政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針2852号  2013・1・19(土)

2013/01/19

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 2852号
□■■□──────────────────────────□■■□



        2013(平成25)年1月19日(土)



                                 阿る人を侮る中国人:渡部亮次郎

                             鳩山から旅券を取り上げろ:西村眞悟

                          急襲したアルジェリア軍の正体:宮崎正弘

                       米国一部に根強い対日歴史批判:櫻井よしこ

                     サイパンで見た「小さすぎる戦車」:岩見隆夫

                           話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第2852号
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━
阿る人を侮る中国人
━━━━━━━━━


    渡部 亮次郎

だとすれば、沖縄県・尖閣諸島について日中間の「係争地」との持論を
伝えに訪中した鳩山由紀夫元首相は軽蔑される為にわざわざ訪中したこ
とになる。東大出に馬鹿が案外多いと言うのは単なる噂じゃなかった、
と言うことか。

私が秘書官として仕えた園田直(そのだ すなお)外務大臣は、就任に
先立って「言っておくことが2つある」と言った。中国についてだった。
折から日中平和友好条約交渉の真っ最中だったからだろう、と思って聞
いた。

<中国人は阿(おもね)る人間を軽蔑する。だからゴマすりをしてはい
けない。もう一つ。政治家が儲け話を持ちかけると軽蔑される。絶対し
ちゃいけない>

園田氏は大東亜戦争を含めて戦場で11年を過ごしたが、そのほとんどは
中国大陸だった。スパイ行為をして掴まり、路上に落ちていた牛の糞を
口に突っ込み狂人と思わせて難を逃れたこともあった。

そうした体験から割り出した「中国人」分析だったのである。だから北
京における対中交渉でも下手(したて)に出る事は一度もなかった。
「だから交渉を有利に纏めることができたのだ」と自負していた。

それはそうかも知れない。田中訪中のときの高島益郎条約局長が良い例
だろう。日中国交正常化に先立つ両国交渉で高島氏は周恩来を相手に筋
論を展開。周恩来は激怒した。しかし陰では「ああいう気骨のある外交
官をわが国にも欲しいものだ」と言ったという言う話。

この時私は田中角栄首相に同行しながら、会談の期間は日本側代表団に
近付くことが一刻も許されなかった。したがって以上の話は帰国後に聞
かされて話である。

ところが「頂門の一針」2851号(1月18日)によれば訪中した鳩山氏のは
徹底した阿り。鳩山元首相は「国賊」=小野寺防衛相が語った。

<小野寺五典防衛相は17日夜、BSフジの番組に出演し、「尖閣諸島を係
争地と認めることが大事だ」との鳩山由紀夫元首相の中国での発言につ
いて「日本にとって大きなマイナスだ。言ってはいけないが『国賊』と
いう言葉が一瞬、頭をよぎった」と述べ、強く非難した。

防衛相は「係争などなく(尖閣は)固有の領土なのに、中国側は、日本
の元首相はこう思っていると世界に宣伝し、いかにも係争があるかのよ
うに国際世論がつくられてしまう」と懸念を示した。>
時事通信 1月17日(木)22時37分配信

<鳩山元首相 尖閣は「係争地」と発言 古澤 襄
 
訪中した鳩山元首相は、北京で楊中国外相と会談、「日本政府は『領土
問題は存在しない』というが、歴史を眺めれば分かる話だ。今係争が起
きていることは事実で、お互いに認めることが大事だ。領土問題は存在
しないと言っていたら、いつまでたっても答えは出ない」と述べた。

日本政府の見解を真っ向から否定し、「棚上げ論」についても中国側の
主張におもねったことになる。もっとも鳩山氏が希望していた習近平氏
との会談は実現せず、中国側が鳩山氏の訪中が日中間の関係改善につな
がると期待していないことを物語っている。

<【北京=川越一】「個人の立場」で訪中している鳩山由紀夫元首相は
16日、北京で賈慶林全国政治協商会議主席、楊潔●(=簾の广を厂に、
兼を虎に)外相らと会談した。終了後、記者団に対し、沖縄県・尖閣諸
島について日中間の「係争地」との持論を伝えたことを明らかにした。

鳩山氏は「日本政府は『領土問題は存在しない』というが、歴史を眺め
れば分かる話だ。今係争が起きていることは事実で、お互いに認めるこ
とが大事だ。領土問題は存在しないと言っていたら、いつまでたっても
答えは出ない」と述べ、日本政府の見解を真っ向から否定した。

「棚上げ論」についても中国側の主張におもねった。

賈氏らは鳩山氏の発言に同意したという。ただ、鳩山氏が希望していた
習近平国家副主席との会談は実現せず、中国側が鳩山氏の訪中が日中間
の関係改善につながると期待していないことを物語る。

中国側が鳩山氏を招待したのは、親中的な同氏に自国の立場を吹き込み、
特使派遣を検討する安倍晋三政権に圧力をかけるのが目的だ。17日、江
蘇省南京市の「南京大虐殺記念館」に鳩山氏を招くのも、歴史問題に絡
み同氏を利用する狙いがうかがえる。(産経)>

鳩山発言は「わが国の立場と相反」と官房長官が批判  古澤襄

菅義偉官房長官は17日の記者会見で、北京で中国要人と会談した鳩山由
紀夫元首相が沖縄県・尖閣諸島について日中間の係争地との認識を伝え
たことに関し「わが国の立場と明らかに相反する発言で極めて遺憾だ」
と述べた。

「日本の首相をされた方の発言として非常に残念だ」とも語り、鳩山氏
の言動を批判した。

鳩山氏は16日に北京で賈慶林全国政治協商会議主席や楊潔●外相と会談
し、沖縄県・尖閣諸島を日中間の係争地とする持論を展開。その後、記
者団に「係争が起きていることは事実で、お互いに認めることが大事だ」
と語った。(●は簾の广を厂に、兼を虎に)(産経)
2013.01.17 Thursday name : kajikablog

昔の人はよく言った。「バカにつける薬は無い」
                 2013・1・18



━━━━━━━━━━━━
鳩山から旅券を取り上げろ
━━━━━━━━━━━━


      西村 眞悟

例の鳩山由紀夫が、北京に招かれ、飛んで行って、

「尖閣は日中係争地」と発言したことに関して、腹に据えかねるので、
一言書いておきたい。

安倍内閣は、

鳩山由紀夫が所持するパスポートを直ちに失効させるべきだ。

国益を守るのが内閣の任務だ。

そもそも間違って議員になっていたとはいえ、我が国の元内閣総理大臣
が、イランでも中共でも、招かれれば飛んで行って国益に反することを
すぐ言う。

それだけではない、老獪な相手から、総理大臣として知り得た我が国の
機密を聞き出されてべらべらしゃべっているはずだ。

つまり、頭がおかしいのだ。

頭のおかしい元総理大臣が利敵行為を繰り返している。

頭がおかしいのなら、まだ情状の余地はあるが、頭がおかしいふりをし
て、欲望を満足するものを提供され、相手に買収されてしゃべっている
のかもしれない。

そうであれば、これは既にスパイであり、世界の常識では、「処理」を
ゴルゴサーティーン(007やCIAやモサド)に委ねる領域だ。

よって、直ちに上記のパスポート(旅券)失効

即ち鳩山由紀夫の帰国不能。出国不能の措置を取るべし。
 
この措置によって、国益がこれ以上損なわれることを防止し、同時に、
彼の言ったことは、錯乱であって真実に反し間違っている、よってわが
国家の方針と異なる、ということを断固として中共に知らしめることが
できる。

ところで、もう一人の自民党の元総理大臣が、ロシアとの間で、我が国
の北方領土の「線引き」の話を進めているということも耳に入ってくる。

内容が分からないのでコメントできないが、これも懸念事項だ。

(情報提供 濱田 實)


━━━━━━━━━━━━━━
急襲したアルジェリア軍の正体
━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
     平成25(2013)年1月18日(金曜日)
        通巻第3861号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 アルジェリアのガス現場のテロリストを急襲したアルジェリア軍の正体
  テロ対策のために設立された保安部隊と国防省の特殊旅団(127集団)
                               か
********************************

世界中のメディアはアルジェリアの強硬な軍事作戦を非難している。
多くの人質が犠牲になったアルジェリアの強襲作戦はアルカィーダをな
のるテロリストを殲滅したが、この強気の軍事作戦の実践は、アルジェ
リアの「特殊部隊」の参与いがいに考えられない。

「共和国保安部隊」と呼ばれる特殊チームは45作戦部隊から編成され、
内務省の管轄である。

国防省からは独立した軍事組織である。

一方、アルジェリア国防軍にも「国家憲兵」「特殊介入部隊」のほか、
特殊旅団(127集団と呼ばれる)が存在し、もし、軍主導であったとすれ
ば、上記保安部隊との協同作戦も考えられる。

