政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針2837号  2013・1・4(金)

2013/01/04

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 2837号
□■■□──────────────────────────□■■□



        2013(平成25)年1月4日(金)



                                   元旦社説の読み比べ:泉 幸男

                         平成の奥羽越列藩同盟が成るか:古澤 襄

                        減税は98%の納税者とは無関係!:宮崎正弘

                               孫崎享氏を国会に呼ぼう:古森義久

                                  トウ小平の刺身以後:渡部亮次郎

                           話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第2837号
                              発行周期 不定期(原則日曜日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━
元旦社説の読み比べ
━━━━━━━━━


    泉 幸男

平成癸巳年、あけましておめでとうございます。

ことしは芝居やアートを見る側から踏み出して 企画制作に乗り出しま
す。 6月には三島由紀夫作品の朗読劇とライブペインティング(即興
画)、ピアノ演奏の協同企画を、新宿区大京町の Artcomplex Center of
Tokyo で開催いたします。

徳川時代の浮世絵文化のこころを継承して「役者絵」プロジェクトにも
挑みます。旬(しゅん)な女優さんを日本画家に描いてもらい複製プリ
ントをファンに提供します。

都内の画廊と共同で、ハワイ在住の画家の日本初個展の開催も目論んで
います。今年も感動あふれる年に!

こんな道楽を支えてくれる本業の総合商社勤務は、海外電力事業への投
資の仕事をしています。実業でいただいたおカネでアートの世界を元気
にして、ぼく自身も元気を頂ければと思っています。

皆さま、よいお年を!

勤務先の商社の職場でよく使う表現に「椅子から転げ落ちそうになる」
というのがある。

【用例】
「おまえのメール読んだら、税制が変わって来年は4割減収だって? 
椅子から転げ落ちそうになったよ」

【意味】

ひどく驚くさま。

東京新聞(=中日新聞の首都圏版)の元旦社説を読んで、椅子から転げ
落ちそうになった。

■ 無欲でなく大欲を説いた石橋湛山だが ■

≪満州事変から熱狂の十五年戦争をへて日本は破局に至りました。三百
万の多すぎる犠牲者を伴ってでした。湛山の 非 武 装 、非侵略の精神
は日本国憲法の九条の戦争放棄に 引継がれたといえます。≫と、東京新
聞は書く。

「日本国憲法制定以前に非武装を唱えていた論者」という汚名を着せら
れ、あの世の石橋湛山(たんざん)翁もさぞやお怒りだろう。

36歳の石橋湛山は、大正10年7月の『東洋経済新報』社説にこう書いて
いる。

湛山の真骨頂。少し長いが引用する。

≪吾輩は今の世界において独り日本に、欲なかれとは註文せぬ。人 汝 
の右の頬打たばまた他の頬をも廻て、これに向けよとはいわぬ。

否(いな)、古来の皮相なる観察者によって無欲を説けりと誤解せられ
た幾多の大思想家も実は決して無欲を説いたのではない。 

彼らはただ大欲を説いたのだ、大欲を満たすがために、小欲を棄てよと
教えたのだ。 

さればこそ仏者の「空」は「無」にあらず、無量の性功徳を
円満具足するの相を指すなりと言わるるのだ。 

しかるに我が国民には、その大欲がない。

朝鮮や、台湾、支那、満州、またはシベリヤ、樺太等の少しばかりの土
地や、財産に目をくれて、その保護やら取り込みに汲々としておる。 従
って積極的に世界大に、策動するの余裕がない。≫

バランスのとれた正論である。とても「非武装」論者の説とは読めない。

わたしなど「中国への長期投資は控えて、基幹部品・素材の輸出に特化
せよ。投資したければ、中国にこだわらず広く世界に目を向けよ」と言
い続けているのですがね、まさしく湛山流の大欲を説き続けていたわけ
ですね。

■ 「無軍備を誇るのは迷信」 ■

日本国憲法制定後も、石橋湛山は健全な批判精神を保ち続けた。

ウィキペディアからの引用になるが、

≪(湛山は)私的に記した日記の中でも、1950年の記述で、「今日の世
界において無軍備を誇るのは、病気に満ちた社会において医薬を排斥す
る或種の迷信」と非武装中立の主張を公的な発言以上に辛辣に評しても
いる。 

1953年の総選挙では、鳩山自由党の政策委員長として政策をまとめて
「憲法を国情に適するように改正」「戦争否定の精神は国策として存置
するが、戦争発生防止のため自衛軍を組織する」などを明記した。≫

 この湛山のどこが「非武装」論者であろうか。

東京新聞・中日新聞の勉強不足は「熱狂の十五年戦争」という形容にも
明らかだ。

日本史をまともに勉強したなら、満州事変から敗戦に至る時代を「熱狂
の」とは形容できまい。

それはむしろ、指針のない、苦渋と混迷の15年だった。

■ 混迷なき時代が求める長期安定政権 ■

それに比べて平成25年は、国の課題と向かうべき方向が極めて明確な、
混迷なき時代と言える。

わたし流にいえば、「GHQなき昭和21年」と形容したいくらいだ。

国民のいのちと暮らしを守るために、国力を高める。経済停滞を招いた
日銀主導のインフレゼロ路線を捨てる。ボロが出始めた老朽インフラの
更新を、ムダを抑えつつ実現する。

「原発が止まるとホントに電気代って上がっちゃうのね」「大規模な太
陽光発電所を作っても、けっきょく電気代が上がるだけだな」そういう
当たり前のことに、ようやく過半数の国民が気づきだした。

