政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針2843号  2013・1・10(木)

2013/01/10

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 2843号
□■■□──────────────────────────□■■□



        2013(平成25)年1月10日(木)



                         民主党政権下で蓄積した疲労:阿比留瑠比

                          オバマ2期目は「戦闘モード」:古澤 襄

                     参院選まではプチバブルが継続する:杉浦正章

                             温家宝一家の腐敗の温床は:宮崎正弘

                           体罰という暴行傷害致死事件:寺本孝一

                           話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第2843号
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━
民主党政権下で蓄積した疲労
━━━━━━━━━━━━━


      阿比留 瑠比

ご無沙汰しています。新年の挨拶もせずに申し訳ありません。この間、
多忙は多忙だったのですが、エントリ更新ができないほどではなく、む
しろ、蓄積した精神的な疲労感から敬遠していたというか、さぼってい
ました。

 民主党政権下の3年3カ月と、それに先立つ数カ月、体力が弱く、免疫力
もかなり弱い私としては、かなり突っ走ってきた感があります。

書きたいこと、書かなければならないこと、書けと命じられること、必
死にこねくりだしたこと……など、民主党政権とその主演男優・女優た
ちについてあれこれ、アレだとかコレだとか書いてきたことは、確実に
私の心身にダメージを与えたようです。

 
現在、ようやくその民主党のクビキから解放されたにもかかわらず、蓄
積した疲労感はどうしようもなく、ここで長文を書く気力がなかなかわ
かないため、エントリ更新ができずにいます。あまりに長い間、毒気に
あてられ続けたため、いろいろな点で感性が麻痺してしまった部分もあ
ります。

 幸い、この間のインターネットの普及とその利用者の増加は著しく、情
報は瞬く間に共有され、またあらゆる角度から論評されるようになりま
した。このブログを始めた当初は、まだ「私しか書かないこと」「知っ
てほしいこと」がたくさんあると感じていたため、それがある種の「使
命感」モドキとなって、あるいは強迫観念となって何か書かなければと
私を突き動かしていました。

ですが、最近は私が書かなくても誰かがその情報を発信し、あるいは視
点を提供しているし、「もういいのかな」という気がしています。あり
ていに言えば、とにかく疲れ果てました。

 
だからといって、別にブログをやめてしまおうと思っているわけではな
く、今後も紙面から溢れこぼれたことや、日々思うことを書きたいとき
には記すつもりですが、しぱらくはのんびりしたい(もちろん、日々の産
経紙面での仕事はありますが)と考えています。

 
別にこんなこと、いちいち断らなくてもよさそうな話ですが、この欄を
のぞきに来てくださる人に、一言述べておいた方がいいかと思った次第
です。たまの更新でよければ、またおいてください。

http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/2972673/



━━━━━━━━━━━━━━
オバマ2期目は「戦闘モード」
━━━━━━━━━━━━━━


         古澤 襄

英ロイターが「オバマ大統領の2期目は”戦闘モード”、行き過ぎへの
懸念も」との論評を掲げている。たしかにオバマ大統領は今期をもって
大統領の座から退く。大統領選を意識する必要はない。

直近の事例では、強い反対意見を無視する形で、お友達のチャック・ヘー
ゲル元上院議員(共和党)を国防長官に指名した。

イスラエル・ニュースは「オバマ米大統領が元上院議員のヘーゲル氏を
パネッタ国防長官の後任に任命。同氏は反イスラエルだと懸念の声もあ
ったが、雑誌のインタ ビューの中で”自分は”親イスラエル”だと同氏
は主張した。(P,H,Y)」と伝えたが、ヘーゲル国防長官人事には違和感を
持ったのは間違いない。

「戦闘モード」全開のオバマ氏は、外交面で北朝鮮やイランとの”対話
路線”を追求して、歴史の残る大統領を目指しているのかもしれない。

だがオバマ氏にとって最大の課題は、財政問題の解決に向けて共和党と
の信頼関係を築くことではないか。下院で劣勢にある米民主党はオバマ
「戦闘モード」だけで、懸案を乗り切れる筈がない。オバマ側近はこの
問題で共和党とは交渉はしないと宣言している。

大統領側は、米国がデフォルトに追い込まれても、国民は大統領ではな
く共和党を非難すると考えているという。ロイターは大統領の過剰な自
信は「行き過ぎへの懸念も」と論評している。

<[ワシントン 8日 ロイター] およそ2週間後に2期目の就任式
に臨む米国のオバマ大統領は、既に「戦闘モード」を全開にしている。

年末の「財政の崖」問題では、共和党の足並みの乱れを利用し、戦闘的
なアプローチで合意に持ち込んだ。

また、コネティカット州ニュータウンのサンディフック小学校で起きた
銃乱射事件を受けた銃規制問題でも、強硬姿勢を示している。

直近の事例では、強い反対意見を無視する形でチャック・ヘーゲル元上
院議員(共和党)を国防長官に指名した。

オバマ大統領は、もう再選を目指す必要がなく、より自由に振舞うこと
ができると感じているのかもしれない。1期目には、共和党に対して融
和的過ぎると、リベラル派の支持者から苦情が出ることも多かった。

このように自信を強めるオバマ大統領に対して、行き過ぎのリスクを警
告する声も一部で上がっている。オバマ大統領はむしろ、財政問題の解
決に向けて共和党との信頼関係を築く必要がある、という主張だ。

オバマ大統領は7日、パネッタ国防長官の後任にチャック・ヘーゲル元
上院議員(共和党)を指名した。イスラエルやイランに関する過去の対
応をめぐり反対意見も上がるなか、上院での承認難航が予想される。