いずれにしても特殊部隊はフランス外人部隊の伝統的特殊訓練と血と犠
牲を恐れない猛烈な戦闘力を誇り、かねてからイスラム原理主義のテロ
リストと対峙してきた。
 

このアルジェリア特殊部隊そのものの存在も謎のベールに包まれている。
それゆえ、今後も作戦の全貌が明らかになることもないだろうが。。
   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 随筆 ESSAY 随筆 ESSAY 随筆 ESSAY 随筆 E
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
大東亜戦争、大日本帝国、そして敗戦
*****************

             宮崎正弘 
 
インド、フィリピン、ベトナム、そして台湾で中国の新旅券が問題とな
った。券面にインド領もフィリピンの小島も、ベトナムと領有を争う島
々も「中国領」と記されていたため関係国が北京に猛烈に抗議した。

この報道をみていて何かのネガフィルムを見たような錯覚に囚われた。

 ▼降伏文書の調印

 戦前の日本は「大日本帝国」を名乗った。

昭和20年8月15日、敗戦。『大日本帝国崩壊ーー東アジアの1945年』
(中公新書)の著者である加藤聖文氏はミズリー号艦上における降伏文
書調印よりも8月15日にこだわり続け、次のように言う。

「戦後の日本人はなにか歴史の大きな視座を見失ってしまった」。なぜ
なら「帝国の崩壊は、同時に新しい国家、新しい国際秩序の誕生をもた
らした。

日本人にとって大国の崩壊の結果、朝鮮半島や台湾や満州で起きた新国
家の誕生は決して無関係ではない。現在の東アジアの国々の成り立ちに、
どのようなかたちで日本が歴史的に関わっていたのか」と加藤氏は視点
をがらりと変えて、戦後新興国家独立のプロセスに重点を移行し、あの
戦争と、「大日本帝国」という、いまとなっては幻影となった過去を冷
静に歴史家としてやや酷薄に振り返る。

日本の降伏とはポツダム宣言の受諾である。

加藤聖文氏は続ける。

「ポツダム会談では個別具体的な問題になると意見の対立が見られたも
のの、後の冷戦時代のイメージとは違って、米英ソ三国には依然として
『戦友』ともいえる感情が共有されていた。

トルーマンやウィンストン・チャーチル英首相はソ連の出方を警戒して
いたが、ヨシフ・スターリン個人に対して感情的反感を持っていたわけ
ではなく、むしろスターリンの指導力とソ連の役割には期待するところ
が依然として大きかった」

しかもポツダム宣言は、トルーマン一人がサインした。この歴史的事実
が存外知られていないが、ついでに加藤氏が触れていないことも書いて
おくと「カイロ宣言」はプレスリリースの類いで法的合法性はない。

ポツダム会談に蒋介石は呼ばれず、事前の工作も希薄な上、米英との通
信が途絶しがちだった。蒋介石は重慶にいた。「内容の詰めも行わず無
電による一方的な確認を取っただけで、トルーマンが独断で宣言へ署名
した」 驚くべきことである。


 ▼ポツダム宣言はトルーマンの一人芝居だった

日本の戦後はヤルタ・ポツダム体制(YP体制)によって枠が嵌められ
た。押しつけられた憲法を「ポツダム憲法」とも呼ぶが、なんとこの宣
言の中味はトルーマンの一人芝居だったのだ。

そのうえ、「米国政府内部でも綿密に議論が積み重ねられたわけではな
く、またポツダム会談でも米英ソ三国による協議が行われないまま慌た
だしくできあがった」

そのような拙速にもかかわらず戦後日本ばかりか東アジア全ての戦後に
巨大な影響力を持った。

第一に韓国では日本の降伏直後に祝賀行事もなく、まして九月六日に
「朝鮮人民共和国」が樹立される予定だったが、マッカーサーが潰した。
大日本帝国崩壊の余波である。

「北緯38度線以南の朝鮮がマッカーサーの権限のもと、当分のあいだ軍
政が布かれることが明らかになった。この布告第壱号によって呂運亮が
目指した『朝鮮人民共和国』の即時樹立は完全に否定され」、やがてア
メリカ傀儡の李承晩が亡命先からソウルにやってくる。「南朝鮮での公
用語は英語とされた」のだ。

ソ連の火事場泥棒のごとき侵略行為は日本人の反ソ感情に火をつけ、い
まもロシアに心を開く人が少ないけれども当時の蒋介石にとってもスター
リンは許し難い存在だった。

「ソ連が、ヤルタ協定によって獲得したモンゴル独立、大連港の優先的
利用権、旅順港の租借権、旧東支鉄道および満州鉄道の中ソ共同経営権
は、蒋介石の同意を必要とした」。このためモンゴル独立と引き替えに
屈辱的譲歩を繰り返したのが蒋介石だった。

台湾は蒋介石が進駐し、旧樺太ばかりか、全千島列島はソ連の強欲な領
土欲に飲み込まれてしまった。旧満州は国共内戦の激戦地となり、ソ連
の援助を得た毛沢東が最後に微笑んだ。

加藤氏の著作は、このほか南洋の島々の運命を克明に描き、満州の開拓
団と関東軍との齟齬を列記している。

しかし東京五輪を知らない新世代ゆえに、感情移入がなく、日本の行為
を客観視して描くため或いは不満が募る向きも多いだろう。

 ▼林房雄『大東亜戦争肯定論』以後

一方、日本の戦略目標の歴史的評価は林房雄『大東亜戦争肯定論」が嚆
矢となり、その後も夥しい著作群が生まれた。

いま評判を取る最新作は佐藤守氏の『大東亜戦争は昭和50年4月30日に
終結した』(青林堂)だ。これは「太平洋戦争は昭和20年8月15日に終
わったが、大東亜戦争は昭和50年4月30日に終結し、アジアは欧米列強
の植民地からすべて解放された」とする歴史解釈である。

すなわち日本の対米英戦争によりインドネシア独立、インド徳立、フィ
リピン、ビルマの独立が達成せられた。

最後にベトナムが植民地支配の桎梏から独立を勝ち取った。

台湾へも毛沢東との戦争で台湾軍を鍛えるために日本の旧兵士らが赴い
たことは、門田隆将氏が白団をモデルにした著作にも詳しいが、最近の
井川一久氏らの研究によりベトナム残留の日本軍兵士およそ600名が対仏、
対米戦争に加勢したことが判っている。

これら日本軍の残留兵士の指導によってベトナム戦争で米国が敗れると
いう結末があり、これで大東亜戦争は終わった。

結局、「日本は大東亜戦争に勝利した」(佐藤守前掲書の結語)ことに
なる。

(本稿は『世界と日本』13年1月11日号からの再録です)
  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌の報道にあったドイツの米仏からの金塊返還騒動で
すが、ドイツの宰相=メルケルさんは安倍さんと同じ年。なかなかやり
ますね。ドイツ連邦銀行の金返還要求は、ドイツ政府の政策なのでしょ
うか。

仏ドゴールの金現物持ち帰りの時はニクソンさんでした。わが国は国防
を米国に依存しておりますから、この種の芸当は難しいのでしょうね。
                        (桃太郎、岡山)


(宮崎正弘のコメント)世界から、とくに米欧と中国から、金本位制復
帰の合唱がそろそろ本格化します。ボォっとしているのは我が国の財務
省、日銀、官庁エコノミスト、金融証券系シンクタンクあたりでしょう。

というわけで、敢えてこの状況に棹さします。拙著『世界は金本位制復
帰に向かっているーーーゴールド・マネー(金貨は悪貨を駆逐する)』
(仮題)は来月中旬に扶桑社から発売予定です。



  ♪
(読者の声2)岸田外相がマニラへ行き、巡視船十隻供与。安倍さんはベ
トナムに入り、将来的に巡視艇を新造し供与、これは明確に中国の南シ
ナ海における軍事覇権封じ込めの第一歩、しかも各国が歓迎しています。
日本の野党や反日マスコミが「武器輸出三原則に抵触する」とか常套句
で文句を言わないのも不思議です。(BY生、神奈川)


(宮崎正弘のコメント)野党と言っても旧政権党は第三極より議席が少
なくて、それどこの話ではないでしょう。

ところで話は飛びますが、本日(18日)、予定されている安倍首相のジャ
カルタ入り、現地の洪水によって、どうなるやら。



  ♪
(読者の声3)ネトウヨと安部晋三とか、韓国に特使を送ったりして中
・韓国へのスタンスがあまい安倍総理にネトウヨが支持離れとか、新し
い事態がおきているようですが、如何でしょう?(UY生、横浜)


(宮崎正弘のコメント)小生はフェイスブックも、ツィッターもしない
ので、ネトウヨという意味が分かりません。もしネット上の保守のこと
でしたら、そういう意見は読んだことがなく、したがってノーコメント
です。



  ♪
(読者の声4)ネットでみつけたのですが「三島由紀夫は預言者である」
という記事がありました。

http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4361147.html

三島由紀夫の檄と遺言、動画サイトの映像も紹介されています。

「それがだ、いま日本人がだ、ここでもってたちあがらなければ、自衛
隊が立ち上がらなきゃ、憲法改正ってものはないんだよ。諸君は永久に
だねぇ、ただアメリカの軍隊になってしまうんだぞ」