「尖閣諸島を中国へ明け渡せば万事解決するなんてレベルの問題ではな
いらしい」という、当たり前のことに気づく国民も増えてきた。

とどまることを知らない軍国主義中国を抑え込むには、米国・豪州・東
南アジア・インドと連携した「自由と繁栄の弧」(麻生太郎外相の提唱)
が欠かせないことも実感される時代になった。

こういう基本的認識で一致しているのが、日経・読売・産経の社説であ
る。そのうえで読売・産経は、安倍政権が参院でも過半数を確保して長
期安定政権を実現することに期待している。

■ 自社の混迷をさしおいて ■

朝日新聞の主張に沿いつつ政治を行った民主党政権の失態。

とりわけ鳩山由紀夫首相は、朝日新聞の臭いがぷんぷんするひとだった。
現実無視がその場かぎりの言動につながり、普通人には「嘘つき」に見
えた。

それでも鳩山首相を liar と呼んでは国際問題になるから、米国人も
loopy (うすらバカ)と呼んで武士の情けを示した。

総選挙の大敗を受けて、さぞや社内も混迷していることであろうと思っ
たら、さすが朝日である。混迷しているのは社内ではなく、「時代」な
のだそうだ。

≪混迷の時代の年頭に
 「日本を考える」を考える≫

と来た。

課題も打開策もクリアなこの時代を、かってに「混迷」呼ばわりしない
でほしいものだが、朝日は言う。

≪こう問うてみたい。私たちが抱える、うんざりするような問題の数々
は、「日本は」と国を主語にして考えて、答えが見つかるようなものな
のか、と。≫

■ 「国」という枠組みを利用する ■

世の中の成果も問題も、日本国の中央政府が主語であることは確かにそ
れほど多くない。

経済の活性化は、数多くの私企業の決断と頑張りにかかっている。文化
の振興は、こころざし高い藝術家やプロデューサーの意気に負う。

では、私企業や藝術家の頑張りに、ふつうの国民がどうすれば関わって
いけるだろうか。国民が声をあげ手をさしのべるには、やはり「国」と
いう枠組みを利用するのである。そのために国家は存在する。

国民の意思を代表する「国家」という広場を通じて、私企業や藝術家が
力を存分に発揮できる世の中にしたいと、そう願う。

だから我々普通人は、「日本は」と国を主語にして答えを見つけようと
するのである。

■ 「公船の派遣」? ■

小朝日と定評のある毎日新聞。

≪力による現状変更を仕掛けてきているのは明らかに中国側であり、日
本はあくまで対話と法理で問題解決を図ろうとしている。こういった日
本の立場と主張を、アジア諸国を中心に世界に対し粘り強く丁寧に説明
し、理解を得て仲間を作る。決して孤立化しないことだ。≫

 小朝日にしては、まともな主張である。
 しかし次の一節は、たちまち甘ちゃんだ。

≪まずは、強硬路線の悪循環を排し現状維持の緊張に耐え抜くことだ。
そして、対話と妥協の機をうかがう。

例えば、中国は公船の派遣をやめる。日本も外交問題はあることまでは
認め、話し合いのテーブルにつく。≫

「公船の派遣」という一節を読んで、何を言っているのかしばらく分か
らなかった。あぁ、「海洋監視船による領海侵犯」のことか。 

領海侵犯を称して「公船の派遣」ですか。やはり毎日新聞は中華共和国
の新聞か。領空侵犯も、「政府航空機の派遣」と呼ぶのだろうね。

領土問題があるとまでは認めず、しかし「外交問題」はあると認めれば
話し合いは始められる、というのが毎日新聞の主張だ。

たしかに中国共産党はそれを望んでいる。しかし日本は諸外国を味方に
つけながら、中国に対して門前払いを貫くしかないのである。

ん? いつまでも門前払いしている場合かというあなた!

待ってました。いますぐ百万円、わたしにください。少なくとも、わた
しと話し合いの席についてください!門前払いはなし、でしたよね。授
業料、いただきます!



━━━━━━━━━━━━━━
平成の奥羽越列藩同盟が成るか
━━━━━━━━━━━━━━


         古澤 襄
 
「もうニュースにはならない」と思いながら、朝日新聞<滋賀県の嘉田
由紀子知事は、兼務している政治団体「日本未来の党」の代表を辞任す
る意向を固めた。4日の定例会見で明らかにする。後任には阿部知子衆
院議員を充てる予定で、自身は顧問などの形で団体に関わる見通し。6
日に開く会合で正式決定する>の記事を読んだ。読売新聞も「4日にす
べて言います」と言った嘉田氏のことを伝えている。

<滋賀県の嘉田由紀子知事が、政治団体「日本未来の党」の代表を辞任
する意向を固めた。

複数の関係者が明らかにした。4日に記者会見する。嘉田氏は、国政政
党役職との兼務解消を求める決議を県議会から突きつけられており、批
判をかわす狙いがあるとみられる。

嘉田氏は、衆院選公示直前に結成された国政政党「日本未来の党」の代
表を務めたが、衆院選で惨敗。同党は分裂し、嘉田氏は阿部知子衆院議
員とともに、党名を引き継いだ政治団体を結成していた。

政党代表を退き、嘉田氏は「決議には反していない」との認識を示して
いたが、議会側が反発。来年度の県予算案審議などを目前に控え、「こ
のままでは、県政運営がもたない」と判断したという。

嘉田氏は3日、読売新聞の取材に対し、「4日にすべて言います」と述
べた。(読売)>

嘉田氏はすでにニュースの対象外だが、生活の党の小沢一郎氏の動向は、
7月の参院選を前にして注目の人である。例によってメデイアの取材を
避けながら、深く潜航している。

