政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針2849号  2013・1・16(水)

2013/01/16

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 2849号
□■■□──────────────────────────□■■□



        2013(平成25)年1月16日(水)



                       今年予想される10の政治的リスク:古澤 襄

                         「戦争の準備をせよ」対日想定:矢板明夫

                     安倍政権はスパイ対策で脇を固めよ:杉浦正章

                       マスゴミ批判に反論もできない:阿比留瑠比

                                     100万円は100g:渡部亮次郎

                                       救急車は大忙し:平井修一

                           話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第2849号
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━
今年予想される10の政治的リスク
━━━━━━━━━━━━━━━


          古澤 襄

英ロイターは2013年に予想される世界の10の政治リスクを報じた。 

<いくつかの危機もあったが、世界は2012年を乗り越えた。今、われわ
れは新たなリスクに直面しようとしている。しかし、それは先進的で工
業化された民主主義の国々においてではない。

今年は世界的なリセッション(景気後退)が弱まる中で、新興国市場や
極めて政治的なリスクが高いとされてきた国の経済に再び注目が移るだ
ろう。

以下に、リスクが高いとみられる国や地域のトップ10をまとめた。

■10位:南アフリカ

アフリカでは総じて、近年の成長が継続するとみられる。しかし、同大
陸で最も複雑かつ重要な経済の1つである南アは低迷している。同国の
有力政党「アフリカ民族会議」は、都市部や地方の貧困層の支持基盤を
維持するため、ポピュリズムに陥っている。

それは、さらなる国家の介入や労働不安などにつながる。根本的な政治
的危機が起こるとは予想していないが、同国の先行きについて楽観的に
なれる理由もほとんどない。

■9位:インド

世界で次に爆発的な経済成長を遂げる国はインドだという予測を、これ
まで誰もが目にしてきた。しかし、そのペースはそう速くない。200
9年の総選挙では、シン首相が改革を自由に実行できるほどの勢力は得
られなかった。

汚職が依然としてはびこり、この数週間起きている集団レイプ事件への
抗議活動に見られるように、未解決の文化的問題もある。総選挙が迫る
につれて、政府が断固たる経済政策を進めることはますます難しくなる
だろう。

■8位:イラン

米国やイスラエルがイランを攻撃するのはいつか。2012年は1年を通じ
て、その問題がつきまとった。しかし、戦争を避けたいオバマ米大統領
と実際は外交的なネタニヤフ首相を見ると、軍事攻撃が今年行われるリ
スクは多くの観測筋が考えるより低い。しかし、依然として重大なリス
クもある。

イランとイスラエル・米国間がこの数年繰り広げてきた暗殺合戦やサイ
バー攻撃など、「影の戦争」が急速に激化するとみられる。イランへの
新たな制裁が実施され、イランの核開発計画を止めようとする動きは加
速するだろう。それによって、イラン側も影の戦争を強化することにな
るはずだ。

■7位:東アジアの地政学

過去10年にわたり、この地域の主要リスクは北朝鮮の核問題と台湾の位
置付けをめぐる緊張だった。しかし、今や新たなリスクが台頭している。

中国が東南アジアへの友好的アプローチから方向転換した一方、米国は
同地域への関与を強めようとしている。これまでも指摘してきたが、米
中の緊張は数十年にわたる経済成長を危険に冒す可能性がある。

■6位:欧州

ユーロ圏は分裂や崩壊には向かわず、2013年のリスクは財政危機の脅威
から、ユーロ圏の新たなデザイン構築への機運が失われることに移る。

弱い経済見通しや危機対応の政治体制が、今年は不確実なものになるだ
ろう。より統合された政策的枠組みの実現に向けて、大きな妥協が必要
になるとみられる。現在または新たな政治的指導者がこうした妥協を飲
めるかは依然不透明だ。

■5位:日本、イスラエル、英国

2012年の敗者に見られる最も重要なトレンドは、全て米国の信頼する同
盟国ということだ。日本とイスラエルと英国は同じような境遇にある。

これら3国は、米国との関係がかつてほど有益ではなくなっており、現
在進行中の大きな地政学的変化の外にある。

また国内問題に縛られ、世界を主導するリーダーが存在しない「Gゼロ」
時代の諸問題に対処できていない。結果的に、日本は中国との問題を抱
え、英国は欧州連合(EU)との間で勝者のいない状況に陥り、イスラ
エルはアラブの春を傍観している。

■4位:ワシントンの政治 

そうは見えないかもしれないが、米国は、国内のエネルギー革命や大が
かりな貿易協定、住宅セクターの立ち直りなどの分野で、大きく発展す
る一歩手前にある。もちろん、現在ワシントンで進行中の財政問題によ
って、全てが頓挫する恐れもある。

■3位:アラブの夏

昨年、アラブの春は何も実を結ばず、「アラブの冬」とも言える泥沼状
態に陥った。2013年は、長く暑い「アラブの夏」が予想される。急進的
な運動がさらに重要な役割を持つようになる。

イスラム教スンニ派とシーア派の国内または国をまたいだ暴力的な衝突
の増加は、アラブの春以前には表に現れていなかった宗派間対立を引き
起こしている。シリア情勢の混沌(こんとん)化により、不安定な状況
はイラクやヨルダン、トルコにも広がっている。また、アラブ諸国の新
政権も統治とポピュリズムのバランスに苦労している。

■2位:中国と情報

中国政府が必ずしも管理できていないリスクは、最も扱いにくい「情報」
だ。教育のある中間層が増加するにつれ、指導者の個人資産に関する秘
密がメディア報道に暴かれたように、規制のないインターネットアクセ
スを求める声が高まっている。このことは、中国人をよりリスク嫌いに
し、さらに国家主義的にしている。

それにより、中国が今よりさらに孤立化する可能性がある。

■1位:新興市場

新興市場は世界の経済成長の約3分の2を占め、その割合は今後10年
でさらに大きくなるだろう。それにより、経済的打撃のリスクも増すこ
とになる。

ブラジル、メキシコ、コロンビア、トルコ、マレーシア、フィリピンは
非常に明るい展望と同時に、大きなリスクも抱える。

一方で、エジプト、イラク、インド、インドネシア、ペルーなど低迷す
る一部新興市場は、どこも成長に向けて苦戦している。世界経済は、こ
うした国々が問題を解決することを願うしかない。

*筆者のIan Bremmerは国際政治リスク分析を専門とするコンサルティン
グ会社、ユーラシア・グループの社長。

スタンフォード大学で博士号(政治学)取得後、フーバー研究所の研究
員に最年少で就任。その後、コロンビア大学、東西研究所、ローレンス
・リバモア国立研究所などを経て、現在に至る。

全米でベストセラーとなった「The End of the Free Market」(邦訳は
『自由市場の終焉 国家資本主義とどう闘うか』など著書多数。(ロイ
ター)>
2013.01.15 Tuesday name : kajikablog 



