乃木は翌27日正面攻撃の中止を命ずるとともに、203高地の攻略に転じた。
同高地からは旅順港内が見渡せ、そこに逃げ込んだままの太平洋艦隊を
砲撃できる。バルチック艦隊がやってくる前に、太平洋艦隊を撃滅しな
ければ海戦での勝ち目はなかった。

海軍から矢のような催促があったのだが、大山、児玉の満洲軍総司令部
も旅順要塞そのものを落とさねば、第三軍を満洲の主戦場に呼び寄せる
ことはできないので、あくまで要塞攻略を主眼としていたのである。

しかし、旅順要塞が容易に落ちないまま、203高地奪取のタイムリミット
である12月初旬が近づいている。満州軍総司令部の許可を得ぬままに、
そちらに主目標を切り替える、という戦略転換を乃木は行った。

ロシア軍も乃木の戦略転換を読み取り、203高地をめぐる9日間の戦いは、
旅順攻囲戦での最大の激戦となった。日本側が突撃につぐ突撃で一角を
落としても、ロシア側が熾烈な逆襲で奪い返すということが繰り返され
た。

12月5日、ようやく203地を奪取し、ただちに観測所を設けて、8日まで
に旅順港内に砲撃し、太平洋艦隊を全滅させた。

しかし、それでも旅順要塞は降伏せず、第三軍がさらに1ヶ月近くかけ
て主要な堡塁を占領し終わった後、明くる1月1日にようやくステッセ
ル司令官は降伏を申し出たのである。


■5.乃木愚将論の過ち

司馬遼太郎の『坂の上の雲』では、乃木を無謀な突撃を強いるだけの愚
将として描いている。そして、児玉源太郎がやってきて、28センチ砲を
使って203高地をあっという間に落とさせた、としているが、これは史実
を曲げた記述である。

乃木は児玉が到着する12月1日の前に203高地への戦略に転換しているし、
28センチ砲は9月から使われていた。

そもそも約6万人もの死傷者を出しながら、第三軍将兵が終始激烈に戦
い抜いたのは、司令官としての乃木に信服していたからである。この結
果、ロシア側が「3年は支えることができる」とした大要塞を約5ヶ月
で陥落させることができた。

第三軍はその後、すぐに満洲の主戦場に赴き、そこでもロシア軍に攻め
込む中心的な働きをした。日本海海戦の東郷とともに、乃木が陸戦にお
ける中心人物として世界から称賛されたのも当然であった。

日本側は死傷者約6万を出したが、その数をもって乃木を愚将とするの
は正当ではない。ロシア側も2万7千人と、半数以上の死傷者を出して
いる。

この12年後、第一次大戦でドイツとフランスの要塞攻防戦であった「ヴェ
ルダンの戦い」では、両軍合わせて70万人以上の死傷者を出した。旅順
の戦いは、こうした膨大な犠牲者を生み出す近代戦の先例と位置づける
べきだろう。

ただし、乃木自身はこれほどの死傷者を出したことを自らの大罪と受け
とめ、この後は自らは質素な生活をしながら、俸給の大半を戦死者遺族
の救済や傷病兵の医療に費やしている。


■6.「武士の名誉を保たしむべき」

ステッセルの降伏が報ぜられると、明治天皇は深く喜ばれ、1月2日、
山形参謀長を通じて、次の聖旨を送らせた。


<陛下には、将官ステッセルが祖国のため尽くせし苦節を嘉(よみ)し
たまい、武士の名誉を保たしむべきことを望ませらる。>


乃木はすぐにステッセルに特使を送ってこれを伝えた。翌日は、再度特
使を送って、2両の輜重車(しちょうしゃ)に野菜を満載して、鶏、ブ
ドウ酒と一緒に送った。ロシア軍が野菜不足で苦しんでいる、と特使か
ら聞いたからである。

こうして1月5日、名高い水師営の会見が行われた。乃木は挨拶の後、
姿勢を改めて明治天皇の聖旨を伝えた。ステッセルは慇懃なる態度で
「貴国の皇帝陛下よりかくのごとき厚遇を蒙(こうむ)ることは、私に
とって無上の名誉であります」と答えた。

その後、二人は席につき、なごやかな雰囲気のもとに語り合った。それ
はあたかも旧知の友のようであった。ステッセルは日本軍の不屈不撓
(ふとう)の勇武を天下に比類なきものと賛嘆を惜しまなかった。乃木
はロシア軍の守備の頑強さを称えた。


■7.「昨日の敵は今日の友」

そのあとステッセルは容(かたち)を改めて、乃木がこの戦いで二子を
喪ったことを慰めた。乃木は微笑を湛(たた)えつつ、答えた。

<私は二子が武門の家に生れ、軍人としてその死所を得たることを悦ん
でおります。長子は南山に斃(たお)れ、次子は203高地において戦死し
ました。

かく彼ら両人がともに国家の犠牲となったことは、ひとり私が満足する
ばかりではなく、彼ら自身も多分満足して瞑目しているであろうと思い
ます。>

いかにも古武士らしき乃木の言葉に、ステッセルは愕然として、「閣下
は当に天下の偉人であります。私らの遠く及ぶところではありません」
と感嘆おくあたわざる面持ちであった。

さらに乃木が、諸処に散在しているロシア軍の死没者の墳墓を一カ所に
集め、その所在氏名を明らかにしたい、と述べると、ステッセルは驚き
と喜びを溢れさせて言った。


「閣下は実に死者のことまで注意されるか。厚意は謝するに言葉があり
ません。」

この会見の後、双方は日本側の用意した昼食をとった。そこには5ヶ月
にわたって凄惨な戦いを繰り広げた仇敵同士ではなく、まさに「昨日の
敵は今日の友」との和気藹々とした空気が流れていた。

この後に、冒頭で紹介した両者対等に入り交じった記念撮影が行われた
のである。


■8.「武士の情け」

乃木のステッセルに対する「武士の情け」は、この後も続く。日露戦争
後、ステッセルは旅順開城の責任を追及されて、重罪に処せられんとし
た。それを知った乃木は、当時パリにいた元第三軍参謀・津野田是重少
佐に対して、ステッセルを弁護するよう依頼した。

少佐は仏、英、独の新聞に投書して、開城はやむを得ざるものであり、
ステッセルは立派に戦い抜いたことを詳しく述べた。これが奏功して、
ステッセルは死刑の判決を特赦によって許され、モスクワ近郊の農村で
静かに余生を送った。

出獄したステッセルは一時、生活に困窮したが、それを知った乃木は名
前を伏せて、しばしば少なくない金額を送った。逆に、乃木が明治天皇
崩御の後に殉死した際、ステッセルは皇室の御下賜金に次ぐ多額の弔慰
金を「モスクワの一僧侶」とだけ記して送った。

ステッセルは晩年、「自分は乃木大将のような名将と戦って敗れたのだ
から悔いはない」と繰り返し語っていた。


■リンク■

a. JOG(218) Father Nogi
 アメリカ人青年は"Father Nogi"と父のごとくに慕っていた乃木大将を
いかに描いたか? 
http://bit.ly/XAajG9 

b. JOG(048) 「公」と「私」と
 私情を吐露しつつ公の為に立上がった日露戦争当時の国民
http://bit.ly/W61sAe 

c. Wing(1569) ロシア人捕虜の墓を護る松山の人々 
http://bit.ly/XCpvCv 

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 岡田幹彦『乃木希典―高貴なる明治』★★★★、展転社、H13
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4886561861/japanontheg01-22/

