政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針2840号  2013・1・7(月)

2013/01/07

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 2840号
□■■□──────────────────────────□■■□



        2013(平成25)年1月7日(月)



                             松下幸之助の「日本の夢」:伊勢雅臣

                           角栄政権は繊維交渉の勝利:渡部亮次郎

                  米国からアジアへの武器輸出、急増必至:古澤 襄

                               安倍型“小心翼翼”戦略:杉浦正章

                                   ライター規制が奏功:平井修一

                           話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第2840号
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━
松下幸之助の「日本の夢」
━━━━━━━━━━━━


         伊勢 雅臣

■1.『私の夢・日本の夢 21世紀の日本』

松下幸之助がまとめた『私の夢・日本の夢 21世紀の日本』という本が
ある。昭和51(1976)年に出版され、それから三十数年後、西暦2010年頃
の日本のありたい姿を描いたものだ。

その中の日本は、「今日の世界において、最も理想的と思われる国はど
こか」という国際世論調査で圧倒的な第1位を占め、その理由を探るた
めに派遣された4人の要人からなる視察団が、日本の各界の指導者から
理想的な国作りの秘訣を聞く、という設定になっている。

その内容は、経済、経営、教育、社会、政治と幅広く、その各分野で、
松下幸之助の理想とするところを述べている。平成25(2013)年の新年に
あたって、三十数年前の松下幸之助が抱いた理想が、どの程度、実現さ
れているのか、見てみたい。

日本の現状において悲観的な論調が多いせいか、三十数数年前の夢など
ほとんど実現していないのでは、と思いながら読んでみたが、思いのほ
か実現している分野もあった。実現している分野と、していない分野を
比べてみれば、今後の歩むべき方向も見えてくる。


■2.新緑の箱根にて

松下幸之助の夢が実現した分野の一つに公害のない美しい国土づくりが
ある[a]。視察団は5月初めのある日、休養をかねて、箱根の湖畔にやっ
てきた。

視察団の一員、ハーマン氏が言った。「いやすばらしい眺めですな。こ
の澄んだきれいな湖といい、その周辺をとりまく山々の新緑といい、ほ
んとうに心があらわれる気がしますね」

一行は、春の桜、初夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪景色と四季折々に変化
する日本の自然を褒め称えた。また狭い国土ながら、海、山、森、湖な
ど多様な美しさに満ちた日本の自然を、世界でもいちばん優れた景観だ
と絶賛した。案内役を務める外務省の森参事官はこう応じた。

「このように自然美に恵まれているということは日本人としては好運で
あり、それだけに感謝の気持ちをもってこうした自然の景観を大切にし
ていかなくてはならないと考えているのですよ。・・・

それと同時に、かりにいまおっしゃっていただいたように、世界の中で
も非常にすばらしいものだということであれば、日本人だけでこれを独
占するのではなく、広く世界の人びとに日本の景観を鑑賞していただけ
るように配慮していくことも、われわれ日本人に課せられた尊い義務だ
と考えられますし、、、」[1,p297]

「観光客も多いのでしょうな」という質問に、森参事官は「昨年1年間
で約350万人」と答えた。発展途上国から来たトアン氏は「1人平均千ド
ル使ったとしても30億ドルですか。わが国のすべての外貨収入より多い」
と驚く。

現実に海外からの訪日客数は、日本政府観光局によれば、平成22(2010)
年に860万人となっていて、松下幸之助の夢の2.5倍近くとなっている。
また訪日した外国人が国内で宿泊、飲食、買い物などで使った額も、1
兆1490億円(1ドル80円として143億ドル)に達する(国土交通省観光庁)。

さらに同資料によると、訪日旅行に「大変満足」が35・6%、「満足」も
含めると83・5%にも達する。森参事官の言う「日本人に課せられた尊い
義務」は、十二分に達成されていると言える。


■3.「人びとのマナーも向上してきました」

「それにチリ一つないといってもいいほどきれいですね。私どものB国
の観光地では、紙くずだとか空カンなどでたいへんですよ」とトアン氏。

「おかげさまで、学校教育をはじめ、社会全体に公衆道徳の教育といい
ますか、社会人としてのしつけということが重視され徹底されるにつれ、
人びとのマナーも向上してきましたから、最近ではゴミを捨てるという
ような人はほとんどいないようになりました。

何かの拍子でたまたまゴミが落ちていても、見つけた人がすぐにそれを
拾ってクズ入れに捨てるという具合ですから、それでご覧のような状態
になってきたのですね」。[1,p301]

「なるほど、やはり根本はしつけとか教育が大事ということになってき
ますね」とハーマン氏。

せっかくの風光明媚な観光地でも、ゴミだらけだったら、感激も薄れて
しまう。また、応対する日本人が横柄だったり、不親切だったりしたら
幻滅だろう。

この点で、訪日旅行をしたで83・5%もの人が、「大変満足」「満足」と
答えているのは、マナーの面でも、日本人が良い印象を与えているとい
うことだろう。私も、来日した外国人から、どこでも大変清潔であるの
に驚いたとか、旅先で親切にされたという事を、何度も聞いたことがあ
る。

この点は学校のみならず各地区、各分野で環境美化運動や掃除教育など
を実施している多くの人々の努力が実を結んできているのではないか。
[b]

■4.「公害先進国」からどう脱却したのか

クラーキン氏が森参事官に尋ねた。

「実は私どもの国では湖とか河川、さらに一部の海などの汚れがひどい
のです。工場などの汚水や廃棄物、各家庭からの排水による汚染ですね。

ところが日本の場合は、この湖に限らず、どの湖も川も海も概してきれ
いですね。私どもより人口密度もはるかに高く、しかも世界最高の発達
した工業国でありながら、どうしてそういうことが可能なのか、その秘
密をぜひ教えていただきたいものですな」

クラーキン氏の質問に森参事官は頷いた。

「かつての日本は「公害先進国」などといわれた一面がありました。ご
承知かと思いますが、1960年代に経済の急速な高度成長があったわけで
すが、いわばその副産物として、水や空気の汚染や自然破壊などのいろ
いろな公害が生まれてきたのです」。

「やはりそうですか。それがどうして今日のようになったのでしょう」
とクラーキン氏は体を乗り出した。

「そうですね、基本的にいえば、国民のみんなが「公害はなくさなくて
はいけない。美しい自然をとり戻さなくてはいけない」と考えて、その
ために力を合わせてつとめたからということになるのでしょうね」。
[1,p303]

■5.世界一の公害防止技術が育つ

「しかし。なくそうと思うだけではいけないでしょう。何か具体的な方
策を講じなければ、、、」とのクラーキン氏の問いかけに、森参事官は、
こう答えた。

「つまり、公害をなくしていくことが企業の大きな社会的責任とされ、
実践されたのですね。公害防止のための研究も一段と活発になり、いろ
いろな新しい発明、開発も次々と生まれてきたそうですよ」。

ハーマン氏が口をはさんだ。「そういえば、日本の公害防止技術という
のは世界一だそうですね。私の国でもずいぶんとり入れさせていただい
ていますよ」

各企業が公害の防除ということを重大な社会的責任と考えて、相当大き
な投資をし、真剣に研究開発した結果、開発された技術は同じような問
題をかかえている他の企業、さらに世界各国にとっても役立つものでしょ
うからね。・・・

公害防止技術でもいわば高度成長をなしとげ、そこから公害防止企業、
公害対策産業というように、一つの事業として成り立つほどのものを生
み出してきたのです。

それがいまでは国内よりもむしろ世界各国の大きなお役に立って、わが
国でも有数の輸出産業になっていますよ。[1,p306]

現実には環境省の推計によれば、国内環境産業の付加価値額は平成22
(2010)年で約32兆円と国内総生産の7・3%を占め、輸出額は7.5兆円と
輸出全体の11%強に達している。まさに国内産業の柱の一つとなってい
る。

