政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針 1405号  08・12・25(木) 号数訂正再送

2008/12/25

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべりやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 1405号
□■■□──────────────────────────□■■□  

「1405号に訂正 再送

         平成20(2008)年12月25日(木)

お詫び 12月19日付当メルマガにおける記事「どう出る『08憲章』へ当
局:渡部亮次郎」は主としてブログ「日々是チナヲチ。」12月12日付
http://http://blog.goo.ne.jp/gokenin168/)からの転載に拠った内
容であり、渡部亮次郎名義での発表には不適切な面がありました。訂正
するとともに関係者各位にお詫び申し上げます。


 


                                     総白痴化の集大成:平井修一

                       防弾ガラスで装甲強化は「武器」:古澤 襄

                             09年はマスコミ受難の年に:宮崎正弘

                   native speakerに教わることを勧めよ:前田正晶

                           痛飲のあげく帰った『家』は:馬場伯明

                         話 の 福 袋
                         反     響
                         身 辺 雑 記


□■■□  ──────────────────────────□■■□
第1405号
                              発行周 期 不定期(原則日曜日発行)
     

        
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━
総白痴化の集大成
━━━━━━━━

 
        平井 修一

通信方法が地上デジタル波(地デジ)になると今のテレビ受信機では見
れなくなるという。大いに結構なことで、バカ番組を見ない人が増える
ことは良いことである。

世界中を旅行してホテルでテレビを見るが、ほとんど見るに耐えない番
組である。テレビは世界的にバカを増殖している。60億、総白痴化。大
宅壮一が看破している(一億総白痴化)。

統治する者にとって、統治される者はバカがいい。朝晩エサをやれば満
足しているサルに越したことはない。人権とか自由とか歴史観など余計
なことを言うサルは迷惑である。飼育係と騒動を起こして反乱を起こし
かねない。

小生が世話になった千葉刑務所は、看守が受刑者(長期刑が多い)に対
し「父の如く」そびえていた。対するに府中刑務所の場合は数年間の懲
役囚が多いので彼らは元気で、看守と緊張関係にあるようだ。府中は安
倍譲二曰く「懲りない面々」が多いのだ。「あと2年でシャバに戻れる」
となれば看守だって遠慮する。報復が怖いから。

受刑者をバカなサルにしておくためには工夫が必要で、GHQが用意し
たのが「3R5D3S政策」だと、「日本国家構造論 自立再生への道」
の著者、南出喜久治氏がこう書いている。

<現行憲法は、GHQの占領政策である「3R5D3S政策」の実施に
よって、日本の家族制度や教育などの社会基盤を解体させ、日本の國體
を潰滅させることを目論んだものに他なりません。

「3R5D3S政策」というのは、

Revenge(復讐)、Reform(改革)、Revival(復興)の3R、

Disarmament(武装解除)、Demilitarization(非軍事化)、
Disindustrialization(非工業化)、Decentralization(権力分散)、
Democratization(民主化)の5D、

Sex(性解放)、Screen(映画テレビ)、Sport(スポーツ娯楽)の3Sのこと
であることはご承知のことでしょう。特に、3Sは、日本白痴化政策の
ためのものであり、現在も継続中であることは周知の事実です>

3Sに、Scandal(ゴシップ、スキャンダル)、Shopping(ショッピング)、
Sugar(甘味品)、Sun(太陽)、Sea(海)を加えた「8S」は雑誌・番組作り
の基本だというマーケティング論もある。

この8Sをサルに与えておけば嬉々として飼育係、看守の言いなりにな
るから大層便利だ。その役割を主に担っているのが民放テレビである。

バカに合わせて「これでもか」というバカな番組を作っているから、ディ
レクターもプロデューサーもそのレベルになる。「視聴者の目線」だか
ら落ちるところまで落ちるしかない。

バカなテレビマンやタレントが子育てをまともにできるわけはないから、
彼らは家に帰れば「積み木崩し」の現実に直面し、ほとんどなす術はな
い。そのカミサン連中はオロオロしているが、時すでに遅しだ。

何でこんなことを知っているかというと、昔の恋人がテレビ屋に嫁いで
今悲惨なことになっていること、小生自身が仕事でテレビ屋と数年間か
かわった経験からである。

「耐えられないほどカルーイ人々」が、「悲しいほどカルーイ人々」向
けに、今日も「ジャンクフード並みの番組」を垂れ流している。画像が
鮮明になろうが双方向になろうがアホ番組はアホなままである。