■■ Japan On the Globe(783) ■■ 国際派日本人養成講座 ■■
      国柄探訪 : 国史百景(3) 乃木将軍とステッセル将軍
敵将に対する仁愛と礼節にあふれた武士道精神は世界に感銘を与えた。
■転送歓迎■ H25.01.27 ■ 40,087 Copies ■ 3,643,652 Views■
無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎<H2A>情報収集衛星打ち上げに成功 JAXAなど

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日午後1時40分、
鹿児島県の種子島宇宙センターから、政府の情報収集衛星「レーダー衛
星4号機」を搭載した国産ロケット「H2A」22号機を打ち上げた。

衛星は予定の時間に分離され、打ち上げは成功した。これで、運用中の
レーダー衛星3号機と光学衛星3基と合わせ、地球上のあらゆる地点を
1日1回以上観測できる監視網が完成する。

H2Aの打ち上げ成功は05年の7号機以降、16回連続。「H2B」を含
む国産大型ロケットの打ち上げ成功率は95・8%から96%に上がり、信頼
性の目安95%を1%上回った。

レーダー衛星4号機の開発費は243億円、打ち上げ費用は109億円。4号
機は、夜間や視野が悪い曇天でも、地上にある約1メートルの大きさの
物体を見分けられるという。

毎日新聞 1月27日(日)13時44分配信 



 ◎引退表明の高見盛「体全体がボロボロ」

元小結で東十両12枚目の高見盛(36)(本名加藤精彦、東関部屋)
が27日、現役引退を表明し、年寄「振分」襲名が承認された。

千秋楽は若荒雄を下して5勝10敗で場所を終えたが、来場所の幕下転落
が確実となり、決断した。今後は東関部屋付きの親方として第二の人生
を歩む。

都内のホテルで記者会見した高見盛は「体全体がボロボロで、これ以上
取っても体を傷つけるだけ」と語り、現役最後の一番を白星で終え、満
員の館内を沸かせたことを「覚悟を決めていたから、力を発揮できた」
と笑顔で振り返った。

青森県出身。日大時代にアマチュア横綱に輝き、同期の元大関琴光喜ら
とともにプロ入りし、1999年春場所で初土俵。仕切りの最後に気合を入
れる独特のポーズなどが人気を呼び、テレビCMなど土俵外でも活躍し
た。相撲は右を差せば力を発揮し、2000年名古屋場所で新入幕を遂げた。

読売新聞 1月27日(日)19時37分配信 



 ◎日経平均、1万1000円台回復で始まる=ザラバ昨年来高値を更新―東
京株式前場

 28日午前の東京株式市場の日経平均株価は、前営業日比76円21銭高の1万
1002円86銭と、25日に付けたザラバベースでの昨年来高値(1万0952円31
銭)を更新して始まった。

日経平均が1万1000円台をつけるのは2010年4月30日(1万1092円52銭=ザ
ラバベース)以来。ただ、直後には再び1万0900円台で推移している。

東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は、同7.19ポイン
ト高の924.28と、昨年来高値(917.23=ザラバベース)を更新して始
まった。(了) 9時02分配信 時事通信



 ◎民主・前参院議員、文通費を海外投資に流用

民主党の前参院議員・内藤正光元総務副大臣(48)が、国会議員に年間
1200万円支給される「文書通信交通滞在費(文通費)」を海外投資に流
用していたことが関係者の話で分かった。

投資目的の送金は2009年までの7年間で1億円を超えていたが、この一
部に文通費が充てられた。文通費は使途が限定されているが、報告や公
開の義務がなく、国会議員の「第2の給与」とも言われて問題視されて
おり、改めて制度のあり方が問われそうだ。

国会に提出された所得等報告書などによると、1999年から09年の間、内
藤氏の収入は、ほぼ議員歳費と期末手当だけしかなく年2000万〜2400万
円。税金や社会保険料を差し引いた可処分所得は1千数百万円とみら
れる。

ところが、関係者によると、内藤氏は98年7月の初当選後、海外投資を
行っており、金融機関が税務署に提出する「国外送金等調書」などから、
09年までの7年間に1億円以上を送金していたことが判明した。

年平均だと1400万円超に上り、生活費などを考慮すると、歳費と期末手
当だけでは賄いきれない。このため、10年末から内藤氏への税務調査で
東京国税局が投資の原資を調べたところ、口座の出入金記録や本人の説
明などから文通費が充てられていたことが確認されたという。
読売新聞 1月28日(月)7時43分配信 




 ◎千葉など関東南部でも積雪
 
上空の強い寒気と低気圧の影響で、関東南部などの平地では局地的に雪
が降っていて、千葉市では午前8時までの2時間で6センチの積雪を観
測しました。

雪はしばらくの間続く見込みで気象庁は、交通への影響などに注意する
よう呼びかけています。

上空の強い寒気と関東の沖合にある低気圧の影響で、27日夜から28日朝
にかけて、近畿や東海などの平地で局地的に雪が降り、千葉市では午前
8時までの2時間に6センチの積雪を観測しました。

また午前8時の各地の積雪は▽千葉県銚子市で3センチ、▽奈良市と岐
阜市、それに津市で2センチ、▽名古屋市で1センチなどとなっていて、
東京23区などでもところによってうっすらと雪が積もっています。

気象庁によりますと、低気圧はこのあとしだいに東へ遠ざかりますが、
千葉県などではこのあとしばらくの間、局地的に雪が続く見込みで、気
象庁は路面の凍結や交通への影響などに注意するよう呼びかけています。
NHK1月28日 8時48分



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)日本人を大人になってもいつまでも淫乱で色情狂の非行少年・少
女のままに人格を荒廃させていくのが「性器・性交教育」です。 ルソー
→マルクス『共産党宣言』→レーニン→「性器・性交教育」。「ジェン
ダーフリーとその思想的系譜」。(まこと)
http://kafuka36.blog104.fc2.com/blog-category-43.html



 2)教育の場では体罰は許されない:前田 正晶

この問題発生の時点で、一定水準以上にある運動部または体育会での経
験がない方、ないしは指導された経験がない方が論じない方が良いので
はと述べた。そこでのある水準以上にあるリーグ等での優勝か、全国大
会への出場とそのトーナメントを勝ち上がっていくための練習を知らな
いで論じるのは無理があるのではないか。。

勝っていくための練習と精神を鍛えていくのは容易ではなく、監督やコー
チには責任もあれば周囲の期待を担っている。その期待に応
えていかねばならないのである。そこでの練習方針は学校での勉強の指
導とは違う。学校での教育に体罰は許されない行為と定義されている。

そういう厳格な道徳的な面がある授業と、運動部または体育会の各運動
部の指導法と同じ視点から論じるとか、同一の規定や規律で束縛できる
ものではない。

高野連のように教育の一環だと標榜しながら、毎年のように上級生の下
級生に対するしごきであるとか暴力が報じられているが、それは概ね有
名校や強豪校であることがある。ここをどう説明するのだろう。

我々が戦後直ぐに旧制中学で入部した頃には、軍国主義を捨てた時代だっ
たこともあってか、監督またはコーチが飲み込みが悪い部員や練習か試
合中の失敗を鉄拳制裁で矯正することなどは夢にも考えられない「民主
主義」導入の時期だった。

我々は、現代とは競争の激しさが全く違う時代でも、基礎練習と頭脳作
戦の訓練を重ねて全国準優勝までこぎ着けた。

現代は高校ではサッカーや野球では全国で4,000以上の学校が連盟に加盟
し、県内を勝ち抜くだけでも尋常一様の練習では為し得ない。そのよう
な運動やスポーツの練習と、進学を目指す教室内の授業は同一に論じら
れないと思う。