■6.自衛隊への重視と親しみ

もう一つ、松下幸之助の夢が現実になったのは、防衛に関する国民意識
であろう。防衛庁の岡田長官は4人の訪問者にこう語った。

「いま国民は、国の自衛なり安全というものをきわめて大切に考えてお
り、したがってその任にあたっている自衛隊というものを非常に重視し、
また親しみをもっているといえましょう。

もっとも30年ほど前までの日本では、自衛隊の存在意義について、いろ
いろと論議がありましてね。国論の半分は自衛隊を大いに評価していま
したが、あとの半分はどちらかというと、これを認めない立場で、なか
には強硬な廃止論もありました。

しかし、時とともにごく自然に、自衛隊というものは国家国民のために
必要不可欠のものであるという認識がしだいに高まり、おのずとそこに
国民の合意が集まっていったわけですね。・・・

いま申しましたように30年ほど前までは、国民の意見も賛否両論に分か
れていましたから、それだけ自衛隊なり隊員としても迷いがあったとい
えるでしょうが、しかし今日ではほとんどの人が自衛隊の意義を認めて
いますからね。

だから隊員自身としても大きな誇りと責任の自覚をもって、隊務に精励
するようになっているのですよ。そういう態度がまた周囲の好感を呼ぶ
ことになり、有為の人材がここに入ってくる原因にもなっているわけで
す」。[1,p405]

今日の日本では、自衛隊に対して「良い印象を持っている」19・5%、
「どちらかといえば良い印象を持っている」61・4%と、合計80%以上の
国民が好感を持っている[2]。これは大震災への対応や、海外PKOなど
での自衛隊員諸士の真摯な活動で自ら築き上げた国民的信頼であると言
えよう。[c]


■7.松下幸之助の夢が実現しなかった政治分野

逆に、松下幸之助の夢がまったく実現していない分野も少なくない。そ
の典型的な分野が政治であろう。

4人の視察団が国会の審議を参観すると、みな極めて和やかに、しかし
真剣に議論をしていた。野次など飛ばす議員はおらず、党利党略で審議
を引き延ばしたり、審議拒否をしたりすることもないという。

各議員が当選した瞬間から、国民全体の代表者として、国家共通の繁栄、
平和、幸福のためには、どういう政策をとるのが正しいか、考えている。

そういう議員たちに、国民は格別の敬意を払い、またそれだけの見識と
実行力を持つ人々を選挙の際に、注意深く選んでいる。同時にマスコミ
も国会の審議内容を詳しく厳正に報道しているので、国民が判断を誤ら
ないようになってきた、という。

現実のわが国では、まさにこの反対の現象が続いてきた。民主党のバラ
マキ公約とマスコミの「政権交代」への大合唱に惑わされて、人間とし
ての常識まで疑わせる最低レベルの政治家を2人も首相にしてしまい、
それがために内政外交ともに大混乱に陥った。

そんな民主党政権の幕切れに、松下政経塾出身者がはじめて首相となっ
たが、泉下の松下幸之助はどんな思いで、この様を見ていただろうか?


■8.30年遅れの夢に向けて

公害防止やマナー向上、自衛隊の認知など、松下幸之助の夢が実現した
分野と、実現しなかった政治分野の違いはどこにあるのだろう?

最大の違いは、夢を実現するために、どれだけの人がどれだけの努力を
したか、という点にあるのではないか。公害防止については、多くの企
業が真剣な努力をした。

マナー向上についても、各地で多くの人々が美化運動や掃除教育などに
取り組んできた。自衛隊の認知については、自衛隊自体の精魂を込めた
努力があった。

しかし、政治については、我々国民はそれほど自覚的な努力をしてこな
かったのではないか。自民党政権時代はその路線に乗っかっているだけ
で良かったし、社会党が空想的なことを言っていても、万年野党だった
ので実害はなかった。

しかし、一部の偏向マスコミに踊らされて、国民が不見識な政治家を選
ぶと、どれほど国家が大変なことになるのか、この3年で我々は思い知
った。

これからは優れた政治家を選ぶために、我々国民ももっと努力しなけれ
ばならない。またそのためにはマスコミが正確な報道をする事も不可欠
であり、そうでない報道に対しては、厳しい批判を投げかけなければな
らない。

三十数年遅れではあるが、政治の分野においても、松下幸之助の夢の実
現に向けて、努力を始めるべき年だろう。政治さえよくなれば、経済、
教育、福祉など、他の面でも波及効果は大きいはずだ。


■リンク■

a. JOG(041) 地球を救う自然観
 日本古来からの自然観をベースとし、自然との共生を実現する新しい
科学技術を世界に積極的に提案し、提供していくことが、日本のこれか
らの世界史的使命であるかもしれない。
http://www2s.biglobe.ne.jp/%257Enippon/jogbd_h10_1/jog041.html 

b. JOG(480) 心を磨くトイレ掃除

 問題校の建て直し、暴走族の厚生、地域の犯罪 防止にトイレ掃除が大
きな成果を上げている。
http://www2s.biglobe.ne.jp/%257Enippon/jogdb_h19/jog480.html

c. JOG(739) 気は優しくて力持ち 〜 自衛隊の人づくり

 自衛隊員たちは、被災地の過酷な環境の中で、なぜこんなに優しくで
きるのか。
http://blog.jog-net.jp/201203/article_2.html


■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。


1. 松下幸之助『私の夢・日本の夢―21世紀の日本』★★★、(PHP文庫、
H6
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4569567061/japanontheg01-22/

2. 内閣府大臣官房政府広報室「自衛隊・防衛問題に関する世論調査」、
H21.1
http://www8.cao.go.jp/survey/h20/h20-bouei/index.html

■■ Japan On the Globe(780) ■■ 国際派日本人養成講座 ■■
  The Globe Now: 松下幸之助の「日本の夢」は実現したか?

三十数年前に松下幸之助が描いた夢を、今日の日本はどれだけ実現でき
たか?
■転送歓迎■ H25.01 06 ■ 40,140 Copies ■ 3,633,501Views■
無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/  転載



━━━━━━━━━━━━
角栄政権は繊維交渉の勝利
━━━━━━━━━━━━


       渡部 亮次郎

佐藤栄作政権の次は福田赳夫が獲る。渡部にもたまには良い目を見させ
てやろうーーこれが当時のNHK政治部長の決断。私が「角福戦争」で福田
番に指名された。1971(昭和46)年夏のことだった。

共同通信の古澤 襄さん、時事通信の屋山太郎さんは年齢は先輩だが福
田番では仲間だった。

通商産業大臣という厭なポストに就けられながらも肝腎の日米繊維交渉
で多大の成果を挙げた田中をアメリカのニクソン大統領が諸手を上げて
歓迎。佐藤の福田への政権「禅譲」作戦は失敗、「戦争」で田中は圧勝
したのだった。

福田番になって初めに仰天した。田中はカネなどあらゆる力を動員して
票の獲得に余念がないのに福田は党内に対する多数派工作を全くしてい
ないのだ。親分佐藤からの「禅譲」を信じているからだ。

やれば佐藤に怒られるというのもあるだろうが、今からやっても角栄に
は追いつけないと言う面もある。

福田は元々大蔵(現財務省)官僚。幼少時から秀才の誉れ高く、一高、東
大を経て難なく大蔵省入り。省内でも順調に出世、主計局長杜なり、次
官目前だった。ところが好事魔多し。折からの昭和電工事件で収賄の容
疑をかけられ逮捕、辞職に追い込まれた。