元日に都内の私邸で開いた新年会で小沢氏は「衆院選では(第三極が結
集していれば)票数では自民党に負けていなかった。今夏の参院選に勝
負をかける」と述べた。

その通りである。

問題は野党に転落した民主党を含めて、第三極が結集できるかに懸かって
いる。私は平成の奥羽越列藩同盟(おううえつれっぱんどうめい)が成
るのか、といった目で小沢氏の動きを追っている。

列藩同盟は”奥羽越”という限られた地域の軍事同盟だったが、明治新
政府を脅かす31藩による同盟であった。事の重大さを知った薩長連合
は、大砲など最新兵器を投入して東北に侵攻、さらには31藩の分断工
作を行って、奥羽越列藩同盟を崩壊させている。

小沢氏は「日本維新の会の橋下徹代表代行も、みんなの党の渡辺喜美代
表も選挙協力の必要性を分かっていなかったが、衆院選の結果を見て分
かったのではないか」と指摘している。

言うなら自民・公明連合を薩長連合に比すなら、迎え撃つ野党は小異を
捨てて大同につく同盟で選挙区調整を早く決めないことには、また自民
党の独り勝ちを許すことになる。

「自民党の独り勝ちを許すわけにはいかない」と小沢氏は参院選での巻
き返しに強い意欲を示したが、維新の会もみんなの党も小沢ペースの選
挙協力には二の足を踏んでいる。

出来るとすれば海江田民主党と小沢生活の党の選挙区調整にとどまる気
がする。これを列藩同盟の成約にまで持ち込むには、かなりの力仕事に
なる。さて、どうなるか。

2013.01.03 Thursday name : kajikablog



━━━━━━━━━━━━━━━
減税は98%の納税者とは無関係!
━━━━━━━━━━━━━━━

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
     平成25(2013)年1月4日(金曜日)
        通巻第3850号 <新春増大号>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 あの予測的中の有名教授ルービニがまたまた吠えた
  「減税は98%のアメリカ人納税者とは無関係ではないか」
********************************

米国連邦議会は大晦日から新年にかけて、連日「財政の崖」を回避する
ための法案つくりに余念がなく、1月1日、ついに与野党の妥協が成立し、
中間層の減税はそのままとして、45万ドル以上の富裕層への増税を認め
るとした。

(全米で45万ドル以上の所得がある富裕層は2%と推定される)。

この報を受けて、ウォール街は歓迎し、NYダウは200ドル以上の値上げ
になった。

市場関係者は喜んだが、はたしてこれでオバマ政権は「財政の崖」とい
われる深刻な問題を克服したといえるのか?

 NY大学のルービニ教授が言う。

「たしかに議会決議は『財政の崖』に転落することを避けたけれども、
二ヶ月後、つまり3月1日から1100億ドルの税制カットが開始されるのだ。
つまりわずかの時間稼ぎをしただけで、小さな政府を志向する共和党と、
医療福祉予算維持にこだわる民主党との間に、基本的合意は存在せず、
税制改革の議論は付加価値税を増税するか、所得税率をあげるか、なお
決着を見ていない。

今回の措置は、オバマ政権は向こう10年で6億ドル削減を主張しているだ
けであり、当初の財政削減目標は10年で1兆4000億ドルの話ではないの
か」(フィナンシャルタイムズ、2月2日付けより要訳)。

ヌリエル・ルービニ教授が世界的に有名なのは、2008年のリーマンショッ
クを早くから予測して警告したこと。また「中国経済のハードランディ
ングは2013年に始まる」と昨春から自信満々に予言していることである。
同教授の著作は数点、日本でも翻訳版がある。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ 読者の声 どくしゃのこえ 読者の声 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)2013年は世界が激変する予感がします。日本は安倍政権
が誕生し、なんとかデフレに歯止めがかけられるか、といったところ。
2
012年に竹島に上陸した李明博大統領と尖閣への領海侵犯を繰り返した中
国政府は安倍政権誕生を後押ししてくれました。

日本は戦後憲法・教育などでバラバラになったといわれますが、中韓の
脅威でかなり目覚めてきたように思います。年末年始に堀田善衞の「上
海日記」を読んでいたのですが、1946年7月の日記で羅家倫著「黒暗暴雨
至明霞」からの引用を紹介しています。

「感謝日本的飛機大砲〜」と続くのですが、日本軍機の爆撃により、ま
とまりを欠いていた我が民族が鉄のごとく団結できたこと、自覚の足り
なかった大衆が目覚めたこと、衰弱退廃した思想が霧散したことに感謝
する、といったくだりなど、最近の日本人の覚醒につながります。

媚中派政治家の振る舞いを見るまでもなく、今の日本人がいかに危機敵
状況にあるのか、丹羽元中国大使など日本は中華圏で属国になればいい
とまで言った。反日政治家・マスコミはまだまだ安倍叩きに余念があり
ません。日本人が本当にまとまるにはまだ道なかば。反日マスコミをな
んとかしないといけませんね。

「上海日記」を読むと中国がいわゆる近代国家とはまったく異質のもの
だというのがよくわかります。

堀田善衞氏曰く。

「中国はかくして生き伸び生き生きてゆく国なのであらう。中国世界以
外の諸国民にとっては絶望的な人の集った土地である」と洞察している。
この本を読んでいると日本・汪兆銘政権統治下の上海がいかに治安が保
たれていたかがわかります。