あえて指名を強行した背景には、閣僚候補者がポストへの就任を阻まれ
る事態はもう許さない、という大統領の強い決意があるもようだ。

オバマ大統領は先月、ライス国連大使の国務長官指名を断念。リビアの
米領事館襲撃事件への対応を理由に、共和党が強く反対したためだ。

こうした確執があったことから、週末にヘーゲル氏の国防長官指名の話
を聞いた共和党のグラハム上院議員は「挑戦的だ」と漏らしたという。

オバマ大統領の元側近は、閣僚人事をめぐる攻防について、オバマ大統
領が2期目のスタンスを内外に示す好機だった、と話す。つまり「良い
人になるのはやめる、言いなりにはならない」というメッセージだ。

フォーダム大学の政治学者、コスタス・パナゴポウロス氏は「大統領は
選挙から解放されたと感じている。政治的な力があると考えており、そ
れを行使するのに時間を無駄にするつもりはないようだ」と述べた。

<オバマ大統領「債務上限問題では交渉せず」>

議会は年末の「財政の崖」問題で、富裕層増税や歳出強制削減先送りで
合意、経済が大混乱に陥る事態はひとまず回避された。共和党は増税反
対という中核的な理念を捨てざるを得なくなり、富裕層増税などを通じ
財政問題に対処すると公約していたオバマ大統領の勝利となった。

大統領と議会は3月末までに、16兆4000億ドルの債務上限引き上げ、ひ
とまず凍結された850億ドルの歳出強制削減の行方、一時措置失効後の政
府の資金調達を支援する法案可決で合意する必要がある。

債務上限問題では、オバマ大統領は議会に速やかな引き上げを要求、交
渉はしないと宣言している。大統領側は、米国がデフォルトに追い込ま
れても、国民は大統領ではなく共和党を非難すると考えている。

上院予算委員会のセッションズ議員(共和党)は、オバマ大統領が交渉
を拒否していることについて「明らかに行き過ぎ、傲慢(ごうまん)だ」
と憤る。

財政交渉をめぐるオバマ大統領の強気姿勢は、移民制度改革や銃規制な
ど、それ以外の課題に取り組む上ではマイナスに働くかもしれない。
(ロイター)>

2013.01.09 Wednesday name : kajikablog 



━━━━━━━━━━━━━━━━
参院選まではプチバブルが継続する
━━━━━━━━━━━━━━━━


                    杉浦 正章

“劇薬”アベノミクスの壮大なる賭け

アベノミクスが3年半ぶりに開かれた経済財政諮問会議を機に本格的な
スタートを切った。日本経済はデフレ脱却を目指した“最終決戦”に突
入する。

タブーの国債増発をあえて断行して財政出動に踏み切り、即効性のある
公共事業と金融緩和で景気の底上げを図る。世界の経済史上まれに見る
大胆な不況脱出戦略であり、欧米諸国は“壮大なる実験”として注目し
ている。成功すれば欧州連合(EU)の不況脱却の“教材”となるという見
方も強い。

しかしアベノミクスは大きな“賭け”であり、一挙に奈落へと落ちかね
ない危険を常に内包していることを見逃してはなるまい。

当面の焦点は、現在のアベノミクスバブルが7月21日の参院選まで継続
できるかどうかだが、筆者は実体の伴わない期待値ながらプチバブル的
な活況は継続するとみる。アベノミクスは現在のところ口先先行であり、
常にバブル性を内包するが、巧妙なる“仕掛け”があるからだ。

緊急経済対策は総額20兆円に達し、補正予算案は事業費ベースで13兆
円を越える予定だ。その多くが公共事業に回される。公共事業は景気に
即効性があり目先の景気の底上げには最大のカンフル注射に成り得る。

加えて金融緩和が追い打ちをかける。消費増税の判断となる4月〜6月
の「国内総生産(GDP)速報値」はまず上がるだろうとする見方が濃
厚である。

これが有権者の給料に跳ね返るかどうかだが、公共事業の土木建設業な
どにはすぐに反映するが、一般企業の場合はまず間に合わない。官邸筋
によると「ボーナスには少なくとも反映するよう経団連に手を回す」と
いう“作戦”も考えられているようだ。

問題は日銀がおとなしく安倍の掲げる経済成長率2%の目標に応ずるか
どうかだ。9日の諮問会議では安倍が日銀総裁・白川方明に対して「10
年以上デフレが続き、相当なことをしないとマインドが変えられない。
日銀総裁とこの場で議論することは極めて重要だ」と厳しくけん制して、
2%のターゲット実施を迫った。

出席閣僚らからも日銀に対する“圧力”発言が相次ぎ、さながら日銀を
金融緩和でねじ伏せるような会議であったようだ。

かつて日銀総裁・速水優が首相・森喜朗による同様の圧力に「金融政策
は日銀が決める」と突っぱねた話は有名だが、白川は小粒でとても抵抗
し切れまい。しかも市場が好感して円安・株高の動きが定着しつつある
中で、日銀がこれに水を差すことはまずできないだろう。

日銀の独立性が脅かされるという議論があるが、それどころか安倍政権
は“確信犯”的に独立性を侵犯しているのであり、応じなければ法改正
も辞さない構えだ。

従って白川は21〜22日の日銀金融政策決定会合で、物価上昇の目標を
「2%」に設定して金融緩和を強めることを決めざるを得ないこととな
ろう。 

こうして安倍政権は最初の関門をクリアしつつあり、11日には緊急経済
対策、15日には補正予算案の閣議決定、2月には補正の成立、4月には
新日銀総裁人事決定、5月には来年度予算案成立、6月には骨太の方針
と成長戦略を決定して、参院選へとなだれ込んでいくことになる。

国会は厳しい運営が待っているが、景気回復策は水戸黄門の“印籠”の
役を果たして、野党もこれに水を差すような抵抗はしにくいとみられる。
とりわけ2線級の党首・海江田万里でスタートした民主党は、総選挙大
敗北の“脳しんとう”からなかなか立ち直ることは困難だ。 