<昭和電工事件とは、戦後間もない1948年におきた贈収賄汚職事件であ
る。昭電事件、昭電汚職、昭電疑獄とも呼ばれる。

復興資金として復興金融金庫からの融資を得るために、大手化学工業会
社・昭和電工の日野原節三社長が行った政府高官や政府金融機関幹部に
対する贈収賄事件。

1948年6月に発覚したが収賄側としてGHQの下で日本の民主化を進める民
政局(GS)のチャールズ・ケーディス大佐ら高官の名前が取り沙汰され、
ケーディスは失脚。

裏にGSのライバルで反共工作を行っていたGHQ参謀第2部(G2)のチャー
ルズ・ウィロビー少将と右翼の三浦義一の暗躍があった。

大蔵官僚・福田赳夫(後の首相)や野党・民主自由党の重鎮・大野伴睦
(後の自由民主党副総裁)の逮捕に始まり、やがて政府高官や閣僚の逮
捕にまで及んだ。栗栖赳夫経済安定本部総務長官、西尾末広前副総理が
検挙され芦田内閣の総辞職をもたらした。

戦前軍部に対抗し大政翼賛会にも参加せず、首相としては閣僚の上奏を
停止するなど、はっきりしたリベラルであった芦田均を失脚させるため
の、帝人事件同様の検察ファッショであったと考えることもできる。

その後、前首相であった芦田自身も逮捕されたが、裁判では栗栖以外の
政治家は無罪となった>。(ウィキペディア)

福田は郷里の群馬県に戻り、政界進出を決意。1952(昭和27)年の第25
回衆議院議員総選挙で群馬3区から無所属で立候補し当選、岸信介に仕
えた。

1958(昭和33)年には当選4回ながら自由民主党政調会長就任。

1959(昭和34)年1月から自民党幹事長を、6月からは農林大臣を務める。

1960(昭和35)年12月、大蔵省の先輩である池田勇人の政権下で、政調
会長に就任するが、「高度経済成長政策は両3年内に破綻を来す」と池田
の政策を批判。

岸派の分裂を受ける形で坊秀男、田中龍夫、一万田尚登、倉石忠雄ら福
田シンパを糾合し、「党風刷新連盟」を結成し、派閥解消を提唱するな
ど反主流の立場で池田に対抗した。これが後に福田派(清和政策研究会)
に発展する。

池田から政調会長をクビにされ、福田及び同調者は池田内閣の続いてい
る間、完全に干し上げられ長い冷飯時代を味わう。

佐藤栄作政権下で、やっと復活。大蔵大臣、党幹事長、外務大臣と厚遇
され、佐藤の後継者として大いにアピールしたが、この時から“ポスト
佐藤”をめぐる田中角栄との熾烈な闘争(角福戦争)が始まる。

日本列島改造論を掲げ、積極財政による高度経済成長路線の拡大を訴え
る田中に対して、福田は均衡財政志向の安定経済成長論を唱える。

また中華人民共和国との日中国交回復を急ぐ田中に対して台湾との関係
を重視した慎重路線を打ち出す。

これらの「外交タカ派」のスタンスは岸派以来の伝統で、福田派の後継
派閥である清和政策研究会の森喜朗や小泉純一郎、安倍晋三らに引き継
がれている。

これに対して田中は、「佐藤が福田に“禅譲”するならいつかの時点で
オレをレースから降りろと抑えにくる」と初めから佐藤回避作戦。

内閣改造で福田に帝王学を授けるように外務大臣にしたのに田中には宮
澤喜一と大平正芳も解決できなかった日米繊維交渉と言う難問を押し付
けるように通産大臣にした。

宮澤と大平は共に大蔵官僚。大蔵大臣時代の池田の秘書官だったが東大
出の宮澤は一ツ橋出の大平を軽蔑して不仲だったのは余談。

学歴と抽象論の無い田中は目前の「課題」の解決に快感を感じる男。

繊維問題こそは沖縄返還の見返りとして焦眉の急だと判断。大臣としての
古巣と認識している大蔵省の幹部たちを口説き落としてなんとト2000億円
を手中にする。

田中はこのカネで国中の機織機のすべてを買収死、破壊してしまった。
首相の佐藤も口を開けて承認。日米の永年の懸案は一気に解決をみた。

このやり口にはニクソンも感嘆。佐藤が首脳会談につれてきた福田、田
中、水田蔵相の中から田中を最優先に待遇。佐藤はついに「田中を抑え
る場面」を作る事はできなかった。「禅譲」の消えた瞬間だった。

1972(昭和47)年7月、「われ日本の柱とならん」を掛け声に佐藤後継の
本命として保利茂、松野頼三、園田直、藤尾正行ら他派の親福田議員を
結集して総裁選に出馬する。

決選投票(田中282票、福田190票)で角栄に敗れるが、「やがては日本
が福田赳夫を必要とする時が来る」と強気の発言を残した。

こういうのを引かれものの小唄という。祭りの後の寂しさか。

(文中敬称略)2013・1・6



━━━━━━━━━━━━━━━━━━
米国からアジアへの武器輸出、急増必至
━━━━━━━━━━━━━━━━━━


              古澤 襄

2013年のアジアは、軍事力を強化する中国や北朝鮮の対抗措置として、
米国が日本、韓国、インドなどの関係国に戦闘機やミサイル迎撃システ
ムなどを中心に武器輸出を大幅に増加すると英ロイターは伝えた。

日韓両国が、ともに保守親米の指導者が政権を獲得したことも、米国か
らの武器輸出をさらに押し上げる可能性があるとしている。

<[ワシントン 1日 ロイター]中国や北朝鮮の周辺国に対する米国
からの武器輸出は今年、地域の緊張の高まりを背景に、戦闘機やミサイ
ル迎撃システムなどを中心に大きく増えるとみられる。

中国が海洋領有権の主張を強め、北朝鮮がミサイルや核の開発を進める
中、オバマ政権が進めるアジア重視の中核となるのは、同盟国や安全保
障上の協力国との関係強化だ。

米大手防衛企業が加盟する航空宇宙工業協会(AIA)の国家安保担当
副会長、フレッド・ダウニー氏は「(米政権のアジア重視政策は)友好
国の武装を支援するわれわれの機会増加をもたらすだろう」と語る。

AIAは昨年12月にリリースした報告書で、米国製高額武器の輸出に
ついて、少なくとも今後数年は堅調を維持すると予想。中国の軍備増強
に対する懸念が米国からアジア地域への武器輸出の増加につながり、欧
州への輸出減速分を十二分に相殺するとしている。

ただ、ロッキード・マーチン(LMT.N: 株価, 企業情報, レポート)やボー
イング(BA.N: 株価, 企業情報, レポート)、ノースロップ・グラマン
(NOC.N: 株価, 企業情報, レポート)が加盟するAIAは、2013年の武器
輸出見通しに関する具体的な数字は示していない。

ロイターの取材要求に応じた米国防総省の国防安全保障協力局(DSC
A)によると、米太平洋艦隊司令官の指揮下地域における2012年の武器
販売契約額は、前年比5.4%増の137億ドル。こうした契約分の実際の
引き渡しは先になるが、DSCAも2013年の見通しに関する具体的な数
字は明らかにしていない。

<日韓の選挙結果>

日本と韓国で12月に行われた選挙で、両国ともに保守親米の指導者が政
権を獲得したことも、米国からの武器輸出をさらに押し上げる可能性が
ある。

オバマ政権は、世界中で米国の利益を守るための手段として、武器売却
の重要性がますます高まっていると指摘している。武器売却は相手国と
の外交関係を強化し、長期的な協力関係を推進するだけでなく、同盟国
の自主防衛能力を強化することにもつながる。

アンドリュー・シャピロ米国務次官補(政治・軍事担当)は12月5日に
行った演説で、「(武器輸出は)米国の肩にのしかかる負担を軽くして
くれる可能性がある」と述べた。 