━━━━━━━━━━━━━━
「戦争の準備をせよ」対日想定
━━━━━━━━━━━━━━


         矢板 明夫

…中国軍指導部が全軍に指示

【北京=矢板明夫】中国人民解放軍を指揮する総参謀部が全軍に対し、
2013年の任務について「戦争の準備をせよ」との指示を出していたこと
が明らかになった。

14日付の軍機関紙、解放軍報などが伝えた。また、国営中央テレビ(C
CTV)など官製メディアは最近、連日のように日本との戦争を想定し
た特集番組を放送し、軍事的緊張感をあおっている。

沖縄県・尖閣諸島周辺での自衛隊との軍事衝突を意識して、習近平新指
導部がその準備と雰囲気作りに着手し始めた可能性がある。

解放軍報によれば、総参謀部が全軍に向けて出した2013年の「軍事訓練
に関する指示」の中で、「戦争準備をしっかりと行い、実戦に対応でき
るよう部隊の訓練の困難度を高め、厳しく行うこと」と記されている。

総参謀部は昨年も訓練指示を出していたが、「軍の情報化や部隊間の横
の連携の重要性」などを強調する内容が中心で、今年のような戦争を直
接連想させる表現はなかった。

中国指導部が戦争準備に向けて大きく一歩踏み込んだことがうかがえる。

同紙は今年の訓練目標について、昨年11月に就任した習近平・中央軍事
委員会主席の重要指示に基づいて作成したと解説している。

また、中国の主要メディアは今年に入って、「尖閣戦争」を想定した番
組を連日のように放送している。中国軍事科学学会の副秘書長、羅援少
将や、元海軍戦略研究所長の尹卓少将ら多くの軍関係者が出演し、主戦
論を繰り広げている。

そのほとんどは習総書記と同じく太子党(元高級幹部の子弟)のメンバ
ーで、習総書記の意向が反映している可能性が高い。

一方、日本と外交交渉を通じて尖閣問題の解決を主張する学者らはほと
んどメディアに呼ばれなくなったという。ある日本研究者によると、最
近北京で行われた尖閣問題に関するシンポジウムで、「論争の中心は対
日戦争を小規模にとどめるか、全面戦争に突入するかが焦点になりつつ
ある。小規模戦争を主張する人はハト派と呼ばれ、批判されるようにな
った」という。

共産党筋によれば、習近平総書記は昨年11月の党大会で、軍人事の主導
権を胡錦濤国家主席が率いる派閥に奪われた。習氏は現在、軍内の保守
派と連携して、日本との軍事的緊張を高めることで、自身の求心力を高
め、主導権を取り返そうとしているとみられる。
産経ニュース 2013.1.14 19:03 



━━━━━━━━━━━━━━━━
安倍政権はスパイ対策で脇を固めよ
━━━━━━━━━━━━━━━━


          杉浦 正章

民主3年で霞ヶ関はダダ漏れ状態だ

要するに民主党政権の政策は中国などのスパイに筒抜けになっていたと
いうことだ。今後政権交代によって次々に明らかにされていくだろう。
その第一段階が内閣官房参与・飯島勲による“暴露”だ。「左翼」が80
人が首相官邸に自由に出入りしていたというのだ。表面化しただけでも
首相官邸、外務省、農水相に中国スパイが接近して自由に情報をとって
いた公算が強い。

これにサイバー攻撃が加わり環太平洋経済連携協定(TPP)の参加時
期などについての前首相・野田佳彦のナマ発言がまるまる漏洩している。
まさに民主党政権はスパイ天国であったのであり、3年3か月にわたる
カウンターインテリジェンスの脆弱さを立て直すのは容易ではない。

まず農水相の林芳正は15日、対中農産物輸出事業を巡って、中国のスパ
イである大使館一等書記官・李春光と農産省を巡る疑惑について「事業
の全体像を確認し、外に対して明らかにしていきたい」と発言、再調査
の意向を表明した。

中国の外交官がスパイとして立件された初の事件は、昨年5月に発覚、
農水相・鹿野道彦と同副大臣・筒井信隆の事実上の更迭につながってい
る。

李春光は中国の巧みなスパイ植え付け作戦に乗って、99年に松下政経塾
に特別塾生として入塾。2005年の海上自衛隊潜水艦のノイズ除去技術に
関する機密漏洩で、スパイとしての存在が公安当局に浮かび上がってい
た。

李は松下塾の人脈をたぐってついに外相・玄葉光一郎にまで到達してい
る。玄葉の政治秘書と親しい関係となったのだ。その玄葉の秘書が何と
昨年9月に北京を訪れ、既に逃げ帰っていた李と会談しているのだ。

スパイと断定された人間と時の外相秘書が接触すれば、明らかに機微に
渡る国家機密が漏洩されたとみるのが常識であろう。しかも送検された
本人と会うとは、なんという国や捜査機関を小馬鹿にした話だろうか。

こうして外務、農水両省との関わりがクローズアップされつつあるが、
首相官邸も直撃されていたという見方が濃厚である。現に中国のスパイ
組織である中国人民解放軍総参謀部第二部の武官が、堂々と名前を述べ
て出入りしていたという説がある。

首相官邸は民主党政権発足時に筆者が 「民主党がかつての社会党の職員
25人を最近内閣官房の専門調査員に押し込んでいる。これらの職員が
事務局の主導権を握っている」として、中国や北朝鮮への機密漏洩を警
告したとおり、旧社会党員の“巣”であった。

文科相も同様に参院議員で元日教組教育政策委員長・那谷屋正義を文部
科学政務官に押し込むなど、宿敵日教組に浸透されつつあった。

何も社会党員や日教組がスパイに直結すると即断するわけではないが、
政権の中枢にいれば、中国や北朝鮮のスパイが過去のつながりを背景に
“好餌”とばかりターゲットにしたことは間違いあるまい。怪しいのだ。
 
こうした中で映画ゴースト・バスターズならぬスパイ・バスターとして
登場したのが飯島だ。飯島は民主党政権が作った官邸のありさまについ
てテレビで「官邸に戻って驚いた。めちゃめちゃで村役場以下」と慨嘆。
とりわけ機密漏洩など危機管理対策がなっていないことを強調した。

「官邸に出入りできるカード(入館パス)を全部調べたら発行数は官邸
だけで500枚以上。全部で1300人を超えている。私の個人的調査でそうだ
った。その中で80人ぐらい。左翼的なメンバーが入っていた」と暴露。

「ひどいことには前科一犯のやつまで入っていたりした」という驚がく
の事実まで言及した。飯島はすぐに没収したことを明らかにすると共に
「内調や警察庁は何をやってたのか。もし外交や安全保障あるいは為替
の問題が、外に漏れたら危うく沈没ですよ」と関係機関を批判した。