「日本文化を守ることは、天皇を守ることに帰着するのであるが、この
文化の全体性をのこりなく救出し、政治的偏見に惑わされずに、『菊と
刀』の文化をすべて統一体として守るには、言論の自由を保障する政体
が必要で、共産主義政体が言論の自由を最終的に保障しないのは自明の
ことである」

自民党安倍総裁は「日本を取り戻す」のキャッチフレーズで政権を奪還
しましたが、組閣から一ヶ月も経っていないのに経済・外交ともスピー
ド感がすごい。

組閣はデフレ脱却に重点をおき、参議院選挙までは安全運転といわれて
いますが、昨年末の組閣直後から年明けのお正月気分も抜けないうち、
広報本部長の小池百合子氏や財務大臣の麻生元首相はテレビに出ずっぱ
りでデフレ脱却を説いていました。

麻生氏がデフレを大根の値段で説明するのはとてもわかりやすい。大根
が95円から92円、88円になって消費者は喜んでいても、生産者の収入は
減り販売者の売上・利益も減り、結局は給料も減ってしまう。選挙戦最
終日、秋葉原での演説でも同様の話をして大喝采でした。

秋葉原の演説会で司会をしていた丸川珠代氏も今回の組閣で政務官に就
任しましたが民主党とは人材の層の厚さが違い過ぎます。選挙結果につ
いて麻生元総理(財務大臣)は自民党に追い風どころかそよ風すらなかっ
た、とあくまで敵失による勝利だったことを強調していました。

第二次安倍政権発足の海外の反応といいながら中韓の反応しか伝えなかっ
たNHKは、民主党の大好きな事業仕分けで分割民営化されたほうがよ
かったのかも。

中韓の反応も面白かったですね。中国外交部は控えめな女性報道官の論
評で様子見だったのに、韓国は安倍首相の特使を拒否、その後受け入れ
たもののVIP通路を使わせず、反日活動家の前で晒し者にした。

さらに慰安婦問題ではあくまで日本の謝罪と賠償を要求。朴槿恵次期大
統領は最初に中国大使と面会し特使も一番に中国へ派遣。中国語は堪能
でも日本語は話せない朴槿恵氏、大阪生れながら四歳で帰国し日本を知
らなかった李明博氏の後継として、さらに中国接近・日本離れが加速す
ることでしょう。

安倍氏は第一次安倍内閣で「靖国参拝」をせず保守層の支持を失い、西
尾幹二氏は安倍氏の「言葉の軽さ」をもって安倍晋三氏を信用ならない、
としていました。

今回の安倍氏は慎重な言葉遣いながら余裕すら感じさせます。中韓両国
には日本の配慮などまったく通ぜず、日本が引けばとことん押してくる。
しかし、第二次安倍内閣では竹島絡みで韓国鬱陵島視察のため訪韓した
国会議員団で入国拒否された3人が揃って入閣、新藤義孝氏は総務大臣、
稲田朋美氏は行革担当大臣、佐藤正久氏は防衛大臣政務官ですから韓国
の外交当局は身動き取れない状況でしょうか。

韓国では若年の失業率が16%を超えるといいます。

米韓FTAで韓国はアメリカの経済植民地同然、厳しい競争を勝ち抜いてサ
ムスン電子に入っても40代で肩叩きというのが韓国の現実。麻生元総理
は夏の参院選までは経済に専念しろと安倍氏にアドバイスしたといいま
すが、円安ウォン高に振れたとたん日本を訪れる韓国人観光客が増えて
いるという。

韓国の反日の実態はメディアと一部活動家などノイジー・マイノリティ
によるものが大きいのでしょうね。

日本がアメリカの属国であることは石原慎太郎氏がたびたび言及してい
ましたから説明の要もないでしょう。横田にはNW(現デルタ)の旅客機
がやってきましたが、民間航空機の飛行状況をリアルで追跡できるサイ
トを見ていると、沖縄の嘉手納基地からもアメリカ本土の基地向けにチ
ャーター便が飛んでいる。日本の空はアメリカの空なのがよくわかりま
す。

http://www.flightradar24.com/

このサイトを暇な時に見ていると日本とアジア諸国との勢いの差を感じ
ざるを得ません。

日中路線は反日デモ以来の客数激減のためか小型機ばかり。日本の空か
らはほとんど消えたB-747がアジア各国ではまだまだ現役、それどころか
貨物機では747の新型機747 8Fまで就航している。

11月の台北桃園空港でも中華航空・エヴァ・キャセイ・シンガポール航
空など747が勢ぞろいでした。日本の航空会社では未就航のエアバス
A-380もけっこう飛んでいて、日本の航空業界の縮小均衡とは逆です。

マレー半島上空などロンドン・パリ行きのA-380が同時間帯に4機も飛ん
でいる。まさに成長するアジアとデフレの日本の縮図を見るようです。

財務省のいいなりのマスコミにあって孤軍奮闘だった産経新聞田村秀男
氏や若手の評論家が数字・データをもとにデフレ脱却を主張するのに対
し、東大教授や証券会社アナリストの「金融緩和はハイパーインフレに
なる」という主観・イデオロギーによる財政破綻論を20年以上も真に受
けてきた結果が現在の日本経済の低迷でした。


ところがノーベル賞学者のクルーグマンまでアベノミクスを高く評価し
ている。
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/230115015.html

夏の参議院選挙までは安倍政権に経済に専念してもらい、参院選で自民
党が勝利したなら公明党という重石もなくなります。安倍氏はネットの
活用に積極的で党首討論はニコニコ動画でした。マスゴミによる発言の
切り貼り、歪曲を避けるためでしょう。現在はフェイスブックで官邸か
ら情報発信しています。
https://www.facebook.com/sourikantei

動中の新幹線・政府専用機内、ノーベル賞受賞者の山中教授の研究室、
と写真入りでの情報発信です。編集権という名の「報道しない自由」を
行使するマスコミに対して、ネットの威力はますます増大することでし
ょう。

参議院選挙でネットによる情報発信(選挙運動)が解禁になれば自民党圧
勝かもしれません。

日本が「普通の国」になれるよう安倍政権を応援していきたいですね。
  (PB生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)ご指摘のスピート観ですが、とくにアジア政策
の大転換を静かにやってのけたのは凄いところでしょう。一番慌てたの
は中国です。

――豚も煽てりゃ木に登る、ってわけではありませんが「友愛坊や」を
急遽、北京へ呼んでいろいろと発言をさせましたが、日本では逆効果で
した(発売中の『週刊新潮』、説話ほか佐藤優氏のコメントを参照あれ)。

しかし小生が注目したのは鳩山を待ち受けた日本担当責任者たち。唐家
旋、戴乗国、楊潔チ、そして前政治局四位の賈慶林も出てきた。この人
選、対日責任者総出という図式なのです(詳細は拙著『中国を動かす百
人』(双葉社)をご参照下さい)。

彼らの狙いは「係争地」という言質を鳩山から取ることですが、もはや
民間人で議席のない人の発言は「合法性」がありません。



━━━━━━━━━━━━━━
米国一部に根強い対日歴史批判
━━━━━━━━━━━━━━


        櫻井よしこ

新年早々、『ニューヨーク・タイムズ(NYT)』紙が安倍晋三首相批判の激
しい社説を掲げた。「日本における修正主義」の見出しで「もし首相が
戦時の性奴隷(sex slavery)に関する公式謝罪を修正(modifies)するなら、
地域の緊張を激化させるだろう」という書き出しだ。

これは昨年12月31日の『産経新聞』紙上の安倍首相の単独インタビュー
を報じたロイター電を基にした批判である。『産経』で首相は95年の村
山富市首相の談話に代えて「21世紀にふさわしい未来志向の談話を発表
したい」と語った。対してNYT社説はこう書いた。

「アジアの安定のために日韓関係ほど重要なものはない。にも拘らず、
安倍晋三日本国首相はその任期を過ちでスタートするかに見える」、
「彼は朝鮮や他の国の女性を性奴隷としたことも含めて第二次世界大戦
の侵略(aggression)への謝罪を修正するかもしれない意向を示した」

安倍首相を社説子は「右翼の民族主義者」と断じ、「性奴隷として奉仕
した女性たちが強制された(coerced)証拠はないと主張している」、「(
日本国の)犯罪の如何なる否定も(日本国の)謝罪の如何なる希薄化も、日
本の残忍な(brutal)戦時支配に苦しんだ韓国、中国、フィリピンなどを
激怒させるだろう」と書いている。

首相の意向を、「安倍氏の恥知らずな衝動(shameful impulses)」と決め
つけ、「日本が過去の歴史のごまかしではなく長年の経済停滞の改善に
集中すべきときに、修正主義は当惑以外の何ものでもない」と結論づけ
ている。