上海も北京も住民の暮らしが厳しくなるのは日本人がいなくなり内戦が
激しさを増してから。昭和20年の中国といえば満洲の悲劇ばかりが強調
されますが、日本軍が武装解除に応ぜずソ連軍の侵攻をくい止めた内モ
ンゴルの日本人は無事に内地帰還しています。

上海でも汪兆銘政権下だった中国人は反日というわけでもなく、国共と
も日本人を取り込もうとしていたりする。

興味深かったのが上海のとある役所の光景。引揚げ日本人から奪った着
物・靴・蚊帳・下着まで山積み。中国人はあらかた荷造りを終え、好き
なものを持っていけという。

全て失った引揚者の敗戦と、敗戦後も毎日酒を飲み文学談義にふけり女
のことを考えている筆者とのものすごい断絶。敗戦前の1945年8月の上海
では、2年ぶりに寿司を食べた、とか宿酔いになったとかが頻繁に出てく
る。

故山本夏彦氏のコラムでも戦時中でもほとんど食べ物に苦労したことの
ない人の話がでてきます。戦争中でも物資はあるところにはあるものな
のだとわかります。中国の日本軍は降伏時、3年分の蓄えがあったといい
ますが、多分本当なのでしょう。

日本軍の備蓄・兵器をより多く分捕った共産軍が優勢になりアメリカの
工作もあり蒋介石は台湾に追いつめられた。昭和時代の日本映画では日
本軍での政商と結びついた軍人の物資横流しとか、勝新太郎の「兵隊ヤ
クザ」でも物資を横流しする上官などがでてきました。そういった事件
もあったのでしょう。

それでもそんなものは中国の高官の蓄財とは比べものにならないレベル
です。

日本と中国とは永遠に分かり合えないものなのだ、という認識がなけれ
ば日中の交流など不可能なのだ、と思ったほうがいいのかもしれません
ね。(PB生、千葉)



(宮崎正弘のコメント)掘田善衛、懐かしい名前を聞きますね。あの頃
「第三の新人」とか、日本文壇も健全そのもの、左翼作家も華やかでし
たね。

堀田は富山県高岡の廻船問屋のせがれ、上海で国民党に徴用され、引き
上げ。体質的に反政府系の考えでしょうが、芥川賞受賞の『広場の孤独』
から『ゴヤ』まで。とりわけ『インドで考えたこと』は大ベストセラー
でした。
左翼と言っても、堀田の場合、どこまで確信的なのか、心情左翼なのか、
わからない所があります。あるいは開口健のように途中で共産主義の本
質に嫌気がさしたか。



  ♪
(読者の声2)政治というと大所高所の話ばかりである。しかしch桜
で日下公人氏が語っていたことが印象的だ。すなわち、ほとんどの左右
の政治家の動機は、莫大な日本政府の金狙いだ、ということである。

政治権力を握って大金庫を開ける。そしてさまざまな名目で盗み出す。
民主党勢力もこの3年で大金を得ているのだろう。これは過去の自民党側
も同じである。

我々、国民はどう腐敗しきったエセ政治家から国民、国家の財産を防衛
するのか。

今年は参議院選挙がある。良い候補者を選び、戦略的に投票し、少しで
も前に進めるしかない。大変な状況になってきた。  (東海子)


(宮崎正弘のコメント)分かりやすいですね。政治の本質はゲバルトで
すが、日本のそれは「ごっこ」ですから、政治ごっこの本質はその通り
でしょう。




━━━━━━━━━━━
孫崎享氏を国会に呼ぼう
━━━━━━━━━━━


      古森 義久
 
外務省の国際局長や駐イラン大使、さらには防衛大学教授を務めた孫崎
享氏の言説が論議を呼んでいます。

孫崎氏は尖閣については日本の固有の領土であることを否定します。中
国の主張に理があるというのです。

尖閣にもし中国の軍事攻撃がかけられても、アメリカは日本を支援しな
いとも断言しています。アメリカ当局は日米安保条約が尖閣にも適用さ
れることを明言しているにも、かかわらず、なのです。

孫崎氏は自分が務めてきた外務省や防衛大学の基本の教えを正面から否
定します。日本の安保政策の根幹をも否定するのです。そうしたユニー
クな孫崎氏の言を公式な場でじっくりと聞こうではないか、という提言
が出ました。

<【フロム・エディター】さあ、孫崎氏を国会に呼ぼう>

1988年夏だから、もう25年近く前になる。自民党の麻生太郎氏は米国ワ
シントンの大学で、学生たちに語った。

「日本の政治が安定している理由を教えましょう。相撲にたとえれば、
土俵上でプレーをするのは自民党議員だけです。野党は、その周りに座
る審判で、簡単に政権運営に介入できない」

新聞社派遣の留学生として、その場に居合わせた私は、この人の英語の
野太い声に、吉田茂元首相の孫、日本の保守本流の家系という自負があ
ふれるのを感ぜずにはいられなかった。

いま、その政治構図が復活しそうだ。圧勝した自民党と公明党が組んで、
野党側は小粒な「土俵下の審判」になりさがる。麻生氏が入閣というの
も、私には因縁めいてみえる。

さてあの人、元外務省国際情報局長、孫崎享(うける)氏は、この結果
をどう評するだろうか。

「日本の戦後指導者の多くが米国に操られてきた」。そう断じた元外交
官に、政権交代を機に弁明を求めたい、と考える政界人は少なくない。
私も、孫崎氏をぜひ国会に呼び、論議の場をつくってほしい、と思う。