━━━━━━━━━━━━━━━
防弾ガラスで装甲強化は「武器」
━━━━━━━━━━━━━━━


           古澤 襄

鎖国平和主義で泰平の夢をむさぼろうとしているのが日本の民主党と言
ったらいい過ぎだろうか。国民の生活第一をうたい文句にして総選挙で
小沢民主党政権が誕生すれば、時計の針は鎖国時間で止まるだろう。

それを国民が選択するなら仕方あるまい。民主的に滅びの道を歩むだけ
のことになる。

中国はソマリア沖に初めて艦隊を派遣して、海賊対策に本腰をいれてみ
せた。日本も国連の非常任理事国になるのだから、中国並みに艦艇を派
遣したいところだが、民主党が賛成する筈がない。

そこで政府は沿岸国イエメンの要請に応じ巡視船や巡視艇を供与する海
賊対策を検討している。しかし巡視船艇は防弾ガラスで装甲を強化して
いるので、民主党からは武器輸出3原則で輸出を禁じている「武器」だ
と反対の声があがっている。

やはり、ここは世界の趨勢から眼をそらして、鎖国平和主義で泰平の夢
をみ続けることしかないのだろうか。

<政府は23日、アフリカ東部ソマリア沖の海賊対策を支援するため、沿
岸国イエメンの要請に応じ巡視船や巡視艇を供与する方向で調整を始め
た。複数の政府関係者が明らかにした。

巡視船艇は防弾ガラスで装甲を強化するなどしているため、武器輸出3
原則で輸出を禁じている「武器」に当たるが、政府は「例外措置」とす
る方針。海賊対策とはいえ、野党から3原則の形骸化を懸念する声も出
そうだ。(共同)>

 

━━━━━━━━━━━━
09年はマスコミ受難の年に
━━━━━━━━━━━━
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年) 12月24日(水曜日) 
         通巻第2432号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
  ♪
宮崎正弘の台湾報告第1弾
  『台湾は馬に乗って何処へ行く 小さな中華主義』
   『週刊朝日』発売中の1月2日9日合併号36pに所載!

――孔子廟の「開かずの門」を開けさせ(蒋介石もしなかった)、孔子
様を礼拝した馬英九総統はまるで皇帝気取り。前総統起訴という異常な
台湾で何がおきているのか?
   ●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 金融危機で部数が伸びてアクセスも激増して
  それでも欧米の株式、経済専門紙は赤字転落の怪

********************************

9月、リーマン・ブラザーズの破綻以後、経済紙誌、株式専門紙誌の需
要は爆発的。

ウォールストリート・ジャーナルのウェッブサイトは通常の2倍、4050
万回のアクセスを記録した。
 
経済専門テレビのCNBCは視聴者が26%増加した。とくに欧州と中東
からのアクセスは2倍近くなった。

ロンドンの老舗『フィナンシャル・タイムズ』は購読者が5%増えた。
米紙『ウォールストリート・ジャーナル』の購読者は2・4%増えた。

フランスでも経済新聞『レエコ』が37%も部数を伸ばした。

ところが広告収入が減少しており、経営がうまくいっていない。日本と
てトヨタが赤字転落で広告出稿を激減、メディアによっては広告を取り
やめている。ほかの企業も右へ倣えだから、マスコミの経営が拠って立
つ基盤が損壊されているのが現実である。

テレビも同様な傾向に陥るだろう。

例外とされたブルームバーグとトムソン・ロイターは経済ニュースと豊
富で多角的なデータを端末(ターミナル)に売って業績を著しく伸ばし
てきた。が、端末を使用する金融機関が陸続と倒産、廃業、被合併とな
ってユーザーが激減し、これまた深刻な状況に陥っている。

2009年はマスコミ受難の年になる。



━━━━━━━━━━━━━━━━━
native speakerに教わることを勧めよ
━━━━━━━━━━━━━━━━━


              前田 正晶

(承前)

英語の発音を考える:

前とはしたが、この続編では発音を論じることにする。私は英語を話す
時に発音が正確で歯切れが良いのに越したことはないと主張してきた。
「良い発音は七難隠す」とまで言っていた時期もあった。