国防総省は、アジア太平洋地域では、無人偵察システムの導入を増やし、
情報収集や監視の能力強化を目指している。サミュエル・ロックリア米
太平洋軍司令官はワシントンで開催のフォーラムで、こうした能力は関
係国との協力を発展させるとともに、敵対国との偶発的な事故や誤解を
防ぐことにもなると語った。

<グローバルホーク>

オバマ政権は昨年12月、韓国政府に対し、無人偵察機「グローバルホ
ーク」4機を総額12億ドルで売却することを正式に提案した。

ノースロップ・グラマンが製造する「RQ─4」グローバルホークは高
性能センサーを搭載し、昼夜を問わず広い範囲の偵察が可能。もし売却
が決まれば、韓国の対北朝鮮監視能力は一段と高まることになる。

韓国側は4年以上前からグローバルホークに関心を示していたが、米政
府は地域の軍拡競争に影響を与えることを懸念して正式提案をここまで
先送りにしてきた。

韓国がグローバルホークの導入を決めれば、アジア太平洋地域では初と
なる。ノースロップ・グラマンによると、日本やオーストラリア、シン
ガポールからも関心が寄せられているという。

オバマ政権が韓国にグローバルホーク売却を正式に提案したのは、北朝
鮮が先月12日、国際社会の制止を無視してロケット発射に踏み切ってか
ら約2週間後のことだった。

一方、日本は米国にとって、弾道ミサイルを探知・追尾・破壊する多層
防衛システムを構築する上で最も重要なパートナーとなっている。

米国防総省は北朝鮮によるロケット発射の2日前、日本政府が求めてい
たイージス艦ミサイル防衛システムと関連機器のアップグレードに向け、
4億2100万ドル相当の兵器販売を承認したことを議会に伝えた。

<F─35戦闘機>

米国からの武器輸出で現在最も注目を集めているのは、ロッキード・マ
ーチン製の最新鋭ステルス戦闘機「F─35」だろう。

日本はすでに老朽化した「F─4」の後継となる次期主力戦闘機として
導入を決定しており、シンガポールと韓国も採用を検討している。韓国
は、英BAEシステムズの「ユーロファイター・タイフーン」と米ボー
イングの「F─15サイレントイーグル」も次期戦闘機として検討中だが、
その調達規模は計60機で総額70億ドル以上となる。

米国からインドへの武器輸出は、2008年時点ではゼロだったが、今では
累計80億ドルに達しており、今後も大幅な増加が見込まれている。イン
ドは向こう10年で武器購入に約1000億ドルを費やす計画だ。

一方、台湾は現在145機保有する「F─16 A/B」戦闘機でレーダー能
力向上などの改修を行っており、ロッキード・マーチンは18億5000万ド
ルの契約を受注した。米政府は、中国軍に比べた台湾の空軍力不足を補
うため、台湾側が長年求めてきた「F─16 C/D」の売却も含めた複
数の選択肢を検討している。

ロックリア米太平洋軍司令官は、アジア太平洋への「リバランス」の中
心は、日本、韓国、オーストラリア、フィリピン、タイとの同盟関係の
近代化および強化であり、それはすでに本格的に動き始めたと語ってい
る。(ロイター)>

2013.01.06 Sunday name : kajikablog 



━━━━━━━━━━━
安倍型“小心翼翼”戦略
━━━━━━━━━━━


     杉浦 正章

“自重”よりも“打って出る”時だ

ちょっと基本戦略が違うのではないかと思えて仕方がないのが、政権に
就いた後の首相・安倍晋三だ。選挙期間中の勢いはどこえ消えたのか、
ほとんどの公約を“先送り”してしまった。選挙で有権者が示した保守
回帰の潮流はまるで無視して、安倍カラーを封印しつつある。

理由は参院選対策の安全運転だというが、これでは有権者はキツネにつ
ままれたようになる。それどころか、民主党政権と同じ「やるやる詐欺」
にあったような気分になる。これでは自民党は“固い基礎票”まで失っ
て、参院選に勝てるわけがない。

確かに出だしは好調だ。スタートから弾みがついているとも言える。円
安・株高がそれを象徴している。閣僚の発言をみてもまさに手だれの安
定感がある。

安倍の新年早々の発言も「何より大切なのはスピード感と実行力だ」
「喫緊の課題はデフレと円高からの脱却による経済再生だ」「まずは
『強い経済の確立。国民一丸となって『強い日本』を取り戻していこう
ではないか」と言葉が踊る。

市場は本能的に「安倍ならやってくれるかもしれない」と反応している
のだ。老舗の自民党らしさが、久しぶりに市場と呼応した期待感を醸し
出している。

昔から「景気は気から」と言われてきた。民間に「やる気」が生ずる事
が、まず何よりも大切なのである。民主党政権で何をやっても駄目であ
った実態を見せつけられてきているから、市場はわらをもつかむ思いで
「安倍買い」に走っているのだ。「アベノミクス」とはやしているのだ。

しかしこの「アベノミクス」はいつ「アベノバブル」とはじけてしまう
か分からない危険な賭けを伴ったものである。野党が「口先介入」と批
判するが、まだ実体が伴っていないことは言うまでもない。

安倍は「金融緩和」「財政出動」「成長戦略」の3本の矢で、デフレ脱
却を図るとしている。その手始めが日銀を押さえ込んだ2%のインフレ
ターゲットの設定であり、2月に成立させる景気対策の12兆円といわれ
る巨額の補正予算だ。

一見もろ手を挙げて歓迎しているかに見える市場は民主党が封印してき
た“公共事業の復活”に踊らされているのだ。というか、裏では株や為
替で差益を引きだしていつでも逃げられるように、酔ったふりして踊っ
ているというのが正しいかも知れない。超大型補正予算と言っても、景
気を押し上げる効果は限定的で、財政を一層悪化させる可能性がつきま
とう。

しかも効果が数字になって現れるのはとても参院選挙には間に合うまい。
早くて1年後だ。加えて本予算は5月成立が最短であり、場合によって
は会期末までもつれ込むかも知れない。参院選に間に合うわけがない。

したがって景気だけに頼った安倍の「安全運転」なる基本戦略の危険性
はここにあるのだ。景気がつかの間のバブルとしてはじけたらどうする
のかということだ。参院選挙は目も当てられない結果となるだろう。

ここで先の総選挙を振り返れば、景気回復はもちろん重要な柱であった
が、基本的には中国の尖閣暴動に反発した保守化の流れが自民党圧勝に
大きく作用した。

自民党内やマスコミは自民党の得票が伸びていないことを“反省”材料
として指摘し、参院選での揺り戻し警戒論が台頭しているが、何も圧勝
して反省する必要はない。

2大政党の票が伸びないままの圧勝は、民主党圧勝の時と何ら変化はな
いのだ。米大統領選では、勝てば公約は確実に実行が求められるし、大
統領はちゅうちょすることなく実行に移す。

ところが安倍は、かねてから指摘しているように“小心翼翼”丸出しの
安全運転だけに徹しようとしているかに見える。それどころか、まさか
やるとは思えないが、与野党首脳が政治生命をかけた消費増税すら封印
しかねない姿勢を垣間見せている。

4〜6月の景気指数によって秋に政府が行う増税の最終判断で、14年
4月実施の先延ばしがあり得ることをほのめかし続けているのだ。

原発も安全なものから再稼働すると宣言して選挙に臨み、原発立地地域
はおろか全国的にもほぼ完勝したにもかかわらず、慎重姿勢に転じた。
原発新設に「国民的な理解を得ながら新規につくっていくことになるだ
ろう」と述べていた方針を覆し、「直ちに判断できる問題ではない。安
全技術の進歩の動向も見据えながら、ある程度時間をかけて、腰を据え
て検討したい」と述べた。

ここは産業空洞化を食い止め、景気回復を促進させるためにも早期再稼
働は不可欠なのだ。夢にも電気料金の高騰をインフレターゲット実現に
“活用”しようなどと考えるべきではない。それこそ本末転倒となる。