だが、それだからと言って、練習中や試合の場で殴ったり平手打ちして
も良いとまではならないだろう。仮令、指導者がその責任を重大だと認
識し、選手たちを一所懸命に鍛えて上手くならせようとしていても。

私は運動部での指導の際の平手打ち等の所謂暴力的指導は「体罰」と区
別して考える方が、問題を整理しやすいと思う。さらに言えば、別個の
案件と認識して対応すべきではないかと考えている。

運動の指導をして全国とは言わないまでも、地区予選等を勝ち抜こうと
努力した経験がない方に、指導のもどかしさでつい手が出したくなった
ような経験なしで、運動部の指導で体罰は絶対に認められないと断じる
のはどうかなと思ってしまう。そういう指導をしないで強く出きれば理
想的だ。

だが、現実には大阪の橋下市長はあそこまで強烈に指導されたし、今朝
のフジテレビの番組ではこの問題を論じるのに教育の専門家を集め、体
罰の可否を真剣に深刻に論じていたし、そこに申し訳のようにヴァレー
ボールの全日本代表だった川合が呼ばれて居心地悪そうにボソボソと語
っていた。彼がたとえ桜宮並の厳しすぎる指導の世界から出てきたとし
ても、あの場ではそれを語れる雰囲気ではなかった。

問題が「体罰の是非」を論じるあらぬ方向に進んでいると思う。桜宮式
な指導を全国一斉に排除せよと論じるか、その是非を名のある監督やコー
チを集めて、非公開で意見を聞いてみたらどうだろう。

そうでなければ、学校側が各部の練習を責任を持って立ち会って見たら
どうだろう。フジのように部外者(不経験者?)ばかりを集めて議論し
ても、専門外なのだから何も生まれてこないのではないか。

私は桜宮式指導を肯定するものではない。だが、理想的な指導とは何か
を知っている訳はない単なる昔々に運動部を体験した冷静な評論家であ
る。



 3)> ━━━━━━━━━━━━━━━━
>     懲りない男の失言癖は直らなかった
>      ━━━━━━━━━━━━━━━━


>            杉浦 正章

(略)

この人、終末医療の現場に直面したことがあるのでしょうか?

> 問題発言は麻生が社会保障制度改革国民会議で、終末期の医療について
> 「私は遺書に『さっさと死ぬからその必要はない』と書いてあるが、そ
> ういうことをしておかないと死ぬことができない。『いい加減、死にた
> いな』と思っても、とにかく『生きられるから』といって生かされちゃ
> かなわない」という部分だ。

> 「さっさと死ねるように」と報道され、結局麻生の訂正につながったが、
> マスコミはその前段にある発言を見逃している。麻生は「現実問題とし
> て、今経費をどこで節減していくかと言えば、もう答えなんぞ多くの人
> が知っているわけで。
> 高額医療というものをかけてその後、残存生命期間が何カ月だと、それ
> に掛ける金が月一千何百万円だ、1500万円だっていうような現実を厚生
> 労働省が一番よく知っているはずだ」と述べている。 

> これはどう見ても高額医療は税金で負担すべきではないと主張している。
> ましてや税と社会保障の一体化を協議する会議の場での発言であり、社
> 会保障費を削減せよという財務省の思惑を端的に反映したものに他なら
> ない。

2004年7月に父の膵臓癌が見つかり、その時点であちこち転移しまくって
いてどうしようもない状態でした。余命3か月と言われました。その時説
明してくれた医師は「そりゃ、家族が何とかしいて欲しいというのなら
色々やりますがね。歳が歳だし本人に苦痛を与えるだけですよ」という
ことを言われ、当然私は「そのままにしてください」とお願いしました。

さらに、昨年末母が脳内出血で倒れ、入院先の主治医から「延命措置は
とりますか?」という確認を受けており「その必要はございません」と
答えています。感染症で肺炎も起こしかかっていたのですが幸い母は一
命をとりとめ、呆けが一気に進んでしまったとは言え、右半身に麻痺が
のこっていますが、喋るのは問題なく、現時点で元気にしております。

両親とも延命措置をとって欲しいなどと希望していませんし、色々な考
え方があるとは言え、本人の苦痛も考えずにやたら延命措置を取るのは
「私達はこれだけ大事に思っている」と思われたい、家族の自己満足の
見栄とエゴではないでしょうか。

そのようなエゴになぜ税金を使う必要があるのでしょうか?そのために、
本当に治療が必要な人達のためにお金を使えなくなったらどうするのか
ということに、全く思いが至っていません。

ここまでボロクソに批判し、「お金より大事なことがある」などという
のなら、限られた予算の中で余計な終末医療を行った上でどうやって必
要な治療を行うのか、その財源を示していただきたい。トリアージとい
う発想もないようです。

「台湾の声」の林建良医師のメッセージを掲げておきます。

> 【乱暴ではない】麻生氏の発言は正しい

> (転載自由)

> 麻生財務大臣の終末医療に対する発言は的を得ている責任ある発言だと
思う。

> それを「乱暴だ」と言葉狩りをしているマスコミはただの偽善者だ。

> 彼らは終末医療の現場も患者本人の気持ちも知らない人間ばかりだ。


> 「台湾の声」編集長 林 建良(りん けんりょう)


> 『台湾の声』 http://www.emaga.com/info/3407.html

それから、もうひとつ。

> 筆者は財務相に就任して以来の麻生が出演するテレビ番組を見て観察し
> てきた。この政治家が3年間のブランクでどのような変ぼうを遂げたか
> が見届けたかったかったからだ。ところが、懲りない男丸出しであった。
> それどころか、マスコミに対して斜に構える傾向が加わっていた。必ず
> 一言か二言マスコミを批判をする。

麻生氏の事を傲慢と批判していますが、なぜ批判をするのか、自分達に
落ち度はないのかとは、全く考えないのでしょうか。それを傲慢と言う
のではありませんか?アルジェリアの事件で当事者が公表を拒否してい
たのを騙して氏名掲載したマスコミに、麻生さんを批判する資格などあ
るわけがありません。(荒木純夫)



 4)今回も税制大綱公表から4時間で、マトメをネットに出してみた。
前政権時代は中断していたが、再開だった。商売柄、この程度の汗は流
すべきだろうと思っている。

「固定資産税を減免してもらうには、納税期限の1週間前ぐらいまでに、
減免申請書に必要事項を記入し提出する必要があります。例えば土地の
場合は、所在、地番、地目、地積、価格などを記入する必要があります」
(あるブログから)

このような扱いをトクトクと説明する場面に、あちこちで出くわす。例
えば、職業的専門家の自己学習の結果報告などにも報告書提出の期限が
ある。 さて、それでは、このような期限は何故必要なのだろうか? 