問題提起:

私が問題にしたいことは「我が国の学校の英語教育独特のカタカナ書き
的な発音と、日本語そのままの抑揚のない音読」である。しかもこの抑
揚がないことは英語を音読しても話しても変わらないのである。

それでも通じれば良いではないかと反論されそうだが、この発音と抑揚
がない英語に耳が慣れてしまうと、英語を母国語とする外国人の話し方
についていけなくなるのである。

彼らのアクセントの付け方は強烈で、私が「抑揚」と言った「センテン
ス・ストレス」の激しさでは、何を言っているのか解らないことになる。
故に私は先ずここから改善していくべきであると提起したいのである。

但し、発音が綺麗な人が必ずしも英語をものにしているとは限らないし、
カタカナ書きのような発音をする方で非常に高度な英語を話される方に
も何回もお目に掛かっている。

何れにせよ、私は「発音は最初に正確に出来るように学んでおく方が良
い」と思っている。それは正しい発音に耳を慣らしておけば、外国人の
発音にもついていけるようになるからである。

それならば、英語を母国語とする人に教えて貰うのが良いのではないか
と話が進むことが多い。ここが良くないのである。今回はその辺りに触
れていくことにする。中にはこれまでの主張の繰り返しになる点も出て
くるだろう

どの国のどの地方の英語を基準にするのか:

英語を母国語している国には、アメリカ合衆国、英連合王国(UK)、カ
ナダ、オーストラリア、ニュージーランド等があるだろう。

尤も、インド共和国も公用語にはヒンディー語の他に英語が指定されて
いるが。アメリカ以外はUK系のアクセントになるが、カナダでは多少ア
メリカに近い英語を話していると言って誤りではない。

これらの諸国の英語には皆それぞれ独自のアクセント、独自のスペリン
グ、独自のアルファベットの読み方等があって、一口に”English”と言
っても私に言わせれば、アメリカ語とは別な言語に近いと感じさせられ
ることがある。

文部科学省は「どの国のどの地方の発音を教えるか」を十分に検討して、
適切な発音を選ばないと、、青森県の人が鹿児島県の人とそれぞれのお
国訛りで話をしても通じないと同じようなことになりかねない」。絶対
に通じないとまでは言わないが、何か一つ基準になる「英語」を決めて
おく方が良い。

上記以外にも立派に英語を話せる人が多いと思う国にはフィリピンズ、
シンガポール、中国返還後に多少英語の普及度が後退した感がある香港
がある。

フィリピンズの人の英語にはスペイン語訛りがきつい。シンガポールや
香港のように華僑が多い国か場所では中国語に近い発音になっているし、
独特のインドネーションがある。インドの人はヒンディー語のイントネ
ーションそのままの英語を話している感が深い。

勿論、UKの人にはQueen’s accentで話す人が多いが、そうでない人は幾
らでもいる。ロンドン周辺やオーストラリア、ニュージーランにも独特
の訛りがある。アメリカでも東部、西部、南部には独特のアクセントが
ある。

私は文部科学省がここまでに挙げてきたどの国の、どの地区の英語を学
校で教えるべきかお考えになったのだろうかとお尋ねしたい。

「偏見」と非難されることを怖れずに言えば、アメリカの南部や太平洋
州の国の訛りは避けた方が無難である。UKでも、サッカーの貴公子とマ
スコミが誤って形容するベッカム様の品格に問題のあるアクセントは真
似てはならない。

私の意見は「アメリカの西海岸の発音」を基準として採用すべきだと考
えている。

我が国の学校教育の発音:

私は「これは是非”Change”するべきである」。「下手な発音でも海外
で立派に通じるように英語がうまくなれば良いではないか」と言う方が
出てくるであろう。その人はその道を行かれれば良い。そういった日本
式の発音を相手が間違いなく聞き取ってくれると信じているならば。

学校教育の問題点は、私が排斥したがっているカタカナ書き的な発音で
長い年月教えてこられたのでそれが伝統になって、実に不正確なものに
なってしまった点である。これが残念でならない。