従って、冒頭述べたように参院選までは「最初のうまさが持続する」可
能性が強く、安倍の「最大の選挙対策は景気対策」とする戦略は参院選
でも奏功する可能性がある。しかし問題は中長期の展望だ。まず第1に
とどまるところを知らぬ国債発行だ。

自民党は野党時代に民主党の44兆円の上限を口を極めて批判してきた。
それを臆面もなく飛び越えて、50兆円にまでする構えだ。副総理・麻生
太郎はいけしゃあしゃあと「44兆円越え」を明言しているが、「後世の
世代にツケを回すな」と追求してきた過去はほおかむりだ。1000兆円の
借金がどこまで拡大するのか、そら恐ろしいものがあるのである。 

日銀を財布代わりにしてツケをどんどん次世代に回す。公共事業を大盤
振る舞いすれば借金はふくらみ、将来の再増税につながる。安倍は来年
春の消費税引き上げが先延ばしになることもあり得るとしているが、ま
ずこれは不可能だとみる。

なぜ公共事業復活に全力を傾注するかと言えば、消費税の前提の「GDP速
報値アップ」に狙いをつけているのであり、垂涎の財源を手放すことは
あり得ないのだ。おまけに今年後半は消費増税への駆け込み需要が期待
される。みすみす掌中の玉は手放さないのだ。

しかしアベノミクスは明らかに“劇薬”であり、失敗すれば制御不能の
円の暴落、長期金利の暴騰を招き、日本経済はたたきのめされる。もち
ろんそうなれば安倍政権は、跡形もなく吹き飛ぶ。首相が大ばくちに出
た日本丸の行方は全く未知数である。

  (政治評論家)<2013年01月10日> 



━━━━━━━━━━━━
温家宝一家の腐敗の温床は
━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
     平成25(2013)年1月10日(木曜日)
        通巻第3855号    <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ゴールドマンサックスにつづいて、HSBCが中国の金融株売却
  温家宝一家の腐敗の温床と言われる「平安保険」20%の株式を売り
                                                     逃げの態勢
********************************

温家宝一家の金銭スキャンダルがNYタイムズに2回に亘ってすっぱ抜かれ、
なかでも平安保険と温首相夫人との異様な癒着関係が白日の下に晒され
た。

これは上海派によるリークで、あの党大会直前の土壇場であったために
政治局常務委員会のトップセブンは李克強をのぞいて、全員が江沢民の
息のかかった守旧派が成り上がり、しかし保守派は、うすらとぼけてNY
タイムズ記者のヴィザ延長を認めないという対抗措置を講じた。怒って
いるポーズだ。

この舞台裏の暗闘に繋がる「大事件」が起きた。

英銀行大手HSBC(香港上海銀行)は1月5日に保有してきた平安保
険の株式全部をタイの富豪タニン・ジアラワノン傘下の「チャルーンポー
カパン・グループ」(CP集団)の系列企業に売却すると発表したのだ。
売却額は総額で93億9000万米ドルにのぼる。

ところがタイのCP集団は、保険とは無縁の農業農作物飲料水関連大手
であり、「この株式取得は、CP集団にとっていかなる意味を持つのか
不思議だ」と香港の証券界は沸き立った。

しかしCEOのジアラワノン氏は中国政府と密接な関係を持っており、
株式売買には政治背景が強い。

いわば平安保険の救済であり、HSBCは、実態を報告しないで売り逃
げるわけである。

HSBCは収益性改善を目指し、世界的規模で銀行業務と関連の薄い資
産の売却を進めており、ほかに中国交通銀行株およそ20%を所有、時価
換算で102億米ドルに相当する。

さきにもゴールドマンサックスは保有してきた中国の銀行株をシンガポー
ルのテマサクに売り抜けているが、こうした欧米勢の中国からの資金撤
退は、いかなる政治的意味を持つのか?


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)遅ればせながら宮崎正弘さんの新刊『現代中国 国盗り
物語』(小学館新書)を水戸駅前の丸井の書店で手に取り、すぐに購入、
拝読しました。

始めから終わりまで「三国志」のように面白くて、テンポも速く、しか
し文章が分かりやすいので飲み込めます。なるほど中国の権力闘争の本
質は、こういうことなのか、と妙に納得しました。 こういう有益な本
が、書店で売れないというのが日本の知的劣化の象徴ではないかとも思
いました。   (HJ生、水戸)



  ♪
(読者の声2)貴誌3853号(1月8日付け)で浙江省台州の大陳島に、
胡耀邦の巨大な銅像が建ったという報道が有りましたが、貴書『中国を
動かす百人』(双葉社)のなかでは胡耀邦の息子の胡徳平が、太子党の
中では自由民主を謳う活動家として、中国の知識人の間では人気が高い
とあります。 

胡耀邦再評価の影で、息子ら「太子党・自由派」は、その後、どういう
活動をしているのでしょうか。『南方週末』の言論弾圧に対して抗議な
ど行っているのでしょうか?  (UU生、京都)


(宮崎正弘のコメント)息子の胡徳平は1月8日に江蘇省准安に赴いて
周恩来没後37周年の記念行事に参加しています。周恩来の孫娘になる
周暁芳らが周恩来記念館に集合し、献花などの儀式を静かに行いました。

周恩来は生前、胡耀邦を可愛がり、また民主化、党内改革などで共鳴
していたため、生家のある江蘇省准安の記念館では毎年の命日に記念行
事があるようです。

本格的な周恩来記念館は天津に、旧居跡は浙江省寧波にありますが、
「周忌」行事は、こちらのほうですね。 

なお周恩来の養子である李鵬、その子ら(李小鵬、李小琳)らの参加は
なかったようです。



━━━━━━━━━━━━━
体罰という暴行傷害致死事件
━━━━━━━━━━━━━


               寺本 孝一

大阪府立桜宮高2年のバスケットボール部主将の男子生徒が、顧問の男性
教諭(47才)から体罰をうけた後に自殺したという痛ましい事件があり
ました。自殺した生徒が顧問宛てに残した手紙には、「指導が厳しくて
つらい」と書いてあったとのこと。