全文で35行の社説には「性奴隷」「右翼」「民族主義者」「修正主義」
「恥知らず」などの?修辞?が多出する。昨年秋、徹底した取材で中国
共産党の凄まじい腐敗問題を暴いたジャーナリズムの雄、高い国際的評
価を勝ちとってきたNTYらしからぬ感情論の目立つ社説である。

■日本の主張や説明を無視

ジャーナリズムの基本は取材である。社説は事実に基づいた洞察でなけ
ればならない。

だが、安倍首相批判の社説からは歴史の事実関係を調べた痕跡は読みと
れず、むしろ知識の欠落が目立つ。当該社説子は安倍首相に突きつけた
「衝動」という言葉を自らにこそ重ねて省みてはどうか。

かつて慰安婦問題に関して強調された日本非難は女性たちを日本国政府
や軍が強制連行したという点だった。しかし、多くの調査にも拘らず強
制連行を示す資料も文書も見つからず、複数の証言もむしろ、強制連行
の否定に行きつくものだった。

軍命で朝鮮半島の女性を強制連行したと嘘をついた吉田清治氏も、当の
韓国側によって商業主義のでたらめと批判された。

こうして強制連行非難が成り立ちにくくなると、この点についての日本
の主張や説明を無視して、韓国も中国も、米国の一部のメディアや要人
も女性に性行為を強制したことを非難するのだ。その点を意識したのか
否かは不明だが、 NYTの社説も強制連行と言わず、「性奴隷」の「強要」
だと非難している。

私も慰安婦を存在させたこと自体が悪いとする価値観を否定はしない。
性の売買などさせないほうがよいと私も思う。しかしそこまで主張する
なら、では一体どの国とどの軍隊に日本非難の資格があるのかと、問わ
なければならないのも事実だ。

敗戦の日本を占領したとき、米国はまっ先に「女を用意せよ」と要求し
た。このことは『毎日新聞』の政治記者で東京本社編集局長、副社長ま
で務めた住本利男氏が『占領秘録』(中公文庫)に書き残している。

『占領秘録』は昭和27年4月、日本の主権回復と同時に開始した連載をま
とめたものだ。それまでは米国の占領下で、新聞、雑誌、ラジオ、演劇
などすべてが厳しい検閲を受けており、日本人には表現の自由も報道の
自由もなかった。住本氏は占領終了を待ち侘びていたかのように記者と
しての体験と取材を世に問うた。そこにはこう書かれている。

「米軍が横浜に進駐したその晩に、早くも佐官級の人々がジープを飛ば
して東京にきた。そして丸の内警察署を警視庁とまちがえてか、入って
きて、女を世話しろ」と迫った。丸の内警察が「そういうものはないと
答えると、あの辺に大勢いるではないかといって、日比谷あたりを歩い
ている女の人たちを指さした」と。

これは昭和20年夏のことだ。絶対的権力を握った占領者が有無を言わさ
ず女性を要求した様が浮かんでくる。その後各地で起きたことは多くの
日本人が心の中にいまも生々しい記憶としてとどめているはずだ。私た
ちは忘れてはいない。

だが敢えて口にすることもしない。戦いに負けるとはこういうことなの
だと自らに言いきかせ、同時にその時代の価値観と背景を考慮するから
だ。

■現在の常識で過去を裁く

日米両国の歩みには共通の失敗とより良い未来への共通の志がある。戦
時中の慰安所における売買春と同様の事例が戦後もあったことは、すで
に前述した。NYTや韓国や中国は戦時中の行為をいま、「性奴隷」として
非難するが、奴隷制度の本家本元は米国である。

アフリカ大陸から人々がどのように強制連行されたか。人間としてでは
なく物として運ばれ、売り捌かれたのではなかったか。黒人奴隷に多く
の子供を産ませた大統領も存在していたのではなかったか。

とは言え、私は米国のもうひとつの側面を高く評価する。奴隷制度を作っ
た米国は歴史の経過の中で、あらゆる差別をなくそうと極めて真摯に取
り組んできた。性差別も人種差別も含めた差別撤廃に、他のどの国より
も熱心に取り組んできた米国に私は深い敬意を払っている。

このような国柄を創った米国人だからこそ、日本人が米国人と同じ価値
観を守るべく、過去も現在も努力していることを、最もよく理解できる
はずだと確信もしている。

たとえば日本は1919年、第1次世界大戦後の国際社会の秩序構築に寄与
したいと願い、人類で初めて人種平等の原則を提唱した。人種差別の苦
しみを知る日本国の提案を取り上げなかったのが、パリ講和会議議長を
務めたウッドロー・ウィルソン米大統領だった。

そして現在、日本人は戦前の売買春が当時の常識であったとしても自省
し、米国同様、普遍的価値に資するべく努力を重ねている。にも拘らず、
実態も調査せずに決して奴隷的扱いではなかったその制度を「性奴隷」
と決めつけ、日本は反省していないと非難し続けることには、名誉をか
けて異議を唱えるものだ。

米国の良識を代表するNYTはなぜこのような実態を調査しないのか。なぜ
事実の検証を疎かにするのか。同盟国日本をなぜもっとよく見詰めない
のか。日米は多くの価値観を共有する。こうした事実を米国に伝え、双
方で学び合うための情報発信に国家プロジェクトとして取り組むことを、
安倍首相に望むものだ。(週刊新潮)

2013.01.19 Saturday name : kajikablog 



━━━━━━━━━━━━━━━━
サイパンで見た「小さすぎる戦車」
━━━━━━━━━━━━━━━━


           岩見隆夫

昨年の大晦日、常夏のサイパン島にいた。船旅の寄港地である。前日、
グアム島に上陸、北上してロタ島、テニアン島を右舷に見ながら着いた。

サイパンの正式名称は米国自治領北マリアナ連邦、グアムが最大で、2
番目のサイパンは東京23区より少し小さいくらいだ。年間通じて気温の
差がほとんどなく、平均約25度、周囲をサンゴ礁に囲まれ、美しい。

〈玉砕の島〉としてだれでも知っているが、訪れるのははじめてだった。

高齢者向きの〈サイパン半日車窓観光〉のバスに乗り、ラストコマンド
ポスト(旧日本軍最後の司令部跡)、バンザイクリフ、砂糖王公園(日
本統治時代にサトウキビ産業で財をなした砂糖王・松江春次の記念公園)
の3カ所を駆け足でめぐった。

車窓の風景はのどかそのものだが、中年日本人女性のガイドさんが語る
玉砕悲話は胸に刺さる。ことに北端のバンザイクリフ(崖)、絶壁には
米軍の艦砲射撃でえぐられた大きな穴がいくつも残っていた。

「みなさん、『天皇陛下バンザイッ!』って叫んで……。女子学生は手
をつないで〈仰げば尊し〉を合唱し、歌い終わったところで飛び込んだ
そうです。お母さんたちも、子どもを先に投げたり、抱いたりして……」

などとガイドさんの話には次第に熱がこもり、車内はシーンとなる。近
くの空き地には、日本軍の兵器類の残骸が、放置されているのか、陳列
しているのか、散らばっていた。なかに赤茶けた小型戦車が鉄くずのよ
うになって一台。

「これは2人乗りで、1人が操縦し、1人が射撃するのです。あのころ
はクーラーなんかなく、車内は35度くらいあったそうで、もう大変でし
た」

と、きのうのことのように言う。それにしても、本当に2人乗れたのか
と思うくらい、小さい豆タンクだ。米軍との物量の差を見せつけている
ように思えた。

「これが日本です」というガイドさんの言葉があとまで耳に残った。

サイパンに米軍が上陸したのは敗戦前年の1944(昭和19)年6月 15日で
ある。この島は旧軍の大本営が設定した絶対国防圏で、海軍にとっては
最重要拠点だった。だから、海軍は総力戦を展開したのだ。

日本軍3万に対して米軍7万、19日から20日にかけてのマリアナ沖海戦
では、日本側が虎の子の空母3隻を失うなど壊滅的打撃を受けた。地上
戦でも物量の差はいかんともしがたく、7月7日最後の攻防戦で日本軍
守備隊は全滅、非戦闘員約1万人も道連れとなる。

追い詰められて次々に身を投げた悲劇のバンザイクリフが観光名所にな
っているのは釈然としない。しかし、それでも戦争とは何かを語るアカ
シとして残してほしい、とも思う。

■「これが日本です」あの無謀に通じるもの

当時、大本営はサイパン玉砕を隠していたものと私は思っていた。だが、
玉砕から11日後に発表したという。帰国して調べてみると、7月19日付
の『毎日新聞』には、

〈サイパン全将兵 壮烈なる戦死 3指揮官を陣頭に 7日最後の突撃
 戦闘参加邦人も共に〉の大見出し。その横には、一段と大きい活字で、

〈東條首相力説 決戦の機は来れり 誓って敵を撃摧せん〉

の見出し。記事は、〈真の戦争はこれからである。1億決死の覚悟を新
たにし、……究極の勝利を獲得し、以て聖慮を安んじ奉らんことを……〉
と結んでいる。

ソロモン諸島のガダルカナル島激戦以来、〈敗北〉を〈転進〉などと言
い換え、劣勢を隠し続けてきたのを、サイパン玉砕を境に発表に踏み切っ
たのは、さらに過酷な戦いに備えるよう、国民に覚悟を促す狙いからだっ
た。しかし、米軍の上陸は翌年にかけ、レイテ島、ルソン島、硫黄島と
続き、そしてついに四五年六月、沖縄本島の全滅に至る。