確かに、英語には”th”、”f”、”v”、”l”、”ar”、”er”、
”ir”、”or”、”ur”、”w”の日本語にはない発音がある。連結音
(liaison)もある。これらの発音は最初に、正確に出来るように訓練し
ておかないと、つい妥協して「ジス・イズ」か「ザット・イズ」で良い
かとなってしまうし、「森本」を知らず知らずに”Molimoto”と発音し
ている結果になっても解らない。

それに、戦後間もなく進駐軍の兵士達の母音の後の”r”をやたらに響か
せるどちらかと言えば上品とは言えない発音を、何の因果かそこだけ真
似る習慣が残って、他の発音が出来ないのにここだけは器用に真似て、
自らの品格を下げている人が多いのである。是正すべきである。少なく
ともUKの人には好感を与えない。

正確な発音を真似しようと思えばnative speaker達が最善の見本だろう
し、そこを考えてこれまでには外国人を教師に採用する流れがあったと
思う。

英会話学校がnative speakerを集めたと強調するのだろう。だ が、彼ら
を発音のみを教えて貰うために採用する学校はないだろう。であれば、
英語全般を教えさせるだろう。

しかし、私が前回も取り上げたような英語独特の表現が、換言すれば学
校で教えてくれなかった表現が、日本の学校で英語を学んだ人を悩ます
とは、外国人には思いが及ばないのである。

私はコーヒーを貰う時に”How do you take it?”と尋ねられて、一瞬と
雖も 迷った。彼らはそんなことで悩むとは夢にも思わないのである。”
I’ll buy you a drink.”を知らないとは考えてくれないのである。

問題点:

すなわち、ここで言いたいことは「そういう苦労や、失敗をして彼らが
日常的に話している表現を海外でも国内でも覚えたか、学んだかしてき
た実務経験者で、文法等の知識も十分なに日本人に教えて貰う方が、日
本の英語教育には適しているのだ」なのである。特に、中学生にはそう
いう先生が必要であると。

ある程度の力がついた人ならば、native speakersの集団の中に放り込ん
で「何とか自力でやってこい」という方法もあるだろう。だが「中学や
高校の生徒を我が国の言語・風俗・習慣を理解し熟知しているかどうか
も解らない外国人に委ねるのは、非常に問題がある」。そんなことをす
れば、ついていけるのは例外的な生徒だけになり、大多数は英語が益々
嫌いになるだけだろう。

しかし、ここでもまた問題が出てくる。私が主張するような方法も含め
て、英語に熟達された方が学校で教えることを望まれるだろうかという
こと。さらに、そういう方はビジネスの第一線で活躍中だろうから、そ
こからどうやって教育界に誘ってくるかも問題だろう。

さらに、そういう能力があるからと言っても、教え方を知っているとは
限らないのではないか。また、そういう方にそれまでの収入に見合うだ
けのものを学校で払える予算がつくのだろうか。

私が知る限りでは、1988年にプロの通訳の女性は1日8万円で、食費交通
費は雇う側の負担だった。簡単に言えば、非常に高額である。彼や彼女
らが会社での給与や通訳の職を捨てて、教育の道に転進するだろうか。

このように問題点は多いのではないか。そうまでする先に何があるのか。
文部科学省に伺ってみたい。122308



━━━━━━━━━━━━━
痛飲のあげく帰った『家』は
━━━━━━━━━━━━━


             馬場 伯明

今年も押し詰った。忘年会もほぼ終わった。酒を飲み過ぎ午前さまの週
末もあった。2004年秋、朝日新聞の「声」欄に「酒」のテーマ投稿の募
集があった。投稿が採用された。数少ない私の酒の失敗談である。こち
ら。

《 「痛飲のあげく帰った『家』は」会社員 馬場伯明 (千葉市59歳)
  私が32歳頃のこと。週末の金曜日、あるパーティの裏方作業が終わ
り、仲間10人で岡山の街に出た。日本酒やウイスキーを痛飲した。

東京から来た大先輩がどうしてもと言うので、地元に住む上司と共に、
大先輩の宿所に立ち寄り飲み直した。高知のどぶろく、冷の茶わん酒、
最高だ。3人で一升瓶1本を空けてしまった。私の記憶は2人でタクシーに
乗ったところまで。運転手が私たちを団地の我が家まで運んでくれた。