ビック・データ ビジネスなどと言われてきた。コンピュータ社会に花
開いたITテクノロジー、現代ビジネスだ。 瞬時に大量の資料を読み込
んだり、削除したり、加工したり、遡って手直しをしたり、しかも、手
直し日付共々記憶されているから、いかようにも、どの時点現在の情報
としても、利用出来る仕組みだ。とても便利になった。

その上、各種の統計計算を用いて、ビックデータを処理すれば、小さな
数値によっても全体の全貌が見えてくるから不思議だ。関東地区で、わ
ずか数百軒のモニター家庭しかないのに、テレビ視聴率が集計計算され
ている仕組みとよく似ている。

これらを組み合わせて思うに、官庁窓口における期限厳守の掟は、たん
に、窓口来訪者を苦しめているだけではなかろうか。期限越えをしたと
ころで、ボタン一つで、一気に、加除も集計も分析作業も、納付や還付
作業も出来るはずなのに、明治以来というか古来の風習である民百姓の
行動規制を替えようともしない態度、IT社会の中にあって硬直し過ぎて
いる。

しかも、官と民との申請や届出は、隣人に影響しないものが多い、せめ
て、シーズン入りする納税や申告にかかわる一切の手続きなどは、日付
の目処を示したとしても、期限を設ける必要はない。各種の統計データ
で推計は出来るからだ。なお、日影規制などの建築確認申請などは隣近
所にも影響が起こりそうなので、そこまでやれとは言わない。

同様に、各種の届出や申請書の様式も固定すべきではない。たんにチェッ
クリストとして利用すれば「洩れなく手続きが可能です」程度のお誘い
に留め、それ以上のものではあってはならない。各人が工夫して、いろ
いろな書式が出てくれば、いつかは、一つの形式の収斂するものだ、官
主導ですべきではない。

所得税の確定申告書用紙が送られてきているが、これとて、各人が勝手
な様式でやってかまわない。 各人が勝手な様式でやってよいというの
は、すこし心得のある人が、エクセル形式の簡便なものを作ってネット
にアップして、フリー利用が出来るようにすれば、今のようにカネの掛
かる申告の仕組みは要らなくなるし、税務署にイータックス普及員(?)
を貼り付ける必要もないし、申告ソフト業界の価格硬直化の打破も出来
ると言うことだ、それが、税金アップを阻止する一石とのなるし、新ビ
ジネスの誕生ともなってくる。

送られてきているようなの税金申告の統一形式様式による強制化は、産
業の芽を摘むし、むしろ時代に逆行だ。失業者271万人、生活保護2
04万人には、起業や事業開始の機会も失わさせている。 なお、外国
人には、この便宜を与える必要はない。 彼の国で我が国同朋が受けて
いる扱い程度でかまわないし、海外へ出てしまったら追い切れず、返っ
て探索コストがかかるから、何らかの担保がない以上、厳格な期限と手
続きは設けておくべきだ。 (酒井 富雄)



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


東京23区にも雪か、と言う予報だったが降らなかった。

寒いことは寒いが雪柳の芽が膨らみ始めている。自然は春に備えている。


署名なき投書は採用しません。必ずご本名を記した上にハンドルネーム
か「匿名希望」かを書いて下さい。

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp

読者:5139人

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/01/29

    京セラも経団連ですから、経団連内部で何か事情があって(例.主流派と亜流派の主導権争い)、それが政界に反映したのでしょうか。ともあれ、中選挙区制復活論も出てきているのですね。http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130115-OYT1T00757.htm

    財界は民主党政権に懲りたように見えます。

  • 名無しさん2013/01/29

    大久保駅の転落事故では在日鮮人だけではなく日本人カメラマンも助けに入って亡くなられた筈だが、 NHK的には日本人のほうはいなかったことんいしないと都合が悪いんだろうか。







    外国籍なら自国を頼るだけで日本に文句を言うのは筋違いだし、帰化したなら日本人と同じ扱いだから法律に従うだけだし。まさか外国籍のまま日本人と同じ待遇でも求めてるの?頭おかしいの?国に帰れば良いだけじゃないの。

  • 名無しさん2013/01/29

    「市税で大阪市以外の子供を面倒みる必要ない」 天王寺動物園の入園料で橋下市長

     大阪市は26日、中学生以下は無料にしている市立天王寺動物園(天王寺区)の入園料について、市外の小学生・中学生は4月から200円の入園料を取る方針を決めた。同動物園の年間経費の約7割が市税でまかなわれており、橋下徹市長は「市税で周辺市町村の子供の分まで面倒をみる必要はない」と述べた。

     担当部局が同日、予算ヒアリングで有料化案を提示。「収入を上げることはもちろんだが、負担の公平性を考えた」と説明し、市長は「周辺の市町村で無料を希望するところには分担金を出してもらったらいい」と了承した。これにより、年間2000万円の収入増になるという。

     一方、昨年5月に構想を発表していたホッキョクグマなどの生態をダイナミックに観察できる「極地海洋ゾーン」の整備は市長の指示で凍結された。市長は「大胆な戦略の前に、基本的なサービスがなっていない」と述べ、サービス向上に取り組むよう求めた。



     http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130126/waf13012613270017-n1.htm



    「関西のリーダーとして、道州制を成し遂げる」と主張している人間が、「市税で周辺市町村の子供の分まで面倒をみる必要はない」と平気な顔で言うのである。入園料を取るなら取るで、一律に取ればいい。大人の分を値上げしてもいい。それが何としても必要ならば、多くの人は納得するだろう。しかし、僅かに動物園の入園料云々だけでも、これだけ自己の主張と矛盾することを言う人間を、誰が信用するというのか。大阪市外に住んでいても、市内で働いている人はいる。主な消費は市内である、という人も多いだろう。



    人が動いて、消費が発生して、そしてようやく景気がよくなるのである。こうした当たり前の発想が出来ない人間が、「俺が行政のトップだ、文句があるなら選挙で落とせ」と毎度毎度、何か問題が発生する度に喚くのである。まさに「大阪の貧乏神」「関西の疫病神」そのものである。



    たまに正論を吐くと、それに飛び付き、絶賛する人達が居る。本人自らが何度も繰り返し主張しているではないか、「俺は行政のトップだ」と。論の正邪を云々するのは学者の仕事である。行政を預かる者は、それが正論であれ、邪論であれ、その行為によって、極端な不利益を蒙る人が出ないように工夫することが主な仕事である。それが少数意見の尊重の具体的意味であり、「選挙において自らを否定した者をも統べる」トップの責任というものである。



    しかしながら、企業の再建屋よろしく、周辺にどれほどの被害を及ぼそうと、それで泣く人間がどれほど出ようと、そんなことはお構いなしに、何の根回しもなく、唐突に、日替わりに、勝手気ままな論法で、自らの主張のみを通そうとする。



    それは行政のやり方ではない。しかし、二言目には「組織を率いたことのない人間は黙ってろ」と吠えている。まさに鏡に向かって罵っているようなものである。「非情のコストカッター」として名を売りたければ、政治などに関わらず、企業の顧問弁護士に戻ればいい。それがお似合いである。いや、それぐらいしか出来ないだろう。



    短期的に組織を束ね、人間関係もシステムも滅茶苦茶に壊したあげく、「これだけ回収しました」「これだけ節約できました」「それでは、ハイさよなら」といって次の獲物を探すのである。その時こそ、その下品さが最も役に立つだろう。



    「文句があるなら選挙で落とせばいい」という発言そのものが、行政を預かる資格の無いことを如実に表している。表現こそ異なるが、その中身は「俺を信任しなかった奴は、トッとと出て行け。何処へでも行ってのたれ死ね」と言っているのと同じである。

  • 名無しさん2013/01/29

    発想で作られる道州制とは、まさに日本国の分断に他ならない。何事においても「周辺に住む人間の面倒までみる必要はない」といって、他の道・州とは明確に分離するつもりだろう。「外交・防衛は国の責任」などという事実上不可能な責任分担を主張して、如何にも「国家の連続性」を確保するような青写真を提示しているが、今回の発言はその不履行を見事に宣言している。