たしかに民主党政権になってからは内閣情報調査室も、閣僚の経歴の事
前洗い出しなどで手抜かりが多く、就任して発覚、即辞任につながるケ
ースが多出した。昔は「北朝鮮情報の内調」であったが、「今はろくな
情報を挙げてこない」と民主党政権幹部がぼやいていたものだ。

要するに民主党政権は「情報ダダ漏れ政権」であり、おまけに官僚の徹
底的軽視策をとった。周りの機関も、こんな政権に情報は上げられない
という躊躇(ちゅうちょ)が働いたことは確かであろう。首相・鳩山由
紀夫以降の首相の体たらくがそうさせたのだから、自業自得であった。

しかし、国家としての3年3か月が、 縷々述べてきたようにスパイ天国
であったのはゆゆしき問題だ。ここは首相・安倍晋三が、わきをしっか
りと固めるときだ。

官邸はスパイ対策はもちろん、中国による露骨なサイバー攻撃をはねつ
けるシステムを早期に強化すべきだ。どんなウイルスを残しているか分
からないから、官邸のパソコンなど電子機器をすべて新たに取り替える
ことなど常識だ。米国でも機密漏洩事件は多いが、もっと高度なスパイ
によるものがほとんどだ。

入国した途端にマークされた李春光ほど幼稚なものではない。日本ほど
やすやすとスパイが活動できる国はない。民主党政権を米国が信用しな
くなったのも、ダダ漏れが原因だ。新たな日米安保体制を築くためにも
スパイ対策は焦眉の急である。

  (政治評論家)<2013年01月16日>



━━━━━━━━━━━━━━
マスゴミ批判に反論もできない
━━━━━━━━━━━━━━


        阿比留 瑠比

マスコミでもマスゴミでもいいのですが、こうして一つの言葉にくくる
と何か実態ありげに思えるとはいえ、実際は決して統一されたものでも
固定的なものでも共通の何らかの意思や意図があるものでもなく、てん
でんバラバラな営利企業の活動の一部門の集合体を指してそう呼ばれて
いるだけです。

また、マスコミという言葉は、実に広い意味で使われていて、いわゆる
報道部門だけでなく、テレビのワイドショーのゲスト出演者や、テレビ
の芸能番組、ドラマさえ包含されることがあります。

私のように新聞社にいると、報道に特化している新聞と、報道は一部門
に過ぎないテレビは全く別のもの、という感覚があります。新聞とテレ
ビに系列つながりがあることもあり、多くの人は同じようなものだとと
らえているのも分かるのですが。

また、同じ業態を持つ新聞社も一つひとつ違いますし、同じ新聞社の中
でも記者それぞれ考え方も傾向性も大きく異なります。当たり前のこと
だと思います。

もちろん、社によって「社論」の統一性が高いところから、紙面をみる
と右も左も混在しているところ、そのときどきの編集幹部が誰かによっ
て紙面の方向性が変わるところ、といろいろあって、「あの社はこうだ
から」というのが大体当たっている場合もあります。ただ、それだって
長い目で見れば、けっこう変化していたりします。

何が言いたいかというと、私は昨今のマスゴミ批判はおおむね受け入れ
るしかないと思っていますし、説得力ある反論などできないのですが、
若干違うなあ、と思う点も多いのです。

いろいろと反省の材料にしつつも、マスコミだから何でもたたけばいい
んだという姿勢や「陰謀論」を見せつけられると、げんなりして耳を傾
ける気がなくなります。

 当たり前のことですが、マスコミの主体、マスメディアを形作っている
企業に、統一された意思や意図などありません。てんでバラバラな成り
立ちと構成を持ち、かつライバル同士であるマスコミ企業が手を結び、
特定の方向に日本を導こう、陥れようとするなんてことはありえません。

それを想定するのは、東京裁判に際して戦勝国側が、会ったことも話し
たこともない日本人同士の「共同謀議」を持ち出したのと同様、馬鹿げ
た話だと思います。

私もこの世界に入って二十数年になるので、それなりに経験もしたし、
いろいろなことを見てきましたが、記者個人や社の方針自体の間違いや
行き過ぎについてではなく、マスコミ全体が批判されている事象の多く
は、マスコミの「悪意」によって生じるのではなく、勉強不足も人材不
足も取材経費不足も含めて「能力不足」が原因だとみています。

 考えてみてください。よくある批判に「マスコミが◯◯を報じていない」
というのがありますが、新聞社やテレビ局の記者の多くはふだんからそ
れぞれ担当部門を持ち、そこをフォローするのに汲々としています。

世の中の森羅万象、政治も経済も事件もスポーツも文化も含めて日々起
きるできごとにそんなに目を光らせている余裕もないし、仮にアンテナ
にそれが引っかかったとして、他に優先すべき業務があったら無視する
しかありません。

また、その分野の専門記者ならともかく、そうでない記者がある事象を
取材した場合、誤解が生じ、誤解に基づき記事が作成されることもあり
ます。これは必ずしも「悪意」ではないし、むしろ本人としては誤報な
んて書きたいわけがないのです。

決して誤報を正当化するわけでもかばうわけでもありません。ただ、記
者なんて、報道機関なんてそんなものだという相場感がもっと広がって
ほしいと願うだけです。たとえ毎日紙面をにぎわすような社会現象にな
っていても、全くことの本質も事実関係も理解していない記者やプロデ
ューサーがそれを報じている場合も少なくありません。

繰り返しますが、それでいいと言っているわけではありません。報道な
んて所詮その程度だという事実を、多くの人に理解してほしいと思って
いるのです。おいしいレストランも安かろうまずかろうの定食屋もある
ように、同列に並んでいるように見えるかもしれない報道もいろいろだ、
というだけのことです。

 
それでは報道の使命の放棄ではないか、責任逃れではないかというお叱
りもあるかと思います。けれど、私は自身の記事についてのご指摘は甘
んじて受けますし、改めるべき点はそうしますが、マスコミ全体のあり
方をどうこうできる道理がありません。

また、私のような浅学非才で頭の回転が鈍く、病気がちの者ではなく、
ものすごく優秀な頭脳と体力を持つ記者であっても、複雑化・専門化す
る社会のすべての分野をカバーできるわけがありません。

一人の記者が一分野だけやっていればいいならともかく、さまざまな分
野の記事を書くのが普通である以上、どうしたって部分的な勘違いや見
当外れ、誤解は避けられません。

まして、組織として、人と人とがぶつかり合い、複雑な思惑や利害がか
らみ、上司の意向や紙面の都合もある中で記事がつくられていくわけで
す。もとより、新聞はその性質上、一つの記事の字数も少なく、説明不
足になりがちだということもあります。