ドアを開け、ずかずかと家に入る。ところがそこは同じ団地、同じ会社
の別の「馬場さん」の家だったのだ。驚く奥さん。タクシーの運転手が
苦労して結局、我が家にたどり着けた。翌日は11時頃目が覚めた。「も
うここには住めない」と泣き叫ぶ妻は、ケーキ持参で馬場さん宅に謝り
に行った。

週明け、月曜日の会社。意識不明だった上司は家までさらに40分かかった
という。馬場さんに内線電話を入れて謝ると「やあ、来たらしいね。あ
の日は私も午前様。おいしいケーキだった。また来てよ」。飲み過ぎて
はいけないと痛感した一瞬だった。 》

1980年頃は岡山県倉敷市にいた。私たちが支援していたH代議士のパー
ティに島根県を遊説中だった長老のT代議士が駆けつけた。「言語明瞭
・意味不明」といわれていたが、長老はご機嫌で、ホテルの会場を埋め
た支持者に極めて明確な言語と意味の挨拶をした。

会が終わり裏方作業の後で仲間10人岡山の街へ出た。21:00、岡山といえ
ば当時は田町だ。東京の銀座、大阪の北新地、広島の流川、博多の東中
洲、長崎なら銅座だ。金曜の夜の田町はにぎやか。カラオケがはやり出
しクラブにはチークダンスの臨時ペアがあふれていた。

深夜23:30、車で倉敷まで3人で帰ってきた。大先輩が「俺のところに来
い」という。単身赴任用の幹部宿所が街の高台にあった。同乗の先輩
(上司)と2人で立ち寄った。施設には女性の管理人が待っていた。料理
がうまい彼女はありあわせの食材で味なつまみを笑顔でサッと出す。

「俺はカンパリでいい。いい酒があるから、君たち、飲め」と大先輩。
高知から届いたドブロクの一升瓶だ。酒豪で有名な先輩は舌なめずり。
私もまあまあ。2人の茶碗酒が進む。うまい。1升瓶1本を空けてしまった。

夜中の0:30過ぎ。タクシーが来た。先輩に続き家まで3分の私が乗り込ん
だ。だが、おそらくは高台から降りた途端2人ともプッツン(意識不明)
になったのであろう。とにかく朝まで記憶喪失状態であった。
(以下のことは翌日知らされ判ったことである)。

タクシーを降り運転手の肩にもたれ自宅の玄関に入る。ずかずかと部屋
に入ると、さあ大変。奥さん出てきて、こんばんは。「どなたですか」。

何と同じ団地、同じ会社の、近くの別の「馬場さん」の家だったのだ。
建物が似ており深夜は運転手も間違いやすい。おまけに酩酊・朦朧状態
の男2人である。

運転手は宿所の管理人に公衆電話から電話し、管理人が私の部下に緊急
電話をかけた(1:00)。ようやく私の妻に電話がつながった。私を(自
宅に)蹴り降ろすようにしてタクシーは去った(らしい)。

蹴り降ろされた私は翌日太陽が昇っても熟睡している。妻は開店と同時
にデパートでケーキを買い、馬場さん宅にそれを持参し、愚夫の不始末
を詫び疲れて帰ってきた。

張り詰めた糸が切れ「もう、ここには住めない。どこへ行くの」と泣き
叫ぶ妻と宿酔いで頭の左端が痛い私との、2人の不気味な土曜の昼下がり。
無言のにらめっこから果てるともない修羅場が続いたのである。

月曜日。まず先輩(上司)に謝らなきゃと、うつむいたまま早めに事務
室へ向う。ふと、顔を上げたら前方からこちらへやって来る先輩と廊下
で鉢合わせした。あれっ。

「やあ、金曜日は・・・」と同時に2人がいった。事情がわかって大笑い。
だが、笑うた後はやがて悲しき。2人とも深刻な反省を余儀なくされたの
である。

(これらの話は、タクシー会社の所長が金曜夜の運転手の真剣な怒りの
報告書に基づき、私の目の前で詳述したものである)

私を降ろした後、運転手は先輩の扱いも大変だったという。家族が不在
で電話も通じない。タクシーはレロレロ妄言ナビゲーターに振り回され
約40分(本来は5分)も家の周辺を走り、そして歩きまわった。運転手も、
もうへとへと。2:00少し前着。そうか。先輩もそうだったのか。