    自然環境も、道路も人も、全ては繋がっているのである。「オマエのところでおきた山火事はオマエらで消せ」「地震も津波も被災地だけで決裁しろ」「自分達の不利益になることは一切ゴメンだ」となることは眼に見えている。他人に厳しく、自分に甘い。そもそも「コストカッター」は、まともな経営者ではないことを、大笑いする人間と大泣きする人間しか存在しないようなシステムを目指す人間には、行政を預かる資格がないことを、もうそろそろ国民は気付くべきである。



    今一度繰り返しておく。安手の都構想を潰す妙案は、「みんな揃って都構想」である。それを否定する者は、他人に厳しく自分に甘い、自分達だけがその利益を得て、他にはもたらさない、徹底的な利己主義者である。そんなに都がいいのなら、みんなで都になればいい。何故、東京と大阪限定なのか。石原がかねての主張を撤回した今、何故この二つに限定されるのかを聞くべきであろう。



    名前を変え、システムを変えたところで、問題は何も解決しない。こんな連中を担いでいる有権者が過半である限り、問題は一切解決しない。最大の問題は有権者の認識にある。有権者が「改革狂」に惑わされている限り、問題は永遠にループして、同じ種類の人間が次から次へと新し仮面を被って登場してくるだけなのだ。有権者は、今こそ長い眠りから目覚めるべき時なのだ。 

  • 名無しさん2013/01/29

    。。。。で、港湾といえば、

    南海トラフ地震が来たとき、

    日本の「港湾」がほとんど「アウト!」になる、、、、

    だから、日本海側にきちんと

    バックアップ港湾つくらなきゃならない。。。

    という事、

    大阪湾ですが、

    ここだけで、日本の港湾の取引量の四分の一が集中しています。

     

    が、南海トラフ地震が起こると、

    (高さはどれくらいか不確実性はありますが)

    間違いなく大阪湾は津波に襲われますから、

    ここは使い物にならなくなる見込みがメチャ高いです。

     

    全部壊滅するかどうかは分かりませんが、

    津波直後は、しばらくは全く使えなくなることは仕方ないところです。

     

    で、その被害が激しければ、数ヶ月、数年と使い物に

    ならなくなってしまいます。

     

    ですから、日本の貿易を続けるためには、

    大阪湾以外の港湾で、取引をしなけりゃぁいけません。

     

    ですが、大阪湾以外ってどこにあるかっていえば、

    そりゃもう、名古屋だったりするわけですが、

    そこも、南海トラフ地震で「アウト!」になってるわけですから、

    はっきり言って、どこにもありません。

     

    だから、南海トラフ地震でも被害を受けない、

    日本海側に大きな港湾をつくっておいて、

    太平洋側で「まさか」の事が起こった時には、

    バックアップとしてつかえりゃいいのですが。。。。

    今のところ、それは全く使い物にならないんです。

     

    例えば、大阪や名古屋に近い港湾で、地理的に良い港湾は、

    敦賀や舞鶴です。

     

    ですが、そこでの現状での取引量は、

    大阪湾の港湾のたった「数パーセント」程度なのです!

     

    で、敦賀や舞鶴以外の他の日本海側の港湾も、

    結局、どこも似たり寄ったりです。

     

    だから、太平洋側で取引してた者を全部、

    日本海側でやっていこう。。。。なんてことは、

    現状では、絶対無理なんですね。

     

    ってことで、南海トラフがきて、

    大阪港も名古屋港も「アウト!」ってなっちゃったら、

    そこで、日本の貿易全体も「アウト!」ってなっちゃいます。

     

    日本の外需依存度は諸外国に比べれば低いとは言え、

    日本人の暮らしと産業にとって、

    貿易が「アウト!」になっちゃうと、

    日本そのものも「アウト!」になっちゃいます。

     

    だから、日本海側に本気でバックアップの港湾を

    つくらにゃいかん訳ですが。。。。。。。。

     

     

    F「そんなの、ちょっと考えりゃ誰だって何とかせにゃいかん、

    って分かるんじゃ無いんですか?」

     

    先輩「そうなんよ。そやけど、マジで、

    誰も考えてへんかったんよ。

       『南海トラフ来たらどうするんですか?』

    って聞いたら、みんな

       『そうやなぁ。。。。困ったことになるなぁ。。。。』

      って言うだけなんよ(大笑)。」

     

    。。。。って言うのが、日本の実態の様です。

     

    「これが先進国か!」っていうくらい、

    ホント、ムチャクチャな話ですよね(苦笑)

     

    そもそも、日本海側にバックアップの港湾整備を、なんて事言うと、

     「ばらまきを、またするのかぁぁぁ」

    だの、

     「田舎に投資しても無駄じゃ無いのかぁぁぁ」

    だの

     「そんな田舎に港作っても、馬鹿高い釣り堀ができるだけじゃないかぁぁぁ」

    だのと言われてしまって、結局、何もしないまま、時間だけが

    過ぎていくというのが、これまでの日本だったわけです。



    ホント、このままだと、

    この国がメチャクチャにならない未来を想像するのが難しそうです。

     

    ちなみに、この港湾の問題は、

    地震によって生ずるめっちゃくちゃ多様な被害の内の、

    たった一つの問題にしかすぎないんですが。。。。

     

    。。。。。ということで、

    皆さんもたまには、「××が起こったらどうなるか?」なんてことを、

    毎日一回は、考えてみてくださいね。

     ちなみに「葉隠れ」によると、昔の真っ当な武士ってのは、

      毎朝毎夕、そんな事してたそうですよ。

  • 名無しさん2013/01/29

    http://blog.livedoor.jp/tomatoma415/archives/6790557.html韓国健康・美容



    韓国からのウイルステロに気を付けろ!



  • 名無しさん2013/01/29

    朝日東大調査13) 「道州制」←次の地方交付税と併せ、国民はのってない。



     「中選挙区制に戻す」←国民は軒並み賛成。





    過去、帰化した朝鮮人にも帰化前の姓名に戻すことを義務付け、実行しない朝鮮人には日本国籍の剥奪を言い渡し、無国籍民とすべき。

  • 名無しさん2013/01/29



    ほとんど全てのパチンコ屋や在日朝鮮人企業は実は1円も日本国に税金を納めていないのをご存知だろうか? 

    これは国会の質疑でも明らかになった事実である。 



    在日朝鮮人には日本政府にごり押しした「五箇条のご誓文」ともいわれている既得権益がある。 



    1.朝鮮商工人のすべての税金問題は、朝鮮商工会と協議して解決する。 

    2.定期、定額の商工団体の会費は損金(必要経費)として認める。 

    3.学校運営の負担金に対しては前向きに解決する。 

    4.経済活動のための第三国旅行の費用は損金として認める。 

    5.裁判中の諸案件は協議して解決する。 



    !)在日朝鮮人の経営する店舗は、日本の税務署と直接税金について協議する必要が無く、 

    !)!)!)にかかった費用も実際に何に使ったのか全くノーチェック。金額もノーチェック。 

    税務署は在日朝鮮人の言いなりなのだ。そして民主党議員はこういう違法私設賭博の脱税業界のサポーターなのだ。 



    在日朝鮮人の企業だけが「無税」という異常さ。彼らは優遇され過ぎなのだ。日本国民だけが抑圧されている不条理。 

    こんなアンフェアでは在日朝鮮人の企業だけがブクブク大きくなるのは当然である。 

    日本国に納税すらしていない在日朝鮮人。一方で、生活保護を受けまくりの在日朝鮮人。 



    朝鮮に忠誠を誓い、日本の義務教育を拒否して朝鮮学校を作り独自の朝鮮教育を行う在日朝鮮人。 

    日本の政治に口を出す在日朝鮮人。違法行為だろが! 日本国籍を持たない外国人だと自覚しろ! 