じゃあ人を増やし、専門教育をもっと施せばいいではないかといっても、
一定の利益を上げて社員に給与を払わなければならない営利企業には自
ずと限界があります。産経政治部の倍は政治部員がいるであろう、そし
て企業としての体力のある読売、朝日、共同にしたって、カバーできる
範囲はたかがしれています。

全国の報道機関がいっせいに記者を10倍増やしたって、見落としや取材
不足は解消されないでしょう。もとより、紙面に載せられる量の限界も
あります。極端な話、マスコミを国有化しようとNPO化しようと、事態は
そう変わらないと思います。

マスコミ批判は当然であり、今後もどんどんなされるべきでしょうが、
そもそもあまり高い要求をされても初めから応えられないものだと感じ
ています。私自身は、羽織ゴロと言われたヤクザな商売、いわば「必要
悪」の世界に身を投じたつもりだったのに、このイザでも他の場所でも、
非常に高い理想を求める方が少なくないことにギャップを覚えています。

もちろん、前提条件として、われわれも日々、よりよい紙面と記事を提
供できればと願っていますが、特別な能力も捜査権も何もないわれわれ
が、できることなどたかが知れています。

そのたかが知れている中で、ときおり、「これはいい記事だ」「スクー
プだ」「読者が望んでいた内容だ」という記事が書ければ成功だという
のが、偽らざる実感です。

さらに言えば、私はマスコミに限らず、官僚にしても政治家にしても他
の業種にしても、特別優れた人なんて滅多にいないと思います。だいた
いはごく普通の人たちです。また、そうした特別優秀な人たちだけ集め
ても、組織がうまく回転するとは限らないでしょう。

ごく当たり前の普通の、たいした能力も感性も持っていないわれわれが、
それでも懸命に紙面をつくっています。したがって、足らざる点、おか
しな点はたくさんあるでしょうし、今後もそれを指摘してほしいけれど、
そうそう理想的な報道なんてできません。

情報の取捨選択、媒体の選択を含め読者のリテラシー任せにするのはず
るいかもしれませんが、今はそういうしかありません。報道に全く期待
されないのも寂しいですが、余り期待されてもそれに応えることはでき
ないのだろうと……。

こんなことを書くと、よけいに「マスコミなんていらない」と言われる
かもしれませんが、そもそもそんなたいした存在ではないと思うのです。

http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/2977048/



━━━━━━━
100万円は100g
━━━━━━━


    渡部 亮次郎

こんな事をご存知ですか。1000万円は1000gつまり1Kgである。だか
ら1億円は10Kg。とても持ちきれない。車で運ぶしかない。

金大中拉致事件を田中角栄政権が「政治的に」解決した時、「お礼」と
して、当時の「日本担当閣僚」が目白の田中邸に買い物袋2つに
現金を詰めて運んだ。

買い物袋に入る重さの限度はどのくらいだろう?5Kg=5000万円が限界
じゃないか。閣僚は袋を両手に下げて「1つは奥様へ」といったら角さ
んは「そうか大平君(外務大臣)だね」と答えたという。

この話は閣僚を案内した田中後援会の幹部が月刊誌「文芸春秋」で披露
して私を驚かせたが、世の中にはあまり評判にならずに終わった。角さ
んが「色紙を書こうか」と言った。領収書代わりである。

だが閣僚は不要と答えた。大平外相に渡ったかどうかは知る由も無いが、
角さんが猫糞するような人ではなかったことは確かである。

ところで紙幣を重さで量る話は田舎の県会議員なんかを相手にした時は
出るわけもない。やはり中央の政界である。私に教えたのは政界の、そ
れも実力者と言われる人物だった。

政界と言うところは人にカネを掴ませる時は確実に現金を掴ませる。小
切手なんかではない。それも新聞紙にくるんだり、買い物袋に入れて渡
すのが普通だ。相手がかしこまらないよう、気を遣うわけだ。

石橋湛山政権の出来るときが現金買収のはじめと言われているが、昭和30
年代前半のあの頃は精々100万単位だった。それを10倍にしたのが角福戦
争といわれた田中角栄対福田赳夫による昭和47年の自民党総裁選挙だっ
た。

石橋・岸時代はまだ1万円札はなかったから「買収」にもなんだか「重み」
があったのじゃないか。

福田は現金は全く使わず、使ったのは専ら角さんといわれた。1000万円
はサントリーだるまの空き箱に納まるといわれた。

現在の政界ではこうした話は無縁。ただ1人知っているのは小沢一郎であ
る。目方で量る話も知っているはず。角栄、金丸信の教育である。

                       (文中敬称略)



━━━━━━━
救急車は大忙し
━━━━━━━


  平井 修一

1月14日の成人の日は関東地方としては久しぶりの大雪だった。結構な積
雪で、翌朝の散歩では一部の路面が凍っているので滑らないように気を
付けたが、普段使わない筋肉を使ったせいだろう、腰が痛む。

報道によると雪により転倒するなどして、けがをした人やスリップによ
る交通事故も多かったようだ。

<雪による関東地方の被害の状況について、NHKが各地の放送局を通
じて15日午前10時半現在でまとめたところ、茨城県で原付きバイクに乗
っていた男性1人が死亡したほか、1都6県で891人がけがをしています>

こうなると救急車の出番である。

日本における救急車とは、消防車やパトカーと同様、緊急自動車の一つ
で車内に傷病者を収容し、応急処置を行いながら緊急走行で病院まで搬
送する。

救急車には消防本部およびごく一部の消防団が保有するものと病院など
が保有するものがあるが、119番通報により出動するものは前者であり、
後者は主に病院間の転院搬送・災害対応などに用いられる。

歴史は1931年(昭和6年)に遡る。大阪市にある日本赤十字社大阪支部に
配備されたのが日本における最初の救急車となる。1963年(昭和38年)
に消防法が改正され、各自治体消防が救急業務を行うように義務化され
普及が進んでいる。

消防庁によると近年救急車の出場回数は増え続けており、2007年(平成
19年)には529万件にも及んだ。要請の過半数が入院加療を必要としない
軽症であり、「虫歯が痛む」「深爪した」「病院まで歩くのが苦痛」な
どの、救急車を出動させる必要のない不適切な要件、例えばタクシーの
ような利用を含む軽症事案を事実上拒否できないことが大きな要因とさ
れる。

そのために本当に救急車が必要な症状のケガ人や病人を搬送するための
救急車が足りないなど多くの問題が発生している。そのため、消防庁で
は救急車出動を有料化する検討をしており、これについて国民の間では
40%が有料化に賛成、50%が反対している。

また一定の条件の下で民間の患者搬送車に緊急自動車認定をおろすこと
も検討されている。また、自治体によっては使用の基準の広報活動や緊
急性の薄い患者は民間患者搬送車への紹介等を行っている。また、悪質
な患者と判断できるケースの場合偽計業務妨害罪が成立することもあり
過料他罰則を設定する自治体もある。