こういう話は一瀉千里、あっという間に会社放送局のアナウンサー役か
ら伝播する。深夜、会社で人身事故発生かと思ったろうに、電話で1:00
にたたき起こされた私の部下は、私の名誉のために話が広まるまでは無
言を通してくれていた。その忠誠に涙する。偉い。

「元気出したらしいな」「いよーっ、馬場ちゃん、ご発展」「ええ加減
にしろ、奥さんがかわいそうやないか」などとあちこちの人が無責任な
ご教訓を垂れる。10:30頃まであれやこれやで仕事にならない。

やがて、気を静め、私が「訪問」した馬場さんに内線電話を入れた。
「先日の夜は、どうも・・・」といったところで言葉が詰まる。すると、

「やあ、来たらしいね。あの日は私も宴会で午前様だったんっだ。おい
しいケーキだった。また来てよ」という。トホホ、がっくり。

聞けば、奥さんは私を馬場さんと同じ宴会の人だと本気で思っていたら
しい。それがどんどん奥の部屋へ(朦朧の私が)進んでいくものだから、
あわてて押し戻したそうだ。

酒の飲み過ぎと大失敗。酒の悲惨な武勇伝はこれにてお開きとする。ず
いぶん昔。私が32歳のときのことである。さて、これを書いた今夜は寝
酒はやめておこう。(千葉市在住 2008/12/25)

(追記)
朝日新聞に投稿が掲載(2004/10/31)されたら、私に気付いた何人かが
遠くからも電話をくれた。厳しいお叱りと思い切りアホ扱いされた。
(了)



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━



 ◎飯島愛さん孤独死…うつみ宮土理は呆然

テレビのバラエティー番組などで活躍したタレント、飯島愛さんの急死
が伝えられたクリスマスイブの24日、芸能界にも大きな衝撃が走った。
飯島さんと番組などで共演した著名人も驚きを隠さなかった。昨年3月
の引退まで所属していた事務所は「10日ほど前に“新しい会社を立ち上
げたので、あいさつに行きたい”と電話を受けたばかりだった」と明ら
かにした。

飯島さんが引退まで所属していたワタナベエンターテインメントによる
と、10日ほど前に飯島さんから電話があり、「新しいビジネスを立ち上
げて会社もつくったので、あいさつに行きたい。報告したいから時間を
取ってください」と話していたという。引退後も相談の電話などがたび
たびあったといい、同事務所は「報告も受けていたのでショックです」
と衝撃を受けている。

公私にわたり親交のあったタレントのうつみ宮土理(65)は「信じられ
ないです。先日も代官山のレストランで、新しい事業の夢がかなったと
言って喜んでいたのに…」と、ファクスで悲しみのコメントを寄せた。

「彼女は“宮土理さんと話をすると元気をもらえる”とよく夜中に電話
をもらいました。11月には私のディナーショーに来てくれて、抽選でキ
ンキンケロンパの魔よけTシャツがあたったと大喜びしていた顔が忘れ
られません」と続けた。

飯島さんは自身のブログで先月29日、「ケロンパと愉快な仲間達」とい
う題で、うつみのディナーショーに行ったことを報告している。うつみ
はこの日昼頃、何も知らずにメールを送ったといい「あまりにも突然で
気持ちの整理がつかず、ただ呆(ぼう)然としております。さっき3時
間前にメリークリスマスのメールを送ったところだったのに」と、大き
なショックを受けている様子だった。

大阪府の橋下徹知事(39)は、2月の知事就任前まで、TBS「サンデー
ジャポン」でコメンテーターとして共演。24日、府庁を出る際に報道
陣に囲まれ、「ショックです」と残念そうに話した。  
12月25日7時0分配信 スポーツニッポン



 ◎新政治勢力結集を示唆する手紙 渡辺元行革相

自民党の渡辺喜美元行革担当相が地元衆院栃木3区の後援会関係者に出
した手紙で「これからは何が起きるかわかりません」などと離党や新政
治勢力結集に動くことがあり得ると示唆していたことが24日、分かっ
た。

手紙は22日発送で「政治生命を賭して、混迷する政治に一石を投じた
い。『ひとりぼっちになっちゃう』と心配されるのは分かります。自民
党の器の中だけで考えるとそう見えるかもしれませんが、積極果敢に行
動すべき時です」と24日の造反を示唆していた。