また、校長、教育長の記者会見の様子はまるで他人事のようであり、自
分達の大切な預かった教え子という意識や責任感がまるで見られません。

過去、全国で体罰問題が繰り返される度に学校側は、「厳しい指導」
「熱心さの現われ」「愛のムチ」などと言い訳します。小生も愛知県教
育委員会に直接言ったことがあります。「殴る・蹴る体罰や暴言などで
教育効果が上がるなら、暴力団ヤクザ組員を教員にした方がよほど能率
的ということになりませんか」と。 

 「厳しい熱心な指導」とは、一人一人に言葉で根気よく納得させるのが
プロ教師の力量なのです。児童生徒は言葉が分かる人間なのであり、牛
や馬への調教ではありません。児童生徒とまともに会話もできない、衝
動的に暴力に走ってしまうような危険な人物を教壇に立たせることはで
きません。
 
「教師は生徒の身体に触れてはならない」というフランスの法律から見
れば、生徒を殴ることを熱血教師とし、殴ってくれた教師を慕うなどと
いうような事は、サドマゾの世界に浸っている日本の変態と言わなけれ
ばならない。

「子どもが他人に暴力をふるったり、物を破壊することに快感をつのら
せるというようなことは、倒錯的なしつけをされたり、人格を尊重され
ずに育った子どもたちである。大人の強制的な態度こそが子どもをサディ
ズムに導くのだ。」(作家フランソワーズ・ドルト氏)という言葉もあ
ります。 

昨今、社会問題化している「児童虐待」する若い親たちをそうなるべく
教育した大部分の責任は、とりもなおさず学校にあるのである。児童虐
待防止シンポジウムで小生がそのように発言したら、パネリストの弁護
士は「児童虐待と学校での体罰の関連に心当たりがある」と言いました。
 
桜宮高のバスケットボール部はインターハイの常連だとのことですが、
殴って殴られて勝ち進んだスポーツにどんな価値があるのでしょうか。
スポーツの語源はたかが「気分転換」です。

顧問の名声の為、学校の名誉の為、人間の尊厳を踏み潰してまで、命を
奪ってまでやるほどのことですか。

(資料)「生徒に対する体罰禁止に関する教師の心得」1949年・法務府
(現在の法務省)

 1、用便に行かせなかったり食事時間が過ぎても教室に留め置くことは
肉体的苦痛を伴うから体罰となり、学校教育法に違反する。

 2、遅刻した生徒を教室に入れず、授業を受けさせないことは例え短時
間でも義務教育では許されない。

 3、授業時間中怠けた、騒いだからといって生徒を教室外に出すことは
許されない。教室内に立たせることは体罰にならない限り懲戒権内とし
て認めてよい。

 4、人の物を盗んだり、こわしたりした場合など、こらしめる意味で、
体罰にならない程度に、放課後残しても差支えない。

 5、盗みの場合などその生徒や証人を放課後訊問することはよいが自白
や供述を強制してはならない。
 6、遅刻や怠けたことによって掃除当番などの回数を多くするのは差支
えないが、不当な差別待遇や酷使はいけない。 

 7、遅刻防止のための合
同登校は構わないが軍事教練的色彩を帯びないように注意すること。 明
治の富国強兵時代も、昭和の戦時中も、現在まで学校での体罰は法律で
厳として禁止されています。何故なら、体罰による弊害が極めて大きい
ことが明確に判っているからです。 (子どもの感性を育む会 代表)  



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎韓国の中央日報によると、9日在日大韓民国民団の新年会が東京の
ホテルで開かれ、これに公明党、民主党、共産党の代表が出席して挨拶
で在日韓国人に対する地方参政権付与に向けて協力する意向を示した。

また、この会合には自民党から3年ぶりに額賀福志郎氏(日韓議員連盟
幹事長)らの党代表団も出席しており、会場の壇上正面には太極旗(韓
国国旗)、民団旗と共に日本国旗を掲げられていた。

民団中央本部の公式行事で日本国旗を掲げたのは初めて、民団関係者は
「昨年の民団綱領改定で定めた『日本の地域社会の発展に貢献する』と
いう意志を明確にするため太極旗と共に日本国旗を掲げることにした」
と説明した。
http://japanese.joins.com/article/375/166375.html?servcode=A00&sectcode=A10

                                                  (梅岡 弘)


 ◎中国 − あの手この手で資産を海外に移す大富豪・汚職官僚 ― 独
メディア  

南ドイツ新聞は2013年1月、中国富裕層の資産海外移転について取り上げ
た。7日、独ラジオ局ドイチェ・ヴェレ中国語サイトが伝えた。 中国は
資産の海外移転に規制を設けているが、海外に投資したい大富豪、貯め
た金を守りたい汚職官僚はさまざまな手段で資産を海外に移している。

中国は資産の海外への持ちだを規制しているが、中国富裕層がこっそり
と資産移転を進めているというのは有名な話。その理由はさまざまだ。
中国の株も不動産ももう危ないということで海外に投資したいという大
金持ちもいれば、汚職で貯めた金を守るために持ち出す者もいる。 

違法な資産移転を実現するためにあの手この手の手段が用いられる。南
ドイツ新聞が紹介しているのはそのうちの一つ。仲介者に手数料を払う
と、中国から金を持ち出したい人間と中国に金を持ち込みたい人間をマッ
チングしてくれる。両者が金を交換することで資産移転が成り立つとい
う寸法。

外貨の振込先銀行はマネーロンダリングの規制が手薄な香港が使われる
ことが多いという。(翻訳・編集/KT)【ロイター】 配信日時:2013年1
月9日 18時12分