東京消防庁にゆると管内の平成23年中の救急出場件数は72万4399件で、
前年から3.3%増え、救急業務を開始した昭和11年以来、過去最高となっ
た。1日平均1985件に出場し、出場頻度としては44秒に1回の割合となる。

救急出場件数が多くなれば、必然的に遠くの救急隊が出場する確率が高
まるため、現場への到着時間が遅れて、救える命が救えなくなる恐れが
ある。

東京消防庁では「緊急性がなく自分で病院に行ける場合は、救急車以外
の交通機関等を利用してください。傷病者の様子や事故の状況などから、
急いで病院へ連れて行ったほうが良いと思ったときには、迷わず119番通
報をしてください」とアピールしている。


主宰者より:中国の救急車は「有料」だった。料金を払うまで降ろされ
なかった。かの国では救急車は呼んだ人が予め料金を支払わなければな
らない。交通事故を見ても誰一人救急車を呼んだやらないのはこのため
です。日本はほんとに良い国です。亡命者のように中国人が押し寄せる
わけです。



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎H・W・ブッシュ元米大統領が退院、自宅で理学療法へ

【AFP=時事】気管支炎や細菌感染などで2か月以上にわたって入院して
いたジョージ・H・W・ブッシュ(George H.W. Bush)元米大統領(88)
が14日、退院した。

担当医は「帰宅しても特別な薬物治療が不必要な状態にまで回復してい
るが、今後も理学療法は続けていく」と話している。

存命の元米大統領では最高齢のH・W・ブッシュ氏は、11月7日に米テキサ
ス(Texas)州ヒューストン(Houston)のメソジスト病院(Methodist
Hospital)に入院。その12日後にいったん退院したが、せきが悪化した
ため4日後に再入院していた。

妻のバーバラ(Barbara Bush)さんと共に14日正午(日本時間15日午前3
時)すぎに病院を後にしたH・W・ブッシュ氏は、その後発表した声明で、
病院スタッフに感謝の意を表するとともに、「友人や国民の皆さんに頂
いたたくさんのメッセージに感激しています。皆さんの祈りやお言葉は、
皆さんの想像以上に助けになりました」と述べた。

同氏の広報担当者、ジム・マクグラス(Jim McGrath)氏はAFPに、元大
統領夫妻は病院を後にするとすぐにヒューストン西部にある自宅に戻っ
たと話した。自宅でも「体力をつけるトレーニングまたは調整」を受け
る予定だという。【翻訳編集】 AFPBB News

AFP=時事 1月15日(火)8時52分配信



 ◎事業仕分けは廃止…「行革推進会議」月内発足 政府方針

 政府は14日、安倍晋三首相を議長とする「行政改革推進会議」を月内に
も発足させる方針を固めた。

東日本大震災前に小中学校の耐震補強予算を3分の1に削るなどした民
主党政権の「事業仕分け」を廃止し、新たな省庁再々編の検討にも着手
する。政府を挙げて行革を進めるため全閣僚が参加する意思決定機関
「行政改革推進本部」(仮称)を内閣官房に設置する方向でも調整を進
めている。

行革推進会議は閣議決定を経て内閣府に設置する。第2次安倍政権は昨
年12月に事業仕分けを行う「行政刷新会議」と、全閣僚が参加する「行
政改革実行本部」を廃止した。

国民に公開する形で行われた事業仕分けは、民間議員ら「仕分け人」の
判断に事業の存廃が過度に左右され、政策上必要な事業まで削られたと
の批判が強い。

新設する行政改革推進会議では、民主党政権が実施した「事業仕分け」
は廃止し、その効果や問題点を点検した上で、公務員の人件費削減や国
有資産の売却などに本腰を入れる。

政府内で行政改革機能を持っている既存の組織の集約も進める予定で、
内閣府は行革推進会議に参加する民間有識者らの人選を急いでいる。

このほか、1府12省庁の現在の体制をより機能的・効率的な形に改め
るための省庁再々編も検討テーマに掲げる方針だ。

省庁再編が実行に移されれば平成13年以来の大改革となる。

産経新聞 1月15日(火)7時55分配信



 ◎嘉田知事:小沢氏の「100人当選」信じ後悔 古澤 襄
 
女々しいという言葉は嘉田知事のためにあったのか?”敗軍の将、兵を
語らず”というが、一兵卒の小沢一郎氏に騙されたととれる発言はいた
だけない。

<嘉田由紀子知事は13日、大津市内で支援者約80人を集めた新年会を開
き、旧日本未来の党代表として衆院選に臨み、結党1カ月後に分裂した
一部始終について「おわびしなければならない」と謝罪した。

また、小沢一郎氏から「あなたが出てくれたら(候補者が)100人通る」
と説得されたことを明かし、「信じるべきではなかったが、信じてしまっ
た」と後悔をにじませた。

嘉田知事は衆院選の選挙区の構図について「(旧未来の候補者)121人の
うち99人が刺客(しかく)なり、逆刺客で民主の候補と重なっていた。
小選挙区で通るはずがないが、後から知った」と釈明。閉会後の報道陣
の取材に対し「候補者リストを見ていたら、100議席取れるなんて信じな
い。冷静に考えたら『勝てないね』となる」と述べた。

さらに「リストを見ていたら代表に就かなかったのか」との質問には、
「でしょうね」と答え、その上で「小沢さんには『中は自分がやる』と
言われて任せたが、組織の中を掌握できなかった責任は感じている」と
語った。(毎日)>

2013.01.14 Monday name : kajikablog



 ◎尖閣諸島の測量を計画 実施時期は明らかにせず 中国

中国国家基礎地理情報センターの李志剛主任は14日、「中国領の全ての
島と岩礁」の測量を将来実施すると述べ、沖縄県・尖閣諸島(中国名・
釣魚島)の測量を実施するとの考えを示した。15日付の中国紙、新京報
が伝えた。

一方で別の中国当局者は同紙に対し、他国が実効支配している島に上陸
したり、島の周辺海域を測量したりするのは難しいと指摘しており、実
際に尖閣諸島の測量を強行するのかどうかは不明。

中国当局は、大陸の海岸線から100キロ以内の島と岩礁を主な対象にした
第1期の測量をほぼ終了。中国領の全ての島を対象にした第2期の測量
を計画しているが、実施時期は明らかにしていない。現在公開している
尖閣諸島の地理データは、主に無人機で収集したものと説明している。

 【産経ニュース】 2013.1.15 16:07/(共同)

〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎反日国の教育に 日本の税金投入は 絶対反対!日本生まれでも工
作員に!
 