さらに、「国会の内外を問わず、志を同じくする仲間を作り、この国を
変える国民運動を地道に起こしたい。全国の首長や議員、政治家を目指
す人々、産業界や消費者の皆さんに呼びかけたい」と訴えた。

麻生太郎首相については「政権末期症状を呈したのは首相が党利党略で
衆院解散を先送りしたから。『景気対策のため』との言い訳を国民は信
じない」と指摘。

首相の経済対策を「100年に1度の非常時プランか。答えは否。各省縄張
り平時モード政策を膨らませただけ。3年後の消費税増税を決めても、
行政改革や天下り規制は骨抜きだらけです」と切り捨てた。
2月25日2時28分配信 産経新聞

 

 ◎平成21年度予算政府案 1000万分の1にして家計にたとえると…


 ■来年度末の借金総額5800万円

景気悪化で財政再建から財政出動に大きくかじを切った平成21年度予
算政府案を1000万分の1の規模にしてアソウさんの家計に例えてみ
た。来年度の主な出費をみると、おじいちゃんやおばあちゃんの世話や
病院代(=社会保障)が14%も増えて240万円となり、食費、雑費
などの費用(=一般歳出)は520万円に膨らんでしまった。節約に努
めたが、その台所事情は厳しい。

「生活が苦しい」と助けを求める子供への仕送り(=地方交付税)も1
60万円に増えた。ローン返済(=国債費)の200万円も合わせた支
出は計880万円と景気が悪いのに出費はかさむばかりだ。

一方、頼りのアソウさんの収入(=税収)は会社業績が悪く13・9%
減の460万円に落ち込んでしまうという。新たな借金をなんとか減ら
そうと、家中を探し回ってへそくり(=特殊法人からの納付金など税外
収入)で90万円を見繕ったものの、結局、銀行から330万円を借金
(=国債発行)して必要な歳出を賄うことにした。

アソウ家の借金の残高は(=国債発行残高)は21年度末には5800
万に達する見込み。給料の13年分に近い額に膨らんでしまう。

近所のナカガワさんの話では景気低迷で22年度の収入が増えることは
期待できないというが、親の世話などで家計費は膨らむ一方だ。今回は
なんとか90万円のへそくりを発見したが、どのくらい残っているのか。
「来年度よりも再来年度が心配」とため息をついている。
12月25日8時1分配信 産経新聞

 

 ◎有害粉ミルク事件、三鹿グループが破産宣告

【大紀元日本12月25日】中国大陸の粉ミルク製造メーカーである三鹿グ
ループが破産宣告していたことが明らかになった。

AP通信社によると三鹿グループの株式を43%所有するニュージーランドの
乳業大手フォンテラ社は、河北省石家庄裁判所が三鹿に対し破産宣告し、
破産管財人の管理の下で資産の処分と債権の弁済を決定していくことを
伝えたという。

三鹿グループや中国大陸の多くのメーカーが生産した粉ミルクから今年9
月、メラミンが検出され、この粉ミルクを摂取していた30万人近い乳児
の腎機能に問題があることが発覚した。現在までに6人が死亡している。
 


━━━━━━━
反     響
━━━━━━━



 1)プレジデント誌2009 1.12号の132頁に非常に私の興味を引く良い
記事が載っていました。執筆者が双日・社長の加瀬豊氏で書き出しの
「まずは日本語と英語をしっかりマスターしてから」となっていました。

一部を引用すれば、加瀬氏は「(前略)外国語を学ぶ前に、まず日本人
としてきちんとした日本語をマスターしてほしいということです。ビジ
ネスをするうえで最も大切なのは、慣れ親しんだ母国語である日本語に
よる思考力や交渉力を養うことで、外国の方としっかりコミュニケーシ
ョンする土台となるからです。

そして次にしっかり学ぶべきはやはり英語です」と言っておられる。特
に全段の日本語をマスターせよという辺りに心から同感です。

同社長はさらに"TIME ALUMANAC"から「世界中で話されている言語 ベス
ト10」を引用されている。これも興味ある資料であると思います。

それによれば英語と中国語が10億人で同数首位、以下ヒンディー・ウル
ドゥー語の9億人、スペイン語の4.5億人と続き、日本語が1.3億人とポル
トガル語の2億人に続く第10位となっていました。