    「外国人参政権」?? はあ? 話が逆だろ。「非国民」「三国人」のままいつまで日本にいるの?マジで。  

    戦後67年にもなるのに「特別永住」とやらで日本にいる在日朝鮮人。いつまで日本にいるの? 



    こんな「非国籍」連中を抱えている国家は世界でも日本だけなのだ。 

    朝鮮に帰国しないなら、もういい加減に在日朝鮮人は難民として扱うべきである。

     



    在日韓国人の税金のからくり

     給料天引きだから、一応納税するけど、税務署に行って親族への仕送りの証拠、例えば銀行の控えなどを添付すると、1ヶ月15万円までなら全額還付される。

     つまり、1年で180万の税金を納めたとしても全額還付される。

     在日は全員やってるよ。一度税金を納めてから全額還付。彼らが「俺たちだって税金を払ってる」と言うのは、

    この「一度納める」ことを言ってるわけ。1年で180万の税金を納める人って、かなりの高収入者だよな。それが無税になるんだぜ。

    もう少し詳しく書こうかね。在日外国人が本国の親族に仕送りした場合、税金から控除するという特例があるんだそうだ。所得から控除じゃないよ。

    例えば、保険料は、所得から控除して残ったものに税金がかかるだろ。税金から控除は、その月に税金を2万円払ったとすると、

    2万円から(15万円を限度として)控除を受けられるから、その月の2万円は丸々還付されるんだ。

     15万円というのは「常識的な額」と決められているから税務署では15万円と決めている。

     だから一月最大15万ずつ控除を受けると、年に最大180万円の控除が受けられる。

     在日韓国人は、民団の指導でみんな知っている。では、韓国に親戚の居ない在日はどうするか。

    もちろん、「親戚代行会社」があるから、そこに仕送りして、手数料を払って、ほぼ全額を送金し直してもらう。その一方で日本の税務署に全額還付してもらうから、在日は無税なんだよ

     週刊新潮より)

  • 名無しさん2013/01/29

    【拡散希望】ボーイング787 韓国製のコントローラーが原因か?

     http://ameblo.jp/tachiagare-nihonjin/entry-11458150142.html

     

    相次ぐボーイング787型機の事故原因はリチウムイオン電池の過充電にありそうだと推測されているが、

     リチウムイオン電池に配合されている有機物が燃えやすいことから過充電防止装置がついている。

     

    私は、この過充電防止装置もユアサGSが一体で開発したものであるとみていたが、どうもそうではないようです。 

     

    ************************************************

     

    リチウムイオン電池の過充電防止装置はフランスのタレス社が製造を請け負っていますが、

     この元の製造は韓国LG社に下請け発注していたものだということがわかってきたようです。

     

    ************************************************

     

    そのためか、マスコミは今回の787型機の報道をピタッと止めたようです。

     これ以上放送すると、原因は日本のユアサGSではなく、韓国LG社にあると発覚することを恐れたのでしょう。

     

    こうした真実は表面化することないでしょう。 

     日本に集中していることはこれらの過充電防止装置に何らかの仕掛けがあった可能性も出てきます。 

     これで、日本が悪いというイメージ漬けに成功するわけです。

     マスコミに騙されないようにしましょう。

     









     (朝鮮日報 2013/01/28) 米ハーバード大のファーガソン教授はフィナンシャル・タイムズへの寄稿で、日本の差し迫った経済状況を考えれば、国際社会は円安政策をある程度受け入れるべきであり、むしろ過去5年間に実質的な通貨価値が大幅に下落した韓国が日本を非難するのは偽善的だと主張した。「1971年にニクソン大統領がドルの金本位制を放棄し為替変動を認めて以降、過去40年にわたり通貨戦争が行われている。今年に入り、ある国(日本)だけが通貨戦争を触発したと非難するのは誤りだ」とし、「過去20年間、名目GDPが増えていない日本の差し迫った経済状況を考えれば、日本にしばらく休憩時間を与える必要がある」と指摘した。その上で、韓国について、「実質実効為替レートで見ると、ウォンは2007年8月以降、19%も下落しており、世界でも最も攻撃的な通貨戦争の戦士だった」とし、韓国が日本の円安政策を非難するのは「偽善」だと批判した。スター経済学者として知られるファーガソン教授の主張は、アベノミクスによる円安政策に関する論争が過熱する中、国際世論が決して韓国に友好的とは限らないことを示している。

     





     (2013年1月28日 読売) 民主党の前参院議員・内藤正光元総務副大臣(48)が、国会議員に年間1200万円支給される「文書通信交通滞在費(文通費)」を海外投資に流用していた。金融機関が税務署に提出する「国外送金等調書」などから、09年までの7年間に1億円以上を送金していたことが判明。年平均だと1400万円超に上り、生活費などを考慮すると、歳費と期末手当だけでは賄いきれない。このため、10年末から内藤氏への税務調査で東京国税局が投資の原資を調べたところ、口座の出入金記録や本人の説明などから文通費が充てられていたことが確認された。









     最近10日間で韓国がとうとう為替操作を始めたようです。ほぼ全ての外貨に対して円安になってるのに、韓国ウォンに関しては、異様な円高(ウォン安)になってます。海外勢が韓国株を売って、日本株を買ってるとか言い訳は様々ありますが、それだけでは説明がつきません。G20で良い攻撃材料ができましたね。

     

    2013/01/20 - 01/28 の為替変動

     

    1 ドル    90 -> 91円    (1% のドル高)

     1 ユーロ 120 -> 122円    (1.6% のユーロ高)

     1ウォン  0.085 -> 0.083円 (2% のウォン安)

     





    いじめ防止基本法案ですが人権擁護法案のような事にならないようにしてほしいです。インターネットの中傷や差別までいじめに認定するのはやりすぎだと思います。インターネットの中傷や差別の定義がわかりませんし、人権擁護法案にような感じがして怖いです。 





    道州制について、よく言われるのが日本はカリフォルニア州より狭いのに、そこに1億2千万強の人が住んでいて、さらに47都道府県もあると言われますが、カリフォルニア州の人口が約3千7百万人。

     米国人からすると東京ー大阪なんて同じ地域内みたいなもんなんでしょうね



    47都道府県の状態や機能を白紙化のようにして道州制をすすめるのは問題がでてくると思います。





    外国人にはもう税金をあげないで。

     違法は無くなって欲しいです。

     困っている日本人の方々は病気等で働きたくても働けないから税金に頼っている印象です。

     近くにあれば良いですが現実問題遠く病院があると交通費もかかりますよね。

     もう餓死をしてしまったとか生活苦で自ら死を選んだなんていう日本人の方のニュースは見聞きしたくはありません。

     世間知らずの私でも最低賃金は低額過ぎるのだと思います。

     最低賃金で凄く頑張って働いても一人暮らしも苦しいくらい低額なのは問題です。

     全ての人が支払わないといけない消費税が増税になるようですから尚更です。外国人には優しく日本人には厳しい日本は嫌いです。





    介護福祉士試験があったようです。

     外国人だけ優遇するようなやり方に変わったそうです。

     これっていいの?