安倍が公約に明記させた集団的自衛権行使の確立についても、官房長官
・菅義偉は「行使できる環境を整備したい」と述べ、有識者会議で検討
する方針を明らかにした。

自民党では集団的自衛権の行使を可能にする「国家安全保障基本法」の
制定まで決定しているにもかかわらず、今更「有識者」なる有象無象を
集めて何を議論するのかと言いたい。憲法改正が伴う「国防軍」につい
ては「こ」の字も言わなくなった。

何も有権者がそっぽを向いた日本維新の会の石原慎太郎のごとき極右路
線を取れと言っているのではない。同盟国に対する集団的自衛権などは
世界の常識だ。こうして何でもかんでも先延ばしで、まさに触らぬ神に
祟(たた)りなしに徹しようとしているのが政治姿勢の実態だ。はっき
り言ってこれでは参院選に勝てない。八方美人では勝てないのだ。

なぜなら保守回帰を求めた有権者は自民党圧勝の“核”を構成していた
のであり、ネットでは早くも落胆ムードが横溢(おういつ)し始めてい
る。安倍は自らの参院選大敗を回想して、羮(あつもの)に懲(こ)り
て膾(なます)を吹いているときではない。ここは“びびって”あちこ
ちに物欲しげな秋波を送っているときでもないのだ。


獲得した294議席を背景に、景気対策以外の公約でも“自重”よりも“打
って出る”戦略に転換すべきだ。それこそが道を切り開くのだ。

 (政治評論家)<2013年01月07日>



━━━━━━━━━
ライター規制が奏功
━━━━━━━━━


   平井 修一

使い捨ての、いわゆる100円ライター。以前は着火が簡単だったが、一昨
年秋から「新型ライター」に切り替わった。着火するためにかなりの力
が必要で、これを「チャイルドレジスタンス(CR)機能」というそう
だ。新型ライターの着火は幼児にはとても無理である。

日本喫煙具協会のサイトによると、子供のライター火遊びによる火災事
故が多数発生しており、死傷者も出ている。

東京消防庁のデータによれば、平成11年からの10年間に子供(12歳以下)
の火遊び火災が711件あり、そのうちの7割以上(511件)がライターを使
った火遊び。

また、5歳未満の子供がライター火遊びをした場合、約8割という高い割
合で死傷者が発生している。平成22年4月には、北海道において火遊びが
原因とみられる自動車火災により幼児4名が死亡した。

我が国では経済産業大臣の諮問機関での議論を経て、ライターを消費生
活用製品安全法の特別特定製品として指定し、平成22年12月27日より規
制が開始された。9ヶ月間の販売猶予期間が設けられていたので、実質的
には平成23年9月27日からの施行となった。

今回の規制の大きなポイントであるチャイルドレジスタンス(CR)機
能付きライターについては、日本に先駆けて欧米ではすでに導入されて
いた。

日本喫煙具協会に加盟するメーカーの多くは、日本国内での販売はもち
ろん海外への輸出も手がけている。当然、輸出向けの商品にはCR機能
が必須であるため、業界として何か特別なことが始まったという意識で
はなく、いつでも対応できる体制が整っていた。

「1日でも早くCR機能付きのライターを、との関係者の思いが強く、欧
米での導入時の約三分の一の準備期間しかありませんでしたが、大きな
混乱なく対応することができました。幸い、規制実施後、新型ライター
の火遊びによる火災事故は1件も報告されていません。

一方、消費者側に立ってみると今回の規制の趣旨が完全に浸透している
とは言い難く、実施後には、協会加盟メーカーのお客様窓口には「火が
点けづらい」「不良品ではないか」などのクレームが多数寄せられがて
います。

しかしながら、啓発活動の成果もあって、徐々に理解されてきたように
思います。ただ、家庭にはまだ旧型ライターが眠っているとみられ、今
後は各家庭で、これら旧型ライターを正しく処分し、新型ライターに切
り替えてもらうことが必要だと考えています」(日本喫煙具協会)

子供のライター火遊び事故を防止するためには、安全規制とともに、ラ
イターを子供の手の届くところに置かない等、保管や取り扱いに注意す
るようユーザーに周知することが重要であり、日本喫煙具協会ではユー
ザーに対する啓発キャンペーンを実施している。



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎「愛国教育は中国人の世界観を歪ませた」=英フィナンシャル・タ
イムズ

【大紀元日本1月4日】英フィナンシャル・タイムズ紙はこのほど、昨年、
中国で繰り広げられた反日デモを取り上げ、「中国当局による国民への
愛国主義教育が中国人の世界観を歪ませた」と分析する評論を出した。

陝西省西安市で昨年9月15日に起きた反日デモでは、日本車を運転して
いた中国人男性に重傷を負わせたとして警察に逮捕された蔡洋容疑者は
21歳の男性だった。中国国内メディアの報道によれば、地方からの出稼ぎ
労働者である彼は抗日ドラマを好んで見ていた。

同容疑者の母は息子の傷害行為を弁解した。「学校はずっとこのような
観点を教え込んでいる。つまり、日本は邪悪な民族だと。最近のテレビ
では、大多数の番組とドラマは抗日がテーマで、日本人を恨まざるを得
ないだろう」

1989年に発生した中国の学生民主運動「天安門事件」や東欧革命から、
中国の指導者らは、「共産主義信仰の教育をいっそう強化すべきだ」と
の教訓を汲み取った。

そのため、中国ではそのときから新種の愛国教育が誕生した。それまで
の「階級闘争」教育から「外国侵略に対抗する」教育に軸足を移した。

この新型愛国教育では、歴史が断片的に伝えられ、外国侵略者の凶悪さ
と残忍さが強調され、自国指導者の過ちに一切触れない。その狙いは、
外国の侵略に遭ったとの歴史を利用し、若い世代の民族主義の思想を膨
張させることだ。

そのため、多くの中国人は中国がまだ弱小で、外国の脅威にさらされて
いると思い込んでおり、そんな中国が他国を侵略し、苦しめることはあ
りえないことだと考えている。

中国の若い世代が学校で教わったのは、祖国は永遠に平和を愛しており、
外国侵略の野心は根底からないということ。しかし、遠い昔ではない
1979年、中国の侵攻により中国とベトナム間の中越戦争が勃発した。

中国側では「対越自衛反撃戦」と名付けており、侵略戦争である認識を
する中国人はほとんどいない。

一方、中国人の認識とは対照的に、国際社会の目には、中国は拡張的で、
近隣国にたびたび脅威を与えていると映っている。

フィナンシャル・タイムズ紙の記者は同評論でこう助言した。「中国の
教育制度と中国人の根深い世界観を変えるのは不可能だが、諸外国の指
導者は少なくとも、中国の指導部と国民の、自国と外国への見方と心理
を知っておくべきだ」



 ◎「シェールガス」欧州二分 資源確保…英・ポーランド開発促進 
環境保全…仏なお禁止措置、独も慎重

【ベルリン=宮下日出男】新型天然ガス「シェールガス」をめぐる欧州
諸国の対応が割れている。開発を促進する英国やポーランドに対し、フ
ランスなどは、採掘時に化学物質が使われることなどから環境への影響
が大きいとして禁止措置を取る。

しかし、これまでのエネルギー輸入国を輸出国に変える可能性を持つ
「シェール革命」が世界で注目される中、エネルギーの安定的確保を目
指す欧州も全体としての取り組みを迫られつつある。

フランス通信(AFP)によると、ポーランド政府は昨年11月、2020年
までに総額1千億ズロチ(約2兆8千億円)をエネルギー部門に投資
する計画を公表した。シェールガス開発には50億ズロチを充当。トゥス
ク首相は「大きな投資の始まりだ」と強調した。