一方、サイパン占領によって有力な航空基地を確保した米軍は、44年
末からB29爆撃機による本格的な日本本土への空襲を始めたのだ。翌45
年8月、原爆搭載のB29が広島、長崎に向け飛び立ったのは、隣のテニ
アン島からである。

ところで、70年近く前、日米戦争の転回点となった運命の島、サイパン
を一度は訪れたいと思い続けてきたのは、当時すでに生をうけていた日
本人(私は玉砕の時、8歳)としての礼節のような感情かもしれない。
一つ荷物を降ろした気分になった。かわって、ガイドさんの、

「これが日本です」という言葉がひどく引っかかる。もちろん、ちっぽ
けな戦車の残骸を指して、である。こんな貧弱な装備で豊かな超大国・
アメリカを敵に回した日本の無謀を、現地に暮らす日本人の実感として
口にしたものだ。

しかし、この短い言葉は、いまの日本にも当てはまるのではないか、と
私は思う。かつての敵国は戦後同盟国になり、今日に至るのだが、この
選択に誤りはなかった。戦後、とにかく平和が続いたことが証明してい
る。

だが、平和が脅かされる事態がいつの日か発生した時(発生しかかって
いるのかもしれないが)、日本は大丈夫だろうか。安倍晋三首相が、

「国防軍の創設……」と言っただけで、右傾化批判が巻き起こる。批判
は構わないが、批判する人たちは自分の国は自分で守る、という当然の
ことをどこまで突き詰めて考えているのだろうか。

暮れに、北朝鮮は大陸間弾道ミサイルの発射に成功したが。直前に当時
の藤村修官房長官が、

「さっさと上げてくれればいいのに」と軽口をたたいて、唖然とさせた。
この平和ボケ症状は、かつて〈小さすぎる戦車〉で刃向かった無謀に通
じるものがある。

<今週のひと言>

世の中、動き出したような。(サンデー毎日)

2013.01.19 Saturday name : kajikablog 



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎<安愚楽牧場>経済評論家時代に推奨、海江田氏提訴も視野

和牛オーナー制度で出資金を集めていた「安愚楽(あぐら)牧場」(栃
木県)が経営破綻した問題で、経済評論家時代に同牧場への出資を勧め
ていた民主党の海江田万里代表(63)を相手取り、一部被害者が損害賠
償を求め東京簡裁に民事調停を申し立てていることが全国安愚楽牧場被
害対策弁護団への取材で分かった。

海江田氏側は「賠償責任はない」と主張しており、次回協議(2月5日)
で和解が成立しなければ東京地裁に提訴する方針。

弁護団によると、賠償請求しているのは、海江田氏が20年ほど前に書い
た雑誌記事などを読み同牧場に出資した94人の被害者。出資総額は約15
億円で、うち1割に当たる約1億5000万円の賠償を求め、昨年6月に申
し立てた。

これまでの3回の協議では和解は成立せず、次回も不調に終われば、94
人のうち約30人が提訴する方針。

海江田氏は、93年に衆院議員として初当選するまで経済評論家として活
動。同牧場を「知る人ぞ知る高利回りの利殖商品」とたびたび紹介。
「元本は保証付き」などとして出資を勧める記事を執筆した。

しかし、同牧場は11年8月に破綻。出資金約4200億円の大半は返還され
ない見通しで、一部被害者が旧経営陣を詐欺容疑などで刑事告訴してい
る。

海江田氏は、毎日新聞の取材に代理人を通じ「(記事を)執筆した時期
とその後の日本の経済は全く異なっており、評論の効力はなくなったと
考えている。損害賠償責任を負うものではない」と回答。

一方、弁護団長の紀藤正樹弁護士は「海江田氏は経済の専門家として記
事を書いた点で責任は重い」としている。

毎日新聞 1月18日(金)2時32分配信




 ◎ダウ、5年1カ月ぶり高値=決算や債務上限懸念緩和で〔米株式〕
(18日)

【ニューヨーク時事】週末18日のニューヨーク株式相場は、好決算の企
業を中心に買いが優勢となり、優良株で構成するダウ工業株30種平均は
前日終値比53.68ドル高の1万3649.70ドルと続伸、2007年12月以来、約
5年1カ月ぶりの高値で終了した。

米野党共和党が連邦債務上限の一時的な引き上げを認める見通しになり、
投資家の懸念が緩和したことも上昇につながった。ハイテク株中心のナ
スダック総合指数は同1.29ポイント安の3134.71で終わった。

ニューヨーク証券取引所の出来高は前日比2億7494万株増の9億8343万株。

米企業決算では、17日夕公表した半導体大手インテルは減益で、見通し
も市場の期待に届かなかった一方、18日朝発表した複合企業ゼネラル・
エレクトリック(GE)や金融大手モルガン・スタンレーの業績は予想を
上回った。このため、朝方は売り買いが交錯し、小幅な値動きとなった。

その後、米メディアが、野党共和党が連邦債務上限を3カ月間分引き上げ
る法案を来週下院で採決することを決めたと報道したことで、デフォル
ト(債務不履行)への懸念が後退。ダウ平均は引けにかけて上昇した。
市場関係者からは、「予算削減の交渉本格化はこれからだが、一時的で
あれ債務上限の引き上げはプラス材料」(準大手証券)との指摘が聞か
れた。

個別銘柄ではGEは3.5%高、モルガンは7.9%の大幅上昇で終了。ダウ
銘柄ではキャタピラーが2.0%高、デュポンが1.4%高と景気敏感株の
上げが目立った。一方、インテルは6.3%の急落。来週決算を控えたアッ
プルは0.5%下げ、500ドルちょうどで引けた。(了)

時事通信 1月19日(土)7時0分配信



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)10日ぶりの風呂:平井修一

1月7日に10日ぶりに風呂に浸かって全身を洗った。今年の初湯である。
それから10日後の17日にはシャワーを浴びた。冬場は汗をかかないので
風呂は1週間とか10日に1回で十分ではないか。下着はしょっちゅう代え
てはいる。

OKWAVE に興味深い投稿があった。

<まず、世界的にみて文化・習慣として風呂ないし体を洗う、というこ
と自体があまり一般化されているとはいえません。

世界の大多数の地域では、そもそも体を洗わないのが普通なのです。つ
まり風呂以前の問題です。

水をお湯にして体を洗う、というのはとてつもなく労力を必要とします。
モンゴルなどの遊牧民なら常に移動していますので、所持できる家財道
具はすくなくなりバスタブなんて持っていきませんし、アフリカでは今
でも水汲みに往復4時間かかるため子供を学校に行かせることができない
国も多くあります(そのような地域では日本の援助で学校と井戸をセッ
トにして作ったりします)。

日本は水が豊富で、お湯を沸かすための柴も比較的簡単に入手できたた
め、お風呂の文化が根付くことになります。中国や韓国には日本と同様
のお風呂文化はありませんが、沐浴の習慣はあるようです。

西洋についても、18世紀ぐらいまでは体を洗う習慣がなかったようです。
欧米人が出かける前にシャワーをするのは、体臭をなるべく消すためな
のです。

これは近代になって衛生の観念が発達したため、体を洗う習慣が根付い
ていったからでしょう。この衛生観念の発達により、いまでは多くの国
で体を洗う習慣が根付き始めているといえます。南国の暖かい地域なら
水シャワーで十分です。

日本のお風呂文化は「温まる」ことが重要なキーワードです。日本は亜
熱帯に位置し、夏は非常に暑く冬は寒いのが特徴です。日本の暖房器具
の特徴は直接暖房であることです。

火鉢やこたつなど、直接的に体を暖めることを優先し、部屋を暖めると
いう工夫がありません。このため体を温めるためにお湯に浸かる、とい
う習慣が出来たのではないでしょうか> 

カミサンは「寝る前にお風呂に入って温かくすればぐっすり眠れるよ」
と勧めてくれるが、小生は下痢症だから一番最後の仕舞湯にしか入れな
い体である。そうなると10時とか11時ころになってしまい、9時就寝は無
理だから、結局はたまにしか風呂に浸かれないことになる。

シャワーだけではあまり温まらないが、仕方がない。こうなると夏が恋
しくなるものである



 2)何となくイヤな予感が当たったのか:前田 正晶

先日、ボーイングの最新鋭機、B787が故障を起こしたと報じられた時に、
私はまるで条件反射のように「アメリカの労働力の質では経験上もそう
いう大事件ではないまでも人災的な故障が起きるものだろう」と決めつ
けた。