     何か間違ってると思う。

     

    漢字にふりがな付けてあげるって、合格した後に困るでしょ。

     合格後のプリントにはふりがなふってないんだから。 







    外国人に対する支給は削減ではなく、廃止の方向で願います。

     凄まじいほどの低収入でも一生懸命、国に頼らずに生きてる人だっています。

     そういう人は、年金も納められず、健康保険代を出すのも苦悩するほどの生活を強いられ、いわば国にそっぽを向かれるのを覚悟して生きてるわけです。

     それなのに外国人には安易にお金を渡す意味が分かりません。

     もはや外国人にお金を支給する位なら、強制送還するのが筋と言うものでしょう?

     

    今しかありません。

     「在日」と言う名の外国人を、きちんと外国人として扱うよう願います。

     彼らは日に日に増長し、まるで自分達が日本の支配者であるかと錯覚するかのように、「元々持っていない権利」を当然のように請求してきています。

     彼らが外国人としての立場をわきまえ、日本人に好意的に接してきたというのならまだ同情の余地もありますが、実際はそうではないのですから。

     通名などと言う、世界でも理解不能な制度を悪用し、自分達は日本人と同等以上だと声高に叫ぶ彼らを何とかしなければ、日本はいつか寄生虫に滅ぼされてしまいますよ。

     

    特権の排除は差別ではなく、外国人を外国人として扱う、非常にまっとうな方向です。

      これから10年、20年先・・・万が一にも、またもや民主党政権がもし誕生する時代がきたとしたら、再び在日外国人に対する優しい政治が訪れるかもしれません。

     それだけは阻止するよう、根本から改革を願います。







    精神疾患国家、韓国。国民の約70%が何らかの精神疾患に罹ってます。男の40%が統合失調症。 

    統合失調症とは、妄想・幻覚を症状に持つ疾患。妄想とは、訂正不能な思い込みのこと。今年から、韓国政府は、老若男女に精神疾患の健康診断を行うそうです。朝鮮人が精神病であることの危険性を世界中の人々に、知らせる必要があります。朝鮮人が従軍慰安婦の捏造を言いだしたら、保健所に連絡して、措置入院してもらうようお願するなどの対応も必要です。それと、また、NHKが偏向報道しました。18時と19時のニュースでオスプレイ配備反対デモの報道はしたのに、オスプレイ配備反対カウンター街宣デモの報道はスルーでした。放送法には、公平、事実をまげない、多くの角度から論点を明らかする、に抵触しています。 

    NHKふれあいセンター 

    0576-066-066 

    BPO 

    03-5212-7333 

    皆々様、電凸応援、お願いします。新藤義孝総務大臣と片山さつき総務大臣政務官にもメールなどで知らせよう。NHKが電波更新する時には、「私は、反対してます」と伝えてください。 





    まずは、解約から、 解約方法は、 「NHK解約 方法」→検索 Yahoo!は止めて、ググってください。

     ・反日企業禿バンク損不正義は、情報漏洩してました。23日のクローズアップ現代「情報屋、闇のネットワークを追う」で黒と判明!ソフト損バンクの看板をデカデカと出し、四国にある販売店の20代の女性逮捕、他何件もネット情報にあります。

     ・携帯ソフト損バンクも乗り換えよう!

     ・日本人の情報データ・センターが韓国に民死のせいで移された。個人情報筒抜けて中国に情報流してます。

     ・Yahoo!知恵袋も情報取るの止めよう。

     ・ベストアンサーは、他社と比べると在日に不都合なことは、不自然な解答が多いです。

     ご協力お願いします。 



     アルジェリアの事件とオスプレイデモ

    確実に中国が繋がってますね。

     

    まず、オスプレイデモのバックにどのような団体が関係しているか徹底的に洗うべきです。

     

    そして、証拠を突きつけて、スパイ防止法案を作るしかありません。

     

    安倍自民党の足を引っ張ろうとする連中が国内に多すぎます。

  • 名無しさん2013/01/28

    http://yamatonoibuki.seesaa.net/article/316595454.html

    61人もいる北九州市議



    地方分権なんてむだムダ無駄。地方も少しは歳出削減せいよ。



  • 名無しさん2013/01/28

    http://yamatonoibuki.seesaa.net/article/316595454.html61人もいる北九州市議



    地方分権なんてむだムダ無駄。地方も少しは歳出削減せいよ。

  • 名無しさん2013/01/28

    朝鮮学校の無償化も、外国人の生活保護も、日本国民の税金を使ってすることなのか。どうしても、朝鮮学校を無償化したい、外国人に生活保護と主張するなら、その個人や団体が自腹を切って、お金を寄付すればよい。日本国民が納めた税金を使うことは憲法違反 ...

  • 名無しさん2013/01/28

    道州制による地域格差の拡大は自明ですが、道州内での都市間格差も拡大します。道州制に類似する北海道においては、以前は函館や旭川も札幌と並ぶ都市でしたが、今はなんと札幌市に人口の4割近くが集中し約8割の自治体が過疎地に指定されています。道州制になれば大多数の県庁所在地も衰退します。





    反日外国人を留学生として受け入れて、就職を支援して定着を図った上で反日思想を持ったままの留学生を帰化させて道州制を導入すると 民主党の推進してきた日本列島解体と同じ事態を招く事になる危険性。道州制の導入と留学生の帰化は絶対に認めてはならない!

  • 名無しさん2013/01/28

    ネットが浸透してきたから、なおのこと小選挙区はいらん。中選挙区が最適だ。

  • 名無しさん2013/01/28

    韓国の竹島侵略は李承晩ラインの不法な制定によるものであるが、その李承晩ラインなるものも、サンフランシスコ講和条約調印と効布の間を狙ってなされた侵略である。しかも、その侵略によって不当に捉えられた我国の国民の開放と条件に在日への永住権を無理に与えさせられたのである。

  • 名無しさん2013/01/28

    帰化しないのは個人の自由ですが、貴方の母国への愛はあるのかしら? 差別というものではなく、それが日本国の決まりなわけで、日本に居る以上はそれに従うのは当たり前。

  • 名無しさん2013/01/28

    分裂すれば単一国家としての生存確率が下がる。





    大前氏、痴呆分権を‥‥間違えた。地方分権を煽るのやめてくれないかな。





    北岡伸一先生が定数3の中選挙区制を提案されてる。もっとも、本人は政治学者ではなくヒストリアンだとおっしゃってる。





    とりあえず日本への帰化条件を移民国家の米国程度にして欲しい。日本は条件が緩すぎるぞ? 「我が国の市民権が欲しければ共に戦い血を流せ」くらいが世界標準だぞ? 米国やフランスをみてみろ?

  • 名無しさん2013/01/28

    舛添要一が、「政治家の劣化を防ぐため」に中選挙区制に戻せとか言っている。舛添の言うこともこれだけは正しい。





    差別されたくなければ、初めから通名で身元を隠すことなく本名で暮らしてください。それで暮らし難いと感じるなら、ご自分の国にお帰りください。在日さんたちへ。







    http://ritajiri.blog.so-net.ne.jp/2011-04-11社民党 福島瑞穂 何人でどこの国のために働いているのだろう?