鳩山由紀夫氏について出馬断念する前に、この欄で、「その無定見を拒
否したのは日本の国民」と書いたが、結局、その通りになった。彼の政
治家としての失敗は本人の資質に起因しており、孫崎氏のように、“対
米自主”路線への米国の圧力にからめても意味がないのだ。

孫崎氏は首相当時の鳩山氏に何度も会い、沖縄の米軍普天間飛行場の県
外移設を進言した。最近では、小沢一郎氏の旧「国民の生活が第一」と
ほぼ同じ主張を述 べて、「修羅場から逃げない。失うことを恐れない」
を、政治家の条件と言っていた(著書『アメリカに潰された政治家たち』)。

だったら率先垂範、自ら出馬した方が早いだろうが、そうならなかった
のは残念だ。

新政権には、麻生氏と安倍晋三氏という“対米追随”の両雄が返り咲い
た。残念というのは、外務省で局長までつとめ、防衛大学校でも教えた
孫崎氏が野党議員の一人に列していたら、さぞや立派な土俵下の審判に
なっただろう、と思うからである。

「追随」と並べれば「自主」が心地よく響く。だが鳩山氏を出すまでも
なく、それが現実の国際舞台で有効かどうかは別問題で、よく吟味する
必要がある。(産経)

http://komoriy.iza.ne.jp/blog/entry/2968748/



━━━━━━━━━
トウ小平の刺身以後
━━━━━━━━━


    渡部 亮次郎

中華人民共和国の人は、肝臓ジストマを恐れて,生の魚は食べないが、
トウ小平氏は初来日(1978年)して刺身を食べたかどうか、従(つ)い
て来た外相・黄華さんが1切れ呑み込んだのは現認した。そんな中国が
最近は刺身の美味さを知り、マグロや鰹の大消費国になった。

元は琵琶湖に次ぐ大湖沼だった秋田県の八郎潟。今はその殆どが干拓さ
れて水田になっているが、私の少年時代はこの八郎潟が蛋白質の補給源
だった。

鯉、鮒、鯰(なまず)、白魚など。またそこに注ぐ堰で獲れる泥鰌や田
螺(たにし)も懐かしい。但し、これら淡水魚には肝臓ジストマがいて
危険だとは都会に出て来るまで知らなかったが、地元では理由もなしに
これら淡水魚を生では絶対食わさなかった。

そのせいで私は中年を過ぎても刺身が食べられず、アメリカへ行って日
本食好きのアメリカ人たちに「変な日本人」と言われたものだ。 

62歳の時、突如食べられるようになったのは、久しぶりで会った福井の
漁師出身の友人・藤田正行が刺身しかない呑み屋に入ったので、止むを
得ず食べたところ、大いにおいしかった。それが大トロというものだっ
た。それまでは、鮨屋に誘われるのは責め苦だった。 

ところで、肝臓ジストマ病は「広辞苑」にちゃんと載っている。「肝臓
にジストマ(肝吸虫)が寄生することによって起こる病。淡水魚を食べ
ることによって人に感染し,胆管炎・黄疸・下痢・肝腫大などを起こす。
肝吸虫病」と出ている。 

そんな記述より、実話を語った方がよい。九州の話である。著名な街医
者が代議士に立候補を決意した直後、左腕の血管から蚯蚓(みみず)の
ような生き物が突き出てきた。

びっくりしてよく見たら、これが昔、医学部で習った肝臓ジストマの実
物であった。おれは肝臓ジストマ病か、と悟り立候補を突如、断念した。 

「おれは、川魚の生など食べたことはないぞ」と原因をつらつら考えて
も心当たりは無かったが、遂につきとめた。熊を撃ちに行って、肉を刺
身で食った。

熊は渓流のザリガニを食っていて、そのザリガニに肝臓ジストマがくっ
ついていたとわかった。しかしもはや手遅れ。体内のジストマを退治す
る薬はない(現在の医学ではどうなのかは知らない)。夢は消えた。 

中国人は福建省など沿岸部のごく一部の人を除いて、魚は長江(揚子江)
をはじめ多くの川や湖の、つまり淡水魚だけに頼っていて、肝臓ジスト
マの恐ろしさを知っているから、生の魚は絶対、食べなかった。

トウ小平と一緒に来た外相・黄華さんが東京・築地の料亭・新喜楽で鮪
の刺身1切れを死ぬ思いで呑み込んだのは、それが日本政府の公式宴席
であり、そのメイン・デッシュだったからである。食べないわけにいか
なかったのである。

後に黄華さんも海魚にはジストマはおらず、従ってあの刺身は安全だっ
たと知ったことだろうが、恐怖の宴席をセットした外務省の幹部はジス
トマに対する中国人の恐怖を知っていたのか、どうか。 

中国残留日本人孤児が集団で親探しに初めて来日したのは昭和56年の早
春だった。成田空港に降り立った彼らに厚生省(当時)の人たちは昼食
に寿司を差し出した。懐かしかろうとの誤った感覚である。

中国人が生魚を食べないのは知っているが、この人たちは日本人だから、
と思ったのかどうか。いずれ「母国でこれほど侮辱されるとは心外だ」
と怒り、とんぼ返りしようと言い出した。


中国の人は冷いご飯も食べない。それなのに母国は冷いメシに生の魚を
乗っけて食えという、何たる虐待か、何たる屈辱かと感じたのである。 

最近では、中国からやってきた学生やアルバイトの好きな日本食の一番
は寿司である。ジストマの事情を知ってしまえば、これほど美味しい物
はないそうだ。催促までする。奢るこちらは勘定で肝を冷やすが。 