しかし、そうは言いながら、何となく天をも恐れぬことを言ってしまっ
たのではないかと、何の具体的な根拠もなく密かに悪い予感を覚えてい
た。

それがどうだろう。最新の故障は人的な災害を生じなかったのは幸いだ
ったとしても、アメリカの労働力の責任などと決めつけることが適切か
どうか解らない、我が国のメーカーが作ったリチューム電池の問題だっ
たかも知れないと報じられた。反省材料だ。

そして、ANAとJALが所有する全B787の飛行が禁じられてしまう重大な事
態に発展した。これは両社の経営上には大問題だが、アメリカが誇るボ
ーイングにも重大な案件だろう。

その問題が具体化したと思えば、今度はアルジェリアでの我が国の日揮
の社員を含めた人質の事件が発生し、35名もの犠牲者が出たという報道
もあれば我が同胞の14人の安否が不詳と報じられている。これも重大な
問題である。政府の最善の対応を迫られる案件だ。

そこに、18日の夕方のニュースにもあったが円安が90円台に入ったと
伝えられた。これが具体的に如何なる事態に及ぶかの具体的なものはこ
れからにせよ、安倍内閣誕生以前に株価が上昇を開始しアベノミクスが
持て囃された状況に対して他の案件とともに、何となく逆風が吹き出し
たかの感すらある。

しかも、未だ嘗てなかった暗愚の元総理・鳩山由紀夫は、事もあろうに
中国に出かけて妄言を連発して、折角民主党政権が崩していった我が国
の内政外交の復活に頭から、イヤ背後から冷水を浴びせて、中国の思う
壺という状況を導き出す体たらくである。当になんたることかだ。安倍
政権にとっては悪材料だ。

これでは折角国民の期待を担って登場した安倍内閣が望ましき軌道に乗っ
たばかりなのに、逆風に対処せねばならなくなってきたのは誠にもって
遺憾千万である。安倍内閣が全力で乗り切ることを切に希望する。

ところで、ここで私事である。折角10数年ぶりに引き込んだ本格的(?)
風邪から何とか立ち直ったと思えば、この極寒のためかそうでないのか
不詳だが、最後の症状である鼻の具合の不快さが抜けきれず、昨日辺り
から頭がボーッとなって思うように回転しない。

今朝から物忘れとその結果であるチョンボの連続で、午前中は完璧だと
思った重大な家事の手続きを誤って、新宿駅西口と我が家を急遽二往復
する始末。疲れ果てた。

そして帰宅すれば、生業と化した翻訳の本年の初仕事に取りかかれば、
未だ馴染み切れていないWindows8に振り回されて一向に捗らず、RS氏他
のパソコンのお師匠さん(=権威者)にお助け願って、第一の関門を辛
うじて乗り切って愁眉を開いたところ。そういう不運が一気に襲ってき
たのは、B787の故障をアメリカの労働力の質のせいにした報いかと、密
かに反省しきりである。

それにしても、治りかけの風邪の症状は厳しいものだと漸く再認識でき
た。明日はしっかりと静養して態勢を整えてから、Windows8と翻訳に挑
もうと決意した次第だ。



 3)当メルマガ主宰の渡部亮次郎さんが鳩山由起夫氏の訪中にについ
て「馬鹿に付ける薬がない」と論断された。同感である。

だが、もしかすると「付ける薬」になるかもしれないものがある。論客
の西村眞吾氏がホームページで、頭のおかしい元総理大臣が利敵行為を
繰り返しているのでパスポートを失効させたらどうかといっている。ネ
ット上でも同様な意見が多く出ている。

念のために旅券法を調べてみると、旅券法第13条(一般旅券の発給等の
制限)の第1項のなかに、「七 前各号に掲げる者を除くほか、外務大臣
において、著しく、かつ、直接に日本国の利益又は公安を害する行為を
行うおそれがあると認めるに足りる相当の理由がある者」という条項が
ある。

また、第19条(返納)で、同条第1項第1号および第2号の「第十三条第一
項各号のいずれかに該当する」場合や第5号の「渡航先における滞在が当
該渡航先における日本国民の一般的な信用又は利益を著しく害している
ためその渡航を中止させて帰国させる必要があると認められる場合」に
は旅券の返納を命じることができ、返納に応じないときは第18条で旅券
を失効させることができるとある。

考えるまでもなく、一国の総理大臣経験者に対する旅券の返納命令や失
効は広い世界にも例が無いお笑い草であるが、法令上は立派に根拠があ
ることを指摘できるのでないか。

はぐれ烏同然の同氏のことだから、さきのイランゆきを含めて目立ちた
い一心でこのまま放置すればこの先同じ愚行を繰り返し国益を損するこ
とが充分に考えられる。外務大臣は、政府としての単なる不快感の表明
だけでなく、旅券法の条項をもとに鳩山氏にきちんと厳正に警告すべき
でないか。(品川 阿生居士)



 4)函館市は18日、市職員の退職金について、2013年度から3年間で
段階的に約15%削減することで、市役所労働組合連合会との交渉を妥結
させた。13年度の職員給与も平均6・5%引き下げることで合意してお
り、年間約10億円の人件費が削減できる見通し。

(以下略)

(2013年1月19日5時0分 読売新聞)


地方公務員給与引き下げ 地方は国の奴隷か 山田知事が反発 京都

2013.1.19 02:16 産経新聞

政府が平成25年度の地方公務員給与を国家公務員並みに削減するよう、
地方側に要請している問題で、全国知事会長の山田啓二知事は18日の記
者会見で「地方を国の奴隷のように思っている」と反発した。

山田知事は、「京都府は以前から行財政改革に取り組んでいる。地域の
お金を取り上げては活性化にならない」と主張した。山田知事は、全国
知事会を含む地方6団体などでも、国に働きかけていく方針。

◇ ◇ ◇ 

函館市は24年12月末の人口が27.7万人。

地方公務員の給与に関しては一口に括れないとは思うし、各自治体で色
々な事情が有ろうとも思う。

国家公務員よりも給与水準の高い地方公務員に対して色々な意見が有る
のも事実だし、自治体に依って、医療や学力など各面の水準に差が有る
のも事実だ。

函館の様に給与水準の引き下げに組合が同意するケースも有るし、京都
府知事が反発するのも切実な理由が有るのだろう。(佐藤雄一)



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


アルジェリア。日本では歌に出てくるだけだったが、昨今は違う。それ
にしても胸が痛む。

19日の東京湾岸は快晴なれど寒冷厳しい。猿江公園への西側の入り口は
カチンカチンに凍った坂道。登りは良いがくだりのときは危険だ。この
気温じゃ融けないだろう。

署名なき投書は採用しません。必ずご本名を記した上にハンドルネーム
か「匿名希望」かを書いて下さい。


ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp


読者数:5127人

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/01/20

    在日朝鮮人に血税で生活保護、医療、年金、福祉、参政権をバラ撒く事が、人権なんですか!在日朝鮮人の権利擁護の為に人権侵害救済法案を作る事が人権の目的なんですか!血税は日本民族の為のモノ!在日朝鮮人は祖国へ戻れ!日本にたかるな!帰化条件を厳しくし似非日本人を朝鮮半島へ送れ!

  • 名無しさん2013/01/20

    道州制は、地方分権でなく、地方に韓国街を自由に作らせる事!挙句に参政権付与して、人権侵害救済法案で人権擁護したら、日本が在日朝鮮人に乗っ取られる事!







    男女平等バカ―年間10兆円の血税をたれ流す、“男女共同参画”の怖い話! (別冊宝島Real (069)) 野村 旗守





    男女共同参画=ジェンダーフリーは共産主義に基づく革命思想 「子供を産む機械=女性」は唯物論のエンゲルスの発想なのだ。

  • 名無しさん2013/01/20

    ワック社「いよいよ、韓国経済が崩壊するこれだけの理由」が早くも増刷になりました!