経済成長が続くポーランドは発電量の9割を石炭に依存し、天然ガスは
ロシアからの輸入に大きく頼る。欧州連合(EU)の環境目標達成と、
ロシアへの依存脱却を同時に図るため、同国初の原発建設とともに、シ
ェールガス開発はエネルギー政策の柱だ。

国内消費量の「300年分」とされた推定埋蔵量は大きく下方修正され、米
石油大手が撤退するなど試掘段階の開発は難航気味で原発とシェールガ
スの「二兎(にと)」を追うことに懸念も出るが、「エネルギーは政治
の鍵」(トゥスク首相)との姿勢だ。

英国も昨年12月、シェールガス開発を事実上、解禁した。11年に採掘現
場付近で微小地震が発生し、採掘を暫定的に禁じていたが、「科学的調
査」(英政府)の結果、姿勢を転じた。

だが、欧州全体での開発の取り組みは概して低調だ。大量の水や化学薬
品を使う採掘方法が環境に与える影響への懸念が大きいからだ。

ポーランドと並び、欧州最大のシェールガスが眠るとされるフランスで
は前政権に続き、オランド政権も開発を許可しない方針。ブルガリアな
ども禁止や暫定的禁止の措置をとり、ドイツも慎重だ。

一方、ポーランドにとどまらず、ロシアへの天然ガス依存が高い欧州全
体にとって、その供給源が多様化されることは魅力だ。開発に成功し、
天然ガスの価格が下がれば域内経済の競争力強化も期待できる。

欧州委員会のエッティンガー欧州委員(エネルギー担当)は、採算性な
どの問題で米国ほどの開発効果は見込めないとの見方を示す一方、代替
エネルギーとしての潜在力にも注目。「環境への負担回避を前提に、こ
のテーマに集中的に取り組む」との考えを示している。

【用語解説】シェール革命  地中の頁岩(シェール)と呼ばれる硬い
岩盤に含まれる石油や天然ガスによってもたらされるエネルギー革命。
シェールオイルやシェールガスの開発は難しかったが、高圧水で岩盤に
亀裂を入れて取り出す「水圧破砕」技術が確立されたことで採掘コスト
が下がり、開発しやすくなった。

米国は岩盤の質に合わせて水に混ぜる化学物質の量を調整するなど、効
率的な採掘のノウハウを持ち、開発でも先行。一方で、地下水汚染など
の問題も心配されている。

産経新聞 1月6日(日)7時55分配信



 ◎マグロ初値、さすがに高すぎ? 史上最高1億5千万円

5日にあった東京都中央区の築地市場の初競りで、222キロの生鮮本
マグロが史上最高値となる1億5540万円で競り落とされた。昨年出た過
去最高値の3倍という高騰ぶりに、「市場価格をゆがめている」などと
批判の声も上がっている。

午後3時過ぎ、同区築地の「すしざんまい」本店。詰めかけた報道陣と
見物客の前で、木村清社長(60)が朝に競り落とした史上最高値のマグ
ロを解体し始めた。日本刀のような長い包丁を振るって切り分ける。

競り落とした値から考えると1貫あたり4万〜5万円相当だが、大トロ
(398円)などの通常価格で提供した。最高値のマグロを一口でも味わお
うと100人を超す行列ができた。大トロをほおばった女性は「歯ごたえが
あって、甘い。おいしい」。

朝日新聞デジタル 1月6日(日)9時9分配信



 ◎●●◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇写真情報網◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
********週刊AWACS 2013年1月6日********

お正月はゆっくりとできましたか?本年もどうぞよろしくお願いいたし
ます。

新年早々の韓国への秋波も残念ながら新大統領に伝わったのかどうか?
靖国神社放火犯の中国への引き渡しにより韓国は日本の手を振り払って
しまった。中国に尾を振るのは今に始まったことではないので、これが
韓国の言う歴史認識なのか。世界中の数少ない反日国同士、仲が良いよ
うで打算でしか動かない。

では、今週号をお楽しみください。
http://datefile.iza.ne.jp/blog/entry/2970902/

2013/1/6  唸声 



 ◎安倍首相、1月訪米困難に 米側、成果重視で慎重姿勢

安倍晋三首相の1月中の訪米が困難な情勢になった。2期目を迎えるオ
バマ米大統領の多忙さに加え、早期の首脳会談では成果も乏しいと見ら
れるからだ。外務省の河相周夫事務次官は7日にも訪米し、米政府高官
らに安倍内閣の外交方針を説明したうえで、改めて会談日程を調整する。

岸田文雄外相は6日、首相訪米について「大統領就任式の準備などで外
交日程が組めない」と記者団に語り、1月中は難しいとの認識を示した。
首相は就任前の昨年12月18日、大統領との電話協議を踏まえ、「1月に
首脳会談を予定している」と語っていた。

ただ、大統領は「財政の崖」問題を乗り越えたばかりで、21日には2期
目の就任式、月末には一般教書演説を控えている。米側は「首相を迎え
るには時間が足りない」として、月内の会談に難色を示している。

また、現状では環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加問題や米軍
普天間飛行場の移設問題などでの進展は望めない。

外務省幹部は「大統領は会談で具体的な成果を望んでいる」としており、
米側が早期の首脳会談に慎重姿勢を示しているようだ。1月末に通常国
会が始まると首相が予算審議に縛られ、訪米がさらに遅れる可能性もあ
る。

朝日新聞デジタル 1月7日(月)3時1分配信



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)民主党は何も解っていない:前田 正晶

あと10日であの選挙から1ヶ月も経とうというのに、民主党は未だに自分
たちの無能と無為無策で国を弱体化させたのみならず、3年前に彼らにや
らせてみようとのとんでもない気の迷いを起こした多くのか一部の国民
の皆様に見放されたのが、自分たちの至らざるためだったと認識できて
いない。

私は何も驚かないことだが、あの程度の政党に国政を担わせたのは、い
くら悔やんでも悔やみきれない。

また、困ったことに一部の評論家やマスコミが自民と民主の両党が獲得
した票数を採り上げて、自民党が本当に勝ったのではなく民主党の自滅
であるとでも言いたいような論調を展開している。これでは、一部の民
度の低い層には「民主党も捨てたものではなかったのか」という類いの
錯覚を起こさせかねないのではないか。

私は断固として違うと言いたい。民主党が繰り出した3人の総理大臣が後
から後から手を変え品を変え繰り出したガラクタ閣僚とでも言いたい一
山いくらの大臣と、その失態と失言を見れば、ばらまき政治の醜態とと
もに、国民の皆様が彼らを見切ったのは当然の結末ではなかったか。妙
な方向に世論を誘導させてはならない。

それだけはない。57名の議席しかなくなった民主党が、あれ以来テレビ
の対談や討論会に送り出す人材が払底し、もはや残っているのは一見温
和風で理論的且つ良識的な感じを漂わせる長妻くらいしかいなくなった。

その長妻でも何かと言えば3年間に残した取るに足らない実績を採り上げ
て「我が政権はちゃんとした成績を上げた。マニフェスト通りにできた
項目もある」と強弁する始末だ。

彼らはあのような場に出て、潔く自党の至らざるを認めて反省の態度を
示すという感覚の持ち合わせがないようで、自分たちに向けられた批判
と非難に抵抗するだけである。

私はあそこまでその無能ぶりと失態が明らかになってしまった以上、少
しでも反省してみせれば風向きも変わるかも知れないという態度を見せ
る勇気がないと見ている。

評論家やマスコミにはリベラル派というか左巻きが多いのか、私が見聞
した限りでは民主党の政党として欠点と欠陥を真っ向から指摘するので
はなく、かえって安倍内閣の経済政策を批判するとか中韓両国の右傾化
批判を採り上げる始末だ。私はこの姿勢には世論をミスリードいかねな
い危険を見いだしたくなる。