よく「この世で初めて海鼠(なまこ)を食った奴は偉かった」といわれ
る。それぐらい、何でも初めてそれが毒でないことを確かめた人間は偉
い。だとすれば淡水魚を生で食っちゃいけないと人類が確認するまで、
犠牲者はたくさん出たことだろう。感謝、感謝である。

1972年9月、日中国交正常化のため、田中角栄首相が訪中した時、中国側
が人民大会堂で初めて出してきたメニューは海鼠の醤油煮だった。田中
さんより前に来たニクソン米大統領にも提供しようとしたのだが、アメ
リカ側に事前に断られたと通訳の中国人がこっそり教えてくれた。

以上を書いたのが確か2003年である。あれから中国は驚異的な経済発展
を遂げた。それに応じて食べ物も変化し、都市では今まではメニューに
無かった牛肉が盛んに消費されるようになった。それに伴って過食から
来る糖尿病患者が相当な勢いで増えている。

問題の魚の生食についても2007年3月1日発売(3月8日号)の「週刊文春」
57ページによると中国のマグロ販売量は、中国農業省の調査によると
、2006年上半期だけで50%から60%も伸びている。

経済発展著しい中国が異常なスピードで鮪の消費量を増加させている事
実は意外に知られていない。日本料理店ばかりでなく、北京や上海の高
級スーパーにはパック入りの刺身や寿司が並ぶ、という。

共産主義政治でありながら経済は資本主義。物流が資本主義になれば食
べ物は資本主義になる。肝臓ジストマが居ないと分れば中国人がマグロ
だけでなく生魚を食べるようになるのは当然だ。とう小平の現代化には5
つ目があったのか。



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎グアム移転費復活に署名 尖閣への安保適用も明記

オバマ米大統領は2日、在沖縄米海兵隊のグアム移転関連費2600万ドル
(約22億7千万円)を復活させた2013会計年度(12年10月〜13年9月)
国防権限法案に署名、同法が成立した。

沖縄県・尖閣諸島は日米安全保障条約第5条の適用対象と明記する条文
も盛り込まれている。

グアム移転事業に関し、日本政府はこれまで米政府予算とは別枠で自己
負担分として約8億3千万ドルを提供。13年度国防権限法では、このう
ち執行を凍結されていた予算の一部が解除された。

上院は昨年12月4日、同関連費を全額削除した法案を可決。一方で下院
は既に計上を容認していたことから両院の代表者が協議。その結果、軍
事拠点としてのグアムの整備を進める必要性があると判断、同関連費を
復活させることで合意した。その後、両院はそれぞれの本会議で可決、
大統領に送付していた。

尖閣問題に関する条文では、「武力による威嚇や武力行使」で問題解決
を図ることに反対するとして、中国をけん制している。(共同) 【産
経ニュース】2013.1.3 16:19  

〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎日本人67%「竹島は日本の領土」

 日本人の67%は独島(ドクト、日本名・竹島)を日本の領土と考えてい
ることが調査で分かった。 

3日の韓国国内の報道によると、日本広島市立大平和研究所のキム・ミ
ギョン副教授が日本の島根・広島県の住民440人を対象に調査を行った結
果、「竹島は日本の領土」という回答者は67%(293人)に達した。

 「竹島は日本の領土でない」という回答は2%(7人)にすぎず、27%
(118人)は「分からない」と答えた。 

 独島問題を解決する過程で韓日間で武力紛争が起こる可能性については、
「ない」が43%(187人)、「分からない」が30%(134人)、「ある」
が22%(96人)だった。 

日本と中国の尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる紛争に関しては、69
%(305人)が「尖閣諸島は日本の領土」と答え、尖閣紛争で中国が日本
を攻撃する可能性があると思うかという質問では「ある」が33%、「な
い」が30%となった。【中央日報】 2013年01月03日12時02分 

〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎台風1号が発生、観測史上4番目の早さ

気象庁は3日、同日午後9時頃、フィリピン沖のスールー海で台風1号
が発生したと発表した。

同庁が統計をとり始めた1951年以降、台風発生日時で4番目の早さ。

中心の気圧は1002ヘクト・パスカルで、時速約35キロ・メートルで西に
進んでいる。

台風1号の発生が観測史上最も早かった年は1979年で1月2日。最も遅
かったのは98年の7月9日の発生だった。

読売新聞 1月4日(金)1時10分配信



 ◎<福島原発作業員>手足被ばく測定せず…事故後2〜3カ月

東京電力福島第1原発事故後2〜3カ月、足元のがれきなどが高線量な
のに胸部だけで放射線測定し作業していたことが、元東電社員らの証言
で分かった。

手足の被ばくは「末端部被ばく」、頭などの被ばくが胸より多ければ
「不均等被ばく」と呼ばれ、その場合は胸とは別に手足などへも線量計
装着が法令で定められている。

東電は「当初は胸部での測定で全身の線量管理はできていた」とするが、
専門家は疑問視し、将来健康被害が生じた場合に備え、手足などの被ば
く線量を早急に推計すべきだとしている。

 ◇東電「胸部での測定で線量管理」

同原発で放射線管理を担当していた東電社員(当時)の男性は、事故直
後の電源復旧作業の際、1号機の原子炉建屋近くで水たまりに何度か足
を突っ込んだ。革製安全靴と靴下は浸水。

周辺の線量は毎時10〜20ミリシーベルトだったが、足元には直接測ると
100ミリシーベルト超のがれきもあった。建屋周辺では連日、数百人が作
業に当たっていた。

作業時に手元や足元の線量が高い場合は本来、「リングバッジ」と呼ば
れる線量計を手足の指などに装着するが、この時は、各種放射線のうち
透過能力の高いガンマ線を測定するAPD(警報付き線量計)を胸部に
着けていただけ。男性は「足指のしびれが数カ月続いたが、不衛生な環
境のせいだと思い病院に行かなかった」と話す。