    反日思想の在日の皆さまにはぜひとも祖国にお帰り願いたい。







    「多文化共生」という皮をむくと中に「朝鮮文化ゴリ押し」があり、「外国人問題」や「マイノリティ問題」という傘の中を覗けば、「在日特権問題」がある。在日韓国・朝鮮人という特殊な事情ゆえに起こった問題を、故意にその特殊性をカモフラージュするために、彼らは常に「問題を普遍化」させてきたのです。





    http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n83359?fr=pc_tw_share_n 白洲氏はGHQに働きかけ国内混乱の元凶だった在日朝鮮人を全員本国に帰国させようとしたのです…ほほぉ  偏向報道マスコミ、白洲次郎氏を何故とりあげない。





    日本に住んで居ながら、外国人の方が待遇が良いなんて事、多くの人がこの事を初めて知って誰もが怒っている。民団、総連は今まで奪い取って来た在日特権をまず返上すること。被害者だから当たり前とか議員の買収工作なんて、今やネット情報を優先する世代は増える一方!そんな工作なんて簡単に崩れるのですよ。



  • 名無しさん2013/01/20

    役所の「市長へ」「県知事へ」ご意見封筒に意見を記入し投函すると必ず長が目を通すよ!「自分の住んでる市区町村が反日国の町と姉妹都市なのは日本の恥、姉妹都市解消して下さい。在日の帰化凍結、反日や犯罪者の帰化取消と強制帰国、通名禁止。在日特権撤廃」切手必要な場合もあり。メールより効果大。

  • 名無しさん2013/01/20

    男女共同参画社会こそが、失業率を上げ、国の競争力を減らした元凶のひとつ。男は働き、女は家で子供を育てる、それが自然。女が社会に出るから、男の働く場がなくなり、女が高給を取るから、男は結婚しなくなる。今の男は差別されている。

  • 名無しさん2013/01/20

    小選挙区制度には困ったことが発生する。国民の多数の票を得ていな

    いにもかかわらず、小選挙区制度は多数党を作ってしまう。日本の衆議院で並立

    制が採用されてからの選挙をみると、小選挙区で第一党が獲得した得票率は、ど

    の選挙でも過半数に達していない。しかし、実際に第一党が獲得した議席の割合

    は、大きく過半数を超えている。特に最近2回の選挙は得票率との乖離が著しい。



     小選挙区制度の「本場」であるイギリスを見ると、戦後実施された総選挙で過

    半数の得票を得て政権を獲得した政党は皆無であることがわかる。さらに困った

    ことには、イギリスでは、得票数が少ない政党が多い政党よりも多数の議席を

    獲得して与党になったケースが2回も起こっているのである。小選挙区制度は政

    党を無理やり2つにするばかりでなく、多数ではなく少数意見でしかない政党を

    政権党に祭り上げる制度なのである。



    政党との絆を失った有権者は選挙のたびに、興味を引く政党に投票するように

    なる。わが国の2005年の「小泉劇場」選挙や2009年の「政権交代」選挙はまさに

    これである。多くの有権者は政策ではなく、気分で投票したといってよい。そし

    て、小選挙区制の欠点は、こうした有権者の気まぐれを拡大してしまうことであ

    る。



  • 名無しさん2013/01/20

    今のままの人材で「地方分権」など、とても怖くて賛成できない。橋本を見よ。黒岩を見よ。あんなのが実権を握って予算を意のままにできるなんて「悪夢」だ。民主政権よりひどくなるのではないだろうか。予算の一部を使いやすく工夫するのが直近の最善策。そして様子を見ないと。





    男女共同って、女の人にとっては地獄。





    中選挙区制復活も検討?…3党意見集約は不透明 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130115-OYT1T00757.htm?from=ylist

  • 名無しさん2013/01/20

    (2013年1月19日 読売) 橋下徹大阪市長は18日、片山さつき総務政務官と国会内で会談し、政府が求める地方公務員の給与の引き下げについて、一律の引き下げは行わないよう求めた。橋下氏は「地方を一律にされると、職員もモチベーションが下がってしまう。一律カットとやられるとつらい」と記者団に述べた。



    なんか橋下、昔の言ってることと段々違ってきてるんじゃ? 昔の小泉も橋下も公務員を叩くことによって人気を博したんだが、これじゃ、もう先がないね。橋下は最近はそのメッキが完全に剥げ、原発も教育も単に思いつきで言ってるだけの人と露呈してしまった。





    またNHKがとんでもないことをやっているようです。

    NHKは解体するべきです。

     

    NHK、フランスで反日捏造番組を連日放送 

    マジよ。 

    正論で女性から報告があがってたが、実は前にもフランス在住の主婦の方が 血相変えて 「日本人は何をやってるの!」とのお叱りを受けた。 

    NHKという事実上『日本の国営放送』がしてるわけで フランスの人達は「日本の国営放送」 がしてる、いわば日本政府公認で 「日本は侵略国」という事実が広まりつつある。 

    それが一回ではない。ずっとやり続けてるっていうからまあ驚きというか呆れる。 



    せっかくフランスで日本文化が大きく浸透し、フランスの少女達が 

    日本のアニメだけでなく、日本の伝統や日本食、さらには日本の歴史まで 

    教えて欲しい、興味がある、って言ってくれてる。 

    そこにNHKがみずからフランスの悪名高き反日番組に 

    「日本人は強姦ばっかして来た」「朝鮮半島で虐殺し搾取しまくった」ってVTRや シナやアメリカが合成したインチキ反日捏造写真なんかを資料提供してる。 

    国営放送局が自分の国民を「虐殺侵略民族」などと世界中にわざわざ 

    それもでっち上げた歴史の資料で言いふらす馬鹿がどこにいるのか? 

    フランス在住の主婦の方は見て腰を抜かしたと 

    そのくらい酷い反日番組に、協力「NHK」っ てあったんで電話してきた 

    「一体日本人は何をしてんの!!」って。それで発覚した。 

    この後もNHKはまたやってんだよ、その反日協力を。 

    それを「日本の歴史に興味ある」フランスの少女達が見てどう思う? 

    日本の文化に興味を持ってくれた、そんな子供達が見るのよ。恐ろしい 

    それをNHKが日本の代表として「正しいよ!」ってお墨付きをわざわざ与えてる。 





    自分が納めてる税金が、生保受給者のパチスロ代に消えているのが嫌。 

    子供が通う保育園で、偽装離婚し生保受給を受け贅沢三昧な親がいます。 

    精神病を偽り受給してる事を自慢する人も。

     

    医療扶助にしても年金生活の方々でお金が足りないと通院を我慢してる方も。 

    生保受給者は、診察代を扶助して薬代を自己負担にしても良いのでは?





    生活保護受給者の一部にひどいのがいて、こんな連中のために血税が浪費されていることに疑問を。仕事がないから生保とか、働くよりも楽だから生保とか、ちゃんちゃらおかしい。医療費も無料だから来なくていいと言っても頻繁に受診する患者も多いし、やたら検査や投薬を要求される。金儲けで生保を利用する医者も。医者には応召義務があり、診察や治療を拒否できない。結局は言いなりになって無駄な医療費を浪費するほうが楽で病院の利益にもなるので、ある程度はいいなりになってしまうのが現状。一日も早く集団生活での現物支給へ、制度を変えてください。そうしないと日本が怠け者に滅ぼされてしまう。





    『トノゴジラの放言・暴言大和櫻塾』様のサイトから引用させて頂きました。:http://tonogodz.blog70.fc2.com/blog-entry-319.html 



    韓国で出産した韓国人に医療費を還付? 

    何かしっくりしない。 

    朝鮮日報を見ていたら、日本に赴任した記者のコラムがあった。 

      

    韓国で帝王切開して出産した子供を日本に連れてくると 

    ・「出産育児一時金」:国民健康保険からが35万円支給される。 

    ・「児童手当」:毎月1万円ずつ振り込まれる。 

    ・「育児応援券」:1枚当たり500円の金券が、満3歳までは年に120枚 

    以降5歳までは年に60枚支給される。 

    ・「妊婦健康診断支援金」:出産前の超音波検査などで産婦人科を利用した際 

    個人が支払った費用を還付してくれる。 



    なんか奇異に感じる

    韓国での手術費用や出産前検査費用まで面倒見るとはどういう事だ? 

    日本人がたまたま外国で出産したと言うのならば分かる。 

    しかし、外国人が自国で子供を生んで、日本にその子を連れてきたのである。 

    どうして自国での手術費用や出産前検査費用まで面倒見る必要があるのだ? 

    援助は「国民健康保険」や「日本国民の血税」から為される訳だ。 

    ちゃんと年金を払って居ながらも、組合職員等の怠慢で 

    まともに年金支給が出来るかどうかと言うのに、大盤振る舞いである。 

    消費税を上げるか?等と言っているのに、大盤振る舞いである。 

    記事は、韓国の育児支援を喚起する為に 

    日本の支援状態を紹介したという形だが、こんな事があって良いのだろうか? 