〔情報収録 − 坂元 誠〕



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)最近発売された「日本でいちばんいい県 都道府県別幸福度ラン
キング」(寺島実郎監修、日本総合研究所編、東洋経済新報社)によると、
総合ランキング1位は長野県で、ワースト1位は沖縄県であったという。

沖縄県は健康分野で14位だったが、文化分野はワースト3位、仕事分野、
生活分野、教育分野でワースト1位だったという。

http://www.j-cast.com/2013/01/08160512.html

なぜワースト1位にならなければならないのか。沖縄の人たちの鬱屈した
気持ちの根っこにあるものが判るような気がする。尖閣諸島をめぐる日
中の紛争や米軍の基地問題の過負担がメディアで多く伝えられるが、な
ぜか沖縄県民の生活の実情について伝えられことは極めて少ない。

この調査で示された状況と米軍基地の負担がどのような関係にあるのか
ということを含めて、沖縄の幸福度を向上させるのに必要な施策の実態
的で掘り下げた解明が必要でないのか。

政府の掴み金で単に不満を宥める手法は破綻している。イデオロギーに
先走った賛否論の応酬では事態は改善されない、そのうえで沖縄県民の
幸福度の向上に役立つ本当の施策を政府にも沖縄県にも協力してやって
もらいたい。

これに反対する国民はほとんど居ない筈だ。沖縄県知事第1応接室の屏風
に「万国津梁の鐘」の銘文が記されている。15世紀に沖縄が国際交易の
ハブ拠点として栄えたことを誇りとしそれを今も偲ぶものである。この
ことを併せて考える必要があるのでないか。 (品川 阿生居士)



 2)馬場伯明様

昨年12月27日最愛の御母堂様ご他界の事、2841号で知りました。謹んで
ご冥福をお祈り申し上げます。

数年前に頂いた御母堂様ご手製の交通安全の縫ぐるみ(鼠)は大切に保
持しています。お陰様でその後無事故を維持しております。

馬場様のやさしさ、思いやりの心は常々感じておりますが、先ずは寒さ
厳しき折柄、くれぐれもご自愛下さり、益々のご健勝をお祈り申し上げ
ます。(安宅 峯夫)



 3)安宅 峯夫  様:お気にかけてくださり、ありがとうございます。
93歳の大往生でしたから、悔いはありません。今後、母の年齢を越え
られるかどうか、それが子供5人の課題となりました(笑)。時節柄、
くれぐれもご自愛ください。草々 馬場伯明



 4)「教育再生実行会議」委員に渡部昇一氏が入っていなかったのが
残念です。適任だと思っていたんですが。中川八洋・渡部昇一『教育を
救う保守の哲学――教育思想(イデオロギー)の禍毒から日本を守れ』
(徳間書店、2003年)を再版してもらいたい。書評のブログです。(ま
こと)
http://tamaty-kingdom.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-5d09.html



 5)誠に痛ましい事件である:前田 正晶

大阪の市立高校でバスケットボール部のキャプテンが監督による体罰で
自殺したと報じられ、多くの有識者が意見を述べていた。概ね体罰批判
であったのは想定内である。

当方も高校の頃に国体で準優勝だった運動部の経験者としての意見では
なく、このなかなかに難しい問題について経験と感想を述べる。

先ず全国大会でしかるべき結果を残すかないしはその都道府県で優勝す
るような強い運動部について、強豪といわれる体育会ないしは運動部の
経験者以外が意見をお述べになるのはどうなのかと思うことである。

さらに余談だが、その昔に同期で就職した中の1人に関東大学一部校のマ
ネージャーだった者がいた。一期上にいわばサークルのような大学の運
動部の出身者がいた。

彼は練習のあり方について「全員が平等に機会を与えられるべきだ」と
主張した。元マネージャー君は「失礼ですが、それは弱い部のことでし
ょう」と真っ向から反論して沈黙させたことがあった。

当方が中学の蹴球部に入ったのは昭和20年の終戦の年だった。そして9月
からは予科海軍兵学校から帰ってこられた最上級生もいた。21年には第1
回国体で優勝した。

それからいわば苦節2年を経て、我々が高校1年時に第3回国体で残念なが
ら決勝戦で負けてしまった。そして、昭和26年に卒業するまでただの一
度も体罰はなかった。それでも全国に知られた強豪校であり続けた。

「体罰」などという表現をするので紛らわしいが、私は戦時中の軍隊の
ような殴るまたは蹴るような指導法を言うのだと思っている。

昭和20年代には中学の運動部ではそういう戦時中の反動もあって軍隊の
ようなやり方を避けて「民主的」な指導をする方向にあったと解釈して
いる。事実、それでも我々は強かった。

そして1979年に長男がフットボールでの強豪高校に進んだ。そこで意外
だと感じた発見があった。それは熱血的とでも言おうかそういう類いの
鍛え方をする傾向が出ていた事だった。そして、一般論として強くなれ
ばなるほどそういう厳しい指導をする監督さんがおられたということだ
った。

その点を好意的に解釈すれば、昭和20年代とは全く異なる学校の数も増
えた激戦の時代にあっては、通り一遍の鍛え方では全国区たり得ないこ
とだと言えるだろう。

勿論、理想論を言えば そういうやり方をせずに強くなることだろう。そ
こで勝つためにはどれだけ厳しい練習をするかだが、それは経験してい
ない方には想像もつかない世界であると言えるだろう。

故に、その世界を知らない方が世間の良識で批判されるのは当然だろう。
だが、勝たねば、勝ち抜いていかねばならない責任を背負った監督ない
しはコーチが部員に手を上げたくなる気持ちはわからないでもないが、
矢張り世間の常識?と現代の流れでは許されざる行為と見なされるのだ
ろう。

私は指導者の中には自分の指導法を理解せず思うように動いてくれない
子供に腹を立てて感情的になるか、激情の赴くままに体罰を加えてしま
うか、それこそが指導法だと思っている者もいるのだと思っている。