  • 名無しさん2013/01/28

    http://yamatonoibuki.seesaa.net/article/316595793.html自民党 「外国人に生活保護を与えるのはおかしい。もはや日本国民の理解は得られない!」

  • 名無しさん2013/01/28



     

     この世は、普通に考えたら3次元(時間軸を足すと4次元)しかありません。

     

     一般の人に、「この世は、九次元でできているのですか?」という質問をしたら、「この人は、一体何を言っているのか?」と思われることでしょう。

     

     しかし、トップで活躍している物理学者に、

     「この世は、九次元でできているのですか?」と聞くと、

     

    物理学者:

     「最新の物理学理論では、そのように考えられていますね。今、大型ハドロン衝突型加速器(wikipedia)では、素粒子を光速に近い速度まで加速させることで、異次元の世界を調べているのですよ。」という回答が来ます。

     

    加速器の実験に関しては以下の動画をご確認ください。

     





    (素粒子の標準理論と呼ばれるものは、以下17種類だそうです)

     ACTIVE GALACTIC 11次元と自然科学と拷問的日常

     より引用



     



    ●素粒子と力の作用に関して

     

     19世紀末、最初の素粒子の発見以来、素粒子の世界の研究が進めば進むほど、物理学者は、『自然は、それがいかに複雑に見えても、その究極においては非常に単純である』という確信をますます深めたそうです。

     

     物質が、少数のクォーク、レプトンからできていること、そして、それを支配しているのがたった4種類の力であることが分かりました。

      しかも、これらの力は全て力の粒子を交換することによって働くことが分かったのです。

      これは20世紀の科学の生み出した偉大な成果の一つです。

     



    ●自然界の4つのエネルギーに関して

     

    それらの自然力の4つの力とは、

     「重力」「電磁気力」「弱い力」「強い力」です。 



    (※この4つの力に関しては、キッズサイエンティスト(リンク)をご確認下さい。かなり分かりやすい説明です)

     



     そして、この4つの力は、宇宙創成のビックバン以降、以下のように、分離したと考えられているようです。

     

    ●Weblio辞書より

     





     この図からも分かるように、高温の始原の状態(ビックバン)から温度が下がるに連れて、

     

    1、最初の統一された力、「重力」が分岐。

     2、次に、「強い力」が分岐。

     3、最後に、「弱い力」と

     4、「電磁気力」の分離

     

     アインシュタインは、元は同じモノから派生した、「4つの力」は、一つの美しい方程式に記述できるではないかと、考えていたそうです。

     

     しかし、その夢は果たされることは無かったのです。

     



    ●4つの力を統合する、超弦理論。(wikipediaより)

     

     1970年に、南部陽一郎(2008年ノーベル物理学賞受賞者)、レオナルド・サスキンド 、ホルガー・ベック・ニールセンが独立に発表したハドロンに関する理論によって登場したものの、量子色力学にその座を譲った。

      しかし、1984年にマイケル・グリーンとジョン・シュワルツが発表した超対称性及び、カルツァ=クライン理論を取り入れた超弦理論 (superstring theory)によって、再び表舞台に現れた。

      4つの基本相互作用を統一する試みとして注目されている。

     



    ●この世の全ての素粒子は、(ひも)弦の振動である。

     

     超弦理論とは物質の究極の要素は「粒子」ではなく「ひも」であるというものです。

     

    「ひも」の大きさは10^-35[m] といわれ、原子の大きさの10^-10[m]と比べてもとてつもなく小さいものです。

      現在、素粒子は多数あるそうですが、これらは1本の「ひも」で説明できるといわれています。

     「ひも」が振動するとき振動数の異なる波が生じますがこの1つ1つが素粒子に対応するというのです。

      このような「ひも」が真空中に詰まっているというわけです。

     

     この理論の素晴らしいところは、先ほど書いた、アインシュタインも成功しなかった、「重力」「電磁気力」「弱い力」「強い力」の力も、統一して算出ができるということです。

     

     そして、その理論は驚くべきことを示しているのです。

     

     この世は、九次元(+時間軸を足すと10次元)でできている。

     

    ということなのです。

     (※超弦理論のもう一つの計算結果では、26次元であるという結果も出ているそうです。)

     

     この世の3次元以外の、残りの6次元は、巻き上がっていて、人間では知覚ができないそうです。

     

     この理論は、「万物の理論」、もしくは「エレガントな理論」とも言われているそうです。

      物理学者からは、とても美しいと賞賛されているそうです。

     



    ●この大宇宙は、弦振動がもたらす、大ハーモニー

     

     この説明だけでは、良くわからないので、音楽の世界で例えます。

     

    「ラ」の音程は、440〔Hz〕です。

     その上の「ミ」の音程は、660〔Hz〕です。

     その下の「ミ」の音程は、330〔Hz〕です。

     「シ」の音程は、495〔Hz〕です。

     



     このように、弦振動の振動数によって、音程が違うように、粒子の世界も、元は、一つの弦(ひも)なのですが、振動数によって、様相が変わってくるということなのです。

     

    例えるなら、

     

    「ド」「ミ」「ソ」の和音は、「陽子」の様相

     「ド」「ファ」「ラ」の和音は、「中性子」の様相

     「シ」の音程は、電子の様相

     「レ」の音程は、光子の様相

     「ファ♯」の音程は、重力の因子グラビトンの様相

     「ソ♯」の音程は、タキオン粒子の様相

     

     というようなものなのです。

      ということは、この大宇宙は、エネルギー振動の大ハーモニーということなのです。

     

     私は、ますます、この世は、神様が作ったと、感覚の世界で感じ入りました。

     

     先ほども書きましたが、スイス・ジュネーブ郊外にフランスとの国境をまたいで設置されている。

      大型ハドロン衝突型加速器(wikipedia)で、この理論が本当に正しいのかを、実験で調べているのです。

     

     これが解明・証明されたら、とてつもないことです。

     

     たとえば、重力の因子グラビトンである「ファ♯」の音程を、止める、もしくは違う音程にすることができれば、重力を打ち消すことができるのです。

     

     こんなことが、いよいよ証明されようとしているのです。

     

    (※私の主観も入っているので、実際は違っているのかも知れません。)

     



    ●各分野のトップで活躍する人物は言うことが似通っている

     

     また、人の考える力は偉大であり、世界の科学技術は、日進月歩で進化しております。

      いつか、この超弦理論も、完璧に証明され、この世が9次元以上でできていることが、証明される日が来るのではないでしょうか。

      また、何百年後かには、宇宙のすべてが解明され、重力をも制御し、人類は、宇宙に飛び立つ日が来るのではないかと、私は思う次第です。

     



  • 名無しさん2013/01/28

    狂っているのは教師ではなく 行政です。地方分権など痴呆としか言えない。





    在日朝鮮民族特権の即時廃止、通名使用禁止令の発布。これだけで日本国内が如何に平和に成る事か。通名使用禁止で国内の極悪犯罪は激減する。在日特権を廃止すれば、生活保護費不正受給や朝鮮学校無償化要求なども封止できる。反日在日は不要。





    信じられない!「帰化したくないけど、母国の為に内政干渉するから選挙権だけよこせ」【外国人参政権】断固反対!http://www.geocities.jp/sanseiken_hantai/

  • 名無しさん2013/01/28

    たとえ帰化しても反日であればそれは日本人と呼べるでしょうか。私は呼べないと思いますし、日本人だと思いたくもありません。日本国籍返してもらいたいですよ。だって日本嫌いなら帰化しなければいいじゃない。なのに「日本国籍を取って反日活動をする」これでは工作員ですよね。

  • 名無しさん2013/01/28

    “国策だから住民投票は馴染まない“なら地方分権とか必要無くね?政府は自治体からもっと権限を取り上げろ。





    用事があって地元の公民館に行ったら、市内の在日韓国/朝鮮人関係の展示をやっていた。が、思うのだがどうしてこの手の展示は、差別と経済的苦難、そして民族的アイデンティティの回復、というお決まりのパターンのものが大半なのだろう。