    捻くれ者の私は、言葉は悪いが 

    「こうすれば日本に集(たか)れる!」と紹介しているように感じてしまった。

  • 名無しさん2013/01/19

    反日外国人を留学生として受け入れ、受け入れた留学生の国内での就職を斡旋して定着を図った上で、留学生を反日思想を持ったまま帰化させ、道州制を導入すると、民主党 の推進してきた日本列島解体と同じ事態を招くことになる危険性が高い。道州制の導入、留学生の帰化は絶対認めてはなりません。





    男らしさ女らしさを取り除くために小学校から男女共同参画の工作がされている事も知ってください。男女混同名簿、教師が生徒を呼ぶときに"ちゃん"、"くん"づけを禁止されている事、学校によっては生徒同士でも禁止。これらの価値観の崩壊は国を滅ぼします。http://nippon2050.exblog.jp/15554454/





    現在は震災が無くても明治維新頃の国難を抱えた状況と同じと評価でき、国家が一丸となり国難に当たる体制を整えるべき状況です。とすれば、道州制や地方分権はとても現在推進させる政策ではありません。

  • 名無しさん2013/01/19



    在日が本国の親族に仕送りした時、税金から 控除という特例がある。所得からの控除じゃないよ、税額控除だ。年収1000万円の人が払う税金(所得税、住民税) 約150万円は、在日は全額還付可能で、無税で生活。 朝鮮の親族に仕送りしたことにすれば、年間180万円の税金の税金が還付される。





     在日朝鮮人は実質無税で日本での生活が可能。





    橋下氏は、国が予算権力あって地方自治を自由にやれないから地方分権とか言ってるくせに、国以上に独裁的な予算執行権力誇示という超矛盾。





    道州制断固反対!地方から男女共同参画、子どもの権利、自治基本条例など危険な条例が通されている。これで道州制が導入されたら? http://meosamasenihonjin.blog.fc2.com/blog-entry-170.html

  • 名無しさん2013/01/19



    アメリカの帰化条件はこんな感じらしい↓ 





    1つ目は、永住資格を取得後5年間居住すること。 

    これはその国に住まずしてその国の文化は理解できないからです。 



    2つ目は、道徳的人格を備えた者であること。 

    日本にも素行が善良であることという規定がありますが、アメリカは徹底しています。 

    過去5年に遡って、殺人、薬物所持、ギャンブルによる違法収入、 

    売春、重婚といった具体的犯罪歴がないか、FBIが調査するのです。 



    3つ目は、読み、書き、話し、聴くといった英語能力で、 

    英語能力なくしてアメリカを理解することはできないからです。 



    4つ目は、国旗に敬意を払い、国歌を歌い、戦没者に… 

    戦没者に追悼に意を捧げることを始めとして、アメリカの歴史と文化、 

    そして政府の仕組みに関する知識を取得することです。 



    これら4つがクリア出来て、最後に5つ目の忠誠宣言が行われます。 

    この宣言で、帰化申請をする外国人は、母国に対する忠誠を放棄し、 

    もし要請があれば武器を持って合衆国軍の一員として戦うことを誓うのです。 

    母国とアメリカが一戦を交えることがあっても、アメリカ人として武器を持てるのか! 

    こうした覚悟が無ければアメリカ人としても市民権つまり国籍は与えられない!ということです。

  • 名無しさん2013/01/19

    http://kijyosoku.com/archives/22767518.html

    レジの中国人とお隣の韓国人

  • 名無しさん2013/01/19



    シナ女と結婚した米国人が、独身と思って結婚したのに、彼女が帰化した後、子供と母親が渡米し、話が違うが面倒をみる事になる。アメリカ人は中国語が耳元で響き渡る生活に耐えられなくなり、彼女と離婚する。5年後、彼女の側には妹夫婦、親戚、その子供たち総勢10人に膨れていた。





    何か、日本に、反日の朝鮮中国移民を増殖させようと発言する奴は、帰化と在日のアナウンサー、コメンテーターが多いのは事実ねw

  • 名無しさん2013/01/19

    公認と選挙資金を得るには、執行部にノーとはいえませんからね。小選挙区制が執行部への権力集中。政治家のサラリーマン化。中選挙区制と比べて小粒になった、て話はよく聞きます。

  • 名無しさん2013/01/19

    ある男女共同参画センターに、ポス用のチラシを折りにいった日。先客の女性2名がいたんだけど、めっちゃ暗かった。刷ってる案内の内容もなんか左臭かったし、しかもその役所の係員、カウンタートコで利用者と「アニョハセヨ〜」て挨拶しとった…夏だったけど寒気した(;´Д`)





    やっぱ、「美しい国」も大切だけど、「普通の国」が大前提かもしれないなぁ! ただ、地方政府の多くは痴呆政府。 縁故採用な痴呆職員・施策雇用の職員給与は異常。痴呆分権。

  • 名無しさん2013/01/19

    沖縄米兵レイプ事件の被害者は帰化中国人だった! 沖縄にある日本政府の出先機関に昼間勤め、夜は売春婦。 どう考えても工作員。 さらに沖縄県知事は、中国人の帰化人。 





    ◆地方分権は今やブーム・・・しかし、その方向性は本当に正しいのだろうか?

     



    100年に一度の世界恐慌(大デフレ不況)

     







    1000年に一度の東日本大震災

     







    そして、首都直下型地震、東海東南海南海大地震の発生危険性が高まる

     







    隣国(ロシア、中国、韓国、北朝鮮)はすべて敵性国家

     







    このような国家的危機にある時に、「地方毎に対応しろ」と言って、国の役割を減らしていくことは常識的に考えてもおかしい。

     







    逆に、危機に際しては、普通なら全日本国民が一致団結して対処しなければならない・・・つまり、中央集権化が必要。

     







    "地方分権、地方主権、道州制"については、昨今の"人気政治家"、"マスコミ"、"マスコミの御用学者、知識人"がまるでその方向性が当然のようなことを言っているが、私たちは良識を働かせて批判的に見ておく必要がある。http://ameblo.jp/novausagi0116/entry-11388332921.html

  • 名無しさん2013/01/19

    我々有権者は、確かに鳩の政界追放には成功した。しかし、「落選」させたわけではないのだ。ある意味では、「まんまと逃亡を許してしまった」とも言えるのである。要するに、政治的経歴に傷を付けることが出来なかった、少なくとも本人はそう感じ、そう信じているだろう、「嗚呼、無傷で済んだ!」と。故に今後もこうした活動は続くのだ。昔も異常者なら今も異常者であり、未来も疑うことなく異常者のままなのだ。



    日本が鳩の行為を無効化するためには、「精神鑑定のために緊急入院」という速報を世界に向けて打つしかない。謀略相手に正攻法では戦えない。議員でない者に、逃れる術はないはずである。どんな形であれ、その政治経歴に傷を付け、「元総理の発言」とやらを国際的にも単なる茶番にまで貶めることが絶対に必要である。



    一部では「もはや部分的な軍事衝突は避けられない」との見方もある。仮に、そうした極限状況において、我が国の青年が命を落とすようなことがあれば、躊躇うことなく我々は「外患誘致罪」の適用を法務大臣に訴えるべきである。その時は、異常者と知りながら、長くそれを隠し、支援すらしてきたマスコミも同罪であることを、強く訴えるべきである。



    何時の世も戦争を呼び込むのは「平和主義者」であり、それを煽動するマスコミなのだ。平和では食えない「平和主義者」どもが、メシの種に戦争を欲するのだ。戦争が無ければ自らを平和主義者として規定出来ないゴミどもが、私利私欲のために国を滅ぼすのだ。そうだ、「友愛」こそが人類の敵なのだ。 

  • 名無しさん2013/01/19

    【国賊・白眞勲】参議院比例代表 元朝鮮人現帰化人 外国人参政権・国籍法改悪推進 朝鮮日報全日本支社社長 当選後、韓国紙のインタヴューで韓国のために全力を尽くすと公言 帰化人なぞ絶対に当選させてはいけません。民主には絶対に票を入れてはいけません。

  • 名無しさん2013/01/19

    昨年のソウル市内のマンション価格が1998年以降で最も大きく値下がりした。 

    不動産専門リサーチ会社が国民銀行の統計を分析した結果、昨年1年間でソウル市内のマンション価格が平均4.5%下落し、アジア通貨危機の影響を受けた 

    1998年(14.6%)以降で最大の下げ幅を記録した。 



    地域別では漢江の南側にある11区域で平均5.1%、北側にある14区域で平均3.7%下落した。 

    高額マンションが密集する「江南3区(江南・瑞草・松坡)」と陽川区の下げ幅が大きかった。 

    瑞草区は高額の中大型マンションの下落が際立ち6.6%、江南区が6.4%、陽川区が6.2%、松坡区が6.1%とソウル市内の平均下落幅を上回った。 

    漢江の北側にある道峰区と江西区が5.4%の下落、江北区が5.2%、江東区が4.9%の下落となった。 

    分析した不動産専門リサーチ会社は、「政府の相次ぐ対策にも市場が回復傾向を見せないため、不信感が広がり下落幅が拡大した。 今年上半期(1〜6月)に再び値下がりするだろう」と予想した。 

  • 名無しさん2013/01/19

    通称名制度を全面廃止して、朝鮮人を炙り出せ。通称名が無くなれば、詐欺罪等が適用できる。それが嫌なら帰化して真っ当にこの国で日本人として生きるか、帰るかの二択だよ。奴らに隠れ蓑を与えるな。

  • 名無しさん2013/01/19

    日教組の企みか?ジェンダーフリー、男女共同参画。【★まだまだ止まない「ジェンダーフリー教育」】http://www.seisaku-center.net/modules/wordpress/wp-ktai.php?view=content&num=287&p=343&page=0&PHPSESSID=3b837c03e01e6904c71cbb0bab70ea1f



    男女の区別のない教育・こんなものが「授業」なのでしょうか。http://itikado15.seesaa.net/article/292519562.html