だが、自殺者が出るほどの激しさは想像もできなかった。それでは、矢
張り行き過ぎだ。程度問題ではないと思う。

ここまで論じて来て結論めいたことを言えば、そこまでその教員兼監督
がやっていた指導法を学校当局が知らなかったとすれば、それは矢張り
監督不行届ではなかったのだろうか。もしも承知していたのだったら、
学校側の責任は重大である。

「何も勝ってくれなくとも良い。体罰による指導はするな」くらいの管
理をしておくべきだったのではないか。理想論かも知れないが、指導者
は如何なる場合でも体罰なしの指導法に徹っして強くする方向を目指す
べきではないか。

薬に浮かされた状態にある:

本当に暫くぶりに本格的に引き込んだ風邪だったので慌てた次第だった。
昨9日で安全地帯に乗ったと思っているが、そこから先にどういう段階を
分で回復していくかを昨夜痛烈に思い出された。

それは薬で解熱させ、咳と喉の痛みを抑えた結果で自分で「薬に浮かさ
れた状態」になってしまった。すなわち、どこかの神経が興奮して昨夜
は午前3時過ぎまで眠れなかったのだった。過去の経験からこれは避けて
通れない現象と解ったので、あえて眠ろうとせずにいた結果、3時半頃か
ら4時20分まで寝ていたようだった。

これも経験したことで本10日は眠くはないがボーッとしていると目が覚
めた時点で解っていた。しかも、鼻詰まり状態にもなって思考力が衰え
るのも想定内だった。この鼻詰まりは、以前に何人かの医師に「何れは
とれていく症状で時間の問題だ」と聞かされていたのを思い出した。

昨夜の眠れない状態で色々と考えていた採り上げたいと考えていた話題
など、サッパリ思い出せない状態である。これすなわち順調に回復軌道
に乗ったのであると安心して、朝からボンヤリとして過ごしている。後
に残ったのは薬に浮かされた状態から何時になったら脱却できるかを待
つという楽しみである。

Prime Newsで語った森元総理:

昨9日の夜には眠くならないままに、BSフジのPrime Newsに登場してにこ
やかに語る元総理の話を聞いていた。しかし、残念ながら風邪薬に浮か
された状態にあったために、折角の話を事細かに記憶できなかった。実
は、私はこの方がジックリと語るのを初めて聞いたのだった。

意外にもと言えば失礼に当たるだろうが、細かい点に気を配った語り方
だった。しかし、国会対策委員会で新人議員の指導をするのは誤りと指
摘して、石破幹事長が新人議員に選挙区に帰れと指導しているのもおか
しな事で、現在は彼らの絶好の勉強の機会なのでなるべく多くの部会に
出席させるべきだと断言していたのには説得力を感じた。

また、一種の回顧談で安倍総理が7年前に総理に選出された時には「未だ
早い」と指摘したことをあらためて述べていた。そして、今回はその経
験を踏まえてきちんとやっていくだろうと述べていたと記憶する。私は
その頃に「新総理は課長がいきなり社長になったかの感があり、危うさ
を感じる」と書いていた。すなわち、帝王学を十分に身につけていない
と言いたかったのだ。

今回の二度目の総理就任に際しては取締役以上の貫禄が備わっていて、
社長に就任されても良いだろうと感じさせておられた。就任前から株価
が上がり、為替が円安に振れるなど市場は歓迎しているように見える。
私はそれほど民主党の失政を市場が嫌悪していたと見るのだ。

だが、第二次安倍内閣は参議院選挙前に景気回復の功を焦る必要はない。
森元総理が認めた閣僚を起用した布陣で、民主党如きを寄せ付けない選
挙となるような政策をこれから先も打ち出して貰いたいものだと思いな
がら聞いていた。(前田正晶)



 6)「また、出てきた」と思う人が多いのではないでしょうか。自民
党の為にもこの方はメディアに出すべきではありません。新しい自民党
のイメージにはマイナスです。いくらいいことを話したとしてもモリさ
んがシャシャリ出るのは参院選の足を引っ張ることになります。それが
分からないようでは、自民も長く続きません。早朝の時事放談に出るく
らいがいいでしょうね。(唸声)



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━



署名なき投書は採用しません。必ずご本名を記した上にハンドルネーム
か「匿名希望」かを書いて下さい。


支那の夜(昭和13年)

作詞:西条八十(やそ) 作曲:竹岡信幸

? 支那の夜 支那の夜よ
  港の灯り むら先の夜に
  のぼるジャンクの 夢の船
  ああ 忘られぬ 胡弓の音
  支那の夜 夢の夜

? 支那の夜 支那の夜よ
  柳の窓に ランタン揺れて
  赤い鳥かご 支那むすめ
  ああ やるせない 愛の歌
  支那の夜 夢の夜

? 支那の夜 支那の夜よ
  君待つ宵は 欄干(おばしま)の雨に
  花も散る 散る 紅も散る
  ああ 別れても 忘らりょか
  支那の夜 夢の夜

<戦時(支那事変)下出、潤いを求めていた世人の胸に救いの泉のように
泌見て全国的な大流行を来した歌。大陸メロディーのはしりでもある。

当時、発売禁止にされた「忘れちゃいやよ」で人気を損じた歌手渡辺は
ま子も、これで鮮やかなカムバックをとげた。(「日本流行歌史 中 」)

支那は中国政府の要求に応じた日本政府の次官通達で「禁句」になって
いる。使っているのは石原慎太郎氏だけ。

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp

読者:5125人

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/01/11

    朝鮮人は敵だから差別するのだ。敵を差別しない事が、味方の外国人の方々を不遇差別する事になるのだから当然だ。更には日本人を殺す事にもなる。敵が日本を侵略している状態が在日なのである。

  • 名無しさん2013/01/11



    さあNHKの安倍批判が熱を帯びてきましたw、公共放送なのに特定の韓国系企業を宣伝、ドラマにK-POP採用、ブレない韓国押しが必死過ぎてもはや日本の放送局じゃない(笑)

    NHKの職員の身元を調査したら、在日帰化どころかもろ●国人が番組作ってる・・・これじゃ反日捏造し放題





    信じられない進行中の事実!「帰化したくないけど、母国の為に内政干渉するから選挙権だけよこせ」【外国人参政権】断固反対!