別の放射線管理員の会社員男性も「高線量のがれきを手で処理しても、
指先や目の水晶体の被ばく測定などはしていなかった。手と胸の数十セ
ンチの差で何倍も線量が違うこともある」と指摘。

「(細胞破壊力が強い)ベータ線を圧倒的に出す核種もあるのに、ガン
マ線用の胸部のAPDだけでは評価できないケースもある」と明かす。

事故から2〜3カ月後にはリングバッジが行き渡ったが、元東電社員の
男性は「そんなに(手足の被ばくが多い)危ない作業をしていたのか」
と同僚と心配しあったという。

東電広報部は「当初はベータ線よりガンマ線が高く、胸部のAPDで全
身の線量管理はできていた。汚染水処理装置の稼働などでガンマ線が落
ち着きベータ線が目立つようになったのでリングバッジを着けるように
した」と説明。

「作業後には全身を汚染検査しており、11年3月に高汚染水で3人が被
ばくしたこともこの検査で判明した。追加調査の必要はないと考えてい
る」と回答した。

だが、安斎育郎・立命館大名誉教授(放射線防護学)は「当初からベー
タ線も相当量浴びたはず。汚染検査は体表面の付着物は測定できるが、
作業時の末端部、不均等被ばくは測れない」と指摘。

「いつどこでどんな作業をしたか調べ、末端部などの線量を推計しない
と、がん発症時に作業との因果関係が証明できず労働者を救済できない。
国や東電は一刻も早く調査に乗り出すべきだ」と話している。
 ◇末端部被ばく・不均等被ばく◇

末端部被ばくは、胴体より手足が多くの放射線量を受けること。不均等
被ばくは、胴体のうち基本部位の胸部より頭部や腹部が多くの放射線量
を受けること。

原発の放射線管理区域では通常、胸部に線量計を着けて全身被ばく線量
を測るが、末端部被ばくや不均等被ばくがある場合は、別の部位にも線
量計を着けて局所被ばく線量を測定するよう電離放射線障害防止規則で
定められている。

毎日新聞 1月4日(金)2時30分配信



 ◎ヤンキースがマー君獲り!「ダルに匹敵する逸材」と高評価
スポニチアネックス 1月4日(金)7時0分配信

  
 

 ◎ヤンキースが、13年オフにもポスティング・システム(入札制度)
で大リーグ移籍を目指す楽天・田中将大投手(24)の獲得に動くことが
2日(日本時間3日)、分かった。

ヤ軍は11年オフにダルビッシュ有投手(26)を同制度でレンジャーズに
奪われた苦い経験を踏まえ、プロ通算75勝右腕に熱視線。将来的なエー
ス格として迎え入れたい意向だ。

田中には既にオリオールズやレンジャーズなど複数球団が調査を進めて
おり、争奪戦は必至な状況だ。

日本一の投手をこれ以上、他球団に渡すわけにはいかない。大リーグ関
係者は「ヤンキースは田中に強い興味を示している。ここ何年もスカウ
トがマークしているし、ダルビッシュに匹敵するような逸材だと高く評
価している」と明かした。

ヤ軍は11年オフにダルビッシュの入札に参戦したが、5170万ドル(当時
約40億円)で落札したレンジャーズに奪われた。ヤ軍の入札額は1500万
ドル(同約12億円)。そのダルビッシュが16勝を挙げる活躍を見せ、地
元メディアから批判が続出した。

同じ轍(てつ)を踏むわけにはいかない。プロ6年間で通算75勝の田中
はダルビッシュに代わり、名実ともに日本のエースに成長。3月開催の
WBCでも侍ジャパンのエースとして、山本監督からの信頼も厚い。

ヤ軍は10年から本格的に田中の調査を始め、紀田彰一・日本担当スカウ
トを中心に視察を続けている。昨年12月の契約更改で田中が球団に将来
的に大リーグ挑戦する意思を伝え、球団側も了承したことを聞くと、球
団首脳が日本球界関係者に事実確認に走ったという。

日本球界関係者も「ヤ軍が田中を狙っていると聞いている。ヤ軍を中心
に争奪戦の展開になるのではないか」と予想。ヤ軍は田中をWBCから
シーズンを通じ、スカウトに密着マークさせる方針だという。

田中にはオリオールズをはじめ、レンジャーズやジャイアンツ、ドジャー
スも調査を進めており、争奪戦は避けられない。それでも田中には「本
気」になったヤ軍の姿が見られそうだ。




 ◎速報 日経平均株価 1万700円台  古澤襄
 
ことし最初の取り引きとなる4日の東京株式市場は、アメリカのいわゆ
る財政の崖の影響が避けられたとして、外国為替市場で円安が進んでい
ることから輸出関連の銘柄を中心に買い注文が広がって、全面高となり
日経平均株価は300円以上、値上がりして1万700円台をつけました。
(NHK)

2013.01.04 Friday name : kajikablog



 ◎「ご心配、県民におわび…」嘉田滋賀知事、未来代表辞任を正式表明

政治団体「日本未来の党」の代表を辞任する意向を固めていた嘉田由紀
子滋賀県知事は4日、滋賀県庁で職員向けに行った仕事始めのあいさつ
で、代表辞任を正式に表明した。