加瀬社長は「中国語、ロシア語、アラビア語、今から習うならどれ?」
と題しておられ、ポルトガル語、中国語、ロシア語(第5位で3.2億人)
を勧めておられました。

私は流石であると思い、推薦する次第です。
以上 前田正晶 



 2)12月23日は祝日なのだろうか。東京で午後打ち合わせがあり11:00
頃家を出た。JR稲毛駅まで10分歩く。この道の両側はほぼ住宅ばかり
だが日章旗(国旗・日の丸)を門に掲げている家は3軒(私の家を含む)
しか気がつかなかった。

竹竿の模様がかすれ旗にも黄ばみがある隣の老夫婦のSさん宅。もう一
軒は地域防犯連絡所である6軒先のYさん宅の新しい旗だ。

ほとんどの人が今日を日本の祝日とは思っていないのであろう。または、
日章旗は戦争の旗印だからとして故意に(思いを込めて)掲げていない
のか。この事実を打ち合わせの相手に話したら軽くいなされた、「馬場
さん、もともと、どこの家にも日章旗がありませんよ」。そうか、掲げ
ようがないな。

かつて、東京都教育委員の米長邦雄氏は、宮中行事の園遊会で天皇に対
し「日本中の学校で国旗を掲げ、国歌を斉唱させることが私の仕事でご
ざいます」と述べた。これに対し、天皇は「強制でないことが望ましい」
とおっしゃった。(2004/10)

「田園調布の石原(東京都知事)邸には日の丸が掲揚されていない。・
・みどりの日(昭和天皇誕生日)にすら日の丸が(掲揚されてい)ない」
(「ご臨終メディア」森達也・森巣博、集英社新書2005、66頁)とある
が、石原知事までもそうなのであれば、しょうがないか。(ただし、こ
の本からの伝聞なので「ウソの情報」ならごめんなさい)

日の丸を身に纏った死者・日の丸を恨んだ死者、過去はいろいろであろ
う。今はそれぞれの思いで掲げればよいのではないか。私はむしろ「国
旗を掲揚せよ」と元気はいいがちっとも掲げない者たちを軽蔑する。だ
が、彼らに掲揚を強要はしない。

帰省する長崎の実家の玄関には、元旦に私の手作りの門松を飾ることを
慣わしとしている。その横に日章旗がひるがえっている方がやはりすわ
りがよい。(2008/12/23 馬場伯明)



 3)あの明治維新を思い出して欲しいものです。この国会の現状を見てい
ると、「民主」とはこんな程度の議員しか選べないのかと心ある人たち
は情けなく思うことばかりでしょう。

結論は分かっていても、見ている方向が違うから面子にこだわって結論
を出そうとしない。選挙という洗礼の場だけでは、国民の方を向き白々
しく「嘘の公約」を掲げて偽装する。

国会の場に行けば、何ら方策がないのですべて官僚頼りで、「よきに計
らえで」予算はみんな好き勝手に使われ、国民は昔の年貢を納める水飲
み百姓同然です。

少し、辛らつなことを書きましたが、国民が真に利口にならない限り、永
遠にこうしたことが続きます。 アーメン なみお


━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


冒頭の「お詫び」は汗顔の至り。「転載歓迎」は読んだが、その後を見
落とした。一世一代の不覚です。深くお詫びします。

ご投稿、ご感想をお待ちしています。下記。 読者:3727
ryochan@polka.plala.or.jp

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/
--------------------- Original Message Ends --------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/12/25

    相変わらず、ブログ「日々是チナヲチ」のURLは無効です。

    検索エンジンではトップ表示されますが・・。

  • 名無しさん2008/12/25

    これでは謝罪と言えないでしょう。

    一般的な感覚では、間違いなく「盗作」です。

    謝罪文の『・・転載に拠った内容であり、渡部亮次郎名義での発表には不適切な面がありました』とは、なんと官僚的な表現でしょうか。呆れますね。出典を隠し、ぬけぬけと自分の名前で発表とは、物書きがしてはならない行為です。

    謝罪文にしても、書かれているアドレスをクリックしたが、エラーでしたよ。

    失礼にも程があるというものです。