  • 名無しさん2013/01/11

    一九九〇年代以降の日本では、アナーキズム(無政府主義)の方がコミュニズム(共産主義)より、先見性があったような状況がうまれ、アナーキスト(無政府主義者)たちは全面復権した。



    たとえば、次のようなアナーキストたちが縦横無尽に暗躍するようになった。



    1、大前研一(コリアン系)

    2、宮崎哲弥(コミュニタリアニズム系)

    3、松本健一(民族系、旧来型)

    4、福田和也(ポスト・モダン系)

    5、浅田彰(ポスト・モダン系)

    6、香山リカ(ポスト・モダン系)

    7、佐藤優

  • 名無しさん2013/01/11

    日本国籍取り上げ国外追放!重国籍も厳罰に! 反日帰化人の帰化取り消し日本国籍返させよう!日本の害悪でしかない反日帰化人。彼らが異常に増えて反日政党に投票してるから、日本の政治は変なことになっている。反日帰化人政治家は国家反逆罪で国外追放当たり前だよね。日本人いい加減気づけよ!

  • 名無しさん2013/01/11



    プーチンとしては、人口減少のシベリアが、かって満州でやったように、シナによる人口侵略により、乗っ取られるとの恐怖感は根強いものがあります。



    中国=支那・中共、は、シナの三下、下っ引きの、朝日新聞=築地・チョーニチ、並びに日本国内にゴマンといる、スパイ、工作員を使い、沖縄のオスプレイ騒ぎのように、親分の利益のために、猛反対するのは火を見るより明らかです。



    堅気の日本国民全体から、ここまで嫌われた、民主党には、もはや力はありません。

    日本の左翼・変脳・談合マスメディアも、ネット時代の到来による、自由な言論の影響力、アキバで見せた、多くの若者の日本のマスコミ嫌悪を考えると、そうそう築地・チョーニチの尻馬に乗るのはどうかと、日本の国益考える者も部内におります。

    NHKも今までのようなことができなくなりつつあります。

    どんな手で来るのか。

  • 名無しさん2013/01/11

    松山ケンイチの妻・小雪 まさかの韓国で女児出産 在日だった件 「そっち系だったか」「平清盛大コケの原因はこれ」

  • 名無しさん2013/01/11

    ニューヨークタイムス記者は成り済まし帰化朝鮮人の大西鉄光や反日の捏造常習犯の田淵広子等の記事。日本人が反証し発信しよう。慰安婦は朝鮮人の売春婦。今も同じ売春輸出の韓国 【外信コラム】ポトマック通信 「談話」のツケ重く -MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/world/news/130111/amr13011103140000-n1.htm

  • 名無しさん2013/01/11

    安倍首相就任直後の今だからこそ、マスコミの捏造・偏向報道を大いに期待するのである。今ならまだ覚えている人がいる。鳩山や野田がそれまでの慣例を無視して、退任記者会見を拒否したことや、その他無数の悪行がマスコミにより見逃されてきたことなど。それらのことが国民の頭の片隅に残っている今だからこそ、「捏造・偏向大歓迎」なのである。「説明責任」や「任命責任」といった言葉も死語になった。その「懐かしのメロディ」に、国民が郷愁を感じている今こそが、マスコミのダブスタを広く知らしめる「最後の大チャンス」なのである。



    週刊朝日は、実に有難いことに、このダブスタを「表紙写真」として見事に映像化し、後世のために残してくれている。安倍、麻生と鳩山の対比、そして再び安倍へと繋がる一連の「作品」は、まさに「マスコミのダブスタの歴史」そのものであり、見事な記録映像である。マスコミが中立でも公正でもないことを、自ら明らかにしてくれているのだ、これを利用しない手はあるまい。



    碌に公務をせず、引き籠もっていた民主党総理どもを、批判一つせず放置してきたマスコミが、今になって総理の働きぶりを云々するなら、新旧の「首相動勢」を左右に並べ、比較してやれば事は済む。その表紙に、週刊朝日の画像は実に相応しいのである。 

  • 名無しさん2013/01/11

    http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/52181e748dc5545c8c7dbc66760ffe29英語ネイティブの普通の市民たちには、外国人の下手な英語を卑下する習慣

    はありませんし、癖のない教科書英語を使って何になるというのでしょうか?

  • 名無しさん2013/01/11

    もうだいぶ前になりますが、福田康夫政権時(2008年)に、「移民一千万人計画」というのが話題になったことがありました。

    日本はこれから人口が減っていくので、50年後までに、減った分を補う1000万人を外国から移民させようという政策提言でした。中川秀直氏が旗振り役になってまとめたものですが、「外国人が暮らしやすい社会は、日本人にも暮らしやすい社会だ」とは、この提言の発表時に中川氏が発した言葉です。



    「将来の日本の移民社会化に向けて多文化共生社会を実現するべきだ。そのためには、外国人にとってわかりにくい特殊日本的なものを取り払って、わかりやすい社会にしていくべきだ」ということでした。



    自民党の中にも単純な考え方の持ち主が結構いるんだなと当時、思った記憶があります。



    「外国人が暮らしやすい社会は、日本人にも暮らしやすい社会だ」という言葉、いまでもときおり耳にしますが、これって、常識的に考えて、端的にウソですd(*´∀`)bよね。