読売新聞 - 01月15日  政府は、2013年度から幼児教育無償化に向
けた本格的な検討をスタートする

有識者会議を設置し、時期や対象施設、予算の確保策などの具体案を同
年度中にまとめる方針だ。

無償化は自民、公明両党の連立政権合意書にも盛り込まれ、子育て世帯
の負担を軽減し、少子化対策につなげる狙いがある。

有識者会議は、3〜5歳児が通う幼稚園、保育所、認定こども園の無償
化を軸に検討を進める見通しだ。

この場合、必要となる予算は年7900億円程度と見積もられている。政府
と自治体の負担割合も含め、予算の確保策が最大の焦点となる。

政府・与党内には、5歳児に関わる教育のみ無償化する案も出ているが、
この場合でも年2700億円程度の予算が必要だ。文部科学省は、13年度予
算の概算要求に会議費用として4300万円を盛り込んだ。 
埼玉朝鮮幼稚園 http://www18.ocn.ne.jp/~yutiwon/ 
 
熊猫幼稚園 http://www.yokohamayamate-chineseschool.ed.jp/jp/kindergarten/index.html
 
(情報収録:中山) 



 ◎尖閣、竹島問題協議へ 米次官補が日韓訪問

米国務省のキャンベル次官補(東アジア・太平洋担当)は14日、韓国と
日本訪問を前にワシントン郊外のダレス国際空港で記者団に対し、韓国
の朴槿恵次期政権や安倍新政権と尖閣諸島や竹島の問題など「海上安全
保障や地域の安定に関する重大な問題」についても協議したいと述べた。

キャンベル氏はリッパート国防次官補らと15〜16日にソウル、16〜17日
に東京を訪問。「日韓関係の再構築」を訪問目的としており、両国が共
同で対処可能な問題に集中するよう「未来志向」を訴える方針。

同行する国家安全保障会議(NSC)のラッセル・アジア上級部長は、
安倍晋三首相の訪米日程の調整も行うとの見通しを示した。

キャンベル氏は日韓訪問中、北朝鮮問題のほか、中国の習近平体制とど
う向き合うかなど東アジアの問題について幅広く協議したいとの姿勢を
示した。【産経ニュース】 2013.1.15 14:39/(共同)

〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎日本の弁護士が 台湾の女の子に間違いを指摘される
 
http://togetter.com/li/438182
 
正しい歴史観をもった弁護士は どれくらいいるのだろう?法学部の教
育とは?? (情報収録:中山) 



 ◎http://gozyu.blog106.fc2.com/blog-entry-82.html
 
ベトナム人は中共を激しく恐れ、憎んでいる。小国だが、自国を護る気
概は決然と持っている。華僑が多いにもかかわらず、だ。 華僑はベト
ナム戦争の後、ベトナム人しかアメリカに避難民として亡命できないの
に自分は華僑=シナ人ではなく、ベトナム人だと偽って大勢アメリカに
わたったそうだ。(情報収録: 中山)



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)本15日は07:45に家を出て新大久保駅前のバス停に向かった。し
かし、昨夜の大雪の後の道は予想通りに雪かきされておらず、恐る恐る
安全そうなところを選んで歩いたので転ばなかったとは申せ、兎に角非
常に怖かった。普段ならば6分で行くバス停まで10分以上かけて到着。途
中で若い女性が2名転倒していた。あの靴では転ぶわけだと思わせる不用
心さだった。

何故これほど早く出たのかと言えば、10:30から10週間毎になった国立
国際医療研究センターでの定期検診のためなのだが、今日は採血がある
ので早く出たのだ。

それは採血は08:30から開始なのだが、通常はその30分も前から順番取
りの患者さんたちが50人は待っているので、遅くとも8時過ぎには行って
おかないと、検査の結果が診察に間に合わなくなる危険性があるのだ。
検査には最短でも1時間を要するとか。

多くの患者は雪道をものともせずに来院されていたようで、08:10に到
着した当方は29番目だった。採血が終わって9時を回っており、それから
別棟の心電図に行く。

それが終わって09:30から地下の大食堂で遅い朝食。何となれば検査前
には朝食を抜いてあったから。サラダ、トースト、ゆで卵、コーヒーの
セットで¥480は経済的か?

10:30からの循環器科の検査は問題なしと診断されて、次に2階に上がっ
て丁度6年前の今日摘出手術を受けた皮膚がんのフォロー・アップ検診そ
の他。ここでも何の問題もなく、乾燥気味の皮膚の保湿剤他の処方箋を
頂戴して終わり。

この予約は8日だったのだが、当日は7年振りにひいた本格的な風邪で38
度の発熱で一週間延期して頂いていたのだった。そのために1月15日は奇
しくも7年前に自宅で心筋梗塞に襲われて救急車に国立に搬送して頂き、
一命を救われた記念すべき日だった。

それがまた偶然にも1年後の皮膚がん摘出の日とも重なったのだった。さ
て、来年の1月15日には何が起きるだろうか。(前田正晶)



 2)2848号反響7)の「伊勢神宮は正月と五月と九月に参拝すると功
徳が多いそうです。」を、「伊勢神宮は正月、五月、九月に参拝すると
功徳が多いそうです。」と、訂正させてもらいます。(まこと)



 3)アメリカには消費税はないとして、財務省は我が国消費税を比較
する上で、アメリカを比較対象国とはしてきませんでした。でも、消費
税のない国なのに、比較対象国として付加価値税の各国とりわけ北方諸
国を挙げて、我が国消費税のアップを図ってきました。

消費税率アップが、消費増税の語句に変換された時期以降、各メディア
は、一世に消費増税翼賛記事で世論を染め上げてきました。それが今夏、
前政権による消費増税決議に結実し、昨年10月16日の新聞社オーナー達
による新聞大会の決議文として「新聞には軽減税率を適用するよう求め
る決議」の採択に至りました。

1月10日の日経紙面には、税制改正大綱の記事として、軽減税率適用品
目として「米、醤油、味噌、新聞・・・・」とまで刷り込み、記事なの
だか我田引水広告なのだ分からぬ有様となっておりました。そして、今
朝の新聞には、一般社団法人の日本新聞協会の声明文が載り、協会調査
による軽減導入に84%の世論支持があるやに書かれました。

身を守る手段としては、予防も大切ですし、もしものときは未然に防ぐ
ため毅然とした態度も必要です。そのためには、何ごとであれ言い出し
た者の受ける利益により、判断することも必要ですから、こと新聞に関
しては、かれらの主張の形を採った為政者の世論操作を避けるためには、
広く薄く一律な課税である方が、中立的な報道になり易いこと、自明の
理です。

仮に、新聞なんであれ軽減税率適用が必要であれば、その軽減税率水準
までが、消費税のアップ限度であり、それを超える、いわば重増税率
(反語としての造語)部分は、他の税目に任せるべきなのです。例えば、
所得税でもいいし、法人税でもよい、ともかくも、消費税論議とはかけ
離れた分野の税とすべきなのです。だって、広く薄く人々に年金と社会
保障を遍く与えるための財源なのですから、入り口も出口も、同じ仕掛
けであるべきなのです。