嘉田氏はあいさつの中で、辞任の理由などについて「先月26日に県議会
で議決いただいた知事と政党代表の兼務解消を求める決議を重く受け止
め、政治団体の代表の役割を後任の方に譲らせていただきたいと考えて
いる」と述べた。

さらに、自身の国政関与について「原発リスクの高い滋賀県の安全と安
心のために立ち上がったが、結果的に多くの県民にご心配をおかけした
ことをおわびする」と述べた。

未来の新代表には、阿部知子衆院議員が就き、嘉田氏は顧問に就任する
見通しだ。

産経新聞 1月4日(金)10時29分配信



━━━━━━━
反     響
━━━━━━━


 1)遺言書を準備する:平井修一

人の運命なんて分からない。病死、事故死は日常茶飯事だ。そのときに
遺族がばたばたしないように遺言書を作ることにした。ひな形を参考に
したが、大体こんな内容になりそうだ――

遺言書

遺言者 平井修一は次の通り遺言する。

1、不動産

遺言者に属する一切の不動産及びそれに関わる収入は、妻 平井○○
(昭和○年○月○日生)に相続させる。

2、預金

預金については50%を妻 平井○○が相続し、相続税などに充て、残り
の50%を子供3人で平等に分割して相続すること。

3、付言

お父さんが死んでも、お母さんが生活に困らないようにこの遺言書を書
きました。不動産を分割して相続させると手続きが煩雑になるので、お
母さんのみに相続させます。

子供たちである○○、○○、○○には不動産が相続されませんが、相続
した預金を孫の教育などにあててください。

平井家が末永く続くように、今後も不動産は一人が相続し、家を継承す
るようにしてください。委細はお母さんに任せますので、その指示に従
ってください。

なお、葬儀は近親者のみの家族葬を希望します。

平成○年○月○日

神奈川県川崎市○○○○○ ○丁目○番○号
遺言者 平井修一 
・・・

まあ、こんなものでいいだろう。細かく書けばきりがない。内容はカミ
サンと詰めていかなければならないが、それにしても相続というのは面
倒なものである。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


正月の美酒に酔っているのか、読者の「反響」が少ない。

4日の東京湾岸は前日よりも寒い。超満員の入り口まえの「つけ麺屋」
営業を始めたが、朝には並ぶ客なし。

海の魚を食べ始めた中国人は小魚まで取りつくすから今に海に魚が居な
くなる事態になる。


署名なき投書は採用しません。必ずご本名を記した上にハンドルネーム
か「匿名希望」かを書いて下さい。


ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。↓
ryochan@polka.plala.or.jp

読者:5126人

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/01/05

    http://oyoyo7.blog100.fc2.com/blog-entry-1475.htmlしかし、凄い数ですね。

    これを通名でなく本名で報道したら、連日連夜、朝鮮人の名前ばかり出てきそうです。

  • 名無しさん2013/01/05

    http://kuma-duck-n.at.webry.info/201203/article_11.html公務員から外国人・帰化人を排斥せよ。日本人を敵視する公務員など不要だ。

  • 名無しさん2013/01/05

    希望としてはw、NHKを公共放送としてまっとうな道を歩ませること、教育をまっとうにすること、地方への助成の意味や、日本の歴史や産業を教育する意味で修学旅行に国内、特に地方に行かせてほしい。

     文科省への注文になりますけどw

    官邸前の風景が寒々しいので、枯山水?の前庭をなんとかしてほしい。

  • 名無しさん2013/01/05

    恩を仇、厚意を敵意で返す韓国



     (2013年1月3日 読売) 靖国神社放火犯、日本へ引き渡さず…ソウル高裁

     ソウル高裁は3日、2011年12月に東京・靖国神社の神門に放火した疑いで、日本側が日韓犯罪人引き渡し条約に基づいて、韓国に身柄引き渡しを求めていた中国人の劉強容疑者(38)について、「政治犯」と認定し、日本へ引き渡さないことを決定した。

     



    安倍さんの大人の対応への仕打ちがこれ!

     

  • 名無しさん2013/01/04

    「韓国籍」の在日南朝鮮人や「中国籍」の支那人等への生活保護費の支給は日本国憲法と生活保護法に違反!韓国や中国では日本人の生活保護は無し。「外国籍の外国人への生活保護費支給は即刻廃止すべきだ!」と思う。

  • 名無しさん2013/01/04

    中選挙区という日本に適合した制度を修正しながらうまく使っていれば、あんなやくざな代議士たちは赤絨毯を踏まなかっただろう。自民党の派閥が存続していれば総理大臣候補も育ち、まかり間違ってもポッと出の市民運動家が首相になることはなかっただろう。

  • 名無しさん2013/01/04

    http://enzyouch.blog.fc2.com/blog-entry-628.html日本から盗まれた文化財が、韓国で流通している・・・韓国人「俺たちの宝なのに、略奪されて日本に渡った。取り戻して何が悪い」

  • 名無しさん2013/01/04



    選挙を小選挙区から中選挙区に戻すべき

  • 名無しさん2013/01/04

    スパイ防止法の制定 帰化の厳重化。中国・韓国・朝鮮・ロシア人に対しては一切の帰化を禁止する。 帰化済みであっても、犯罪を犯したものはそれを取り消し、国外退去とする。 実際領土を侵略している国に対して当たり前の処置だ。これらの国はスパイを入れ国内から滅ぼそうとする。

  • 名無しさん2013/01/04

    日本人の毎年の自殺者3万人のうち、2万人が生活困窮者。 一方、在日韓国人については、1999年の民団の資料だと生活保護受給者は5.7万人 単純計算だと日本人は全員救出可能です!