現在の我が国にとって最も必要なことは、失われた3年3ヶ月の失政によ
り弱体化した国を正常な軌道に戻すことで、安倍内閣の批判をしている
暇などないと思っているが、如何だろう。

民主党も顕微鏡的な手柄を語っているべきではなく、前非を悔いて事態
の改善に手を貸すべき時だろう。何れにせよ、民主党政権が消滅してサ
ッパリした。



 2)【面白映像】のカラパイアにこんな動画がありました。
ご覧ください。

★人類が誕生してからしてきたことを自虐的シュールに描いたショート
フィルム「MAN」 

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52113700.html

(品川 阿生居士)



 3)日経新聞が竹中再登板をめぐる閣内の対立について書いているが、
「構造改革」とか「小さな政府」論以前の問題だろう。この人物の節操
のなさは群を抜いている。

小泉政権時代、「虎の威を借る狐」と誰かが評したら「狐が聞いたら舌
を噛んで死ぬだろう」「狐は自分で餌を取ってくる」と散々な言われよ
うだった。

筋が悪い人間ばかり好むのは安倍首相の宿痾らしい。飯島を入れておい
て正解だった。(夏子)



 4)明治新政府の参議副島種臣(書家蒼海でもある)は、「千島は固
より日本の領土であるが、所属の明らかでない樺太だけは、ロシア政府
から200万円で買収しよう」という事を主張し、ビッツオフ駐日ロシア公
使との間にその内諾まで得てた。 

ところが、副島は「征韓論」で敗れて下野し、政府部内では、開拓使次
官黒田清隆以下の北海道開拓を第一とする「樺太放棄論」が有力であっ
たために、樺太と千島の交換条約となってしまった。(ネットで見付け
た文章を骨子に加筆)

1867年3月30日にアラスカ割譲(5米ドル/km2)があった。 副島種臣が
下野したのは、1873年10月だから、アラスカ割譲からわずか6年程度で
樺太買収策を考えていたことになる。

しかも25円/km2の買収価格だから破格だ(当時のレートは1ドル1円)。
米国並みの壮大な考え方は、日本にもあったしロシアも疲弊していた。
しかし、それにもかかわらず、その考えを捨て1874年1月21日樺太と千島
列島の交換提案をしてしまった。

2005年、ユネスコの世界遺産に登録された、これ以降、手つかずの自然
を将来に残そうという機運が、より一層効いてきたという。 手つかず
どころか、すでに多くの人々が知床半島で自然と共存して暮らしてきて
いたし、放置していった遺物も多く、知床三堂も廃校などを起点として
いるのだが、毎年6月の例祭ではその先の領土への思いは熱くなるのだ
ろうか。

見方によっては、樺太を手放したように、手つかずの自然で開発しがた
い地域を国土の端に作れば、その先にある千島に連なる地域を手放すき
っかけ作りをしているのではなかろうか。半島の先っちょまでロシア赤
軍が銃を構え、軍港を作り、朝鮮民族を受け入れて開発をしているのに、
暢気だ。

北海道が頭なら、樺太は左の角であり千島は右の角だ、そんな鹿の頭の
ように見てみると、ともに失うべきではない地域。確保すべき土地であ
り、渡してはならない執念の土地だ。

自衛隊は、必ず取り返えそうと思っている国との衝突も視野に入れて、
あらゆる島の確保(奪還)のための訓練をはじめるようだ。 そのため、
最後には(最初かもしれない)上陸作戦が要るから、垂直に離着陸の出
来る飛び道具が必須だ。オスプレイに対し執拗に否定的な言動を繰り返
すのは、この飛び道具を持たせないようにするためということらしい。

原発の帰趨を論じるとき、コスト削減の世の中の流れに乗らずに、コス
ト増となる人海戦術だけを頑なに上げる人々がいる。国富の流出阻止と
国防、領土安寧のために 中国古代兵法の「戦わずして勝つ」という思
考がない。原発は今日のエネルギーと、明日の安全を確保する術となっ
ていることに目をつむってはならない、沖縄だけが集中して国防に寄与
しているわけではないのだ。

北の話題ではじめたが、南の話題にまで来て、こんどは南北の端から目
を転じて国土の中央にある原発の取扱い問題に至ると、一貫して何かが
狂っていることに気づく。日本人が安全であるためには、そして同じよ
うな考え方を持つ世界の人々が安全であるためには、拠って立つ位置、
つまり領土の確保が必須なのに、その思考がなかった。

明治維新の時から始まってしまった領土軽視というか執着心のない暢気
な性格の国民性の延長を改め、そろそろ来し方を振り返って、少なくと
も同年数掛かりの長い目で見ていくことだ。      (酒井 富雄)   




 5)国債償還は考えるほうが おかしいのでは?

山堂コラム・ドサクサで生まれた消費税。山同コラム曰く「しかし国の
場合は夜逃げしようにも夜逃げする先がないのである」

正常な日本人の考えです。もっともだと私も思います。

しかし もう一人の自分が頭の隅で呟いています。夜逃げ?どうして?日
本の場合借金はほとんど日本国民からの借金だな、日本政府と言えば国
民から言えば親も同然なんとかしてくれると思って居る。、

まてよ親なら子供から借金してもOKだな、内輪の問題だ払えねぇと言
っても 子供が親にさぁ払えと言っても どこにも言っていく先は無い。
そう言えば爺さんが戦時国債は消えて無くなったと・・・・・・ははぁ〜
・・・ 国は国民に払う気はねぇのだな。戦時国債と同じ事を狙っている
と・・・・・・頭の隅の 妄想で終われば いいのですが。(へたこ)



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


今更、角福戦争でもないが、既に「昔」のことになりつつある。だが自
民党は未だに角福戦争の尾をまだ引きずっているように思う。筆者にとっ
ては回顧録みたいな話だが、あえて書いてみた次第。

安倍首相は途端に慎重になったが、私は此れでよろしいと思う。勇まし
いことを吠えても突いてくる人が少なければ。

署名なき投書は採用しません。必ずご本名を記した上にハンドルネーム
か「匿名希望」かを書いて下さい。


ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp

読者:5125人

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/01/08

    http://urinews.livedoor.biz/archives/22057661.html「化学調味料ばかりの韓国料理店…消費者に選択させよ」

  • 名無しさん2013/01/08

    http://master-asia.livedoor.biz/archives/7670798.html朝鮮学校への補助金に対し、黒岩神奈川県知事「国の無償化見送りと県は別」

  • 名無しさん2013/01/08

    http://shinjihi.tumblr.com/post/33715956313韓国人を良く理解できるブログ。こんな在日朝鮮韓国人達を帰化させて大丈夫ですか?/私には韓国から帰化した女性の友人がいます。彼女が私に様々なことを語ってくれました。

  • 名無しさん2013/01/08

    http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/b5930b38e346a68b6148b68b90bed99c名言誕生 夏目漱石「余は支那人や朝鮮人に生れなくつて、まあ善かつたと思つた」

  • 名無しさん2013/01/08

    純資産は、返さなくてもいいお金だが、その代わり“株主の期待利回り”という国債+αの配当利回りを提供しなくてはならない。(株は国債よりリスクが高いと考えられるため) その利回りは、数%〜10%程度求められる。 つまり! “自己資本は有利子負債より調達コストが高い!”のである。

  • 名無しさん2013/01/08



    安倍政権による国土強靭化で土建屋は潤うが我々の先祖が守ってきた日本の自然は更に破壊されるだろう。その財源は国債と財政健全化のために消費税増税のはずの消費税だ。借金して自然破壊して土建屋は潤うだが殆どの人はその恩恵を受けない。既得権益集団である土建屋村を破壊しなければ。



    安倍政権は国際を5兆円も追加発行するため、12年度の発行額は約50兆円に拡大する。

  • 名無しさん2013/01/08

    【参議院に必要ない人・福山哲郎どの・民主党 】ご貴殿は、帰化に付いて鋭敏に隠蔽している様ですが、国民は帰化自体を拒んではいない。国民に不利益になる様な法案を、隠密裏に法制化し様とする帰化人議員の行為を危惧しています。日本国は日本人の祖国であって、外国人の為に存在しておりません。

  • 名無しさん2013/01/08

    ゆめゆめ韓国の挑発に乗らないようにしたいものです。

     これらの貸しは参議院選勝利後にきっちりお礼をしてあげればいいのです。今は親韓国の公明党がコバンザメのようにくっついちゃってるからね。

  • 名無しさん2013/01/08

    円相場も少しずつ良くなって、日経平均が上がるのは良いことだが・・・そんなに国債発行していいのか?アベノミクス!