    日本人にとって暮らしやすい社会は、日本人の発想に根差した日本的社会だと思います。同様に、たとえば、フランス人にとっては、フランス的社会が一番暮らしやすいでしょうし、タイ人にとっては、タイの文化や慣習に根差した社会が一番住みやすいんじゃないかと思います。



    「外国人が暮らしやすい社会は日本人にも暮らしやすい社会だ」という考え方は、新自由主義と言うよりも、左派っぽい、「地球市民思想」のようなものから出てくるのかもしれません。



    が、どちらにしても、人間を、「合理的存在」として捉え、人々が当然ながら担っている個別の文化や伝統、慣習、感覚を棄て去ってしまうところが極端です。

    常識的には、人間は皆、特定の文化や伝統をいやおうなく担っていて、それぞれ自分たちがなじみやすい環境というものを持っているんではないでしょうか。

  • 名無しさん2013/01/11

    中川八洋著『民主党大不況』を読んだ。



    是非とも自民党議員にも読んでもらいたい本である。

     

    そうすれば「子ども手当」「夫婦別姓」「東アジア共同体」「地方分権」「外国人参政権」「二酸化炭素25%削減」「福祉国家」などの愚行は即刻廃止されるであろう。

  • 名無しさん2013/01/11

    学校でわいせつ事件が多発するのは教員に朝鮮系帰化人が多いからです。韓国で発生するわいせつ事件の傾向と比較すればわかります。

  • 名無しさん2013/01/11

    比例過度に残すからへんなこと起きる。なくせよ。いらん。わしゃそう思う。中選挙区しかない。

  • 名無しさん2013/01/11

    米国の大学生、「日本軍慰安婦被害」告発に乗り出す 

    http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2013011061198

     

    韓国は、世界戦略を成功させつつありますね。

     何も知らない外国人が嘘に塗れた歴史を教え込まれ、信じ切っています。

     それでも何もしない日本。

     

    表は笑顔で「経済協力!」

     裏は青筋立てて「日本は悪しき国家!」

     

    ほんと、こんな子供じみた戦略をする国が世界のどこにあるのでしょうね・・・韓国以外に。

    嘘が入り込んでいる・・・

     

    対応が1日遅れれば、それだけ日本が悪であると信じ込む外国人が増えていくわけですよ。

     韓国と事を荒立てない方向性を望む人たちにとって、こういう問題なんて些細な事なんでしょうね。

     外国人に無料でお金を配る国だから、さもあらん。

     

    安定や経済が一番大事と言う人にしたら、民族のプライドなど二の次なのでしょうけど、僕は我慢できません。

     憎しみを内包してる国と協調して進む事は、近い将来に絶対にいざこざを生むのだから。

     その時焦って動いても、遅いんですよ。

     彼らは裏で、世界から日本を孤立させようと動いてるわけです。

     例え嘘であっても、笑顔を向けては駄目なのに・・・





    韓国の男性グループ、U−KISSの「ALONE」が、NHK火曜ドラマ「書店員ミチルの身の上話」の主題歌に起用されているそうです。 

     U-KISSのメンバーは東北の震災後に「独島には日本人も日本猿もいない。」とリツイし、竹島問題の日本人批判をしています。

     同じグループの別のメンバーも 「日本の放射能怖い」などとリツイ発言しています。 

     私たちが払った受信料を使って、なぜNHKがこんな韓国人を起用しなくてはいけないのでしょう。 

     NHKの責任者が日本でほとんど知名度のない反日韓国人をわざわざ起用するに当たり、どんなメリットがあったのか知りたいものです。  

     日本のマスコミがどんどん気持ち悪いものになってきています。

     スパイ防止法本気で通して。





    神社やお寺が燃やされたり、御神木が枯れ葉剤を入れられて枯らされたり…。

     

    日本の神社は神聖なものです。神様たちは本当に存在しているんです。

     天皇陛下が祈りを捧げられるのもそのためです。

     

    自然との共生を無視し、経済ばかり追いかけていると神様から見放され日本は滅びます。



  • 名無しさん2013/01/10

    道州制の下では企業誘致への減税競争が道州間で巻き起こり、憲法に定められたナショナルミニマム(国民的最低限)は自治体に肩替わりされ、身の程福祉に矮小化。地方分権の名でその本質は隠ぺいされる。

  • 名無しさん2013/01/10

    不思議と北朝鮮絡みで在日韓国人や日本人が仰山捕まる。コヤツらは在日朝鮮人(元朝鮮総連)から韓国籍や日本籍へ偽装転向・帰化し自由に飛び回れる訳です。そうする事によって朝鮮総連とは関わりないとする訳や。北のスパイは「スパイ天国」日本で活動してから韓国へ飛ぶ。

  • 名無しさん2013/01/10

    森喜朗よパホーマンス政治はすでに終わっている、余計な事するな。マスごみの馬鹿に踊らされ、安部内閣の足を引くな 黒ラブ

  • 名無しさん2013/01/10

    そもそも死に票が多い小選挙区制度を、体制改革の為に導入したのは、元自民&元民主の小沢さんですがな。中選挙区制に戻せば、自民政権が盤石になるけども、その事を言う人も少ない。一時の選挙民の流れで、政権を奪取しやすいシステムを導入しておいて、応援政党が負けたらそれを否定って虫が良すぎるマスメディア。





    これが帰化された方であれば、さらに判断がつかないよね。「過去に帰化されましたか?」と尋ねるのも変な話だし。登記→住所移転→帰化の順番だと、帰化前の住所の沿革がつかないので、やっぱり閉鎖登録原票が要る。





    【長時間視聴注意!! 体調崩す恐れあり】フジTVのとくダネ! 見てください。スタジオが赤と青と白と丸、まるで南朝鮮の国旗のよう。スポンサーがすべて在日企業。

  • 名無しさん2013/01/10

    http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-961.html#comment15323夏目漱石「余は支那人や朝鮮人に生れなくつて、善かつたと思つた」