いま、やめさせなければ、これからも同じように操作された世論によっ
て、私たちは翻弄されます。とどのつまりは、我が国の10分の1ほどもな
い人口の北欧諸国を見習うべきなのか、このときばかりは外されてきた
米国を見習うべきか、よくよく考えるべきときなのです。

例えば、全ての取引に課税すれば、我が国全ての取引(売上高累計とか
給与総額など)2000兆円の1%なら、今の消費税収の倍額となるのです。

「消費税」「売上税」「付加価値税」「軽減税率」「貧者救済」などの
語句に惑わされずに、しっかりと見据えていきたいものです。 広く薄
く遍く、負担し合って、みんなで利用し合うのに、格差もなければ、除
外項目もあり得ないのです、仏陀の教えと同じことなのです。       
(酒井 富雄)



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

残雪のため今日も散歩に出かけられない。今朝の空腹時血糖値96。

高さ23Cmの壇を買ってきて「壇踏み」としゃれ込んでいる。200回だと
不足。昨日は300回やった結果が「96」である。

東京湾岸は予報が外れて曇天。公園の雪は仲々融けないだろう。1週間か
かるとの予想は当るのじゃないか。

署名なき投書は採用しません。必ずご本名を記した上にハンドルネーム
か「匿名希望」かを書いて下さい。

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp

読者:5127人

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/01/17

    男女共同参画センターは在日韓国・朝鮮人の不適正な人権擁護の巣窟になってます!廃止して下さい!

  • 名無しさん2013/01/17

    故三宅久之氏も生前申してる通り在日朝鮮人の処遇もここらで他の外国人と同じに考えるときではないでしょうかね。日本人としての誇りを回復するチャンスだと思います。





    在日が恐れる事

    !)日本人が教育・マスコミの嘘に気付き、立ち上がって団結する事

    !)日本人が在日特権などの逆差別を社会に訴える事

    !)日本人がネットやポスティング等で在日の犯罪を広める事

    !)日本人が在日の側に立つ政治家を敵と認識し落選させる事

    !)日本人が永遠に在日の危険性を叫び続ける事

  • 名無しさん2013/01/17

    氏名は差別だと神戸市に圧力をかけた男は、韓裕治(神戸市立垂水中学校の在日韓国人常勤講師)だった! 貴方の知らない日本/ウェブリブログ http://50064686.at.webry.info/201109/article_35.html

  • 名無しさん2013/01/17



    何かで「日教組は日本人のやる気をなくすための教育をやるために作られた、ってあったな。 朝鮮人たちが帰化し、日本衰退のためにメディア、教育界を乗っ取ったとか。



     

    絶対に禁止して欲しいこと。通名表示、外国人への生活保護、在日特権、帰化人の参政権、在日帰化人の弁護士資格、在日帰化人の公務員採用、歴史の捏造、在日の犯罪、領土侵略、マスゴミの偏向報道、在日特アによる政策反対運動、スパイ行為、日本人の売国行為、挙げたらきりがない。





    地方分権を言う輩は、国防&外交は元々頭にはない売国政治家なのだ。

  • 名無しさん2013/01/17

    「日本国」とは日本皇室の誕生から続く一つの王朝に過ぎない。

        それ故に皇室の否定は日本と言う国の存在自体を否定する事に等しい。

        本質的に、強大な「力」を持つ日本皇室や中華文明に併呑されない「日本」を敵視する「中国」は、長期的視点で日本を内側から崩しに掛かっている。

        所謂、売国メディアや自虐史観がそれだ。

        自らの王室や、国家・民族に殉じた人々を誹謗する事は、国の「運気」を非常に損なう、天に唾する愚行なのだと言う。

        「死人に鞭を打たない」という日本人の文化、国家の「運気」を保つ上で重要な意味を持つのだ。

        

     朝鮮民族は自らを「小中華」と称し、甚だしくは中華文明の正当継承者であると自認している。

        しかし、その実態は、大陸の袋小路である朝鮮半島に封じ込められた「生贄」の民族である。

        彼らの特性は、如何なる外敵の支配にも抵抗しないが、併呑・同化はされないという点にある。

        宿主たる征服者の体内に潜み、その内部を食い荒らし、滅びを加速させる。

        そして、次の宿主たる支配者・征服者に取り入り、再び食い荒らすのだ。

        支配者に同化されない為、彼らが独特の民族心理として培ってきたものが「恨」である。

        支配者に対する潜在的敵意である「恨」という民族意識によって、彼らは確固たる独自文化、独自宗教を持たずして民族としての生存を図ってきたのだった。



     自らをエスタブリッシュメントである「中華文明の担い手」とする民族的錯誤、更に「生贄」であることに気付かずに反日感情を煽られて自殺的行為に走る朝鮮人は多い。

        しかし、根本的理由は朝鮮民族の潜在的な生存本能に負うところが大きいらしい。

        強力な民族や国家に囲まれた弱小の朝鮮民族が、民族として生き残ってこれたのは、「恨」の精神によって頑なに異民族との同化を拒んできたからだった。

        しかし、最も関係の深い隣国である日本は、外来の技術・技芸、文化・宗教、そして人間までもその内部に取り込み、強力に同化してしまう恐るべき特性を持っていた。

        

        故郷を離れ、異国で世代を重ねながらも「朝鮮民族」である事にこだわりを見せるのは、むしろ低い身分の出身者が多いようだ。

       

  • 名無しさん2013/01/17

    日本国内には、いたる所に神社や祠がある。

        その中には人に忘れ去られ、放置されているものも少なくない。

        普通の日本人ならば、その様な神社や祠であっても、敢えて犯す者はいない。

        日本人特有の宗教観から来る「畏れ」が、ある意味DNAレベルで禁忌とするからだ。

        かかる「畏れ」は、異民族、異教徒の宗教施設に対しても向けられる。

        また、このような「畏れ」や「敬虔さ」は、多くの民族に程度の差はあれ、共通するものである。

        しかし、そういったものに畏れを感じずに暴いたり、安置されている祭具などを盗み出す者たちがいる。

        その多くは、日本での生活暦の浅いニューカマーの韓国人達だ。

        詳しい事は判らないが、朝鮮民族は単一民族でありながら「民族の神」を持たない稀有な存在だという。

        神を持たないが故に、時として絶対に犯してはならない神域を犯してしまう。

        「神」の加護を持たない身で神罰を受け自滅して行く者が後を絶たないということだ。



  • 名無しさん2013/01/17

    そうですよね。中選挙区時代はもう少しましな選挙だったんでしょうね。僕の世代は公民の授業とかでも並列制で教わってきたのですが父は中選挙区のほうがましだったといいます。





    今回の選挙は自民の圧勝で終わりましたが、これからネガティブキャンペーンが更に増えることでしょうね。人権保護法や外国人参政権など消えてなくなったわけではありませんし、しっかりと見ていかないといけませんね。通名報道の禁止や在日外国人に対する生活保護など見直して欲しいものです。

  • 名無しさん2013/01/17

    経団連が「政治改革」提言発表。「中選挙区制再評価」の文言も。経団連さえ認めた小選挙区制の弊害!