  • 名無しさん2013/01/07

    http://www.tokuteishimasuta.com/archives/6850877.html【速報】 キムチ入り弁当でノロウイルス患者1900人発生!広島、過去最多 ついにパンデミックへ

  • 名無しさん2013/01/07

    選挙制度の改革は必要で、小選挙区制は、日本では民意を反映しないことは明らかです。人工的に二大政党にするには、無理がありますね。昔のように資本主義VS社会主義という時代なら別ですが。中選挙区制度の方が連立ありきの政策決定なので、むしろ安定するかもです。

  • 名無しさん2013/01/07

    国債はそりゃ円安ドル高で売れるだろうけどこれ借金だからね。国担保の。「円安が進むと」「雪ダルマで返さなきゃいけないんだよ。」90円が150円になることはそういうこと。

  • 名無しさん2013/01/07

    日本の国債発行が税収を上まわったは戦後の混乱期の昭和22年以来。その後のインフレの反省から財政法が生まれた。話題にならないのが不思議だが2013年度の予算は国債が税収を超える。今後のインフレは確約されたようなものだけど、インフレが目標だとは、ふざけるなと言いたい。

  • 名無しさん2013/01/07

    どんどん韓国を反日に どんどん日本を嫌韓に それが結果として日本が半島紛争に巻き込まれないためになる” - 米国 「今のままなら朝鮮戦争が再開しても、日本は韓国に協力せず、無視することができる」





    政治家でも芸能人でもテレビ局のキャスターでも誰でも、日本を貶めようとする発言をするのは、日本人になりすましている在日帰化人ばかり。直ぐにお里がわかる。(爆)

  • 名無しさん2013/01/07

    カーニバルというと私のような人間は、ついリオのカーニバルでド派手なコスチュームをまとって、熱狂的にセクシーな姿で踊るブラジル女性を想像してしまいますが、本当はもっと深い意義もあるようです。

     

     

     

     わかったことは、この、「我を忘れて熱狂的にパレードしている」ような時にこそ、実は神様も人間といっしょになって、盛り上がっているということでした。

     

     

     

     日本に古来から伝わる神社のお祭りなどにも、まさにこれと同じことが言えるでしょうね。

     

     

     

     たとえば、「諏訪の御柱祭」なんかは、その典型ですね。

     

     

     

     以前諏訪神社に参拝に行った時、控え室でその御柱祭りの様子が流れていましたが、それはそれは熱狂的なお祭りでした。

     

     

     

     あまりに激しく、熱狂的すぎて、毎回、怪我人まで出るほどです。

     

     

     

     でも、お祭りで怪我しても、地元の人は名誉なことくらいにしか思ってないようなので、それにも驚きましたけどね。

     

     

     

     そして、こういう「我を忘れて熱狂的に盛り上がる」状態のとき、理屈抜きに神様と人とが交流しているわけですね。そしてさらに、人はそのときに、たくさんの元気や運気を神様からいただくわけです。

     

     

     

     変に理屈ぽかったり、傍観者のように冷めた目で見ていたりすると、神との交流は出来ないし、良い運気もいただけないわけです。

     

     

     

     これこそが、日本人に古来から伝わる「お祭り」の本当の意味なのでしょう。

     

     

     

      こういう意味を、体でなんとなく知っているからこそ、日本人はお祭りが大好きなのかもしれませんね。

     

     

     

     

     

     どうぞ今年も、皆様にとって、素晴らしい年になりますように。

  • 名無しさん2013/01/07

    現在の天皇ご一家並びに各宮家の内廷費は、年間約5憶円。国民一人当たりの税金負担約5円。旧皇族復帰で15宮家になっても25円…各自治体の在日特権免税並びに在日生活保護、全ての合計約3兆円。国民一人当たり税負担約3万円。25円と3万円。酷い!

  • 名無しさん2013/01/07

    反日売国の在日が日本を弱体化させる工作活動を一日中できるのは、外国人の生活保護費受給のせい。

  • 名無しさん2013/01/07

    戦時徴用労務者は【245人】昭和40年代に全員帰化済み。それ以外の在日は密入国か犯罪者。強制連行で日本にいる朝鮮人は0人。

  • 名無しさん2013/01/07

    日本にいる朝鮮人は、帰化にせよ、在日にせよ。他国で暮らすことが彼らを強くした。金、権力、暴力の三つとも制覇したのだから。いま怖がって暮らすべきはわれわれ日本人のほうだ。安倍政権を守りきれるかどうかが、挽回の最後のチャンスといって過言ではない。危機意識をもとう。

  • 名無しさん2013/01/07

    近所で公明党や民主党のポスター貼ってる家はなる程ねと思う。もちろん通名の在日か同和か帰化人か、情弱キの字の日本人。幸福実現党のポスターはマジキチ。共産党・社民党も同和在日反日のアカ巣窟。生活協同組合coopは共産主義に基づいて経営してるので皆で貧乏になってゆく仕組み。

  • 名無しさん2013/01/07

    たとえ帰化しても反日であればそれは日本人と呼べるでしょうか。私は呼べないと思いますし、日本人だと思いたくもありません。日本国籍返してもらいたいですよ。だって日本嫌いなら帰化しなければいいじゃない。なのに「日本国籍を取って反日活動をする」これでは工作員ですよね。

  • 名無しさん2013/01/07

    韓国に対する買いかぶりはまだまだ酷いです。嫌韓の人ですら、知らず知らず韓国ステマしてるぐらいです。韓国社会はアジアの最貧国である北朝鮮ほどにも機能していません。その韓国に今の水準の生活を与えているのは日本です。韓国を買いかぶると、日本の重い負担が理解できなくなります。

  • 名無しさん2013/01/07

    韓国対策(1)スパイ&技術流出防止法の制定(2)渡航禁止命令(3)性犯罪者等の入国管理厳格化(4)オープンスカイ協定破棄(5)スワップ協定破棄(6)韓国国債売却(7)竹島・日本海呼称問題の断固たる対応(8)対馬など治安・防衛体勢の点検(9)日本国内の芸能活動禁止

  • 名無しさん2013/01/07

    アメリカみたいに、 過去の犯罪歴を渡航許可の条件に挙げればいいんよ。 過去の反日活動歴ありは渡航禁止、帰化などもってのほか。

  • 名無しさん2013/01/07



    仮に、60兆円の「赤字国債」を、年率1%の利息で銀行に買わせた場合、

    利息だけで、年間60億円になる。これを返すのは、国民の支払う税金であることを忘れてはならない。





    財政健全化というワシントンコンセンサスは万古不変の定理。





    30年超長期国債利回りが2%に上昇、2011年12月1日以来

  • 名無しさん2013/01/07

    在日三世四世は祖父や祖祖父の作り話を信じて疑わない。密航した後ろめたさも感じていない。反日精神は薄れるどころか逆に強まっている。親日の顔と反日の顔を併せ持つ在日の上辺に騙されるな。本当の親日なら帰化して日本社会に貢献している。