    こんなことやってるから、とても地方分権とか認められないわな  国が適用外の方針示したろうが  神奈川の交付税から差っぴけ  拉致被害者の事などお構いなしな神奈川。





    民主党(及び極左政党)の支持母体は在日朝鮮系であり党員も帰化人だらけ。 中韓の意のままに日本を解体することを目指して行動をした民主党政権は「韓国大統領による天皇陛下への侮辱」に対しても最後まで制裁をしなかった。 何の不思議も無い、それが左翼。





    ソフトバンクの孫正義は、己の利益と祖国の事しか考えていない似非愛国帰化人。メガソーラーは休耕田を完全に使用不可能にし、農業自給率を下げる。電気料金は上乗せされ国民の負担となって返ってくる。ソフバンの解約を。





     犯罪を犯した帰化人は帰化取り消し、強制送還せよ。http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51835425.html#

  • 名無しさん2013/01/17

    中選挙区制にしたほうが一票の格差の問題も解決しやすい。





    復興のためにも、日本はもっと中央集権化した方がいいんじゃなかろうか?地方分権なんてしたって、どうせ地方は疲弊しているし、税が分散化してまるで意味がない。集中投資して国を強くした方がよい。ただそのためにも強大な国を守るという意志を持った保守政権が必要だ。





    団塊世代の皆さんよ。いい加減気づけ。汗水流して稼いだ貯蓄である、退職金や年金と言った金をくすねて、浪費してるのが特亜であり、在日。あんた達の、子や孫も在日から搾取されてる。





     反日左翼と在日が涙ぐましい(笑)努力で日本国民を騙し続けて来たが李明博の「天皇陛下侮辱発言」で全てが水泡に帰した。国内が収まらないと分れば掌を返し現在「在日と韓国は違う」キャンペーンを絶賛開催中!騙されるな!今こそ日本国民は全てを駆逐し日本を取り戻すんだ!!





    反日特亜・在日のメディア支配http://matome.naver.jp/odai/2134676264152961301





    外国人は、引き続き5年以上日本に住所を有する等の要件を充たせば帰化出来る(国籍法5条)。大学院等を卒業し日本に帰化した中国人・韓国人が、国内企業に採用されて将来に幹部となれば、その企業による売国的活動の危険性は否定し切れない。奇妙な外注・技術移転・事業の譲渡etc。既に…。

  • 名無しさん2013/01/17

    オスプレイをやっかいもの扱いする防衛大臣、こりゃまずいで。





    「米軍基地の74%が沖縄に集中している」と言う者がいるが、これは断じて正確ではない!

     中部訓練所の3分の2は自衛隊が使用しており、この分を引けば「62%」。

     SACO合意で北部訓練所の51%が返還されれば「49%」になる。

     さらに、嘉手納以南の基地の整理縮小が行われれば「42%」程度にまで減る。

     しかも、米軍専有施設に限って言えば、沖縄にある基地は現在でも、日本全体の基地の「23%」である。

     数字の捉え方によって、これ程までに見方が違ってくるのだ。



     

    「米軍基地反対、オスプレイ反対」などの運動で沖縄に乗り込んでいる本土からの労組や教育委員会の団体の中には韓国ソウルにある「戦争と女性の博物館(通称、慰安婦博物館)」に建設委員会を通して寄付金を出している団体もあるはず。

     外国の反日政策や団体組織に資金提供をする日本の団体組織、個人を罰する法律は有るの?

     普通の国なら公務員の売国行為には「国家反逆罪」が適用される。

     例え民間人であっても売国行為には「国家反逆罪」を適用する方が望ましい。 





    藤巻氏が安倍政権で1年以内の経済崩壊を予言しました。出費押さえないでばらまくから。今すぐ医療費10兆は最低でも減らさないとだめ。





    最近ますます安倍政権叩きがひどい。

     何かしらの法改正をすべき。

     一番いいのはBS枠の他会社への開放。

     地上波で枠を持ってる会社はBSで枠を持てないようにすべき。

     これやるだけでも、新規参入があるし。違う。



  • 名無しさん2013/01/16

    日本・米・中国・台湾・韓国各国の歴史教科書内容が簡潔に比較されている。一見の価値有り。

    http://blogos.com/article/20646/「一番公正な歴史教科書は日本」米スタンフォード大学

  • 名無しさん2013/01/16

    政治家は勉強しないと駄目だ。選挙で政治ができそうな人を選ぶ。政党で選ぶのは危険。国を守り国民が生活できる政策を施行する政党であるよう選挙で人を選ぶ。中選挙区制に戻す必要がある。国を考える人が必要。





    DV利権で、フェミニスト・ジェンダー・男女共同参画等の団体が、日本人家庭分断工作。その後シングルマザーになった家庭から、児童相談所の親子分断工作という名の日本児童不当拉致は、地方公務員の中に入り込んだ在日韓国朝鮮人のテロだ!帰化人民主党が国会で、在日地方公務員が日本人家庭破壊工作





    地方分権がされたところに帰化人が大挙して入り込めば、日本ではなくなってしまう。





    【アメリカの帰化要件のひとつ】…国旗に敬意を払い、国歌を歌い戦没者に追悼の意を捧げることを始めとしてアメリカの歴史と文化、政府の仕組みに関する知識を取得すること。母国に対する忠誠を放棄し、もし要請があれば合衆国軍の一員として戦うことを誓う。

  • 名無しさん2013/01/16

    「孫正義がなす太陽光発電事業に各家庭は年6000円を支払え」かつてインドを植民地としていた英国が、官吏の給与も年金もインド人に課税収奪していたやり方と同じ。





    経団連「中選挙区制の再評価を」 中選挙区制の復活も含めた選挙制度の抜本改革を求める提言:15日付、日本経済新聞





    センター試験から韓国朝鮮語は撤廃されるべき。最初から在日だけ30点は加算されている。隠れ在日枠。上席は彼らが占めてしまい日本人はそのおこぼれにあずかる。唖然とする図 創○の支配する文部省は苦情無視。 





     知事と地方公務員が組むと、何でもやり放題!!悪代官と悪役人・・・麻生氏、地方公務員給与の削減要請に地方側反論。





    米国で日本人とシナ人、韓国人の違いは?

    例えば帰化した場合、日本人は生活保護は受けないし米国に迷惑もかけない。シナ、韓国人は文句、迷惑、抗議、生活保護当たり前!